FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫は心無いキャスターを召喚したようです その21

ブログトップ > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです その21




9463◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:22:28 ID:esgx3DLs0









                                                       ,./
                               _          !          _,._ィ/
                             '´¬‐、`ヽ       |l        ,. '',~‐ァ゙´`
                        i       _┌───┐  l::l  r┐  ./::/:/_         i
                        l'、   ,.:':´:::::::::`ヽ 「`ヽ│   l:::l l | /;゙::,'´::::::::::::::`ヽ    ,.'!
                        ';::':、 /:::::;‐'"´ ̄`| | _ l_| _ノ::::乂 |_:_::|::::r'"´ ̄`ヽ;:::`, ,、'::/
                        ヽ;:::`:::::/  ,. -.. 、| |丿|. / r、 ヽ`┐┌〃´_`ヽ,.. ‐ 、 ゙;::::'´::; '゙
                          `ヽ:::{ /'´ ̄ヽ| _  !_{  }:| |;;;゙| |.イ f;;;;i i'´ ̄ヽ }:::/´
                           ヽ;'、     | |`; |'゙冫'´, |;;;゙| |`| ┌─┘     /,:'
                             `'ー   | |:::l」イ / l |/ | | _i !   _   ‐''´
                                 __j 〔_:{  じ 「八 `人 `ー'/
                                └ァ‐n‐┘フー'^ー{ _cケ´ r iー'n_
                                 fr、}f トr<ャvァ::rニ、「lr‐ャ| |‐< r′
                               /ト''_)!_7c゙{ ヽ∧j_l:l_|j_|〉,くj_|゙l_{_ソ
                              /:/      ̄(_ソ  ';:::;'
                            //             V
                           ノ/

                       【聖杯】やる夫は心無いキャスターを召喚したようです【大戦】










.


9465◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:25:47 ID:esgx3DLs0





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                      /. :/ : : :|八   r‐    . : : :/:〈: :|´i: |    \ : .ヽ
                /. . : :|:∧: :|⌒: .   乂  ノ    /. : :∨: : :|     \: : .
       _______彡' : : : : :/斗-<つ: : \   _____,イ′ : : | : : : .       | : : '.
         ̄ ̄~^ア´: : : : r廴/⌒〕〉/|: : |ニ/二\ ∨/|: : : : : : : : .    ¦| : |
            /. ┌f⌒´| 廴/^Y^\r‐.(_r‐‐ミヽ)人: | : /___: \: : .    |∧ ;
            /r‐‐く,\⌒Y^Y 廴ノノ_/⌒))|,々丿'゙ / リ /⌒Y〉, :|\: .   丿 |′
      . . : :┌‐く. . . .}. )\| ,廴rヘ,__ノ⌒゙く⌒}//rヘ,__/(,/:/  |lニ|: |   :\   丿
    //⌒  `マ⌒)辷〕\∧ | |/ \(⌒Y´^~^7 个ーァ┌───────────────┐
  //     / \⌒/! |⌒ ,Ⅵ/__/ \八  /〉/ // .│   少女の話をしよう―――。   │
. /     / . : : : :∨¦| /ニニ,∧   :|l〈〉、__,厶'゙´ニ| └───────────────┘
    ___/. : /: : : : }く^ア'\ニ/:7   |lニ|ニニ:|⌒^^|   ./ニ/⌒l__ : .\
    ̄^⌒ア‐‐=ァ : / ,/    `^∨-‐=ニニニ八ニノf⌒ー' ┌───────────────────────────┐
         / . : /     /´二二二 ∧ 二| ‐- |、  | │   自らが怪物だと気付かなかった、一人の少女の話だ。  ......│
        /⌒´ ′    / ニ:l二二二∨二 |    |ニ〉 ¦└───────────────────────────┘
                 |/|ニ|二二二/二二   './ /⌒゙ 〉 ̄: :| \: : : ¦ \ : }
           |   / /¦ 二二 ,∧二二|    ∨  /(\: 人   ∨|:/     )/
  /ニ=-       └‐ ´    :|ニ|二二 ∨二二|    |^ /⌒\\   ノ    /
. /ニ7二二ニ-         ,〈ニ|二二 |{二二i|     ,ノ /
 ′/二二二二ニ-      /二リ二二∧二二∧    /
-{ニ{二二二二二二ニ-┌く二,/二二^∨二二二\____∧       -‐―‐‐-   ..,,__
二二二二二二二二二. ∨〉二二二二/∧二二二二二二〉-‐ニ二二二二二二二f⌒Y
二二二二二二二二二二∨〉二二二///∧二二二二 ,/-ニ二二二二/ ̄\二|二{
二二二二二/二二二二-∨〉二二//二/∧二二- /二二二二二,/-ニ二二'.ニ|ニ斗--
二二二二/二二二二二二∨〉二//二二/∧二,/二\二二二二{   -ニニ}ニ〉、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







.


9466◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:27:26 ID:esgx3DLs0





          __                                            /三三彡
         ノ〃∧\__r‐、                                       /彡//∧',
         「〃人三三三人_/ ̄{__r─、                              ///人∥/ハ
        /∧::::::: Y   X/', i!:::::::::::::::::: ヽ__    __,´ ̄`ヽ、                 /彳i:i:/' ,///ハ
       / 从::::::: Y:::::::}::::::::  i!:::::::::::::::::: ∧}  ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶__ィ´ ̄`ヽ、        |从从∧:::::::∨
      ∧ノノ', }   {:::::::| |:::::: l||::::::::::::::::::X.  ト‘´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ,_/¨ヽ、__|i:i:i:Y;;;;;;| :::::::',
___    ∧:::::::ノ    ノ:::::::| |::::::: |l:::::::::::::∧  |  / ̄ ̄∨ ̄ ̄\     _       __|i:i:i:/;;;;;;;;| :::Y
: : : :\/::::/::::::: 从∧:::::::|  |:::::::: ',:::::::/、   | ノ.;.;.;.;.;.;.;/.;.;.;.;.;.;.;.;∧   /::: ::\   /.;.;|i:i:i:|;;;;;;;;;;;| ,'
: : : : / ::::/:::::::::::   Y 从:::  |:::::::  ',::/ 从  |/.;.;.;.;.;.;.;.;.;У.;.;.;.;.;.;.;.;.;`ー彳::::/:::::::::\丿.;.;.;.|i:i:i:|;;;;;;;;;;;| :|
: : : /;;;;;;;;;;;Y:::::::::::;;;;;  ノi::::::::::::::∧::::::::Y  /  K  |.;.;.;.;人.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;::::::::::::/  :::::::/.;.;.;.; |i:i:i:|;;;;;;;;;;;| i:i:
: : ∧;;;;;;;/',::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::: |  ハ::::::::::   |::::  !ii  |.;.;/ :::::::::::.;.;.;.;.;.人:::::::::::::::/   ::У    |i:i:i:|;;;;;;;;;;;| i:i:|
: : {::::::::ハ;;;;;;;;;;;::::::::;;;;;;;;;;;;;;;:|∧ノ::;;;;;:: 人 )(::::::::  i! │ノ ::::::::::: .;.;.;.i!  ::::::::::::∧ :::::::::::::::   __{i:i:i:Уヽ;;;;|i:i:i:|
: :ノ;;;;;ハ::::ハ;;;;::::::::;;;;;;;;;:::::::::;;;;;;;;;;;;::::::ソ:::::: ;;〃:::::::::iiY |  :::::::::::   i!_r┬┬r_::::::::::::::::::::::::/i:i:i:i/;;;;;;;;;;;|i:i:i:|
ノ;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;幵幵幵__::;;;;;;;;;;;_人─────|____ノ────/i:从/;;;;;;;;;;;;;;;ノi:i:i:| ,'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄二TTTTT ̄ ̄工_____ノ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ーー  ̄ ̄ー._/从从;;;;;;;:;/i:i:i:i:/从,'
__   ___\二二二¨フ___  ーー_ ____  ー                     ̄二=≡=一二 ̄ ̄
  ̄ ̄                          ̄ ̄ ーー    ̄─__   ー二__   ___
     ‐‐   _二二一 ___   一ー    二二    __ーー ̄     ─____  ̄ ̄  ̄ ̄  __
 ー-               ー    __    --‐    二二_  ー─    ____       二 _
      __二  =__     __      ー一              i~
  ー一                             ̄ ̄   ーー-.   |    __    |    _
          ___     ---=二二一                 {\|__∧  ヽ__|
二二一    ̄ ̄ ̄            ___二 ̄ ̄      ー-__    人 ー──────彳フ  __
 ____────     ー    ̄ ̄ ̄ ̄──二___          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄´__二-
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ クレタ島を支配していたミーノース王は、
┃ 後に海神ポセイドンの生贄にする事を条件に、
┃ ポセイドンより一頭の美しい白い牡牛を授かる。

┃ ―――が、その牛の美しさに夢中になった彼の王は、
┃ ポセイドンと交わした約束を違え、
┃ 別の牛を生贄に捧げ白い雄牛を自らの物にしてしまう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9467◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:31:38 ID:esgx3DLs0





                                               ト、  ィヽ ,,-ー 、
            ィーー- _____ ----‐‐ _____ -ー 、_ -ーー、_ゝ ヽ//ヽ`    ヽ、
           /    ',    ',         ',          ',        ヘ   ヽ }      ヽ
         /イチボ ',  ラ ',         ! リブロース  /        ',     ヾ!       ',
        /ヽ、      | ン  ',サーロイン  ヘ        ./  肩ロース  ',            \
       / テ/ > 、   | プ  ',    ,,-ーー  ̄ヽ      ,'          !             _ヽ 、
      /.│./ / ウ', \/___}   ィ  ヒ レ  }――― !___ ―――-〈             イ 、ト、
      lル/ ! ! チ ', マ |      ̄ ̄  ヽ- _ イ      .|三角 /       ヽ /⌒  ̄⌒  ̄ ヽ __ゝ辷ノ
     .!、,,' | | モ  ',ル|.                      |バラ/ マエバラ  / /
      | |  ! ', モ . }  .|        ナカバラ        ヽ /         / /
      | .| ヽ ヽ__ノ_ イ|― ―'''''''― __     イ  ̄ ̄ ̄! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7
      ! !  ヽ ソウトモモ.}             ̄ ̄       !         ,'
    .ノノ   .',      ,'                      ',  ウデ    }
   イ   ',    .!ヽ __/        ソフトバラ      __ .',        ノ
 ミ彡  ノ    |    /ヽ ̄ ー- 、          __イ"´   ヾ!__ ノ/ ̄
  ` ´ ̄     .,'   ,'  !     ,'  ̄ ー---ーー"´       .|      .,'
         ./    ,'   !     ,'                 !     ノ
         {    |  /    /                 .,'     !
         ',   /  {     /                 .{   ハ  |
          .',  ,'    ヾ   /                  ',   ハ ヘ
          |  |     ',  |                   |  ,' ヽ  ヽ
          !  |_     ', !                   |  |   〉  ヽ、
          !  ヘ     .}  \                 !  `ヽ !    ヘ
          ヽ   ヽ    ',   ヘ                ヽ――ヘ`―――'
           ̄ ̄´      ̄ ̄´
テールにする?バラにする? それとも ロ・-・ス?

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 約束を破られ、これに激怒した海神は
┃ 王の后、パーシバエーに呪いを掛ける。
┃ 結果、彼女は白い雄牛に性的な欲望を抱くようになり……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9468名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 20:32:07 ID:7WrpI9Sw0
なぜそのAAw


9469名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 20:34:20 ID:qxoa7Mz60
性的というより、食欲……


9470◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:35:38 ID:esgx3DLs0








       /:://  ___ 斗≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//:::/::::Ⅵ
       イ=彡'=イ:::::/:::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{::::/:::/::::::∧
.    /:イ::::::::::: /:::::{/:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i|:::{::::{::::::::::}::}
    {::{:::::::::::::::::/:::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/{:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i| |:::{::::{:::::::::ノ::}
.     V::::::::::::::::{:::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i斗十:i:i:i:i:/:i:i:i:i:| |:::{::::{::::/::/
.     V::::::::::::::{: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/|:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:/:i/  .|:i:i:i:iイ__:i:i:i:i| {:::{::::{乂:イ{
       <::::::::|/:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:/ .|:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i∠斗示≦ミx:i:i:i:i:i:|:从:::::::/}ニ=
.         ̄/:i:}:i:i:i:i:i{:i:i:i:/_|:i:i/{:i:i:i:i:i:i:i:i:/“ ん  .心 |ヾ:i:i:i:i:|:i:i:i/  ,二ニ
.         //:i:i:}:i:i:i:i:il:i:i:/   .|:i/ .|:i:i:i:i:i:i/     rイ し  }.|:i:i:i:i:i:i|/ /} .,ニニニ
      /ニ/:i:i:i:}:i:i:--==≦=示示.Ⅵ:i:/     V 辷.リ |:i:i:i:i:i:i| / / ∧ニニ
     /ニニムイ:i:iⅥ:i:〃/  つ 心ヾ´        .ゞ- ´` |:i:i:i:i:i:i|./ / .∧ニニニ   有体に言ってドンビキだわ。
   /ニニニニニ}-=≦ニ}:i:i{.     {  し }              |:i:i:i:i:i:i| ./ .イニニニニ
    ゞニニニニ从ニニニニ}:i:i}    乂z少'          -.、 〃〃|:i:i:i:i:i:i| / ./ノニニニニ
     7-==彡入ニニニ|:i::.     ´      / ∨   i   .|:i:i:i:i:i:i|rイ:i{ニ/ゞイ:i:
    {:i:i:i:i/    ´辷|:i:入  〃〃     /      ,     |:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:iゞ   |:i:i
    |:i:i:i/      .|:i:i:i:Y         、     /_.ハハ |:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i|   }:i:i
    |:i:i:i{        |:i:i:抓     u     `¨¨´  ///// .|:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i|  イ:i/
     乂:i{        |:i:i:i:i::.、              /{///// 小:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i|. ノ'''
       `¨´      .|:i:i:i:i:i:i≧=----------:..、 //へ.//:i/:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i|
                |:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ ' _  ゞ{:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i|
                小:i:i:i:i:i:小:i:i/:i:i:i:i:i:{ ̄不 ゝイ \ノ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:从:i:i:i|从
              /:i}:i:i:i:i:i/彡イ:i:i:i:i:i:i:∧ ノ  / 人_.)}:i:i:i:i:i∠/':i:i:i:i:i| \
          __,彡イ:i:i:i:i:/´  .八:i:i:i:i:i:i:i:} {  ノ / ノ /:i:i:i:/ ̄Yハ:i:i:i|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――牛の姿に変装して白い雄牛と交わった結果、アステリオスは誕生した。
┃ 身体は人間、頭部は牛という異形の姿で。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9471名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 20:36:12 ID:R.Bs7ysE0
結論:ミーノース王が悪い?


9472名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 20:38:31 ID:7WrpI9Sw0
まぁ、王も悪いけど神様も奥さん呪わず本人呪えよとw


9473◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:40:19 ID:esgx3DLs0





            △
   △      |王|,,,,
  ノ合|      ||甲□》___含合ヽ,,,,,,
  │;;;;|▲   | ̄|ヾ ̄ヾ:;:;:ヾ:;:;ヾl △┐......、、
  │;;;;| |┌△田.lΠl△田.;;;;;;;;;;;亜│::∥、ΠΠ△,,,,
  │;;;;| |゚゚O||二|゚゚゚|''''''''''∥:::::::::::::::::::||亜 |゚゚゚|二||゚゚゚|:::::::|┐
 ┌iii7'''''''''''冖∥亜l_〔ニニ〕│||⌒|| 〔ニニ〕亜^^^^^lー、、;;;;;;┐
__,|____,厂 ̄ ̄   |乂[ 柱].ミミミミミ |乂[柱]____i_
    ̄ T ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〕  |\:::::::::::::::::::\...:;| | へ ヘ へ .|
  へ 、、|、、、、、、、、|  |  \:::::::::::::::::::\| |、、、、、、、、 |          __________________________
     | へ へ へ | ./三/| -----  |  へ へ へ  |        . |\_______________________\
 .へ、  |、、、、、、、、./三/ へ へ  .\三\ 、、、、、、、|.  、..     |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
  、、、.|     .. ' ./三/、、、、、、、、、..\三\へ へ へ .|        .|  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|ll,l.llll|
     |    .[寵].、;lll;;;《.、、;:;:;:;:;:;:;;;;;::::::;:;: .  .\三\.‐      |        |  ||||lll|||i巛門》》illl|||||ll|
 冖冖冖冖冖.[;;;;]冖冖冖冖冖冖┐               vv、、、       |.... |  ____________________|_____
 ............................[;;;;]................................冖冖冖冖冖冖冖-[寵]冖冖┐,,,,,、、、、        |\_______________________\
 _______________._[;;;;]..................................................................... [;;;;]..............冖冖冖┐        |  |llilll!lll|lll!lll|lll|lll|lll》lll|ll|
            ^~~--- -,,,,,,,,,,,,,,____.......................... [;;;;].................................冖┐  、.. |  ||l》lll||ll!lll.lll!lll!llll|lil,lllll|
    ..:,:.:..     ..:,:.:..       ..:,:.:^^^''''---v、、,,,.[;;;;],,,,.....................................冖冖┐ .|  ||||lll|||i巛門》》illl|i||||ll|,,,,,,,,,,,,
  ______________     _______________          ..:,:.:..  '''.¬................................    ,,,,,,,,,.:,:.:...:,:.:...::.:..,:.:...:,:.:...¨.:,:.:...:,:.
  |\____________\   |\____________\ ..:,:.:..    ________________ ゙^゙^\   ,,,,,,,,,,,,,,,,,/.:,:.:...:,:.:...¨,:.:...:,:.:...¨:
  | |ill|lililill|li||lllli|   .| |ill|lililill|li||lllli|        .|\____.\  ,,,,,,,,,/:.:..:.. ,:.:...:,:.:    :.. ,:.:...:,:.
  | |il|巛門》ii|||i|_______| |il|巛門》iiiiiii| __________  |  |||'lll'lll|lll||l|lll''|/.:..、 .:,:.:...'....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____________    |\__________________\ .|\_______\.l  |ll'lll|゙/゙゙゙゙゙゙゙゙..:,:.:....´:..,:.:...:,:.:.  ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ____\  .| |゙|ll| lll| .lll! ll l!:l.lli| | ∥i|||l|lll| ,,,,,,,,,,,,,,,,ノ.:,:.:..' :.. ,:.:...:,:.:...:.. ...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:
 ゙|ll| lll| .l゙|ll| lll|  | |ll|i|;:|ll|lllli|.lll!.lll 「,,,,,,,,,,,,,,,,,.:...:,:/:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.::..,:.:...:,:.:....:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:...:.. ,:.:...:.
 ..ll)!!llll||ll|《l,.ll|  | | lll 巛!門 ^゙/ .:,:.:...:,:.:...:,:.::.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:..,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...:.. ,:.:...:,:.:...
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ アステリオスの異形に驚いたミーノース王は彼を幽閉することを決める。
┃ 名匠に地下の大迷宮の作製を命じ、アステリオスをその迷宮に放逐した。

┃ ―――周囲の罪により生まれた少女が、ただ怪物だからという理由だけで。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9474名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 20:40:48 ID:R.Bs7ysE0
というか何だ
アステリオス、性別すら正確に確認されなかったってことか


9475◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:44:24 ID:esgx3DLs0





     ./ /        /   /i::::::::{ |::{        }::; }:::::::::',. ',     }    _    ,, ''´    }
    ./ /     ./`゙''ー ..,,{     , |:::::::i! ヾ!      j/ .i::::::::::i.  V   /> ´   ,,> ´      /
  /   ≧z ..,,,/      丶.._ j  |::::::::|             |:::::::::|   }zzイ   ,, z≦       > ''´
 く           ≧=z ..         |  !::::::::}              |:::::::::|   !   ,  ´      > ''´
   `゙ <          ≧ z、   .! ノ::::::〔    ヽ ノ     ,::::::::::}  - V  /     > ''´
      `゙ <       i   i  ,ノ {::::::::::ヽ_  八  _ ノ::::::/   ノ  |    ./´
         `゙ <    |   八  \,ィf///,ヘ./  ヽ/////////ハ= T' 〉 .!   /
               `i  ′ ′ `Y⌒乂/////ハ   ム--r..:::::::ヾ´  { {  |  ./
             |  ,:      .} /::::::::::/ ̄ }  {   ヽ:::::::::::\ Vハ. |  /
             | / ./    .{ .{:::::::::::/   .!  !    `゙'' 、:::/ ノ  ', i /
             | .′/    人⌒ヾ´     ',  ,′      i  ハ   ',j/
             |  /    ,    マ .ハ  , v V^YV^V^V.V v、 /} { ,  /i. \
             j/   ./ ノi  ハ { 从! i | j i .| .} } } } .}.リ .レ.:レ': :{  /i\ /i
               ′  ./ /: : V{ル} マj_ハ从ハ人ハノしヘ.ノVxノi{ |: : : : :j/: j/i/: :Vi
               / 、  ,: : : j: : :ハ. Vi. { i | } } ! } } } ノ.j jノヽ!: : : :/: : : /: : ': : : :.{、
               jヽ jV: : : :; : : : ハ/::ⅣW.JV V VVル'イ-ヘ:::::}: : : :: : : : i : : : : : : :! \
            / ,: : :V: : : : :/ : : : : :}::/             }::i: : : :{ : : : : : : : : : : :| /{ ー-
          /   {: : : : : : : :.{: : : : : :.乂            __ノj : : : : : : : ; : : : : : : :{/: ;     `
       __,, 彡  }`ヽi: : : : : : : : : 、: : : : : }::}`ヽ        .イ i:::::′: : : : : /: : : : : : :./: : { _,.ィ     \
     ´      i :: : :、: : : : : : : : : \: : : i:::!  \     /  ,::::/: : : : : :./ : : : : : : : : : :/: :/  \    \
  /         ',: : : : \ : : : : : : : : ', : : ',::,   ー―‐ ´  ./::/: : : : : : :{: : : : : : : : :./: : :/     \   ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ それから暫く―――。
┃ 九年ごとにミノタウロスの食糧として7人の少年と7人の少女が
┃ 迷宮に送られてくるようになった。
┃ 教育を受けること無く、ただ迷宮を彷徨い続ける彼女に
┃ 人食いが『罪』である事など判るはずも無く……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9476◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:49:07 ID:esgx3DLs0





                                     、
                         __   __         }
                      , -y'   `{´ /        /
                          { ハ j! i!r./   __    /
                       } } ヽ:://ィ`ー'イ ( ー- <__   _ __
                  > ´. 〃ー ' .〃イノ,,イ-<      、 ̄     `ヽ
                   /   / .r≦/:::Y __,,..::::、`マ    `ミ、 < ̄ - ヽ
                     /  .,'    !/{彡ーヘ::::;;;ィ::ハ `ー',  ヽ      ヽ    \
                {   /   ,. //,!_, 、__  ノ/ ',   ,   \     ハ     ',
                ゝ.__{   , ///} _}___ ,   ,'  ヽ  V    ',.    ',     }
                   `ゝ.__{ ノ//ハ j__ イ ,  },   i  V    r-、  }     /
                    //// .}  __ノア !_,ノ   ',  { ァ  ノ  } ./
                 rノ{,/マ/,' ≦三彡'  {r}=-―'' ',  ', ノr  //
                  ) / .ハ{ rゝrソ!}/≧=-マ!    ハ _レ' {  ((
                     ゝ( /  /////////ハ}/!     r' r ノ  ゞ=-
                 Y, ) ,),ィ////////////ハ     ゝイ´
                r 、ノ ノ } r'/////////////{、    }  ヽ
                ソi!}イrノ/////////////,'rVハ     ゝリリノ
             ,.ィチ"´   //////////////,{ V!}
              ィ>´     ///////////////ハ ,}/`ー--ァ
         ィ>´      //////////////////!/////{
         ィ>´        ////////////////r'´ .!/r=、/リ
     ィ>´            ///////////////ハ{   |/乂
    ィ>´               }/////////////////ゝ {///,ゝ
                     リ////////////////,{   マ//
                //////////////////ム  ∨
                //////////////////√ ',   V
                    ,}//////////////r⌒ヾ  }.   '
               ////////////////ゝ     !   ',
              ////////////////,{     ',   |
             r'}////////////////,i,      ヽ.  {
              ,/////////////////》      ハ  i
             ノ/////////////////{         ',  '
            ///////////////////|i       ',  !
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:             テセウス
┃ その後、生贄に混ざっていた『英雄』の手にかかり、
┃ 栄光に満ちた英雄譚に登場する『倒されるべき怪物』は、その生涯を終えた。

┃ 人を喰らった事は罪だろう―――。
┃ 人を殺した事は罪だろう―――。
┃ だが果たして、『そうなった』のは己の責なのか?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9477名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 20:53:27 ID:R.Bs7ysE0
主にミーノース王の責ですかね…


9478名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 20:47:55 ID:7WrpI9Sw0
なぜ食料を人間にしたのかと(ry


9480名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 20:55:37 ID:R.Bs7ysE0
>>9478
それに尽きるなw 後は約定の違え
豚とかもっとこう、色々あるだろ・・・


9479◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:53:54 ID:esgx3DLs0





                        、
                          }ハ     r,
                           //,}      {ハ
                        ///リ      {/ヽ
                          //シ.         \/\
                      //,{    .....--.....、_\/ヽ
                      {/ 廴/:i:i:i:i:i:i:i:i:i{////V
                        V//:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:V/// 、
                          >{:i:i:i:i:i{:i:i:i:i斗十:}///ニ.\
                       /ニ.{:i 笊代:i:i},斗㍉:r ァ}.ニ√
                    7=- ヾ:爪:::::::::::::::::}:i:iイ:{ `ヘ:i:\               _   --
                    /:i:i/  }:iハ  '__  }:i:}:i:i{   ヽ:i:i.、            ////,/
                       /:i:i/  /}:i:}≧。._ ィ:i }:i八:{     \:\        _。*゚/// ィ´
                    /:i:i/  .ノr从{ニ≧ )(ゝ.从:i:小      ヾ(      ,。・//>'゚´//
                      {从'  /:// }' /≧v≦=ミV:irァ,_      ` ,.*=ミ彡・'゚    .//
                   _rzァ /、 / ./ ゚/ }o{ヾ  x)ノ).|≧=-----{'////    ,≠'
                       { { /⌒/.):l/ニ/ .}ニ} }=}>、 ',l !ヾ 〕イ'//,√ ̄    _,,彡'゚
                       { {,  ./ /){ニ/   }ニ}. V!=ミ.、 {///><二====- ¨´
                    }.! ./.イ:i'.辷{---べ_.人:i:/⌒ )´
                  ノ  /r-=彡'/ニニ.。゚'=/rへ  , ・゚ヾ
                 / _ /7{ニニ/ニニo ニr'' )辷>_
              _  -=≦ニニニ入' ニニ/={ニ )// |ニニニニニヽ
          _ -=≦ニニニニニニ /ニ/ヽイニニ/ニ ゝ从.{)ニニニニニ廴 、
         < ニニニニニニニニニ./ニ/ニニニ:}ニニ{ニニニ\≦ 、ニニニニニニ.}
.        _  ―<ニニニニニ /ニ/ニニニニ=:}ニニ{ニニニニ=\ニ\ニニニ/-┐
       乂    -= 、==/ニ/ニニニ.o.ニニ:}ニニ{ニニ o ニニ=\ニ\<   <
       r '    入/ニ/ニニニニニニ===:}ニニ{ニニニニニニ===)ニ彡へ.  )
       >、 (=-.、\(ニニ_//  ̄ 丶 ニノ= 八彡イ   ゝ-= へ/ソ/
     ,,<>'' ー/ニニゝ/  ̄ ノ    / (≦ニニニ≧} {    -)  ノ⌒´
   <>'    , ニニニ(   (ァ ¨¨ヽノ  {`¨¨¨¨´ 八 r ' ゝ=彡'
<>'      ./ニニニ/ =--'   (   V' |´⌒}/_,彡'
''       /ニニニ.'           .≧r- ' |   /´
      /,:ニニニ/     _  -=ニニ:.   {   ヽ=-  __
.    , <>{ニニニゝ---=≦ニニニニニ=-- {   、   ヽニニニニニ=-   __         _
.<> '    ,ニニニニニニニ=-  ¨      {   {≧ 、. ',     ¨  -==-、--===- ¨´
'        ゝ-=-  ¨             , ._ } ',  \,         ヾ\
                         ‘,/ ヽ ‘,ヽ ,         ヾ\
                         v ∧.} ‘,}.ハ           \;
                           〈.∧{   ‘,八             ヽ
                         '∨ :. _  } 、 }
                             , }:, :..、.}ノ .{
                              ',  , ,ヽ  :,
                           } }:.‘ Y:ヽ  }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ あの暗い迷宮の中で考えもしなかったこの想い。
┃ 私は善では無い。罪を犯した私が今更許される筈もない。
┃ もし私が人間だったのなら、なんて、恥知らずで場違いな願い事。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9481◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 20:58:02 ID:esgx3DLs0





                   __
                 ////{
                    ∨/,斗≦ハ
                  ∨{/////{
                      :∨///ハ
                      }∧////ゝ- .、    _  -━:.ヽ
                    '////入////∧斗≦:i:i:i:i:i:i≦=-....、
                   {//.>≦∨///∧ヽ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>
                   }/:i:i:i:i:/.∨///入_}ニニニニ _ ̄
                 /:i:i:i:i:i:i:i:{//ゞイニニニニニ7:i:i:i:i:i:i:i:i≧=- ..._
                   {:i:i:i:i:i:i:i:i:乂//ニニニニニニ}へ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
.                /:i:Ⅵ:i:i/}:./{:i:/三辷彡イヽ.  \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:彡'
                /:ィ:i:iⅥ:/ 斗'|:i:i:ir¨}:i:i:i:i:i:i:i:i:、  `¨¨¨¨¨¨¨¨´
.               l{ Ⅵ:iV ''{リ|:i:i:ヽ':i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                   `/:〉  小:i:i:i:iⅥ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\        .ィ
                   /:i:ゝ ノ圦{:i:i:i:i≧=----=ミ、:i:i:i:i≧=---≦彡'
.                   {:/ヽ:iヽ_ァ≧=ミ:i彡≦:i:i:i:i:i:i:iヾ :i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
.                   {彡'----=彡'.ノリ:i:∧≧=-<:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                       /ニニ{´ \_彡=--<:i:i:i)ノ:i:i:ir--ミ:i:i:i:i:i:) _
                        {ニ.八       ,''<:i:i:i:i≧=--------┰≦'////, ヽ
          _             .ⅥO.∧_、___   ',    ----=ニ二ニ彡'_///////∧
        へ '   \        /:{.ゞニニ(  ̄ ̄}__.}           ̄/:i:i:i:i/ ⌒Y////}
       /    \  \__    !o/  \ }    | ハ            /:i:i:i:i/    }'////!
     _ _' ). -----ヽ////// >-┴=-  _}    , /  }           /:i:i:i:i/     .}'///v
      ⌒ア    ̄ r≦/////{             =-    /          /:i:i:i:i/     /////;
    /:i:i乂 -=  >-=ミ彡' =- .r _             r'          ./:i:i:i/     //////
    ,:i/:/ ´⌒`´            }ニ}}≧=-  _ =-         へ./:i:/  __   //////
      ´                  {ニ{{ニニニニニ {        /ニニ //r≦二.}-<'/////
                      {ニヾニニニニニへ    ./ニニニ./''=彡≦ ̄ ̄ ̄)'///
                        乂ニ \=/ニニ=\_./ニニニニニ / __  ̄/)≦./シ’
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ それでも、なりたかった。
┃ 恥知らずだろうと、場違いだろうと……。
┃ それが叶わないなら、せめて知りたいのだ―――。

┃ ―――人間とは…………。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9482◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:01:11 ID:esgx3DLs0

Q:なぜミノス王じゃなくてその妻に呪いをかけたん?

A:だってあいつ、ゼウスの息子やし。
  パーシバエーの方もヘリオスの娘だけど、まだこっちの方が恐くないし。

とか多分、そんな理由じゃないかなぁ?
何か愛の女神の約定も破ったとかどこかで見かけた気がするけど。


9483名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:01:57 ID:7WrpI9Sw0
親が怖いから奥さんの方にするとか
ポセイドンヘタレか!


9485名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:04:50 ID:TlkAuSwg0
……さて、何言えばいいんだろうか


9487◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:10:36 ID:esgx3DLs0
>>9483 牛に変身して散歩中の王女を強姦。クレタ島に連れ去った後、
      嫁の嫉妬から王女を守るためにタロス+αな超古代兵器を送るのが、
     この神話の主神ですしおすし。
     なお、これでまだ理不尽度は低めという不具合。


9484◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:02:59 ID:esgx3DLs0









                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・











.


9486◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:06:21 ID:esgx3DLs0






 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
.                         └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
                  |        |            |______|      /|..  |____|
                  |        |                                   ! .|
 | ̄ ̄|         .   |____|                             |/
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                ロ      |    |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|                ̄ ̄               └┘□
    | |         |__|                   □       | ̄|
     \|                                       .  ̄             ロ
                              □         /|
                    □                |/              □    /|
 ロ        □                   ロ             ロ  .       |/
                 ロ      ロ              □
      ・                           ロ        ロ            □
         .    ・       ロ    .   ・      。       .  ロ







.


9488◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:11:20 ID:esgx3DLs0





                       - 、
                       ////\
                         ///////
                     /////// __
                       /////// .///\
                   /////// .//////〉
                 ,斗/////シ  { /////
                r≦////>''_  Ⅵ//ハ
               Ⅵ/////Y:i:i:i:i:i:i:i≧</∧
              _ Ⅹ///}/,}:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:\:}
            r≦ニニニ7彡'//リ:i:i:i/{:i:i:i:i:i:i:Ⅵハ
            >ニニニ/ニニ∧':i:i:i7¨笊::「:i:i:i:}:i:i:i∧__、
          /\ニニ{ニニニ.∧:i-=f示ヾ:Ⅳ:i/ミ:i:i:i:}ニニ>       ――――で、いい加減落ち着いたかしら?
         /:i:i:i/⌒}>:<ヽへ:i{ ̄  ` ヽ斥}:i:i:i| 弐
        ,.:i:i:i:/   _.} _.>::ヽ__.ハ      } /:i:i从:i:i\      話を進めたいんだけど?
.        /:i:i:i:/ .-=ァ:/:::<ヽ/_^ ',  r ⌒  八:{. }∧:i:i:i:\
       /:i:i:i:/  ̄/ィ/ <__>ソ \.ハ 、 / ./:i:i:i{   Ⅵ:i:i:i:i\
.      /:i:i:i:/   ´ .}へ ___>=-ァ-=↓┐.イ:i:i/:i:|   Ⅵ:i:i:i:i:i:\
     ,.:i:i:i:i:{      /:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i}ニニ }ニ |:i:i:}:i:/:i:八.    Ⅵ:i:i:i:i:ir‐ヽ
      {:i:i:i:ヘ{.     /:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i}== .l彡=-ノシ ̄}=ミx、   Ⅵ:i:i:i:i}
.    乂/  `   , :i:i:i:i:i:i:i:i:从:i:i|   .|、/ ''  /ニニ:}∧  }:i:i:∧ノ
          /: イ:i:i:/ /'}:i:i:,   .|Y:/ _/./ニニニ八:i\..}/
        _/''  /:i:i:{{'   .}:ノ,   |ゝ- ⌒ヽニ./イ:i:i:i:i:i\
       ⌒´   {:i:i:i:{{  /ニv     { /    }〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
.             {:i:i:i:i∨ニニ /     }    /ー、:i:i:i:i:i:i:i:i≧=ー―
.             ゝ<:/ニニ / {     } ./    }:i:i:i:i:i:i:i:i:i}
               '/ニ./ .{   .イ        }:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
               V/   乂_.,人   -=ニ「:i:i:i:i:i:i:i:i:i/
                 ヾ       ゞ≧s。._  ):i:i:i:i:i:i:/




         ____
       ,. -'"´      `¨ー 、
      /             \
    /                ',
   ./    U         , -‐ 、     ',    アッ、ハイ。すみません。
   l  ___ノ   '´     \   .l
    l  ( 乂ソ  ノ    ヾ==ツ     l
   .',    ,      ヽ  lilil u   /
     \   l   人_,/l      /`ヽ
   /  `ー、`ー´ 二二ノ    ‐'    ',.
  ./                     l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 訳の分からない夢の中―――。
┃ 黒のバーサーカーに宥められ、何とか落ち着きを取り戻した。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9489名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:11:39 ID:R.Bs7ysE0
カサンドラ(ボソッ


9490名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:11:52 ID:7WrpI9Sw0
知ってた(白目

ハデスさんマジ癒し


9491名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:12:51 ID:qxoa7Mz60
ハデスさんが一番の癒し系というのがギリシアクオリティー


9492◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:13:44 ID:esgx3DLs0
違う、島に連れ去った後でーですね。半端な知識で語るのはよそう(戒め)

>>9489 草も生えない件。 後ヘラクレス誕生秘話も割と悲惨。本当の夫の人が。


9493◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:15:21 ID:esgx3DLs0





.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l        ―――それで、えーっと。、
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l        何でバーサーカーが……アステリオスがここに?
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__   というか、ここ何処?
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|






                      /;,;/         |;,;,;,{
                     /;,;,'          {;,;,;,;,;,;、
                     /;,;/            Ⅵ;,;,;,;,;\
                   .イ;,;,/              \;,;,;,;,;,;ヽ
               ≦:彡''     .......---........      \;,;,;,;∧
            /;,;,;,;,;{____, .*:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧*.----Ⅵ;,;,}
           /;,;,;,;,;,;,イ;,;,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://;,;,;/;,;,;,Ⅵ;,!
            {;,;,;,;//;,;,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ;,;,{;,;,;,{;,;,;,;,;};,;,;{;、
           Ⅵ';,;,/;,;,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ;,|;,;,;,|;,;,;,;ノ;,;,;,};,}
                Y;,;,{;,;,,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ;,;,;,;乂辷彡'\       何でって、消滅して聖杯に吸収されたからでしょ。
            .ノl;,;,;|;,;,{:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ;,;,;,;,;,;,Yニニニニ _
           /.ニⅥ;,;, |:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:}:i:i__:i:i:iⅥ;,;,;,;,;, }ニニニニニニ_     だからここは聖杯の中。
           ゞニニニⅥ;, |:i:i:i:Ⅳ:{ Ⅵ:i:i:i:iハ:斗f笊リ }:i:i:i:i:!ゞイ彡ニニニニニ彡'
           辷彡' `¨Ⅳ:i芋笊¨Ⅵ:i:/ }:ノ ,斗f示丐:i:l'  |:i:i{ニニ=-r'':i:i:\
          /:i:i:i/    {从:爪示心ヾ'   “ 仡廴ノ:i:i:il  八:i:i:|   \:i:i:i:i\
.         /:i:i:i/     |:i:i:ハ V:し}       乂zシ|:i:i:il_,/:i:i:i:i:|    \:i:i:i:i\
        /:i:i:i/      .|:i:i:i:∧ゞ'´ {        |:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:il.      \:i:i:i:i\
       ,:i:i:i:i: '      |:i:i:i:i圦    _   -    .|:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i|.         \:i:i:i:i\
     /:i:i:/         .小|:i:i:i:i}.ゝ   `¨´  イ {|:i:i:i|:i:i:i:i:i:i小.          \:i:i:i:i:
.     /:i:i:/          /:i|:i|:i:i:i:i} |:i:≧s.。_ ィ/ニ 从:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:∧         ):i:i:ノ
    /:i/           /:i:イ |:i:i:i:, __|从:i:i:i} | /ニニ./' }:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:∧       /:i/
.  /''           ノ'' /:i:i|:i:i/ニニニ辷彡' 辷彡/二l:i:从-===ミx:i:从      /''
  {          /  /:i/|:i/ /ニゞ= Y = っニニ |:i/====ミニニヽヾ\    ./





.


9494◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:20:02 ID:esgx3DLs0









     i{ニ二/ニニニ/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`(ニニニニ7ニニニニニニニ
    从ニ/ニニ‐, : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :マニニ‐'ニニニニニニニニ
     ∨ニニ/: : :, : : : : : : :/! : : : : : : : : : :,i : : : : : : : :.マニ‐{ニニニニニニニニ
      {ニニ/: : :/,: :__: /. :/| : : : : : : : : /.! : : : : : : : : :‐ニ.乂ニニニニニニニ
      ニニ': : : ′: : ./ `メ、 | : : ,: : : : : :/ | : : : : : : : : : ニニニニ7⌒ー=≦_
     人ニi: : : ; : : : / {: ′`| : /.: : : : :/  .| : : : : } : : : . ニニニ7  ‘, `ヾ
   ,. イ  ヽ: : :.i: : : :ァ 〔 {  |: ' : : : : :/  ̄Τ:ケiー' : : : : }、ニニ.   ‘,
 ´       ' i : : :l : : :.⌒斥ミ、‘,{、: : : :/    .レ' |:/} : : : : :}:.\‐{
.       { .|{: : :| : : :.{ ′i´)}    \/   ァア示ミ、 : : : : }: :__`乂    i}     より正確に言えば2つある聖杯の内の
. \    { 从 : { :{ : :{ V^炒         ′弐ヾ,: : : : ;´_ .7:/ `  i}
   >、___j}⌒ヾ 、 : :、:‘, ` ´            { .i´)}/ : : : :,_ノ ./:/   ‘,       “赤の聖杯”の中なんだけど……。
  /.: : : :/   '^ \人{     '        乂ン'.: : : : :/ フ /:/     }
 ': : : : : /    .| : : :,               /.: .: : :/'´ .イ ′   }       どうやら気付いていないみたいだから教えてあげる。
 : : : : :/     i: : :込、   ヾ/{__,    厶ィ : :/_,.ィ: : 廴,,斗- ミ__,ノ
 : : : :/       .,'l: : : : : :\   _‐ニ;'  ´      }: : : /¦: : : : i.: : :{八
 : : : ′    / | : : : : : : : ._‐ニ/   /} < ': : :/.:.:|: : : : : | : : {、.:.ヽ
 : : :,      / : | : :}ヽ : : _‐ニ‐/ー=/_‐ノ   ;: : /.: .:.|: : : : : | : : {. \ム
 :. :i{.    / : : | : :}‐ム /ニ‐/: /ニ/   ,.. -‐rマ : :|: : : : : |: : :‘,  _ヾ
 :. :i{    厶イ :j.: .:}ニ/ニニ7/ニ/ ,.。s≦ニニノ:::}: : |: : : : : jI斗*''":::::`
 :. :i{..     ; :.i _ ,ニ7´⌒ '〈ニ/ イニニ>''´ :::::ノー┴‐=≦:::::::::::::::::::::::::::V
 、:八     /:/´:::,‐イ  ;  ヾくニニ>''´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  \ム Y´ ̄ /⌒,      ' ヽrイニ/乂___,,.. -=ニ二二二ミ 、::::::::::::
.   ヾ {   ./  /         ヽ/廴__」 、 ̄          ‘,.マ:::::::::
     ∧ ./  /             ,∠/´ __j:\\           } }:::::::::
.    //}'  ′        /⌒ヽ /´ :::::::::\\           } }:::::::::








.


9495名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:22:26 ID:TlkAuSwg0
お、説明してくれるのか
脱落した鯖がどういう基準でどっちの聖杯に入るのかも分かるかな?


9496◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:22:58 ID:esgx3DLs0










 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     .        |                |            |_______________|
            |     .        |                |                          |
            |     .        |                |                                |
            |          |________|                  □            |_______
            |                                                     | ̄|
            |                                            ̄
______|              ┌─┐        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                      │  │        |            |            | ̄ ̄ ̄ ̄|
                      └─┘        |            |            |        |
          □      | ̄ ̄ ̄ ̄|            |            |            |        |
           γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ..゙|____|
           |    ようするに……ここは貴方の中って事よ、聖杯さん?      |
 | ̄ ̄|....   乂___________________________ノ
 |__|                             | ̄ ̄|_         □           .        | ̄ ̄|
             ┌┐                     |__|  |                       _|__|
             └┘                 _____. |               ┌┐       |_|
    |\         | ̄ ̄|       /U::::::::::::::::::   \              └┘□
    | |         |__|     /  ::::::::::::::::::::::     \      | ̄|
     \|                    / ;;;;;-──::::::::::::──-   \.      ̄             ロ
                      / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
                    /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \            □    /|
 ロ        □      |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|    ロ  .       |/
                    |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
      ・           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /.... ロ            □
         .    ・..    \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /       .  ロ
                        〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈












.


9497名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:23:55 ID:R.Bs7ysE0
これでやる夫=サンの正体が分かるか これだけでも令呪止めた甲斐があったな…
あ、ところでさっきのアステリオスの過去ってやる夫も見てました?
見ていたとして、システムメッセージ欄(アステリオスの思考?)も見ちゃったんでしょうか


9498名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:24:32 ID:gz0AKoUM0
つまり・・・やる夫自分では願いが叶えられねえ!?
聖杯が勝手に願いを使ったら困るどころの話じゃないし、出来ないようにされてそう


9499◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:27:03 ID:esgx3DLs0





               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|     ハイ―――?
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉




             |\
             |\|
           リ⌒|         ,
           /⌒7        /{
            /⌒(´          {⌒\
       r‐j|{ア⌒> ‐‐‐- ミ   \ノ⌒:,
     ┌┴=;〉 /. : : : : :/: :〉: : .____)/ |
..     |ニニ/^/. :/. : : : :/: :/. : /⌒7^Yノ
     _,ア 厶.,| 二ト: / /: :厶 : ′ 厶ノ.-‐┐              血の巡りが悪いのかしら?
     \ニ〈 リ⌒沙 ∨-=云 : :|i: |/ニニニ|
      |{∨〉: :|      └‐/:,八__|ニ\ニニ7             もう一度言うけど、ここは貴方という聖杯の内側なの。
      人 /. :込、ゝ ァ  /: /⌒__,.>ア⌒):′
        /. :/⌒ ___,,.. /: /「 ̄: :| ∨⌒´\'.             脱落したサーヴァントの半数は“こっち”に、
   ー=彡  ´     |: : )/: /ニ| : : 八       \
        (  ___,.|://(/ニ‐: : : .  ___    r‐‐‐/⌒ヽ、     もう半分は“黒の聖杯”に送られる仕組みになっているのよ。
            ` ー=≦7V⌒, /ニ 〉,: . /ニヽ,/ニニニニニニ
           / }/ニ,|〈〉| |ニ ′|: :\ /ニニ / ニニニニ
         r‐く⌒〈|:ニj|〈〉| |ニ|{ ,∧:\___,ノ ニ/ ニニニニニ
         |  /⌒Y|jI斗j∧|{/ニ\(≧=一 -ニ/ニニニニ
            \f^Y rく⌒´ l∨|{⌒\ニニニニ/ニニ ______
           ア乂,____,,.. ノニリ^>-.⌒Y )jI斗 ニニニニニニ
        ┌‐‐く 八  \  \/´ ⌒ア^Y|〈ニニニニニニニニ
        |   ⌒)\_ノ〉  `ヽ {__,,ノ^ |ニ、ニニニニニニニ
        |      |ニ|  |\_____/ニ‐ ニ|ニ\ニニニニニニ
        人   r‐=ニ二二|  / ニニニニニニニニニニニニ
        ⌒\ |\ニニニ; ./ニ/ニニニニニニ:\ニニニニ
           \⌒\ニ 〈__,(/ニニニニニニニ¦ニ\ニ/
              }   \ニニニニニニニニニニ|ニ/⌒´






.


9500名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:28:36 ID:qxoa7Mz60
逆陣営の聖杯に入るとか最初から大戦仕様みたいだけど、わざわざ大戦にした理由とか分からないよね。
普通に願い叶えるだけならとっくにできてたのに


9501◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:28:54 ID:esgx3DLs0
>>9497 やる夫さん自身は見えてませんが、聖杯の機能でおぼろげに把握したという感じでしょうか?
      なお、メタ視点の情報は全て『啓示』の判断材料にしていただいて結構です。
      そして『啓示』とは安価の事を指します。


9502◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:33:34 ID:esgx3DLs0





    /:i:/                 {:i:i:i:i∧
.   /:i:/。r≦:≧.、----------、  Y:i:i:i:i:i\
   Ⅵ:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\: : : : : : : : : : <:.\:i:i:i:i:i:∧
_ ∧:i:r≦三7:i:i:i:i:iY: : : : : : : : : :\: Y:i:i:i:i:i:}
_ニニ≧Ⅵ∨ニ./:i:i:i:i:i:i:i}: : : : : : : : : : : :.ヽ:i:i:i:i:i:i{.
三辷彡Ⅵ.ゝイ:i:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : V:i:i:i:i∧
ニ/ニ/三{:i:i:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : : : V:i:i:i:i∧
ニニ/ニ.}ニ{:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:Ⅵ:i:i:i:i}
ゞへ彡イニ.{:i:i:i:イ: :/: \:}: : : : : : : : :/: : : : : :Ⅷ:i:i:i√三)
彡ヘ、彡}三{r' : : |:./{从: 木: {: : : : : :/: : : : : : :.}:i:i:i:/:<´
  ‘,  \l: : : :|'   ヾ{:./{: : : : :, :/斗--: : :}彡イ: : : : ≧s。 _  イ
    ‘, ヽ l: : : :{ゞx.、__ ´ ヾ'{:/ノ /:'イ: : :八ニ≧s。_: : : : : : : 彡'    まぁ、私もそれ以上の事は詳しく知らないから、
     }: 、 l: : : :|.  `冖'            ノ:从'ニ入z彡'   ̄ ̄
.   /: :.:ゝl: : : :|        { ヾ=彡イ:i/ ア                聞かれても答えられないんだけどね。
   /: : : : :.l: : : :|   、       /: :{:./´
.  /: : : : : :.l: : : :|\    -    イ: : :{:.{                   それに私にとって重要なのはそこじゃないし~。
 /: : _: : :.|:l: :从⌒> __   <{: : : :.:|:.{
. '/    .{从: : r<,,≧='-._) rヲ|: : :./:Ⅳ.
'       {  Ⅵ{ 込_)<>つ{ : : {: | 、:、
          ∧:.V丁丁丁-<∧Ⅳ: :{: l.  \:.、
         /∨  .{ { { l. 寸lⅣ {Y:.    \:.、
__,,        /∨.{  .{ { { }  ヾ. Ⅵ.{: :、    \:.、





            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
. .,'                        .l    ……やる夫からすれば最重要事項なんだけど。
  l   U.    (     人    .)    .l
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|




.


9503名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:34:22 ID:7WrpI9Sw0
もっと詳しくおねがいしやす!


9504名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:34:28 ID:TlkAuSwg0
そろそろ問いが来るか…


9505◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:38:03 ID:esgx3DLs0





.              /  //              | 人
            / //              ∨〉`、
              /⌒7′                   ∨〉`、
          //'゙⌒ヽ,/⌒>、  -――- ミ __r‐ . )\`、
          |{ / /_//. : : : / : : : : : .\\\⌒V|
          ┌‐人乂//___,/ /. : : /. : ′: : : : : : : .∨〉^V ,/|┐
       ___|二二ヽ,/___,/ /. : : / . : : : : : : : : : : : .∨〉. ∨/‐‐┐
      〈二二二二|{___,} |: | : : : : : :|: : : : : :|: l: :|: :∨〉 「´ 二 |
      ∨ /二/,乂_} |: |‐-iL: : :| :| : : __| 」L| : :|{ ^|\二/
.        ∨ /二..厶⌒V|: l: :八: :`:| :ト、´: リ: :| :| : :L〉┘ニ∨〉     そう、ご愁傷様。
       ∠二二/  〈`7∧:仁 \∧| 从/:∨:厶イ〉  ∨ニ\
        / :/       /. :/ ⌒^^    斗=ミ´リ:|./   Vニ/     それより質問に答えてあげたんだから、
        |: ′    ./. :/ハ ```  ′  、、、/:八    |∧|
          八(      /. :/. :人  丶   ノ   . : : : : .      丿     今度は私の質問に答えなさい。良いわね?
          \  . : : : :/⌒>      イ: |: : |: : : .
             /. : :/〉:/: : : :「\,爪二||: :|: : |\: : .ヽ
.          /. : :/ /:/: :∧丿ニ}|{二〉'゙:|: : l`ヽ\: . \
        __,∠: :  ´  /:厶斗く.二/ |{/ 八: :|⌒ヽ, `⌒`\
        ___       /, / ̄>二.〉Y〈二`、 ∨,   ノ^二'.
      〈 ⌒^トミ /_,// )/ニア゙〈/∧,〉、二\ { .n|// |''゙⌒〉
    ┌‐\__   |ニ|{ .//〈〉/  |{二}|. \〈〉\  |└し'^!/
     \ `⌒ `\|{//二/   :|{二}|    V二.〉, ゝ  _,/(




.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l        アステリオスの質問―――?
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l        それって人間の事が知りたいって事かお?
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|







.


9506◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:41:16 ID:esgx3DLs0





           |////∧      r-、
           |/////,'l      {'/,\
           }/////,'}     Ⅵ//\__
           ///////}     ∨///// ≧=- 、
.          ///////,/.       乂//////////ハ
         ///////シ          ̄ __  ̄}/}/∧
.        ///////   ,.斗-----=ミ/ヽ//ヽ.}/} //}
.         /////,/ ,..*:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\///,{/∨///
       //////{/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\/ ∨///
       ∨/// /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:Ⅵ:iハ/込イ{ xへ
.         ∨//,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:i:}:i:i:i:i:Ⅵ /ニニニニ\
         {/,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:}Ⅵ:i:i:iゞ'ニニニニニニ \
         { ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:ィ≦:i:iフ .}:i:i:i:i/ニニニニニニニニ=>          気が早いわよ、子ブタ。
       / }:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:_Ⅵ:i:i:i/}:i从' _}__;;:i:ゞ}彡イニニニ }ヘ
      /ニニ:|:i:i:i:i斗f笊:i:i{Ⅵ:i/.ノ'' xイ辷リ:i:i:i:i:i|≧=r=彡、:i:i:i\         確かにそれも重要だけど、この質問も同じぐらい重要なの。
.      〈ニニニニ|:i:i:i:i:i:l:i:i{ ,斗 `ヽ    `¨´ }:i:i:i:i:|:i:i:i:|   Ⅵ:i:i:iヽ
.      7ニニ=|:i:i:i:i从:イ {z少 {       }:i:i:i:i:|:i:i:i:|.     Ⅵ:i:i:iハ       でもそうね、ただ聞くだけじゃ面白くないし、
.      /:i:i:i:iハ:i:i:i:i{:i:iヾ:.      _  ィ   }:i:i:i:i:|:i:i:i:|.     Ⅵ:i:i:i:∧
     /:i:i:i:i/ }:i∧乂:i:i圦.     < _/   }:i:i:i:i:|:i:i:i:|       Ⅵ:i:i:i:∧      私の質問に答えてくれたら、
.    /:i:i:i:i/  .}/ }:ヽ:i:i:i:i:i\    ー   /}:i:i:i:i:|:i:i:i:|       Ⅵ:i:i:i:i∧
   /:i:i:i:i/  / .}:i:/ニニ }:i:ミ:i:≧s。 _ /rァ.}:i:i:i:i:|:i:i:i:|       Ⅷ:i:i:i:i∧     今度は貴方の質問に答えてあげるわ。
.  /:i:i:i:i/     ,:i:i{ニニニ}ハ- ''<:i:i:i:>.}:l八:i:i:i小:i:i:i{         }:i:i:i:i:i:i:i}
.. /:i:i:i:i/     /:i:i:{ニニニ廴:ヽ. __ヽ:i:i:i:i:i\_):i:i:i:iヽ∧.       }:i:i:ハ:i:i:i}
  {:i:i:i:i:{.    /:i:i:八ニニニニヽ=---ァ:\:i:i:i:i:}::r\:i:i:i:\、       ' ´ }:/
  {:i:i:i:i:l.     /:i:i:i:i:i:iヽニニニニ=_、 ゞ/=ヽ:i:r'\>.=\:i:i:i:ヾ, _      ノ'
. 乂:i{Ⅵ.   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i\=◆ ∧ヽ/ニニ }从    \):}、:i:i:i:i:彡'
    ` ヽ   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハニニ=∧.∨◆.!/     /''\ニ ̄








.


9507名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:44:05 ID:R.Bs7ysE0
―――問おう、


9508◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:44:24 ID:esgx3DLs0





     i{ニ二/ニニニ/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`(ニニニニ7ニニニニニニニ
    从ニ/ニニ‐, : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :マニニ‐'ニニニニニニニニ
     ∨ニニ/: : :, : : : : : : :/! : : : : : : : : : :,i : : : : : : : :.マニ‐{ニニニニニニニニ
      {ニニ/: : :/,: :__: /. :/| : : : : : : : : /.! : : : : : : : : :‐ニ.乂ニニニニニニニ
      ニニ': : : ′: : ./ `メ、 | : : ,: : : : : :/ | : : : : : : : : : ニニニニ7⌒ー=≦_
     人ニi: : : ; : : : / {: ′`| : /.: : : : :/  .| : : : : } : : : . ニニニ7  ‘, `ヾ
   ,. イ  ヽ: : :.i: : : :ァ 〔 {  |: ' : : : : :/  ̄Τ:ケiー' : : : : }、ニニ.   ‘,
 ´       ' i : : :l : : :.⌒斥ミ、‘,{、: : : :/    .レ' |:/} : : : : :}:.\‐{
.       { .|{: : :| : : :.{ ′i´)}    \/   ァア示ミ、 : : : : }: :__`乂    i}      質問はお互いに一度ずつね。
. \    { 从 : { :{ : :{ V^炒         ′弐ヾ,: : : : ;´_ .7:/ `  i}
   >、___j}⌒ヾ 、 : :、:‘, ` ´            { .i´)}/ : : : :,_ノ ./:/   ‘,        どう? 楽しそうだと思わない?
  /.: : : :/   '^ \人{     '        乂ン'.: : : : :/ フ /:/     }
 ': : : : : /    .| : : :,               /.: .: : :/'´ .イ ′   }
 : : : : :/     i: : :込、   ヾ/{__,    厶ィ : :/_,.ィ: : 廴,,斗- ミ__,ノ
 : : : :/       .,'l: : : : : :\   _‐ニ;'  ´      }: : : /¦: : : : i.: : :{八
 : : : ′    / | : : : : : : : ._‐ニ/   /} < ': : :/.:.:|: : : : : | : : {、.:.ヽ
 : : :,      / : | : :}ヽ : : _‐ニ‐/ー=/_‐ノ   ;: : /.: .:.|: : : : : | : : {. \ム
 :. :i{.    / : : | : :}‐ム /ニ‐/: /ニ/   ,.. -‐rマ : :|: : : : : |: : :‘,  _ヾ
 :. :i{    厶イ :j.: .:}ニ/ニニ7/ニ/ ,.。s≦ニニノ:::}: : |: : : : : jI斗*''":::::`
 :. :i{..     ; :.i _ ,ニ7´⌒ '〈ニ/ イニニ>''´ :::::ノー┴‐=≦:::::::::::::::::::::::::::V
 、:八     /:/´:::,‐イ  ;  ヾくニニ>''´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  \ム Y´ ̄ /⌒,      ' ヽrイニ/乂___,,.. -=ニ二二二ミ 、::::::::::::
.   ヾ {   ./  /         ヽ/廴__」 、 ̄          ‘,.マ:::::::::
     ∧ ./  /             ,∠/´ __j:\\           } }:::::::::
.    //}'  ′        /⌒ヽ /´ :::::::::\\           } }:::::::::






                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',    ……分からない質問には分からないって答えるお?
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ    それでも良いのなら―――。
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |






.


9509◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:50:08 ID:esgx3DLs0








    /:i:/                 {:i:i:i:i∧
.   /:i:/。r≦:≧.、----------、  Y:i:i:i:i:i\
   Ⅵ:{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\: : : : : : : : : : <:.\:i:i:i:i:i:∧
_ ∧:i:r≦三7:i:i:i:i:iY: : : : : : : : : :\: Y:i:i:i:i:i:}
_ニニ≧Ⅵ∨ニ./:i:i:i:i:i:i:i}: : : : : : : : : : : :.ヽ:i:i:i:i:i:i{.
三辷彡Ⅵ.ゝイ:i:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : V:i:i:i:i∧
ニ/ニ/三{:i:i:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : : : V:i:i:i:i∧
ニニ/ニ.}ニ{:i:i:i:i:i:i/: : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:Ⅵ:i:i:i:i}
ゞへ彡イニ.{:i:i:i:イ: :/: \:}: : : : : : : : :/: : : : : :Ⅷ:i:i:i√三)
彡ヘ、彡}三{r' : : |:./{从: 木: {: : : : : :/: : : : : : :.}:i:i:i:/:<´
  ‘,  \l: : : :|'   ヾ{:./{: : : : :, :/斗--: : :}彡イ: : : : ≧s。 _  イ    よろしい、物わかりの良い子ブタは好きよ。
    ‘, ヽ l: : : :{ゞx.、__ ´ ヾ'{:/ノ /:'イ: : :八ニ≧s。_: : : : : : : 彡'
     }: 、 l: : : :|.  `冖'            ノ:从'ニ入z彡'   ̄ ̄        それじゃあ早速だけど第一問ね。
.   /: :.:ゝl: : : :|        { ヾ=彡イ:i/ ア
   /: : : : :.l: : : :|   、       /: :{:./´                  まずは軽いジャブから行きましょうか…。
.  /: : : : : :.l: : : :|\    -    イ: : :{:.{
 /: : _: : :.|:l: :从⌒> __   <{: : : :.:|:.{
. '/    .{从: : r<,,≧='-._) rヲ|: : :./:Ⅳ.
'       {  Ⅵ{ 込_)<>つ{ : : {: | 、:、
          ∧:.V丁丁丁-<∧Ⅳ: :{: l.  \:.、
         /∨  .{ { { l. 寸lⅣ {Y:.    \:.、
__,,        /∨.{  .{ { { }  ヾ. Ⅵ.{: :、    \:.、








.


9510◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 21:54:31 ID:esgx3DLs0




             |\
             |\|
           リ⌒|         ,
           /⌒7        /{
            /⌒(´          {⌒\
       r‐j|{ア⌒> ‐‐‐- ミ   \ノ⌒:,
     ┌┴=;〉 /. : : : : :/: :〉: : .____)/ |
..     |ニニ/^/. :/. : : : :/: :/. : /⌒7^Yノ
     _,ア 厶.,| 二ト: / /: :厶 : ′ 厶ノ.-‐┐            貴方は今まで自分が聖杯だって知らなかったみたいだけど。
     \ニ〈 リ⌒沙 ∨-=云 : :|i: |/ニニニ|
      |{∨〉: :|      └‐/:,八__|ニ\ニニ7           自分が聖杯だって知った時、どう思ったのかしら?
      人 /. :込、ゝ ァ  /: /⌒__,.>ア⌒):′
        /. :/⌒ ___,,.. /: /「 ̄: :| ∨⌒´\'.           正直な感想を聞かせて欲しいわ。
   ー=彡  ´     |: : )/: /ニ| : : 八       \
        (  ___,.|://(/ニ‐: : : .  ___    r‐‐‐/⌒ヽ、
            ` ー=≦7V⌒, /ニ 〉,: . /ニヽ,/ニニニニニニ
           / }/ニ,|〈〉| |ニ ′|: :\ /ニニ / ニニニニ
         r‐く⌒〈|:ニj|〈〉| |ニ|{ ,∧:\___,ノ ニ/ ニニニニニ
         |  /⌒Y|jI斗j∧|{/ニ\(≧=一 -ニ/ニニニニ
            \f^Y rく⌒´ l∨|{⌒\ニニニニ/ニニ ______
           ア乂,____,,.. ノニリ^>-.⌒Y )jI斗 ニニニニニニ
        ┌‐‐く 八  \  \/´ ⌒ア^Y|〈ニニニニニニニニ
        |   ⌒)\_ノ〉  `ヽ {__,,ノ^ |ニ、ニニニニニニニ
        |      |ニ|  |\_____/ニ‐ ニ|ニ\ニニニニニニ
        人   r‐=ニ二二|  / ニニニニニニニニニニニニ
        ⌒\ |\ニニニ; ./ニ/ニニニニニニ:\ニニニニ
           \⌒\ニ 〈__,(/ニニニニニニニ¦ニ\ニ/
              }   \ニニニニニニニニニニ|ニ/⌒´





            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ※行動安価 22:04:00の一番上~2つ
┃ 何と言いますか?
┃ (次にする質問一つも同時にどうぞ)

┃ 啓示安価……失敗!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9511名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:55:44 ID:qxoa7Mz60
まあ、まずはやる夫からしたら聖杯って何?
って感じかな。


9512名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:57:02 ID:7WrpI9Sw0
聖杯自体はキャスター達から聞いてるんじゃない?


9513名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:57:16 ID:R.Bs7ysE0
聖杯が何かは既に分かっているし=人間でなかったってわかった
要は、自分が人間でないとわかってNDK?NDK?ってことを聞きたいのかな


9514名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:58:57 ID:TlkAuSwg0
いや「聖杯=人間じゃない」というわけではないと思うが
聖杯としての機能するよう改造はされてるか、そういう存在として作られたのかは分からないけど


9515名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:59:42 ID:gz0AKoUM0
自分の体が謎物体で出来てて謎機能を持ってたとか気持ち悪い。
質問:貴方が入ってきた時くそ痛かったんだけど7体も入って自分は無事で済むの?


9516名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 21:59:44 ID:hAw3KgHA0
聖杯を埋め込まれたただの人間という可能性もあるぜ


9517名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:00:26 ID:qxoa7Mz60
聖杯自体は説明されてても、自分が聖杯とか言われても普通理解できないと思うな。
聖杯の器とかその辺の説明はされてないだろうし。


9518名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:04:25 ID:7WrpI9Sw0
怖いと思った

自分の身体がいつの間にか自分の知らない事になって
この戦争から逃げるつもりはなかったけど、さらに狙われる立場になったんじゃないかとか
色々あるけど、ただ、怖いと思った

質問、いつまでバーサーカーさんやる夫の意識下にいれるんです?


9519名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:04:29 ID:R.Bs7ysE0
やる夫はつい先日まで一般人だったお だから、聖杯についての認識も間違っているかもしれないけど…
多分やる夫は元から人間じゃなかったか、もしくは改造か何かをされた、ってことなんだおね
正直、ショックではあるけれど…それだけだお
やる夫はこの10年間人間として生きてきて、絆を育んできた
例え人間でなかったとしても、やる夫がこれまで人間として生きてきたことは変わらないお

質問は黒のライダー陣営について教えて欲しい


9520名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:04:47 ID:TlkAuSwg0
戸惑いかな……? 
そもそも聖杯だと言われても、具体的にどういうモノなのか理解できてないし

次にする質問:聖杯とは具体的にどういうモノなのか


9521名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:06:43 ID:TlkAuSwg0
板重すぎ…… そしてこれ意思統一しないと支離滅裂になりそうね
特に次の質問とかも一緒に考えないといけないのはキツイ


9522名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:08:21 ID:qxoa7Mz60
やっとリロードできた。
最近マジで重いな。リロすら上手くいかないわ


9523名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:10:06 ID:R.Bs7ysE0
意思統一は20分くらいはもらわないと無理やでw


9524名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:10:51 ID:TlkAuSwg0
確かに考えること多いし時間足りないか……


9525◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:11:38 ID:esgx3DLs0





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  やる夫はつい先日まで一般人だったお。   |
  乂___________________ノ



                            γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                            |   だから、聖杯についての認識も間違っているかもしれないけど……。     |
                             乂________________________________ノ







              ._____
         ,,.. ' ´            `・ .,
       ., ・´                \
     ./ /7 ̄i=、_  ヽ ヽ          \
      /.  ,イヽ.,'  .l  !`ヽ } }  u       ',
    ./..  l  〉  丶 l  |ヘ            .',     多分やる夫は元から人間じゃなかったか、
.     l   ノ ,'      丶i        /      l
.     l   〈  l         |     /;;;;,,,,      l     もしくは改造か何かをされた、ってことなんだおね。
.     {  ...|             | 、_ィ´;;;;;;;;;;;;;;;;;;    }
    ',   .l          ,'    ヽ         /      自分の身体が、いつの間にか自分の知らない事になっていているなんて
    ..', ノ `ヽ        .,'     }      /
.       ヽ〉、_l__     .,'人    ノ     /       率直に言って恐いと思ったお……。
   _,. < .r'´    `ー-、.,'_  ー '   ,. < > .,_
. <    .,'           .ヘ、     ,. <   /   > .,_
     .,'           ヘヘ  ∧   /        > .,
    /              ヘl.  | マ /               \
   .〈                 ヘ. |  ∨
    V ̄`ー-、          .! |







.


9526名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:12:42 ID:7WrpI9Sw0
今回に関してはニュアンスって感じだしなぁ・・・
意志統一するってのも変な話だとは思う

質問に関しては今の内に考えておく?
とりあえず、最初の質問の意図は実際一緒に行動してた方がわかりやすいと思うし
いきなり消えられても焦るしとか思って聞いたけど

黒の陣営の事はほかの人が聞いたし・・・


9527◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:18:15 ID:esgx3DLs0








                      γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                      |   ―――でも、それだけだお。      |
                       乂________________ノ



                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /    正直、ショックではあるけれど……
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;   やる夫はこの10年間、人間として生きてきて絆を育んできた。
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ   例え人間でなかったとしても、
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐   やる夫がこれまで人間として生きてきたことは変わらないお。
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7




                       - 、
                       ////\
                         ///////
                     /////// __
                       /////// .///\
                   /////// .//////〉
                 ,斗/////シ  { /////
                r≦////>''_  Ⅵ//ハ
               Ⅵ/////Y:i:i:i:i:i:i:i≧</∧
              _ Ⅹ///}/,}:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:\:}
            r≦ニニニ7彡'//リ:i:i:i/{:i:i:i:i:i:i:Ⅵハ
            >ニニニ/ニニ∧':i:i:i7¨笊::「:i:i:i:}:i:i:i∧__、
          /\ニニ{ニニニ.∧:i-=f示ヾ:Ⅳ:i/ミ:i:i:i:}ニニ>         …………。
         /:i:i:i/⌒}>:<ヽへ:i{ ̄  ` ヽ斥}:i:i:i| 弐
        ,.:i:i:i:/   _.} _.>::ヽ__.ハ      } /:i:i从:i:i\
.        /:i:i:i:/ .-=ァ:/:::<ヽ/_^ ',  r ⌒  八:{. }∧:i:i:i:\
       /:i:i:i:/  ̄/ィ/ <__>ソ \.ハ 、 / ./:i:i:i{   Ⅵ:i:i:i:i\
.      /:i:i:i:/   ´ .}へ ___>=-ァ-=↓┐.イ:i:i/:i:|   Ⅵ:i:i:i:i:i:\
     ,.:i:i:i:i:{      /:i:i:i:i:i:i:|:i:i:i}ニニ }ニ |:i:i:}:i:/:i:八.    Ⅵ:i:i:i:i:ir‐ヽ
      {:i:i:i:ヘ{.     /:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i}== .l彡=-ノシ ̄}=ミx、   Ⅵ:i:i:i:i}
.    乂/  `   , :i:i:i:i:i:i:i:i:从:i:i|   .|、/ ''  /ニニ:}∧  }:i:i:∧ノ
          /: イ:i:i:/ /'}:i:i:,   .|Y:/ _/./ニニニ八:i\..}/
        _/''  /:i:i:{{'   .}:ノ,   |ゝ- ⌒ヽニ./イ:i:i:i:i:i\
       ⌒´   {:i:i:i:{{  /ニv     { /    }〃:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\






.


9528◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:19:57 ID:esgx3DLs0





                      /;,;/         |;,;,;,{
                     /;,;,'          {;,;,;,;,;,;、
                     /;,;/            Ⅵ;,;,;,;,;\
                   .イ;,;,/              \;,;,;,;,;,;ヽ
               ≦:彡''     .......---........      \;,;,;,;∧
            /;,;,;,;,;{____, .*:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧*.----Ⅵ;,;,}
           /;,;,;,;,;,;,イ;,;,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i://;,;,;/;,;,;,Ⅵ;,!
            {;,;,;,;//;,;,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ;,;,{;,;,;,{;,;,;,;,;};,;,;{;、
           Ⅵ';,;,/;,;,/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ;,|;,;,;,|;,;,;,;ノ;,;,;,};,}
                Y;,;,{;,;,,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ;,;,;,;乂辷彡'\
            .ノl;,;,;|;,;,{:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ;,;,;,;,;,;,Yニニニニ _
           /.ニⅥ;,;, |:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:}:i:i__:i:i:iⅥ;,;,;,;,;, }ニニニニニニ_       ……まぁ、良いわ。
           ゞニニニⅥ;, |:i:i:i:Ⅳ:{ Ⅵ:i:i:i:iハ:斗f笊リ }:i:i:i:i:!ゞイ彡ニニニニニ彡'
           辷彡' `¨Ⅳ:i芋笊¨Ⅵ:i:/ }:ノ ,斗f示丐:i:l'  |:i:i{ニニ=-r'':i:i:\      それじゃ次は貴方の質問よ。
          /:i:i:i/    {从:爪示心ヾ'   “ 仡廴ノ:i:i:il  八:i:i:|   \:i:i:i:i\
.         /:i:i:i/     |:i:i:ハ V:し}       乂zシ|:i:i:il_,/:i:i:i:i:|    \:i:i:i:i\    何でも好きな事を聞きなさい?
        /:i:i:i/      .|:i:i:i:∧ゞ'´ {        |:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:il.      \:i:i:i:i\
       ,:i:i:i:i: '      |:i:i:i:i圦    _   -    .|:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i|.         \:i:i:i:i\
     /:i:i:/         .小|:i:i:i:i}.ゝ   `¨´  イ {|:i:i:i|:i:i:i:i:i:i小.          \:i:i:i:i:
.     /:i:i:/          /:i|:i|:i:i:i:i} |:i:≧s.。_ ィ/ニ 从:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:∧         ):i:i:ノ
    /:i/           /:i:イ |:i:i:i:, __|从:i:i:i} | /ニニ./' }:i:i:|:i:i:i:i:i:i:i:i:∧       /:i/
.  /''           ノ'' /:i:i|:i:i/ニニニ辷彡' 辷彡/二l:i:从-===ミx:i:从      /''
  {          /  /:i/|:i/ /ニゞ= Y = っニニ |:i/====ミニニヽヾ\    ./
      /⌒Y⌒ヽ   /  l/ ./ニニ辷彡'ゞ、>ニニ∧.ノ''       \=∧. \:.
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ※行動安価↓5
┃ どちらの質問をしますか?

┃ 1.いつまでバーサーカーさんやる夫の意識下にいれるんです?
┃ 2.黒のライダー陣営について教えて欲しい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9529名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:20:31 ID:7WrpI9Sw0



9530名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:21:10 ID:TlkAuSwg0



9531名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:22:18 ID:7WrpI9Sw0



9532名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:22:21 ID:R.Bs7ysE0
2、かな


9533名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:22:33 ID:TlkAuSwg0
1  2は知らんかもしれんしなー


9534◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:27:22 ID:esgx3DLs0





                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈    ……じゃあ、何時までアステリオスはやる夫の意識下にいれるんです?
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|







       /:://  ___ 斗≦:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i//:::/::::Ⅵ
       イ=彡'=イ:::::/:::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{::::/:::/::::::∧
.    /:イ::::::::::: /:::::{/:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i|:::{::::{::::::::::}::}
    {::{:::::::::::::::::/:::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/{:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i| |:::{::::{:::::::::ノ::}
.     V::::::::::::::::{:::::/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i斗十:i:i:i:i:/:i:i:i:i:| |:::{::::{::::/::/
.     V::::::::::::::{: /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/|:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:/:i/  .|:i:i:i:iイ__:i:i:i:i| {:::{::::{乂:イ{
       <::::::::|/:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:/ .|:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i∠斗示≦ミx:i:i:i:i:i:|:从:::::::/}ニ=
.         ̄/:i:}:i:i:i:i:i{:i:i:i:/_|:i:i/{:i:i:i:i:i:i:i:i:/“ ん  .心 |ヾ:i:i:i:i:|:i:i:i/  ,二ニ
.         //:i:i:}:i:i:i:i:il:i:i:/   .|:i/ .|:i:i:i:i:i:i/     rイ し  }.|:i:i:i:i:i:i|/ /} .,ニニニ    あら、何よ子ブタ?
      /ニ/:i:i:i:}:i:i:--==≦=示示.Ⅵ:i:/     V 辷.リ |:i:i:i:i:i:i| / / ∧ニニ
     /ニニムイ:i:iⅥ:i:〃/  つ 心ヾ´        .ゞ- ´` |:i:i:i:i:i:i|./ / .∧ニニニ    そんなに私と一緒に居たいの?
   /ニニニニニ}-=≦ニ}:i:i{.     {  し }              |:i:i:i:i:i:i| ./ .イニニニニ
    ゞニニニニ从ニニニニ}:i:i}    乂z少'          -.、 〃〃|:i:i:i:i:i:i| / ./ノニニニニ
     7-==彡入ニニニ|:i::.     ´      / ∨   i   .|:i:i:i:i:i:i|rイ:i{ニ/ゞイ:i:
    {:i:i:i:i/    ´辷|:i:入  〃〃     /      ,     |:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:iゞ   |:i:i
    |:i:i:i/      .|:i:i:i:Y         、     /_.ハハ |:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i|   }:i:i
    |:i:i:i{        |:i:i:抓           `¨¨´  ///// .|:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i|  イ:i/
     乂:i{        |:i:i:i:i::.、              /{///// 小:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:i|. ノ'''    ドヤァ
       `¨´      .|:i:i:i:i:i:i≧=----------:..、 //へ.//:i/:i:i:i:i:i:i:i:i|:i:i:i:i:i|
                |:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{ ' _  ゞ{:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i|







.


9535名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:28:49 ID:R.Bs7ysE0
そりゃ、居なくなる=消滅ですしね


9536名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:29:56 ID:7WrpI9Sw0
戦いにためらったりするつもりはなかったけど
話せる余地あるのに見殺しにってのは目覚め悪いからなぁ


9537名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:31:30 ID:TlkAuSwg0
板超重い…… 
アステリオスはスタンス的に戦略とかはフェイト任せで敵陣営の情報はあまりもってなさそう


9538名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:31:04 ID:qxoa7Mz60
令呪的に戦争中は居そうだけど、令呪二画でそこまでのことが出来るのだろうか。


9539◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:32:21 ID:esgx3DLs0





                         }'/,} .{////////
                         人/} .{///////
                      _.。r≦//リ .{//////
                     __。r≦//////  {//// {
              ////ニ=--------=ミ  {////入
               / .>.:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧s.。_“<≧=--、
            }./:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≧xハ//// }:、
           /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/// }////}'∧
.          イ/:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:/:i:iハ///}////}'/∧
       /ニ./:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:/:i:i:i{ /// }////}// }i:、
.      r≦ニニニ':i:i:i:i:i:i∠{:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:/:i:i:i:i{ /// }////}// }:i∧       私の美貌の虜になるのは分からなくもないけど、
     乂ニニニ.':i:i:i:{:i:/  lヽ:/{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:i:i:/:i:i:i:i:i:}////}彡イ////{:i:i∧
       /ニニニ{:i:i{:i{:/   .!:i:' .{:i:i:i:i:i:i:i:i∠ --,:i:i:i:i:i:i:l∨//ニYヽ≦ニニニミ∧      気をしっかりもちなさい?
.       ̄ ̄/从{:i:{ _   ヾ{ Ⅵ:i:i:>' }:i:i:i/:i:i:i:i:i:i:i{:iゞ, ニニニニニニニニニ/:∧
         /:i:i:i|:i十ヾx___`  ゞ'     }彡'}:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:, ニニニニニニニニニ.):i:∧     貴方は今、私と言う名の恋の迷宮に
.        /:i:i:i:i>.-':.:.:`⌒´    __.r、   }:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i{ニニニニニニニニニ/:i:i:i:i∧
       /:i:i:i:i:{ :.:.:.:.:.:   {    ⌒ヾ==彡}:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i>、ニニニニニニニ{:i:i:i:i:i:i∧    片足を踏み入れてしまったんだから……。
.      /:i:i:i:i:i:iゝ     乂人 ,  .:.:.:.:.:.: }:i:i:i:i:i:i:i:i{'  /}ニニニニニ彡':}:i:i:i:i:i:i:∧
     {:i:i:i:i:i:i:i:i|:i>.。   {::::丁       }:i:i:i:i:i:i:i:i{_,/:i:≧=-=≦:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:∧
.    八:i:i:i{:i:i:i:i|:i:i:i:i:i:i=- `¨ _      .}:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
        ヾ:i:i⌒ 小:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:ifヾv'::):i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i八:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
       `   .{:i:i:i:i:i:i:人:i:i:i:i:iノゝ}{:辷:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i≧=-‐‐ァ:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}
.            Ⅵ:i:i:i:i:i:i:≧≦:i:><><:i:i:i:}:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/:i:i:i:i:i:i:/イ}:i:i:i:i彡イノ





..      ____
     / ―  -\
.  . /  (●)  (●)
  /     (__人__) \     ……それより質問の答えはよ。
  |       ` ⌒´   |
.  \           /
.   ノ         \
 /´            ヽ





.


9540名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:33:05 ID:qxoa7Mz60
貴方は今、私と言う名の恋の迷宮に(キリッ


9541名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:33:27 ID:7WrpI9Sw0
(チョロそうだ)


9542◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:38:36 ID:esgx3DLs0





             |\
             |\|
           リ⌒|         ,
           /⌒7        /{
            /⌒(´          {⌒\
       r‐j|{ア⌒> ‐‐‐- ミ   \ノ⌒:,
     ┌┴=;〉 /. : : : : :/: :〉: : .____)/ |
..     |ニニ/^/. :/. : : : :/: :/. : /⌒7^Yノ
     _,ア 厶.,| 〕iト : / /: :厶斗  厶ノ -‐┐             何よ、ノリの悪い子豚ね。
     \ニ〈 リ⌒沙 ∨-=云 : :|i: |/ニニニ|
      |{∨〉: :|      └‐/:,八__|ニ\ニニ7            質問の答えだけど、令呪二画の魔力が尽きるまでは、
      人 /. :込、 r‐ 、 /: /⌒__,.>ア⌒):′
        /. :/⌒ ___,,.. /: /「 ̄: :| ∨⌒´\'.            私はここに留まる事が出来るわ。
   ー=彡  ´     |: : )/: /ニ| : : 八       \
        (  ___,.|://(/ニ‐: : : .  ___    r‐‐‐/⌒ヽ、    ここだとほとんど魔力を消費する事も無いから、
            ` ー=≦7V⌒, /ニ 〉,: . /ニヽ,/ニニニニニニ
           / }/ニ,|〈〉| |ニ ′|: :\ /ニニ / ニニニニ    この聖杯大戦の間中ぐらいは余裕で留まっていられるわよ?
         r‐く⌒〈|:ニj|〈〉| |ニ|{ ,∧:\___,ノ ニ/ ニニニニニ
         |  /⌒Y|jI斗j∧|{/ニ\(≧=一 -ニ/ニニニニ
            \f^Y rく⌒´ l∨|{⌒\ニニニニ/ニニ ______
           ア乂,____,,.. ノニリ^>-.⌒Y )jI斗 ニニニニニニ
        ┌‐‐く 八  \  \/´ ⌒ア^Y|〈ニニニニニニニニ
        |   ⌒)\_ノ〉  `ヽ {__,,ノ^ |ニ、ニニニニニニニ
        |      |ニ|  |\_____/ニ‐ ニ|ニ\ニニニニニニ
        人   r‐=ニ二二|  / ニニニニニニニニニニニニ
        ⌒\ |\ニニニ; ./ニ/ニニニニニニ:\ニニニニ
           \⌒\ニ 〈__,(/ニニニニニニニ¦ニ\ニ/
              }   \ニニニニニニニニニニ|ニ/⌒´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 意識の主導権はやる夫側にある為、
┃ 基本的にやる夫を害する事は出来ず、
┃ 例外を除けばやる夫の意識が無い時ぐらいしか、
┃ 会話する事は出来ないだろうとのこと。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9543名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:40:01 ID:7WrpI9Sw0
つまり寝てる時だけか

なら、一日の中で疑問に思ったことを聞いてくれるようにしてもらえばいいか


9544名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:41:31 ID:R.Bs7ysE0
>>9541
というかこの娘、口説いた経験も口説かれた経験も0っていうか人間関係ほぼ0だしね…


9545◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:41:32 ID:esgx3DLs0





                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,    つまり、これから毎晩会話するかもしれないと―――?
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ





.              /  //              | 人
            / //              ∨〉`、
              /⌒7′                   ∨〉`、
          //'゙⌒ヽ,/⌒>、  -――- ミ __r‐ . )\`、
          |{ / /_//. : : : / : : : : : .\\\⌒V|
          ┌‐人乂//___,/ /. : : /. : ′: : : : : : : .∨〉^V ,/|┐
       ___|二二ヽ,/___,/ /. : : / . : : : : : : : : : : : .∨〉. ∨/‐‐┐
      〈二二二二|{___,} |: | : : : : : :|: : : : : :|: l: :|: :∨〉 「´ 二 |      こんな美少女が毎晩夢枕に立つなんて嬉しいでしょ、子豚?
      ∨ /二/,乂_} |: |‐-iL: : :| :| : : __| 」L| : :|{ ^|\二/
.        ∨ /二..厶⌒V|: l: :八: :`:| :ト、´: リ: :| :| : :L〉┘ニ∨〉      それはそうと、今度は私が質問する番ね。
       ∠二二/  〈`7∧:仁 \∧| 从/:∨:厶イ〉  ∨ニ\
        / :/       /. :/ ⌒^^    斗=ミ´リ:|./   Vニ/      さて、それじゃあ次は……。
        |: ′    ./. :/ハ ```  ′  、、、/:八    |∧|
          八(      /. :/. :人  丶   ノ   . : : : : .      丿
          \  . : : : :/⌒>      イ: |: : |: : : .
             /. : :/〉:/: : : :「\,爪二||: :|: : |\: : .ヽ
.          /. : :/ /:/: :∧丿ニ}|{二〉'゙:|: : l`ヽ\: . \
        __,∠: :  ´  /:厶斗く.二/ |{/ 八: :|⌒ヽ, `⌒`\
        ___       /, / ̄>二.〉Y〈二`、 ∨,   ノ^二'.
      〈 ⌒^トミ /_,// )/ニア゙〈/∧,〉、二\ { .n|// |''゙⌒〉
    ┌‐\__   |ニ|{ .//〈〉/  |{二}|. \〈〉\  |└し'^!/
     \ `⌒ `\|{//二/   :|{二}|    V二.〉, ゝ  _,/(







.


9546名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:42:30 ID:qxoa7Mz60
今作の獣殿枠か。
次に鯖取り込むまでに魔力上げないと爆発するとか言われるな


9547名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:43:18 ID:TlkAuSwg0
つまりコミュの機会が増えると…… 啓司さん折衷案にしておいてよかったな


9548名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:43:58 ID:hAw3KgHA0
あ、時間制限きたか


9549◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:45:44 ID:esgx3DLs0









     i{ニ二/ニニニ/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`(ニニニニ7ニニニニニニニ
    从ニ/ニニ‐, : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :マニニ‐'ニニニニニニニニ
     ∨ニニ/: : :, : : : : : : :/! : : : : : : : : : :,i : : : : : : : :.マニ‐{ニニニニニニニニ
      {ニニ/: : :/,: :__: /. :/| : : : : : : : : /.! : : : : : : : : :‐ニ.乂ニニニニニニニ
      ニニ': : : ′: : ./ `メ、 | : : ,: : : : : :/ | : : : : : : : : : ニニニニ7⌒ー=≦_
     人ニi: : : ; : : : / {: ′`| : /.: : : : :/  .| : : : : } : : : . ニニニ7  ‘, `ヾ
   ,. イ  ヽ: : :.i: : : :ァ 〔 {  |: ' : : : : :/  ̄Τ:ケiー' : : : : }、ニニ.   ‘,
 ´       ' i : : :l : : :.⌒斥ミ、‘,{、: : : :/    .レ' |:/} : : : : :}:.\‐{
.       { .|{: : :| : : :.{ ′i´)}    \/   ァア示ミ、 : : : : }: :__`乂    i}     貴方は気付いた時には聖杯になっていたって言ったけど、
. \    { 从 : { :{ : :{ V^炒         ′弐ヾ,: : : : ;´_ .7:/ `  i}
   >、___j}⌒ヾ 、 : :、:‘, ` ´            { .i´)}/ : : : :,_ノ ./:/   ‘,       それじゃあ、貴方を聖杯にした“誰か”がいるって事よね?
  /.: : : :/   '^ \人{     '        乂ン'.: : : : :/ フ /:/     }
 ': : : : : /    .| : : :,               /.: .: : :/'´ .イ ′   }
 : : : : :/     i: : :込、   ヾ/{__,    厶ィ : :/_,.ィ: : 廴,,斗- ミ__,ノ    そいつは貴方の意志とは無関係に
 : : : :/       .,'l: : : : : :\   _‐ニ;'  ´      }: : : /¦: : : : i.: : :{八
 : : : ′    / | : : : : : : : ._‐ニ/   /} < ': : :/.:.:|: : : : : | : : {、.:.ヽ        貴方の運命をこの血塗られた大戦に参加するよう決定づけた。
 : : :,      / : | : :}ヽ : : _‐ニ‐/ー=/_‐ノ   ;: : /.: .:.|: : : : : | : : {. \ム
 :. :i{.    / : : | : :}‐ム /ニ‐/: /ニ/   ,.. -‐rマ : :|: : : : : |: : :‘,  _ヾ
 :. :i{    厶イ :j.: .:}ニ/ニニ7/ニ/ ,.。s≦ニニノ:::}: : |: : : : : jI斗*''":::::`
 :. :i{..     ; :.i _ ,ニ7´⌒ '〈ニ/ イニニ>''´ :::::ノー┴‐=≦:::::::::::::::::::::::::::V
 、:八     /:/´:::,‐イ  ;  ヾくニニ>''´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  \ム Y´ ̄ /⌒,      ' ヽrイニ/乂___,,.. -=ニ二二二ミ 、::::::::::::
.   ヾ {   ./  /         ヽ/廴__」 、 ̄          ‘,.マ:::::::::
     ∧ ./  /             ,∠/´ __j:\\           } }:::::::::
.    //}'  ′        /⌒ヽ /´ :::::::::\\           } }:::::::::










.


9550名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:46:43 ID:TlkAuSwg0
次の質問内容も並行して考えないといかんか……


9551名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:47:37 ID:qxoa7Mz60
造られたか改造されたかはまだ分からないし、あんまり関係ないけど、そんなこと出来る人とか
一人しかいないじゃないですかー


9552名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:47:45 ID:R.Bs7ysE0
質問はトレーズの容姿を見たことは有るか、有るなら詳しく教えて欲しい、とか


9553◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 22:48:51 ID:esgx3DLs0





           |////∧      r-、
           |/////,'l      {'/,\
           }/////,'}     Ⅵ//\__
           ///////}     ∨///// ≧=- 、
.          ///////,/.       乂//////////ハ
         ///////シ          ̄ __  ̄}/}/∧
.        ///////   ,.斗-----=ミ/ヽ//ヽ.}/} //}
.         /////,/ ,..*:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\///,{/∨///
       //////{/:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\/ ∨///
       ∨/// /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ:i:i:i:i:Ⅵ:iハ/込イ{ xへ
.         ∨//,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iⅥ:i:i:i:i:}:i:i:i:i:Ⅵ /ニニニニ\
         {/,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i{:i:i:i:i:i:i}:i:i:i:i:i:}Ⅵ:i:i:iゞ'ニニニニニニ \        その“誰か”が居なければ、
         { ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:{:i:i:i:i:i:ィ≦:i:iフ .}:i:i:i:i/ニニニニニニニニ=>
       / }:i:i:i:i:i:|:i:i:i:i:_Ⅵ:i:i:i/}:i从' _}__;;:i:ゞ}彡イニニニ }ヘ        貴方は市井の民のままでいられたかもしれない。
      /ニニ:|:i:i:i:i斗f笊:i:i{Ⅵ:i/.ノ'' xイ辷リ:i:i:i:i:i|≧=r=彡、:i:i:i\
.      〈ニニニニ|:i:i:i:i:i:l:i:i{ ,斗 `ヽ    `¨´ }:i:i:i:i:|:i:i:i:|   Ⅵ:i:i:iヽ     その“誰か”に対して、
.      7ニニ=|:i:i:i:i从:イ {z少 {       }:i:i:i:i:|:i:i:i:|.     Ⅵ:i:i:iハ
.      /:i:i:i:iハ:i:i:i:i{:i:iヾ:.      _  ィ   }:i:i:i:i:|:i:i:i:|.     Ⅵ:i:i:i:∧    貴方はどんな感情を持っているのかしら?
     /:i:i:i:i/ }:i∧乂:i:i圦.     < _/   }:i:i:i:i:|:i:i:i:|       Ⅵ:i:i:i:∧
.    /:i:i:i:i/  .}/ }:ヽ:i:i:i:i:i\    ー   /}:i:i:i:i:|:i:i:i:|       Ⅵ:i:i:i:i∧
   /:i:i:i:i/  / .}:i:/ニニ }:i:ミ:i:≧s。 _ /rァ.}:i:i:i:i:|:i:i:i:|       Ⅷ:i:i:i:i∧
.  /:i:i:i:i/     ,:i:i{ニニニ}ハ- ''<:i:i:i:>.}:l八:i:i:i小:i:i:i{         }:i:i:i:i:i:i:i}
.. /:i:i:i:i/     /:i:i:{ニニニ廴:ヽ. __ヽ:i:i:i:i:i\_):i:i:i:iヽ∧.       }:i:i:ハ:i:i:i}
  {:i:i:i:i:{.    /:i:i:八ニニニニヽ=---ァ:\:i:i:i:i:}::r\:i:i:i:\、       ' ´ }:/
  {:i:i:i:i:l.     /:i:i:i:i:i:iヽニニニニ=_、 ゞ/=ヽ:i:r'\>.=\:i:i:i:ヾ, _      ノ'
. 乂:i{Ⅵ.   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i\=◆ ∧ヽ/ニニ }从    \):}、:i:i:i:i:彡'
    ` ヽ   /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハニニ=∧.∨◆.!/     /''\ニ ̄




            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ※行動安価 22:58:00の一番上~2つ
┃ 何と言いますか?
┃ (次にする質問一つも同時にどうぞ)

┃ 啓示安価……失敗!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9554名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:49:22 ID:7WrpI9Sw0
それなら、限定せずに黒の陣営やルーラーの容姿って言うべきじゃね?
とは言え口頭で容姿か、うーむ・・・


9555名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:51:31 ID:TlkAuSwg0
口頭で説明は難しそうだが……
やる夫の中だし叔父の容姿を見せるとかできれば楽なんだが


9556名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:52:19 ID:7WrpI9Sw0
それ完全にメタ的視点だからアレすぎるw


9557名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:53:06 ID:R.Bs7ysE0
というか、やる夫の身近に居た人、となると2人くらいしか居ない気がするんだよな…


9558名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:51:54 ID:qxoa7Mz60
ちなみにやる夫の中の叔父さん像とかって見せてもらえたりします?


9559名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:54:12 ID:R.Bs7ysE0
>>9556
メタ情報も安価に含めて良いって言われていたから、多少なりやる夫がそれを言う理由があればいいのかなってw


9560名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:57:05 ID:gz0AKoUM0
締めて半殺しにする。
降りるチャンスを捨てて参戦継続を決めた時点で「市井の民でいられたかも」については強く言えないが、
人を改造してくれたのはそれはそれだ。本気で怒ってる。
質問:こっちに来てから色々普通のご飯も食べてみた?どんなのが好みだった?


9561名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:57:24 ID:TlkAuSwg0
怒り……かな。 憎しみとまではいかないと思う
聖杯にした“誰か”の顔も名前も目的も分からないんじゃ現状はそれ以上の感情は持てない
相手の事が分かればまた変わるだろうけど

質問:黒の陣営のマスターはどういう連中がいるか。 また、自分を聖杯にしそうな奴はいるか


9562名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:58:01 ID:TlkAuSwg0
怒り……かな。 憎しみとまではいかないと思う
聖杯にした“誰か”の顔も名前も目的も分からないんじゃ現状はそれ以上の感情は持てない
相手の事が分かればまた変わるだろうけど

質問:黒の陣営のマスターはどういう連中がいるか。 また、自分を聖杯にしそうな奴はいるか


9563名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:58:02 ID:7WrpI9Sw0
怒りはもちろんある、巻き込みやがってー!って

けど、それが無かったら殺されてたかもしれないし
こうやって護るために戦う事やこうやって話してる事もなかっただろうから
結構複雑な気持ちではある

アステリオスに対しても、恨みの気持ちもあるけど
理由聞いてこうやって話して、それでも恨み続けるって事は出来ないし

質問:逆にアステリオスはやる夫達に殺されて、その上でやる夫に取り込まれて恨みとかはないのかお?


9564名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:58:03 ID:R.Bs7ysE0
怒りとか哀しみとか色々な感情が混ざっていて、一言じゃ言えないけど…
そうだおね、まずは向き合って、話し合って相手のことや何故やる夫を聖杯にしたか、理解したいって気持ちが一番強いお
例え殺しあうにしても、それら全部、理解してから戦いたいお

質問:ルーラー…トレーズの容姿や性格について質問


9565名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 22:58:51 ID:R.Bs7ysE0
重すぎるぞ…


9566名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:00:07 ID:qxoa7Mz60
書き込みが全部クロノスの彼方に飛ばされていく……


9567名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:01:58 ID:TlkAuSwg0
板重すぎるな…… そして安価範囲が狭いと地雷も取られ難いが正解も取られ難いから痛し痒しだな


9568◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:07:51 ID:esgx3DLs0










                ____
              /       \
             /       ― ヽ
           /         ( ●) '、
           |             (__ノ_)        怒り……はもちろんある、巻き込みやがってー!って。
           \            `_⌒
             /ニ二二三{ ハ三/          でも憎しみとまではいかないと思うお。
             ///////////77ニニニ7
.          /////////////// :|////∧\____
.         く/////'//////////:::::|///∧/`ーく/    聖杯にした“誰か”の顔も名前も目的も分からないんじゃ、
        〈/Ⅳ∧//////////{:::::::|//∧/////|
          j∨//∧/////////ハ、: |/∧//////|     現状はそれ以上の感情は持てないおね。
.          l'/////∧'/////////,\l∧/rーュi//|
          l'///////i////////////h//,|//,|j/V
       l'///////l/////////////{/////ハ'/
.       l'///////l/////////////ハ////,ト/
       l'///////l////////////// |////|′
.       l'///////l///////////////|////l
       l'///////l\/////////////,|////|
.       l'///////l:  ∨///////////,|////ハ
       l//////才〉 く////////////{////〈
.     {////////〉 く////////////ノ/////
       ∨//////∧厂//77≦三三{{___}}三しヘ、
.        ∨//////∧////////////∧///\入
         ∨//////∧/////// //V//V////ハ:::ヽ.
.          ∨//////∧'///////∨///∨////!:::::::\










.


9569◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:10:33 ID:esgx3DLs0





          / ̄ ̄ \
.      /       \
.      /  _ ノ  .ヽ、_  \
     |  (ー)  ( ●)   |
.     \  (__人__)   /      それに感謝……じゃないけど、
.    , '´7::::|.7 「i .}::::ヾー、
    |ヽ:::::|∧|/| .| ! |∧|:::::::|ヽ     それが無かったら殺されてたかもしれないし、
    |:::i::::::::lニト i | |.,|ニl:::::::::i:::::|
   /::ハ:::::::lニ|::\/:|ニl:::::::::|::::ヽ    こうやって護るために戦う事や、こうやって話してる事もなかっただろうから……。
   〉:::::|::::::lニ|::::::||:::::|ニl:::::::::|::/::|
.   i::::::::!::::::::::|::::::||::::::ヽ_::::::::!::::::::|    結構複雑な気持ちではあるお。
   |::::::::r::::::lニ|::::::||:::::::::\::::_}:::::::::〉
  〈::::::::|:::::::::::|::::::||::::::::::::::Y |ソ::::::::|    まぁ、相手の事が分かればまた変わるだろうけど……。
   |:/:|::::::::::/===l=====::l_人:::/
   |i::::,-、:::::/::::::::::|:i::::::::::::::::|:::::::|/
   \|_/ヽ/::::::::::::i_:::::::::::::::::|〉.イ
.    ハ::::::::::::::::::/、::::::::::::::::i´|/
.     i::::::::::::::::! !:::::::::::::::|
      |::::::::::::::|.  i::::::::::::::|
.      i:::::::::::::i   i::::::::::::|
      |::::::::::::〉.  {::::::::::::|
      |::::::::::::|   |:::::::::::|
      |::::::::::::| .   |:::::::::::|
      |:::::::::::::|   |:::::::::::::}
      |____|    |___|
     , -'´::::::::::}.    {:::::::::ヽ-、_




             |\
             |\|
           リ⌒|         ,
           /⌒7        /{
            /⌒(´          {⌒\
       r‐j|{ア⌒> ‐‐‐- ミ   \ノ⌒:,
     ┌┴=;〉 /. : : : : :/: :〉: : .____)/ |
..     |ニニ/^/. :/. : : : :/: :/. : /⌒7^Yノ
     _,ア 厶.,| 二ト: / /: :厶 : ′ 厶ノ.-‐┐      怨んでもいないけど、許した訳でも無い、みたいな感じかしら?
     \ニ〈 リ⌒沙 ∨-=云 : :|i: |/ニニニ|
      |{∨〉: :|      └‐/:,八__|ニ\ニニ7     貴方を食べようとした私に対しても、似たような感情なのかしらね?
      人 /. :込、 ‐ 、  /: /⌒__,.>ア⌒):′
        /. :/⌒ ___,,.. /: /「 ̄: :| ∨⌒´\'.
   ー=彡  ´     |: : )/: /ニ| : : 八       \
        (  ___,.|://(/ニ‐: : : .  ___    r‐‐‐/⌒ヽ、
            ` ー=≦7V⌒, /ニ 〉,: . /ニヽ,/ニニニニニニ
           / }/ニ,|〈〉| |ニ ′|: :\ /ニニ / ニニニニ
         r‐く⌒〈|:ニj|〈〉| |ニ|{ ,∧:\___,ノ ニ/ ニニニニニ
         |  /⌒Y|jI斗j∧|{/ニ\(≧=一 -ニ/ニニニニ
            \f^Y rく⌒´ l∨|{⌒\ニニニニ/ニニ ______
           ア乂,____,,.. ノニリ^>-.⌒Y )jI斗 ニニニニニニ
        ┌‐‐く 八  \  \/´ ⌒ア^Y|〈ニニニニニニニニ
        |   ⌒)\_ノ〉  `ヽ {__,,ノ^ |ニ、ニニニニニニニ
        |      |ニ|  |\_____/ニ‐ ニ|ニ\ニニニニニニ
        人   r‐=ニ二二|  / ニニニニニニニニニニニニ
        ⌒\ |\ニニニ; ./ニ/ニニニニニニ:\ニニニニ
           \⌒\ニ 〈__,(/ニニニニニニニ¦ニ\ニ/
              }   \ニニニニニニニニニニ|ニ/⌒´






.


9570名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:12:06 ID:gz0AKoUM0
こっちもこっちで殺しにかかった、というか始末を付けたしなあ。
あと美少女だし


9571名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:13:01 ID:R.Bs7ysE0
>>9570
2行目が本題ですね、わかります


9572名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:14:26 ID:qxoa7Mz60
まあ普通に考えてこっちを一方的に殺しに来たり、一般人喰いまくってるのと
比べちゃいけない気が……


9573名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:16:17 ID:7WrpI9Sw0
勝手に改造してる(他に犠牲者がいないとも限らない
だから似たようなもんじゃね?


9574◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:16:19 ID:esgx3DLs0





                 ,  ´ ̄ ̄ ̄ ̄ `  、
        , ‐、_,-、.     /              \
      r.イ .    ト.、.,.:′                ヽ
      ヽ     / / 、    ,    、       ',          アステリオスに対しても、恨みの気持ちもあるけど、
       }    ノ ,′  ̄ ̄ ̄       ` ̄ ̄ ̄  .i
        .,′   ,′ .l 弋● ̄ ノ     弋● ̄ フ   |          理由を聞いて、こうやって話して、
      /    .;'  :|.  ヽ― '       ヽー―′  .!
       ,'     i   .l       ,       ,      .,′         それでも恨み続けるって事は難しいんだお。
      .i      | _..,∧     ゝ-r‐^ー‐r‐'    __./ 〉
     ,イ    .}ト,Y.:.:.:丶      └―‐┘    /.:::/ ̄ `ヽ
    ./|   .:  ||::}:l::::::::::::::}≧.  _____ /.:::/ {       ',
   〈    l::  〉l|:|:::::::::::.\::::.\       /.:::/_.:::∧_    ,!
    }、    ノ: /::リj'::::::::::::::::..\::::.ヽ.__.;:〉-イ´ / イ:..     イ=ヘ
   リ∧   .イ/:/.::::::::::;::::::::::::::r>ミ三三'/\ \/ヽ.` ー=彡ヘ_〉
   |}l八_,.イノ.::,.:.;.:.:_;/.::::::r=彡'::::::}互{'./.  \/  〈_ミ三ニ彡ヘ_〉






                      |iヽ
                      }= }        /{
                    ノ=,/        { |
                     /= /         、:ヽ
                  iニ人_ ――     Yハ
               {⌒ヽニ/ }ハ:./:.:.:.:.:.:\⌒Y,V
            >=- _,人  Y=/ニ/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:YハY__
         /⌒ ー―=彡 人z彡イ:从i:.:.:.:.: /:.:.八V   Y
           \ -―==:.:.:.:.:.:.{ V:Y芥从:.:./イ:/彡イ{⌒      ……良く分からないわ。
    ハ/ }ヽ /:._彡イ:.:/ Y:.:.:.:ゝ:.:.iゞ '  `㌻:{´⌒ヽ:.\_
   _/⌒Y==--――-彡 (=====イ:.:.:ゝ_っ ' ノi:.:|_   \:.⌒    それじゃあ何、貴方を聖杯にした“誰か”に対しても、
  二)⌒{彡ァ- -----ー__{ __、,从:{=Yハ⌒Y:.从⌒   )ノ
  フ乂 √彡' }:.//:.:.:.:人{ メ:./} }  ヽ十{ _  \:从   /´      話を聞いたら怨まないって言うの?
  / /⌒ー´  乂イハ:{/:.:.:.:7:.: , ノ / イハVi >彡 、
   v       >--ヘ===ミ-=彡 ノ/ }:}=彡'\ \ へ
         / ヽニニ \/人(_ //_ノ;     7彡< )
        へ /ニ≧=-{ニ{ニ/ニ / へ_彡\   Ⅵ{__メミ
       {  iニニニ= ニ=/ニ /イYニヽ   i     }ヘ}
       {- ,八ニニ=-へイニ ハニ/ニニ}'⌒}
       {   へ__ へニニ}乂{ニヽ'ニ>,ノ- 7
          ァニ)// \ノニ \ / /ゝ´
       /ニ 人/  / -=ミ==r=彡乂_)
.      /ニ /  Y⌒  (_彡´ イ´     --- 、
      ニ=        | {    ノ彡 ⌒ヽ-==<
      iニ=i    ',    | 八  ⌒)        ̄








.


9575名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:17:22 ID:R.Bs7ysE0
話の内容次第だなー


9576名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:17:43 ID:TlkAuSwg0
怨まないわけじゃないけど恨み続けるって疲れるしね……


9577◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:18:34 ID:esgx3DLs0




                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,   そこまで聖人君子になった覚えは無いお。
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /    単に相手によって変わるだけだお。感情の色が。
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉       ―――さて、それじゃ次はこっちの質問だけど。
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ※行動安価↓5
┃ 1.黒の陣営のマスターはどういう連中がいるか。 また、自分を聖杯にしそうな奴はいるか。
┃ 2.逆にアステリオスはやる夫達に殺されて、その上でやる夫に取り込まれて恨みとかはないのかお?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9578名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:19:13 ID:R.Bs7ysE0



9579名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:19:57 ID:7WrpI9Sw0



9580名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:20:53 ID:qxoa7Mz60



9581名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:21:00 ID:TlkAuSwg0
2 

今はアステリオスとの対話を重視した方がよさそう
ここで好印象持てば黒の陣営について聞きだすのも楽になりそうだし


9582名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:21:12 ID:TlkAuSwg0



9583名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:21:15 ID:gz0AKoUM0
2


9584名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:21:48 ID:7WrpI9Sw0



9585名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:21:13 ID:7WrpI9Sw0



9586◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:27:22 ID:esgx3DLs0





     ____
   /      \
  /         \
/           \    逆にアステリオスはやる夫達に殺されて、
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/    その上でやる夫に取り込まれて恨みとかはないのかお?
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /




.              /  //              | 人
            / //              ∨〉`、
              /⌒7′                   ∨〉`、
          //'゙⌒ヽ,/⌒>、  -――- ミ __r‐ . )\`、
          |{ / /_//. : : : / : : : : : .\\\⌒V|
          ┌‐人乂//___,/ /. : : /. : ′: : : : : : : .∨〉^V ,/|┐
       ___|二二ヽ,/___,/ /. : : / . : : : : : : : : : : : .∨〉. ∨/‐‐┐     無い訳がないのだわ。
      〈二二二二|{___,} |: | : : : : : :|: : : : : :|: l: :|: :∨〉 「´ 二 |
      ∨ /二/,乂_} |: |‐-iL: : :| :| : : __| 」L| : :|{ ^|\二/       聖杯への願いをその手で潰されて、
.        ∨ /二..厶⌒V|: l: :八: :`:| :ト、´: リ: :| :| : :L〉┘ニ∨〉
       ∠二二/  〈`7∧:仁 \∧| 从/:∨:厶イ〉  ∨ニ\      その上で力まで利用されようとしているのよ?
        / :/       /. :/ ⌒^^    斗=ミ´リ:|./   Vニ/
        |: ′    ./. :/ハ ```  ′  、、、/:八    |∧|
          八(      /. :/. :人  丶   ノ   . : : : : .      丿
          \  . : : : :/⌒>      イ: |: : |: : : .
             /. : :/〉:/: : : :「\,爪二||: :|: : |\: : .ヽ
.          /. : :/ /:/: :∧丿ニ}|{二〉'゙:|: : l`ヽ\: . \
        __,∠: :  ´  /:厶斗く.二/ |{/ 八: :|⌒ヽ, `⌒`\
        ___       /, / ̄>二.〉Y〈二`、 ∨,   ノ^二'.
      〈 ⌒^トミ /_,// )/ニア゙〈/∧,〉、二\ { .n|// |''゙⌒〉
    ┌‐\__   |ニ|{ .//〈〉/  |{二}|. \〈〉\  |└し'^!/
     \ `⌒ `\|{//二/   :|{二}|    V二.〉, ゝ  _,/(







.


9587名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:28:36 ID:7WrpI9Sw0
あ、恨みはあるんだ

なんかえらく友好的な感じだけど


9588名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:30:59 ID:TlkAuSwg0
まあその辺はお互い様だしな……


9589名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:31:14 ID:qxoa7Mz60
やる夫達と違ってガチな願いがあって、それを潰されたんだから、
そりゃ恨みの一つや二つは当然だわな


9590◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:32:42 ID:esgx3DLs0





     /:i:i:i/ /ニ /       ゞ、 彡{      }}  ノ/            }ニニ}
.   //:i:i:i:/ /ニ,           _Ⅵ=} --ュ- /彡イ匕 ̄ }___   ァ /ニ=,/
.. / /:i:i:i:/ ,ニ/        ハ⌒>Ⅵハ--v: : /V≦====ミ 、 Y:/__ 彡==/
. / , :i:i:i:i:V  iニ=         八: ゝ=ミ/=>彡イ-=⌒ヽ-=ミニ〉 {: {〉r-==ミ 、
/ /:i:i:i:i::V   |ニi         >/>==彡イ彡: ´: :/: : : : :ハ: >、i八:.}/= ノニ=\K
 /:i:i:i:i:i:i:i{  |ニ|         / /斗≦{ 乂=/:イ: ://: : :/: /: i:V: /}_ノ:ノ-=二___}_、
./:i:i:i:i:i:i:i:i|  l: : |、      {/{⌒Y彡 /: : {从:.メ: {:/: /: :.:l: i彡ヘイ_-<ニニi}厶⌒ヽ
/:i:i:i:i:i:i:i:|  l : :| :\    //八ニ人彡=彡:.八灯心ゞイx=ミ:.:|: }//////}ニニ /イニニ7⌒ヽ      もし自由に動けたなら、
:i/:i:i:i:i:i:i:i:|  |:.:人: : :\  , ,{ _/'=/r=彡:{:{|i八 、'  , ゞ'从:V///彡'二=彡へニニ/__/
イ:i:i:i:i:i:i:i:i:|  ノ: '  \: : :二=-、(ヽ}/: { へ{: 从{|   ヽ_‐ イヘ : }: \<:_\: \ニノイ≧= ァ_ノ_     串刺しにしてから食べてあげるのに。
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|_彡'      ̄ {:{ ゝー、ゞ{彡ヘ从Ⅵ}/_)Yヽ__ ノ:.ハ : Ⅵ)'⌒\: )\人ニニ/ ̄ ̄}
:i:i:i:i:i:i:i:i:八        八:、  (´ >´ V`Ⅵ:ミV_{ へ/:イ\}: :八(ニニ }'ニニニ)/ > ノ     本当、憎らしい子豚だわ。
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\        \:、 \_{⌒ヽ 彡 Ⅵ\く-=彡'/__⌒=\ヾ\ ( ̄-==彡へ(
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\        \:、 -' (´  ( Ⅶ (辷/⌒}___ソ⌒ヽ)   )   /⌒彡'
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\          /\:、 ノ⌒ヽ,ノ Ⅶ Y {  ノソ    } \彡イ ゝつ)
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\      /==ァ>=ミ、    Ⅷ' |_ / 乂r ⌒)   人___ /
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\   ///     \:、 '/V==ミr<   ゝr-=彡
:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\/ {/         >-(v-=ミ く´     ゝ  \
{:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\/        (⌒ Y´  乂__)        乂≧=、
:、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\       人_ /}ソヽノ{  \\      ヽヽ,ハ
 \:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\      ノ -}:KⅦ:) },ハ:ハ        V i
   ‐-=ニ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\      乂 レハ人~'  }/i        Vハ
          ̄   ‐-=ニ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\      ゞ彡'{   |/|       、 i〉 li
                  ̄   ‐-=ニ:i:i:i\      }: 八  |/|       ヾ\リ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そう言って斧を振り回す姿には、しかしあまり憎悪を感じない。
┃ 怨みはあるし憎んでもいるのだろうが、
┃ 今までの問答で一先ずはそれ以外の感情も抱いてくれたらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9591名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:35:16 ID:TlkAuSwg0
相変わらず綱渡りだな……


9592名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:36:52 ID:7WrpI9Sw0
直感さんが働いてくれないからどきどきものである


9593◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:37:24 ID:esgx3DLs0








     i{ニ二/ニニニ/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`(ニニニニ7ニニニニニニニ
    从ニ/ニニ‐, : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : :マニニ‐'ニニニニニニニニ
     ∨ニニ/: : :, : : : : : : :/! : : : : : : : : : :,i : : : : : : : :.マニ‐{ニニニニニニニニ
      {ニニ/: : :/,: :__: /. :/| : : : : : : : : /.! : : : : : : : : :‐ニ.乂ニニニニニニニ
      ニニ': : : ′: : ./ `メ、 | : : ,: : : : : :/ | : : : : : : : : : ニニニニ7⌒ー=≦_
     人ニi: : : ; : : : / {: ′`| : /.: : : : :/  .| : : : : } : : : . ニニニ7  ‘, `ヾ
   ,. イ  ヽ: : :.i: : : :ァ 〔 {  |: ' : : : : :/  ̄Τ:ケiー' : : : : }、ニニ.   ‘,
 ´       ' i : : :l : : :.⌒斥ミ、‘,{、: : : :/    .レ' |:/} : : : : :}:.\‐{
.       { .|{: : :| : : :.{ ′i´)}    \/   ァア示ミ、 : : : : }: :__`乂    i}     じゃあ次は―――って、言いたいところだけど、
. \    { 从 : { :{ : :{ V^炒         ′弐ヾ,: : : : ;´_ .7:/ `  i}
   >、___j}⌒ヾ 、 : :、:‘, ` ´            { .i´)}/ : : : :,_ノ ./:/   ‘,       どうやらお目覚めの時間が来た見たいね。
  /.: : : :/   '^ \人{     '        乂ン'.: : : : :/ フ /:/     }
 ': : : : : /    .| : : :,               /.: .: : :/'´ .イ ′   }       質問だけしておいてあげるから、
 : : : : :/     i: : :込、   ヾ/{__,    厶ィ : :/_,.ィ: : 廴,,斗- ミ__,ノ
 : : : :/       .,'l: : : : : :\   _‐ニ;'  ´      }: : : /¦: : : : i.: : :{八        次に来た時にでも答えなさい、良いわね子ブタ。
 : : : ′    / | : : : : : : : ._‐ニ/   /} < ': : :/.:.:|: : : : : | : : {、.:.ヽ
 : : :,      / : | : :}ヽ : : _‐ニ‐/ー=/_‐ノ   ;: : /.: .:.|: : : : : | : : {. \ム
 :. :i{.    / : : | : :}‐ム /ニ‐/: /ニ/   ,.. -‐rマ : :|: : : : : |: : :‘,  _ヾ
 :. :i{    厶イ :j.: .:}ニ/ニニ7/ニ/ ,.。s≦ニニノ:::}: : |: : : : : jI斗*''":::::`
 :. :i{..     ; :.i _ ,ニ7´⌒ '〈ニ/ イニニ>''´ :::::ノー┴‐=≦:::::::::::::::::::::::::::V
 、:八     /:/´:::,‐イ  ;  ヾくニニ>''´/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
.  \ム Y´ ̄ /⌒,      ' ヽrイニ/乂___,,.. -=ニ二二二ミ 、::::::::::::
.   ヾ {   ./  /         ヽ/廴__」 、 ̄          ‘,.マ:::::::::
     ∧ ./  /             ,∠/´ __j:\\           } }:::::::::
.    //}'  ′        /⌒ヽ /´ :::::::::\\           } }:::::::::
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ その言葉と同時、夢から覚める感覚を得る。
┃ どうやらこの世界から別れを告げる時が来たらしい。
┃ それはバーサーカーにも分かったようで―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9594名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:39:07 ID:TlkAuSwg0
この問答では黒の陣営の情報収集とか考えずにアステリオスとの対話に専念した方がよさそうね
余計なこと考えながら相対してたら機嫌損ねそう


9595名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:40:05 ID:qxoa7Mz60
ここで終了ってことはボーナス判定は次回に持ち越しかな?


9596◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:44:57 ID:esgx3DLs0









 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   ―――貴方は自分が人間だって言ったけど、聖杯である事実に変わりはないわ。      |
  乂______________________________________ノ






                                    γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                    |  でも、今の貴方は聖杯戦争を終わらせ、願いを叶えられる場所にいる。    |
                                    乂________________________________ノ





 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |  聖杯に正真正銘、『人間』になりたいと願う気はあるかしら?     |
  乂____________________________ノ













.


9597名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:46:22 ID:TlkAuSwg0
願わないと死ぬとか魔術師とかに狙われるなら願うしかないな……


9598◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:47:21 ID:esgx3DLs0







                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・






.


9599◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:48:42 ID:esgx3DLs0





                          |ll|                    |ll|
      [三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|         ||    |      ||        |l|
      ||      |___||_____|ll|_____||__|      ||        |l|
      ||      | ̄ ̄ || ̄ ̄ ̄ ̄ |ll| ̄ ̄ ̄ ̄ || ̄ ̄|      ||        |l|
      ||      |     ||         |ll|       .| ̄ ̄ ̄ |       l||        |l|
      ||      |___||_____|ll| ___.|       |. ir――――――――――――――
ニニl二ニニニニニニ/⌒ ハ ――――――――― |____l. ||     _________
  l|     ||       i   |           |l|      r┴┴┐ ||   /                ヽ
  l|--― ||――― |  r┐         .|l|       lニニニニニj   |                 |
  l|___,. .||       ゝ-トイ         |l|       | |  o   | ト ― |                ノ ‐
  l|     ||-――――|-{           |l|       | |____| |   ト ゝ―――――――――
  l|_ .- '||ニニニニニ彡         |l|       | |  o   | |.  〕  〕ト  二ニ=―       ̄
  l|     ||    | l| |   |           |l|       | |____| |   |   |!  〕ト     ――
  l|     ||   「 ト ! 斗 _ _ ___ |l|___ | |  o   | |   |   |    |!   〕ト ―――-
  l|     || /| lト _>                 | |____| |        |     |!  〕ト    ̄
  l|   , -  ´〈_/                     └ ─── ┘\           |    |!  〕ト
  l|, - '"                                      \          |   |
 ̄                                          \         |





.


9600名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:50:02 ID:7WrpI9Sw0
肉体が人間だったら人間って訳でもないからなぁ
まぁ、これからどうなることやら


9601名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:50:04 ID:qxoa7Mz60
聖杯戦争終わってしまえば、別に関係ないだろうけどな。
ただ聖杯用のホムンクルスの場合は寿命がヤバいんだっけ?
桜みたいな改造の方は今まで普通に生活してたみたいだし、特に問題は無さそうな気がするけど。


9602◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:51:30 ID:esgx3DLs0










                        _ ,,=-――-=,,_
                   ,r'´         `ヽ  \/|_
                  /          Y⌒   ' ,      /
                    _,,{         `ー,    ',     \
          _,,=-‐'=-=l,,_          (__ノ  ',   | ̄
  .       _, -‐' _, r' ̄ ̄`ヽ `ヽ               }       は
   .__, -‐'´_, -‐'//////////\ \           /        っ
   ._, -‐'////////////////.\ ヘ           / \
   .`''ヽ_\//////////////////ヽ ヘ         /_`ヽハ
       .`ヽ\////////////////ハハ-=,,__,, ‐'''"´ `ノノ
    .\    \\////////////////)ハ`ヾ,,,/   _,,/
     .\   \\///////////,r'´ ,r'   ` ̄'/
        \   ', ',///////,r'´  ,r'´      /
        \   ', ',////,r'´  ,r'´      /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 目が覚めた時、辺りは既に暗くなっていた。
┃ どうやらバーサーカーを撃破してから
┃ そこそこの時間が経過しているらしい。
┃ いや、それよりもここは……やる夫の部屋?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9603名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:51:48 ID:TlkAuSwg0
そういや夢幻召喚はもう使えるのかね?


9604名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:50:12 ID:gz0AKoUM0
狙われるとか故障のリスクとか、副次的な意味では願うだろうけど、
「聖杯だから」という意味では願わないのを推すなあ。
人間で聖杯、という位でいい気もするし


9605名無しのやる夫だお2014/01/26(日) 23:54:15 ID:7WrpI9Sw0
ホムンクルスだからというかそういう改造されてるから?
イリヤはそのために体中に令呪埋め込まれたり第三(だっけ?)魔法に特化させられたり
アイリに至っては聖杯が満ちる度に人間としての機能が無くなっていくようにできたし


9606◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:55:02 ID:esgx3DLs0







                  ____
                 /      \
               /─   ─  \
              / (●) (●)   \
           __  |   (__人__)      |     __    うーん、誰かが連れて来てくれたのかお?
           | |= \  ` ⌒´    _/====| |
           | |   / l        ヽ       | |    一体誰が……。
           | |  / /l      丶 .l      .| |
           | |  / / l       } l ̄ヽ___.| |
         / ̄ーユ¨‐‐- 、_     l !__ノ  /| |
        /     ` ヽ__  `-   {し|    ./.  | |        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
___ /    ヽ        `ヽー、}  /.  /| |_____ |   ……マスター?     |
    ノ               ヽ__  `ヽ./.  /  |_|        乂__________ノ
  /                    ノ|  ./
/                       / |/
|      .|         |       .| | |
|.      |     .|   .|       |_ |/
| |     |     |へ  |   |  ノ| ||/
|_|___ノ|___|  \|__|_ノ |_|

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ベッドから身体を起こす。
┃ 間違いなく、ここはやる夫の部屋だ。
┃ さて、どうしてここで寝ているのか首を傾げたその時、
┃ 昨日から聞きなれた声が部屋から聞こえてきた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9607◆R2EPbWDdJg2014/01/26(日) 23:59:21 ID:esgx3DLs0





                        / `` 、
                        ___ア゙.ァ==ミ、   \
                        r'゙⌒'  {「⌒ )) __   \、
                  _,ノ ./  辷=‐ ''⌒`'   \ー=ミ、
                 ´/ ./    r=- '゙⌒辷7⌒¨´⌒` 、)
                /    /  r=彡' .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. ..\
.                /    / .r=彡'.. ., .. .. .. .. . . ‘,. .. .. .. .. .. . . ヽ
                 ′   r=彡゙ .. .. / .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. .. ..
                    r=彡' ../ .. .. ′.. .i{ .. .. .. .. ..}L __ . . ‘,. .. .. .. Ⅶ
            八r=彡' .. .. / .. .. jI斗 -j{ .. .. . . . 从 .. .. `' ‘, .. .. .. .}
                r'゙7´ .. .. .. .′.. .´j{i人..从 .. .. .. /jIL V., .. .. .. .. .. .. .}
            乂{.. .. .. .. .. .. .. j{' 斧=ミ、 .. .. /゙ 爪{i }{ .. .. ..} .. .. ..,
            /从 . . . . i{: .. .. l{ { ノハ  }/  之ノ '小.. .. .; .. .. ..
              /  ゚。 .. .. j{: .. .. l{  乂 シ         .!{ .. /!.. /
.             /    ∮ . . i{: .. ..从.        ,    从 .′.レ'^‘,
            /    ,∂ . . 八 .. '゙⌒ 、            .公、i{ .. .. .}゚。 ‘,    目が覚めたのね。
.           /   , ?゚ .. .. .. .. .. ヽ .. .. 个: .      ^  ,:i .. .. .. ノ .. .}υ
          / ィ'゙/ .. .. .. ′.. .. .. .. .. . i   〕ニ=-  ≪八 .. /{ .. .ノ § }   具合はどうかしら―――?
.         /´  .′ .. .. : .. .. { .. ..} .. ノ__     :{ヽ   ` 、(  .}/  .? /
       人  人 .. .. .. {i .. ..{ァ'゙.}ィ゙⌒`` 、 {,ノ      \.     ∮/
.           ヽ   \ .. 从 ../        \}       ヽ   ,ノ'゙
             ゚.。   ヾ /          {=辷==‐- ミ、 {L
            、   ア゙            /'^i{⌒''≪   マ, j}、
                \人             /'  i{   \、 __j}L ヽ
            _,ノ _)「 ー 、        /'   .i{i,   {i ヾ⌒ j}
          _j}⌒ _)「   {L        从   .i{マ,  ]}  マ,{「   八
         _j}⌒ _)「     '⌒{L      ヾ=彡' マ, {[    }}   /
       _j}⌒ _)「        「{辷=- ,_      }} ,]}     ,.:゙
      {L  )「          | j、  ¨⌒辷=- ,_  {[  ァ'´ ィ
      ⌒}rく  i{         :|{ 丶     {[,¨⌒辷=-'  '゙.ィi{′
         〈゙‘, 八      ァ' }L,__     ]}    {[ /ニニ{{
.        ハ人r‐,.    /  r'゙/二ニ=-  {[____,,.. 孑'゙二ニニ{{ー
.          〉  {ー '⌒iー7´}ー'./ニニニニニニニニニニニニ.}}、ニ゙,__
.           {   ‘,   j}/   /乂ニニニニニニニニニニニ/ }ニⅦ≧s。.
         人         /    ‐=ニニニニニニニ/   {ニニムニニニミ* .,
     r‐‐‐ '゙⌒ヾ.,        .′   {L,   ミ=- --==升=‐  Ⅶニム、ニニニニニ` 、
    ノ        ー=‐ ‐=7      _j}   {L,ー‐‐=彡'゙      Ⅶニニ‐、ニニニニニム
   /             ゙     .{L    _j}             }iニ、ニニ\'゙⌒`マニ}
 r'゙              ψ     _j}    {L,           }iニ‐\ニニ\   }ニノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 目を向けてみるとキャスターがベッドの横に立っていた。
┃ その顔や声色に相変わらず感情の色は見えてこないが……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9608◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:00:22 ID:6NdIV7ug0
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                   【レベル】55             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20      【魔:A】50    【運:A】50     【宝:B】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】心心心   【魔力】64/225    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【クラススキル】

○陣地作成: B
   魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。”工房の形成が可能。

   [DETA]  行動ターンに「陣地作成」を選択できる。(1回まで)
           「工房」:霊地による回復量2倍。この霊地で戦闘時、自陣の「基礎勝率」に 「+15」%の補正を与える。



○道具作成: B
   魔力を帯びた器具を作成できる。

   [DETA]  「礼装作成」の判定に「+キャスターの【魔】×1.5」%の補正を加える。
           また「最終的な達成値÷100」個の礼装を得ることができる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


9609名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:01:13 ID:5gb9hNOI0
また下がった・・・


9610名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:01:35 ID:/xNFb3EE0
アイエエエエ!?


9611◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:01:44 ID:6NdIV7ug0
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【固有スキル】

○法術: A
   神仏の教えに、己の力を上乗せして成立させる仏教系の魔術。
   その特性上、霊的・魔的なモノに対しては絶大な威力を持つ。

   [DETA]  【魔】のステータスが選択された時、自陣の【魔】に+「10」の修正を加える。
          敵陣にサーヴァントや「属性:悪」、または「怪力」等の霊系、魔物系スキルを持つキャラクターがいる場合、
          次に選択された敵陣のステータスに「-10」のペナルティ修正を与えること。



○高速詠唱: A
   魔術の詠唱を高速化するスキル。
   生来の性質と長年の修練により習熟した呪文ならば発動時間を三分の一以下まで短縮可能。

   [DETA]  【魔】のステータス比較で勝利した時、10点の魔力を消費する事で使用を宣言する。
          次に選択される【魔】以外のステータスでも「法術」の効果を受けるようになる反面、
          自陣は「対魔力」のペナルティ修正を受けるようになる。



○心無い生者の囁き: D (A++)
   心を持たないキャスターが発する声は、聴く者の感情を写し取る鏡であり、
   聴衆の精神状態によって怒っていたり哀しんでいたり興奮していたりと全く異なる聞こえ方になる。
   その性質ゆえに相手の精神干渉を遮断でき、戦闘という極限状態において敵手の戦術予測を根本から覆す鬼手となる反面、
   もしも心を持ってしまえば鏡が曇るかのごとく、このスキルは効果を失っていく。

   [DETA]   同ランク以下のスキル、宝具による自陣に対する数値的なペナルティ修正を常に無効化する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【宝具】

『西行未反魂』
ランク:B  種別:対人宝具  消費魔力:0

   人骨から人間を創造する反魂の法。
   その儀式の“失敗”により心を失った状態で現世に蘇ったキャスターの逸話の具現。
   聖杯戦争を反魂の儀式に見立て、その最中にキャスターが消滅した時、
   令呪を持ち契約しているサーヴァントがいないマスターの元に再召喚される。
   基本的に元々のマスターの元へ再召喚されるが、
   マスターが既に死亡している場合、条件に該当するマスターの元へランダムに送られる。
   しかし反魂の法に失敗して召喚されるため、再召喚の度に心が消え召喚されるまでの記憶を失う副作用がある。

   [DETA]  キャスターが何らかの条件により消滅した際、自動的に発動する。
           サーヴァントを所持しておらず令呪を持つマスターの元へサーヴァントとして再召喚される。
           この時、貯蔵魔力が最大まで、【魔】と「虚ろなる生者の囁き」「法術」のランクが「A++」まで上昇する。
           キャスターのマスターが死亡しており、条件に該当するマスターが存在しない場合、
           この宝具は効果を発揮しない。
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


9612名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:01:48 ID:Vl2rETMA0
弱体化ェ……

そういや、あの状況でやる夫が倒れたから、なんかキャスターがアカン状況になるとか
こないだの質問で言ってたけど、何かやらかしてないよな


9613名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:03:40 ID:1DXm3zRg0
とてもじゃないが戦闘できる状態じゃないな……


9614名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:04:00 ID:5d5KyvC60
Oh・・・D・・・


9615◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:04:39 ID:6NdIV7ug0
>>9612 微妙に感情芽生えだし始めている目の前でぶっ倒れたので、
      心配とか何とか感情が動いて自発的にランクダウンに繋がったでござる。<アカン状況


9616名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:05:15 ID:Vl2rETMA0
もはや心無いが完全に機能してないし、ステ・スキル的にも一流クラスの魔術師相手だと
普通に負ける可能性も……

>>9615
ああ、ランクダウンだけか。
それは痛いけど、どうしようもないことだし、仕方ないな


9617名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:05:18 ID:6BPQj3m.0
元々覚悟していることなのになんで騒いでいるのだろう


9618名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:06:22 ID:/xNFb3EE0
ところで心ないのランク=好感度と見ていいんでしたっけ?

>>9617
こう、お約束?


9619名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:07:24 ID:5d5KyvC60
>>9617
同じ卓に着きたくないタイプの人やな


9620◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:08:08 ID:6NdIV7ug0




┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】 入速出やる夫                【レベル】5            【アライメント】秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E-】0      【耐:E-】0      【敏:E-】0     【魔:D】20     【運:E-】0     【宝:-】-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫


            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
○一般人:
   偶然、魔術回路を持っていたために聖杯戦争に巻き込まれた一般人。
   本人に一切の戦闘能力がない非力な存在である。

   [DETA]  このキャラクターは「メイン」「サブ」で戦闘に参加できない。



○啓示: C
   "直感"と同等のスキル。常に自身にとって最適な展開を”感じ取る”能力。
   直感は戦闘における第六感だが、"啓示"は目標の達成に関する事象全てに適応する。
   入速出やる夫の才能の片鱗。それが本当に正しいのかどうかは不明だが、無意識のうちに相手と良い関係を築けるコミュ力。

   [DETA]  このキャラクターは安価で行動を決定できる。
           コミュ安価時、低確率でコミュの失敗につながる安価を無効化し、1ターン(1日)に1回まで同様の安価を無効化する。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ サーヴァントを取り込んだ事でやる夫の【魔】が+10、
┃ 『啓示』のランクが1ランク上昇しました。

┃ 『夢幻召喚』は次の夢まで待って。
┃ 次、啓示の安価を行います。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9621名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:07:01 ID:5gb9hNOI0
覚悟してるとは言えやっぱりなるときついのさ・・・
いや、真面目に今のキャスターだとやる夫でもワンチャンあるし


9622名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:09:07 ID:Vl2rETMA0
分かっていても、実際に見ると結構来るものあるじゃん。

>>9618
それでよかったと思う。
トータルで7段階弱体化するとイベントらしいけど、良いイベか悪いイベかは分かんないね


9623◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:09:30 ID:6NdIV7ug0
>>9618 ―――まぁ、間違いじゃないですよ?ええ、間違いじゃ。


9624名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:10:57 ID:/xNFb3EE0
>『夢幻召喚』は次の夢まで待って。
…なあ、これ、もしかして、3日目はやる夫は『夢幻召喚』出来ない…?


9625名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:11:01 ID:1DXm3zRg0
……何その反応…… 心持つと弱体化だが、その心はいい物だとは限らないとか?


9626名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:11:30 ID:Vl2rETMA0
まあ心持つことが条件だから、好感度がマイナス方面に行っても弱体化はするよね。


9627名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:11:59 ID:vMQoI0lk0
好感度というよりも好感度上限とか。


9628名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:12:14 ID:6BPQj3m.0
そりゃ今まで心がないから耐えれたものがあったらどうなるだろうねw


9629名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:12:34 ID:1DXm3zRg0
今は夜だから今夜また寝れば……?


9630名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:13:14 ID:Vl2rETMA0
今夜もう一回夢を見る可能性があるんじゃないかな


9631◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:13:17 ID:6NdIV7ug0





                     _.. -―- 、_
               「> '  ̄`ヽ     '´  ̄` ‐、
              /                  \ー------‐ 、
              / /                     ヽ ̄`ー- .._ ヽ、
             // / /  / / ,        i      ヽ        〉
           / ,.イ /  /  / / /!    l |. |    |     L_       /
            // ./ / / _,../_/ / .|. |l.  | l. |    |    ,.仆、     /^>
         〃 /,イ / ´,イ.〃/  | .H-L_|l l |    |_,.ィ彡イ} \     ヽ
           l /.| / ,イ,l,从{   | | | |.| 「! ト、|    |彡孑7'´{\- 、_  /
             l/ .|.|l / |l!./::iト   ヽ!,,N_l.| トハ |ヽ.  |彡イ   \\  ̄
    __       /l,ハ/ | 、i;;;リ      /~jハ、 |.!   |_'        \ \
     | }      |    ハ''  '´     li;::::::/》 リ   lr.}      ヽ\ \
     | |       l |   l | .ヽ   、,_    `'"  ハ,  |,ノ |   \ \ \ゝ__,.ゝ
     | l     __ | |   | | i. \ じ′  "  //  ハ  ヽ ト、. \ \ >
   rヘ. ヽ  / ./ |ハ.  | ハ. |   ヽ __ -‐ ,〃  ,√`} |.ヽ!  l \ \ \
  _Гヽ ヽ ヽ/ {   l  || | |! ト、  } \,r'ニ/  /::::::::::|.|ヽ ト、 ト、 ヽ. \ ヽ
 { \. } } /   |   l  |! | |l  \ ,∠.イ::/ /::::::::::::::リ  ヽ \{::\   ト、 i
 ', \ },_ト┘   ノ   |  |  ヽ!\_,/::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ヽ、l.ヽ!
  \      イ    \|   /::\:::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::トゝ
   \     |         ノ:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      `ヽ    {_‐、     /::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     ,ハ   .||:::::ヽ_/::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
      }:::::|    ||:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ という訳で『啓示』の安価はー。
┃ 確率発動の確率を現在の30%から60%(前作直感並)にするか、
┃ コミュ失敗の確定阻止の使用回数を1回分増やすか、
┃ それとも全く新しいサムシングを付けるかですね。

┃ 1発安価でどうぞ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

※行動安価 ↓5

1.コミュ時の発動率上昇。
2.使用回数1回分、増加
3.その他
4.タイム


9632名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:13:55 ID:Vl2rETMA0
60はでかい(確信)




9633名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:13:55 ID:vMQoI0lk0
2


9634名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:14:00 ID:/xNFb3EE0
ヒャア!1だ!


9635名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:14:32 ID:6BPQj3m.0



9636名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:14:38 ID:5gb9hNOI0
1


9638◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:18:13 ID:6NdIV7ug0




┣━━━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】 入速出やる夫                【レベル】5            【アライメント】秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E-】0      【耐:E-】0      【敏:E-】0     【魔:D】20     【運:E-】0     【宝:-】-
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫


            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
○一般人:
   偶然、魔術回路を持っていたために聖杯戦争に巻き込まれた一般人。
   本人に一切の戦闘能力がない非力な存在である。

   [DETA]  このキャラクターは「メイン」「サブ」で戦闘に参加できない。



○啓示: C
   "直感"と同等のスキル。常に自身にとって最適な展開を”感じ取る”能力。
   直感は戦闘における第六感だが、"啓示"は目標の達成に関する事象全てに適応する。
   入速出やる夫の才能の片鱗。無意識のうちに相手と良い関係を築けるコミュ力。

   [DETA]  このキャラクターは安価で行動を決定できる。
           コミュ安価時、中確率(60%)でコミュの失敗につながる安価を無効化し、
           1ターン(1日)に1回まで同様の安価を無効化する。
           また戦闘時、自陣が受けるステータスに対するペナルティ修正を1度だけ「10点」まで打ち消せる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


9639名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:19:21 ID:Vl2rETMA0
戦闘にも使えるようになったw
ちなみに夢幻召喚中ってやる夫のスキルは使えるのかな?


9640名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:20:42 ID:5gb9hNOI0
ちなみに、夢幻を使った場合キャスターvsやる夫の勝率は
運:105% 宝:75% 敏:45% 耐:15%である

やる夫つよくなったなー(棒


9641名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:21:29 ID:/xNFb3EE0
>>9640
サーヴァント相手に五分五分だなんて、なんて強いんだー(白目


9642名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:21:33 ID:1DXm3zRg0
ペナルティ修正軽減が生えたか……
ランダム表2つ取って好きな方選べるようにもなるのかな?


9643◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:21:42 ID:6NdIV7ug0





╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 現在判明している魔力消費量を計算します……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

【赤陣営】

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】無名                   【レベル】55             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:E】10     【耐:E】10      【敏:D】20      【魔:A】50    【運:A】50     【宝:B】40
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】心心心   【魔力】64/225    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫
○Lv55÷2=27

○高速詠唱 10

○心無い生者の囁き 30

-67


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のランサー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】???                  【レベル】70            【アライメント】秩序・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】70(40)   【敏:A】50    【魔:A】50      【運:E】10     【宝:B+】50
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】槍槍槍   【魔力】140/220    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫


○Lv70÷2  -35

○魔力放出(雷) -5

○『撃ち穿つ死電の槍』  -40




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】■■■■■■■■            【レベル】60             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40     【耐:B】40      【敏:B】40     【魔:A】50      【運:C】30     【宝:A++】70
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】□□     【魔力】170/210    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫



○Lv60÷2  -30

○『???』1回使用 -10




┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:赤のアーチャー
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】???                   【レベル】80             【アライメント】秩序・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:A+】60    【耐:A】50      【敏:A】50     【魔:B】40     【運:E】10     【宝:A++】70
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】陽陽陽   【魔力】170/220   【魔力供給不足】 なし
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫

○Lv80÷2  -40

○「単独行動」 +20

○「流刃若火」   -10

○『火之迦具土』 -20


9644名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:24:09 ID:Vl2rETMA0
魔力がヤバいな。
明日の自由時間は休憩かな。


9645◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:24:36 ID:6NdIV7ug0





                       _,.. -――- ..__
                  /            ` ‐ 、
                  /              __,二ニ
                /
               / /    /,イi |
             / /  / / // | l | i  |       |
              / ./ / / //  | | ト、ヽ ヽ
.            / ./ ,' |__|_|  | ト、 l \\.\.  |
          | /| |l '´|ハト  \ \'"ヾT弋ト-L_
              |' | |,ハ |.Y´「iN   ヽ ∨丁ilf''ド;| |    ちなみに『夢幻召喚』時でも『啓示』は発動します。
                |/  Ni  |:il,!         |::iii_j:| | |
               |   |l _j__j        ⊥..''_」 | |
              |   |i // r      //   | |
                |.   l \  ;ー‐┐       | |
.               |   | | \ ヽ...,ノ     / l |
              l   | l  | ヽ __ .. ‐ '´   | /!
               |  ト、 | |、 | |       |イ」 /
              _\ |^l |\!ヽトイ〉    /,.イ,∧/
              {  ヽ\  __/ {.|   //  _,人
             / ̄ \   //  |.| //   / /  /
             L_     / |  |_j/   /  /  /
             r'^ ー-   / /| /    /   /  ./
            L. ___  / / | /   /    /   /‐'"
           [_  ̄ /   ̄` ー――――' i. 厶
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ では本日の投下は以上になります。
┃ 先程も言いましたが、明日明後日と投下ができないので、
┃ 次はおそらく29日頃の投下になると思います。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋



【黒陣営】

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】 ピロクテテス               【レベル】70            【アライメント】中立・善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:B】40      【耐:A+】60     【敏:B】40    【魔:C】30      【運:D】20     【宝:A+】60
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】毒毒毒   【魔力】-99/200    【魔力供給不足】-40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫

○Lv70÷2  -35

○単独行動:A +20

○『鮮血封印・不死失墜』&『射殺す百頭』  -90

○「戦闘続行:A」により 魔力量-99までダウン。



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:黒のキャスター
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━┓
   【真名】???                 【レベル】70             【アライメント】中立・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━━━━━━━┫
  【筋:D】20     【耐:D】20      【敏:B】40     【魔:A】50      【運:A】50     【宝:A+】60
┣━━━━━━━╋━━━━━━━┻━┳━━━━━┻━━━━━━━╋━━━━━━━┻━━━━━━━┫
 【令呪】禿禿      【魔力】-15/220    【魔力供給不足】無し
┣━━━━━━━┻━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━━━━━┫



○Lv70÷2  -35

○令呪2画分  -200


9646名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:25:35 ID:1DXm3zRg0
乙でしたー
色々考えないといかんな……


9647名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:25:43 ID:/xNFb3EE0
乙ー
…あー、こりゃ、明日も攻めにかかるな 休憩しておかないと


9648名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:26:08 ID:/xNFb3EE0
乙ー
…あー、こりゃ、明日も攻めにかかるな 休憩しておかないと


9649名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:28:56 ID:Vl2rETMA0
乙でしたー

相変わらず鯖が強いな、今回は。
啓示は中確率で60だし、もう一回強化したら80,90行きそうだな。
今回は1000の願いで早かったけど、次がいつになるか分からんけど


9650◆R2EPbWDdJg2014/01/27(月) 00:29:42 ID:6NdIV7ug0





           .  -── - .
         /          丶.
        /  /           ヽ, \ー、
     ,. --ァ' / /   i l l  i   i  l  V|
    〈´  ̄i l  l  l ! .l i  l   l  i  i l |
     ヽ.  iヽl  l___l__l l |  i,.-十 ノ  l l.|
      l lヽi.´ | ノ ノレ'  レ' r==.くレ / i !
      i | l  | v= 、   |i沂jjハレ' i イ
     .乂| i  |        ´ ̄⊂⊃ | k
      /.| l ⊂⊃  ┌─┐   ,イi. |  >  黒のキャスターさんは3劣位だったので逃亡に令呪3画必要でした。
     / i l  | \   ゝ ..ノ /lリ l レ'´
     `ーヘ ト、j ハハ` r ─´| // i j/     2画を魔力で賄い、1画を令呪を切って逃げた計算ですねー。
        `レ'ヘjイ ハ \  ノ\
          ., '   ヽ、 ,.->_/ l ヽ .
         ./\.     Vィニィァ_/  /ヽ
        /   ヽ.   |  /´ }   !   i
        {     V   |   {  |    ',   |
        }    |_/  ム. ヽ.__j  |
        |   ヽレ'ヽ  /示.  iヽ. l  |
        |  /    ∨  ̄ ヽ |  \ }
        トイ      .iニfぅニi∨    ヽ|
        l/        |=ュッ=l/     〉
        〈'        |    |      /
        |ヽ.     ├‐┬‐{      /|
        |  ヽ     /i  l  `ト / |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ まぁ、体力が残ってないか二日酔い三日酔いが続いていれば、
┃ 投下では無くまた雑談になるかもですが……。

┃ それでは皆さん、おやすみなさいノシ
┃ 旅行中、何もレスが無いのは寂しいので、攻略に関係ない事でも、関わる事でも、
┃ 質問とかあればしていると、帰宅した時に返信しますよー?
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


9651名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 00:31:30 ID:5gb9hNOI0
おつでしたー

んー、そうだな
現在のやる夫に対する好感度ランキング5名とか


9652名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 19:40:19 ID:Hl8.0BuEO
しかしやる夫、ゆゆキャスターの弱体化気付いた上であんな風に啖呵切れていたのか
もうメンタル面も逸般人の域に入っているな(確信


9653名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 19:51:08 ID:5gb9hNOI0
そういや、結局黒アーチャーの宝具の詳細や
流刃若火と火之迦具土について
後、黒キャスターの真名はまだ分かってないな

あの後も少し調べてみたけど
やっぱり南光坊天海(明智光秀か明智秀満(銃の逸話的に明智光秀))
と思われるけど他に候補ってありますかね?


9654名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 22:26:24 ID:YSwmD04I0
赤の陣営「信じて送り出した一般人マスターが最前線で鯖と殴りあってる件……」


9655名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 22:41:29 ID:uqRNpsz60
鉄砲の名手で坊主、となるとそれくらいしか候補居ないっぽい…?

>>9654
何を信じて送り出したんだwww


9656名無しのやる夫だお2014/01/27(月) 23:18:15 ID:ZpJdPWrg0



9657名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 00:03:17 ID:wptgstSU0
あぁ、これだけ聞いておいた方がいいか
赤の陣営でバイオリレーションの契約をしているキャラはルイズ以外で誰がいますか?


9658名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 00:29:25 ID:uGxbLGxg0
限定展開と夢幻召喚って、それぞれ複数具現とスキル・宝具再現になるみたいだけど、
その先ってあるのかな?
限定展開だと士郎みたいに宝具から所有鯖のステ・経験とかを引き出したりとか。

やる夫、ヤバいとか思ったけど、何気に士郎って限定展開の上位互換+固有結界持ちだし、
さすがは型月世界で主人公張れるレベルのチートだよね。


9659名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 00:30:25 ID:2Mgybw4E0
そういや、誰かゆゆキャスターに名前の由来考えた人って居るだろうか?
西行寺「ゆゆこ」って名付けるなら↓みたいな感じで理由付け出来たけど、
「幽々子」って名付ける場合はどうにも良い由来が浮かばん…(幽々ってほぼ悪い意味だしな

1.初めてキャスターを見た時、神聖で凄く綺麗…雅びやかだと思った(>>5175
2.神聖の意を現す言葉は「斎(ゆ)」 、斎々しい娘、って意味で斎々子
3.雅びやかの意を現す言葉は「優優」
4,斎々しくて(神聖で)、優優しい(美しい)娘ってことでゆゆこ


9660名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 00:35:24 ID:2Mgybw4E0
>>9658
両者の垣根はその内なくなっていくって話だし、どっちも完成形は鯖の完全再現+やる夫のスキル上乗せだと思う
その先があるかは>>1にしかわからんなw
もしかしたら複数の鯖のステ乗せられるのかもしれんし、もしかしたら鯖を実体化させて戦力として扱えるかもしれんし


9661名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 00:47:38 ID:wptgstSU0
そうさなぁ・・・
あくまでも俺の考えで言うなら、名前を付けるってだけなら
AA元の名前から離れた名前でもいいと思ってる

桜花とか花蓮とか希とかそんな感じでもいいし
キャスターに対しての願いを込めて付けるのでもいいと思う

けど、それらは同時に失ったキャスターの名をこちらの都合で完全に捨てろって言ってるにも近いとも思う
キャスターの名付けイベントが、キャスターに名を取り戻させるのか、新しい命として見るのかで付け方にも差が出るんじゃないか?
と、ぐるぐると考え中

考えすぎかもしれんけどねw
とりあえずはイベント待ちかなぁ・・・
何も無さそうだったら、幽々子って普通に付けて理由なんて考えないってのも最終手段としてはありだろうし


9662名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 00:53:36 ID:o4IXi1fo0
本人が元の名前を覚えているのかどうかも気になる所だよなー
誰も自分をの元の名前で呼ばなかったから自分の名前だと実感できなくて……という可能性もあるし


9663名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 07:14:03 ID:sR5vKsxk0
>>9661
桜花って特攻兵器じゃねーかw


9664名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 07:23:30 ID:wptgstSU0
そういえばそうだった・・・
やっぱ響きで適当に思いついたの並べるだけじゃダメダメだな


9665名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 18:10:57 ID:BmTPbXToO
そういえば、スキル使ったらやる夫って鯖として扱われるんだよな
…もしかして、やる夫自身に令呪を使うことって出来ますか?
また、出来るならジークみたいに令呪一画で鯖の完全再現とか可能でしょうか


9666名無しのやる夫だお2014/01/28(火) 19:08:28 ID:wptgstSU0
そういや、確認し忘れてたけど
黒の聖杯と赤の聖杯ってそれぞれ相手の鯖が脱落したら取り込むでいいんですよね?
近くにいた方に取り込まれるとか、魔力不足の消滅だと第三の所にいくとか
なんかそんな感じの罠ってないですよね?


関連記事

 

奥さんに呪いを掛けたのはポセイドンがせこいわけでは無く、単に等価交換だったからだと思うが。
時代的に妻は夫の所有物で最も価値のある財産の一つだろうし。現代とは価値観と正邪の基準が違うだけ。
借金やツケの精算に、まず妻や子を差し押さえるなんて当然の事だろう。
王がポセイドンの財産(雄牛)を掠め取ったから、その雄牛に王の財産(王妃)を奪い取らせたんだよ。

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/5179-21abb51a

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /