FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫は心無いキャスターを召喚したようです これまでのあらすじ(6)

ブログトップ > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです これまでのあらすじ(6)




3163◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:08:58 ID:k7fOs2ng0

では、ゆくぞー!


3164◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:09:32 ID:k7fOs2ng0




―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  それで、おねえちゃんのなまえは―――?     |
  乂_____________________ノ



                                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                           |  …………。(フルフル)     |
                                            乂___________ノ



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  お―――? もしかして、なまえがないのかお?      |
  乂_______________________ノ


                                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                      |  …………。(コク)     |
                                      乂__________ノ






                   ___
             ,. -'"´      `ー 、
         /       、      ヽ、
         ,.' ー'        ̄ヽ     ヽ、
       /  .;'⌒ヽ     、ィ=ミ、、       ヽ、     あっ、じゃあ、かぞくとか…………。
      ./  .l:l  ,リ.     |:|  ,リ   ノヽ   ヽ
     / .  ゙'‐‐'"       ゞ_彡'    !  )   i
     /.__  (           )  __ `´   l
    (__) `ー-r'´`jー--‐'′ (__)    /
    i        |   |                 /
     ヽ、      `ー'′              /
      ヽ、_                  /
         `i                  ヽ
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 至純の夢を見る―――。

┃ かつて聖杯の器として『城』に居た頃。
┃ 自我を封じられ、ただ目的を果たすだけの人形だった頃の記憶。

┃ 無自覚にその封印を解いたもう一人の“無垢なる器”。
┃ 彼との交流により、聖杯の器だったリゼットは人格を得て
┃ 人形から人間へとなった。

┃ しかしそれは結果として『城』にいる資格を失うことに繋がるのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3165あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:10:09 ID:9iTRBxaw0
やる夫はどういう経緯で『城』に来たのか


3166あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:11:11 ID:m8oQUK9U0
おじさんに付いてきて、だったか
この時に、やる夫がリゼットに名前を付けたんだったな


3167◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:13:33 ID:k7fOs2ng0




                        ,  ニ ヽ
                      イア   ゆ__) \
                __/⌒ー-イ⌒し~<丶
                  {⌒ア⌒¨¨¨´    ¨` <) ヽ
             (てア´.    ,ィ      ヽノ\
              〉人     / }/)/}八  ハ ,ノ
         ___/   )人( ⌒`   -=ミiV   廴
        `ヽ {  ,ノj/ ハ.  ┌ 、   厶イ ノ Yつ)     この瞬間、何人のラスボス候補が乙ったかしら……。
          <⌒'く 八.___込,_ゝ '  イ ,.ィ   八(
          ><「¨{ニニニニニニニ`Y ノ イ |    ハ
.            ゝ 、 ヽ.}ニニニニニニニニ{´⌒ヽじ|   ノ
           _(¨(⌒ヽ {ニニニニニニニニ}  rく_人(二⊇_ノ
.         (У  〉 __}ニニニニニニニニ{´ ̄`ヽ乙__ソ、
.        __/ /{___{ニニニニニニニニ} r―<しー-く__
.       / /   (_Yレ⌒}/⌒}¨⌒ヽ    `'<二Yヽ
.     イ ′ //(_,. イ廴/乂,ノ_人  )\    `'<二
    /  }ノ  /ノ    | | \       ¨\  \
      ′ /    >| |  \      \  ` ¬==ニ三
..    /   />-='   | |    \      \
...   /   /        | |      \        ` ¬==ニ三
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 6日目のランダムイベント。
┃ グッドイベントによる幽々子の宝具追加が決定。
┃ 『破戒すべき全ての符』が追加される。

┃ ―――魔力消費20で令呪の効果、サーヴァント契約、魔術儀式、
┃ 魔術生命体等の魔術的な効果を全て無効化できる鬼畜宝具。
┃ なお、戦闘中でも【筋】【耐】【敏】のいずれかの比較で勝利した時、発動可能。

┃ ―――間違いなく、聖杯大戦の終結を早めた戦犯の一つである。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3168あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:14:32 ID:BYegbGWw0
駄目になったラスボスはどいつらだっけなw


3169あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:14:57 ID:m8oQUK9U0
これも全部、ゆゆ様って御方の仕業なんだ…!


3170あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:16:13 ID:kX1JrN1g0
結局は杞憂ではあったけど、いつ礼呪で干渉されるかわかったもんじゃなかったからなぁ
取得もやむなしだった


3171◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:19:38 ID:k7fOs2ng0





....|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三|
;...|.l.|: :: :: :i: : : : : : : : : : :..:|.l.| : : : : : : : : : : :l:.: : : :.::|.l.|
....|.l.|: :.:. :.:ト、__人___人___,:1l.ト、__人___人___,:1: .: :.:.:.|.l.|
.;..|.l.|: : : : l!          .|.l.|        .l!: : : : :|.l.|
....|.l.|: : : ∥        |.l.|           .',: : : :..|.l.|
....|.l.|: : :∥         |.l.|...... ,,,.....-----、..,, .,,,,----、,,
;...|.l.|:n:∥          |.l...,,,-'"        "      "'''-、,
....|.l.|:l.!ソ           ,,,-'"                   "'''-、
;...|.l.|三三三三 ,,....-''"と                         ヽ、
....|.l.|:il:',i..゙,,..-'''"   ./|       ,,.-''"                  ヽ
..;.|.l.|:lj゙/     ,卜 |  ./   ./                      ";;;-、
....|.l.|゙く       | || | ./   ./  /       人       ヽ     ヽ "ヽ,
..;.|.l.|:...\     | .|| V   ./  / /  /./  /  | .| . |  ヽ  ヽ    、 ヽ  'ヽ
....|.l.|:: ::..\    | | | V   / / //  / / ./   | .| .|   ヽ  ヽ    ヽ .ヽ   \
;...|.l.|: : : ::|.\  | | V   ./ / /ノ .//.// /   .|  | .|| .||  ヽ ヽヽ    ヽ ヽ  /
....|.l.|: : :.:.:|.....)  | | .V   ./ / ,,/,/,/-,//.// /    .| | || || |ヽ ヽヽ  |  ヽ ヽ/
;...|三三.゙/""| |  V  | /,,.|-"/ / ./ /""'y      |-|'''/|、|,,| |ヽ | ヽ |.|   .ヽヽ
   /"   し | .|  |人 | ;;;;----;;;;,,        .|/ / | | |'-、 | .|.| | |.|  リヽヽ
   \    | .| .|  |. |ル,/'/  ヾ .|";;        .| /  || | ヽ| .|.| || ||   || ヽ.|
    \   | | .|  | || .レ |   '''|         レ.,,,,, |  | / |.|.| |.|/ルリ |ヽ  |     うふふ~♪
      \  | | .|  | ||  , ヽ、__丿        _,,..;;;;;、,,,".  レ ||.| |.|//ル | ヽ |
  __  \|.| |  || |  "'------            "'ヾ、、  |///// / | ./  ヽ      おはようの接吻を~……って、あら?
./、    ̄"''-|.| .|  ||.| "''-"''-ミ               "" .//./// /-| /
..|  ヽ     .|.|.| |  |.|           j      ヽヽミ  /|| // レ ヽ/--、
.ヽ  ;ヽ    .| ∧ .|  ||ヽ      .、----、,,..,,__        ノノ |丿 |   |   |
 ヽ ;;ヽ   .|/ | .|   ||. .ヽ     |>--、..,,;;-フ........、,,,   /,,.-'" | |   |   |
  ) ;;;人  _ .||  | |.|  || . . 卜、   .|     ヽ、____,_  "'''< || | | .| .| .|   /
. ( /: : "''"\"'-.|| .| .||. . . .| \  ヽ、____,ノ  ,,.-、";;、  "'''''-、 | | |  |  ./
  V: : : : : : : : \ レ .ヽ .||. . . .|  |\、     ,,,/  ""'''''''--、  ヽ || /| ./,,-"、
  /: : : : : : : : ::_,,..)_,,.- ヽヽ. . . .|  .|  "'--;;''""/|/""''''''--、,,, " ヽ/ レ |/: : : :ヽ
 /: : : : : : : : ::(_    | |ヽヽ . . ..|  |\  ' ' ; ;//  ""''-、     ヽ  レノ : : : : ヽ
 |"'-、,,: : : : : : \  ./ .|:|.ヽ、 . . . |  | し  /ιフ"'''-、       ヽ 丿: : : : : : :|
 |: : : : "''-、,,: : : ::),.」 .|::|. .ヽ . . . |  |   ./ ./. ."". . λ      ヽ | : : : : : : : |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 聖杯戦争6日目の朝―――。

┃ 琥珀がやる夫のベッドの中にもぐりこみキスをしようとしていた。
┃ 5日目の出来事で色々と吹っ切れたらしく、
┃ やる夫への好意を隠すことが無くなった結果である。
┃ (なお、キス自体はセイヴァーに止められた)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3172◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:24:37 ID:k7fOs2ng0







            r~‐‐ - 、__,.ィ´ ̄/
            ヽ   /´   ̄ ̄` 、
             } /ヽ、       ヽ
             / /ミ v' / / ハ ヾ .ヽ
            ム/ミ /   i.__/// .i ハ! iハ
            /!   i   |/==  ==ハ! !
            / |  |i ⊂⊃    ⊂⊃
           ん从 jl i  l|.  「 ̄i  .ナ |
              V从ハル> ー 'イ.ルハ!         ,イ 〉、
     ___         , "  |  l   /  .へ        /{ / / )      はい―――。
   rくマi ヽ       /    l  ヽ/ /   ヽ      ./爪//)
   {.\)'|  ヽ     ∧   ∧  ./  /    ハ    / l  `爪      『速攻で攻める』のが一の策。
   厂´|  ∧   /  Vノ   ヽ/  /   { /  }、  /  }   ハ
  .′  |   ∧  /   }    /  /     ./   ヽ/   |    |     『この家で待ち構える』のが二の策。
  |   l     ∨   |   /  /     V    ./       |
  |   i      ヽ  {|  /  /       |    /        |     そして私の本命の三の策は―――。
  }          }  ヽ /  ./        l    {        .}
  ∨         |   V  /        .ノ    |        .ノl
   .         卜  廴_/         ヽ   ,ノ}        ノ
   ヽ        {   トミ二三三三三三三.{ヽ   ノ      /
    \        r人============彡} ヽ    ミー彡'
      \      /}  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,彡ハ \  >‐ ´
       ` <.__彡' /  /  `ミ    /   ∧  `´
             ,′ .′      /      i
             |   !              |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 朝食時、集まった面々で作戦会議を行う。
┃ 赤または黒の陣営を速攻でせめ落とす作戦、
┃ 攻めてきた相手をこの家で待ち構える作戦、
┃ そして逃げる振りをして両陣営を誘い出し、
┃ 首魁であるトレーズの首を取る作戦の3つが提案され―――、

┃ 結果として最後の作戦、トレーズを狙うことが決定した。
┃ そしてこの時、『破戒すべき全ての符』のことを全員に伝え
┃ 『反救世主』の契約を断ち切ること、
┃ 『賢者の石』を用いればサーヴァントを受肉できる事などを伝えた所……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3173あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:27:11 ID:9iTRBxaw0
大爆発だっけ


3174◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:29:47 ID:k7fOs2ng0





                             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |      光、あれ      |
                             乂__________ノ



















                          _,,.. -─ ─- .,,.._
                     , ''"´ ―-'",.、.:.:.:.:.:\、.:.:`  、
                    ,. '゙'''''"~´:::::::::::::::\\::::::::"''\"'--` .、
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙'-、''l::::_,.-‐'    '':.:.\
                  , ´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~'‐--‐,     '':.:.`.、
               /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"       .:.:ヽ
                  ,'.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,,,,;;;iiilllliii;;;,,,,       `.
                 i ....:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,ilill''''"""゙゙゙''';lliili;.        i
                i  ...:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::illii'' ‘.'   ,.'   ''ill'        l
             |   .:.:.:.::::::::::::ヽ:::::::::::::::::::゙illii''  .'      ''iilli;       |
              |         /::::::::::::::::::゙iilll;,       ・   ,;iilli;.    |
             |         ヽ::::::::::::::::::゙illii ,  .'        iill;.       |
                l          `;:::::::::::::::: iillil;,  ・,‘    ,;lilii      l
                  !          \::::::::::/.'''iill;;,,  , .' . ,,;;llii''''.      ,!
                  ',            ̄ ̄.... "゙''''''iliiliillli''''゙"        ,'
                  ヽ                               /
                   `.、                              , '
                    \                           /
                     ` 、                  , ´
                        `丶、                , ''"
                         ``'' ー-- --‐ '''"´






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ BADエンド1回目。

┃ 強引にルイズに『賢者の石』を使用した結果、
┃ 真の反救世主が覚醒し、聖杯大戦もろとも島国を破壊した。

┃ ―――なお、DEADエンドではないので、
┃ やる夫だけは(ルイズの力で)何故か生き残っていたもよう。
┃ まぁ、その後は監禁エンドとかメモ帳に書いてあったでござる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3175あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:30:53 ID:J6E7/e7Y0
強制BADにはビックリした
なおその場にいたメンバーで頑張れば普通に倒せる可能性があった模様


3176あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:31:06 ID:m8oQUK9U0
あ、やる夫「だけ」は生き残っていたんですね
…リゼットぇ…


3177あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:33:43 ID:kX1JrN1g0
お、おう・・・

だがそうなのか。友好度的には生かすとしたら赤ライダーもかと思ったけど
そこは嫉妬とかも含めてなのか?

なんにせよ一応(アレな方向だが)どうでもいい存在ってなってないだろうことに安堵しとこう


3178◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:36:15 ID:k7fOs2ng0





       ┃::┃ ||                        || ┃::┃
       ┃::┃ ||                        || ┃::┃
       ┃::┃ ||               _,_,_,_ _     || ┃::┃
       ┃::┃ ||             __rヘ≫~≪ヽ\  .|| ┃::┃
       ┃::┃ ||              _)V´/ / {:ヽ ヽ)∧ ..|| ┃::┃
       ┃::┃ ||              )_j !   ハ斗 ヾ' ∧ || ┃::┃
       ┃::┃ ||__________________________Y:! li ト、j ,ァか }) ;八 .|| ┃::┃
       ┃::┃ ||三三三, -- 、三三 | Ⅴ茂     レ:i::/ヾヽ|| ┃::┃
       ┃::┃ ||    とr‐ __ ゚i,.   \从ヽ ー イj/ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ┃::┃ ||     §(ーミj{\    :レ| i`i::ヘノ}l{ |   黒のセイバーならびに、セイヴァーに最後の“令呪”をもって命じます。     |
       ┃::┃ ||     §:i  Vヽ/  ̄ ヽ レr}x{'】∨/  乂_________________________________ノ
       ┃::┃ ||     § ヽノ {   ; ヽく}厶j }'    }|| ┃::┃
       ┃::┃ ||     §   { |   ヽ ∨`ー.:〈r―x.,イ|| ┃::┃
       ┃::┃ ||     §  └'゚;     入 V:::::::::::|⌒V:/.|| ┃::┃
       ┃::┃ ||      _0     |   / }  ∨::::::::!  .!:{ .|| ┃::┃
       ┃::┃ ||     /∠ヽ.   /}=彡 /|   ({:::::::/ ./::l .|| ┃::┃
       ┃::┃ ||     ><   {\ /   !  ({ /  'γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
       ┃::┃ ||    ー '    ´ ヽ8 /{  /  イ:::::|  『目の前に居る者を皆殺しにしなさい』      |
       ┃::┃ ||               /←‐ '  ィ:::::{ 辷=乂___________________ノ
       ┃::┃ ||       _ -ヘ´フノ  /!´ ({::::::ヽ___j:::::::ヽ‐┘┃
       ┃::┃ ||____i´    );::ヽ_,/::{  ({:::::::::::::::::::::::::::l┃::┃
       ┃::┃ || 三三三|     ヽ;:::}>8ヽ .({:::::::::::::::::::::::::::l┃::┃
       ┃::┃ ||       |    ーrz===}>8 ノ},,㌧;::::::::::::::::::::::::\ ┃
       ┃::┃ ||     ;    , {,,,,/>8'ノ,,,,,,,`ー~z~z~z弋
       ┃::┃ ||          :, }/´ //ニ}ニiニニニニニニiニ}
       ┃::┃ ||      ,    | |ー='イ/| }ニl¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨{¨¨|
       ┃::┃ ||           ィ.├┬─┼::┼────┬{─{
       ┃::┃ ||       } / j |::::|.  .| i |    |::::::| |..|  |
       ┃::┃ ||     /::; )、/{ |::::|.  .| i |    |::::::| |..|  |
       ┃::┃ ||      ヽ::::}'8  { |::::|.  .| i |    |::::::| |..|  |
       ┃::┃ ||      ⌒Ⅵ   { |::::|.  .| i |    |::::::| |..|  |
  ┌┐. .┃::┃ ||     _   }_8  l |::::|.  .| i |    |::::::| |..|  |
  ││. .┃r‐┐    //   }_8 人,l::::|.  .| i |  _|::::::| |..|  |      /7
  _j___!_  ┃|o::{   _//     };8 /∨:!   | i |  l.  |::::::| |..|  |      /7
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のルーラーによる横槍を受けるも、
┃ 『破戒すべき全ての符』による契約解除を行う。
┃ なお、咲夜による令呪の強制は、黒のセイバーは対魔力で抵抗し、
┃ セイヴァーにはそもそも効果がなかった模様。

┃ 令呪を失ったやる夫達は聖杯のバックアップを受けられなくなるのだが、
┃ セイヴァー&アヴェンジャーは受肉したため問題にならず、
┃ 赤のライダーは魔力消費が増えるのは歓迎すべきであり、
┃ 実質、黒のセイバーだけしか不利益を被っていなかったりする……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3179あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:37:26 ID:9iTRBxaw0
この辺の扱いや順序で少し揉めたんだっけ


3180あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:37:36 ID:m8oQUK9U0
黒のセイバーも、咲夜の持ってる魔法石×3使ってもらえば吸われた分差し引いてもお釣りが出るというねw


3181あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:37:51 ID:J6E7/e7Y0
あれ?そういえば黒のセイバーってまだ生きてたっけ?素で忘れた


3182あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:39:25 ID:kX1JrN1g0
普通に生きてるよw勝手に殺さないであげてw

頂上決戦に参加できるほどじゃないけど、戦闘力は上位な方なんだぞ
真面目にセイヴァーになるまでは黒のセイバーをどうやって攻略するか
何十回と計算したくらいには強い


3183あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:42:34 ID:J6E7/e7Y0
ごめん、生きてたかw
だってやる夫陣営Vsその他の決戦した時も
セイヴァーと赤ライダーしか結局戦ってない気がするし
なんというかセイヴァー出てからほとんどのサーヴァント影薄い気がするw


3184◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:43:19 ID:k7fOs2ng0





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              |i |  ≫     `ヽ
              |i | :′       V
二三_           .|i...,、.゙i|        |
        三二ニ≡==-|゙/ ヽ.          | ̄三二ニ≡==―-   ..,__
              /,.-‐:.、ヽ __.   |
           _...-:/'::/⌒ヽ:ヽヽ::::::::ヽ-.、.       / ̄三二ニ≡=ミ
            イ::::::::/{:::{ ,..._ _):} \::::::ヽ::\....   {        // ハ
       /:::,'::ハ:∨ ヽ:ヾー=ニr=r、 \::::};;;::::〉.   ∨     //   .厂
       λ::::ヽ:{;;V   (⌒ヽ─イ-、ヽ Y⌒);:イ‐ァ、     ̄三二ニ≡ ≠
      /::l::::::ハ'⌒>=>' ̄ヾシ   Yノ⌒y⌒Y,ィ    ̄三二ニ≡==―-
_  -‐=゙ヽ::\>、ア´ |    ヽ ___     l !
三二ニ== >ア |     ヽ ヽ ヽ,イヽ | lヽ|   |l!   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      `ー{   ヽ,イ⌒ヽ\\ハ.r‐Vリ ! |,イ ,'!ハ  |   ふふ、やっぱり霊体より実体がある方がやる夫も嬉しいかしら?      |
z    __!i/..|   ヘ \⌒\ヽソノr≠=ト、 ,' /|リ、 \.乂_______________________________ノ
三二ニ=--i.゙人|、 ヽ ヽォ彡ミ、    ´  ノイ/ l/人\ \|:|//////////,|
 ̄  -i:i:i:i / ハヽ  X´      、   -=彡チリ ヽ :\ヽ. 丶.//////////|
.    |:i: / // Y リ>ミ=-    r  ┐   人 \ ヽ ヾ. \..//////,|
    , '  /l l |У  |::::..    丶_ノ   .ィ::::::|ヽ |ヽ、 ハノ-ヽ  ヽ./////,|
   /  ,'::ハl、 ハ  ,イ:::|:::≧ァr- .. イ ト、ノ从ノ!从リノ γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ヽ    !⌒`ーrヽrヽ∧_ノ {|      > `ーrY ヘ_ |  ま、何はともあれ……。 今後ともよろしくね?     |
   \  |   ,ィT>| ii   丶-、 .r‐/    ii.|へ..,ィ.゙乂______________________ノ
     \|  /_......〉_ハ ii    \  /    ii l人/........゙.|
-==ニ」:i:i:i:il_,.゙}....\})人ii   _.-=y‐、    ii.,'T>/........λ
━━━━━../..\.....Yl^ヾk__./  |i!|ヽlT>‐≦|_Y...........ノ.}. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          |\....\lヽ''"´....!Y!,イ|ヽ |!}...............Y......../...l
          | _..\...ハ..............しイリ∨ |!}.._...._.,'...,r'"..,.'...;
       ,へi (ー)>T{=ァこアイ !  |:}ハ__Y(こ_{_フ⌒Yヽ
      r≧>'⌒´ ̄´   |..{k|. 人 |:}..{     `ー<_/!
     f>'        :... ヽk|´  `Tアハ         ヽ>、
      へ            Y! 、_|ハ (辷ニ、    /ー’  __.ィ)
          \.......rチ;rチ≧=-<三三三ニ}===≧y /_/三三三三〃}
          `ーLイ'´    ヽ三三ヲ   rァ ヾ≦三三三三7〃ヾ
              /       丶ニ/     |:   ヽ:三三〃)≦})'う´
          /           ∨     l:   ヽ三〃) ̄ヽ)'
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 『賢者の石』を使用して受肉を果たしたセイヴァー。
┃ 魔力の消耗から解放され、聖杯戦争後も残る事が確定。

┃ 確かこの時点でどう考えてもヒロイン1人だけ選ぶとか無理だと
┃ 諦めたような気がする……うん。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3185あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:44:31 ID:kX1JrN1g0
戦わなくて済んだのはラモラックさんのおかげだから・・・(眼そらし

と、言うかvsリゼット(初戦)、vsトレーズ(黒幕その1)、vs黒の陣営(セイバー以外)と
濃い戦いが多すぎただけやで!


3186あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:44:54 ID:J6E7/e7Y0
個別ヒロインもガンバレばまだワンチャン(震え声)


3187あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:45:34 ID:m8oQUK9U0
幽々子:受 肉
琥珀:10年間一緒の家族
ルイズ:生かしたいなら責任取る他(ry
ライダー:やる夫が支えないと心がへし折れるよね

…うん、どう考えてもこの4人は不可避で、多分、リゼットとアステリオスも入るなw


3188あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:45:52 ID:kX1JrN1g0
これによってただでさえクソ強いのに消耗戦すらほぼ不可能な鯖へとなったのであった


3189あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:47:08 ID:9iTRBxaw0
アステリオスも残留フラグ立ったみたいだしなw


3190◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:49:06 ID:k7fOs2ng0





.       /:.:.ハ:.:.乂ヽ∨ノノ"´   `ヾ`ヽ、、____:.:.:.:.ヽ.
.      {:.:.:{:.:.:./            ∨`ヽ、、____:.:.:.:ヘ
         Y:.:乂j             ヘ、、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!i
       比:.:イ         :           ト≧:.:.へ:.:.:.:.:.:.:.:.i:!
          Ⅳ:.:{       :     ____Ⅵイ// V:.:.:.:.:.:从
        Ⅵ:.:!   ______,;  _xィ//////イ<と j }:.:.:.:.:.:. ∧          ―――そうか。
.         Ⅵヘィ升///// ゙̄<///// j:.:.i:.!..ノ /:.:.:.:.:.:.:.:. ∧
         `i"弋////〈!     ̄    ハ:.:.:i:! /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: ∧         では、以降黒のセイバーを撃破するまで休戦期間を延長、
          从   ̄   :i          ハ:.:.:.iiイ:.:.:.:i:.|:.:.:.:.:.:.:.:.∧
             i:.:ヘ    _,;し‐く:.:.:.:.:.:.、/:.:.:.:.:.:.:i!:|:.:.:./∧:.:.:.::.:.:.:.:.∧       第三勢力に対しお互いに積極的な協力を行うという事で。
          ハi.:.\xイ!:.:.:从;、;、;、;、;、j:.:.j:.:.:.:.:.| i:.:.// : ∨:.∧:.:.:.:.∧
         ,'.:.:.j:.:.:.:j:.vハ'<二二ア"∨"´:.:.:.:.:i! ∨/: : : :∨:.∧:.:.:.:.∧
            ハ/从: :`´:i!  ー    j.:.:.:.:.:.:.:.:i| j′: : : :.:∨:.∧:.:.:.:.∧
        /: : :.Yi:|: : : И     ,イ.:.:.:.: : i :j!:./: : : : : : : :V :.∧:.:.:.:.∧
      ...:.´: : : : : :Ⅸ:.:.:.:.:.:`"`"`"´:.:.:.:.:.:.:.i:.|/ /: : : : : : : : : !ニニ==
     / :/ : : : : :.:/: i∨ :.:.:i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:N! /: : : : : : :(:::): j三三三ニ
.    /: /: : : : : :./: : l Ⅵ:.:|i:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ル′/: : /三三三三三三三ニ





      /  《:/::::::::/:::::ノ                ヽ
      '    》{:::::::/:::ノ   /   |         ハ     ,
    /    《::!::ノ:::ノ .!  |   |       ′|       ,
.   /     《乂〃  |-‐'''i  ̄ ''ト 、    .,'  }       }
  /        イ、/    __   .'、     /- 、′     |
  /     i´ノ::l}   、  弋 f卞ミヽヽ   ,'  / ヽ    , |
. /      ノ´乂ノ   ヽ  ! 弋辷ノ  ヽ イェ ュ 、   , イ ,
/    /::::::::ノ      ヽ ',        ヾ 辷ソノ`  ./ //           魔術契約はどうする?
   /::::::::/  {       ヽヽ       '   `¨/ / / //
 /::::> ´     |      ∧ ヾ   , -      , // .//             まさか口約束だけで済ませる気ではあるまい?
/::> ´      乂    ∧     ー ´   ノ./'| | ノ    __ , -、
/         , -ァ‐、- 、.∧ 、       イ    ! !    / __/  ィ}_
     /   イヽ /, -≦ニ≧、 > -< /   / }    /   /  _}_
   ./    .〃, ≦ニニニニニ\    /    / .!   ,′         }
  /     /≦ニニニニニニニニ≧ 、   ノ .ノ   l        `ヽ
  /     ./ニニニニニニニr――――‐`/> ´    /      > '
. /     ./ニニニニニニニ/ニニニニ}<イ/ニニニ≧、   >'
      /ニニニニニニニ/ニニニニニ,  //ニニニニニ\ /
    ./ニニ|\ニニニニ/ニニニニニ/  //ニニニニニニニヽ
   /ニニ/ニニ\ニニ/ニニニニニ/  //ニニニニニニニニヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ やる夫とルイズが黒のセイバーを匿ったことを知った赤の陣営は
┃ 黒の陣営と契約を交わし第三勢力の排除を目的とすることに。

┃ この際、赤の陣営(咲夜)が用意した契約文には
┃ 『反救世主』の擬装がされていた為、以降はリゼットの余剰魔力が
┃ 『赤の大聖杯』へ供給されることになった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3191あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:53:17 ID:9iTRBxaw0
リゼットと会話する機会あったら契約切らないとな


3192あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:54:50 ID:m8oQUK9U0
後は、咲夜なら切れないのかね


3193◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:55:10 ID:k7fOs2ng0






         / ̄ ̄ ̄\
       /  ー  ー 丶
       /   ( ー) (●)
       |     (__人__)
     /〈 ヽ   `⌒´/
     ノ`ー、ヽ \  ‐r┘r<_ハ勹、
    /    \\ 〉‐<ト、 `ーヒニソト、     幽々子の言う通りだおね。
   /      \\ \〉  l|  l |
   〈           \\ \ノト-┘|     もうルイズはやる夫の中で、大きい存在になってる。
   l.l         \\ Y   |
   ||      l/       \ヽト、_ ノ     だからもし、辛いと思ったら何時でも頼ってくれお。
   ll     .イ!       ヽハ{
   |   〃l!ト、       ヽ\
   |     》 `┬<__   ヽト、
   l   / 7´ ̄`ヽ    `ヽ   N
   l     ノ      人         ト、
   ヽ、_______ 人      |∧
       // T   フハ       l il
        〃   l       ハ    / l|
       〈    l  /      ヽ、_ノ个〈|
        ヽ  |Y/        / l
        \ハiノ          / /
           {         / ,'
           |        ,' l
           |         /  |
           |      /   ,'







        /  / / / /        、 l   |  ヽ ヽ  |
        | /  l ,' l   / !.      l  !  !  |   l  |
        | l   | | ∧ |  l       | /|  ∧.  l   !  l
        | | ート |、| ヽ |ヽ !\ | // //, 斗イ  |  |
        | |  ∨ヾ ̄ ヾー`- ヽl /-ーl/ ´   レ'   |  |
        | ヘ   { ー─ 弋テ   j/ ー─ 弋テ|   ,'   !      …………っ。
        |  }   ',                   /   ∧  |
        イ  l   ヽ ⊂⊃         ⊂⊃/   / !  l
      //   ,'   ヘ            u /   /  |  ',
    //  / ゝ    〉、     __     /   /::`ヽ!  ヽ
   //  ///    /:::个 、  __ , ィ´/  〈:::::::::::::\  \
  //  ///    /:::::::{  ̄ `ヽ  r'  ̄/    ヽ::::::::::::::ヽ   ヽ
. /  / 〈:/       /::::::::::\  ∧∧  /       \:::::::::::::〉    \
  /  /    / /::::::::::::::::::\/ ∧ ヽ/          `ヽ::ハ\    ヽ
 /   /       l /::::::::::::::ー--::\^/::\    }      〉::::!: \   }
 {   ヽ      \:::::::::::::::::::::::::::::`::〉、´ ̄::`ヽ  ノ     /:::::::l:..  \ ノ
 |    \      `ヽ:::::::::::::::://  \:::::::::ノ/     /::::::::::|:..    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズとのコミュ―――。

┃ トレーズ襲撃作戦までの空いた時間を利用して休憩中のルイズと交流。
┃ 彼女と赤のライダーに黒の陣営の足止めを一手に引き受けてもらうことへのお礼と
┃ ラーの鏡によるルイズの隠された秘密を探る。

┃ 結果、彼女には神が授けたと思われる無数の智慧(スキル)が
┃ 眠っていたことが明らかになる。

┃ その事を告げられたルイズは、自分のことは自分で何とかすると言い張る。
┃ だが、彼女に助けられたやる夫は、
┃ ルイズを助けたいのは自分の意志だと伝える。

┃ セイヴァーや黒のライダー、琥珀らの気持ちに気付いているルイズは
┃ やる夫の言葉に素直に頷くことができず、
┃ 琥珀がやって来てうやむやのまま時が過ぎていったのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3194あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:55:56 ID:m8oQUK9U0
神が授けた、って言うか…w


3195あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 21:56:41 ID:9iTRBxaw0
真実は(ry


3196◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 21:59:50 ID:k7fOs2ng0





               ____
             /  ル  \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    ……改めて見ると酷い絵面ね。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \     言うなお。 ……言うな。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



               ____
             /  蛮  \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \      なぁ、これ俺までやる必要あったんか?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




               ____
             /  レ  \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    お揃いだね、蛮ちゃん!
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \




               ____
             /  騎  \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    おい、何故私までこんな真似を……。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \





               ____
             /  ア  \
           / ─    ─ \      あはー、折角なのでつい♪
          /   (●)  (●)  \
            |      (__人__)     |     まぁ、攪乱にはなると思いますよ?
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



               ____
             /  救  \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \      サーヴァントは別に必要なかったと思うけどね。
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 101匹やる夫出撃―――。

┃ トレーズ襲撃作戦のため、
┃ 琥珀の宝具により全員やる夫の姿に変装した後、
┃ 街中へ繰り出して行くやる夫達。

┃ 今見ても酷い絵面である。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3197あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:00:52 ID:9iTRBxaw0
本当に酷いw


3198あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:00:59 ID:kX1JrN1g0
よく考えたら誰の姿になっていようが同じ姿になっていれば問題なかったのである


3199◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 22:05:11 ID:k7fOs2ng0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   黒のセイバー、赤のライダー、そして赤のキャスター改めセイヴァーを討て。     |
  乂___________________________________ノ






                                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                           |  討ち取った者には、さらなる令呪を授けよう。    |
                                           乂_____________________ノ







                          _  _
                          / -`.‐、ヽヽ、__
                          /.:/.:.:.:.:.:._l:ハl:.l.:l:.:.ハ_
                       ,イ.:./.:.:/´ ̄ ̄`ヾLr":lミ、、
                         i/.:.:.:.ノ.  ー-、、  ̄´ヾ リ
                     l.:.:.:.:.:l´   ー==、`  r一〉
                       |:.:/.ミ、!           ヾ‐'l
                       |:.:!,⊃         、,冫l
                        トl:.:.`i‐'、      -‐‐、 ,'
                       `i:.:.i  ヽ、     ´  /
                      ヽ」__,--、,、    ./
                          l´, ---==ミ、l トニ,´
                     /三三ニ( ̄ミЛヽ´------、
     _,.ィニニ―ヽ‐ヽ―――‐トヽ‐',=ミ三ニ(ミ¬ __ヽ`=ミ-、,l_
    ムムィ‐<>、 _ヽ 冫‐v―――'    ̄```7/ニiト、.   ノ l
    ,>ニヽ_,.イ.l / ,ノ,ィ‐、-------、_, -‐'"´ ̄ ̄ヽ、ヽ /‐┘
.   l:::::::::::::::l__,,゙_j|_...,イ.  /,ノ⌒i ィ<o        `i´ヽヽ、
.    l:::::::::::::::::l、゙ ̄|! ̄./  ././  /ー、ヽ、            ハ ヽヽヽ、
   l:::::::::::::::/├'´|.     く,..゙|  〃  |   ヽ、 O      ハ.  ヽ、ヽヽ
    l::::::::::::/  l,/ゝ、. __j|__ /       ヽ、 ,、     ハ   ヽヽヽヽ‐‐、
  ,ィ!:::::::::/   ヽヽ,/i>.゙ ̄|「 ̄.  ,l        ヽ`′     ハ  ゚.イ i ├ニト、
 〈::::::::::::,'      冫::::::l´`ヾ、.|! i ̄フ          ヽ、     l  ゚ l   l vヽヽ'´
  ヽ:::::::.ヽ,    ./. 十::.ヽ、.. |.. /.ハ          / ヽ、   l ・.ノ  l、ノl ト'
  }:::::::::::::i..  __j!__. `ヽ、_//_ノ         /   ヽ、 l /    .|,、V
  l:::::::::::::l /...:::  ̄|! ̄:::::::::::::::::::/               ヽ/       .l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 計8画の令呪を消費してやる夫達の思惑に乗るトレーズ。
┃ これで彼の残り令呪は12画その効果もあり結果は―――。

┃ 誰一人、情報収集に失敗する事無く
┃ 赤の陣営は黒のセイバー組と琥珀が待っている橋の前へ。
┃ 黒の陣営は赤のライダーが足止めを行う地点へ集合するという、
┃ 考えうる限り最悪の結果を引き当てたのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3200あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:06:01 ID:kX1JrN1g0
正直ルイズ組が積んだかと絶望してました


3201あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:06:12 ID:9iTRBxaw0
この時は阿鼻叫喚だったなー


3202◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 22:11:36 ID:k7fOs2ng0





  ∨ヘ::l r': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::..  : : : : : : : : : : : : .::::::::::::::::::::::/
‐-..,_∨ヘ! l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::. : : : : : : : : . :::::::::::::::::::...  : : : : : : : : : . . ::\/
: : : : ::∨', l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .::::::::. : : : : : . :::::::::::::::::::::::::::::::::::.....  : : : : : .\
\: : : ::∨': : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::... : : : : : . -、::;;,_::::::::::\T:::r-- -、:::::::::::::::::::::::::::::..... \
∨\: : :∨',!: : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::\彳!``ー-ニ=-/ヽ、 .}::::::::::::::::::. : ̄: : :ー- .\
 \ ヽ、_:V.l: : : : :. : : : : ::::. : : : : :::::::T  ̄ >、‐-ニ=-      i! }-'  /::::::::::l ̄ ̄ ̄   ―-  '.,
   ヽ、 ヽ!: . : : :. : : .:∧::::. : : :::::::l  /弋ノu:ソ/      ノフ /::::::::::::!           l
 -=≦`ヽ、l: : . : : :::.  :::r-、ヽ、... ::::::l/ .} _,,..¨¨-i rァ     __./::::::::::::::!      お    l
    `ヽ、!: : .:::. :::::::.::::!`ィu:ソ>:::::::::',  '´   l r'       ハ:::::::::::::::::::::            l
      /: : .:::::::.:::l-l::::lヽ、_¨- '` \::::',      .l l  __ _ 」ハ-― -l  し    断    l
.     /: : .::::::/',:::! l::::∧     / \,      i ト、 ',:.:.:.:.:.:.:_,.-―-...、:.:.!              !
    /: : .:::/  ',:l/::::::::∧   く   \    `ヽ、、!:.:.:.:/:::/;:;:;: ̄ヽ、:l  ま r-、 り    !
.   /: :::/    /::::::/__ハ   `             .l:.:.:.l::::l;:;:;: : .  .Ⅵ     l:.:.:.:.}      !
   /: /     ハ ̄ ̄:.:.:.:.:.:` ,、    ' ̄     /.l:.:.:l::::l;:;:;:;:;:;:;: : : :l!  す,′:.:.:!     .l
.  //        `,:.:.:.:.:.∥: ::::::ハ`:.:.、      ./  l:.:.:l::::l;:;:;:;:;:: : ;:;: l    ,':.:.:.:.:.;    .l
./            ヽ:.:.:{:{ : :::::::::ハ:.:.:.:.ヽ、  /    ,i:.:.:ゝヽ:;:;:;:;:;:;/ー―-∥:.:.:.:.,′.,___ l
              ヽ:.:ヽ:、: ::::::::::}:.:.:.:.:.:.::',"     / l:.:.:.:`ー--‐¨:.:.:.:.:.://:.:.:.:.:.,:.:l__
               ヽ:.:.ゝ、ニ=-':.:.:.:.:.:.:_,.ヽ、  ./  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.:/:.:.:.:.:./:.:.:./::::-、_,.-'´:::::;.- ー
          __    ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  l 〉    rニ=!--:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./:.:/:.:.:.:.:∥:.:./:_;::::::/:::::::::::/ . : : : :
      ,.-‐.'´. ,. -'´:::::::::ヽ、>:.:.:.:.:.:.:.:.:/.   ′    l:.:.:.:.:`' 7:::::7:.:.:/:.:/:.:.:.:.:.∥/:.:.:.:.:.:)::::::::∥ . : : : : : :
    /. : : : : /:/:/ ̄:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ト、___    __l:.:.:.:.:.:.:/::::::/:.:.:/:.:.:.:':.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:./-、::::::{ . : : : : : : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のセイバー組&アヴェンジャー VS 赤の陣営
┃                        バカ
┃ ―――となるはずの戦場は、1人の決闘者の手により
┃ 様変わりすることになる。

┃ 元々この戦場には、10年前の聖杯戦争のサーヴァントで、
┃ 何やら因縁がある琥珀と藤井蓮が邂逅を果たしており、
┃ 琥珀の信頼度の無さから赤のセイバー組と一触即発の様相を呈していた。

┃ しかし赤のバーサーカーの発破により、
┃ 赤のバーサーカーとセイバー組は戦線を離脱。
┃ 結果としてこの場での戦闘は、
┃ 黒のセイバー組&アヴェンジャー VS 赤のアサシン&赤のアーチャー組
┃ となったのであった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3203あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:15:35 ID:9iTRBxaw0
ラモラック卿がいなかったらやばかったな


3204あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:16:38 ID:m8oQUK9U0
ラモラック卿が居なかった場合、黒のセイバー達は確実に死んでたからな…


3205◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 22:19:36 ID:k7fOs2ng0





             ,ィ=-、
             〈,'_:.´\
               `¨\. \       .ィ'⌒
. _..-シ'′ ,ノ./.        \. \   /'.,ィ‐、 ゛ ./   /   ._..-'"゛ _..-'″
../ . l゙   .,i''レ′      ,ノ/..\. \,'/_ト\゙\.  _../   .,i',゙_z-‐'"  メ し¨¨" ̄ ̄ ̄゛て_ニニ--‐''" ̄ ̄ ̄
 /゛ ./.       ,.=ォ,..-‐‐ァ‐ィ⌒'´ ´ 、 \メ、:.\.     ‘゛     . _ノ
'"  ..i |... ィ=≠¨´:i:::.、\::::::/,. i . ;、  ゙ 〉゛Y. `ー=、i___ _,..゙_,, -ー'''"゙゙'”
  〃./   ヤ::::::::::::l::ヾ:.) i::,'.イ .i i'__i_i ,′∧:.、..:、ヽ.'  ̄ ´ ゛           ______
 / し.     マ::::::::::;:::::ゞノイ八i!l!イ,=,,!lノ .' ,'ミ、゛ヾ.、 i、.         _z-ー¨¨¨⌒´   ⊇ニニ二二二二
/゛         マ:::::,",ニ=┐|' r゙'メリ'ゝ'´!,'/ /_ミ、ヾ.   ト.゙、...z─-‐'"                -‐‐ニ二
         マ//.::::::::ム. l.__   /,' ,イ,`)ミ、   . ノ:.\、        γ  ̄ ̄ ̄エクス ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      〃  )〉:::::,ゝ==メハ`´ _ノ','ノノ-イヾ、 . .::i!ト、:::::.\       |   『約束された―――』      |
.     /.!  !,/.::::/イ´ ̄ ̄``ヽー=彡'トミ、ミ、ヽ、.:::ノ|! \:::::.\      乂_____________ノ゙、
.    i.l",!... 〈'::::://ヾ.      》ヾ ̄ヾ、ヾ、:. `Y ヽ.  \:: :.\ ャ――z                     ___
.    ,ill |  l....`ヽ〈、 ヽ.    ,./ _,、`〉:::iゝ、ヾ メ,       \  /  /                    `\ ̄´
.   /リ ,! ./  }...,.>、- __,.ノ'_,/バト、::::Yヾ.人/    lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、                     ヽ
.  i''i.!   .ll゙... ィ´.:::::::/ハ_i'¨:::::::::/,'イi!」:.\:゙iミ、`ヾ... ∠,,、 -z    ,r――― ''"                        ミ
  | |    .!.  {.i:::::::::,'i i!ノヽ!:::::::ーテ'‐'!:::::::.、ハミ、 ノ 〉   、 '"´,、ィ   /....\  \
 ││./ l.   乂:::::/'| i|'´⌒ヽ、:::| !.|i!::::::::ノハ〈ミ、`..、 '" ,、 '":ツ   /    \..|^l          'ニー ,,_
.  l   l .!   .ネ Y.' |.i!  ヾ. `i | !::::::メハ」.゙、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡.            `'-、 .`''-、
  !  l l    ! /  |!! ,.ミ、   /!メ!i!:::::,イ!゚!...| ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │.  \            \  廴__
  ヽi .||    l゙i,   リ′ミ、 /.:::::||:::::/.::|i |/i '´    / /l/.     ,/,_ | . \  \          ゙''-、
   |  ″.   メ' . '´  ミ、/.:::::,イi!::/  :|l !::|  `ト、〉 //       l_,'" | .|.   \  \              ゙''-、
、  │     ノ" ,、   ヾ、/:::::/ ||/i  ヾ! :|   ヾ、〉.      ;‐i         {_,l゙     \  \             ゛
..ヽ、i,,ト...  ノ',.ィ'".;.ヾ、  ヾ、〉:::::> レ′.:  ノ ト,   ハ、〉.   lニ ニl              \  \゙i
.  ゙!//! . ィ'ィ';;!;;;ヽ、;;;;;ト、=.、 <::::::i    |::   :::i!  乂i.    〈/!_|        /{         \  \
   l.゙ノ《;;〈;;∧;;;;;;;;;;、;;;\ヾ.i::::::ヽ.   !:   : ::|  ハミ..;‐i         |^l. !     l.!イ.   \  \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のライダー VS 黒の陣営

┃ 2対8―――ルイズが実質戦力にならない事を含めれば
┃ 1対8ともいえる、無謀な戦場。

┃ しかし赤のライダー・ローエングリンは自らの『禁問の戒め』を解くことで
┃ 発動する最終宝具『聖約変生・聖杯騎士』を用いて黒の陣営と互角に渡り合う。

┃ だが如何に赤のライダーが強力な英霊であり、
┃ 円卓の騎士達の宝具を一時的に借り受けることが可能だとしても
┃ その戦力差は明らかであり、徐々に追い詰められてしまう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3206あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:24:23 ID:m8oQUK9U0
これ、トレーズinトールギスでも負けるレベルの戦力が相手だったんだよな…


3207◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 22:25:13 ID:k7fOs2ng0





               |||||  l                                  ,i / l         /
               ;|||||  !                                    / / .l゙           /
               : ||||| '.|                                  !i./ !           /
                |||||  .!    |.               ,==―ニ==―.      !l゙ ./          /
                |||||  .!  |  |            ,ゝ-‐'´.    |..゙``ヽ、      〃 /       /
                 ||||  .|  |、 |,.        ,イ´         |... 、  ヽ     l! 、/.       /
                  ||||  !  l、.|.!.      /.           |..  ヽ  ∨   : .",lゞ         /
                    |||  !  .l.! .}}.    ,.',.          │   i ゙、 i∨.....,i /.       /
                     |||| .l  !.! | .!.   ,.イ ,,′/,' i  i トi!.. |...  !゙゙ i :ト   l/       ,i′     .、
                     ||| !  | ! l .|.゙/´ / ,'i i! i、 ,'!、 l |゙'i!....|゙i  i!ト、 !; i ヾ..l/      ,〃     ,il./
                      |||,.:|  | .!.! .|...... ヘ !.! ,'!`kミi、i_、!.! ! lリ!__,!!_`i!  〉 /      ,ill″  .,i'.,i〃
                     ,|||l〃 .l .l| .!   ハ ト!,ト、!弋ノヾヽ-!仗:::ノi!'! i;),ノ  ゛...ヽ..   ,《′  ,iリ/゙"
                      :|||l;; .} } . l!.._,ィ:':´i!!リyノ``¨´ ,   |..=' ノ!.i彡'、ー-、  ,、_..../゛  ./〃
                      ||||l 、| ″ .!゙\: :.|:!:ト!' i.、 ‐_‐--,li.. 'i|: i':i|: : \ゝ': : : : : :゙/   / "
                        :|||〃  : |.!: :\ヽリ'.:'/i;;>`.__¨..!|..゙';;/,'!: !'i゙: : : : ヽ、: : : /   /
                  _      ||l、   !   .ll.../_,、\\___..|,!;;;//.:i !ヽ: :.,i゙: : : i: : /   /゙;;;;i
             \ヽ人_从人__从_人__从_从人__从_人__从__人/..}! .、.゙人......i′..../..゙/   /゙;;;;;;;|
i,,          ≧       カリバー             < |.| iリ /: :ノ../ :´: /゙/   /゙;;;;;;;;;;;;|
lllli,、.      -=ニ    ―――勝利の剣ーーー!!!    ≦ !.l ./|..゙: :ノ.゙/..: : //   / ;;;;;;;;;;;;;;;;|
llllllllii,、         ≧                         ≦..゙! | l゙,!:,ィ'. /  ./   ./;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i
..゙゙!lllllllii,、     /Y⌒YWW⌒W⌒Y⌒WW⌒W⌒Y⌒W⌒Y⌒Y\ ,! |/ |  ,il/..:....,i′ /     .,,/   . _..-'"
  ゙゙!lllllllii,、                       ヽ川、 .l │ .! ! ."│./.ll゙,iリ./   ./   . ,..;;/″ . ,..-'"
    ゙゙!!llllllii,、                         ' li..l  .l, .!  .!!  |,i".i!'"iゞ  ./  ,-'シ" ._..-'″     ._.. -
\.    ゙゙!!lllllii,_                         ″  .l,!  ′ ″.゛    ,/,/./_..-'″   . _,, ‐'"゛_
  `'-、   .゙゙!llllllii,,、                                  : ″.イ‐″  _.. -'''"゙,,,,,...__`ヽ、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のライダーがトドメの対軍宝具を発動した時、
┃ 『円卓拘束』の封印の半数が解かれたことにより、
┃ 赤のライダーは『約束された勝利の剣』を振るい勝利を収めたのだった。

┃ ―――事前に『諸神永命』を得ていなければ、
┃ 消滅が確定するほどの莫大な魔力を消費して―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3208あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:27:44 ID:m8oQUK9U0
黒のライダー、マスター(リゼット)の想い人に渡した林檎が、巡り巡って未来のマスター(リゼット)を助けることになるとは思わなかったろうな


3209あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:29:52 ID:kX1JrN1g0
あれ、トレーズでも無理だっけ?
きっちりとは計算してないけど


3210あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:30:34 ID:kX1JrN1g0
封印の半数>あ、やっぱり他にもあるんだ・・・
全部解かれたらどうなるのやら(震え声


3211あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:32:23 ID:m8oQUK9U0
>>3210
封印の半分が解けないとカリバー使えないだけで、全部解けたからどうこうって訳ではないはずやで!


3212◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 22:32:37 ID:k7fOs2ng0





\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
 ≫                               ≪
≪   我らの事は気にせず仲間を救いに往け!      ≫
  ≫                               ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ./ : : : : : : : : : : ,.'{: :.:i: :.:|: : : : : : : : '.,
. -=彡: : : : : : : : : : : / ',:.:.| ̄|: : : : : : : : : .',
  /: : : : : : : : : : : /-‐-',: ! .|: : : : :,:、: : : :.:',
../:.:___: : : : : : : : : /    ',{  |: : :/ /:.:,、: : :',
`¨ ̄./: : : : : : : : : i.z===ミ  j:/-‐/,:イ、}: : :.}
    { : : : : : : : ,_:.:|          l z==ミ/: : :.,'
   | : : : : : /八{          |  /:./:.:.,'  コウケツ? アイツガ?
  .∠: : : :./:ヒ/.   ____ ´ ∠: イ:.: :.:/
 ...//|/l: : :∧ u ∨ ̄ ̄ `丶  /: :.:/
  ′    l: : : : lヽ.   \____/  ,.': : :/
        |:.: : 从 \       ,.イ: :.:./
        レ|:八| `  .> _  .<|/}/|/       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
         ′_|         ├‐‐…''7',      |  (……おい、我らって俺たちもカウントされているのか?)      |
.     ┌‐<_|          |::::::::::::::,'::::',      乂___________________________ノ
   ...ノ:::::::::::::::: ̄∧.        ト-、:::::,'::::::::',
 ..,..-<:::::::::::::::::::::::,'::::',      , |   ∨::::::::::::\____
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                     \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                      ≫                                             ≪
                     ≪  だが、彼らもまた我らの同胞! 命を取る事だけは勘弁して頂きたい!   ≫
                       ≫                                            ≪
                     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\





              . ' ´ `⌒ヽ、
           ./       ヽ.\         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           /         ヽ  ヽ         |  (ふぅ。これだから円卓の騎士は自己中で困る)      |
        i ./  '´ ,! / `ヽ '  ゞ         乂_______________________ ノ
        _レ!小l●::::V:::::●レi  _ゞ___
        ゙''V|l⊃::::、_;、_,:::⊂⊃j|,、-‐''゙
          レヘ::::::::::::::::::::::::/.'iゞ
          _/⌒l;、;_:::::;:::イj,'iゞ         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.        / ヽ、/ニニi|iニニ/´⌒ヽ       |   (やはり十二勇士こそ至高。今回のでそれがよくわかったよ > 赤狂感謝)   |
        |   lox___Xoヽ、 .,.        乂_________________________________ノ



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のライダーの聖剣の輝きは遠く離れた戦場である
┃ 赤の陣営と元へも目撃されていた。
┃ その尊き光を見たセイバー主従は令呪による強制を拒否して戦線を離脱。
┃ 琥珀が黒のセイバーに助勢するのを素通しするのであった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3213あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:36:20 ID:kX1JrN1g0
>>3211
だが待って欲しい、全部解いた場合になにもないとは明言されていないのではないか?
まぁ、寿退社()じゃない限りの場合だと消費魔力的にも死亡フラグでしかないが


3214◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 22:38:10 ID:k7fOs2ng0





                      _
           , -‐'" ̄ ̄ ̄ ̄ `Y〈"i‐- 、
         /"      l     ヽヽl~i―--ヽ
       /         l      l`〈l,、  /ヽ
       / //  l l  l   l      ヽ、l l ̄/ ll
       / l l l l l l  l   l      ヽヽl、/ /l
      l l l l /l _l__l  l   l , -‐ 、   ヽ'、lヽ/.l
      l l l_l l'"、l l、 l   l'/'"_ヽl    ヽ, l l/
      l l、レl.l _,<ヽ l、l   l 〉,‐ /     ヽヽi      その通りだ。
      ヽl ヽll`' 'ヽ/ ヽl、l  l /      /
        /l'      l'   l'l";;;;ヽ、   /         こやつはセイヴァーのマスターの為ならばともかく、
        、      l   l::l;;;;;;;;;;;;;ヽ、/
         ヽ _,   l  l:/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l'           我らの為に勝算の薄い戦いに、介入する気など無い。
          ヽ  _l   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l
           ヽ /:::l  i_, - ――'"~´`゙l
             ┌l /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l         ―――違うか?
             l/ /:::::::::::::::::::_,-―‐ 、:::::l




            .  --  ._
    ___ _/         ̄ `   .
   f´     /                ヽ、
   l      ∧   / /            \
   |    ∧ \/  / /  /    ハ  、     \
   |   ∧ \ / / /  / / / l li l      ヽ
   |   ∧ \./l  l/r ィ‐r ぐ _/   | ll l i i  ll i l i
   `ー/  \/ .i  レ' r1ノ;:;::l`     レナメl .l i  ll l l |
.    /ll  i i| l  |. tゞ.ー''/    ´三ミ .l i l  i.l l i |         / `〉
   /l |l  l l| l  | """ ~´     i{r' ;::ハi/ / / l i/ !          / /
.  / .l |l  l l| l  |        .  ー '  リ / / i/レ''         / /
  〈  | |l  l l| l  |\    `ー‐   ""/イ' /レ'l          / /
.  ヽ.j |l  l l| l  |.  \         _,.イ .|  i  ll|.         / /
.     从 ハl l  l`\  「  ̄ / // /.|  l  ll|        / /γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 r‐‐ ‐‐→~ ヽへ.j\ \ \  / // //l  l  ll|        / / |   違いませんよ?    |
 {´ ̄ `ヽ     \\ \ \jヽ / ' ///  /  レ       / /  乂__________ノ
  〉  / 乂_ ̄`ヽ ′ \ \ \.   /イ  / /       /´ ̄`ヽ
 i`ー i     i ーへ   \ \  ヽ V / /        i/´ ̄`ヽ ',
. \_|     t二ヽ. ヽ    \ \  ヽ ` ̄`ヽ      i´ ̄ `ヽ  } γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 〈´ .|  ヽ    i  V    \ \  Vハ  _.}     .し⌒〉   / |  私の最優先はやる夫さんですからね♪     |
  Vj|   ヽ    | \!        ̄  ̄`ヽ/´  〉   ,ィi,/ /  .イ   乂___________________ノ
   N     ヽ  ゝ.  ヽ           V  〉   iレ' / イく リ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 現在の琥珀さんの行動AIを端的に示した一幕。
┃ 実際、必要なら黒のセイバー組を見殺しにして
┃ 自分だけ離脱ぐらい平然とやってのける。

┃ 先程の101匹やる夫大行進の時も、やる夫の許可が下りれば
┃ 躊躇なく一般人を犠牲に出す方法を取っていたり。

┃ やる夫の意志や方針は尊重してくれるので、
┃ 非道の作戦を行う時は事前に確認を求めてくるのが救い。
┃ 手綱さえ握っておけば、やる夫の望まないことはしない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3215あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:40:13 ID:m8oQUK9U0
大分、丸くなられましたね(震え声


3216あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:40:38 ID:kX1JrN1g0
ここらへんある意味序盤の幽々子っぽいというか
前作のリオンっぽいというかw


3217◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 22:47:04 ID:k7fOs2ng0









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 / し           ! }: : : : :i : : : : }       '   ハノ: : !...   _z-ー¨¨¨⌒´   ⊇ニニ二二二二
/゛           /....! i : : : : }: : : : :!>、    ー ' ,ィ'}: : : : !:i.....-‐'"                -‐‐ニ二
          ".....} .i: : : : :{: : : : :{t、`ヽ 、___,ィ': :ノ!: :! :ノリ                  'ヘ;;ーz___  .`''-.,゙'
      〃  /.....L__}、 i: : `{、: : { ヾt、  {z!::} }フイノイ.      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.     /.!  !     ヽ ト、 ト、ヽ: : `ァ`ヽ、}'::} i コ  !         |    我が宝具の封を解く敵と認めて差し上げます。     |
.    i.l",!  i′..... ,ィt、{>ヽ!ヽゝゝヽゞ、ゝ:::::!::::! }_} .i          乂________________________ノ
.    ,ill |  l  /{.. ヾ、 /  レヘ }   ヽ、:::::{::::::! {コ. !                                 `\ ̄´
.   /リ ,! ./  }/...... <!    Vヘ !  ヽ、> ' ´ `ヽ!                                 ヽ
.  i''i.!   .ll゙        {       ヽ         ヽ            ,r--、                      ミ
  | |    .!     /l...ヽ       ヽ          }          ./ヽ、_/
 ││./ l   ,, /゛│...ヽ       ヽ        .i.       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.  l   l .!   .ネ !  |.  ヽ        ヽ、      {       |   迦具土の焔を払え―――。     |
  !  l l    ! .}  {.   !         ヽ、    i.        乂_______________ノ__
  ヽi .||    l、.l /..   `t、        ヽ、   !     /  /                     ゙''-、
   |  ″   ∥ .l/.     { ヽ、       ヽ、 { ,ィ―v'´  /.         -.._、            ゙''-、
、  │    .、 .!|.          }  ヽ、       t-、レー―t、_/             `'、`'-、               ゛
..ヽ、i,,ト    .カ, | l.        }   ヽ、       ヽ    ヽ、            \ ヽ, .i
.  ゙!//!    l l ! ヽ、.     {     ヽ、            }..     /{         }  ゙'、|し
   l レl    l !ゝ  .!.   ノ`'      ヽ、           !.    / !     l.!イ     {
i   !、.l    ヽ ,ィ ' ´  ̄ァ、         ヽ、          }    /  │    ,}|′    }       |{
ヽ   ㍉、  ,ィ ' ´    /{ソ`ヽ、`ヽ、     ヽ、_ノ      !...... /    ,!    ./ ゛     イ      ノ し
、.\.    /   ./ ./  {/   `ヽ、`ヽ、    ヽ       /..゙/   /    /       .{   .i| ./  イ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のセイバー&アヴェンジャー VS 赤のアサシン&赤のアーチャー

┃ 赤の陣営はアサシンの「魔眼」に一縷の望みをかけるも、
┃ セイバー&アヴェンジャーの基本性能の差から劣勢になる。

┃ その性能差を山本元柳斎の宝具『火之迦具土』で埋めようとするも、
┃ アヴェンジャーの『合気』により窮地に立たされる。
┃ そのまま勝負が決したかに見えたが、山本元柳斎が自身の腕を犠牲に
┃ 宝具を再度使用することで戦況を覆そうとする。

┃ その驚異的な粘りにアヴェンジャーは自身の持つ神剣の真名を解放。
┃ 『火之迦具土』の炎を全て打消し、勝負を決したのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3218あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:50:37 ID:kX1JrN1g0
宝具打ち消しはやはり強い


3219あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:55:23 ID:9iTRBxaw0
爺さん無茶しやがって……


3220◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 22:56:36 ID:k7fOs2ng0





. ,;:,.'.._| |_ :::;:;:;;,..,,.,.,:;;:'""''''''''  . :..   . :.  .. . :.:.. ..         ,,...;:;:;;:''""'''"";:;.:;;''__....   ::.....;;;:.; "''"''';:;:;;,,.._
   !―i 'i―!.     :.  . . .   . .. ..   . . :.     ......,,,,__...,,;:;'''""'''';;;.......,,,,...;: """'' .'/,.,., ''''''''''''':;:;:'''""''''"":;:;''"''
    _| l_    _      _     _......;;;;;;;;;;;゙_'''"""'''" _.."               _ ,ィ''ヽイ /__;:;:;:;:;:;:;.,., ____
   !―i ,i―!  //     //    //.."';:,.__ //..゙\、..゙//....___..゙"''''''"""'''' _r< v /イ-'-ァ  );:;:,-‐‐‐‐‐‐ー
     |_|  ,/,イ|    /,イ|    /,イ|    /,イ| ,r= /,イ|゙'"  ̄ ≧   _.. ",>r f_/´ _ /ィ"___..........:::::::::::::ッ'"´..゙;:;::''"
:.:          |,|     |,|    |,|.     |,|..jィ''ー'/|,|  . 7¨ヽ  V  ∨_ゝ`ニィヽ 、 ノイフ:;:;:;:;:;:;:;:;シ"                   _
                              イ   :′ /  ゝ_‐ミュ V     -</  !__ッ, "-,. _                  //
                       ,.r<  r 才 !  {   /  r‐‐ト、` ‐/り ヽ- / /! r‐!_一、_r 、                //
 γ  ̄ ̄インクルード ̄ ̄ ̄ ̄カリュドーン ̄ ̄ ̄ ̄ヽ ノV  ゚, ′ /  .!l lY"/ '   // ゙t .'. ー'.ゝ、_, , ヽ... 〃 ̄ \     //
 |   限定展開―――『粛清の双角』!    |.....∨__j .!  l  ノノノ,゙/  / '  リ__ヽ  \ j .ハ_ヽ.....ゝ _ノ\ \ //
  乂_________________ノ    リf U¨ >r ^ヽ/く ◎/ '   /t( 斗゙i\  ` ´ ___ツ',.     \_.\
                            .,-<({、_イ=fヽrー_´j /r‐、 f¨=\ヽ__イノ,"rァ¨ミヾ' . .廴! リ.    f7_//\\
                       ft'´ {   f  ><ーj-/`フ ノi⌒i_j_ノラ'  /∧<¨{r _j/´ソヾミj ` ‐‐ ´.. fニ=i  /   \\
                          ,..:f´.ヾrラ ー  ̄`ー ツ 辷_'イ / ゙  ´〈 У斗 =、…ーv''ヽュシ_;才.      /:マ// l_ヽ   〃 |
                     斗.." ''"´`´ `    _, イ Κヽj_,,__/ _!_ ィ∨ }  t''"   > )´.        /:::::::/‐-彡    ヽ ノ
           .r ''" ''"             \ヽ ' -7 }廴__(シ}iー '"ヽノ、  `7´  .´.         /::::::::::/
      .r ''" ''"                 ____У  ヽ{、__;- ' !>-イ´ `' く 斤.        /:::::::::::/
   ー ''"                      ミ、.{   ..'__`7'''''''"ハ /     jく !ヽ.    /::::::::::::/
                           弋'’辷 斗´_フュッ不’  ` < __/ー〃ノrjト、..../::::::::::::/
                             ` ー '"'"ヽ才´      ` ー=チ-ッ'_.゙/::::::::::::/
                                                     /:::::::::::/
                                                    /::::::::::/
                                                /::::::::::/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ セイヴァー VS 黒のルーラー

┃ 今次聖杯大戦最大級の激突―――。
┃ 黒の大聖杯・トールギスを駆るトレーズと、
┃ 『転輪聖王』を用いたセイヴァーによる頂上決戦。

┃ その闘いでやる夫はセイヴァーを支援すべく、
┃ 『夢幻召喚』により英霊に呼び掛ける。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3221あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 22:59:51 ID:kX1JrN1g0
熱い戦いだった


3222あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:00:22 ID:m8oQUK9U0
絵になる光景だったよな…普通に夢幻召喚しても確殺という壊れっぷりでしたが


3223あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:01:28 ID:9iTRBxaw0
トールギス持ち出してきた時はやべえと思った(過去形)


3224◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 23:05:29 ID:k7fOs2ng0





┌────────────────┐
│  ',|iY゛r       |__,,.,‐‐‐〟 ,'    ....│
│  !i ', !、~""'''` ´冂` _,..-'''!,' ,'   .....│
│  i !、',リ ̄`゛゛゛゛| |゛゛   メ ,.'     │
│  ! l ', ',i、、、  | |  __,,.,' ,.'      │
│  ! l ', ',、"'''‐--| |' ´´__,,' ,'    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
│`ヽ| |  ', ',`~""'''└┘´ ,' ,'  , '  |   『たとえ英霊の座からであろうとも、駆けつけてみせるさ』       |
│ニ´ `‐--------------- ,-'"   乂____________________________ノ
│、 `i i´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄' _,.-     .│
│ ` | |、  、', ',    ,',', ' /.;.;.;.;.;     .│
│   l l "'''-._ゝ',`,、__,.',.'_,.-''.;.;.;.;.;.;.;    │.          __
│   l l    r /、_____,イ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;   ....│         / //\         //∨
│   !i    //    .;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;     .│         / /////\         //∨
│   |l   〈¦ ◯==.;.;..;;.;.;.;...;;;     .│.       / ////////\    //∨
│   ll    ヽ丶     .;.;.;.;.;.;.;.;.;   .....│..     / ////////// \  //∨
└────────────────┘..    _/ /////∧//////∧//∨
                              / ∨/////. ∨/////∧'∨            ,.;'"~⌒'"~
                                /  }.////   ∨/////∧/.       _ _.,_,,('"     (⌒ヾ
                            /!', _/¨ヽ.////{     ∨///// }            ^'ノ⌒ヽ,,._ソ''"
                             / //∧ヽ ヽ  三三∧    r'_ ゜、y'...... _ _,.,_,人⌒`'"~
                           《////∧ ヽ__二-- イヽ   /∧! y'.       ~^`"'ー- 'ヘ.,_,.ソ'ヽ(⌒"'
                       /  ..、//////////////////.\//∨´               (.., 、
                        ●)  ヽ.ヽ/////'7///////////////∨                  ヾ,....ソ
                      ノ、__)  ノイ ≧ー’ 7二二ニミ、//////∨\
                         ,ゝ' ー‐-二__ソ三二 ミ 、}}/./ __,..,_ _,.;'"'⌒'`^~(⌒ヾ、_,, _
                     <.///二二==、、 ̄ `i }} !|.//∨/~"'^(.,_,.ノ'"~`ヾ.,_ソ'
                        ヽ/{ ///// ̄ ̄`}// i. !.//∨////////∧         ―=≡|「|
                          i },///     // / //∨//////////∧....   /|  ./|  |」|」
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ//.!    .// / .//∨////////////......__|  |_l  |_
 |  『待たせたな、戦友―――』   |.../|   // / .//∨///////////..゙―=、_  _   _\
  乂______________ノ.//|__/// ./ //∨/////////////////\..゙|  |  |  |
                         __ イ| l///|.//// ./ //∨////////////////.゙―=≡'´  |  |       「|「|
                      _, <////| l///|./// ./ //∨/////////////////////..―ニ三 ∠_   ―=」|」 ∧
                   x彡,///////| l///|.//' ̄//∨/////////////////////////∠/ ̄ ̄ ̄      ∠ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のランサー・フェルディアの夢幻召喚。
┃ 起動した黒の大聖杯・トールギスの近くにいたからか、
┃ 偶然、この一戦に限り赤のランサーの全能力を再現できるようになった。


┃ ―――なお、黒のキャスターの宝具の影響で拠点の霊地が破壊されていた為、
┃ セイヴァー単騎でも完全勝利可能だったとか言ってはいけない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3225あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:06:28 ID:m8oQUK9U0
アッハイ


3226あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:06:45 ID:kX1JrN1g0
いいんだよ!赤ランサーのリベンジも兼ねてたんだし(強弁


3227あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:07:16 ID:9iTRBxaw0
赤ランサーは満足できただろうしいいんだよ(目逸らし)


3228◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 23:10:46 ID:k7fOs2ng0






.   _.. -''″     .__..__,、           -=ニ゙゙ニ--- -......,,,,,_、     .'`-┷lli..,,,_
. ‐'″  _,,.. -ー''''^゙゙二ri'ニ.... ....、............. ...._,,,_            ゙゙゙゙̄''''lllll,,,,_
..,.. -''"゛          _,,,.. --ー''''."゙.´.゙二二二二,゙;;'''ーニ ミ;;、.'.            ̄''''―
    _,,,,,       ` ̄ ̄ ゙゙゙̄! ,,__.,-、゙!゙゙゙゙゙゙゙..,,,,..uuii、;;;;;;y ......,,,,_,i-............ ......,,,,
-''''゙彡'"゛    ._,,..yr‐ ._,,.. -ー''''''゙゙ ̄´. ,i`-!ヘ.゙'コ=t;;ii、ニ"ニ;;、..゙´`゙'''― ,,,_
...ノ'"  .,.. -''',゙..r''“゙゙“´..リイ゙‐'゙゛= / ,i′゙¨' ヽ.ヽ... r'"'''ニ> ゙‐'~"  `'、. ゙゙゙l `'''ー、、
  _..-'"゛ _..-... ̄巛`-`-`-`-`-√.,i liレll l l l巛;;、``-`-`-`-`-三 ̄`-、 .ヽ    `'ゝ
'"  .,..ッr'"..i′ , `゙''ァ二;;- ..″ / ,.|~r'"゛ - .`゙';;`L.ヽ ゙,゙ ‐二ィ''",,.  .! .'l
.., ''ソ゛ . l .|ヽ、!ニl、 .l..l.  _,゙¬./ .,ヽ.li\....l l..,,゙..-二ノ'. `./ ''レ l./ .ノ`゙''ヽ/  l
゛ l゙....  ヽ !l>\"-・゙〈>、’ . / ./ .`゙''ー二ll ll.゙ン‐'',゙_.ヽ..ヽ._ ヅイ)'''..-/i″./
. !     \ ゙'〈ヽ\-`'' !/゙.,i,゙ . 彡-' ll  . ll,.....;;-ニ,,,,.i|i、.゙く .゙ンンシ゛., ''
  ヽ.     ゙ヽ、"' li.\. / '!二ン;;'!'......ll   . ll llリ!“'''ー二′゙'l彡!'゙_..-'゙
.   `'-、、.     `'ー-二'‐=ミ、,,_;;′'!...ll    . ll                     _..-'´
      `''ー ..,,_.     ゙゙マ'=―`-....ll     . ll,            _,,,.. -‐''"
              ´゙'''ー ..,_.       ll       ll,   . _____ii;;;;;;ニ二......、
.,,_. : =i i ,,、         ,゙,゙;;;;;;;;;; ll       ll              '''''''''''''''''''''''''''"
.  `゙''''~ .`''ー ..,,,,,____ .__ .`゙゙''''~ ll         l! ー''''''''三゙゙..........---;;;;='   ._,,
'''ー ..,,,_         ̄ ̄ ゙゙゙゙̄^.ll          l! .,,,,,,...... -―''''"´  . --l∋´
¬――ー`-′           .ll              ll        _,,.. -‐''"゛
`゙"'''―- ....,,,_    `゙`-`-二,゙" ll            ll  -¬''"´    .__,,,,,,,_,,,,...
'―-- 、..,,,,_、 .  ̄''- ..,,_、   ."ll                ll .-―ー¬''''゙゙゙ ̄´゛
        ̄ ゙゙゙゙゙゙゙゙゙̄'''''゙゙“''' ll                 ll  .、     ヽ      \
           、     .ll                  ll   l.    '、 ヽ  .  ..,
/  . ./    ./       ll                   ll.  ヽ    ヽ .ヽ. \ \
  / /    /       . ll                  .ll   .l.  .、  ヽ. \.\
 /  ./ 、  ,/./      .ll                      ll.、  .l.  ヽ  .ヽ .\ ヽ
″ ./  /  ./ ,i′     ll                    ll.  ..l.  .ヽ  .ヽ ヽ
 /  /   ./ /         ll                     ll.  . l    ヽ  ヽ .゙‐
'" ./   ,/ /    .、  ll                    ,il.l l   ヽ    ヽ  ヽ
. /   ./ ./     /  l'|},.                 ,、'i|リ|ト.l,   ヽ    .ヽ  .ヽ
./   ./ ./     ./    巛〃               |l,.l.l.!|″ l   . l.    ..ヽ
  / ./      ./     ` l.!.!l゙ .! i           'i 、 .!|.!.!「     .l,   ...l,    .ヽ
../ /      /        `!l l .!.! !|1; i . i.ii ;| !.!.| .!`           l   ..l,     ゙‐
" ./      /       l゙    .゙.! 「!.! ! | !.||,!.〉l ゞ.゛     .l     l    .l,
. ‐'″  _,,.. -ー''''^゙゙二ri'ニ.... ....、............. ...._,,,_            ゙゙゙゙̄''''lllll,,,,_
..,.. -''"゛          _,,,.. --ー''''."゙.´.          ,,,.                ̄''''―
    _,,,,,       ` ̄ ̄ ゙゙゙̄! ,,__゙_,,.-ー''''"゙.,,,,..uuii、;;;;;;y ......,,,,_,i-............ ......,,,,
-''''゙彡'"゛    ._,,..yr‐ ._,,.. -ー''''''゙゙ ̄´             `..´`゙'''― ,,,_
...ノ'"  .,.. -''',゙..r''“゙゙“´.         ::   . .. . .. ... .. ..   . ... ... ゙゙゙゙'''''''' `'''ー、、,,,,__
.゙;:._..-'"゛ _..-  : ;:; :; :  :: :;... .. ..   . ... ...  .、丶"''':、丶、`丶.'.;';':;:';'::;:';'..::.;';':;:';'::;:'`'ゝ :;
'"  .,..ッr'"..|:::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'::;:';'; ,. '':';;:::;:;:;;::::.:....;';':;:';'`,,,,-‐'゛::;:';'; ,
__三rーilil ̄|─r‐┬||irr-、v冖v":;;;: : ;: ;: ;:  ; ::; : ;:; :; :  :: :; ":;;;: : ;: ;: ;: ;: ;: ;:  ; ::;
il ̄|─r‐┬|i、_r-lT┐┬il]il]|_三rーilil ̄|─r‐┬r'⌒ヽ'' ,. ,. '' ;';':;:';'::;:';';゙゙゙゙'''‐- 、 ,,,,,__
i、_r lil「l韭l《fニニll ̄'' ;~'',;''゚ ;~'',;'', ;~,;''゚ ;~゚''゚ ;~'',;'',;''゚ ;~,;, ‐''"~ ̄~`''‐ ,.、t''T叮 i¬-、
.ニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬
韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::
;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬韭|  |l::;...;;.;.;ii:i韭lllll":;;;: : ;|韭韭|ニニエニニエニニエ
 : ;:;;';':;:';'::;:';'; ,. '':,.ィ;| ̄冂ilrーilil┬ li┬;:::;:;:;;::::,.‐':;ニ´ィ:爿ヱ;'::;|I|:・:|I-lT┐┬

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 『是・一に還る転生』(演出発動)

┃ ランダムステータスで再悪手、対国宝具未使用で最終勝率350%
┃ 複数陣営を率いて討つはずのトレーズinトールギスを、
┃ まさかの単独陣営で撃破するという快挙を為す。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3230あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:12:32 ID:m8oQUK9U0
これにはトレーズも満面の笑み


3231あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:13:26 ID:9iTRBxaw0
これは酷いw


3232◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 23:18:38 ID:k7fOs2ng0





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \      ―――あれ? ちょっと待って。 飛ぶ? ホワイ?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \






:..:...     )  :  :  :  : . :  : .  :   .,             ,ィ‐- 、__, --、.
:..    .::ふ   :   .  .  :_ ノ⌒ゞ ァ: :  .  .  . .; : ’  ,--//  /____ヽ、..゙:
       ノ :  :    ノ⌒て ... .:(⌒__:ノ : ,:‘.      +.  / イ l ,' イ/ / , イ--- 、_>-、..',   ,:‘
:: γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ〃'/―‐¬―/‐ヽl..’‘ ’‘.; 。        ,.. . ..; ',
:. |  私が敗北した場合、『ルーラー』は聖杯に吸収された後、  |../'´"‐¬l/'  ̄`‐-、.  ,:  ‘          .  :
  乂_________________________ノ ´     `ヽ、二ミ、-、>,     , ;   `      :
   )   )   .  :  :)⌒  . :   :  ::          `チ/ ハヽ.l        ノィハ /-、`ヽ、      ' ,:‘
.: 丿  (_...  :   / .  :    :   :  ,   ,:‘...   ̄ヽ`ヽ,ヾ、_    ,,ィィ _, LrT-、ミ(`_     ,:‘  ’‘   ,
: ノ  ).....l  l    r‐、   ‘       `  , .. .    +.    ,イニヽ、_   .,ィ,,ィ'rテ/   Ⅵ!. l |´.. ' ,:‘.. ...::      ’‘ ’‘.;
::..Y⌒.. ノ  !   / ,イ                ,   ,:‘.。 +  lr'ハ -モ>、   ̄ ̄    .リ ,lミ;l   :
γ⌒.. {-  l  ノ-、//.... ,              ’‘ +   ,....ヽi、   ',           Гヽ'l
:.     |  .l/ //. :   :   :. .; : ’   ' ,:‘          ヽ,   |        ,l ヽl リ . :
::   r‐,l  ,イ r' /   _..     +      ,..        ,.   ヽ,  ヽー _,   / i ハト、.  ,-、.゙:
:::.... ヽ l  l  .l..l ,ィ、´ _l`ニ!               ' ,:‘.. ...::      ’..ヽ  `.  ̄´ ,イ‐┴‐ァ _イ、/.::::.ヽ___,.......-――
:.)   ll  !  l .l/  /-―‐'´  。  ,:‘. 。      ,.. .    .; ',..../\ ___ /_,l, イ_, '´ /,ィ:::::::/...:::::::::::::::::::::::::
::.)   l' ./ _ l/  //´ _,r―-‐, ,     .. '        ,ィ―ィィィ‐rィ―´)r―‐ァア/,..-_'__::::::,.'::,'.:::/...::::::::::::::::::::::::::::::::
.: )......l、ヽ  r ,∠/イ /ニフ.               /./ ,.'´/ / / / /  :/ :ハ::l__,ィ/_:::/.:::l:/..::::::::::, '.:::::::::::::::::::::::::
Y⌒:  `l、 l   r' _ // . ,:‘.         ..;..... / __i i .i i i l/      l ハ!-‐'´,ノ.:i::i::/.::::::::/..:::::::::::::::::::::::::::::
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ::::::/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 |  私自身は聖杯大戦に影響を及ぼせない地へ転移する手はずになっている。    |::/ .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  乂__________________________________ノ.....::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       i::::ll:l     lノl:::::::.ヽ、        ./ /l ./ / l ヽ、ヽ、ノ 〉、__ノ  l、_/  ,.-┘ .V:l::::l ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のルーラー戦後―――。

┃ トレーズを撃破し、自身の育ての親を殺したことを気に病むやる夫。
┃ しかしトレーズ自身は敗北すると別の世界に転移することになっており、
┃ 別に死ぬわけでは無いことを伝え、やる夫を安心(?)させる。

┃ まぁ、不死伝説があるサンジェルマンがそう簡単に死ぬかと言われると……なわけで。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3233あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:21:52 ID:kX1JrN1g0
いつか必ず殴ってやる(決意


3234あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:22:32 ID:9iTRBxaw0
帰って来たら殴らないとなw


3235◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 23:27:20 ID:k7fOs2ng0





          _ ___
         /. : :ー-ミメ:
        /. : : : :_刈ハ}/ノノハ
       」-‐=彳 /:f^ー-弌{      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      _j _彡イ、__{{八   jリ     |   無論、神霊召喚など行えば抑止の妨害を受けてしまうが。   |
      爻{ i{ 气-芸ミ .ィア         乂___________________________ノ
       ハ       :{ i
       Ⅵヘ    、__ jレ
       }:.:.\_rへ  ̄ ′
.       八:.:.:.f==7≧≠,
    _rf斗x<:.:r=7 i 」{乂f二ニfvヘ__゙γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
r==气x .乂7. : :  ̄ : ::才` <: : :oヽ }}..|  その為の聖杯戦争、その為の完全なる神の杯、その為の―――と、話が逸れてしまったね。    |
77i r、 \.{. o: :__ > ´   ∨  ` <:V}} 乂_________________________________________ノ
//| ! iハV }_/. :/      ∨   o{ :弌乢
イ: !」_|L!i {: : : : :\o      V   o{ :i: : : .\
: : : : : : ,^: : : : : : : :\o     ',  o{:.:| : : : : . \
: : : : : 7. : : : : : : : : : : \     ′ 7. ,. : : : : : : .\
: : : :.7.: : : : : : : : : : : : :./\   i ∧ハ: :.γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:. : .:.:′. : : : : : : : : : : : .\:o\  / /7.. |  まぁ、本格的な神霊召喚ではなく、あくまで一時的な交信を行ったのだろう。       |
: : : :{〈. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:oヾ :{ {   乂___________________________________ノ
: : :i l \: : : : : : : : : : : : : : : }: :o{ : { {   .ノ=- ..,_fv7ノ
ー=ミ.}   ヽ: : : : : : : : : : : : :/. o: { 八{  /.:o:.:.:.:.:.:.:=ア
ー:=〈     ∨. : : : : : : : : .〈. : : :人: 7∠.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
: : : {.     }: : : : : : : : : : : ヽイi: : ヾ{  \:.:.:.:./
: : :∧    /. : : : : : : : : : : :/. :|: : :f_ノ  }.:.:/
ー=ミ:ヘ  /. : : : : : : : : : : :/. : : :! : : :.{_ノ_ ノV





               ____
             /      \
           / ─    ─ \
          /   (●)  (●)  \    何でこの人、そこはかとなく自慢げなん?
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 消える(異世界に転移する)前に色々質問するやる夫。
┃ ルーラーの知識を用いればルイズを救うことが(恐らく)できるはずとのこと、
┃ 赤の大聖杯・L.E.D.ミラージュの存在とその情報、
┃ 大聖杯を用いたトレーズの最終目的が『唯一神』の召喚にあることを知る。

┃ その後もトレーズが帰ってきたら琥珀と家族会議をする事を伝えたり、
┃ 琥珀や咲夜の衣装はトレーズの趣味なのか問いつめたりしたが……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3236あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:31:28 ID:9iTRBxaw0
誤魔化されたんだっけw


3237あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:33:53 ID:a7ZYDduU0
誤魔化して逃げ切ったなw


3238◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 23:34:51 ID:k7fOs2ng0









           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           |  幽々子、この戦争が終わってからも、一緒に居てくれるかお?    |
            乂____________________________ノ





                        / `` 、
                        ___ア゙.ァ==ミ、   \
                        r'゙⌒'  {「⌒ )) __   \、
                  _,ノ ./  辷=‐ ''⌒`'   \ー=ミ、
                 ´/ ./    r=- '゙⌒辷7⌒¨´⌒` 、)
                /    /  r=彡' .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. ..\
.                /    / .r=彡'.. ., .. .. .. .. . . ‘,. .. .. .. .. .. . . ヽ
                 ′   r=彡゙ .. .. /
                    r=彡' ../ .. .. ′.. .i{ .. .. .. .. ..}L __ . . ‘,. .. .. .. Ⅶ
            八r=彡' .. .. / .. .. jI斗 -j{ .. .. . . . 从 .. .. `' ‘, .. .. .. .}
                r'゙7´ .. .. .. .′.. .´j{i人..从 .. .. .. /jIL V., .. .. .. .. .. .. .}
            乂{.. .. .. .. .. .. .. j{' 斧=ミ、 .. .. /゙ 爪{i }{ .. .. ..} .. .. ..,
            /从 . . . . i{: .. .. l{ { ノハ  }/  之ノ '小.. .. .;
              /  ゚。 .. .. j{: .. .. l{  乂 シ        xx !{ .. /!.. /
.             /    ∮ . . i{: .. ..从  xx     ,    从 .′.レ'^‘,
            /    ,∂ . . 八 .. '゙⌒ 、            .公、i{ .. .. .}゚。 ‘,
.           /   , ?゚ .. .. .. .. .. ヽ .. .. 个: .      ^  ,:i .. .. .. ノ .. .}υ
          / ィ'゙/ .. .. .. ′.. .. .. .. .. . i   〕ニ=-  ≪八 .. /{ .. .ノ § }
.         /´  .′ .. .. : .. .. { .. ..} .. ノ__     :{ヽ   ` 、(  .}/  .? /
       人  人 .. .. .. {i .. ..{ァ'゙.}ィ゙⌒`` 、 {,ノ      \.     ∮/
.           ヽ   \ .. 从 ../        \}       ヽ   ,ノ'゙
             ゚.。   ヾ /          {=辷==‐- ミ、 {L
            、   ア゙            /'^i{⌒''≪   マ, j}、
                \人             /'  i{   \、 __j}L ヽ
            _,ノ _)「 ー 、        /'   .i{i,   {i ヾ⌒ j}
          _j}⌒ _)「   {L        从   .i{マ,  ]}  マ,{「   八
         _j}⌒ _)「     '⌒{L      ヾ=彡' マ, {[    }}   /
       _j}⌒ _)「        「{辷=- ,_      }} ,]}     ,.:゙
      {L  )「          | j、  ¨⌒辷=- ,_  {[  ァ'´ ィ
      ⌒}rく  i{         :|{ 丶     {[,¨⌒辷=-'  '゙.ィi{′
         〈゙‘, 八      ァ' }L,__     ]}    {[ /ニニ{{
.        ハ人r‐,.    /  r'゙/二ニ=-  {[____,,.. 孑'゙二ニニ{{ー
.          〉  {ー '⌒iー7´}ー'./ニニニニニニニニニニニニ.}}、ニ゙,__
.           {   ‘,   j}/   /乂ニニニニニニニニニニニ/ }ニⅦ≧s。
         人         /    ‐=ニニニニニニニ/   {ニニムニニニミ* .,
     r‐‐‐ '゙⌒ヾ.,        .′   {L,   ミ=- --==升=‐  Ⅶニム、ニニニニニ` 、
    ノ        ー=‐ ‐=7      _j}   {L,ー‐‐=彡'゙      Ⅶニニ‐、ニニニニニム
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 叔父さんにさらりと話を変えられ、
┃ 育ての親の目の前でセイヴァーにプロボース紛いの事をすることに。

┃ 当然、セイヴァーはそのことを受け入れ、
┃ そうこうしているうちにトレーズはその場から去るのであった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3239あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:39:47 ID:mjAvxC.w0
空気を読んで去るエレガント


3240あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:40:04 ID:9iTRBxaw0
あの流れで幽々子に応えないわけにはいかなかったからなw


3241あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:41:55 ID:kX1JrN1g0
(ドサクサに紛れて逃げたともいう)


3242◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 23:42:55 ID:k7fOs2ng0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  その通りだ、レディ。 もっとも、私はサンジェルマンその人では無いがね。    |
  乂_________________________________ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          /./.|/   `ー--‐ ´ / | ,イ//∧///|ヽ__|_ `i
        .|/./l    /|    / .| |/.l l/゙゙゙''''ー---ト、ヽ- トヽ!
         /.//l   /!|    ./| /| |/.| .,|        |∧、 .l  l
         .∨///.! /!.| | .,、//| .|//|/.|/!|      .|//∧ `ー'―,
          ∨/,-! /!/!| ヽ|_-|/|、!_|//|.!|      .l///∧/\_フ
        .// l l /l//l  |.__/_lTーl//l.!|     __ヾ///// >      / ̄
        .,イヘ/.l | /!//! lイ_l、__i `ヾ/|ヾ  /イ二,、 ̄、ヾTl´      / ,,,. -‐,
           l∧ ヽ/l/!/! .l l/l     ヾ!  .|  ー' 〉 .l >、ノ       | ̄   /
         ∧∧ ∨ l/l | リ           |      .ム'       / ̄ ̄ `
             l//ー| ヽll .!             |     /        /
            |///| 、. \|      ,   /    ./        l ,.-,--- 、
            |///| 、     ー―- 、__    /          ヽ| |    `.、
            |///ト l \     ヾ __>'   /         ,,.-.!、` 、, 、 /
          __|_//.| !.  \    --    ./     _,,, r ''´    、 ーノ./_,,,
        /  ヽ/\ヽ  .\      ./|    /  ̄、  ̄ ̄ ̄ ヽヽ. ∨
       ./     ` ミ、:..、_ ` ー―― ' ト、  /      ゙゙゙̄'''ー 、`、i .|
     , r‐ '         ` 、 ` ー―― '7   ヽ/    ` ー―――‐ヽ.!/_
  ,  ´                \___/ 、  //l               ̄
.´                      \     \/.´l |    _,,, ---―――---
                     .\    /、 .|./   /
. 、                           \ /`´ .|   ./
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
          |  サンジェルマン伯爵はあくまで彼であり、私はサンジェルマン伝説に取り込まれた無名の魔法使いさ。     |
           乂_____________________________________________ノ









         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |     つまり、貴方は叔父さんとは何の関係も無い別人―――?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ トレーズに憑依していたルーラーを取り込んだ後。
┃ 気絶したやる夫の夢の中にて―――。

┃ 黒のルーラーからトレーズが語りきれなかった話の捕捉を受ける。
┃ まず黒の陣営の参加者の説明や抱えている問題点について……。

┃ ・ルークは自らの身体に埋め込まれた宝具の効果を消し去る為。

┃ ・ブラッドレイには問題点こそないが、
┃  自らの運命である聖杯の器の障害となることを受け入れている為、
┃  トレーズの脱落や説得等で止まらないだろうとのこと。

┃ ・薔薇水晶は生後一年そこそこであり、知識と能力はあれど
┃ 親の言葉に従っているだけの子供であるとのこと。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3243◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 23:51:03 ID:k7fOs2ng0







                ,.へ、   ____
         /\  _ -ァ' ,ヘ,ヽ ̄        ̄ `''''ー、
       /   >'" / /   ヾ 、  ,   /  \   `ヽ
       ノ   ノ   / /    ヽW川/_/.     \_,,,_  \
      /    /   ./ /     ,べlW/  ̄\     \ `'ー  ヽ
     / /      / ,'     /ミミ V / /', ヽ    ヽ  ヽ、  |
   く. l       | |     /、ミミ、///彡,ゝ ヽ    \ ヽヽ、',
    |.l         |. |!   l |` ` `'" " " "   ', ヽ\    \ ヽ, 〉
    }'    l     |. ||   l |            '、 . γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.    l.    l.    | | |   | l. |           '、゙|   7騎の英霊は7つの首。     |
    |    l.     |. l. l  |. l. |            乂______________ノ
    |      |.   ||:トミ、|::::L_',.l       _,,,,. -_'二へ、 \ ,ゝ1 /
    | .|!   |.    ト!|`こj:::トミ弋、    ∠rァr2゙;::;ノ/ \ /く :|ノ
.     ! |.!   |    | l.| ̄ '、|      /    ̄ ̄    /ノ, |. |
.    l | l.   l   |. |l            |           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    l.! |.|!   l  | l|.           |           |  それに員数外の英霊3騎を取り込むことで、十の王冠となる完全なる獣。    |
     l l|l l,  l  |             |.         乂_________________________________ノ
      l!|. |l.  '、 !.           j         /.l
         |.l. l. lヽ|            '         / l
       l! .l. l.l ト、      _,.. ---- 、,,_     / l
       '  |!. l.|. \      ̄二二 ̄    /γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
           __|  \            /  |  その『敵対者』を討つ為に、残された聖杯は救世主となるのだ。      |
          /  !     \          ./   |.乂______________________________ノ
      _,. -‐'"   l‐-、,_   \     _/   _,. |   \
_,. --'"         |   `'ー- ゙二_二 _,,. -‐''"  |     `ー 、,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そして聖杯の器であるリーゼロッテの問題――。
┃ それは同時にやる夫の問題でもあった。

┃ 赤のアサシンを取り込んだ聖杯は、
┃ 唯一神の呪いに汚染された『反救世主』と化す。
┃ その反救世主を討つ為に救世主の覚醒を促して―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3244あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:51:57 ID:m8oQUK9U0
予想の斜め上な仕込みだった…呪いは予想してたが


3245あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:52:36 ID:kX1JrN1g0
最終的に員数外も取り込む前提とか予想外すぎたわ!

カインさん?絶対何かあると思ってたしそう主張してたよ(白目


3246あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:53:12 ID:9iTRBxaw0
赤のアサシンの汚染対策は本当にどうしよう
宝具出すにしても時間無いし、藤井蓮から令呪カツアゲするしかない?


3247あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:55:52 ID:m8oQUK9U0
>>3246
とりあえず、幽々子に相談してみてからだな
そもそも良さ気な宝具がなかった場合は、やる夫が取り込んでから赤の大聖杯で救出とかかね…


3248◆R2EPbWDdJg2015/01/06(火) 23:57:32 ID:k7fOs2ng0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  劣化を極限まで抑えた『神聖四文字』を、『完全なる神の杯』に降霊させる―――。  |
  乂____________________________________ノ



                                    ___ _
                                ,    ´\  \ 、 、
   _   r'^>/^ゝ      r-、 ,、    _   r'^>../   .,、  \  \\ ` 、 .、
  |  `l / // /       / / く ヽ   |  `l / / // ./ \/` ー----./\//\
  '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''   '!  Lニ゙/./ /   /       / ,.イ:////.\
   '!  ,、__7  i  ``゛''ー、       '!  ,..゙/.// ./   /    / / . |//./∨∧.  _   r'^>/^ゝ     r-、 ,、
   1  |       |  l` ̄`''        1  |...|/////   /       ./ .//!/  ∨.∧ |  `l / // /     / / く ヽ
    i_」         'L_」            i_」.゙!、///               //// /.!! .∨ | . '!  Lニ_`''  「`L_ 'ー-'  `ー''
       r-、 ,、   _   r'^>/^ゝ..    /\>'./|/  ./    ./  ./////// ||、 〈 〈......'!  ,、__7  i  ``゛''ー、
        / / / ヽ  |  `l / // /.     〈 ///||  /|     /! .// /i''ヾ゛ー‐ !l !、 ∨.  1  |         |  l` ̄`''
  「`L_ 'ー-' く_/    '!  Lニ_`''  「` _/,,//,//!! .//|  / //!//!.//  ∨//|//∨.!...... i_」      'L_」
   i  ``゛''ー、      / ̄ ` ー .,,,_    ̄  i</.!/!l.///| ./|/./i/l|///    ∨/!、/.\ト、.      r-、 ,、
   |  l` ̄`''.       /          ` ー―-.、/|!.|////|//|./| | ||∨  ___//|、`、///....   / / く ヽ
   'L_」. , -―― ´     ..........           `ー 、.//|//|' .l/  〉=.,r弋ラ>//∧ヾレ'  「`L_ 'ー-'  `ー'
.     /        ......:::::::, - 、:::_::::::::......... /     \// .!  ../∧    .///-‐'゙7  i  ``゛''ー、
       \::::::...........:::::::::;  ´       > ´         \ __////!   //´.        |  l` ̄`''
         ̄ ̄ ̄ ̄    _,,  ´                   \///_//レ´/\       'L_」
                /            ......:::.        `、´  \/:::::::::::\,、      _,r-、__
.              , ‐ ´/        .........:::::;;rヘ::::/         .\\_` ー‐<//\_,,r///////
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   『受肉した唯一神』に世界を救世させる―――。 これが、トレーズの計画の終着点だよ。        |
-. 乂__________________________________________ノ
/∧//!         /  ....:::::/:::_/:::::::::::/                 ::::::::::::::::|/////////\__
//∧/!      ./   ..:::::/:: ̄::::::::::::::/        /             ::::::::::::|//////////////
///∧/  ̄ ̄ /   .::::::/::::::::::::::::::::::::/:::     ....::/::       ..::      ::::::::::!//////////////
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 7騎の英霊は“器”をより頑強な物にする為の素材であり
┃ 『賢者の石』により『完全なる神の杯』と化す事で、“肉体”の準備を整える。
┃ そして『敵対者』を討つ事により、『赤の大聖杯』はその魂を燃料に臨界駆動させる。

┃ そうする事により『受肉した唯一神』に世界を救済してもらう。
┃ それこそがトレーズの目的であると語る。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3249あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:57:37 ID:kX1JrN1g0
誰かに足止めしてもらってその間にルイズを叩くってつもりでいたけど
なんか偽装してたっぽいんだよなぁ

ルーラーの権能で見せてくれませんか?(迫真


3250あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:58:30 ID:kX1JrN1g0
なお、神はもう降りてきているもよう(白目


3251あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:59:13 ID:9iTRBxaw0
正直これ成功しても唯一神が救世するイメージが見えない


3252あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:59:33 ID:m8oQUK9U0
一応、真名看破でカインのステを見れないかは確認しておこうか…
見れなかった場合、高確率でカインも反救世主持ちである(震え


3253あけましておめでとうだお2015/01/06(火) 23:59:54 ID:kX1JrN1g0
トレーズの理想は最終進化クルサースパやる夫だから・・・


3254あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:03:22 ID:mEjJ/CYk0
多分『反救世主』で擬装してるからは真名看破じゃ抜けないと思う


3255◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 00:03:55 ID:S/Zfe5io0









 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |   /\,,/,ヘ ̄ ̄,` 、                           |
            |          | , / ./ // !::::::::<  ヽ、 、                □            |_______
            |            i´/  ..|.;! .!::::::::::`、、`、ヾ,                      | ̄|
            |             レ. :! .:::!':! !゛゛´´´`.:.\ヾ:、                   ̄
______|           ,'::.: ::l.::::ハ::l、!    :.、:::::.`ヽ、.  ̄ ̄ ̄|
                   |!l::::::i::::i五ミ  彡丘´、ヾr.、_<.        |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
                   |,':::::::;::!'.   i     .,'イi,!        |            |        |
          □      | ̄ ̄ ' !:ハ:!、l.   !:     ,,ィ.          |            |        |
                  |      / ` `、   _ _   /:|::!______|      /|..  |____|
                  |        |.  !i 、       / |/ _....   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 | ̄ ̄|         .   |____|.  !| `ー― ´ ,r '´  `ー,、,,. |  “メシアの降臨”。それが彼女の願い。彼女の目的だそうだ。   |
 |__|...,.r‐,= ------- 、     .r、- ∠!_`_ー_,ニ''´  __/_;;;;;..゙乂___________________________ノ
   , ‐,.´ ‐_´,, -――‐   ` ー .、_,'//\        \´///////////////////////` 、         _|__|
   ー`ー.'、_,r ―‐- 、:::...       ̄:::`、       \/////////////////////////\.     |_|
   <´__, r ´ ̄ `r:..、::::::`:::::.、_...............:::::l`、         \////////////////////////
    | |.    /:::__,>:::::::::::::::::::::::::_./_`、           \//゙γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
     \|.   /  _,, -,.、___;;:r '、´///////∧        <ヾ |  “反救世主”として召喚されながら、それでも彼女自身は信仰を捨ててはいないらしい。     |
          ー i´∧/イ/</////\///////   ____`´__ 乂_______________________________________ノ
          ,ゝ/.i///!//.\////∧ 、//,, -,r‐ ´////////////////.r'.        □    /|
 ロ.         !///!// !//// \//.∧..フ´,r ´//////》/////////////,!... ロ  .       |/
          ,,!///.\/!/o/////`ーrii.´/////////o//////////////
      ・  !///////,!/////////ムヽ//////////////////゙
        ////////l//////////∧////////////////////
        !/////// !/o////////! |////////o|.|/////////
         /////////!//////////! |/////////////////./
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ その後、黒の陣営が全員この計画を知っていて参戦していること、

┃ やる夫やリゼットが『罪の刻印』の汚染を防ぐ方法が無いこと、
┃ (赤の大聖杯を手に入れれば治す事は可能?)

┃ 赤のルーラーの目的が聖杯戦争の円滑な運営と
┃ 赤の大聖杯の守護、『救世主候補を裏方から導くことや、
┃ 計画が失敗に終わった時、赤の大聖杯を用いて戦争を終結させること等を知る。

┃ その後もアステリオスの意識を聖杯戦争後も保つ方法や、
┃ 山本元柳斎の復讐の理由、赤の大聖杯は破壊せず残しておいた方が良いこと
┃ 等を伝えられ、黒のルーラーとの邂逅は終了した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3256あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:07:25 ID:mEjJ/CYk0
汚染された時点でルイズになんかされそう


3257◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 00:10:13 ID:S/Zfe5io0





                                       _ .. - ─‐ -
                     , ――-.            ´          `ヽ
                   ̄      ̄   `丶、.../               `ヽ
             /             \ \、.            \  ヽ   ヽ
               ' /   '         /   \     \、   \  \__ ヽ   l   i
           /  '   / |      ' ∨i     ヽ ヽ  \     ヽ X´≧==!  .|   |
            / /   /\    /    |       ', `ト、 !、   ll.ィ´ヾTヾl   |   l
            '   x=ミ\      | |          }.へ  リ Lr'ソ イ  i    \
          i  | _|_/ん'ハ  i   _|__   i  i. {{ |r'i! )ノ  """ u |  \    `ー -- 、
          l r|  | 乂^ソ' 从   |/i      |  |.. ! -' '      人...┐ . `ー -- 、   〉
          |  | 人{    V     x=ミト    ,|   ,....∧""  /`ヽ   _/  ノ ⌒ヽ     \ /
            ,  从{      '      〉'   / | /. /  >.      /  ∠ ///⌒.      〉{
        /イ  圦    /  ̄ヽ    / / ,  /...... ̄`ヽへ:i´:>.゙'   /―‐ < /.   / ゝ.__
       /'  | /\ヽ   ::::::::::::::i  _彡イ  / /_   /ヽ i:i:i:|...._|   /    /..  /       `ヽ
.           |/|: : : :ト|\   _:ノ  /: :|   /  {_/ /し  .ノ:i:i:.゙〈 |   '   , ィ.      /          i
         / |: : : r---ヽ _,,  ≦/: :.ノ  , ー<..._/ / レ'´ |:i: //\/__/__|    /              ト
           /  ハ : : |////////rミ_:/ / /: /: :\...... 〈 / /: :|/////////,|    ( _ノ      i  i !  \
        / / /rァ)_//////r=ミ|v/_: :} /:| {:/: : : : : :.\ 〈 /゙〈: : :ト __ /.      ゝ._ノi     リ リ .|   〉
     /// /=/<))======ゝイ<) //:.人 、:. : : : : : : :.\     、: : \: : : : : :|i\ \     ノ    .' .' ∧.  /
    //  /-/ |ト'///////: / |: //: /: : : : : : : : :.-―‐:.\  i\ : : \: : : |゙i:i:i:\ >-- 'ヘ    ,' .' / { (__ノ!
___ 彡イ: :/ /: /__,||///////: :  ̄: / , _ニ=‐: : : : : : : : : : : : : : :ー}: : \: : :\: |..:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽ  / / /  ∧ __ ノ
      | /. :/: : :////////: : : :/ ' : :〈: : : : : : : : : : ̄ ̄: : : : :/: : : : :i: : : : : ;...\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨ / / , '  \
    ///: : : : ::|//////: : : : : /  i: : : :ト―――: : : : : ―‐: :/: : : : : :|: : : : : :〉./:::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨ / / ヽ ヽ ヽ
   / /, : : : : : : :.|/////: : : : : /    : : : !: \: : : : : : : : ―‐: : : : : : : : :|: : : : :/ . 〉:::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨ /   } i  !
      : |: : : : : : :V// ': : : : :.:/    |: : : :|: :∨=―――<: : : : : : : : : : : : : : /.   \::::::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨   ノ  ! .リ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のライダーとのコミュ―――。

┃ 『禁門の戒め』が解かれた事により正体を告げれるようになったライダーに対し
┃ ルイズは彼女の想いを遂げさせるためにやる夫の下へ向かうよう指示するが、
┃ ライダーは必要を感じないと拒否する。

┃ そんな折、黒のルーラーから得た情報を話す為にやる夫が部屋を訪れ、
┃ ライダーと会話がしたいと申し出た。
┃ そのことを察したルイズは気を利かせて部屋を出ていったのだが……。

┃ この時は、彼女があんな事になるなんて夢にも思ってなかったんです。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3258あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:11:47 ID:mEjJ/CYk0
本当にな!


3259あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:12:19 ID:jNSN4U/Q0
本当にね・・・


3260あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:12:28 ID:4Wd057W.0
トレーズは倒されて、マスターを助ける算段も付いて、想い人とも良い雰囲気になれて
正に人生の絶頂期ですねライダーさん!


3261あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:14:22 ID:ZP3TNNmc0
そしてドン底へ


3262あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:16:08 ID:s0oIW6eg0
ひでえw


3263あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:16:10 ID:16PWGdpg0
なんということでしょう


3264◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 00:19:29 ID:S/Zfe5io0





                    ---   ――                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                '"         \  \                 |  もちろん、聞いているお。    |
             / /      ',     ヽ  ヽ                 乂_____________ノ
             '          ',           ',
              /   /      _       ',         ',
          /   '    ''⌒  i |i   ',         ',\
                        i  |从/        ⌒
           ji  i i     /   |  / \i|    i     、
         八 | |_  '    、/ | ,斗 i|    | |   |  ',             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
              、  |   /\   j /xう'刈 |    |〉  |   i          |  でも、まったくの別人というわけでもないんだろう?   |
               |  x≠ミ  /'   乂'ソ |    | |   |  人            乂_______________________ノ
            i |  圦 vハ  , ////从i   | |  /
            | l   ∧`¨///    /i   |―< \
        _   |,/|   |込         ,   ハ: : : :\ }
       /⌒  ―v\ 八个  ` `    イ ,   '- : : : : : V|
      (( _〈((/ )ノ ' ) ,'  \_/: :≧---/ /zニ |: _: : : > ,, _
        イ {__ / // /-- ̄ ̄:/: : : : : :|-=/ ,'-=ニ| r=ミ/: : : : : : : \     ―――それはまぁ、そうだが……。
       | | | /_7 ' /i: : : :\: ―‐__/))<-/ /-=rミ、 |/ノ'_: : : : : : : /:ヽ
        〈UU,/  / , : : : : : :\ {{ノヘ==,  , __,|し=o≠ミ : : : : : / : : : : :
      i  /   ノ , : : : : : : : ノ: / | i/ /-==/: :/ |:ゝソ: : : : :/.: : : : : : :
     ノ| ,   イ  /: : : : : : /: 〈_/ |  从=,/: :.,   |: : : : :{ : ノ: : : : : : : : :、
    |≧==≦ニ|ヽ i: : : : : :/: : : : : : : : | i-= /: : :⌒ ´: : : : : V: : : : : : : : : : :
    人-=|-= /: /ノ: : : : : , : : : : : : : :.人 、/_.: : : : : : : : : : : : i: \: : : : : : : : : :
   〈: : :  ̄ ̄: : : :〉i : : : : : i: : : : : : : : : : : }「 ̄)): : : : : : : : : : : |: : : : : ―: : : : : : :






         / ̄ ̄ ̄\
       /  ー  ー 丶
       /   ( ー) (●)
       |     (__人__)
     /〈 ヽ   `⌒´/
     ノ`ー、ヽ \  ‐r┘r<_ハ勹、      なら、やる夫の知るリゼットと違うと弁えていても、
    /    \\ 〉‐<ト、 `ーヒニソト、
   /      \\ \〉  l|  l |
   〈           \\ \ノト-┘|      今の君もやる夫の大事な人だということに変わりは無いお。
   l.l         \\ Y   |
   ||      l/       \ヽト、_ ノ
   ll     .イ!       ヽハ{
   |   〃l!ト、       ヽ\
   |     》 `┬<__   ヽト、
   l   / 7´ ̄`ヽ    `ヽ   N
   l     ノ      人         ト、
   ヽ、_______ 人      |∧
       // T   フハ       l il
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズが部屋を出て行った後、ライダーの正体について尋ねる。
┃ 彼女が別の世界の、聖杯と契約を交わしたリゼットだと知ったやる夫は
┃ ライダーも自分の中で大事な人であるとの認識を伝え、
┃ サラリとライダーを口説いていた。(としか言いようがない)

┃ その後、ルイズを診察する相談したり赤の大聖杯に関する話を聞いた後、
┃ 何時まで経っても帰ってこないルイズを不審に思ったライダーは
┃ ルイズに念話することになり―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





.


3265あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:20:46 ID:mEjJ/CYk0
境遇知ったら口説くしかないじゃないか(逆切れ)


3266あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:21:07 ID:s0oIW6eg0
口説くか口説かないなら口説くしかないじゃない!!


3267◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 00:30:01 ID:S/Zfe5io0




―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____
,.;;:。: :く;;::、;....: :)                                 r厶ゝ ´      ` く`ー、
;';:':、; ⌒ヽ";`;:; ⌒)                           厂ヽ/    /        く ゝ、
,.;;;;:。;:: : : : :ヽ__, --、).   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ... ! !          ヾヘ
,.;;;::、;: : : : : : :);;;: : :-‐ -. |   咲夜と会っている……だと?   |.゙_|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
;;::、;: : : : : :/           乂_______________ノ |l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´    (⌒⌒ヽ   (⌒
,.;;:。;:: : : :゙/  〃 |         ヽ...:。;:: : :(,.;;::、;;:): : : (ゞ:;ヾ. //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \   /,.;;: : : ノ  (⌒
ノ⌒⌒ . {  { |  |       ハ :、;: : :( ,.;;:。;:: : :)(;;;;;ヾヾ.//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、゙,.;;:。;:: : : ) (,.;;:。;:
ヽノ;;;;   ゝ 从.|  |  丶     .}../⌒ヽ:;";`;:;": : :)( ヽ.../| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\゙ヽ: :'⌒ヽ'⌒ヽ、
ノソゝヾ;;;;⌒.゙`l リ  |   八    :|..: : : : : : ),.;;:。;:: : : :)..゙ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ...:/⌒ヽ
;;(;;)) ヽノ;;;;. !ノ'  |    \   \;": : : : ): : ,-ー'⌒ヽ(;;;. / レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!: : :)ノ,.;;:。;:⌒⌒ヽ
;;;;;ヾヾ.     ソ   | ハ   `ヽ.   \:;": :)(⌒;;::、;: :( ( (゙/ .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_..: (;;;;;ヾ: : : : : : : : : : )
 /⌒⌒ヾ八   从. \    ハ  } . ⌒): : : : : ) (;;;;;ヾ:;゙_    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ.゙(;;;;,,,,,: : : : : : : : :): : :)
ヽノ;;;ノソゝヾ;...∧  ヽ冫rf千≧=、 ノ  /.: : : : ): :(⌒ ): :>ヽノ;;゙ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L . ⌒;;;)''''''''''''''''''''
ヽゞ:;ヾヾ;;;;. 爪∧   \///////} ;  f;;::::::::::::::::::::::::::::::::::( ヽノj {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V "'- 、__:, :, :, :, :, :, :, :, :,
;;;;;ヾゝヾ.....{//刈.    ∨/////| i 八...二二二二二二二二゙V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i.      "'- 、, :, :, :, :, :, :,
;;(;;))ヾ;;;;.  ∨/ノ    ノt/////| ヽ   \...二二二二二二. / .`!` ー.}////≧Vレ。l!≦///∨ /   \.       "'- 、, :, :, :, :, :,
;;;;;ヾゝヾ;;;; . }彡   /从,//////|  }    ).....二二二二二 く   ヽz_ 从//////|////////i{_ノ /  ノ         "'- 、, :, :,
―――━━―――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______―――――____ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄ ̄ ̄ ̄―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄__
――――― ̄ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄______ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
______―――━━――― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____ ̄___ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____―━━― ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄____



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 部屋から出たルイズは公園で咲夜と会っていた。

┃ 後に判明することだが、この時ルイズは無意識に空間転移を行っており、
┃ 既に人智を超越した魔力を保有するようになっていた。
┃ (メタ的には魔力回復量300突破による独自行動)

┃ 咲夜はやる夫一人で来ればルイズに危害は加えないとし、
┃ やる夫もその提案を呑み、公園へ出向くのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3268あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:32:16 ID:mEjJ/CYk0
放置してもしなくても地雷だからなー どうするのがよかったのか


3269あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:33:21 ID:jNSN4U/Q0
やっぱライダーと二人での会話で嫉妬してたのか・・・

あのまま最後まで放置はある意味では真相を知らないENDだし
これでいいといえばいい、あまりにも強くなってしまってるけど(白目


3270◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 00:38:10 ID:S/Zfe5io0





.           , .、         '   ̄ ̄   、
          /  ヘ     /          \
        l ミ  ヘ    /            ヽ     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        l ミ  .∧.  /  `ー- 、        ‘,   |   さて、“咲夜さん”でいいのかな?      |
         _j_7ヘ   ∧. 冫   、___ ,            }    乂__________________ノ
      _r">’、 ヘ   ∧/     ̄            /_
     「; i !  .r.、 ,  j ヘ.、    )         / .7
     l! .j .ヘ  l _! ,   ゝ-ゝ- ' 一 = 一 "    ,'
.     !: ヘ ヘzイ .l! !  ! l斗<  ̄         、〈!
.     ',:   r  j ! .j .}ハ´         、_ ,,... 〉   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
      ,:     i、' / !ヤV      ,.r  ̄ ハ" ハ   |   そちらも様付けする必要は無いおね。      |
      ,:     / ∨’ ,!∧ヘ イ≠チ j.!  o  jl   l   乂____________________ノ















 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  皇帝に様付けされるような身分でもないしね。     |
  乂______________________ノ




                                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                |  そうでしょう、15代神聖ローマ皇帝陛下?    |
                                 乂____________________ノ
.          ,xf?ぅナア(辷__j{うぅixt-、、
          j(,㌢´ ̄/´. : .\``亥廴}_\
      xi(Z,/ . :,′/ . : .:,:\:.、.寸}_::. :.
.      辷ア . :/ : .:,′. : ::i:i: : . \:や}:. ',
.     ,Z7 . / ,′i:.i{: .: : ::i:|从:. :、 :`'く、: :;
      ,:′:: :ⅰ:i{从ハ : {: i:Ti土ト}::.\:.、`ゝ;.、
.     /.: :/i: :ⅰ:i{允士V{ノjノィ忙ソ}j: ハ从}/:ハ`)
.   .:.:/j{.:i: :ⅰ: i:iィだソ ′  ´^}j/ィ:ィ'}:ハ} }
.   ⅰ{ ]{i:l: :ⅰ: i:ハ,^`  '    ,Zノ.:ノノ′      ・・・・・・・・・・・・。
.    `{ 从: .、:、:乂j:ゝ , ー ´/{.:ィ:_}
.       \∨;ノ:ィ(从〕ぇr '^ f´:ノ:〕___
       /h-‐く,xf{___Χ「`h'⌒狄厂)ix
        _>公ーr仁「  ,xi{_}くフiLコル' /,ハ
      `ア⌒ア´}ニ7=彳ア。l |{:i :从7/ ⌒ホ
.       〈w'´ ,:仁L.,_ノ/_゚_| |_Wィi7´     `}、
     ,xi?^  :i{ニニア /7ニ||ニ7   ,. -‐  `ヘ
.    { _ ‐-、 :辷二∨ニ辷凵ΞニV∠-‐=‐x,_ノ
.    Ⅴ__-_‐ミマニ三三i{三三三三}ァ“¨ ̄”¨ア
.     た´ ̄``iヤ三≧⌒`'≪三三{+t―+x,_」
    └i'¨ ̄”ア_,}ztx,_,xュ、 ー-- ̄ア'“ニ⊃ム-‐
.      :   _厶イニ{ア⌒``'' ー=ニ´\\〉 .云
      j '"´  `~゙“)〕ぅx、     ``^‐' ハ⌒`
      {        _」Z=-≧ix.,_     厶)k
.   ,xi(えぅナ7ア千‐- - -‐ '" ̄”¨アT升_}ハ)iX
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のルーラーとの会話―――。

┃ サーヴァントを連れず一人で来たやる夫を見て、
┃ 咲夜は約束通りルイズを解放する。
┃ 「大事な人たちと共に歩める未来が欲しい」
┃ 「これ以上人が死なないようにこの大戦を集結させる」

┃ ―――というやる夫の願いを聞き、
┃ 彼の願いを肯定しているように見せかけその実、
┃ ルイズに向けて「自らの想いを諦める必要は無い」と助言(皮肉)を送る。


┃ やる夫の、力を持つ割には無害で穏便な願いを聞き、
┃ 彼女は誰にも気取られる事無く自らの真の主の討伐を決意するのであった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3271あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:40:16 ID:jNSN4U/Q0
あ、この時決意してたのか

咲夜に関しては未だに何考えてるか分からないって印象が強かったw


3272あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:41:08 ID:4Wd057W.0
ここで決めていたのか
というか思い返すと咲夜さん、ルイズ以外には一切皮肉送ってないけど、ルイズにだけは何度も飛ばしてるんだよなw
よっぽど腹に据えかねていたのか…


3273あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:43:16 ID:s0oIW6eg0
>>3272
反救世主やら、明らかな信仰の敵であるルイズから色々とやられてるからなあw


3274あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:45:25 ID:mEjJ/CYk0
咲夜に関しては本心が分かりづらいからどう対応すればいいか困る


3275◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 00:50:36 ID:S/Zfe5io0





                        γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                        |  ―――私が「傘下に加えてください」と言えば、どうしますか?  |
                        乂___________________________ノ














              _r┐ー、__、
            z_厂ヾ>ー <ノ`ー、
         r厶ゝ ´      ` く`ー、
       厂ヽ/    /        く ゝ、
       廴,/     .! !          ヾヘ
        7z,/   _|_|_| | 、   |__ i    Vヘ、
      .└ノ   .´|l ハ l、ヽ |_l l` 、_   ヾ´
        //  !. i |レl‐ヽト、、V レi/ ヽ } .| \
      .//  | ヽl ー''"` )i/` ̄l゙ノ/ .j .八 ヾ、     「同盟を結びたい」でも「仲間になりたい」でも、
     /| / 八ヽ ヾ、    :   ノ!/j ,/ノ-、ヽ\
   ー ' .//.イ  ヽ) ()j、   - 一 .イl'() /イヽ ヾ(ヽ     「聖杯戦争から脱落するから保護してくれ」でも構いませんが……。
     ./ レ' !/ ! jハ(.| i> . _ イ.iレj)(ハ! lヾ!  j!
      / .lハト从()从r┴ v┴、ハ()ノレ /′_
      _    {::X::}/  /∧  {::X::}  /ハ        .・ .・ .・ ・ .・ ・ .・ ・   ・ ・ .・ ・ .・ ・ ・ ・ .・
      ハ `ヽーr(ハ)入//i从 ,(ハ)j丁, 〈_L       誰も死者を出さず、聖杯戦争を終える事が目的の貴方から、
        j {zー ミヽl//!   /l:l:l ヾ´  |/|/ _}V
      .V | __ ヽ!//!_  {l从! l:! )) _|/|ノ´(´ i
      / .`!` ー.}////≧Vレ。l!≦///∨ /   \      果たしてどのような回答をいただけるのでしょう?
     .く   ヽz_ 从//////|////////i{_ノ /  ノ
      ヽv--=ヾl////////!o///////}rー― i'、
      V    j////////|////////ハ, ---r.j
       | ̄ ̄.ハ///////io/////// i    l
       l   l  V//////!///////  l    l
       |    |   }//////!。////八  .!   .!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そして赤のルーラーからの提案―――、
┃ 聖杯大戦の実質的な勝利者であるやる夫達に降ることで
┃ これ以上の戦果を拡大することなく戦争を止める事ができる。

┃ その言葉の真偽を確かめるべく咲夜に願いの有無や
┃ ルーラーとしての職務を投げ捨てるのか、
┃ 赤のバーサーカーの説得をどうするのか等、質問を重ねる。

┃ そして最後にルイズに施した処置を解除するよう迫ったところ―――。
┃ 咲夜はルイズ自身が施した『暗示』の事だと考え、裏に潜む者を引きずり出した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3277あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 00:52:28 ID:3HH8WONA0
基本TRPGのプレイヤーは晩年の天下猿や理想郷を築こうとした鋼鉄の男なみに猜疑心が強いからな
良く分からん奴はとりあえず敵だと思う!で殺されたキャラの多いこと


3278◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 01:05:16 ID:S/Zfe5io0





                             _ .. - ─‐ -
                                ´          `ヽ
                             /               `ヽ
                           '             \  ヽ   ヽ
                         /  /  /   \  \__ ヽ   l   i
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.  レi.  i   l  i   ヽ X´≧==!  .|   |
 |   第一魔法使い。    |.   {.  ! `ト、 !、   ll.ィ´ヾTヾl   |   l
  乂__________ノ....   ゝ.N |lr≧へ  リ Lr'ソ イ  i    \
                            八ハ {{ |r'i! )ノ  """ u |  \    `ー -- 、
                             / 八! -' '      人    `ー -- 、   〉
                           /  ∧""  /`ヽ.  /i:i\        \ /
                     /   /  >  .     / /´:i:\         〉{
 γ ̄ ̄ゼロ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.゙/     ̄`ヽへ:i´:>-/ へ' /´:i:i:i:i:〉    ./ ゝ.__
 |  “虚無”のルイズ。    |.゙乂 __   /ヽ i:i:i:|K/::i ´__}:i:i:i:i:i:i/    /       `ヽ
  乂__________ノ.. _ _/ /し  .ノ:i:i:レ'l::::| rJ:i:i:i/    ./          i
               /´ ̄     __/ / レ'´ |:i:i:iレ'´\  }i:i:/     /              ト
                 /     /´ `ヽ./ 〈 //´\   X:i:i:|     ( _ノ      i  i !  \
             /     乂__ノ/ /〈 /     \ /:i八      ゝ._ノi     リ リ .|   〉
                i     ト、___ノ/ /:i:_/         ∧:i:i:i:i:i:i\ \     ノ    .' .' ∧.  /
                レ入   人_.ノ/:i:i:i/       /   \:i:i:i:i:i:\ >-- 'ヘ    ,' .' / { (__ノ!
         /{    |  ̄    /:i:i:i/:i      /     \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:`ヽ  / / /  ∧ __ ノ
.        / 乂__ノ    ./:i:i:i/::::: |    /}.        / \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∨ / / , '  \
       〈        /:i:i:i:/:::::::::::∧.  / / \     /  /:::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨ / / ヽ ヽ ヽ
        > -- '  /:i:i__/::::::::: /::::::Yノ  /    \_/   .〉:::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨ /   } i  !
       /    ._/´ ̄::::::::::::::::::::::::::::::: /  /      /´   \::::::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∨   ノ  ! .リ
        レ'ル'´/::::::::::::::::::::::::::::::: ___/   l     /        __ヽ::::::::::::::\:i:i:i:i:i:i:i:i\<.__ノイ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ザ・盛大なちゃぶ台返し。
┃ まさかルイズが魔法使いだったと気付いた人はいないでせう。

┃ より正確に言えばルイズ自身は『根源接続者』であり、
┃ 肉の身を持つサタナエルの転生体のようなもの。
┃ 家族を『無』から生み出したというのは、
┃ 自身の転生体を産むに相応しい血族として、
┃ サタナエルがラ・ヴァリエール家を『創造』し世界に上書きしたことを指す。

┃ 結果、それまで存在しなかった魔導の一族が突如現れても、
┃ その一族は「昔から存在していたもの」として世界全てから扱われ、
┃ ヴァリエール家自体、きちんとした『歴史』を持っている。

┃ その為、時間旅行者であるトレーズ自身も、
┃ ラ・ヴァリエール家そのものを不審に感じることは無かったというカラクリ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3279あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:06:26 ID:mEjJ/CYk0
どうやってそんなん気づけとw


3280あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:06:53 ID:38XsgDeY0
凄まじい設定ノートである


3281あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:07:13 ID:xZ5oeah60
インチキ効果もいい加減にしろ!(ク並感)


3282あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:09:33 ID:38XsgDeY0
BFなんで未だにサポートされてんの?


3283あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:10:45 ID:3HH8WONA0
世界という舞台にスポンサー様の意見で設定が追加される
誰が想像できるかw


3284あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:11:35 ID:jNSN4U/Q0
お、おう・・・

とりあえず家自体はあってルイズ自身も転生体(みたいなもの)ではあるけど
人間じゃないってわけではないのか

しかし、ならルイズはどうしてここへ来たんだ?トレーズがやろうとしてることを察知して
咲夜に干渉してそこからこの聖杯戦争へ?だめだ、こんがらがってきた


3285あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:11:42 ID:9wVIvf6Q0
TFSPに合わせてテコ入れしてるんじゃないの?
GXのカテゴリも薄く広く増えてるし


3286あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:12:34 ID:38XsgDeY0
キングはテコ入れされてるのかされてないのか判断に悩む


3287あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:12:57 ID:4Wd057W.0
ルイズ自身は転生者なのか…ってことは処女?
アマンダラに抱かれたっていうのはそういう『歴史』を作ったっていうだけだし、実際には無かったんだし
ってことはもしやる夫が魔力分割案を受けてたら記憶操作中で魔法を使えない以上、本当に本番まで行っていたわけで…
ルイズの認識では処女じゃないのに何故か血が出るわけで記憶に矛盾が出るけど、そこから何が起こっていたんだろう


3288あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:13:14 ID:9wVIvf6Q0
この時はリアルタイムで追ってたけど何でこうなったんか全然わからんかった…


3289あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:13:31 ID:6sfyo6m20
畜生絶対に許さねえドンサウザンド!


3290あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:14:20 ID:s0oIW6eg0
根源接続者は疑えても魔法使いまではいけないわw


3291あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:16:03 ID:jNSN4U/Q0
てっきり才能があるだと思ってたら
すでに至っていたとか予想外にすぎたw


3292◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 01:21:01 ID:S/Zfe5io0







 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   お嬢様。 貴方は魔力の分割契約の為に。    |
  乂_____________________ノ



                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |  彼と美堂蛮を除く赤の陣営のマスター全員と閨を共にしたと考えておられるようですが……。   |
                乂________________________________________ノ





                        , -‐ ‐ ´   `  、
                       /             \
                       /        __  r‐、  ,‐‐、
                        /      __ .,´ `i/ Vヾ二´ /`‐-‐イ\
                  /       ,ィ´ ∨_ j    {   l    /  人
                   /    ,   フ、/  /       i   ノ   |/
                / .   /   / ./ /   ,  -‐‐ -、   `ヽ |
                   /   /    7/ /  , ィ ´       /   ヽ|
               /   /      / /  /     ,,,,, -‐ /     ',
              ,'   ,'    /  { ∥ /_ -―'''' _, 7   /   ',
                 i  / ,' /  / l ` |/.:∧    -=彡イ/ /}       |
             /_,イ i /   {  |   l 乂.ノノ)'乍芹ミX / ∠z7    /}  |
              /  l  i/   ∧ l   | :Yイ ハ Vノ   // ,イリヾ.:| / ,' /
               ', .|  ./ ∧ |   l  乂.ノノ) `¨  /  {-' / リ!/'/    別にそんな事実はございませんのでご安心ください。
                V . {  / ∧i l i l',|:Yイ ハ       ∨厶イ)
                \∧/∨ 〉 | ! l l 乂 ノノ)、 __   イ  .|乂`Y
                     /   ,´! ト、| l l  Yイ ハ   , '.i ! | | 乂ハ
                         / `  、}.|.l   乂ノ.ノ)イ   !/ 八  乂`Y
                    /     l/    :Yイ ハ.   l/\j   乂ハ
                     〉、         く⌒Y⌒ >       <⌒Y⌒>
                    ,':::::`ヽ、       :レ介ーく         ∨ハ⌒ヾイ
                      i::::::::, -‐==、-- 、 :| ハ 乂         人 ....彡′
                        !:::::/      \ ヽ!乂ミ=ー、           ̄
                    _.   l::::/        `、:::::::ヽ `ヽ::\       -、
               / \ |::/         ! `、::::: ヽ _ >  ヘ.ィ/ /
       ,、        |    l/        !   |  }::::::::::´::::::|    }/ /7 ヽ
      /.   `ヽ、.   !    /           !.  } ,' ::::::::::::::::::i    | {.イ/ /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 自身に『魔術の使えない落ちこぼれ魔術師』という暗示を掛けていたのは、
┃ 同じ魔法使いであるトレーズに警戒されずに赤の大聖杯を掠め取るため、

┃ バイオリレーションの為に赤の陣営達と一夜を共にしたと自身に暗示をかけ、
┃ 咲夜を通してそれとなく赤の陣営に流したのも、
┃ 無力な魔術師の娘を演じる為であり、仮に正体に気付かれないまま赤の大聖杯に到達した時、
┃ 大聖杯を起動させる理由づけにする為でもあった。

┃ これらは全て赤の大聖杯を手に入れる為、
┃ そしてトレーズ・クシュリナーダに気付かれないようにする為の小細工である。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3293あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:23:26 ID:mEjJ/CYk0
トレーズがいる状態でルイズの正体看破したらどうなったのかね


3294◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 01:34:09 ID:S/Zfe5io0





゙'-,;;;;;~゙''''ー、,      `'∴;;,..-'''"....   , ---- 、___.    i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
  \;;;;;;;;;;;;;;;\      `゛.     ,. ‐(  ' ¨ ̄    `ヽ、.  ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、.      /     ' ¨         \.. `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!.l.     /  /            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.  ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l /;;;.!.     ,'  /             |  何ゆえ、彼の前でこのような事を―――?    |
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;;,iジ;;;;│.    |  i   /      ヽ.... 乂____________________ノ
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     |  |  '   !   ! |  |   |  '  |...!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l     ,'  | ⊥ 」_ /|   |ハ !, ィ T  | | | !;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙/7..,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   /  /!  |! 从 `ト、N   |イ zx!/!    リ !;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;// ;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !  .!;;;;;,./ '´ `''i;;;..゙/  ,' |  V才テぅト ∨ /仗 リ 〉 /ムイ.  !;;;; l !;;;;`'''....// *, ;;;;;;;;;;;;~″
;;;;;;; !  .,!;/゛  ,、 i、゙/    / ∧  ', v:少   |/ ゞツ 厶イノ;;;│  !;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;//__| |_ ;;;;;;;;
;;;;;;;;;!  .!;;;|、 〃 |/      / ハ  i         、   / 八゙;;/  /;;;/ノ;;;;;;;;;;; //; !―i 'i―!...゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;; !    /   /  ん-:┤ !>、  ` :. ‐  ,. イ  '  \..゙/;;;.ゞ;;;;;;;;;;;; //} ;;;;_| l_    _      _     _     _     _
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~,'   ,'  /|::::::!:::|  | 〈 > r<:::::/  厶    ヽ....;;;;;;;;;;;; /Y//7、!―i ,i―!  //     //    //    //     //
;;;;;;;l゙  l゙;;;;;;.! |" |   !  /::::::|::::::∨  |  >vく  /::/  /:::::\!  ノ゙;;;;;;;;;;;,゙/ ,ム/// 〉 ;;;|_|  ,/,イ|    /,イ|    /,イ|    /,イ|   /,イ|
;;;;;/  .!;;;;;;;;;ヽ,|....乂   i:::::八::/  八 /_∧_ヽ/:::/  /:::::::::::∧(゙;;;; /......!  ノ`7ィノ゙、;;;;゙;。゙o ィ |,|     |,|    |,|     .|,|    .|,|
;;;/  /;;;;;__;;;;;;;゙!ミ;;;;,゙ )  |::::::/  /::::::〈 ></::::/  ,:::::::::/::::::. \;'リ......ノ   /  ;: '. ;;;;;;;.\
;/  / ;;;;;`l.フr;;;;;; / ,' |/  /\:::::::::`ー/:::::::::{  {:::/::::::::::::::', ) / \_,/}  ,: ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
".γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   乙女の秘密をこのような形で暴かれてしまうとは私、思ってもいませんでしたわ?     |
;;;;゙乂_____________________________________ノ
;;;;;;;,iリ;;;;;;;;,゙|  /     |::::::::::\     )|」 |」 ', :::/   /:::::/ /    /゙;;./  ., ┐   `'、;;゙'、
'.!;/./;;;;;;;;;.゙|  !       ト、___)     /    ∨  /:::::/\     /. /  ./;;;/     .ヽ;/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 神話覚醒―――。

┃ チクチク嫌味ったらしく皮肉を言い続け、
┃ 上記の小細工を想い人の前で根こそぎ自身の飼い犬に暴かれた結果、
┃ ついにルイズの暗示が解け中の人ことサタナエルが顔を出す。

┃ なお、トレーズの存命中に咲夜が行動を起こすことは皆無なのは、
┃ サタナエルがトレーズのことをそれだけ警戒して表に出てこないから。

┃ なお好感度が一定まで上がった後、
┃ ルイズの負の感情に呼応して魔術回路が励起する理由は
┃ 快楽主義者(エロ度100)で元々我慢弱いサタナエルが
┃ 表に出ようとし、暗示を破ろうとするため。
┃ 結果として封じていた魔術回路の一部が解放され、
┃ 暗示はさらに解けやすくなっていく悪循環。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3295あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:35:44 ID:jNSN4U/Q0
封印が解ける理由が我慢が嫌いだからとか読めるかwww


3296あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:36:26 ID:38XsgDeY0
読めないwww
でもこれトレーズさんいたらどうしてたんやろ


3297あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:38:11 ID:mEjJ/CYk0
うわー


3298あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:42:13 ID:4SwQXA6.0
監禁ENDの様子も見てみたいなww


3299あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 01:44:18 ID:38XsgDeY0
赤ライダーとかも合わせてまとめて監禁とか言う薄い本展開


3300◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 01:46:59 ID:S/Zfe5io0







 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  さて、今までの記憶や感情について……だったわよね?    |
  乂__________________________ノ




                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |  確かに私には『ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール』の記憶がある。    |
                 乂______________________________________ノ





    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |  感情もそうだし人格も元のまま。 考え方や癖なんかも変わっていないわ。    |
     乂_________________________________ノ






           /:/: : : : l: : : :/: : :: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
        l:{.:l: : : :.l: : :/:. |: ::{: 1: : : : : :i: : : : : : : : : l: : : :.:i: : : : : ',
        {ハl:: :l:l:T :71ヽ|: : :ヽ|: : : : l: 1: :i: : : : i : : |: : : :.:|: : : : : :i
            l: :.l:l:1l/ 」::Nヽ: : : : : : :_l:_1_:.}: : : :}: : |: : : :.:|: : : : : :l
          ヽ从{ 彳〒ト、: : : : : :´/ /1: メ、: : /: :.: |: : : :.:|: : : : : :l
               i: l  l。1 ヽ : : : : /l/ l/  l:X: : : / . : : :!: : : :.:.|
               l: l ヽヒリ  ): : /弌〒テテ弍 /: :/ : : : : :!: : : :.:.|     その点からいえば、私はルイズよ。
           /l: |  : : : : ノ/    ハ 。Oミ// . : : : : /: : : : : :.|
          /: :l {     ′     ヒ辷ソノノ / . : : : : :/: : : : : :.: |
             (: :/: :ヽ    、   _, . : : : :´ /. : : : : : /i: : : : : : : ::!      今も変わりなく、ね。
              V. : : : :\     ̄      /. : : : : : : /i :l: : : : : : : :
           /. : : : : : : :\ _   , ..イ: : : : : : : /: :l: |: : : : : : : :
         /:. : : : : :/.::::::::::::::::::「 ,. '´. : : : : :/: : : : : :l: : : : : : : :
        / :. : : : : /.::::::::::::,. '´. : : : : : : : /.:.:.`ヽ: : : : : : : : : : :
       /: : : : : : :/.:::::::::/ . : : : : : : : : : /.:::::::::::::::::〉: : : : : : : `ヽ
      /: : : : : : : /.:::::/ . : : : : : : : : ,.'´.:.:::::::::::::::/: : : : : : : : : : :
     ./ : : : : : : ./.::/. : : : : : : : ,. '´.:::::::::::::::::::::::::〉 : : : : : :l : : : : :
     !: : : : : : // : : : : : : : :/.:::::::::::::::::::::::::::::::::〈: : : : : : : l : : : : :
     !: : : : : /´. : : : : : : : /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::): : : : : :ノ: : : : : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 先述の通り、基本的に我慢弱い上に感情的なので
┃ 暗示が弱まるとルイズ自身にもその影響が出る。
┃ (感情が不安定になる、安易な力に訴えようとする等)

┃ サタナエル本人は暗躍より力押しが得意な脳筋。
┃ 今回は赤の大聖杯による自身の本体召喚という大業の為、
┃ 第二魔法使いにバレないよう、無駄に高度(で無駄が多い)隠蔽を施した結果、
┃ 本編のルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールが完成した。

┃ まぁ、暗躍系ヒロインはコハッキーが既にいるしね。
┃ あっちはテクニカルで臨機応変に動けるタイプだけどルイズは能力ごり押し型。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3301◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 01:57:31 ID:S/Zfe5io0









 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  赤の大聖杯を用いて、私の本体を召喚すること。    |
  乂_______________________ノ





             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
             |  造物主であるこの私に『抑止力』はその機能を発揮する事は出来ない。    |
              乂________________________________ノ




                              ,. -‐==‐‐‐- 、__
                          ,. : "´          丶`ヽ
                         /             、      ',
                      ヽー=≠               \    ハ
                        > / /   ′′      ヽ    \    ヽ
                      /  /   !  〃 | l   ヽ   i ハヽ      ',
                       /       | / ハ ヽ  ,. 斗‐廾弋ト、丶     ヘ
                       |/i    孑j⌒`∧     ! リ ∨  ハ}  ヽ    `
                        { ヾ  { z≠ミx\   ノ〆z≠ミx  ノ    ',   i
                      ヽハ 八〃 f::しi  )イ  ′   `厶    }   |
     , - 、                ゝ 入 ゞ ∨メ           /     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.  /    ≧=‐ 、             / ヽハ.  ´  `       /   /...|   私が力を発揮する事ができれば、十分に可能なはず。    |
. /      ,. -‐==`ー――――一'     从.     f二孑`}  ./    ノ... 乂__________________________ノ
/      /                  厶 ヽ.    \:::::丿/    /     !
.      /       ,. -‐―――――一':::::::::⌒=≧ 、  /    /       |
    八       /´ ,..,,__,. -‐===─―、::::::::::::/ ヽ 厶` フ    / ̄ L_     ',
` フ   \      / / / /   / /一 ',/ ̄\__/__/x≦三:::::∧    ヽ
ノ     r‐\    } / /|  |   斥し一'   \ \          `ー、::::::::::::::::∧     ヘ
.     /',:::::::\  ! 匕/ !  !  i┘    _∠   ヽ         \:::::::::::::∧    }
 ´    /ヽ、\::::\厂\/', λ /  x≦三_ ,. -‐一'            )::::::::::::/     ヽ
/     /iiiiiii',   ヽΓ┤_/ヽ匕 ̄ ̄::::::::::::/ヽ----、           /::::::::::::/',      \
    /iiiiiiiiiii|   //| \::::::::::::::::::::::::::// |:::::::::/ \厶-‐<___/::::::::::::/ ヽ       ヽ
    /iiiiiiiiiiiiii{//.  }  \::::::::::::::/ /  |:::::::/   `ー――― 、 /:::::::::::::/    \      ∧
.  /i.iiiiiiiiii//   丿    ', -一'   /   `ー' `ー―‐-,__      ⌒ヽ:::/      ヽ      i
l  /iiiiiiii//|   / r‐――┘    /           >―――    )',       ' ,    丿
|! /iiii//iiiiii|   ヽj、/         /              /       __/ ヘ         \/
ハii//iiiiiiiiiii≠、_!r‐/        /           /   x≦三 ̄:::/    ヽ         `ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の大聖杯を手に入れ、自身の本体・サタナエルを得る計画。
┃ やる夫にその事を告げ、セイヴァー達と出会う前にルイズは
┃ 空間転移をして赤の大聖杯の下へ向かう。

┃ 後に残されたやる夫達は咲夜を家に連れていき、
┃ 詳しい事情の説明を要求するのであった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3302◆R2EPbWDdJg2015/01/07(水) 01:59:53 ID:S/Zfe5io0





                           ____
                      /. . . . . . . . . \__
                      /. . ./ . . . . . . . . . . . \
                     / . . . /|. .| . . . . . . . i . . |、__
                     ノ|. . 」L| . . L.」_. . .|. .| . . |\___) }
                      |人八| \{V|人ミiト. .|__|   /
                    / . .}=ミ   ⌒ぅく_,リ. .┝冖〉   {
                   . . . /. . '' ,.    {__'ツ/. . .ハ. .|\__丿
                     / . . /. .八  、__  '' /. . ./_丿..|、 \
                 l/|. /. ./. ,心.      /. . ./. . . . .|     〉
                  |//⌒V.| .个ー┬=7./. ./i . . . . .|/ ̄厂|
                    | ....:}人八,ハ∧ {/|. /八l\人L.斗く_し┐    それでは皆様、おやすみなさいませ~ノシ
                       〉,..ノ/⌒V 厂|〉/|/ /|   .___しヘ __,ノ
                    //  〕iト    |/  /ニ/   斗くニニ   ̄)
                //  {   } |  /  /ニ/  .___し'ニニ゚。〔_
                  //     〕iト.} | ,/  /ニ/   斗くニニニ∧丿
                ,ノ二.ヽ┐ {___,} |/  /ニl  .___し'ニニ/ニ〉
               」 ー‐i.ノ{   |ニ7    ̄ ̄ ̄   {ニ|____/ニニ∧
            |  ̄]丿 ,   |ニ{     .      {ニ|ニニニニニ゚。
.              V7⌒ヽ /   ニ\  . : : : . .    \|ニニニニニニ
              〈/   〈    」ニニニ゚。             ニニニニニニ。
                 .     厂 ̄ミiト゚。           ノ\ニニニニニ゚。
               .   ∨⌒ヽニニニ}、____彡   ヽニニニニニ
                  ゚。  |ニニ}ニニニ}  ━…ーっ       ニニニニ|
                 ∧  |ニニ}ニニ7               ノ}ニニニニ|
                   {ニ|\|ニニニニ/            ......:::::::}ニニニニ|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はい、以上であらすじは終了でございます。
┃ 何だか最後の方はネタ暴露でしかなかった気がしますが……。
┃ 何はともあれ、次回から本編のほうを再開したいと思います。
┃ どうかお付き合いくださいませ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


3303あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 02:01:13 ID:mEjJ/CYk0
乙でしたー 久しぶりだがうまくいくかねー


3304あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 02:01:59 ID:s0oIW6eg0
乙です
このまま毎回投下されるなら今月中に決着つきそうだな


3305あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 02:04:16 ID:38XsgDeY0



3306あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 02:17:07 ID:2SAf9NrM0
乙でした
今のところ読者から出てる呪い対策案って封印等によるカイン脱落阻止、布都御魂で呪い除去、
やる夫と幽々子合体させて悟りを強化・共有するくらいか


3307あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 02:25:42 ID:38XsgDeY0
カイン自体を受肉させる場合ってどうなんやろ


3308あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 07:26:13 ID:Jv7vtErgO
乙ー

>>3307
残念ながら、受肉しようと死んだら聖杯の器に叩き込まれるんだ…


3309あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 08:34:26 ID:S5ad83zE0
原罪を浄化できる存在を召喚する?


3310あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 13:14:33 ID:L4sqmdv.0
乙です


3311あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 20:47:19 ID:of9sM0Bw0
今回は質問会の続きだったなー
幽々子、琥珀さん、蛮、黒セイバーと頭が良かったり勘が良いのが揃っているし、質問漏れも心配ないかな…


3312あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 20:50:12 ID:pBSyjIuk0
唯一神の呪いを浄化するとか覚醒ルイズさんクラスじゃないと無理じゃね。
宝具にしてもEXじゃないと無理だろうから、ゆゆ様でも無理だろうね


3313あけましておめでとうだお2015/01/07(水) 20:53:02 ID:of9sM0Bw0
ルーラー曰く、ゆゆ様ならワンチャン有るかも…とのことらしいが
神血聖杯みたいに倒した鯖を取り込める宝具が有れば、ゆゆ様が取り込んだりで片が付くのかな


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/5452-bb108f23

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /