FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

【R-18】魔剣使いとポンコツ生活 解説:正義の味方でも分かる愉悦行動

ブログトップ > 【R-18】魔剣使いとポンコツ生活 > 【R-18】魔剣使いとポンコツ生活 解説:正義の味方でも分かる愉悦行動




9140GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 14:44:12.46 ID:Vir/tz2f
なんでもう9100越えてんだろうねぇ

しかし、今回は派手に山道でモンスターとかと戦う予定だったのに
どうしてこうなったんだ アイテムの面々も絹旗とフレンダ以外ろくにスペック発揮してないよ!


9142GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 14:46:47.48 ID:Vir/tz2f
ところで昨日の一応言峰の作戦解説したほうがいいかな?
言うだけなら凄い簡単で、実行するのも簡単ですけど


9149GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 14:59:41.92 ID:Vir/tz2f
あぶなっかしいのが多すぎるからね!

カグラニンジャ強いのになぁー(めそらし
でもガチ思考キャラなのは雰囲気が違うと思うのです


9150GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:01:02.26 ID:Vir/tz2f







           _____    ____
      ∧    /:::::::::::'''‐'''::::::::::-....,
     / 乂  /,ィ''" ̄:::::::´ ̄`:::::::::::`ヽ
.      `V´  ,:イ:::::::::ト、,ィi::::::::::::::::::',:::::::::}
       _,イ::::::::i::::,'  |:::ハ:::__::::::}::::::::ト
.         '/::::::、::i!:::l  -t;;|¨|≧',:::/:::,::::、:}
       ''"ヘ∧{.∨  リ'7¨¨7¨i/ |:/:::ノ        諸君おはようだ。
          /    丶 ゝ-イ  ' ⌒Y
          ヽ、  _ __    ,,,、__ノ乂
.            イ>、ゝ_イ-‐==i::::::::::::て`
            `(/ニ////ニニニヽ从ノ
           /|ニ/#/|ニニニニ',
           ヽ〉イ////|ニニ/ニニ}
           /ニ|////|ニニヘ-<
           /二|////|ニニニ',
            /ニニ.|////|ニニニ',
          ¨tト,//====iニニ二',
              {//     ゞヘ//!
              `゚       ヾ'


9154GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:03:19.79 ID:Vir/tz2f






                                     _......._
                             _...._   /:::::::::::::`ヽ
                         /:::::::::::>く::::::::::::::::::::::::::::\
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                           ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::ヘ:::::::\::::::`ヽ
                     く:::::::::::::::: /:::::::::トイヘ::::: Ⅵ::::::∨:::::∧::::::::::'.,
                         ∨:::::/::/::ハ : ::|    Ⅵ::|∨::::::∨:::::∧:::::::::::'.,
                          Ⅵ:|:::|__| Ⅵ|    Ⅵ|≦千ト∨:::::∧:::::::::: 〉      作中ではあまりにも敵がにぶ(プッ
                          }:::|:::|:干气:i|    ハi ,zェⅥリヾミ:::::∧:::::::/       駄目だったのであまり描写が出来なかったこっちの
                            i::::|:::川 ,,zェi|       イ辷У   ミr=:、:!::::;'        行動に関して説明をしようと思う。
                      //::Ⅵリイ辷ソ   :..        に V:八
                        |ハ::::i !ヘ       :.:..          ム ノ:::::::::ー::/
                        | Ⅵ、ハ       ` ´       ノ_ イ:::::::::::<,,__
                        Ⅵ:へ     <__ ̄>     イ::::::|:::::::::辷彡′   作中描写だけで表現し切れなかったこっちのミスでも
                          }:::::::|::\         //:/:: |:::::::ヘ:::\     あるため少々情けない話だが。
                      ー=彡::::::!:::::|:\        / イ/::::: |:::ヘ::::ヘミ=ー
                       ヾ=彡// :::::|::::| ー--―    イイ:!::::|::::::|:|:: |
                           イ:/i:::: : | : r─┬‐──==厶 :|:::::ノハj
                            i/ i ̄ ̄!i:i|///|//////| ̄ ̄ ̄ ̄ ::::|
                             _|::::::::::|i:i|///|//////|:::::::::::::::::::::::::└┐_
                         _...............ィ::::::::::::l::::::l///////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>...___
            .........-:::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l///////!|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ー......._
         ハ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////////|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
.           l::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////////!|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::i
          l:::::: ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::: l/////////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::l
            l:::::::::::∨:::::::: : /:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::li ////////|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /:::::::::::::::::::::: l
.           l::::::::::::: ∨:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l\///////!::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::: l
          l::::::::::::::::::∨::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l///「 |/////i|:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: l
.         l:::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////! |/////i|:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::: l
        l::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l/ニニ ニニ //!:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
          l::::::::::::::::::::: : |::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l/////| :|/////|:::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
.         l::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l/////i| :|/////|:::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::Ⅵ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: l
        |:::::::::::::::::::::: : |::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l//////!..|/////|:::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: 小、:::::::::::::::::::::::::::::::: : l


9155GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:07:03.41 ID:Vir/tz2f



―――――――――――――――――――――――

  正義の味方でも分かる愉悦行動

―――――――――――――――――――――――



                       ___
                 __/ ̄`´:.:.:.:.:.i___
                   /:.:/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.: i
                  ノ:.:.:.:.:.:.:.// /::/::/:ハヘ:.八
                 .:´:.:.:.:.:.:.:.イ:.:/:へ/::/:/"`V .:.:`ヽ
               /:.:.:.:.:.//!/i:.从ィ芝ト㍉   Ⅵ:.:.:.リ
                リ:.:.:. /イ⌒レ' ハリ┴┴  xイハハノ   まず前提として徹頭徹尾、【複雑なことは行っていない】
            ヽ:.:.:〈て( ヾ:        ヾソノリ    我々はゲリラのプロではないからだ。
             八:.:!ヽつ   :. 、_   イ
          -=彡:.:.イj:.:ハ:        ` ー/
              イノ:.:.:イ八:.:.ヘ 、    `"/i
           イ:.イ:.:.:.i:.:.:.: ミ彡 ` ー - 〈:::ト、      これを踏まえて考えてくれたまえ。
           从リ:.:ハ!:.:.:ヽ\ー―v「 ̄`ヾミ
            Ⅵ ̄ ̄ ̄ ̄|:i:i:i:i|:i:__rヘミ=ー
             __ ...r┘、 :::::──L:i:i:i|:i:_::|:::|、
     . . ..:.:.:.::::::::::::::::::::::\:::::::: |::::|:i:i:i:i:i:i:i:::i:::`:::.....、__
    . . ..:.:.:.:::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::|::::|:i:i:i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::::\
      . . ..:.:.:.:::::::::/::::::::::::::::::::::::::i::::iヽ:i:i:i:i:i:i ハ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . . .:.:.:.:::/:::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:\i:/:i: ヘ::∨::::::::::::::::.:.:.:....
       . . .:.:/::::::::::::::::::::::::::::::::l::::l:i:i:i:i:i「i:i:i:i: ヘ::∨:::::::::::::::.:.:.:....


9159GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:10:46.45 ID:Vir/tz2f





               / ̄`´ ̄\
            / /`     ヘハ
.           〃l| r r .、,、 .i |.!小
            {{从{LⅣ゙"Ⅵ从刈
.              刈 ≡,  、≡ 近_         まず我々は崖上を上り、探査しながら上の道を見つけて
          彡圦   _,  人 ミ        怪しい連中をぶっぱして蹴散らした。
          ⌒ーx≧ョ─≦ミメ⌒
           / i  { ∨}   .∧ __
             | |  | 十|  { ∨∨      そのあと、自分たちが居た場所にフレンダによって閃光罠を仕掛けた。
             | |  | │|  |\/       ここまではわかるだろう?
            |__|  | │|  |
           ∨ ├个{  |
                |  │ |i |   |
                |  │ || |   |
                |  │ || |   |
.              └┬′|l└┬'
               ャ==仆==ァ
             (_,八__)









                   _
               r‐=ニ/.::::::::`ヽ
              /.:/./.::::::::::::\::::',
             /.:::〃.::/.:::::::::ヾ:::::::\',
           /.::/.:!::!、〃::::::::::::!\::::::::ゞ
           7.::/.:::|::{   |:::,、i:::::i:::::ヾ::::从           その後、我々は迂回しながら後ろを警戒しつつ、幾つかの箇所で
           ´}:从/tyュ !/rtッァ}yヘ::::rヽ{           【使い捨てに出来る閃光罠や音響罠を短時間で設置して移動】、
              ーi `i ´  .: i ノ.:::≧           少し進んだら霊夢の浄化術で残留マナを消してルートを変えて、
             ≦∧ ー   .:  イニミ=-           また進み、罠を仕掛ける。
              〉/∧ ‐ - /彡\::.\
          __ /.:::// `‐‐   /ノニ=ヽ:::::`...、_
         __/.:::::::/.:://乂三三彡ニニニニi:::::::::::::::1-、     これを幾つか仕掛けてながら後ろや周囲を警戒し、狙撃できる位置を確保しながら
       /ニi!:::::::/.:://=/ニニニニニi!ニニニニi::::::::::::::::iニニヽ,    移動していた。
      /ニニi!::::/.::://=/ニニニニニニi!ニニニニi!::::::';::::::::!ニニニ=,
     /ニニニi!:::/.:::://=/ニニi| |!ニニi!ニニニニ|:::::::::';::::::|ニニニニ=,
    /ニニニi!::/.::::://=/ニ{二  二}=i!ニニニi!:::::::::::';::::|ニニニニニ=,
   /ニニニi!/.::::://=/ニニニ| .|ニニi!ニニi!::::::::::::::i:::|ニニニニ=


9160GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:13:57.66 ID:Vir/tz2f






           _____    ____
      ∧    /:::::::::::'''‐'''::::::::::-....,
     / 乂  /,ィ''" ̄:::::::´ ̄`:::::::::::`ヽ
.      `V´  ,:イ:::::::::ト、,ィi::::::::::::::::::',:::::::::}
       _,イ::::::::i::::,'  |:::ハ:::__::::::}::::::::ト
.         '/::::::、::i!:::l  -t;;|¨|≧',:::/:::,::::、:}
       ''"ヘ∧{.∨  リ'7¨¨7¨i/ |:/:::ノ
          /    丶 ゝ-イ  ' ⌒Y
          ヽ、  _ __    ,,,、__ノ乂           で、結果とんじるたちが初期位置で閃光罠を発動させ
.            イ>、ゝ_イ-‐==i::::::::::::て`           麦野による狙撃をした。
            `(/ニ////ニニニヽ从ノ
           /|ニ/#/|ニニニニ',             これで一撃浴びせて警戒させ、ついでに位置が離れていたので
           ヽ〉イ////|ニニ/ニニ}             足が鈍るだろうと踏み、速攻で出口まで向かったと言うわけだ。
           /ニ|////|ニニヘ-<
           /二|////|ニニニ',
            /ニニ.|////|ニニニ',
          ¨tト,//====iニニ二',
              {//     ゞヘ//!
              `゚       ヾ'






                                     _......._
                             _...._   /:::::::::::::`ヽ
                         /:::::::::::>く::::::::::::::::::::::::::::\
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                           ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::ヘ:::::::\::::::`ヽ
                     く:::::::::::::::: /:::::::::トイヘ::::: Ⅵ::::::∨:::::∧::::::::::'.,
                         ∨:::::/::/::ハ : ::|    Ⅵ::|∨::::::∨:::::∧:::::::::::'.,
                          Ⅵ:|:::|__| Ⅵ|    Ⅵ|≦千ト∨:::::∧:::::::::: 〉     コツとしては適度に罠をしかけ、少し進んだら浄化術で
                          }:::|:::|:干气:i|    ハi ,zェⅥリヾミ:::::∧:::::::/      痕跡を消し、霊夢やチビなどによる身軽で浮遊出来る存在がいることだ。
                            i::::|:::川 ,,zェi|       イ辷У   ミr=:、:!::::;'
                      //::Ⅵリイ辷ソ   :..        に V:八      足跡を残さずに移動出来るからな。
                        |ハ::::i !ヘ       :.:..          ム ノ:::::::::ー::/
                        | Ⅵ、ハ       ` ´       ノ_ イ:::::::::::<,,__
                        Ⅵ:へ     <__ ̄>     イ::::::|:::::::::辷彡′
                          }:::::::|::\         //:/:: |:::::::ヘ:::\
                      ー=彡::::::!:::::|:\        / イ/::::: |:::ヘ::::ヘミ=ー
                       ヾ=彡// :::::|::::| ー--―    イイ:!::::|::::::|:|:: |
                           イ:/i:::: : | : r─┬‐──==厶 :|:::::ノハj
                            i/ i ̄ ̄!i:i|///|//////| ̄ ̄ ̄ ̄ ::::|
                             _|::::::::::|i:i|///|//////|:::::::::::::::::::::::::└┐_
                         _...............ィ::::::::::::l::::::l///////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>...___
            .........-:::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l///////!|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ー......._
         ハ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////////|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
.           l::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////////!|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::i
          l:::::: ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::: l/////////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::l
            l:::::::::::∨:::::::: : /:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::li ////////|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /:::::::::::::::::::::: l


9163GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:18:24.30 ID:Vir/tz2f


              ー-、__  -─ 、__
                 /              `ヽ
             /                ',
           / 小             }小从
          イィ ::/ イヽ::...ヽ:...ト::..j:..  ::. |::::::::::ヽ
           ルレハ:从 从弋:::.}ミ:::::::::::.. |:.. j:::::::::::::::',
             从| ZTラ ソ ㍉ヘ::::}ィ:::::::::::::::::::ハ
               / `    / イ }ハ从::::::::::::::::/        そして、一応追跡者を警戒しつつ出口付近を張っているだろう
             く:::.    j   イ:::::::::::::::::::::::::しイ       グールズを速攻で叩き、道具を剥ぎ奪い、情報を剥ぎ終えたら崖上から投げ捨て
               トー    j  |::::::::::::::::::::::::弋'′      どうせ寄ってくるだろうモンスターに始末させた。
                 Y'''  /  ルハ:::::::::::::::小. )
                    ヽ-イニニニニニ }:ノ::;ィ:::|:::トハ
                  「三三三三三イムイハ小从         脚を折り、顎を外してやれば落とした場所で死ぬし、残留思念もそちらに残るからな。
                  _ィ┴──------辷ニニ==一Z-、_       憑依術師でも我々の方角は確認出来ないということだ。
          _r<三三三三三三三三三三三三三三ニ>ュ、_   ん? 残酷過ぎるだと? 慈悲はない。
        x<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧t
     .zく三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ:}
      {三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ:|
     |三三三三三三三三三三三三三ニ|三三三三三三三三ニ:|
     |三三三三三三三三三三三三三ニ|三三|三三三三三三:イ
     |三三三三三三三三三三三三三:.ノ三三{ニ三三三三三ニ㍉
     |三三三三三三三三三三三ニニイ三三三辷三三三三三ニj
     {三三三三三三三三三三ニニイ三三三三ニ',ニ三三三三ニニ|
     |三三三三三三三三三ニニY三三三三三三ヽニ三三三ニニ:|






                                     _......._
                             _...._   /:::::::::::::`ヽ
                         /:::::::::::>く::::::::::::::::::::::::::::\
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                           ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::ヘ:::::::\::::::`ヽ
                     く:::::::::::::::: /:::::::::トイヘ::::: Ⅵ::::::∨:::::∧::::::::::'.,
                         ∨:::::/::/::ハ : ::|    Ⅵ::|∨::::::∨:::::∧:::::::::::'.,
                          Ⅵ:|:::|__| Ⅵ|    Ⅵ|≦千ト∨:::::∧:::::::::: 〉
                          }:::|:::|:干气:i|    ハi ,zェⅥリヾミ:::::∧:::::::/     そして、我々は脱出したわけだ。
                            i::::|:::川 ,,zェi|       イ辷У   ミr=:、:!::::;'      相手に一番最善だったのがこの時点での撤退、
                      //::Ⅵリイ辷ソ   :..        に V:八      次善で全力で我々を全力で追うことだけだ。
                        |ハ::::i !ヘ       :.:..          ム ノ:::::::::ー::/
                        | Ⅵ、ハ       ` ´       ノ_ イ:::::::::::<,,__
                        Ⅵ:へ     <__ ̄>     イ::::::|:::::::::辷彡′   まあそれも考えて後ろを警戒していたのだが
                          }:::::::|::\         //:/:: |:::::::ヘ:::\     足が遅くてこなかったな、情けない。
                      ー=彡::::::!:::::|:\        / イ/::::: |:::ヘ::::ヘミ=ー
                       ヾ=彡// :::::|::::| ー--―    イイ:!::::|::::::|:|:: |
                           イ:/i:::: : | : r─┬‐──==厶 :|:::::ノハj
                            i/ i ̄ ̄!i:i|///|//////| ̄ ̄ ̄ ̄ ::::|
                             _|::::::::::|i:i|///|//////|:::::::::::::::::::::::::└┐_
                         _...............ィ::::::::::::l::::::l///////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>...___
            .........-:::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l///////!|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ー......._


9165GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:21:31.61 ID:Vir/tz2f




               j:::::::::::::::::::::::::::::::/::ヽ/ヽ :::::::::::: ∧
                /:::/:/:::/::: l:::|::i:::i::: `'" ヾ:|::|:|::i:::::∧
            /:::/:/:::/:|:::::l:l:|::|:::|:::     |:|::|:|::|ヘ:::ハ
              /:::/:/:::i:l::l|:::::l从リハ::   ィ升サリ:::}::::ハ
               {:i::l:l:l::::从ハ:::::l_Tユゝ、  Kエフ''イイ::::ノ i        その後、警戒しながら村の付近にまで移動。
               iハハ∨ヘヽ::`ヽ     i |     //´          追跡を警戒しながら向かい、村が見えるだろう丘の
                 ヾ:::::ヘい\       」 |     ハ{、   )        少し手前で見えない陣地を張り、”1日だけ待ち伏せをした”。
                 Ⅵ::::ヽ、:.:...   ___  ,イ、ヽ二ノ
               (.....ノノ::::::::八:.:.:..  ´ ー   ハヾ丶彡′
            `ヾニ彡:::::::::::::::::ト、::.:.:...      /::::jハ!ヽヽ
            `>≫ィ彡ミ::_ゝー____ー‐_升彡イノハン}
              //Ⅸi|:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|:.:.:.:.|
              {{/Ⅵ!:::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.|;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;|:.:.:. j
         __........i_,x≧::::::::::::::::.:.:.:.:.:.|ー┐〈;;;;;;┌′:.:.`ー..、
     ̄ ̄ : ::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i!::::!;;;;ゝ;;;;;l:::::::ィ j:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:....._
     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::─=ニ二三i!::::!;;;;;;i;;;;;;;l彡: イ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.:.:....._
     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i!::::!;;;;;;|;;;;;;;l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`:.:.:......._




                 _____
            /`ヽ<:.:.:.:.:.:.:.:.ト、__
          「`:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:\
       rー┤:.:.:.:.:.:. ∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
       | :.:.:.|:.:.:.:.: !i:.:.:∨:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
       i :.:.:.|:! :.|:.:|:!:i:.:.:∨:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
       | :.:.:.|:! :.|:.从乂:.:Ⅳミヾ.:.:.:ヘ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:〉
       |:.i:|:从:.i|イ⌒从リ ミく ノハノ:.:.:.:.: : Y         我々も強行軍だったからな、あちらに馬などがあり
       リ从Уハリノ´   /   //:.:.:.:.:.:.:.:.:八....ノ       それで追ってくれば戦闘になっただろうがそれすらもなく
          /      j   ぐイ:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:く        徒歩での隠密偵察とは浅はか過ぎる。いや、深読みし過ぎだったな。
.          く   _,     //:.:.:.:.:i|:.:.:.:.:.:.:.ヾj
           `<´      イノ:.:.: ノ!:.:.乂Уノ
              ',    イー=彡イノ:.:.ノ从乂
               ノゝ-<ヽ___∠ ̄ ̄::::::::::::|
            Ⅵ-r―||:i:i:i:i:i|:::::::::::::::::::::::::ュ、、___
             _j:::j:::/イi:i:i:i:i:|二ニ─/:::::::::::::::::::::.:.:.:......
        _ ... ィ´:::: / /i:/i:i:i;  |:::::::: /::::::::::::::::::::/::: ̄ ̄::.:.:.:....
       /:i::::::::::::::::/ /i:/i:i:i:i'  ハ:::::::::::::::::i:::::::: /:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:
         i:::l:::/:::::: / /:i/:i:i:i:/ /:::::::::::::::: : |::::::/:::::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
         l:::l/::::::::/ /i:i:i:i:i:i/ /::::::::::::: : : :.:|::::/::::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
.         ハjノ::::/ /i:iヘi:iイ' /:::: : : : : : : : :|::/:::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.
.       /:::/::::: / /i:i:i:Πi:i /::::.:.:.:. : : : : : :.|/::::.:.:.:.:.:.:.:.:


9166GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:26:13.17 ID:Vir/tz2f



              ー-、__  -─ 、__
                 /              `ヽ
             /                ',
           / 小             }小从
          イィ ::/ イヽ::...ヽ:...ト::..j:..  ::. |::::::::::ヽ
           ルレハ:从 从弋:::.}ミ:::::::::::.. |:.. j:::::::::::::::',
             从| ZTラ ソ ㍉ヘ::::}ィ:::::::::::::::::::ハ
               / `    / イ }ハ从::::::::::::::::/        ちなみに丘の向こう側にだけフレンダを配置し、
             く:::.    j   イ:::::::::::::::::::::::::しイ       私と霊夢、ジュライ、麦野、チビだけ迷彩の外套を纏って待機、
               トー    j  |::::::::::::::::::::::::弋'′      浄化術と札によって残留反応をかき消して待機し、浜面は薙ぎ払われても
                 Y'''  /  ルハ:::::::::::::::小. )       平気なぐらいの深度に掘った穴の中で待機状態で維持。
                    ヽ-イニニニニニ }:ノ::;ィ:::|:::トハ
                  「三三三三三イムイハ小从
                  _ィ┴──------辷ニニ==一Z-、_      フレンダの爆破による震動や麦野による爆撃で感知してもらい、飛び出る予定だった。
          _r<三三三三三三三三三三三三三三ニ>ュ、_  麦野はそこだけ狙わないようにちゃんと照準をしていたからな。
        x<三三三三三三三三三三三三三三三三三三三≧t
     .zく三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ:}
      {三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニ:|
     |三三三三三三三三三三三三三ニ|三三三三三三三三ニ:|
     |三三三三三三三三三三三三三ニ|三三|三三三三三三:イ
     |三三三三三三三三三三三三三:.ノ三三{ニ三三三三三ニ㍉
     |三三三三三三三三三三三ニニイ三三三辷三三三三三ニj
     {三三三三三三三三三三ニニイ三三三三ニ',ニ三三三三ニニ|






                                     _......._
                             _...._   /:::::::::::::`ヽ
                         /:::::::::::>く::::::::::::::::::::::::::::\
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                           ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::ヘ:::::::\::::::`ヽ
                     く:::::::::::::::: /:::::::::トイヘ::::: Ⅵ::::::∨:::::∧::::::::::'.,
                         ∨:::::/::/::ハ : ::|    Ⅵ::|∨::::::∨:::::∧:::::::::::'.,
                          Ⅵ:|:::|__| Ⅵ|    Ⅵ|≦千ト∨:::::∧:::::::::: 〉
                          }:::|:::|:干气:i|    ハi ,zェⅥリヾミ:::::∧:::::::/
                            i::::|:::川 ,,zェi|       イ辷У   ミr=:、:!::::;'       我々五人だけが後ろから追い立てたのはスルーさせて、
                      //::Ⅵリイ辷ソ   :..        に V:八       街から挟み撃ちにするためだ。
                        |ハ::::i !ヘ       :.:..          ム ノ:::::::::ー::/
                        | Ⅵ、ハ       ` ´       ノ_ イ:::::::::::<,,__    これだけ騒ぎになれば村雨たちが動くだろうと踏み、
                        Ⅵ:へ     <__ ̄>     イ::::::|:::::::::辷彡′   人数もぎりぎりだったから伝令は飛ばせなかったが
                          }:::::::|::\         //:/:: |:::::::ヘ:::\     まあ狙い通り動いてくれるだろうという信用だったのだ。
                      ー=彡::::::!:::::|:\        / イ/::::: |:::ヘ::::ヘミ=ー
                       ヾ=彡// :::::|::::| ー--―    イイ:!::::|::::::|:|:: |
                           イ:/i:::: : | : r─┬‐──==厶 :|:::::ノハj
                            i/ i ̄ ̄!i:i|///|//////| ̄ ̄ ̄ ̄ ::::|
                             _|::::::::::|i:i|///|//////|:::::::::::::::::::::::::└┐_
                         _...............ィ::::::::::::l::::::l///////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>...___
            .........-:::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l///////!|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ー......._
         ハ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////////|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
.           l::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////////!|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::i
          l:::::: ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::: l/////////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::l


9168GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:29:38.56 ID:Vir/tz2f


                          _ ...... _
                           /.:.:.:.:.:.:.:.`:.:..、
                     /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヽ.
                     ヽ、くミ辷彡:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.、
                   {.:.:>>ぐ彡イイ //.:.:.:.:.:.ヽ、
               (、、__..ノ彡イ{γ} |:// Ⅳく|:./ヘⅣ!iヘ!
                  ≫>.:/.: 人ゞ j′  j/㍉ゞ 厶!!|
               {イ.:/.:.:.:.:.八:.ヘ、j    ´┌仞イリ       と、ごちゃごちゃいったが簡単に言えば
                 彡.:.:-=彡:.:.`:.ぐ `ー 、 >、j彡イ
                イ.:ハ.:.:.ノ.:.:.:リミ`ー=≠ー 、          【いつでも逃げれるぐらいの村の近くで陣地を形成し、
                  ノノ从.:(((人ノ   /´     `\         タイムリミットまでにやってくるようなら奇襲して殲滅する】
                    ///// ヽ` ー   `ヽ      ' 、       【こないようならやってくる村雨などに連絡して応援を呼んでもらい
               /'////       i          \j        人数をそろえて崖道を攻略する】 それだけだ。
               /     /          {          \
          . イ    ヽ |i:、、         }___      `ヽ/
         // /,   `ヾV/,\ヽ、    く、    `ヽ   ヽ
           {/ヘ//    ////////7ァァ==…ヽ、、      \'、
         Ⅵ/\   //////////    /`\ヽ、、___   `\
         くУ/∧ヘ//////////     /     }/ヘ<    ヽ\ヽ、、
           ////∧∨////////{ /  /     |//ハ⌒ヽ  ̄`>/∧´ ̄`ヽ、             _ ノ )
        {//// ヽゝ/////////  /     イ///ハ、     '/ ハ     ` ー──-rrx、 _/  /
        |////  ハヽ\\∨/  /     /////小ヽ、、______               //¬'´     く
        |////, /  ∨ ヽ丶ー=《′      ,/////// ヽ////////7ァァ、、     //   、 `ヽ ヽ
        |/////,  /へ\\   |    / //////   ` ̄ ̄ ̄ ̄``'<//ァァ、、,{{、、___  `ヾ、、ヽ ヽ、、_
         j/////_/∧  `\\__|___/ /ヘ///ハ               ``寸///{{/// ``ヽヽ Y^ー- -ー′
.         {////////∧  ヾ、、__}_____ ___Ⅳ/ハ                   \//||//      \ \_
.         ∧/// //  \   /            ヽ\ヘ                \!!/        `ー 、_ヽ
        ∧////7, / '       /            ///
        Ⅳ'////, ∧     \/          /´   ハ
       |////∧/∧\、、  `ー=ニ二.___     /   ,







                                  、__ ト、_,ィ
                               ,ゝ‐-:.``:.:.:' ̄≧_
                               /:.:.:,ゝ-:.:.:.:.:.:.:.:.:、:.:.:ミ、
                              ソ:./:./,:.,、,、:.:.:、ヽ:.\:.ミ、
                             ノ:{:,イ:|:.|゙'"|:.ト、:}:.i| Ν:Ν
                                |∧:トИ:.i ,|/ Иノレl::Ν      ちなみにフレンダの罠が電波式で感知型ではなかったのは、
                              `.f∧狂ュ, 斥弋7, i´リ|       安全性と後で回収するためだ。
                                 ゞヘ  〈|     /‐'弋
                              彡イ ヽ ー==- ∠ィ: :.イ       敵が来なかった場合、掘り返して回収しておかないと
                               「レリrl丶-イ─ノイヘノ       行商や旅人に危険過ぎるからな。
                             ,-───'L|人 `Y ̄|___/ハ__
                         /: : |: : :./: ://|::::`メ-イ{: : : : /: :i: : :.,ィ´ ̄\
                             |: : ハ:.:/: ://:::|:::/::::::ハ∨: : : : :|: :./: : : : : :.:|  (あともったいないし)
                       _У: : У: :,リ : :|::j::/:::: | |: : : : : |:./: : : : : : :.ノ
                          〉: : : :.:} ://:::::::::Ψ:::::::::: | |: : : : : |:|: : : : : :.:.:.|
                      /: : : :.:.|: : | |::::::::::╋::::::::::::| ト、: : : : ソ: : : : : :.:.く
.   __  r=-、              /: : : : : :|: : | |::::::::::┃::::::::::::| |: :、: : :`Y: : : : : : :.〈
 /π-、`}ヽ Y                j: : : : : :.:.:}: :ノノ:::::::::ノ::::::::::::::::| |: : 、 : :.::|: : : : : : : : \        ,ノフ _辷 、
 `Y´,r‐く    \_    __,r‐<: : : : : : :.:.|: :| |:::::::::::|::::::::::::::::::| |: : :.、: : ::{: : : : : : : : : : 〉    / ノ辷ー、`|
.   `〈_.タ´`y-ヘ }|:.` ̄´: : : : : : : : ..``ヽ:.:.:.:/|: :| |:::::::::/::::::::::::::::// : : :.::、: : 入: : : : : :.:,ゝヘ-y‐フ. r- 、| |/
.    `-'廴__.」:|:.:.             . : ::.:.:/ ノ: :| |:::::::::|:::::::::::: . | |: : : : .::.、:/  Υ: : :./.: .   / Y   入 Υ
          匕丿:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ ,ゝ:.:.| |::::::::ノ::::::::::: . :| |: : : : :.:.く    |: : .     〈  ト-┬‐┴‐'
             卜-───--───'´ ノ: : :.:| | :: /:::::::::::::::: :| |: : : : : : :.:|   ヽ: : : : : : : :ヽ .\ノ
                        〉: : :.:| | :: |::::::::::::::: : :| |: : : : : : :.:|    \_: : : : ::Υ7


9171GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:32:31.18 ID:Vir/tz2f





           ,、_,vz_,
         /  ヽ ミマ
         〉リ从{゙"}从}
          .ゞリ笠`"竍i
          .彡心 ー‐ソミ′         とまあ、説明してみればなんてことのない。
          rー─┴汀|マ、__         待ち伏せと応援要請の二重策だ。
         〉  Y || ∨ | i i
.     _ri、 /   l. || 十 | l |        考えてみれば誰にでも出来ることであり、技能さえ揃っていれば条件は整えられるだけだ。
.   〈仔クァi-、 /.: ||  |│l |        霊夢とフレンダというスペシャリストがいたから精度は高まったが、方法自体は目新しくもないだろう?
    `t‐-ノ  ∧:  l|  |│|/
         ̄ ̄  〉 ||  | .| |
.          /   l| │.| \
       /    |ト、/|__|   \
      /     リ /| |     \
     /       / / .| |       \
   /         / /  | |        ',
.  /          l /.  | |         ',
  l          |./   | |       l
   \_____|    | Lィ‐───‐′
       /   /       |\_|
        Eニヨ′      |ミニハ
      }─〈         ヾ」_ \
        ト--┤        `ー┘
      `¨¨´





               / ̄`´ ̄\
            / /`     ヘハ
.           〃l| r r .、,、 .i |.!小
            {{从{LⅣ゙"Ⅵ从刈            どちらにしても我々に負けはない作戦だったのだよ。
.              刈 ≡,  、≡ 近_
          彡圦   _,  人 ミ
          ⌒ーx≧ョ─≦ミメ⌒           【不味そうなら逃げれるし、こなくても援軍で挑める】 この時点で有利であり、
           / i  { ∨}   .∧ __
             | |  | 十|  { ∨∨
             | |  | │|  |\/          【相手にとってはダメージを抑えるなら怒りを抑えて撤退するしかない】 相手は負けだ。
            |__|  | │|  |
           ∨ ├个{  |
                |  │ |i |   |
                |  │ || |   |
                |  │ || |   |
.              └┬′|l└┬'
               ャ==仆==ァ
             (_,八__)


9174GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:36:22.84 ID:Vir/tz2f



                    ______
                 . : ´: : : : : : : : : : :`: .
               /: : : : : : : : : : : : : : : : : \
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
.               / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
              |: : : : : : : :_:_: 斗-----=ミ: : : : : : :ノ     ※補足
              人: : : : /   厂~~|    `ト、厂
               `7´  ./ //_   ', __    :|: \
              /   |/ //~     ´\ `  |    ,    ちなみに私はレンジャー、スカウト、エクスプローラーLV2で
                / /  | // -、     , - \ |    ′   罠に関する隠蔽工作とか足跡消しにだけ特に特化した技能もちってわけよ。
            / |  |/斗=≡     ≡=ミ∨   | |
             |  |  ||,,,     l     ,,, l    | |
              八 |  ||   、____,   /   | |     逃走術もあるし、高レベルレンジャーとかに気付かれたらこの自慢の美脚で
               }|  l八   ∨  ノ   /    ,// ┌‐ 、 速攻で街に逃げて、嫌がらせに罠だけ発動して振り切る予定で安心ってわけよ!
         /`>、 /八    个 .  --   .イ,′  / { /\ |
           / ´/)、  \  ∨__〕 -- 〔_ /    /  '/\  八
        八   イ  ___\ ∨ |    l ,′/ /_,  ∨` /
.         ∧.  | / : : : :/|  ∨-、 -| { { /: :∧ l   /_
.          //∧  | /: : : :./ l|  |       | l /: :/ : l_ |,/.:.:|
.        { i/i.:.:\j/ : : : / リ  /‘, / 人 乂:{: : : :〈: : : : |
.        {  |: : : :.〉: : :.人   /  ‘,′/: : \ \ : : l: : : : |
.         八 |: : : :{: : \:l: )  (⌒\」'/: : : : :.:\ ): : l: : : : |
         ∨: : : :|: : : :/|:{ / ̄ ̄[_] ̄\: : : l∨: : :l: : : : |





                                     _......._
                             _...._   /:::::::::::::`ヽ
                         /:::::::::::>く::::::::::::::::::::::::::::\
                        /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                           ,.イ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ::::::::ヘ:::::::\::::::`ヽ
                     く:::::::::::::::: /:::::::::トイヘ::::: Ⅵ::::::∨:::::∧::::::::::'.,
                         ∨:::::/::/::ハ : ::|    Ⅵ::|∨::::::∨:::::∧:::::::::::'.,
                          Ⅵ:|:::|__| Ⅵ|    Ⅵ|≦千ト∨:::::∧:::::::::: 〉
                          }:::|:::|:干气:i|    ハi ,zェⅥリヾミ:::::∧:::::::/
                            i::::|:::川 ,,zェi|       イ辷У   ミr=:、:!::::;'        以上、正義の味方でも分かる愉悦講座だ!
                      //::Ⅵリイ辷ソ   :..        に V:八        君たちもしっかり愉悦してくれたまえよ?
                        |ハ::::i !ヘ       :.:..          ム ノ:::::::::ー::/
                        | Ⅵ、ハ       ` ´       ノ_ イ:::::::::::<,,__
                        Ⅵ:へ     <__ ̄>     イ::::::|:::::::::辷彡′
                          }:::::::|::\         //:/:: |:::::::ヘ:::\
                      ー=彡::::::!:::::|:\        / イ/::::: |:::ヘ::::ヘミ=ー
                       ヾ=彡// :::::|::::| ー--―    イイ:!::::|::::::|:|:: |
                           イ:/i:::: : | : r─┬‐──==厶 :|:::::ノハj
                            i/ i ̄ ̄!i:i|///|//////| ̄ ̄ ̄ ̄ ::::|            【終わり】
                             _|::::::::::|i:i|///|//////|:::::::::::::::::::::::::└┐_
                         _...............ィ::::::::::::l::::::l///////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>...___
            .........-:::::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l///////!|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`::::ー......._
         ハ´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////////|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..、
.           l::::∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////////!|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::i
          l:::::: ∨::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::: l/////////|:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::l
            l:::::::::::∨:::::::: : /:::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::li ////////|:::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : /:::::::::::::::::::::: l
.           l::::::::::::: ∨:::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l\///////!::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::: l
          l::::::::::::::::::∨::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l///「 |/////i|:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /:::::::::::::::::::::::::::: l
.         l:::::::::::::::::::: ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l////! |/////i|:::::::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::: l
        l::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::::l/ニニ ニニ //!:::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::l


9176GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:38:06.06 ID:Vir/tz2f

以上です

ちなみに魔法罠の類には霊夢がカンで察知したりして解除、
通常罠に関してはトラッパーのフレンダが一番察知して、言峰もサポートして達成地を上げており
浜面が常に周囲を警戒しながら移動してたので大体避けて進めました。




あえていおう、クリティカルな面子だったのだと!!!


9178隔壁内の名無しさん2014/10/21(火) 15:40:06.96 ID:CN/slMio
ふさわしき末路が確定で惨たらしく終わるってよくわからないんだけど、運命が決まってるって事?

この世界は概念系はないし、神は愉悦のために誘導してるようだけど、運命は存在するの?



9180GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:42:08.27 ID:Vir/tz2f
いえ、ただのGMによるわかりやすいメタ情報です

楽に死なないだけなので、簡単な死因ではしなないよっと言う悪運ですねー 帝人によるスキル確認でも出来ません、メタ情報なので


9181隔壁内の名無しさん2014/10/21(火) 15:42:27.93 ID:NHmAPCNZ
ヒャッハー!!!
まーこれでダラーズの手札何枚か明かせたわけだ
…しかし「相応しい末路」持ちをよく仲間に入れる気になったな
スキル見れるみたいだし最期の瞬間に自分達もに巻き込まれるとは考えなかったのか
それともスキル説明に書かれていなかったのだろうか


9183隔壁内の名無しさん2014/10/21(火) 15:44:12.76 ID:CN/slMio
そうか、つまりふさわしき末路はGMによる愉悦対象のターゲッティングの証なんだなwww


9184隔壁内の名無しさん2014/10/21(火) 15:44:31.98 ID:0aD1Jzda
ふむ帝人でも見えないスキルがあるのか


9185GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:44:43.74 ID:Vir/tz2f
メタるとそうなります コイツだけは楽に死なせないって言う愛情表現ですね ニコッ


9188GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:49:14.54 ID:Vir/tz2f

一応原理もあるんでわからないのもあるんですよ、努力値みたいな?

なので<修羅道> <夢幻羅道> <狂羅輪廻>の類もわかりません
<千剣万打億斬>とかなのもわかりませんね。あれ経歴みたいなもんなんで
多分勇者先輩みると頑強で魔法剣使えるだけで、強い剣士にしかみえないんじゃないかなぁー


9199GM ◆sEzNY.t36k2014/10/21(火) 15:57:29.79 ID:Vir/tz2f
まあそのあたりはもう少し色々あるんですが、一応かなりやばい能力予定です。
舐めたら死ぬぜ、げーひゃはっは
あとドラクエとかってFFとかのデータ数値にあわせると、×100とかになるってきいたきがする
かなり倍率差があるからドラクエ世界はかなり人外的攻撃力の攻防だとか何とか




16時過ぎぐらいにおまけやりますか。


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/3683-46910c8f

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /