FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫で学ぶレンティア国家 その3

ブログトップ > やる夫で学ぶレンティア国家 > やる夫で学ぶレンティア国家 その3




177◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:17:47 ID:f8c6a17a




―チャイハーネ―


圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖圖|§|圖圖圖圖
====================================================|§|========
                                         ̄
 ̄/|
//j |
/| :|
: | | |            r───‐┐    r───‐┐           _
| | |ノ            |        |    |        |              |\\
|:jノ           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     |\\ヽ
ノ        /                              \     |  \||
        /                            \_」    ||
          /                                \ \  ||
         l ̄厂 ̄「 ̄ | ̄ ̄ ̄ ̄| ̄厂  ̄| ̄ ̄ ̄ ̄|  ̄ ̄ 「「 ̄ ̄|  \||
        / ..:| : / .:ノ|        |∨ i |: |        ト、ヽ  :i |  i  |二二||
        ノ .::/ ..:|: | .:/:/|        ト } .::ノ ./|        |:.:}ノ  /.j .:|  ||| ||




                      _
                       /三三ニヽ
                   ./ニ三三三ニ`、
                  {ニ三三三三ニノ
                      ',ニ三三三ミ/               それでは、サモワールチャイセット ガリヤーン付き
                       ',ニ三三三.ノ      f.i
                    _.,/ニ三三ミ/       l k^n,、     水タバコスイカ味
          _ ,,.-‐ ''三三三三ニ`- .,,._     lニニ〈
          /三三三三三三三三三三三ミ`、.   \ニミ{     キタープ アゼル風味2人前 以上でよろしいですね?
         ,fニニ三三三三三三三三三三三三ニ\  ',三三~l
     ./三三三三三三三三三三三三三三三三\_|ニ三ミ|
.     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三.',    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  ,r'ニ三三ニ,.r''、ニ三三三三三三三三三三三三三三三三ニl    | ええ、それで構いません。  . |
. ,r'三三三.,.r.'.  .`、ミ三三三三三三三三三三ミl ~''.‐ ,,三三三.|    ゝ_____________,ノ
〈ニ三三ミヽ.     .',三三三三三三三三三三ミl.      ~''.‐.,,_ノ
. `、三三三',     .',ニ三三三三三三三三三ミ|.
  ヽニ三ニ`、     .i三三三三三三三三三三ミi
    ヽニ三ミ\   l三三三三三三三三三三ミi



.



178◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:21:15 ID:f8c6a17a


        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \    あの教授 飲みに行くってお茶ですか?
   |  u.   (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    ……お酒じゃなくて
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'     当たり前じゃないですか
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「
         /::乂ム:::}       '     ム}       私、ムスリマですよ 酒なんか飲めるわけないじゃないですか
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ     γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}     | え、あ…そうなんですか ....|
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ     ゝ____________,ノ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |




.



179◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:23:38 ID:f8c6a17a


※チャイハーネ ペルシャ語で喫茶店ぐらいの意味合いだろう
 ただし、コーヒーがメインではなく紅茶と水タバコがメイン。
 トルコ語ならチャイエビ



                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨     まあ、厳密に言うとですね
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │     チャイハーネは男性の使う集会所的な意味合いもあるので
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |    女性が使うのが好ましくないんですが……まあ日本だからいいでしょ
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |         | お待たせしました。     |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │           ゝ___________,ノ
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /




.


180◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:26:16 ID:f8c6a17a



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| サモワールチャイセット  .|
ゝ____________,ノ

γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| ガリヤーン(固い角砂糖)付きと……  ....|
ゝ__________________,ノ

                                         _
                                 ,.  -―――/ ヘ―――- .,,_
                          ,.  -      .l` ー-------------一 ´l   __
                         ゝ 、   `ヽ  !                    i/´  -- 、\
                              ヽ   ` '!                      /    .i ',
                            i                         ∨      ./ /
                            i      :                 ハ   ./ /
                                 i   ./                 ハ_ / ./
                                i /                      ヘ  /
                --------      /                       ∨
         ..:  ´             `   :..                          i
       〃       .................................        ヘ                         i
        ::.   .....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...  ノイ                       i
         ∨≧ ., ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,. ≦./:                         /
     _   : ` ー- 二ニニニニニ二 -一 ´. . /                    /
   / r---、`ヽ      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       / `ヽ .,_            _,.  <
    i  i' ´  ヽ )                       /     \    ー---一
   入 :.     `.                   /         ヘ
  i.  \ `  ー---、                  , '           :
  ハ   `  ー---、ヽ             , '          /
   \     ハ  `ヘ.,_          _,./  /       ./
  . . \     \      ̄ ̄ ̄    /       /




.


181◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:30:09 ID:f8c6a17a



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| キタープ(クレープのようなもの)2人前… ....|
ゝ___________________,ノ

                  ‘'"~゙゙゙'“''¬--、、
              ,,、ー''"''''''''"''''ー-...   .`''v、
          _,, ‐   _,.. . ーヽー-..,、`゙‐..、   ゙┐
        . ,/ .,.丶゙゙_,,.. ---、....,,、  .`'..:、 `'x、  ゙>
       ,./ ,、.'". ,/゛   ._._.._ _ ゛ヘ,  : ゙'ll、.゙.l ._.,j_,_,,,.,
     ,x"../  ,r'"  ,,....'"゛ .,,,,..、 “-  .''i_...┼'''゙l二xlyv. ....,,.,゙'''!'=.,,_、
    .,.'”../  .┘  、'´      : ゙ヽ ,〃´‐_i,,ノ√ .}  l.    ´´'~i_, ゙゙'!t_,
   ," ./  /  .,l'  .-“''=、    味.,e・'l″ 」 _ii!vr・'l~`.´゛ `´'''ヵ、_,`''';;、 "‐、
   / .,"  ...!  l゙  /   ゙'  ,r'チ.,/゛ ./゛ ilii!“〃 __lm―‐=-、_,  . ゙゙'li_.゙゙k、 .゙゙L ._.
  : ト .!   !  .″ .l    ゙ヘiタ‐ ,ャ" _ノ゛ ,_/″.,ホ''`゙.,,,゙,,v+-.v、  `゙!ii、  .゙% .`li, .《 .'li、
  l: :l゙   :|  .‐  : ゙..   .il',. r゙l",./  .ill″ .〃  .,/″   .,il′   ゙゙L  ]. .'li  リ  'l、
  .l' ゙!   ゙i、 ゞ.、  `‐ ー'l″.ilン"  /   ,ノl| ,,./    .,,r'″   'l| ヶ : l./ : ゙l、 .l. 'l、
  ″ .;、   : 'i   : ゙''''''~‐.'l“~`L .,/'l、./  'lァ..'l,   〃     ,if".,/ .l「  .ll′,l′ 'l、
  ゙ヘ ヽ    ゙'ヘ、      ll、._...ll″ .,,.゙l、 .,,r'゙.l、 ゙'ヶ_ '゙lm....v.xr“゙ / ,i″ ...i゙' ;゙′ ..il
   ゙ヽ '.x、    .`'‐―‐ ー'.゙ll.  ,゙lii/゛ : ゙lii″  ゙゙!e_,、`゙''ー=---―'” ...iil″ ,i「 〃  ,ll’
    ゙、  .`'ー        : , .リll./ .`゙,sii´ . ゙゙lri、,   .゙~゙''''←- r.v.+l・゙´  _ii!゙゛.,ll″ ;ll゙
     `'.x、  “冖 '' ¬ー '″ ._..不ll,゙  `ヘi、,  ”''≒rv.i_,.__,,,_iiix.rr!l!” _,,+′ iil″
       .`゙゙'冖-....i..、.i,,.,,..-'"    ゙゙!l,,_  : ゙~''=vu,,__          _,,.,,iix!'゙”  .,..ll'“
                         ''=..._   `´`゛`゙“~~´゛   ,,y/″
                               ゙゙“''"ヽ. vii,,i、,,,,,,,ivr-''"″



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| 水タバコ スイカ味セット  ....|
ゝ_____________,ノ


           ゝ 二 ノ
            > <
        ___(__)____
        `ヽ,______r´
            .> <
               >:::<
            .{::::::}
           ノ::::::ヽ
           <-=ニ=->
           |    |
           `ヽ /´ /⌒ヽ
              (:::::) //⌒,.::
            に二)/  :::'
               |::::::::|   .:::
               |===|   .{::{
               |::::::::|   ::::.
            .{::::::::}   \\
            >::::<     .\`::...
             ./:: : : ::ヽ      `、:.:::..、
           .f::::{:::::}:::::}      ヽ::::}
           .{::::::::::::::::::j      ノ_::'
           .ヽ;;;;;;;;;;;;;/      {:::く
                       -::::::二二.:::二ミニニニ=ニ=ニ-



.


182◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:36:44 ID:f8c6a17a


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     教授慣れているんですね
            |  u.   (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





         /:: :::: ::: ::: ::: ::: ::: :::`ー、
        /::: :: ::: ::: ::: ::: ::: :::: ::: ::: :::ヽ
.       /:: ::: :: ::,イ:::Λ::::iヽ::: ::i::: :::ヽ::: ゙i
      _./:i:::: イ:::/ .|:/  t::i `、:::|::: :::: i::ヾ|、_
.      く./::i::::/L/‐‐!'   ヽi ̄ヽ:|、::: ::: |::ヽ|ヽ`ヽ
.       {::::i:::| |/_       _ _ ゙、:: i::|彡| ヽ _〉
.      ノi:::i:::k'丁 てj`   彳 てjヾr:ノiノ彡|、_ r´    ……日本でチャイハーネはあんまりないので贔屓にしているんですよ
      ^.k::ヾiヽ乂_ノ      乂_メノト'|^}:::ノ、 ゝ
      .ヽr、|.     ,       |:::レ':/:| `´     さて、お茶も届きましたし、部屋での続きをしましょうか
        j :|人      __    _,イ:::i^'::::| 
..      | ::|::::|::゙ー-、___   __,,イ´:::|:::|:::i::::|       確か…次は――――――――――
      |:: :|:::::|:::::__ノi | ̄  iyヾ、_.|:::|:::t::::|
       |:::::|::::|r'´  t、_ _,/.    ,|::h、:i:::::|
.      |::::λ:| !!   k  /     /j:/.| `i ::::|
      |:::/ ヽ! tt.  r,=V= 、.  //  |   i::: |
.     |:::|.  | ヾ、/イ .|☆| ヾ、/  |   |:::i:|
     |::::|  |.  `´  |  |      |    |::|ノ



.



183◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:40:46 ID:f8c6a17a




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             やる夫で学ぶレンティア国家論

  第三話 レンティア国家研究史② 古典的レンティア国家論の登場

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


               /:::::::::::::/i::::::::::::::::::ヽ        .□■□
               /::/::::::::::/ .|:::;:::::::::::::::::::ヽ       .■□■
                  /:/::::─--/  !::|ヽ--─:i::::::::!、    i.i■□
             |::|::::::::::/|/   ヽ! ヽ:::::::::|:::::::::|    .| | | ■   多分研究史はあと1話ぐらいだと思います
             |:ヽ::::::/=二_   _二=ェ_::|::::::::!      !.!.!.!.!
             |::::ヽ|!´「  .!    .!  / i:|::::::イ     iiiiii
             `i(.`i:ヽ."-'  _  "-' ∥´)::|     (⌒ヽ
             /::ヽ|::::i           /::|_ノ::::\   /つ )
              /::::::::|::::|ヽ、__ ⌒ __ /:::|:::::::::::::::::\ ./ |(__ノ
         >彡:::::::::::::|::::|;;;;;;;;;!  ̄ .!::::::::::|:::::::::::::::::::::::> | |
          ///:::::::::::::i´|::::|><   ><{`‐、::::::::::::/  !-!
         ∥´./:::::::::::::::/ .ヽ:|><><><{   i::::/メ、 /_
        ||  |::::::::::::/  _||.--─  ̄ ─-- _.  ∨  ヽ-‐7
       `  !、:::::::/  (  □■□■□■ ) /     /
          \/    `ヾ■□■□■□フ /     /
              |      ヽ        ノ /     /





.



184◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:44:41 ID:f8c6a17a




                       ,.   二二二丶、
                        / /           \
                      / /       }     \
                   /ー/          / \       ,
                  /|ー;       / /    )ハ    ′
                ノ(_/|ー!    /⌒メ     '⌒ ,   l|
               {   |;|l /〃テhミ、   ィhミ、}   从
               {\ | {乂| 从t::り      tり 从/     ということで、前回は「中東例外論」とレント概念について説明したわけですが
                   \__八\|  \.:.:.:.    , .:.:.:./|ノ
                    //  八   :.  、_,    ノ |       内容は覚えていますか?
                  //,;     \ }ト   _,,. イl| |
               // ,;     \)八   {ーrヘ丿人
             // .′  /⌒ Yニ\__ノニ人(  :,          ノ)_
               〃  ;   ; ⌒丶 } |(⌒(_艾_) )}( 八      /ノニヽ}
              |l  |  i {    ノ人\_〈八〉/ノ Y ^,     / (r、ヽ}ノ
                  、 |  | :,     { `ー―‐ ´  |  L    ;    /
                  \|  |  ′    ,           ノへ、 } / / ̄
               乂八  } \ ′   /|  / 二Y/  /
                  )ハ|    \:,  / ノ_,ノ(   -、}    /
                     |   /⌒ニ=‐ ⌒Y )ノ(ノ   /
                         \__           |  ) \_/
                          )ー一……ー=ミ _八






               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   あーえーっと中東はなんか特別な地域だから、一般の理論じゃなくて
            |      (__人__)   u. |
          \     `⌒´    ,/   固有の理論で説明しないといかんとか
          /     ー‐    \   それでイランの分析から、石油収入に依存しているとか……



.



185◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:49:23 ID:f8c6a17a



               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'   そうです。基本的に1980年代末ぐらいまでは
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「
         /::乂ム:::}       '     ム}    中東は例外的な地域だと言う風潮だったわけです。
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧   ……そんな中で出てきたのが、前回説明したマーダヴィー・スコッチポルなわけです。
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |





          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |
      ヘ     ̄`、__)  |    でも、マーダヴィー・スコッチポルの研究もこれはイランだけのものだと考えていた
        ヽ         u. |
      , へ、      _/     その点で「中東例外論」の範疇だったわけだお
.      |          ^ヽ
.      |      1   |



.


186◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 16:55:18 ID:f8c6a17a





              _ -―………―-
              ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:`:..
        , ―― 7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:...
.       ∧`¨¨¨ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,
         ∧xx..′'..:.. /.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.:. ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
         ∧x/.:.:.:..:'/./.:.:.:. .:.:.:/.:.:′ |.ハ.:.:.:.:.:.:..l
.       〈xxxj八__/.:.:.:.:.:.:.:.:.:///   リ {.:.:.:.:.:.:.i|
        `¨.′:{ |.:.:.:.{ ィ斧ミ          |.:.:.:.:.:.:j{      そうです。それが前回までの流れだったわけです。
         /.:.:.八.|.:.:.:.| Vソ     ィ斧ミi}.:./.:.:/
         .:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:,        Vソ |./j..::′      で、今回説明するのがそのあと出てきた
.        ,.:.:.:.:.:.:.:.:.ム.:. ∧     '      ム.:/: |       ルチアーニ・ベブラーウィー になります。
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈 \.>  `  ´  イ.:..i|.:.:... 
.      /.:.:.:.:.:.:.:.:.,-.{ \ \{   ̄ ̄ ̄   ).:i|.:.:.:.:.      彼らが編集した著作に「The Rentier State(レンティア国家)」とあったので
      //.:.:.:.:.:.:. /  ゝ _ー―=ニ≦   _ イ:.八.:..:.:..      今後この議論はレンティア国家論と呼ばれるようになるわけです。
      .′|.:.:.:. /     、{`ー―――≦.  '  |.:.:.:.:.:..
.        |: /.  '.    |     ⊆ニニ⊇ ' |.:.:.:.:.:.|
      /     '     '.        '.   l.|.:.:./|.:{
     /     /:.'.     ,        '.   リ / 八
    ′.   /.:.:.:.: '.    l     ⊆ニ⊇  i|{
    l    / `¨¨¨¨¨'     |.        |   「` ____
    |   {       '.   }        |   |      7
    |    、.      '.  八         |   |、     〈
   八__ ≧      '..〈.         |   | `¨¨¨¨¨¨
                ∨      ⊆ニ⊇ ,
              /         |   ′
             /.             |.   ∨





.


187◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:03:19 ID:f8c6a17a




        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \    なるほど…でルチアーニ・ベブラーウィーってどんなことをした人だお?
   |  u.   (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨      まず、彼らは、マーダーヴィーの外生的レントについて参考にしつつ
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..     マーダーヴィーの経済に主眼を置いた議論を「レンティア経済」、
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....  国家と社会の関係に主眼を置いた議論を「レンティア国家」と区別しました
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: その上で。後者を研究するとしたわけです!
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨


※レンティア国家を外国からの収入とレントの発生による収入が大部分である国家であり,
レンティア経済をそのような収入に依存している経済であるとする.



.


188◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:10:56 ID:f8c6a17a






                      __ --――-
                   ,...:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.―‐ 、.:.:.:.:、
                  .:.:.:/.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:..:.:.:.:. \.′
.                /..:./.:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:..
                ′.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:. ':..:.:.,⌒Y
                ;.:.:.|.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.ト、.:.:.ト、.:.:.:.:.:.:.:.: '...:′x{         で、その上で、「レンティア・メンタリティー」「レントによるモラルハザード」
.                ___|.: i|..:..:.:..′..:λ{  \{. \ト、.:...:.: '..:.:}x八‐  _
              /xx|.: i|.:.:.:.:.|.:.:.:/ i|    ィ斧ミ、}.:.:.i|7      ¨  _   「配分国家」などの概念を提示したわけです。
               ' . x|.:从.:.:.: |.:.:x斧ミ、  〃Vzり .| : :i|′        .′
               lxム.:.∧.:. .〃Vzり   ,      |.:. 八         .′
                jxx'.八.ト、.:.:...        _    ..: :/           .′
               `ー.'.:.∧.:\ム    ´    イ..:./          .′
                 |.:.:.:.:.ト、.:.\⌒ー―‐<__.7. ′         .′ _  ――‐ 、
                .′./ \.:.:.:、`¨¨¨¨¨´. /./           ′´       \
                /イ_____. }.:.:′ー―‐ /.イ、       r--、. .′   ´ ̄ ̄ ̄ 、.∨
.             _ /′     /イ`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´∨ニ=--γ⌒ ∨ ¨         } |
        _  -  ¨ /       ≧ _   \  _. ¨   / ム「,  /         / |
.    ,       /             ≧  _ \.     { _r--- Y、.       /  /
 .  /   _  -/        |           ≧     |. {、___. |      ′  /
  .′     ,        /.|      O     O |.     | |     |.      {   {
  |. /    /   _______/.:. : |              |.     | |     |.      |/ ̄  、
  | 〈     、      \.:.:.:.:,      O     O |.     | {          八.  , ―‐
  八 `  __ト、.     {´\. ′ | /.           |.    八∧    .′     \/
   \.     \       \} .i|/   O     O |.   〈ト、.     八
     `   _.  ∧.、    /  /ー‐、.           |    ∨>  __/
        |  /     {  /_ 二)    O     O |.      ,
.         /     >-7/`¨¨           |      ′
.                 /              |
                /                  |          ,
.               /                |.          ′




.


189◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:14:25 ID:f8c6a17a


①ベブラーウィーの分析
「レンティア・メンタリティー」の提示
…レントに依存している国家では、労働の対価としての報酬という概念が崩壊する。
 それによって、個人の努力と関係のないチャンスを容認する心性。


   .  -‐:::::¨¨`´ ̄¨¨::‐-..、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:\
//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  マ.:.`:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:、
:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:./   マ:.:.:i、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:./‐-:,∠/:.:/     マ;.l__マ:.:l:.:.:.:.:.:.l
:':.:.:.:.:/:.:./ //`     '´V マ:.l.:.:.:.:.:|:.|
:!:.:.:./:.,ィz≠=t、      ,ィェz、Ⅵ:.:.:.:∧l      まず、ベブラーウィーの方ですが
.|:.:/:Kく _)圦i|ヘ    ィ_)圦!¨ヾ|:.:.:./ /
:|/:.:∧ ヽ弋ニノ     弋ソ / j:/        これは1話で話した、「レンティア・メンタリティー」を発見したわけです。
/!.:.:.:.:.        `     イハ
:.:!:.:.:.:.i                 l:.:.:.!        レントに依存している国家では、みんなレントの配分さえされれば
__!:.:.:.:.!、     r'⌒      /!:.:.:l        良いと言う精神ですね
f 、:.:.:!ノ\     ` ノ    /:.:!:.:.ハ、
、  ヽ:!ヽ   ‐-   __, イ´ ̄ヽ!ノ:.i.:.
,(   ` `、   /   | 〉;';';i;';';';';ハ:.:l:.:.i
__、     、 ノ     } 〉;、';!;';';'/;'i:.:!:.:l
:/:(      ノ¨ヽ   ノ丶;';';l';';/;';';!/|:.j





.



190◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:21:45 ID:f8c6a17a


②ルチアーニの分析
「配分国家」の提示
…レントが国家に直接流入することで発生する特殊な国家―社会関係
(つまりレントの配分によって社会の忠誠を得ること)



               /:::::::::::::/i::::::::::::::::::ヽ          _
               /::/::::::::::/ .|:::;:::::::::::::::::::ヽ         !!!!!
                  /:/::::─--/  !::|ヽ--─:i::::::::!、    i.i.i.i.i
             |::|::::::::::/|/   ヽ! ヽ:::::::::|:::::::::|    | | | | |    もう1つのルチアーニですが、こちらは
             |:ヽ::::::/=二_   _二=ェ_::|::::::::!      !.!.!.!.!    レンティア国家における重大な理論の1つ
             |::::ヽ|!´「  .!    .!  / i:|::::::イ     iiiiii     「配分国家」を提示しました。
             `i(.`i:ヽ."-'  _  "-' ∥´)::|     (⌒ヽ
             /::ヽ|::::i           /::|_ノ::::\   /つ )    レントを配分することで、繋がる国家と社会の関係を提示したわけですね。
              /::::::::|::::|ヽ、__ ⌒ __ /:::|:::::::::::::::::\ ./ |(__ノ
         >彡:::::::::::::|::::|;;;;;;;;;!  ̄ .!::::::::::|:::::::::::::::::::::::> | |
          ///:::::::::::::i´|::::|><   ><{`‐、::::::::::::/  !-!
         ∥´./:::::::::::::::/ .ヽ:|><><><{   i::::/メ、 /_
        ||  |::::::::::::/  _||.--─  ̄ ─-- _.  ∨  ヽ-‐7
       `  !、:::::::/  (            ) /     /
          \/    `ヾ ─-- __ --─ フ /     /
              |      ヽ        ノ /     /



.



191◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:29:03 ID:f8c6a17a

※ルチアーニ・ベブラーウィーの主張

①前提として純粋なレンティア国家は存在しない.どの国家,経済にもレントの要素は存在する.
レンティア国家はレント状況(rentsituation)が優勢である国家をもって定義すべきである。
この優勢とは、レント収入の割合が40%以上占め、経済において支配的な役目かあるいは系雑活動がレントに多く頼っている。
②レンティア経済は多額の対外レントを受け取る.
③レンティア経済の特別なケースであるレンティア国家は,レントを生み出す活動に従事することは少なく,多くはレントの配分と使用に関与する.
④特定のレンティア階級やグループの存在が認められること。言い換えれば、富がごく一部の人々に集中し、
残りの大多数は、その配分による分け前をあずかり、使用するのみである。
※観光や貿易がレント収入にならないのはこのため



           __
           /:::::::::::::::::\
       __/:::::::::::/|::::::::::::.
.      {∨:::::Λ/  |Λ:::::::|
.        /:::::Τう  fう^ ::::|   で、こうした議論を纏めると 以上の4つを彼らは主張しました
       /::::└|     ノノハ
.      /:::::::::|::::i、 ^ イ::|:::|    ①はレンティア国家になるにはレントに40%ぐらい依存しろということ
     /:::::::::: |:: |Λ //|::八|
.    /:::::::: -八::{ΛV /,|/=、|    ②はレントとは「外生性」を持たなければならないこと
   ::::/ニニ\ニニ∨/ニニ',
.   ::::{ニニニ}ニニ\//ニニニ|   ③は配分国家についての説明
   :::::{ニ二Λニニ// 二二二|
   {:::∨ニニニV//ニニニ|ニ|   ④はレントの「非稼得性」について説明をしています。
   |:::: ∨ニニニ}/二二ニ |ニ|
   |::::/ ∨ニニ∨ニニニjニ|
   ∨::::/∨ニニ∨芥>=/ニ]
    :/二|ニニニ∨::::::/ニニΛ
.     ニニ|ニニニニ∨::/ニニニΛ
     L::::|ニニニ/∨{ニ/\ニ!
     |::::::::::∨Λ  V / /Λノ




.



192◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:36:24 ID:f8c6a17a





※ルチアーニ・ベブラーウィーによる非民主的体制維持の仕組み

外生的レントは国家の手をへて、主要な社会階層に分配され、それが下層社会階層へとトリックル・ダウンしていく構造を持つ。
それによって、政府を頂点とするピラミッド型ヒエラルキー社会ができあがっていく。
同時社会全体がレント収入に依存する「配分国家」になる。
ピラミッド型ヒエラルキー社会のせいで、政府の一部の権力者が、経済力を持ち、さらに政治力をもつ状態になる。
この2つによって、政治家はレント収入を配分することによって非民主的な政治体制の形成を促すのである。


                  _....:::―::....._
              ,...:::´:,::::―---―:ヽ、
             ,.:´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::/:,::::::::::::,::::::|:::,、:::::::::::::::\
            ':::::::/:/::::::::::/::,.:' }/  ヽ::、:::::::::ヽ
          ,/{:::::/:/::::::::-/:/、/'    |:∧:::::l:::',:|
         /(__/|::::l:イ::::::://'     ´}  ∨:|:::}:|
         ト  ,{::,.-|:::イ,ィ震Tミ    ,ィ震ミ, }:/:/ '
         {   /|:{ {'|::从 Vソ    Vソ ノ/::イ    まあ、そして彼らは以上のような特徴を持つ国家において
          乂ノ/::乂、}:::::ヽ      ,   ムノ
          /::,::::::::∧:::::::.     、 ,   人|     政府がレントを握ると、それを国家が配分するようになる…
           /::/:::::::::{::::\:::} 、      イ|:::/
           ,:::/,:::::::::::|::::|::|从  ` T ´-r、,|:/、    そのような中で一部の権力者のみが政治・経済力を持ちます
        /::イ/:::::::::/ィ |::|ムリ、_,__ノイ_∧.......    この一部の権力者が、レントを配分する。
          /:/ /:::::::::/.......ヾ}乂匸 ィ介ー;/}_」、...}        /)とニヽ
       {:/ ,::::::::/{...........リ...乂〉、〈∧〉 /_〉.∨...ヽ     Y  ,ィ_ニ}ノ
         从 {::::::::{ム..............}.....`ー、_,l|。}ノ........}......_}    /  ムィノ
        ヽ} |::::::::|:∧...........|.....................;.............,./.....Y  ,   /¨ ´
          ' 从:::::|:::::}...........∨...............,j.l........./,ィ⌒ヽ.〉 ´  ,  これがレンティア国家論における非民主的体制維持の仕組みなんです。
           Ⅵ从:|.......\.∨.........../..j......〃  `Y,J    /
           リ   |.............>、_./_/--V   t-ノ   /
              乂.....¨´...........................}_)-く.「´  ,
                \................................|_)..| ` ー ´
                  ノ...ー.......¨¨¨¨ ̄.....∧
               「................../.........../....}
                ∧............イ............../........∧
                ∧...`......――---........イ.....{
               ,  \_______,ィ∧
              ,′    \    :|     ∧
               i       \ ヽ  ,:       ∧
               |         \  /         }
               |、    __ ヽ'        ,
               ∨______,ィ}、_____ィ_7
                  l          }     ,′




.


193◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:44:13 ID:f8c6a17a


※彼らの分析は北アフリカ~アラビア半島~イランなど多岐にわたります


                     . . -‐     ‐-  、
                  /             \
.              /   i、            V∧_______
           ,  . : : | \: : : :│: :l      V Vニニ《
            /  . : : : |   \: :│: :|\ :|   V V二》
              : : : :j{ |    \|\j  斗     V V 《
          j{   : : j八j       -‐=¬ j: :| : | {⌒      で、このように議論をまとめたわけですが…
           j{   : :j¬ー      斗芋ミ j: :j   |h \
          八   斗芹ミ       V''夕厶イ   |り   \    彼らの功績はレンティア国家論の理論を整備しただけじゃありません。
            \ 从V夕  ,    ””  j{: . j     丶
            j\{_ ””  ′       j{: . 八        この議論を1ヵ国レベルから中東レベルに引き上げたこと
             j   代     r   ア    ノ{: . / ̄ ̄ヽ、    そして、「半レンティア国家」概念も生み出しました。
             八  |i ト            V/       \
                \j j{: : {>-  r<   ∠>      ∧
                八: : {⌒><><>           ∧
                 / . .\{   ,             }
                  /イ. :/    ,            \j
               人/    ′             {
                 {     {            . : :\




               ____
             /      \
           / ─    ─ \     「半レンティア国家」?
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



.


194◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:48:52 ID:f8c6a17a






                    _____
                    ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:`......
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
.             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,
             ′.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.′
.           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.: /. / {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:'..:.:.:.:. :. l\
.           ,.:./l .:i|.:.:.:ハ.:./|.:.′;.:.:ト、.:ト、.:.:.:.:.:.:.:..:..:.:.:'..:.:.:.:.:.:.|xx\
.           }/.V.::i|.:. ′.:l {.:l  八| .\{\r 、.:.:.:.:.:. .:|.:.:.:.:.:. ト、xxx\    半レンティア国家を持たないのに
             |.:八.:抖r=ミx      斧=ミx.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:. |xxxxxxx〉
             λ .:.:.:{ }Ji:|       } Ji:| |リ八.:|、.:.:.:.:从xxxx/   まるでレンティア国家のようになっている国家を指します。
.            ハ.:.:.:.:ム V..ソ       V...ソ l.:.:.:.:vノ.:.:.:.:.:.:∨/
           .′:.:.i|..:.:.;      ,         |.:.:.:.:.:.':...:.:.:.:.:.:.:      例えば、ヨルダンとかその典型例ですね
.          /.:.:.: : i|.:.. ∧               八.:.:.:.:.:.:':...:.:.:.:.:.:..,
          /.:.:.:.: . .i|.:.:.:|.:.`     っ     イ- ∧.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:′
.         /.:./.:.:.: :_i|.:.:.:|__  个ー― ⌒´ ―‐ ∧.:|.:.. |___.:.:.:.:.:.:.:.:..
        /.::/.:.:.: 八i|.:.:.:| ________   |ハ.:/ 7.:.:.:.:ト、.:.:..,
        .′.{.:..: . ∧i|\j{ |ニニニニニニニニニニニニニ| ノ  /  /.:.:.: : | ;.:.:..
       ;.:.:./|.:.:.:.:.:..:.:ト、  |ニニニニニニニニニニニニニ|≦____.|.:.:.:.i| :| ′.: ,
       |.:/ .|.: i|.:.:. /. \ |へニニニニニγ⌒ヽニニ|_   { ’.:.: .i|. |  }.:.:l
       |{ 八.:「ヽ/.| √ ̄ ̄\|ニニニ{ / ̄ ̄ ヽ   .| ’..:从′ |.:/
          \./ | /     ∧ニニ |イ      '.   ..′ V    /
.          _ノ  ノ___     ∧二.|.       '.  {   ’,
         ´   .Y }   八_.    |二.|__ --‐―‐ 〈  从   ’,
    /       , |. |     ¨ - 八ニ. |       | ハ    ’,
   /       ___/. |./      _/ニニニ ∨       | .′ >    、
.  }     /.    |       /ニニニニニニ|       '      >. ’ ,
.  |.    /     |      ′ ̄ ̄ ̄.八      '|.         Y \
.  |   八      ;.     /     /  \     八           |   ’,
   `¨¨¨¨¨¨     7ー―. ′     ′   ` --<. \         |.   |



.



195◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:53:12 ID:f8c6a17a



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| それってどうやって……なるんだお?  ..|
ゝ__________________,ノ



        。z≦=x==s _
      /:::::::::/::::::\::::::`ヽ
     //:::::/{:::|:::::::i::::::::::::::::::::ヤ¨ヽ
      1:::/ vⅵ::::::|:::::::l|::::::::::::ヤ ̄`ヽ
      从}ィ旡㍉::::',::::::リ::::::::>{<ヽ /      経緯としては、石油資源を持つレンティア国家の存在を1つ想定してください
        ノ ソ  ゞ込_ノ::::::父彡ミ、_j
      〈    '''' }:::リλ弋::::::::::.ヘ__〉      ①石油という強力なレントを有するレンティア国家の存在とレントを持たない周辺国
       Y⌒ヽ ,/::/ イ:::::丶::::::::::.        ②石油パイプラインの使用料、産油国の財政支援という形で周辺国にもレント流出
          `ー /::/   ヤ:::::::::ヽ:::::::.       ③②が結果としてレント収入になる
          i::/ > 彡⌒ヽ;::::::\ヘ      ④周辺国自体がレンティア国家化する。
          |' 1} /i:i:i:i:i:i:i:\:::::::\、
           j l^Y:i:i:i:i:\i:i}ヽ::\:\     こうしてできたレントを持たないレンティア国家を「半レンティア国家」と呼ぶわけです
             |。|:i:|:i:i:i:i:i:i:i:∨i:i∨:::ヽ、\   (semi ̄rentier states)
             |。|:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:iⅵi:i∨:| トリ
       ___   ヾ',i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:iⅵ:i:i∨
      r ´f ̄゛t‐- ヘi:iⅥ:i:i:i:i:i:i:iⅵ:i:iゝ



.



196◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 17:59:54 ID:f8c6a17a


               -―─- 、
           /         \
         ′  ─     ─  ,
          i   ( ●)  (● ) i    なるほど、レントが周辺に支援という形で流出すれば
          |      (__人__)   |
          、           ノ    周辺国もレンティア国家する……だから中東や南米やアフリカでは非民主的体制が…
            >  r、.   r、<
         /   ─| 1 悟 l |ー ヽ
          (   _ ノ り 乂 _,ノ
.          ̄′           l
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j




                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ      ええ、そういうわけです。
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨    ルチアーニ・ベブラーウィーの「レンティア国家の基本的理論」、「中東レベルまでの議論に押し上げ」
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │    「半レンティア国家」の発見は非常に重要な発見だと言えます。
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |    ただ、この2人の研究においても、これらの議論を全世界レベルや中東レベルに適用するのは
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |    危険だとされていました。
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /



.




197◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:05:53 ID:f8c6a17a


       ____
     /_ノ  ヽ、\
   /( ●)  (●).\        え、なんでだお…
  /   (__人__)  u. \
  |ni 7   ` ⌒´    . |n     結構有用な議論だと思うんだけど…
l^l | | l ,/)      U  l^l.| | /)
', U ! レ' /      . . | U レ'//)
{    〈         ノ    /
..i,    ."⊃    rニ     /
 ."'""⌒´       `''""''''





          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨       これ、ルチーアニー自身ですら
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..       「レンティア国家論を全てのアラブ諸国に適用するのを危うい」と言ってますが
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:    このレンティア国家論を限定的な物にしようとすることを現す典型的な言葉を、
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.    中東研究者伊能武次さんから取ってみましょうか
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨


.



198◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:10:05 ID:f8c6a17a


「レンティア国家論はそれまでに長い間わたり培われてきた、権威や正義についての伝統的な考え方が存在することから、注意をそらしかねない」 
[伊能 1994]



               /:::::::::::::/i::::::::::::::::::ヽ        .□■□
               /::/::::::::::/ .|:::;:::::::::::::::::::ヽ       .■□■
                  /:/::::─--/  !::|ヽ--─:i::::::::!、    i.i■□
             |::|::::::::::/|/   ヽ! ヽ:::::::::|:::::::::|    .| | | ■
             |:ヽ::::::/=二_   _二=ェ_::|::::::::!      !.!.!.!.!    これを見れば分かる通り、レンティア国家論は
             |::::ヽ|!´「  .!    .!  / i:|::::::イ     iiiiii
             `i(.`i:ヽ."-'  _  "-' ∥´)::|     (⌒ヽ    今まで議論されてきた「中東例外論」を無視しかねない
             /::ヽ|::::i           /::|_ノ::::\   /つ )
              /::::::::|::::|ヽ、__ ⌒ __ /:::|:::::::::::::::::\ ./ |(__ノ    危険な議論であり、「中東例外論」の範囲内においてのみ
         >彡:::::::::::::|::::|;;;;;;;;;!  ̄ .!::::::::::|:::::::::::::::::::::::> | |     これを使用しておこうっていうのが2000年代に入るまで続きます。
          ///:::::::::::::i´|::::|><   ><{`‐、::::::::::::/  !-!
         ∥´./:::::::::::::::/ .ヽ:|><><><{   i::::/メ、 /_
        ||  |::::::::::::/  _||.--─  ̄ ─-- _.  ∨  ヽ-‐7
       `  !、:::::::/  (  □■□■□■ ) /     /
          \/    `ヾ■□■□■□フ /     /
              |      ヽ        ノ /     /



.


199◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:14:16 ID:f8c6a17a



.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}   また、そもそも「レンティア・メンタリティー」の議論を重視していることから
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧   分かる通り
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |     この2人の議論は、未だ「文化・文明」を政治の重要な決定要素として考えていました。
          | : :|:| : : :.. u.           , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |     その意味では、この議論そのものが「中東例外論」の範疇と言っていいかもしれません。
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |




..     ____
    / ―  -\
..  /  (●)  (●)     えぇ…じゃあ このレンティア国家論って結局駄目なんじゃ…
 /     (__人__) \
 |  u.    ` ⌒´   |
. \           /
.  ノ         \
/´            ヽ



.



200◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:31:37 ID:f8c6a17a


①ルチアーニ・ベブラーウィーは、マーダーヴィーの議論を参考にレンティア国家論を構築

②「レンティア・メンタリティー」「レントによるモラルハザード」による労働と対価の関係の崩壊
「配分国家」による、レント配分によって国民の忠誠買いがその議論の中心

③彼らの議論によれば、「レンティア国家」とは
レント収入に40%依存、そのレントは外生性と非稼得性を持つ、一部の権力者がそれを所有するといった条件を満たし
そのレントを配分することで、国民の忠誠を買っているような国の事

④「半レンティア国家」とは、レンティア国家から周辺国にレントが流出することで、生まれる疑似的なレンティア国家のことである。

⑤しかし、ルチアーニ・ベブラーウィーの議論は「中東例外論」の立場からは、限定的にしか使用されなかった。
また、そもそも彼らの議論自体「中東例外論」の範疇に入っている。



       ___
      /     \
    /  一'  `ー\
   /   ( ○)  (○)\    今回まとめると、こんな感じだね
   i       (__人__)   i
   ヽ、    |r┬-|  /    ……第一話で見た議論とか結構出てきたね
     /    `ー'r─┐
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ
     r     ヽ、__)一(_丿
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ




.


201普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 18:35:19 ID:f9c5117b
支配階層に金がたくさんあったらそりゃあ国民の忠誠買うよね


202◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:42:32 ID:f8c6a17a

伊能武次.1994.「中東諸国の政治と国家へのアプローチ」 伊能武次編『中東における国家と権力構造』アジア経済研究所,3-31.
日本で最初にレンティア国家論を紹介したとされる著作。
年代的に中東地域研究の基本本として用いるのはやや困難だけども、日本語で読めるものとしては読んでみてもいいかも。


Beblawi, Hazem and G. Luciani,(eds).1987).The Rentier State,London: Croom Helm.
今回の底本。ルチアーニ・ベブラーウィーのレンティア国家論について
彼ら以外も議論しているので一度見てみるのも良いかも


            ,.....::::::::: ̄ ̄:::::`ヽ、
           /-、::---:、:::::::::\:::::::\
            ,.:´::::::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::ヽ
        /:::/::::/\::::::ヽ::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::.
        .':::::|:::/   \::::∨:::∨:::::、::|:::::::|_
         |:::,::|/__     ヽ::{、:::::∨:::{Ⅵ::::: | `ヽ
         {:イ::|'  `    イ}´\::∨:|:::|::イ:|   '     はい、良い感じにまとめましたね
        从{ィ雫ミ、    ィチ雫ヽⅥ:,_::::|::| 、/
           |. 、Vリ     V(ソ ノ':::::|) }:|::|ー'      それでは今回の参考文献は以上のようになります。
           |::      ,       /:::::|ノ::|::|
           |人    _  _  ィ{:::::/_}:::|:::.
           人::::>.. _``「Yヽヽ='|::/イハ:j::::l
          ∧::}`┼╋+ヽ/\/Y/╋┼}:::::|
          〈╋`┼╋┼{´{_/∧/⌒ヽ::::|
          / 「>、ー― ∧     '.    }::|
        ,: |/r、//> 、 ∧     ,   |::|
          l  |/| Y 7ア/// ∧     ∨  ,:/



.



203普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 18:42:53 ID:cc58846e
>>178
日本におけるイスラム研究者のムスリム率ってどのくらいのもんなんだろ?


204◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:52:04 ID:f8c6a17a


                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨      ……っとお茶が冷めてきましたね。
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │     さて、お茶を新しいのを貰いつつ
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |     次の話 ロスとスミスの研究の話をしましょうか
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |  あと水タバコ次はレモン味で
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /





        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |    え、あ、はい……
.  \ u.  (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \    (まだ続けるのかお……お茶美味しいけど)
 /´             ヽ



                                            次回へ続く



.


205◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:53:56 ID:f8c6a17a



※補足 レンティア国家の区分け



        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \    [Beblawi and Luciani 1987]には他の論文も乗っているけど
   |      (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/    その中に、カテリャスという研究者がレンティア国家のカテゴリーわけしてるお
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |
  /    / r─--⊃、  |
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




.


206◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:55:26 ID:f8c6a17a



①のカテゴリー 最も純粋な意味での配分国家
バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦など


   / ̄ ̄ ̄ \
  /  ─    ─\     まず第一の分類は典型的な産油国かつ小国 アラビア半島の国だね
/    (ー)  (ー) \
|       (__人__)   |   多分レンティア国家というと、ここをイメージすると思うお
\      ` ⌒´   /
  / ヽノ   ⌒\__
 / |      \___)⌒\
 ` ̄\ \     -''' ⌒(___)
     \         /\ \__
       ` ―─―─´   ヽ___)




.


207普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 18:56:23 ID:cc58846e
乙。水タバコの実物は北京で屋外カフェで見た。
携帯してるんかな?重そうだけど。


208◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:58:12 ID:f8c6a17a


②のカテゴリー レント収入を持つが、強い工業化イデオロギーを持つ国々
アルジェリア、リビア、イラク、シリア




               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,    第二のカテゴリーは、レント収入に依存しているけど
          i  ( ●)  (● )  i
          |     (__人__)    |    工業化志向を持つ国々だお(実際に工業化しているかは問わない)
          、           ノ
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ かつて、アラブ社会主義を志向した国が多く、
       \ 丶′             7  社会主義的な開発をしようとした国がここに入るお
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j




.


209◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 18:59:53 ID:f8c6a17a


③のカテゴリー 極めて強い工業化志向 エジプト


       ____
      /      \      三つ目はエジプトだお 石油レントは持たず(レント自体は運河などがある)
     / ⌒  ⌒   \
   /  (ー) (ー) /^ヽ   もっとも強力な工業化志向を持つ国だお
  |   (__人__)( /   〉|
  \   ` ⌒´  〈 / ⌒^ヽ
―――――――― \ _ _ _ )




.



210◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 19:01:58 ID:f8c6a17a


④のカテゴリー  工業化イデオロギーへの政府の限定的介入と、だがそれは活動的で有効な工業政策を妨げない諸国(つまり自由主義的)
チュニジア、モロッコ、ヨルダン、内戦前のレバノンなど



          ___
         /      \
       /   ⌒   ⌒\    最後に4つ目のグループは、レント収入を持たず
.       /   ( ●) ( ●)\
     |      ⌒(__人__)⌒ |   自由主義的な開発を行っている国々を指している。
.      \     ` ⌒´   /
     /⌒           ヽ    これについてカテリャスはチュニジアを次のように説明している。
.     |   ヽ__     _ ',
     :、_     )  ( ̄ _丿
     |   /  ̄`i  / ̄  `i
     |      |     ,    |
    ∧ |     |__/     /
.      `ーヽ _ |   |  _/
.        (__)  、__)



.


211◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 19:04:01 ID:f8c6a17a


※カテリャスによるチュニジアの説明
「工業品の輸出は総輸出総額の中でかなりの相当額をしめ、中小企業が好環境の中で活動している。
国家と台頭してきたビジネスブルジョワジー階級との関係は友好関係にある。
自然鉱物資源は公共投資によって開発されてきた輸出セクターの基礎である。
天然資源、特に燐酸は輸出の柱であり…(中略)失業を減じるため、また鉱産物輸出依存から脱却するため、
工業化がかなりの優先的政策となっているのはチュニジアである」



               -―─- 、
           /         \
         ′  ─     ─  ,     こういう感じ。
          i   ( ●)  (● ) i
          |      (__人__)   |     まあ、レンティア国家と言っても、色々あることだけ覚えてくれればOKだお
          、           ノ
            >  r、.   r、<
         /   ─| 1 悟 l |ー ヽ
          (   _ ノ り 乂 _,ノ
.          ̄′           l
.          i           |
         乂         イ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j




カテリャスの引用部分は以下の通り
Michel Chatelus,.1987.“Policies for Development: Attitudes Toward Industry and Services”,
Hazem Beblawi and Giacomo Luciani, (eds.), The Rentier State, Croom Helm, 108-137.


.



212◆gKNcHiCsig2017/09/17(Sun) 19:07:59 ID:f8c6a17a
以上第三話になります。次の投下も1週間程度をめどに投下したいとも思います。
質問があればどうぞ。


>>203
正確な統計がないのでわかりません。
真実にムスリムになっている人、研究のためにムスリムになっている人、まったくなっていない人など多くいますが
まったくいないわけではないとしか言いようがありません。


>>207
店においていることが多いです。
しかし、自分で公園や川までもっていて水タバコを吸う姿は
イランのエスファハーンなどでは見ることが出来ます。





213普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 19:13:04 ID:407ddfaf
水タバコってどんなんやろ普段のタバコすらむせて吸えないけど


214普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 19:15:55 ID:f9c5117b
水タバコ美味しいのかな?色んなフレーバーつけられるみたいだけど


215普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 20:05:02 ID:e0e16d00

周辺までレンティア国化するってのは面白いな、言われてみればなるほどな感じだけど
それで例外的なパッと見異質な地域が面的に生まれるわけだ


216普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 20:09:02 ID:8c48cfed
乙でした
今まではほぼ解説オンリーだったけど、今回のお店場面みたいな
動きがある&イスラム文化紹介みたいなのも良いね


217普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 20:22:57 ID:c0ea8003



218普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 20:30:57 ID:fdd95c2d
乙でしたー
ボツワナは②かな


219普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 20:39:28 ID:f9c5117b



220普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 21:00:16 ID:d4780d64
乙でした


221普通のやる夫さん2017/09/17(Sun) 21:28:31 ID:cc58846e
>>212
>研究のためにムスリムになっている人
基本的にイスラム教は棄教認めてないはずだからこれって結構思い切ったことですね。

実際に信者になって信仰を実践しないとみえないものもあるでしょうが、
あくまで客観的視点でみる、という研究者の立場からは、信者にならない方がよい点もあるように思います。
なんとなく、宗教を研究すると、かえって「敬虔な信徒」にはなれないような気もしますね。


222◆gKNcHiCsig2017/09/19(Tue) 13:10:56 ID:e6edaa5a
>>213
>>214
紙巻タバコと違って、濡れた状態の葉をいぶして煙をを吸うという構造上、ややソフトな味だと言われています。
フレーバーも紙巻以上にあり、何百種類あると言われています……。
ただ、水タバコは基本的に1時間以上ゆっくり吸って楽しむものであるということから、きつい人にはきついはず。
そもそも炭でおこした煙を吸うという行為自体が、危ないといえば危ないので…

タバコじゃなくて、サトウキビとか代用タバコにすれば多少はマシかもしれません。
そもそも、紙巻きたばこ以上に準備と後片付けがめんどくさい代物でありますが


>>218
ボツワナをそもそもレンティア国家と呼べばいいのか
やや疑問に感じなくもありません。
確かに、ダイヤモンドにかなり頼っているのは事実なのですが、ダイヤモンド産業が GDP の 30%程度
関連業界がそれなりに国内に雇用を作っている事を考えると……


>>221
ここでいう研究のためにというのは、ムスリムの視点からやるのではなく
ムスリムしかアクセスできないものに触れるためという人が多いかと思います。

メッカなどがその典型例ですが、ムスリムでなければ立ち入れない、あるいは文献が入手できない、
その信仰儀礼に参加すらできないといったケースが多々あります。
それにアクセスするための、「方法」であって、「研究の視点」ではないはずです。



223普通のやる夫さん2017/09/19(Tue) 16:34:45 ID:22c49745
モスクとかムスリムじゃないと入れないんだっけか
イラク戦争舞台のドラマで、主人公達海兵隊員がモスク入ろうとしたらイラク人通訳に「ムスリムしか駄目」って軽く注意されてたな


224普通のやる夫さん2017/09/19(Tue) 17:06:07 ID:426306e6
水煙草のちょっと怪しげな雰囲気とか興味あるんだけどお手軽に試せる場所とか無いかなとは思う


225普通のやる夫さん2017/09/19(Tue) 18:13:12 ID:c2cadd6c
>>224
俺が体験したのはカオサンでだけど、とりあえず池袋に2店あるよ
友達と行って回し喫みするのが基本らしい(一人で1時間は飽きる


226普通のやる夫さん2017/09/19(Tue) 18:26:07 ID:426306e6
ありがと
ググってみたら近場だと名古屋にあるみたいだしそこ行ってみるわ


227普通のやる夫さん2017/09/19(Tue) 20:36:57 ID:22c49745
紙巻タバコは吸ったことあるけど水タバコは無いなあ
そういえばイスラム圏だと噛みタバコはあるんだろうか?


228普通のやる夫さん2017/09/20(Wed) 08:34:43 ID:b7b01d53
噛みタバコはグウィンやシリングの件があるからなぁ・・・。

まぁ、体質次第とだが。
大丈夫な人は80超えてもぴんぴんしてるし、
そうでない人はグウィンみたく50ちょいで、ということもある。


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/8590-08ebf152

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /