ブログパーツ

 

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(1)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1066)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(334)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(37)やる夫で学ぶレンティア国家(8)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(31)◆gKNcHiCsig 4周年企画(5)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(470)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(18)レイカー ◆8DyckGqIqc(627)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(171)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(576)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(458)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(332)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(121)vs ◆5d.Avr42gc(276)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(134)GM ◆sEzNY.t36k(1649)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1528)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(740)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(658)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(82)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫で学ぶレンティア国家 その1

ブログトップ > やる夫で学ぶレンティア国家 > やる夫で学ぶレンティア国家 その1




1◆gKNcHiCsig2017/09/02(Sat) 09:22:47 ID:09a9cc3a


               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \   レンティア国家?
            |      (__人__)   u. |
          \     `⌒´    ,/   なにそれ?
          /     ー‐    \



・中東において非民主的な体制が続く理由として、ある経済要素に着目したレンティア国家論。
このスレではそんな”レンティア国家”に関して文献を交えつつ紹介します。

・不定期投下。

・今回紹介する文献は日本語と英語だけです。すみません。




※本スレでやる内容予定 (必ずしもこれだけの投下回数をする予定ではないです)
1.レンティア国家とは?   レントの定義と政治学におけるレンティア国家論
2.レンティア国家研究史① レンティア国家論登場以前の中東地域研究
3.レンティア国家研究史② マーダヴィー・スコッチポルのレント概念
4.レンティア国家研究史③ ルチアーニ・ベブラーウィー の古典的レンティア国家論
5.レンティア国家研究史④ ロスのレンティア国家論 民主化の三大阻害効果
6.レンティア国家研究史⑤ スミス批判とロスの再定義 レンティア国家論の拡大と一般化
7.レンティア国家仮説   レンティア国家と権威主義体制
8.レンティア国家仮説への批判とその検証 体制維持効果と体制転換効果
9.資源の呪い       ロスによるレンティア効果以外の有害効果の発見
10.レンティア国家における労働市場と脱レンティア化 松尾の湾岸諸国研究を事例に
11.「新レンティア国家」概念
12.レンティア国家論の成果と課題
EX.レンティア国家の実例 ―旧ソ連圏の資源国の例―

.



2◆gKNcHiCsig2017/09/02(Sat) 09:23:25 ID:09a9cc3a
9/3より投下予定です。


3普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 09:32:23 ID:5bc81623
期待


4普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 09:40:27 ID:d5518446
期待


5普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 10:05:07 ID:0c08ed60
期待


6普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 11:15:52 ID:df113c0d
期待


7普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 11:55:54 ID:dd344517
これは興味深い


8普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 13:31:13 ID:cc17987a
面白そう


9普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 14:07:50 ID:3176bc40
学ぶスレ界の至宝>>1



10普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 14:14:52 ID:194518ba
これは期待


11普通のやる夫さん2017/09/02(Sat) 22:20:06 ID:84e50fba
期待


12普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 00:17:10 ID:e4ec1e9d
投下は…?


13普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 00:19:40 ID:cb647c52
よ、予定だから・・・


14普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 00:26:58 ID:d949d368
木下ですけどぉ~


15◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:22:19 ID:dc65ea91
寝落ちしてしまいました。今より1話始めます。


16◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:23:24 ID:dc65ea91





―普通大学イスラーム学部現代学科 とある准教授の部屋―

                           ___/⌒i                  /∧
 ~"''   .,_                    |::/  /                     /∧
       ~"''   _        ⊂ニ二>イ⌒Y,、-── 、               /∧
             ``~、、      γ´ ̄シ¨¨`ー──'′              _ ┘
¨ニ=- __            ``~、、  ゝ-彡                  _,,. - ¨
__/::::::::::¨ニ=-   __         ``~、、             __ -‐ ¨         _,,..
 ̄|丁iT ┬=ニ_::::::::::::::::::|¨ニ=-  _       ``~、、   _ -‐ ¨       _   -=ニ⌒
: : | | | | | ||| 「「|丁iT=|:|i|::::::::::::::::::⌒ニ=-  __       `|"~     __,,..  -=ニ⌒            γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
: : |┬┬=ニ ┴- ⊥L」_|:|i| ̄   ─-   ._|: :|_ニ=- __|,. -=ニ⌒       _,,..  -.┬¬ ¨    | ……卒業論文が書きたいと?   |
: : |||| 「 「|「丁iTTi|:|i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. | |: :|」」」」」|:| |  ̄:|\_  -r T丁「|..|..|.|..|..|..|..|..|..|. |     ゝ_______________,ノ
: : |二二ニニ==┴- ⊥..,|:|i|.:.:.:.:丁.:.「 ̄ ゙̄| |: :|iiiiiiiiiiii|:| |   :|  |   i|....|..l..|..|..|..|.|..|..|..|..|..|..|. |
: : |||丁丁丁丁丁丁|:|i|┬‐┸ー|─┬┴‐┼─--]:| |   :|  |   i|....|..|..|..|..|..|.|..|..|..|..|..|..l. |
: : |┴┴┴┴┴┴┴┴|:|i|::|丁¨¨¨|:◯:|¨¨¨|¨||zzzzz|:| |   :|  |   i|....|..l..|..l..|..|..l..|..|..|..l..l...|..|
: : | ̄ ̄ ̄”””¨¨¨¨¨““|:|i|丁二二二二二丁「___」」 ┌─|  | __」L」_|_|..|..|..|..|..|..|..|..|..|..|..|_
二|_,,,...   --─…¬ニ|:|: :|¨¨ ̄ ̄|//|::|」L⊥ニ⊥ -┴…__二”-─…¬¨¨_ - ̄ ̄¨¨二77i:i:/
 ̄「「二ニニ=- T'' ¨¨ ̄::|:::|」 ⊥ -‐ ''' ¨ ̄__  -‐  ¨       __  -‐ '' ¨      /i:i:i/i:iY
::::::| |:::::::::::::::::|::::|:::::::r=二 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ─ _  -‐  二 _       __/:}/i:i:i/:|i:i:}_
::::::| |:::::::::::::::::|::::|:::::::::¨‐二- _              /          ¨ ー-  _/三三イ/|i:i:i:|ニj‐「_
::::::| |:::::::::::::::::|:::」::::-‐=ニニト二─__         ′          _,. -/i:i:/i:i:i:i:/¨|i:i:i:|-<二
::::::|_L -=ニ二二=-  ''' ¨|i:i:i:¨-二二- _     ,′      _,. -=二二- 7i:i:/i:i:i:i:/_|i:i:i:トミーo′
-ニ|=-  '' ¨          |i:i:i:i:i:i:i:i:¨-ニニニ- _     _,. -=ニニニ-二ー _,/i:i/i:i:i:i:/─┬‐┘О
'"~               |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミh、二ニ=--=ニ二二ニ.┬¨, '゜⌒'弌|i:i:{{i:i:i:i:{:{-=ニ二i
               |i:i:i:i:jI斗r≦‐_‐_><」ニニ><‐_,|::|/:::::::::::::: :: |i:i:{{i:i:i:i:{」⌒¬辷┐
                -_-_-_-_-_-_-_-_-_-_-|i:i:i:i|=_=_=_=|::|≧s。.,_:::::::::::|i:i:{{i:i:i/|    `(⌒)
               ‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐_‐|i:i:i:i|=_=_=_=|::|⌒'弌i:i≧s。|i:i:{{i:i/┘     `¨´



.



17◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:27:24 ID:dc65ea91




                  _....:::―::....._
              ,...:::´:,::::―---―:ヽ、
             ,.:´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::/:,::::::::::::,::::::|:::,、:::::::::::::::\
            ':::::::/:/::::::::::/::,.:' }/  ヽ::、:::::::::ヽ
          ,/{:::::/:/::::::::-/:/、/'    |:∧:::::l:::',:|
         /(__/|::::l:イ::::::://'     ´}  ∨:|:::}:|
         ト  ,{::,.-|:::イ,ィ震Tミ    ,ィ震ミ, }:/:/ '
         {   /|:{ {'|::从 Vソ    Vソ ノ/::イ      万年留学生のアナタが、単位を埋めて……卒業論文
          乂ノ/::乂、}:::::ヽ      ,   ムノ
          /::,::::::::∧:::::::.     、 ,   人|       それで?できる外国語はなんですか?
           /::/:::::::::{::::\:::} 、      イ|:::/
           ,:::/,:::::::::::|::::|::|从  ` T ´-r、,|:/、       アラビア語は当たり前として、トルコ語?ペルシャ語?クルド語?
        /::イ/:::::::::/ィ |::|ムリ、_,__ノイ_∧.......
          /:/ /:::::::::/.......ヾ}乂匸 ィ介ー;/}_」、...}        /)とニヽ
       {:/ ,::::::::/{...........リ...乂〉、〈∧〉 /_〉.∨...ヽ     Y  ,ィ_ニ}ノ
         从 {::::::::{ム..............}.....`ー、_,l|。}ノ........}......_}    /  ムィノ
        ヽ} |::::::::|:∧...........|.....................;.............,./.....Y  ,   /¨ ´
          ' 从:::::|:::::}...........∨...............,j.l........./,ィ⌒ヽ.〉 ´  ,
           Ⅵ从:|.......\.∨.........../..j......〃  `Y,J    /
           リ   |.............>、_./_/--V   t-ノ   /
              乂.....¨´...........................}_)-く.「´  ,
                \................................|_)..| ` ー ´
                  ノ...ー.......¨¨¨¨ ̄.....∧
               「................../.........../....}
                ∧............イ............../........∧
                ∧...`......――---........イ.....{
               ,  \_______,ィ∧
              ,′    \    :|     ∧
               i       \ ヽ  ,:       ∧
               |         \  /         }
               |、    __ ヽ'        ,
               ∨______,ィ}、_____ィ_7
                  l          }     ,′


      准教授(専門:現代イスラーム主義、現代イスラーム政治):橘ありす


.



18普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 06:27:34 ID:59c4f8a5
こんな時間からかよ(驚愕)


19◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:31:18 ID:dc65ea91




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    いや、あの……教授
            |      (__人__)   u. |
          \     `⌒´    ,/    自分英語と第二言語で取っていたロシア語しか分からないです
          /     ー‐    \

    普通大学4回生(留年3回目):入速出やる夫






            ____
            ´: : : : : : : : : `
       / : : : : : :, : : : : : : : : :\
     / : : : : _ィ: / ヽ:_:_ヘ : : : : : :. ___
     .: : : : :/⌒/    V `Ⅵ |:i:_:_}ニ{
    i: : : : /          Ⅶ|:|: : |ニ〈
    |: : : :}..三三    三三' |: |:|/|⌒   ……嘘でしょ?
    Ⅳⅳ '' '       '' |_乂: :′
       圦     3   u. |: {丿{
        |: i≧s。  __  ィ|:|ニ|: |        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        |: |ニニニィ´|/ 〉、ニ|:|ニ|: |        | いえ、本当です。    .|
        |: |ニニ/  V\/  Ⅶ!ニ|: |        ゝ__________,ノ
.      ⅣニV / 「\  | iニ|: |
        |ニニ{ /   |   ヽ. |ニニ!: !



.



20◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:35:19 ID:dc65ea91




          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....   仮にもイスラーム学部所属ですよね…?
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   あ、もしかしてチャガタイ語とかオスマン語とかそっちができる系ry
       /.:.:.:.ハ        u./ ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ        | もっと分からないです。   |
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨         ゝ____________,ノ
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨




.



21◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:39:25 ID:dc65ea91





                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨    ……じゃあ、せめて何を書きたいか 
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │                                   それも決まってなくて>
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │    居るんですよね、毎年こういう子が
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |  ハア
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /





               ____
             /      \
           / ─    ─ \       教授それでも卒業がしたいんです
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)   u. |      ……なんとかなりませんか?
          \     `⌒´    ,/      (あと1回逃すと退学リーチだし)
          /     ー‐    \



.



22◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:44:07 ID:dc65ea91




   .  -‐:::::¨¨`´ ̄¨¨::‐-..、
  /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:\
//:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
:.:.:.;.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/  マ.:.`:.:.:.:.、:.:.:.:.:.:、
:.:./.:.:.:.:.:/:.:.:.:.:/:.:./   マ:.:.:i、:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.
:.:.:.:.:.:.:./‐-:,∠/:.:/     マ;.l__マ:.:l:.:.:.:.:.:.l
:':.:.:.:.:/:.:./ //`     '´V マ:.l.:.:.:.:.:|:.|
:!:.:.:./:.,ィz≠=t、      ,ィェz、Ⅵ:.:.:.:∧l      まあ、こういう子でも卒論を書かせるのが私の務め。
.|:.:/:Kく _)圦i|ヘ    ィ_)圦!¨ヾ|:.:.:./ /
:|/:.:∧ ヽ弋ニノ     弋ソ / j:/        ……良いでしょう。私が1つ政治学に関する理論を講義します。
/!.:.:.:.:.        `     イハ
:.:!:.:.:.:.i u.               l:.:.:.!         それを学んだうえで、発展したものを書きなさい
__!:.:.:.:.!、     r'⌒      /!:.:.:l
f 、:.:.:!ノ\     ` ノ    /:.:!:.:.ハ、
、  ヽ:!ヽ   ‐-   __, イ´ ̄ヽ!ノ:.i.:.
,(   ` `、   /   | 〉;';';i;';';';';ハ:.:l:.:.i
__、     、 ノ     } 〉;、';!;';';'/;'i:.:!:.:l
:/:(      ノ¨ヽ   ノ丶;';';l';';/;';';!/|:.j




.



23◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:45:24 ID:dc65ea91


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              やる夫で学ぶレンティア国家論

              第一話 レンティア国家論とは?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


________
|レギュラー 105円 |
|ハイオク  121円 |
|軽油   78円 |
二二二■■二二二
| ロッポンゾー歓迎 |
二二二■■二二二__
_________/
 |  _____
 |  | |____|
`∧■∧ ∥〓〓〓|f
( ・∀・)| ̄ ̄ ̄`|]
(つ  つ  @ |コ
| | ||    |」
(_(__) ̄ ̄




.


24◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:48:19 ID:dc65ea91





※あまりに政治・経済学で基本の事は解説しません。


               /:::::::::::::/i::::::::::::::::::ヽ          _
               /::/::::::::::/ .|:::;:::::::::::::::::::ヽ         !!!!!
                  /:/::::─--/  !::|ヽ--─:i::::::::!、    i.i.i.i.i    ということで、さっそく”レンティア国家論”について教えましょう
             |::|::::::::::/|/   ヽ! ヽ:::::::::|:::::::::|    | | | | |
             |:ヽ::::::/=二_   _二=ェ_::|::::::::!      !.!.!.!.!    今政治学・経済学でもっとも熱い領域ですよ
             |::::ヽ|!´「  .!    .!  / i:|::::::イ     iiiiii    (今手元にあった奴がこれだから…というわけではないですよ?)
             `i(.`i:ヽ."-'  _  "-' ∥´)::|     (⌒ヽ
             /::ヽ|::::i           /::|_ノ::::\   /つ )        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
              /::::::::|::::|ヽ、__ ⌒ __ /:::|:::::::::::::::::\ ./ |(__ノ         | レンティア国家……?   |
         >彡:::::::::::::|::::|;;;;;;;;;!  ̄ .!::::::::::|:::::::::::::::::::::::> | |          ゝ____________,ノ
          ///:::::::::::::i´|::::|><   ><{`‐、::::::::::::/  !-!
         ∥´./:::::::::::::::/ .ヽ:|><><><{   i::::/メ、 /_      政治学・経済学の基本を学んでいる方なら大丈夫でしょう。
        ||  |::::::::::::/  _||.--─  ̄ ─-- _.  ∨  ヽ-‐7
       `  !、:::::::/  (            ) /     /
          \/    `ヾ ─-- __ --─ フ /     /
              |      ヽ        ノ /     /





.


25◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:53:51 ID:dc65ea91






※レンティア国家論の定義 「レントに依存する国家は、非民主的な体制を維持しやすい傾向にある」


                                         ,.:-‐‐ー゛ゝメ,ッ:,,
                                        ,.':::::‘::::::’::::` ホヘ
                .:.:.´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:...        .|     ,':::::’:::::‘::::::’:::::゛i,゛
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.\       |    ,':::‘::::::’::::‘:::::’::ノ
            「7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.Ⅵ⌒l  o .|    ,'::::’:::‘::::’:::‘:::.,.'
            |/:.:.:.:.:.:.:.:.::. /Ⅴ:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:. ' Ⅵ 。 |    i、‘_;;;’;;‘;;;.-''´
            ′:.:.:.:.:.: .: /  Ⅵヽ: . :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.| l    \____________
            ,:.:.:.:.:.:.:.:.:. /    }j Ⅴ ..:.:.:.:.:.:.:.:.:| Ⅳ
.             |:.:.:.:.:.:ハ:{      Ⅴ/Ⅴ:.:.:.:.:.:|___」
             |:..:.:..j{ ,.二.      ,二..._ j{:.:.:.:.:.:|⌒Ⅴ     まあ、レンティア国家論とは、とある日本人研究者の言葉を借りていうならば
             ト、:.:.:〃⌒^     ^⌒~ヾl_::.:.. . |.__ノ
              |:: l      '     /:.:.:.:.:.:. |        レントに依存する国家は非民主的な体制を維持しやすいということですね
             |:.:.ト、    マ_フ   ノ:.:.:.:.:.: }:.:|
              |:.:.:.:n> .    イ:.:.:.:.:. / : :|
             |:.:.:.:∠幵     {幵ブ⌒ヽ:,|
             j{:./ィ∬}`ー一''''´ {∬}     ',
   「}         j{::l l∬}|====={∬} 〃  ・
   .,Uヘ、       j{::j .ノ            V    l
   ト厶ィ \      j{/ .|             |    !
   ゞニ>  \__  /  |    nh二二フ、_.|    l
,.---| ト-、   `''}⌒`ヽ.__|_    \ゝ`ー'  \_    !
ゞY´ニ|.」二二二二二r'└=デ'    `ー─、  | `ー、.!
 `|                |  _,      ト、 !    l



.



26普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 06:55:27 ID:59c4f8a5
オイルマネーで稼いでる国とかか


27◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 06:56:44 ID:dc65ea91



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \      レント?非民主的体制?
            |      (__人__)   u. |
          \     `⌒´    ,/      何を言っているのか……
          /     ー‐    \





          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..        んー確かに定義だけでは、何を言っているのか分からないかもですね。
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:     それじゃあ、一つ一つもみほぐしていきましょうか
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.     まず非民主的体制とは何かですが……
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨



.


28◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:00:31 ID:dc65ea91




※民主的体制については大きく分ければ2つの種類の定義が存在する。


            ,.....::::::::: ̄ ̄:::::`ヽ、
           /-、::---:、:::::::::\:::::::\
            ,.:´::::::::::::::::::::::::\::::::::::\:::::::ヽ
        /:::/::::/\::::::ヽ::::ヽ::::::::::::ヽ:::::::.
        .':::::|:::/   \::::∨:::∨:::::、::|:::::::|_       まず、非民主的を論ずるには…民主的体制を論じる必要性がありますね。
         |:::,::|/__     ヽ::{、:::::∨:::{Ⅵ::::: | `ヽ
         {:イ::|'  `    イ}´\::∨:|:::|::イ:|   '     民主体制については、多くの学者が研究してきましたが
        从{ィ雫ミ、    ィチ雫ヽⅥ:,_::::|::| 、/
           |. 、Vリ     V(ソ ノ':::::|) }:|::|ー'      比較政治学においては、形式的民主的体制と実質的民主的体制の2つがあります。
           |::      ,       /:::::|ノ::|::|
           |人    _  _  ィ{:::::/_}:::|:::.
           人::::>.. _``「Yヽヽ='|::/イハ:j::::l
          ∧::}`┼╋+ヽ/\/Y/╋┼}:::::|
          〈╋`┼╋┼{´{_/∧/⌒ヽ::::|
          / 「>、ー― ∧     '.    }::|
        ,: |/r、//> 、 ∧     ,   |::|
          l  |/| Y 7ア/// ∧     ∨  ,:/



.


29◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:03:33 ID:dc65ea91



※シュンペーターの定義「競争的な制度(選挙)によって選出された指導者が政治決定を行えば、それは民主的体制である」



.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}     まず、狭義の民主的体制にあたる形式的民主的体制について
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧    これに関しては、かの有名なイノベーション理論で有名なシュンペーターが
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |     「選挙」さえあれば民主的体制だとしています。
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |



.


30◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:06:07 ID:dc65ea91




'                |二二二二二二 |:i:i:i:i|:i:i : : : |
             |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |i:i:i:i:|:i:i : : : |  などと言っております
.   な る ほ ど.     |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| |:i:i:i:i|:i:i : : : |
             |二二二二二二 |:i:i:i:i|:i:i : : : |    同志スターリン
シ ベ リ ア 送 り だ .|,、 、、 、、、:i:i:i:i:i:} |:i:i:i:i|:i:i : : : |
               j,'////////ハ、、} |:i:i:i:i|:i:i : : 人
               /v///////////,:i:i:i:i:i:|:i:i.:. :. .: .\
           /  "''…''''"´ }///:i:i:i:r=竺竺ミx  \___
          /      -‐_ ///i:i:i:乂三三=イ: :: : /  -=ニ∨三ニ=
        < '""ニ_ミx  r''''"ヾ √ }i:i:i:i|l゙'ー´r‐'!: :: :_j   -=ニ三三ニ=-
      / ̄  `゙"'"/!  {ヘ丐'" j! ノi:i:i:i:汽 __ j!: : γ气ミ _,、-「 ヾ、¨¨´
 ̄ ̄ ̄ ̄i:i:i:i:i{    , ''j''_'i,,    / /:i:i:i:i:i|xへ''rへ、、 {r=‐''"´  气
  {:i:i:i:i:||:i::i::i::i:{  _,,ィi:i:i:i:i:i:i:ih.、 彳「i:i:i,、 '"゙+/\/  ゝ‐ {     しj
  {:i:i:i:i:||:i::i::i:: 从`…-'''ーー-ゞ‐  //∨ v--ュ゙+  r―, {_、-ヾ "''
  {:i:i:i:i:||,.、:i::i/Λ <,,  `''''´ // ///ハ l{`¨´  ゙+ `¨´}  L,,,、  // ;,
_、-‐ ¨´   {// \ヾー---彡,、イ////¨ ̄''~、、.゙'+、 }    r'゙  // ;,
        ∨////>r=气////// /       \__゙'ソ}    气   ,,;,
V           ∨//// ⌒∨////         Λ¨ヾ}    j! 乂_ノィへ
:∨        \// じノ ∨/       =ー  ∥ ゙, }   jl       //
:::∨          {                   =-  ∥  ∨=-ミ、j!    /+「+「
: ::}         {  γ‐、             =- /  /Λ   7     /{+「/
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
               ●
             ●
        ____
      /      \
     / ─    ─ \
   /   (●)  (●)  \     選挙さえあれば民主的体制…?
   |  u.   (__人__)     |
    \    ` ⌒´    ,/
    /⌒ヽ   ー‐    ィヽ        γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   /      ,⊆ニ_ヽ、  |        | やる夫さんが疑問に思うのも仕方ないことです。     |
  /    / r─--⊃、  |        ゝ_______________________,ノ
  | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |




.


31◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:12:20 ID:dc65ea91




               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'    歴史を紐解けば分かる通り、多くの共産国家でも選挙自体はありましたし
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「 
         /::乂ム:::}       '     ム}     冷戦時たくさんあった反ソ独裁政権、軍事政権なども選挙自体を取り消すと言うことはありませんでした。
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧     しかし、選挙の存在だけで国民の意思が浸透するかという話は別ですよね?
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |





            ____
          /      \
         / ─    ─ \     そりゃそーだお
       /   (●)  (●)  \
       |      (__人__)     |   選挙があるだけで民主的体制なら、全世界民主的体制だお
       \     ` ⌒´    ,/
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |


.


32◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:20:17 ID:dc65ea91





ダールの定義「競争的な制度(選挙)に加えて広範な政治参加、自由・平等の諸権利の実行、統治者に対する統制などを条件とする」
         (ポリアーキー概念)

※自由化のみを満たす場合「競争的寡頭体制」 近代のヨーロッパ、日本などの制限選挙制
※包括性のみを満たす場合「包括的抑圧体制」 共産主義国家
※両者満たさない場合 「閉鎖的抑圧体制」


                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ      そこで、アメリカの学者ダールさんは政治における”自由”と”政治の包括的参加”の2つの要点を用意して
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /     この2つが満たされている国家を民主体制と呼んだわけです。
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /




.



33◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:25:14 ID:dc65ea91




※「ポリアーキー概念」を元に世界各国の民主化度を指標化したものとして
freedom house (ttps://freedomhouse.org/)などがある。一度見てみるとおもしろいかも



                    _____
                    ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:`......
               /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
              /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. \
.             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,
             ′.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'.:.:.:.:.:.:.′
.           /.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.: /. / {.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:'..:.:.:.:. :. l\
.           ,.:./l .:i|.:.:.:ハ.:./|.:.′;.:.:ト、.:ト、.:.:.:.:.:.:.:..:..:.:.:'..:.:.:.:.:.:.|xx\
.           }/.V.::i|.:. ′.:l {.:l  八| .\{\r 、.:.:.:.:.:. .:|.:.:.:.:.:. ト、xxx\
             |.:八.:抖r=ミx      斧=ミx.:.:.:.:.:. |.:.:.:.:.:. |xxxxxxx〉      ……と、まあここまで話してきましたが
             λ .:.:.:{ }Ji:|       } Ji:| |リ八.:|、.:.:.:.:从xxxx/
.            ハ.:.:.:.:ム V..ソ       V...ソ l.:.:.:.:vノ.:.:.:.:.:.:∨/         このレンティア国家論では「ポリアーキー概念」=民主的体制と思ってください。
           .′:.:.i|..:.:.;      ,         |.:.:.:.:.:.':...:.:.:.:.:.:.:
.          /.:.:.: : i|.:.. ∧               八.:.:.:.:.:.:':...:.:.:.:.:.:..,         つまり、形式だけじゃなく、実質的な自由や平等
          /.:.:.:.: . .i|.:.:.:|.:.`     っ     イ- ∧.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:′        それに、政治的参加が保障されている世界です。
.         /.:./.:.:.: :_i|.:.:.:|__  个ー― ⌒´ ―‐ ∧.:|.:.. |___.:.:.:.:.:.:.:.:..
        /.::/.:.:.: 八i|.:.:.:| ________   |ハ.:/ 7.:.:.:.:ト、.:.:..,
        .′.{.:..: . ∧i|\j{ |ニニニニニニニニニニニニニ| ノ  /  /.:.:.: : | ;.:.:..       そして、非民主的体制とはそれが維持されていない体制です。
       ;.:.:./|.:.:.:.:.:..:.:ト、  |ニニニニニニニニニニニニニ|≦____.|.:.:.:.i| :| ′.: ,
       |.:/ .|.: i|.:.:. /. \ |へニニニニニγ⌒ヽニニ|_   { ’.:.: .i|. |  }.:.:l
       |{ 八.:「ヽ/.| √ ̄ ̄\|ニニニ{ / ̄ ̄ ヽ   .| ’..:从′ |.:/
          \./ | /     ∧ニニ |イ      '.   ..′ V    /






          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |
      ヘ     ̄`、__)  |      なるほど、建前だけの民主主義を掲げている国家も非民主的体制なわけだ
        ヽ           |
      , へ、      _/      じゃあ、レンティアというのは…?
.      |          ^ヽ
.      |      1   |





.


34◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:27:54 ID:dc65ea91





           __
           /:::::::::::::::::\
       __/:::::::::::/|::::::::::::.
.      {∨:::::Λ/  |Λ:::::::|      レントというのは英語で「地代」 フランス語で「不労所得」「金利所得」を意味する言葉でして
.        /:::::Τう  fう^ ::::|
       /::::└|     ノノハ      政治・経済学一般においては……
.      /:::::::::|::::i、 ^ イ::|:::|
     /:::::::::: |:: |Λ //|::八|      「公的な権力が財やサービスの固定的な供給を独占することで得られる利益」とされています。
.    /:::::::: -八::{ΛV /,|/=、|
   ::::/ニニ\ニニ∨/ニニ',
.   ::::{ニニニ}ニニ\//ニニニ|
   :::::{ニ二Λニニ// 二二二|
   {:::∨ニニニV//ニニニ|ニ|
   |:::: ∨ニニニ}/二二ニ |ニ|
   |::::/ ∨ニニ∨ニニニjニ|
   ∨::::/∨ニニ∨芥>=/ニ]
    :/二|ニニニ∨::::::/ニニΛ
.     ニニ|ニニニニ∨::/ニニニΛ
     L::::|ニニニ/∨{ニ/\ニ!
     |::::::::::∨Λ  V / /Λノ




               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \        ??????
            |      (__人__)   u. |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \


.




35◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:33:11 ID:dc65ea91





         〈fニニニニニニニニニニニニ≧./.........}_    ∨
         「_ - ¨¨¨¨¨¨¨¨ - _/......./ マ    |
          /.:.:.:.:./.:.: ハ.:.从.:.:...:.:.:≧ _〈_____ノへ.  |
.         /.:.:.:.:./.{.:./  ∨.:.ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.'..ヽ.|........../  {
       .′.:.:./ |. {   、.:{ \.:.:.:.:.:.:.:':.八__/   ′        もっと簡単に言うならば
       l.i. : /. 从|          \.:.'.: : l.:.:..`V____.人 
       }i|.:.:{.ィfi芹ミ、    ィfi芹ミ、 l∧.:}イ´¨`7xxxx.`  、     「国家の活動により、普通の国内の経済活動では得られない利益」
.         |.:从弋rツ      弋rツ 八.:|:7⌒Y.:.: ト、xxxxxxx}
        〉.:人    ,         /.:.:.:..:'   }.:.:.:.,x\xxxx〈     ほら、経済学で”市場の失敗”を習いませんでした?
.        ′.:l           /.:.:.:.:./  イ. : : ′ \xx |
         |.:.:∧   、   ,   /.:.:.:.. /<´.:.:.:.:.:.:.:.:.,xxxx\.}
         |.:.:.:个 、       {.:.:.:..,イ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: :′xxxx\
         |.:.:{xx|.:.> __ .。o≦.|.:.:./_ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:,xxxx/
         从 |xx.|.:.:..:..__」--‐―八.{/....\ : ..:.:.:.:.:.:.:.:: ∨/
       \ }|xx」-≦...|     /....../ ̄ ̄\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..,
        。s升 {... .r--|r--‐≦......./.      \.:.:.:.:.:.:.:.:′
       /  _〉>...l./|.................. /.        |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..,
.      /  〔/.......λ.....|r--‐‐‐.7          |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.′
     / /  |......./ {.....|/     ′.        |.:.:.:.:.:.:.:.ト、.:.:.:.:..,
    / /.  |... /.  |... |    Y.          '..:.:.:.:.:.:.:′\..:. ′
   {.  ′   } /   \{.   /           '..:.:.:.:.:.:: : ,  \.:.:.:.,
   八. | j{O    O j{    ∧            '..:.:.:.:.:.:.. {    \.:′
    「..{ j{ト、  ト、  j{     ∧            |.:.:.:.:.:.:.:.|.    \{
    j_ム j{ \|. ∨. j{      ノ、__         。s升.:.:.:.:.:: :|.      \
.    / /.j{O.     j{.   イ .}..... ̄ ̄ ̄7¨¨´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.. : |





            ____
          /      \ 
         / ─    ─ \       ああ、近くの農家のハチが飛んできたらはちみつができたとか
       /   (●)  (●)  \
       |  u.   (__人__)     |     近くの工場の汚水で環境問題とか…
       \     ` ⌒´    ,/
r、     r、/          ヘ
ヽヾ 三 |:l1             ヽ
 \>ヽ/ |` }            | |
  ヘ lノ `'ソ             | |
   /´  /             |. |
   \. ィ                |  |
       |                |  |



.


36◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:37:25 ID:dc65ea91





                     . . -‐     ‐-  、
                  /             \
.              /   i、            V∧_______
           ,  . : : | \: : : :│: :l      V Vニニ《
            /  . : : : |   \: :│: :|\ :|   V V二》
              : : : :j{ |    \|\j  斗     V V 《          そうですね。そういう外部経済とか独占とかそういう
          j{   : : j八j       -‐=¬ j: :| : | {⌒
           j{   : :j¬ー      斗芋ミ j: :j   |h \          普通の市場による経済ではないのがこのレントなのです。
          八   斗芹ミ       V''夕厶イ   |り   \
            \ 从V夕  ,    ””  j{: . j     丶       レンティア国家論においては、レントとは「外生性」「非稼得性」「直接性」を持つ富とされています。
            j\{_ ””  ′       j{: . 八
             j   代     r   ア    ノ{: . / ̄ ̄ヽ、
             八  |i ト            V/       \
                \j j{: : {>-  r<   ∠>      ∧
                八: : {⌒><><>           ∧
                 / . .\{   ,             }
                  /イ. :/    ,            \j
               人/    ′             {
                 {     {            . : :\





         ____
        /― ― \
      /(●)  (●) \
     /   (__人__)     \   「外生性」「非稼得性」「直接性」?
      |    ` ⌒´      |
      \           /
        /         \
       |   ・    ・     )
.     |  |         /  /
       |   |       /  / |
       |  |      /  /  |
      (YYYヾ  Y (YYYヽ |
     (___ノ-'-('___)_ノ




.



37◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:44:54 ID:dc65ea91



※例えば、石油で考えると……
石油は国の産業=民間の出番はない。あっても国営企業。よって、国内経済は直接動かない。
国内の事業と関連が弱い=石油産業と直接関連する産業は少ない
設備は海外製が多い=国内と関係なく、設備は整うので、設備関係で国内経済とも関係ない
石油工業の技術は他に転用できない=国内の産業と関連が持てない
石油販売の代価は国外と直接交渉して入る=石油の代価は政府に直接入る
石油産業は資本集約産業である。=技術者は海外の人間 労働者はほとんどいないし、国内の労働者はなおさらいない。

→つまり、石油産業は国の経済とほとんど関係なく動いている。


              _ -―………―-
              ´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:`:..
        , ―― 7:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:...
.       ∧`¨¨¨ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,
         ∧xx..′'..:.. /.:.:/.:.:.:.:.:.:.::.:. ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′
         ∧x/.:.:.:..:'/./.:.:.:. .:.:.:/.:.:′ |.ハ.:.:.:.:.:.:..l
.       〈xxxj八__/.:.:.:.:.:.:.:.:.:///   リ {.:.:.:.:.:.:.i|     「外生性」とは、その国の経済の外で生じること
        `¨.′:{ |.:.:.:.{ ィ斧ミ          |.:.:.:.:.:.:j{
         /.:.:.八.|.:.:.:.| Vソ     ィ斧ミi}.:./.:.:/      つまり、その国の国内の経済と関係なく動いている性質です。
         .:.:.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:,        Vソ |./j..::′
.        ,.:.:.:.:.:.:.:.:.ム.:. ∧     '      ム.:/: |       石油や天然ガスなどで考えてみると分かりやすいかもですね。
       /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〈 \.>  `  ´  イ.:..i|.:.:...
.      /.:.:.:.:.:.:.:.:.,-.{ \ \{   ̄ ̄ ̄   ).:i|.:.:.:.:.
      //.:.:.:.:.:.:. /  ゝ _ー―=ニ≦   _ イ:.八.:..:.:..
      .′|.:.:.:. /     、{`ー―――≦.  '  |.:.:.:.:.:..
.        |: /.  '.    |     ⊆ニニ⊇ ' |.:.:.:.:.:.|
      /     '     '.        '.   l.|.:.:./|.:{
     /     /:.'.     ,        '.   リ / 八
    ′.   /.:.:.:.: '.    l     ⊆ニ⊇  i|{
    l    / `¨¨¨¨¨'     |.        |   「` ____
    |   {       '.   }        |   |      7
    |    、.      '.  八         |   |、     〈
   八__ ≧      '..〈.         |   | `¨¨¨¨¨¨
                ∨      ⊆ニ⊇ ,
              /         |   ′
             /.             |.   ∨



.


38普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 07:46:41 ID:96fbb241
ダイヤモンド鉱とかもかな


39普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 07:48:00 ID:36271a5d
他国からの経済支援とかもか


40◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:48:41 ID:dc65ea91





          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....    この、「外生性」を強くもっていると富に頼ると
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:   国内の産業はまったく成長しないにもかかわらず ※石油産業は成長します
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:   経済だけは成長するという意味不明な状況に陥ります
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ   湾岸諸国なんてその最大の例になります
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨





     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \    もしかして、ドバイで観光とか金融とかハブ拠点に力を入れているのって……
|       (__人__)    |
./     ∩ノ ⊃  /
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




.


41◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:52:12 ID:dc65ea91



                      __ --――-
                   ,...:.:.´.:.:.:.:.:.:.:.―‐ 、.:.:.:.:、
                  .:.:.:/.:.::.:.:.:.::.:.:.:.:..:.:.:.:. \.′
.                /..:./.:.:.:.:.::.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:':..:.:..
                ′.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:. ':..:.:.,⌒Y
                ;.:.:.|.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.ト、.:.:.ト、.:.:.:.:.:.:.:.: '...:′x{           ……まあそういうことです。それに関しては後々説明するとして
.                ___|.: i|..:..:.:..′..:λ{  \{. \ト、.:...:.: '..:.:}x八‐  _
              /xx|.: i|.:.:.:.:.|.:.:.:/ i|    ィ斧ミ、}.:.:.i|7      ¨  _   次に「非稼得性」ですが
               ' . x|.:从.:.:.: |.:.:x斧ミ、  〃Vzり .| : :i|′        .′
               lxム.:.∧.:. .〃Vzり   ,      |.:. 八         .′  これは、生産に関わっていないものでも利益を享受できること
                jxx'.八.ト、.:.:...        _    ..: :/           .′   つまり、労働などの対価として利益を貰うわけではない財を示します。
               `ー.'.:.∧.:\ム    ´    イ..:./          .′
                 |.:.:.:.:.ト、.:.\⌒ー―‐<__.7. ′         .′ _  ――‐ 、
                .′./ \.:.:.:、`¨¨¨¨¨´. /./           ′´       \
                /イ_____. }.:.:′ー―‐ /.イ、       r--、. .′   ´ ̄ ̄ ̄ 、.∨
.             _ /′     /イ`¨¨¨¨¨¨¨¨¨´∨ニ=--γ⌒ ∨ ¨         } |
        _  -  ¨ /       ≧ _   \  _. ¨   / ム「,  /         / |
.    ,       /             ≧  _ \.     { _r--- Y、.       /  /
 .  /   _  -/        |           ≧     |. {、___. |      ′  /
  .′     ,        /.|      O     O |.     | |     |.      {   {
  |. /    /   _______/.:. : |              |.     | |     |.      |/ ̄  、
  | 〈     、      \.:.:.:.:,      O     O |.     | {          八.  , ―‐
  八 `  __ト、.     {´\. ′ | /.           |.    八∧    .′     \/
   \.     \       \} .i|/   O     O |.   〈ト、.     八
     `   _.  ∧.、    /  /ー‐、.           |    ∨>  __/
        |  /     {  /_ 二)    O     O |.      ,
.         /     >-7/`¨¨           |      ′
.                 /              |
                /                  |          ,
.               /                |.          ′





.


42◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 07:57:26 ID:dc65ea91




※もう一度、石油で考えると……
石油は資本集約産業であり、国内の労働者・技術者は極めて少ない。
つまり、その国の人々のほとんどは石油産業に関わっていない。
にも関わらず、石油販売による金の利益を受ける。
つまり、何もしてないにもかかわらず、石油販売の利益を受けている。


.              /      . : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
            ´ / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::`,
           ___,/   ´ . : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : :: :: :: :: :: ::´,
.         |¨/  . .: :: ::/: : :/:/ / :/ /: : : : : : : : : : : : : : ::´,
.         |/ . .: :: :: ::/__/| :/ / : ′,′:′ : : : : : |: : : : : : :´
        ,′ : : : : : // ` |/ i :/  ′厶:!: .:| : i : |: : : : : :: ::i
          {  : : : : ::/{__,    丶|/  i :/⌒i : :| : i : |: : : : : :: ::|__
         ': : : :: ::仆=卆=ミ      |/  八: :| : i : |: : : : : : :::|¨}
          [\; ; : ,小 r┘ _) `     ‐‐- `:| : i : |: : : /:: :: :| :}
          [_:_乂|: : | _乂辷ン      竿ミト, | : i : |: : /:: :: : :|∧    これも石油で考えてみると分かりやすいですけどね
          | : :i: :|∧| , , ,         r┘_) _}〉: ; : ::|: /: :/i:: ::|
          | : :|:i:圦       ′   弋辷ン/: :/: : ::|/: :∧i: : |      ようは、何もしなくても、国民の俺たちも金持ちだぜ!みたいな感じですね。
          | : :|:| : : :..             , , ,  厶イ:{: : 八 :∧i:i: : |
          | : :|:ト、 : ;心、   ‘ ’      勹八{/|: ::/i:i:i:i: : |
          | : :|:|: :\ 「   、__     ィ: : : :: :: i:i:i:i:'^Y i:i:i:i: : |
    -─┬‐| : 从_:_:_:ソ       / : :|:: :: :::,'´|i:i:/ ,′.:i:i:i:i : |
  /    ^V⌒!__厂]「´       ,′: :|: : : ::i |i:/ /. . ::i:i:i:i : |
. /      :/ ∧_,厂}|        _人_j__:|: : : ::| |/_,.厶: : ::i:i:i:i : |
/      :/ ∧__ 厂}ト、__     __,,ノ¨ ̄} ̄}r-'´)^ -‐ ∨::i:i:i:i : |
     .::/ ∧____厂〃⌒¨∨¨⌒ヽ__厂} ̄}| く /  __. }: :i:i:i: : |
    .:::/ ̄ ̄V⌒!__{{__ __只__ __}}__厂__./|   `i__/  '::i:i:i: : |
    ::厂 ̄\ノ , ′厂¨゚7/ | 「゚¨Ζ _厂}八   {  火⌒i:i: : |
   _,′‐‐- | 〈  ′○{:{__| |厂__厂__,/^{{\_ __/⌒Y^|:i: |
\__{{  ヘ.,_}┘,′   /¨¨| | .厂 f'⌒  ii⌒Y⌒Y⌒^人|:i: |
  ::ⅱ   ‘, ,:′ ○ / ___,|_|_厂 __}   ∧_人__,    !i |
Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒l__ __/⌒Z...ノ⌒Z⌒ヽ  / ∧        ’:i |




.


43◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:00:14 ID:dc65ea91




※石油の例で考えると
石油産業は国有化されている。(海外企業と合弁している可能性はあるにせよ)
つまり、民間に一度お金が回らず、政府にいきなり入ってくる。


                  _....:::―::....._
              ,...:::´:,::::―---―:ヽ、
             ,.:´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::/:,::::::::::::,::::::|:::,、:::::::::::::::\
            ':::::::/:/::::::::::/::,.:' }/  ヽ::、:::::::::ヽ
          ,/{:::::/:/::::::::-/:/、/'    |:∧:::::l:::',:|
         /(__/|::::l:イ::::::://'     ´}  ∨:|:::}:|
         ト  ,{::,.-|:::イ,ィ震Tミ    ,ィ震ミ, }:/:/ '
         {   /|:{ {'|::从 Vソ    Vソ ノ/::イ       そして、最後に直接性
          乂ノ/::乂、}:::::ヽ      ,   ムノ
          /::,::::::::∧:::::::.     、 ,   人|         これは政府にその収入が直接入ってくることを示します。
           /::/:::::::::{::::\:::} 、      イ|:::/
           ,:::/,:::::::::::|::::|::|从  ` T ´-r、,|:/、        この3つを満たした富が「レント」なのです。
        /::イ/:::::::::/ィ |::|ムリ、_,__ノイ_∧.......
          /:/ /:::::::::/.......ヾ}乂匸 ィ介ー;/}_」、...}        /)とニヽ
       {:/ ,::::::::/{...........リ...乂〉、〈∧〉 /_〉.∨...ヽ     Y  ,ィ_ニ}ノ
         从 {::::::::{ム..............}.....`ー、_,l|。}ノ........}......_}    /  ムィノ
        ヽ} |::::::::|:∧...........|.....................;.............,./.....Y  ,   /¨ ´
          ' 从:::::|:::::}...........∨...............,j.l........./,ィ⌒ヽ.〉 ´  ,
           Ⅵ从:|.......\.∨.........../..j......〃  `Y,J    /
           リ   |.............>、_./_/--V   t-ノ   /
              乂.....¨´...........................}_)-く.「´  ,
                \................................|_)..| ` ー ´
                  ノ...ー.......¨¨¨¨ ̄.....∧
               「................../.........../....}
                ∧............イ............../........∧
                ∧...`......――---........イ.....{
               ,  \_______,ィ∧
              ,′    \    :|     ∧
               i       \ ヽ  ,:       ∧
               |         \  /         }
               |、    __ ヽ'        ,
               ∨______,ィ}、_____ィ_7
                  l          }     ,′




.



44◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:02:32 ID:dc65ea91




レントの例:石油・天然ガスなどの天然資源 国際的な援助(ODA・冷戦時の資金援助) パイプライン 国際的な運河 政府系ファンド
レンティア国家の例:湾岸諸国、エジプト、イラン?、旧ソ連圏、南米、アフリカ諸国、東南アジアの一部



                           _// /       丶、
                              ノ( { {   (        \
                           { ,. -――=ミ、┌‐ 、 }  \
                              )んx ー‐=ミ、   )   },人_  }
                             /   ⌒^YんィY´ /⌒Y(  ,ハ
                            / /  //||└‐{__,ノ^⌒i }
                        ,; /  ⌒X    '斗―   {   ノ イ
                       八i{ 〃テh     )八   i  |\ノ }_ノ
                          ‘, 从 t:り    斗チhY|   |/ハ(\      という風にまとめましたが、結局レントとは上のようなものを示します。
                           )ハ}.:.:. ,    t::り从 / Y 八__))
                           / 八       .:.:.:.:/ }/__ノ /  ア     天然資源だけでないことは要注意ですよ。
                       |l/ ,'\ `ー   // ノ  { /(  (
                          八_厶=-≧ー‐ |/   ‘, \ノ
                    ,.  -<⌒\  { )厂 ̄|(\     ′  \
                     /   ニニう-=彡(_,ア( ̄ ̄   )ハ   ∨⌒)ノ
                 x(__,,. ヘ 77’/ ノノ  } ー≠彡⌒, l | ‘,
                  _ノY⌒^\ { {O{_/ {   ノ/       } | |ハ |
                 | |l    )∨/     O}/(      / | | l|
                 └ ^=‐ ^∨/O    / ,ハ     j  ; ;  :|
                  ‘,  ; |l     O/ rく └‐x _,ノ / /  /
                 _,x∨| |O    { /^L\_,/)/)/}/
               ,x(⌒/ { \  O/  /厶=-- 、
                /⌒/   \  `¨ア    /イ____   }
            /ノ⌒/ ,.へ、   ` ー/  /个{ \ ̄_ノ
         _r‐〃 )ヽ/ /    \ /(__/ / }人   :,\{
          乙)l{ 人_{  {      r'(   八   } {   ′ \
          厂)/(_入 \  __人 \/ /   ノ_,ノ :,  :, _ノ
         )( l{  て ノ\_,/´   フヘ/  /^ア   ′ ∨
          て八\ ⌒てノL| { { r个┬<⌒Y´     :,  ‘,
          (__ノ)ヽ\     `¨¨^'~ヘ_ノ⌒}        }  ノハ
        ( ⌒Y\\   /          ノ     _ノ/厂|
           \ 乂__丶` ー=   ____   =‐  ¨ア(⌒ シ



.


45◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:07:10 ID:dc65ea91



γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| つまり、レンティア国家論とは「外生性」「非稼得性」「直接性」に依存している国家は、          |
| 実質的な自由・政治的包括参加を条件としない非民主的体制を維持しやすいということです。   |
ゝ_________________________________________,ノ


γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
| ここまでで何か質問は?  ...|
ゝ_____________,ノ


     ____
   /      \           教授2点ほど疑問があるんですけど…
  /  ─    ─\
/    (●)  (●) \        ・レントには海外送金・観光収入は入らないのか?
|       (__人__)    |
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃  ・レンティア国家にアメリカや中国が入っていない
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /     というあたりが
  \ /      /\/
    \       \
     \    \  \
       >     >   >
       /    /  /


.



46◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:11:55 ID:dc65ea91





※例えば出稼ぎによる海外送金なら
その稼いだお金は全て海外で発生(外生性)し、受け取る人にとっては労働の対価ではない(非稼得性)


               -―――‐==ミ
            /. __.:..:.. __.:.:.:.:.:\
           ..:. /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:`.::、.:.:.:.:...
.           //.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.\.:.:.:..
         /.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ':.:.:.,.:.:ト、
        /,.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:. /:/ ∨.:.:.:.:.:.:.::.:. '.:.:′:、’,
.        // .:.:.:.:.:.:.:.,.イ:.:/:/   ∨斗:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.|  ム
       l.′′.:.:.: //::/}/    ヾ. \.:.:.:.:.|.:.j{  ,’   良い質問ですね
       \ i|.:.:イ ィ斧ミ、     ィ斧ミ、\.:.トハ,. ’
.         Y.λ.{. Vり       Vり  }.:\.八     それではまず1点目の海外送金・観光収入について
         ′.:'.:.:.      ,       从.|.:.:.:.:. ,
.        .:.:.:.:.:.'.:∧           .′:ハ.:.::.:.:\    一部の学者は確かにこれをレントと考える人もいます。
.       ′.:.:.:ハ.:个 、  `  ´  ...:攵.:.:.j{.:.:.::.:.::.:..::\
.       ,.:.:.:.::.:, ヘ.|. //> -- <ム }从f. 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::,    外生性と非稼得性を持ちますからね。
       ′.:.:./.   //`ー――‐<} |.   ∨.:.:.:.:.:.:.::.
       |.λ ′  /. {  〃介ヾ  _j .l /  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       |. | :|   .′ム _ {__}_f⌒/ /   ト、.:.:.:.:i|.:.:.八
.        从|. |.   ,’   >´i:i:r 、i:ヽ_7/  { \:从./
.          |.   l  /i:i:i:i: 「\l |i:| .′ /./  }//
.          |  、 「. ′i:i:i:i: fヽ  l/ /  ′
.         {  〉{i:i:i:i:i:i:i:ii::iム   lへ-、  7
.          |/ /`¨7、i:i:i:i < 、イ  ∧.  /
.          |  L`ー‐`¨´ ノ.:.:./.    /、
.         ≧ _\.:.:}ー‐‐≧`¨¨¨¨¨¨´ ∨
         / ′`¨¨¨´ー――‐<     `  、
.        〈 ∧      \   ':.     \  \
        /7 {           ':..      \  ∨
.       / ′.’,           ' .       \ ハ
      .′ |   ’,            ' .      /}イ\
     /   |.   ’,               //.    \
.    八   |                 /¨ /\     八
.      \ |从  _   _ --- _ ―‐´ 。s升    /_{⌒



.



47◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:17:13 ID:dc65ea91




.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:..、
,  ̄ ̄ ̄ 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..:.:..
       |.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
.       八.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. ,
     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :.:.:′
     }.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. イ.:.: /|.:.:. . |
     〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:: :. ./. |/ |.:.: . .|
八    }.:.:.::i|.:..:.:: .:/7/     /.:.:ハ.|
|\`ー‐′ : i|.:.. .: .i|  ,斗f笊` ′/  i|
|. ’,.:.:.:.:.:.:.:. i|: ..:.:.:.{  ヽ. Vソ |        しかし、もう1点「直接性」についてお伝えしたはずです。
|.  ’,.:.:.:..:.:.:i|.:.::..:. |       、
|   ’,.:.:: . .i| .:.:.:.:.|       /       海外送金は、政府ではなく家族などの懐に入って、結局はその国の経済と関連しますね?
¨¨¨¨¨´.:.:.:.:.:ハ.:.:.:.:|      _ノ
.:.:.:.::.:..:.:..::.:..:.j{:.{: . :.|      ´ノ         よって、海外送金等はレントではないのです。
.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:..:.:j{.:.| : ..ト、__  ′
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| ̄≧s。
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  /  `__、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_/  /  ’,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′. /     ’,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::., /       ’,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′       八
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:|          \
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.,           「 l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ト、         ム⌒l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.{ ∧        / /⌒ヽ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: , ∧        レ'}__/〈
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:′∧        `ーくノ
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.::., ∧          ’,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|\.:.:.:. ′  、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|  \.:.: |   \         l
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|   \|     \     /
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|           `ー―‐’




.


48◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:18:55 ID:dc65ea91





         /:: :::: ::: ::: ::: ::: ::: :::`ー、
        /::: :: ::: ::: ::: ::: ::: :::: ::: ::: :::ヽ
.       /:: ::: :: ::,イ:::Λ::::iヽ::: ::i::: :::ヽ::: ゙i
      _./:i:::: イ:::/ .|:/  t::i `、:::|::: :::: i::ヾ|、_
.      く./::i::::/L/‐‐!'   ヽi ̄ヽ:|、::: ::: |::ヽ|ヽ`ヽ   もう1点、アメリカや中国はレンティア国家ではないのかという点について
.       {::::i:::| |/_       _ _ ゙、:: i::|彡| ヽ _〉
.      ノi:::i:::k'丁 てj`   彳 てjヾr:ノiノ彡|、_ r´   確かにアメリカや中国は天然資源の産出国でもありますね。
      ^.k::ヾiヽ乂_ノ      乂_メノト'|^}:::ノ、 ゝ
      .ヽr、|.     ,       |:::レ':/:| `´     しかし、次の2点でレンティア国家とは違います。
        j :|人      __    _,イ:::i^'::::|
..      | ::|::::|::゙ー-、___   __,,イ´:::|:::|:::i::::|
      |:: :|:::::|:::::__ノi | ̄  iyヾ、_.|:::|:::t::::|
       |:::::|::::|r'´  t、_ _,/.    ,|::h、:i:::::|
.      |::::λ:| !!   k  /     /j:/.| `i ::::|
      |:::/ ヽ! tt.  r,=V= 、.  //  |   i::: |
.     |:::|.  | ヾ、/イ .|☆| ヾ、/  |   |:::i:|
     |::::|  |.  `´  |  |      |    |::|ノ




.


49◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:24:38 ID:dc65ea91





            ____
            ´: : : : : : : : : `
       / : : : : : :, : : : : : : : : :\
     / : : : : _ィ: / ヽ:_:_ヘ : : : : : :. ___    1つはレンティア国家というにはレントに依存していないこと
     .: : : : :/⌒/    V `Ⅵ |:i:_:_}ニ{    定説はありませんが、レンティア国家と呼ばれるにはだいたい40%ぐらいはレントに依存してほしい
    i: : : : /          Ⅶ|:|: : |ニ〈    ところと言われています。アメリカや中国は他の産業が発達しているのでそこまで依存してません。
    |: : : :}..三三    三三' |: |:|/|⌒
    Ⅳⅳ '' '       '' |_乂: :′     また、そもそもですね。
       圦     3     |: {丿{      アメリカや中国の天然資源等は国内で生産され国内で消費されています。
        |: i≧s。  __  ィ|:|ニ|: |      つまり、これらの国において、天然資源は「外生性」をもたないのですよ。
        |: |ニニニィ´|/ 〉、ニ|:|ニ|: |
        |: |ニニ/  V\/  Ⅶ!ニ|: |
.      ⅣニV / 「\  | iニ|: |
        |ニニ{ /   |   ヽ. |ニニ!: !




          ____
        /   ― \
.     /   (● )  ヘ\
     |   (⌒   (● ) |   なるほどなー
      ヘ     ̄`、__)  |
        ヽ           |    γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      , へ、      _/     | もっともアメリカのシェールガス発掘が進めば、どうなるかわかりませんけどね   |
.      |          ^ヽ      ゝ___________________________________,ノ
.      |      1   |





.



50◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:31:19 ID:dc65ea91




               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「     では、最後になぜレントに依存している国家は、非民主的な体制を維持しやすいのか
         /::乂ム:::}       '     ム}
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|     そのメカニズムについて説明しましょうか
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ   やる夫さんは今の段階で説明できますか?
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |







               -―─- 、
           /         \
         ′  ─    ─   ,
          i  ( ●)  (● )  i       んーっと……
          |     (__人__)    |
          、           ノ       石油とかのお金がいっぱいはいったら、国民が仕事しなくてもいいし
      ⊂⌒ヽ  >       <_/⌒つ    税金も払わなくていいから?
       \ 丶′             7
        \ ノ           ト、_/
.            ′           |         γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.          i           |         | 雑ですけど、大まかに言うとそうですね    .|
         乂         イ         ゝ___________________,ノ
            | /ー―一 、 |
           し′     、_j



.


51◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:34:06 ID:dc65ea91





                 ____
              ,...::::::_::::::::::::::`:::..、
            ,..:::´ ̄::::,::::::::::`ヽ、:::::::::::::ヽ
           /::::::::,::::/ヽ:::::::、:::::::\::::::::::::',
         /::/:::/:/::/   Ⅵ:: |::{:::::::::\:::::::::
        ,:::,::::/:/-/、   {::{斗ム::::::::|:::|::::::::|、
        |::{::::Ⅳ _{      ヾ \}\:::}:::}::::::::}_ ヽ      そもそも、近代国家においてですね
        {:∧:::l,ィ雫ミ、    ィ雫ミ, Ⅵ/-、:::, \)
          从l ゝVソ      V(ソノ /::}'/ ,::::|   〉     行政を行うには税金が必要ですよね?
          /:::.    '        /:::/_ノ:::: |   {
            {:::人    、__,    /:::/::::::::::Ⅵ\_ノ
           |::/ |::::...     イ{::/:::|:::::::::::\ }    でも、税金を集めると国民はその説明責任を求めますし、
           |:{ 「 ̄┼`´╋┼ 从-、:::::::::::::::::∨    あるいは支出計画に参与しようとするかもしれませんし、
           ゝ} 乂╋┼╋┼╋┼╋ 、::::::::::::::::.    もっと言えば、税金が高くて反発して、実際的な行動に出るかもしれません。
         / / \╋┼╋┼╋イ ∧:::::::::::::::}
           Ⅳ    /` ー―― ´ /  ,::::|:::::::::|    これを”財政民主主義”と呼びます
         ,:′   l{={}=     ,     |::::|:::::::::|
          {    /      /    ,:::::|:::::::::|
         |     ,′       /    /::::/::::::::/
        :    〃={}=    ,:      /::::/::::::::/
          {   {l       /    /::イ::::::/
          ∧   ||     /    /´/::イ
       ,   \ l{     /    /  ̄´
        /    ` |!   /    ∧
     /     ∧  /    /  \



.


52◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:36:44 ID:dc65ea91





                  _....:::―::....._
              ,...:::´:,::::―---―:ヽ、
             ,.:´:::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
              /:::::::/:,::::::::::::,::::::|:::,、:::::::::::::::\
            ':::::::/:/::::::::::/::,.:' }/  ヽ::、:::::::::ヽ
          ,/{:::::/:/::::::::-/:/、/'    |:∧:::::l:::',:|
         /(__/|::::l:イ::::::://'     ´}  ∨:|:::}:|
         ト  ,{::,.-|:::イ,ィ震Tミ    ,ィ震ミ, }:/:/ '
         {   /|:{ {'|::从 Vソ    Vソ ノ/::イ      しかーし、レントに依存している国家はこのジレンマを解決しやすいのです。
          乂ノ/::乂、}:::::ヽ      ,   ムノ
          /::,::::::::∧:::::::.     、 ,   人|       レントによる収入が、税金への依存を減らし、さらに減税やサービスの充実につなげることができる。
           /::/:::::::::{::::\:::} 、      イ|:::/
           ,:::/,:::::::::::|::::|::|从  ` T ´-r、,|:/、      そうなると、普通の人々は今の生活に満足して、政治的な活動をしなくなります。
        /::イ/:::::::::/ィ |::|ムリ、_,__ノイ_∧.......      それどころか現行の政府を支持するようになるんですね。
          /:/ /:::::::::/.......ヾ}乂匸 ィ介ー;/}_」、...}        /)とニヽ
       {:/ ,::::::::/{...........リ...乂〉、〈∧〉 /_〉.∨...ヽ     Y  ,ィ_ニ}ノ
         从 {::::::::{ム..............}.....`ー、_,l|。}ノ........}......_}    /  ムィノ
        ヽ} |::::::::|:∧...........|.....................;.............,./.....Y  ,   /¨ ´
          ' 从:::::|:::::}...........∨...............,j.l........./,ィ⌒ヽ.〉 ´  ,
           Ⅵ从:|.......\.∨.........../..j......〃  `Y,J    /
           リ   |.............>、_./_/--V   t-ノ   /
              乂.....¨´...........................}_)-く.「´  ,
                \................................|_)..| ` ー ´
                  ノ...ー.......¨¨¨¨ ̄.....∧
               「................../.........../....}
                ∧............イ............../........∧
                ∧...`......――---........イ.....{
               ,  \_______,ィ∧
              ,′    \    :|     ∧
               i       \ ヽ  ,:       ∧
               |         \  /         }
               |、    __ ヽ'        ,
               ∨______,ィ}、_____ィ_7
                  l          }     ,′



.



53◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:45:05 ID:dc65ea91




※「レンティア・メンタリティー」は一般の人々だけでなく、企業にも現れます。


               -―――‐==ミ
            /. __.:..:.. __.:.:.:.:.:\
           ..:. /.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:..:.:.:.:`.::、.:.:.:.:...
.           //.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.\.:.:.:..
         /.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ':.:.:.,.:.:ト、
        /,.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:. /:/ ∨.:.:.:.:.:.:.::.:. '.:.:′:、’,
.        // .:.:.:.:.:.:.:.,.イ:.:/:/   ∨斗:.:.:.:.:.:.:.:'.:.:.|  ム
       l.′′.:.:.: //::/}/    ヾ. \.:.:.:.:.|.:.j{  ,’    こういう人々の心を「レンティア・メンタリティー」と言いますが……
       \ i|.:.:イ ィ斧ミ、     ィ斧ミ、\.:.トハ,. ’
.         Y.λ.{. Vり       Vり  }.:\.八      「レンティア・メンタリティー」が発生すると
         ′.:'.:.:.      ,       从.|.:.:.:.:. ,      財政民主主義を求める声はおろか、現在の政治に参加しようとする気さえ失われます。
.        .:.:.:.:.:.'.:∧           .′:ハ.:.::.:.:\    これがやる夫さんの想像しているであろう、サウジアラビアの人たちの状況ですね。
.       ′.:.:.:ハ.:个 、  `  ´  ...:攵.:.:.j{.:.:.::.:.::.:..::\
.       ,.:.:.:.::.:, ヘ.|. //> -- <ム }从f. 、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::,   何もしなくても、それなり以上の生活ができるんですから
       ′.:.:./.   //`ー――‐<} |.   ∨.:.:.:.:.:.:.::.′
       |.λ ′  /. {  〃介ヾ  _j .l /  l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
       |. | :|   .′ム _ {__}_f⌒/ /   ト、.:.:.:.:i|.:.:.八
.        从|. |.   ,’   >´i:i:r 、i:ヽ_7/  { \:从./
.          |.   l  /i:i:i:i: 「\l |i:| .′ /./  }//
.          |  、 「. ′i:i:i:i: fヽ  l/ /  ′
.         {  〉{i:i:i:i:i:i:i:ii::iム   lへ-、  7
.          |/ /`¨7、i:i:i:i < 、イ  ∧.  /
.          |  L`ー‐`¨´ ノ.:.:./.    /、
.         ≧ _\.:.:}ー‐‐≧`¨¨¨¨¨¨´ ∨
         / ′`¨¨¨´ー――‐<     `  、
.        〈 ∧      \   ':.     \  \
        /7 {           ':..      \  ∨
.       / ′.’,           ' .       \ ハ
      .′ |   ’,            ' .      /}イ\
     /   |.   ’,               //.    \
.    八   |                 /¨ /\     八
.      \ |从  _   _ --- _ ―‐´ 。s升    /_{⌒





           ____
         /⌒  ⌒\      夢のニート生活……
       /( ―)  (―)\
      /::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      |              |
__( ⌒-ィ⌒ヽ、   /⌒` '⌒ )__
     `ー-ゝィソノー‐ヾy_ノー"



.



54◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 08:55:20 ID:dc65ea91





                 ____
              ,...::::::_::::::::::::::`:::..、
            ,..:::´ ̄::::,::::::::::`ヽ、:::::::::::::ヽ
           /::::::::,::::/ヽ:::::::、:::::::\::::::::::::',
         /::/:::/:/::/   Ⅵ:: |::{:::::::::\:::::::::
        ,:::,::::/:/-/、   {::{斗ム::::::::|:::|::::::::|、
        |::{::::Ⅳ _{      ヾ \}\:::}:::}::::::::}_ ヽ     まあ、こういうレント収入によって、減税やサービスの充実を図ることで
        {:∧:::l,ィ雫ミ、    ィ雫ミ, Ⅵ/-、:::, \)    国民の忠誠を得ることによって、非民主的体制は維持されやすいということなんですね
          从l ゝVソ      V(ソノ /::}'/ ,::::|   〉
          /:::.    '        /:::/_ノ:::: |   {
            {:::人    、__,    /:::/::::::::::Ⅵ\_ノ    ……と言っても、一部の学者はこの体制維持効果に疑問を持ってますし
           |::/ |::::...     イ{::/:::|:::::::::::\ }
           |:{ 「 ̄┼`´╋┼ 从-、:::::::::::::::::∨    こうしてレンティア国家には「資源の呪い」をはじめとする
           ゝ} 乂╋┼╋┼╋┼╋ 、::::::::::::::::.    負の効果もたくさんあります。
         / / \╋┼╋┼╋イ ∧:::::::::::::::}
           Ⅳ    /` ー―― ´ /  ,::::|:::::::::|   それを今後の講義でやっていきましょう
         ,:′   l{={}=     ,     |::::|:::::::::|
          {    /      /    ,:::::|:::::::::|
         |     ,′       /    /::::/::::::::/
        :    〃={}=    ,:      /::::/::::::::/
          {   {l       /    /::イ::::::/
          ∧   ||     /    /´/::イ
       ,   \ l{     /    /  ̄´
        /    ` |!   /    ∧
     /     ∧  /    /  \







.



55◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:02:16 ID:dc65ea91




①レンティア国家論とは「レントに依存している国家は非民主的な体制を維持しやすい傾向にある」という説

②レントとは、「外生性」「非稼得性」「直接性」を満たす富の事
 具体的には、石油・天然ガス 国際的な援助(ODA・冷戦時の資金) パイプライン 国際的な運河 政府系ファンドを指す

③レントに依存している国家はレント収入によって、減税やサービスの充実を行うことで、体制への反発を抑え、支持させる効果あり


          __
       /      \
      /─  ─    \      (まとめるとこんな感じかお…)
    / (●)  (●)    \
    |   (__人__)       |
    \  .` ⌒´      /_
   //              ヽ /\
  / /        _     /  /
/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(__.ノ ̄|\/|
  |              | /  カキカキ
  |__________|/






.


56◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:11:38 ID:dc65ea91



☆民主主義について
シュンペーター, ヨーゼフ. 2016. 『資本主義・社会主義・民主主義 Ⅰ』大野一訳, 日経BP社.
―――. 2016. 『資本主義・社会主義・民主主義 Ⅱ』大野一訳,日経BP社.
→狭義の民主主義について論じている。原著が古いので内容的には疑問なところもあるが、古典としてはまず。

ダール  ロバート. 2014. 『ポリアーキー』高畠通敏・前田脩訳, 岩波書店.
→広義の民主主義について論じている。現代の民主主義の定義はこちらを使用しているので、
政治学をやっているならまず呼ぶべき。


☆レンティア国家について
松尾昌樹. 2010. 『湾岸産油国 レンティア国家のゆくえ 』講談社選書メチエ  講談社.
→日本で読めるレンティア国家としてはまずこれを。レントの定義についても詳しく論じている。
 湾岸諸国の権威主義について知りたい場合にも有用。

松尾昌樹. 2016. 「グローバル化する中東と石油 レンティア国家再考」松尾昌樹・岡野内正・吉川卓郎編『中東の新たな秩序』  ミネルヴァ書房, 59-79.
→2010年版とまた違う方向で書いているが、レントの定義についてはやはり詳しい。
一般的なレンティア国家論から、レント依存の負の側面、さらにレンティア国家における労働市場(本スレでも触れる)など内容は充実。
松尾以外の論文も非常に質が良いため、本書を買えば最新の中東事情を知ることができる。


細井長.2005.『中東の経済開発戦略-新時代へ向かう湾岸諸国』 ミネルヴァ書房.
松尾と並ぶレンティア国家論研究者の著作。
レンティア国家論そのものよりは、そこからの経済事情をを論じている感が多い。


               _ _
           ,....:::::´:::_ヽ::::_::::...、
         ,.:´,..::´::::::::::::::::::::::::::::`::ヽ、
          /:::/:::::::::::::::::::::::::/、::::::::::ヽ::ヽ
          ,::::/:,:::::,:::::::::/::/:/  ヽ::、:::::∨::.
     ,...---|:::|:/:::/:::::::/::/}/   }:∧:::::|::|:{
    {   ,.|:::{':::/::::/⌒/'    ⌒∨:}::|リ
    \,  |::r∨:::イィ斧ミ、   ィ斧ヽ}:,::/'
      乂 _;::{ Ⅵ:| Vり      Vリ 'イ|「     はい、それでは今回の講義に使った参考文献も紹介しておきます。
         /::乂ム:::}       '     ム}
         ,:::/:::/:::}::|::.、    ,.,  イ:::|      書き留めて卒論に使ってくださいね
      /::/:::/:::::j:/::::|>    イ::::l::∧
       /::イ:::,::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄`´ ヽ|:::/イ:::::ヽ
     /' /::::/ィ 乂┼╋┼╋┼╋}'≧- 、::::}
      { {::::/∧  ヽ╋`¨¨¨╋┼╋ノ  Ⅵ
      | |:::{/  \  ` ー r----- ´   }'
      { |::::|    ヽ     |      ∨ |
      Ⅵ      l     |={_}=    }  |
       |     ,     |       ,:  |
       |      {     |        {
       |      |     |={_}=     }  |




.



57◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:13:02 ID:dc65ea91





                  _____
              .   ´.:.:.:.:.:.:.::_ -―…… 、
             /.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:..、
            /.:.:.:.:.:.:.::.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
         /´|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: /.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.. ,
.       /.  从.:.:.:.:.:.:.:.:.′.:.:.:.::..:.:.:./イ/,.へ.:.:.:.:.: : .:′
.      〈    .′.:.:.:.:.:.:.:.:j{:/.:.:.:.:.:.:/. //  ∨.:.:.:: :. |
       \ / .:.\.:.:.:.:.: ,:i/、.:.:.:/. /        ∨.:.:.:.: |
         `./.:.i|.:.:.\.:.:.l i| |.: {. ィ≠ミ、       N.:. . i|
        ,.:.:.:.:.:i|.:.:.:.:.:`八  {.:.:.,. Vツ     r扞ァ }.:./j{      ということで、次はレンティア国家の研究史について論じていきましょう
       //.:.:.:.:八.:.:.:.:.:.:.:.:ム l.:.:.′         ヒソ /7.′
     ,  /.:.:.:.:.::.:.:.7`¨¨¨≧s。.:.:.′    '    /{
.     ′ /.:.:.:.:.:.::.:.:八_ ----_∧.:.:.:. 、  、 _   ′.,
.    /   ′.:.:.:.:.:.::.:.:/.      ∧.:.:.:.:>--- 、 イ. ′..:,
      |.:.:./.:.:.:.:.:.: ′___     、.: ′    〉..|  ,.:..:′           γ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      |.:.ハ.:.:.:ハ.:.}´: : : : :.≧s。  \{ト、____/l.. |.   .:.{            | は~い       .|
      |.:.| l.:.:| }/|: : : : : : :. ':. : \_.  \   |.:从.  ノi             ゝ________,ノ
      八:{ |:.:.|.: |: : : : : : : : :': : : : :`¨ - ___ノ ′
.           ∨′ |: : : : : : : :.:.j{: : : : : : 八}: l: :∨
.          ,   |: : : : : : : : :.j{: :┌─────┐
         ′ λ: : : : : : : :: :i|: :〈,.⌒  、i:i:i:i:i:i:i:i ト、
.        ,   l }i: : : : : : : : V: : {ノ.   \- 、i:i |: l
.          /    |l: : : : : : : : :’,: 〈´._    ′: |¨ -.\
.        ′  / 从: : : : : : : : : l: :.Vi:`ー‐、/: : :.′: : : :.\
     /.  ,.   八: : : : : : : : :|: : : |i:i:i:i:ilく: : :/: : : : : : : : l
    /   /  ′ }、: : : : : : :.::,: : :.|i:i:i:i:i:i:i`¨ヽ: : : : : : : :/
   ′.   /   |  .|: ’,: : : : :.:: ′:.:|i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i: `¨¨l¨¨¨´
   |    {.    | r-|」: : : : : : : :.::l:.::.|i:i:i:i:ii:i:i:i:i:i:i:i:i::i |
   |i:i:i:i:i:八   j{i:i:}_l: : : : : : : :.: |:.└─────┘
.   ´¨¨¨¨¨`    f ⌒.|: : : : : : : : :|.\: : : : : :.ハ: : /∨
.           |: : :.:|: : : : : : : : :ト  \: : : :.l {:./ ハ
.            ′: :.j: : : : :.:: : :.:.ム\ \: :.| 八ノ: : .,
.            ,: : : : {: : : : : : : : : : l: : \__〉 | ’,: : : :.′



.



58◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:14:18 ID:dc65ea91




※今回の注意点


        ___,,,-―--、_
      /::. ::. ,,-――::. ̄ー、
     /::. ::./::. ::. :/::. ::. ::. :、ヽ、
     .|::. :/::. /::.:/::. ::. ::ハ::. ::k ::ハ
     |::. i::. /::. ::. ::. ::,イ:/  ヽ::. :i:: ::|
  r-‐Tミ|::./::. /::. ///    ヽ_|:: ::|
 .く  ┤ミ|::|::./_,,ナーレ′  ,,-'´ !|:λ}     ということで、本論は終わりですが、
  ヽ /|t、_レ|/‐yテj=ミ    ィ=テyレ′
.     |:!(t |::.i 《 tしソ    もノノj|       最後に今回の投下分に関して、注意点を
    |::|:ゝ|::..k      ,    |::|
    /λ入|::. :〉、    _    ノ::.:|
   /::|:〉'、ー|:: |Y i´r゙}ュ__,,.ィ'´/::.:/
.  /::/i'、 ゙ーV「VUUj ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /::.i:: k、   / |            .|
. {: :.|::.|  ̄/. i             |
  ヽ::ri:| r'i.  |           .|
   `t:| / !.   |______rfヽ{ヽ__.」




.


59◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:16:16 ID:dc65ea91





          , ―‐ ------  _____   ――‐ァ
          /..。s升.:.:.:.-- _..:.:.:.:`ヘ     /
.         //.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`.:.:、.:.:.:.:,   {
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\.:.′  ∨
.       /.:.:.:.:.:.: ,.:.:i|ト、.:.:.':..:.:.:.:. ’,.:.:.:.:、.::′  ∨         まず1点目
       ′.:.:.:: /.|.:.:|'. \.: ':..:.:.:.:..:’,ト、{.:.:.:≧oイ..
       |.:.:.:.:.:/ |.:.:| \{. \.:.ト、.:.:.:.’,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.....      レンティア国家論についてですが
       | .:.:/ 抖s.:|     抖気 }.:. .;\.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:
 .      八.:/ム Vヅ     Vヅ ′.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:     これを時々、仕組みを現すものだと考えている人がいますが
       /.:.:.:.ハ         / ⌒}〕ト、.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.
       .′.:.{. /\  r 、   イ- /╋〉.:\〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:     この説はあくまで、説明と傾向を示しただけです
.      八.:.:.\{  ≧=- <╋. /╋ ′ ト、..:.:.:.:.:.:.:.:.:.
        >-彡╋┼╋┼╋┼ /i:i:i:i:i:’,. ¨  _.:.:λ
.         /i:i:i:/二二二二二.T ′:_ :-i:i:i: |╋┼╋¨
        /i:i:i:/二ニニニニニニニ .|:i:i:iリ へi:i:i: |┼╋┼╋
.       /..。s升i:i〈―ァニニニ /、:i:/:i:i:i:i:i:i:i ′.,┼╋┼
.      /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i〉ノニ /」:i:i:i:i:7ー<:i:i:i:,’.  ’,╋ /
     ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i_7ニニ〈´イ:i:i:i:i:/:i:i:i:i∨.,’   |. /
     |i:i:i:i:i_ .。o≦ニニニニ ≧o。:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/     |.′
     `¨7ニニニニニニニニニニニニ ≧o。:i:i:イ∨




.


60◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:17:16 ID:dc65ea91





                --‐‐/' ‐‐-
            ./    ソ--     \
           ∠‐       '''''''''' .、   \
         /              \ 、 ヽ
        /                 ヽ ヽ亅
        /        /1      、    ヽ‐‐ヽ ̄ 7
       /     /  /  、      `、   1. │``
       .|   ../ /!  /   '、 、 卜   ヽ  l ,/〉ヽ       つまり、実際にどのように国民にレントの配分が行われるかは
       .|   .j_./_L,/    、 ヽ-┼-  |  │/.∧ ヽ
       |│ .|レ  l/      ヽ|`ヽ! \ .| /」/ .∧ /      別の詳細な研究が必要だと言うことです。
       | ヘ │ョョョョョョ、    .ェョョョョョョヘ│/‐!'ヽ/ .∨
        ││ .|::::::「゙     .|:::::::|  ソ1/  l  │
         ヽ|.゙!  ゝ_/       ヽ_./   !/|  ./  │
         │ヽ               !  |イ│゙、 │
    _..--- 、 1 ヽ           U 丨 ,' | │ ヽ  |
   '´    ´゙1ヽ  |\    ヽ/   / │ / \|  ヽ |
          l ∧l/丶 ..,___,.. '´   !/  :''/\    |
    ''-      ヽ‐7 l   ヽ _丿  .___/゙  _.//  へ  |
     ^'''' _,,........'....l,,_ `t   \   /  ___ノ/ / │ 
      ヾ.⊆二二''‐斗゙''1   人´  /  / /   /




.


61◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:20:13 ID:dc65ea91




               /:::::::::::::/i::::::::::::::::::ヽ        .□■□
               /::/::::::::::/ .|:::;:::::::::::::::::::ヽ       .■□■
                  /:/::::─--/  !::|ヽ--─:i::::::::!、    i.i■□    もう1点 レンティアの和訳について
             |::|::::::::::/|/   ヽ! ヽ:::::::::|:::::::::|    .| | | ■
             |:ヽ::::::/=二_   _二=ェ_::|::::::::!      !.!.!.!.!    レンティアと本スレでは表記していましたが
             |::::ヽ|!´「  .!    .!  / i:|::::::イ     iiiiii 
             `i(.`i:ヽ."-'  _  "-' ∥´)::|     (⌒ヽ    ランティエ、レンティエ、レンチエ…など色々な表記があります。
             /::ヽ|::::i           /::|_ノ::::\   /つ )
              /::::::::|::::|ヽ、__ ⌒ __ /:::|:::::::::::::::::\ ./ |(__ノ
         >彡:::::::::::::|::::|;;;;;;;;;!  ̄ .!::::::::::|:::::::::::::::::::::::> | |
          ///:::::::::::::i´|::::|><   ><{`‐、::::::::::::/  !-!
         ∥´./:::::::::::::::/ .ヽ:|><><><{   i::::/メ、 /_
        ||  |::::::::::::/  _||.--─  ̄ ─-- _.  ∨  ヽ-‐7
       `  !、:::::::/  (  □■□■□■ ) /     /
          \/    `ヾ■□■□■□フ /     /
              |      ヽ        ノ /     /




.


62◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:22:44 ID:dc65ea91




                   __
               ....::::/::::::::::::::::::::::::::::::...
           _/::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        ィ(ニニ/:::::::/::::::::::::::::::::::::::Λ::::::::::::::::::::::.
       ;〈ニニニ7―:::::::::::::::::::::: |:::::/ ∨:::::::::::::::::::::.‘,
         )ニニ7:\::|::::::::::|:::: /:|: /   ∨: |::::::::::::::::.
         {ニニΛ::::::::|::::::::::|:::/ |/ ノ   ::、|\ :::::::: |
        ` 7::: \:::|::::::::::| ―匕    ∨`ー :::::: |
          /:::::::::Y八:::::::::| ≦三  .....  三≧ |::Λ|    どれが正しいんだよ!と言いたくなりますが、どれも間違いではありません
.        /::::::::::::|   \:::{ ι  .::::::::::::   υj/::|
        ;/::::::::::::: \ |::::::|                 |::::|     というのも、言語発音を重視する立場、日本語との一致を重視する立場、
       /::::::::::::::::::::::::|::::::|_    r   ¬     ノ::::|     既に流通している日本語表記を重視する立場があるので……
        / ::::::::::::::: /^|::::::|ニト  乂   ノ__、<|:::::;′
.      /:::::::::::::::/-ニ乂: |ニ', \/ニ厂ニニニV/      ただ、本スレではもっとも流布してるであろう”レンティア”を使用します
..    /::::::::::::::/ニニニニΛニ', ./Ξ/ニニニニ ;
     /::::::::::::::/ニニ∨ニニΛニ∨Ξ/ニニニニニ ‘
    .::::::::::::::: |ニニニ∨ニニΛ /Ξ/ニ=|ニニニニ
    |::|:::::::::::::|ニニニニ\二二/Ξ/二二|ニニニニ
    |::|:::::::::::::|二二二二ニ\ /Ξ/ニニニ|ニニニΛ
   八::::::::::::/,ニニ\ニニニ\ /二ニニ|ニニ/ニΛ;       /|
    ; ∨::::::-/,ニニニ>- _ ニ\二二ニ|ニ/ニニΛ      / ノ
       ∨/ニ/,ニニニニニニ-- L二二レニニニニΛ   / /
      /ニニ/,ニニニニニニニニ',二|二二二二ニニ/ /;’
     〈ニニニニ/,ニニニニニニニニ,ノ ニニニニニ/ /
     /\ニニニ/,ニニニニニ>  ̄くニニニニニ/ /
     \ニニニニ/,ニニニ//\   Υ⌒\/ /;



.


63◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 09:25:29 ID:dc65ea91
ということで、1話レンティア国家論とは?について終了します。
次からはこのレンティア国家論の研究史を、20世紀中ごろの中東地域研究まで遡りつつ
どうしてこの説が生まれてきたのかということを整理していきます。
1週間以内に次の投下をやります。

まだ、定義について説明したばかりですが、質問があればどうぞ。
あと、寝落ちして最初の投下時間過ぎて誠に申し訳ありません……


64普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 10:08:38 ID:36271a5d
おつおつ
レンティア国家とまでは呼ばれないまでの比率でも政治の安定性って効果あるの?
国民については安定するかもしれないけど鉱山とか拠点を抑えれば国家を掌握できる点で軍がクーデター起こしやすいんじゃない(アフリカ感) そういった意味での政治の安定性ってどうなの?


65普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 10:09:05 ID:c0257131
乙でした

前作「並行イスラム論」は難しくて分からなかったけど
これはアホな自分でも(今のとこ辛うじてw)理解できてますw


66普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 10:28:42 ID:e4ec1e9d



67普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 10:29:38 ID:db412f4c



68普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 12:00:59 ID:a1c2f7e3



69普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 12:26:45 ID:2f645774
イスラムより分かりやすかった
無限に石油が湧くならレンティアって素晴らしいのかも


70普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 12:37:08 ID:db412f4c
但し代替技術や資源が現れると……


71普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 13:00:44 ID:f9b5112f
乙でした
>>70
こうなったレンティア国家はどうなるのかも興味ある


72普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 13:10:00 ID:f0164a27

なんか綺麗すぎて物足りない感ある


73普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 13:16:42 ID:c0257131
>>71
ナウル共和国がいい例じゃないかな

あと某スレで知ったボツワナ共和国が
ダイヤに代わる何かを見つけないと20年以内にそうなる可能性


74普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 14:08:52 ID:ae704207
乙でした


75◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 18:06:08 ID:dc65ea91

皆様見ていただきありがとうございます。
前回もこの普通板で、学ぶスレの方を立てさせていただきましたが
ややマイナーな題材で、理解しにくいところがあったかと思います。
今回は前回よりメジャーな話題を選びました。



76◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 18:06:39 ID:dc65ea91

>>64
これに関しては計量分析を行った[浜中2007]論文があります。
この論文では比率が20%程度までの国を対象にしていますが……
国民一人当たりの所得が8000ドル程度までの国はレンティア国家が少ないと考えられています。
また、8000ドルまではレンティア国家・非レンティア国家ともに民主体制への移行確立が高いと見なされています。

逆に1万ドル以上を越えている国には非レンティア国家が多いようです。
そのため、比率より経済成長が持続できているか、高い国民所得を持っているかが重要になります。

※ただし、この論文は推測の上に推測を兼ねているので要注意。



もう一点、軍に関しては確かにそうかもしれません。
兵士級は給料が豊富であれば満足するかもしれませんが、士官級以上の教育を受けた層は疑問に思うかもしれません。
そう考えるならば、レンティア国家は軍にとっての抑制効果にはなりにくいのかもしれません。

ちなみに、通常非民主的体制において、軍の脅威を減らす方法は3つあります[木之内 2016]。
1つは人事の操作で、左遷、解任、引退、国外追放、自身を支持する軍幹部の厚遇(ここにはレントの配分も含まれる)などがあります。
しかし、この方法は冷遇された軍幹部のクーデターを引き起こす可能性があります。

もう1つは、準軍事組織・民兵などをつくって軍に対抗させる方法。
しかし、これも軍全体の反発を買う可能性があります。

最後の1つは大衆ベースの政権党を創設することです。
通常軍による権力掌握が内戦を避けるような手段を取る傾向にあり、また民衆への攻撃は軍の反発・解体を招く可能性があります。
そのため、政権党が民衆を動員すれば、軍は民衆の反発を恐れて、政治への介入を抑える傾向になります。

※例えば1952年エジプト革命、1980年トルコクーデターを見れば、当時の政権が民衆の支持基盤を失っていることが分かります。
※また、軍が内戦や民衆への攻撃を避けた例としては、ソ連8月クーデターなどが考えられます。


引用文献
浜中新吾.2007.「中東諸国における非民主体制の持続要因 -レンティア国家論の計量分析-」 『国際政治』148: 43-58.
木之内秀彦. 2016. 「権威主義体制下の選挙・議会・政党:再考」 『鈴鹿国際大学紀要Campana』22: 29-30.


.


77◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 18:08:04 ID:dc65ea91
>>70
>>71がおっしゃたナウル共和国はその典型例ですね。
中東の事例でいうならば、バーレーン・ドバイなどがあります。
この2ヶ国は石油枯渇前に、金融・観光・流通に力を入れて、レンティア国家からの脱出に成功していると言えます。
この点に関しては、後に本スレでも紹介します。


78普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 18:28:54 ID:36271a5d
>>国民一人当たりの所得が8000ドル程度までの国はレンティア国家が少ないと考えられています。

>>逆に1万ドル以上を越えている国には非レンティア国家が多いようです。


どっちだよ(混乱) それか国民一人当たりの所得8000~10000にレンティア国家が集中してるってこと?

あと今回淫夢要素はありますか?



.


79◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 18:58:40 ID:dc65ea91
>>78
すみません。
10000ドル以上の国にはレンティア国家が多いということです。

淫夢要素については言うまでもなく出す気はありませんので、安心してください。




80普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 19:05:42 ID:36271a5d
ありがとうイッチ 期待してます


81普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 20:47:07 ID:d949d368
質問に対する回答が参考文献とともにサラサラでてくるのがホントすごい


82普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 22:25:31 ID:19ade019
嘘つけ絶対出すゾ


83普通のやる夫さん2017/09/04(Mon) 23:05:07 ID:732c9797
>>79
直感的には所得が低い国の方が天然資源等の比率は高くなりそうなのに
何でだろう?
人口比の資源量とか?


84◆gKNcHiCsig2017/09/04(Mon) 23:42:17 ID:dc65ea91


>>83
確かに、資源には経済成長に負の影響を与える効果があります。(これについては本スレで後述)
しかし、それはあくまで経済成長がしにくいのであって、成長しないわけではないのです。
そもそもそこまで天然資源に頼っているならば、多少なり経済が発展している可能性が高いのです。

[浜中2007]を見るならば、1人当たりの国民所得2000ドル以下、2000~4000ドルの非民主的国家に対するレンティア国家の割合は4%程度。
そして、これらのグループ発展途上国は民主体制への移行確立が少ない(1%、2.5%)とされていますが、レンティア国家の割合は少ない。
つまり、これらの発展途上国において非民主的体制を維持できている理由は、「レンティア国家論」以外の要因によって維持されているわけです。


.


85普通のやる夫さん2017/09/05(Tue) 00:06:35 ID:e06278ad
ふと思ったのですが、日本国債もレントの条件満たしていませんか?
最近日銀が引き受け始めた→外生性(裏づけ資産なくても発行できるよ)
国の予算に入って、→直接性
公共サービスの原資になる→非稼得性

仮にレントであった場合、40%というのは総発行額/日本の総資産額と、年間発行額/GDPのどちらで計算するのでしょうか?


86◆gKNcHiCsig2017/09/05(Tue) 00:51:18 ID:d0fdb506



>>85
日本国債を含めた公債は基本的に誰かが購入しなければ成り立たないわけですが
日本においては、一般金融機関が6割弱購入・保有しています。個人なども含めれば7割になります。
この購入、利払い、償還によって個人や金融機関は明らかに国内経済に関連しています。
よって、外生性はなく、レントではありません。

レントであるならば、国内経済とほとんど関連なく、直接政府の財源に入らなければなりません。


.


87普通のやる夫さん2017/09/06(Wed) 20:09:09 ID:8405ee47
>>86
回答ありがとうございました。


88普通のやる夫さん2017/09/09(Sat) 10:30:29 ID:cb05f38a
>>17
>万年留学生
ん?留学しまくりなんてエリートなんすねぇ。


89◆gKNcHiCsig2017/09/09(Sat) 14:47:13 ID:180fa113
>>88
た、多分皮肉っていっているんだと思います…
実際にはただの留年です。


関連記事

 

講義レベルの学ぶスレが出来る博識なイッチ。
……どうして過去に淫夢ネタを乱発していたのか。いや、アレはアレで好きなんだけど。

 

レントを失うとどうなるか?
そこにシーランド公国だったものがあるじゃろ

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/8455-febc59ca

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /