FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫で学ぶレンティア国家 その4

ブログトップ > やる夫で学ぶレンティア国家 > やる夫で学ぶレンティア国家 その4




229◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 17:02:29 ID:ac0afca1
第四話本日投下します。


230普通のやる夫さん2017/09/24(Sun) 21:31:26 ID:491796a3
ヨッシャー


231◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:34:35 ID:ac0afca1
それでは投下します。今回で大まかな研究史は終わります。


232◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:35:46 ID:ac0afca1



―チャイハーネ―


圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖
====================================================|§|========
                                         ̄
 ̄/|
//j |
/| :|
: | | |            r───‐┐    r───‐┐           _
| | |ノ            |        |    |        |              |\\
|:jノ           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     |\\ヽ
ノ        /                              \     |  \||
        /                            \_」    ||
          /                                \ \  ||
         l ̄厂 ̄「 ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄厂  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ 「「 ̄ ̄|  \||
        / ..:| : / .:ノ|        |∨ i |: |        ト、ヽ  :i |  i  |二二||
        ノ .::/ ..:|: | .:/:/|        ト } .::ノ ./|        |:.:}ノ  /.j .:|  ||| ||



               ttps://imgur.com/a/lijtV
                                {〉.、          _ イ:::::/
                              {:::::>‐----‐=ニ´::::::; '´  /
                            ノ:::j ⌒ヽ----‐=ニ¨´ . ...::´:::::::
                            ;:::::ノ    丶---‐=ニ¨::::::::::::::::::::
                ,.   -‐====‐-  j::::j       丶:.  ::::::::::::::::::::::
               /           ;::::ノ         丶:.  :::::::::::::::
             〃:            j:::ノ ヽ  . γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                 ,': :             {:::{   Y´ , -| ……追加の注文 イシュケンべチョルバになります。  .|
             li: : :                }: }   il /  ゝ________________________,ノ
             / :|‘: : .            {: {   /.|' \ 〃 ./
        /   l \ ,  -‐=::::::::::::::::::::=‐j:::;:../ !  ./ /
           /’   丶 :::::::::::::::::::::::::::(:::::::/  ;/ / 丶
        /   〃  ハ      ` ' ‐------‐ ' ´     ハ/、
       ,    /   ∧                   ∧  ヽ     , トロトロトロ
       {   {       \              /    }   }
      .八   ヽ        \           /      〃    八




.


233◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:37:38 ID:ac0afca1



.              (
         `.
         、 `ヽ.  `ヽ
.            ノ    ,!  ノ
       ,r   '´ _   '  _,
.         !     r'´   r‐'
      , , -─==i==i=‐- .._
    //   ,_.......i............___ ヽヽ
    トヽ.-''´:.:.:::::::.:.:.:.::::::::::::::.ソノl
     l `` ー====-―´´ / ‐- 、
    |              ゝ!─、 l
      !              ノ、_j j
..    ',             ゝ_ノノ
     ゝ、          /
.         ` ` ̄ ̄ ̄ ̄ ´



               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「     さて、追加のチョルバも来ましたし
         /::乂ム:::}       '     ム}
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|     そろそろ研究史の話でもryγ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ つ
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧                     | ちょっと待ってくださいお 教授  . |
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ                    ゝ_______________,ノ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |



.


234◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:43:24 ID:ac0afca1


         ____
       /       \
      /    _ノ    ヽ
    /     ( ●)  (●)'  , -―ーっ    教授確かに前回 飲むって言いましたけど
    |  u.      (__人__)  | ( ゝ彡 ̄
    \        ` ⌒´ /゙| ̄'|        ……スープとは聞いてないです。ってかこれなんですか?
    /⌒丶、  ー‐  '   .|,  |
__/   ノ  \__ィ ´ー‐イ'  |  ∫
| |  /   /           r_____ ∬
| | /   /            |i    ┌‐┐
| | ( 〆⌒'――──―r─≒、.((|   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄└‐┘ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





                ______
          ―――:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__:.:.:.:.
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.
.      /:.:.:.:.:.:.:.:Λ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.
     | :.:.:.:.:.:.:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.: ̄
     |:.:|:.:.:.:.:.:.:|  :.:.:.:.:l\:.:. \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:
     |:.:|:.:.:.:|:.: |   \:.|  \_:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     |:.:|:.:.:.:|⌒ヽ   ^\ ̄ \「 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:
     |:.:|:.:.:.:| _        ___\: | :.:.:.:. |:.:.:    ああ、そういえば……何も説明せずに頼みましたね私
     |八:.:.:.|{⌒{㍉、     广¨{:し勹⌒j| :.:.:.:. |:.:.:
     | \{\ V:.:}       V;ン  ノ:.:ノ:.人|:.:.:    これはイシュケンべ(胃袋)+チョルバ(スープ)という意味でして
           |:.:〉  ̄        '' ″ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.|  `           u  /|:.:. /.:.:.:.:.:    元はペルシャ語→オスマン語→現代トルコ語という由来を持つ言葉です
           |:.人       _    /:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.[\  ~⌒^~     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.|  |\  _  -≦  |:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.: ノ 人:.:.:.:.:.:.:.: |    |:.:.:l\.:.:.:.:.:.:
           |/     \>⌒   /\|  \:.:.:.:
               /-/     /   _/ニニ:.:.:
              /ニ∨    /  _/ニニニ\:
             [ニニ/  /  _/ニニニニニニ
.            /[ニ∨__/ _/ニニ/ニニニニニニ
           /-[ニニ| /ニニニ√ニニニニニニ



.


235◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:47:18 ID:ac0afca1



                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |      まあ、旧オスマン帝国領全域に広がっている臓物スープということなのですが
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/       現代トルコでは、牛の内臓・羊のかしらなどを、このように白くなるまでじっくり数時間煮込んで
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|       食べる大衆的な料理です。
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   資料を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\





        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \      すごく臭そうなんですけど、それは大丈夫なんですかね?
   |  u.   (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/      (これ好みが分かれそうだお……)
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



.


236普通のやる夫さん2017/09/24(Sun) 21:50:01 ID:491796a3
このスープは飲みたくねえw


237◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:50:41 ID:ac0afca1



      ,.. -‐<~ ̄ ̄ ̄~^'':..,
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Λ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨-\
    :.:.:.:.:.:. |:.:.:.|:.:. /  |:.|:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.|----}
   .:.:.:.:.:. : |:.:.:.|Λ|   |人:.:.:.| :. |:.:.:.:.|---/
   |:.:.:.:.:.:.:. Λ|\__   _><|\|:.:.:.:.|--/    まあ、確かに癖が強いので、好みは分かれる料理ではありますけどね
   |:.|:.:.:.:.:.:芋芋芋    芋芋芋:.:.:.:.|ー,′
   |Λ:小:. | 乂ツ    乂ヅ |:.:.:.ノ}-j     でも、トルコでは二日酔いのお供とも言われ、1年の最後にはこれを飲め!
.    Λ|\|       '       |/|_厂     と言われるぐらいの大人気料理です
     /|:.:.:.:|      ―  u. |:.:.:.|〉
.    /: |:.:.:个:.... └‐‐‐┘ ....:个:.:.|Λ
   /:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.}≧=≦{_:.|:.:.:|:.:.:.|: Λ
.  /:.:___:.:.:.:ノ/´ノ    乂}`\:.:.___:.:Λ
  :.:./ニニニ{   \__  __/  }ニニニ∨:
  {:.:.{ニニニニ乂   \./   ノニニニ|:.:}



.


238◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:52:43 ID:ac0afca1


γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| 飲み方としては、もちろんそのまま飲むと言うこともありますが……それだけではありません。  ..|
ゝ_________________________________________,ノ


γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| 例えば、現地のトルコ人はレモン汁や酢を入れて飲んだり(※つけ麺のスープにそれらを入れる感覚に近い)     |
ゝ________________________________________________,ノ


                                >''´"'''ー彡
                         ー===ニニ≦
                      /
                    /
                   /    乂_,,,,。-==<
                   ./  ゝ、/   ___/  :::::∧
                  /   ノ  >''´ ノ ::::::≧..、.∧
                 ゝ=< >''´   /   :::::::::::ヽ }
                    /    /     :::::::::::::ノ
                    /   /     :::::::::>´
                   />''´       >''´
          ____   ∥      >''´
      >''´      / ̄`"i      /            ニ==─
    /         {__リ"'''<    i´ `、ヽ、    ニ=ー:::::/
   /          .//    \   乂__) >''´::::::::::::/
  ./       >''´_,,。ノi{、 `''<   `''< ` ̄ ̄´:::::::::://
  {      /  /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s。ヽ   } `"'''ー==<>''´
  ∨     {   |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:丿ノ   /
   \   乂  `''<i:i:i:i:i:>''´イ   /
    `''<    ー==ニニ==ー   >''´
           ー====ー



.


239◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:53:59 ID:ac0afca1



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| ニンニクや唐辛子を加えてみたり     |
ゝ_________________,ノ

     マヘ.
   _< 二寸㍉_.
  ((⊂ ( ー Y ⊃))
    ̄ V ー〈  ̄
 シャカ  ├匕{
  シャカ .八 Vム
      /   l小,
    ./   |小ム
     .   __|小Vム
    | く`ー= `寸ニニニニニニニニニニ7
   .八 (      ー=ニニ二二_,ィ Y
   乂ミム____          l| |
     `¨ \  ̄二ニ=ー-=ニ二{{ j
         \         才ミ
          >ー=ニニ=-<



.


240普通のやる夫さん2017/09/24(Sun) 21:56:42 ID:8479e5d5
濃そう
パンとかと一緒に食うんやろかというかその辺の主食ってなんやろ


241◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 21:58:06 ID:ac0afca1
>>240
トルコのメインと言えばまずパンですので、おっしゃるとおり∞かつ無料に食えるパンをメインにして食べます。






γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| 変わり種だとテルビーイェ(鶏卵と出汁、レモン汁を撹拌して作るソース 元はユダヤ料理)をかけたり……  |
ゝ______________________________________________,ノ



           |      /               l        /
           |       〈 ___             |     /
         _,. |      \     `"''  、   /      ,'
      ,  "  /        |          `丶 /      {
      /: :   /       /  |            {      ',
   〃: : : :   ,'、/     / ̄`Y-、            、   〈   ,
   /: : : : : :  ' 〈   /:/: : : :}_ ',            ヽ   ',   }
  li: : : : : : : {  ',  |-―-、ノ !丿             i  |  ,'
  |l : : : : : : |   | 、 !、::::::::::i!| |              |   |  /
  i,',: : : : : : : ', /!_}ノ ::ーァ'/.ノ             八 {_j /
   ',:.、 : : : : : ::.ー- 、 `: :´  ̄ ̄`   、        //  〃
   ',: .\: : : : : :./ `;.: ‘,ニ===、 、    ヽ     // ,〃
    ゚ : : : 丶 : :;': :  ;:'  (:.::.: .. . ヽ`:..  :,   .'´ /し/
      ': : : : : ` ー-= ..,,_ ` ー--‐' ..::_,,..  ' ´    7"´
      、: : : : .       ̄ ̄ ̄ ̄          /
      ヽ: : : : :.                   . '
      ::::::\: : : : .                 /
        :::::::丶 : : . . .         .  ´
              `≧=‐-------‐=≦´



.



242普通のやる夫さん2017/09/24(Sun) 21:59:36 ID:8479e5d5
ほー
パンおかわり自由は嬉しいな


243普通のやる夫さん2017/09/24(Sun) 22:03:31 ID:fd0aa92b
替え玉無料のとんこつラーメンみたいだね


244◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:06:11 ID:ac0afca1



                           _// /       丶、
                              ノ( { {   (        \
                           { ,. -――=ミ、┌‐ 、 }  \
                              )んx ー‐=ミ、   )   },人_  }
                             /   ⌒^YんィY´ /⌒Y(  ,ハ
                            / /  //||└‐{__,ノ^⌒i }
                        ,; /  ⌒X    '斗―   {   ノ イ
                       八i{ 〃テh     )八   i  |\ノ }_ノ
                          ‘, 从 t:り    斗チhY|   |/ハ(\      まあ、そういう風に味付けをいろいろ変えながら食べてみてください
                           )ハ}.:.:. ,    t::り从 / Y 八__))
                           / 八       .:.:.:.:/ }/__ノ /  ア     ……というかトルコでは、こういうのいっぱいありますから
                       |l/ ,'\ `ー   // ノ  { /(  (
                          八_厶=-≧ー‐ |/   ‘, \ノ      もし行く機会があればぜひどうぞ。
                    ,.  -<⌒\  { )厂 ̄|(\     ′  \
                     /   ニニう-=彡(_,ア( ̄ ̄   )ハ   ∨⌒)ノ
                 x(__,,. ヘ 77’/ ノノ  } ー≠彡⌒, l | ‘,
                  _ノY⌒^\ { {O{_/ {   ノ/       } | |ハ |
                 | |l    )∨/     O}/(      / | | l|
                 └ ^=‐ ^∨/O    / ,ハ     j  ; ;  :|
                  ‘,  ; |l     O/ rく └‐x _,ノ / /  /
                 _,x∨| |O    { /^L\_,/)/)/}/
               ,x(⌒/ { \  O/  /厶=-- 、
                /⌒/   \  `¨ア    /イ____   }
            /ノ⌒/ ,.へ、   ` ー/  /个{ \ ̄_ノ
         _r‐〃 )ヽ/ /    \ /(__/ / }人   :,\{
          乙)l{ 人_{  {      r'(   八   } {   ′ \
          厂)/(_入 \  __人 \/ /   ノ_,ノ :,  :, _ノ
         )( l{  て ノ\_,/´   フヘ/  /^ア   ′ ∨
          て八\ ⌒てノL| { { r个┬<⌒Y´     :,  ‘,
          (__ノ)ヽ\     `¨¨^'~ヘ_ノ⌒}        }  ノハ
        ( ⌒Y\\   /          ノ     _ノ/厂|
           \ 乂__丶` ー=   ____   =‐  ¨ア(⌒ シ



※イシュケンべチョルバが有名な店はトルコにいっぱいありますが1点だけ。
イスタンブール 新市街 タクシム広場近くのイシュケンべチョルバ専門店”Lale Iskembecisi”のチョルバ。
硬派な昔ながらの味が楽しめます。

1人前10.5TL(今のレートですと360円ぐらい)

.


245◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:12:50 ID:ac0afca1


         ____
       /       \
      /   ―   ―
    /     ( ー)  (ー)'       (あ、意外とやさしい味……)
    |         (__ノ、_,x ,--、
    \.       `ー<  ヾ zヽ ズズ…
____/       ー‐\/| |
| |  /  /            __ノ
| |  /  /          |
| | (    ̄ ̄ ̄⌒ヽ.   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|





           __
           /:::::::::::::::::\
       __/:::::::::::/|::::::::::::.
.      {∨:::::Λ/  |Λ:::::::|
.        /:::::Τう  fう^ ::::|     ……と、話がずれましたね
       /::::└|     ノノハ
.      /:::::::::|::::i、 ^ イ::|:::|     そろそろ本題の話 レンティア国家論に行きましょうか
     /:::::::::: |:: |Λ //|::八| 
.    /:::::::: -八::{ΛV /,|/=、|
   ::::/ニニ\ニニ∨/ニニ',
.   ::::{ニニニ}ニニ\//ニニニ|
   :::::{ニ二Λニニ// 二二二|
   {:::∨ニニニV//ニニニ|ニ|
   |:::: ∨ニニニ}/二二ニ |ニ|
   |::::/ ∨ニニ∨ニニニjニ|
   ∨::::/∨ニニ∨芥>=/ニ]
    :/二|ニニニ∨::::::/ニニΛ
.     ニニ|ニニニニ∨::/ニニニΛ
     L::::|ニニニ/∨{ニ/\ニ!
     |::::::::::∨Λ  V / /Λノ


.



246◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:17:16 ID:ac0afca1



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             やる夫で学ぶレンティア国家論

  第四話 レンティア国家研究史③ ロスのレンティア国家論とロス批判以降

                レンティア国家論の確立

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


        ____
      /─   ─\
     / (●)  (●).\
   /     (__人__)   \
    |      ` ⌒´     |
   \            /
   ノ            \
. /´                 ヽ                 カ
 |    l   l||l 从人 l||l      l||l 从人 l||l   カ   タ
 ヽ    -一''''''"~~``'ー--、   -一'''''''ー-、.     タ
  ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) )  (⌒_(⌒)⌒)⌒))
   ┌ ┌┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐┌┬┬┬┐
  ,. - ''"| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ρ ̄`l
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ノ ̄ ̄





.



247◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:25:37 ID:ac0afca1


                ______
          ―――:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__:.:.:.:.
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.
.      /:.:.:.:.:.:.:.:Λ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.
     | :.:.:.:.:.:.:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.: ̄
     |:.:|:.:.:.:.:.:.:|  :.:.:.:.:l\:.:. \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:
     |:.:|:.:.:.:|:.: |   \:.|  \_:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     |:.:|:.:.:.:|⌒ヽ   ^\ ̄ \「 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:     さて、やる夫さん
     |:.:|:.:.:.:| _        ___\: | :.:.:.:. |:.:.:
     |八:.:.:.|{⌒{㍉、     广¨{:し勹⌒j| :.:.:.:. |:.:.:     前回までの流れですが…「中東例外論」が全体とした研究状況の中
     | \{\ V:.:}       V;ン  ノ:.:ノ:.人|:.:.:
           |:.:〉  ̄        '' ″ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:    ルチアーニ・ベブラーウィーを中心とした古典的なレンティア国家論が登場しましたね。
           |:.:.|  `           u  /|:.:. /.:.:.:.:.:
           |:.人       _    /:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.[\  ~⌒^~     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.|  |\  _  -≦  |:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.: ノ 人:.:.:.:.:.:.:.: |    |:.:.:l\.:.:.:.:.:.:
           |/     \>⌒   /\|  \:.:.:.:
               /-/     /   _/ニニ:.:.:
              /ニ∨    /  _/ニニニ\:
             [ニニ/  /  _/ニニニニニニ
.            /[ニ∨__/ _/ニニ/ニニニニニニ
           /-[ニニ| /ニニニ√ニニニニニニ





            ____
          /      \
         / ─    ─ \     だけど、このこの古典的レンティア国家論は「中東地域限定」、「文化や文明で現象を説明しようとした」から
       /   (●)  (●)  \
       |      (__人__)     |   結局中東例外論の範疇にある議論
       \     ` ⌒´    ,/
r、     r、/          ヘ   ……中東例外論が優越的な状況にあったのは事実だお
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |



.


248◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:35:00 ID:ac0afca1



                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |    はい、その通りです
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/      で、そのような風潮が90年代までずっと続いていくわけですが
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|      2000年代になって新しい動きが出ます。それが今回のロスの研究になるわけです。
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   資料を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \       それが、今回のメイン?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



.



249◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:40:35 ID:ac0afca1




              _ -―………―-
              ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:`:..
        , ―― 7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:...
.       ∧`¨¨¨ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,
         ∧xx..′'..:.. /.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.:. ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
         ∧x/.:.:.:..:'/./.:.:.:. .:.:.:/.:.:′ |.ハ.:.:.:.:.:.:..l
.       〈xxxj八__/.:.:.:.:.:.:.:.:.:///   リ {.:.:.:.:.:.:.i|
        `¨.′:{ |.:.:.:.{ ィ斧ミ          |.:.:.:.:.:.:j{    はい、そうですロスさんは
         /.:.:.八.|.:.:.:.| Vソ     ィ斧ミi}.:./.:.:/
         .:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:,        Vソ |./j..::′    「中東例外論の克服」と「レントの民主化阻害のメカニズムを明らかにすること」を目的として
.        ,.:.:.:.:.:.:.:.:.ム.:. ∧     '      ム.:/: |
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈 \.>  `  ´  イ.:..i|.:.:...     レンティア国家論研究に取り組んだ人です。
.      /.:.:.:.:.:.:.:.:.,-.{ \ \{   ̄ ̄ ̄   ).:i|.:.:.:.:.
      //.:.:.:.:.:.:. /  ゝ _ー―=ニ≦   _ イ:.八.:..:.:..
      .′|.:.:.:. /     、{`ー―――≦.  '  |.:.:.:.:.:..
.        |: /.  '.    |     ⊆ニニ⊇ ' |.:.:.:.:.:.|
      /     '     '.        '.   l.|.:.:./|.:{
     /     /:.'.     ,        '.   リ / 八
    ′.   /.:.:.:.: '.    l     ⊆ニ⊇  i|{
    l    / `¨¨¨¨¨'     |.        |   「` ____
    |   {       '.   }        |   |      7
    |    、.      '.  八         |   |、     〈
   八__ ≧      '..〈.         |   | `¨¨¨¨¨¨
                ∨      ⊆ニ⊇ ,
              /         |   ′
             /.             |.   ∨



.


250◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:51:51 ID:ac0afca1




ロスのテーゼ

   「中東でのみレンティア国家論が適用されるなら、それはレントが原因ではなく、中東固有の事情が原因である(中東例外論)
    逆説的に言うならば、中東以外でもレンティア効果が見られるなら、レンティア国家論という一般学説自体が確立されるのでは?」



          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....      で、そんなロスさんのテーゼですが、中東以外でもレンティア国家論を当てはめてみたら
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:      どうなるかなと思ったわけです。
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:      どういう調査をしたかというと…
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.      ①1971年~1991までの113ヶ国を対象に、石油と民主主義の関係を調査。
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ      ②計量的に、民主国家と非民主国家における石油(レント)と民主化度合を調査。
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋      ということになります。
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨



.



251◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:54:16 ID:ac0afca1


          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |  ……それ、ロスの研究で何がわかったんだお?
      ヘ     ̄`、__)  |
        ヽ           |
      , へ、      _/
.      |          ^ヽ
.      |      1   |





      ,.. -‐<~ ̄ ̄ ̄~^'':..,
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Λ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨-\
    :.:.:.:.:.:. |:.:.:.|:.:. /  |:.|:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.|----}
   .:.:.:.:.:. : |:.:.:.|Λ|   |人:.:.:.| :. |:.:.:.:.|---/     せっかちですね。やる夫さんは
   |:.:.:.:.:.:.:. Λ|\__   _><|\|:.:.:.:.|--/
   |:.|:.:.:.:.:.:芋芋芋    芋芋芋:.:.:.:.|ー,′     結論だけ先に言うと……
   |Λ:小:. | 乂ツ    乂ヅ |:.:.:.ノ}-j
.    Λ|\|       '       |/|_厂      ①石油(レント)の民主阻害効果が、中東以外の国家でも発見された
     /|:.:.:.:|      ―    |:.:.:.|〉       ②レントの民主化阻害効果のメカニズムを発見した
.    /: |:.:.:个:.... └‐‐‐┘ ....:个:.:.|Λ
   /:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.}≧=≦{_:.|:.:.:|:.:.:.|: Λ       ということになります。
.  /:.:___:.:.:.:ノ/´ノ    乂}`\:.:.___:.:Λ
  :.:./ニニニ{   \__  __/  }ニニニ∨:
  {:.:.{ニニニニ乂   \./   ノニニニ|:.:}



.


252◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 22:57:26 ID:ac0afca1



               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i       ……ん? ってことはロスの研究は「中東例外論」を克服した?
          |     (__人__)    |
          、           ノ      しかも、そのメカニズム付きで?
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j




                 ____
              ,...::::::_::::::::::::::`:::..、
            ,..:::´ ̄::::,::::::::::`ヽ、:::::::::::::ヽ
           /::::::::,::::/ヽ:::::::、:::::::\::::::::::::',
         /::/:::/:/::/   Ⅵ:: |::{:::::::::\:::::::::
        ,:::,::::/:/-/、   {::{斗ム::::::::|:::|::::::::|、       はい、そうですね。
        |::{::::Ⅳ _{      ヾ \}\:::}:::}::::::::}_ ヽ
        {:∧:::l,ィ雫ミ、    ィ雫ミ, Ⅵ/-、:::, \)     まあ、その点に関してそれぞれ説明しましょうか
          从l ゝVソ      V(ソノ /::}'/ ,::::|   〉
          /:::.    '        /:::/_ノ:::: |   {
            {:::人    、__,    /:::/::::::::::Ⅵ\_ノ
           |::/ |::::...     イ{::/:::|:::::::::::\ }
           |:{ 「 ̄┼`´╋┼ 从-、:::::::::::::::::∨
           ゝ} 乂╋┼╋┼╋┼╋ 、::::::::::::::::.
         / / \╋┼╋┼╋イ ∧:::::::::::::::}
           Ⅳ    /` ー―― ´ /  ,::::|:::::::::|
         ,:′   l{={}=     ,     |::::|:::::::::|
          {    /      /    ,:::::|:::::::::|
         |     ,′       /    /::::/::::::::/


.


253◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:03:25 ID:ac0afca1



                ______
          ―――:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__:.:.:.:.
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.
.      /:.:.:.:.:.:.:.:Λ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.
     | :.:.:.:.:.:.:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.: ̄
     |:.:|:.:.:.:.:.:.:|  :.:.:.:.:l\:.:. \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:
     |:.:|:.:.:.:|:.: |   \:.|  \_:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     |:.:|:.:.:.:|⌒ヽ   ^\ ̄ \「 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:
     |:.:|:.:.:.:| _        ___\: | :.:.:.:. |:.:.:
     |八:.:.:.|{⌒{㍉、     广¨{:し勹⌒j| :.:.:.:. |:.:.:      まず1点目の民主阻害効果が、中東以外の国家でも発見についてですが…
     | \{\ V:.:}       V;ン  ノ:.:ノ:.人|:.:.:
           |:.:〉  ̄        '' ″ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:      ロスは113ヶ国を見てきたわけですが…
           |:.:.|  `           u  /|:.:. /.:.:.:.:.:
           |:.人       _    /:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:      中東と同じようなことが、中南米・東南アジア・アフリカでも見られたんですよ
           |:.:.:.[\  ~⌒^~     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.:.:.|  |\  _  -≦  |:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.: ノ 人:.:.:.:.:.:.:.: |    |:.:.:l\.:.:.:.:.:.:
           |/     \>⌒   /\|  \:.:.:.:
               /-/     /   _/ニニ:.:.:
              /ニ∨    /  _/ニニニ\:
             [ニニ/  /  _/ニニニニニニ
.            /[ニ∨__/ _/ニニ/ニニニニニニ
           /-[ニニ| /ニニニ√ニニニニニニ



     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \   ボリビアのトーレス軍事政権とかパナマのノリエガ将軍とか?
|  u.    (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /



.


254◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:06:02 ID:ac0afca1



                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /     はい、そうですね。有名独裁政権でも中東のレンティア国家と同じ現象が見られたんです。
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │     つまり、レンティア国家は中東に特有のものではなく
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │
         │ヽ               !  |イ│゙、 │     世界あらゆる地域で通用する議論だというのが判明したんです。
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /



※これに関して、補足すると民主国家でも、同様に体制維持効果はあると判明している[Morrison 2009]。


.


255◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:09:38 ID:ac0afca1



   .  -‐:::::¨¨`´ ̄¨¨::‐-..、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:\
//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  マ.:.`:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:、
:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:./   マ:.:.:i、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:./‐-:,∠/:.:/     マ;.l__マ:.:l:.:.:.:.:.:.l
:':.:.:.:.:/:.:./ //`     '´V マ:.l.:.:.:.:.:|:.|
:!:.:.:./:.,ィz≠=t、      ,ィェz、Ⅵ:.:.:.:∧l  そして、2点目ですが レントがどうして民主化を阻害するか…これを以下の3点にまとめました。
.|:.:/:Kく _)圦i|ヘ    ィ_)圦!¨ヾ|:.:.:./ /
:|/:.:∧ ヽ弋ニノ     弋ソ / j:/     1、レンティア効果
/!.:.:.:.:.        `     イハ      2、抑圧効果
:.:!:.:.:.:.i                 l:.:.:.!      3、近代化抑制効果
__!:.:.:.:.!、     r'⌒      /!:.:.:l
f 、:.:.:!ノ\     ` ノ    /:.:!:.:.ハ、
、  ヽ:!ヽ   ‐-   __, イ´ ̄ヽ!ノ:.i.:.
,(   ` `、   /   | 〉;';';i;';';';';ハ:.:l:.:.i
__、     、 ノ     } 〉;、';!;';';'/;'i:.:!:.:l
:/:(      ノ¨ヽ   ノ丶;';';l';';/;';';!/|:.j




         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \    レンティア効果はなんとなくわかるけど…
      |    ` ⌒´    u. |
      \           /    残りの2点は…なんだお?
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



.


256普通のやる夫さん2017/09/24(Sun) 23:12:53 ID:f73a3a20
なんとなく分かるような
でも言葉にしにくいw


257◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:15:12 ID:ac0afca1



        ___,,,-―--、_
      /::. ::. ,,-――::. ̄ー、
     /::. ::./::. ::. :/::. ::. ::. :、ヽ、
     .|::. :/::. /::.:/::. ::. ::ハ::. ::k ::ハ
     |::. i::. /::. ::. ::. ::,イ:/  ヽ::. :i:: ::|
  r-‐Tミ|::./::. /::. ///    ヽ_|:: ::|
 .く  ┤ミ|::|::./_,,ナーレ′  ,,-'´ !|:λ}   レンティア効果とは、為政者が減税と支出拡大(サービス拡大)によって国民の忠誠を得ること
  ヽ /|t、_レ|/‐yテj=ミ    ィ=テyレ′   つまり、今までの説明で何度も話してきたことですね。このレンティア効果にもいくつかありまして
.     |:!(t |::.i 《 tしソ    もノノj|
    |::|:ゝ|::..k      ,    |::|    ①石油資源の輸出による収入によって、課税が抑えられ、民主化圧力を抑える効果
    /λ入|::. :〉、rュ_  _    ノ::.:|    ②石油収入によるパトロン・クライアント関係を取り結ぶ効果
   /::|:〉'、ー|:: |Y i´r゙}ュ__,,.ィ'´/::.:/    ③効果的なレント使用によって、民主化を要求する社会グループの形成を妨げる効果
.  /::/i'、 ゙ーV^V´゙V_t''~ ̄~レ'ヽ
  /::.i:: k、  /    /  ノ   人    この3つがあると言われています。
. {: :.|::.|  ̄/     i _'´,-‐'´ ̄| |
  ヽ::ri:| r'i     .├''´´rfヽ{ヽ | |




※パトロン・クライアント関係
パトロンはクライアントに対し、生活全般の保障や保護・恩恵を配分する代わりに、従属や支持・協力を得られるということ
すなわち、政府のレント配分によって、国民の支持が生まれること


.



258◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:18:13 ID:ac0afca1


                ___
                 _::::::::::::::::::::::::__
              /::::/´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`\
.           /::::: /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
       _____/::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::.
.    /i:i:Ⅳ\::∨:::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::八::::::::::::::::::::.
    {:i:i:i:i:i:|::::::::: |:::::::::::::| ::::: /::::::::::::|: /  ::::::::::::::::::::
    ∨:i:i:i:| \:: |:::::::::::::|:::: /|_\::/ |/   |::Λ:::::::::: |
      〉i:i:i:|〉::::::::|:::::::::::::|::x俘=ミ \|   jr ⌒::::::::: |
.    {i:i:i:i:|Λ: 八:::::::: 人( {:::(_ ヽ   _笊~゚Y|:::::|:::|      次に抑圧効果ですが
      \_:j|::::l〉{ (\|\{  乂ツ      {(::ノ ノ八:八|
.        八:|:人辷}::::::|         '`´ /|::/ ノ      これはレント収入を軍事力・警察力に投入して、反乱鎮圧能力を高めること
        / :::::|:/: `¨|::::::|      _     ;゙ |/
.       / :::::: |:::::::::: |::::圦    (   )   人          ……帝政イラン、現代ロシアなどがその典型例です
      / ::::::::::::::::::: 八::::::| >    ̄    イ:::::::
.     /::::::::::::::::::::::/:::::|\|.    {>-< |:::::j
    /::::::::::::::::::::::/ ::::::| ..._\ ...⊥..._     | :: /
.   /::::::::::::::::::::::/:::: |:人__  ̄  _.j>、  |: /     /ニ=-  _
  /:::::::::::::|::::::::/::::::::|:::|⌒   __jノニ=-‐㍉ |/     //  ̄  -=ニニ=-
. イ:::|:::::::::::|::::::::::::::::: |:::|__jノ⌒:ア´     ´_      //        ̄ 7/
 |:: |:::::::::::|::::::::::::::::: |::八:i:i:i:iァ′       ´_     //         //
 | 人:::::::::|:::::::::::::::::: /:i:i:i:i:i:7       ...,, __}_   //         //
    \:::|::::::::::|:::: /:i:i:i:i:i:i:{             } //         //




            ____
          /      \
         / ─    ─ \      ああ、莫大なレント収入を、工業化とかに使わず
       /   (●)  (●)  \
       |  u.   (__人__)     |    軍事力強化や秘密警察強化に使って、民主化を抑える力を蓄えるってこと…
       \     ` ⌒´    ,/
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |



.


259◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:25:26 ID:ac0afca1



                 ''"~ ̄ ̄ ̄~"'':..__
.            /.:.:.:.:.:.:/ ̄:.:.:.:.´:.:.:.:.:.\
.           ,:.:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
           /:._:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: | \:.:.:.:.:.:.:.:.
.          √-=ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.|  \:.:.:.|:.:.|
        / {:.:.: ―:.:.:.:.:.:.:/ : //|:.:|  '⌒:.:.八:|
.      (二八:.:.:.-| :.:.:.:.:// /'⌒ |:.ノ  仍うV:./ノ    はい、そういうことです。
.     {ニニニ|\:.:|/!:.:./|__笊示ミ    ヒツ {:/
.     {ニニニ|:.:Λ|人/ :| 〈 ヒツ        |      それでこの抑圧効果が生まれる理由としては以下の2つが考えられます。
.      \ニ/|:/:.:{( 人:.:.\           人
         /:./:.:.:.|:.|>-\:.:.\     ' ´  ⌒`     ①独裁体制の単なる自己保全の結果
.     // /:.:.: 人|:.:.:.:.:.:.:.>- \ー―く \       ②資源は、石油・鉱物自体は産出地域が偏った埋蔵物
.     /:.:.:. /:.:/:. 〈\_彡'´    )     ) _    つまり、資源自体が民族や地域対立の火種であり、
  /:.:.:.:.:.://:/:.:.:.:{\__    ̄ ̄~^'   ̄  }‐┐||  これを抑えるために体制の国内向け軍事強化し、結果として独裁を補強する。
 //:.:.:.:.:.:./:.:.:./: |:.:.:.{      ァ=-‐''~⌒\___ノrヘ:||
./ {:.:.:.:.:. /{ :.: |:.:.:|:.:.:八______ ,.イノ /      ∨/⌒ }
{ 八:.:.:.|人:.:.:. |:.:.:|/{. . ./  / /         {/⌒ 〉  ②の理由は、フセイン時代のイラクが、クルド人を抑えた理由として考えれば
   \(  \:.|:.:.:|  {. ./ /   {        ∨⌒i|   わかりやすいかと
          人:.:|  {.//                } |  |i||
      /(  \ /Λ        }      } }  |i||
.     (  \ / / }        }       V}  |i||
.       \ /   / 〈      人       }   |i||





..     ____
    / ―  -\
..  /  (●)  (●)    そういえば、クルド独立投票が25日にやるのも
 /     (__人__) \
 |       ` ⌒´   |  キルクークが問題って
. \           /
.  ノ         \
/´            ヽ


※キルクーク イラク北部の都市 石油資源豊富でクルド人が多い


.


260◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:30:14 ID:ac0afca1


                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|    そして、最後の近代化抑制効果
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈      これは、レントの配分によって、民主化をもたらす社会的近代化をせずとも支持が集まること
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:|     社会的近代化(教育の普及、法整備、思想の自由化、社会の多様化階層化など)をしなければ
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉 そもそも、なぜ非民主的体制が悪いのかとか分からないですよね?
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   資料を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\







         ____
        /― ― \     まあ、確かに教育をうけてなければ
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \  民主体制が良いとかわからないおね……
      |    ` ⌒´   u.  |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ



.


261◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:32:46 ID:ac0afca1



                    -‐:.:.:.:.:.:.:.‐-:.:.:.:.:.:.:.:.:...,
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\
                  / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.: \
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:} ____
                / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.∨: /Λ二\
                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:∨:.:/}ニニニ)
                  |:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.|:.| 八:.:.:.:.:.:.jI斗-‐ミ:.:.:.:.:.:|: //}ニニニ{
( \              |:|:.:.:.:_jI斗ー‐:|:.|   \:.:.´ :.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: /Λニニニ|      まあ、ロスの意見を纏めると こうなりますね。
. \ \       , ┐  |:||:.:.´|:.:.:|:. |:.:|八    \:;>≠‐ミ_|: |:.:|/:.:.:Λニニノ
   \ \   | |  |:||:.:.: |:_>≠‐ミ      ´ _)(:.:.:.} ノ:|: |:.:|):.:.:.:.:.:.\      ・レンティア国家論は中東以外でも適用できる
    {  ̄ ̄\/   |  |八:.:.:|7{  _)(:.:.:}       乂;;;;ツ  |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.\\    ・「レンティア効果」「抑圧効果」「近代化抑制効果」の3つがレントの民主化阻害効果
    {   ̄\ 〉   |    \N{ 乂;;ソ         ,,,,  八:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\
    \ >ー┘  j    /:.:/|: Λ ,,,,    、        /:.:.:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \\
     \  } /  ,:.:.:.: /:.:|:.:.|人     、      /:.:.:.:.:/:.:. \:.:.:.:.:.:. \:.:.\\___
      _ |   |   |:.:.:./:.ノ|:.:.|i⌒>   `   ィ /:.:.:.:.:/ }:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:.:.:.:.:.:\
  ┌く~  |二二Λ   |:._/⌒|:.:八┼‐┼‐ ̄ ̄   | :.:.: / / 〉:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\   ̄\
  | \_|_/  |_/(    |/\\┼‐┼_ ___/|イ|/  /Λ \:.:.:.:.:.:\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \    }
  {\_____ |\ \  '   \┼‐┼‐┼‐_    /   }:.:.:.:\:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  { 〈 C      |          / ー-=ニ土..土_..ニ-<._  }:.:.:.[⌒⌒⌒'v┐_:.:.} \:.:|
  |  `¨¨¨¨¨¨¨¨厂      /  /       \ :.:.:|    /  / ̄i{     /:i:i:i:i:i:i〉  }/
  |  |       /     __/   /       \:|   /  /i:i:i:i八     }:i:i:i:i:i:/  ノ
  |  |     Λ   __/ .{    \          \/   /i:i:i:i:i:i:i:i〉    厂:i:i:/
. 八           __/土土{     \         \  /i:i:i:i:/( /     /:i:i:i:i/
    \___/l土土-Λ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ } /i:i:i:i:/  \ ___/:i:i:i:i/
    三[土土土土土{ ̄{  \              //i:i:i:i:〈     \Zニ):i/



.



262◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:38:30 ID:ac0afca1


          ___
         /      \
       /   ⌒   ⌒\
.       /   ( ●) ( ●)\    なるほど……確かにうなづける理論だお
     |      ⌒(__人__)⌒ |
.      \     ` ⌒´   /    じゃあ、ロスによってレンティア国家論は完成した?
     /⌒           ヽ
.     |   ヽ__     _ ',
     :、_     )  ( ̄ _丿
     |   /  ̄`i  / ̄  `i
     |      |     ,    |
    ∧ |     |__/     /
.      `ーヽ _ |   |  _/
.        (__)  、__)





               /:::::::::::::/i::::::::::::::::::ヽ        .□■□
               /::/::::::::::/ .|:::;:::::::::::::::::::ヽ       .■□■
                  /:/::::─--/  !::|ヽ--─:i::::::::!、    i.i■□
             |::|::::::::::/|/   ヽ! ヽ:::::::::|:::::::::|    .| | | ■
             |:ヽ::::::/=二_   _二=ェ_::|::::::::!      !.!.!.!.!      確かに、彼は[Ross 2001]でレンティア国家論に大きな功績を残しました。
             |::::ヽ|!´「  .!    .!  / i:|::::::イ     iiiiii
             `i(.`i:ヽ."-'  _  "-' ∥´)::|     (⌒ヽ      しかし、彼の議論には間違った点もいくつかあり、批判もありましたし
             /::ヽ|::::i           /::|_ノ::::\   /つ )
              /::::::::|::::|ヽ、__ ⌒ __ /:::|:::::::::::::::::\ ./ |(__ノ     彼の議論以前には、レンティア効果自体に疑問を感じる論者もいました。
         >彡:::::::::::::|::::|;;;;;;;;;!  ̄ .!::::::::::|:::::::::::::::::::::::> | |
          ///:::::::::::::i´|::::|><   ><{`‐、::::::::::::/  !-!      次は、そこを踏まえていきましょう。
         ∥´./:::::::::::::::/ .ヽ:|><><><{   i::::/メ、 /_
        ||  |::::::::::::/  _||.--─  ̄ ─-- _.  ∨  ヽ-‐7
       `  !、:::::::/  (  □■□■□■ ) /     /
          \/    `ヾ■□■□■□フ /     /
              |      ヽ        ノ /     /



.


263◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:42:17 ID:ac0afca1


Brynen…[Brynen 1995]
レント収入が民主化を阻害するという効果は理解。
しかし、経済危機以外の政治変動の可能性を織り込んだ議論でないと主張。
経済が順調でも、クウェイトでの国会再開や,オマーンやサウディアラビアで議会制度が開始された事例をうまく説明することができないと指摘。


          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..        まず、Brynenさんの議論を見てみましょう。
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:    彼は、レンティア効果を理解するもの、
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.    レント収入が順調に増えているにもかかわらず
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.    民主化要求にこたえる事例が説明できないとして、
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨     レンティア国家論の適用の制限を訴えています。
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨




.


264◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:49:11 ID:ac0afca1


オクリュリック…[Okruhlik 1999]
政府によるレント配分政策自体が国内で政府に批判的な諸勢力を形成する要因だと主張。

例えば、サウジアラビアでは、レントの配分はナジド地域やその出身者への優遇政策される政策を取っている。
しかし、これは優遇政策以前に利益を得ていたヒジャーズの商人集団の反発、シーア派住民の反発
イエメン国境に近い開発が遅れた南西部地域住民の反発をもたらしている。

さらに、優遇政策を受けている人々の間ですら、レント配分は恩恵ではなく権利として認知されつつある。

→レントの不公平な配分によって分け前にあずかることができなかった市民は、
イスラムや地域への愛着や個人的アイデンティティーを強化し、それが反対派勢力の出現。


※ナジド…サウジアラビア王国中央部。首都リヤドの所在地。王家の出身地
※ヒジャーズ…アラビア半島の紅海沿岸の地方。 メッカ・マディーナなど



                    _____
                    ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:`......
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
.             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,
             ′.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.′
.           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.: /. / {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:'..:.:.:.:. :. l\
.           ,.:./l .:i|.:.:.:ハ.:./|.:.′;.:.:ト、.:ト、.:.:.:.:.:.:.:..:..:.:.:'..:.:.:.:.:.:.|xx\
.           }/.V.::i|.:. ′.:l {.:l  八| .\{\r 、.:.:.:.:.:. .:|.:.:.:.:.:. ト、xxx\    続いて、サウジアラビアでフィールドワークをした
             |.:八.:抖r=ミx      斧=ミx.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:. |xxxxxxx〉   オクリュリックさん
             λ .:.:.:{ }Ji:|       } Ji:| |リ八.:|、.:.:.:.:从xxxx/
.            ハ.:.:.:.:ム V..ソ       V...ソ l.:.:.:.:vノ.:.:.:.:.:.:∨/
           .′:.:.i|..:.:.;      ,         |.:.:.:.:.:.':...:.:.:.:.:.:.:     彼は、レントの不公平な配分は、レンティア効果を生み出さず
.          /.:.:.: : i|.:.. ∧               八.:.:.:.:.:.:':...:.:.:.:.:.:..,    むしろレントの配分にあずかれなかった層の反発を受けるとしています。
          /.:.:.:.: . .i|.:.:.:|.:.`     っ     イ- ∧.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:′
.         /.:./.:.:.: :_i|.:.:.:|__  个ー― ⌒´ ―‐ ∧.:|.:.. |___.:.:.:.:.:.:.:.:..   また、若い世代では、レント配分を恩恵ではなく国家の義務と考えている状態。
        /.::/.:.:.: 八i|.:.:.:| ________   |ハ.:/ 7.:.:.:.:ト、.:.:..,
        .′.{.:..: . ∧i|\j{ |ニニニニニニニニニニニニニ| ノ  /  /.:.:.: : | ;.:.:..   これらの点から、レント配分は体制維持効果をもたらさないと指摘しました。
       ;.:.:./|.:.:.:.:.:..:.:ト、  |ニニニニニニニニニニニニニ|≦____.|.:.:.:.i| :| ′.: ,
       |.:/ .|.: i|.:.:. /. \ |へニニニニニγ⌒ヽニニ|_   { ’.:.: .i|. |  }.:.:l
       |{ 八.:「ヽ/.| √ ̄ ̄\|ニニニ{ / ̄ ̄ ヽ   .| ’..:从′ |.:/
          \./ | /     ∧ニニ |イ      '.   ..′ V    /
.          _ノ  ノ___     ∧二.|.       '.  {   ’,
         ´   .Y }   八_.    |二.|__ --‐―‐ 〈  从   ’,




.


265◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:52:25 ID:ac0afca1


浜中…[浜中 2007]
①ロスの方法は帰納的すぎる(世界の国の個別的・特殊的な事例から一般的・普遍的な規則・法則を見出そうとしている!)
②3つの民主化阻害化効果の相互関係を説明できていない
③政治アクターを分析対象にしていない
④一般化最小二乗法を用いている事など、分析の手法として一般的でない手段を用いていること。

→ロスはあくまで自分の統合の良い解釈をしているに過ぎないのでは?
 演繹的に計測すべきでは?



             _____
.           _ /:.:.:.――:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\_
.       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.\ ___
       /:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.∨ニニニヽ
.      /:.:.:.:.:.:. |八 :.: |:.:.:.:.: | :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.:∨二二 |
     /:.:.:.:.:.:.|:.:|   :.:_|\ :. | :.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:. | ̄:.:. |二二 |
    /|:.:| :. |:.:|ノ \| ̄\| \ :.: |:.:.:.:.:.:. 「 辷:|二二 /    日本人のレンティア国家論を研究している浜中さんは
      |:.:|:.__|八   \ァ'⌒㍉\|:.:.:.:|:.:.:「) }二|二- / 
      | 八|:jア⌒     {// }   ノ:.:.:ノ:.:.|厂:. |ニニ |     分析の手法そのものに疑問を呈しています。
      |:.:.:.:|〈{ {/,} ...:.:..... V/ソ  /: / :.:.:.:|/ :.: ノ∨こノ
      |八:.:.: Vソ:.:.:.:.:‐--   /イ:.:.:.:.:.:.:.八:.:.:.:.:.:|       彼がロスのモデルに変わって、新たなモデル計算をしていますが
          \}              |:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.|       それは置いておきましょう。
        /人  v ―_┐  U|:.:.:/|:.:.:.:.:.:.:.:八
          |:.:.:.:.\ ー  ´    |:.:./ |:.:.:.:.:.:.:.:.: \
          |.:.:.:.:.:/|\    <  |:.;′ ∨'^~ ̄~^'く:.:ヽ
         ∨:.:/ .|:.:.:.〕T〔 :.Λ  人|  ̄/        :.:.|
          ∨. |:./´ ̄/(/∨            }ノ
           /    | | |    /           ;
              ′    \|C|   /          ,
.             |  |       ̄ ̄  |         ′
.             | /           |         {


.



266◆gKNcHiCsig2017/09/24(Sun) 23:57:56 ID:ac0afca1


スミス…1960年から1999年までの107ヵ国を対象にレンティア国家分析 [Smith 2004]


                ______
          ―――:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\__:.:.:.:.
      /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:.:.:.:.
.      /:.:.:.:.:.:.:.:Λ|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.
     | :.:.:.:.:.:.:. | |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.: ̄
     |:.:|:.:.:.:.:.:.:|  :.:.:.:.:l\:.:. \ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.∨:.:.:.:
     |:.:|:.:.:.:|:.: |   \:.|  \_:.:.ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./
     |:.:|:.:.:.:|⌒ヽ   ^\ ̄ \「 \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:
     |:.:|:.:.:.:| _        ___\: | :.:.:.:. |:.:.:
     |八:.:.:.|{⌒{㍉、     广¨{:し勹⌒j| :.:.:.:. |:.:.:    そして、彼にとって一番影響の大きい批判はスミスさんの研究でした。
     | \{\ V:.:}       V;ン  ノ:.:ノ:.人|:.:.:
           |:.:〉  ̄        '' ″ イ:.:.:.:.:.:.:.:.:    このスミスは、ロスと違った計算によって、「抑圧効果」は存在しないと突き止めました。
           |:.:.|  `           u  /|:.:. /.:.:.:.:.:
           |:.人       _    /:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:    さらに、レント依存国は、レントの国際市場での価格変化そのものと
           |:.:.:.[\  ~⌒^~     |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    政治体制の持続にはほとんど影響がないことも示しています。
           |:.:.:.|  |\  _  -≦  |:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:
           |:.: ノ 人:.:.:.:.:.:.:.: |    |:.:.:l\.:.:.:.:.:.:
           |/     \>⌒   /\|  \:.:.:.:
               /-/     /   _/ニニ:.:.:
              /ニ∨    /  _/ニニニ\:
             [ニニ/  /  _/ニニニニニニ
.            /[ニ∨__/ _/ニニ/ニニニニニニ
           /-[ニニ| /ニニニ√ニニニニニニ





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    3大民主化阻害効果のうち、1つがないと言われたんだな
|   u.   (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /    これは……どういうことだお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /


.



268普通のやる夫さん2017/09/25(Mon) 00:04:32 ID:20400d1a
競馬好きにとって90年代のシェイク・モハメド殿下によるドバイ躍進は衝撃的でした


269◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:05:57 ID:d63e5cb6



※このスミスの主張に関して、後で捕捉します。


      ,.. -‐<~ ̄ ̄ ̄~^'':..,
.    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\__
    /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Λ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨-\
    :.:.:.:.:.:. |:.:.:.|:.:. /  |:.|:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.|----}
   .:.:.:.:.:. : |:.:.:.|Λ|   |人:.:.:.| :. |:.:.:.:.|---/
   |:.:.:.:.:.:.:. Λ|\__   _><|\|:.:.:.:.|--/    これに関して、簡潔に言うと
   |:.|:.:.:.:.:.:芋芋芋    芋芋芋:.:.:.:.|ー,′
   |Λ:小:. | 乂ツ    乂ヅ |:.:.:.ノ}-j     レントをたくさん得ても、イラン・イスラーム革命を抑えられなかったイランの例が大きいはずです。
.    Λ|\|       '       |/|_厂
     /|:.:.:.:|      ―    |:.:.:.|〉      如何に警察・軍事力を大きくしても、2話前に話した話題の国民意識との乖離が起きれば
.    /: |:.:.:个:.... └‐‐‐┘ ....:个:.:.|Λ
   /:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.}≧=≦{_:.|:.:.:|:.:.:.|: Λ    結局反発は抑えられないと言うことです
.  /:.:___:.:.:.:ノ/´ノ    乂}`\:.:.___:.:Λ
  :.:./ニニニ{   \__  __/  }ニニニ∨:
  {:.:.{ニニニニ乂   \./   ノニニニ|:.:}





               -―─- 、
           /         \
         ′  -‐    ‐-   ,
          i  ( ●)  (● )  i    なるほど……それで結局ロスはこの批判を受けてどうなったんだお?
          |   ⌒(__人__)⌒  l
         、     `⌒´ u. . '
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/



.


270◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:13:21 ID:d63e5cb6



                ______
             /:.:.:.:._:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
.              /:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄ ̄\
           //:.:.:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..
          /  |:.:.∨:.:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |
        {    |--:|:.:.:.:.:.:. /:.:.:.:.:.:.: 人:.:.:Λ:.:.:.:.:.:|
        {    |:.:__|:.:.:.:.:.:/:.: /|/   |/ ̄|:.:.:.:. |
.            ̄{__|「ヽ|:.:.:.:|/:.∠__    __|:.:.:.:. |
              |l  |:.:.:.:|  ̄∩     ∩ ̄ノ:.:.人|
              |:\NV:|   ∪     ∪ イ/       その批判に真摯に答えて、もう一度計測しました[Ross 2009]。
            八:.:.:|:.:.:.:.ヽ            j:〈
.            /:.:.:.: 人 :.:.:.:|          イ:.:.|       その結果、抑圧効果と近代化抑制効果は再発見できず
           /:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:|)  ≧=≦ :.:.: |:.:.:| 
.          /:.:.:.: __/ {∨    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〉 「レンティア効果」のみが民主化阻害効果として存在する!と主張しました。
         /:.:.:./ : :: :{   \    /       p       /
┏━━━━━━━━━━┓\ /      ( ̄)      /
┃   資料を確認中。  ┃ . /                /
┗━━━━━━━━━━┛ /                /
         |: 八:.|.: : : :. :. :. :.__/                /
         |/  \ /: :/: {  二 ノ        {  ̄\





        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \      ん?ってことはロスの再計測の結果が今のレンティア国家論…?
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |



.


271◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:18:40 ID:d63e5cb6




.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧      はい、そうです。
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |        この[Ross 2009]が現在のレンティア国家論の基盤となっています。
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |       ……つまり、研究史はここまでとなります。
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |       ということでやる夫さんいつものまとめお願いします。
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |
  ::ⅱ   ‘, ,:′ ○ / ___,|_|_厂 __}   ∧_人__,    !i |
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒l__ __/⌒Z...ノ⌒Z⌒ヽ  / ∧        ’:i |


.



272◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:26:17 ID:d63e5cb6


今回のまとめ

①「中東例外論の克服」と「レントの民主化阻害のメカニズムを明らかにした」ロスのレンティア国家論が出現

②ロスのレンティア国家論は世界中に適用できる議論(※中東だけに適用される議論ではない)

③民主化阻害効果としては、レンティア効果、抑圧効果、近代化抑制効果の3点が存在

④[Brynen 1995]のレンティア国家論の効果の疑問、[Okruhlik 1999]のレント配分の不公平からくる国民の反発
[浜中 2007]の計測方法の批判、[Smith 2004]の抑圧効果は存在しないとの主張など、ロス以外にもレンティア国家論研究は盛ん

⑤最終的に、ロスはレントの民主化阻害効果を「レンティア効果」のみであるとした。




           *  _______
    / ̄|  +   /         ヽ   +
    | ::|    /⌒       ⌒   \
    | ::|x  / ( ●)    ( ●)   |  .人     こんな感じ、結局はレント配分による非民主的体制維持の効果は
  ,―    \   | ::::::⌒(__人__)⌒:::::     |  `Y´
 | ___)  ::| .!     l/ニニ|      /        レント収入によって、減税とサービスの充実をすることで
 | ___)  ::|+ヽ    `ー‐'      /     十   国民の忠誠を得る「レンティア効果」のみってことを覚えるべきだお!
 | ___)  ::|   .>          \
 ヽ__)_/   /                 \



.



274◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:34:12 ID:d63e5cb6




Michael L. Ross.2001. Does Oil Hinder Democracy ?, World Politics 53, 325-361.
Michael L. Ross.2009.“Oil and Democracy Revisited” UCLA: mimeo.



          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..       ということで次に参考文献を
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:     まず今回のメインの話題であるロスさんに関して
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.    2001年版を読んでから、2009年を読むと理解が進むかと
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨



.



275◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:41:37 ID:d63e5cb6


※ロス以外の参考文献

・Benjamin Smith.2004. ”Oil Wealth and Regime Survival in the Developing World, 1960-1999”, American Journal of Political Sciences, 48(2).232-246.
スミスの論文。ロス2001と合わせて読むべき。

・Morrison, Kevin. 2009. “Oil, Nontax Revenue, and Regime Stability.” International Organization 63:107-138.
民主国家でもレンティア効果は発生することを証明した著作。

・Okruhlik, G.1999. “Rentier Wealth, Unruly Law, andthe Rise of Opposition : The Political Economy of OilState,” Comparative Politics.
サウジアラビアにおける不公平なレント配分が、政治的な反発を生み出していることをフィールドワークからみた作品。
サウジアラビアの基礎的な知識が必要。

・Brynen, R., B. Korany, and P. Noble.1995. “Introduction :Theoretical Perspective on Arab Liberalization and
Democratization,” in R. Brynen, B. Korany, and P. Noble eds., Political Liberalization & Democratization in the
Arab World, Boulder : Lynne Rienner, 1(4).
アラブ諸国におけるレンティア効果の限界について論じている。
しかし、ここの議論はスミス論文で否定されているので、あまり読んでも仕方ないかもしれない。


・浜中新吾.2007.「中東諸国における非民主体制の持続要因 -レンティア国家論の計量分析-」 『国際政治』 148:43-58.
日本人におけるレンティア国家研究者の計量分析。
以前此処にも出しているが、統計が使えるぐらい数字が使える人でないと前半部分は意味不明。
そんな人は後半のエッセンスだけ読んでも理解できる。


                    -‐:.:.:.:.:.:.:.‐-:.:.:.:.:.:.:.:.:...,
                   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:\
                  / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.: \
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:} ____
                / :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.∨: /Λ二\
                  :.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.|:.|:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:∨:.:/}ニニニ)
                  |:.:.:.:.:.:.:.: |:.:.:.:.|:.| 八:.:.:.:.:.:.jI斗-‐ミ:.:.:.:.:.:|: //}ニニニ{
( \              |:|:.:.:.:_jI斗ー‐:|:.|   \:.:.´ :.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|: /Λニニニ|
. \ \       , ┐  |:||:.:.´|:.:.:|:. |:.:|八    \:;>≠‐ミ_|: |:.:|/:.:.:Λニニノ
   \ \   | |  |:||:.:.: |:_>≠‐ミ      ´ _)(:.:.:.} ノ:|: |:.:|):.:.:.:.:.:.\         そして、ロス論文以外のものです。
    {  ̄ ̄\/   |  |八:.:.:|7{  _)(:.:.:}       乂;;;;ツ  |:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.\\
    {   ̄\ 〉   |    \N{ 乂;;ソ         ,,,,  八:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\\      どれもネットで実は転がっていたりするので
    \ >ー┘  j    /:.:/|: Λ ,,,,    、        /:.:.:.:.:八:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \\
     \  } /  ,:.:.:.: /:.:|:.:.|人     、      /:.:.:.:.:/:.:. \:.:.:.:.:.:. \:.:.\\___  お金はあまり必要なかったりします。
      _ |   |   |:.:.:./:.ノ|:.:.|i⌒>   `   ィ /:.:.:.:.:/ }:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\:.:.:.:.:.:\
  ┌く~  |二二Λ   |:._/⌒|:.:八┼‐┼‐ ̄ ̄   | :.:.: / / 〉:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.\:.:.\   ̄\
  | \_|_/  |_/(    |/\\┼‐┼_ ___/|イ|/  /Λ \:.:.:.:.:.:\ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \    }
  {\_____ |\ \  '   \┼‐┼‐┼‐_    /   }:.:.:.:\:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  { 〈 C      |          / ー-=ニ土..土_..ニ-<._  }:.:.:.[⌒⌒⌒'v┐_:.:.} \:.:|
  |  `¨¨¨¨¨¨¨¨厂      /  /       \ :.:.:|    /  / ̄i{     /:i:i:i:i:i:i〉  }/
  |  |       /     __/   /       \:|   /  /i:i:i:i八     }:i:i:i:i:i:/  ノ
  |  |     Λ   __/ .{    \          \/   /i:i:i:i:i:i:i:i〉    厂:i:i:/
. 八           __/土土{     \         \  /i:i:i:i:/( /     /:i:i:i:i/
    \___/l土土-Λ          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ } /i:i:i:i:/  \ ___/:i:i:i:i/




.



276◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:47:27 ID:d63e5cb6





                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨      っと……長々話をしている間に、スープも飲み切りましたし
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │      そろそろ店を出ますか
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |        . : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : .
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |      . : : あ、やった…やっと家にry ....: : .
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │         : : :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. : :
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /



.



277◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:50:05 ID:d63e5cb6





   .  -‐:::::¨¨`´ ̄¨¨::‐-..、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:\
//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  マ.:.`:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:、
:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:./   マ:.:.:i、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:./‐-:,∠/:.:/     マ;.l__マ:.:l:.:.:.:.:.:.l
:':.:.:.:.:/:.:./ //`     '´V マ:.l.:.:.:.:.:|:.|
:!:.:.:./:.,ィz≠=t、      ,ィェz、Ⅵ:.:.:.:∧l     何言っているんですか?
.|:.:/:Kく _)圦i|ヘ    ィ_)圦!¨ヾ|:.:.:./ /
:|/:.:∧ ヽ弋ニノ     弋ソ / j:/       次は近くのハマムへ行きますよ?このまま帰ったら気持ち悪いじゃないですか
/!.:.:.:.:.        `     イハ
:.:!:.:.:.:.i                 l:.:.:.!
__!:.:.:.:.!、     r'⌒      /!:.:.:l                γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
f 、:.:.:!ノ\     ` ノ    /:.:!:.:.ハ、               | は?          .|
、  ヽ:!ヽ   ‐-   __, イ´ ̄ヽ!ノ:.i.:.               ゝ________,ノ
,(   ` `、   /   | 〉;';';i;';';';';ハ:.:l:.:.i
__、     、 ノ     } 〉;、';!;';';'/;'i:.:!:.:l
:/:(      ノ¨ヽ   ノ丶;';';l';';/;';';!/|:.j

                                                次回へ続く




.



278◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:51:58 ID:d63e5cb6


※補足 スミスのレンティア国家論感



       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \   ということで、補足回だお
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /   スミスのレンティア国家研究は2004の方だけじゃなくて、2007の方もあるので
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i  そっちの方が彼の神髄が書いてあるお
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


Benjamin Smith..2007.Hard Times in the Lands of Plenty: Oil Politics in Iran and Indonesia London: Cornell University Press.




.



279◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:53:35 ID:d63e5cb6


      / ̄ ̄ ̄\
    ../ _, 、_.  \   まず、この、[Smith 2007]で60~70年代のイランとインドネシアを比較して
   / (● ) (● )  \
   |    (__人__)     |  なぜインドネシアの権威主義体制が長続きして、イランは短かったのかを調べているお
   \   ` ⌒´     /
   〆~\       /ヽ   当然どっちもレントを有するレンティア国家
 /:::;;;、:::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
<:::::::::::<|:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
. \::::::::\:::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::{



.



280◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 00:57:58 ID:d63e5cb6



インドネシア…レント獲得以前の体制支持組織を維持していた
イラン…石油獲得後、維持せずに解散

※体制支持組織(大衆に根差した政党、商人たちとの会議所、労働者組合と政府との話し合いなど)


              __
             イ´   `ヽ
           / /  ̄ ̄ ̄ \
          /_/     ∞    \_     簡単に言うと、イランの非民主的体制がレントの存在に関わらず
         [__________]     早く滅んだのは体制支持組織を維持していたかどうかなんだお。
         |     (__人__)   |
         \_    ` ⌒´ _/     イランはレント収入配分で、国民の忠誠を得られると慢心して
         /⌒ヽ  | \><ヘl ヽ \   国民との対話や不満吸収を維持する装置や機関を維持しなかったんだお
         {:::   l  \ ヽ };;{ |   | i  }
        {:::::.. 〈;;,,  ヽ V;;;}ノ  l彡 ヽ
   _,,.-‐''" |::::::::  ヽ--、 \ >--'⌒ヽ::.  }
   || |_,,.ィ'|::::.....   }_,,.-‐''"~ヽ_,,.-し'::  )
   || | || !::   /      .::ノ::::::::::.  ノ
   || | || _ヽ,, .;:::   _,,.-‐''"ー''--'' ̄



.



281◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 01:00:16 ID:d63e5cb6



           ____
         /       \
        /   ─     ―
      /    ( ●)  (●)',     。   もちろん、それだけだと分かりにくいから
      |         (__人__) │  /
      \_      ` ⌒´ /  /     イランを少し詳しく見てみるお
         /   ̄ヽ 介/; ̄ lヽ、 ,rE)
.       │  | ゝヾ, / 7  |  ソ◇'      まず、前提として60年代のイランは豊富な石油収入を背景に、
.       |  |  \ ゚|/  |\/____E[]ヨ___________
      _|__|___゚|___|_        白色革命と呼ばれる近代化政策を行っていたお。
       |\   ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
       |\\    ⌒  ⌒ 甘  \
       |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


※近代化=ここでは近代的な工業化と 第一次産業から二次産業への構造転換ぐらいの意味でとりあえず



.



282◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 01:02:45 ID:d63e5cb6


・石油輸出拡大すると、輸入が多くなる。
 →よって、海外製品に国内製品が負け、製造業者が衰退し、反発。
  →製造業と結び就いた都市部の小売商人も反発!

 →一方、農地改革によって農地分配が発生し、体制支持派地主の没落
  しかし、近代化政策自体が農村荒廃を引き起こし、一般農民の反発を受ける。
  →農地改革によって、地方から都市部への流入によって生まれた下層貧困労働者が発生。



              o
                \                   ____
                 \               ⌒   ⌒  \
                  \          (● ) (● )   \   まあ、しかし、石油輸出を拡大すると、その代金を
                   \   _    :::⌒(__人__)⌒:::::.   ヽ  輸入品購入に充てようとする
                        `と「 `⌒ヽ|              |
                       |       \             /  これに近代化政策を加えると、国民への負担がかなり大きくなる
                        ̄ ̄\//〈 i       / ̄\
                              V/ /        |    ヽ
                           /:| /      │ ∧   ∨
                             / |           | / ∧  \
                             ,′ ∨          |'  ∧    〉
                         │  |          |    \∠フ
.二二二二二二二二二二二二二二二二二│  |          |    │二二二二



.


283◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 01:07:10 ID:d63e5cb6



           ,.  ¨  ̄ ¨'  、      んで、こういう状況の時に、[Okruhlik 1999]のような不公平なレント配分をイランはやってしまった。
           /   ` ヽ_.ノ    ヽ
        /  ノ  (< )    }    一部のブルジョワジーに優遇配分をした。もちろんブルジョワジーは政府を支持するけど
       ,' ( ●)  )⌒::::   ,'            /ヽ
       { :::: .y  ,トイ     ,r''´¨>‐- ._     ',¨V  /ヽ  そうじゃない人は……不満を持つ。
       l   `¨´| j     {//////////ヽ─--{ ト  / )
..(ヽr,r y-ノ゙j ゝ    `¨ー' _,,..ィヽ//////////´////ゝ  } ヽ/)
 V ' ' .´ 〈- 、`>‐-┐=-ハ ///ゞ/////////////{ { ヽ _/
  ヽ、_   ` }///∧∧:::〈 У///////-=、/////∧>´
    「ニニニ7////∧ 「:::l /////////////ハ ̄ ̄
    ノ/////ム//{//∧l::::l///////////////人
   {/////////ハ//∧:;'//////////////////ヽ、
    ヽ、///>´  {//∧////////////////////ハ
       ̄     ∨////////////////////////∧





         ____
       /      \
     / ─    ─ \    そして、このときに曲がりなりにも大衆支持組織があるなら、国民の不満を吸収できる方法もある。
   /   (●)  (●)  \
  .|      (__人__)     |   けど、イランはレントの配分さえすれば、国民は文句を言わないだろとして
   \     `⌒´    /
   ./\        /ヽ    そういう組織を維持しなかった。
  /:::::::::::i::ヽ`介´/::::i::::::::::ヽ
  {::::r:::::::l::::ヽ| | i::::::7;;;;;;:l::::}
  }::::|::::::::::\;;;i,,/:/:::::::::i:::::{



.


284◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 01:09:00 ID:d63e5cb6



           ____
         /      \
       /   ⌒   ⌒\
      /   ( ●) ( ●)ヽ  そして、そういう支持組織がある他のグループ(共産党、イスラーム法学者、商人)などが
     .l  .u   ⌒(__人__)⌒ |
      \__   ` ⌒´   /  政府に代わって、大衆の支持を獲得した……これがイラン革命の原因だとしたわけなんだお。
      /::::::::ゞ、\ハ 介 / / ヽ
    /:::::::::,':::::::::::ゝー―n〆つ━━r、
    |:::::::::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;__|_|、_ミフ:::::(彡}
    |:::::::::::::::::::::::::::::ヽ/:/



.



285◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 01:12:12 ID:d63e5cb6


つまり
→イラン革命の原因は、石油収入による産業構造転換の国民の不満に対応できなかったことが理由。
つまりレントによる体制維持は、レントそのものだけでなく、レント以外の体制維持手段の時期とレント獲得の時期も重要!


       ____
    /     \
   /  ─    ─\
 /    (●) (●) \    で、ここまで話したけど、スミスの主張の論点はレントだけでは体制維持は難しく
 |       (__人__)    |
 \     ` ⌒´   /     レント以外の手段が重要と主張し、さらにレント獲得の時期も重要とした点にある。
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i    >>172のShambayatiの議論とも近い所を感じるね。といったとことで補足終了だお。
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||


.



286◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 01:14:32 ID:d63e5cb6
ということで、第四話終了になります。
ようやく研究史が終わって、1話の定義まで戻ってこれたと思います。

次からは、2009年のロス以降のレンティア国家論に関するトピックを5つほど
それと事例としての旧ソ連圏で1回
計6話で10話ぐらいで終了する予定です。まだ半分にもいっていないですがよろしくお願いします。
いつもどおり質問もいつでも待っています。

次回は1週間程度を目安に


287普通のやる夫さん2017/09/25(Mon) 01:31:04 ID:61b99594
長時間投下乙でした

前回は疑問とかあまり抱か無かったけど
今回は結構ありそう(まだ頭の中であまりまとまってないけど)

あと、今回もイスラム文化紹介?と、
投下末のおまけのイランについての解説が面白かったです


288普通のやる夫さん2017/09/25(Mon) 01:34:24 ID:61b99594
それで、とりあえず1つ質問させて頂きたいのですが、

>266で「レントの国際市場での価格変化そのものと政治体制の持続にはほとんど影響がない」
とのことでしたが、
>>264の不公平による反発も合わせて考えると、

例えばサウジでは今現在、石油価格の下落によって、国民が受けるレントの恩恵が少なくなっているようですが
恩恵減によって、これまでの政策で不公平を感じていた層からもしかしたら革命が起きる事はありえるけれど
恩恵が減ったとしても、これまでの政策で不公平を感じていなかった(優理な)層からの革命はまずありえない

という感じの理解で宜しいでしょうか?


289普通のやる夫さん2017/09/25(Mon) 01:39:52 ID:a55b7690



290普通のやる夫さん2017/09/25(Mon) 01:45:15 ID:f8be030e

インドネシアの体制支持組織を維持ってのはどんな感じなんやろ
イランみたいに近代化しようとすると既得権益層は潰れそうな気がするけど


291◆gKNcHiCsig2017/09/25(Mon) 02:44:03 ID:d63e5cb6

>>268
ベガはベガでもホクトベガが死んだのもドバイですね。懐かしいです。


>>288
不公正な配分を受けている層からの革命は、おっしゃる通りあり得ると思います。
これまでの優遇層に関しては、この層からの革命はまずありえないというわけではありません。
事実、イラン・イスラーム革命の時には、レント配分を厚く受けている軍人や一部ブルジョワジーでさえ革命を支持していたわけなので。

最後のスミス論文が指摘する通り、レンティア国家がそれを維持するには、普通大衆支持組織が必要になります。
しかし、サウジアラビアにそれがあるかと言われると甚だ疑問です。
無論宗教的な権威など他にそれを維持する要素があるのですが……

ただ、サウジアラビアに関してはレント収入が多少なりとも低下しても、国民(特に優遇層からの)の支持を得る方法があります。
それが>>1の「10.レンティア国家における労働市場と脱レンティア化 松尾の湾岸諸国研究を事例に」になります。
詳しいことはそこでお話しできればと思います。


>>290
おそらく、スハルト政権時代の与党の”ゴルカル”のことでしょう。
というのも、ゴルカルは元々、職業別集団(公務員組合や職業組合、青年団体、労組などの多様な官製の団体 から編成)を組織化したものですが、
スハルト時代には村レベルまで組織を浸透させ、地方政府とも同一化していました。

つまり、簡単に言うと、中国やソ連における共産党と同じ役割にあったわけです。
もちろん、制限は大幅にあるものの、曲がりなりにも地方レベルから意見を吸い上げて、国政中央まで持って行くことが出来たわけです。
むろん、近代化による反発はありますが、スハルト政権時代は一定の国内産業保護政策に努めており、その点でも配慮があると言えます。

一方、イランは確かに新イラン党、復活党などの帝政支持派の官製政党がありました。
しかし、彼らは大衆の支持に根差した政党でもなく、共産党やゴルカルのように地方組織と一体化した組織でもありません。
イランの与党は基本名望家政党に近い存在で、ただの皇帝の追認機関でしかなかったわけです。



.


292普通のやる夫さん2017/09/25(Mon) 07:39:02 ID:6c1509de

カンペ見はじめたありすかわいい


293普通のやる夫さん2017/09/25(Mon) 08:38:34 ID:a23ed0eb
乙です。


294普通のやる夫さん2017/09/25(Mon) 08:42:02 ID:8f33a6a2
乙でした
今朝のNHKでもイラクでクルド人の独立選挙があると報道してました

でも彼らの居住地域に油田があるのはこのスレ読んで知った
これを知ってるかどうかで選挙の見方がずいぶん違ってくるなあ


295普通のやる夫さん2017/09/26(Tue) 23:47:56 ID:3a99ed47
ちらっと出てきたけど、ロシアがレンティア国家なのが驚いた
ググったらそれっぽい記事出てきたし


296普通のやる夫さん2017/09/27(Wed) 00:15:22 ID:d2d79934
天然ガスとかよく聞くが四割超えてるんか
意外な


297普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 09:22:12 ID:88f79acc
国営の大規模農場で → 直接性
国民は雇わず、外国から連れてきた農奴をムチ打って強制労働に従事させ(ムチ打つ管理者も上級農奴とする) → 外生性、非稼得性
肥料も種苗も全て海外産を頼り、農奴の衣食住も全て外国製で賄い → 外生性
その作物を海外に輸出して政府が外貨稼ぎをする → 直接性
その収入を国民にばら撒く → 非稼得性

実際に機能するか怪しい机上の空論だけど、外来の奴隷に100%依存する経済はレントと言える?


298普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 10:26:35 ID:88f79acc
外国の軍隊に駐留基地を提供する見返りに中央政府から多額の補助金を貰って地元を潤してる地方自治体って
レンティア自治体って呼んでいいのかな


299普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 10:33:41 ID:3a4200a8
基地はけっこう雇用創出あるらしいし違うんじゃないか
奴隷農場はなんかファンタジーの吸血鬼国家のようだな


300普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 10:50:09 ID:d55163c5
補助金に国税が使われていなければ外生性に該当するんじゃないか
あり得ないと思うが


301普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 10:51:30 ID:4f3530e5
>>298
その補助金で公共事業やったり、産業活性化事業に突っ込んだりして、その地域の雇用と需要の拡大に使われるし、
税金そのものは普通にとられるので、色々と違うだろう。


302普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 10:57:36 ID:d55163c5
奴隷農場はGDPの40%を占めるほど外貨獲得できるかが疑問かな


303普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 11:25:43 ID:88f79acc
スレを読んでいたら、帝国属州からの税収で潤い、「ローマ市民」にパンとサーカスを提供することで体制を維持してた「ローマ本国」が思い浮かんで
レンティア「国家論」とは言うものの、上は国家から下は個人に至るまで様々な経済活動単位に当てはめて考えることのできる……

ミクロで言えば、親のスネを齧ってるニートや莫大な遺産相続者の行動分析にも応用したり、逆にそっちから法則を見出したりできるような
本当にごく当たり前の行動原理にすぎないじゃないかなって感じたんだよね

欧米の研究者がイスラム地域を特別視したところ(飾らずに言えば、キリスト教徒によるイスラムへの偏見)から始まって、
そこから脱却する方向で普遍的な理論を立てていったがために「新しい考え方スゲー」みたいになってるだけで
実態は、すごーく当たり前なことに辿り着くのにすげー回り道してる印象が……


304普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 16:14:37 ID:d71018fb
>>303
回答を見せてもらってから、「それって当たり前じゃ?」って思えるのは、その説明の説得力の高さを示している。

政治の在り方が経済に影響を与えるのは普通であるが、
経済の在り方が政治に影響を与える、というのを理論的に説明するというのは
結構画期的と思われ。


305普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 16:21:55 ID:b1204be3
親のスネ齧ってるニートをモデルに使ってレンティア国家の説明ってできる? できないよな
レンティア国家の一部の一例の説明にしか使えないから「酷く限定的で役に立たない」で終わるよな
素人考えってそういうことだよ


306普通のやる夫さん2017/10/01(Sun) 23:52:45 ID:ce360392
自分もレンティア国家論の概要見た時「そらそうやろ」感はあったな

イスラム地域以外のレンティア国家から同じ視点で調べられていたら
レンティア国家論はもっと早く出てきたんじゃねと思う

じゃあ何でイスラム地域の調査から端を発したのかと考えると
イスラム地域が特殊に見えて調査欲を駆り立てたんかな、という推測の他に
イスラム地域を民主化させたい勢力からイスラム調べてる学者に金出してたんだろうなあ
という裏も感じたな(陰謀論

素人の自分はこんな風に読んで感じたな
政治とか詳しくないけど面白く読んでるよ



307◆gKNcHiCsig2017/10/02(Mon) 03:44:22 ID:5765b4ea


>>297
もし、それが実現できるならば”レント”と呼べる可能性はあります。
ただ、問題はその非効率な形態でGDP40%程度獲得できるのかということです。
そして、それが実現してしまうような国家は既に国家ではないでしょう。


>>298
他の方が指摘されていますが、基地補助金はレントに当たるかというと疑問に思うところです。
というのも、割合はともかくとしてやはり基地はその地域の経済(土地の賃貸料、軍人相手の商売)などに関わっていますし

地方自治体の経済に全く関わっていない基地というのがあまり想像できません。
レントと呼ぶのは難しいかと思います。


>>303 >>306
おっしゃる通り、レンティア国家論はある意味当たり前の学説です。
しかし、学者がしばらく気づかなかったということは、コロンブスの卵的なものでもあるということです。

では、なぜこの当たり前の学説が見えなかったのか。

これは、1980年代末までの政治学は、
「なぜ民主化をしないのか(民主化すべきなのに)、どうすれば民主化できるか」の研究が主流だったからです。
しかし、これでは有意義な研究はできないし、国家戦略上も役に立たないとして、
90年代以降「なぜ非民主的体制が続くのか(その要因は?)」に研究の方向性が転換したのです。

レンティア国家論の主題は、まさしく非民主的体制の維持の要因を探るものですが、
80年代の研究潮流で言うならば、そうしたことに興味がなかったわけです。
パラダイム転換が起きた90年代前後が、まさしく古典的レンティア国家論の時代と重なるわけです。

この”当たり前”を単なる直感でなく、計量的データや1国家の詳細な分析などを通じて
証明したのが、「レンティア国家論」の偉大なところであると思います。


.



308普通のやる夫さん2017/10/02(Mon) 18:27:35 ID:efe08c7d
主観でそれらしいこと言うだけなら便所の落書きと変わらんもんな


309普通のやる夫さん2017/10/03(Tue) 00:17:21 ID:f4bed68a
レスありがとうございます
>「なぜ民主化をしないのか(民主化すべきなのに)、どうすれば民主化できるか」の研究が主流だった
こっち側の研究はうまくいかなかったんですね。だから方向転換をしたと。
あと国家戦略も絡んでるんですね、ちょっとびっくり

>この”当たり前”を単なる直感でなく、計量的データや1国家の詳細な分析などを通じて証明
これ心理学のスレかなんかでもあったような。
みんな何となく思ってる事でもキチンと証明して積み上げることが大事なんだな。
当たり前なことを証明する意味ないやんとか、簡単に証明できるやんとか思ってしまいがちだけど違うんだな

しかし方針転換してみれば、イスラムへの特別視という逆風があっても割と早く研究成果が得られたように見える
視点を変えてみたりすることの大事さを感じますね



3103032017/10/03(Tue) 09:26:11 ID:8054b427
>計量的データや1国家の詳細な分析などを通じて証明
確かに、これをやらないと学説としては成立しませんね

>1980年代末までの政治学は~
冷戦期の西側陣営で「民主制+資本主義」を絶対視しすぎる姿勢が強かったことも影響してるのかな
西アジア一帯に首を突っ込んで現地をグチャグチャにしてる欧米勢のスタンスを見ると今でもそんな感じだけど

これからの投下も楽しみにしてます


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/8607-217364d7

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /