FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫は心無いキャスターを召喚したようです その5

ブログトップ > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです > やる夫は心無いキャスターを召喚したようです その5




5798◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 20:53:08 ID:7hYQaBjM0





                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈       これはご丁寧にどうも―――。
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )     やる夫の名前はやる夫だお。
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|     ……ところで真名に繋がりそうなこと言っちゃっていいのかお?
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|





              .,  ,,-----〟  ,、
            //  ゝ  〃、___ノ ∟、
           /:: )-/ /      τ´
          丶:::: /  // /    ヽ、 ,、      元より名乗りも無いままの闘いなど本意では無い。
          ,,-ゝμ:: // /彡彡,ii;;;;::,,,.  ヽ
          ((ヘ,,,..ゝ、、ヽ、   ""ミミ::::::::::(`)ノ      それに名を知られた程度で揺らぐ程度の勝機など、
          ` |τ゛゛  ヽヽ,,ノ___,, ミ、::_、:::ν、
            、| 、____  》/" ゝソ  ゛"ヽ,/)ノ      最初から不要といえる。
             ヽ'ゞ'` ι=ミ、    ゞ丿
              .ヾ,ノ       /"| `)
               \ .---  /  .|《,
                 \____/==ミ.,、 ,,,--"==---、、..
                 ,,,,|ヾ:::::::/ ___/ / /""   ,,,--ヾ=ミ
          ,,---,---"" /,,;;;:::::/  / / /    /::::::::::::::::::::ヽ
         / / <"""《  》、   // /   /:::::::::::::::::::::::::::::|
        |  /    ヽ, /,,,--""   《、・ /   /::::::::::_________::::::丿
        |//     / '       ``\_/...,,,--"""   ""::ヽ,
       / |     ノ           :::`|"       .........:::/
      ,<   ゝ   .,,iiiiiii;;;,,,,...      .,;;;;;;;;;;|.      ..,,;i"""'ヽ,








.


5806◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 20:59:25 ID:7hYQaBjM0




         ,,..-―‐‐-.、
.       /     | | | | lヽ
.     /      ___| | | l ',
     i  ̄     __    ',     ―――強気なことで。
     | ―          i
     !   /   ヽ u   |     まぁ、ミノタウロスに続いて、メレアグロスとか
    ',  ゝ-'`¨¨´     ノ
      ヽ、___  -‐<      本当に大英雄のバーゲンセルだし、その言葉も当然か……。
     ,.‐/ \  / /   }、
.     i、 `"''-Y-‐'" _,,..-' ヽ
    /  ̄ ̄ ̄  ̄ ̄       ヽ





                          ヘ(ゞーヘ)ミvヽ
                         /ヘj.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,ゞ
                        ノ).,.,.,.,.,.,.,,,j"ヽ、.,.,.,.,ソ
                        )ヘ.,.,.,,ヘ''''´ .ヽ、 t彡ゝ
                        ,ノ,.,.,.,.,ヾi   ゝ .イ .ノ__      それが聖杯戦争の妙であろうな。
                   ,-─-、_ソノ;:;:;::ト  ヽ、 」 ..ノ`
               ._∠´_ /  ̄\;:;:;:;:;:;:;:\__/¨          俺もまさか同郷の者達が参戦しているとは思わなんだ。
              ノ::>..〃 ⌒ 、  丶;:;:;:;:;:ゞ、__
           ,,ノ:::::::::::::::::::::\   ソ__/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;...\         だが、バーサーカーの前で“ミノス王の牛”とは言わないほうが良いぞ?
          /::::::::::::::::::::::::::::::::) _,ノノ:;:;ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:\∥
         /:::::::::::::::::::::::::;,---下</:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;)        あれで本人は気にしているらしいからな。
        /::::::::::::::::::::::ノ'    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>、__:;:;:;.ノ
      ノ::::::::::::::::::::::ノ      !:;:;:;:;:;:;:;:;:;く;::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;ソ´
     ,/::::::::::::::::::/        !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>´;;:;:∨:;!
;\  〃´::::::::::::::/          !、:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;_!;;:!
\;/:::::::::::::::::::´            ゝ、:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:i::;卜、
  ノ, , ,  '':|              !:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;+ゝ:::`ー-、___
  ! ! ! ! 人 |               !====a:;:;:;:;:;:;:;\:::::::::::::::ト、
  `-.!__! !;;\ <二≡≡≡=≠≠≠|::::::::::::::::::::::『ギギ日レ! ̄マ≠≠≠≠≠
     'ー'´\;\             |____,;-―〈::::『ギギ日`::::......ソ__
        \;\            |::::::::::::::::::`X{:;:;!:;:;:;:;:|;:;:∠/;:;:;:;:
          \;\           |:::::::,--<´:::::{:;:;:;!:;::;:|;:;:母;:;:;:;:
           \;\          |-":::::::::::::::::::{:;:;\ノ;:;:H;:;:;:;:;:;:
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ もし聞かれればあの牛面になって襲い掛かってくるぞと。
┃ 本気なのか冗談なのか分からない脅しを口にするランサー。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5807名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:00:08 ID:XJ6vqDhA0
おおう…… 禁句だったか


5808名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:00:17 ID:8Agho6mQ0
言わなくても襲われたのですがそれは・・・


5810◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:04:48 ID:7hYQaBjM0





     ____
   /      \
  /         \
/           \    ―――肝に銘じておくお。
|     \   ,_   |
/  u  ∩ノ ⊃―)/    まぁ、できれば次が無いことを祈りたいけど……。
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /






                  イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \       \:::::ハ:.:.V
                 =ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \     !   ´|::∧:.’
                   `ヽ:::::::::::::::/⌒ヽ/      __ ヽ、   、    !/ v‘,
                     ヽ:::::::: ′.:l        \ 沙ゞ:.、 〉  /.〉  〉:〉
                      |:::::::ハ :.:〈       ’   ` ''''''"´ ィ'7´   /
                      |::::::::::::, `             __ {ゞ' /
       __             j:::::::::::::::ー:,          ノ´ ̄` 、¨´
/ ̄ヽ´ ̄`l  l-- 、           /::::::::::::::::::| 、      、_    ‐:.:..__,>     フッ、これは異な事を言う。
>、   :,  |   |   :,          /|::::::::::::::ハ::| \       `丶..,_,:/
ニニゝ  l   |   |__ /_          r!::::∧:::| ゞ!   \        、:,ノ´       貴様とて聖杯大戦の参加者である以上、
ニニ{ /¨l/¨ l'¨¨l|  }/⌒! ≧==-  .,/`ヾ  リ   :,    \      /
ニニニー' ー‐' ー‐'`¨/  |ニニニニニニニ′ : :> .,   :,    \__/          またいずれ我らと見えるのは必定。
   ̄`¨¨  ==ニニ{   {ニニニニニニニ|: : : : : : : : :> .,     /:.:.:.|.,__
   //     / `¨  〉===-- r≦!: : : : : : : : : : : : :>ュ  ':.:.:.:/、ニニニ≧=-  .,_
   /            /: : : : : :jlj: : : \: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:..ll 'j:.:.:/:.:.:.\:.:.:.:.:.ヽ> 、ニニニ
  .′          / ヽ : : : : //: : : : : :\:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|/ !:./:.:.:.:.:.:.:.〉 、:. :. \:. :. ヽ 、
  /            /   }: : : : jlj: : : : : : : : : 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l| !/:.:.:.:.:.:.:/: : :ヽ:. :. :.ヽ:. :. \






.


5811名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:08:08 ID:XJ6vqDhA0
とりあえずバーサーカーの真名はアステリオスでいいのかね
初日に2体の真名を得たのはそれなりの戦果だろうが……


5812名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:09:08 ID:8Agho6mQ0
普通に考えたら、一度相対しただけで真名を看破するのは・・・

原作だと(自分からばらすのも含めて)結構あるきがするな


5813◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:09:57 ID:7hYQaBjM0









 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   この敗北の借りはいずれ返させてもらう。     |
  乂_____________________ノ


               l 、    ゝ-厂:.V´:::::|:::::l、:ヽ、   l\  . . . . . . . . . . . . : :::::::: /.二ニ7
                 ヽ 7 ´ /::|:::::八ヽ::::|:::::::l:::::::\ー┘:lハ  . .    . . . . . : ::::: /.二ニ7
                 ∨  /.:::|::::.ヽ l:::.V|:::::::!:::::::::ノl::::l:::l::::l   .      . . . ::::::: /.二ニ7 .:
                   /   ーl:::::|:::::::::::j:::::::i|:::::::!::::::::〃.::l:::l::N          . . :::: /.二ニ7 .:::
               、_ .ノ   `lヽ:|::::::::::l::::::::i|::::/l:::::::::ll::::::Y从,....ァ        :: /.二ニ7 .::::::
              >-  \ l:::::ヽ::::::l:::::::::i|:::l八:::::〃:/l::::::l::/          /.二ニ7 .:::::::::
              `ヽミ=-   「`^ ーvヘ:::::::i|:::l::ノィi/Vl:::::l::::::l/'        /.二ニ7 .:::::::::::
                 V、 _ヽ{ . . . . . Vソ |:::! . . . . イ::::::!::::/_           /.二ニ7 .::::::::::::::
               `ヽーzァ/` . . . . . . . . |:::l〉 . . .〈::::ノ.:/´/        /.二ニ7 .::::::::::::::::
                 Vニ/ `丶、 . . . . . |:/. . ./ ヽl∨Y γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                 「 ヽ < f戉i >  , / ´它弌>: l/´l  |   それまで脱落してくれるなよ? 赤のキャスターとそのマスター……やる夫よ。       |
                 l (ハ ° . . /⌒^ ´.  : : : : : :/:〉:l. . . 乂_____________________________________ノ
             . . . . . . . . .ヽi_ハ  . . . {i   :i : : : : : : : /'/.. .. .. .. .. .. ./.二ニ7 .::::} == {:::::::::::
. . . . . . . . . . : : : : : : : : : : : : : : : : :lハ . . . . . . .l:〉: : : : : : /イ : .: .: .: .: .: .: /.二ニ7 .:::::ノ:::i:i:i:.、::::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::/イiハ  . ー- " ‐‐: : : /l∧: :: :: :: :: :: ::/.二ニ7 .:::::::]iエiエi[:::::::::
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: レ l:丶. . . .`¨´: : : / l:ノ l :: :: :: :: :: /.二ニ7 .::::::::::.YニニY.::::::::::
: : .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: :: :: :: ::〈`丶. \ : : : : //ノl′ :: :: :: :: :: /.二ニ7 .::::::::::::: l ⌒ l ::::::::::
.: .: .: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::/ |  - 二:::TロT:::二 -...^ヽx-────<三三三>、- 、:::::::::::
:: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: : _,. ィ '´ ̄ ..::::::|  ::::::::::l::l  l::l:::::::::::::::::::::::マ二二ニニ|三三三三ハ 三\::::::
:: :: :: :: , '´ ̄   ̄ |: : :-- : : : : : :::::: 、 ::::::::l::l  l::l::::::::::::::::,. '" マ二ニニ=|三三三三ハ三三\
:: :: :/         |ヽ、: : : : `丶、 _::::.ヽ:::::::::ヽ∨ノ:::::,. '"::::::::::ノ マ二ニ==|三三三二二!三三 /
:: :/      ヽ  |: : : : .ー─  --   > ー── <   -- '′:::. マニ===|三三二二=/三二/
::/          ハ j: : : : .::::::::::::::::::::::::::::::::: ̄\/ ̄.::::::::::::::::::::::::::::...マ====|、三二二=/二二/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――ランサーの言葉を聞き茫然とする。
┃ 今まであえて目を逸らしていた事実に気が付いてしまったから……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5814名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:10:26 ID:Kg4Y.Qx60
こっちの収穫:バーサーカー、ランサーの真名
あっちの収穫:キャスター+マスターの情報、ライダーの部分的な情報


5815名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:11:40 ID:XJ6vqDhA0
まあ啓示が発動しなかったということは名乗ったのはそこまで悪手では……ないといいなー


5816◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:15:36 ID:7hYQaBjM0










 ☆         o          +     o             。    + ☆
   ゚     。         o ☆          ゜             ゜       +
      +        °        。         ★    ゜        。
  ゚             +            ゜
      ゜   ☆                     o   ゜ +         。  °
 ゜          。            o                   。

   ゜              ゜               ゜
       ゜           ゜          ゜                 ゜
                                       ゚
          ゚
.    ___
    |:i||\
   メ:|:i|| i ヽ、
 /.l |:i|| i  i゛'-、
 i  i |:i|| l  l  l "'- .         /゛⌒ヽ
 i  i |:i|| l  l  l  l  l"'- .._    ( .:ヾ::. ⌒)
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i ''-.._(  .::..: . ~、       ,-⌒⌒ヽ
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i ''- ._ :...::ゞ.:.)     { ,~.: ⌒;
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i゛''ー ..,_      (  .:::ヾ::..  )⌒ヽ
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i` 'i'''‐- ...,,__  .:.:.:...::}..:、_ :)
 i  i |:i|| l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l`"i'' ┬ - ...,,__
 i  l |:i|| l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l
 l_l_|;i||_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|
 ZZZ|;i|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
   ̄|;i|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 _..._ {]_[} .._.........__......._........__.......__............._.........__......._........__.......__..........._............._..._........
 : . : .|;i|| : : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :: : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :: : . : .:: : ::: ; : : : . : .: :
 -.┌'_。:'┐   -     ~      -        ~      ~ - ~ - -
 _ ⌒^~ ~   ~~~ ~~  ~~~  ~~~ ~~~~~~  ~~~ ~~ ~
  ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~  ~~ ~~  ~~
 ~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~ ~~~ ~~~~ ~~ ~
 ________________________________
 Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^
 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 ´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄
 二二7               i二二二二二i              ゝ二二二二


╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そう―――。
┃ この橋を渡って安全な場所へ抜けて……。
┃ それでこの狂った夜は、“聖杯大戦”は終わりでは無いのだと……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5817◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:17:27 ID:7hYQaBjM0









                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・









.


5820名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:21:24 ID:Kg4Y.Qx60
まだ誰も脱落してないし、キャスター消滅だけか。
まあやる夫は安全に脱落は出来る。その後は色々あれだろうけど


5821◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:22:05 ID:7hYQaBjM0









      Fi
  l::::ニニ:::ニニ::::l
  |:::::::::::::::::::::::::::::::|
. /|:::「 ̄ ̄ ̄ ̄|:::|
/ .|:::|: \  .//|:::|
  |:::|.      / .|:::|
  |:::|  / /  |:::|
  |:::|/.  / .\|:::|
  |:::|\ /  /|:::|.     ri
  |:::|.  / ./  |:::|.    「三三j
  |:::| /  \  |:小 .   |:ト、./|:|
  |:::|./     .\|:::|   /|:|/ ヽ!:!__                   ___           i!
  l:::/      /|:::| ∨ .|:ト、./|:|:::|                    |:::::iii|.            ||
  |/j  \./ ..|:::| ∧ .|:|/ ヽ!:!:::!_  __ __       ____ .|:::::lll|._r┐ __       |:|
 /:::j  /.\ ..|:::|./  〈|:ト、./|:|:::|:|__|:::::::||::iiiiii|_.┌―┐.|::::::::::::| .|:::::iii||:::::::| |::::::| xx  |i:|
./ |:::l/::::::::::::\|:::|'    |:!/ ヽ!:!:::!:!:::: ::::::!!::iiiiii|:l-|i:i:i:i:iトr|::::::::::::ト.!:::::iii||:::::::|/「[[[[[[|:::}゙´|i:i:i|:..
  |:::|::::::::::::: : :::::|:::∟=-‐===:!:!:::!:!:::: :::::::::::iiiii|:l;;;!i:i:i:i:i|:.A:::::「「「「「|::::iii|:::::::::|::|:[[[[[[|:::|:::|i:i:i:i|::
  |:::|::::::::::::>'゙´|:::| ,..x≦////|:|:::|:ト、ョョョョ:::iiiiii|:l;;;!i:i:i:i:i|:|ヨ|::::|:|:|:|:|:|::::iii|:::::::::|::|:[[[[[[|:::|::|i:i:i:i:i|::
  |:::|>'゙´   ,..|:::l//////>=!:!:::!:!::::\lllllllllllll|:l;;;!i:i:i:i:i|:|ヨ|::::|:|:|:|:|:|::::iii|:::::::::|::|:[[[[[[|:::|:|i:i:i:i:i:i|:
>      ,..<::::!:::!///:>!:!ニ=|:lニ|:|三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三
     /////:|:::|::/ニ:|:|三=|:lニ|:|二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
   ///////:|:::|::::::: :::|:| :-=|:|ニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニニ
. ////////::|:::|:::::::: ::|:|::::::::|:|ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ .ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ ニ
.<:///////  |:::|          ニニニニ  ニニニ :ニニニ ニニ ニニニ ニニ     ニ
::::///// \  .|:::|                            ニニ           ニ
::///!゙´    \|:::|                                          ::
/|:::|\    ./|:::|
  |:::|  \./  |:::|
  |:::|  /.\  |:::|
  |:::|/    .\|:::|

        , -_ , ‐ ´ ̄`ー' ー、
      /ノ, ‐ '         、._ヽ
    _/ { f      , '´  ̄  r-ミ
   /    l , --z  /       ーヽ
   ヽ、  /   ー 、-       ゝ
   ヽ、.ン    , =‐  l、 f_`ヽ  Y
    /l   /,ィt:j    ヽノヽj j   l        ……行ったか。
   て_丶、´ `´    ´  ー{   ヽ、
    <__l___        l  ー、    ラ
         L  _,. '    ノ‐,.´ ヘ  トj
        `ー、   /‐ ´三三jヘ|
            ヽ イト、三三三三l、
         , -<三三三三三三丶、
       /     \三三三三三三ヽ
      /  ____  ヽ三三三三三三ト、
       レ´      弋 /三三三三三三三ヽ
       |   ____|三三三三三三三三ヽ
      ハ<       j三三三三三三三三 イ
     /三l       _/l三三三三三三三三l |
    ,' 三イ¨¨¨¨´ / l三三三三三三三三l |
     l三三l    /   |三三三三三三三三j l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ やる夫達が去った後……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5822名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:22:14 ID:05Vn6Pl20
セイバーとの契約を解除した帰り道にバーサーカーに挽肉にされるENDですね、わかります


5823名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:22:51 ID:XJ6vqDhA0
まあ一般人が助けてくれた恩人を殺せるかという問題もあるがな……
そして黒ランサー側でまだ何かあるのか


5824◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:26:48 ID:7hYQaBjM0




\\====||===/=============||===/=============||===/=====||==//
//                                       \\
| |  ―――追撃しないなんて、どう言うつもりですか、ランサー?    | |
\\                                       //
//============||=================||========||==============\\





                        \\====||===/=============||===/=========||====//
                        //                              \\
                        | |   マスターの私の命に逆らうとでも―――?     | |
                        \\                              //
                        //============||=================||==========\\








    j| レ!: : : : : : : : : : ::::::::: : : : : : ::::::::::::::::::::::::::::: : : ゝう、
    |:!  }: : : : .:::::: : : ::::::: : ∠:;:::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : :\
    |:ハ /: : : ::::::::: : ::::::::/  ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト : : |
    |: : j: : : :::::::::: : :::/    ー‐ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| \j      フッ―――。
    |: : : : : ::::::::::::/'"         `ヾ:::::::, - 、::::::::::::: |
     \ /: :/: :.:ノ       /  _,     `ィ/` ∨:::::::::::\       何、あの狙撃手の援護はいささか厄介なのでな。
  -==ミ/: :/: 「     { ,ィ' ィ笊/      { ヽ ノ::::::::::::::ト-=-
     |: :/ :::|    `´  ´ ̄       jノ /::::::::::::::::ハ        これ以上、闘ったところで泥仕合にしかならんと判断したまでのこと。
     | / `ヾー==:、               ,.イ::::::::::::::::::::::::ニ=-
     |:′  ヽ 〃 |:.:.:.             |  ヾ::::::: -=ニニニニ=-
     ||     '.. ノ:.:.:.:.:.           ノ ィニニニニニニニニ> `ヽ
     ||       :, `ヽ   ,,-‐'’     /ニニニニニニニニニニ三ム\
     ゝ、     \  ‐′ ,.    /二> ´三三三三二 ヽニ三三三ム ヽ
       `ー彳`ヽ  `ヽ     r≦三三三三三三三三三三三\三三三ム ∧ 、
           リ     \   i 三三三三三三三三三三三三三\.三三ムニ!: :\
                 ヽ  |三三三三三三三三三三三三三三ム三三ム=|:. : : \
                  `¨j三三>――――‐<三三三三三三ム三三ムj:.:.:.:. : : :ヽ
                   ∨---―――-- 、: : : : ヾ 三三三三三ム 三三j:.:.:.:.:.:.:.:. : :,
                  /´ ̄ ̄ ̄`ヽ: : : : :\: : : : :寸三三三三 ム 三ア::::.:.:.:.:.:.:.:.:.: :,
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 虚空に向けて語り掛けるランサー。
┃ どうやら彼が下した決定に、マスターは不服の様子らしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5825◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:31:52 ID:7hYQaBjM0






\\====||===/=============||===/=============||===/=============||========//
//                                                 \\
| |  その泥仕合を仕掛ける為に、貴方の宝具はあるのでしょう―――?         | |
\\                                                 //
//============||=================||=================||=============|=====\\







                  イ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ \       \:::::ハ:.:.V
                 =ニ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/     \     !   ´|::∧:.’
                   `ヽ:::::::::::::::/⌒ヽ/      __ ヽ、   、    !/ v‘,
                     ヽ:::::::: ′.:l        \ 沙ゞ:.、 〉  /.〉  〉:〉
                      |:::::::ハ :.:〈       ’   ` ''''''"´ ィ'7´   /
                      |::::::::::::, `             __ {ゞ' /
       __             j:::::::::::::::ー:,          ノ´ ̄` 、¨´     ……否定はせんがな。
/ ̄ヽ´ ̄`l  l-- 、           /::::::::::::::::::| 、      、_    ‐:.:..__,>
>、   :,  |   |   :,          /|::::::::::::::ハ::| \       `丶..,_,:/        だが此方の消耗の方が大きい以上、
ニニゝ  l   |   |__ /_          r!::::∧:::| ゞ!   \        、:,ノ´
ニニ{ /¨l/¨ l'¨¨l|  }/⌒! ≧==-  .,/`ヾ  リ   :,    \      /          ソレを仕掛けるのも不毛過ぎるのではないかな、マスター?
ニニニー' ー‐' ー‐'`¨/  |ニニニニニニニ′ : :> .,   :,    \__/
   ̄`¨¨  ==ニニ{   {ニニニニニニニ|: : : : : : : : :> .,     /:.:.:.|.,__
   //     / `¨  〉===-- r≦!: : : : : : : : : : : : :>ュ  ':.:.:.:/、ニニニ≧=-  .,_
   /            /: : : : : :jlj: : : \: : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:.:..ll 'j:.:.:/:.:.:.\:.:.:.:.:.ヽ> 、ニニニ
  .′          / ヽ : : : : //: : : : : :\:...:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l|/ !:./:.:.:.:.:.:.:.〉 、:. :. \:. :. ヽ 、
  /            /   }: : : : jlj: : : : : : : : : 丶:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l| !/:.:.:.:.:.:.:/: : :ヽ:. :. :.ヽ:. :. \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 此方の聖杯にかける願いを知っていてこの言い回しをするあたり、
┃ 我がマスターながら実に良い性格をしている。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5826名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:33:16 ID:XJ6vqDhA0
ランサーらしくマスター運はないのねー


5827◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:36:25 ID:7hYQaBjM0






                   ト、   j: : : :ー-=チ: : : : (   弋㍉             /ミミ㍉/
                从ミ辷ニ三: : : : : : : : : : : : ヽ、__j: : :',            /㍉ミミ/
                   Y代ヾミ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :〉           /ミ㍉ミ/
                ∧ヽヾ㍉: : : : : : : : : : : : : : : : : : :ト′ .       /ミミ㍉/
              弋ヘミヾミ斗: :: : : : : : : : : : : : : : : : : :.レ/´        /㍉ミミ/
              ≦辷ー-ミ弋: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/       /ミ㍉ミ/
                `込ミミヾ. `¨`㍉''ヘ::イ'''¨´ア: : : :.{       /ミミ㍉/       それにあの狙撃手―――。
               \=ニ三テ`      |::j  〈: : : : :.ル'      /㍉ミミ/
                 ヽ:.:ミ′\_      j/ _∠ ヾ: : /        /ミ㍉ミ/        自身の手の内をほとんど明かさなかった。
                  {㍉ ーt:::テ≧  /≦r::テー Yヘ.      /ミミ㍉/
                 弋.ヘ ・   /´`¨        ∧.j     /ミ㍉ミ/          それでもなお圧倒された以上、
                   ヽ',   (′ : |     /彡′    /ミ㍉ミ/
                   从       j     人      /㍉ミミ/            ここで追撃を仕掛けるのは迂闊という物だろう。
                       イィ:.:|\  ー===-  /代ヽ    /ミ㍉ミ/
                      ((  \   ̄ /  j从    /㍉ミミ/             “万が一”が在っては困るだろう、マスター。
                  ,..<|>ー= ー一'r彡'': |、____/ミ㍉∨─---
               -一': : : :.| .: : :.∧ .//: : : : : :∧ニニニニニニ.l}ニニニニ
       -─-一={  -<_  .:.:.:. .: : : ∧//: : : : : : : :∧ニニニニニ ||ニニニニ
     /         |ヽ、   `'ー<:.:..: : : : :∨: : : : : : : : : :∧ ニニニニ.||ニニニニ
  ./         |   ` ̄二: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :∧ニニニニ||ニニニニ
  /          人 .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 込ニニ.jjニニニニ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ まぁ、それが戦術的に正しい手なら躊躇する気は無いが、
┃ リスクの方が大きいならば別の手を打つべきだろう。
┃ そして彼を喚びだしたマスターはそれが判らない人物ではなく……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5828◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:42:02 ID:7hYQaBjM0






\\====||===/=============||===/=============||===/==========//
//                                        \\
| |  ……帰還しなさい、ランサー。 そして皆の前で話してもらいます。  | |
\\                                        //
//============||=================||=================||======\\


                           \\====||===/=============||===/=============||===/=================//
                           //                                             \\
                           | |   赤のキャスターと、あのアーチャー以外の狙撃手の事を―――。      | |
                           \\                                             //
                           //============||=================||=================||=======||=====\\





                          ヘ(ゞーヘ)ミvヽ
                         /ヘj.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,ゞ
                        ノ).,.,.,.,.,.,.,,,j"ヽ、.,.,.,.,ソ
                        )ヘ.,.,.,,ヘ''''´ .ヽ、 t彡ゝ
                        ,ノ,.,.,.,.,ヾi   ゝ .イ .ノ__
                   ,-─-、_ソノ;:;:;::ト  ヽ、 」 ..ノ`     了解した。我が主よ―――。
               ._∠´_ /  ̄\;:;:;:;:;:;:;:\__/¨
              ノ::>..〃 ⌒ 、  丶;:;:;:;:;:ゞ、__
           ,,ノ:::::::::::::::::::::\   ソ__/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;...\
          /::::::::::::::::::::::::::::::::) _,ノノ:;:;ヽ、:;:;:;:;:;:;:;:;:\∥
         /:::::::::::::::::::::::::;,---下</:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;)
        /::::::::::::::::::::::ノ'    |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>、__:;:;:;.ノ
      ノ::::::::::::::::::::::ノ      !:;:;:;:;:;:;:;:;:;く;::;:;:;:;:;:;:;:;:;;;ソ´
     ,/::::::::::::::::::/        !:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;>´;;:;:∨:;!
;\  〃´::::::::::::::/          !、:;:;:;:;:;:;:;:;:;\:;:;_!;;:!
\;/:::::::::::::::::::´            ゝ、:;:;:;:;:;:;:;/:;:;:;:;:i::;卜、
  ノ, , ,  '':|              !:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ:;:;+ゝ:::`ー-、___
  ! ! ! ! 人 |               !====a:;:;:;:;:;:;:;\:::::::::::::::ト、
  `-.!__! !;;\ <二≡≡≡=≠≠≠|::::::::::::::::::::::『ギギ日レ! ̄マ≠≠≠≠≠
     'ー'´\;\             |____,;-―〈::::『ギギ日`::::......ソ__
        \;\            |::::::::::::::::::`X{:;:;!:;:;:;:;:|;:;:∠/;:;:;:;:
          \;\           |:::::::,--<´:::::{:;:;:;!:;::;:|;:;:母;:;:;:;:
           \;\          |-":::::::::::::::::::{:;:;\ノ;:;:H;:;:;:;:;:;:
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 帰還の令はすぐに放たれた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5829名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:42:50 ID:XJ6vqDhA0
マスターの事は無視か


5830名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:43:05 ID:Kg4Y.Qx60
相手陣営は既に協力体制出来上がってるじゃないですかー


5831◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:43:48 ID:7hYQaBjM0









                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・









.


5832名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:45:24 ID:8Agho6mQ0
やっぱこのルールだと偽装スキルない限り
たとえ弓で攻撃されてもアーチャーと誤解したりとかはないかw


5833名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:45:54 ID:XJ6vqDhA0
とりあえず助けてくれたしライダー組にはメレアグロスの情報話した方がよさそうだな
黒バサカのアステリオス?の情報はまだ未確定だが話すべきか?


5834名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:46:53 ID:8Agho6mQ0
まぁ、話していいんじゃない?
現状だと隠す必要性無いし


5835名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:47:26 ID:Kg4Y.Qx60
自分たちの情報はあんまり出したくないけど、相手情報はバンバン出していいんじゃない?


5836◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:47:27 ID:7hYQaBjM0










 ☆         o          +     o             。    + ☆
   ゚     。         o ☆          ゜             ゜       +
      +        °        。         ★    ゜        。
  ゚             +            ゜
      ゜   ☆                     o   ゜ +         。  °
 ゜          。            o                   。

   ゜              ゜               ゜
       ゜           ゜          ゜                 ゜
                                       ゚
          ゚
.    ___
    |:i||\
   メ:|:i|| i ヽ、
 /.l |:i|| i  i゛'-、
 i  i |:i|| l  l  l "'- .         /゛⌒ヽ
 i  i |:i|| l  l  l  l  l"'- .._    ( .:ヾ::. ⌒)
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i ''-.._(  .::..: . ~、       ,-⌒⌒ヽ
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i ''- ._ :...::ゞ.:.)     { ,~.: ⌒;
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i゛''ー ..,_      (  .:::ヾ::..  )⌒ヽ
 i  i |:i|| i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i  i` 'i'''‐- ...,,__  .:.:.:...::}..:、_ :)
 i  i |:i|| l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l`"i'' ┬ - ...,,__
 i  l |:i|| l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l  l
 l_l_|;i||_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|
 ZZZ|;i|ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
   ̄|;i|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 _..._ {]_[} .._.........__......._........__.......__............._.........__......._........__.......__..........._............._..._........
 : . : .|;i|| : : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :: : . : .:: : ::: ; : : : . : .:: : :: : . : .:: : ::: ; : : : . : .: :
 -.┌'_。:'┐   -     ~      -        ~      ~ - ~ - -
 _ ⌒^~ ~   ~~~ ~~  ~~~  ~~~ ~~~~~~  ~~~ ~~ ~
  ~ ~~  ~~  ~~   ~~ ~~~~~    ~~ ~~~  ~~ ~~  ~~
 ~~ ~~ ~~~~   ~~  ~ ~~  ~~ ~~~~ ~~~ ~~~~ ~~ ~
 ________________________________
 Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^
 ▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△
 二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二二
 ´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄´゜` ̄
 二二7               i二二二二二i              ゝ二二二二


     ____
   /      \
  /         \
/           \
|     \   ,_   |   ……。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 気付いてしまった事実に頭を抱えながら無言で橋を渡る。
┃ 冬の寒風が身に染みるが、それ以上に考えなければいけない事があった。
┃ 即ち……これから先、どうするのか。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5837◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:52:31 ID:7hYQaBjM0





          /    . . . . . . . . . . . . . .     \
           / .   : : : : : : : .- へ: : : : : : .   ヽ
        z==、 」    _:厂 ̄ ´z=ミ  {: : : : : : : : : . ' .
      」   Y . . く     { { @ノ  ヽ: : : : : : : : : : : .ヽ.
   _. { {   } レ⌒ヽ :ー. . . ._` ー=ニヘ   \: : : : : : : : : : : .
. (⌒゙しz_ ヾ.. _人_(⌒ゝ\_/: : : : ヽ: ̄:`ヽ. .ノ: : : : : : : : : : : : : '.
.乙:}   /′  /⌒゙7  ̄(乙__z=z、: : `ヽ: : : : : : : : : : : : : :   .
.  乂// /   /  /  / `} ̄´|   ゝ=-ヘ_: : : : : : : : : : : : : .  {
/⌒{ { i   /  ム {  / -=ミ       ノ: : : : : : : : : : : : : ノ    …………。
乙z / 乂.  {  ∧     /    } !|     く: : : : : : : : : : : .:z≦
 . .- /∧     レ=ミ ∨  `/ヽ八     ヽ: : : _: : :   く
く   /: ∧ i  マ r心 }   ノ´¨芹ミz    { ` ̄乙. .く_ `ヽ.
{_ イ   / ∧  八 灯ノ_乂´   灯心刈⌒)i|            \
.  {:   !{  ヽ\ .i}  ′      ゞ ´"}  }//    ヽ.        }
     八     八           ノ  //       |       {
`ヽ.      ヽ.  \ `ヽ. `   .。o≦  〃       レ'⌒Z__ ノ
  (__ 人__ \  ー=7 ¨¨ 」: :ノ /イ/} _      }>  ヽ. .-= …く
.         .. >´,  / / /´  /´く   ` ー ´ ヽ          \  _  _
        /_Y/    У        ヽ,        \          ¨ニ=-…ヽ.
       . ' _」_.-=ニ7ヽ {{      /-ヘノ.           ヽ.  __ .-= ニ  ̄ ヽ    )
     /   《  /〃}} 八      ノ_ノ   ∧¨ニ =-ヘ      ヽ._ヽ    ¨ニ=- }   )_
   _  ´  .入/ { { }}  }フ  彡′  ̄ ヽ} .                   ニ= --=ニ¨ ヽ






            ____
         ,. -'"´      `¨ー 、
         /             \
      /                ',
     ./                     ',
     l     \          /    .l   …………。
     l      \_i ,, i_/   U  l
     .',    `ー―'    `ー―'   ./
     / \      l   人   l    /\
  ./    `ー、   `ー´_`ー'  ‐'    \
  /                        ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 聖杯大戦は明日からも続けられる。
┃ 偶然とはいえ赤のキャスターのマスターになってしまった以上、
┃ これからもランサーやバーサーカーみたいな連中と闘う羽目になるだろう。
┃ その中で自分は果たして生き残れるのだろうか?
┃ その思索は―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5838名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:56:40 ID:XJ6vqDhA0
一般人には荷が重いよね……


5839◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 21:57:41 ID:7hYQaBjM0









        ___                /´ ̄ ̄`ヽ
     ,.  '´      ``丶、             ,.イ-――‐- 、 |
.   /        -- 、   \ ____,  '´/_,. ---- 、 ∨
.  /   /      \     \ 、 `丶、_    /    - 、 \
 /   {     \ `丶、   ヽ.` ー一'  ̄          \
./ .|   '. 、    \ー/-- 、 !ヘ           ,. -―-ヽ
i  |   ! \\    ゙vrニミヽ!|  `丶、      /,. -―-、
| | !'.  '.><ー---、 !、:::::::ハ !  \   `  ̄,.イ'´ー- 、  ∨
| | '. \ヘ.,rァニミ、   ヽ| ヾZソ |!   ` ー一'´/ ‐- 、  `ヽ
| |  ヘ. ト{ {::::::ハ    ,     ハ.       ,∠_   ヽ   '.
 !   \\ゞZソ   '⌒ヽ  //:\ _ /,. -‐::ヘ、  '.   !
 l ヽ.   \丶、    ヽ._ ノ,.イ::::::,. '´:::::::/‐-、:::::::::::`ヽ、!  j
 ヘ  \   \_≧ニ7スア⌒ヽ´:::::::::::/   ヽ `丶、::::::::::\/       γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
  ヽ.   `二二..__   `ヽ、 丿--- ' ヽ    ヽ.  `丶、:::::\      |   ようやく来たわね!        |
     ̄__/__::::>、  ヘ. '.`===キ==   '.      ヽ:::::::\     乂_____________ノ
   }  「:::::::::::::::::::::::::::/ヘ. }==、、 -- ヽ-、   !‐ァ-―  !:::::::::::
.  /  ,ハ:::::::::::::::::::::/   |/ キキ `== ハ::::` ̄∨     l::::::::::::
 / ,.イ---‐一ァ'´ハ、    '. ヘ    _ハ::::::::::/     l:::::::::::::
./,.イ /::::::,. - '´  /:::::::く    ハ. ヽ    `マ::::::j      l::::::::::::::
/ |/:,.イ      /:::::::::::::'.   / ヽ ム-‐    ` <`丶、  j、::::::::::::
! /'´:/  /⌒ヘ:::::::::::::::!//    ヘ. '.        |ー-、ソ´::::::::::::::::     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
ヽ.!:::/    /   \:::::::くl       '. ヘ.       |:.:.:.:.:>ー-- 、::     |    まったく……、寒いんだからもっと早く来なさいよ!      |
  |:::ヽ. /       ` ー !         '. 〉、     ハ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ヽ     乂__________________________ノ
.  !:::::::l`丶、       /7         ∨.:.:.`:.ー-、i_:ヘ:.:.:.:.:.:.:/、:.:.:.
  l|::::::::l:::::::::::`卞、  /,ハ、       /|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:7iヽ:./ \:.\
. |:!:::::::::l::::::::::::::|::::`ー'7|:.:\`丶、  /:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´:.|:.:.`ヽ,   \:
. !:!:::::::::::!::::::::::::!::::::::::〈 |:.:.:.:.:`丶、ヽ':.:.:.ヘ:____/\〈:.:.:./    _
 l::|:::::::::::::!::::::::::l::::::::::⊂!、:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ:.:.:.:ヽ!,.-‐人  `¨    /´:::
 !::!::::::::::::::l:::::::::|::::::::::::::l:.ヘ:.\:.:.:.:.:/:!:.:.:.:.:.:Y:´:.:.:.ヽ.    /:::::::::::
. l:::l:::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::l:.:.:.ヘ:.:.:.:.:./\:l:.:.:.:/!\:.:.:.:.:.:\ /:::::::::::::::::
. !:::!::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::|:.:.:.:.ハ:.:.:/   `¨´  |:.:,.ヘ/ ̄::ヽ:::::::::::::::::
.i:::::!::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::!:.:.:___/ ,. ---- 、 |/:::::::::::::::::::::::/\::::::::::
.!::::l:::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::ヒ´_:_:! /:::::::::::::::::::`|::::::::::::::::::::/   \::::
|:::::!:::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::l./::::::::::::::::::::::::::::!  ̄ ̄ ̄      \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――と、何故か仁王立ちしていた少女の一声で中断された。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5840名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 21:59:34 ID:XJ6vqDhA0
やる夫は援護してくれたのがライダーだとは気づいてるのかな?


5841◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 22:03:14 ID:7hYQaBjM0





                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,   ―――え? えーっと……。
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /    もしかして、やる夫達のことかお?
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ




                         _  ----   __
                    x≦          `-- 、
                    ,. - '                \
               /                         ヘ
              /        7´       ',  ,  ',   ヘ    ヘ          ええ。そうよ。 キャスターとそのマスター。
               7         i   ,   ',  i,  :'   ',   ', , .∧
               i /      { /   、 ', }i   !  |    | i  .∧        あんた、下手するとあのまま殺されていたのよ?
               }'|       | ', {    }| .} ,':} /} リ      l    丶
              }       |i 丶 | 7 }//,/x===ミ}_i    i ヽ、   `丶     それなのに、何を呑気に敵のサーヴァントとお喋りしてるのよ、まったく……。
             ノ,、    |.Ⅵ ハ 7 / 〃Ⅵz斗〃   ,'i、  `丶    >
.            ´  Ⅵ',  ', {弌マ芯     ゞ= ' イ   ,'..}∧--、  `丶     >、
                  ヽヘ  ,:ヘ ` V:ソ        , '   __r=ミ _::::::::ハ__j }      ヽ
       ,. < ミx-=≦≧ \_,ハ     '    / _, へ     \:::::::::::::::`Y       i
.     >'´    ` ¬冖  ̄ >----ミト:... ー .ニ´-≦:::::::::ヘ      ∨::::::::::::::i     ノ
.   {::....................     /   /  `丶二::_:::::::::`゙'<::::::',     ∨::::::::::::|   /
.     \:::::::::::::::........::::/´  ∠、       ` 、 ` <:::::::`゙':!|     ∨::::::::::i   (
.      廴 -===ミ:::::ヽ-=≦  :ヽ  . i i ',    ` <リ      }::::::::::∧  ヽ
    /::::::> ' ´              \ ',| !', j   _,. -=/       /::::::::::::::∧    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ブツブツと文句を言い始める少女。
┃ このタイミングで現れた事と言い、この物言いと言い、恐らく彼女は……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5842名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:06:48 ID:zawL4TZk0
アーチャーのマスター、と思うわなw


5843◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 22:09:59 ID:7hYQaBjM0




                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \                  マスター
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \    ……君も聖杯大戦の参加者かお?
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/    もしかして、さっきの攻撃も―――?
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |




                             /:::/ !::::¦
                   _ ..,,=.... 、__ ,r≧x/:::/ |:::::::|
                 ,x≦: :,r: :=-: : : : }::::::::::::::{  {:::::::,
              /: : : : :/: :l : : : : : : 二二二,__ ヾ::::::\
                /: : : : : : : : :{: !: : : : : :{::::::::::::;r::::',  \:/
.             /: : ,: : ,r: :|  ヾ.!. . :. . ',ゞ:'":´:}::::::{
               ,. . .|. . |. . |!. .: ,リ: :|: :',: : ! : : 、: :!¨`
               |: | ト‐-ハ; ハ‘,: : ,r-‐:v:': : : :}: :!
     < _   , -!: l ∨≦斧i ヾ: :/斧テcフ: l: l!: }          ええ、そうよ。
      >〈 〉!,{_|りゞ:ミヽ∨:ソ   / ∨:.ソ,ィ:.刈: ,
.         {__ '"´/ `ヾ`=-´   '   ,彡' :´: : :{          キャスターが襲われていたから、
        {   ̄ヾ  ノ:!: :}>、 △   <リ: {ハ: : ,
.     《¨"´  < ,.r:.'.,r}: :!=‐-ミ」l ´,={-r! : |ヾ!: :ヽ          撤退を支援する為に狙撃したっていうのに、
           } : /;イ/!: |///!/,rV } .,ァ! : ヾ !: : : \
.       {     |=r'//, : ハ//∧   ∧,∧ : :`ミ 、 : : ヾ. .=‐- 、  アンタ、何そのまま闘い出してんの?あーッ?
         ,r∧///,.: : 〉∧/∧ ∧/彡'>:_: : :ヾ! : : : : :ヾ: : : : )
.      l   {|ハ ∨/: : ∧//三≡='//////> : ): : : : : : :∨: :ノ
.        ,   |   ,': :.∧////,∧////////,: : :∧ : : } : : :y'"´
        ゝ __ ≦, ':.,r'/////li il\////: : ://∧ :ノ: ; イミ:.、
.           { : リ: ゞ:`¨¨´  li il  ゞ=, : : : ////∧彡': : : : : }
.           lゞ:ヾ:_:_:`ミヽ  li il   , : : : /ゞ=彡∨:,: : ,r, 彡'
          |:::`ミ: :`ミ 、:!      川: :,.::,イ  ,/:人:/
          |:::::,メゞ: { ,彡'      ヾ`:!/    /'  メ
.            }::::::::|リ:::}             ,>   ∧::!
.            |::::::::|::::《 \      _,,..-‐'ヾ.‐-':::::::{|
.            |::::::::|:::/    /\       \:‘,:::::.
.            |::::::::|::{\ .,x≦∧//\   ,x≦∨::::::::i!
.            |::::::::|::,//{///|//}////}///}///∨::::::|!
.            |:::::::::::{//|///|//|////|///|////∨::::!
.            、:::::::|/∧//.|//|////|///|///r7':::::{!
.             ∨::::ゞ//!//l//ハ///,ヘ//´ ̄∨:::::リ
              、::::::∧´`´ヾ'´|:`:::´∧     ∨:::|!
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 何やら怒り心頭な様子で詰め寄ってくるマスターらしき少女。
┃ どうやらあの場で戦闘した事がよほど腹に据えかねているらしい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5844名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:15:18 ID:XJ6vqDhA0
ルイズは黒ランサーの真名には既に気づいてるのかな?


5845名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:17:03 ID:Kg4Y.Qx60
一時期オカルト遊びしてたやる夫と、ガチ魔術師のルイズなら知識量は圧倒的に差があるだろうし、
やる夫が分かることくらいなら分かるんじゃないかな


5846◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 22:17:59 ID:7hYQaBjM0





            -──-  __
         <          `丶 \
     , : ´                 \
   イ                    、 \
<_                       ', ハ
 7                        ', ',
 |                          ', ,      ……まぁ、ランサーの対魔力ぶち抜けるトンデモキャスターなんだし、
 |      l   |        ,ハ  !', l     l
. !   {    |、{、  | 、 |     , | / :}'l イ  |  l      その判断は間違っちゃいなかったんでしょうけど。
  ', {', ',   l ヽ',\| \|V ,i/| }' / }/ |.   | 、.l
.  ヘ ,V ハ:、 ==r==r=ヽ{ハ ,=r==r==リ , ! Ⅵ     それでも見てるこっちは肝を冷やしたわよ、ったく……。
    〉、ヽ Vト、 ',乂__,ノ   | /乂__,ノ 厶イ ! ∧l
.   /.   ,:{:..' \       }'´      ,'  ハ,  \
 , '   ,'-l :',                ,'   { ∧   .\
。  __,xく二l  ゝ、              , イ   .lハ_∧    .\
 〃二二ニl    :> .    . <ニ'   |二≧へ     \
 ∨二二ニ|     Vム \ ̄/ /二'.     |二ニニハ       \
  .|二ニニリ     }=ム ∧ハ /二7    .!ニ二二イ        ハ
  .|ニニニ'     |ニム'´ハ_`/ニ=l       l二ニニ!          ',
  .|二二/      从lニム∨./二ニl     Ⅵニニ!          リ
 ∧二, '      /二二∧_/ニニ=|      ∨二 l         /
. {ニ/        /二二二人二二ニl         ∨ニ{      /





                 ,,..-――-..,,
             /          \
            /            ヽ
         /      ___)   ヽ- l
          l       '´       r  .l
        .|. U   =≡=   =='' ',
.          ',             ヽ   l
.           ヽ.     (_ノ--'  ノ
.       _ ---‐| \、 ____ ,,..-<
    /´     l l  \    | r-ヽ  `ヽ
.   /      | ヽ   .>、 r'__..>>   |
    |   ヽ   .|_ヽ.イ .〈Y´ i `''1 |  |
    |.     、  < ´  .i  |  i  | |  |
    !.      ヽ  ヽ  .i  .|  .i  .|.l  |
.   |    /   ヽ  i  .|   i  |l ..|
..  j    /,.    ヽ .l  .|   .i |`ヽ|
   |     |:        l/  .|   ヽ|  .l
   |     |:       /   l     /.\ ヽ
   |     |      /   .l   〉  \l
   |     |     /__,..--'┬-イ    |
   |===:|   /―‐┴''"´ ̄ ̄l     |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 見た感じ、こちらの選択を怒っているのではなく、
┃ 何やら心配をかけた事について怒っているらしい。
┃ 見ず知らずの他人に怒られることに、
┃ いささかの理不尽を感じない訳ではないが、それ以上に―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


※行動安価 10分後ぐらい

桃髪の少女に何と言いますか?

.


5847名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:20:12 ID:XJ6vqDhA0
とりあえず援護してくれたこと感謝して名のるべきか?
黒ランサーと違って交流機会多いだろうから名乗らんわけないはいかんだろう


5848名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:20:38 ID:Kg4Y.Qx60
戦闘中に出てた赤ライダーとかの情報ってやる夫も知ってるって認識でいいんですよね?


5849◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 22:24:58 ID:7hYQaBjM0
>>5848 あー、描写していないのでまだ知らないという事で。


5850名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:26:27 ID:XJ6vqDhA0
先ほどは援護ありがとうございます
自分は赤のキャスターのマスターの入速出やる夫といいます
あなた方は赤の陣営の組でしょうか?

これ以外に何言うかな


5851名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:26:51 ID:8Agho6mQ0
赤の陣営の人なんだよね?
援護ありがとう、助かった。後心配かけてごめん

入即出やる夫って言うお
こっちはキャスター

正直、まだ基本的なルールしか分かってないし
色々教えてもらえたりすると助かる

とりあえず、黒のランサーはもう来ないと思うけど境界の近くは危ないと思うし
道すがら話をするってのでいい?

こんな感じ?


5857◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 22:30:15 ID:7hYQaBjM0
※行動安価 ↓5~7

桃髪の少女に何と言いますか?


5858名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:30:55 ID:zawL4TZk0
フルネームで名乗って、援護のお礼を言う
キャスターで三騎士と戦うなんてことをしたのに見捨てないでくれて、本当に助かりましたお ありがとう

それと赤の陣営のマスターと見受けたけど、名前を教えてもらえるか訪ね、
何処かに赤の陣営のマスター達が集結しているのかを聞く


5859名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:32:22 ID:zawL4TZk0
ksk


5860名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:32:44 ID:XJ6vqDhA0
あなた方は赤の陣営の組でしょうか? 先ほどは援護ありがとうございます
こっちは赤のキャスターとそのマスターの入速出やる夫といいます。
黒のランサーのメレアグロスは追ってこないと思いますが、
境界の近くで話しこむのもなんですし、、
移動しながら話をしたいんですがどうでしょうか


5861名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:34:23 ID:zawL4TZk0
>>5858
安価、時間決め打ちの方がスムーズに進みそうですね…


5862名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:34:27 ID:8Agho6mQ0
赤の陣営の人なんだよね?
援護ありがとう、助かった。後心配かけてごめん

入速出やる夫って言うお
こっちは赤のキャスター
改めてよろしく

正直、まだ基本的なルールしか分かってないし
色々教えてもらえたりすると助かる

とりあえず、黒のランサーのメレアグロスはもう来ないと思うけど境界の近くは危ないと思うし
道すがら話をするってのでいい?


5863名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:34:33 ID:zawL4TZk0
>>5858


5864名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:34:50 ID:Kg4Y.Qx60
取りあえずここは赤の陣営の領地ですよね?
落ち着いて話せる場所に移りませんか


5865名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:34:53 ID:XJ6vqDhA0
あなた方は赤の陣営の組でしょうか? 先ほどは援護ありがとうございます
こっちは赤のキャスターとそのマスターの入速出やる夫といいます。
とりあえず色々話したいんですが、
黒のランサーのメレアグロスは追ってこないと思いますけど境界の近くで話しこむのもなんですし、
移動しながら話をしたいんですがどうでしょうか


5866名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:37:13 ID:XJ6vqDhA0
範囲外かー
あんまりなれなれしいのはどうかと思ったが大丈夫かな


5867◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 22:38:20 ID:7hYQaBjM0
>>5861 決め打ちだと重力が恐かったりしますが。
      最近の鯖の状況だと大丈夫でしょうか?今度一度やってみますねー。


5868名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:39:35 ID:Kg4Y.Qx60
相手側が適当な口調で話してるし、そこまで気にしなくていいと思うけどね。

時間決め打ちは鯖状況によるかなー。
なんか今日とかは軽いけど油断できないから、今の方がいいかな


5869◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 22:49:30 ID:7hYQaBjM0





         ___
     ,  ´         \
    /              ヽ
   ./   -- ..,_       _‘.     ええっと、赤の陣営の人ですよね?
  ,'     __     __´_ ‘.
  ,     ̄ ̄        ̄ ̄  ‘.    やる夫は入速出やる夫って言うお、こっちは赤のキャスター。
  { ∪ "'               、、 }
  ヽ       ゝ-‐ ー- '     '    キャスターで三騎士と戦うなんてことをして心配かけてごめんだお。
   \              、 <_
    >,7/1  _ ,r' `'rv////
   〈/////」   V / l///\
   __//////ン 〈,r'    _〉Y// ト、
  {//\`¨7 o⌒f \,r'´ 、ゝ///|.:.ヽ
  j,////`7'__`] !_  ! Y´ ` \,r':、<
  |,//////∨ ヽ_ヽ.{ {ヽト j′∨ ヽ __
  |//////У   ヽヽ} } ヽ ィ、 ,ヘ | `fヽ ヽ
  |,∧_/z</〉  _ lT = ‐'ー ´  | | l }
  j_/_/> ´゙´  | l 二      | | / ,r'
    ̄ヽ      ヽヽ.二   . ^└ `´
      \ __ 、 }.} >´






           ,. -‐===‐-‐-
        , : :´: : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
      -‐': : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :' ,
    /: : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : 丶: : :ハ
.   /: : : : : : : :,′: : : : \: : : ヽ: ヽ: : :ハ: : : :丶
   /: : : : : : :i : l: : : : : : :: :ト、: : : `: :',: : : ', : : : : ,
.  {: : : : : : : ハ: ',: : : : : : : :} \: : :从: : : l : : : : l
.  八: : |: 、_ l ハヽ: : : : : :ノ, -‐弋:厂i: : : |丶: : : ',
   ヽ::i:: :: :, `廾ト\: : : i   __,、丿: : ,': ハ: : : :l
.    ノル': 八≠=z、 }: :丿''爪⌒,`从:: : :l: : : ', : :ヘ       …………。
      ∨ゝ` 圦ハ ノ'´   匕:刈 /: : : ,: : : :ヽ: : :\
        }: :ハ V:リ      `¨¨´./:: : : ,′: : : : \: : `ヽ
.        从 : ',    '       ,′: : /: : : : : : : : :ヽ: : : ',
     /: }: : : ト.   -、     /: : : : i: : : : : : : : : : :',: : : l
    /: : : ノ'´: : : : : 、      ィ : : : : : :',: : : : : : : : : : l: : 丿
    /: : : /: : : : /: : : ,.r≧l  ハ: : : : : : 丶:: : : : : : : : :\'
.   {: : ::/: : : : /: ::∠ ∧r‐一' ∧: : : : : : :ト:: : : : : : : : : : ヽ
   \/: : : : /r‐厂| r ⌒ヽ/ヽヽ: : : : : i: : : : : : :,′: : : :ヘ
    {: : : : : i{////| | //////∧: : : : :ヽ:: : : :ノ : : : : : : }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 心配をかけてすまないと。そう謝罪をする。
┃ それに対して少女は―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5870名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 22:51:30 ID:XJ6vqDhA0
毎度の事だがコミュ結果は心臓に悪いわー


5871◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 22:55:45 ID:7hYQaBjM0





.     /   /       ′                                  ハ
.   ′         |    ,   i             ト,               i .|
   |    !      |  / ',   {              | !  ハ   |    l l
    i    |         i   i  ',  |\           i .i |  / | ハ   .!      l ‘,
   ',   |',     -i∨ {_ V |  \.      /  |. リ |_,/斗匕 !  リ      l  八
   入  i ∨     l Ⅵ   ̄弋ー--\    〈___,.斗/ i/    j /     l、   \
.. /  \l  \    ∧ r=≡≡≡≡≡ミ\|     リ示≡≡≡≡z /     lニヽ     \
/       ,ィニi.\  ∧ゞ {へ:::::;:ィリ     i    / {へ:::::;:ィリ 〃′      lニニム     \   あー、別に謝罪が欲しくて言った訳じゃ……。
.      /ニ=i  .\  ‘, 乂__)ン’     ノ   /   乂__)ン’  /  /   lニニ=ム
      /二二ニi   ≧=-   ー‐       ´j/     ー‐   厶イ     l二二ニニi        結局、私一人ぐるぐる回っていたような物だし―――。
.    /二二ニム    ‘, ゙ ゙ ゙ ゙ ゙           ゙ ゙ ゙ ゙ ゙    /     /二二二二,
   _,.{二二ニニム    ‘,          `              /      /二二二ニニ人_
. γ二二二二二=ム     >、                  /       i二二二二二ニム
 {二二二二二ニニ}       ',ト .              ..´./      |二二二二二二二}
 {二二二二二二ニリ       ',   > .   '⌒   ..<  /         |二二二二二二ニ/
. }二二ニニニ=/         }   \ > - < /   {       八二二二二ニニ/
. /二二二二ニ/         リ      ,\    /       ム       \二二ニニニム
..{二二二ニ/        /{    /  `\_/ ´ ヽ    /ニ\         \二二二二}





             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \   いやいや、それでも本当に助かりましたお、ありがとう。
        |      (__人__)     |
        \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |






.


5872◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:00:53 ID:7hYQaBjM0





                -‐…・・・…‐-ミ
            〃: : : : : : : : : : : : : : : : `ヽ
          . : ´: :,: : : : /: : : : /: : : ハ丶 : : \
          . : : : : ::/: : : :/: :从: :i: :〃: : } } : : :丶ヽ
        /: : : : : / : : : 斗七爪弋ト、 : : |/: ∧: :ハ: : .
         /: : : : : ,': : : : {〃´γヾミ八 l 、 : :廾ト、: :∧: :i
       {: : : : : : !: :: :: :从  圦ソ  ` )イ≠、从: : : , !
       !: : : : : : ! : : : : ト   ー‐       卜ィ リ }: }八}    そ、そう……?
        ,′ : : : : {: : : : : |         、こ  /: :ノ ノ'
.      / : : : : : : i!: : : : : !   u         ノル'
   , : ´: : : : : : : 人:: : : : |   n    -‐    八!
  / : : : : : : : : 〃Vヽ: : : :', r'丿          イ: : |
/ : : : : : : : : r‐'/爪: : : : : :/ { r‐ 、__ . .イ: : ノ: :: :{
: :/: : : : : : : ://///∧ : : : ,′´/⌒つ : : :! : : : : : :{
〃: :: : :x≦///////∧: :: :ヽ  / 二) : 八 : : : : 八
{ : : : : }/,/////////∧: : :∧  ヽメ//个、:ヽ: : : : : :.
ハ : : : く,///////////∧ : :┌―‐‐┐///∧:: : : : : : :.
: }: : : : i ////////////}: :/     .|/////ハ : : : : : : :.
丿: : : :/ ///////////: :く'     λ////ノ : : : : : : : :.
: : : : : {///////////: : : :/     `ヽ,////: : : : : : : : :ノ





                      / ̄ ̄ ̄ ̄\
                     /―   ー    \
                     (●) (● )     l
                     i(__人__)      /
                          \`⌒´ .,:// ...,,,ノハヘト,、
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、
                     ////////\////////|/////!/∧    それで、えーっと……。
                        l//////////∨//////|/////i///
                        l///////////l//////イ///////{     赤の陣営のマスターと見受けたけど、
                         ,イ///////////!//////!////////7
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!    名前を教えてもらえますかお?
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l
              ,.ィ≦彡"´ ノイl///////////∧/////l///l!/////l
            ∠彡イ才   {{  }l//////////〈//////////il./////l
          ∠彡イ才       }} ////////////∧/////l////i./////l
        |彡イ才      {{///////////////〉////!////!/////:!
        |才´        Ⅵ//////////////////////イ//////:!
                  _Ⅵ////////////j///////∧!///////!
                  j//////////////イ//////く  Ⅵ!/////j
                 ///////////////j!////////>〈///////l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 何やら自信なさげに首を傾げる少女。
┃ その様子を見るに、人から謝意を送られるのに慣れていないのかもしれない。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5873名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:01:48 ID:zawL4TZk0
あ、やっぱ素直にお礼とか言うのは効果的か


5874名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:02:56 ID:Kg4Y.Qx60
なんかこのルイズは凜よりは話が分かりそう。


5875◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:06:46 ID:7hYQaBjM0





          / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        / / . : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : ::\
      / /. : : : : : : / : : /: : : : : : : : : : :l: :l : : : : : : : : :ヽ: : : l
     {/ {: :.|.:|: : : |: : :/: :l: : : : : : : : !::l: :|l: : : : : i: : : : :l: : : :l     ―――そういえばまだ名乗って無かったわね。
          |: :.|.:|: : :⊥.:ム:!: : : : :ー十1‐|l‐- 、: :}: : : : :l: : : :l
        \|.:|: : :1ヽ| ヽ|\. : : : : ::l: l l:!:::ハ: :}: : : : l: : : :l     ルイズよ。 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
         `ト\1,.テ弍ヽ  \: : :/l/-_リ:仁_.l/l : : : :.:l: : : :l
             |: : :| {{ し。1   )ノ そ〒テ弐ミヽ: : : : :!: : : l     家名の方は日本人には覚えづらいでしょうから、ルイズで良いわよ。
             | : ! ヽ廴ソ       辷 ソノノ V . : : :.!: : : :!
           /:| : :!          ´ ̄⊂つ/ . : : : :ハ: : : :ヽ    それと……ライダー。
          /: .:| : : :l     ′      ,r┐/. : : : : :.ハ: : : : :.\
         /. : :.:| : : : \          / l ∩: : : : : /: : :ヽ: : : : : :\
       /. : : : :| : : : : : lヽ、   `   ∩ l!l: : : : /L....: : : \: : : :
      ( . : : : /\: : : : V::::〉ゝ --‐ < l / / 〉.::::/.:::::::::::`ヽ: : :\: :
      ヽ:::::/.:::::::.\: : : V:::l L ,.ィ´//    /.:.::/.:.::::::::::::::::::L__: : : :
        V.:::::::::::::::::): : : V /⌒V /    /.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::): : :
       /l:.::::::::::::::/ . : : : V☆ //    /.:.::./.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::(: : : :
      /: :l.::::::::::::/ . : : : : /VV./    /.:::::/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.): : :
     /: : ::l.:::::::::/. : : : : :./l /.:L.-─┴ イ.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::/: : : :
    /. : : :.:l.::::::/ . : : : : :/::l /.:〈       L.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::/: : : : :
   /. : : : ::::l.:::/ . : : : : : (.:::l/.::::ハ      〈.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::/: : : : : :
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ だがその様子も陣営を聞いたその時までだったが。
┃ 誰もいないはずのその場所に、少女が呼びかけたその時……。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5876◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:10:46 ID:7hYQaBjM0








                         __
                       /´ > ,.イ
     ,.イ  ,,   ∠二>  ,.イ    ´ ̄  /_/
     | |/ .! ∠二> /_/         //
   ./ ,/! |      //  rz_   //
   レ'.| | .| |    //  r‐' rz/  |/
      | | .|/    |/     ̄.|_〉
      |/








//////////////////|;;V  \;;;;;/ /;;/ |;;;;> ´       V//////////////∧
//////////////////.|;;;V;;、. `´ /;;/  .|´          V//////////////∧
////////////////// |;;;;V\\ ,/;;/   |           }////////////////}
///////////////////};;;;;V \;;;;〈   .|            }//////////////r´
///////////////////} ―V  \\   |           }////////////r´
///////////////////}   V   \\ |              }////////// .{
///////////////////}   V    \;|            }///////////.l
//////////////////.}    }       .{               }/////////./
//////////////////}    V      ヘ              }////////
\///////////////.}      |    /ヽ ヘ               }////./
  \/////////////}     ゝ  /  ヽ ヽ          |///
   \///////////      〉ヽ/    ヘ  ヽ         レ´
      \////////      /  /     ヘ>゙´
      \/////        `/      ∧ \
        \///        /{   , - 、  } ̄
         `´        {  〉 ./ _ \|
                  レ´ }/ / ::\:ヘ
                       { /   :::::::\、
                     { /     ::::::::::::l
                         }f      } ::::::::l
                    \  > ;;;;;;ヽ:::::}
                       ` ー――- ´
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 虚空から光の粒子が集い、人間の像を形成した―――。
┃ 白銀の甲冑を着込んだその姿。その佇まい。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5877名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:12:01 ID:zawL4TZk0
まだ一般人とは名乗ってないけど、歴戦の英雄が見れば一発だよなあ…


5878名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:12:10 ID:XJ6vqDhA0
しかし何者なんだろうねこのライダー


5879◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:15:42 ID:7hYQaBjM0





              ィ
            l`ヽ ./}ノ           /!
            {ト、 ∨/              イ |
          .{ ∧ 〈             |' !
             ∨:∧ ヽ_           ノ {
           ∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ
            _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //
           /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./
        /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /
       .ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./
       /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>   ―――赤のライダー。
.      /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ
     /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ     ルイズのサーヴァントだ。
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:}
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、\
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } ヽゝ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\
/            / {: イ  ./` !/// ノヽ : !:|/ノ/ V      `ト、〉::ヽ
            / //  /   } 〉ー ´   '. |: :!´  '.   }         ン:}::ヽ:〉
.           / ´ ./  /  / /       }:!: |   ヽ_}       ゝイ人}
                /  〈  ノ /        ヽLノ     |






       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     / ;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::';  \
    /   ;:::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::;   \
  /   ;::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::;    \
 │  /=≡==、、\::::::::::::::::,,/ ,,==≡=ヽ、  │
 │  //      ヾ、 :;:;:;:;:;:;: ツ 〃       ヾ,  |    ―――!?
 │            :;:;:;:;:;:;:;:;             │
 │  ``―==''" ":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:゛ ゛ー=====彳  |
 │   ;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;     │
  \  ;::::::::::::::(___人___)::::::::::::::; U  /  パクパクパク
    \ ;::::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::::;  /
     \:::::::::::::::::::|       |::::::::::::::::::; /
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ それは普段、霊体化して不可視化している英霊が実体化した事に他ならず――――。

┃ ―――そのことを知らない一般人のやる夫にとって、
┃ 虚空から人が出現するその景色は、
┃ この夜に多数起こった出来事と同様、かなり衝撃的な映像だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5880◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:21:37 ID:7hYQaBjM0





                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___ノ  ヽ、 __ .ヽ
        ./    (  〇  .)  ( 〇 )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l     ―――……はい?
       l   U.    (     人    .)    .l
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'     ライダー……? 今、急に出て―――?
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く
        /                      \
       /                    ヽ
     . /.                      ',
     /       /                i   l





               ,. -‐==‐‐‐- 、__
          ,. : "´  _        `丶
     ` ー=≠                   ヽ.
        // , '  /        \     ,ハ
.        //   /  /   ;     ヽ        ',
      イ  / '  ∧   ||   、/_}_  ',  `   ,
      {  '  !  斗七メ 八    ∧ハ `メ、!   ',  l        えっ? 単に霊体化を解いただけだけど?
      人/l | 八z≠ミx  ',  ノ斗≠ミx_|   |  ,
       八 |;j〃 fゞ_刈` )イ iト、,厶刈   ,' 八        何か驚くようなことでもしたかしら?
          ヽNハゝ ∨匕!     └弌/ |   i   ' ,
         ノ ! 丶 ´     '       厶  人    丶
.       /  ', 八      __ _  u.  /  /  ',     ヽ
.     /  〃!   ト .          , '  /   丶     ',
     /    ノ´ }  八ヘ ト  _   イ〆  八     ' ,    ノ
   /        」    ∨',| r‐‐‐/   /:::::ゞ     \  /
  /      /丿    ',‐∨‐_/     厶-‐==l     ∨
 {      爪/     丿又/      /::::::::::::::::::::\   ',
.  \    //     /|/::八     /::::::::::::::::::::::::::/    /
   ヾ  〃    /::::::::::::::::::',    i::::::::::::::::::::::::::く    人







.


5881名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:22:16 ID:XJ6vqDhA0
一般人ですから……


5882名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:22:47 ID:Kg4Y.Qx60
一般人舐めんなよ。


5883名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:24:06 ID:4iEBDte.0
ついさっきまでパンピーだったから


5884◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:28:05 ID:7hYQaBjM0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |    れいたいか……?
     \    ` ⌒´    ,/
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |





                      _
                -─‐=ニ二  \/\
                /             /, ヘ l
              /  _     、    / | ヽノ ト、
               〉、 `ヽ \   ,ゝ∠ _ー-、 l \
              r=ニfィ‐、‐-へ,ゝーノヽ〉__ノ、_|ー‐┘r/
            Vノlハ/ヽ/ノ/二イ/   ノ lヽイiノ-、    サーヴァントの基本的な機能の一つよ、マスター。
            _ ノ   /  / /イ斤`メ /l从/ lヽハ ノ
         ∠イ / /  ノ { 辻ソ〈/ ィ7ノ /ノ l ヽ     英霊である私達の肉体が魔力で編んだ仮初の物なのは
           j∧ 〃´ ̄_ノ ! l\    〈シ/ィ´ _ ノl/! |
           |从/_ ノ ノ゙ヽ〉 n  ,イ//ヽ  |/     さっき話した通りだけど、意図的に魔力を絞ることで、
              _rヽ{ 〈/、_`ヽ、-‐'' / _丿 !|
        r‐ィ''´ ̄ _  --   、_\!/ ̄l/ 〈 ,イノ        普通の人間には見えない霊体として活動できるの。
      〈_ 、_ _,, ´ィ-、_ノ`ヽ_r、 、\   ヽ〉
         〉 _r‐/´      └, ` r''`ゝ-、
         ̄_ |r、      l {`ヽ〉 ̄l lヾl\
         i   `└へ _r‐, / 〉  `<f| {〉V/
         |       └'ーf   r'`ーィ,ハ〉
           >、 l    / 〉  /、   〉 〈ヽ
    _ / ̄ /`ヽ、l / / _!    ゝ  〈
    ヽ     /  '´ \-─ニ゙ヽ _`ニ-‐'l
   /└、    / / ノ {ヽ    ̄  -‐   !
  /    \// 〈 /  | ` ー-ニニ-─''´〉ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ まぁ、サーヴァントの武器は霊体にも効果があるから、
┃ そのままだとサーヴァント相手には無防備なの。
┃ だから戦闘を行う時は実体化する必要があるんだけどね。

┃ ―――そう言って説明してくれるマイサーヴァント。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5885◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:33:48 ID:7hYQaBjM0




                     /|
                       /|        ___
                 __/ ,イ  _, -‐,=ニ二//`ヽ
            iヽ    _,.ィ´rーy/__∠二 /  / ,./ / |
.            l \ {} ム-‐く弋亡7/〃__/ // / |    サーヴァントは皆、召喚される際に
            l   ヽ`f㌢.イ,イ /// // ,.勺∧ /
.            lr-r≠ニア/ ,ニ孑'フ一く  |ニ7彡'  〉     聖杯からその国の言語や現代の常識などを知識として授かっている。
.            」 「`V ̄//ヽ/ /|   〉./ ̄フヽ/
           〈 ヾr/ニ〈   |_」 ヘ‐-≠〈  //        それゆえ、このような姿で外を出歩けば無用の騒ぎを起こすだけだと
.            〉| l| n  〉‐¬廴二>、ヽ ヽ|´, -┐
            / .| lヘij/ //ニ7´ ̄∨l |/ /|       理解しているわけだ。
         / 上ヒ仝y'´∠-‐=〈 _  |上7 / r |
           〈 /c∧/゙Ti7 ̄〉 7「ハ 0ヘ |0〈 / /{]|       そういった細かい騒動を回避するためにも、魔力の節約のためにも、
.           ハ广´ ,ハ ||′ イ ./ハ ヘ  }|-イ丁廴j
         |/^'ー-| | l| ∧V' l |ヽ.ヘイ| j .|  /        基本的に英霊は普段、霊体化してマスターの側にいる事が多い。
.          〈^'ー--| | l! ,ハ__ハ. l | |ヽ|广゙Y^V
         「゙フT7V レ |  VTl j ハー し'
         ヒ{ | ! Vヘ._」   |l」 ∨ j 廴j ハ
         Lハ l '、 ∨ニ|.   !l '、 V.イj i !{ }
             v', ',  V |  ll  ', V//ノ V
              |ハ l\/7   l   ! V⌒V
            |∧ l l /    l   ! !  |
                | !|l |     |  l l  !
              |/ L斗     | ハ! ! |
            /ヽ/  j〉    j'|ハ.j/ | |
           / ̄ヽ//ヽ     レしヘ ト |
.          _/Z=≠ヘ<_/     |   j| j
          厶-‐'´ /          〉冖イ |'´
         厶=-‐'         {ヘ / !
                         VニLノ





                  ___
                 /     \
       iニーヽ    /─  ─   \
      iニ_   ̄ ̄/(●)  (●)   \     な、なるほどなー……。
        ⊂ノ ̄ ̄|  (__人__)  u    |
            ⊂ ヽ∩ `ー´    _/
              '、_ \       )
                \ \ / /|
                 |\ ヽ /  |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ※霊体化していてもシステム的な魔力消費に影響はありません。
┃ ここで言う消費軽減はフレ-バーです。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5886名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:34:11 ID:XJ6vqDhA0
なるほどなー


5887◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:38:06 ID:7hYQaBjM0





.       ′: : : {: :: : : : : : ://: : : :}: :}: : : : : : ヽ : : : : : : : : ハ: : :∧
      {: :: : : :{ : : : : : / : 从: : : }: :} : : : : : : : \: : : : : : : : ヘ: :: :‘,
     .: : : : : :{: :: : : :仆: ::/: :: : :ノ: :∧ : : : : : : : : ハ: : : : }: : : ヽ: : :}
    .: : : : : : {: : : : : |′: }: ://: ::/ ヽ : : : : : }: : :从斗‐: :: :: :ハ: :/
   〃: :: : : : :{ : : : ̄`廾卜、/: : /   }: : : :j丿:/}八 {: } : : : : }′
  /: :: : : : : : :{: :: : :: :|: ノ ル \ノ   .}: : : //斗七、`: :: : : : ノ'     ―――って、ちょっと待ちなさいよ!?
/: : :: : : : : : : :{ : : : : 〃 笊≡≠ミx、  从: :〃爪  , 从: : : :/
: : : :: : : : : : : : :{: :: :: :从  爪  イ   .厶イ   圦ニイ  厶イ {       なんで聖杯戦争に参加した魔術師が霊体化の事知らないのよ!?
: : :: : : : : : : : : :{: : : : :ハ  ∨匕リ        ゞ'‐┘  ′:: :{
: : :: : : : : : : : : :{: : : : : :∧   ̄                 从 : : :.       こんなの知ってて当然の知識でしょうが!?
: : : : : : : : : : : λ : : : : : ∧          `       八 : : : :.
: : : : : : : : : :/{ : : : : : : ヽ\       r‐―-,      イ: : : : : : :ヽ
: :: : : : :: :///∧ : : : : : : : \>     `  ̄    ィ升!: : : : : : : : : :\
: : : : : : //////∧: : : : : : : : : \ ≧=-  /| //∧: : : : : : : : : : : \
: :: : : : :{////// ∧: : : : : : : : : : :\    八 |///,∧ : : : : : : : : : : : : ヽ
: :: : : : :{/////// ∧ : : : : : : : : : : : \ ̄l  ヽ|/////}: : : : : : : : : : : : : ハ






                 _______ ____
                /         (__ ゝ
              /           (___ヽ_
             /   ──     ──  (__ _ ヽ_    いや、そう言われても……。
           /  /´  `ヽ   /´  `ヽ  (_\ 〈
          /     `T;;;:::;;;T′   `T;;;:::;;;T′  \ \   正直、まだ基本的なルールしか分かってないし―――。
          |     ヾ''''''´"ノ   ヽ⌒゙''''''´" U  |  )
          |       (    i    )       |三三)
          \       `ー ─'^ー 一'       /.:.|  .|
            \         ̄ ̄        /|.:.:.:.:|  .|
             〉三三三》     《三三三〈  |.:.:.:.:|  .|







.


5888名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:38:48 ID:XJ6vqDhA0
そもそも魔術師じゃないし……


5889◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:44:14 ID:7hYQaBjM0




                  _ __
                 /´        `ヽ_
           , -‐ '             `ヽ
          /           \
.         / /            ヽ:     l
        / ,′/.:/ .〃:. :.丶:丶:.:.ヽ :l   l  l
        l | l .:.l .:.ト、/:.:. {  :.:.:.ヽ.:\:.j:.!:  │ l       こんなもの、魔術師として基本以前の問題でしょうがーー!?
        lハ l.:.:|.::..!.:.{\八:.:.:.ヽ:,__匕厶}  │ l
        ヽ∧:.:!:.:从7tーゝヽ:.:イヘ ::::ノ│   l   ヽ、     あんた、今まで一体どういう修行を―――。
          jハ>ハ `‐'  j:/    ̄ /   リ:   `ヽ、
             | :}     ´   、 /    /:.:.      \
            _ ノ : ゝ , `マZ三)′    厶;._        }
        /  `ヽ┐:.:.:.:.: />'´    /:::::::::::ヽ   :.:   /
       /  ) {_,   }.:.:.:.:/       /:::::::::::_:::::-ヘ:. :.:.:.:.∨
       {  ┐r  /.:.:.〃     /_:::::-‐ ´:::::::::::::ヽ:.:.:.:/
        入  / ̄ ̄`V      /:::::::::::::::::::::::l::::::::::::::|:.:.:.:ト、
        / :.:.Y / ̄ ̄ヽ :.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.\
       ヽ :.:.レ'     l-‐、__{::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::{:.:.:.:.:.:.::.:.:.:\
        ) :.l      \:::::::\::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       / :.:.ヽ       ヽ::::::::ヽ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}




                                  /ヽ
                          ,      /   〉
                             / 〉     /   / !
                        / /     /   /: :|
                ト、      ノ /    /   /: : :
                | '.  ∠ ̄乙:' 〉   /   /: : :/
                |  '. { ム彡ヘ 人..ヘ/  /: : :〈___         _
                 _  !   :.∨ィ≠rく/イ     ヽ´ : ヽ  }:::}x≦二ニ=x´  ノ     まぁ、待てルイズ。
              ヘ: : 〉|_    }ト、ソ〉ノ´: :|/:::ヽ  〉. : > ´、 ノ ノ   }: : : :} /
             / ノ: /`/ハ.  /イV ´: : ,.:´ !::`ヽ:::ハ /: / ゝ―< ..<: :>'_      今まで観察していたのだがこの男、
        / /:/ヽ{::{::::}∠: :イ::::::∨:::/:ヽ::::, x≦三三>―‐<: : > ´ー― 、ヽ
       〃〉 ´イ Φ } 〉´  〈`ー―‐}:/::〈::::〈三三> ´ー―‐一 ´       }ノ     もしかしたら魔術師では無いやもしれん。
      〈/⌒ヽ  / { .r:.  /  ̄ ̄/: :7:::V/_    >、           /
       {_    } ´   '. |:::| /   .イ_:_/_∠.{_ ヽ  〈  }  __  - ―   ´
      /:::`ヽ ノr≠彡<'.ゝ'/  // ヘ::::::::::::::ハ::::} }   } ム ´
      ノイ:/:/:ハ ゝ<> ´ ∨  ノィ/::/}一Y´::イヽ ノ_.ノ´
    ´ ノ/イ/_{:}≠彡 ノ   `Yゝ::{人ノ≠¨人::ノ:_:/
    ィ≦〈/{/ `  `¨´   .r≠{x≠> ´: (:/ヽ_
. ∠≠´               /:`¨´:ノ ´ゝ> ´>_´ ゝヽ
                 〈:_ ィ}: : /: :/::/  〈 .〈ヽ\
               / ノ{::/:/: : : :イ〃::!   ヽ \\\
               〃 / V:/: :厂 { {{::::ノ / ヽ :.ーヘ \〉
               _/ー   /:/: / \.ヽゝ{ 〈   '. '. } \〉、
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 激発する少女をなだめる白銀の騎士。
┃ 正直、何故怒られているのかすら良く分かっていなかったりする。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5890名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:46:03 ID:Kg4Y.Qx60
士郎みたいな隠れ魔術師どころか、混じりっ気無しの純粋な一般人です


5891名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:47:21 ID:XJ6vqDhA0
ライダーの方は分かるか


5892◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:51:11 ID:7hYQaBjM0





              ィ
            l`ヽ ./}ノ           /!
            {ト、 ∨/              イ |
          .{ ∧ 〈             |' !
             ∨:∧ ヽ_           ノ {
           ∧ :∧ \  ̄ `ヽ  rく  _ヽ         -‐ ァ
            _// トミ: 〉、 ヽ r==/Y´人 ∨ } 〉 _     /  //
           /ヽく. |: : : :Y   ゝミ〈 < {ト、`{:ノイハ: } _/  / ./
        /:::/: / |: : : :.{  {:::::人Y´rヘ`ゝ<ノヽ/´     /  /
       .ムイ: /_ .|:_:_:_:_ゝ ― 、――――― ミー― 、/  ./
       /> ´ < <二二彡_〉:::::::::::::::::::::::::::::::>  }三三三>    偶然、回路を持って生まれた一般人あたりか?
.      /\     ー―――‐〉::::::::::::::::::::::::::::::::〉二> ´ニつ
     /ノ / ーr ―――――‐ '  ̄ ̄ } ̄丁 ̄}:::::::{::::::}ミ:、:ヽ      いずれにせよ、魔術師にしてみれば不可解な行動が多すぎる。
.    /  /  ゝ´/           ノ  }  人≧ー-ヘ::ヽ:〉'
   /  / / /         .< ̄`ヽ ムイ{::::} 八ノハ}::ノ\      ―――敵地のど真ん中でキャスターを召喚した点など、な。
.  /  /  {  {   _  -‐<__∨//`ヽ: :ハ ヽ.L∧ `Y´¨¨ヽ/∧
  /  /   `¨¨¨ ´         ゝ///∧: ∧_ノ  \ヽ φ V´ \
. /  /             イく`ヽ/ゝ//ハ:/ :ハー=ミ、. ヽ >― へヽ_:}
/  /           /_/Yヽヽ: \///7_/; トミヽ 〉   \ /`ヽ、\
  /           '// ノ  〉/\: \ ̄/: :}ハ V:ヽ    Yヽ / } ヽゝ
. /            //: ://   {///∧: : :Y: :///〉ハ: :}    ヽ、_.イ::\
/            / {: イ  ./` !/// ノヽ : !:|/ノ/ V      `ト、〉::ヽ
            / //  /   } 〉ー ´   '. |: :!´  '.   }         ン:}::ヽ:〉
.           / ´ ./  /  / /       }:!: |   ヽ_}       ゝイ人}
                /  〈  ノ /        ヽLノ     |






      /             ヽ       ヽ  ヽ
.     /  i              ヽ       ヽ   ヽ
     ,'   !     \   ヽ     ヽ       ヽ  ヽ
     i .|  |   \ i\ゝ_,-i     i        ヽ  `ヽ、       偶然、巻き込まれただけの一般人が、
      !l!  ヽ !  ヽ L-ゞf!_ ト、    |  ヽ     ヽ、   ` ー-
     リヽ、,-ヾ、. ‐fソ_,ィ-テリ !     !  ヽ ヽ      \         偶然、魔術回路を持っていた為に令呪を宿し、
       / ヽ`ヽ. /´ ヾァ   |     |l  !ヽ \      \
     /  rヽ 〉ノソ ',      !     !ヽ ヽ \ `ー            偶然、キャスターを召喚したってこと?
    /    ノ し/. ノ     .|    l ヽ、ヽ、 ヽ、 __ \
.   l    r‐ ´   ヽ _  ,-, !    .l _/::::::ー--‐´/::::`:ヽ\       普段なら信じられそうにないけれど――。
   rL _  i       ` 7 ‐ /     ト/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::ヽ ヽ
   |   `ーfァ        /  i     l/:::::::::/:::::::::/:::::::::::::::::::::::::', ヽ
  イ.     |       /  |     |:::::::::/:::::::::〈::::::::ヽ、_::::::::::::i       それは貴方の『啓示』かしら、ライダー?
./ `ー-、 ノ ー、     /   l       l:::::::::i:::::::::::::\::::::::ヾー、_::l
ヽ           i    !    l      l::::::::l::::::::::::::::::::ヽ:::::::`ヽ、`!






.


5893名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:55:32 ID:n6mc.tG20
( これまさか本当にアーチャーポジじゃ …… )


5894名無しのやる夫だお2014/01/02(木) 23:56:36 ID:Kg4Y.Qx60
でもオリ鯖は出ないって言われてるはず


5895◆R2EPbWDdJg2014/01/02(木) 23:56:57 ID:7hYQaBjM0





                       ∧               ∧
                            〈{i}〉              〈{i}〉
                      /|     |::|              |::|
                  / i|     |::|              |::|
                  r く リ、    _|::|_  -‐====¬   |::|
                ノ  マ  } _/-=≦-.、       |   |::|
       〈⌒丶    rく }  ノ / 〉 /:i:i:i:}:::|::::|     ノ -‐  7!ハ
          、  \__ 、}ノィケ7r‐く /‐- 、j:::|  -=ミ / / 〃/::::|    ―――ああ、そうだ。
          \     / }ヘ幺 } /'  /:/         //| |::::::|
            V⌒ヽムイ⌒} /イ、__/__:/ __       //| | ト:::::|    どこまで偶然でどこかに作為があるのかは不明だが、
              i::::: /  廴ノ/  } | | /´::::::\   /-‐〉 ! !ノ ∨
          八、{―‐く 辷zzz彡ヘ::|:{:::::::::::::/   }__/ ||   |     少なくともこの男が魔術師で無い事だけは確かだ。
           Ⅵ   〉    /  }}:人ー-    ノ  / ||   |
             ∧マ} /  厂′/::::::::\___彡 \./  .||  !
              //∧j/   // /廴 -‐¬:::::::|、    | ∧.||  !
          // {ゝ \ ノ、 /::::::::::ノ、__j_/ V⌒ヽ} / ∧ |   |
             { | 迅/ |`ー:|∨ヽー=ミ、 f⌒iヘ {::{::{::::/ / ‘.!   !
         /| |//__.|:/:::|:::〉::::〉、 Y´|:i:i:i|:i:}ー 、::∨ /   }   |




            ,. -‐===‐- 、
         , ': : : : : : : : : : : : : : ` ヽ
        /´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ
      r: : : : : : : : : : :/ : : : :/: : l : : : : : : : \
     /´:: : : : : : : : : :,' : : : ::,': : : | : : : : : : : ヽ:}
     l´: : : : : : : : : : : l:: : : :: ト 、:∧丶: : : : : :`ヽ
     |:: : : : : : : : : : :: l : : : : :レ  `メ 、 ヽ: : ノルリ
      | /: : : : :',: : : : : l: : : : : :|  x=z、\|: : : j丿
    ノ': : : : : :ノ: : : : : |: : : : : :l.  { f,` 从: :ノ'
    /: : : : : :/: : : : : : { :: : : : ::l    ヒ 厶 ´      そう―――わかったわ。
. , ´/: : : : : :/: : : : : : : |: : :: : : :',      ヽ
.〃:/:: : : : : /: :: : : : : : :ハ: : : : : ∧      /      ええっと、キャスターのマスター……、
: ::/: : : : : :,': : : : : : : : : λ:: : : : : : 、  -‐, ´
: /: : : : : :, : : : : : : : : : /__',: : : : : ハ,,__/        ヤルオで良かったかしら?
:′: : : : /: : : : : : : : : く  ∨: : : : : ヽ: : \
: : : : : : {: : : : : : : : ,イミ`ヽ∧: : : : : : ヘ: : : :ヽ      今、こいつが言った事は本当?
: : : : : : |: : : : : : : 厂//////∧: : : : : : ',: : : : ',
: : : : : : | : : : : : {//////////}: : : : : : :l: : : : :丶
: : : : : 八 : : : : : ハ/////////ノ: :: : :: : :|: : : : :丿
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そう断言するライダー。
┃ その言葉は確信に満ちており、そのことを疑っている様子も無い。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5896◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:03:08 ID:GPL/02Yc0









         ____
       /     \         そうだおね―――。
.    /       \
.  / /) ノ '  ヽ、 \      確かにやる夫は単なる一般人だお。
  | / .イ '(ー) (ー) u|
.   /,'才.ミ). (__人__)  /     魔術だの何だの、今日初めて知ったぐらいで……。
.   | ≧シ'  ` ⌒´   \
 /\ ヽ          ヽ




                       _ --- _
                  ,,x‐'''"´: : : : : : : : : :`ヽ
                ./: : : : : : : : : : : \: : : ヽ: :\
               ./: : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : ヽ: :.ヽ
              /: : : : : |: : : : : :ヘ: : :\: : ヘ: : : :゙、: :.ハ
             ./: : : : : :|: : : : : : : ヘ、: _;、ヽ-ヘ: : : :゙、: :ハ
            /: : : :/: : : ヽ: : : : : : :x|'"ゝ_ヽ\ヘ: : : ヘ: : |
           ./:.:|:.:. :|: : |:l: : ゙、: : : : : : | _,,=-‐テ, ハ: : : l: : |     ―――なるほど。
           |: : |:.:. :|_,-|ナてリゝ:_: :,、: |ィイ、:.∧| i! /|: : : |:.:.|
           |:|:.:|:.:. :|:.:. | _,‐==-、`` `'   ∨_ノ,, /: |: : : |: :|     これは本当に巻き込まれただけっぽいわね。
           . ゙l: :|、: :|: : :|'《 ベ;:.∧     ´ ̄/: : |: : : |: :|
            ゝ、|ヽ|ヽ、:|、゙. ∨ノ 、     ./: : : .: : : |: :|
               \:ゝ、ヽ `"   __    /: : : : : : :/: :|      それじゃあ、ヤルオ。
                 ゙l:.:.:``ヽ    r、  {: : : : : : :/: : ヘ
                 .|: : :|: : :l::> .| |_ <ヘ: : : : :/l: : : : :ヽ     アンタが巻き込まれた戦いがどういう物かは知っているのかしら?
                /: |: :|: : :| : :;;- | |  _xヘ: : : : :|、_: : : : :\
                  /: :ノ: :|: : :| ̄.. .| | /ヽ ,ヽ: : : ト、``¨ヽ: : : `ヽ
                /: /: : :.|: : :|.   | |y  ∨ \: : : ヽ  ヽ、: : : ヽ
            ./: :/: : :./ : : |.   | | ヽ     〕: : : :ヽ   `i: : : バ、
           ./: : :/: : :./: : : /   /`ヽ |   ./: : : : : :.〉   ヘ: : : :l:ハ
         /: : : :./: :./: : : : /   / , ´`ヽ|  ./: : : : : : /    ヽ: : |: ヘ
        /: : :/: : :l: :./: : : : イ:゚x‐‐/. .'二ヾ| /: : : : : : /、      \: : : :l
         /: : :/: : : :.\: : ; /: / r''´|  r、, 〉| /: : : : : : /  /\     ヘ: : :|
       l: : :/l: : : : /‐-゚ヽ:/  |  ゝ.ノ| ||O|/: : : : : :./:| /:.:.:.:ヽ     ヽノ
      x''"´ ̄`ヽ;/ r‐''/    ゝ__ノ〉|_|| |: : : : : : : : :ゝ、:.:.:.__〈,, -‐-   ゙、







.


5897◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:08:15 ID:GPL/02Yc0




         / ̄ ̄ ̄\
       /  ー  ー 丶
       /   ( ー) (●)
       |     (__人__)
     /〈 ヽ   `⌒´/
     ノ`ー、ヽ \  ‐r┘r<_ハ勹、      “聖杯大戦”の事ならキャスターからある程度は聞いたお。
    /    \\ 〉‐<ト、 `ーヒニソト、
   /      \\ \〉  l|  l |      まぁ、まだまだ触り程度で知らない事の方が多いし、
   〈           \\ \ノト-┘|
   l.l         \\ Y   |       色々教えてもらえると助かるけど……。
   ||      l/       \ヽト、_ ノ
   ll     .イ!       ヽハ{
   |   〃l!ト、       ヽ\
   |     》 `┬<__   ヽト、
   l   / 7´ ̄`ヽ    `ヽ   N
   l     ノ      人         ト、
   ヽ、_______ 人      |∧
       // T   フハ       l il
        〃   l       ハ    / l|
       〈    l  /      ヽ、_ノ个〈|
        ヽ  |Y/        / l
        \ハiノ          / /
           {         / ,'
           |        ,' l
           |         /  |
           |      /   ,'






    ゝ __ //: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
    \ : : /: /: : : : : :,′:/ : : : /: : : : : : : : : : : : :',: : : ハ
       ン: : :/: : : : : :/ : : i: : : : { : : : : : ヽ: : : : : : :i: : : : : ',
      ハ : : /: : : : : : {: : : :|: : : : ',: : : : : : :}: :丶 : : :|:: :: :: : i
.     /: : : / : : : : l: : l : : ,'i : : : : ∨: : : : ノ: : : 从: :|: : : : : :!
     { : : : i: : l: : : 从人: :八: i: : : : : : : :∧: /`ヽ :}: : : : : :|      …………じゃあ。
     |:八: 从 |: : : { ̄ ト 、 __`ヽ: ' : : ノ /j丿 ハ:: : : : : : |
    ノ'  ',:ノル'i : :圦`ヽ:l    ̄´jハ:ノケ´    丿仆: : :/ : |      聖杯大戦から降りる手段については?
         入: 从: : ≠==‐-z-‐  ノ'´ ≠==‐-≠ ,' : : : i: : :|
        / : : : : : : ト´  ̄´     ,     ` ̄ ´ノi: : : ハ: : }      キャスターは教えたのかしら?
.      /: : : :i: : : ∧             ー=彡 : : : }: ',:λ
     /: : : : :|: : : : ∧               /: : : : /: :ハ :',
      /: : : : : :| : : : : 个:       ⌒     ィ: : : : : :i: : : :ヽi
   , :′: : : : /i: : : : : :| : : : : ト       イ: : :/: : : : : :从 : : : \
   /: : : : : :/::|: : : : : :!:: :: ゙ハ}   -   .|┐/ : : : : : :} : \ : : : \
. / : : : : /: ,イ!: : : : : :| ̄/ \,_   _ / ∨ : : : : : : |ミ、_: ヽ: : : : \
´゙: : : : /://// : : : : : |//    r‐Y-‐、   冫: : : : : : |///\ \: : : : \
: : : : r': 爪////: : : : : : :|/`ヽ  /     ', /∧: : : : :八////∧: `ヽ: : : : \
: : : /: r'/////: : : : : : : :|_//∧/  , - 、  ∨//{: : : : : : :∨////}: : : 丶: : : : }
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 思考が固まる―――。
┃ この非日常から脱出する手段。
┃ それは今のこの状況で何より欲していた物に他ならず―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5898名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:09:15 ID:NH484usw0
お、あるのか。

現状やる夫には無理に参加する理由ないもんね


5899名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:10:23 ID:HNoQX0CU0
精々、魂喰らいしてた黒のバーサーカーぶっ殺くらいかね
降りたらどうみてもバッドエンド一直線だがw


5900名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:10:47 ID:KLhHHwL60
サーヴァントの自害ですね……
でも良く考えたら自害させても復活するから降りられないんじゃね?


5901名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:11:34 ID:NH484usw0
>>5900
令呪を全部使えばOK


5902◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:12:32 ID:GPL/02Yc0




            __
       _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
     ./      U       \
    , '     ___     __ .ヽ
   ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
  /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,    えっ、いや、それは――――。
. .,'                        .l
  l   U.    (     人    .)    .l    というか、降りる事なんてできるのかお?
  .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
.   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /
     ゝ、               /
    | ̄ ̄ ̄ ̄l     .-┬'''"´|
   /\ /' , ̄\     .| /::|-.、
  /     ヽ:::::' ,  \    / ゝ::::|.  ヽ
. /.       |::::::::l__` y '__|:::::|   ',
/        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    l
         |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|    |
.        |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|   .|






                         _  ----   __
                    x≦          `-- 、
                    ,. - '                \
               /                         ヘ
              /        7´       ',  ,  ',   ヘ    ヘ         ええ、在るわ。とても簡単な方法がね。
               7         i   ,   ',  i,  :'   ',   ', , .∧
               i /      { /   、 ', }i   !  |    | i  .∧        それをすれば今すぐにでも抜けられるけど―――。
               }'|       | ', {    }| .} ,':} /} リ      l    丶
              }       |i 丶 | 7 }//,/x===ミ}_i    i ヽ、   `丶     どういうつもりかしら、キャスター?
             ノ,、    |.Ⅵ ハ 7 / 〃Ⅵz斗〃   ,'i、  `丶    >
.            ´  Ⅵ',  ', {弌マ芯     ゞ= ' イ   ,'..}∧--、  `丶     >、
                  ヽヘ  ,:ヘ ` V:ソ        , '   __r=ミ _::::::::ハ__j }      ヽ
       ,. < ミx-=≦≧ \_,ハ     '    / _, へ     \:::::::::::::::`Y       i
.     >'´    ` ¬冖  ̄ >----ミト:... ー .ニ´-≦:::::::::ヘ      ∨::::::::::::::i     ノ
.   {::....................     /   /  `丶二::_:::::::::`゙'<::::::',     ∨::::::::::::|   /
.     \:::::::::::::::........::::/´  ∠、       ` 、 ` <:::::::`゙':!|     ∨::::::::::i   (
.      廴 -===ミ:::::ヽ-=≦  :ヽ  . i i ',    ` <リ      }::::::::::∧  ヽ
    /::::::> ' ´              \ ',| !', j   _,. -=/       /::::::::::::::∧    \
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ぎろりとキャスターを睨み付けるルイズ。
┃ それは同じ陣営に所属する味方に向ける眼差しでは無く、
┃ 隠しきれない怒気と、明確な敵意を含んだ視線だった。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5903名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:14:18 ID:KLhHHwL60
令呪で宝具の使用封じられるならいけるかもしれんが、
令呪使い切っても「キャスターのマスター」と認識されてたら復活する気がする


5904◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:17:33 ID:GPL/02Yc0





                        |\
                            /  \
                   ,.   ´  ̄ ̄/  {⌒ヽ \
                /       / _ゝ  ,} :}
               _|_ ノ\___〈     ̄  / \
.              /⌒く_厂\/_ノ\_ノ⌒ヽ ,/_   \
               廴 /   /  _/ / │`\厂\_厂\ 丿
               {_/   / 「 仄ノ`ヽ|  /│| |`⌒ヽ厂\
                /   /  ,x扞示  | ,/‐┼ト |  | |`⌒
            /  /|  :| ヒツ  // ィ抒ミ / l:l | |
              / /l  |  :|    /   ヒシ /  从ハ|      あら、何がかしら―――?
            / /  | }|  :|      ゝ __ ,厶イ /|: 八
.          /  { /:l/八   |\   ` ´{\\ j/ ,j/  }\
.        〈____,〕ハノハハ |  丶 __ イ \\\  _ノ   \
         \____ ,}ノ}イ     │ ,jハノ\ ⊂ニ ̄\ __}
            _,/   \  {: 八 | ̄ ̄マニ⊂ニニヽ \
           ┌ }_人       \⌒ ⌒|   | {こフ〈_r‐ 、   \
           {  にノ\ \    \  :|     にフ    ー┬  .
.             ∧   にノ\      \L __l_にフ \     |    :
          /\\   にノ\ \  / _ノ\_},フ\ \ 「\  |
         /  \    にノ\,/にフ/ /\\ノ   \ ∨`ヽ\,ト
          }     ∨/   にフ{八}ノ 〈_/   \〉     } |   \\ \
.       ,r-y'⌒il⌒ヽ∨/ /   }| |{    に}  に}    //      \\ \
.      _イ  ヽ  |  / ∨厂}_      に}  に}  //         \\|!
..    /  `ヽ .,ィニニヽ、_|ニ{_\__,二ニ==-<}─<]=く ∧           \l}
.     \_ ,ィ'´ ヽ i,r-く|_____}/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|/  \         |





          /            /   | |              ',   ハ
.        ,' ,       ,   /{    Vム     、       '   i
.         | l      l  |l  | \',  , ',∨   | | |
.        i{|      「 ト _ i ',  !     i' |_∨r─¬   l.   |
         ',| |   i {,zz≧x_' {∨、 ,__,. ィ,. z=ミ_,} |   !   |      とぼけないで!!
            ヘ{', |:,   ィ≠´,不 ミx、', V}l  ,zチ'´ヽ`ヾミニ |  ,'   .!
              ',!ヘ ,ハ   {rヘ, イ ヽ リ}/ {心zチ jノヽ'  ,  |      どうしてヤルオに闘いから降りる方法を教えなかったの!?
           }! \ i  Vz斗      L__〃 厶イ  ,    |
.             ,' ',   :',    ̄     ,      `    /  ,     l       自分の願いの為にヤルオを利用する気!?
            /  ',  :',                 /   ハ    ,
         イ   :',  ヘ        '⌒丶     イ  ,' ',    ヘ
       /    /:i   >           イ   ,'  ,    \
.     /      / :l     ∨/:l> .__   <::/     i   ,     \
      /       ,′ }     ',i ̄ニ=v=、=ニ::/     l     ヘ        \
.     {       , ' ∠:'     ',  , ',. -- ∨ i     l- :、   ヽ      ハ
.    人     i__,y二'        ! //___,ハ_ヽ{     ∨ハ   }         }
.      Y .}'二二ニ'         l∧ /  ' /ニ',     ∨z=ミ、,'         八
      / /二二ニ'         /二∨    }'二ニi      ∨二ニl、     (






.


5905◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:23:29 ID:GPL/02Yc0





                           ..-‐''" ̄ ̄ ̄'''' ー 、
                        ,...< : : : :、: : : : : : : : 、`\
                       /: : : :`: : : :i: : : : : ::ヽ: : ヽ : : :ヽ、
                      ./ : : { ハ : : !: : ハ: : : : : ::ハ: :: :ヽ: : :ハ
                     /: : : : :i i i: : {: : : :ハ: : : : : : :i: : : :ハ : : ハ、.
                     |: : :!: : i i i: ::l、 : : .ハ: : : : : ::ト、: :: :i: : : :}i
                     .i i: :{ : :.ハ.i i :{、ゝ、: ハ: : : : :/,人: :: :} : : iリ             ―――もし、貴女が自らの望みの為に、
                     l| i: :ハ: :l ムヾ`iー. ヾ ハ: : ;ィ=-,ハ: : jll j リ
                    ./ | :i: :ハ: :| .ム ,ィ灯沁,`ノ/ .ヒソ〃 ,'ク〃}、             何も知らない一般人を巻き込み、
                   /: ノ: :i: :ム: :i: : ム ゞ斗 ′ 、`´彡´/ィ/ノ :ヘ
                  /: :/ : : i : : y : :i :ム     , 、  .// ./´: :ヘ、 `ー-- 、        なおかつ利用しようとしているならば!
                /: :/: ::/: :}: :丿 : :}: : ,ト ._   ¨ ,// 〃 / ヽ、\: : : :ムハ
               /: : : : : / : : l/: :: :/ _ノ`ー≧ ‐匕{ :(: : ハ/: : : : : ::∧ : : : : }
              /: : : : : /: :: :/ : : _彡´彡三ミlムl工l ミハ: : ヽ;;_: : : : : : :}: : : ::/        お前をこのまま野放しにしておく訳にはいかないわ。
             / :/: : //: :: :/: : / //ム‐^´, =ヾ''ミ{水}彡ミゝ、l : : : : : /, 、.:/  ∩r:、
           /: ::/,': :/: : ,-‐′:////./      `,-ヤー、--、/.ハ l: : : : : :{:.ヽ\  | l:||    さぁ、納得のいく答えを聞かせてもらおうかしら!
           {: : l.i/: : / : : ノ/////./., {    /  {  ヽ,Vi ヽ///∨: : : ハ: :.:\\ノ :!}|
             {_/: : / : : ゝし ‐ X // .{ ..ヽ{.  ヘ、 | ゝ、 ∨i }`ー ∨: :r――へ. ヽ:l' /―- .、      赤のキャスター!!
          /: :: :./ : : : : : :: : : : : ::V  ハ.  ゙''ーく`キへ ヘl',__〉J}、  \:  ̄ ̄}    .ノ: : : : : : \
         / :/: :,仆 、__,,:::::丿: : : : }  .ハ       ''"`ー≧t ∨i、、   \: : _{    ./‐ - 、_.:::、: :ヽ
        /: :/: : :/:| /////: : : : : :/    |   ,         i .∨i、、   ノ了│   /: : : : :\  }: : |
       ./ ,イ: :{: :/: ! .//,/: : : : : :/    .|  |.        i  .∨i、ー´  {  ヽ__/: :\: : : : :\:_ノ
       { :{ i : :|〃': i //: : : : : :/       .', /  .〃      i  .i.∨i、     `ー彳ヘ : : ヽ: : : ::∧
       j ∧: : | : : ゝ,': : : :/: : /         Y ./        i   | .i(::)     ....‐´  ヽ: :: :i: : :ヽ: :ヽ、
     ー=/.' ハ: : ヘヘ}: { {: :〃ヽ {           }/        i   !  _..-‐'''´      ハ: ::i: : : :i: : :丶三彡
     ./ :i :i i: :: :-弋ゞ∨   `ゝ          ノ′         i   |ハ´           ハ .l: : : :i : : ヽ
     {: :/'lゝゝ、 、 ゙l/             ,ー匕            .i jレ八            \∨: : ノヘ : :卜
     弋{ _`'t ∧ ハ │       i' ーヽ              〉´./ l. \           / : :/  }: : }
       ゙ミ  /./  | i     / __| __ .. .ヽ、        ‐- .._/./ 丿   \           / : : ム_ノ: :ノ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ その行いは許されないと―――。
┃ その行いは悪であると―――。
┃ 少女は杖を構えて、魔術師の英霊を問い詰める。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5906名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:26:07 ID:KLhHHwL60
降りたところで既にロックオンされてるだろうから選択肢はないんですけどねー


5907◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:28:02 ID:GPL/02Yc0















                γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                |    ―――あら、聞かれたら答えたわよ?      |
                 乂_____________________ノ



                            _/ ̄ ̄ ̄ /
                          _r/ //⌒ヽ  / ̄ ̄\
                     ノ〈 / /    / /       \
                   __{⌒\ {__ `ー'′/          \
                <  / \⌒\ `⌒ヽ.∨          、
                   ∨ .:/  ⌒\⌒ー‐、 \_        〉⌒7
                  | :/   .:.:/ ⌒⌒\ ̄\⌒\⌒\⌒\⌒>
                  N .' .:/ハ ::l .:|.  ⌒T⌒V⌒V⌒V⌒7
                     |.:| 行仏ハ .:ト、.:ト、 ヽ .:.:|   |    \    \
                 /⌒>‐x.:\代:j ヽx:示ミz .∧  \     \  /
               _/   く/  \{,,   ,  弋:ソ| ..:| :∧      /}/
          /    く/.     \ 、   ,,,∧/|/.:.:|      ./\|
         /.:.:   く/        .rイ\__´.  へ .:(  ..:| __/ :.⌒\
       . /:  rーく/        ヘ |ノ r‐x ノ_/ ̄\:.:∨:.:.\      ヽ
       ,ノく/ ̄     __/_メ>'V∧7   _     \:.:\_ ̄\:.:  |
       く/     / /: :く_メ/メ'/V∧}YY{   ヽ   \人 ) .:ノ| .:/
        |       / ./ : : メ / メ  |:| V∧7_ノ⌒i7ー 、   \}{/ /:/
        |   x<_  : : /}/メ.  ′|:|/ V∧      ̄i7 ー   \. |/
        |__/     \/   \_/   |:|. / V∧      ノ⌒ー一'⌒
                ./     メl|   |:|〈.  Vソ    /___
               /    メ{ヘ. ..:〈/i7 |         〉:.:.:.:.:.:.:\
                 /    メ{   >―{\{    _r<{:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
         ___j    メ{   {⌒  \ }ー‐{ _,,イ\_:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
        /    |    メ{   ∧_/  ミ==彡  〉.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
        ./     |    }{    |   〈_{  {{ }}  ノ\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
       |     |    }{      }  \_ノ⌒´/ ∧____/ ̄ ̄´
       |       ノ|    }{         /   / / .∧:.:.:.:.:.:.:.:\
      ./|    .メ/|    }{__/ ̄ ̄ ̄     / / ∧ :.:.:.:.:.:.:.: \
     / :|     /⌒ ̄ ̄ ̄                       ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. \_
    ./     /                        /. \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /
   ./}       |     /                    /} ̄|  }ーrーrー' 7
   }__/      |    ./        ⌒>、__   イ_{   |  ⌒⌒⌒⌒
    V       メ|    〈         /   /    /_{  /
   /{      メ}.ハ                    ___/{_{ ̄ ̄|
   }__\  メ}/ {              __/{_{_{/      /
    }_}⌒}\{_            ./{__{_{/         /
















.


5908名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:28:47 ID:NSPGJ1CQ0
だと思った・・・


5909名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:29:42 ID:NH484usw0
うん、そうだよね

本当に安全ならやる夫はリタイアするだろうけど、どういうシステムかなー


5910名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:30:01 ID:KLhHHwL60
でしょうねー
最初の質問安価の時は聖杯戦争の事しらなかったから聞きようがないし、
その後はそれどころじゃなかったし


5911◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:35:35 ID:GPL/02Yc0





                 /  /   / /  〃 /     ハ  ヽ \ V }|  |
              l   {    / │ / ! {      } i  }  } レ |  |
              |  ハ  |  j  {  |  ヽ.      j │ /!  / ,′!   |
              |  l l  l 八 ヽ∧  ヽ   ∧ | / l ,イ /" |  |
              |  l 丶 ヽ{ \ {  \  l  _/ 人 レ│/   !   |       あ゛……?
              |  |  ヽハヽ : :::::::::::::::ヽ j ̄/ ̄`Y´ ̄/イ   j  l
              l  l    ∧ ::::::::::::::::::::::::j/::::::::::::|::::::: /     ,′ 八
             /  ヘ    ヘ、      :::}     │ /    /   ′ ヽ
               ノ    ハ     lヽ、_          </    /      \
          /      _j      |}´  > 、 ___, イ   /    /ー-、      \
         /     / l     l_}           ,′   /    ヽ       \
        /        /   |     |_}     ヽ   /  l    {     l       \
       /       l  /    /__}     ̄    ̄  |    l     |         ヽ
.      /         r┴-/    /ー┴┬ー┬ーr┬ーr┬ハ    ヽ.ーr┬┼ 、        ',
    /        <_厶/    /ー'ー^'┴ー┴ァ大t‐┴'ーヘ     ∨'┴┴fく.        l




                ,、
                  / ヽ
              /,.-‐:.、ヽ __
           _...-:/'::/⌒ヽ:ヽヽ::::::::ヽ-.、
         .イ::::::::/{:::{ ,..._ _):} \::::::ヽ::\
       /:::,'::ハ:∨ ヽ:ヾー=ニr=r、 \::::};;;::::〉
       λ::::ヽ:{;;V   (⌒ヽ─イ-、ヽ Y⌒);:イ‐ァ、
      /::l::::::ハ'⌒>=>' ̄ヾシ   Yノ⌒y⌒Y,ィ
      ヽ::\>、ア´ |    ヽ ___     l !
       >ア |     ヽ ヽ ヽ,イヽ | lヽ|   |l!
      `ー{   ヽ,イ⌒ヽ\\ハ.r‐Vリ ! |,イ ,'!ハ
        |   ヘ \⌒\ヽソノr≠=ト、 ,' /|リ、 \          聞こえなかったかしら、ライダーのマスター。
        人|、 ヽ ヽォ彡ミ、    ´  ノイ/ l/人\ \
      / ハヽ  X´      、   -=彡チリ ヽ :\ヽ. 丶       “聞かれたら答えた”って言って\__人__人__人__人__人__人__人__人__人____人__/
       / // Y リ>ミ=-    r  ┐   人 \ ヽ ヾ. \                         ≫                        ≪
    , '  /l l |У  |::::..    丶_ノ   .ィ::::::|ヽ |ヽ、 ハノ-ヽ  ヽ                       ≪     そうじゃなくて―――ッ!!     ≫
   /  ,'::ハl、 ハ  ,イ:::|:::≧ァr- .. イ ト、ノ从ノ!从リノ    |  ,'                         ≫                       ≪
  ヽ    !⌒`ーrヽrヽ∧_ノ {|      > `ーrY ヘ_    | /                        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
   \  |   ,ィT>| ii   丶-、 .r‐/    ii.|へ..,ィヽ. ノ'
     \|  /_......〉_ハ ii    \  /    ii l人/........゙.
          }....\})人ii   _.-=y‐、    ii.,'T>/........λ
          /..\.....Yl^ヾk__./  |i!|ヽlT>‐≦|_Y...........ノ.}
          |\....\lヽ''"´....!Y!,イ|ヽ |!}...............Y......../...l
          | _..\...ハ..............しイリ∨ |!}.._...._.,'...,r'"..,.'...;
       ,へi (ー)>T{=ァこアイ !  |:}ハ__Y(こ_{_フ⌒Yヽ
      r≧>'⌒´ ̄´   |..{k|. 人 |:}..{     `ー<_/!
     f>'        :... ヽk|´  `Tアハ         ヽ>、





.


5912名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:38:35 ID:KLhHHwL60
フォローするべきか?


5913◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:41:45 ID:GPL/02Yc0




              ┏┓┏┓
            ┏┛┃┃┗┓
            ┗━┛┗━┛
            ┏━┓┏━┓-───=-、_
            ┗┓┃┃┏┛: : : : : : : : : : `丶、
              ┗┛┗┛ : : : : : : : : : : : : : : : \
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                ,' : : /: : : : : : : : : {: /: :ヽ: : : : : : : :丶 '.
            |:i: :/ : : : : : : /: :ハ:{: : : : : :ヽ : 、 ヽ: '. :!     真面目に答えなさい、キャスター!!
            |:i: :|: : : \{ ∧: :{: :ヽ: : : }ヽ: }/} : |: :! |
            lハ :! : : : /z≧ト、: : : : : : :j : x≦イ: :j : ! |     それとも、答える気は無いっていう
                ヽ: : l :f{  心{\: : vィ匕  }}: /: :.| |
                  }\Ⅵ  Vリ  }/ Vリ  ノイ: : /l:|     意思表示と受け取っても良いのかしら!?
             ,ハ: :∧ :::::::::::::::::;:::::::::::::::::: /: : : :八
               /: :∧:.: :'.    _   -=┐  / : : ハ: : :ヽ
              / : / : : : : ゝ _ └  ─┘ ィ′: /: :ヽ : : \
.           /: : : : : : _ノ: : : : }_>  _... イ_∨: : :{_: : : :\ : : \
        / : : : : :/::/: : : : : }/ \ /  〉{: : : :ヘ`ヽ、: :丶 : : :ヽ
       / : : : : :.:〃::::/ : : : : :∧ /^∨\ /:::{ : : : : :ヽ::::\ : :ヽ : : }
       { : : : : / :::::/ : : : : :/::::∨'´又 ヽ/::::∧ : : : : : 〈:::::::ヽ: :}: : ノ
       \ : :人 :::::/ : : : : :/:::::::::∨ ̄_∨::::´:::::'.;. : : : : :∨:::人ノ: /
        ∨::::::ヽ{ : : : : : {:::::::::::::ヽ>く/:::::::::::/} : : : : : }::´::::::∨
        / :::::::::::::'; : : : : :ヘ_::::::::::::::〉く:::::: ̄:::::/ : : : : : /::::::::::::::{
      /,'::::::::::::::::-ヘ: : : : : :ヽ:::::::::/∧:ヽ::::::/ : : : : : /--、::::::-ヘ
     /:.:/:::::::::::::::::::::::::\: : : : :ヽ/| | |.ト、:::/ : : : : : : /二ニ \:::::::\
   /: : 厂::::::::::::::::::::::::: ̄} : : : : } | | | l ∨: : : : : : :〈rー   /::::::::: ̄\




     .   ´          /┏━┓V、
   ./            / ┃┗┛ ∨ヽ
   .′          /   ┗━━ .∨ 〉
   {_,.____ /二ニヽ____r'  ̄`ヽ
  /ァ=‐ァ    {/ __,.i斗{____ノ ̄ Vハ}
 く /  {_ ,. イ  ,.x=ミ、| i  /|`i‐-   ∨ >
∠ ./       八ト、 〃ん心ヾハ/,ィテミ、  /i/´     いえ、至って真面目だけど?
. / /      ヾ人弋cソ    {cソ }! 八
´/ i        ト、     __丶` ハイ  ヽ      何をそんなに怒っているのかしら?
. {  !      丶',   ,.ィ///7ハ ノ i   ',
 \{\ \      rニ-ニi_rく//i.| i∨ 从  ノ
     .>‐\ト、 ,'ヽ、  ` く// |_{ハ、  ヽ(
   /      { \\  Vi|_{/  i \
  /       r'‐、 \\ V/  /∧ ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ まるで意味が分からないという風に首を傾げるキャスター。
┃ その行動を見てさらに怒りを燃やすルイズ。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5914名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:44:06 ID:NH484usw0
完全な素人だから本当はそのあたりは教えないといけないんだろうけど、
このキャスターはわざとかどうか微妙だからなー。

完全に機械的って感じでは無かったけど、どうなんだろうなー


5915◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:46:07 ID:GPL/02Yc0






\__人__人__人__人__人__人__人__人____人__/
 ≫                      ≪
≪    ―――――――――!!    ≫
  ≫                      ≪
/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                       _  -――- 、
                     , '⌒ : : : : : : : : : : \
                       / : : : : : : {: ヽハ : : :.ヽ:ヽ
                    /イ: : {: :/{ ∧ : : : }:∧ :_}: ハ   ,.-、
                     {/|: : :Ⅳト\ハ: : ノj.斗Ⅵ : |   .{  i
                    ヽ、:小__ >j/< _/|: i:|   '、 '、   _ -‐'^)
                      _ノ :ノ:}  _.. -=ニニ>、 /: 八     }. ヽー'"´_.. -‐'´
                        '´:/ : ゝ ∨       ノ/: :ハ:ヽ   /     ^ー─----、
                /: /: : : /厶≧=rー=≦/: :/ーヘ__;>′      ‐x―---'
                   /: /: : : : /'´::::::::::ヘ☆/:/: :(::::(_...ィ、_     __>、\
                   {: :ゝ : : : :(::::::::::::\::∨::::人: : :\:::::/::::{弋三三ノ 〈 \)  \__人__人__人__人__人__人__人__人__人_人__人__/
     __      __ノ : : ノ\: : :\::::::::::::::爪::::::::::\: : :\::_人     /      ≫                        ≪
    〃 ̄`゙ヽ  / : : : : : : /r-'ノ: : : : :):::://|ヽ\::::_ノ: : : : )_  {ヽ   ,/      ≪     ―――――――――!?      ≫
.   {{     }} / : : : :ト、 ___{__:{/ : : : /'´  ̄ |  ̄/ : : : : /  i|`ー ─rく        ≫                        ≪
    ゝ、__xく { : : : : | : : : : : : : : : ://    │ / : : : : : :(.   i|    |: :\     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
      ̄ rヘ^\rーヘ:.: : : : : ; イ´ /j     {, 八: : : : : : : :`ー-イ__   |: : : :\
       { =ヘ.{\    ̄ ̄   ' ノ |.     }   丶、 ____:_:_;/   |: : : : : :)





                  _____
                /U::::::::::::::::::   \
               /  ::::::::::::::::::::::     \
             / ;;;;;-──::::::::::::──-   \
            / ::::::::::;;;;;;;;;;;;;:::::::::::: ⌒__丶   \
          /  ::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;′:::::::.....'::. ) .ヽ   \
          |  :::::::::::::::::::::::::"ノ :::::::::.... __ ..丿    .|
          |  U:::::::::::;;;;(;;;;;;;_ ノヽ.____)    U   |
           \  ::::::::::::::`ヾ: : : ::..   ../         /
            \ ::::::::::::::::::` ̄:.⌒ "      /
              〉三三三》:;;;;;;;;;;;;;;;;::《三三三〈
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 完全に火と油である―――。
┃ そしてやる夫はこの時になってようやく。
┃ “心が無い”キャスターという存在を理解し始めた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5916名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:46:18 ID:IlZLi1S20
当然参加するもの、っていう風に思ってれば別に教える必要がないと考えてもおかしくはないが ……


5917名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:47:09 ID:HNoQX0CU0
水と油どころか火と油かw とりあえず仲裁仲裁…


5918名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:49:23 ID:NH484usw0
こんな化け物だらけの戦争に参加できるか!
やる夫はリタイアして一人で帰らせてもらうぞ!


5919◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:50:50 ID:GPL/02Yc0





                                  __,
                           _.... -─'"´   /
                      _.....-ァ'´   ,..-─-、  /
               _.._,r─‐f´ ;/   /,rニニ‐-、ヽ ヽ
              ,r'/: :.:.:ヾ 、 | /     ,' ,'/   `)ノ .}  ヽ
           ,r‐(二|: : : : :.) `ヾ┐__ { ヽヽ__,ノ   l
           /: : : :|≧、ー(  _ >─ァ、≧-、二二ヽ.     ト、
           `): : :.`ヽ、Y≧У|_   /  | フ⌒ヽヽ_ヽ_ .|| l
        ,r'⌒≧、: : : : /    /ヽ__,r‐、 | /,...-、 | ヽ_`"´ Y| |、
        (: : : : : : : ̄フ    /   /   } (| : :.:Y | ⌒ヽ__L__/ ̄ヽ
        ヽ_,r─ァ´     ′,   /    / `ー’   ト、j-、_| /: : ;ヽ  |
          ノヾフ    '  ′ /i|   j    |   .!   |__)二__ノ、_j            \__人__人__人__人__人__人__人__人____人__/
         / //    ,' /,' ̄, ̄|  ,ハ   l !  |    | (\_:_: :.|'             ≫                      ≪
        /   '      |! l |  | |l i| l  ̄|`|、  |    |  ト、:_:r‐〈_            ≪    ―――――――――!!    ≫
     , '     |      l|、从|从| || i! ヽl !、! ヽ!i! '  | !:─: : : :}             ≫                      ≪
      {     ∧| l  | !|彡≠=、 ヽ、|! __ヾノ ヽ |リ ,'    ' |ヽ、r=<            /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
     ∨   l |从 ヽ. /}      ヾゝ=≠x、ヽノ /   /  /ヽ: :_ノ
      _ノ     | !ノ,へ / ハ      '     `ヾY´/  /:  λス’ ヽ
    (      ヽl川 i! / /,ヘ   r‐::...、     チ___/:/ /: :| ∧ ハ
   r─)ー、_   >':グ.,イ、 ヽ. 丶::::ノ    ,イ/: : : :/: :/:./: :,'     |    ――――――?
   {  f⌒)ノ'⌒Yァ'_,r<ノハ.  ハ\_ ...,. -r‐チ: l|: : : /: :.i! | /: :∧    ノ
    `ー’´(__rァ''"  ~ヽ、\  ハ    {⌒ー、!: ||l  ハ  l!|!: ,'      `)
        ,r'´      ~\ `>  ノ、 _,ノ`ヽ ヽ !|li !:ヘ l !_!_|、_r‐、_,イ
     /      ,r<ヽУ / ,rYヽ  \ ヽ ∨|!|ハ  | / !__ ヽー{
    /|      ノ:,r‐`' /  rj/ハ | ゙、  ゙、. ヽ/ /'__丿 jヽ、_| ヽ|_ノ
    | !   fフ´-ァ;f´|,イ   ハ//Z,|  ゙、  ヽ / /'___,.イ`ヽ、
    Y!   K ,イ三| ヽ_,イフハFニヽ  ヽ  ヽ/Y〃彡'    l
     |!   |ニニ>三!ィ三7  /ハ!|!/ヽ|、_ヽ,ril|〃λ  /   |
      ,|     !Z_'ィ"lニj ̄, ' /|!__|!ヾ、  寸ミヾミV‐ァ /    ,
>'⌒⌒l    |  レク’//,イ_|! ヽ ヾ、  (ミノ,>Fノ /    l     \__人__人__人__人__人__人__人__人____人__/
≧rァfヽ_!    l////レ’ ヾ、 ヽ \  l!ヽソ´   { (ヽ'Y(⌒Y≧r、   ≫                      ≪
∨ ̄|´ l     |,.'://)'´     \j!   ヽノ     \)⌒ヽ、: : : rジ ≪    ―――――――――!!    ≫
 `ヽ.ヽ.l    /,イ/)'´                .'   ∨  `='7   ≫                      ≪
三三三!    ,'し’イ      __..-‐ニ二 ̄     :     l    /-ニ三/⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\
三三ニ7   !            ̄ ̄ ̄    . . ` 、 _.ハ_/イ三三ニソ'
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ ―――今までの問答を思い返してみても。
┃ 彼女は聞かれた事以外答えていない。
┃ 敵が近くにいる時はマスターを護るために動くが、
┃ それすらも自らの意志ではなく、マスターの指示通りに動いている。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5920名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:56:13 ID:KLhHHwL60
とはいえ弱体化始まってる以上まったくの無我という事はないだろうが


5921◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 00:57:57 ID:GPL/02Yc0






                  _ __
                 /´        `ヽ_
           , -‐ '             `ヽ
          /           \
.         / /            ヽ:     l
        / ,′/.:/ .〃:. :.丶:丶:.:.ヽ :l   l  l
        l | l .:.l .:.ト、/:.:. {  :.:.:.ヽ.:\:.j:.!:  │ l
        lハ l.:.:|.::..!.:.{\八:.:.:.ヽ:,__匕厶}  │ l
        ヽ∧:.:!:.:从7tーゝヽ:.:イヘ ::::ノ│   l   ヽ、
          jハ>ハ `‐'  j:/    ̄ /   リ:   `ヽ、
             | :}     ´   、 /    /:.:.      \
            _ ノ : ゝ , `マZ三)′    厶;._        }
        /  `ヽ┐:.:.:.:.: />'´    /:::::::::::ヽ   :.:   /
       /  ) {_,   }.:.:.:.:/       /:::::::::::_:::::-ヘ:. :.:.:.:.∨
       {  ┐r  /.:.:.〃     /_:::::-‐ ´:::::::::::::ヽ:.:.:.:/
        入  / ̄ ̄`V      /:::::::::::::::::::::::l::::::::::::::|:.:.:.:ト、
        / :.:.Y / ̄ ̄ヽ :.:.:.:.:./::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::l:.:.:.:.:.:.:.\
       ヽ :.:.レ'     l-‐、__{::::::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::{:.:.:.:.:.:.::.:.:.:\
        ) :.l      \:::::::\::::::::::::::::::::::::::l::::::::::::ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
       / :.:.ヽ       ヽ::::::::ヽ::::::::::::::::::::::l::::::::::::::}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:}






               ., - ―===- .、
            /         \
           /             \
           j    .:.:::::::::::::::\_j   \
           |   .:.:::::::::::::::::::r‐ミ'/⌒}   ヽ
          ノイ     .:.:.:.:.:.: } ノ _ ム  .|
 ̄`ヽー- 、 __ /了|´    /   /ノ    ヽゝ .|
.ヽ:..:..:..丶:..:..:..}:..:..::| |     {____/       { |
:..:..l:..:..:..:..:..:..:..!:..:..:..|  l    く`{        i .|
:..:..:l:..:..:..:..:..:..:l:..:..:..:.|  l    `ソ_       }_/
ー..、`ヽ:..::..::/..:::.::.::.:.l   ヽ >≦--.、ヽ      /
二:..ヽ:{:..:.::.:>ー::´::| /ク′:..:..:..::.::.\ヽ  /
::.::.::.:ーヽ::.::|::.::.::.::.::.::.|^>':..:..:..:..:..:..::.::.::.::.:ヽV
::.::.::.::.::.:{::.::.:l::.::.::.::.::/:..:..:..:..:..:..::.::.::.::.::.::.::.ヽ〉
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 何も知らない一般人をだまして利用する為―――という事も当然、考えられる。
┃ ルイズのように、そう考えるのが普通なのだろう。
┃ 今のやる夫の行動を見て、魔術師だと思えという方が難しいのだから。

┃ だがもし。キャスターの“心が無い”のだとすれば―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋


※行動安価 01:18:00の一番上~3つをミックス

ルイズとキャスターに何と言いますか?


5922名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 00:59:36 ID:HNoQX0CU0
遠いな、かなり重要な安価っぽい…?
最低限↓みたいにキャスターが煽ったり誤魔化したりしてるわけではないって伝えたいけど、他に何があるかな


ルイズさん、キャスターは誤魔化すつもりでも挑発するつもりでもなく、本心から言っているお
もしもやる夫が聖杯大戦から降りる方法を聞いていたら素直に教えてくれたと思う
真名に関わることだからあまり追求はしないで欲しいけど、彼女はそういうサーヴァントなんだお


5923名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:00:21 ID:NH484usw0
もう鏡が二段階も曇ってるから、今は最低限だろうけど心あるんだよな。

取りあえずキャスターもある程度庇って、リタイア方法とか聞いてみるのがいいかな


5924名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:03:02 ID:KLhHHwL60
>>5922
召喚した時バーサーカーから助けてくれたとかとかその辺も加えとく?


5925◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 01:03:06 ID:GPL/02Yc0
※行動安価 01:10:00の一番上~3つをミックス

ルイズとキャスターに何と言いますか?





―――と、間違えました。こっちに修正で!


5926名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:04:03 ID:KLhHHwL60
時間短くなったかー
キャスターに言うセリフも入れた方がいいかな


5927名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:07:52 ID:KLhHHwL60
キャスターにも何か言わないといかんが……


5928名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:08:55 ID:HNoQX0CU0
んー、質問を投げかけておくか…キャスター自身の口から聞きたいし


5929名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:10:00 ID:NH484usw0
せっかくなのでリタイア方法教えてもらっていいですか?
後、やる夫は敵に顔を知られてしまってるんですが、
その場合はリタイアした後に襲われたりする危険性ってあるんですか?

後、いきなりバーサーカーに襲われて、その後ランサーに襲われたから
詳しい説明とかを聞く時間が無かったんです。
そもそも何が起きてるか分からなかったから、
大戦の簡単な説明を受けるくらいの時間しか無かったので。


5930名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:10:00 ID:HNoQX0CU0
…こりゃ、やる夫の理解不足が原因だおね…
ルイズさん、キャスターは誤魔化すつもりでも挑発するつもりでもなく、本心から言っているお
もしもやる夫が聖杯大戦から降りる方法を聞いていたら素直に教えてくれたと思う
真名に関わることだからあまり追求はしないで欲しいけど、彼女はそういうサーヴァントなんだお

それとキャスター、改めてお前の口から2つ程、聞きたいお
この聖杯大戦から降りる方法はあるのかお?
それと、黒のバーサーカーは一般人を何人も喰っていたおね
聖杯大戦ではあんな風に、この街の人達が大量に犠牲になるのかお


5931名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:10:00 ID:NSPGJ1CQ0
ルイズさん、キャスターをあまり攻めないであげて欲しい

やる夫はルイズやライダーに感謝してるのと同様に
キャスターにも感謝してるんだ

理由とかは分からないけど、彼女がいなければ間違いなく死んでいたし
全くの素人のやる夫の頼みを聞いてくれたのも確かだから


5932名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:10:25 ID:KLhHHwL60
ルイズさん、キャスターは誤魔化すつもりでも挑発するつもりでもなく、本心から言っているお
もしもやる夫が聖杯大戦から降りる方法を聞いていたら素直に教えてくれたと思う
真名に関わることだからあまり追求はしないで欲しいけど、彼女はそういうサーヴァントなんだお

そういうわけでキャスター、聖杯大戦から降りる方法について教えてくれないかお?
まだ降りると決めるつもりはないけど、聞いておかないと話がややこしくなりそうだし


5933◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 01:19:43 ID:GPL/02Yc0





                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,      ルイズさん、キャスターをあまり攻めないであげて欲しい。
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,
               {  "'              、、 ∪ }      キャスターは誤魔化すつもりでも挑発するつもりでもなく、本心から言っているおね。
.            、     ゝ-‐ ー- '      /
            _> 、              /       真名に関わることだからあまり追求はしないで欲しいけど、
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉        彼女はそういうサーヴァントなんだお。
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ




.       ′: : : {: :: : : : : : ://: : : :}: :}: : : : : : ヽ : : : : : : : : ハ: : :∧
      {: :: : : :{ : : : : : / : 从: : : }: :} : : : : : : : \: : : : : : : : ヘ: :: :‘,
     .: : : : : :{: :: : : :仆: ::/: :: : :ノ: :∧ : : : : : : : : ハ: : : : }: : : ヽ: : :}
    .: : : : : : {: : : : : |′: }: ://: ::/ ヽ : : : : : }: : :从斗‐: :: :: :ハ: :/
   〃: :: : : : :{ : : : ̄`廾卜、/: : /   }: : : :j丿:/}八 {: } : : : : }′
  /: :: : : : : : :{: :: : :: :|: ノ ル \ノ   .}: : : //斗七、`: :: : : : ノ'    ――――――ッ。
/: : :: : : : : : : :{ : : : : 〃 笊≡≠ミx、  从: :〃爪  , 从: : : :/
: : : :: : : : : : : : :{: :: :: :从  爪  イ   .厶イ   圦ニイ  厶イ {      本心から?
: : :: : : : : : : : : :{: : : : :ハ  ∨匕リ        ゞ'‐┘  ′:: :{
: : :: : : : : : : : : :{: : : : : :∧   ̄                 从 : : :.      それは本当なの?
: : : : : : : : : : : λ : : : : : ∧          `       八 : : : :.
: : : : : : : : : :/{ : : : : : : ヽ\       r‐―-,      イ: : : : : : :ヽ
: :: : : : :: :///∧ : : : : : : : \>     `  ̄    ィ升!: : : : : : : : : :\
: : : : : : //////∧: : : : : : : : : \ ≧=-  /| //∧: : : : : : : : : : : \
: :: : : : :{////// ∧: : : : : : : : : : :\    八 |///,∧ : : : : : : : : : : : : ヽ
: :: : : : :{/////// ∧ : : : : : : : : : : : \ ̄l  ヽ|/////}: : : : : : : : : : : : : ハ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ やる夫の仲裁に反論を言いかけ。
┃ だけどそれを呑み込み、疑問を口にする。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5934名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:22:02 ID:HNoQX0CU0
心がないのに本心っていうのも可笑しな表現だけど、他に妥当な言い方もなー


5935◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 01:29:29 ID:GPL/02Yc0







                 ̄ ̄ ̄  、
            /           ヽ
――――...、 /   ι     -、     ,
::::::::::::::::::::::::: {-- __          ,ゝ、
:::::::::::::::::::::::::i:∨//≧=、     ゝ fツ  !      恐らく間違いないお。
:::::::::::::::::::::::/i:::∨/////7、    ,     ヤ′
::::::::::::::::::::/::i::::::∨//// / u.  i      !      いきなりバーサーカーに襲われて、その後ランサーに襲われたから
::::::::::::::::::::_メ::::::::∨/イ_/     `ー=ァノ
::::::::::::::/::::::::::::::::::::::/>   __ /´       詳しい説明とかを聞く時間が無かったけど―――。
::::::::/::::::::::::::::::::::/_/     //
::/::::::::::::::::::::::/ 〈 ∨  /__/           もしもやる夫が聖杯大戦から降りる方法を聞いていたら素直に教えてくれたと思う。
'::::::::::::::::::::: /     ', }_/ i:::::〉
:::::::::::::::: /       Ⅵ   i::/
:::::::::::/         |i  〈/
:::::/    \      |  i
:.リ       \    }  ト--.、___
/        `丶__/   i:::::::::::\:::::::..、






                         _  ----   __
                    x≦          `-- 、
                    ,. - '                \
               /                         ヘ
              /        7´       ',  ,  ',   ヘ    ヘ
               7         i   ,   ',  i,  :'   ',   ', , .∧
               i /      { /   、 ', }i   !  |    | i  .∧
               }'|       | ', {    }| .} ,':} /} リ      l    丶
              }       |i 丶 | 7 }//,/x===ミ}_i    i ヽ、   `丶
             ノ,、    |.Ⅵ ハ 7 / 〃Ⅵz斗〃   ,'i、  `丶    >         にわかには信じがたい話ね……。
.            ´  Ⅵ',  ', {弌マ芯     ゞ= ' イ   ,'..}∧--、  `丶     >、
                  ヽヘ  ,:ヘ ` V:ソ        , '   __r=ミ _::::::::ハ__j }      ヽ     キャスターは貴方を騙して、
       ,. < ミx-=≦≧ \_,ハ     '    / _, へ     \:::::::::::::::`Y       i
.     >'´    ` ¬冖  ̄ >----ミト:... ー .ニ´-≦:::::::::ヘ      ∨::::::::::::::i     ノ     利用しようと考えているだけかもしれないのよ?
.   {::....................     /   /  `丶二::_:::::::::`゙'<::::::',     ∨::::::::::::|   /
.     \:::::::::::::::........::::/´  ∠、       ` 、 ` <:::::::`゙':!|     ∨::::::::::i   (
.      廴 -===ミ:::::ヽ-=≦  :ヽ  . i i ',    ` <リ      }::::::::::∧  ヽ
    /::::::> ' ´              \ ',| !', j   _,. -=/       /::::::::::::::∧    \






.


5936名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:32:56 ID:KLhHHwL60
……あ、リタイアした場合キャスターはどうなるのか聞くべきだったか


5937名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:34:14 ID:NH484usw0
その辺はリタイアについては聞いてるし、一緒に教えてくれるんじゃないかな。


5938名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:35:10 ID:KLhHHwL60
そうじゃなくて、リタイアした場合のキャスターについて案じているみたいな感じで


5939◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 01:40:11 ID:GPL/02Yc0






          /            /   | |              ',   ハ
.        ,' ,       ,   /{    Vム     、       '   i
.         | l      l  |l  | \',  , ',∨   | | |
.        i{|      「 ト _ i ',  !     i' |_∨r─¬   l.   |
         ',| |   i {,zz≧x_' {∨、 ,__,. ィ,. z=ミ_,} |   !   |
            ヘ{', |:,   ィ≠´,不 ミx、', V}l  ,zチ'´ヽ`ヾミニ |  ,'   .!        それにもしその話が本当だとしたら、なお性質が悪いわ。
              ',!ヘ ,ハ   {rヘ, イ ヽ リ}/ {心zチ jノヽ'  ,  |
           }! \ i  Vz斗      L__〃 厶イ  ,    |         貴方は何も知らされる事無く、殺し合いの場に立っていたのよ?
.             ,' ',   :',    ̄     ,      `    /  ,     l
            /  ',  :',                 /   ハ    ,        その事に対して“聞かれなかったから”って理由だけで
         イ   :',  ヘ        '⌒丶     イ  ,' ',    ヘ
       /    /:i   >           イ   ,'  ,    \      答えない奴に命を預けてるのよ?
.     /      / :l     ∨/:l> .__   <::/     i   ,     \
      /       ,′ }     ',i ̄ニ=v=、=ニ::/     l     ヘ        \   貴方はそれで納得できるの!?
.     {       , ' ∠:'     ',  , ',. -- ∨ i     l- :、   ヽ      ハ
.    人     i__,y二'        ! //___,ハ_ヽ{     ∨ハ   }         }
.      Y .}'二二ニ'         l∧ /  ' /ニ',     ∨z=ミ、,'         八
      / /二二ニ'         /二∨    }'二ニi      ∨二ニl、     (
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 自分ならばまず間違いなく納得できないだろう。
┃ そんな奴と一緒には戦えない。命を預けられない。
┃ そう、彼女の瞳は雄弁に語っていた。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5940名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:41:05 ID:HNoQX0CU0
納得出来なくても大戦は無くならんし…うん…


5941名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 01:42:27 ID:NH484usw0
殺し合いの立場に立ったのはバーサーカーとかランサーが悪いのであって、
キャスターは守ってくれた側だからなー。
両方ともあっちから来たんだし。


5942◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 01:49:33 ID:GPL/02Yc0









 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
 |   やる夫はルイズやライダーに感謝してるのと同様に、キャスターにも感謝してるんだお。         |
  乂__________________________________________ノ





                      / ̄ ̄ ̄ ̄\
                     /―   ー    \          やる夫がマスターになった理由とかは分からないけど、
                     (●) (● ) u   l
                     i(__人__)      /           彼女がいなければ間違いなく死んでいたし
                          \`⌒´ .,:// ...,,,ノハヘト,、
                            ー'゙´/,///////∧/≧;,、_      全くの素人のやる夫の頼みを聞いてくれたのも確かだから。
                        _.,、イ/ム/////////∧////≧;,、
                     ////////\////////|/////!/∧
                        l//////////∨//////|/////i///   ―――だからキャスター。
                        l///////////l//////イ///////{
                         ,イ///////////!//////!////////7   改めてお前の口から2つ程、聞きたいおね。
                  ,.イ;イl///////////l//////l///i!/////!
                   ,.ィ≦彡",イl///////////〉,/////l///l!/////l
              ,.ィ≦彡"´ ノイl///////////∧/////l///l!/////l
            ∠彡イ才   {{  }l//////////〈//////////il./////l
          ∠彡イ才       }} ////////////∧/////l////i./////l
        |彡イ才      {{///////////////〉////!////!/////:!
        |才´        Ⅵ//////////////////////イ//////:!
                  _Ⅵ////////////j///////∧!///////!
                  j//////////////イ//////く  Ⅵ!/////j
                 ///////////////j!////////>〈///////l
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ そもそも何が起きてるか分からなかったから、
┃ 今まで大戦の簡単な説明を受けるくらいの時間しか無かった。
┃ やる夫の理解不足が原因でこの状況があるのなら、
┃ それを打破する為にはこちらから質問するのが最適だろう。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5943◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 01:57:22 ID:GPL/02Yc0










                     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                     |  この聖杯大戦から降りる方法はあるのかお?       |
                     乂_______________________ノ







                        /  ヽ_
                    ,  - </ r-, .ヽ  ̄`ー-、
                /    ./ ゝ=-、, \  ,   \
             .,r/ ヽ,  /,イ´ ̄,r-=}`ー≦、   }ヽ、
            ./ {   >f,-┴='''´ i `ー-、_>=、,l  ヽ
           〈  ,rニニ/´  i  //  } l   l } i ヾ、__,/
            l,,/_j / i ,  / /l //  ./∧   .リ .} }ー} >
           // // l.l .{ .{ .l.//  .// ー-.、_.l / .} l`´ヽ,
           >x// /リ、. l .l ´ ̄ / ´  ,  } / /  / iヽ  .ヽ、      …………。
          /ー-/-.//} \,l/、__l /   ー-'レ{,/{ /  .{ ヽ ヽ \
         ´フ /  .リ l ,  .`i ヽ .リ  ,     ト'l /  ,イ    _`ヽ\
       , '"´ / {   /  /∧    __   .,イ .ノ /リ   /  ̄Y \
   ,r-<´ー,  ./ ./j  // ノ/  `>r   _ , .イ /ルリ  _ i   ', ./  ,r'
   `ヽノ ./   /i    {/,/ ,イ ,r.l     |V、_ヽー' _f´ ̄ヽ/_/´
     \__ヽ__,f-=-、__ ,//-f´ ̄`ヽ   /    ir/`ヽ、
               .// .ム{    ヽ_/    /マ  } ヽ,
               /  ム{    /:::ト、   ./マ  i  .ハ
              .,マ/、.  ヽム  /::r-;:l .ヽ ./マ   } -v´マ
             .f/ヽ\  ヽム ./::/l. .l::ト, ヽ/マ/  ./-ムノ ,ィ\
             /-、 \\_ノム/:::/::l l::}::l  ゙゙´  .{  /´   \
            ,/__ミ_,//ム.{;;;;ニ::} /:イlj      V´  /`´ ̄ \
           ,fニ/-、_r-,_r} {,ム/  /j゙`  ̄       ト、_,ィ´      \
          / ̄´    ヽi   ,{マ   _  -   ,.イl   /      .\
        /   ー-    }`ー亠―≦ー-r--=≦: :|   /          `> 、
       ./     _    l: : : : : : : : : : : :| : : : : : : |         _  -  `   、
       ./   , '"  `ヽ ,r亠, : : : : : : : : : :.l: : : : : : :|      , '"´    __       、
     ./       /ニ/ , }: : : : : : : : : :/: : ノ-'/:,|     /    ,  '"  ,ry `ヽ、    }
    ./       ./ /_,、 ヽ | .|``iー-、: : : i ̄´ / : |    ./  / / ,_  r.、l l__   .Y  .l
  /        ./  ./、  ヽ, .l_,ト、_j {{ ヽ:/ i、 ./: : :.|   /  /゙゙´ ,r-l、.ヽ,| l /:.:.:\  } ./
 /           /  ./ .、ヽ .ll l:.:.:.l  {{ ./´ー- .´ ̄´|  ./   l   /r.、| l  ヽ_j′:.:.:.:.:ヽ,}/
./         /  i/ヽ-i_,ト-'゙´:.:./  .{{ -,   ー -.ヽ_   .l  l.',l l トー'´:.:.:.:.:.:.:..:.:}/
         ./l  l:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   {{ /          Y ./i  l:.:.` ̄´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/´
         {   l:.:.:.:.:.:.:.:.:./  .  {{ (_           .i,/   /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/
         |   j:.:.:.:.:.:./     .〃  }          ./   ./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{_
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃システム:
┃ 問いを投げかける。
┃ キャスターの事を僅かばかりとはいえ理解しだし、
┃ これからも彼女を信じる為に―――。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5944◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 01:59:53 ID:GPL/02Yc0





      /             /    ヽ   ヽハ
     /           /i     ヽ.  i彡i
.    ,'     / Z ,イ / ! ハ‐、‐- 、 |彡|
    i   /  /  i i i i/ .|  i l 、、 `ヽ   |彡|
    i /  /.i il i i.ilハ |  l i ヽヽヽ.i.   ハ. i~'
    レ' i  / ! lハリ__i_ヽi  V,.===く |   l |
     | /  i iv'´ ̄ `         |   i ト、
     リ!  Kノ             |   l | ヽ
      |  il、      ___    ! i  il |
__      .|  li ヽ、   「      !  ィ  !  ll |
ヽ ヽ    |  ハ ハ>  _i、   .ノ .イ i! ハ  リノー‐
 ヽ ヽ   レハj レ' ヾ i__ ! ̄   ir レハ/ ! /
  ヽ ヽ    !   ,.-'´ |i .ノ    / 〉ヘ  レ
   r'  }  ___,.イ   .|i !   //.  ヽ
_ノ´ ̄`ヽY´ ノi    .|l l //     〉、
     .ノ./ .|     .|l レ'/     /  ヽ
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃????:
┃ はい。 こ こ ま で 。

┃ 安価の途中ですが>>1の脳味噌が死にかけなので
┃ 続きは次回に回しますねー。
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5945名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:00:15 ID:NSPGJ1CQ0
いいところでw
乙でしたー


5946名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:00:30 ID:IlZLi1S20
乙でした。


5947名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:01:35 ID:HNoQX0CU0
乙ー


5948名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:01:42 ID:NH484usw0
乙でしたー

デメリット無しでリタイアできてしまうと物語終了するから、簡単にはリタイアできないんだろうな


5949名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:02:30 ID:NSPGJ1CQ0
もしかして>リタイアしたら死に戻り確定イベ発生


5950◆R2EPbWDdJg2014/01/03(金) 02:02:37 ID:GPL/02Yc0





               __
           ,.-―'"   `ヽ、
    r、―-- _/         ヽ_
    |  ̄ ̄/            \
    |    ト、  , l // /ハヽヽ 、、ヽ
    L_ー_,. トミ≧| |フ77ナ' メ、!_!| || lノ
    〈    |ニ三| レ',ニ.ヾ   ,ムメトレリ
     `ーァ | i⌒| l ト._b!}   lq!} ム l |
       / |l ヽ_| | |u〃    ,`' r〈 !| |
      /  || l | | | ト、 (`ーァ /〉 !〕l|
      ん~||ハ ノl从| `ーr‐イV / /l ||
        ノ¨^\ヽ、  ハー{ /  !レリ
     ,r'´¨`ヽ、  \\ } | ヽ{  〈ー- 、
    /     \rv~‐、ソノ l ヽ  \ヽ、\
    {    ヽ、 〈 {    !/  !  l\  ヽ\ \
    |`ヽ、_  l ヽ    ノ  l   | | \ノ  `ーへ
    }    \}  _}_   ト、 ,ノ-―| | /     ヽ \
    |      l/ ̄ ̄`ヾ ̄ ̄ ̄| し'      }   〉
    ヽノ    /      \   l\   , ノ /  ,イ
     〈 l  _/         〉==|  \ /〃 ノ /|
     ソ  / ヾ        ,イ    |    \   /  |
     {  /        /ハ--―|      ノ   /
     | ヽ        /  l _,.|      | /
     \        ノノ  |   |        /
       |`ー- __,/ /,  |   \   /
       L_       '/  |    `r‐'´
       | `ヽ、       _」     |
       |    `ー‐'"´ ̄       |
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃???:
┃ もっとキャスターさんに非難が集まるかなl-と思っていたのですが、
┃ 案外そうでもない模様?で>>1としてもホッとしていますね。
┃ まぁ、その分どう動かそうか悩んで投下間隔が伸びているわけですが。

┃ まぁ、とりあえず次回、この安価の続きから行きますねー。
┃ それでは皆さん、おやすみなさい♪
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋






.


5951名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:02:53 ID:KLhHHwL60
乙でした……


5952名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:05:15 ID:NSPGJ1CQ0
おやすみなさい

怒るのはルイズがやってくれたし
ステータス的に自発的行動が少ないだろうってのは予想ついてましたしねー


5953名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:06:56 ID:NH484usw0
確かにリタイアしたら死に戻り確定とは思うけど、士郎だとイリヤが殺しに来ちゃうけど、
やる夫の場合は顔知られてるけど、リタイアしてるなら別に無理して殺しに来る必要ないんだよね。

キャスターはこういうキャラって予めわかってたしねー


5954名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:06:59 ID:HNoQX0CU0
やる夫視点でも心ないっていうのは分かっとりましたしねー
聞かれたこと以外はしない、言わないレベルとは思わなんだですが許容範囲ですし


5955名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:13:13 ID:NSPGJ1CQ0
>>5953
やる夫の立ち居地がわからんからなぁ・・・
明らかにフラグのある叔父さんとかの事もあるし

極論、やる夫が保護されて(教会とか死亡フラグの塊だが)も
琥珀さんや夜行が何かの勢いで死んだらBAD直行だし


5956名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 02:20:11 ID:NH484usw0
まあやる夫自体は一般人って明言されてるけど、周りは地雷原だろうしね。
琥珀さんとかおじさんとか、前作的に夜行も特大地雷の可能性あるし……

でもやる夫視点でそういったのは分からないし、デメリットなしのリタイアだったら
物語はそこで終了なんだよな。


5957名無しのやる夫だお2014/01/03(金) 17:30:04 ID:UxSLRepk0
今回はルイズが居るから聞けなかったけど、2人きりになれたら聖杯に託す望みも聞かないとなー…


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/5159-ae8699cf

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /