FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫で学ぶレンティア国家 その9(完結)

ブログトップ > やる夫で学ぶレンティア国家 > やる夫で学ぶレンティア国家 その9(完結)




567◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 16:47:56 ID:93efeb3c






―ハマムから数日後 普通大学―

                                     |
                                 _」             |
                                γ´::::`ヽ          △____       ___
∧   ∧,  | ̄ ̄| ∧                 |{::::::::::::::::}|        __,∧////// \二二二三 /
二|__,|二|_|__||二|__               /| ̄ ̄ ̄ |    |γ´__/:::∨///////\|__|_|__/
_|」」」|_|」」」」」」」|_|」」」」i|            |/|二二二 |    八レ'´/::::::::∨////////\_/:::::::::::::
::::| ̄|::::::::::| ̄| ̄|: ::::::| ̄| 匚|             ./|/|::: ::口:::: |八γ´_ノ__//\:::::|二i¨¨¨¨¨¨¨¨ |::::::::::::::::
::::|_|::::::::::|_|_|: ::::::|_| 匚|_______|_|_|____|[[[[[i≫''"//  ,,>:|二i_____|::::::::::::::::
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 匚|::::__:::::::::::::::::::::x===x::::::::::::::__::::\/゙|/,、rf〔 |:::|二i::::::::::::::::: | ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::匚|::|||:::::::::::/ハ从ハ \ : ||| :::::|  |::| | | | |イ二───‐:|::::::::::::::::
| ̄| ̄|::::| ̄|| ̄|| ̄|: | ̄| 匚|::└┴┘::::::::::|ニ|´  ̄`'|ニ|:::└┴┘::::: |/|::| |_レ''"]|二i::::::::::::::::: |::::::::::::::::
|_|_|i'´| ̄ ̄ ̄|`'i::|_| 匚|TTTTTTTTi| ||´| ̄|`|| |TTTTTTTT|/|''"´::: ::[ |二i::::::::::::::::: |::::::::::::::::
ニニニニYニTニニニニTニYニニニニi| ̄ ̄ ̄ ̄ ゙̄| ||_,| ̄|,_|| | ̄:::| ̄ ̄ ̄|  |:: __ -┐]|二i::| ̄ |:::::::|::::::::::::::::
| ̄[ ̄|  |凵凵凵|  |:::: :: 匚|::::::::::::::::::::::::::::| |i´| ̄|`i| |:::: : |::::::::::::::::|“”|:|   |:]|二i::|   |:::::::|:::::::::::::::::
|_[_|-‐|二二二|‐-|:::: :: 匚|二二二丁二i|=弋ニニニナ二二丁二二ー|-‐|:|   |:]|二i::|__|:::::::|:::::::::::::::::
 ̄ ̄:::|-‐|冖冖冖|‐-|:::: :: 匚| |_|_|[| | | x==ミ,  ||||| ̄| ̄|i|“”|:└''"´::]|二i::::::::::::::::: |::::::::::::::::::
:::::::::::::弋弋ニニニニナナ:::::::: 匚|::::::::::: :: [| | |〃⌒ヽ \:.|||||_|_|i|-‐|:::::::::::::: ]|二i::::::::::::::::: |::::::::::::::::::
| ̄| ̄|:::::::| ̄| ̄|::::::::::::::::: 匚| :::::::::::: : [ニニニニ|   |-‐| |二二|::::::::::::: i|: : |:丁 ̄|: ]|二i::|  ̄|:::::::|::::::::::::::::::
|_|_|:::::::|_|_|::::::::::::::::: 匚| | ̄| ̄| |O|::|  |   |-‐| |::: :| || ̄| ̄|i|“”|:::|  |: ]|二i::|   |:::::::|::::::::::::::::::
_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_匚|_|_|_|_jしL|  |   ||| |::: :| ||_|_|i|_|:::|__」 ]|二i::|__|:::::::|:::::::::::::::::::
_|」」」」」」」」」」」」」」」」」|_|」」」」」」」」_||_|   |┴| |::: :| |::::::::::::::::| ̄|~“”” ̄]|二「 ̄ ̄ ̄:|:::::::::::::::::::
::::::x===ミ:::::::::::::x===ミ:::::::::::::x==ミ::::::::|__| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |::::i|::::::::::::: :]|二i二ニ=-.....L_:::::::::::
:::ん'///'心,::::::ん'///'心,::::::ん'//'心,:::|v ∧────────── \|\「|: : :]|二i:::::::::::::::: :|”丁ニ=-
:::|///////|::::::|///////|::::::|//////|:::|:∨∧───────────\__ ̄\|二───ー|:::::|'⌒
:::|///////|::::::|///////|::::::|//////|:::|: :∨∧────────────‐\ \\:::::::::::::::|:::::|///
:::|///////|::::::|///////|::::::|//////|:::|: : :∨∧─────────────\ \\:::::::: |:::::|///
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\: :| ̄ |──────────────\ | ̄|::::::::|:::::|──




.


568◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 16:55:39 ID:93efeb3c





                 |      ________
                 |.      |  図 書 館
                 |       ̄i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ────── -、=|! !             ||_, -──────
   __          | ,____  |     ||       ============、ミ/!:::|| |            ||_|ヽr============
  /___ヽ_  .     | |  i||  |  |      ||       [|]_|_|」|_|,j_|_|_|_|]||::||=|| |            ||_||::|||_|_]」_|_|_|_|_|_|」]
  ( ´Д`)        | |  i||  |  |      ||       三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
  (    )      .|,  ̄ ̄ ̄  |      ||       |_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||::||=|| |            ||_||::||!|_]」_|_|_|_|_|_|」」
   人  Y        |:         |      ||       三三三三三三]||::||: || |            || ||::||[三三三三三三
   し'(_)       |________|___||____ |_| |_|]」_|_|_|_|」]_i||::||=||/                ヾ||::||i[l| |_|]」_|_|_|_|」]_
              __       ___        三三三三三三]||::|| ̄              ||::||[三三三三三三
         __ __/___ヽ     i|   |ー-、     |_|_|_]」_|_|_|_|_|_|」||/                 ヾ:||:|_|_]」_|_|_|_|_|_|」」
       /  /| (Д` ; )     (三三ヾヽ))     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄                    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.       (三三l/l (    )     (三三`;ヾ゚|
      , (三三l/l ̄/ ̄ /l ̄ ̄|   (三と_ノ゙ヾi
     / (三三l/ (三三/   |     γ'__ゝ
   /               |     (_)、_)    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   l二二二二二二二二二二二|                              \
    | |/           | |
    |__|            |__|





             /: \
           /: : : : : :\
          /: : : :    : : \
        /: : : :        : : \
       /: : : :             : :\            よし……これだけ資料を集めれば充分だろ
     /: : : :                : : \
    /: : : :                   : : \
   <: : : : : : .                      : : \
    \: : : : : : .                  : : \
      \: : : : : : .                 . : : : >
       \: : : : : : : .               . : : :/   \
        \: : : : : : : .          . : : :/     〉
           \: : : : : : . /i     . : : : :/     /
           \: : : : :./ )   . : : : :/       /
            l\: :/ /: . . : : : :/       /
            l  V l: : : : : :/       /
             |    ',: : /       /
               ',     V       /
              ',    \   /
              ',.      T


.


569◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 16:58:53 ID:93efeb3c






                                    _,,,,,,,,., ィ彡ニニヘ
                //二三>               |<l三=ー`ー‐''''' l l
                |`l     l>三≧>‐ヘ r- .. _    ll    ゙l、    l l ,,.、
        ィ≧ラヽ _,, -ニニニニl ll   /ィク/ll ll<i\>、   ll    .l     l l//、>、
      <彡"  l i〈_lーニ─"ll  ll 〈ー''"´  ll l  ̄ ̄ 7,  ll    l     l l' l ヾソヽ
       ヽ     l l:、     :ll.l  ll  ヽ      l.l _,, -ニニ _ll    .l    '/  ヽ  /
        ヘ     l l'i`    ll l  ll    ゙、   ll  l〈ーニニ= 7   l   /  /  ハ
       / ヘ     l l;i    ll l  ,ll    ',   l   l l     l l__lミニニ/  / /  ヽ
     /   ∧     l l    ハll二|i|    ,l    l  l l       l l――l   /  /  / ヽ  ヽ
   /―‐/―――――――――――――――――――――――――――――‐ヽ ―ヽ
  /__/________________________________ ヽ__ヽ
  |   |   人  人  人  人  人  人  人  人  人  人  人  人  人   |   |
  |   |  (  )(  )(  )(  )(  )(  )(  )(  )(  )(  )(  )(  )(  )  |   |
  TニニT  ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄l ̄ ̄ ̄ ̄ TニニT
  .|.  |       .|      .|      .|      .|      .|      .|      .|       |  .|





        ____
      /⌒  ⌒\
    /( ●)  (●)\           よし、これだけ日本語や英語の資料集めれば
   /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
   | u.   |r┬-|     |         卒論には充分だろ!
   \      `ー'´     (⌒)
    >          ノ ~.レ-r┐、
   /          ノ__  | .| | |
    |          〈 ̄   `-Lλ_レレ
    |          ̄`ー┬--‐‐´



.


570普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 16:59:48 ID:e1d161cc
資料から論文のかたちにしないと


571◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:06:28 ID:93efeb3c




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  _ ....-‐………‐-... _
             /__::.::>''´__::.::ニ- _
           / ̄::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\::.::.::\           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           / ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.:: \::.::.::\          | 教授もこう言ってたし……  . |
.        /::.::/::.::.::.::.::.//|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.\::.::Λ___    ゝ_____________,ノ
        /::.::.::/::.::.::.::.::./  |::.::.: |::.::.::.:\ ::.::.::.::.::.::.: ∨::Λ   |
.       /::.::.::/::.::.::.::.::./   ::.::.::.|::.::.::|::.::.:\::.::.::.::.::.:: ∨ ::|    |
      /::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|     ::.::、|::.::.::|::.::.::.::.:\::.::.::.::.::.|/|    /
    ::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::|ノ:::::::::\: \::.|::.:\::.::.::.::.::.::.::.::.| :: |  く
     |::.::.::.:|::.::.:┼ベ~| ::::::::::::::: \::.`ー―:\::.::.::.::.::.::.|/|__)
     |: {::.::.|::.::.::.|__≫=ミ::::::::::::::::::::≫===ミ_∨::.::.::.:Λ:/  「     あ、そういえば明日まででしたよね
     |八::.::.::.::.:: Υ {:i:i:iハ::::::::::::::〃 {:i:i:i:ハ Y | ::.::.::./::./|   |
    {  \::.::.::|八 乂;;ノ::::::::::::::::  乂;;;ソ ノ |::.::. /^i/::|   |    卒論、仮の奴でいいので、教務課に明日の16:00までに出してくださいね。
       |\{乂_  ̄  、       ̄ ̄  八Λ{ ノl ::|、_|
       |i:.::.:八              u. Λ::.::/ イ八::|
       |i:.::.::.:: \     r:::..,,,      /::.::.:/::.::./ ::.: |i
       |i:.::.::.::.::.:个    ⌒    イ/::.::.:/::.::./::.::.::.:i|i
       ト|i::.::.::.::. | ::.::}>  -=≦   /::.::.:/::.::./ ::. | ::. i|i
         |i::.::.::.::.:厂/ ̄ノ     / ::.: /::.::./::.::.::.|::.::. i|i
         Λ ::.::.:///      /::.::.::.: /}/~^''<|::.::.::.i|i
.        /  \::.{ /       /::.::.::.::.//     \::.::.i|i

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





.


572普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 17:08:40 ID:c6213f4b
明日なのに数日後だと……


573◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:09:56 ID:93efeb3c






━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             やる夫で学ぶレンティア国家論

             最終話 レンティア国家の実例

                ―旧ソ連の場合―

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



        ____
       /      \
     /  _ノ  ヽ、_  \       くっ、なんとか今日中に終わらせないと……
    /  (●)  (●)   \
    |     (__人__)  u. |
    \     ` ⌒´     /
   /´           `\
  /  /          l  l   .
__l  l_.[] _____/_/__
  \, ´-'ヽ
    ヾ_ノ



.




574◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:14:47 ID:93efeb3c





          ____
        /      \
       /   ⌒   ⌒\       とまあ、今までレンティア国家について学んできたけど
     /    (●)  (●) \
     |     ⌒(__人__)⌒  |     _________   とうとう実例を挙げる時がきたお。
     \       ` ⌒´   ,/    // ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
___/           \   .//               /    アラブ諸国だとつまらないし……そーだなー
| | /    ,           ヽ //               /
| | /   ./                //              /
| | | ⌒ ーnnn . _____//_,_,______,_,_/
 ̄ \__、("二) .`――――-((」II.IIニニニニニニエ!  ポチポチ






              ↓wiki参照中
            ____
          /      \
         /  ─    ─\   おっ、アゼルバイジャンって国がおもしろそうだな。
       /   (●)  (●) \
        |      (__人__)    l ________  これにしよう。
       \      ` ⌒´   __,// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /
_____/     、____,/、            /
| |      ./        _____丿          /フ
| |    ,/               //               /´
| |    !     _____//_,_,______,_,_/
 ̄ ̄ ̄ ....("二) .`――――-((」II.IIニニニニニニエ!



.


575普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 17:18:59 ID:83c7f154
アゼルバイジャンでいいじゃんアゼルバイジャン


576◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:19:07 ID:93efeb3c

1.アゼルバイジャンってどんな国?

アゼルバイジャン
人口:990万人
面積:8万6,600平方キロメートル(日本の約4分の1)
首都:バクー(アゼルバイジャン語ではバキュ 人口220万人)
言語:アゼルバイジャン語(チュルク語系) ロシア語が通用
民族:アゼルバイジャン人91% その他少数民族
宗教:シーア派70%ほど スンナ派20%ほど

政治的には大統領の直接選挙制 議会も選挙あり首相は大統領任命による
 →超大統領制と呼ばれる、大統領の権限が大きい制度

経済:石油、天然ガスに依存した国
GDP:375.6億ドルとセルビアぐらいのGDP

主要貿易はやはり石油や天然ガス




.        ____    ━┓
      ./      \   ┏┛       外務省のデータ見てみたけど、んーっとようは天然資源に依存していて
.    /  \   ,_\  ・
  ./    (●)゛ (●) \   .__________  権威主義体制でチュルク系でシーア派多数の国ってことかお?
_.|  ∪   (__人__)    |  |^| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄!
| | ./     ∩ノ ⊃  /  | |                |
| | (  \ / _ノ |  |     | |                |
| | .\ “  /__|  |   .| |                |
 ̄   .\ /_ . _____|_|_,_,______,_,_|
            .`――――-((」II IIニニニニニニニニニニエ!


.



578◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:25:48 ID:93efeb3c





※アゼルバイジャンの政治に関しては以下の著作をどうぞ。安いです
廣瀬陽子. 2016. 『アゼルバイジャン 文明が交錯する「火の国」』ユーラシア文庫, 群像社.




        ____
      /      \          まあ、ここらへんは本を引用しつつ、自分の分にかえてっと…
     /  ─-  -─\
   /──( )─( )- \       アゼルバイジャンはどういうレンティア国家か見るお。
    |       (__人__)    |  _________
   \      ` ⌒´  ,/  | |              |
   ノ           \  | |              |
. /´               | |              |
 |    l                | |              | パチパチ
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   |_|_______|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)二二二     | |   |



.




579◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:31:41 ID:93efeb3c

2.アゼルバイジャンとレンティア国家に関する先行研究

2-1.Franke 2009論文によるデータ

アゼルバイジャン…豊富な天然資源、経済の多角化の低さと新家産的構造を持つ専制的な大統領制国家
          人々の階層的思考、政治への関心の薄さ

→ポストソ連型のレンティア国家
特徴:石油産業のエリートの力、レント分配による支持の獲得、エリートの腐敗、経済調整の欠如、透明性の欠如、資源政策の正統性
    工業化志向の欠如


        ____
        /     \    まずFrankeって言う人の論文によると……レントがありそれによって国民支持を勝ち取っていると
     /   ⌒  ⌒ \
   /   ( ●)  (●) \ 工業化志向もないので開発独裁でもないというのが……言われているお。
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。`/■ヽ  /     | |             |
__/       .(__(⌒)、 \     | |             |
| | /    ,       \ `ヽヽ    | |             |
| | /   /          \_,ノ   | |             |
| | | ⌒ ーnnn.       )    |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄l二二l二二二二二二l _|_|__|_




※家産的構造
支配階級の長が土地や社会的地位を自らの家産のように扱い、家父長制支配のこと。

.



580◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:35:06 ID:93efeb3c




2-2.olear 2007論文によるデータ
アゼルバイジャンにおける「資源の呪い」と政治的正当性


アゼルバイジャン国家の正当性は外的正統性と内的正統性が存在。
外的正統性…アゼルバイジャンの外交政策による国際的認知
内的正統性…外交政策の成功+レントの配分


          ____
        /      \     もう1つはアゼルバイジャン国家の正統性とレント配分だお。
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \  外交的正統性を基盤としつつも、不満解消のためにレント配分を行っていることが示されているお。
     |       (__人__)    |    ___________
     \      ` ⌒´  ,/    | |             |
___/.            ヽ____..| |             |
| | /   ,             、 ):::c; :::; / | |             |
| | /   /           \::o:。/ | |             |
| | | ⌒ ーnnn       人  (⌒)  |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_


.


581◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:37:00 ID:93efeb3c





→しかしこの2つの論文には問題。
1つは、国内の地位的差について言及していない。(地方と中央の格差)
1つは資源依存については言及しているが、実際の分配システムについては論じていない。



          ____  
        /      \      だけど、実際の分配がどうなっているかわからんし
       /  ─    ─\
     /    (●)  (●) \   地方格差とかあるのかもわからん…他に何かないかお?
     |   U  (__人__)    | ___________
     \     ∩ノ ⊃ / | |             |
___(  ` 、 _/ _ノ   \ | |             |
| |   \   “  / ___l  || |             |
| |   | \   / ____/| |             |
| |   |    ̄             |_|___________|
 ̄ ̄ ̄ ̄("二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_




.


582◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:40:08 ID:93efeb3c





3.立花2013 論文におけるレンティア国家の記述
(議題はレンティア国家そのものではないが、1章分レンティア国家にさかれている)


          ____  ! /
        /      \ -
       /  ─   ─ \
     /  -━-  -━-  \    おっ、この日本語論文はアゼルバイジャンのレンティア国家についても書いているお
     |      (__人__)     | ___________
     \      ` ⌒´   ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| | /    ,                | |             |
| | /   ./             | |             |  パチパチ
| | | ⌒ ーnnn        ./ |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



.



583◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:42:06 ID:93efeb3c





3-1.アゼルバイジャンの地方行政制度
・アゼルバイジャンは市(大都市は単独 政令指定都市に相当)と地区(日本の県に相当)87個+1自治共和国によって構成。
・地区の知事(長官)は、大統領が任命。副長官は大統領府の承認を得て長官が指名。
・地方議会も公選ではない、諮問機関としてのみ存在

  ________
  | ______ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  | |       /       .::::::::::::::::::::::\   ……へー、アゼルバイジャンは地方自治がなくて
  | |       /          ..::::::::::::::::::::::::|
  | |      .|          ...:::::::::::::::::::::::::|   国が全部知事も決めるし、議会もないんだおね。
  | |       |        ....:::::::::::::::::::/
  | |____ ヽ     .....:::::::::::::::::::::::<
  └___/ ̄ ̄        :::::::::::::::::::::::::|
  |\    |           :::::::::::::::::::::|
  \ \  \___      ::::::



.


584◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:45:42 ID:93efeb3c



3-2.アゼルバイジャン経済と地方

・アゼルバイジャンは2000年以降GDP10%以上の成長率(2010年ごろまで5%以上 2011、2016年、2017年マイナス成長)
・2009年の総生産高は80%首都のバクーが産出(2番手がアラン地区6% 以降3%以下)。
・工業生産高はバクーが94%(2番手がアラン地区の2.6パーセント)。
・農業生産高はバクーが0.7%(アランの30パーセント ガンジャの20%と地方都市が大半)
・産業別意味ると鉱業の伸びが良く、工業と農業は割合低下している。


→ 農業以外を握っているバクーと地方の格差が存在

                 ____
               /       \
       パ  /  ⌒  ⌒  \    ほうほう、アゼルバイジャンは首都の経済力が巨大で
      ポ リ /   (●) (●)   \
     リ   l    ⌒(__人__)⌒    l   他は農業とかしてないんだね。
        /⌒ヽ\   。` ̄~`    /
      l^l^l_ノ/           \    それで、農業自体の割合が低下しているから…首都とそれ以外で格差が生じていると。
       | | 川、                   ヽ
      ヽ_  ノ                   ヽ
         |   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |
         |  |      。       |⌒ |
==^==-、 ヽ_|      (:::τ      | ノ_
 ポテチ ./  ̄ ̄|            | ̄(  ) ̄ ̄


.



585◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:48:37 ID:93efeb3c




3-3.アゼルバイジャンの天然資源管理会社

3、アゼルバイジャンの資源管理について
国家←(徴収)アゼルバイジャン石油国営会社←(課税)←ガス・石油田

国家←(徴収) 国家石油基金←(課税)←ガス・石油田
委員会←(支援)
インフラ整備←

※いずれも国家による管理下にある


               __
.───┐      / ...::::::..\       なるほど、アゼルバイジャンの天然資源は
 ̄ ̄ ̄| |     /ゝ  ...::::::::::.\
      | |    ( ●)   ...::::::::::.\    アゼルバイジャン石油国営会社か基金を通して国家に入ると……
      | |   (人__)    ...:::::::::::::: |
      | |.   \、  ......::::::::::::::::::/
二二二 」 _ _ ゞ    ...:::::::丶
─┴┐ ⊆フ_)__./     ┌ヽ ヽ┐
二二二二二二l  /      |  |   | |  ポチポチ
_l_____| /      |_|   |_|
  |       /  __,    ノ  |─l
  |───/  /lニ/   /二ニ luul.
  |    ___|  |  |   |_|.
 └─(    )(ニ|   |./二ニ)
      ̄ ̄  /   )
            `ー ´


.


586◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:52:38 ID:93efeb3c



3-4.実際の配分について①

①国営会社や基金を通じて政府予算への移転が行われている
②国家予算の4割以上がこの予算移転によるものである
③首都近郊の大規模工業事業に投資傾向+自国民の難民支援
④地方の自主財源はきわめて少ない(20~50パーセント程度がほとんど)が、それを補てんするのもこの予算移転によるもの
 →反発がないのはいずれ自分たち法の人間にも配分が来るという合意が存在。


     カタ        ____
       カタ    /         \
  < ` ヽ 、    /\::::::::: /    \    ふむふむなるほど、天然資源の利益は政府予算に代わって
  /`ヽ、  ` ヽ、  (●)  (●)      \
/    `ヽ、/ i   (__人__)      |  それが公共事業になり、さらに地方の財政補てんにも使われていると
`ヽ、    / i  i、  ` ⌒´      ./
ヽ  `ヽ/   i  i ヽ、 ̄ ̄ ̄      |    法的制度だけでなく、金銭面でも支配しているわけだお。
.l `ヽ、 i      i  i#`ヽ<⌒ヽ、/ .ノ.|
..l    .`i      i  i####>`ゞ_、_,,/ .|
 `ヽ、  i      i/ヽ//:::::::::`ヽ、  |



※地方の利益誘導に関して
アゼルバイジャンの財閥であるFIGが存在し、彼らは一部の閣僚や議員と結びついて地方に利益が誘導。(インフラ整備など)
これが各地にレントの効果が地方に波及するシステムである。
ロシアのオルガリヒなどが近い。


.



587◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:55:55 ID:93efeb3c


3-5.実際の配分について② 大統領の財布へ

緊急時に使用できる予備金という名目で大統領(歳入の2%まで)や大統領府(歳入の5%まで)温存。
例えば、2009年に大統領予備金は1.5億マナト (1マナトは65円ぐらい)存在。
この資金は選挙でのばらまき、外交での使用(2010年にベラルーシのロシアからのガスパイプ未払い分を建て替え)を行っている。

         ____
       /   u \
      /  \    ─\    チラッ    政府予算とは別に、大統領予備金という名目で個人の財布に入っている…
    /  し (>)  (●) \
    | ∪    (__人__)  J |  ________  これで選挙や外交で使って、ポイント稼ぎになるわけだ。
     \  u   `⌒´   / | |          |
    ノ            \ | |          |
  /´                  | |          |
 |    l                 | |          |





.


588◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 17:58:29 ID:93efeb3c






          ____
        /      \
       / ─    ─ \     ただ、当たり前だけど、石油国営会社とか基金によってやる方式も問題があって
     /   (●)  (●)  \
     |      (__人__)     | __________  エネルギー事業の独占、汚職などがあるわけだお。
     \     ` ⌒´    ,/ | |             |
___/           \ | |             |
| |  |                  | |             |
| |   |    、            | |             |
| |  \   `ヾ        "/ |_|___________|  パチパチ
 ̄ ̄ ̄ ̄(“二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_




.


589◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:02:44 ID:93efeb3c





最終回纏め

①アゼルバイジャンは「レント」に依存しているレンティア国家である
②アゼルバイジャンのレント配分は極めて首都中心的なもの。地方との格差が存在。
③これは制度的な地方制度とレント配分によって生じた物
④アゼルバイジャン正統性はレント配分によって獲得


         ___
       /     \     よし、とりあえず纏めると、こんな感じだお!!
      /   \ , , /\    
    /    (●)  (●) \   アゼルバイジャンは移民が多い国じゃないからエスノクラシーはない!
     |   u.   (__人__)   |      .___________
      \      ` ⌒ ´  ,/ガチャ  | |             |
      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ ガチャ .| |             |
      |  |          | \ ガチャ.| |             |
 タン.  |  |       i i|  i\,,c`ヽ彡.| |             |
.  タン | ⌒ ̄ ̄r~ノソィ" |  inルソノノ|_|___________|
 |\ ̄ ̄ ー─‐─oー"o ̄ ̄~´ ̄ ̄     _|_|__|_





.



590◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:07:08 ID:93efeb3c





最終回参考文献
立花優. 2013. 「ポストソ連期アゼルバイジャンの政治変容 : 旧ソ連地域における政治体制の事例研究」博士課程論文, 北海道大学.
→博士論文 非常に重厚な内容。アゼルバイジャンの政治を知るならまずこれを
レンティア国家についても記述。 ネットで転がっているので無料で見れます。


Franke, A and A, Gawrich and G, Alakbarov. 2009. ”Kazakhstan and Azerbaijan as Post-Soviet Rentier States: Resource Incomes and
Autocracy as a Double 'Curse'in Post-Soviet Regimes” Europe-Asia Studies 61(1) : 109-140.
→アゼルバイジャンとカザフスタンの研究から旧ソ連地域のレンティア国家について論じている。
 非常にマクロな内容なため、ミクロなことを知りたい人は不満かも


O'Lear, Shannon .2007.Azerbaijan's resource wealth: political legitimacy and public opinion
The geographical journal 173 (3): 207-223.
→アゼルバイジャンの天元資源について政治と絡めて言及
  ただ、天然資源とかかわりのない記述も多いので注意。




        ____
      /       \        参考文献はこんな感じだな……
     /   ―   ―
   /     ( ー)  (ー)'
   |         (__ノ、_,x ,--、  ___________
   \.       `ー<  ヾ zヽ ズズ…              |
   /       ー‐\/   .| |             |
. /                 | |             |
 |    l              | |             |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、    .|_|___________|
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニニニ   _|_|__|_




.


591◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:08:36 ID:93efeb3c






                 ___i_
  バババババ       / i      \
                /   ⌒三三⌒ ヾ     / /    よし、あとはこれを論文の形にして、教授に見せれば終わりだお!!
     \ ミ    /   ( ○ )三( ○ )ヽ ./彡  /
      \\ i i  |i    ⌒(___人__)⌒ .|/  彡 \
    ヘ \\─!─ヽ_i_   |r┬-|  ノ   /\/ヾ    年末を気持ちよく過ごすにはここで終わらせないと!!
       \\ ___     i `ー‐´_!l  彡// \彡 ババババババ
     ミ  \\\ ! !  ミ  「!!!!)i!    /___________
           \ rス了 彡   iJ ̄  彡  | |             |
       人   £,,,,ク i!i! i!|i  川    / | |             |
      て  / /     rrr┬!   (ミヾ//| |             |
     て ∠心ソ ニ=-  ̄iJJ   ヽ _ / (.| |             |
  __  Y _    Y^Y^Y _ 人人人  て.|_|___________| ___
          Y^Y   \二二二二二 て      _|_|__|_
   ダダダダダダダダダ    Y^Y^Y  Y^Y




.


592◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:10:34 ID:93efeb3c







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                         |  そんなこんなで  |
                         |_________|
                         , - - ||
 ■ □ ■ □ ■ □ ■ □      /  (● ●|      □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
                         ゝ  (__人)|
                              ハ    ヽゆ
                              し     |
                          し   J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.


593◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:11:46 ID:93efeb3c





―普通大学イスラーム学部現代学科 ありす准教授の部屋―

                           ___/⌒i                  /∧
 ~"''   .,_                    |::/  /                     /∧
       ~"''   _        ⊂ニ二>イ⌒Y,、-── 、               /∧
             ``~、、      γ´ ̄シ¨¨`ー──'′              _ ┘
¨ニ=- __            ``~、、  ゝ-彡                  _,,. - ¨
__/::::::::::¨ニ=-   __         ``~、、             __ -‐ ¨         _,,..
 ̄|丁iT ┬=ニ_::::::::::::::::::|¨ニ=-  _       ``~、、   _ -‐ ¨       _   -=ニ⌒
: : | | | | | ||| 「「|丁iT=|:|i|::::::::::::::::::⌒ニ=-  __       `|"~     __,,..  -=ニ⌒        
: : |┬┬=ニ ┴- ⊥L」_|:|i| ̄   ─-   ._|: :|_ニ=- __|,. -=ニ⌒       _,,..  -.┬¬ ¨ 
: : |||| 「 「|「丁iTTi|:|i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. | |: :|」」」」」|:| |  ̄:|\_  -r T丁「|..|..|.|..|..|..|..|..|..|. |
: : |二二ニニ==┴- ⊥..,|:|i|.:.:.:.:丁.:.「 ̄ ゙̄| |: :|iiiiiiiiiiii|:| |   :|  |   i|....|..l..|..|..|..|.|..|..|..|..|..|..|. |
: : |||丁丁丁丁丁丁|:|i|┬‐┸ー|─┬┴‐┼─--]:| |   :|  |   i|....|..|..|..|..|..|.|..|..|..|..|..|..l. |        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
: : |┴┴┴┴┴┴┴┴|:|i|::|丁¨¨¨|:◯:|¨¨¨|¨||zzzzz|:| |   :|  |   i|....|..l..|..l..|..|..l..|..|..|..l..l...|..|        | …………ふむ    .|
: : | ̄ ̄ ̄”””¨¨¨¨¨““|:|i|丁二二二二二丁「___」」 ┌─|  | __」L」_|_|..|..|..|..|..|..|..|..|..|..|..|_       ゝ_________,ノ
二|_,,,...   --─…¬ニ|:|: :|¨¨ ̄ ̄|//|::|」L⊥ニ⊥ -┴…__二”-─…¬¨¨_ - ̄ ̄¨¨二77i:i:/
 ̄「「二ニニ=- T'' ¨¨ ̄::|:::|」 ⊥ -‐ ''' ¨ ̄__  -‐  ¨       __  -‐ '' ¨      /i:i:i/i:iY
::::::| |:::::::::::::::::|::::|:::::::r=二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ─ _  -‐  二 _       __/:}/i:i:i/:|i:i:}_
::::::| |:::::::::::::::::|::::|:::::::::¨‐二- _              /          ¨ ー-  _/三三イ/|i:i:i:|ニj‐「_
::::::| |:::::::::::::::::|:::」::::-‐=ニニト二─__         ′          _,. -/i:i:/i:i:i:i:/¨|i:i:i:|-<二
::::::|_L -=ニ二二=-  ''' ¨|i:i:i:¨-二二- _     ,′      _,. -=二二- 7i:i:/i:i:i:i:/_|i:i:i:トミーo′
-ニ|=-  '' ¨          |i:i:i:i:i:i:i:i:¨-ニニニ- _     _,. -=ニニニ-二ー _,/i:i/i:i:i:i:/─┬‐┘О
'"~               |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミh、二ニ=--=ニ二二ニ.┬¨, '゜⌒'弌|i:i:{{i:i:i:i:{:{-=ニ二i
               |i:i:i:i:jI斗r≦‐_‐_><」ニニ><‐_,|::|/:::::::::::::: :: |i:i:{{i:i:i:i:{」⌒¬辷┐
                -_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-|i:i:i:i|=_=_=_=|::|≧s。.,_:::::::::::|i:i:{{i:i:i/|    `(⌒)
               ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐|i:i:i:i|=_=_=_=|::|⌒'弌i:i≧s。|i:i:{{i:i/┘     `¨´



.



594◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:15:06 ID:93efeb3c



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| ……ふむふむ合格です。   |
ゝ_____________,ノ

        _ _ _ _                               _
        | il|       ̄  ¨    ‐-   .__   .  -‐   ¨   ̄     |
        | il| .レンティア国家の効果と課題―旧ソ連を事例に―......    |
        | il|序論 政治的正統性について........................            |
.          | il|第1章 レンティア国家論とその歴史.................................  .........   |
.         | il|第2章 レンティア国家論の問題:資源の呪いとエスノクラシー
.        | il|第3章 旧ソ連圏と資源について.............................    .............   |
          | li|第4章 アゼルバイジャンを例に ......................................................  |
         | ll|結論...............................................  | .......................................................   |
¨:::: ̄:::`:..   | il| ......................................................  | .......................................................   |
:::::::::::::::::::::\__| il| .....  ⌒Y...................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::::::::/ :| il| , '  / ....................................  | .......................................................   |
::::::::::::::::Y´  ..:|_/   , ............................................  | ..............................
::::::::::::::::{     ´    〃  .........................................  | ..................
:::::::::::::::::          {  ................................      |
:::::::::::::::::|       /          __  . -‐
:::::::::::::::::|      ハ__  . -‐  ¨
:::::::::::::::::|       |´



.



595◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:17:21 ID:93efeb3c






          _ ''^゚~ ̄.::.::.::>―
.          /::/::.::.::.::.::.::.::.::.::\::.::.::.::.::.\
       /::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.Λ::.::.::.::.::.::\
      /::.::/::.::.::.::.::.::.:/::.::.::.::.::.::.::.::Λ::.::.::.:\::.::\
.     /::.::/::.::.::.::.::.::.:/:|::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::.::∨::.Λ
    /::.::.::.::.:: |::.::.:: / Λ::.:: 斗―‐ト::.:|::.::.::.::.::.| / | ̄\
     |::.::.::|::.::.::|::斗―   \::.:|::.::.::.|::.::.|::.::.::.::.::.|::.::./|    |
     |::.::.::|::.::.::|::.::|/     \ ≫==ミ|_ : Λ|::./::.|    |     よく、私の議論を入れつつも
     |::.::.::|::.::.::|::≫=ミ     〃 _) ノ}'⌒::/〈::.::/::./\ /
     |::.::.::|::.::.:〃 _)ハ       ,,乂^ソ ::.::.|⌒∨::Λ 厂      事例としてアゼルバイジャンを挙げることが出来ましたね。
     |::.::.::.:⌒弋,, 乂ツ      ////::.::Λ|   }/::.∨
     |/\::.::.::.:\ ///`       厶イ::.::/ /::.::.::.::|
.         `Τ::.i⌒            /::.::.:/ ´::.|::.::.::.::.|            卒論としては十分です。ええ
          |::.:八     '      /::.::.:/::.::.::.:|::.::.::.::.|
          |::.::.:/>          |::.::.::.|::.::.::.: |::.::.::.::.|
          |::. 〈::.:/::.::.::≧ーr< |::.::.::.|::.::.::.: |::.::.::.::.|
.         乂( ∨r――./    |八 ::|__::. |::.::.::.::.|\
        / ̄{_  \        \ 人::|\::.::.::.::.::\
       /⌒  {_  /\     /    _}::.::.::.::.::.|
.       /     {_    /\_./\   _}Λ::.::.::.::.|
    //     {_     /  /二二二二二二二二二〉
.  _/::.:/       |  {___        /二二二二二二二二二/
  ⌒¨ 〈      |   {_    /二二二二二二二二二/
.   /::.\    |/   {_  /二二二二二二二二二/
   |::.::.::.:|\          {_ /二二二二二二二二二/
   |: |::.::.|    「      / ./ニ>''^~ ̄    ~^つ 二/
   |八::. |     \_/  .//           ノニ二/
     ヽ|      )'´   {__./ ̄ ̄ ̄ニニニΛ
.        |     /         )ニニニニニ二/ |
        \            /ニニニニニ二/  〉






           /)
         ///)
        /,.=゙''"/
 /     i f ,.r='"-‐'つ____     よっしゃああ!!!これでやる夫も就職できるお!
/      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
  /   ,i   ,二ニ⊃( >). (<)\
 /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ありす教授ありがとうございます!
    ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
   / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /




.


596◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:20:08 ID:93efeb3c





                 ____
              ,...::::::_::::::::::::::`:::..、
            ,..:::´ ̄::::,::::::::::`ヽ、:::::::::::::ヽ
           /::::::::,::::/ヽ:::::::、:::::::\::::::::::::',
         /::/:::/:/::/   Ⅵ:: |::{:::::::::\:::::::::
        ,:::,::::/:/-/、   {::{斗ム::::::::|:::|::::::::|、
        |::{::::Ⅳ _{      ヾ \}\:::}:::}::::::::}_ ヽ      ええ、こちらも指導した甲斐がありましたよ。
        {:∧:::l,ィ雫ミ、    ィ雫ミ, Ⅵ/-、:::, \)
          从l ゝVソ      V(ソノ /::}'/ ,::::|   〉      これで卒論単位を全部取れていれば完璧ですよ。
          /:::.    '        /:::/_ノ:::: |   {
            {:::人    、__,    /:::/::::::::::Ⅵ\_ノ
           |::/ |::::...     イ{::/:::|:::::::::::\ }
           |:{ 「 ̄┼`´╋┼ 从-、:::::::::::::::::∨
           ゝ} 乂╋┼╋┼╋┼╋ 、::::::::::::::::.
         / / \╋┼╋┼╋イ ∧:::::::::::::::}
           Ⅳ    /` ー―― ´ /  ,::::|:::::::::|
         ,:′   l{={}=     ,     |::::|:::::::::|
          {    /      /    ,:::::|:::::::::|
         |     ,′       /    /::::/::::::::/
        :    〃={}=    ,:      /::::/::::::::/
          {   {l       /    /::イ::::::/
          ∧   ||     /    /´/::イ
       ,   \ l{     /    /  ̄´
        /    ` |!   /    ∧
     /     ∧  /    /  \





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \        …………
            |  u.   (__人__)     |ハッ
          \     `⌒´    ,/                   やる夫さん?>
          /     ー‐    \





.



597普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 18:21:59 ID:a324b4ea
就活とか…


598◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:22:33 ID:93efeb3c



   /    /' /     / ,:'/,:
 ,:' /   ,: ' / ' / / ,:'/,   / / ,:'/,:
'  ,:   /'   / ̄ ̄∪\      /' /       …………教授
' / ,'/,:   /(●)  (●).\  ' / ' /
/,:     / (__人__)      \  ,:'/,:   /'    卒論に夢中になっていて
/ ,:'/,  |   ` ⌒´    ∪    | ' / / ,:'/,:
 /    \      `       ,/' /          授業の単位取るの忘れていたお。卒論だけじゃ単位がたりないお
/  /'  /  ∪       \'/  /'
/ ,:'/,: | Y       ∪   |  |/ ,:'/,:
     ||∪       |  |








                ___
                 _::::::::::::::::::::::::__
              /::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
.           /::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       _____/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::.
.    /i:i:Ⅳ\::∨:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::八::::::::::::::::::::.
    {:i:i:i:i:i:|::::::::: |:::::::::::::| ::::: /::::::::::::|: /  ::::::::::::::::::::
    ∨:i:i:i:| \:: |:::::::::::::|:::: /|_\::/ |/   |::Λ:::::::::: |
      〉i:i:i:|〉::::::::|:::::::::::::|::x俘=ミ \|   jr ⌒::::::::: |
.    {i:i:i:i:|Λ: 八:::::::: 人( {:::(_ ヽ   _笊~゚Y|:::::|:::|
      \_:j|::::l〉{ (\|\{  乂ツ::::::::::::::::::{(::ノ ノ八:八|        …………………………………………は?
.        八:|:人辷}::::::|         '`´ /|::/ ノ
        / :::::|:/: `¨|::::::| u.    _     ;゙ |/
.       / :::::: |:::::::::: |::::圦    (   )   人
      / ::::::::::::::::::: 八::::::| >    ̄    イ:::::::
.     /::::::::::::::::::::::/:::::|\|.    {>-< |:::::j
    /::::::::::::::::::::::/ ::::::| ..._\ ...⊥..._     | :: /
.   /::::::::::::::::::::::/:::: |:人__  ̄  _.j>、  |: /     /ニ=-  _
  /:::::::::::::|::::::::/::::::::|:::|⌒   __jノニ=-‐㍉ |/     //  ̄  -=ニニ=-
. イ:::|:::::::::::|::::::::::::::::: |:::|__jノ⌒:ア´     ´_      //        ̄ 7/
 |:: |:::::::::::|::::::::::::::::: |::八:i:i:i:iァ′       ´_     //         //
 | 人:::::::::|:::::::::::::::::: /:i:i:i:i:i:7       ...,, __}_   //         //
    \:::|::::::::::|:::: /:i:i:i:i:i:i:{             } //         //



.



599普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 18:24:25 ID:ea3c4f26
卒論の時期に他の単位が揃ってないってのはアカンだろ


600◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:32:33 ID:93efeb3c





i =======||==========||==========||==========||
il.[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||[[[[[[[[[[[[[[[[||
i =======||==========||========__=========||
il.[[[[[[[[[[ ||γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ |\
i =======||=| 来年もよろしくお願いします…………   .|  |  \
il.[[[[[__/ゝ__________________,ノ  |   |
i =/  /(三三l/l====||(三三l/l(三三l/l...========||.     |   |
il.[[(三三l/(三三l/__|(三三l/l[(三三l/l [[[[[[[[[[[[||.     |   |
i =(三三l/(三三/  /|(三三l/l=(__l/  .l======||.     |「  .|
  (三/  /| (三三l/(三三l//  /|l        \     |   |
  (三(三三l/l (三三l/(三_(三三l/l     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  (三(三三l/l (三三l/  /|(三三l/l     | …………なんでですか?(殺意)   |
  (三(三三l/l (三三l(三三l/l(三三l/l     ゝ________________,ノ
  (三(三三l/l (三三l/(三三l/l(三三l/l               \.|
    (三三l/l (三三l(三三l/l(三三l/                     \
    (三三l/l (三三l/(三三l


                                      続く?



.



601◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:33:56 ID:93efeb3c
☆投下スレ
普通のやる夫板 様
場所を貸していただきありがとうございました。


☆まとめサイト
やる夫が人生でいいじゃない 様
やるバウト様
まとめていただきありがとうございました。


☆読者の皆様見ていただきありがとうございました。


602◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:34:34 ID:93efeb3c
今回使用したした参考文献について


☆民主主義について
シュンペーター, ヨーゼフ. 2016. 『資本主義・社会主義・民主主義 Ⅰ』大野一訳, 日経BP社.
―――. 2016. 『資本主義・社会主義・民主主義 Ⅱ』大野一訳,日経BP社.

ダール  ロバート. 2014. 『ポリアーキー』高畠通敏・前田脩訳, 岩波書店.

☆レンティア国家について
松尾昌樹. 2010. 『湾岸産油国 レンティア国家のゆくえ 』講談社選書メチエ  講談社.

松尾昌樹. 2016. 「グローバル化する中東と石油 レンティア国家再考」松尾昌樹・岡野内正・吉川卓郎編『中東の新たな秩序』  ミネルヴァ書房, 59-79.

細井長.2005.『中東の経済開発戦略-新時代へ向かう湾岸諸国』 ミネルヴァ書房.


603◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:35:08 ID:93efeb3c

☆古典的中東研究と中東例外論
Michael C. Hudson.1977.Arab Politics: The Search for Legitimacy. CT: Yale University Press.

Hudson,MichelC.1995.“The Political Culture Approach to Arab Democratization:
The Case for Bringlng It Back In,”in Rex Brinen et.al eds. Polilical Liberalization&Democratizationinthe
Arab Wbrld.Boulder:RiennerPublisher,61-7.

Anderson,Lisa.1995.“Democracy in the Arab World:ACritique of the Political Culture Approach,”in Rex Brinen et.al eds. Political
Liberalization & Democratization in the Arab world.Boulder:Rienner Publisher, 77-92.

Bromley,Simon.1995.“Middle Eastexceptionalism-mythorreality?,”in David Potter et.al. eds. Democratization.Cambridge:PolityPress,321-344.

Huntington,SamuelP.1991.The Third ofTbve:Democratizationin theLate TWentieth Centu7y.Norman:University of Oklahoma Press.
※邦語 サミュエル, ハンチントン.1995.『第三の波――20世紀後半の民主化』坪郷實・中道寿一・藪野祐三訳, 三嶺書房.
Huntington,SamuelP.1996.The Clash of Civilizations and the Remaking of World Order. rder.NewYork: Simon & Schuster.
※邦語 サミュエル, ハンチントン.1998.『文明の衝突』 鈴木主税訳, 集英社.


604◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:35:47 ID:93efeb3c


☆レンティア国家論について
Mahdavy, Hossein.1970.”The Patterns and Problems of Economic Development in Rentier States : The Case of Iran”, In M.A. Cook, ed.,
Studies in the Economic History of the Middle East : From the Rise of Islam to the Present Day, London, Oxford University Press.

Theda heda Skocpol.1982.”Rentier State and Shi’a Islam in the Iranian Revolution”, Theory and Society, 11(3).

伊能武次.1994.「中東諸国の政治と国家へのアプローチ」 伊能武次編『中東における国家と権力構造』アジア経済研究所,3-31.

Beblawi, Hazem and G. Luciani,(eds).1987).The Rentier State,London: Croom Helm

Michael L. Ross.2001. Does Oil Hinder Democracy ?, World Politics 53, 325-361.
Michael L. Ross.2009.“Oil and Democracy Revisited” UCLA: mimeo.

Benjamin Smith.2004. ”Oil Wealth and Regime Survival in the Developing World, 1960-1999”, American Journal of Political Sciences, 48(2).232-246.

Morrison, Kevin. 2009. “Oil, Nontax Revenue, and Regime Stability.” International Organization 63:107-138.

Okruhlik, G.1999. “Rentier Wealth, Unruly Law, andthe Rise of Opposition : The Political Economy of OilState,” Comparative Politics.

Brynen, R., B. Korany, and P. Noble.1995. “Introduction :Theoretical Perspective on Arab Liberalization and
Democratization,” in R. Brynen, B. Korany, and P. Noble eds., Political Liberalization & Democratization in the
Arab World, Boulder : Lynne Rienner, 1(4).

浜中新吾.2007.「中東諸国における非民主体制の持続要因 -レンティア国家論の計量分析-」 『国際政治』 148:43-58.

.


605◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:36:19 ID:93efeb3c

☆資源の呪いについて
Sachs, Jeffrey; Warner, Andrew .1995. ”Natural Resource Abundance and Economic Growth”. NBER Working Paper (5398).
Richard, M.1993. Sustaining Development in Mineral Economies: The Resource Curse Thesis. London: Routledge.

Michael L. Ross.2012.The Oil Curse: How Petroleum Wealth Shapes the Development of Nations Princeton: Princeton University Press.
邦訳 マイケル・ロス.2017.『石油の呪い 国家の発展経路はいかに決定されるか』  松尾昌樹・浜中新吾訳, 吉田書店.


☆レンティアサイクル論に関して
水島 多喜男.2008.「変容するレンティア国家:湾岸アラビア諸国における民主化の理解をめぐって」
福田安志編『湾岸、アラビア諸国における社会変容と政治システム -GCC 諸国、イラン、イエメン-』 ジェトロ・アジア経済研究所, 149-192.

Noreng, Oystein .2004.“The Predicament of the Gulf Rentier State,” Heradstveit,
Daniel & Helge Hveem ed., Oil in the Gulf, London: Ashgate Publishing Limited.

.


606◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:37:36 ID:93efeb3c

☆開発独裁論に関して
岩崎育夫.1994.「ASEAN諸国の開発体制論」岩崎育夫編『開発と政治――ASEAN諸国の開発体制』 3-48.
末廣昭.1994.中津和津次編『講座現代アジア 2近代化と構造変動』東京大学出版会, 209-237.
鈴木佑司.1988.『新版・東南アジアの危機の構造』勁草書房.
谷浦孝雄.2004.「「開発独裁」の再検討」『共栄大学共栄大学研究論集2003』 29-46.


☆湾岸エスノクラシーについて
松尾について上述

Longva, A. N..2005." Neither Autocracy Nor Democracy But Ethnocracy: Citizens, Expatriates and the
Socio-Political System in Kuwait, In Monarchies and ]\匂tions:Globa}jzation and
Identity in the Arab States of the Gulf", edited by Dresh, P.and J. Piscatori, pp.114-135,London: 1. B. Tauris.

Mazrui, A. A..1975." Soldiers and Kismen in Uganda: the Making of a Military Ethnocracy," Beverly Hills: Sage.

☆アゼルバイジャンとレンティア国家について
立花優. 2013. 「ポストソ連期アゼルバイジャンの政治変容 : 旧ソ連地域における政治体制の事例研究」博士課程論文, 北海道大学.

Franke, A and A, Gawrich and G, Alakbarov. 2009. ”Kazakhstan and Azerbaijan as Post-Soviet Rentier States: Resource Incomes and
Autocracy as a Double 'Curse'in Post-Soviet Regimes” Europe-Asia Studies 61(1) : 109-140.

O'Lear, Shannon .2007.Azerbaijan's resource wealth: political legitimacy and public opinion
The geographical journal 173 (3): 207-223.


.


607◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:39:09 ID:93efeb3c
ということで、このやる夫で学ぶレンティア国家に関しては完結とさせていただきます。
最後がやや駆け足気味ではありましたがご容赦のほどを

見ていただきありありがとうございました。


608◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:40:27 ID:93efeb3c
質問等はもちろん受けさせていただきます。1週間ほど置きますのでなにかあればぜひ。
最後の方は投下期限を守れず、ここまで……(汗)


609◆gKNcHiCsig2017/12/31(Sun) 18:43:22 ID:93efeb3c
前作よりは多少ストーリー要素や遊び要素を入れましたが、それでも見にくくかったかなと思います。

また、来年もう少しわかりやすくした学ぶスレをできればと思います!
その時はよろしくお願いします。

それでは皆様良いお年を!


610普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 18:44:04 ID:ea3c4f26
乙ー
移民の扱いは、どの国にとっても21世紀前半の最重要課題になりそうだなぁ


611普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 19:30:13 ID:c6213f4b

脱毛剤(砒素入り)には驚いたわ



612普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 19:33:06 ID:83c7f154

やっぱ国別の事例とか見てみると楽しいっすね
同じレンティア国家でも対応がさまざまですっごい興味深い


613普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 19:37:50 ID:e1d161cc



614普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 19:48:19 ID:9bb51e0b
完結乙でしたー

普通に読みやすいし面白かったけど
誤字脱字が少し気になったかな


615普通のやる夫さん2017/12/31(Sun) 20:14:04 ID:beb74a8b
そこらへんは芸風だと思って割り切って読んでたw


616普通のやる夫さん2018/01/01(Mon) 17:25:32 ID:eb535d64

風呂が汚いのはわかった


617普通のやる夫さん2018/01/01(Mon) 17:35:42 ID:6c3337e8

前作より断然読みやすかったです


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/8782-f3e516f8

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /