FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫で学ぶレンティア国家 その5

ブログトップ > やる夫で学ぶレンティア国家 > やる夫で学ぶレンティア国家 その5




311◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:00:56 ID:3e3db64e



  __  nn     . __  nn     . __  .nn
 └‐┐ | UUノ゙7 └‐┐ | UUノ゙7 └‐┐ | UUノ゙7 ○ ○ ○
 ┌‐┘ |  く/  ┌‐┘ |  く/  .┌‐┘ |  く/
   ̄ ̄          ̄ ̄          ̄ ̄

 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||ニニ||
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |=l====l====l====l====l====l====l====l_     _________
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |  }三三三{  }三三三{  }三三三{  |    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |   i_―_i      i_―_i
 二二二二  二二二二  二二二二  |  ||==||==||  ||==||==||  ||==||==||  |   |(○)|======|(○)|
 I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  I/l⌒l\I  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |   |(○)|      |(○)|
 |==|==|==|  |==|==|==|  |==|==|==|  |  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  |   |(●)|======|(●)|
 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |二二二|  |二二二|  |二二二|  |   l[―]l      l[―]l
 |_|_|_|  |_|_|_|  |_|_|_|  |___________________________|
  ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄  |ニ二二二二二|二二二二二|二二二二二|
三三三三三三三三三三三三三三三三三≧          | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
====||======| |l二l |l| l二l| |======||======|         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |         | |l二l || l二l| |          |
    ||      | |l二l |l| l二l| |      ||      |二二二二二二|三三三三三|二二二二二|
__||___| |l二l |l| l二l| |___||___|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ\
二二二二二=l|三三三三三|l=二二二二二二|                           \
ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ]\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
==========================================================================================



               ____
             /      \
           / ─    ─ \     ……教授
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)   u. |   ハマムに行くって言ってたけど…結局ハマムって何?
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


.



312◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:04:33 ID:3e3db64e



                 ''"~ ̄ ̄ ̄~"'':..__
.            /.:.:.:.:.:.:/ ̄:.:.:.:.´:.:.:.:.:.\
.           ,:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:._:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:.:.:.:.:.:.
.          √-=ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|  \:.:.:.|:.:.|
        / {:.:.: ―:.:.:.:.:.:.:/ : //|:.:|  '⌒:.:.八:|
.      (二八:.:.:.-| :.:.:.:.:// /'⌒ |:.ノ  仍うV:./ノ
.     {ニニニ|\:.:|/!:.:./|__笊示ミ    ヒツ {:/        ああ、日本人にはなじみが薄いでしょうね。
.     {ニニニ|:.:Λ|人/ :| 〈 ヒツ        |
.      \ニ/|:/:.:{( 人:.:.\           人        ハマムとは、中東世界の伝統的な公衆浴場でして
         /:./:.:.:.|:.|>-\:.:.\     ' ´  ⌒`
.     // /:.:.: 人|:.:.:.:.:.:.:.>- \ー―く \        採光・換気のための窓がない石造りの建物を、半地下で味わう蒸し風呂ですよ
.     /:.:.:. /:.:/:. 〈\_彡'´    )     ) _
  /:.:.:.:.:.://:/:.:.:.:{\__    ̄ ̄~^'   ̄  }‐┐||
 //:.:.:.:.:.:./:.:.:./: |:.:.:.{      ァ=-‐''~⌒\___ノrヘ:||
./ {:.:.:.:.:. /{ :.: |:.:.:|:.:.:八______ ,.イノ /      ∨/⌒ }
{ 八:.:.:.|人:.:.:. |:.:.:|/{. . ./  / /         {/⌒ 〉
   \(  \:.|:.:.:|  {. ./ /   {        ∨⌒i|
          人:.:|  {.//                } |  |i||
      /(  \ /Λ        }      } }  |i||
.     (  \ / / }        }       V}  |i||
.       \ /   / 〈      人       }   |i||




          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |     トルコ風呂ってことですか?
      ヘ     ̄`、__)  |
        ヽ           |
      , へ、      _/
.      |          ^ヽ
.      |      1   |



.


313◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:10:16 ID:3e3db64e


                ______
          ―――:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__:.:.:.:.
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.
.      /:.:.:.:.:.:.:.:Λ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.
     | :.:.:.:.:.:.:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.: ̄
     |:.:|:.:.:.:.:.:.:|  :.:.:.:.:l\:.:. \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:
     |:.:|:.:.:.:|:.: |   \:.|  \_:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     |:.:|:.:.:.:|⌒ヽ   ^\ ̄ \「 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:       んートルコ風呂はちょっと御幣を招く言い方ですね
     |:.:|:.:.:.:| _        ___\: | :.:.:.:. |:.:.:
     |八:.:.:.|{⌒{㍉、     广¨{:し勹⌒j| :.:.:.:. |:.:.:       ソープランド的な意味を感じる人も居るでしょうし
     | \{\ V:.:}       V;ン  ノ:.:ノ:.人|:.:.:
           |:.:〉  ̄        '' ″ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:       それに、ハマム文化はトルコだけでなく、イラン、エジプト、シリア、マグリブ諸国
           |:.:.|  `           u  /|:.:. /.:.:.:.:.:       中央アジア、グルジア、アゼルバイジャン、インド、ハンガリーなどにありますからね
           |:.人       _    /:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.[\  ~⌒^~     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:       もっとも、ハマムという言い方はトルコ語ですけどもね
           |:.:.:.|  |\  _  -≦  |:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.: ノ 人:.:.:.:.:.:.:.: |    |:.:.:l\.:.:.:.:.:.:
           |/     \>⌒   /\|  \:.:.:.:
               /-/     /   _/ニニ:.:.:
              /ニ∨    /  _/ニニニ\:
             [ニニ/  /  _/ニニニニニニ
.            /[ニ∨__/ _/ニニ/ニニニニニニ
           /-[ニニ| /ニニニ√ニニニニニニ





        ____
      /      \
     / ─    ─ \     へーすごい色々な地域に広まっているんだね
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   それって統一のフォーマットでやっている感じ?
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |


.


314◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:17:59 ID:3e3db64e



                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..      んー色々ありますけど >>1が実際に入った限りだと結構違いありますよ
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |     まあ、トルコが一番気持ちいいのは事実ですけど
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |       トルコ=石の上に寝そべる(岩盤浴+蒸し風呂) ※例外有り ブルサなど
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|       モロッコ=ただのシャワー
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈          チュニジア=お湯の入っている風呂
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|         アゼルバイジャン=トルコ式+ロシア式バーニャ(普通のサウナにユーカリの葉で叩く)
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /    ハンガリー=お湯の入っている風呂+温水プール
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   録画を確認中。  ┃ . /                /     グルジア=お湯の入っている風呂+トルコ式+ロシア式
┗━━━━━━━━━━┛ /                /
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /       イラン=蒸し風呂+冷水プール
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\      ウズベキスタン=蒸し風呂(ただし、一部の部屋でミストサウナのようなもの)



.



315◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:21:19 ID:3e3db64e


     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \         一口にハマムと言っても、色々ある感じ
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃   てっきり石の上に、寝そべってマッサージやあかすりをしてもらうだけかと思ったお
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /




                     . . -‐     ‐-  、
                  /             \
.              /   i、            V∧_______
           ,  . : : | \: : : :│: :l      V Vニニ《
            /  . : : : |   \: :│: :|\ :|   V V二》
              : : : :j{ |    \|\j  斗     V V 《
          j{   : : j八j       -‐=¬ j: :| : | {⌒
           j{   : :j¬ー      斗芋ミ j: :j   |h \     まあ、ハマムと一口に言ってもいろいろあると言うことです。
          八   斗芹ミ       V''夕厶イ   |り   \
            \ 从V夕  ,    ””  j{: . j     丶  さて、ハマムに関しては、またついてから話すとして
            j\{_ ””  ′       j{: . 八
             j   代     r   ア    ノ{: . / ̄ ̄ヽ、    さっきの店の話の続きと言うことで、ロスさんの最新の研究についてお話ししましょう。
             八  |i ト            V/       \
                \j j{: : {>-  r<   ∠>      ∧
                八: : {⌒><><>           ∧
                 / . .\{   ,             }
                  /イ. :/    ,            \j
               人/    ′             {
                 {     {            . : :\



.



316◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:24:19 ID:3e3db64e



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             やる夫で学ぶレンティア国家論

         第五話 ロス2017(2012)研究と資源の呪いについて

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                              | 思 完 橘
                              | い 璧 流
                              | ま な  イ
                              | す 出  チ
             ___ 入    _/^ヽ,       |    来  ゴ
            /∴}メ∴Y⌒ヽ7∴∵iー7.^ヽ,  |    だ  パ
          ,ヘJ∵_ノ辷ニ冖⌒ヽ ̄`ヽ辷ヾ_∴ } !   と   ス
         ん∠^∠^ヽ∠^∠^ヽ∠^∠^ヽんJ 1       タ
       ,ィ≪三^^=-三三三ミミx≦三三ミzニニヘ \     で
      ,ィ三三=- 彡∠^ヽ彡三三三 =--ミ=ニヾゞ ヽ     す
     ノ'/;:ヽ-ニ三三=-三/⌒ヽニ三三ニニr⌒ヾ三ミん `ー‐‐‐ヘJ‐'
   ,ィ彡〈∴∴iΞミゝ、  ,ィ∴∴ 〉三У 三{ ∴ Y三三ヘ
 __λ三=,ヾ∴;ノ≧=‐ 彳彡ヾ、∴厶≠三三圦∴_丿_三三j
 ヽ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_ノ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




.


319◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:29:46 ID:3e3db64e

         /:: :::: ::: ::: ::: ::: ::: :::`ー、
        /::: :: ::: ::: ::: ::: ::: :::: ::: ::: :::ヽ
.       /:: ::: :: ::,イ:::Λ::::iヽ::: ::i::: :::ヽ::: ゙i
      _./:i:::: イ:::/ .|:/  t::i `、:::|::: :::: i::ヾ|、_
.      く./::i::::/L/‐‐!'   ヽi ̄ヽ:|、::: ::: |::ヽ|ヽ`ヽ
.       {::::i:::| |/_       _ _ ゙、:: i::|彡| ヽ _〉
.      ノi:::i:::k'丁 てj`   彳 てjヾr:ノiノ彡|、_ r´   さて、やる夫さん これまではレンティア国家の研究史を学んできたわけですが
      ^.k::ヾiヽ乂_ノ      乂_メノト'|^}:::ノ、 ゝ
      .ヽr、|.     ,       |:::レ':/:| `´     ここからの最近の知見についても、お伝えしましょう。
        j :|人      __    _,イ:::i^'::::|       今回は、[Ross 2012(日本語2017)]の研究から「資源の呪い」についてです。
..      | ::|::::|::゙ー-、___   __,,イ´:::|:::|:::i::::|
      |:: :|:::::|:::::__ノi | ̄  iyヾ、_.|:::|:::t::::|
       |:::::|::::|r'´  t、_ _,/.    ,|::h、:i:::::|
.      |::::λ:| !!   k  /     /j:/.| `i ::::|
      |:::/ ヽ! tt.  r,=V= 、.  //  |   i::: |
.     |:::|.  | ヾ、/イ .|☆| ヾ、/  |   |:::i:|
     |::::|  |.  `´  |  |      |    |::|ノ



          ___
         /      \
       /   ⌒   ⌒\
.       /   ( ●) ( ●)\      資源の呪い?
     |   u.  ⌒(__人__)⌒ |
.      \     ` ⌒´   /
     /⌒           ヽ
.     |   ヽ__     _ ',
     :、_     )  ( ̄ _丿
     |   /  ̄`i  / ̄  `i
     |      |     ,    |
    ∧ |     |__/     /
.      `ーヽ _ |   |  _/
.        (__)  、__)



.


320◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:34:10 ID:3e3db64e



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| やる夫さん、前回までは石油を中心に、レントがある国では非民主的体制が維持されやすいとする「レンティア効果」を見ました。    .|
| これは、(欧米の視点から見るならば)政治に悪影響を与えていますね?                                      |
ゝ________________________________________________________,ノ

     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \      まあ、確かに民主的な国家の方がいいよね?
|   u.   (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



.


321◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:40:36 ID:3e3db64e



                ___
                 _::::::::::::::::::::::::__
              /::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
.           /::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       _____/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::.
.    /i:i:Ⅳ\::∨:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::八::::::::::::::::::::.
    {:i:i:i:i:i:|::::::::: |:::::::::::::| ::::: /::::::::::::|: /  ::::::::::::::::::::
    ∨:i:i:i:| \:: |:::::::::::::|:::: /|_\::/ |/   |::Λ:::::::::: |
      〉i:i:i:|〉::::::::|:::::::::::::|::x俘=ミ \|   jr ⌒::::::::: |     「資源の呪い」というのは、こうしたレンティア効果も含めて……
.    {i:i:i:i:|Λ: 八:::::::: 人( {:::(_ ヽ   _笊~゚Y|:::::|:::|
      \_:j|::::l〉{ (\|\{  乂ツ      {(::ノ ノ八:八|     鉱物や石油などの天然資源を持つ国は、その天然資源に頼りきりになってしまい、
.        八:|:人辷}::::::|         '`´ /|::/ ノ
        / :::::|:/: `¨|::::::|      _     ;゙ |/       結果として、社会・政治・経済にとって有害な効果をもたらてしまうというテーゼなのです。
.       / :::::: |:::::::::: |::::圦    (   )   人
      / ::::::::::::::::::: 八::::::| >    ̄    イ:::::::
.     /::::::::::::::::::::::/:::::|\|.    {>-< |:::::j
    /::::::::::::::::::::::/ ::::::| ..._\ ...⊥..._     | :: /
.   /::::::::::::::::::::::/:::: |:人__  ̄  _.j>、  |: /     /ニ=-  _
  /:::::::::::::|::::::::/::::::::|:::|⌒   __jノニ=-‐㍉ |/     //  ̄  -=ニニ=-
. イ:::|:::::::::::|::::::::::::::::: |:::|__jノ⌒:ア´     ´_      //        ̄ 7/
 |:: |:::::::::::|::::::::::::::::: |::八:i:i:i:iァ′       ´_     //         //
 | 人:::::::::|:::::::::::::::::: /:i:i:i:i:i:7       ...,, __}_   //         //
    \:::|::::::::::|:::: /:i:i:i:i:i:i:{             } //         //



.



322◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:45:35 ID:3e3db64e


..     ____
    / ―  -\
..  /  (●)  (●)     経済については、何回かちょろっと出ていたね。
 /     (__人__) \
 |  u.    ` ⌒´   |   石油輸出によって産業構造がどうとか
. \           /
.  ノ         \    でも、経済以外ということ…?
/´            ヽ




                 ____
              ,...::::::_::::::::::::::`:::..、
            ,..:::´ ̄::::,::::::::::`ヽ、:::::::::::::ヽ
           /::::::::,::::/ヽ:::::::、:::::::\::::::::::::',
         /::/:::/:/::/   Ⅵ:: |::{:::::::::\:::::::::
        ,:::,::::/:/-/、   {::{斗ム::::::::|:::|::::::::|、
        |::{::::Ⅳ _{      ヾ \}\:::}:::}::::::::}_ ヽ     色々ありますが、このロスの著作では
        {:∧:::l,ィ雫ミ、    ィ雫ミ, Ⅵ/-、:::, \)
          从l ゝVソ      V(ソノ /::}'/ ,::::|   〉    「資源の呪い」として「経済」「紛争」「ジェンダー」の問題が挙げられていますね。
          /:::.    '        /:::/_ノ:::: |   {
            {:::人    、__,    /:::/::::::::::Ⅵ\_ノ    それを一つずつ見ていきましょうか。
           |::/ |::::...     イ{::/:::|:::::::::::\ }
           |:{ 「 ̄┼`´╋┼ 从-、:::::::::::::::::∨
           ゝ} 乂╋┼╋┼╋┼╋ 、::::::::::::::::.
         / / \╋┼╋┼╋イ ∧:::::::::::::::}
           Ⅳ    /` ー―― ´ /  ,::::|:::::::::|
         ,:′   l{={}=     ,     |::::|:::::::::|
          {    /      /    ,:::::|:::::::::|
         |     ,′       /    /::::/::::::::/
        :    〃={}=    ,:      /::::/::::::::/
          {   {l       /    /::イ::::::/
          ∧   ||     /    /´/::イ
       ,   \ l{     /    /  ̄´
        /    ` |!   /    ∧
     /     ∧  /    /  \


.


323◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 11:54:18 ID:3e3db64e



①「資源の呪い」の経済面

                 ''"~ ̄ ̄ ̄~"'':..__
.            /.:.:.:.:.:.:/ ̄:.:.:.:.´:.:.:.:.:.\
.           ,:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:._:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:.:.:.:.:.:.
.          √-=ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|  \:.:.:.|:.:.|
        / {:.:.: ―:.:.:.:.:.:.:/ : //|:.:|  '⌒:.:.八:|
.      (二八:.:.:.-| :.:.:.:.:// /'⌒ |:.ノ  仍うV:./ノ       まず、大きな問題として考えられるのは「オランダ病」ですね
.     {ニニニ|\:.:|/!:.:./|__笊示ミ    ヒツ {:/
.     {ニニニ|:.:Λ|人/ :| 〈 ヒツ        |         これは、天然資源の輸出が…以下の結果になることです
.      \ニ/|:/:.:{( 人:.:.\           人
         /:./:.:.:.|:.|>-\:.:.\     ' ´  ⌒`        ①当該国通貨の為替レートの上昇
.     // /:.:.: 人|:.:.:.:.:.:.:.>- \ー―く \
.     /:.:.:. /:.:/:. 〈\_彡'´    )     ) _       ②当該国通貨高による輸入促進
  /:.:.:.:.:.://:/:.:.:.:{\__    ̄ ̄~^'   ̄  }‐┐||
 //:.:.:.:.:.:./:.:.:./: |:.:.:.{      ァ=-‐''~⌒\___ノrヘ:||     ③輸入促進により、国内製造産業の需要が減る
./ {:.:.:.:.:. /{ :.: |:.:.:|:.:.:八______ ,.イノ /      ∨/⌒ }      さらに、経済自体は天然資源のおかげで好調なので、労働者の給料もあがる
{ 八:.:.:.|人:.:.:. |:.:.:|/{. . ./  / /         {/⌒ 〉
   \(  \:.|:.:.:|  {. ./ /   {        ∨⌒i|     ④よって、国内の製造業が衰退する
          人:.:|  {.//                } |  |i||
      /(  \ /Λ        }      } }  |i||
.     (  \ / / }        }       V}  |i||
.       \ /   / 〈      人       }   |i||



       |
   \  __  /
   _ (m) _
      |ミ|
    /  `´  \
     ____           なるほど……
   /⌒  ⌒\
.. /( ●)  (●)\        しかも、レントは「外生性」を持つから、他の国内産業の発展寄与に役に立たないんだね!
/::::::⌒(__人__)⌒::::: \
|     |r┬-|     |      石油産業だけが発展して、他の産業が発展しない。
\      `ー'´     /



.


324◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:00:27 ID:3e3db64e



                   ___
                .:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:...
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\
            「7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ⌒l
            |/:.:.:.:.:.:.:.:.::. /Ⅴ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:. ' Ⅵ
            ′:.:.:.:.:.: .: /  Ⅵヽ: . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l
            ,:.:.:.:.:.:.:.:.:. /    }j Ⅴ ..:.:.:.:.:.:.:.:.:| Ⅳ
.        ___ |:.:.:.:.:.:ハ:{      Ⅴ/Ⅴ:.:.:.:.:.:|___」
       |      | |:..:.:..j{ ,.二.      ,二..._ j{:.:.:.:.:.:|⌒Ⅴ
       | O.   | ト、:.:.:〃⌒^     ^⌒~ヾl_::.:.. . |.__ノ    そういうことですね
       |     |  |:: l      '     /| |\ . |
      ノ---ヘ  |  |:.:.ト、    マ_フ   ノ | |  }:.:|      このオランダ病は、元々1950~70年代のオランダが天然ガスによる経済構造を
     // / i|. |  |:.:.:.:n> .    イ    / : |      作り上げたことから言われたネーミングですね。
.      l  '  j__.|  |:.:.:.:j{:_ -ノ  ̄ lj_   ,イ__:.:: .|
.      \   l   /j{:.:.:j{  /   / |ヽへj{  ヽ:|     オランダは1970年代の第一次石油危機のおかげで儲けて、高福祉の社会福祉を作りました。
      _」  _j.  / j{:.:j/   |  /.   |_ - ト、   Y    しかし、さっきの①~④の過程が徐々に進み……
      l ゝ-ノ.j. /  j{:从  八_./.  /    Ⅳ  |
     ,.へ   ⌒Ⅵ  }′l_____八___ ∧.     j{.  |    1970年代後半には、石油価格の低下・オランダ病による国内産業の衰退によって
     \     |.   /〃 j{  j{ ⌒イ.     j{. j{    社会福祉が維持できず、莫大な財政赤字を抱えるようになった。
       |.     「ヽ. j{ j{. j{ † j{  j{. |     j{ ._j{
       八.       |. j{ j{   j{  j{. l.     j{ ヽ
.       \.     ノ| j{. j{ †. j{  j{从.     /
          \___/ l j{. j{   j{  j{ | \   /:.:|
             / j{. j{  j{.  Ⅵ.  ` イヘ:.:. |




            ____
          /      \
         / ─    ─ \
       /   (●)  (●)  \      ひどい
       |  u,   (__人__)     |
       \     ` ⌒´    ,/      発展途上国だけじゃなくて、先進国でも起こっちゃうのか…
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |


.


325◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:06:37 ID:3e3db64e


                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |     ちなみにこの「オランダ病」の解決方法は、こんなことをすればいいわけです。
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/       ①政府の抑制的な財政・金融政策
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|       ②生産性上昇に向けた製造業部門への補助金や為替の切り下げ
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   資料を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\




.


326◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:12:41 ID:3e3db64e


.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}     さて、他の経済への悪影響は色々ありますが
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧     パッと説明していきましょうか。こんな感じですね。
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |      ・天然資源の国際市場価格によって、経済の良しあしが決まってしまう不安定さ
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |      ・財政収入の増加から放漫財政となりがちで、インフレ体質と低成長が定着しやすい。
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |      ・資源価格が上昇しても、長期的な視野に基づく開発がされず、
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |       単発的な散在による消費になってしまう(たなぼた式の利益)
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |       ・資源収益の配分の偏りによる問題
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |       天然資源は多くの資本と労働者が必要なので、他の産業から回されてしまう
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |       しかも、その天然資源の労働者は高給料で、労働者は資源部門に集まる。
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |       そのため、他の産業は赤字覚悟で、労働者の給料を上げなければならない。
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |
  ::ⅱ   ‘, ,:′ ○ / ___,|_|_厂 __}   ∧_人__,    !i |
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒l__ __/⌒Z...ノ⌒Z⌒ヽ  / ∧        ’:i |




.



327◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:21:19 ID:3e3db64e




        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \   なんか、いっぱいありすぎて
   |      (__人__)     |
    \u.   ` ⌒´    ,/   天然資源のメリットが見えてこない……
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



                 ''"~ ̄ ̄ ̄~"'':..__
.            /.:.:.:.:.:.:/ ̄:.:.:.:.´:.:.:.:.:.\
.           ,:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:._:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:.:.:.:.:.:.
.          √-=ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|  \:.:.:.|:.:.|
        / {:.:.: ―:.:.:.:.:.:.:/ : //|:.:|  '⌒:.:.八:|
.      (二八:.:.:.-| :.:.:.:.:// /'⌒ |:.ノ  仍うV:./ノ
.     {ニニニ|\:.:|/!:.:./|__笊示ミ    ヒツ {:/        それだけ、天然資源というのは扱いが難しいんですよ
.     {ニニニ|:.:Λ|人/ :| 〈 ヒツ        |
.      \ニ/|:/:.:{( 人:.:.\           人        じゃあ、次に紛争関係ですけども
         /:./:.:.:.|:.|>-\:.:.\     ' ´  ⌒`
.     // /:.:.: 人|:.:.:.:.:.:.:.>- \ー―く \
.     /:.:.:. /:.:/:. 〈\_彡'´    )     ) _
  /:.:.:.:.:.://:/:.:.:.:{\__    ̄ ̄~^'   ̄  }‐┐||
 //:.:.:.:.:.:./:.:.:./: |:.:.:.{      ァ=-‐''~⌒\___ノrヘ:||
./ {:.:.:.:.:. /{ :.: |:.:.:|:.:.:八______ ,.イノ /      ∨/⌒ }
{ 八:.:.:.|人:.:.:. |:.:.:|/{. . ./  / /         {/⌒ 〉
   \(  \:.|:.:.:|  {. ./ /   {        ∨⌒i|
          人:.:|  {.//                } |  |i||
      /(  \ /Λ        }      } }  |i||
.     (  \ / / }        }       V}  |i||
.       \ /   / 〈      人       }   |i||



.



328◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:28:15 ID:3e3db64e

②紛争に関して

          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨       まあ、これも触れたところではあるんですけども
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....    そもそも天然資源産業は、他の産業と関連が乏しく、
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:    ごく狭い地域でのみ富を生み出しているんですね。
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.    しかも、天然資源を売るときは、原産地証明はいらない。
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.    だから、テロリストとか反政府武装組織にとって格好の餌食になるんですね。
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨




               -―─- 、
           /         \
         ′  ⌒    ⌒   ,
          i  ( ―)  (― )  i    少数民族が、天然資源埋蔵地域にいると
          |     (__人__)    |
          、           ノ    ますますややこしくなるわけだ。
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.            ′           |        | そういうことですね。   .|
.          i           |        ゝ___________,ノ
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j



.


329◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:31:03 ID:3e3db64e


③ジェンダー


        ___,,,-―--、_
      /::. ::. ,,-――::. ̄ー、
     /::. ::./::. ::. :/::. ::. ::. :、ヽ、
     .|::. :/::. /::.:/::. ::. ::ハ::. ::k ::ハ
     |::. i::. /::. ::. ::. ::,イ:/  ヽ::. :i:: ::|
  r-‐Tミ|::./::. /::. ///    ヽ_|:: ::|
 .く  ┤ミ|::|::./_,,ナーレ′  ,,-'´ !|:λ}
  ヽ /|t、_レ|/‐yテj=ミ    ィ=テyレ′   そして、最後にジェンダーの問題
.     |:!(t |::.i 《 tしソ    もノノj|
    |::|:ゝ|::..k      ,    |::|     レンティア国家では、女性の社会進出を妨げ
    /λ入|::. :〉、    _    ノ::.:|
   /::|:〉'、ー|:: |Y i´r゙}ュ__,,.ィ'´/::.:/     結果として、ジェンダー格差につながるとロスは指摘していますね。
.  /::/i'、 ゙ーV「VUUj ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /::.i:: k、   / |            .|
. {: :.|::.|  ̄/. i             |
  ヽ::ri:| r'i.  |           .|
   `t:| / !.   |______rfヽ{ヽ__.」





.          ____
.         /    \
      /          \
    / ⌒    ー    \      レントがジェンダー格差…?
     |  (●)  (●)    |
    \  (__人__)    /     こういうのはイスラーム自体が、ジェンダー差別を生んでいるとかそういう議論ではなく?
      /   `⌒ ´   イ`ヽ、
.    , '     ` ̄          \


.


330◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:38:13 ID:3e3db64e


      ,.. -‐<~ ̄ ̄ ̄~^'':..,
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Λ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨-\
    :.:.:.:.:.:. |:.:.:.|:.:. /  |:.|:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.|----}
   .:.:.:.:.:. : |:.:.:.|Λ|   |人:.:.:.| :. |:.:.:.:.|---/
   |:.:.:.:.:.:.:. Λ|\__   _><|\|:.:.:.:.|--/
   |:.|:.:.:.:.:.:芋芋芋    芋芋芋:.:.:.:.|ー,′      やる夫さん。
   |Λ:小:. | 乂ツ    乂ヅ |:.:.:.ノ}-j
.    Λ|\|       '       |/|_厂     良いか悪いかは別として、世界的には男が外で働き、女性が家庭で家事をする
     /|:.:.:.:|      ―    |:.:.:.|〉
.    /: |:.:.:个:.... └‐‐‐┘ ....:个:.:.|Λ     もし、男の収入が悪いと、女性はそれを補てんするためにはたらく…
   /:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.}≧=≦{_:.|:.:.:|:.:.:.|: Λ
.  /:.:___:.:.:.:ノ/´ノ    乂}`\:.:.___:.:Λ   これが一部の国以外では普通ですね。
  :.:./ニニニ{   \__  __/  }ニニニ∨:
  {:.:.{ニニニニ乂   \./   ノニニニ|:.:}




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    まあ、そうだね。
            |  u.   (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/    日本だって割とちょっと前ではそうだった。
          /     ー‐    \



.



331◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:45:39 ID:3e3db64e


                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /     まあ、それを前提にして考えてほしいんですけど
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │     基本発展途上国では、輸出志向型産業開発政策を取るんですね。
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /



※輸出志向型産業開発政策
高度な技術や資本がなくても生産できる商品を、人件費の安さによって低価格で国際市場に売る政策






333◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:48:44 ID:3e3db64e


                  _....:::―::....._
              ,...:::´:,::::―---―:ヽ、
             ,.:´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::/:,::::::::::::,::::::|:::,、:::::::::::::::\
            ':::::::/:/::::::::::/::,.:' }/  ヽ::、:::::::::ヽ
          ,/{:::::/:/::::::::-/:/、/'    |:∧:::::l:::',:|
         /(__/|::::l:イ::::::://'     ´}  ∨:|:::}:|
         ト  ,{::,.-|:::イ,ィ震Tミ    ,ィ震ミ, }:/:/ '     ……これの典型例産業が軽工業 繊維とか食品とかのラインだと思ってください。
         {   /|:{ {'|::从 Vソ    Vソ ノ/::イ
          乂ノ/::乂、}:::::ヽ      ,   ムノ        こういう産業は技術習得が容易でキャリアが重視されないんですね。
          /::,::::::::∧:::::::.     、 ,   人|
           /::/:::::::::{::::\:::} 、      イ|:::/        しかも、離職や復職が(相対的に)女性にとって容易で
           ,:::/,:::::::::::|::::|::|从  ` T ´-r、,|:/、
        /::イ/:::::::::/ィ |::|ムリ、_,__ノイ_∧.......       雇用者から見ても、男性よりも低賃金で、男性と変わらない生産力を持つ女性は魅力です。
          /:/ /:::::::::/.......ヾ}乂匸 ィ介ー;/}_」、...}        /)とニヽ
       {:/ ,::::::::/{...........リ...乂〉、〈∧〉 /_〉.∨...ヽ     Y  ,ィ_ニ}ノ
         从 {::::::::{ム..............}.....`ー、_,l|。}ノ........}......_}    /  ムィノ
        ヽ} |::::::::|:∧...........|.....................;.............,./.....Y  ,   /¨ ´
          ' 从:::::|:::::}...........∨...............,j.l........./,ィ⌒ヽ.〉 ´  ,
           Ⅵ从:|.......\.∨.........../..j......〃  `Y,J    /
           リ   |.............>、_./_/--V   t-ノ   /
              乂.....¨´...........................}_)-く.「´  ,
                \................................|_)..| ` ー ´
                  ノ...ー.......¨¨¨¨ ̄.....∧
               「................../.........../....}
                ∧............イ............../........∧
                ∧...`......――---........イ.....{
               ,  \_______,ィ∧
              ,′    \    :|     ∧
               i       \ ヽ  ,:       ∧
               |         \  /         }
               |、    __ ヽ'        ,
               ∨______,ィ}、_____ィ_7
                  l          }     ,′



.


335◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:54:10 ID:3e3db64e


                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |    このように、女性が重宝される状態になると、まず女性が社会に出てくるわけです。
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/     しかも、職場ごとに組織化され……次第に給料などを手始めに権利拡大を訴えるようになる。
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|    そうなると、政府も女性の権利改革に勤しむようになる。これが西欧とかの流れなわけです。
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   資料を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\



.



336◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 12:58:43 ID:3e3db64e



                ___
                 _::::::::::::::::::::::::__
              /::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
.           /::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       _____/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::.
.    /i:i:Ⅳ\::∨:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::八::::::::::::::::::::.
    {:i:i:i:i:i:|::::::::: |:::::::::::::| ::::: /::::::::::::|: /  ::::::::::::::::::::
    ∨:i:i:i:| \:: |:::::::::::::|:::: /|_\::/ |/   |::Λ:::::::::: |
      〉i:i:i:|〉::::::::|:::::::::::::|::x俘=ミ \|   jr ⌒::::::::: |    しかし、「オランダ病」が発生すると、こうした女性の働き場も消えます。
.    {i:i:i:i:|Λ: 八:::::::: 人( {:::(_ ヽ   _笊~゚Y|:::::|:::|
      \_:j|::::l〉{ (\|\{  乂ツ      {(::ノ ノ八:八|    そして、なによりレンティア国家においては保障が手厚いので
.        八:|:人辷}::::::|         '`´ /|::/ ノ    女性が働く意味がなくなってしまう。
        / :::::|:/: `¨|::::::|      _     ;゙ |/
.       / :::::: |:::::::::: |::::圦    (   )   人        これにより、女性の雇用が阻害され、結果として社会進出の機会も喪失するわけです。
      / ::::::::::::::::::: 八::::::| >    ̄    イ:::::::
.     /::::::::::::::::::::::/:::::|\|.    {>-< |:::::j
    /::::::::::::::::::::::/ ::::::| ..._\ ...⊥..._     | :: /
.   /::::::::::::::::::::::/:::: |:人__  ̄  _.j>、  |: /     /ニ=-  _
  /:::::::::::::|::::::::/::::::::|:::|⌒   __jノニ=-‐㍉ |/     //  ̄  -=ニニ=-
. イ:::|:::::::::::|::::::::::::::::: |:::|__jノ⌒:ア´     ´_      //        ̄ 7/
 |:: |:::::::::::|::::::::::::::::: |::八:i:i:i:iァ′       ´_     //         //
 | 人:::::::::|:::::::::::::::::: /:i:i:i:i:i:7       ...,, __}_   //         //
    \:::|::::::::::|:::: /:i:i:i:i:i:i:{             } //         //




.          ____
.         /    \
      /          \
    / ⌒    ー    \      なるほど、働きに行けないと
     |  (●)  (●)    |
    \  (__人__)    /      女性が家庭にこもってしまうのか……
      /   `⌒ ´   イ`ヽ、
.    , '     ` ̄          \



.



337◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:00:29 ID:3e3db64e


                ______
          ―――:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__:.:.:.:.
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.
.      /:.:.:.:.:.:.:.:Λ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.
     | :.:.:.:.:.:.:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.: ̄
     |:.:|:.:.:.:.:.:.:|  :.:.:.:.:l\:.:. \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:
     |:.:|:.:.:.:|:.: |   \:.|  \_:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     |:.:|:.:.:.:|⌒ヽ   ^\ ̄ \「 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:      ……と、ここまでロスさんの資源の呪いについて述べてきました。
     |:.:|:.:.:.:| _        ___\: | :.:.:.:. |:.:.:
     |八:.:.:.|{⌒{㍉、     广¨{:し勹⌒j| :.:.:.:. |:.:.:      最後に、資源の呪いの発生条件についてみてみましょう。
     | \{\ V:.:}       V;ン  ノ:.:ノ:.人|:.:.:
           |:.:〉  ̄        '' ″ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.|  `           u  /|:.:. /.:.:.:.:.:
           |:.人       _    /:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.[\  ~⌒^~     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.|  |\  _  -≦  |:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.: ノ 人:.:.:.:.:.:.:.: |    |:.:.:l\.:.:.:.:.:.:
           |/     \>⌒   /\|  \:.:.:.:
               /-/     /   _/ニニ:.:.:
              /ニ∨    /  _/ニニニ\:
             [ニニ/  /  _/ニニニニニニ
.            /[ニ∨__/ _/ニニ/ニニニニニニ
           /-[ニニ| /ニニニ√ニニニニニニ




.


338◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:02:32 ID:3e3db64e


☆ロスの調査
ロスは、1960~2006年の非民主的体制を経験した全ての国を産油国と非産油国にわけ、両者の間で民主的体制移行調査
石油と民主化に影響があるなら、%は変わらないはずだが……

・結果
非産油国の民主化2.22% 産油国の民主化率は1%



        ___,,,-―--、_
      /::. ::. ,,-――::. ̄ー、
     /::. ::./::. ::. :/::. ::. ::. :、ヽ、
     .|::. :/::. /::.:/::. ::. ::ハ::. ::k ::ハ
     |::. i::. /::. ::. ::. ::,イ:/  ヽ::. :i:: ::|
  r-‐Tミ|::./::. /::. ///    ヽ_|:: ::|
 .く  ┤ミ|::|::./_,,ナーレ′  ,,-'´ !|:λ}
  ヽ /|t、_レ|/‐yテj=ミ    ィ=テyレ′       まずロスさんは石油を例に、資源が本当に民主化に関係あるのか
.     |:!(t |::.i 《 tしソ    もノノj|
    |::|:ゝ|::..k      ,    |::|        調査しています。この結果確かに、非産油国の方が民主化移行率が高いと出ています。
    /λ入|::. :〉、    _    ノ::.:|
   /::|:〉'、ー|:: |Y i´r゙}ュ__,,.ィ'´/::.:/
.  /::/i'、 ゙ーV「VUUj ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /::.i:: k、   / |            .|
. {: :.|::.|  ̄/. i             |
  ヽ::ri:| r'i.  |           .|
   `t:| / !.   |______rfヽ{ヽ__.」


.



339◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:05:01 ID:3e3db64e



☆ロスの調査2
時代ごとに見る
1960~1979年までは非産油国1.13 産油国1.33とむしろ産油国の方が民主化しやすい
1980~2006年だと 非産油国3.18 産油国1.14となり 非産油国が民主化しやすくなる



               /:::::::::::::/i::::::::::::::::::ヽ        .□■□
               /::/::::::::::/ .|:::;:::::::::::::::::::ヽ       .■□■
                  /:/::::─--/  !::|ヽ--─:i::::::::!、    i.i■□
             |::|::::::::::/|/   ヽ! ヽ:::::::::|:::::::::|    .| | | ■
             |:ヽ::::::/=二_   _二=ェ_::|::::::::!      !.!.!.!.!      しかし、時代ごとに見ると
             |::::ヽ|!´「  .!    .!  / i:|::::::イ     iiiiii
             `i(.`i:ヽ."-'  _  "-' ∥´)::|     (⌒ヽ     1980年以前と以後で明らかに結果が変わっています。
             /::ヽ|::::i           /::|_ノ::::\   /つ )
              /::::::::|::::|ヽ、__ ⌒ __ /:::|:::::::::::::::::\ ./ |(__ノ     では、どうして、1980年以降に非産油国は民主化がおきにくくなったのでしょうか
         >彡:::::::::::::|::::|;;;;;;;;;!  ̄ .!::::::::::|:::::::::::::::::::::::> | |
          ///:::::::::::::i´|::::|><   ><{`‐、::::::::::::/  !-!
         ∥´./:::::::::::::::/ .ヽ:|><><><{   i::::/メ、 /_
        ||  |::::::::::::/  _||.--─  ̄ ─-- _.  ∨  ヽ-‐7
       `  !、:::::::/  (  □■□■□■ ) /     /
          \/    `ヾ■□■□■□フ /     /
              |      ヽ        ノ /     /



.



340◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:10:21 ID:3e3db64e




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    石油危機とかで、資源の価格が上昇したから?
            |  u.   (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \






                       ,.   二二二丶、
                        / /           \
                      / /       }     \
                   /ー/          / \       ,
                  /|ー;       / /    )ハ    ′
                ノ(_/|ー!    /⌒メ     '⌒ ,   l|
               {   |;|l /〃テhミ、   ィhミ、}   从
               {\ | {乂| 从t::り      tり 从/     それも、もちろんあると思います。
                   \__八\|  \.:.:.:.    , .:.:.:./|ノ
                    //  八   :.  、_,    ノ |       ただ、それだと1980年代以前の資源の価格の上昇による効果が説明できないんです。
                  //,;     \ }ト   _,,. イl| |
               // ,;     \)八   {ーrヘ丿人      答えは「資源の国有化」なんです。
             // .′  /⌒ Yニ\__ノニ人(  :,          ノ)_
               〃  ;   ; ⌒丶 } |(⌒(_艾_) )}( 八      /ノニヽ}
              |l  |  i {    ノ人\_〈八〉/ノ Y ^,     / (r、ヽ}ノ
                  、 |  | :,     { `ー―‐ ´  |  L    ;    /
                  \|  |  ′    ,           ノへ、 } / / ̄
               乂八  } \ ′   /|  / 二Y/  /
                  )ハ|    \:,  / ノ_,ノ(   -、}    /
                     |   /⌒ニ=‐ ⌒Y )ノ(ノ   /
                         \__           |  ) \_/
                          )ー一……ー=ミ _八
                     ノ      /       }
                    /^ ー=ニ       _ノハ
                     八        ̄ ̄ ̄  }
                      .′ }ト   ニ=-------=  '(
                  ;  /    \   ノ   {   ',
                    j/         Y    \_八
                    ;(          \{/        ハ
                     人\_____,,/}\____/ 人
                      ⌒)乂_乂_乂_乂x个x乂_乂_乂(⌒


.


341◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:16:46 ID:3e3db64e


         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \    国有化?
      |    ` ⌒´    u. |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ




                  _____
              .   ´.:.:.:.:.:.:.::_ -―…… 、
             /.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..、
            /.:.:.:.:.:.:.::.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /´|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.. ,
.       /.  从.:.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.::..:.:.:./イ/,.へ.:.:.:.:.: : .:′
.      〈    .′.:.:.:.:.:.:.:.:j{:/.:.:.:.:.:.:/. //  ∨.:.:.:: :. |
       \ / .:.\.:.:.:.:.: ,:i/、.:.:.:/. /        ∨.:.:.:.: |
         `./.:.i|.:.:.\.:.:.l i| |.: {. ィ≠ミ、       N.:. . i|
        ,.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:`八  {.:.:.,. Vツ     r扞ァ }.:./j{     はい、一番最初のときにお話ししましたが
       //.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:ム l.:.:.′         ヒソ /7.′
     ,  /.:.:.:.:.::.:.:.7`¨¨¨≧s。.:.:.′    '    /{        レントの条件は「外生性」「非稼得性」「直接性」をもつものとしていますね。
.     ′ /.:.:.:.:.:.::.:.:八_ ----_∧.:.:.:. 、  、 _   ′.,
.    /   ′.:.:.:.:.:.::.:.:/.      ∧.:.:.:.:>--- 、 イ. ′..:,      そのうちの、「直接性」を得るようになったのが、国有化なんです。
      |.:.:./.:.:.:.:.:.: ′___     、.: ′    〉..|  ,.:..:′
      |.:.ハ.:.:.:ハ.:.}´: : : : :.≧s。  \{ト、____/l.. |.   .:.{
      |.:.| l.:.:| }/|: : : : : : :. ':. : \_.  \   |.:从.  ノi
      八:{ |:.:.|.: |: : : : : : : : :': : : : :`¨ - ___ノ ′
.           ∨′ |: : : : : : : :.:.j{: : : : : : 八}: l: :∨
.          ,   |: : : : : : : : :.j{: :┌─────┐
         ′ λ: : : : : : : :: :i|: :〈,.⌒  、i:i:i:i:i:i:i:i ト、



.



342◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:19:20 ID:3e3db64e


                ___
                 _::::::::::::::::::::::::__
              /::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
.           /::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       _____/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::.
.    /i:i:Ⅳ\::∨:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::八::::::::::::::::::::.
    {:i:i:i:i:i:|::::::::: |:::::::::::::| ::::: /::::::::::::|: /  ::::::::::::::::::::
    ∨:i:i:i:| \:: |:::::::::::::|:::: /|_\::/ |/   |::Λ:::::::::: |
      〉i:i:i:|〉::::::::|:::::::::::::|::x俘=ミ \|   jr ⌒::::::::: |     外国から自国の富を取り戻すために行った、資源の国有化が
.    {i:i:i:i:|Λ: 八:::::::: 人( {:::(_ ヽ   _笊~゚Y|:::::|:::|
      \_:j|::::l〉{ (\|\{  乂ツ      {(::ノ ノ八:八|    逆に、「資源の呪い」を引き起こし、国に負の影響…それがロスの結論となるわけです。
.        八:|:人辷}::::::|         '`´ /|::/ ノ
        / :::::|:/: `¨|::::::|      _     ;゙ |/      ということで、やる夫さん 今回のまとめをお願いします。
.       / :::::: |:::::::::: |::::圦    (   )   人
      / ::::::::::::::::::: 八::::::| >    ̄    イ:::::::
.     /::::::::::::::::::::::/:::::|\|.    {>-< |:::::j
    /::::::::::::::::::::::/ ::::::| ..._\ ...⊥..._     | :: /
.   /::::::::::::::::::::::/:::: |:人__  ̄  _.j>、  |: /     /ニ=-  _
  /:::::::::::::|::::::::/::::::::|:::|⌒   __jノニ=-‐㍉ |/     //  ̄  -=ニニ=-
. イ:::|:::::::::::|::::::::::::::::: |:::|__jノ⌒:ア´     ´_      //        ̄ 7/
 |:: |:::::::::::|::::::::::::::::: |::八:i:i:i:iァ′       ´_     //         //
 | 人:::::::::|:::::::::::::::::: /:i:i:i:i:i:7       ...,, __}_   //         //
    \:::|::::::::::|:::: /:i:i:i:i:i:i:{             } //         //




.



343◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:23:46 ID:3e3db64e


まとめ
1、レンティア国家にはレンティア効果ばかりでなく、「資源の呪い」と呼ばれる社会的・政治的な負の影響もある。
2、ロスの研究によればそれは「経済」「紛争」「ジェンダー」の3点に影響する。
3、「オランダ病」「天然資源のモノカルチャー化」などによって、歪な産業構造と経済成長になってしまう。
4、資源自体がテロリスト、反政府組織、少数民族などとの対立の種になりやすい。
5、レンティア国家は国内産業の衰退を導き、女性の働く意味も失わせるため、女性の職場・社会進出を阻害する。
6、こうした資源の呪いは1980年代以降、天然資源を国有化したことによって現れ始めた。


        ____
      /      \
     / ─    ─ \     まあ、こんな感じ
   /   (●)  (●)  \
   |      (__人__)     |   レンティア国家は単に政治だけじゃなくて、経済や社会にも深く影響を与えていると考えればOK
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



,


344◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:27:39 ID:3e3db64e


※資源の呪い 一般について
Sachs, Jeffrey; Warner, Andrew .1995. ”Natural Resource Abundance and Economic Growth”. NBER Working Paper (5398).
Richard, M.1993. Sustaining Development in Mineral Economies: The Resource Curse Thesis. London: Routledge.

※マイケルロスの研究
Michael L. Ross.2012.The Oil Curse: How Petroleum Wealth Shapes the Development of Nations Princeton: Princeton University Press.
日本語 マイケル・ロス.2017.『石油の呪い 国家の発展経路はいかに決定されるか』  松尾昌樹・浜中新吾訳, 吉田書店.



                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|      ということで、参考文献はこんな感じです。
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |     今回のロス研究に関しては、日本語訳が出ていまして
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/       ここでも紹介した熟練のレンティア国家研究者が訳しています。
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|       ぜひ機会があれば読んでください。これだけで卒論書けますよ(ちょっと誇張)
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   資料を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\



.



345◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:32:38 ID:3e3db64e



.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧     さて、そろそろハマムにつきますね
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |      あかすりやマッサージをしながら、話を続けましょうか。
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |       . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |      . : : ……ハマムの最中も喋るつもりなのか(呆れ)  . : : .
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |       : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |
  ::ⅱ   ‘, ,:′ ○ / ___,|_|_厂 __}   ∧_人__,    !i |
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒l__ __/⌒Z...ノ⌒Z⌒ヽ  / ∧        ’:i |

                                                次回へ続く



.


346◆gKNcHiCsig2017/10/07(Sat) 13:33:12 ID:3e3db64e

ということで、第五話終了になります。
「資源の呪い」に関しては多くのところで議論されています。
興味がある方は図書館で調べたりすると面白いと思います。

次は、おそらくレンティア国家の流れに関する学説に関してだと思います。
大分短めですが。
いつもどおり質問もいつでも待っています。

次回は2週間程度を目安に

.


347普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 13:44:51 ID:05404f05

ハマムって混浴あるんですか?


348普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 13:45:18 ID:150c4a01
乙。

・・・アリスはムスリマなんでしょ?>>178
准教授で喫煙者だから、ここのアリスは幼女じゃなくて成人設定だろうけど、
混浴はいいのか・・・


349普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 13:48:05 ID:195fce16
乙です

でも、やっぱり天然資源収入は欲しいなぁ
少なくとも、あらゆる資源を国外から輸入しないとやっていけない国よりは遥かに好条件
資源すっからかんなのに経済大国やってる日本がおかしいんだから


350普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 13:51:16 ID:ee5cf467

ありすとお喋りしながらあかすりされたい


351普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 13:59:06 ID:150c4a01
>>349
フランスやドイツだって天然資源に乏しいぞ。
ドイツで豊富なのは石炭ぐらいなもの。
シンガポールみたいに資源0でも先進国入りしている国はある。


352普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 14:01:31 ID:ee5cf467
日本の資源ないない詐欺は囲まれてる米中露とかに比べたらないって話だよな


353普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 14:14:34 ID:150c4a01
>>352
まぁ採算ベースにのる資源は少ないのは確かなんだけどな。
あと、自国で生産していないと、戦争や資源価格高騰に弱いというのはある。
逆にいうと、平時の経済成長において必須かというと全くそういうわけではないんだよね。


354普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 15:15:39 ID:04b6f2e1

資源あっても革命前イランみたいに外国資本に持ってかれてる状態なら呪いは発生しないっぽいのもまた皮肉だなぁ


355普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 18:46:40 ID:f6888606
採算ベースには乗せれるけど外国のダンピングや産出量調整で取れなくなる
資源国の安定は経済まわす上で大切だから下手に手を突っ込む理由が薄い
海運押さえられると困るから理由が無いわけじゃないけど


356普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 20:20:51 ID:5e134ec1
乙でした
しかしジェンダーとかの話出てくるとは思わなかった、一般日本人からムスリマの大学教授にまでなったありすからすると色々思う事あんのかな


357普通のやる夫さん2017/10/07(Sat) 21:22:40 ID:087d5326
>>356
そういう半生を送ってしまったがために、料理の腕前はイチゴパスタなわけですね・・・。
( 0w0)ウゾダドンドコドーン!


358普通のやる夫さん2017/10/08(Sun) 09:52:03 ID:e0b8eb80
乙でした


359普通のやる夫さん2017/10/08(Sun) 14:43:25 ID:1bcbd270
乙でした!

「資源の呪い」という単語自体は某アフリカのスレで知った


360普通のやる夫さん2017/10/09(Mon) 18:08:46 ID:c3375593
>>359
あれみると資源があるのも良し悪しよな、という気がするね。

でも、教育、インフラ整備等について、
資源による安定的・豊富な財源がなければ、
発展の速度はもっと遅かっただろうと思われる。
元々の土台が、農耕には不向きな大地と、誠実で団結はしているけど教養はそれほどない40万の国民だからね。

「人こそが資源」の国はどこも発展しているとはいえ。


361普通のやる夫さん2017/10/09(Mon) 18:19:36 ID:cbf614a2
日本は資源が少なくて自然災害が多いのが
プラスに働いてる部分があるのかもね


362普通のやる夫さん2017/10/09(Mon) 18:39:31 ID:5a3aacd8
内向きの間にとりつくした結果藩や県の規模で収まったともとれる
資源国となれるほど無かっただけかもしれないけど


363普通のやる夫さん2017/10/09(Mon) 19:50:28 ID:8f2cbfd0
金銀銅に関しては世界有数レベルの埋蔵量「だった」よ
この辺の資源は古代程度の精錬、採掘技術で取れる関係上、すぐになくなってしまう資源であるが、
それでも昭和くらいまで掘っていた程度に埋蔵量があった


364普通のやる夫さん2017/10/10(Tue) 06:02:33 ID:a91b6da7
江戸時代に鎖国して国内で自給自足できたのは、それもあったのかな

人間は易きに流れてしまうものだし、レンティア国家から脱却するのは、
政策立案者が意識的に国の舵取りしないと難しいんだろうな


365普通のやる夫さん2017/10/10(Tue) 06:41:02 ID:e819464f
>>363
日本の金のこれまでの総産出総量は、
世界の金の総産出総量の1%くらいらしい。
やはり、大陸国家の方がその辺は圧倒的。


366普通のやる夫さん2017/10/10(Tue) 11:24:48 ID:417bd880
後金を輸出してた当時では船による食料の大量輸出は難しかったとかかな?
現地の産業基盤をおかすにはコストとリスクが厳しいかも
やっぱり近代の物流と大量生産社会じゃないと発生しないのかな


367普通のやる夫さん2017/10/10(Tue) 13:50:15 ID:d69236c1
>>366
大量かはどうかともかく、
日本全体としては江戸時代の食料の輸出入としては、砂糖の輸入と干しアワビ、干し貝柱等の水産物の輸入かな。
対馬藩は水田が少ないから米は朝鮮から輸入していたようだが。

近代以前で輸入により農業の衰退が起きたのは、ギリシャ&ローマの植民地貿易が有名どころだが。
ギリシャは衰退というより、オリーブなどのより高付加価値の農産物を売り、安価な小麦を輸入、という形態だが。


368普通のやる夫さん2017/10/10(Tue) 16:35:25 ID:2bde9428
経済とは違い生物学の話ですが、
植物や細菌は無機塩類以外の必要な栄養素の多くを自分で合成できますが、
動物は、例えばアミノ酸20種類のうち半分程度しか合成できない(例えば人間は9種類の必須アミノ酸は合成できない)
より原始的な生物にはある能力がなぜ進化の過程で捨て去られたのか?
また、それがなぜ不利に働かないのか?という謎があります。
(類似例として、多くの哺乳類が生合成できるビタミンCを人はじめとする霊長類が生合成できない、など)

これは、却って足りない栄養素を得ようと動き回ったり他の生き物を食べたりしなければならないという動機づけになり、
このことが淘汰圧となって進化を促したのでは?という説を生物学者の福岡伸一氏が唱えています。

不便があり、淘汰されるからこそ向上進歩する、というのは
なんとなく資源が欠乏している国が発展しているケースが多々あることと類似してるように思えます。


369普通のやる夫さん2017/10/10(Tue) 18:50:49 ID:2bde9428
>>364
というか、古代地中海国家などの例外を除いて、
近代以前は、基本的にその国内で生産される食料の量が、その国の人口規模を決定する。
江戸時代に自給自足でやっていけた、というより、
江戸時代は、国内で食料生産できる範囲までしか人口がいなかった(人口を支えれなかった)
というのが正しい。


370◆gKNcHiCsig2017/10/12(Thu) 20:01:02 ID:1fb0f085
>>347 >>348
普通混浴はないです。
ただ一部のところは採用しています。
例えば、ウズベキスタンの古都ブハラ旧市街のハマムは混浴です。


371普通のやる夫さん2017/10/12(Thu) 22:49:27 ID:b65efcba
>>370
つまり(外見幼女の)ありすと混浴するわけだな。


372普通のやる夫さん2017/10/13(Fri) 08:33:12 ID:50c9c80a
>>368
因果関係が逆だと思う。

動物が栄養素を合成できないから動き回って他の生物を捕食してるんじゃなくて
他の生物を捕食して栄養素を得られるからこそわざわざ合成しなくてよくなった、とした方が合理的

霊長類がビタミンCを生合成できないのも
元々の摂取量が多いせいで合成酵素に選択圧がかかってないからって言われてる
(ttps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3145266/)


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/8619-41af5943

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /