FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫は心無いキャスターを召喚したようです これまでのあらすじ(3)

ブログトップ > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです これまでのあらすじ(3)




2494◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 20:48:05 ID:yOKwb5Yg0





         ,.  ---
          '       `ー 、
      /               Yーーー┐
.    ,             、    ト _ノ:|
   /〃 / / .  |    |  | /〉::::::::::::;|
   ノイ|/ /| | |  | | ヽ|  |彡'ハ\ /::〉      どう考えても1日で終わる量じゃないので、
    | ハ|、| | l. ト、 ト、 \|  |/  V::::/
    リ ハf^K. N ,>f==ァ  i:┐  K         とりあえず今の目標は1回の投下につき2日分のあらすじを仕上げる事ですねー。
    i. 川. |lj|      |:Uリ|  リ} i |::::\
    l | ハ ̄、      ̄´.|| K;:ュハん~'′
    | !./ rへ. マ:::フ  ,|| /'´: : :∨
    lハ从〉   \ __, ィ.  j//: : : : : : \
      」¬-'ミ||: : }>' j/. : : : : : : : :.ヘ
rヘー 、〈.    /./: : /'´. : : : :.厂 ̄ ̄ ̄{
   ヽ }  >;==}.|: :./: : : : : :.:/     r‐ t‐ 、
     |_ 〈__,.../ ノ:./: : : : : :.:/  厂 |    ', ヽ
  ,. ベ´ \ f‐:|. | /:/二ユ./ r‐ | /:} f¨},フ :r┤
,.イ:     ーヘ`1 ヽ/ ' , --、〉 _j  `| └'’ トイ j
:!       い. .|  ,.二.7f .卩イ '     |、ど
:!      ,ハ└-|  二ブ⌒´/     ハ:ト┘
         ハ. ,」__r‐'’  /        /⌒
   \     }/  ヽ  く         /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ はーい、皆さんこんばんはー。
┃ もう少ししたらあらすじの続きを投下していきたいと思います。
┃ 相変わらず安価もクソも無いですが、お暇な方はどうかお付き合いくださいませ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2495あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 20:48:28 ID:mp.Nln.60
イエッサー


2496あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 20:49:00 ID:jh/w0D0w0
あいさー


2497あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 20:49:34 ID:h4.r9PhM0
了解ですー


2498あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 20:55:10 ID:bTBoVj3w0
了解ー


2499◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:00:23 ID:yOKwb5Yg0
ではでは、投下を開始しますねー。


2500あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:00:44 ID:bTBoVj3w0
ひゃっはー!


2501◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:00:57 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午前・その1  .....│
└────────────┘





                          |ll|                    |ll|
      [三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |\゙ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||       /  \..... | ̄ ̄ ̄ |       l||        |l|
      ||      |_ . ,.   ´  ̄ ̄/  {⌒ヽ \..|       |. ir――――――――――――――
ニニl二ニニニニニニ/⌒ /       / _ゝ  ,} :}.|____l. ||     _________
  l|     ||       i  _|_ ノ\___〈     ̄  / \..゙┴┐ ||   /                ヽ
  l|--― ||――― /⌒く_厂\/_ノ\_ノ⌒ヽ ,/_   \..ニニj   |                 |
  l|___,. .||     廴 /   /  _/ / │`\厂\_厂\ 丿. | ト ― |                ノ ‐
  l|     ||-――.....{_/   / 「 仄ノ`ヽ|  /│| |`⌒ヽ厂\..゙|   ト ゝ―――――――――
  l|_ .- '||ニニニニ/   /  ,x扞示  | ,/‐┼ト |  | |`⌒゙| |.  〕  〕ト  二ニ=―       ̄
  l|     ||    | l|゙/  /|  :| ヒツ  // ィ抒ミ / l:l | |.゙__| |   |   |!  〕ト     ――
  l|     ||   「..゙/ /l  |  :|    /   ヒシ /  从ハ|..  | |   |   |    |!   〕ト ―――-
  l|     ||..  / /  | }|  :|      ゝ   ,厶イ /|: 八゙__| |        |     |!  〕ト    ̄
  l|   , - /  { /:l/八   |\   ` ´ ∠ / j/ ,j/  }\..゙┘\           |    |!  〕ト
  l|, - '"....〈____,〕ハノハハ |  丶 __ イ´| j/; ,' / _ノ   \.   \          |   |
 ̄       \____ ,}ノ}イ     │ ,jハノ j/レ'て__,.ヘ、_,ノ..   \         |
            _,/   \  {: 八 | ̄ ̄マニ二
           ┌ }_人       \⌒ ⌒|   | {こフ`‐、
           {  にノ\ \    \  :|     にフ  }、
          ∧   にノ\      \L __l_にフ   |
          /\\   にノ\ \  / _ノ\_},フ\ |
         /  \    にノ\,/にフ/ /\\ノ   \
          }     ∨/   にフ{八}ノ 〈_/   \〉     }
.         jr-y'⌒if'∨/ /   }| |{    に}  に}    /
          _イ  ヽ  | ∨厂}_      に}  に}  /∧
         /  `ヽ .,ィニニヽ{ \__,二ニ==-<}─<]=く  _,/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 聖杯大戦2日目。
┃ キャスターの工房が完成するまでの間、
┃ 夜行に学校を休むとの連絡を入れたりして過ごす。
┃ そして昼時、工房化が完了してキャスターと雑談したのだが……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2502あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:02:26 ID:jh/w0D0w0
知らなかったとはいえ思いっきりセクハラかましちゃった上に、
命令されれば適当な男に抱かれて魔力補給しますYOとか言わせちゃったんだよな…土下座物であるw


2503あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:02:50 ID:h4.r9PhM0
魔力供給の事聞いた後の対応ミスっちゃったんだっけ……


2504あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:03:32 ID:bTBoVj3w0
重ね重ね魔力の消費が低めな鯖で助かった


2505あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:04:12 ID:jh/w0D0w0
>>2503
啓示で弾かれたから、やる夫視点だとミスってないなー…
俺ら視点だと啓示使っちゃったんで思いっきりミスだけど


2506◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:04:45 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午前・その2  .....│
└────────────┘


                                  __,
                           _.... -─'"´   /
                      _.....-ァ'´   ,..-─-、  /
               _.._,r─‐f´ ;/   /,rニニ‐-、ヽ ヽ
              ,r'/: :.:.:ヾ 、 | /     ,' ,'/   `)ノ .}  ヽ
           ,r‐(二|: : : : :.) `ヾ┐__ { ヽヽ__,ノ   l
           /: : : :|≧、ー(  _ >─ァ、≧-、二二ヽ.     ト、
           `): : :.`ヽ、Y≧У|_   /  | フ⌒ヽヽ_ヽ_ .|| l
        ,r'⌒≧、: : : : /    /ヽ__,r‐、 | /,...-、 | ヽ_`"´ Y| |、
        (: : : : : : : ̄フ    /   /   } (| : :.:Y | ⌒ヽ__L__/ ̄ヽ
        ヽ_,r─ァ´     ′,   /    / `ー’   ト、j-、_| /: : ;ヽ  |
          ノヾフ    '  ′ /i|   j    |   .!   |__)二__ノ、_j   他にマスターが取れる方法と言えば
         / //    ,' /,' ̄, ̄|  ,ハ   l !  |    | (\_:_: :.|'
        /   '      |! l |  | |l i| l  ̄|`|、  |    |  ト、:_:r‐〈_    体液の交換かしら?
     , '     |      l|、从|从| || i! ヽl !、! ヽ!i! '  | !:─: : : :}
      {     ∧| l  | !|彡≠=、 ヽ、|! __ヾノ ヽ |リ ,'    ' |ヽ、r=<
     ∨   l |从 ヽ. /}      ヾゝ=≠x、ヽノ /   /  /ヽ: :_ノ
      _ノ     | !ノ,へ / ハ      '     `ヾY´/  /:  λス’ ヽ             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    (      ヽl川 i! / /,ヘ   r‐::...、     チ___/:/ /: :| ∧ ハ            |   ―――はい?    |
   r─)ー、_   >':グ.,イ、 ヽ. 丶::::ノ    ,イ/: : : :/: :/:./: :,'     |             乂_________ノ
   {  f⌒)ノ'⌒Yァ'_,r<ノハ.  ハ\_ ...,. -r‐チ: l|: : : /: :.i! | /: :∧    ノ
    `ー’´(__rァ''"  ~ヽ、\  ハ    {⌒ー、!: ||l  ハ  l!|!: ,'      `)
        ,r'´      ~\ `>  ノ、 _,ノ`ヽ ヽ !|li !:ヘ l !_!_|、_r‐、_,イ     だから、体液の交換よ。
     /      ,r<ヽУ / ,rYヽ  \ ヽ ∨|!|ハ  | / !__ ヽー{
    /|      ノ:,r‐`' /  rj/ハ | ゙、  ゙、. ヽ/ /'__丿 jヽ、_| ヽ|_ノ     それとも夜伽……えぇっと、この時代ではせっくすだったかしら?
    | !   fフ´-ァ;f´|,イ   ハ//Z,|  ゙、  ヽ / /'___,.イ`ヽ、
    Y!   K ,イ三| ヽ_,イフハFニヽ  ヽ  ヽ/Y〃彡'    l          人の精気は魔力を含んでいるから、それを浴びれば
     |!   |ニニ>三!ィ三7  /ハ!|!/ヽ|、_ヽ,ril|〃λ  /   |
      ,|     !Z_'ィ"lニj ̄, ' /|!__|!ヾ、  寸ミヾミV‐ァ /    ,           魔力を回復できるわ。
>'⌒⌒l    |  レク’//,イ_|! ヽ ヾ、  (ミノ,>Fノ /    l
≧rァfヽ_!    l////レ’ ヾ、 ヽ \  l!ヽソ´   { (ヽ'Y(⌒Y≧r、
∨ ̄|´ l     |,.'://)'´     \j!   ヽノ     \)⌒ヽ、: : : rジ
 `ヽ.ヽ.l    /,イ/)'´                .'   ∨  `='7
三三三!    ,'し’イ      __..-‐ニ二 ̄     :     l    /-ニ三>
三三ニ7   !            ̄ ̄ ̄    . . ` 、 _.ハ_/イ三三ニソ'
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 無自覚にセクハラをかましたり。
┃ 黒のキャスターの結界の正体を看破したり。
┃ キャスターの心を動かそうとあの手この手で雑談したりした。

┃ なお、五色不動の結界の情報は、
┃ アマンダラに強化礼装1つで売れた模様。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2507あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:06:36 ID:h4.r9PhM0
五色不動の結界の情報入手できたのは大きかったなー これなければ蛮が迷宮突破できなかったし


2508◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:08:49 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午前・その3  .....│
└────────────┘



               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |    これもやる夫が優先したい事の一つだお。
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l    琥珀さんと遊びに行くの毎回楽しみだから、
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /     また遊ぶ為にも必ず帰ってくるお。
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ





                    _  ___ __
                 - ´        `  .
                 , ´               `丶、 ,. -----、
             /       /       \    Y     /
           // // / /  //   /      ヽ   !     /
             // // / /  //   ハ  、     i  ハ    /
          i l i il l /. /7Tト、/ ii__ __\ヽ、 |/   !    l
           i i i li i lil// i_! /  il iヽ `ヽヽ  l   /.l   ,'
           N i il l ill/       リリ  ヽハヽ .ト、/ |  /
           ハ l l| i l.| x==ミ、   ____   }l  | } /!/      ーーーはい♪
           从i|ハハ| , , ,    ´ ̄`ヾ // /_ノ //il
             il  i lト、     '    ' ' ' // /// // ハ      そこまで言うなら仕方がないですね~。
             从 l V iヽ.   マフ     // /// //lイ  i
             | | lハi i\ __   . イ/ /// //l l |  !      怪我とかしないできちんと帰ってきてくださいよ~?
             リハ! ! l|Ni_j  「   i /// //⌒ヽ  |
                  Vj/´.イ 7_ ___ _,レ'´ ̄ X,.--~へ
               ,ィ/  / レ'´--‐‐‐' ,. -‐ァ' / (⌒V ノ
                 ,イ/  //      // r‐〈  ) l  \
              / /  ./     ,. -‐‐ァ'/f⌒Lノ~''´ |    〉
               i/    \ /  / /⌒7'´       |   /
               l.       `ー<.___/ /        | 〈
            /            /         | /
              /               !            | /
           i              }          i′
              ',               /             |
              ハ             i\           !
            i  i` ー --  . ____/´ ̄`ヽ.       l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のバーサーカーを討伐に向かう直前、
┃ 屋敷の前で琥珀さんが見送りをしてくれる。

┃ 事情こそ話していない物の危険な事に首を突っ込むのは
┃ 知られているので、その顔には不安が色濃く……。
┃ やる夫はその表情を変える為、咄嗟に遊びに行く約束をしたのだった。

┃ ―――なお、不安げな表情をしたのも、
┃ 事情を聞かずに健気にお見送りしようとしたのも、
┃ すべて彼女の計算通りなのは言うまでもない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2509あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:10:00 ID:jh/w0D0w0
デートの約束、琥珀さんの計画通りだったかw


2510あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:10:49 ID:h4.r9PhM0
まあ好感度稼いでおかないといけないのはお互い様だったしな……


2511◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:12:53 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午前・その4  .....│
└────────────┘



      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-     一筋縄ではいかないと思っていたけど、
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \        まさかバーサーカーを囮に使うとはね……。
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!






            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',      知らずに突っ込んでいたら痛い目にあっていたおね。
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 『歓楽街』と『学校』の二か所に結界の基点が置かれているのを発見。
┃ 黒のバーサーカーのマスター、フェイトの足取りもつかみ、
┃ さらには歓楽街で罠を張っていた二騎のサーヴァントを発見する。

┃ 彼らはバーサーカーを倒す為にやってきた者達を
┃ 狙撃するために隠れ潜んでいたのだ。
┃ 湧いて出た新情報を基に方針を決める為、
┃ 赤の陣営は作戦決行前に再度集合するのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2512あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:14:20 ID:bTBoVj3w0
あれは安価取った人ファインプレーでした

さらっと危険な選択肢混ぜてくるからこの>>1は怖い


2513あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:14:56 ID:h4.r9PhM0
赤ライダーの助言受けて調べたら罠見つけたんだっけ


2514◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:16:55 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  2日目・午後・その1  .....│
└────────────┘



                ,,..-――‐-..,,_
                  /  __     ヽ
             /     _ `ヽ    ヽ
           /:::::::  /´  ヾ      ̄ ',
             ,'::::::::::  ヽ●__         i
.            i:::::::::::.      /    、__ l
            .i:::::::::::::.    {       ヽ ̄ .|     ―――それじゃあ、ランサー組と行動させてもらおうと思いますお。
             ヽ:::::::.:::.    {ゝ---、_ノ   l
.           _,.::::::::::::...   `ー-..,,_/    /     宜しいですかお?
.          / ..`ー::::::ー-..,,___     .<
.          ,_/: : : : : .、_:::::::::::::::::::r‐''"´:|___
.     ,-‐'´/: : : : : : : : \::`''-..,, ヽ._: :|: : : :|
    /.-‐'´_``‐-、.、: : : :\、::::::::`''-':::ヽ| : : : i`ヽ
   >: : : :_,,..-、: : : .``..''‐-..,,_\、::::::::::::::::|: : : /: : :|
  ノ: :''"´: : : : :_,,..-∠--、: : : : \l \::::::::/ヽ:./: : : :|
 /: : : : :__,,..-‐''" ̄ ̄ ̄ ̄ヽ__|_.\/   ∨ : : :|
 |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : :', ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
. \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :〉____,,.-'、〉 〉
    `''-..,, : : : : : : : : : : : : : : :/: : : : : :/、  \\\l_jヽ、






           /   /   _
          /:!  /,.::::‐, '''´ /
           {::| /::У:::/:::-<二__ ,..ノ
     ー- 、..、',::l{:::::/:::::,..::―:::::::::_::::::/- 、
     -―‐-ヽ:::∨:::::::::::―--::、::::::::::::::::: ̄、`\
     ,...:::::,..-―::::::::::::`ヽ、:::::::::::、:`ヽ、:::\ 、::\
     ´ ̄/:::/::::,::l::、:::\::`丶、::\:::::\:::\_`_
     ,イ::,:イ::::/::j{::| ,\::::`ヽ、::ト,:::',-、:::::':,:::::\ ̄     へっ、わざわざ博打狙いを選ぶとはな。
     /:://j:::/::::{ V!´,ィtォァ`、/ー!-、',),}:、:::',、::::::':,_
    .{:/-/:::l:イ::{:::l、t/-{//,}= '   リ l::}/::::lヽ:! \ヽ´     お前も物好きな奴だな、おい?
     |' {:::,ハ:{从::{< _ ` ´ ,    ,イ:イ::::::| }
        VI ヾj \ ヽ,.- _ ´    / ,リ:::::::!
              ,/ \    /  / j从::',_  ニィ
               ゙    `ー く   ,'  _,.- '∧
                     ヽ / /   ,.-〉、
                   //j '/   /   `ヽ、
                   / / /    /       \
              //_ / /___/    _,. -― ‐
             /   / // \      l /
           j'   | /  /       l|/
             |   |/  /―,―-,   l'
             l   ,/ /-―-l、__/    /!
             | / /´ /     /  / l
           ,// / /      j       !
           / / / ,'      ;'       |
.         / / /  {     /        |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営による緊急作戦会議の結果、
┃ バーサーカー討伐の作戦を続行することに決定。
┃ その役目を赤のキャスターと赤のランサーが担い、
┃ 邪魔者の排除をアーチャーとライダーが行うことに。

┃ ここから蛮ちゃんとの信頼関係が築かれていった気がする。
┃ 赤の陣営の中で、ランサー組が一番地雷が軽くて安牌だし……。

┃ なおここでパートナーにルイズを選択しても、
┃ 撤退したバーサーカーを追撃する為に連戦するだけで大した違いは無い。
┃ (ランサー組の場合、まず自力での迷宮踏破率が絶望的なだけで……)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2515あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:17:51 ID:bTBoVj3w0
いやぁ、迷宮は強敵でしたね(蛮にとって

なお、他の人は普通に突破したもよう


2516あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:18:12 ID:jh/w0D0w0
アマンダラが意味有りげにやる夫に決定権を委ねてきたのは、
一般人ならルイズと離れて行動はしないだろうと見て鎌をかけてきたのかな


2517あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:19:03 ID:h4.r9PhM0
赤ランサーが成功率10%で突破したのは驚いたなー


2518◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:21:18 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その2  .....│
└────────────┘






                                        >       、ヽ
                                      /        _r 、  }从
                                     -=彡  r‐、/ \ ヽ ./
                                       / / l     弋7ヽ l
                                       7 ノl       r'
                                      , W  ト _ _  、 ┘
                                     //ニニ=-' . : : : : :`ヽ,
                                     /ニニア. : /. : : : : : : : : : .Y
                                    //  ̄}: : :{ : : : : : : : : : : : }
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ: /
 |  ―――ならば受けてみるか、赤のアーチャーとそのマスターよ。      |゙/}
  乂______________________________ノ :l
                             /. : : ハ:/ニllニニニニ}.: : : ; : : : : : :;':l|
                              /. : : : : :.〉ニ/ニニムマコ:.:: :/. : : : : :/:/}
                             ノ. : : : :/.∨ニlニニllニl: :/. : : : :.∨//
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ タマシイ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ..=l:.〈. : : : : ヽ{ニ}
 |    友より受け継ぎし我が宝具を―――ッ!!        | { : ヽ. : : : : : ヽ}
  乂________________________ノ . {: : : \. : : : :∧
                           {: :ヘ: : : : :r'   r‐―――‐ ヾ,: : : : : : : :.l: :}
                           |: : : \. : }    |:_:_:_:_:_:_:_: : : :.\. : : :.ヽ. :∧
                          〈: : : : : : : }    r : : : : : : : : :`: : : :ヽ: : : : :\:.}
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ホウグ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ..゙: : : : :ヽ: : : : : :ヽ,
 |   そして友を殺し我が身を苛んだ蛇毒を―――ッ!!     |...: : : : : : マ. : : : : :.ヽ
  乂_________________________ノ...: : : : : : : :マ: : : : : : :Y
                              l: : : :/. : : : : : : : : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : ヽ: : : : : r‐、
                          _{: : /. : : : : : : : : : _ -‐=≦彡 : : 彡,: : : : :}|: ヽ: : :|  ',
             _ , . . . -=≦ : : : : : :. ̄: : : : : : :_:_: : : : : : : : : : : /. : : : : : :./}.!: : : :__!  }
        _, . .-=≦: : : : : : : : : : : : : : : :ノ彡': : : : : : : : : : : : : : : : :./. : : : : : : :./:ノ `丁  !   ,'
    _, .-= : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ノ. : : : : : : : :彡'    }   ヽイ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のアーチャー VS 黒のアーチャー

┃ 繁華街での戦いの第一戦目。
┃ 弓兵同士、弓の腕前を競い合う闘いになるかと思いきや、
┃ 何故かマスターのはずの山本元柳斎が矢面(文字通り)に立つ展開に。

┃ 人間の限界近い力量のマスターと大英雄の赤のアーチャーを前に
┃ 黒のアーチャーは自らの宝具『射殺す百頭』にて抵抗する。

┃ しかし、赤のアーチャーのマスターが使用した宝具により
┃ 抵抗空しく、黒のアーチャーは敗走するのであった……。

┃ この辺りからマスター()共が自重しなくなってくる……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2519あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:22:10 ID:h4.r9PhM0
爺さん大活躍してた頃だな


2520◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:24:53 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  2日目・午後・その3  .....│
└────────────┘





         ,/i//i/               //i,| ,_  ,_  :,_ ;,_  ,_  ,_
TTTTTTTTTTi,/{TTTTTTTTTTTTTTTTTi''i/ | ||| ||| ||| ||| ||| |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~| | . ̄  ; ̄  : ̄  ; ̄  , ̄  ' ̄
,-、  ,-、  ,-,、.| |;,_  ,_  ,_  ,_  ,_ |,/| ,_  ;_  :,_ ;,_  '_  ;_
十| |十! |十!..| |:||| ||| ||| ||| ||||i/| ||| ||| ||| ||| ||| |||
 ̄  . ̄ .: ̄::;'| |'. ̄::::;: ̄ ,;' ̄  , ̄  : ̄ | | . ̄  ; ̄  : ̄  ; ̄  , ̄  ' ̄
,-、  ,-,、::.,,-,、| |.,_  ,_  ,_  ,_  _, |,/| ,_  ,___________
十| |十! |十|.;| |;||| ||| ||| ||| ||||i/| ||| ||\
 ̄  . ̄  . ̄.;゙| |', ̄  ;゙ィ......' ̄  , ̄  ' ̄ | | ' ̄ .;'|  .\
. ,、─────..゙l`ヽ ./}ノ . ──────../!. ──'}|    \:
/  ,____.. {ト、 ∨/__:_:_::_::____イ |. ___,|:      \::: :
  /|::::::::::::::::::::::::::.゙{ ∧ 〈      :::::::::    |' !       |        \::::: : :
. /. |:::::::::::::::::::::::::::゙∨:∧ ヽ_...... :::::.    ノ {.       |:          \___
/ . :|:::::::::::::::::::::::::::::∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ....  | :
 ::/ ̄ ̄ ̄ ̄ . _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //..   |:: :
.::/::::::::::::::::::::::: /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./.    |:::: :
/::::::::::::::::::::::: /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /.      :|:::::: :
::::::::::::::::::::::: ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./ |     :|:::::::: :
:::::::::::::::::::: /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>..   :|:::::::::: :
::::::::::: :  /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ . |  γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
:: :.    /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ..|  |   一発も撃ってこないとはな。    |
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'   乂_______________ノ
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、|  その手の銃は飾りか? 黒のキャスターよ。        |
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } 乂_______________________ノ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\
/            / {: イ  ./` !/// ノヽ : !:|/ノ/ V      `ト、〉::ヽ
            / //  /   } 〉ー ´   '. |: :!´  '.   }         ン:}::ヽ:〉
.           / ´ ./  /  / /       }:!: |   ヽ_}       ゝイ人}
                /  〈  ノ /        ヽLノ     |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のライダー VS 黒のキャスター

┃ 黒のキャスターは決して弱くはない。
┃ 弱くはないのだが……相手が悪かった。

┃ なお、メタな解説をすると、
┃ ライダーはこの時点で主人公鯖と非正規鯖以外の全データを把握しているため、
┃ 「彼らに対して最も勝率の高い宝具」を選択するという、ガチAIが搭載されていたり。

┃ まぁ、大体【槍】か【弓】ばかり使っていた気がするけど気にするな。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2521あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:25:46 ID:h4.r9PhM0
まあ利便性考えたらその選択になるわな


2522あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:25:48 ID:jh/w0D0w0
そうか、データバッチリわかっているんだからそりゃそうするかw


2523◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:28:51 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その4  .....│
└────────────┘

     |£= |  |(| | |:;- | |( |          | )| | -;:| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)| |:;- | | )|          |( | | -;:| |(| |  | =£|
     |£= |  |(| | |:;- | |( |..........,,,;;;;;;;;;;;,,,,... ....| )| | -;:| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)| |:;- | | )|;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|( | | -;:| |(| |  | =£|
     |£= |  |(| | |:;- | |( |    ○     | )| | -;:| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)| |:;- | |, '          .`、| | -;:| |(| |  | =£|
     |£= |  |(| | |:;- |                  | -;:| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)| |:;- |                  | -;:| |(| |  | =£|
     |£= |  |(| | |, -'                `-、.| | |)|  | =£|
     |£= |  | |)|                          |(| |  | =£|
     |£= |  |(| |                          | |)|  | =£|
     |£= |  |_, -'                       ` -、|  | =£|
     |£= |                                  | =£|
     |£= |                                  | =£|
     |_, - '                   ○              ` -、_|



            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l   ……1円玉?
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ バーサーカーの迷宮攻略
┃ ・成功率10%の赤のランサーがまさかの一発成功を引き当て。
┃ ・30%の美堂蛮が振り直し礼装をほぼ使い切り成功し。
┃ ・キャスターは危な気なく成功をおさめ、
┃ ・そして成功率10%だったやる夫は何者かの支援を受け、
┃  キャスターと合流を果たしたのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2524あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:30:05 ID:bTBoVj3w0
槍と弓は汎用性高すぎたからね


2525あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:30:11 ID:jh/w0D0w0
何者か…一体、何珀なんだ…


2526あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:30:36 ID:bTBoVj3w0
蛮さんは本当になぁwあんだけあったのに全部使い切っちゃって


2527あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:31:34 ID:JE41m2Rw0
何者か・・・一体何の尊なんだ・・・(棒)


2528あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:32:47 ID:h4.r9PhM0
誰かさんの支援がなければ黒ライダー組に拉致されたんだっけ……


2529◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:33:12 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その5  .....│
└────────────┘



三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三ニニ/ ̄ヽ三三三三ニニ>'´`ヽニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三三三/    \三三三三,'    仆三三三三三三三三三三三三ニニ,r、_,ニニ三三三三三三三
三三三三三三ニ,     〃三三ニニ/   '´三三三ニ-、三三三三三三三三三三{ x=z /三三三三三三ニニニ
三三三三三三{     /三三三ニ/ /ニニニニ才   寸三三三三三三三三ニ//⌒Y´三三三三三三三ニニ
三三三三三ニr'     '三三三三/ イ三三ニニ>´   ,イ三三三三/ r-、___/三三三三三三三ニニニニニニ
三三三三三三Y    '三三ニニ/<三三三/  x<三三三三>´r<三三三三三三三三三三三三三三三三
三三三三三ニニ|   7三三三三三三三ニ{_x<三三三三三ニニy {三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三ニニニニi!   '三三三三三三三三三三三三三三三三≦z_ \,x_>t三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三三i   L_三三三三三三三三三三三三三三三三三三}  /三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三三!      ̄ ̄¨`ー--≧三三三三三三三三三三ニ/,r-<三三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三ニj  __       /三三三三三三三三三三三i/__イi三三三三三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三ニ! 7三三ニx____/三三三三三三三三三ニニ//三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三ニ! {三三三三三三三三三三三三三三三三//三三三>-t三三三三三三三三三ニニニニニニニ
三三三三ニニL_j三三三三三三三三三三三三三三三//三三三ニ!   \三三三三三三三三三ニニニニニ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三√ r<三三三少´      Y三三三三三三三三三三三ニニ
三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ/ /三三三三/        {三三三三三三三三三ニニニニ
三三三三三Y{三三三三三三三三三三三ニ/ /三三三三三廴        l三三三三三三三三三三ニニニ
三三三三三j|三三三三三三三イ三ニニ/ /三三三三三三三三z_    _j三三三三三三三三三三ニニニ
三三三三ニ7Z三三/{三三三/イ三ニ/ /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三ニi|三ニ {三才  |ニ/|_j! {> ´ 〃三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
三三7|7       `′'´     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
三三j L/              ∠ィ三>'ィ三三ニ/ ̄ ̄``ー--ニニ三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
三川                    <三三三<              ̄ ̄`ー=三三三三三三三ニニニニ
i∨i|                   x<三三三三}            _,,zzzzzzzzzzz<三三三三三ニニニニ
| V                 <_三三三三ニ'´    __, -zニニ三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
|、                    {z-テ'-ニ三∧__/三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニニ
;';ハ                   ∠_三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
;';';'ヘ                 r--≦三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニ
;';';';';'>x               ト、三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニ
;';';';';';';';';';';'>x            ニ=─三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニニ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のランサー&赤のキャスター VS 黒のバーサーカー

┃ 迷宮を陣地化し、令呪までも使用して二騎を迎え撃つ狂戦士。
┃ 赤のキャスターの不調により、二騎がかりにも関わらず互角のまま闘いが進んでいく。
┃ そしてこのまま勝負を運に委ねるかと思われたその時、
┃ 赤のランサーの宝具『撃ち穿つ死電の槍』が発動。

┃ バーサーカーのマスター、フェイトの撤退を美堂蛮の邪眼で封じた結果、
┃ 迷宮内での闘いは赤の陣営の完勝で終わった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2530あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:37:04 ID:mp.Nln.60
さすが二週目だけはあるなw


2531◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:37:16 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その6  .....│
└────────────┘


     ./ /        /   /i::::::::{ |::{        }::; }:::::::::',. ',     }    _    ,, ''´    }
    ./ /     ./`゙''ー ..,,{     , |:::::::i! ヾ!      j/ .i::::::::::i.  V   /> ´   ,,> ´      /
  /   ≧z ..,,,/      丶.._ j  |::::::::|             |:::::::::|   }zzイ   ,, z≦       > ''´
 く           ≧=z ..         |  !::::::::}              |:::::::::|   !   ,  ´      > ''´
   `゙ <          ≧ z、   .! ノ::::::〔    ヽ ノ     ,::::::::::}  - V  /     > ''´
      `゙ <       i   i  ,ノ {::::::::::ヽ_  八  _ ノ::::::/   ノ  |    ./´
         `゙ <    |   八  \,ィf///,ヘ./  ヽ/////////ハ= T' 〉 .!   /
               `i  ′ ′ `Y⌒乂/////ハ   ム--r..:::::::ヾ´  { {  |  ./
             |  ,:      .} /::::::::::/ ̄ }  {   ヽ:::::::::::\ Vハ. |  /
             | / ./    .{ .{:::::::::::/   .!  !    `゙'' 、:::/ ノ  ', i /      おい、話聞けや。
             | .′/    人⌒ヾ´     ',  ,′      i  ハ   ',j/
             |  /    ,    マ .ハ  , v V^YV^V^V.V v、 /} { ,  /i. \
             j/   ./ ノi  ハ { 从! i | j i .| .} } } } .}.リ .レ.:レ': :{  /i\ /i
               ′  ./ /: : V{ル} マj_ハ从ハ人ハノしヘ.ノVxノi{ |: : : : :j/: j/i/: :Vi
               / 、  ,: : : j: : :ハ. Vi. { i | } } ! } } } ノ.j jノヽ!: : : :/: : : /: : ': : : :.{、
               jヽ jV: : : :; : : : ハ/::ⅣW.JV V VVル'イ-ヘ:::::}: : : :: : : : i : : : : : : :! \
            / ,: : :V: : : : :/ : : : : :}::/             }::i: : : :{ : : : : : : : : : : :| /{ ー-





       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
    /   ;:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  /   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;    \
 │  /=≡==、、\::::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、  │
 │  //      ヾ、 :;:;:;:;:;:;: ツ 〃       ヾ,  |     はいィィィーーーーーッ!!!
 │            :;:;:;:;:;:;:;:;             │
 │  ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゛ ゛ー=====彳  |
 │   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  \  ;::::::::::::::(___人___)::::::::::::::; U  /
    \ ;::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::;  /
     \:::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::; /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の聖杯内部にて。

┃ バーサーカー撃破後、突然気を失い倒れたやる夫は
┃ 目を覚ますと謎の空間の中に居た。
┃ そこには何故か、倒したはずのバーサーカー・アステリオスが目の前におり……。

┃ 彼女はフェイトの最期の令呪により、
┃ 聖杯の中でも意識を保つ事に成功していたのだ。
┃ そして彼女は語る。入速出やる夫が『赤の聖杯』であることを。
┃ 単なる巻き込まれた一般人ではなく、誰かの手により聖杯にされた存在であると。

┃ ―――以降、毎晩のようにアステリオスは夢枕に立ち、
┃ やる夫と会話することで『人間』とは何かを探ることになる……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2532◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:41:50 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・その6  .....│
└────────────┘

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                   【レベル】50             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20      【魔:B】40    【運:A】50     【宝:B】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】怨怨怨    【魔力】164/225     【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /:::::::::メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { :::::::〈/:::::::::ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\::::::::::::::::::/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉::::::::::::,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ バーサーカーとの戦闘後、やる夫は自宅で目を覚ました。
┃ そしてキャスターとその後の経過などを話していたのだが、
┃ 自身の法力が弱まっているからと宝具の使用を提案してくる。
┃ 当然、その言葉にやる夫が頷くはずもなく、
┃ 話し合いはそれで終わりかと思われたが……。

┃ ついにキャスターの枷が解き放たれ……、
┃ 彼女の弱体化はここに極まったのだった。
┃ (実際は令呪の消費というもう一段、底があったけど)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2533あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:41:57 ID:bTBoVj3w0
夢の中で会ったような


2534あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:42:59 ID:bTBoVj3w0
本当にねw温存したと思ったらあれだよ!(残りが無かったらもう少し手間取ったと思うが


2536あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:46:37 ID:h4.r9PhM0
令呪まで無くなった時は正直詰んだと思った


2537あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:48:13 ID:U4uvhmrs0
マジで当時ヤバいと思ったからなー、必死になって地雷除去したもんよ……


2538◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:48:13 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その8  .....│
└────────────┘





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   私は私の矜持の為に戦う。     |
  乂_______________ノ



                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |   他人を食い物にする“悪”を許してやらない。地の果てまで追いつめて報いを与えてやるわ。       |
                乂__________________________________________ノ



                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                     |    だけど、それでアンタの事を見捨てたら、私もそいつの同類になる。        |
                                     乂__________________________________ノ




                             , . : : -: -. . 、
                             ,.イ : : : : : : : : : : : \
                               ,イ: /: : :/: : : : : : : : : : : : .
                             / : /: : :/: : : : :ヽ: : : : : : : : ヽ
                         / : ;': : : ハ: ヽ.: : : : ;: : : : : : : ヾ:.、
                          |: : l: : : :l l:.i : : : : : ハ:{: : : : ヽ: Nヾ     ―――だから、私は見捨てない。
                          |: : l: : : :l八从ム:i: : :八:ハ: : : i: : |八
                           l: : :l: : :仍心、ヾ八 : : }ヾ、: :.l: l:lノ     あんたの事を、何があってもね。
                        ,: : : ; : : ゞ:ツ    .ィ斥ヤハ: :j人}
                         /: : 从 : : l     ,  ゞツ .∧:.}:.八
                        /: : : /: ; : : l、 r ‐.,   ,.イ: : : : : : \
                     _. . : : : : : :/:_人: : :l.\_`_  .イヽi:\: : : :\: : : : ̄ : .ヽ
              ,ィ: : ̄: : : : : x//∧///∧ : l ,ヘ / V///x:_:\: : : :`二ニニ=ー=―: . 、
               /: : : : : : : ::/,イ⌒∨///∧: :VⅥ'/∧∨////∧\`ー=ニ二:_:_:_: :_: :_: : :):ヽ
             { : : : : : : /,イ  ` ヽ ∨//Ⅵ: : :.Ⅳ `V////////ヾ、: : : : : : : : : : : : : : /: : :)
         r=.、 ; : : : : :.// /     .∨/∨: : : :}   }/////////人: : : : : : : : : : : : / : : : /: ̄:`ヽ
            \::\j: : : : /,イ     ヽi .Ⅳ/ : : : : l\ノi//////イ´ Ⅵ : : : : : : : : : / : : : /: : : : : : : \
            \::\ :/:{,ィ '  ̄ ヽ ヽji__,. .〉: : : : : ノ//>j//イ   l  Ⅵ、: : : : : :/ : : : /: : : : : : : : : : : :.
      _,..=-=ニ二 : \:::X´\ ̄`ヽ } i}´ /: : : : / ¨´  ヽ ヾ:、 l.  V∧ : : : / : : : /: : : : : : : : : : : : : : i
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のキャスターとの会話後、ルイズと会い情報の交換を行う事に。
┃ 学校に向かった赤の陣営の敗走、そしてやる夫が聖杯である事を知ったルイズは
┃ 他の面子に知られないように注意するよう、やる夫に促すのだった。

┃ そしてキャスターの弱体化を聞き、
┃ それでもなお同盟をしてくれるルイズに何故と聞いた答えが上である。

┃ なお正体を知った後だと(以下略)。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2539あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:49:12 ID:h4.r9PhM0
この時のルイズさんはマジでヒーローだった。 なお今は(ry


2540あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:49:39 ID:jh/w0D0w0
赤のライダー「………………orz」


2541あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:49:48 ID:VAGRhVtw0
この頃はただルイズマジヒーローって喜んでたなぁ・・・
なお(ry)


2542あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:49:51 ID:U4uvhmrs0
この時のルイズさんに救われたもんよ、なお今は(ry


2543◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:53:18 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  2日目・午後・その9  .....│
└────────────┘

                    _  ___ __
                 - ´        `  .
                 , ´               `丶、 ,. -----、
             /       /       \    Y     /
           // // / /  //   /      ヽ   !     /
             // // / /  //   ハ  、     i  ハ    /
          i l i il l /. /7Tト、/ ii__ __\ヽ、 |/   !    l
           i i i li i lil// i_! /  il iヽ `ヽヽ  l   /.l   ,'
           N i il l ill/       リリ  ヽハヽ .ト、/ |  /
           ハ l l| i l.| x==ミ、   ____   }l  | } /!/
           从i|ハハ| , , ,    ´ ̄`ヾ // /_ノ //il
             il  i lト、     '    ' ' ' // /// // ハ      まぁ、聞いたところでどうする事もできないかもしれませんが、
             从 l V iヽ.  ー‐'     // /// //lイ. i
             | | lハi i\ __   . イ/ /// //l l |  !      やる夫さんの相談に乗る事ぐらいはできますから。
             リハ! ! l|Ni_j  「   i /// //⌒ヽ  |
                  Vj/´.イ 7_ ___ _,レ'´ ̄ X,.--~へ     それで二人で考えましょう。
               ,ィ/  / レ'´--‐‐‐' ,. -‐ァ' / (⌒V ノ
                 ,イ/  //      // r‐〈  ) l  \    それでもどうしようも無かった時は……。
              / /  ./     ,. -‐‐ァ'/f⌒Lノ~''´ |    〉
               i/    \ /  / /⌒7'´       |   /
               l.       `ー<.___/ /        | 〈
            /            /         | /
              /               !            | /
           i              }          i′





         ,.  ---
          '       `ー 、
      /               Yーーー┐
.    ,             、    ト _ノ:|
   /〃 / / .  |    |  | /〉::::::::::::;|
   ノイ|/ /| | |  | | ヽ|  |彡'ハ\ /::〉
    | ハ|、| | l. ト、 ト、 \|  |/  V::::/
    リ ハf^K. N ,>f==ァ  i:┐  K        一緒に逃げちゃいましょう!
    i. 川. |lj|      |:Uリ|  リ} i |::::\
    l | ハ ̄、      ̄´.|| K;:ュハん~'′     夜逃げの準備はしておきますから!
    | !./ rへ. マ:::フ  ,|| /'´: : :∨
    lハ从〉   \ __, ィ.  j//: : : : : : \
      」¬-'ミ||: : }>' j/. : : : : : : : :.ヘ
rヘー 、〈.    /./: : /'´. : : : :.厂 ̄ ̄ ̄{
   ヽ }  >;==}.|: :./: : : : : :.:/     r‐ t‐ 、
     |_ 〈__,.../ ノ:./: : : : : :.:/  厂 |    ', ヽ
  ,. ベ´ \ f‐:|. | /:/二ユ./ r‐ | /:} f¨},フ :r┤
,.イ:     ーヘ`1 ヽ/ ' , --、〉 _j  `| └'’ トイ j
:!       い. .|  ,.二.7f .卩イ '     |、ど
:!      ,ハ└-|  二ブ⌒´/     ハ:ト┘
         ハ. ,」__r‐'’  /        /⌒
   \     }/  ヽ  く         /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ルイズの後、気絶して運ばれてきたやる夫を心配していた琥珀さんと会話する。

┃ いつも笑顔な義姉が本当に心配したと真顔で言ってきたり、
┃ 話せる事情がほとんど無くて怒られたりしたものの、
┃ 基本的に穏やかな雰囲気のまま過ごす。

┃ なお、ルート解放せずに実際に夜逃げしたりすれば
┃ そのままBADエンドなのは言うまでも(以下略)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2544あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:54:32 ID:h4.r9PhM0
地雷しかねえ


2545あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:54:49 ID:jh/w0D0w0
知ってた(白目


2547あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 21:59:07 ID:bTBoVj3w0
知ってた


2548◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 21:59:48 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・その10 .....│
└────────────┘



::::::::::|                        : : : |
::::::::::|                          : : : : |
::::::::::|                            : : : : : |
::::::::::|                          : : : : : : : |
::::::::::|                      : : : : : : : : |    | ̄ ̄ ̄ ̄
::::::::::|                    : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                      : : : : : : : : : : : |    |
::::::::::|                    : : : : : : : : : : : : : |    ' .
::::::::::|                  : : : : : : : : : : : : : : : |       ゙  .
´. ̄ ̄ ̄               : : : : : : : : : : : : : : : : |
 \________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄   ̄ ̄
:::::::::l┌―___‐┬―__‐ / / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄
:::::::::| |___||____:! !          ___  __ _
:::::::::| | ̄ ̄ ̄ ̄丁! ! !_____{ ヾ           `ヽ
:::::::::| |:.:. : : : : /~,.| | | |           \ ‐  ‐ ‐  ー=- ノ _  __
:::::::::| |:.:. : : : / / .| | | |   ,  - --‐ ‐===ー-――===…'⌒¨ : ::
:::::::::| |:.:. : : / /  | | | |:.:.:.:./: : : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : :
::::\!  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:: | |:.:/:' , : : : : : : : : : : :       : : : : : : : : : : : : : :
                | |:ノ: : : : ' : : : : : : : :   : : : : : : : : : : : : : : : : : : :




      ` ー=≠: : : : : : : : : : : : : : ,. -‐: : : : : : : : : : : : : `ヽ
        // : : : /: : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
       // : : /: :/: : : : : : : /: :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
      イ ,′ /:: : ': __ /: : i: / : : : : : /: : : : ヽ: : : : : : : : : : ',
        {: : ': : λハ: : ヽ: : |/: : : : : : : : : : : : : ',: : : : : : : : : λ
        人/:l::丿≦ミヽ|: : : : : : : : : : 人: : : : : : : !: : : : : : : : : : }
      /:八:| 〃癶', {: : : : : : _,.-''" 丿 : : : : : : : : : : : ',: : : : : !
     /: : : : ヽj   {しヾ ',: : : ,/ ̄`ヽ : : : : : : : : : : : : : :|: : : : ′    ……まぁ、こんな処かしら?
   /:: : : : : : /   ゞ乂  ヽ: i   ノ'´ \ ハ, : : ノ : : :: :: |: : : : ヽ
   /:: : : : : : : :i   _,.     ノ' ≠=zz、 |/ ヽ:: : : : : : : : : :/: : : : : !    思えばバーサーカー対策に始まり、
  /: : : : :: / '            〃 ヾミxノ'´ : : : : : : : : /: : : : : /
  /: : : : /  .∧          卜-uy仆: / : : : : : : : : : : : : : /      激動の一日だったわね……。
 /: : : ::,'   /: : ', ヽ       ゞ弋tソ 从丿:: : : : : /: !: : : : /
 i: : : : |   ,':: : : i      u     __,,厶イ: : : : : イ::: : :|: : : /
 |: : : : |   i: : : 弋,. -‐==ニ二三 ̄: : : : : : : : :, ´ ノ′:: |: : /\
_⊥ -‐==ニ二三: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /: : : : : : : |: /: : : \
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : , - 、: : : : : : : : / : : : : : : : : ノ': : : : : : : ヽ
: : : : : : : : : : : : ___ /    \-‐-__イ: : : : : : : : : : : \ : : : : : : : ',
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 再度、ルイズとのコミュ。
┃ 黒のアサシン・沖田総司、黒のキャスター・南光海天海の真名看破。
┃ トレーズに関する情報源(アマンダラ)、
┃ やる夫の持つ『啓示』スキルについて相談するなど。

┃ 琥珀さんに事情ブッパしたいと言いかけて
┃ 『啓示』が働いたりもしたものの、非常に有意義な時間だったと思う。

┃ 二日目はこれで終了……と思いきや、
┃ 最大の山場は最後にあったという。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2549あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:01:03 ID:h4.r9PhM0
啓示さん大活躍である


2550あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:02:05 ID:jh/w0D0w0
この辺りから、アマンダラ達にこっちを優秀だと思わせるための強キャラロールが始まったんだよな
やってる方はポンポンペインでしたがw


2551◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 22:04:08 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・その11 .....│
└────────────┘



 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ――――――――――――――。     |
  乂__________________ノ


                                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                      |  ――――――――――――――――――?        |
                                       乂_______________________ノ




             ____
          . : ´ : : : : : : `: : .
        /. : : : : :; : : : : :イ : : `: : .
       .ィ. : : : : : : / : 才´ : : : : :_:_:_: ハ
     //.:〃. :/. : :-―== : : : : 才: : \
     ノ : : :/. ::"イ才´. : :ー-=ニ : : : : : :-‐<
     i|:i {: :' :彡'"´∨: ー-ミ: : : : :ー-=≦: : : :`ヽ
    八:ハイ    `ヾミー-: : : : :_ : : : :-==ミーミ
  > .斗ア     .才< `ヾ=ミー-ミ: : : : `ヾ: : :彡⌒     そう、これで赤の聖杯が“完聖”に一つ駒を進めた訳なのだが……。
 /. :/  /:!   丿孑ア   }: :リ り }ー-ミ: : : : :_`≦
 }: :' .八∧ .イイイゞ゙   从( f イ:ハ:`ヾ: :ー-:彡'       今の段階では、まだどちらが真なのか分かるまい。
 }:/  イ`ヾヽ ⌒´        .∨: 从(: : ;リ人:{
  / _.ノ    !            ,ヘ(  )イ> ´`Y        他の者は無論のこと、君も私も本人ですら―――。
. {  {.  / ヽ.|  ,        ′ > ´  > ´{
  i  |/ ハ .ーく_.ィ ´     イ / > ´. : : : : \__
  ;  `ヽイ  }ノ    ヽ   // ィ. : : : : : : :>. :´: : :`:ュ._
/    ` <      ゝ-< }〈 イ. : : : : : : /. : : : : : : : : : : `: : .
         \__  ⌒ー-} }斗ォ.: : : :/.> ´. : : : : : : : : : : : :ハ
   ー-く⌒ー-斗イ    }'⌒∨斗ォ.:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
    _ . 二ア   才.´/  i ∨イイ. :/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
 > ´     才´   /   :{ }.:/. : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
´          }ftft>"  i:   /イ. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :リ
          /}i{}iリ/   八 /. : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
         .//イ. く    /. : : : ::八: ー-. : : : : : : : : : : : : :: :: ::::/
∨      ゞイー-=ニ: ´:rv才ハ: : : : }ー-- : : : : : : : : : : : : : :::/
イ{      ./ ./   ∨弐tり }ア : /. : : : : : : : : : : :-==彡. :/
イ      /  /     ∨弋イ. : : :>ゝ-. : : : :‐―. : :´: : ::ハ
∧    (_}(_}:}f_j} ( _) 人 : : : : /. : :ー--=≦: : : : : : : : : : :;
: :f⌒ー< ̄ ̄>-=ニ二三V. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: ::}     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
::八   /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::′
: : :.\/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
: : : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::: :::{
: :: :: ::}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 深夜、黒の陣営の本拠地である教会にて。

┃ 聖杯大戦の主催者であるトレーズと、
┃ 謎の英霊アヴェンジャーとの会話。

┃ 元々、やる夫がサーヴァントを取り込んだら現状確認の為に
┃ 彼女はトレーズの下を訪れる予定でした。

┃ 多分、「主催者の癖にまだニートを続ける気ですか?」とか、
┃ そんな感じの嫌味を言いに来たんだと思う。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2552あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:04:35 ID:bTBoVj3w0
何気に真名を早期に看破できたのは色々でかかったよなぁ


2553あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:08:07 ID:h4.r9PhM0
やる夫がサーヴァントを取り込む=倒れるだからか


2554◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 22:12:16 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・その12 .....│
└────────────┘



     i{ニ二/ニニニ/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`(ニニニニ7ニニニニニニニ
    从ニ/ニニ‐, : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :マニニ‐'ニニニニニニニニ
     ∨ニニ/: : :, : : : : : : :/! : : : : : : : : : :,i : : : : : : : :.マニ‐{ニニニニニニニニ
      {ニニ/: : :/,: :__: /. :/| : : : : : : : : /.! : : : : : : : : :‐ニ.乂ニニニニニニニ
      ニニ': : : ′: : ./ `メ、 | : : ,: : : : : :/ | : : : : : : : : : ニニニニ7⌒ー=≦_
     人ニi: : : ; : : : / {: ′`| : /.: : : : :/  .| : : : : } : : : . ニニニ7  ‘, `ヾ
   ,. イ  ヽ: : :.i: : : :ァ 〔 {  |: ' : : : : :/  ̄Τ:ケiー' : : : : }、ニニ.   ‘,
 ´       ' i : : :l : : :.⌒斥ミ、‘,{、: : : :/    .レ' |:/} : : : : :}:.\‐{
.       { .|{: : :| : : :.{ ′i´)}    \/   ァア示ミ、 : : : : }: :__`乂    i}
. \    { 从 : { :{ : :{ V^炒         ′弐ヾ,: : : : ;´_ .7:/ `  i}
   >、___j}⌒ヾ 、 : :、:‘, ` ´            { .i´)}/ : : : :,_ノ ./:/   ‘,       それとも、自分の事を人間だと思っているのか……。
  /.: : : :/   '^ \人{     '        乂ン'.: : : : :/ フ /:/     }
 ': : : : : /    .| : : :,               /.: .: : :/'´ .イ ′   }       ウフフ、単に『人間になりたい』って答えだったら、
 : : : : :/     i: : :込、   ヾ/{__,    厶ィ : :/_,.ィ: : 廴,,斗- ミ__,ノ
 : : : :/       .,'l: : : : : :\   _‐ニ;'  ´      }: : : /¦: : : : i.: : :{八        貴方から聞くことは何もなくなっていたんだけど
 : : : ′    / | : : : : : : : ._‐ニ/   /} < ': : :/.:.:|: : : : : | : : {、.:.ヽ
 : : :,      / : | : :}ヽ : : _‐ニ‐/ー=/_‐ノ   ;: : /.: .:.|: : : : : | : : {. \ム      喜びなさい。まだもう少し聞きたい事が増えそうよ、子ブタ。
 :. :i{.    / : : | : :}‐ム /ニ‐/: /ニ/   ,.. -‐rマ : :|: : : : : |: : :‘,  _ヾ
 :. :i{    厶イ :j.: .:}ニ/ニニ7/ニ/ ,.。s≦ニニノ:::}: : |: : : : : jI斗*''":::::`
 :. :i{..     ; :.i _ ,ニ7´⌒ '〈ニ/ イニニ>''´ :::::ノー┴‐=≦:::::::::::::::::::::::::::V
 、:八     /:/´:::,‐イ  ;  ヾくニニ>''´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  \ム Y´ ̄ /⌒,      ' ヽrイニ/乂___,,.. -=ニ二二二ミ 、::::::::::::
.   ヾ {   ./  /         ヽ/廴__」 、 ̄          ‘,.マ:::::::::
     ∧ ./  /             ,∠/´ __j:\\           } }:::::::::
.    //}'  ′        /⌒ヽ /´ :::::::::\\           } }:::::::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 2日目の夢の中、再度アステリオスとの会話。

┃ 『人間になりたいのか?』という問いかけにやる夫は
┃ 「人間である事よりも、どうしたら普通に暮らせるかを優先したい」と答える。
┃ その為に必要なら人間になりたいし、必要ないなら別に構わないと。

┃ 同様の質問にアステリオスは明確な理由は無いが、
┃ 確かに人間になりたいと願い……しかし夢は叶わず、
┃ その手慰みに知識を得ているのだと答えた。

┃ そして彼女はやる夫に力を貸す代わりに人間の感情を知る為、
┃ やる夫の周囲にいる『怪物になりかけの人間』と接触するよう、
┃ やる夫に命じるのだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2555あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:15:32 ID:h4.r9PhM0
蛮さんと共闘してなかったら難しかっただろうな


2556あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:16:25 ID:bTBoVj3w0
これで思いがけず蛮の地雷も判明したんだよな


2557あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:16:44 ID:6rS.bbcI0
アステリオスという脳内嫁


2558◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 22:22:36 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  2日目・午後・怨怨怨 . ..│
└────────────┘

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  \;;;;;;;;;;;;;;;\     -----/ヽ: :.八   -   イ: : :.从- ト イ___ ;;;;; !.     __..゙/ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、\;;;;;;;;リi,;;; ! .ト、. |    '/:/: :i: 个  -   |--/_/.../  _ヽヽ ヾ;ヽ,..... / ̄ ̄⌒゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
┌──────────────────┐彡ノY    Y| |i..゙;;;;..゙/   ___;;;;;;;;;;;n.
│  お前は最後に殺してあげる――。   ...│(___ _,人  ノノ ノ' li.; / /  ̄ ̄ ̄⌒ヽ;;;;;;.l,
└──────────────────┘/...|..|......≧≦し'、_//         ̄ ̄ ̄\
;;.l.  .li.l;;;;;;″;;;;;;;;;;;;;l.     !;;;;;;゙|/..フ )ミx... .ハ)./ .. |..|........./.....|、_,/_   -=........................................\
;;;;.l   l;;;;;;;;;;;;...-、、;;;; l    ―//...... (_____ / ... ノ..|.....ノ........|  /;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !  .l;;;;;;;;;'~゙゙゙>⊥;.!   / /|... |----- \__フ   ..............ノ /゙!;;;; ! .!;;;;__,;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙ゝ、,゙''-.
;;;;;; !.._____     ∨  |... |:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}:.:.:.:.:.:.:|  人.........〔_/...............................................................................\
;;;;;;;..|..................................>= へ--......|:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:ハⅥ    \..........ニ=-............ ――――=  .........................)
;;;;;;;;;|.............................../(..../し'}...........(ニ=--〔)\| ̄ \    ┌──────────────────────┐
;;;;;;;;;|..............................乂(......ー ........../...(/ /):.:.:..\...... ー―│  それとも、その右手の呪で私を縛ってみる?    .│
;;;;;;;;|  l;;;; !  !'~゙----------=彡.....(i  iノ\:.:.:.:.:\............└──────────────────────┘
;;;;;;;l゙  l゙ |......................................./.../...... \ | )... \:.:.:.:.:\......../......................................................../ ;;;;;;;ヽ
;;;;;/.. \|................................./.......人|...........\__).....\:./⌒)............................................................ /...............i
;;;/  /;;;;;|......................................./ /|.................\___ >V⌒v..............................................................'................ |
;/  / ;;┌─────────────────────────────┐................ |
".,./ ;;;; │   愚かで優しい、私を目覚めさせてくれた大嫌いなマスター。    │.................|
ヾ;;;;;;;;;;;;└─────────────────────────────┘.................|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,i./.....\.................................................\...... 乂\\)..................................... ニ=- _...|......................|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ キャスターの夢の中にて。

┃ 聖衆の加護を失い、心を取り戻したキャスターは
┃ 生前の怨嗟の念から怨霊と化していた。

┃ それまでの無感動な態度から一転して、世界全てを憎悪する在り方は
┃ 自らのマスターであるやる夫にまで向けられる。

┃ そんな彼女にたいしてやる夫は、令呪二画を無駄打ちした後、
┃ 彼女を救ってみせると約束する。
┃ 自ら令呪を投げ捨てたマスターの行動に僅かなりとも
┃ 心動かされたキャスターは、その言葉を信じ、やる夫と行動を共にするのだった。

┃ なお、令呪を一画だけ消費していたら(以下略)なのは、以前言ったっ通りですが、
┃ 三画消費していても(以下略)でした。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2559あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:23:00 ID:eog9B6NA0
3画もアカンかったのかw


2560あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:23:45 ID:mp.Nln.60
難易度が高いってw


2561あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:24:31 ID:jh/w0D0w0
3画もダメなのかw
…いや、セイヴァーフラグが潰れるからむしろ慈悲か


2562あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:24:35 ID:6rS.bbcI0
三画だともう制御できずに離れるからな


2563あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:29:53 ID:h4.r9PhM0
三画消費したら宝具の復活による覚醒も無理だったからな……


2564◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 22:32:47 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  3日目・午前・その1     │
└────────────┘




                         _
                       / /
                          /___ (----=ミ
                    //(_ソ ヽヽ.............\
                   r' (- ~~' 人_..............〉
                  人__ >-<_ ノ__人_) _>、
                    >―|‐|: : :| x==ミ: : |  |<                 ……そばにいて欲しいんでしょ?
                  (V: |: :x=ミ: :|  vリj|: :|\|<i⌒i
                 / i: :|: ∧うV,   从.:l : j|  |  |                仕方がないから一緒に居てあげる。
              -----/ヽ: :.八   -   イ: : :.从- ト イ___         __
             |    '/:/: :i: 个  -   |--/_/.../  _ヽヽ ヽ      / ̄ ̄⌒
             |  /-{: :人:∨ノ⌒〈 _/乂彡ノY    Y| |i    /   ___
                \/ ̄ ̄ /  -ヽソ /........(___ _,人  ノノ ノ'  / /  ̄ ̄ ̄⌒ヽ
                   i /⌒Uノノ '............../...|..|......≧≦し'、_//         ̄ ̄ ̄\
                    |/..フ )ミx... .ハ)./ .. |..|........./.....|、_,/_   -=........................................\
                 ―//...... (_____ / ... ノ..|.....ノ........|  /.................................................................
               / /|... |----- \__フ   ..............ノ /.........................................................................
   _____     ∨  |... |:.:.:.:.:.:.:.:.:.}}:.:.:.:.:.:.:|  人.........〔_/...............................................................................\
   |..................................>= へ--......|:.:.:.:.:.:.:.:.〃:.:.:ハⅥ    \..........ニ=-............ ――――=  .........................)
   |.............................../(..../し'}...........(ニ=--〔)\| ̄ \      ` ―――=彡  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ――=彡




               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l
             |〃      ,      /     ……ありがとうだお。
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 3日目の朝。
┃ 食卓の場は食卓の場で、地味に初期好感度が高かったキャスターを泣かせたり
┃ ルイズと琥珀にシュラーバを見られたやる夫が折檻を受けたりと色々あったが、
┃ 一先ずはキャスターと一緒に行動することに。

┃ 「何で自分があんたに協力しないといけないの?」と、
┃ 昨日までと180度違う対応をとったり、食事をつまみ食いしたり、
┃ 頼られなくなったらなったで泣き出したりと、
┃ それまでとは全く違うキャスターに戸惑った人も多い……はず?

┃ まぁ、最終的にこんなこと言ってついてくるので、既にデレ初めていたりするのだが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2565あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:33:01 ID:bTBoVj3w0
三画使ったら復活無理だしパスもなくなるじゃないですかw


2566あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:33:34 ID:bTBoVj3w0
ツンデレですねわかります


2567あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:33:39 ID:eog9B6NA0
ああ、更なる地獄が始まるんだな…と思ったなw


2568あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:33:54 ID:h4.r9PhM0
この頃は本当に胃が痛くて仕方がなかった


2569◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 22:41:12 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  3日目・午前・その2     │
└────────────┘
                ,....-‐‐…‐‐-=‐┐
               ,. :':´: : : : : : : : : : : : : ',l`: 、
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.'.,
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : \.:'.,
             /: ,: : : : : : : : : : : : : : : :.:,斗-‐|.:',:ヾ:ゝ
            .///: : : : : : : : : : : : : : :./:/.,仆|:.:}ト、:}
            ´ /: , : : : : : : : : : : : : :./..´<_lノ.jノ、_.リ      中には奴を殺す為だけに
             ///: : : : : : : :_: : : : :{        /
          ´ /:/.: : : : : : :i ',: : :.:.',         }       とある聖杯戦争に腕利きの代行者を送り込んで、
           /´{: {.:.: : : : :.i、 ',:.:.,、:.',      ' ´|
             |: ト、: : : : :i `ヾゝヾ.、     |       『聖杯に奴の抹殺を願おうとした』なんて逸話もあるぐらいさ。
             |^l. ',: : ト、i.     ¨ .…‐- ‐ ′
                {`>ヽ,/.       ,.' ´           ……まぁ、失敗に終わったんだがな。これが。
          ┌‐┴‐‐- .`> , .   /
          〈         `> , `>- .._,ィ´ヽ、
          ∨             `> .,   `7ヽ ゝ、
             ,└‐‐‐‐- ... _____   > .,_/(_ノ`. `i
          /      / :::::::::::::: 、\‐- ...._>(_ノ` . ト、
         ./      .//:::::::::::::::::::::::\\.   \(, イ .ハ.∨
        /    ./:::/ ::::::::::::::::::::::::::::::\\.   \   ハ.∨
          | .   /::::::/ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}::/\.   \ ./∨
        .|  /:::::::::::{::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,':,' .|:{ \.   \:::::|
         .|  /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:,' . !:ト-‐\.   \!
       | /{ :::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::,':::i  l∧:::::::::::\.   \
       / / .|:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::,' :::| .|::∧::::::::::::: \.   \
      ./ / ,'::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::,' :::::| .l::: ∧::::::::::::::::::\.   \
     / /  i::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::i :::::::| .l::::: ∧ :::::::::::::::::: \.   ヽ
    ./ /   .|::::::::::::::::::! ::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::| .l::::::: ∧::::::::::::::::::::| \  ∨
   ../ /    l::::::::::::::::::| ::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::', |::::,.:'::∧::::::::::::::::::|   ヽ.  ∨
  .../ /    .| ::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::l :::::::::::', l::::{:::::<::}:::::::::::::::::|   ∧.  ∨
  . / /    ..l:::::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::| ::::::::::::| |::::\:::`:::::::::::::/     ∧.  ∨
  / /       | :::::::::::::::l :::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::| {:::::::: \:_:/       .∧.  ∨
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営のホテルの前にて。

┃ ランダムイベントにおけるラッキーイベント?
┃ 赤のセイバーのマスター、藤井蓮と遭遇。
┃ 対トレーズにおける協力関係を築く。

┃ ラッキーイベントなので最初から友好的な雰囲気で進むが、
┃ ギャグキャラみたいな気安い態度は、やる夫達の警戒を解く為のものだったり。
┃ まぁ、本人の気質的なもの(カリスマB)もあるので、割と誰とでも仲良くなれる。

┃ なお、この時点でやる夫が聖杯だと知られると、
┃ 令呪12画の剣の英霊二騎が本気を出して(以下略)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2570あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:43:21 ID:eog9B6NA0
>令呪12~
ヤメロォ!


2571あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:44:13 ID:bTBoVj3w0
※なお、奥が1負けても勝ったことにできる宝具餅


2572あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:44:17 ID:jh/w0D0w0
この時点だと13画か
ライダーが本気出しても逃げ切ることすら出来ねえ!


2573あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:44:53 ID:h4.r9PhM0
本気を出して(以下略)…… 知ってた(震え声)


2574あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:44:58 ID:VAGRhVtw0
どんだけ地雷仕込んでいたんだろう・・・


2575◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 22:48:53 ID:yOKwb5Yg0






┌────────────┐
│  3日目・午前・その3     │
└────────────┘




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   情報源については黙秘させてもらいます―――が、情報が正しいのは保証しますお。     |
  乂_______________________________________ノ





.           , .、         '   ̄ ̄   、
          /  ヘ     /          \
        l ミ  ヘ    /            ヽ
        l ミ  .∧.  /  `ー- 、        ‘,   情報の信用性については、
         _j_7ヘ   ∧. 冫   、___ ,            }
      _r">’、 ヘ   ∧/     ̄            /_    これまでの働きから判断していただくしかありませんが……。
     「; i !  .r.、 ,  j ヘ.、    )         / .7
     l! .j .ヘ  l _! ,   ゝ-ゝ- ' 一 = 一 "    ,'    やる夫に出来るのは、この情報は正しいという確約だけですおね。
.     !: ヘ ヘzイ .l! !  ! l斗<  ̄         、〈!
.     ',:   r  j ! .j .}ハ´         、_ ,,... 〉
      ,:     i、' / !ヤV      ,.r  ̄ ハ" ハ
      ,:     / ∨’ ,!∧ヘ イ≠チ j.!  o  jl   l






                 -─‐--=、
         / ̄ ̄`'´       \
.      /                \
      /       rz____       ∧
.     /   ru‐ナTΤ 「  / / ̄\__ \',
    │ __,ィ个v {__lー‐┴、厶--、 / 〉   \
     | _レへ /  ヽ        \ / 〉  \\
      l Ll___/                 \   ∧. \
     V  //               ヽ  | ∧\.\
    /  //   |   |    \ \     \! |∧ヽ\ ヽ
.   /´l // | l | | l | V \ ヽ \___ \ー-jハ}ヽ\}ヽ}     …………如何しますか?
.     //  l| l|⊥L|__l l \ /)T二ΤV   \|二ハ\|
.    / '!  /l lハNVヽ|_L// xtテfオラ∨   |_∧厂|
_// |!  / l |ャセ=///\   ̄´ / ∨ト、 |( ̄ ̄\
  ̄   | /jノ| jハ /   ̄ )、   /ト、 } |,ハj 〉    |
.       l/(  レヽ/    \‐‐ィ /人__}j/ 〉__//    !
         ,ハr─/    八 冂._/  ∧_{_八  〉    ∧
.       | V´i   _/(//{_|\o' /(__ノ{/       ∧
         |  ヽ|   l | l 〈/O\}∨|rく__ノ_)__     ∧
        |/二.|   lノ | 〈/| |_l ,八__L{__,ノ  _   /
       |ヽ--!   , \___!__|_/  / / ∧-=<    /
.         | // |    '.            { l  }、 o\/
.       V/|     ’           lハ   | \_, /
        \」     ',\   _ノ_  -ヘ / / ̄\____,
         |_|      i ̄ ̄         V ∧、  ',     VL
.            '.    /      _   -= ´Vt{、   i    Vハ
             \__/ r‐= T 匸 _     /Vtヘ  |    V}〉
            /    |\ \       /  Vtヘ  |     }リ
              〈     \{`V 丶、        Vtヨ        jノ
            ヽ入 \\__/-ヘ、 \        }t〈
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営の本拠地での会議にて。

┃ 凄腕の情報屋、YARUO爆誕。
┃ 『啓示』によって得た情報の出所を今までの実績で納得させ、
┃ さらには会議にキャスター討伐の作戦を提案するという辣腕っぷりを魅せる。

┃ ―――なお、直後のイベントによりこの作戦は没になる。
┃ なお、上の人には当然ながらバレバレだった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2576あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:50:27 ID:bTBoVj3w0
わざわざ悩んで作戦提示したのにねーw


2577あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:52:29 ID:jh/w0D0w0
1~2日目に働きまくってたからなw
お陰で実績で誤魔化せた


2578あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:53:02 ID:h4.r9PhM0
頑張ったんだけどなーw


2579あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 22:53:39 ID:eog9B6NA0
いやー、キャスター組とセイバー組の出会いは奇跡でしたね…w


2580◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 22:59:44 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  3日目・午前・その4     │
└────────────┘


                    /{...{{......{{.....{{.........{{...............\..........\
                      / .{...乂...乂...乂......乂.................}.................
                  /......../             `ヽ...........................
                  .′.....'                }.............................
                   ..........{      ,/  /⌒ヽ八..............................
                 ...i.......{     {    _ -‐====ト、........................                さて、話を戻そうか―――。
                    ....|  r‐======、㍉/三三三/ ヽ/⌒Y...............
                  ..i..|/^ー=ニ三三ハ'⌒ヽ三三/ ミ..Ⅳ゙Y' }...................              トレーズへの勝算? そんな物、在る訳がない。
                  ..|..|| )|...{`¨¨¨´ |        ミ...}} 丿 }.................... 、
                 __i..|..||__|...{___   ,|  ,,,,,,,;;;;'⌒ヾミ...{{^Y }....................... \           サーヴァントを引き連れていようが『魔法使い』に敵うと思うほど、
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|⌒゙゙゙゙`ー' 、、____................}}( /................................\
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|...彡イー―==才^Y.........リ/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   `  、    私は愚かでは無い。
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|....{ \~⌒/ 从.........}}. . . . . . . . . . . . . . . .       \
                V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|..从  `こ´  从 ....... ハ. . . . . . . . . . . . .            ;
               V:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|......从       从........... } }. . . . . . . . . .         O)  }
      -=ニニニニニ∧:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|......... 八..人..八...........}..ノ{   }. . . . .        ´ ̄ ̄    /
         -=ニニニ二{ニ{ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|....i....{................... }}......ノ  }  /. . . .                /
        -=二二二{ ∧ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧ |....{{.....{.............}}/    } ,/. . . .  /           ___彡′
           -=ニニニ{ニニヽ :i:i:i:i:i:i:i:i:i∧\\ {... /丿      }/. . . ./. . . . .   "´:i:i:i:i:i:i:i:i
          -=ニ二二\ニニ\:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\  \(        /  /. . . . . . /:i:i:i:i:i:i:i:i:i
            ‐-=ニニ\ ニ二二\:i:i:i:i\         / /. . . . . . /:i:i:i:i:i:i:i:i:i
              -=ニニニニニニニニ\:i:i:i:i\     ,;//. . . . . . . /:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                -=ニニニニニニ二二\i:i:i:i:≧=-=≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 会議後、アマンダラとの会談。

┃ トレーズに関する情報を集め、この時点で初めて
┃ トレーズ=やる夫の叔父さん「クライン・サンドマン」だった事を知る。

┃ そしてトレーズが魔法使いであること、
┃ それ以上の情報や、トレーズに対する策について知りたければ
┃ 「聖杯の器」の情報を持ってくるよう、提案をされる。

┃ 会談後、藤井蓮からトレーズが第二魔法の使い手であること、
┃ アマンダラが「聖杯の器」を求めていることを知り、
┃ 何かしら思い当たる節があるのか、反応していたりする。

┃ ―――それにしても、本当に勝ち目ゼロ過ぎて草不可避である。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2581あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:00:59 ID:eog9B6NA0
完全に誘い込まれてるっていうね
切り札ですらトレーズ及びルイズの手の内と言う


2582あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:01:37 ID:jh/w0D0w0
LEDミラージュ使えばワンチャン有るかと思いきや、LEDミラージュは実はトレーズの作品で、
おまけに首尾よくルイズを炉心に出来たとしてもどう考えても後々、ルイズが「計 画 通 り」って出てきそうというね…


2583あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:03:57 ID:bTBoVj3w0
仮にLED使えるとしても戦闘に関してはトールギスの方が上よ
LEDはそれ以外の所が厄い霊装だし


2584あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:05:01 ID:h4.r9PhM0
完全に道化である


2585あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:09:21 ID:jh/w0D0w0
>>2583
ルイズが使った場合に限り、LEDの方が上なんだよな…
全ての手で+500以上の戦力値修正してくるという


2586◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 23:09:27 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  3日目・午後・その1     │
└────────────┘


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】???                  【レベル】70              【アライメント】中立・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40     【敏:A】50     【魔:C】30     【運:C】30      【宝:A+】60
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】―――    【魔力】―――       【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                         __                          /
                         ,. :.´: : :`≧==‐--ァ            /
                         /: : : : : : : : : >::.(       ,.-、    /      ./
                      /: : : : : : : : : : : : : : : : >___/;イリ,.-、/      ./
                       ,': : : : :,' : : : ト、: : : \: :冫::r‐´:::::`¨::;イリ      /
     ,. - ― - ミ       {: : : : ∧: '; : ! ヽ: : : : /::::::`:::::::::::::::(____    /ー―一≦´    ―――まぁ、大した問題では無いがな。
-- ― 彡        ミ . _  ゚, : : ;'>x:ヾ:{ x<ヽ/::::::::::::::::::::::::::::r‐一′ /: . γ⌒ ̄´
                       `~ハ : {弋リxヾ! ィチ:´:::::::::::::::::::::::>‐、ヽ   /: . : . :.廴厶イ:7
- ― …  ¨  ̄ ¨   ー -  . __{ ヽ:_ゝ___..<:::::::::::::::::::>''´_,... -ソ一′: . : . : . : . : . : /
   /   _/⌒ヾ.ー――.----ヽ  .<::::::::::::::::::::::>''´., '´: . : |: . : . : . : . : . : . : . : . :.:/
  /   〆  / ̄: . : . ノフ: . ..<::::::::::::::::::::::::>''´  /: . : . : .:.|: . : . : . : . : . : . : . : .:./
/    x一´: . : . : . :.`<:::::::::::::::::::::::::::::>''´‐┬‐一´: . : . : . : . |: . : . : . : . : . : . : . :.:/
     〆.  ̄`⌒.<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/    |:>′: . : . : . : . :{: . : . : . : . : . : . : . : |
       ..<:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>''´{   >''´ : . : . : . : . : . : . : .>: . : . :r‐一´ ̄ヽ:_{
  ..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>'' ´  .>'' ´: . : . : . : . : . : . : . ;..<: . :.r一′
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ ―――その日、運命が事故る。

┃ まさかの赤のセイバー VS 黒のキャスター勃発。

┃ 黒のキャスターの暗殺宝具『天下知た弑る暗剣殺』により
┃ セイバーとマスターを分断し、キャスターのマスターであるイングラムが
┃ 自身の切り札である『リヴァーレ』を使用したり。

┃ かと思えば藤井蓮の正体―――他の聖杯戦争で受肉したセイバーの英霊―――が判明したり、
┃ 赤のセイバーが宝具『煌めき輝く天剣』を発動させたりと、
┃ 双方、持ちうる札を全て使った激闘を制したのは、赤のセイバー陣営だった。

┃ ここに聖杯大戦の高速化を招き、後々まで影響を及ぼす
┃ 本スレ屈指の迷シーン『黒のキャスター事故死』が起こった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2587あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:10:28 ID:jh/w0D0w0
これ、グッドイベントどころじゃ済まないほどに運が良いイベントだったなw
本当に、これで幽々子の覚醒が早まったから

そして次はホテル強襲か…しかしリゼット、3日目の戦いでやる夫を倒せていたとしてどうするつもりだったんだろう
「私の目的はお前を破壊すること」なんて言ってたから聖杯の器を殺しはしないけど、
傷めつけて再起不能にでもするのかと当初は思ったけど…リゼットにんなことが出来るわけがない(確信


2588あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:10:51 ID:eog9B6NA0
有り難かったけどこの時どんな顔すればいいかわからなかったわw


2589あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:11:39 ID:bTBoVj3w0
真・ルイズは完全にバグキャラだからしゃーないw


2590あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:11:58 ID:VAGRhVtw0
>>2587
拉致して閉じ込めるのかって思ってたけどドMが拉致監禁するのはないわ(確信)


2591あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:12:00 ID:6rS.bbcI0
黒のキャスターはほんと運がないとしか言えなかった


2592あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:13:05 ID:bTBoVj3w0
が、起きた時点では幽々子覚醒の手段が分からなかったため頭痛の種になっていた(戦闘不可避になりそうで


2593あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:13:25 ID:mp.Nln.60
ラスボスかそれに準じる奴が事故って死ぬという珍事だったからなw


2594あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:13:46 ID:h4.r9PhM0
「その日、運命が事故る」てw


2595あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:24:07 ID:mp.Nln.60
>>2587
リゼットなら何だかんだで解放してもおかしくないからなw


2596◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 23:24:30 ID:yOKwb5Yg0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その2     │
└────────────┘
          /: : : >、 .7    i     /____ |  ノィュ_  !   }  }〕iト、
.         /: :./  ,У      |    x fr─ォ⌒ | / んハ癶 !   } ト、i!: : :Y
        {:.f⌒ー‐ァ      | ./ '癶_j}ノ イ /  ー Yノ    .! j!: : : :!
        Ⅵ  ./       .|xイ    ヽ.     レ′  '  !^!     ! }: : : :j
        }: >ノ        .x个ー-   ハ.            i     リ: : : ノ
.       f´/       / ノ   |  〕ト、!   ー  ´    ,   γ´: :γ´
   ー─ 彡      / /   .人   }!             /   /: : : :/
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.         イ  Y: : : :ノ      _
 |   『くすくすくす――――――』     |..-‐   r‐个   !:x≦ニァェュ  ̄: : : : : `ヽ
  乂_______________ノ..゙___!≧xfニアュャュ、    `ヾfス: : : : : : '
.        /: : : : :{  i  ! ./  イ  .イ´     xイ: : : : : : : : : Y⌒ヽ    マス: : : : : :'
       /: : : : : :{  |   レ´⌒)´ r‐^Y⌒ y‐ミ  /: : : : : : : : : : : : : ⌒}⌒}     マス: : : : : '
.      /: : : : : : :{  |⌒}' ./  }Y´ ̄ ̄`マ Y^i: : : : : : : : : : : : : : : : :^}⌒}   マス: : : : : '
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  『私が貴方に召喚されたのは、あるいは必然だったのかもしれないわね?』   |
  乂_________________________________ノ..ス       __
   {: : : : : : :./         Y: :、: : : : : : : : : : '; : : : : : : : : : : : : : : : :マニニニニニニニニ≧x' ̄ヽフ   x≦ニニニニ=}
   {: : : : :./              |: : : :、: : : : : : : : : :、: : : : : : : : : : : : : xイマニニ{ニニニニニニニニヽ、__x≦ニニニニニニニニ.}
   {: : :./           Y⌒Y⌒{⌒Y⌒ヽ: : : : i〕ト。 ー==: : : r.≦ フ´.マニ.{ニニニニニニニニニ=}ニY´ニニニニニニニニ=!
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ =!ニニニニニニニニニ=}ニ.!ニニニニニニニニニ{′
 |  『家族に捨てられた亡霊と、家族に裏切られたマスター』     |.゙ニi!ニ≧ニ三三ニ≧r‐^ 、ニ三≧xニニニム
  乂__________________________ノ....=!ヲ'ニニニニニニヲ⌒マニ=≧xニニ=ムニニ=}
              r─‐{⌒}⌒Y⌒Y⌒}⌒ス、⌒    .γ^{⌒{⌒∨ニニニニ.|'ニニニニニヲ斗七.¨マニニニニ≧x=ムニニ}___
               乂   リ^ー‐:'ー‐"⌒ヾ:个 }⌒ヽ   乂fヽ-^ー^マニニニニi!ニニニ>"⌒ヽ {⌒,个<ニx≦三三≧xニニニニニ_ヽ__
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ マニ/^i!ニニヲ′ )⌒ー'⌒: :\ \: : : >xニニニヽニニニニニムニニニ三
 |  『“縁”という言葉は、こういう時に使うのかしら?』      |..゙∨ /^¨⌒}⌒´:. : : : : : : : :. \ \: : : : :\ー‐マニニニニ=ムニニニニ
  乂________________________ノ゙: :.fノ⌒マ⌒´:. :. : : : : : : : : : : : : :.マ ム_ : : : : :\ マニニニニ=ム ̄ ̄
                /: : : : : :i: : : : : : : : : : |           /: : : : : γ´{⌒Y^:. :. :. : : : : : : : : : : : : : : : :.マ ム ヽ:. : : : :\マニニニニ=ム
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤の陣営の拠点のホテルから、自宅へ帰る途中。

┃ トレーズの写真を見た時のやる夫の反応から、
┃ トレーズの事を知っているのかと聞いたキャスターは、
┃ トレーズがやる夫の育ての親である事を知る。

┃ トレーズに、そして琥珀に裏切られていた事実を突きつけ、
┃ やる夫が自分と同じ存在だった事を知り、
┃ キャスターは昏い喜びに打ち震えてこう言った。
┃ 「復讐したくないのか?」と―――。

┃ なお、裏側で赤のランサー組が地味に最後の振り直し礼装を使い、
┃ セーフハウスを確保していたりするが割愛。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2597あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:25:32 ID:bTBoVj3w0
どうして蛮はいつもこうギリギリなのか・・・


2598あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:26:17 ID:eog9B6NA0
蛮ちゃんェ…w


2599あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:26:54 ID:h4.r9PhM0
赤のランサー組の方でワロタw


2600あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:27:19 ID:jh/w0D0w0
本当にリアルラックがないなあ…w


2601あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:27:46 ID:mp.Nln.60
ランサーのリアルラックの低さは凄いなw


2602◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 23:34:13 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その3     │
└────────────┘


                                             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                             |   あの夜、やる夫は君を救うと言っただろう?       |
                                              乂_______________________ノ




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  その舌の根も乾かぬうちに、やる夫個人の復讐なんて走りたく無いし―――。          |
  乂______________________________________ノ



                                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                     |  あの言葉を嘘にするつもりは無いお。     |
                                      乂___________________ノ



                       _
                      _)  \
                    ̄ ̄/  /⌒ヽ
              /     /  〃 乂彡)
             / _    ――、乂_  へ \
            く / ̄へ_彡へ _,辷z彡へ | 人_
          /'⌒ ヽ i : : i: 斗―/―:/|: : |: : :\ フ⌒ヽ
            乂__,ノ/'| : : |: :x==ミk  i|: : |:\:|:.:Y⌒:i ノ
             | / |: : : 《 んハ   j|: : |: : :.|i:.:|: : :「
             |'  人: : :ic.乂ソ   从:ィぅ㍉八:|: : j|
           /  /: : :i:从。       じ。イ: :.:.|: :从      ―――私のために?
            /   /: : : :|: : :ヽ      , 。/: :.:ノ|:/
         i   イ: : : : :|: : : : i  r フ _ 八:く ノ'八
         |  /:.|:.:ル:.人: : : :|、    ノ ゝノヘ: :\  \
         | //  ̄ ̄\i: :从 千///ハ i Y: :.\  \
         |:/__≧ < __,|:/__i  / / )\从: : :i\  )
          /  ̄ ̄\ \\    |    / ノ }:人:./  ∨
          i     | 厶 \\_ |     {/  /´ V
          |   /  ̄ ∨ 人 /ヽ __ ,人__/ \_





                  _..- ―-- 、
              _..-''゙゙´       ヽ
            /             \
           /  , --、    .,.-- 、   ヽ
             /  /´ `ヽ   /´   `ヽ   ヽ
             ,′(  -―- l   l -―-   )    !   守るべき大事な約束がある。
            ;   ヽ_   ノ    ヽ    _ノ    |
          {  ''"⌒(   i    )'⌒"'    }   それだけで十分なんだお。
             ',     ` ─'^ー - ´       /
           ヽ、               /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ キャスターと同じ気持ちを抱いているが復讐する気はない。
┃ それがやる夫の返答だった。
┃ そして、そんな事に感けている暇もないと。

┃ 自分と同じような境遇だからこそ、
┃ キャスターはやる夫の気持ちを理解することができた。
┃ そしてそんな絶望的な状況の中で自分との約束を優先する相手に
┃ いつまでも心動かされないはずもなく……。

┃ 名前の無かった亡霊は主に名前を求め以降、
┃ 西行寺幽々子と名乗ることになる。

┃ 幽々デレ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2603あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:36:21 ID:bTBoVj3w0
ここから怒涛の口説きタイム


2604あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:36:22 ID:jh/w0D0w0
悪霊化して12時間経たない内の出来事である
本当にやる夫、最速でフラグを建ててのけたなw


2605あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:36:56 ID:h4.r9PhM0
TAS並みの速さで口説き終えたよなw


2606あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:37:53 ID:bTBoVj3w0
い、一応それまでの積み重ねがあったから(震え声


2607あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:38:08 ID:U4uvhmrs0
このシーン好きだったなー


2608あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:38:39 ID:mp.Nln.60
口説き落とせるときに落とさないとなって意志が働いたのかもしれん…この時はまだ平穏だったよな、思いっきり口説いても横に別のヒロインがいたりしなかったしw


2609あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:42:43 ID:eog9B6NA0
攻略攻略ゥ!


2610◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 23:48:09 ID:yOKwb5Yg0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その4     │
└────────────┘


             ____
          . : ´ : : : : : : `: : .
        /. : : : : :; : : : : :イ : : `: : .
       .ィ. : : : : : : / : 才´ : : : : :_:_:_: ハ
     //.:〃. :/. : :-―== : : : : 才: : \
     ノ : : :/. ::"イ才´. : :ー-=ニ : : : : : :-‐<
     i|:i {: :' :彡'"´∨: ー-ミ: : : : :ー-=≦: : : :`ヽ
    八:ハイ    `ヾミー-: : : : :_ : : : :-==ミーミ
  > .斗ア     .才< `ヾ=ミー-ミ: : : : `ヾ: : :彡⌒          そうだ―――。
 /. :/  /:!   丿孑ア   }: :リ り }ー-ミ: : : : :_`≦
 }: :' .八∧ .イイイゞ゙   从( f イ:ハ:`ヾ: :ー-:彡'           家族の愛を知らずにいた彼女を
 }:/  イ`ヾヽ ⌒´        .∨: 从(: : ;リ人:{
  / _.ノ    !            ,ヘ(  )イ> ´`Y            この屋敷で一人、待たせておくのはあまりに残酷だ。
. {  {.  / ヽ.|  ,        ′ > ´  > ´{
  i  |/ ハ .ーく_.ィ ´     イ / > ´. : : : : \__          彼女本人は毛筋ほどの痛痒を感じずとも、
  ;  `ヽイ  }ノ    ヽ   // ィ. : : : : : : :>. :´: : :`:ュ._
/    ` <      ゝ-< }〈 イ. : : : : : : /. : : : : : : : : : : `: : .     私は彼女に家族の愛という物を知って欲しかった。
         \__  ⌒ー-} }斗ォ.: : : :/.> ´. : : : : : : : : : : : :ハ
   ー-く⌒ー-斗イ    }'⌒∨斗ォ.:/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧
    _ . 二ア   才.´/  i ∨イイ. :/.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ∧
 > ´     才´   /   :{ }.:/. : /.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
´          }ftft>"  i:   /イ. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :リ
          /}i{}iリ/   八 /. : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/
         .//イ. く    /. : : : ::八: ー-. : : : : : : : : : : : : :: :: ::::/
∨      ゞイー-=ニ: ´:rv才ハ: : : : }ー-- : : : : : : : : : : : : : :::/
イ{      ./ ./   ∨弐tり }ア : /. : : : : : : : : : : :-==彡. :/
イ      /  /     ∨弋イ. : : :>ゝ-. : : : :‐―. : :´: : ::ハ
∧    (_}(_}:}f_j} ( _) 人 : : : : /. : :ー--=≦: : : : : : : : : : :;
: :f⌒ー< ̄ ̄>-=ニ二三V. :´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
: ::}     /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
::八   /. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::′
: : :.\/. : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :{
: : : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: ::: :::{
: :: :: ::}: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ハ
: : : ::/\ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ⌒ヽ
::彡く: : : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : >.:´ : : : : : :{
   ⌒ヽ: :`. : :ー-: : : ._ : : : : : : : : : : : :>.:´ : : : : : : : : : : :\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 自宅にて。トレーズ来襲。

┃ やる夫が十年前に製造された聖杯としての機能を持つホムンクルスであり、
┃ 彼に両親なんてものは存在しないこと。
┃ この聖杯大戦が聖杯の器を『完聖』させる為のものである事を語る。

┃ 上記の台詞は琥珀について聞かれた際の台詞。
┃ 安価では「琥珀はどこまで聖杯戦争に関わっているのか?」というものだったが
┃ さらりと彼女の内面を暴露している。
┃ 「彼女は関係ないよ」と嘘を吐かなければならなかった、彼なりの謝意だったのかもしれない。

┃ まぁ、どの道アヴェンジャーですとはこの時点では口が裂けても言えないわけだが。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2611あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:49:42 ID:bTBoVj3w0
突然の襲来であった

まさか普通にいるとは思わんわw


2612あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:50:54 ID:jh/w0D0w0
本当になw
幽々子がその、正直滅茶苦茶弱かったからあんまりやる夫には期待してない=現れないんじゃないかと思っていた
この時点だと勝ち筋見えなかったし


2613あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:50:56 ID:h4.r9PhM0
まあ馬鹿正直に答えるわけないよな


2614◆R2EPbWDdJg2015/01/02(金) 23:57:23 ID:yOKwb5Yg0



┌────────────┐
│  3日目・午後・その5     │
└────────────┘






 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   これだけ人に心配を掛けさせているんですもの―――。     |
  乂___________________________ノ




                                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                   |  もっと大事にしないと、神様のバチが当たっちゃいますよ?      |
                                   乂____________________________ノ





             ,ィ'´ ̄ ̄ ̄` ヽ 、
           ,ィ'´: : : : i: : : : : : ヽ: :ヽヽ、
          ,ィ'/: : : :{: : :ハ: : ヽヽ、ヽ ヽヽヽ、
        .,イァ/{ : : : }: : { ヽ、: :!: : !: :ヽ: :ヽ ヽ
      ,ィ'´ノイ ! :}: : :_!}__ !  リ、: :!z‐i―! : : :} : }ヽ
    ,ィ'´   { ! ハ ´ハ! { !   ヽ、!>ヽ :!ヽ : } V} ヽ
    {_     .i ! { ト、{  ヽ!    ,ィチラZハ' i: : !:レ!  ヽ
    ヽ、   { ! i ! { ミxz=チ  , ヾシ'  !: :} レ!   ヽ
      ヽ、 /! い ヽ           }: :! }/   ノ
       .フ ,ィ´ヽい :ヽ   マ´ ̄`'!   .,イ: :i }__/
        }' { ,イ :ト!ヽ: :ヽ、 ヽ、__ノ ,ィ'´ } /}ハ
        ヽ、!,ィ‐'‐! !‐‐tヽ`it 、、 ィ´ }/! /-リ-ミ!
         __'、 ,ィー--t、{tヽ!、     ト'-r-!-! .}__ __
        / .ヽソ    ヽ、ハヽ、   } }::::}}  ォノ'´ i
        ゝ-/      ヽr'ヽ:、ヽ  } !:::::レ'´ ヽ ーヽ
       {  {        ヽZ:::::ヽ ヽ! レ'´    ヽ ´ヾt、
        `ー}、        ヽト、::::::ア´       ヽ,`! `ヽ、
         ヽー、       ヽ .フ          ヽ'   }
            ヽ        V           ヽ   .}
            .ヽ      ./             }   }
             ヽ     {               !  }
              ヽ   い              }  !
               ト、  { !               } ノ、
               ! ヽ、 ! .}               V  ヽ
               ヽ ヽ  ヽ             /
                ! } ヽ、            /ヽ、
               ノ !  `ヽ、         /   ヽ
              / ,イ     ヽ____/   ノ  ヽ
            / / !            __,ィ' ´   ノ
         ,ィ' ´  ,イ  !              _,ィ' ´
       /    / !   }    ヽ、
      /     / i   {      `ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ トレーズが去った後の昼食時。
┃ 琥珀から映画館のチケットを受け取り、誰かを誘うように勧められる。
┃ やる夫は5日目に琥珀を誘うことにしたのだった。

┃ その後、トレーズの話題になり、
┃ やる夫が巻き込まれている問題についてトレーズが知っていることだけを話す。

┃ この時、トレーズの事を打ち明けていれば(以下略)であり、
┃ 見直してみると割と(啓示的な意味で)危機一髪だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2615あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:58:04 ID:jh/w0D0w0
ドキッ!地雷だらけの地雷コミュ!


2616あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:58:24 ID:h4.r9PhM0
啓示さんがいなければ即死だった(確信)


2617あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:58:27 ID:jh/w0D0w0
地雷だらけの自宅コミュって書くつもりが間違えた
でも大体あっている気もするから困る


2618あけましておめでとうだお2015/01/02(金) 23:59:07 ID:bTBoVj3w0
啓示があるからの賭けでした白目

仕方ないんや!どういうスタンスか予想つかないから一度は突っ込まないと
コミュの方向性が見えないままだったんや!(言い訳


2619◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 00:05:07 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その6     │
└────────────┘


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  おーい、ルイズーー!     |
  乂____________ノ

                                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                 |  あら、ヤルオにキャスターも。 どうかした?       |
                                 乂______________________ノ


 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  どうかした?じゃないおね……。 家探しするならせめて一言かけてからにしてくれお。      |
  乂_______________________________________ノ


                             γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |   ムッ、何よー、アンタがコハクと長話していたのがいけないんでしょう?    |
                              乂________________________________ノ



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             \、人、,.          _, ノ  ‐、ノし_( /、,/' ,/    _,从ノ
           __`) (⌒          _/          ``‐、__〉    `ヽ(⌒
          ̄ ̄ ̄てγ   \,√\  `ヽ              く、
               ヽ{         '`-;へr‐‐ァ            (
                        r '二_ ヽ l´           (⌒   .,ヘ
                       ノ__  ` 、ヽ          /.\_/      }__
                    ー ' : : : : : :\  ヽ ヽ  lヽ   く^      __, ノ ( ̄
                _,,,,,,...ii,゙ : : : : : : : : : :、   ヽ. V /   ,し/     ̄`Y⌒\"
           ,, ‐" ̄´     コ、 : : :: : : : : : :!   ! |!´
          ,ノ゛      、. "..,,_,,゙l.: : : : : : :│   |:ノ
         /    ,i‐''"´ :`''―ー′ :: : : : : : :l  /
  ー- ...,,./    . / : : :/\ :: : : : : : : :_,,.. - |_∠_
          _..-" : : /   \: : : : : :,ilー    ./
       ,/’ : : : : : : \   /: : __,,,,,ラ――'/'''"゛   ピタ
     _..r'": : : : : : : : : : : \/__iニー、   _..┘
     \ : : : : : : : : : : : : : :__i┴ ゝ--l─‐
       \ : : : : : : : :,ィゝ `''''ヘ..___,./
        \ : : : : : :`'~.、,,,,,,/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 琥珀との会話後、ルイズ達が家探しをしていると聞いたやる夫は
┃ 彼女と合流して一緒にトレーズの書斎を探ることに。

┃ 謎の影がルイズに迫っていたりしたが、
┃ やる夫が現れた結果、彼女を襲撃することを諦めた―――。

┃ ―――実はライダーの『啓示』により、
┃ 教会の墓所に直通する隠し通路を発見させられそうだったため、
┃ 謎の影ことアヴェンジャーさんがアップしていたというオチ。

┃ 宝具『八雲立つ偽剣』の効果により未登場の黒のマスター(偽)に姿を変え、
┃ ライダーに気取られずにサクッとルイズを気絶させ、
┃ 隠し通路の存在をうやむやにする予定だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2620あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:06:12 ID:m7VIHY9g0
おい、初耳だぞ<隠し通路


2621あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:06:16 ID:7RLnhhb.0
暗躍してたんだなあ、ってここから通じる通路あったのかよw


2622あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:06:32 ID:09OrPE460
隠し通路とかあったのか


2623あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:07:20 ID:PoHtmH7.0
あ、気絶で済ませる予定だったんですね
そもそも琥珀さんが殺る気なら素手で首コキャ出来るし、スタンガンな時点で予測するべきだったかw


2624あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:12:50 ID:r91ic8WU0
この家実は結構教会に近いのか


2625◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 00:14:57 ID:EPcs4ino0


┌────────────┐
│  3日目・午後・その7     │
└────────────┘




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ……私じゃ完全にアンタの気持ちを理解してあげる事は出来ないかもしれない。   |
  乂____________________________________ノ



                           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                           |  でも、私でも簡単にわかるぐらい無理に強がる必要なんて無いわ。      |
                           乂 _______________________________ノ




.     /   /       ′                                  ハ
.   ′         |    ,   i             ト,               i .|
   |    !      |  / ',   {              | !  ハ   |    l l
    i    |         i   i  ',  |\           i .i |  / | ハ   .!      l ‘,
   ',   |',     -i∨ {_ V |  \.      /  |. リ |_,/斗匕 !  リ      l  八
   入  i ∨     l Ⅵ   ̄弋ー--\    〈___,.斗/ i/    j /     l、   \
.. /  \l  \    ∧ r=≡≡≡≡≡ミ\|     リ示≡≡≡≡z /     lニヽ     \
/       ,ィニi.\  ∧ゞ {へ:::::;:ィリ     i    / {へ:::::;:ィリ 〃′      lニニム     \    ―――だから、その。
.      /ニ=i  .\  ‘, 乂__)ン’     ノ   /   乂__)ン’  /  /   lニニ=ム
      /二二ニi   ≧=-   ー‐       ´j/     ー‐   厶イ     l二二ニニi        ちょっとぐらい、頼りなさいよ……。
.    /二二ニム    ‘, ゙ ゙ ゙ ゙ ゙           ゙ ゙ ゙ ゙ ゙    /     /二二二二,
   _,.{二二ニニム    ‘,          `              /      /二二二ニニ人_
. γ二二二二二=ム     >、                  /       i二二二二二ニム
 {二二二二二ニニ}       ',ト .              ..´./      |二二二二二二二}
 {二二二二二二ニリ       ',   > .   '⌒   ..<  /         |二二二二二二ニ/
. }二二ニニニ=/         }   \ > - < /   {       八二二二二ニニ/
. /二二二二ニ/         リ      ,\    /       ム       \二二ニニニム
..{二二二ニ/        /{    /  `\_/ ´ ヽ    /ニ\         \二二二二}
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ トレーズの書斎で家探しをして、彼がさまざまな偽名を使って
┃ 世界中で活動をしている事が判明。
┃ その中で教会の聖遺物を盗み出したと思わしき記述を見つける。

┃ 藤井蓮に聞けば何か分かるかと、その場で情報収集は終了するが、
┃ やる夫の様子がおかしいことに気付いたルイズに何があったのか聞かれる。

┃ トレーズに会い、家族に利用されていた事を教えられたルイズは
┃ やる夫の事を心配し、頼って欲しいと告げる。

┃ 心配してくれる周囲の人間に恵まれている事を感じたやる夫は調子を取戻し、
┃ ルイズを口説き始めるのだった。
┃ (すぐ横で聞いていた幽々子を怒らせて終わったが……)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋





>>2624 何か魔術的なサムシングで転移するとか?
      河を挟んだ山の方だし、文字通りの地下通路とは考えづらい……というか、
      隠し通路にそこまで詳しい設定は決めてなかったでござる。
.


2626あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:15:45 ID:m7VIHY9g0
ルイズさんマジ(この頃は)頼りになるヒロイン!


2627あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:16:01 ID:09OrPE460
やる夫的には素の反応だった気もするw


2628◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 00:23:02 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その8     │
└────────────┘






                            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                             |        ――――告げる                |
                             |         I Tego Arcana Dei.             .|
                             乂_____________________ノ






                           /y::::::::::::}      ,'             ヾ ,
                          ' r:::::::::f´     .!       }  l   ! !  ', ',
                          , 〈;;;;;;;;;;j        ハ      ,  ,' .!  ! }   ト ',
                          , i!;;;;;;;;j   .> 、. l ',      ,' ィ .! .} ′  } ', ,
                         i__j;;;;;;;f  ヽ≧ェ ,_`l  ',   ., ' ./,l 斗‐'' /    l i !
                         《, 、!;;;;;{   'f マ示リ  ',  イ / !_/_./   ,' .!.l
                     ....::::::::::/  ',;;;{:::::::::::::::フ'ヽ¨    ∨ レ fフ示リ ノ/  //  .! !
                   .....::::::::::::::::::{   ',;!::::::|::::::::!  }      '  ` ¨'' / ./ ./   ,'/
                 :::::r ヽ::::::::::::::::',    ,:::::::!::::::::!  !    r 、      , '/  /  /'
                 :::::{.  \::::::/::', :::::.,:::::!:::::::l  .!\   ¨     イ   !  .ハ、
                 :::::乂  丶:::::::::::'., ::::::ヽ:!:::::::!:::...!.... > - <   |   .!   .' \
                 :::::::::::丶:::::::\::::::::}:::::: \:::j  ',::ニニニニニ} |   .!     ゝ  丶
                 - ,_:::/::::ヽ:::: `¨       ''    ヽニニニニ>‐   ア    } \   ヽ
                 ,,_    ̄  ‐     ....::::::::::     ゝ ‐  ´    ノ ',     !   }  /
                    ̄  ‐、    ..:::::::::::      _,     -‐ ´    ,   j>´ イ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒の陣営、襲撃。
┃ 脱落した黒のキャスターを『黒化英雄』にて再召喚し、
┃ 赤の陣営の本拠地へ総攻撃をかける黒の陣営。

┃ 神馬による襲撃を喰らった赤の陣営はマトモな対応が取れず、
┃ 確固、バラバラに分断されるのであった。

┃ そんな中、本拠地から離れた場所にいたやる夫達は
┃ ライダーの空間転移により襲撃後、即座にホテルへ向かう。
┃ やる夫は自身の勘を信じ、屋上へと向かうのであった。

┃ ―――ちなみに>>1はこの辺り、
┃ 幽々子の覚醒TASを見ているような気分でした()
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2629あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:24:47 ID:PoHtmH7.0
当時は\(^o^)/こんな気分だったけど、後から見直すとTASに他ならないんだよな…w


2630あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:26:15 ID:09OrPE460
当時は胃痛との戦いだったが結果的には最善手だったんだよね


2631あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:29:12 ID:m7VIHY9g0
ここで消耗してくれたおかげでその後にも繋げれたしね

赤のマスター陣(蛮以外)出し惜しみしすぎるから困る


2632◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 00:30:26 ID:EPcs4ino0






┌────────────┐
│  3日目・午後・その9     │
└────────────┘


                     ,,ェェェェ ,_
                     ,,.:´/::::\::::::::::::ヽ\
                /_,,./-――- 、/::::|ヽヽ
                   /::/_」-‐'' ¨¨ '' -、_\::::!::::',',
              /:::/         \\/}:::}
               //    |  |  }  \二ノ
              ,'     || !   | ', ,,イ}   .|::::::>..,
                ' !   ト{,_|',  }‐彳/ l !  {::::::::::::::::>..,
             ′|   |八 | , ,'  ィ爪ア!   \::::::::::::::::::::\
             /′ !   !弋笊ア ゞ    ̄ }   ! ',` <:::::::::::::\     ……見た所、魔術師見習いか何かが、
            //   ! | |∧   '     /'    } }  ∧  ̄ ̄ ̄
          /:イ  ||  ∨ ゝ   ´`   / '   /ィ      ,         サーヴァントを得て増長したと言った所か。
        /''´ /   {|  ∨    ≧=≦   |/ }   ∧ ゝ
          /     , ゝ   V, イ:::::イ¨ト:::\/  ,'     ∧   \       実力も無い癖にキャンキャンわめくな、鬱陶しい。
           /     \\ V  ゝ / ゝ‐ ´ !  / \   ∧    \
.         /    / |ハ`¨丶、ェェ/ェェェェゝ ェ/ /\ } \  ゝ    `  ,
.      /  _ ≦ニニ≧ゝ  ∨/ニYニニゝ' /ニ!≦ニニ≧ _ゝ` <   `
.     /  ¨フ―ァイニ|!ニ|ニヽ ',ニニ|ニニ, '/ゝニ!ニニ}、\―― ヽ  ` <
.    /    〈ニニニレニゝ.|_/} }ニニ!ニ/ 〈ニニ\|ニ八|ニ¨ニニニ}  ヽ
.  /  / ′ ゝニニニニニ./ニ′,.、ニ} ヘ  ゝ__ニニ\ニニニニニ/    \
./  / /   / \ニニ/ニゝ /ニ}ニ/ -=≦ニ/¨''' - \ニニ>       \
.  /  ./  /!     /,ニニニ二二ニニニニ'_     ヾ 、




                             /:::/ !::::¦
                   _ ..,,=.... 、__ ,r≧x/:::/ |:::::::|
                 ,x≦: :,r: :=-: : : : }::::::::::::::{  {:::::::,
              /: : : : :/: :l : : : : : : 二二二,__ ヾ::::::\
                /: : : : : : : : :{: !: : : : : :{::::::::::::;r::::',  \:/
.             /: : ,: : ,r: :|  ヾ.!. . :. . ',ゞ:'":´:}::::::{
               ,. . .|. . |. . |!. .: ,リ: :|: :',: : ! : : 、: :!¨`
               |: | ト‐-ハ; ハ‘,: : ,r-‐:v:': : : :}: :!
     < _   , -!: l ∨≦斧i ヾ: :/斧テcフ: l: l!: }
      >〈 〉!,{_|りゞ:ミヽ∨:ソ   / ∨:.ソ,ィ:.刈: ,       あ゛……?
.         {__ '"´/ `ヾ`=-´   '   ,彡' :´: : :{
        {   ̄ヾ  ノ:!: :}>、 △   <リ: {ハ: : ,
.     《¨"´  < ,.r:.'.,r}: :!=‐-ミ」l ´,={-r! : |ヾ!: :ヽ
           } : /;イ/!: |///!/,rV } .,ァ! : ヾ !: : : \
.       {     |=r'//, : ハ//∧   ∧,∧ : :`ミ 、 : : ヾ. .=‐- 、
         ,r∧///,.: : 〉∧/∧ ∧/彡'>:_: : :ヾ! : : : : :ヾ: : : : )
.      l   {|ハ ∨/: : ∧//三≡='//////> : ): : : : : : :∨: :ノ
.        ,   |   ,': :.∧////,∧////////,: : :∧ : : } : : :y'"´
        ゝ __ ≦, ':.,r'/////li il\////: : ://∧ :ノ: ; イミ:.、
.           { : リ: ゞ:`¨¨´  li il  ゞ=, : : : ////∧彡': : : : : }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ホテルの屋上にて―――。
┃ やる夫は黒のライダーのマスター・リーゼロッテと出会う。
┃ やる夫の事を知っているようなそぶりの少女はしかし、
┃ 彼の敵として闘おうとし―――何だかんだで、
┃ もしかしたらそれ以上の因縁がある少女と初めて出会った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2633あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:31:20 ID:m7VIHY9g0
ルイズさんが本気出したらそっちに勝ち目ないんだぞ!(なお)


2634あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:31:29 ID:09OrPE460
今から見たら本当に印象変わるよなー


2635あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:32:08 ID:PoHtmH7.0
>実力も無い癖にキャンキャンわめくな、鬱陶しい
>>2188>>2207

…リゼット、まさかこの言葉も自分に返ってくるのか…w


2636あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:33:49 ID:7RLnhhb.0
>>2635
リゼットはやる夫以外には欠片も興味がない口ぶりだったから(震え声


2637あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:33:49 ID:liHech7M0
>>2635
やめてさしあげろ


2638◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 00:34:13 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その10   │
└────────────┘



                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         |   スキールニル―――。    |
                          乂_____________ノ



              ィ
            l`ヽ ./}ノ           /!
            {ト、 ∨/              イ |
          .{ ∧ 〈             |' !
             ∨:∧ ヽ_           ノ {
           ∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ
            _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //
           /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./
        /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /
       .ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./
       /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>    それが貴様の真名だろう、黒のライダー?
.      /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ
     /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ      今次大戦、最強のサーヴァントよ。
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:}
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、\
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } ヽゝ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\





                 , - r‐‐‐‐<⌒\___
               ∠   /  /   ̄/   \_
             r=ニニニニム  ,  /    、 \ マ≧、
                 }ニニニ|ニニ } 〃/      \    マ三>
               /tニ ./}ニニ」 / /          \  ‘,
            / く_」/  ̄ ./〃  /   /   |  }   ‘,
              /   |   //`  /、 ∧. |斗  i!   ‘,
             ,     |  .厶イ}ハ ___/ }'´ }N! ハ!  ト、 !
             /    |   {ハ灯f^`   rゥr‐ァ}ハ ハ{
         /   |   |   |、弋リ     じ'  ,} 小 {      ―――随分と詳しいじゃないか?
          //}  !   !   } \      ′ /}ハ|   !
           }  | | | |   く`゙   -    ,:      !      そういう君は赤のライダー……なのかな?
           |  | | | |\ \\    .. イ //} ハ |
          ≧=ーーミ、 V」\   \T爪 ./}/}ハ!/  }」
          く    ゙;  Y マニ \「`゙\__/ } /  j}
         /}     }  {\}ニニニニニニ}、  /ミx /
        /  L_ く    \ ”“''‐=ニニ} \\ \
      {    しヘ       、 _  }  __}  >  }
     /.!      ^^爻、   }  \}/ヽ  ミ  {
    /   !           ゙ 、 {       }  ミ、 \___
 ./                 >    」L  乂「        ̄  ‐-  ___
''′                      /=- __   /ニ.{                 `
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そらお前は知っているわ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2639あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:34:57 ID:PoHtmH7.0
これ以上無いほどに知っているわなw


2640あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:35:33 ID:m7VIHY9g0
むしろ赤のライダーは聖杯戦争の表側で知らない事のほうが少ない
裏のほう?隠れてる事おおすぎです


2641あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:35:49 ID:7RLnhhb.0
笑いしかでねえwwwww


2642あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:36:40 ID:liHech7M0
笑うしかないwwww


2643あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:37:52 ID:09OrPE460
システムさんw


2644◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 00:43:33 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その11   │
└────────────┘


               __
           ,.-―'"   `ヽ、
    r、―-- _/         ヽ_
    |  ̄ ̄/            \
    |    ト、  , l // /ハヽヽ 、、ヽ
    L_ー_,. トミ≧| |フ77ナ' メ、!_!| || lノ
    〈    |ニ三| レ',ニ.ヾ   ,ムメトレリ
     `ーァ | i⌒| l ト._b!}   lq!} ム l |
       / |l ヽ_| | |u〃    ,`' r〈 !| |     ………………。
      /  || l | | | ト、 (`ーァ /〉 !〕l|
      ん~||ハ ノl从| `ーr‐イV / /l ||
        ノ¨^\ヽ、  ハー{ /  !レリ
     ,r'´¨`ヽ、  \\ } | ヽ{  〈ー- 、
    /     \rv~‐、ソノ l ヽ  \ヽ、\
    {    ヽ、 〈 {    !/  !  l\  ヽ\ \
    |`ヽ、_  l ヽ    ノ  l   | | \ノ  `ーへ
    }    \}  _}_   ト、 ,ノ-―| | /     ヽ \
    |      l/ ̄ ̄`ヾ ̄ ̄ ̄| し'      }   〉
    ヽノ    /      \   l\   , ノ /  ,イ
     〈 l  _/         〉==|  \ /〃 ノ /|
     ソ  / ヾ        ,イ    |    \   /  |
     {  /        /ハ--―|      ノ   /
     | ヽ        /  l _,.|      | /
     \        ノノ  |   |        /
       |`ー- __,/ /,  |   \   /










.
4387 名前: ◆R2EPbWDdJg[] 投稿日:2014/02/27(木) 01:14:38 ID:9i0zxM.Q0










               __
           ,.-―'"   `ヽ、
    r、―-- _/         ヽ_
    |  ̄ ̄/            \
    |    ト、  , l // /ハヽヽ 、、ヽ
    L_ー_,. トミ≧| |フ77ナ' メ、!_!| || lノ
    〈    |ニ三| レ',ニ.ヾ   ,ムメトレリ
     `ーァ | i⌒| l ト._b!}   lq!} ム l |
       / |l ヽ_| | |u〃    ,`' r〈 !| |
      /  || l | | | ト、 (`ーァ /〉 !〕l|
      ん~||ハ ノl从| `ーr‐イV / /l ||     ……何で勝ってるんでしょう、やる夫さん?
        ノ¨^\ヽ、  ハー{ /  !レリ
     ,r'´¨`ヽ、  \\ } | ヽ{  〈ー- 、
    /     \rv~‐、ソノ l ヽ  \ヽ、\
    {    ヽ、 〈 {    !/  !  l\  ヽ\ \
    |`ヽ、_  l ヽ    ノ  l   | | \ノ  `ーへ
    }    \}  _}_   ト、 ,ノ-―| | /     ヽ \
    |      l/ ̄ ̄`ヾ ̄ ̄ ̄| し'      }   〉
    ヽノ    /      \   l\   , ノ /  ,イ
     〈 l  _/         〉==|  \ /〃 ノ /|
     ソ  / ヾ        ,イ    |    \   /  |
     {  /        /ハ--―|      ノ   /
     | ヽ        /  l _,.|      | /
     \        ノノ  |   |        /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のアーチャー&赤のライダー VS 黒のライダーは、
┃ 弓兵の援護もあり、赤の陣営の圧勝で幕を閉じた。
┃ (赤ライダーが初見の癖に最適解の宝具を選ぶから当然と言えば当然)

┃ 逆に赤のキャスター組とリーゼロッテとの戦闘は、
┃ やる夫が『夢幻召喚』で鳴り物入りするも、
┃ 赤のキャスターの弱体化とリーゼロッテの超絶魔力により苦戦を強いられる。
┃ 実際、勝率は最善手を選択し礼装をつぎ込んでなお40%程度だった。

┃ ―――が、やる夫はからくも勝利を拾い上げる。

┃ その光景を遠くから見ていたアヴェンジャーは、
┃ つい思った事を口にしてしまっていたとか何だとか……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2645あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:44:31 ID:NKv17U4g0
wwww


2646あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:45:27 ID:09OrPE460
本当になーw


2647あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:45:45 ID:PoHtmH7.0
本当になんで勝ってるんだ…w


2648あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:46:01 ID:m7VIHY9g0
弱体化してるとはいえ鯖と鯖化したマスターを相手に単身で圧倒のリーゼは頭おかしい
けど、負けるわけにはいかなかったんや・・・


2649あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:49:46 ID:7RLnhhb.0
本当だよねーw


2650◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 00:51:59 ID:EPcs4ino0



┌────────────┐
│  3日目・午後・その12   │
└────────────┘

          /./    l「    ../圭圭Ⅳ             ,,il″   .´      ィ幺圭圭圭才'"
.     ,i''l   .,〃     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ.ィ幺圭圭圭才 ´        _ン'
    ,lⅣ  〃   .,〃 |   無明剣―――三段突き―――。     |.圭圭圭才゛        . _,,-へ.iii
.   〃   ./l   、〃 ,ir゙乂__________________ノ. Ⅳ'″      ィ幺圭圭㌢''圭圭
   〃  .,ノ~;/  .,/./ .,ノ/ /圭圭Ⅳ .,.. |″    ,i'ン".  -=:::::::::::::::::::::ヽヽ.゙Ⅳ゛   ___i才"       `'''″
.  il″ /圭Ⅳ ,ィ彰i彡'゙i/'"圭圭圭込才Ⅳ    ,..゙ー フ::::::::::::::::::::/7::∨..Ⅳ_..-、.,才㌢'"゛
. ,i|′ ,/圭圭レ圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭|  ,il!ン''. _....ィ:::::::::::::::::::::::::::トl≦ ィ幺圭才"'"
//.._.....圭レ゙圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭Ⅳ. |/‐ ≧彡-=  ̄ ̄ /::::::::::::::::::::ヽ ''″         _..i
マム\;;;>;;r,y,, _ 圭圭圭圭圭圭圭込ィ._,,. -‐=-z     /:::::::/::::ノ:::::ヘ::::l   _,,,...i;;;;iv=ゞ´
ソ/l;;;;;;≧;;;//;;;;;;;;;;;;;;≧;;;;;;;;ry,,,. 圭圭.....//三三三三ミ/イ:::/:::://:::jl:::::ト:::ミ            _,,..ィ幺圭圭圭圭λ
  ̄   ゞ><;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l l;;;/::::::: ̄::///≧  三三三三 /:::/::// i::://:::::l:::::ト..     ィ幺圭圭圭圭圭圭圭圭
圭圭圭圭圭圭圭圭゙<;;l l;;;l:::::::::::::::l//////////≧=-- //:ィ筏ッ/イ筏ィ:::r,リヽ..゙_..- _ィ刈圭圭Ⅳ   .゙'''゙゙゙´ ,,-''"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭  ̄=-.|///////////////7/llヘ  / , //::/ヽ//\        /.    ‐‐‐'"
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭.....l////////////////;;;;/::::〕.、-一/イ ////>  __,,.-''"///
圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭圭....l////≧/////////\;;;;;;;;l ム:>´/ /////////////≦ヘ///
圭圭.. 〈  ̄l.....圭圭圭圭圭圭.. _,,. -‐''"/////////<//;;;;;;ヘ  У  .|///////l三三三三三三///
圭圭..../ー'  ヽ、......圭圭 ハ..////////.゙__.゙//////  /\;;;;;;ヘ / ≦///ム///l三三三三三三三//
圭圭.....ヽ、   r'....圭圭 ノ   !...//////./ ヽ..////  /::::::::ヽ;;;;;;|  マ   l/////三三三三三三三//
     r‐'    ̄ヽ/ ̄   !..//////..!  !゙////l /::::::::::::::l;;/ /ヘ   l/////l三三三三≧//////
    /  =  ゙   ハ   __ノ.//////.../  j ////l /::::::::::::::::l;;l /;;;;;ヽ  .l///////ム/////;;;;;\ヾ\
=.   ヽ  = ゙ / !  `ヽ-―、...//....../  / 二二 /::::::::::::::::::yヽ/;;;;;;;;;ヘ  l///////////;;;;;;;;;;;;;//
    :::::ヽ__  = ⌒     _ノ...--. /  ノ゙=- :::::::::::::::::::::::::ム l三三ミl  l/////// /;;;;;;;;;;;;////
      l` ̄   〈⌒/ /ヽ  ノ    /  ノ         > < ヽ三三三 l///// /;;;;;;;;;;;;//////
     ヽ-‐ヘ ヽr'_/  | |     /,、__!                   /二二二 ll////ooOOo/≦/////
         ヽ.j.    | |   / {                y::::::::::::::::7 /==-<<= /::/;;;;;;;7 o///////
               | | _,.-、⌒.         _,,.-‐''":::::::::::::::::::::::ノ/::::::::::::::::::|:::x:::l;;;;;;;;|:::::::<  ==
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ・黒のアサシン&黒のアーチャー VS 赤のバーサーカー戦
┃ アサシンのマスター・ルークの『呪歌』により咲夜の能力が封じられ、
┃ アーチャーの支援を受けたアサシンの必殺剣は狙い違わず
┃ バーサーカー・ラモラックを撃破し、彼らを撤退に追い込んだ。

┃ ・赤のセイバー VS 黒のキャスター戦
┃ ・赤のアサシン VS 黒のランサー戦
┃ この二戦は元々の地力が違いすぎるため、
┃ 「イヤー!」「グワー!」の一声で片づけられてしまった。

┃ ―――そして、屋上とはまた別の因縁の対決が始まる。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2651あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:54:39 ID:m7VIHY9g0
ぶっちゃけ黒のアサシンさんは耐魔力の無いセイバーだし・・・


2652あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:55:18 ID:09OrPE460
そういや黒のアサシン&黒のアーチャー VS 赤のバーサーカー戦は出来レースだったんだろうか?


2653あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:57:33 ID:m7VIHY9g0
咲夜以外全員知らないから出来レースでは無いでしょ(ブラッドレイも知ってるか微妙)


2654あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 00:59:13 ID:PoHtmH7.0
ルークの回想見るに、出来レースではないな
ただ、バーサーカーが殺られた場合は咲夜の死亡を偽装する予定ではあったみたいだが


2655◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 01:02:08 ID:EPcs4ino0




┌────────────┐
│  3日目・午後・その12   │
└────────────┘


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  /  ,.ィ    i   lヽ. \      ',::::\ /,ィィ´ラi  iヽ.      ∧  _    、
 ./ / i    l   l::::゙、.',:\    ∧r ' ィ´ヽヾ‐'ノ  ノ:::::::\      ∨ -‐ヽ    ', ゙丶、
 ./   l     l   l‐-ヽ',- 、\   ',:::::l _... 二 -‐:::::::::::::::::::\    〈::::ノ:!|    ',
     l  ,、   ゙、. i-‐.てタTヽ、\.  ∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\  ',::::i::::l    ',
 .    i  / ',   ∨.',\ヽ-'.ィ´l:::::::ヽ  ',::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l/:\ ヘ::::::/.      ',
     i /  V   ヽ ',:::::¨´:::::::!:::::::::::::\.',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,_ムヽ i/.      ',
     l/   ',  ト |\:::::::::::::::;!、::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::´:::::/ヾ   l\.   ',
          ∨ .lヽ ',ヽ:::::::::::\ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/丶"       l  \  i
 .         ヽ i   '、:::::::::::::::::`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::|    ト、  i.   \l
 .          ヽ   \::::::::::::::::_ .. -─::::‐-:::::::::::::::::::::::::::::/::/::.j/! i l \. l
                 \:::::::::′__;;:::::-ァ:::::::::::::::::::::::::::/::::,':::::::::l ハ !  ヽ!
 .                   \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::.,':::::::::::l/ ', i
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 ,/‐      ,' ./ l ,.イ; 丿`  、 ̄´
               /          r-ァ7/_ァ‐'  ヽ...._ヽ
               , "       -‐ ´ {`` ´ lヽ /    ',
            /      ,  ′     ', l  ,. /   ,ィ,`,  }
          '/     ,.'            ) 、.i / ./fッ∠, イ丿
           /    /      , _, ,ィ;;;;;;;;;;;;;;;;/ /ゝ` .イ"
        / ,. イ "       _ - ´ ,イ二ニニニi  i\,. ィ.'......._
      ,/ '" /_,.    ,.<  _....../<二>==l {''"::::::::::::::::::::::::..、
   //,./-=二     / ,..:::::::::::::/ニ二l二ニニニl. |:::::::::::::::::::::::::::::::::\
  ゛<,ィ,ィ ィ   >'"   、:::::::::::::::::/ニニ!二二二二!ノ!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
   /i { .{' ,!./{ ,.       ;:::::::::::::::!ニニ,!、二ニニニ'_!:::::::::::::::::::-‐::::::::::::/
  ;丶lヽ7`ヽ=ー'、    /:::::::::::::::::!ニ/ニ>マニニニ{::::::::::_-‐:::::::::::/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のランサー VS 黒のセイバー

┃ マスター同士が因縁を持つこの一戦は、終始互角のまま推移した。
┃ セイバーが対軍宝具『斬魔皇帝』を振り抜けば、
┃ ランサーが防御宝具『死翔阻む七つの護り』を用いる事で相殺する。

┃ 美堂蛮の「直感」による最善手は、セイバーの類まれな「心眼」により切り替えされる。
┃ 闘いはセイバーの最終宝具の開封により彼女の勝利に終わる……かに見えたが。

┃ ランサーは令呪を用いて強引にさらなる宝具を発動。
┃ 勝負の行方はサーヴァント、マスター共に
┃ 奥の手を出し尽くしたランサー陣営に軍配が上がった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2656あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:03:10 ID:09OrPE460
接戦だったよな……


2657あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:05:00 ID:PoHtmH7.0
激戦だったな、本当に
正規鯖同士の戦いではこれが一番好きだわ


2658あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:05:51 ID:PoHtmH7.0
…って、赤のライダーも正規鯖だったか…


2659あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:08:11 ID:m7VIHY9g0
皆かっこいい闘いだった
なお皆普段は


2660◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 01:16:15 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その12   │
└────────────┘




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',    それで今はこの戦争に関する情報や、
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l    トレーズの情報を追い求めつつ戦っている状態ですお……。
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\   これらに関する情報は他の陣営には………。
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ






                  , ´ フ` 、
                 イ /    ヽ
                 ,'Ⅹ ...     |                ……心配しなくとも、情報を流したりはしないから安心せい。
                  人_ム  Υ   _, ト、
               {イ〉'〒- 、  へ}| lヽ              命の恩人を売り渡すような真似はすまいよ。
               ' i __ ̄> V iレ', У l> 、
                l`´ ヽ l l 「 | | |  |   > 、
                | l>、 ヽ! !ノ ! ! !   |      > 、
               , ,:  , マ V , , ,|  ,          > 、
                 / , |   , V  , ,/,  ,             > 、
             ,::' |/ , _   〉 ', /Vニ  |                > 、
                /  | i∧ /人 V /ニ,'                , ´  .ヽ
          ,.    | | Y    l>マニイ  、            /     ヽ
         ,:        |../':,,  ./! マニ、  ,       :. l     '         ヽ
         {   .:    .|{  ::._/ | Y マニ 、  ,       ::. ,  /             ヽ
          |  .::    从 ,/|ニⅥニニニニ、 、      ::.  ,            |
         ,  .:::   /个V  ,'マニニニニニニニ、 、      :::. i                |
        , , .:::    '/从ヽ ,.ニマニニニニニニニ\  、    ::::.,               |
        / , ::::    '::|ニ, ヽiニニマニニニニニニニニ>x....> 、::::::,             |
       {   .:::  /:::リニlV /'ニニニマニニニニニニニニニニニニ>x..>:,、            |
         、    '::::/ニニ X ,ニニニリニニニニニニニニニニニニー・・・ヽ \            |
         \    :/ニニニ,| ヽ_ニニ(ニニニニニニニニノ ̄ 彡   __ヽ \          |
           ー iニニニニム ∧ニソ r---ニニr ´// / _ -イ〉ニム V ヽ         |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 黒のライダー戦後。
┃ 山本元柳斎と赤のアーチャーは、やる夫達の援護の謝礼として
┃ アーチャーの真名と山本元柳斎の情報を教えることに。

┃ その後、『夢幻召喚』の事で突っ込まれ、
┃ 彼に自身が聖杯の器であることを説明した。

┃ ――トレーズが絡まない限りは冷静で人情味のある老人なので、
┃ 実は半ば敵対関係にある現在でも、
┃ アマンダラにやる夫の情報を大して渡していなかったりする。

┃ なお、山本さんの渡した情報の中に最後の自爆技『残火の太刀』が存在しないのは、
┃ やる夫やルイズのこれまでの行動をある程度把握しており、
┃ 性根が善性である彼らに、無駄な心配をかけさせない為だったとか何だとか。
┃ (見せたら絶対に止めようとするだろうし)
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2661あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:17:05 ID:PoHtmH7.0
山爺、初日からやる夫が一般人だって知っていたんだよね


2662あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:19:14 ID:m7VIHY9g0
絶対に止めたな(確信


2664◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 01:26:32 ID:EPcs4ino0



┌────────────┐
│  3日目・午後・その13   │
└────────────┘




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   だから私は、次に闘いが起きた時、名前を告げるわ。     |
  乂__________________________ノ




                                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                |   勝手なお願いだけど、私の事を信じてほしい……。      |
                                 乂_________________________ノ





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   必ず、また心を取り戻して貴方の下に帰ってくると―――。       |
  乂_____________________________ノ






             /\
            , '   \_ _
            _, -‐/ ┏━┓ \ ̄`ヽ、
        /   / . ┃  ┛   \丶 \ヽ
        ノ | 丶/.  ┗━━━   ヽ\ ゝ \
      /   i   i   へ辷 r八マァ辷ヾ/r=≠ゞ
      ,'|   ゞ{.´ヾ彡  ̄ ー´⌒ ー´丶人/ }
     〈 \r=ヾノ i  |   ヘ ヽ   ヘ   |   |
    _ゝ/´-  i |  |{ ∧ ヘ |ヽ | ヘ  |   |:|
.     \ー|  | |、 |ヽ| ヘ  |/__iノ  |/'|  / |、
.      { |   |ヘ | ヽ|‐,  ヽ/ ,r=≠=、/ ./  {、\    γ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
.      } |   ', ヽ ,ィ气ミ、   ´ xxx ///  ヽ\\  |   だからそれまでの間、貴方に私の心を預けます―――。     |
     /〉',ヽ、\ ´xxxx.   ,  ∠ , イ {  ヽ \', \ 乂___________________________ノ
      //  \\ _>     , -‐、    ノヽ、\   \};ヘ. \
    //|  ∧  ノ ヽ、    、_ノ  /|  i \}、∧丿‐-ヘ  ヽ
. / / .i/ ヽ | / |_ >r  _ ´|ヽノ\|   ∨      |  }
 {.  /⌒ ̄ ̄ ∨ヽ,|___/イ     ヽ`ー--r≠フ{      i , γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 \ i    / {辷i┃   ヽ-、 .ー/   ┃}辷{ \     ´ |    ―――受け取ってくれるかしら?     |
.   `   /  }≠|     ヽ   /      /フf/ ̄ ヽ    乂__________________ノ
        |⌒ヽ 〉-ヘ┃  , -ーVー、_  ┃/くフi /  {,
.        i\:. ヽ 辷ヘ_<´//|東yヽ >_/≠ {ノ  ...:/i
        |ヽ ヽ:. {彡   { | |. i | ヘ    ̄} ..::/ |
       | ヾ,\ヘ     ヘ,| | i .{,/ ゝ__/::/  /
     rT≠YゞT⊥辷⊥ゝ ノ. ! ` || ヾT辷=≠ヾソtヽ、
    _/ヾソ ´  ̄ ` ´ ̄ | /  人  ` 〈  ̄  ̄ ` ーヾくf,、
   }辷/       i:; /-. . ' .:::. ゝ. ._}       \フi
   レ\       ',::ヽ,        /レ         ノ┘
       \   __ , = = =ゝー ⌒ `´|= = = ヾ /_/ー-―‐ <Fフ
         ̄ヘ/    `\    /   ノ ミ〉´    __ /辷{
         , '         ヘ  /     i;::  ヽ ̄` ─/f≠ノ辷/
          /            ∨     ヽ;.  \   ノf{ ̄´ヾ/
       /     _ ーイTヾ/ -ー 、   ヾ:   ヽ /≠{、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 帰宅後、幽々子から魔術回路の調整を施してもらう。
┃ その後、どうしてこれほどまで自分の事を大切にしてくれるのか、
┃ やる夫に問いかける。

┃ そして彼の気持ちを少女は、
┃ 「自分が救われたように、やる夫を救ってあげたい」
┃ という己の中に現れた新たな願いを胸に、次の闘いで宝具の使用を決心する。

┃ 幽々デレその2
┃ 何故か女性を口説く時のやる夫のセリフはクリティカルが多いイメージ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2666あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:27:41 ID:09OrPE460
前世の経験かな…… 地雷も思いっきり踏むけど


2667あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:27:52 ID:PoHtmH7.0
セイヴァー爆誕が確定した瞬間である


2668あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:30:48 ID:m7VIHY9g0
さすが過去に修羅場を作ってた男は格が違った(?)


2669◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 01:35:34 ID:EPcs4ino0





┌────────────┐
│  3日目・午後・その14   │
└────────────┘




 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ……もっとも、貴方は『完聖』に至らない未来を望んでいるのかもしれないがね。   |
  乂___________________________________ノ



──────────────────────────────────────
            _________
         , '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ
         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
    ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::__::/
  {::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ハ,'iヽ
`ヽ ゝ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   y::,'::/
::::::/:ヽ::::::::::::::::::::::::::; _______::::::::::::::::ヽ___/:::レ′    …………。
:::::',:::::::\:::::::::::::::< __    _>‐´::::::::::::::、::::::::::/
:::::::i::::::::::{:::::::::::::::::::::::` ̄´::::::::::::::::::::::::::::\:::::,'
:::::::::`ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>∧
::::::::::::::::\__:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::\
::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::\__
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄ ̄ ̄´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
──────────────────────────────────────







.
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ トレーズとアヴェンジャーさんの会話―――。
┃ 完聖を望んでいないかどうか、この時点では恐らく彼女自身ですら
┃ 推し量ることはできていないのではないだろうか?
┃ 大体、この辺りでこの黒子が琥珀さんだと分かるような描写が入る。

┃ 他にも蛮の身体が『血』の浸食を受けている描写や、
┃ 夢の中でアステリオスがキャスターの惚気を聞きたがるシーン等があった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2670◆R2EPbWDdJg2015/01/03(土) 01:37:41 ID:EPcs4ino0





                                 i' l´l^i
                                ∩! .i .l .|`!
                                | `    l
                                 、     ノ
                                   `   i´
                               r、 亅   |
                   _ -―  -  _    l ゙ l    |ヽ
                 r '^         `ヽ  !  ` _.i、 ヽ
                 〃            Y7       ̄  l
                 Z   /  . 、  `i  ミil             l
                l∧/∨   ヽト\ナ  |ミll          |
.                 / |. ┃   ┃ !  !rt.|           l
                   l  ┃    ┃ |  l′!              |
                ' / l 〃 r-一. 〃|  |_/|               |    それではみなさん、おやすみなさいませ~ノシ
               ′ l ヽ  ヽ__ノ   ィ  |て!       〉
              〈∧__l l ` ー┬-‐" l.  | )!      ∧   /
                 )∨r卜ヘ 〃  l ヽ ' )l       /  ヽ__/
               / ) /  l  l!  /  l | ) l    /
          _,. -‐'^"  ) i  .|   |/  ./ | lノ   ´
  l´ヽ_  - ' "        )′ |  〉  /   |ヽ  /
 ノ  l             /  ̄ ̄ ̄ ̄    l   _
(__!            ヽ          ヽ ム
    ぃ            〃         /  Z
    ヽ           ∧          ゝ  }
     ’、         、 l          l7_/
                ∥          |7 `ヽ
         ヽ          |!             |7、   >
         ヽ  __  /|          |7 ヽ/
           ̄     .|            |゙
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――という訳で、本日はここまで。
┃ こうして見返すと新鮮な発見が多くて面白いですねー。
┃ 明日もこのあらすじの続きをしていきたいと思いますので、
┃ どうかよろしくお願いいたしますね?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


2671あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:37:54 ID:09OrPE460
乙でしたー


2672あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:38:02 ID:m7VIHY9g0
何気にアステリオスとの会話でエタ情報は多かった(ほとんど蛮関係だけど

お疲れ様でしたー


2673あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:38:32 ID:PoHtmH7.0
乙ー
次は序盤最大のイベントが待ち受ける4日目である…


2674あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:40:46 ID:7RLnhhb.0

ついに本作最大のチートセイヴァーの出陣だなw


2675あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 01:56:20 ID:SmVL3seE0



2676あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 02:05:24 ID:liHech7M0
おつでした


2677あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 02:24:01 ID:zOdXFFCM0
お疲れ様でした


2678あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 13:42:59 ID:6SCMF.1Y0
しかし、見直すと2日目にリゼットに拉致られてた可能性も有るんだよな
…その場合、何だかんだと理由を付けて自分の部屋に軟禁してくる気がするのは俺だけだろうか


2679あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 14:30:06 ID:liHech7M0
そこから領地内にいるなら好きに動いていいって言われて黒陣営とコミュする所まで見えた


2680あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 15:00:56 ID:wncTxHbo0
セメント対応取ってくるリーゼロッテが、
24時間後には口説かれてペース握られっぱなしのリゼットになっている所まで見えた

聖杯大戦でやる夫と過ごした時間は精々30分程度だろうにデレさせられたのに、黒の陣営に迎え入れたりしたら残当である


2681あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 16:46:39 ID:3UeYX/e.0
乙です


2682あけましておめでとうだお2015/01/03(土) 17:14:18 ID:U0Q0xUso0
黒陣営ルートでは薔薇水晶がヒロインになる未来もあったのだろうか・・・


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/5448-3c80fe20

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /