FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫は心無いキャスターを召喚したようです その22

ブログトップ > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです その22




9792◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:09:18 ID:1az2TopE0





                          |ll|                    |ll|
      [三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|       .| ̄ ̄ ̄ |       l||        |l|
      ||      |___||_____|ll| ___.|       |. ir――――――――――――――
ニニl二ニニニニニニ/⌒ ハ ――――――――― |____l. ||     _________
  l|     ||       i   |           |l|      r┴┴┐ ||   /                ヽ
  l|--― ||――― |  r┐         .|l|       lニニニニニj   |                 |
  l|___,. .||       ゝ-トイ         |l|       | |  o   | ト ― |                ノ ‐
  l|     ||-――――|-{           |l|       | |____| |   ト ゝ―――――――――
  l|_ .- '||ニニニニニ彡         |l|       | |  o   | |.  〕  〕ト  二ニ=―       ̄
  l|     ||    | l| |   |           |l|       | |____| |   |   |!  〕ト     ――
  l|     ||   「 ト ! 斗 _ _ ___ |l|___ | |  o   | |   |   |    |!   〕ト ―――-
  l|     || /| lト _>                 | |____| |        |     |!  〕ト    ̄
  l|   , -.゙/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\.            └ ─── ┘\           |    |!  〕ト
  l|, - '.../:.               \                    \          |   |
 ̄   /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l       (キャスターの魔力がまた下がっている……?
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l        ひょっとして、やる夫が倒れて心配させたからかお……?)
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 仮にその予想が当たっていたならば、
┃ それはキャスターの心が順調に育まれている証拠であり……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9793名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:15:04 ID:PZzlsI.Y0
さて、どういう話題振ろうか…… 案考えてる人いる?


9794◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:15:28 ID:1az2TopE0





            / ┏━┓\   __ ̄`ヽ
        厂/   ┃━┛  \ ヽ|//7__\
       ! /   ┗━━ , -‐`ー ̄ _ノ⌒i
      ノ`ー―´ ̄ ̄ ̄_ノ⌒し´ヽノ: i : :八
      厂ヽ   )⌒ヽ_/: 人: : :i: :.!:.: :|/i : :`ー‐ - 、
     /: i :`ー'|_|i : : : : :i!:/_il:.:.|:.:.|:.:.:.|: : |: : .‐=ミヽ  ヽ
     Ⅵ|: :ト、: | |l八:.:i:.:ハ{  ハ:.:|!: |:.:.:.|: : ト、:.:., ミヽ_`ー,
.        {|: :|: i: !ィfハ \,' __,ノ:人 !:.: :|: : | :.\:.:.`ー`ヽ         ―――マスター?
       ∨!: ! |弋リ    ゙¨ ̄/:.j: : ): :.:|: : | : : : \:.:\
.      , -‐=:|:.ト、  '     ,'/{:.( ̄ ̄ ̄`ヽー-、`ー、         やっぱりどこか具合が?
     (  __ノ: |:.:\ ‐=   /|⌒ヽー、.. . . . . ..\   _
       /(:./:.:ノ个ー、 ´   ! rく  ). . . . . . . .`ー´. . .. ̄`ー-、
      i_,人: (:.:..|_) ヽ   !ノ⌒ヽ_,ー'⌒). . . . i.. .. . .. .. .. .. . ̄`ヽ
            乂从j)_)   \_l―, '´ヽ ヽ ヽ |. . . . ..゚。.. .. .. . . ..{>=<}`ー-、
         /.. . .. .ヽ_)   厂 ノ. .\_|__|__|__〈. . . . _\. . . . . . . . . . . . . . . .
        /.{>=<}. .ヽ)ノ 〉(. . . . . i____ヽ_,-';;;;;;;;;;;`ヽ. . . . . . . . . . . . . .
     . ′.. .. .. .. .. .. . . \ノヽ ). . . .| | | | |_ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;k. . . . . . . . . . . . .
   ,. :'. . . .. .. . .. . . . . . . . . .|..( ヽ.. ...| | | | |. . i;;;;;;/);;;;;;;!..\. . . . . . . . . .
  (. . . . .. . .. . . .. . . . . . . . .\ヽ )_ ̄7 ̄ ̄.......|;;;;l. . |;;;;;;;;|. . ..\. . . . . . . .
  _/\. . .. . .. .. . .. .. . . .. . . . . .\ノ. .\;;;;;`.. . . . . . i;;/. .,';;;;;;;;;|. . . . ..\. . . . . .
/.. .. .. `ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . . ..i. . . .  ̄|;;!. . . . . .|イ. ./;;;;;;;;;;|.. .. .... .. .` . . . .
. .. . .. . .. .. .\. . . . . . . . . . . . . . .. .ヽ... ... ...ヽi. . . . . .il!. .ヽ;;;;;;;;;;!.. .. .. .. . . .. 、 . .
. . . . . . . . . . . `ー、.. . . . . .. .. . .. . .. ..i. . . . . .|... .. . . .`へ/ ̄ ̄. . . . . . . . . . .。.
. . . . . . . .. . . . . .. . . . . . .. . . . . . . . . ..\. . . .`。. . . . ../.. .. . .. . .. .. .. . . . . . ..i. .
. ... .. . . . . . .,-―. .. . .. . . .. .. . . . . . . . . ..\. .. .\_/. . .. . . .. . . . . . . . . . . .. .|.
.. .. .. . . ../. . . . . . . . . . . . . . . . . . .-―'⌒..\../⌒ヽ. . . . . . . . . . . . . . . . . .|.
.. .. .. /.. .. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .. ー=彡/. .‐=ミ..ヽ. . . . . . . . . . . . . . . ,. .
. ./.. . . . ..._く⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y厂ヽ}. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .,. . .
. . ..く⌒Y/ .‐───────‐(rく∨rく. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ./. . .
く⌒  .- ―´ _く⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒)く⌒ノ. . . . . . .. . . . . . .. . .. . .. . . . ../. . . .
_, ―´ く⌒Y            / マ⌒く. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ../. . . . .
_く⌒Y/           ,  ' く⌒V⌒ノ.. .. . .. .. . . . .. . . . . . .. . . . . ./. . . . . .
_/⌒~         . ´  / )ノ⌒ヽ). . .. . . . . . .. . . . .. . . . . . . ./. . . . . . .
           ,  '    , ' <⌒V⌒く.. . . . .. . . .. . . . . . . . . . . ../. . . . . . . .
    ,.  ' ´       (   )ノ⌒ヽノ. . . . . . . . . . . . . . . . . . ../. . . . . . . . .
.  ’                \ ヽ__厂ヽ}. . . . . . . . . . . . . . . . . ./. . . . . . . . . .
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 心を持たないキャスターが、それだけ心配してくれたと思うと嬉しくもあり―――。
┃ 心を持たないキャスターに、それだけ心配させたと思うと申し訳なくもあった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9795名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:15:37 ID:Apmzoo5.0
キャスターから能力低下について振ってきそうなんで、それへの返しは考えてるが…どうなるやら


9796◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:17:25 ID:1az2TopE0





                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \
                   /     /                      ヽ     (心配させた……で良いんだおね?
                 /     /..、   ヾ  〃      u         i
                   /    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i     状況がどうなっているかとか、
                   i    ゙´ { ゞ'"    ツ   /               i
               /`     ゝ    ´    /            /    キャスターの魔力の事も気になるけど……)
                    /i       ヽ       /               /
                   i i         }       三         ,../
                   i \____ノ       "____   イへ__
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ※行動安価 21:29:00の一番上~2つ
┃ まずはキャスターに何と言いますか?

┃ ※啓示判定……成功!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9797名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:18:16 ID:PZzlsI.Y0
前回のフェイト・アステリオスとの会話でのやる夫の認識だとキャスターに人殺させてるわけで……
これからも戦う事については言及するべきか?


9798名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:20:46 ID:PZzlsI.Y0
啓示さん成功してくれたかA!
とりあえず心配かけさせたこと謝って、今は一応体調は収まってると安心させないといかんかな
その後状況効くか倒れた理由の自分が聖杯云々はどっち優先するか……


9799名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:22:05 ID:Apmzoo5.0
状況とかは後でコミュタイム用意されているルイズに聞いた方が良いかな
ルイズなら色々補足入れて話してくれるだろうし…


9800名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:25:00 ID:PZzlsI.Y0
風邪のせいか頭が回らん……


9802名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:27:36 ID:PZzlsI.Y0
クロノス酷いな……
とりあえずキャスターを安心させること最優先するのがいいかな?
その後にやる夫が倒れた後の事を聞いて、ルイズから陣営の動きとか補足してもらうか


9803名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:29:00 ID:FbRoTwk20
おはようキャスター、急に倒れて心配させたおね?すまなかった
それと目覚めるまで傍にいてくれてありがとう、起きてすぐキャスターの顔を見れて安心した

とりあえず、今回倒れてる間夢を見てそこで倒れた原因が分かったから話しておくお
やる夫は赤の聖杯と呼ばれる物にいまなってるらしくて
アステリオスを倒して取り込んだ際の負荷で倒れたみたいなんだお
とりあえず、やる夫の方は一旦安定しているようだけど
キャスターの方には何か影響とかはありそうかお?
どんな些細な事でもいい、話してほしいお


9804名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:29:00 ID:Apmzoo5.0
不調はもう収まったから、大丈夫だお
心配かけてごめん それと心配してくれてありがとう、キャスター
やる夫が倒れた原因、気絶している間に分かったしキャスターには話しておこうと思うお
どうも、やる夫は聖杯だったらしいんだおと言って、夢の中で聞いたことを掻い摘んで話す


9805◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:29:23 ID:1az2TopE0
10分以上のクロノスとは……。

この重さが続くようなら時間安価も少し考えた方が良いかもですねー。


9806◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:35:45 ID:1az2TopE0





               ,  - ──  、
               /         \
               /      ー- 、    ヽ
            /ノ          し   |     いや、不調はもう収まったから、大丈夫だお。
             |      (ー‐)      |
             |( ● )     〃    l      急に倒れて心配かけてごめん。
             |〃      ,      /
          , ヘ   (_ノ`ー'      /
           ,/   >-ヘ-ー―   <_
      ,.. '´   /ー:::'7.  |o   ,/::::/ ̄\
    r'"     ィ    /│  |   /:::::/  〃⌒ヽ、
    |    / |   / .|  |o /:::::/  /     \
    ゝ--<!  l  /::::::: ̄ ̄ ̄:::::/   l        ヽ
        ヽ__>-/::::::::::::::::::::::::::::::|   |         ノ





                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、   謝る必要は無いわよ、マスター。
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ    マスターが無事だったなら、私はそれで十分だから。
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ







.


9807◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:43:19 ID:1az2TopE0





               >─‐-= 、
              .> ´        `<
            /   _ ,. -‐、   ,- 、 ',
          /      ,z-‐ 、        ',
        ./    / ,ュz=ミ    '了心 ヘ
        /       ゝ        乂zツ  ,      それでも、言わせてほしいんだお。
        ,'     """/    、   、"""  i
       ',         {     人   }    }      心配してくれてありがとう、キャスター。
        ゝ         ` ‐-‐'  `ー‐'     /、
        /\                ,ィ´ ̄}      それと、目覚めるまで傍にいてくれてありがとう。
          /   \  ー- __, z= '´  ∠i
       /      \.  /       ‐' ´ .|       起きてすぐキャスターの顔を見れて安心したお。
     ,.<ム、_  `ヘ | /    /__>--イ`>-、
  //////.: .: ̄〉  l./   ∠ィ´: : : : : :////////\
 ///////: : : : : : :i  ./   /.: : : : : : : : ://////////;ヘ
 i//////.: : : : : : :{  {   / : : : : : : : : : /////////////〉
 l/////.: : : : : : : :|  |  .〉: : : : : : : : : :i///////////;//
. ,'////.: : : : : : : : :|  |  i : : : : : : : : : : {//,'////////;〉
////,'.: : : : : : : : : :|  |  | : : : : : : : : : : l;/{/////////\
///,i : : : : : : : : : :.:|  |  |.: : : : : : : : : : .∨////-一"///∧
///|: : : : : : : : : : : |  |  | : : : : : : : : : : : ゝ////////////∧





                            _/ ̄ ̄ ̄ /
                          _r/ //⌒ヽ  / ̄ ̄\
                     ノ〈 / /    / /       \
                   __{⌒\ {__ `ー'′/          \
                <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
                   ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
                  | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
                  N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
                     |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
                 /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /     ……ふふ。
               _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
          /    く/.     \ 、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|       マスターが目を覚ましてくれて、
         /.:.:   く/        .rイ\__´.  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
       . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ     私も安心したわ。
       ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
       く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
        |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
        |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
        |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒
                ./     メl|   |:|〈.  Vソ    /___
               /    メ{ヘ. ..:〈/i7 |         〉:.:.:.:.:.:.:\
                 /    メ{   >―{\{    _r<{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ その言葉は心を持たない彼女が反射的に使ったものだが。
┃ 口にした彼女自身、まだ気づいていない。
┃ 先程までよりも僅かばかり、自身が浮足立っている事に。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9808◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:46:50 ID:1az2TopE0





                                 / ヽ
               __   ------......../ /人
             /....../................................/ / ',xヘ
            __/............................................../ {{ ゞ:ソ、
            |.......|.........................\.............../   乂彡へ} ----=ミ
            |.......|................../......_\_....へ~~ ''⌒ヽ....................)
 \         人...___/⌒>⌒⌒)..................{......................ヽ........//
.   \    /......../..../.................|....=-――)___ 彡 イ|⌒⌒ 彡'
     \ (_ァ<人_____彡'.:|: : : :|: : : : :―― |: : : :.}
       /   __/ /: /: :/|: : : : |: : : :|/ : : : : '  |i: : :./
     /: : {⌒): :/: : : /: /: :/: |: : : /|: : : :l: : : :/   八: /
 ̄ ̄ ̄八: : ≠彡': : : /: /: :/: : |: : /:(|: : : :|: :.:/ __,,,x イ:i:/
   / へ: : : /: :./:.:/: :/: :.:人:八_i|: : : :|:.从 ⌒'^ {从
  /彡' --- ソ: /: : :/: :/: /: : :ヽ/ |: : : :|: {        ヽ     ……本当に。
 /: : : :_//: : :./: : {: :i: : : :/  |: : : :|: ゝ     /
/: : //: />: ――<_彡': |_ /   |: : : :|´       イ
: : :.{: : :.i/ /: : : : ___ : : : : : 人   \ ノ|: : :.个  ,,__ /:.ノ
\: : : : |:.人: : : : :>-====ミ \ \i:Vl : : : |∨: : : : /
  \: : |'   ):./_// i \\\从: : : :.:.| i: : :./
 __二∨/ 人 (_ 人 (_ ̄∨ヽ从ル'ノ: :./_ へ
/ / ̄ ̄ /  \ {....................\ ∨|/ /: : /.....i   \
 (       \/ ̄i ̄ ...................... i\人 i:.:从..... |     }.、
.  \/ ̄ ̄ヽ...... |.............................人ノ i≧ 、. \.|     |....\
\_{..i..................\..\/ ̄ ̄Y ⌒ヽ ∨\ニ\....|     |........ \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 今、自分が安堵している事など、
┃ 心を持たない少女には気付く良しも無いが……。
┃ 既に隠し切れないほどに、感情らしきものが芽生え始めていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9809名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:49:01 ID:Apmzoo5.0
しかしなんだ
やる夫、これでまたキャスターが弱体化すると分かってるのにブレない辺り、肝っ玉凄えな
アステリオスさんもビックリだよ


9810名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 21:50:19 ID:PZzlsI.Y0
自覚はまだないか……


9811◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:51:56 ID:1az2TopE0





                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_    ……とりあえず、やる夫が倒れた原因、
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \    気絶している間に夢を見て原因が分かったから、
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)   キャスターには話しておこうと思うお。
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|






           ,ィ'´ ,  '´ ̄ ̄ ̄`ー--- 、
        / {/              >、
.       / ___V                  \
.         |/,]} \   、__    ,   ,    j__/
.      /ト、__r-ー \\ _ヽ/--く__/  \
.      V⌒ー─v'⌒ヾ'´   \   __\ __/   /\
.     / /   L ---〉_r─‐z}_/ ∨(二〉、/    }ヽ    ええ、拝聴しましょうか。
     〈ー‐'⌒ヽ,ノ」 \ 「__Ll|l l| l∧ \ヽ.___/    |__
.      `7 | l | | _|_、 ィi´ |l_}Ll| !l| |\ \_  -‐ 7ノ
.        ̄Vi l |  ハ\l| ̄ヒt:ノjハ|│リ l |\      ̄ ̄/_
.         ヽjハ{N{ ソ\|    / ノ j/|\\ \     /__/
          ノ}ハ∧     イl´ / lト、 \__、 \_/ヽ
        / ノrlT「「「「//7{ iト、{ ヽ\ ) ヽl l( \jリ、    __r-,
.        / // ||.|.l l l |'//八  \`ヽ} i  j八_ヽ  \Lruf辷レ廴{
       { i/ | { l{|!.|.| l |//// \} )八l{_     ソ   ヽ- ‐ l に{
.        V  ヽ | | |//厶ュt〈ヽノj/ _rufコこ}    /,ィT\ / ,ィ仡
               | | //    にhfにィ´ /}ノ   /,ィf斗'ー込くfrujノ
.          r----V       ヽi<_  l に{  ,.イrjトr┘`T´ヽ
           _冫==ヽ      ∧    ̄し广fハ_jト┘   \/
.          ‘ー/ 二. |       ∧n        )     __| }_
          `{_T j      __r{ノj   -‐=  フ'"´ ̄  __\  ̄ ̄> 、
              │}L___   ,ィ| |リl/    ,‘´  x< ̄    ヽ       \__      __,,‘´
             ヽ \\トtf| l_Lし' ̄{ /  <        =-‐ヘ、     \ ̄ ̄ ̄
             {「 ̄}小{ ̄ヽ\ У|/ /       >‘´ _ -─‐‘'  .      、
.               lレ'/ |l ト、__ノl |∨ l__/       >‘ >‘´           > 、    \
              /Vjl〈|_LLUイ   |ヽ    / >‘         -‐=      \
                  廴// |      | l.  / /     ,   ´            ヽ
.                にコ i |ヽ\__  ,ノ |/ /           ゙,          ∧
                 く二| l | |\\_  /|\/                ',         ∧
                  }辷| l | ヽ ヽ.__ノ 〈                   .            ,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ だがそれも一時の事で。
┃ やる夫が話を切り出すと常の無感情な表情に戻っていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9812◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:56:24 ID:1az2TopE0





                      / ̄ ̄ ̄ ̄\
                     /―   ー    \
                     (●) (● )     l
                     i(__人__)      /
                          \`⌒´ .,:// ...,,,ノハヘト,、
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、     やる夫は赤の聖杯と呼ばれる物に今なってるらしくて、
                     ////////\////////|/////!/∧
                        l//////////∨//////|/////i///     アステリオスを倒して取り込んだ際の負荷で
                        l///////////l//////イ///////{
                         ,イ///////////!//////!////////7     倒れたみたいなんだお。
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l
              ,.ィ≦彡"´ ノイl///////////∧/////l///l!/////l
            ∠彡イ才   {{  }l//////////〈//////////il./////l
          ∠彡イ才       }} ////////////∧/////l////i./////l
        |彡イ才      {{///////////////〉////!////!/////:!
        |才´        Ⅵ//////////////////////イ//////:!






                             ト、
                              / ‘,
                         /    \
                    ___/,ィ==ミ、. ‘,
                  , イ    ./ {{ f彡'   |ー、
                /       /  ヾ==ミ、_ |  \
                 rf     ノ⌒>‐⌒ヽ ___ノ、_ ハ
                 ノ  / / ̄ ̄ /=ミ、___人_}  ,.ィ  〉|
                r'  イ { ⌒} ̄:./ : :/: : :|: ーf: :ー<八_
              ノ⌒{ヽ ヾ_/:{:_:,{:_:_/:_: :/} : ノ|: }: : : : ヾ〉
               .乂_ノ⌒ー' |:/ヾ{ ヾ{ヾ:_{  |:/=ミノ: /: / : 〉
            ,r― //   /   |{: イ泛テ<   rfTイ/: >=ミ、
        f⌒ヾ  //   /  .八: ヾ¨´    ,ゞ'/: : ;rf.--t、 \
          i|       ./  ./: : }: : }     ,<///////|_} `´ ̄`ヾ⌒}    ―――。
       f⌒ヽ     / ,. .イ\ノ、_; ト, <////////////:       ノ}
       |      / /: : :| : f ∨///////////////// |         八
       乂ノ⌒>イ ./: : : : :|:.八 \////////////////.|   ___   {
          〈  /: : / : : : | : : } ,ィ,、\/////////////Ⅵ/´    } \〉
             ヽ{、: : / : : : 八/ゞ_| ⌒\////////////.|       i|  )
            乂:{: :}: : :} : ヽ .イ     ‘</////////.| ̄ヽ     /
              〉:/: : /: : :ノ/八.         ‘ </////|\八_    /
              /イ: /ゞ:_:{¨   \ \     r.、) ̄ ̄}}   ヽ ハ   {
              |イ  }      ‘<  ̄{⌒ヾ     .jj  ,  〈   |
                   |  〈          ̄|  ___/ /    八 リ
                  }  ≧=--=≦ __/ゞイ::::/    |    {⌒  .イ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 自らのマスターが実は聖杯だったらしいと言ってもその表情に変化が無い。
┃ 何かを思案しているのか、それとも先を促しているのか分かり辛いが、
┃ 恐らくは後者だろうと当たりをつけて話を進める。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9813◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 21:59:40 ID:1az2TopE0





                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !    とりあえず、やる夫の方は一旦安定しているみたいだけど、
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /     キャスターの方には何か影響とかはありそうかお?
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;     どんな些細な事でもいい、話してほしいお。
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ やる夫が倒れるほどの魔力が流れ込んできたのだ。
┃ そのやる夫とラインが繋がっているキャスターに
┃ 何か悪影響が出ているのではないか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9814◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:04:09 ID:1az2TopE0







          /    . . . . . . . . . . . . . .     \
           / .   : : : : : : : .- へ: : : : : : .   ヽ
        z==、 」    _:厂 ̄ ´z=ミ  {: : : : : : : : : . ' .
      」   Y . . く     { { @ノ  ヽ: : : : : : : : : : : .ヽ.
   _. { {   } レ⌒ヽ :ー. . . ._` ー=ニヘ   \: : : : : : : : : : : .
. (⌒゙しz_ ヾ.. _人_(⌒ゝ\_/: : : : ヽ: ̄:`ヽ. .ノ: : : : : : : : : : : : : '.
.乙:}   /′  /⌒゙7  ̄(乙__z=z、: : `ヽ: : : : : : : : : : : : : :   .
.  乂// /   /  /  / `} ̄´|   ゝ=-ヘ_: : : : : : : : : : : : : .  {
/⌒{ { i   /  ム {  / -=ミ       ノ: : : : : : : : : : : : : ノ     マスターの影響かどうかは分からないけど、
乙z / 乂.  {  ∧     /    } !|     く: : : : : : : : : : : .:z≦
 . .- /∧     レ=ミ ∨  `/ヽ八     ヽ: : : _: : :   く         それなら報告する事が二つ…いえ、三つあるわ。
く   /: ∧ i  マ r心 }   ノ´¨芹ミz    { ` ̄乙. .く_ `ヽ.
{_ イ   / ∧  八 灯ノ_乂´   灯心刈⌒)i|            \
.  {:   !{  ヽ\ .i}  ′      ゞ ´"}  }//    ヽ.        }
     八     八           ノ  //       |       {
`ヽ.      ヽ.  \ `ヽ. `   .。o≦  〃       レ'⌒Z__ ノ
  (__ 人__ \  ー=7 ¨¨ 」: :ノ /イ/} _      }>  ヽ. .-= …く
.         .. >´,  / / /´  /´く   ` ー ´ ヽ          \  _  _
        /_Y/    У        ヽ,        \          ¨ニ=-…ヽ.
       . ' _」_.-=ニ7ヽ {{      /-ヘノ.           ヽ.  __ .-= ニ  ̄ ヽ    )
     /   《  /〃}} 八      ノ_ノ   ∧¨ニ =-ヘ      ヽ._ヽ    ¨ニ=- }   )_
   _  ´  .入/ { { }}  }フ  彡′  ̄ ヽ} .                   ニ= --=ニ¨ ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そう考えてした質問に、キャスターは肯定で返した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9815名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:04:50 ID:BDW30orE0
やる夫が弱体化の原因だと思ってそうw


9816名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:05:11 ID:PZzlsI.Y0
ある意味間違いではないなw


9817◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:10:10 ID:1az2TopE0





                  ___
            __,... -‐''"´:.:.:.:.:.:.:.:.>.._
             /`ー- ..._:.:.:.:.:.:.:.:.:.──:.:.:.:>、
        ,ィ´,r==、、_ ` ー-<_____:.:.:.\
        //,イ rァ'_"-=ゝ_f⌒l二ヘ: :.:)ヽfニニミ<|__
      /:.:.,' ゝ<´:/"⌒|__\l : : `ー'─’ヽ: \>!: : :|
     ,':.:.:.レ<ノ´. . . . : : : . . ̄. :.\:..  ヽ   l  ゙、/
     l,:ヘ: :|⌒. . /: . . \: . .\: . . :.l:::. ヽ ヽ  ゙、  \__
     >:У. :., . | : : . . .,ィべT"ヽ: λ::.: :|   |  ヽ  ヽ.二ヽ
     frァ': : . . |:.λ : : : : :|  チ≧Xァ|:.:.:.:|:.  !:. :. \ ヽ. \ノ
     {l_ノ:,!: . . |:.l:::ヽー、:.〈  "弋:::: )'|/: :.!:.! |:.:. \ ヽ \ヽ
    /' |: : . .\X:kァxヽド   '''"´/!/:./: | ヽ:.:.  ヽ.:}.:./'─、
        ゝ: : :l: V癶::::)        ノ:.,:' / ..:.:): :.:/,イ:/ノ⌒ヽj
        ):|`:.ーゝ'"´′    ,r':/: : . : //:./: /{:/´
       ノイ!: : : :l:ハ   ー ´ |:/: : /:,:イ: ,(7゙: : / ヾ、_         一つ目はマスターが倒れるのと前後して
        ノ:/: :.|リ:.ヽ、     l'{: :// |:/_>─<ニ=-
       /'7: : : /!: : : : :|l>:..-.:ァヘ|' _.-' |'     〃チ_          私に莫大な魔力が流れ込んできたわ。
         L:_:/|:.|: :.ハ: : ! ヽ: :./  У  ヽ   〃 タ: : :ヽ
          {: !:.ヽ( \ゝ ,≫≪      〃チ=': : : : : :ヽ        今は流石に収まっているけど、
           ヾ >‐ニニ7TT≪ゝ   〃/7゙: : : : : : : : : ゙、
             /ニ==≦ア//||:.:ヾ、:\〃_rj'´: : : : : : : : : : : :|       それでも見習い魔術師程度の魔力が流れてきている。
      ,..:ァ=7´ ,.-'"二ニァ':,:':/)'|!: : |:|. . |'ヾ: : : : :,r‐''"´| ̄`ヾj-、
     l:::'::::/    r'´::::((_:イ:/)'. ヾ、ノ:j:\: :.ヽ:/\.   |   /  >
     ,'|::|::/  /!/jチ/ //,). . . ゞ''. . . .>K   ヽ___jL,=={==<
     |;!::|'     ノ f:7' ) r'. . . . . . . . : : : : <\__,ィチ" __\r─ゝ,、
     |;;!:ヽ  イ (7,'   {7 、. . : : : : : : : : : : : >''7´ |,.イ': : ヽLノ:ヽノ:{. ヽ
     l:ヾ:::ヘ   | {:|{  ! |!: :.丶. . : : : : : : : : :<_|_/: : : : : : : : ヘr、!. !
      }::ヽ::へ !、ゞゝ. 、ゝ、: : `:.:. .___/ヽ二!\:.:.:.:. : : : : : : :/_.L!_ |
     |:、::\:::`:ー、ゝ\\L._ィ:テ7:!: :l;;;;|: :.:.lト、::|: : ヽ:.:.:._t─‐<ニ、_ .}!
     |ヾ::、::ヽ、__ヽヾヽ>’::::/:∧: ヾ' : :.:||:..ヾ: :,rァ≦、`ー-、、 ヽ. /
     |: :ヾミ≡==≠=!ー!::;ィチ/:/: :ヽ_,r==||: : |:,':l/,:' -≧ー、 ヾ  Y
     |: : : : : : : : :/: !;;;;;;!'';;;;;/:/: : : : l:::. : : :i!: : l:|:::/ /'///l  } ハ
     l: : : : : : : :/: : : |;;;;∧;;:':::,': : : : : |:::. : : :i!: : |::/ ,';' .,'     /': : |
     ゙、 : : : :,/: : : ノ;;/ /:::,': : : : : : |:\:/i!: : !' .,':i! !    /,': : : !
      ヽ::''_: -≦シー' ,r<::::::| : : : : : :.!: : : : : i!:.:.| |::|l |!>─'"::/: : :./
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ どうやらアステリオスの魂を取り込んだ際、
┃ 溢れた魔力がキャスターに流れ込んだらしい。
┃ そしてその時に使っていなかった魔術回路の一部が
┃ 半ば強制的に解放された為、今も先日までより魔力供給量が多いとのこと。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9818名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:13:38 ID:PZzlsI.Y0
ん? もしかして供給増えた以外に魔力回復してたり?


9819名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:14:56 ID:Apmzoo5.0
>私に莫大な魔力が流れ込んできたわ。
まさかの魔力回復!?


9820◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:15:49 ID:1az2TopE0





..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \     見習いってそこまで多く無さそうな気が……。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /     というか今で見習いならさっきまでは一体……?
.   ノ         \
 /´            ヽ





                ,、
                  / ヽ
              /,.-‐:.、ヽ __
           _...-:/'::/⌒ヽ:ヽヽ::::::::ヽ-.、
         .イ::::::::/{:::{ ,..._ _):} \::::::ヽ::\
       /:::,'::ハ:∨ ヽ:ヾー=ニr=r、 \::::};;;::::〉
       λ::::ヽ:{;;V   (⌒ヽ─イ-、ヽ Y⌒);:イ‐ァ、
      /::l::::::ハ'⌒>=>' ̄ヾシ   Yノ⌒y⌒Y,ィ
      ヽ::\>、ア´ |    ヽ ___     l !
       >ア |     ヽ ヽ ヽ,イヽ | lヽ|   |l!
      `ー{   ヽ,イ⌒ヽ\\ハ.r‐Vリ ! |,イ ,'!ハ       …………それで次の報告なんだけど。
        |   ヘ \⌒\ヽソノr≠=ト、 ,' /|リ、 \
        人|、 ヽ ヽォ彡ミ、    ´  ノイ/ l/人\ \
      / ハヽ  X´      、   -=彡チリ ヽ :\ヽ. 丶
       / // Y リ>ミ=-    r  ┐   人 \ ヽ ヾ. \     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    , '  /l l |У  |::::..    丶_ノ   .ィ::::::|ヽ |ヽ、 ハノ-ヽ  ヽ    |  あれ、スルーされた?     |
   /  ,'::ハl、 ハ  ,イ:::|:::≧ァr- .. イ ト、ノ从ノ!从リノ    |  ,'     乂____________ノ
  ヽ    !⌒`ーrヽrヽ∧_ノ {|      > `ーrY ヘ_    | /
   \  |   ,ィT>| ii   丶-、 .r‐/    ii.|へ..,ィヽ. ノ'
     \|  /_......〉_ハ ii    \  /    ii l人/........゙.
          }....\})人ii   _.-=y‐、    ii.,'T>/........λ
          /..\.....Yl^ヾk__./  |i!|ヽlT>‐≦|_Y...........ノ.}
          |\....\lヽ''"´....!Y!,イ|ヽ |!}...............Y......../...l
          | _..\...ハ..............しイリ∨ |!}.._...._.,'...,r'"..,.'...;
       ,へi (ー)>T{=ァこアイ !  |:}ハ__Y(こ_{_フ⌒Yヽ
      r≧>'⌒´ ̄´   |..{k|. 人 |:}..{     `ー<_/!
     f>'        :... ヽk|´  `Tアハ         ヽ>、
      へ            Y! 、_|ハ (辷ニ、    /ー’  __.ィ)
          \.......rチ;rチ≧=-<三三三ニ}===≧y /_/三三三三〃}
          `ーLイ'´    ヽ三三ヲ   rァ ヾ≦三三三三7〃ヾ
              /       丶ニ/     |:   ヽ:三三〃)≦})'う´
          /           ∨     l:   ヽ三〃) ̄ヽ)'
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:

┃ ~やる夫のスキル情報が更新されました~

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


○??聖杯:
   ??が??していた?の?の??を?に??された?????。
   今次大戦の“赤の聖杯”であり、英霊7騎分の魂を収められる破格の器でもある。
   この聖杯に7騎分の魂を注ぐことにより、万能の願望機は姿を現す。

   [DETA]  サーヴァントが脱落した際、?????????????????
           ただし、自分のサーヴァントが他のサーヴァントを撃破した場合、????????。
           魂を吸収した際、あなたの【魔】のステータスに「+10」し、
           自身のサーヴァントの魔力貯蔵量に「+100」点すること。


9821名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:17:34 ID:FbRoTwk20
この、自分のサーヴァントが他のサーヴァントを倒すってのは
メイン、サブ関係あるんだろうか・・・?

あるんだろうなぁ・・・無茶ぶり乙すぎるw


9822名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:19:01 ID:Apmzoo5.0
>ただし、自分のサーヴァントが他のサーヴァントを撃破した場合、????????。
やる夫が倒す、ってのはありですか?


9823名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:20:19 ID:PZzlsI.Y0
ぬう、サブ半減解除スキル持ちの黒アーチャーか黒キャスターを夢幻召喚できるようになれば…


9825◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:24:14 ID:1az2TopE0
>>9822 ありです。


9824◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:23:16 ID:1az2TopE0





                                         /     丶
                                     /        \
                              -‐………─ -/           \
                        /               /       ==ミ 丶
                        .             :/       〃     ヾ  ヽ
              ,,         /: : : . .          . :/       {{   ,., }}
               /:::::::::‘ :. ., ′ : : : : : ..       . . : : :}       }}  {{____,リ   〉
           / : ::::::::::::::::::::‘::.,:.:.:.: : : . _____. . : : /⌒\___ __ }廴__` ̄´    /
             /:::::::::::::::::::::::::::::::::‘:,: : ::.(⌒ヽ` ̄ /⌒ヽ  `/⌒ヽ\  `ヽ   ∧
         / : :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:___)´人___ノ : : : :丶 ノ.: .: .::.}  しヘ、    ,′′
           / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;/: : : : : : : ′: : :. : : : : : : :.乂___/⌒ヽ 〈  ノ
 _______  /.、 : ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; : : : : : | ,′: :/: : : : : : : : : : : : : : :.:\}~^ く
´叭  __( )/i:i:i:.ヽ ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: :─‐十‐-ミ/: : : : : :/: : : : : : : : : : :.|______ヽ
. ;   (‐‐-ミ:i:i:i:i:i:., ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:.:.:,斗zミ、〃 ヽ: :/: : : : : :′: : : : : : : :\  }
[]| ___)‐-ミヽi:i:i:i:i;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; : : んう 刈 /〃: : : : :./: : : :,′: : : : : :、\´
ロ;  ̄(‐‐、丶ソi:i:i:i:i;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::; : :ヒ c ソ    }{___彡.:.:: : : : : : : : : : :.| \丶     l    マスターを鍛えるって約束だったけど
。′  丿、 \_)i:i:i:i;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: :{  `^^′        /: :/: : : : : : : : i|: :|   `\ ____ノ
    (_,小、ノi:i:i:i:i:i;′ :::::::::::::::::::::::::::::::::: ; ヽヽ          斧ミハ,′ /: : : : : :.:i|: :|      丶     魔術回路が開いた以上、
 ̄}___丿:|i:i:i:i:i:i:!:; "::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;: .: :} }   、  、  くソ ノ /: : : : : ′八,ノ         )
 (,    |=='"´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ; .ノ 乂、    ‐   -=彡イ: .: :_ __ノ イ   )            そこまで劇的な成果は無いと思うわ。
.   )  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: , \   丶 ____  ノ : : : :レ´: : : : : : |: : (
  にニ= |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ,   /⌒\ {ミ、 : : : : : : : : : : |: : :{: : : : :.从 : ヽ            私も元々、魔術回路を開ける事を考えていたから。
 (,_ _ノ|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,     / /⌒ヾ丶} x===ミ人ハ,人: : ヽ: : /  ヽノ
  )(.  |::::::::::::::::::::::::::::::::::: : ,‘ しヘ   / /     f斧x′   ヽ   \ノV
 (  ) |::::::::::::::::::::::::::::: ,‘  .′ しヘ \\___〃:| \ー==♯==‐- .._
  }(  | :::::::::::::::::: ,‘     /   しヘ  ,>'¨¨¨  ゜  丶__彡′
 _ノ  ヽ ″' ' (⌒) )    /   〃 しヘ/   {{  %    ゜  `丶
(_ノ)   }  |____) し′   ∧  .′   V′    \、    。    \
 (   ノ  (_人______/    i          ゜\   ゚        \
  )(            |  } :;        。′  \ .゜ |        丶
  {  )           ト、 .′ ,         %       %  ;           ,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――との事。
┃ どうやら図らずしも修行の前倒しをしたらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9826名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:24:41 ID:BDW30orE0
やる夫の修行に充てる時間がコミュに使えるよ!
やったね、やるちゃん


9827名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:25:45 ID:PZzlsI.Y0
修行していれば魔術回路+??聖杯で魔がもっと上がってたのかな
ちょっと惜しいが工房も情報収集も大事だしな……


9828名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:28:38 ID:BDW30orE0
先にやってれば+5~+10だったらしいし、その分は増えたんじゃない?
正直、回復に1日潰す工房よりそっちの方が美味しかったかもしれないね。
まあ、回復以外にもメリットあるから何とも言えないけど


9829名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:28:38 ID:Apmzoo5.0
良かった、流石にキャスター単品じゃ無理ゲーだったしw
ただ、今の所は倒せそうな鯖が居ないんだよな…明日、攻勢をかけて良い感じに弱った組が出来れば良いんだけど
咲夜かアマンダラが弱れば尚良し


9830◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:29:53 ID:1az2TopE0





                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ    最も、今回はものすごく強引に回路を開いたみたいだから、
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |    どこか回路に負担がかかっているかもしれない。
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|       その負担を取り除いてあげれば、
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉        多少の魔力向上にはつながるかもしれないけど。
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ





                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,   修行というか……診察?
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /    いずれにせよ、正攻法で魔力を上昇させるのは
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<       その辺りで手打ちという事だおね。
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 後は地道に時間をかけて努力を積むか、
┃ それとも何か裏技を使わなければ難しいだろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9831名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:30:59 ID:PZzlsI.Y0
もう少し魔力上げる余地はあるのね


9832名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:32:05 ID:FbRoTwk20
なら一応診てもらうか


9833◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:34:19 ID:1az2TopE0





                             ト、
                              / ‘,
                         /    \
                    ___/,ィ==ミ、. ‘,
                  , イ    ./ {{ f彡'   |ー、
                /       /  ヾ==ミ、_ |  \
                 rf     ノ⌒>‐⌒ヽ ___ノ、_ ハ
                 ノ  / / ̄ ̄ /=ミ、___人_}  ,.ィ  〉|
                r'  イ { ⌒} ̄:./ : :/: : :|: ーf: :ー<八_
              ノ⌒{ヽ ヾ_/:{:_:,{:_:_/:_: :/} : ノ|: }: : : : ヾ〉
               .乂_ノ⌒ー' |:/ヾ{ ヾ{ヾ:_{  |:/=ミノ: /: / : 〉
            ,r― //   /   |{: イ泛テ<   rfTイ/: >=ミ、
        f⌒ヾ  //   /  .八: ヾ¨´    ,ゞ'/: : ;rf.--t、 \
          i|       ./  ./: : }: : }     ,<///////|_} `´ ̄`ヾ⌒}
       f⌒ヽ     / ,. .イ\ノ、_; ト, <////////////:       ノ}      それで3つ目の報告は―――。
       |      / /: : :| : f ∨///////////////// |         八
       乂ノ⌒>イ ./: : : : :|:.八 \////////////////.|   ___   {      マスターの影響かどうかは判らないけど、
          〈  /: : / : : : | : : } ,ィ,、\/////////////Ⅵ/´    } \〉
             ヽ{、: : / : : : 八/ゞ_| ⌒\////////////.|       i|  )     私の法力が弱まっているみたいなの。
            乂:{: :}: : :} : ヽ .イ     ‘</////////.| ̄ヽ     /
              〉:/: : /: : :ノ/八.         ‘ </////|\八_    /
              /イ: /ゞ:_:{¨   \ \     r.、) ̄ ̄}}   ヽ ハ   {
              |イ  }      ‘<  ̄{⌒ヾ     .jj  ,  〈   |
                   |  〈          ̄|  ___/ /    八 リ
                  }  ≧=--=≦ __/ゞイ::::/    |    {⌒  .イ
                 八   {::::::::::::/:::::/::\::::::::::\/⌒} \ノ-=≦
               /  ___八::::::::/:::::/:\./:::::::::::::::::::::/ヽイ_ \_
             //:::::::::::::::::::::ヾ::{:/::::::::::::}::::::::::::::::::/   {   ハ
           /  {::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ハ  ̄ ̄     ⌒) }}ゝ-、
      , =--- /   |::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:∧       (⌒  リ _.ノ
    ./     {     i|:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::∧        ,r'  / <
   /     〉    |:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::/::/::∧     八  ./ .,.イ
  ./       ./__    i|::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::/:::::::/::∧  /⌒ ./ ゝ八
  〈        }___|::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/:/  _ゝ ./  , イ   \
  .\       ./ |::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/::::::::::::::/ /_  / _/      \
     \.___/  /ー‐=≦.|::::::::::::::::::/::::::::::/  r‐ ' ./ __}          \
        /    /     八:::::::::::/--=≦    /__  /  〉              \
       /    ./     /  ヾ=イ          rイ  ./ _/.         \   \
     /     /                    〉  /  ゝ、             \    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 初日には無効化できたはずの黒のキャスターの結界に捕らわれてしまい、
┃ 黒のバーサーカーの動きを縛る事が出来なかったと、そう告げてきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9834名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:36:19 ID:PZzlsI.Y0
さて……これで弱体化自覚してなかった事がやる夫視点でも判明したが、
率直に言って心持ちかけてると言うべきか否か……


9835名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:37:31 ID:Apmzoo5.0
やる夫の影響ってことにしておくか、ある程度正直に話すか決めておこうか
個人的には、キャスターのスキルの影響ってことまでは話した上で、それで構わないって方向で話しておきたいけど…
>>1がキャスターの忠誠度が「今は」マックスって言っていたから、嘘つく+完全に心を持つと弱体化の原因であるやる夫をどう思うか分からんし


9836名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:38:55 ID:FbRoTwk20
正直に話すつもり、嘘をついても仕方ないし
ごまかす理由もないし


9837◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:39:54 ID:1az2TopE0







                        /  ヽ_
                    ,  - </ r-, .ヽ  ̄`ー-、
                /    ./ ゝ=-、, \  ,   \
             .,r/ ヽ,  /,イ´ ̄,r-=}`ー≦、   }ヽ、
            ./ {   >f,-┴='''´ i `ー-、_>=、,l  ヽ
           〈  ,rニニ/´  i  //  } l   l } i ヾ、__,/
            l,,/_j / i ,  / /l //  ./∧   .リ .} }ー} >
           // // l.l .{ .{ .l.//  .// ー-.、_.l / .} l`´ヽ,
           >x// /リ、. l .l ´ ̄ / ´  ,  } / /  / iヽ  .ヽ、
          /ー-/-.//} \,l/、__l /   ー-'レ{,/{ /  .{ ヽ ヽ \       原因は不明。
         ´フ /  .リ l ,  .`i ヽ .リ  ,     ト'l /  ,イ    _`ヽ\
       , '"´ / {   /  /∧    __   .,イ .ノ /リ   /  ̄Y \    思い返してみれば、最初に違和感を感じたのは
   ,r-<´ー,  ./ ./j  // ノ/  `>r   _ , .イ /ルリ  _ i   ', ./  ,r'
   `ヽノ ./   /i    {/,/ ,イ ,r.l     |V、_ヽー' _f´ ̄ヽ/_/´     今日の偵察の時だから、聖杯とは関係ないかもしれないけど……。
     \__ヽ__,f-=-、__ ,//-f´ ̄`ヽ   /    ir/`ヽ、
               .// .ム{    ヽ_/    /マ  } ヽ,            ごめんなさい、マスター。
               /  ム{    /:::ト、   ./マ  i  .ハ
              .,マ/、.  ヽム  /::r-;:l .ヽ ./マ   } -v´マ          このままだと貴方の役に立てなくなるかもしれないわ。
             .f/ヽ\  ヽム ./::/l. .l::ト, ヽ/マ/  ./-ムノ ,ィ\
             /-、 \\_ノム/:::/::l l::}::l  ゙゙´  .{  /´   \        だから―――。
            ,/__ミ_,//ム.{;;;;ニ::} /:イlj      V´  /`´ ̄ \
           ,fニ/-、_r-,_r} {,ム/  /j゙`  ̄       ト、_,ィ´      \
          / ̄´    ヽi   ,{マ   _  -   ,.イl   /      .\
        /   ー-    }`ー亠―≦ー-r--=≦: :|   /          `> 、
       ./     _    l: : : : : : : : : : : :| : : : : : : |         _  -  `   、
       ./   , '"  `ヽ ,r亠, : : : : : : : : : :.l: : : : : : :|      , '"´    __       、
     ./       /ニ/ , }: : : : : : : : : :/: : ノ-'/:,|     /    ,  '"  ,ry `ヽ、    }
    ./       ./ /_,、 ヽ | .|``iー-、: : : i ̄´ / : |    ./  / / ,_  r.、l l__   .Y  .l
  /        ./  ./、  ヽ, .l_,ト、_j {{ ヽ:/ i、 ./: : :.|   /  /゙゙´ ,r-l、.ヽ,| l /:.:.:\  } ./
 /           /  ./ .、ヽ .ll l:.:.:.l  {{ ./´ー- .´ ̄´|  ./   l   /r.、| l  ヽ_j′:.:.:.:.:ヽ,}/
./         /  i/ヽ-i_,ト-'゙´:.:./  .{{ -,   ー -.ヽ_   .l  l.',l l トー'´:.:.:.:.:.:.:..:.:}/
         ./l  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   {{ /          Y ./i  l:.:.` ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´
         {   l:.:.:.:.:.:.:.:.:./  .  {{ (_           .i,/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         |   j:.:.:.:.:.:./     .〃  }          ./   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{_
____   l   /:.:.:.:./      // r-'         /    {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`ヽ、
   ̄`ヽ、  .l  /:.:.:.:/ /     .//  .}          {    ヽ:.:.:.:.:,r-=-、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}







.


9838名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:40:30 ID:PZzlsI.Y0
弱体化防ごうにも駒扱いは地雷だしな…… 正直に言うしかないかね
そして何か厄いこと言い出しそう


9839名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:42:09 ID://znYgPA0
ちょっと死んでくるとか言うなよ?


9840名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:42:51 ID:Apmzoo5.0
むしろそこまで言ってくれると、こちらも啖呵切れるんで助かるだろうかw    啓示が成功すれば


9841◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:46:38 ID:1az2TopE0









          ,、         _.....-‐''"´ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
          / ヽ,r─''" ̄ ̄ ̄´         0   \
        ,../   \:::::::::::::::::::...               ヽ                  _
       /::,'  _   \:::::                   },r─ァ__         _ -‐''"´  \
         {:::j ,r,へ\  ` 、:...  lヾヽ          _ノチ─''7´┴─────'"         \
        }:,' r'/,r、 `}.}    \::::..| >У二ヽ...::::.:.:.≦t≪_:::::::/: : : : : : : : : :-─‐'"´         ヽ
       ハ ヾ、ヾニチ' r==、イ  \.!/∠二)ーY─ヽY´:`:ー-レ'": ̄ ̄ ̄ : : :_: :-────-..._    ゙
      ハヾ、 ヾ===''´   ,.‐ァ<´" ,r´:::`ヾ)_,.r‐": : : : : : : :ー-: :_:_._ . . ._._: :-:─            ゙
      \:::}二二ニニ-‐f/:~\ゝ_ゝ:::::::::::: :::ー...__  \─-、: : : : : . . . . . . .               ヽ
       r>'フ r<Tゝ_ノ ヽ:\::..   ト、\ ー::..._ニ=-.、  \: :_:_:_: :- '                   \
     r<__,イTチゝ:..::::::::l::.  L..-─-  ヽ` \      `ヽ ::\        _ -─ … ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      \ヽ≧ゝ|:::::l::::ヽ ト、X´l \l ヽ|\ ゝ.  \:.      \::ヾト≧ー─<_
 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ :::\     、  ̄ ヽ、
 |   だから―――『宝具』の使用を考えておいて。      |...:::、:`ミニヽ、  ヽ、\ \
  乂_______________________ノ..゙:\:. :.\ー:、  | ヽ ヾリ
           \ヾ |T≧、゙J       l    ::l::l|| |!::| i!ハ ∧人_ヽ`ー--、ヽ!\j/l}
             \ハ::::::.〈       ヽ   ::l:,'ハ l!-! |:.:リ:.:.:≫─:≧、ヽ__\!__ノ'     rァ-f ̄j
                 | ヽ:::::....    -'   λ  ::トk'´ i! j/__::-''": : : :, : '  ノ    リ  ≧──t7´-チソ:::::{_
                l ト. \:::::>-...  ..イ─:、. λ:-'' /': : : : -‐''"´            ィァ .,r、ヽ ̄:::::::::/
               l ヽ.ー、\::.ゝミ`´_::≫У `ーゝニニ ,r ==   ==z        _ `´ <ー’' ̄`ヽ;ソ
                \\ `'''\ミヽ\  ∧r‐r‐': ̄ゝ-': ̄ゝ-' ̄{_ r..、ヾx    // /ゝ'
                     ヾ|   r'-':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ`':::::\.  r、 ",r、>
                         <|,'::   ──‐- 、_:::::..    ゙、  ゝ'ヽヾ r{ ≫≦ゝ_
                   γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                   |   宝具を使えば、どのような呪いで弱体化していても、私の法力は回復するはずだから。     |
                   乂_______________________________________ノ
                    {lヽ、rチ :::::::::! ヽ r<ヽ ヽ|!r==!≦{、/   \  | ,_ノ: : : : :l: : : . . .i  /
                     >>k’::::_:_ノ|  _Y>'<ニ7仆.、ミ>、))、\、    \!ノ{t: : : : : l: : : : : |. . .: : :
                    ∨L|,≦ュ  l   ̄ヽ≫イi!ヽ、`ァーKゝゝY、__L..-''",ィチへ.___: : : : : : : : : : : :
                    ∨{!  `゙  ゙、  : : :.ゞYヾノノ\Уヾ::::::::::\:;==''"/,-''   クー-.:._____..─
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 「そうすれば、またマスターの役に立てるわ」と。
┃ いつものように微笑みながら、キャスターはそう言った。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋








.


9842◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 22:48:26 ID:1az2TopE0






































            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ※行動安価 22:59:00の一番上~2つ
┃ キャスターに何と言いますか?

┃ ※啓示判定……成功!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9843名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:48:41 ID:FbRoTwk20
それだけは却下


9844名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:50:15 ID:PZzlsI.Y0
ここは理屈とか無視でいいから感情に訴えるべきだな


9845名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:52:43 ID:Apmzoo5.0
とりあえず下書き 理屈抜きで感情オンリーだけど、今回はおkかね?

断る
キャスター、やる夫が聖杯戦争に関わった理由は心の問題なんだお
この街の人達があんな風に喰われていくのを見過ごしたくないから、被害を減らす為に参戦した
そしてやる夫は、これまでやる夫を助けてくれた女の子を死なせるなんて絶対にしたくない
生き返るから、なんて言葉は聞かないお やる夫は君を死なせたくない


9846名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:55:22 ID:PZzlsI.Y0
啓示さんも発動してるし弱体化の原因の心持ち始めてることも言うべきか?


9847名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:56:21 ID:PZzlsI.Y0
しかしまだ板重いなー 書き込み失敗も多いし


9848名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:59:00 ID:FbRoTwk20
キャスター、まずはごめん。そこまで思い悩ませて

まず最初にことわっておくと、やる夫はキャスターの弱体化に心当たりがある
キャスターに感情が無いかと最初思ってたけど、実際には表に出にくいだけでちゃんとあった
でも、それが表に出るようになればなるほど
今の自分を希薄にして相手に合わせるキャスターの戦いかたができなくなるんだお

でも、やる夫はそれが分かっていてもキャスターと話をしたりしていた
やる夫にとってはキャスターは大事なパートナーであって、ただの利用する関係になんてしたくなかったんだお

そしてやる夫はこの聖杯戦争を降りるかどうかを聞かれたときに言ったように
キャスターに命を助けられたから、そのキャスターを命惜しさに見捨てる気なんてない

やる夫が生き延びることをあきらめる気はさらさらないけど、それはキャスターも一緒に生き延びるって事だお
これは完全にやる夫のわがままだけど、やる夫はこれを曲げる気はない
もし今度自殺するなんて言い出したら令呪を使ってでも止めるお


9849名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:59:01 ID:Apmzoo5.0
断る
キャスター、やる夫が聖杯戦争に関わった理由は心の問題なんだお
この街の人達があんな風に喰われていくのを見過ごしたくないから、被害を減らす為に参戦した
そしてやる夫は、これまでやる夫を助けてくれた女の子を死なせるなんて絶対にしたくない
生き返るから、なんて言葉は聞かないお やる夫は君を死なせたくない


9850名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 22:59:48 ID:FbRoTwk20
精査する時間が足りない、うごごご
直感でカバーしきれなかったらすまんorz


9851名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:00:22 ID:PZzlsI.Y0
それだけはするつもりはないお
散々頼っておいて説得力無いかもしれないけど、
役に立つとか立たないとかは関係なく、やる夫は君を死なせるなんて絶対にしたくない
生き返るから、なんて言葉は聞かないお。
サーヴァントとしては蘇っても、今のキャスターの心は蘇らないんだから


9852名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:01:47 ID:PZzlsI.Y0
キャスターの心について言及するべきかと思ったが思いついた時には時間足りなかったでござる……


9853名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:06:57 ID:L.bLO.2M0
○偽の聖杯:(穿ち過ぎか?)
   協会or教会が用意していた偽の赤の聖杯を体に移植された擬似生命体。
   今次大戦の“赤の聖杯”であり、英霊7騎分の魂を収められる破格の器でもある。
   この聖杯に7騎分の魂を注ぐことにより、万能の願望機は姿を現す。

   [DETA]  サーヴァントが脱落した際、両陣営の聖杯に交互に取り込まれる??(2文字足らん)
           ただし、自分のサーヴァントが他のサーヴァントを撃破した場合、強制的に取り込む。
           魂を吸収した際、あなたの【魔】のステータスに「+10」し、
           自身のサーヴァントの魔力貯蔵量に「+100」点すること。

とりあえず埋めたがなんか無理やりだ


9854名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:06:43 ID:Apmzoo5.0
今は何が何でも絶対に死なせねえぞごるぁ!って伝えるのが最優先だと思って書かなかったけど、
心についても言及した方がよかったかねー


9855◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:09:47 ID:1az2TopE0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  ―――断る。      |
  乂_________ノ



                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                      |   キャスター、やる夫が聖杯戦争に関わった理由は心の問題なんだお。      |
                      乂_________________________________ノ



                          -‐ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヘ
                      /´             ヘ
                   /´                `ヽ、
                      /                     \     やる夫はこの聖杯戦争を降りるかどうかを聞かれたときに言ったように、
                   /     /                      ヽ
                 /     /..、   ヾ  〃                i   この街の人達があんな風に喰われていくのを見過ごしたくないから、
                   /    ノ{:;:;:;:}    ii  〃             i
                   i    ゙´ { ゞ'"    ツ   /               i  被害を減らす為に参戦したんだお。
               /`     ゝ    ´    /            /
                    /i       ヽ       /               /
                   i i         }       三         ,../
                   i \____ノ       "____   イへ__
                \             _,ィ"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                    \          i´ __,,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     ‐- ____ iヽ! <_ 〈:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                            i ヽ   ! .',  !∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                       ! ヽ  .! ', >__〉:::::::::::__,::::-―'" ̄ ̄ ̄⌒ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ その提案だけは受け入れられないと、
┃ 断固とした決意を口調に乗せて答える―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9856◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:14:40 ID:1az2TopE0







                ____
              /       \
             /       ― ヽ
           /         ( ●) '、
           |             (__ノ_)      そしてやる夫は、これまでやる夫を助けてくれた女の子を
           \            `_⌒
             /ニ二二三{ ハ三/         命惜しさに死なせるなんて絶対にしたくない。
             ///////////77ニニニ7
.          /////////////// :|////∧\____  やる夫が生き延びることをあきらめる気はさらさらないけど、
.         く/////'//////////:::::|///∧/`ーく/
        〈/Ⅳ∧//////////{:::::::|//∧/////|   それはキャスターも一緒に生き延びるって事だお。
          j∨//∧/////////ハ、: |/∧//////|
.          l'/////∧'/////////,\l∧/rーュi//|
          l'///////i////////////h//,|//,|j/V
       l'///////l/////////////{/////ハ'/
.       l'///////l/////////////ハ////,ト/
       l'///////l////////////// |////|′
.       l'///////l///////////////|////l
       l'///////l\/////////////,|////|
.       l'///////l:  ∨///////////,|////ハ
       l//////才〉 く////////////{////〈
.     {////////〉 く////////////ノ/////
       ∨//////∧厂//77≦三三{{___}}三しヘ、
.        ∨//////∧////////////∧///\入
         ∨//////∧/////// //V//V////ハ:::ヽ.
.          ∨//////∧'///////∨///∨////!:::::::\






.


9857名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:15:20 ID:PZzlsI.Y0
今のキャスターの心は蘇らないという部分は入れたかったかな……
啓示さんがフォローしてくれることを祈ろう


9858◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:19:08 ID:1az2TopE0





              ._____
         ,,.. ' ´            `・ .,
       ., ・´                \
     ./ /7 ̄i=、_  ヽ ヽ          \
      /.  ,イヽ.,'  .l  !`ヽ } }          ',
    ./..  l  〉  丶 l  |ヘ            .',    生き返るから、なんて言葉は聞かないお。
.     l   ノ ,'      丶i        /      l
.     l   〈  l         |     /;;;;,,,,      l    やる夫は君を死なせたくない―――。
.     {  ...|             | 、_ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;    }
    ',   .l          ,'    ヽ         /    もし今度自殺するなんて言い出したら、令呪を使ってでも止めるお。
    ..', ノ `ヽ        .,'     }      /
.       ヽ〉、_l__     .,'人    ノ     /
   _,. < .r'´    `ー-、.,'_  ー '   ,. < > .,_
. <    .,'           .ヘ、     ,. <   /   > .,_
     .,'           ヘヘ  ∧   /        > .,
    /              ヘl.  | マ /               \
   .〈                 ヘ. |  ∨
    V ̄`ー-、          .! |




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              r人 \ \ ‐ 、   . ィ升 ヘ    \ _r--‐‐'
                 /:::::::}ト.  ヽ.j\ _  ≦{入ノル'  ルハ⌒
               /:::::::::::::レ1「!   }   {./ [l 「::}イ:ヽ
                i:::::::::::::::}ヌ!「!.   从   /  [! {::::::::::::::\   , 、
                |::::::::::::: }ヌ!「!   人 /   「l {::::::::::x< ̄「/ /⌒i     …………。
           〈::::::::::::::::}ヌ!「!  /〉 Ⅹ==k[人:::/  r─ }'  /  ハ
           く⌒Y⌒「7 メ く::::::〉〃.li Ⅵ_メ :Ⅴリ\  ̄ iし 〈__メ / 〉
          く \ !  i/ / /:::::::〉{{__|ト、i{:::::::::V   ヌく´\⌒\ Ⅵ
           \_}__.⊥.__/ ::::::::::::}〉 ̄  Ⅴ:::::::::〉ー/ \ \\ノi   !             /:´::`ヽ、
            /l⌒「⌒「 \.::::::::メ    .メ.:::::: イ\_{  /⌒ヌ::::_/  |             /::::::::::::::::::::\
             / jレ1 __ j.  \:メ ___メ__ :::」j\::人 .{::::/:://    !、       / ::::::::::::::::::::::::::::::\
.          〈レ「::::::::::::::::Yメ}ノ 三三彡/:://∧\\::\ij:/ /   从\ _ __ , < ::_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           Ⅵ::::::::::::::::::::::::∨三三ソ/:://// \::\\:Ⅳ ト. __ /| ! \\ ::_::::::::::::::::`ヽ. ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
            |:::::::::::::::::::::::::::∨ / /::////:::: :::::\::\:|{  !    .从  \\ ::::::::::::::::::::::ヽ .::::::::::::::::::::::::::::
              /|::::::::::::::::::::::::::::::∨ ./!://// .::::::::::::::::\:从 人    人    \\ ::::::::::::::::::::i ::::::::::::::::::::::::::::
           /:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::∨ {//// .:::::::::::::::::::::.:ヽ人 \    \   \\ ::::::::::::: | ::::::::::::::::::::::::::::
             /:::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::: ∨!/ /!.::::::::::::::::\:\:::\\ \ _____.\    \\ :::::: リ ::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ これは完全に自分のわがままだ。
┃ 効率だけを考えるなら彼女の提案に乗るのが最上だろう。
┃ それら全てを理解した上で、なお曲げる気は無いと宣言した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9859◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:26:23 ID:1az2TopE0










━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
゙'-,゙, . . . -<: : :{ l | <ヾ、ヽヽ  ヽ    ' ./ ,//シ′.     i-V;;;;;;;;;|,      l;;;;;;|  /゙Y'";;;;;;
, <ヾ、: : : : : : : >ヽiヽ, ヽ ト、},.} i  |  ‐- ,イヽ,´ ヽー-.    ゙l、;;;;;;;;;;; !      l;;;;;.! ./ ;;;;;;;;;;;;;;;;:
: t 、.  ̄ ̄ ̄´ ヽ'. i\}ヾ i l,|| ノ .、 _., イ人,jリヽ i };`''-..、   `''、;;;;;;ヽ,     l;;;;;;;.l/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
. ヽ\.ヽ;;;;;;゙V;;;} ,!./ ̄ ̄`\{,/i、   ソ i    } l| ;;;;;;;;;;;`'x  .v、`ぃ;;;;ヽ,    . l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;n.
.  ヽ;;゙'' l'、;;;;;;;;.l./    ̄`ヽ `''ト、`ー-vr=,.   l/.`'./ ;;;;;;;;;;ヽ, ゙'.l' li.;;;;;;;\,,   .ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.l,
!、  .ヽ;;;;;゙!コ;;゙/ー-=-、   ` l::ヽ__,/,イ.、          _!  l;;";;;;;;;;;;;;;\   ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;"
;;.l.  .li.l;;;; /´|      ヾr-,  `ー-t-ニ=- `ー-,,r-‐,   ,ィ'/l  .!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\、 ヽ,;;;;;;;;;;;;;;;;;:
;;;;.l   l;; _i   l      , - ヾr-,    ',ヾ、 ハ、, <  ´-‐''"/     !;;;;;__;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'-、,,`''-_;;;;;;;
;;;;; !... ,,<ニ   .',  , '    `ヾ、   ',<`> /    _ -‐'′゙;;}  !;;;; ! .!;;;;__,;;γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
;;;;;; ! /シ     }/        i\,  ト,  /   ,.-i ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!  !;;;; l !;;;;`'''|   ―――どうして?     |
;;;;;;;..,/∠,r-t--t/.   /  /il⌒ヽ, ヾ_/,i /   /Y´\;;;;;;;/  /.゙!;;;;/.,/;;;;;;;;;;;;乂___________ノ
;;;;;;;;;..`^^^^lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、  `ー∨   lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、 ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄ヽ  ゙'、;;;:
;;;;;;;;;!  .|;;;.∠,,、 -z    ,r――― ''"...  /ヽ,....∠,,、 -z    ,r――― ''";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  `‐
;;;;;;;;|  l;;;゙、 '"´,、ィ   /..,ィ'´ ヽ i,r-<Y´{ _j,/ 、 '"´,、ィ   /...、/丶;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,.........、;;;;;;;;;;;;;;`'、
;;;;;;;l゙   、 '" ,、 '":ツ   /../ i  ._.|^l....../i..... 、 '" ,、 '":ツ   /  -\_゙|^l゙,,./ ゛ ,/゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;゙、-' ,、 '´..゙.. /  /. /_<. /'''',,,," 彡  、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡. 、 ,..--―,゙;;;;;o ィ″
;;..゙| ,、 '´゙::::::::::゙/  / `ヽi...`゙^ _,| │./ | ,、 '´. __〉..../  /. , \ `゙^ _,| │ >'´:::::::::::::::},,ゝ;;;;;;;.\     |^l
;/ '´ ::::::::::::::: / /l/::::::::::/... ,/,_ |.{..... '´.....V(_.../ /l/..f   `....,/,_ |..゙::::::::::::: ;‐i :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ.゙/'''',,,," 彡
".,./\:::::::...// :::::::::::::::/.....l_,'" | .|     lニ ニ//  } )-、. l_,'" | .|::::::::::::: lニ ニl ;;;;;;;;;;‐i゙;;;;;;..゙`゙^ _,| │
ヾ;;;;;;;; ∨´:::::::::::::::::::::::://    {_,l゙l    〈/!_|...〉    lニ ニl :::::::::::::::゙{_,l゙゙::::::::::::〈/!_|゙'''゙゙..lニ ニl゙'-.....,/,_ |
;;;;;;;;;;;;; ,j::::::::::::::::::::::::::/´       l       V】    〈/!_|:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.   〈/!_|.   l_,'" | .|
;;;;;;;,iリ;;;ヽ:::::::::::::::::::::f           l        }シ  / 、ツ:/:`ー――---――''′.     `'、;;゙'、     {_,l゙
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━









.


9860名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:27:18 ID:FbRoTwk20
やっぱくるかー
さて、正念場か


9861名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:27:43 ID:PZzlsI.Y0
……思いっきり地雷踏んでゲームオーバーかそれとも……


9862名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:29:24 ID:FbRoTwk20
直感が一度も発動してないからおそらくはそれはない

昨夜の夢から考えるなら、キャスターが生前持っていた感情はネガティブの物ばかりだったようだし
それ関係かと


9863◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:32:22 ID:1az2TopE0






                        ャ――z
                            /  /
                  lー ''''" ̄ ̄"    ̄ ̄`'、
                    ∠,,、 -z    ,r――― ''"
                、 '"´,、ィ   /
                 、 '" ,、 '":ツ   /      |^l
              、-' ,、 '´  /  /     /'''',,,," 彡
            | ,、 '´    /  /     `゙^ _,| │                                |^l
                '´    / /l/     .,/,_ |        ;‐i                       /'''',,,," 彡
                  //       l_,'" | .|      lニ ニl     ;‐i              `゙^ _,| │
                              {_,l゙       .〈/!_|     lニ ニl               .,/,_ |
                                              〈/!_|           l_,'" | .|
                                                               {_,l゙ .


                               ,、
                               } ヽ、
                          __ --‐ノ ,-、',
                       -‐: : : : : :/  (_) ヽ、..
                     i´: : : : _: : : / -‐―-、_jハ ヽ
                   __rィ_,ニィ´ >_ゝ_ _ー-   〉: : ヽ
                  /、 < /´\ 了77`ヽr<⌒>=、<ミ: : : :ヽ
                  ゝ ハ  j: :Y / i: : /i:/l:`ヽYヽ ヽ-、: : Y
                   ヽ/   /:  ̄/`i: 7 Tj、l: : : j l: ヽr‐、ヾ`了ヽ
                       7  /:j: :lィr=‐'≦、j: : :イ T ̄`j: :<  j  }    ―――どうして、そんな事を言うの?
                  / /i| /i :|iハY:j::ソ  /:ノ/ィz'ュ: : /i: :l:!T )´
                    イ ノi: :!|:/ l: :|! ´ ̄  /´ノ/´ソ !7:/jl: j リ Y      貴方の言っている言葉は矛盾している。
                     / / : j: :l:/: |i: :i      , `'' //ノ!:/ノ ノ
                / イ/: :/i/: !:|li: :ト   ,イ≧ュ、/ノ: イ/:j/、X       街への被害を減らしたいのなら宝具を使うべきよ。
             〈_ j l: :/lハ: :ヽソ:ハ:} \ `ヾ三三≧ュ、: :ハ  ヽ
                  \` ハ:/:人!ヽ!从:j )!   Tリ: `7>ミ三≧ r 、__ \     それなのに、私を死なせたくないだなんて……。
                   ヽ_ソト、_ゝ ´ヾ、/ノ  、 ト、ノ!/イ/ ! `ハー≧‐-ヽ‐ゝ、
                    イ}`ヽ `ーイ `ヽー- レヘ `リ-rヾ ノ j了r、     ヽ
                    r': :`ゝ ',       \  ∨  ト-'、ヽ ` ヽ、_    ヽ
           ィ ̄ヽ    }: : :`-'ヽ,        ヽ !   ハ r': : i      `T   i
     rー-‐´,ィ , 、´⌒ヽ 人: : : : <_,ヽ       /ミー、  ヾ)_:\   r |    !
      `ー7Y j/ r'r、 ハ ト、:ヽ: : : : }`、_〉、 rュ  イ三=ァ=''ミヽ r、ヽ: `ヽ l:ハ   j、
      / l ) j i }'  i: : Y ヽ: : \: <r'ヽi| |!´: : : ヽ/ l| ヽ,`|iヾ,: :ヽ: j l: : ハ   !',
        {_/ `´`7 T´ ノ: : :ト、: : : : : : ヽ Yi|! {l|i: : : : `ヽi|ヽ  \ヽ: : : Y j: : : :ハ !
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――空気が変わった。
┃ 今まで無色だったはずの少女に色が混じり始める。
┃ それは、表すならば暗い、昏い感情で……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9864名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:34:06 ID:L.bLO.2M0
日本には良いことわざがある
それはそれ、これはこれ


9865名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:34:29 ID:Apmzoo5.0
感情論だから…


9866◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:40:55 ID:1az2TopE0





            ,、_  ,..-‐''"´ ̄ ̄ ̄:` :ーt__
            /   `ー、 : : : : : : :,l : : : : : : ノ: :ヽ.
           ノ ,r':::ニヽ\:ヽ_/:| :ノ: : :,ィ____ゝ_   /`ヽ、_
          λ ノ::/rァ''’  `ーァ/_/: : : . . . ./`ー<'     \
             ,しヽヽ==='’ ,r-'、: : : : `ヽ、_ : :/-、_ /_.. -──’
        _r‐/: : / ,r─‐ァ‐': 、  _>、_/: : `≦─、_7´
      /ヽ)}、: l: ̄ノ':__,r、:|: .  )'´_\_>}\: \: : :ヾ─‐ァ
      ゙. Y'ヽリ: :/<{: :,': :ゝァ<´: ─ァ匁ムァλ∧: :`ー─<_
       l  ヽ ) f__/: : : : |'_\ 、_Y乂ソ ノノ: : }、:ー=、ヾ: : :`ー、_
         〉 ノ |∧: :|ヽ:.:|: :人ヌ斥ヽj    7:.|: :/: ヽ:.:|:\リ: : : : : : :  ̄ ̄`ー-、     私の存在が足かせになったなら捨てれば良い。
    _.-─'   /ニ、ヽ __ ヽ从|乂ソ   、  {__|:/:/j: : λ: :`ー.、: 、ニニ=''⌒ヾヽ!
    | l /   ∧---`i><!≧-、_ニ孑   -' ,イ:/ _'ノ: :':.∧: : : :\:ヽ:\     ノ      今、こうしている間にも私の法力が落ちるのがわかるから……。
   ノ|:   /  ゙ヾニニニニニニニニ≧ニ=┬‐彳:/ /: : : :/フヽ: : \\:ヽ:)
  ,イ ヽ  / 、  Y>--──イ'>:== ̄ヾ/У!:.:/ _,.、ィ'x‐ー┬-、:.\ト.、         今の私は並の英霊どころか、
  /:{   `<  l   ∨:ヽ 从ゝ、\_T_ヽ    \|: :|:ゞT7テv’: : !、: :ヽ: :.\!
. /: : \   \___ノ「ヽ:ー'T7ヘー''"ゝ-、    ヽ:.!/个ー’: : ヽ |:ヽ: :l: : l λ         参加しているマスターにすら劣っている。だから―――。
/: : : : : `ー─≦>ク_ノ: : : :):X><K7/|:l≧=i   Lゝ: :_: : : : :∨: : : : :l | !
ヽ: : : : : : : :/: :>ー’: : : : :ノ|:「》`Y |: : ヾヽヽ!   ゙l_/ ‘y-、: :.{: : : : /_ソ
 \  _≧≦_ノ弋__: : : : :,イ:.j|! ノT´:, :-ヾゝ'i!   l  \/   ヽツ /_ノ──────-..._
   `~´       ` ̄´ .{: :]|!__| E.:':   ヾ~||   |    \/ }: (_: : : : : : : : : : : : : : : : `: -...._
                ヽ}_l! l [: : : :<`Y|!     ! ヽ ,_iУ三三三ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : `ー.、
                λi!_lト、j、: :、∠.-ヽ、__l,r─‐彡'/三≧=三ニ}: : : : : : : : : /{: : : : : : : : : :>、
                `7≧==──>‐久____/: λ三三三ニニヽ_..-===l(フ: : :────=≧、_
                 ヽ三三三三ニ/ニ入___/: : :/:.トニ≧==、三ニ|三三三三|ス: : :            ̄
                  {三三三ニ7ニ7ニλ: : : : : :/_ノ: :\ニ、:::_ゝ:ソヽ、ニ三三〈,べ.: :
                  ∧三三ニ7三ニノニ`TT、ノ:/:  : :.`>≦´三ニ>──ヽイ: : : : : . . . .
                  /: :`ハ==ヾニ三ニニ:!:ハ: ´: : . . : : : : : :>、三三三ニ7┴j__: : : : : : :
                 ヽ: : :「ト、\|!-<:\三ニリ三:、: : : . . .   : : : : :` ̄\ー’ー’      ̄` ー _
                    |: : :ゝ>,  l!.< >: l`ー’三ニ:.、: : :     : :  : : : :.  \: : : : .
                  八: : :ヽ)、 ヾ、ゝァ:|三ニ|三三ニ、: : :    :.  : \: : : : : : : : : : : : .
                /|: :\: : ゝゝ \ソ!ニニ|三三ニ:、: :  : : . :.    : :.\: : : : : : : : : : : : . .
               /: : :|:.:.: : \ ヽゝ  ヽ!ニニヽ三三ニニ:、: :       : :  \:   : : : . .  : : .
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 当初と比べると確かに彼女から感じる力は見る影もない。
┃ だがしかし、それと比例するように彼女自身の感情は
┃ まるで塞き止めていた物が溢れ出るかのように色を帯びていき……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9867名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:46:47 ID:BDW30orE0
法術が反転して呪術とかになりそうw


9868◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:47:07 ID:1az2TopE0





                  ー―== ニ  ヽ
                     ` ー-ミ_ ゝ
                     ,  -‐…‐-=ニ   \
                 /: : : : : : : : : : : : : `ヽ  \
                 , ': : : : : : : : : : : : : : : : : :‘, |! \
                   / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : i i! ‘/,〉
  _             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :' V//-i
     `ヽ        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/   / : :7
              〈: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :>< : :_/
          \    \: : : : : : : : : : : : : : : : __; : :イ: : : :,ィi´i:i}
            ` ー-/i辷=- r‐‐-: :イ⌒7´ {: : :.厶イ /ノ: ノリ
      `ー-‐<   /    ̄⌒ー- i辷ニフT「代り 乂 〉イ
            /              / 八i:}     _,.!
                       / ,イi ノ     ´,/_      , ヽ、__        今すぐ私を切り捨てなさい。
   ゞ、       ‐-         / (. /iイ  7 ー=行三三ニ==/,-、_}i 「i
     ゙ ー -         > -=彡イ   )イ;乂`ヽ/__    ̄ ̄二ニて_` ¬,八_り、      父様が私にそうしたように。
.   _ 。. :+*:゚⌒ー-=≦   ァ 彡ノ, /  /   /几:(乃、     `ヽ、
       _辷⌒ ー-=イ / / (      _/几⌒: : : ヽi         7   ,′      母様が私にそうしたように。
.      ノて/      {(        / /几⌒: : : : : : : :マ辷- ミ  /    /
    、-=(                /几⌒: : : : : : : : : : : :}`ヽ : : \   /         ―――それが、貴方の為でもあるわ。
  ゙㍉               /   辷て :{: : : : : : : : : : : : : : : :.i.: : : :‘,./
  ゚:。、                  /": :从 : : : : : : : : : : : : : : : }i: : : : !/、
  . ::.: .               /     ,( (: : : : :∧.: : : : : : : : : : : : ィi7ノ: : : :.| i
   . : `*,             辷⌒ 人: : : :.:(\ : : : : : : : :/ イ  `ヽ/  〉
    . :. :ゞ。      / 辷=-て⌒: : : :\ : : 辷_ー-「辷 / ノ {i   Y /
      . .: ゚ :+: …ニて⌒ー ′: : : : : :.≧=-- >-‐=彡イ  |   _ノハ
         .: . : _: :_: : : : : : : : : : : : : : 寸ニ //  ,  ,'   :!/´: : : : 〉‐:- ..
        。*'゚´     ` マニ=-----<_/ニ/=/  /  i     :7 : : : :∧:、::::::::::::::...
    . : ゚           `ヽ: : : : : : : : : : : : :  ̄辷__{-- ‐=彡: : : :/: ‘,::ヽ:::::::::::::::::`ヽ
  , :"_                 丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : >‐-: :.:-: ; ': :_: :}:::::‘,:::::::::::::::::::.
 ゚゙。: : `ヽ                丶: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : / ´ `!::::::::::i::::::::::::::::::::::.
   _〕    ゙:* 。、_ ,.              ) _: : : : : : : : : : : : : : : : :/     .:::::::::::::}:::::::::::::::::::::::i
  ゞ、       ` :、        ''"´、: : : : : : : : : : : : : : : : /      /::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::}
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そうしなければならない。と―――。
┃ キャスターは必死に何かを堪えるようにそう告げてきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9869名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:49:00 ID:FbRoTwk20
そんなマスターとして三流以下のやる夫を捨てなかった人を捨てるとか
マスターとしてだけでなく人としても三流以下になれと申すか


9870名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:49:41 ID:PZzlsI.Y0
ここからどう巻き返すか……
いつものノリなら告白かますんだが


9871名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:50:29 ID:Apmzoo5.0
>>9870
それは好感度100超えてる場合だなw 今は前作でいうと40とかそれくらいだろうし早すぎである


9872◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:53:46 ID:1az2TopE0









 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  その言葉を聞き入れるつもりは無いお。      |
  乂____________________ノ


                    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                    |   そもそも、やる夫にはキャスターの弱体化に心当たりがある。    |
                    乂_____________________________ノ



                  , -‐ ´ ̄` ‐- .
               ,. ‐´           `ヽ、
              /: : : : : : : : : : : : : : : : :    'ハ
             /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    ハ
            ./ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
           /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ヘ    それを知っている以上、
           .i: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ
           | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     .}    余計にその言葉にうなずく事は出来ない。
           i  : : : : : : : : : : : : : : : 、. : : : : _    /
           ,.-'´ ̄ ̄`''' : : : : : : : : : : : ` ̄    ̄`'ヽ'
         /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヽ,
        /: : : : : , : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :      ハ
       ,i: : : : : |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 、: : : :    ハ
     /´: : : : : : }: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :      ハ
    /: : : : : : : : i': : : : : : : 〃: : : : : : : : : : : :   ヽ、: : :      i、
   /': : : : : : :   i: : : : : : : '": : : : : : : : : : : : :   ヘ: : : :     ハ
   / : : : : : :  i : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :     ヘ : : : :     ハ
 ノ' : : : : : :  /i : : : : : : : : : : : : : : : : : :       ヘ: : : : : :    ハ






.


9873名無しのやる夫だお2014/01/29(水) 23:53:51 ID:PZzlsI.Y0
ですよねー しかしまだコミュ安価があるのかそれとも……


9874◆R2EPbWDdJg2014/01/29(水) 23:58:22 ID:1az2TopE0









                    -―-
                 /         `
                   '              \
                /              、
              '                  }>,        キャスターには感情が無いかと最初思ってたけど、
            /  \    /       イ /
              /_i ( ●)  ( ●)   /: : /        実際には表に出にくいだけでちゃんとあったんだお。
             \ `ー、(__人__) r―. . ´: : : :.人
              \: : ヽ`⌒´  !: : : : : : :./: : .\      今みたいに―――ちゃんと。
                    )--},不 ̄ )--― ´: : / ̄ \
               /: : /丶 :: ` 、{:.: : : : :.: :/: : : : :.:.-'、
            /.:.: : //:::::::\:: .i: : : : : : /: : : : : : : : : : \
             /: : : /´:: ○/___i: : : : : : ヽ : : : : : : : : : : : \
              /: : :./:::::::::/ ̄ ̄|: : : : : : :.:.\: : : : : : : : : : : '、
            ./: : :./ :: /::::::::::::: |:.: : : : : : : :.:\.:.: : : : : : : : :.:\
          /: : :./ イ:::::::::::::::::::::: | : : : : : : : : : : : \:.: : : : : : : : :.:.\
          イ: : :./ ::|:::::::::::::::::::::::|: : : : : : : : : : : : : :.\__/: : : : : : :.i
      /: : : : :./::::::::|:::::::::::::::::::::::::. : : : : : : : : : : : : : : :.|: : ̄.: : : : ::.:.:|
     /: : : : : : /::::::::: !::::::::::::::::::::::::: ! 、: : : : : : : : : : : : : |: : : : : : : : : : |
    /.: : : : : : :.:/\ :::: |:::::::::::::::::::::::::::|:: \:.: : : : : : : : :.:.|: : : : : : : : : :|
   ./.: : : : : : :.:/ヽ. ` . !_____|___.\: : : : : : : : :.|: : : : : : : : : :.:|
  /.: : : : : : :.:/  `  __________\ : : : : : : |: : : : : : : : : : |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ だが、それが表に出るようになればなるほど
┃ 今の自分を希薄にして相手に合わせるキャスターの闘い方が出来なくなる。
┃ それを承知の上で、やる夫は会話を重ねたのだ。
┃ それは決して、彼女を使い捨てる為では無く―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9875◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:01:43 ID:p8bSZ.1k0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   やる夫にとってキャスターは大事なパートナーだお!   |
  乂_________________________ノ



                       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                       |  その相手を、ただの利用する関係にする気は無い―――ッ!!     |
                        乂______________________________ノ





                        ,     ',
                           ,,..イ       ',
       l          _,,,...イ´   |        .',
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l        .',
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /         ',
            ヽ、    ̄   /           .',
              `                    ',
                                 ',
                                  ',
               ヽ                      l
               |                    l
.人                /                  l








.


9876◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:06:40 ID:p8bSZ.1k0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ………………。      |
  乂___________ノ


                                            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                            |   ………………。      |
                                            乂___________ノ







                             ト、
                              / ‘,
                         /    \
                    ___/,ィ==ミ、. ‘,
                  , イ    ./ {{ f彡'   |ー、
                /       /  ヾ==ミ、_ |  \
                 rf     ノ⌒>‐⌒ヽ ___ノ、_ ハ
                 ノ  / / ̄ ̄ /=ミ、___人_}  ,.ィ  〉|
                r'  イ { ⌒} ̄:./ : :/: : :|: ーf: :ー<八_
              ノ⌒{ヽ ヾ_/:{:_:,{:_:_/:_: :/} : ノ|: }: : : : ヾ〉
               .乂_ノ⌒ー' |:/ヾ{ ヾ{ヾ:_{  |:/=ミノ: /: / : 〉
            ,r― //   /   |{: イ泛テ<   rfTイ/: >=ミ、
        f⌒ヾ  //   /  .八: ヾ¨´    ,ゞ'/: : ;rf.--t、 \
          i|       ./  ./: : }: : }     ,<///////|_} `´ ̄`ヾ⌒}     そう―――……。
       f⌒ヽ     / ,. .イ\ノ、_; ト, <////////////:       ノ}
       |      / /: : :| : f ∨///////////////// |         八    だったら、好きにすると良いわ。
       乂ノ⌒>イ ./: : : : :|:.八 \////////////////.|   ___   {
          〈  /: : / : : : | : : } ,ィ,、\/////////////Ⅵ/´    } \〉
             ヽ{、: : / : : : 八/ゞ_| ⌒\////////////.|       i|  )
            乂:{: :}: : :} : ヽ .イ     ‘</////////.| ̄ヽ     /
              〉:/: : /: : :ノ/八.         ‘ </////|\八_    /
              /イ: /ゞ:_:{¨   \ \     r.、) ̄ ̄}}   ヽ ハ   {
              |イ  }      ‘<  ̄{⌒ヾ     .jj  ,  〈   |
                   |  〈          ̄|  ___/ /    八 リ
                  }  ≧=--=≦ __/ゞイ::::/    |    {⌒  .イ
                 八   {::::::::::::/:::::/::\::::::::::\/⌒} \ノ-=≦
               /  ___八::::::::/:::::/:\./:::::::::::::::::::::/ヽイ_ \_
             //:::::::::::::::::::::ヾ::{:/::::::::::::}::::::::::::::::::/   {   ハ
           /  {::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::ハ  ̄ ̄     ⌒) }}ゝ-、
      , =--- /   |::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::/:∧       (⌒  リ _.ノ
    ./     {     i|:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::/::∧        ,r'  / <
   /     〉    |:::::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::/::/::∧     八  ./ .,.イ
  ./       ./__    i|::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::/:::::::/::∧  /⌒ ./ ゝ八
  〈        }___|::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/:/  _ゝ ./  , イ   \
  .\       ./ |::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::/::::::::::::::/ /_  / _/      \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 沈黙の時間はどれぐらいだったか。
┃ 短かったような気がするし、長かったような気もする。
┃ そんな静寂のあと、キャスターが呟いた言葉が部屋に響く。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9877名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:08:51 ID:/OApItug0
……成功か……? 元の名前について聞くとかしてないけど


9878名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:11:02 ID:MUs5sW660
取りあえず、今の段階からキャスターの信頼度MAX固定状態が解除されるのかな


9879名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:11:09 ID:DQtP7JQg0
名前はないって言っていたぜ
あったかもしれないけど反魂の法で失われたって言っていたし、本人ももう忘れている筈


9880名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:11:36 ID:/OApItug0
大切な人だからと入れておくべきだったか…… って、自分のは元々範囲外か


9881◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:14:19 ID:p8bSZ.1k0





                         /\___
                     / {r')`丶、 `..゙囗 ロ   。
                       /}__/\--へ、_.ロ []      ロ      。
                    / /ノ}rくフ_/:::::::\__}....ロ ロ   ロ           ロ
                       _ノ /_ノ:|:::::::::::::::::ヽ:::::::....囗ロ []  []        ロ
                      < ∨::::::::l::::!:::l::::ト、__ト、:::::::゙[] ロ    囗    []        ロ
                      > |::::::::::ト、ト、ト、{' Vツ::::ト、:::゙□ □ []   ロ
                   ̄|::l:::::八{_,ィ 、   ノi:/::::..゙囗 []   ロ    []
                    |::ト、::::∧   vヽ  ノ'{:::::i::::リハ[] ロ  []   。            。    ―――ただし、やる夫。
                    ∧{ |i:::::i从ト ._/ ∨!/_゙囗 ┌┐[]   ロ    ロ
                      /  从:::ト、::::i八:}_ イ ̄>.゙囗└┘  []   ロ                私に心を取り戻させた事を、
                  l   -- ヽi ヽi_ノハ}/ --__/.   囗 ロ    ロ
                  l/    __ry´ / {_rく彡'^ヽ.....□ []   ロ     。               後悔しても遅いからね。
                         ノ{/´  /_rく/  __人∧....囗ロ  。    >-へ
                      ,イ{ ∧ _rく/ん'^´   { `¨...ロ ロ......__彡" -へ\
                        i l∨ ∨/ ん'     ∨ ̄..┌┐  。..゙/      `丶、
                        /八_} /_/----ト. __ノ ヽ..  └┘ロ           \
                     / 〃/´::::::::::::::::::{}::::::::::\__}_.... 囗ロ__            /\
              _   /\_/  _//==((厂]}厂丁:ヽ::::::/::!:i    \  -―――   / //、  \
    ___rvfY^i_}__/__`_/:::::::::::::::::::::::::::|:::::::::Y::/:i::!    \__ -―― /  // ̄ ̄ ̄Yヽ
    |    iハ{人{        〃´_/ ̄ ̄ ̄`¨ー::::::/::/::厂\       ――一  //_____} i
    r┴―――――――――‐/ ̄{{|iTT{ ̄ ̄ --:-_〉:::/――へ            / ̄ ̄ ̄ /   {
    |三三三三三三三三三ニ=/  {{|||!{      ノハ 〉'       \        /       八 ハ
    l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /   i{i{i|!{         /ハ       \___彡"           {ノ | i У
    |              /   {ii{i|!{      /   }                          iノ´iノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ その言葉を最後にキャスターは虚空へと消えていった―――。
┃ どうやら霊体化して部屋から出て行ったらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


9882名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:15:33 ID:FTwRCvZ.0
一体どうなったんですかねぇ(震え声


9883◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:16:48 ID:p8bSZ.1k0







                          |ll|                    |ll|
      [三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
 |\.    ||      |___||_____|ll|_____||__|./7.   ||        |l|
 |  |...  ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄/  /    ||        |l|
 |  |...  ||      |.. ___     |ll|         ||.  /  /....   ||        |l|
 |  |...  ||       / __ \....__|ll|_.__.___||....../  /.     ||        |l|
 |  |...  ||      (__/   \ \__/ )... ̄ || /  //⌒i.   ||        |l|
 |  |...  ||   ∧...... |     ||    \___/.     | /      |   ∧        |l|
 \ \__ノ ノ.   |___||_____|ll|_____/    /|  \_ノ ノ.        |l|
   \___ノ    | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ . (___/  \____ノ.         |l|
      ||      |     ||         |ll|       .| ̄ ̄ ̄ |       l||        |l|
      ||      |___||_____|ll| ___.|       |. ir――――――――――――――
ニニl二ニニニニニニ/⌒ ハ ――――――――― |____l. ||     _________
  l|     ||       i   |           |l|      r┴┴┐ ||   /                ヽ
  l|--― ||――― |  r┐         .|l|       lニニニニニj   |                 |
  l|___,. .||       ゝ-トイ         |l|       | |  o   | ト ― |                ノ ‐
  l|     ||-――――|-{           |l|       | |____| |   ト ゝ―――――――――
  l|_ .- '||ニニニニニ彡         |l|       | |  o   | |.  〕  〕ト  二ニ=―       ̄
  l|     ||    | l| |   |           |l|       | |____| |   |   |!  〕ト     ――
  l|     ||   「 ト ! 斗 _ _ ___ |l|___ | |  o   | |   |   |    |!   〕ト ―――-
  l|     || /| lト _>                 | |____| |        |     |!  〕ト    ̄
  l|   , -  ´〈_/                     └ ─── ┘\           |    |!  〕ト
  l|, - '"                                      \          |   |
 ̄                                          \         |

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――ステータス情報を更新します―――
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


9884名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:16:59 ID:/OApItug0
ここからが本当の難易度:クリアしてみろか……(震え声)
そしてマスターから名前呼びになったな


9885名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:17:07 ID:DQtP7JQg0
やる夫って言った…


9886名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:18:07 ID:MUs5sW660
とうとうチュートリアルが終わってしまったか。
信頼度はまた0からかな?


9887名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:19:20 ID:/OApItug0
心を取り戻した以上、ただ望まれたから応えるみたいには従ってくれないだろうしね……


9888◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:19:59 ID:p8bSZ.1k0

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                   【レベル】50             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20      【魔:B】40    【運:A】50     【宝:B】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】怨怨怨    【魔力】164/225     【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /:::::::::メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { :::::::〈/:::::::::ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\::::::::::::::::::/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉::::::::::::,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○陣地作成: B
   魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。”工房の形成が可能。

   [DETA]  行動ターンに「陣地作成」を選択できる。(1回まで)
           「工房」:霊地による回復量2倍。この霊地で戦闘時、自陣の「基礎勝率」に 「+15」%の補正を与える。



○道具作成: B
   魔力を帯びた器具を作成できる。

   [DETA]  「礼装作成」の判定に「+キャスターの【魔】×1.5」%の補正を加える。
           また「最終的な達成値÷100」個の礼装を得ることができる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


9889名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:20:44 ID:DQtP7JQg0
令呪の形ががが
…しかし、竜告令呪提案して、本当に良かった…


9890◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:23:57 ID:p8bSZ.1k0
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○法術: B
   神仏の教えに、己の力を上乗せして成立させる仏教系の魔術。
   その特性上、霊的・魔的なモノに対しては絶大な威力を持つ。

   [DETA]  【魔】のステータスが選択された時、自陣の【魔】に+「10」の修正を加える。
          敵陣にサーヴァントや「属性:悪」、または「怪力」等の霊系、魔物系スキルを持つキャラクターがいる場合、
          次に選択された敵陣のステータスに「-5」のペナルティ修正を与えること。



○高速詠唱: A
   魔術の詠唱を高速化するスキル。
   生来の性質と長年の修練により習熟した呪文ならば発動時間を三分の一以下まで短縮可能。

   [DETA]  【魔】のステータス比較で勝利した時、10点の魔力を消費する事で使用を宣言する。
          次に選択される【魔】以外のステータスでも「法術」の効果を受けるようになる反面、
          自陣は「対魔力」のペナルティ修正を受けるようになる。



○心無い生者の囁き: E (A++)
   心を持たないキャスターが発する声は、聴く者の感情を写し取る鏡であり、
   聴衆の精神状態によって怒っていたり哀しんでいたり興奮していたりと全く異なる聞こえ方になる。
   その性質ゆえに相手の精神干渉を遮断でき、戦闘という極限状態において敵手の戦術予測を根本から覆す鬼手となる反面、
   もしも心を持ってしまえば鏡が曇るかのごとく、このスキルは効果を失っていく。

   [DETA]   ―――NO DETA―――

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 赤のキャスターのLvと【魔】が低下しました。
┃ 「法術」と「心無い生者の囁き」がランクダウンしました。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9891名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:26:16 ID:MUs5sW660
とうとう無くなっちゃった。
完全に普通の魔術師になったなー。


9892◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:28:01 ID:p8bSZ.1k0





               _,,,,..-----..,,_
             /          \_
        ,,........./,.             .\_,,,_
        !`--/, / .r/ /,    , :..::: ::|......-|
       λ;;;/! /::// !∧'!ヽ.,.:ヽ::|::::::|;;;;;;;ノ
       .!;;;;;|イ .:|::レ|-/:! '.,L..L_.:ヽ!::::::!;;;;;;'|
       L_;;;_| :Kハ!ヽ|'.| \-,_`''_|::::::L_;;;;j
        `'7!| ::|r'''"`''   r''"''-.`|::::|ト, `"
         /;|:!:::ト,〃  ,.   〃 .|::::||ヽ
        /;;;||.:::|ヽ,   r--,.  _,イナ:::|!;;;'!
        /;;;;;〉!,::|;;;;`-,_ `''" ,.ィ"|:|:|:::/;;;;;;|
        '、;/_|ヽト,ト|j `''''''" レ|/ノ;/,.|;;;;;/
        V `'',,.-"!!      //\"^ レ"
        ,,.--''"!:::::::ヽ.,    //;;;;;;;/`'--..,,_
      /;;;;;;;;;;;;;;|::::::::\,  //::::::;;/;;;;;;;;;;;;;;;\
    /_;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ,::::::::ヽy/::::::::;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
    |;;;\_;;;;;;;/;;;;;ヽ,:::;;;;/_;:::::::;;/;;;;;;;!;;;;;;;;;,.-";!
    .ハ;;;;;;;;\,/;;;;;;;;;;\/トヽ;;/;;;;;;;;;;;;レ''";;;;;;;;;;!
.   |;;;;'!;;;;;;;;;;;;!----/"/|ヽ\;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!
   |;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;!_,,..,,〈 '//| ,\ヽ;;;;,.,_|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  .|;;;;;;;;;''!;;;;;;;;|--- |' r'' | '〉  ヒ..-/;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;|
  |;;;;;;;;;;;;\_;;;|::::::::::! ヽ |/   !:::::::/;;;;;;;;/;;;;;;;;|;;|
  !;;;;;;;;;\_;;\L_r-ノ   Y   |.,_::/.-'''";;;;;;;;;;;;;;|;/
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`,,.r'";;|   ,八_   `i`'-.,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;||
  |;;;;;;;;;;;;r-//;;;;;;;;;;! ,ィi|:::::::|\ '|;;;;;;;\-.,_;;;;;;;;;|
  !;;;;;;/'"ノ;;;;;;;;;;;;レ'"::|;;|:::::|;;;!:`Y;;;;;;;;;;;;;;`'-.,_;;;;;;|
 |;;;;;;;"'''";;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:::::::!;|'''|;;;|::::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 |_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\::::|;;!;|:;;|::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
 \_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\!;;;|;|;|::/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
   \_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'/!レ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/|
    |;;;;;;;`''--.,,_;;;;;;;;;;;/;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;--''";;;;;;!
    L_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;!;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/
     /\_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|,;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ という訳で、少々早いですが本日の投下は以上です。
┃ 実は後1段階ダウンが残っていますが、
┃ 安価がオーバーキル気味だったのでイベントの一部を先取りしましたー。
┃ まぁ、どの道キャスターさんの夢イベントで最低値まで弱体化するんですけどね。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9893名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:28:51 ID:FTwRCvZ.0
これ以上下がるってどうなるんだ・・・


9894名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:28:58 ID:DQtP7JQg0
乙ー まだ弱体化するのかw
今回の安価は良い感じだったんですかい?


9895名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:29:24 ID:/OApItug0
乙でしたー
これから先どうなるんだろう……


9896名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:29:26 ID:MUs5sW660
乙でしたー

今日がキャスターの夢イベントってことは、バサカボーナスは明日以降に持ち越しか


9897名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:31:22 ID:DQtP7JQg0
バーサーカーとのコミュも今夜入ってるらしいけど…


9898◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:31:29 ID:p8bSZ.1k0





                           ____
                      /. . . . . . . . . \__
                      /. . ./ . . . . . . . . . . . \
                     / . . . /|. .| . . . . . . . i . . |、__
                     ノ|. . 」L| . . L.」_. . .|. .| . . |\___) }
                      |人八| \{V|人ミiト. .|__|   /
                    / . .}=ミ   ⌒ぅく_,リ. .┝冖〉   {
                   . . . /. . '' ,.    {__'ツ/. . .ハ. .|\__丿     >>9894 グッドでしたねー。
                     / . . /. .八  、__  '' /. . ./_丿..|、 \
                 l/|. /. ./. ,心.      /. . ./. . . . .|     〉          どれも感情がこもった良い安価だったかと♪
                  |//⌒V.| .个ー┬=7./. ./i . . . . .|/ ̄厂|
                    | ....:}人八,ハ∧ {/|. /八l\人L.斗く_し┐
                       〉,..ノ/⌒V 厂|〉/|/ /|   .___しヘ __,ノ
                    //  〕iト    |/  /ニ/   斗くニニ   ̄)
                //  {   } |  /  /ニ/  .___し'ニニ゚。〔_
                  //     〕iト.} | ,/  /ニ/   斗くニニニ∧丿
                ,ノ二.ヽ┐ {___,} |/  /ニl  .___し'ニニ/ニ〉
               」 ー‐i.ノ{   |ニ7    ̄ ̄ ̄   {ニ|____/ニニ∧
            |  ̄]丿 ,   |ニ{     .      {ニ|ニニニニニ゚。
.              V7⌒ヽ /   ニ\  . : : : . .    \|ニニニニニニ
              〈/   〈    」ニニニ゚。             ニニニニニニ。
                 .     厂 ̄ミiト゚。           ノ\ニニニニニ゚。
               .   ∨⌒ヽニニニ}、____彡   ヽニニニニニ
                  ゚。  |ニニ}ニニニ}  ━…ーっ       ニニニニ|
                 ∧  |ニニ}ニニ7               ノ}ニニニニ|
                   {ニ|\|ニニニニ/            ......:::::::}ニニニニ|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ 次回はルイズさんとのコミュでその後、
┃ コミュターンになりますが、キャスターさんを選択しても
┃ 呼びかけに応じてくれませんのでご注意を。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9899◆R2EPbWDdJg2014/01/30(木) 00:34:14 ID:p8bSZ.1k0





                    _
                 , ィ'´   `ヽ、_
               f´   !、 丶  \ 7
               レ1,-Hi 卅リ、\ }/   ウフフ
                川 テfj イTIjl | |/__ゝ、
                ミ/ ̄``丶、| |イノ /}
                 /i     Y'´ ィく /
               / !、_ / /   }/
              /   / 〈   |r'⌒V⌒゙i
               {  _,ノ ,へ  |   |ゝ_人
              丶__,,ノ _ ) |    |丶ノ》
             _  _, -''     |   1-'-'――――‥……z
 II二二II二二IIニィカ'ィ ̄           |    .l            <
      , -==r'"/            |     `、`'iー- 、,____≦
      {-く  | i            |     丶/
      丶-ーヘ |             |    _ゝ、
          ヽ、_     _ -‐ ''"  ゝ-rニ、_ミ
              ̄ ̄
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ バーサーカーさんとのコミュの前後に夢イベントが入ります。
┃ まぁ、たぶん後だと思いますが。
┃ これでようやくキャスターさんの好感度が0に出来ましたし、攻略開始ですねー。

┃ それでは皆さん、おやすみなさいノシ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9900名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:35:18 ID:FTwRCvZ.0
ここからがスタートラインか、先は長いな(白目)


9901名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:35:49 ID:DQtP7JQg0
キャスターは今から攻略開始かー
今までの対応で多少は好感度稼げるかと思ったけど、0からスタートとはw
名付けイベントを何処でやるかね…好感度0だと流石にアレな気もするし


9902名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:36:16 ID:/OApItug0
おやすみ……
好感度0化とは…… こっちの言うこと聞いてくれるんだろうかこれ
できるだけ早く改めて話し合いしないと……


9903名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:37:33 ID:FTwRCvZ.0
っと、乙でした


9904名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:38:06 ID:MUs5sW660
終盤までは弱体化続くみたいだし、地道に上げて行くしかないね。
名前付けは前作基準で80~100の間かな?
早過ぎても地雷だろうけど、遅すぎても地雷っぽい気がする。


9905名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 00:40:52 ID:/OApItug0
一難去って100難来た感がひしひしと…… 本当にクリアできるのかねー


9906名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 07:55:53 ID:HV5WKZpQO
しかし何だ
魔術師ロールしといて本当に良かったな
今までの戦果もあって発言力十分にあるだろうし…一般人バレでこれだったらゾッとするw


9907名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 18:10:15 ID:rpI15ZuA0
ゆゆキャスターが拗ねているように見えて可愛いwww




まあそんな難易度な訳がない
コミュも琥珀さんには自分の出自(地雷付)と昨夜のフォロー
ゆゆキャスターは昔すぎて調べても正確性が無いから、夢だのみくらいしかない
ルイズは…なんかある?聖杯のことは伏せるべき?


9908名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 18:23:48 ID:HV5WKZpQO
…あ、そうだ ちと確認しておきたいことが…
敵と遭遇した瞬間に令呪で離脱することって可能ですか?
また、可能な場合は必要なのは一画でしょうか、二画でしょうか
攻勢を提案して頷かせる場合に必要になるかもしれないので…


9909名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 19:36:41 ID:FTwRCvZ.0
コミュの候補は、キャラだけでいえば色々いるけど今回は琥珀さんがいいと思う
心配かけたしね

とは言えども、次回投下ではまぁ多分行かないだろうからまずは直近のルイズとの情報交換について考えようと思う

とりあえず話したい事
最優先:
・急に倒れた後のフォローをしてくれた礼と、心配をかけただろうからそれの謝罪
・自分がバーサーカーを取り込んだ事と赤の聖杯であることが判明した事を話す
(バイオリレーションが原作的に怖いが、今更でもあるので話しておいた方がいいと思う、啓示やライダーの反応次第では取りやめ)
・ライダーとアーチャーの戦いの内容と結果を聞き、可能であればキャスターの真名の候補を話す(南光坊天海)
・次の赤の陣営の作戦は通達されているか

優先:
・キャスターの結界の基点はいくつ壊せたか
・赤の聖杯と黒の聖杯についてもう少し詳しく聞く(参加者の一人が聖杯であるという異常性も含めて(いや、原作だとそれがデフォではあるんだけどw))

微妙:
・啓示(メタ知識)だがランサー組が霊地を探しているが、こちらに引き込めると思うか相談

話さない方がいいかも?:
・夢幻召喚について(メタ知識では知っているがまだ能力として発現していないため)
・アステリオスの意識が残っている事(これを聞け!と質問の内容が限定されるようになるかもしれないため)

他に話しておいた方がいいと思うことや、これはこうした方がいいんじゃない?とかあったらお願いします


9910名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 20:34:30 ID:rpI15ZuA0
>>9909

>>・自分がバーサーカーを取り込んだ事と赤の聖杯であることが判明した事を話す
(バイオリレーションが原作的に怖いが、今更でもあるので話しておいた方がいいと思う、啓示やライダーの反応次第では取りやめ)

大戦後は敵対する可能性から伝えなくても良いと思う。黒バサカのなにが赤ランサー組の制約に引っかかったか解らんし最悪情報が渡れば敵対するかも…

>>微妙
直接ランサーに言うor電話を借りるで良いと思う、ロール的にも対価(一時的or大戦後の同盟)を求めやすい

>>話さない方がいいかも
赤の聖杯から黒バサカまで芋づる式で行きそうで怖いんだよね…ルイズの信頼が勝ち取れればいいんだけども


9911名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 20:38:26 ID:FTwRCvZ.0
黒バーサーカーの赤ランサー組の制約に引っかかったものって何です?

それと、話さないならどうごまかします?


9912名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 20:45:34 ID:rpI15ZuA0
やっぱり聖杯である事は伝えないと、ルイズに言い訳できんよな
唐突に魔術回路が開いたーじゃは疑われるし、状況的にもばっちりだった(白目)
アマンダラにも最悪察せられているか…?


9913名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 20:49:03 ID:rpI15ZuA0
すまん
>>8643
ここでバーサーカーを討たねぇと俺も……。  とか言ってるんでなんかある?と思って


9914名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 20:53:23 ID:FTwRCvZ.0
自由に動けないとかそこら辺だと思ってた
蛮の標的が黒セイバーだって事は分かってるし

戦闘前の化け物だって冷めた意見からも
黒バーサーカー自体に思うところはないんじゃないか?と思ってる


9915名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 21:00:10 ID:FTwRCvZ.0
ただ、ランサー組を誘う際にはルイズに一言断ってから誘うべきだと思う
ランサー組が了承するかはまず置いておいて

目的がルイズ組と蛮組で見張りを入れ替えるとか思われても困るし
そうされても困る

とりあえず蛮を一旦追い返したことから考えても、来させるべきではないとは考えたようだし
蛮を呼ぶことはリスクにもなるから、そこら辺も含めて意見を聞きたかった


9916名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 21:05:16 ID:iHnauBDc0
ルイズにはまだ聖杯とかの願いに関するのはNGと思うから、話さない方がいいかな。
一回地雷踏んで、好感度がほぼ0だから、今の時点だとそっち方面は地雷臭いし。


9917名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 21:10:11 ID:rpI15ZuA0
んじゃ勘違いかーすまん

ルイズには聖杯のことを話すのならバサカの事は相談すべきか?まあ相談して~聞け、になるのもあれか
蛮のことは確かにルイズに相談せんとな、ロールがががが
魔術講座などを提案するのも有りか?コミュが一枠つぶれるなら考えるけど


9918名無しのやる夫だお2014/01/30(木) 21:23:40 ID:FTwRCvZ.0
やる夫が聖杯である事は相談した方がいいと思ってるけど
バーサーカーの事は相談してどうする?ってのがあるんだよなー

聖杯であるって事は読者は予想付いてたけど、赤の陣営にとっては衝撃の事実であってもおかしくないし
けど、バーサーカーに関しては外に干渉できないしやる夫としてもどうにかしたいって考えてる訳じゃないから


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/5181-6a324b63

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /