FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです その43

ブログトップ > あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです > あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです その43

541フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:04:51 ID:RXuLeA7C

    ┌ァ 、          / .l
     r'{ く ` ー--=ニ='   |
     >| く   -─  ´ ̄` ミ、|   __
     ト} く / /    、.: 、:.:.!    | | ヾ}ヾ}
      〔 !//.:// / .:|.:.:|.:、:\\|   | |   _
     //.:,' .:l.:l斗ー:|.:.:| :く´ ゙̄;|    ゝ二゙ノ    おっすおっす!
     // .:| .:.|.:!∧__ト、ヽ.:;≧‐┤    __
     レl .:!..:.ト、バr':::}\{` r'::::::|      | |
      \ヽ.:|∧ ゞ-′   `二L     ! !
       〉 ヾ. ハ ""  .  〈   ヽ   | |
       ,' l :.:|:.|>┬-、_ ,イ   ノ    ~
       { ハ..:|├ー┤/ヾ、___`T´
       ヽ{ lヾ从ll.:.:|/    .ハ|__
          |.:|.:.:.|`ヾ{三ミミ={/  ヽ
          |.:|.:.:.|.:.:/    ヽノ   }



542名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:05:10 ID:4K4+UMlL



543名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:05:23 ID:5a1OTpd1



544名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:05:38 ID:2KLadsUg
オイッス!


545名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:05:56 ID:RCGGXkG7



546名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:06:38 ID:Cjj3qrpf
ノシ



547フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:09:42 ID:RXuLeA7C

       _,,..-=ニ二7
     r'ア´
    ノノ   r'ア'"`ヽ.,_ _,,..-=-、    _,. -rァ
   r'ァ⌒ヽ、i7::::::::;>''"´:: ̄ ̄`"''<´:::::::::!(
   .||    r!:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::/i'
   ||      ^Y:::::;:::::i:::::::::/i::::::i:::::::;:::::::;::::Y (_
   ||    ./i::::::i:::/!--/ |:::;ハ_!_::i::::::i:::::::i r'ヽ.
   !!    く:::L__ハ/-‐‐'  レ' _!__;ハ::::ハ:::::|_,ゝ:::',     早速、次レスからエンディングに入るわよ!
   ',',ヽ.   ヽヘ「7""         `レ7´)/:::iヽ;:::i     この戦いでセイヴァーが勝ち取った未来とは―――――
   i´`とン' ´`ヽ!,人  「' ̄ `i ""7_/'´':::::::! i:::!
   ヽ.,_//」 、_,ノ:::::ノ>.、、,___,ノ_,,.イ:::!、__!7ノ__. レ'
     i   ゝ-ァ'/ /)_iヽ/ /(/ゝ、.,_ノ   ̄「iー-、
    ノ〈)    `  /::::ソ^ヽ、/」::_r' _/ /」      |つ-'
   <.,  _____,,,... イ::::くr-、_」:::::::::Y^ヽ、    [] ',
      ̄  レ'   l>-、::;;_______;;::」〉'ノヽ.   __ 〉
   ((    r'ア'"/:::/ i ヽ;::::ヽ`''::ーァ、`''ー-┴'"
        r'i:::/::::::/ .l   ';:::::::::::::::::!,」
        `ゝ、:::::/  l   ヽ;::::::::::/」    ,. -- 、
          └へ>、,_!_______,,..>ァニン!    /::::::::::。:',
            'r-- 'i    ̄ヽ,_ノ    ',.-。-、,ノ!
            ヽ二ノ           ヽ、.,___,ノ



548フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:10:00 ID:RXuLeA7C



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

      かくしてアトラス院、ガイア教団、ショッカー残党により画策された聖杯戦争は終結し、
                  幻想郷にも日常が戻ってきた―――――
                   そして参加者達のその後は―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲





549フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:11:03 ID:RXuLeA7C

                    _ -―‐-- _
                ,. -ニニニニニニニニ=-、
                lニニ-‐'" ̄ ̄`"''‐=ニニニ〉
                 ヽ<7//ヽニニニ=- 、`>"
                    l////イ,l'/‐マニニニ/
                      l'//イ/V〈.t,、\二ニl
                ノ.!/ヽVトゝ ー ' k-ヽニj                  , ‐ 、
                  j//,l ヽ    ,.! /リ`´          __      _イ/   ,
                _,._,.l'! \ ‐ - イ/     _-=ニニニニ=- _,イニニ/    .}
               ヽ_\ ヽ    , イ=‐-、 -=ニニニニニニ=-‐ニニ二二/__  ./
.               _-ニVニ\ \ /lニニ>ヽ-=ニニニ=-―=,.ヘニニ二'ニニニニニニ=-__
          , -=ニニニニVニハl  ヽ! Vニ/二ヽマニニニニニニ/>、ヽニニl二二ニニニニニニニニ-_
         _イニ‐-、ニニニV/ニム‐-llニニl.!ニニ\二ニニニニ/__    ``'<j二ニニニニニニニニニニ-_
   _‐ニニニニニニヽニニニ!'二ヽ`<ニニj.l二ヽニニニニニア=三二=-__   `'<二二ニニニニニニニニ-_
_‐ニニニニニ/ニニニニニ二二二>、i'"、.マ二ニニ=--―、=ニニニ二二二ヽ   `'<二二ニニニニニニニ-_
ニニニ二二イニニニニニVニニ二二二二}ィ/,.-、` "、ヽ\  マニニニニニ二j      \ニニニニニニニニ-_
ニニニニr'"ニニニニニニニ}/二二二弋ニ二,,..、._ヽ  ノ  }  }ニニ二二二二ノ         \ニニニニニニニニ-_
ヽ二二ノ´⌒ヽニニニニニ,イニニニニニニ/ニニ`<二ニヽ_ノ_ イjニニ==-‐ '"     _    \二ニニニニニニニ-_
ニ乂ニイニニニヽニ二二/ニニ二ニニニ/=ニニllニニ`"<ニT"´ ̄         >'"    `  - _\二二ニニニニニニ>
ニニニニニニ二V二二二二二二,.イニニニニllニニニl ` ー‐-- ―    /             V二二ニニニニ/
ニニニニニニニイVニニニニ>"ニニニ二二二llニニニl          /                   V二ニニニ/
ニニニニ=‐''"ニニ二'ニニ,ィニ/Vニニニニニニ二二llニニニl          , '                   V二ニニ,.'
ニニニニニニニニニlニ/二/  Vニニニニニニニ二llニニ{ _     _                     Vニニ/
ニニニ/ニニニニニ}アニ,イ    Vニニニニニニニニllニニ、   ̄                           V_/
ニニ/ニニニニニニ'ニイ      .}ヽニニニニニニニllニニヽ                             V
/>''"´ ̄Τ"<ニ/_l      .lニニニニニニニニllニニ\_
"__     Vニニ二二l      lニニニニニ二二二llニニニヽニ-__
     ̄`"' Vニニニ{ー ´ ̄ ./!ニニニニニニニニllニニニニ、ニニ-_


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【柊四四八】

 聖槍十三騎士団に所属する仮面ライダー。
 実はショッカーによる改造の副産物により不老となったため、実年齢は3桁を優に超えている。
 ショッカー残党の碇ゲンドウを捕らえるために聖杯戦争に介入した。

 開始早々、標的のサーヴァントであるアポカリプスと接触してこれを退ける。
 さらに、成り行きで共闘したセイヴァー陣営と緩い同盟関係となり、彼らの目的達成に助力することを約束した。
 セイヴァー陣営の協力の甲斐あってアポカリプスを脱落させた後、碇ゲンドウを捕獲して
聖槍十三騎士団本部へと護送し、見事目的を達成させてからも、幻想郷に留まってセイヴァー陣営に
影ながら協力しつつ、地雷解除に心を砕いていた。

 聖杯戦争終了後は碇ゲンドウから聞き出した情報からショッカー残党のアジトを発見し、
これを仲間と共に殲滅するなど割りといつも通りの生活に戻っていった。
 なお、余談ではあるが彼ら聖槍十三騎士団の古参メンバーや北アイルランドの強豪どもが
アトラス院のとある研究チームに襲撃をかけ、研究成果を残らず灰にした上に実験台にされていた
異能者やホムンクルスを保護するという事件が発生した。
 襲撃メンバーの中には仮面ライダー四四八以外にも堕天使の子孫、ゲラゲラ笑いながらアトラス院の魔術師どもに
NDKかます愉悦系少女、ヒャッハー系チンピラに一児の父親となった某太陽神の養子の姿があったという。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




550名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:12:24 ID:lmVFOFOj
ルドガーは幸せになってるみたいやね


551名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:12:37 ID:5a1OTpd1
>一児の父親となった某太陽神の養子
もうエル産まれてるのかルドガーおめー


553名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:13:19 ID:4K4+UMlL
アトラス全てを潰すんじゃなくて、その中の一派だけか


554名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:13:40 ID:Cjj3qrpf
並サーヴァントなら殴り倒せるベイと愉快な仲間たちが総出陣してはアトラス院もひとたまりもなかったかw


552フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:13:19 ID:RXuLeA7C

                          _,,......---------......,,_
                       ,,r‐''";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`゛''ー 、
                       {;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ
                       ヽ _....--‐‐‐冖ー‐‐--......,,__;:;:;:;:;:;:;:;}
                        ゙l,,_-‐Θ-----    冖-../
                        ,'― ̄.,`.,. ̄`゙゙゙゙""つ''=t__ ^'''','
                       〃;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;__..r彡'l、  --、l
                        `'''‐‐--‐‐''''´´ ・ )  丶/ う i l ,--,,_        ,r
                           |__゚ノ. ` ''‐‐´     `.r ' /'´ __,, .ゝ..、     ノ{
                         l ヽ ′        __>冖 ̄,,ニ-.、  `ゝ_  ''、冫
                       ィ‐'フ"', `''´ __   _,-‐'__  /゙゙"l  /"''j  ゙゙-y;ン′
                       },' ィ`ヽ " ̄ ,,..‐〃,-´_,-‐'´   /  /  /'ヘヽ''´`
                       /l l ',`-、 ヽ_ < /'/l ,' .〃    / / / / l
                       / ヽ', ゙ヾ゙゙'' ̄フ ,' l,' 〃   r´     _.イ"'、 .l
                        /´`'- ヽ、_ ゝ、 ,' ,'  l〃           ノl l.  ヽ_ヽ_
                    _/    ゙゙ー冖ゞ./7 _ノ/   / _r----‐l´ .l ,'l  /´ `'′
                    /         / l //  ノ'''";:;:;:;:;:;:;:;イ ,'/ .l_/
                   /   /      /   l ヽr'f,´;:;:;:;:;:;:;:,r./,' l l  l
                 /   .l     ,'′   ヽ   lゝ.. __,rン' / / ,'  ヘ
                 l   l     _/l      ヽl   ', ,,/   _/ ./  .ヘ
                  l   ,'    / /.l        l __/ ノ'´    ,-' /    .ヘ
                _,-l  ,'   / 丿;:l     .ゝ‐' _,-'    .r' ,-'      ヘ
               / i  l   ./ ,/;:;:;:;l  ノ'"  / __....-‐'''´,-'          .ヘ
              /l ヘ  /   / 〃;:;:O;',/    /‐'''´  __../           l


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【アーチャー(楠木正成)】

 鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将。
 倒幕計画の露見により京都・笠置山へと逃げ延びた後醍醐天皇によって見出され、
以後第一の忠臣として仕えたという。
 今生の主に勝利を捧げるために召喚に応じた。

 マスターの標的であるアポカリプスと戦闘して以降は戦闘には参加せず、むしろ宝具の情報収集能力で
己のマスターやセイヴァー陣営を助けていた。
 というか正直言って彼のマスターも含めて周りが強すぎて彼が参戦する必要とか特に無かったのである。
 戦闘用に待機してた土蜘蛛さん、涙拭けよ―――――

 ちなみに最後の殴り合いでは土蜘蛛と2人係りにも関わらず本多忠勝を除けば最下位という結果になった。
 「いや、順当な結果だから!僕は軍隊を率いてのゲリラ戦が得意であって直接殴り合ったら普通に死ぬから!!」

 聖杯戦争終了後、マスターの武運を願い、別れを告げる。
 今生の主にハッピーエンドという名の勝利を捧げることが叶った彼はどこか晴れやかな顔をしていたという。
 なお、日本のとある地域には悪人どもを懲らしめるために百鬼夜行を率いて現れる悪党の
都市伝説が今でも残っているのだがそれが彼であるかどうかは定かではない。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




555名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:15:36 ID:Cjj3qrpf
1行動と若干の魔力で情報抜ける貴方は本当に頼りになりました、情報力はやっぱり戦争の基本だな!


556フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:15:39 ID:RXuLeA7C

                     //>≠弍ハ> ´    弋乂   ` <≦ハ\\`ヽ
                      /// ⌒ヾ乂>比ニ==-  . _     》イイ:ハハハ: i
                  ////彡fハ / 气弐x       >.ミ///爪仆:|! :| :!
                        /〃. /イ   イ }{ 圦f朮刈  斗_≦z彡Vイハ{::|!:!::|! :|抃
                   //./′  {:{.从    ̄ ′ ゝゝツア  }ハ  }i |!:!::|! :|リ
                         八:ハ   . : {_       イリ,′ リ:| 州:从
                               彡{ z≧=-` "`z弍  / 毛゙
                              ≧:从弐f` ー- --≦z=_辷≦
                               イ爪 圦 7ハセx  ,拆´/汽
                             |ハ抃 /从   斗 .イ|     _ -==ニ
                             i  ヾ:彡'/:iハ イx爻 |_厶孑≦二二二二
                         _ _l  f >==≦二ニ=-二二二二二二二
                            /_ニニ:}  _j_三二ニ=- -=ニ二二二二ニ=-―
                         _ ≠ニニニ:乂二二二二二二二ニ_> '"´< ◯: : : :
                     _  -=ニ二二二二二二二二二二二ニ=-/: ://: : : : :` <◯
                /-=ニニニニニニニニニニニニニニ=-./\ . .′. : : : : : : : :`:
                .ニニニニニニニニニニニニニニニ==-イ:_:_:_:/:{ {: : : : : : : : : : : ::
                .ニニニニニニニニニニニニニ>. :´.:斗:  ̄: ::{ {: : : : : : : : : : : ::


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ランサー(張遼)】

 中国後漢末期から三国時代の武将。
 後漢末の動乱期に丁原・董卓・呂布に仕えた後、曹操の配下となり軍指揮官として活躍した。
 聖杯戦争に参戦した理由は単純に強者と戦うためである。
 参戦理由から察せられるとおり、脳筋である―――――

 交渉などの細かいことはマスターであるジンへ思いっきり放り投げてひたすら良い空気吸って暴れていた。
 具体的にはモンスター戦に飛び入り参加し、サクセサーに対しても大喜びで突撃するという
いっそ清々しいレベルの脳筋ぶりである。
 ちなみにコイツが厄ネタ持ちのマスターに当たったら「解決方法?殴ればいいんじゃね?」という
ひどい結論を出して暴れ出すので厄ネタ解除が難航していた。

 最後の殴り合いでは総合成績4位と奮わなかったが、本人は満足気である。
 「これ程の武人達と手合わせができたならば後悔はない!この張文遠!感謝の至り!!」

 聖杯戦争終了後は良い笑顔で座に帰っていった。
 この聖杯戦争で出会った武人達の話を主君である曹操に話したところ、曹操は特に張遼のマスターである
ジンのことを気に入り、「それ程の武人なら早速勧誘に行こう!」とか言い出して聖杯戦争に
飛び入り参加しようとしたため、他の武将と共に主君を止めるハメになったそうだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




557名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:16:22 ID:5a1OTpd1
SOSOw


558名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:16:44 ID:RCGGXkG7
人材マニアめw


559名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:16:47 ID:FiiNy/mG
うーん、この人物マニア


560フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:17:59 ID:RXuLeA7C

                         /}/ /         _`丶、\      \
                   /  _,.  -――-   ̄ ̄`ヽ、 ̄\`       \
                   / ''"´   ヽ    \  `ヽ、 \  ヽ        \
                  //  /               \    \ \ }          \
                  / /  , イ         \ \  ヽ、   \ ニ=-‐           \
                 /..||/ /    !  ∧    \ ヽ. ト、ヽ   V                 \
           / .>||/ / |  |  /  Vヘ ヽ  \ヘ | Vヘ  .}                  \
            ./||<>|| /{. .|     |___Vヘ \. />、}! } \ ヘ、               \
          ./  ||<>|| レヽ. {     }ゥziん、ヽ  Kらグナ |\ヽミニ=-                 \
.        /    ||<>|| {(´Vヘ    代こクノ` \{\\´}| .!.! ハ .|                    \
     /|.     ||<>||| ハ ゝVヘ \ \      ヽ ヽヾ|! 从 }/ _                  \
.   .///|     .||<>||{ | ヽ  \ヽ \ \    /  从,/  ヽ ''"///`ヽ、                   //
.   /////! .     ||<>||ヘ{   \ \ヽ、      _   ,イ/  /´/////////`ヽ、               //
. ///////! .     ||<>|| `ヽ  }ハ}ヽ∧≧:x..、´ `///}  {//////////////` ‐-  _      ///
イ.///////.|.     ||<>||    '´ j }ヽV////≧斧イ//:|  V///////////////////////` ヽ 、///
.|////////|.     ||<>||    _,,ィ-‐''"´} |////////////|   .V//////////////////////////////
.|////////ト、    ||<>||_,,ィ7フ   ///}////////////,∧   \////////////////////////////
.|//////////ZzzZ「 ̄ ̄ ̄`V//   //////////////////∧    \// {` ‐-   _//////////////
.|/////////////,ノ三三三三:\  ////////////////////∧     \ノ/   /  ̄`  ‐- __////
.ヽ、///////////\     /  V//////////////////////\          {              ̄`ヽ
  `丶‐- /////.ヽ \  . /   /V///////////////////////,\        ヽ
          ̄}  ヘ \ / ./ .V/////////////////////////7ヽ       \
           |     \∀イ    .V/////////////////////////} `ヽ、      }
           ト、 ∧____∧  V////////////////////////     ̄  ―-|\
           L_V |      |∧/////////////////////////!           ,'\\
                !       |////////////////////////// |           /:::::::\ニニニニニニ


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ジン・キサラギ】

 元聖槍十三騎士団の傭兵。
 基本的にお人好しなため、厄介ごとに巻き込まれたり、馬鹿の尻拭いをさせられたりする苦労人。
 今回の聖杯戦争にも巻き込まれ枠で参戦した上に、土地管理者の八雲紫に幻想郷で聖杯戦争を
開催した主催者を止めるようにと依頼された。

 当初は真面目に聖杯戦争をしていたが、セイヴァー陣営と接触してからは
周りの厄ネタ度合いに胃を痛めるハメになる。
 特にセイヴァーや帝督から持たらされた情報、依頼主である紫が調べたアトラス院に関する情報は
彼があまりの心労に吐血するほどのものであった。
 交渉とか放り投げて気楽に我が道を行く己のサーヴァントがどれほど羨ましかったことだろう―――――

 全てが終わった後の殴り合いでは今までの鬱憤を晴らすかのように暴れ回って総合成績2位を勝ち取った。
 「(ふと正気に戻って)いや、僕はあくまで人間だから!ちょっと運が良かっただけだから!!」

 聖杯戦争が終結してからは依頼主である八雲紫に経過を報告した後、いつも通りの傭兵家業に戻る。
 ちなみに偶然立ち寄ったダイソン市で偶然実妹のノエルと再会し、偶然ノエルがバイトしていた結婚式場で
式を挙げようとしていた実兄ラグナとも再会して実兄の結婚式で祝電を述べることとなった。
 なお、兄の結婚式に呼ばれたほとんどのメンツがカオスな性格をしていたため、
やはりこちらでも被害担当艦になっていたようだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




561名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:19:06 ID:FiiNy/mG
おお会えたんだ、よかったよかった


562名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:19:07 ID:5a1OTpd1
ラグナも結婚したのかおめー


565名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:20:53 ID:Cjj3qrpf
ランサー終始いい空気吸って、格好いい所も兼ね備えた最高のポジだったからなぁw
ジンダイーンッ!もうやめて、ジンの胃のライフはもうマイナス領域よ!


563フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:19:37 ID:RXuLeA7C

                                                      '⌒ヾ
             .-                                        _..-‐ン, _ -‐ニア
      r=- 、 / }                 ,、                        ´   ̄     `ー- _
       .ゝ  ! /              /ヽ    ノ::::}   r ,                 ソ             ‐ て
         .ヽ、 /        , --- /  \  l::::::ノ.,  ,' }, -、          .ゝ_ノ _              `ー- ァ
       .,,_  `      , ' ´           `く::::::::ノ  { " /             /´ 、  ‐ 、          (
       .ゝ::`:::::‐- 、, イ              ヽ::ツ ゝ '´              │   \   \       _ュヽ
         .ミ:::::::::::::ゝl              、 ヽ                   l{  ヽ_ 弋≠ミ ゝ   (   l ヘゝ
           .` Z,,, -‐!   !  ト、  l ヽ ハ l  ', \ ' ,   lヽ            |入   〈 癶ソヽ  \ \ \ィ
   ../ヽ      l  l   l  ! +、 l  l/r-、l   l.  ヽ ', ,':::',             .(∥\ __ニゝ  冫人_ >‐''三三三ニヽ
  ....,'::::::::,       l  l   ! / ,=、ゞ  f::l lヾ   l    V /::::::',                 ソ八_,ノ _/ン‐ニ"三三三二ニニ‐ム
  ...l:::::::::::' 、    l  l l l 丿l:::ハ    弋ノ !  ,' 、   /::::::::::}                ∠彳三(二二二二二二二ノ
.   l:::::::::::::::丶   l  V l !゛、 ‐='    _'  ミl, -‐ァ、ヽノ.,:::::::::::l ,                  lニニニヽ二二二二三-ム
  ...',::::::::::::::::_::\  }    リ  く , f ノ /l /   }fフ-、ヽ.,:::´:::}               /´|ヘ二ヽニヽニ二三三二ニノ
. r‐ 、::::::::::::l l:::::::`‐l     , - 、ヾ ´ l- ' ヽ ゝ.,_ゥ‐〈 l /´〉xヽ:ノ             〆  /l二ニ!二`'三二二二/
..=三ニ''‐-、_', '、:::::::/    /   ヾ  ゛イ  r  ヽ..‐し、- ‐"'ァ':‐,              ! /ヽ二│二ニ丿ヾ///ゝ
  \::`ヽ/ ヽ、 ヽ/     〉         ノ `ヽ   ',ヽ__,,,`'‐イ` く               -〃´二ニノ二二ニヽ  `ミ/ヽっ
  ......>:l ´,, -ヽ ',    〈      ヽ {    }   l ヽ `¨  /             l´三||三..-‐´二二二-ム   仆ソ
    .ゝ:__l _,. -/  ,'丶、__ ヽ       {  ',   / ` ‐ ''  ',    /ヽ           _,../'、二‐"二二二ニ/二二ニニ‐_
       .` ‐‐ァ、     }、 `i     l  ', ノ    _',  ゝ='´、‐''´      <三三二ニゝ二二二二ニ´二二二ニニl ̄
        ., '  ヽ    ノ .|::iフ..ァ、_ l   〉 , -、  l },     \       ノ二二二二二二二二二二二二ニ(
       /    ヽ / 、.:::::く  }::}ヾ  l/   ヽ,!. ィ ',      ヽ. -ニニニ二二二二二二二二二二二二二ニ\
       .{       ¨    丶:. ノ:ノ /   !====‐l'´ヾ、',       ',    .`''ー-三三二二二二二二二二二二ニニ!
       .V /   /l  /  /  `¨¨ \___!    l    ヾ       }            .''―ー--三_二二二二二二/


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【リインフォース&アサシン(シャクニ)】

 己の両親を雨宮桜子に惨殺され、自身も虐待により雨宮桜子にムリヤリ従わされていた少女と
彼女に縁召喚されたマハーバーラタに語られるイカサマ師。
 リインフォースは雨宮桜子によりムリヤリ聖杯戦争に参加させられ、雨宮桜子の手駒として
動くことを強いられていた。
 しかし、リインフォースの境遇を己の生前と重ねたアサシンは彼女を雨宮桜子から
解放するために行動を開始する。

 開始早々、雨宮桜子のサーヴァントであるモンスターと相性の良いセイヴァーやライダーと遭遇して
相手が善性なのも相まってコネを作ることに成功する。
 と言っても最初は利用する気満々だったが、セイヴァーがシヴァ神への誓いを立てたため
信仰に篤いアサシンは彼を信用することを決定した。
 その後はセイヴァー、ライダー両陣営の協力もあってモンスター陣営を罠にはめ、
雨宮桜子を殺害してリインフォースを呪縛から解放した。
 なお、リインフォースは己を支え、救おうとしてくれたアサシンに恋心を抱いていたのだが―――――

 リインフォースは聖杯への願いでアサシンを受肉させ、幻想郷に彼と共に住み着いて愛しい人との
生活を満喫しているようだ。
 一方、思いがけずに人生の墓場へとダンクシュートかまされたアサシン、もとい狛枝凪斗は
リインフォースの押せ押せなアプローチに嘆息しながらも今生においては大切な人を守り抜こうと
密かに誓っていたようである。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




567フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:22:56 ID:RXuLeA7C

                  _ ィ
              r ─x´ _ノ-─-メ
               ゝイ⌒ ̄` 丶、::::::::`>、 ̄∥`ヽ、                           - = -   /ヽ
             /          ヽ、::::::::::::::ヽr 、==ヽ                 _   / _, ‐==≠==「/
          ./             } ̄`ヽ::,r‐ 、::!  ヽ=.:ハ               .|: :ヾ二≧=--    \      ヽ
           ./      ゝ<  ̄ }.   ◎   〉    iヾ.:}             《|/¨\           \    ‘,
        ./    イ        _くゝ-‐ハ  ./、    }ヽ.:l              /   \  \ 、       \   ト、
          ハ ./     ィヽ´/.:\/::ヘ_`´イ    ./ヾ:ソ              /   八. \  \≧=-ミ、 \  |. \
          /ヾ/   ゝ:´l.:.:.:.:l、イィア心r、:.:|ヽ∨__ .ノ/:.:ソ              ./     lヽ {\.  \ ,.ィf:心x. \li   \
        .∥/  /|:.:_从__ハ " 弋て) }.:|.ノ:/.:.:∥.:ゝ´                /    {  .八¨ヾ|i" \ ハ 乂ツ } ≧=-.    \
       |:.:し´|:.:.:l.:.:l、fアぅ、ゝ  ゝ^´ノ.:.レ^γ⌒l                 \  八   \-=彡 ヾ |    八/ |i      \
          !:∥{ !、:λバ 弋ソ 、 __   /.:ハx、/   l                     \    、  ∧ _  .r 、   イ ハ ト、        \
    .、=γ⌒ヾフゝ\ゝヾヽxx 弋.)/:イ/ ゞ|  .l::ヽ                 / \  \{_个:、ノr,-ゞ.' ≦_ ∧. ヾ|ハ         \
     .\ 〉、  ヾ::/.:`.:.:.:´:ゝ‐-イ〆 .〉  ,ゞ:t  l 、::ヘ            /     ヾ{ ̄ i{///}》=====ミ}/ハ \  }        ハ
     .,.^ヾ、   ヾ.‐-‐‐彳イ:::/^.r‐´-、ゞ´::人.    ヽ-、          /       |\ i|///|イ三三三|彡=―/ーっ          |
    ././:/ヾ、__)ノn /.:.:.://  ゝ、_   ヽ´   /  / ヽ 、    ./         八 イ///j人: | |: | ハ/////ト、.,.}          i|
  ./ ./:/    ゝ./^ゝl/.:.:∥/}   ノ::::_ヽ.  `ヽ/   /  γ .}、  ..../          ∧  <////_ノ: {.:j }:ノ_〉/////|/| 《        /
. /  ハ.:l      ( '/∧:λ!,lイ´` ´.!:::::::ノヽ.   l  ./   / / ‐ヽ.. .\       ∧/〉 .////{/{ ヾ{ j //}////.|/ 〉/        ./
. l   |.:.:l.     ヽ,<´`/ ヽ、 ./:ゝ´:::/l`.─`‐ヘ_ ノ__.人i ヽ ヽ   \     / ∨//./ ハ::ゝ}::Y:| //.八///.|ヾ¨      ./
. l   l.:.:.:ハ.  ┌‐‐イl/|/.......、 /:::::::::_/}γゝ::::ヾ==彳::ノ:::::::::゙~~ヘ   ≧=- .{.  ヾ≦   ∨.{::::|:八/∧////八     <
. l   ヾ、.:.:`ゝ、_/|/_/─ 、:::::..:::::::ノ γ`l/:::::`ヽ::__::イ´:::::::::::::::::/ヘ)    .《     ム      V》:::|:{//人.//// /  、_/
.  ヽ   ヽゝ⌒乂 ノム~、l ハ__ハ lλl:::::∨::::::/,x==x、、:_::ゝイ´ .レイ     .\__ {_      }/l-|:|./{.  \/  }   _/
             )/    l::::^^::}::::::::ゝイ::::::r \/⌒´ ̄`/i   ゝ⌒´            .=彡     ヾイ Yヾ'      彡'¨
                 l::::::::::}ィ:::::::::::::>lミミlゝ乂⌒`//⌒⌒                      ヾ≠'
                  ヽ、r /:::::ゝ´:::::::::::::::ヾ===|:|_


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【シャーロック&バーサーカー(ライカンスロープ)】

 ショッカーの技術により生み出された人工真祖と彼女に召喚された狼の毛皮に呪われた女性。
 シャーロックはショッカー残党の碇ゲンドウによってムリヤリ参加させられた。

 彼女は当初、善悪の観念がわからない危険な状態だったが、バーサーカーを召喚して
彼女から多くを学ぶことでこれを打破する。
 一方、バーサーカーは呪われた己の身体を治すことが願いだったが、娘によく似たシャーロックと出会い、
彼女に己が持つ知識を伝えてから消えようと思っていた。
 しかし、シャーロックの涙ながらの訴えや同じ人の親であるセイヴァーの説得を受けて
呪われた身体を治した上で受肉し、シャーロックの母親になることを決意する。
 なお最終決戦後、息子にひどい教育を課していたネクロノミコンを一発ぶん殴った後に正座させ、
教育的指導を施した。

 聖杯戦争終了後、バーサーカー改めネイト・ミトツダイラは白野や岸波さんに現代の常識や情操教育を叩き込み、
彼らを更正させるために尽力する。
 白野の教育は帝督やキャスターの協力もあり、すぐに終わったが岸波さんを更正させるのには難航したようだ。
 しかし、彼女は見事に成し遂げた―――――
 さすがだぜ、お母さん!!

 その後、ネイトはさとりの実家である温泉旅館「地霊殿」の仲居となり、シャーロックは彼女の娘として
元気に学校へ通っているようだ。
 「糺の森」に住む妖精や学校でできた友達と元気に遊びながら人工真祖と呼ばれた少女は
欲しがっていた”家族”を得て今日も日常を謳歌している。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




568名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:23:50 ID:FiiNy/mG
圧倒的おかん


569名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:24:02 ID:5a1OTpd1
地雷が会う前に解除された稀有な例であったw


571名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:25:13 ID:Cjj3qrpf
ネイトさん口説きたかったぜ(未練)


570フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:24:23 ID:RXuLeA7C

                   //\   ` 、
                  /i / / ヘ  \  \
                 / i/ /  ヘ  ヽ  ヽ
                 /  i l/ /// ハ  ヽ  ム
                 マ   // :/  \ ト l/
                 ヽ f .y / ャッy j >:ヘヽl
                 {ムヽ/i l|    ゙´  i ヘ/ヾ
                 l  ヾ==--  _ _ ==|ヽ、
                 {          l l ロl/r _
                _,, -'"´ ̄ \    lf =- '  -`
              //        ヽ  l `y  _  \
            / / /  ノ        \  ゝ - _   l ミヽ =-- _
           / // l   l   l       \└i    - /  ilム7      ̄
          三l/ /  l   l   l-=ソ /¨=- i   ヽ ゝ=- _ ノ  / /ム
          ニlヽ ヽ  ヽ  l   i  //    ゝ、_ j l  | l\ _ノ  ///ヽ
          三ム\ \ j、_l _ilイノ       l ヘ  ヽ    ヾ イ ∨
          ニ三ヽ  ` =-- l _il          l  l  ヽ       ∨
            ==≧   八 _ ノ          l  li   ヽ        ∨
                 /ハ             l  ヘ           ∨
              :::/:::::::::∨            ヘ ヘ   ヽ
            -== --、   ` -= z     _  o ノ  \   \
             ̄    ∨       ` == ´    ̄ ヘ ヘ  ̄ ̄ \
                 ∨  _ ,,. -==-ニ、      ヘ ヘ  il     --= '
                  ∨ \三三三三\      ヘ ヘ l


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【セイバー(立花宗茂)】

 『西国無双』と謳われた戦国時代の武将。
 本多忠勝と真剣勝負をするという願いをもって聖杯戦争に参加した。
 しかしマスターであるリーゼロッテがあまりにも厄かったので、彼女に人並みの生活を
送らせるという方向に方針転換した。

 裏で店長(蟹)に相談してマスターを聖杯戦争から遠ざけようとしていたり、マスターが不要に
他陣営に殴りかからないように思考を誘導したりと終始、マスターを思って行動している。
 その結果かどうかはわからないが、リーゼロッテは多くの出会いに恵まれてアトラス院の呪縛から
解放され、『自分の意思で生きること』を望むようになった。
 ただし、あまり戦闘の機会には恵まれなかったため、その点だけは本人非常に不服だったようだ。

 けれども聖杯戦争の最後に武人同士による盛大な殴り合いが発生したため、その不満はすぐに吹き飛んだ。
 総合成績は5位と奮わなかったものの、聖杯によって召喚された本多忠勝には勝てたので
本人非常に大満足で果し合いを終了した。
 「こうして何のしがらみもなく武勇を披露できるのは良いことだ。召喚されて本当によかった。」

 聖杯戦争終了後は己のマスターであるリーゼロッテに別れを告げて、店長(蟹)に後事を託し、
マスターの現世での幸福を願いながら座に帰っていった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




573名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:27:07 ID:4K4+UMlL
セイバーは最終決戦にすら枠が足らなくて参加出来なかったからな・・・


572フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:26:28 ID:RXuLeA7C

                        ,..::<::::::::/  /   l   ハ   !  ゝ::::>、
                       /:::::::::::::/    ェ- ,_ .!  / _,!,-    \:::::::\
                 /::::::::>// ,ィ   !从从`!  ィ´从仆}  l  \:::::::\
                   ,ィ> ´ / イ // l  lャェz;,、_'、/ リ,ィェヤフ   ト ヽ   ` <:.,
                    /  ,彡 / { l !   弋Zシ    弋Zシ/  l. } }  \\\ヽ
                   ,・´   ≦/   .! l !  ト      '    //  l ノノ   \`¨・ ,
                ,・¨ ,,≦´ /    ゝゝ!  ', >  ` ´ < /   , ィ     \ `≧- `・ ,
. -=ニニ二二二,・´ー''´   > ´      iヽ   ',  ノ ―‐ゝ /   /',         \、_   ` ¨・ ,――――‐
      .,・ ¨   ̄ ̄ ̄ ̄/  /      ! , ィ 、 ヽ ヽ./\ノ ,   /ァ、',          \  ―― ‐` ・ , ̄ ̄
  . ,・¨        , ≦   /  、――/ /yイヽ ', / __ヽ !  /、ハ ヽ――ァ  \  > 、       \
. ・       _, -≦   > ´   ≦ニニニ`ヽノノニ} .}" ヽニ/ ヽ /V_ノ¨´ニニニ≧   \   、 ≧-  _    \
. -―   .二 -‐  > ´      フ―‐ッニニニ/! lニニ.i.ニニl ハニニニニ!三\         \ ー--  二二ニ
.  ̄ ̄    > ´       ィ≦ニニニ}ニ// ノイニニ!ニニ{ '、\/\ニ/ニニニ≧、      > 、
. _  -‐≦         /';ニニニニニ'¨/ニニニニニハニニゞ`ニ\ニ`ニニニニニ,'ヽ        ` ー--
. ,,_           _ -‐ /.\ニニニ/ニヾ、ニj\iヽ/ニゝニィ''¨ ̄¨フ\ニニニニ/ ヽ> ,_
     . ̄ ̄ ̄ ̄   / /  / ヽニニ/ニニニヽニニニニニニニニイニニニ\ニニ/∧  ∨.∧\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
. //  / / ,イ ィ     /  ノニ./ニニ> '/≧=========≦',<ニニニ.\ニ{ .∧  ∨∧ \  \
. /   ./ / ´ ̄   l   /  /ニ./ニ/´  iニニニ><ニニニi   ヽ.ニニヽ\  ゝ ∨ハ   \  \
      ./ /        l /_,, /ニニ./ニ/  /≧===========≦\    ';ニニニヽヽ_ ゞ! l     \  \
     / /        r::::´::::/ニニニ/ニ/ /ニニニニ|!ニニニニニニ\   'ニニニニヽ\:::`:::┐.       ヽ  ヽ
    ./ /    r‐:::::´::`:ーァ'ニニニ/ニ//ニニニニニマ,ニニニニニニニ≧:,ニニニニ}ニヽノ¨´`:::::ーァ     マ
   / / _,∠´:::`ヽ、:::::/ニニニニ{ニ/´ニニニニニニニマ,ニニニニニニニニ,ニニニニ.|ニニ\::::::r-f´:::`ヽ  マ


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【リーゼロッテ・ヴェルクマイスター】

 アトラス院によって送り込まれたホムンクルス。
 小聖杯の予備として調整されたが、あまりに負担が大きいため、遠からず命を落とす状態だったが、
生まれて初めて存在価値を与えてもらったため、それに答えるために聖杯を持ち帰ろうとしていた。

 ―――――という非常に真面目な理由で参戦したのだが、拠点確保のために店長(蟹)に暗示をかけたら
住み込みのアルバイトの面接に来たと勘違いされ、成り行きで働くことになってしまった。
 しかも店長(蟹)の妨害もあって思うように聖杯戦争ができず、店長(蟹)やセイバーに絆されていく内に
すっかり当初の毒気が抜ける結果と相成った。
 その後、店長(蟹)やセイヴァーからの説得を受けて1人の人間として生きたいという渇望を自覚した上で
ナビゲーター、さとり、帝督の尽力により虚無の魔石が解離される。

 聖杯で自身の身体を完治させた後は学校に通う傍ら、「甲殻類専門飲食店:遊戯王」の看板娘として
元気に働いている。
 店長(蟹)との仲も良好らしく休日に遊びに連れて行ってもらっては常連客に「デートかなー?」と言われて
恥じらう彼女の姿は「甲殻類専門飲食店:遊戯王」の名物になっているそうだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




574名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:27:13 ID:5a1OTpd1
なお、料理力


575フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:27:48 ID:RXuLeA7C

                  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::\:::::::::::::::::::::/ヽ:::_::::::::::::::/:::/
                   ト、!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::\::::::::::!::/::::::::::::::::--、:::::/
              ト、!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::\::::i/:::::::::::::::::::::::::::∨
              、::\::::::::\::::::::::::::::::::_::::::::\:::::ヽ:::i:/:::∧::::::::::::::::::::::::.
              __\:::::::::::::::〉::::::::::::::::::::>㍉ト、トv从::::/::::}::::::::::::::|::::::::::ト、
              ⌒>::::::::-≠::::::::::〉⌒´       `´⌒i|::|:::::i:::::!::::::::::!:::i
             、__彡'::::::::::::/:::::::::::::}              |::i:::/!::::|::::::::::i::::!
             ⌒>:::::::::/::::/:::/        、    , i:リ/,リ:::リ::::i:::::i:/
             <:::::ー=彡イ::::::/ -‐  ̄ ≧=- _, 〉  /-=≦/:::/::::/!:::リ
               _>::::::| i/:::i::i     、 ̄でツヽ:::/  〈 でツフ'/:::/:/i:/
               ⌒/:::i/::/:i::i ::.       ´:/   !:.ヽ:.  厶ィi/
               ー≠彡イ{{::i/ ::.    ...:::/   |::  丶  ,小i
                 /::/i\ヽ::. ::.          }::     , /
                /´ノ'ノ:::::::::¬、 :.         _ ノ::    ,'"
                 -=彡:::::::::::|:::.
                     ノ' i:/:i::| :::\    -―――‐-   /
                _  -ノ' ノ::| ::. ::\  ...:::::::::::::::::. ,イ___
               「 <_:_: : : /': :|  :. ::::.\       /::l: : : : : : . .  ―-  __
               |      ̄ ̄`i , :.  :::::` ー―一'::::::; : : : : . : : : .    /
               ∨: : : .      ∨ ;.   ::::::::::::::/::::::::/: : : : : :       /
              / \: : : : .    ∨       /::::::::;′: : : i: : : .   /


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ライダー(ゲオルギウス)】

 キリスト教におけるドラゴン退治の逸話を持つ聖人。
 信仰の敵を倒し、弱き者を助け、罪無き子羊を救うために参加した。

 ―――――が、基本的にマスターに引きずられて厄い陣営に突っ込んだ挙句に胃を痛めるという
苦労人ポジションに収まってしまった。
 とは言っても、信仰の敵であるアポカリプスの討伐や悪人に虐げられているリインフォースを
救うためにモンスターを討伐するなど己の望みはちゃっかりと叶えていたりする。
 最終決戦ではルーラーの宝具を無効化して倒すなど彼がいなければ儘ならなかった場面もあった。

 そして最後の殴り合いではなんと数多の英傑を退け、優勝を獲得してしまった。
 本人あまり乗り気じゃなかったのにね……
 (帝督)「さっすがライダーだぜ!竜殺し!聖人!さすライ!!」 (ライダー)「やめるのである」

 聖杯戦争終了後は散々振り回されたが根が善人で他人を救うために解決策を模索していたという点で
好感を持っていたマスターに別れを告げて、座へと戻っていった。
 (帝督)「また聖杯戦争があったら呼ぶぜ(≧∇≦)b」 (ライダー)「それは嫌なのである」

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




576名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:28:52 ID:5a1OTpd1
いい凸凹コンビだったw
ライダー的に相性最高だったのはジンだったんだろうなw


578名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:30:29 ID:4K4+UMlL
武人鯖にしては珍しく戦闘狂じゃなかったなライダー


579名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:30:49 ID:5a1OTpd1
ライダーは聖人やw


577フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:30:10 ID:RXuLeA7C











                  BGM:ttps://www.youtube.com/watch?v=knCpT9Y-rSQ

                                           () ,-、   , 、
                                             |i トノ  (`ノ
                                          'イ) /,、_,,,/
                                           〉イ レ'  )
                                          /  〉.i彡:<、
                                     /;⌒')/;;ー''__ヽ、ヽ__)
                                ,-、__   (-、ミ::⌒<ヽ、 __   ̄/ノ,,
                            ,、,、  ;(`  )--;ア`ヽ)_つ'   ヽヽニノ ノ
                          ,,,(  )__,- ヽ ノ    )ニ>     ,〉-i lミ::
                          〉 ヽ,ノ' 〉 ::彡`-''' )        l ノ )
                          `ー':彡;'-`ー'/ )、_)        '-lノ
                          ,,=( ノ( ,_,)`ヘ' ヽ⌒;
                      /~~  `'  ~      ヽ(_)
                   =='''"















580フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:30:58 ID:RXuLeA7C


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

                       幻想卿の万年桜―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


  ........,,,__,ノ_儿,,..r‐‐‐---一' く..,,_,,x<⊂ニゞ:ヾヾ.:::::r'⌒(⌒フ)ーヘ......); ;; ;ヾ ; 、
ー─‐----─==气 √ ̄ ̄ ̄~'ー-==≪⌒ー(⌒フ⌒Y⌒ヽヾ.: ; ;ヾ::::; :ヾゞヽ., ; . . .
  丶  `Y゙  ,rシ’{{,,______,,,,....__( ̄廴仄)⌒介く..》⌒ーヘんクヾ ;(フ: :(フヾ.: ; ; ;、
    \,,_ ‐-rシ’  ゙ー----rr─( ̄廴x<⌒)ゝーヘ__)ヾ.: ;ゞ;;::ヾ(フ(フ ; ;ゞヾ.: ; ;ヾ: : :丶、.: . ..
     {=  ー彳      (⌒(⌒フ(  )べー(⌒)んJ.: \\ヾヾ:: ;ゞ;;ぃつ; ;ヾ.: ; ;ヾ ; ; :ヽ丶 .. .
    {   ¨入__,,......__,,.<⌒介⌒Y⌒フ(フ<⌒(⌒7ぃ; ; (⌒フ..ゞ;; ;ヾ ; ;ひJヾ  ;ヾ ; ; :ヾヽ: :., ;
     广´   ;;广 ̄て⌒Y⌒7ー<⌒フ《 f⌒介⌒Y⌒Y⌒ス); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;、 .: ; ;、 ; ; .
     ノ`¨´  '^.:.;;⌒'く⌒介く⌒)介く__込ノ“ 人ノソ⌒Y介く._,,jj); ; ゞ:ヾヾ.: ;ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ;ヾ ; ; : 、
   /"フ'小`゙`   ミテえrヘ  )んしヘノ  介ーヘr久n,,人んJン    ゞ;; ;ヾ ; ;丶ヾ.: ; ヽ ; ; :ヾ
 /       _,:=ミシ′   `´   `¨´  (丿   从
'’     ー=广¨´_               ん癶)
  ,,_  `ミラ′   _ _
  ⌒`ミミシ′   -  _
 "'ヽ、シ′           ‐ ‐
'  、シ′
 〃               ‐  _
 ;′
-{
=i    _,...ノ                        -     _            ,
}{  Y⌒       r'⌒(⌒(フ⊃    ...,,,__..... .. .     ..   ...,,_  _ _       ,
片  }}     f'゚ (⌒Y⌒癶x<⌒フ)      . :;  r'⌒ ..:..;;..... ⌒ヽ _ -   -   ′
_入,,ノリ   r┴く⌒さ⌒)》んしヘ)            ⅱ             -  - -《
 彡く   { 「 ̄⌒ーヘノ           ゙~'':;,. ..;:}{::;;;;;.;,,; ;';';';';';';'; ; ,  - -   - (
   ニ)、 } }              ,.:'      "゙´ }{   `"''''::;;';';';      ニ __ ─ヘ
"' ゙`二Y沙′    . :;;;....,,;;... . .:'        r Y从.._.. ....    ゙"》,:    - ─  ─ ゙㍉,,_
  二三《_      ,;::'′                      ,,、,,;:''~:::: : ,,、   ニ ニ ニ _   ニ ー
ニ二三癶三二ニ=─-  _               ;'゙~:"゙~´ . ..,,、..::    ⌒ヽ 二  二   二  二  ‐




582フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:31:26 ID:RXuLeA7C

:l;i;i;:;|l:;:;:;:;:;:lj;:;:;:;:i:;ili;:;:;i;:;:;:;:;:;:;::;:j:;:;:;:;i;:;:;il:;::;:;:;l;:;:;:;:j:;:;:l:;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:!:;:;:;:i:;:;i;l;:;:;l;i;:@;:lj;i;:;:::ll;i;:;
. :lii;i;:;|i:;:;:;:;:;:lj;:;:;:;li:;ili;:;:;i;:;:;:;:;:;:;::;:ji;:;:;:;i;:;:;il:;::;:;:;l;:;:;:;:j:;:;:li;:;:;:;|;:;:;:;:;:;:;:;:;:!:;:;:;:i:;:;i;l;:;:;l;ii:;:;:;ili;i;:;:::ll;i;:;
. :li:;:;ii|i:;:;:;:;:;:lj;:;:;:;li:;ii:;:;:;i;:;:;:;:;:;:;::;:ji;:;:;:;i;:;:;il:;::;:;:;l;:;:;:;:j:;:;:li;:;:;:;|;:;:;:;:ill:;:;:;:!:;:;:;:i:;:;i;l;:;:;l;:ill:;:;il:;i;:;:;:;i;i;:;
. l;i;:;:;l|l;:;:;:;:;:;lj:;:;:;:li;:i:;:;:;:i:;:;:;:_ :;:;:i!;:;:;i;:;:i:ll;::;:;:;l;:;:;:;:j:;:;:li;:;:;:;|;:;:;:;li:;l;:;:;:!:;:;:;:i:;:;i;l;:;:;l;:;:lli:l:;:;i;:;:;:;i;i;:;
. li;:;:;:l|;:;:;:;:;:;:;j;i;:;:;ll:;l;:;:;:;i;:/-/,-、 !;:;:;i;:;:i:ll;::;:;:l:;:;:;:;:j:;:;:;i;:;:;:;!;:;:;l;:;i;l;:;:;:;!;:;:;:iii:;:;l;:;:;l;:;:;llil:;:;i;:;:;:;ili;:;
`li:;:;:ii|:;:;:;:;:;:;:;ji:;:;:;l;il:;:;:;:/  / ーイ i!:;:;:i:;:;l;:l:;;:;:;:l:;:;:;:;j;:;:;il:;:;:;:!:;:;:l:;:i:;ii:;:;!;:;:;:;:ii::;:l:;:;:l:;:;:;li:;:;:i:;:;:;:;li:;:
;:;i;:;i;i;:|:;:;:;:;:;:;:j:i:;:;:;li:;:;:,イ  /  / :;i!:;:;:i:;:;l;:;i;;:;:;:l:;:;:;:;j;:;:;il:;:;:;:!:;:;l;:l:;i;:;l;:;!;:;:;:;:iilil:l:;:;:l:;:;:;l;:;:;:i:;:;:;:;li:;:
.:;i;lli;:;:|:;:;:;:;:;:;:j:;li:;:;:i:/.l  /  ./,:;:;:i!;:;:;i;:;:l:;:i::;:;:;l;:;:;:;:j:;:;:;l;:;:;:;!;:il;:;l;:i:;ll:;:!:;:;:;:;:;lil;:;:;:;l;:;:;:;:;:;i;i;:;:;:;:l:;:;
:;:;:ll;:;:;|i:;:;:;:;:;:;j;:li;:;,イ .l  |.   l:;:;:;:;i!:;:;:i:;:ii;:;i;;:;:;:l:;:;:;:;j;:;:;:;:;l;:;:!:l:;:;:l:;i;:li;:;!;:;:;:;:;:lil:;:;:;:l:;:;:;:;:;:i:i:;:;:;:;l;:;:
.;:;:ll;:;:;|i:;:;:;:;:;:;j;:;i l .|.| |  l.;:;:;:;:!;:.,ィ=`,:;i;;:;:l:;:;:;:;:j:;:;:;:;:;:;:;!;:li;:;:l:l:;:;l!:;:;:;:;:;:;:l:;i;:;:;l;:;:;:;:;:;i;i;:;:;:;:ll;:;
.;:;:;:;:;:;|i:;:;:;:;:;:;jl:;: l .lリ .ノ  ',.;:;:;:;!./`-イ;:;l;;:;:l:;.___..:;:;|;:li;:;i;:l:;:;l!:;:;:;:;:;:;:i:li;:;:;l;:;:;:;:;:;i;i;:;:;:;:ll;:;
.;:;:;:;il:;|i:;:;:;:;:;l;jli;: l         i.;:;:;./ . l;:;li;:;:;l;:ヽ=.--7 /.;:|:;i;:;i;:l:;:il;!;:;:;:;:;:;lii;:;:;:;:l:;:;:;:;:;i;:i:;:;:;:;l;:;:
.;:;:;:;il:;|i:;:;:;:;:ll;jii;: |  /     `シ   /;:;ii;:;:;l;:;:;:;:;.//.i:;:|:;i;ii:iil:;:il;!;:;:;:;:;:;lii;:;:;:;:l:;:;:;:;:;i;:i:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:i:;l|i;:;:;:;:i:;:j:;l;: ', /            /;:i:;:;::;:;:l:;:/イ'|.:;:;ii:;:i:;:;:ii;:;:;ili;!;:;:;:;:;:;il:il;:;:;:l:;:;:;:;:;:i:i:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;i;:;l|i;:;:;:;li:;:j:;l;:i: ,            /;i;:;ii:;i;;:;:/'  | |  ,イ,イ ,イ.l;l;:;l;:;:;:;:;:ii;:;l;:;:;l;:;:;:;:;:;i;:i:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:li;:;l|:;:;:;:;li:;:j:l:;:i: i、        /;!;:i:;:i:li;::;:;:l:;:;:;:;.|/  レレ //.;l;:;:;il:;:;:;:;:;i;:;ili;:;:l:;:;:;i;:;:;l;i;:;:;:;:;:;:;
;:;:;il:;:;j|:@;ill;:;:jil:;: /         / :;:!:;i;:;:;li:;;:;:;l;:;:;:;:j:;:;:;:li;l;:;|;:;./':;i;:;:;:il;:;:;:;:li;:;:;:li;:;l;:;:i:i:;:i:l:i:;:;:;:;:;:;:
;:;:lil:;:;l|:;:;:;il:;:;:ji; /        ./;:;:;:;:;!;:;i;:;:;l;:;;:;:;l;:;:;:;:;j;:;:;:li;:;l;:|:;:;:;:;i;:;:;:i!;:;:;:;:ll;:;:;ili;:;:l:;:l:i:;li:l:i:;:;:;:;:;:;:
;:;:lil:;:;l|:;:;:;il:;: /      /;:;:;:;:;;;:;:!:;:i:;:;:l:;::;:;:l:;:;:;:;:j:;:;:;li:;:l:|i;:;:;:;:;:;:;:;:!:;:;:;:;ll:;:;:ill:;:l:;:;l;:illi;l;i;:;:;:;:;:;:;


































                  __ ,. ノ       7 ヾ≧ x 、     \
                        ̄ 7        /    `ヾヘ、r ─- 、  、
                     /        /       7   ノ-、 '.
                       /   __  /      }  i  '.      )ハ
                 _ イ  /    7 ハ    _/}、   }  ゝ、_, ィ ´ l
                    /     /  /l/ }    / リ ` メ、{   | |   !
                  l イ   ,′{{下心 ト、/N _ヘ 、   リ   | |  ,′
                  |/! ノイ !弋:り     下心、 /     '、\/
             x=====}/   } l    ,       弋tソ´    /  〉〈_      ああ―――――
             /      / } ト、ゝ\    _     /     /  /`丶\
           /        l∧ | \  > 、 ` _/ィ   /   .′   \'.
             /           } 1   )リ´ rュ Y_/´ / ィ /{__ ノ/{_     '.1
          ′          l|リ\, 7 f}  /      rュ /{( /}     |l
         l|              l| /  {r 7⌒}r- 、    fソ, ′T´ '、       !}
         ;|           ヘ  ノ  {    ノ 、 ==__,ノ Y⌒   l      ノj
            |、         /   7 、___ l_,. ´  } ̄ ̄}_/ -   ! __x≦ソ
           ヾ 、     ,. ´   l  二7`<f´ ̄ ̄ヾ、  /  _,. ≠= '´
             \__. '´     1 f___ソ  { lて心、  ト≠==  ̄/
          __ ノ ノ         !__/_   ヘ 丶 二} ノ/      l
         /     ,′       }___ノ/ ̄ ̄`丶、<_」         |
       __ノ  ̄`  /           lリ ,′       \          |
    /         l        _|─ヘ                    |
   /           、     / }}-  _1                    |丶、
    |            \  /\__1_/  、                  |─ヘ、
    |              ̄} l  _〉v' \ /ヘ 、         /     ノ   ' 、
   ' 、              f__> くr=彡 {_  /\}ト、     /  ̄ ̄     /
     \              i `ー ´ ⌒}__r1{    ̄ ̄           、/
      \__,.ノ         Y´                     ヘ、
         `丶         /                        \
            ,′         /                           、  ノ
            |          {             /         ,  ´ ̄ヾ、 ̄
            、        〉 ´ ̄ ̄`丶、  /        l  _   }}
                \___ ,1       ∧ {          ノ /└ァ='
                   \   i       /  `ー──── ´   ̄



583フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:31:54 ID:RXuLeA7C

                 、    \ー-  ,_
                >一''" ̄:.:.::...::.:..:::.:.`ヽ、
                ,. ´::.::.:.::._ /.::.::.:.:.:.:..:..:...:.::`ヽ、
               /:.:::..:.:.:.::.:::.:::..::.⌒:.:...::.:.:.:.:.:.::..:.::.:.:.:.'.,
           ノ:.:..:.:.;:: --―――‐-- .:;,::.:.::.:.:.:.:..:.:..:.:.:i
          <´:::..::.:/   _,,.....,,__   `ヽ、:.:.:.:.:.::.:.:ヘ
           7::::.: レ''" ̄::.:..:..:.:::.:.:.:.::.:`"''ヽ、(⌒V´)::.::.:.ヽ.
           /:::/::.:.:..:.:.::.l.:.:.:.:.:...:.:.:.ト;:..:..::.:.:.:.:.:.::ヽ, イ.l::..:.:.:.ハ
            !::/::::::::;::::::::l|:..:.::.:.::.:.:.:.| ヾ::.::..:.::...:.:.:.:.:..:l l::.:}.::::..:.}    まるで昨日のことのように思い出せる
         レ'i:::::::::l::::::::八::..:.:.:.:.::::::! ヾ::.:.::.:::i::.::.:::ハ V::.:.:.:lノ
          l:::::::::!:::::ムニュ::::ヘ::::::::L二込::::::l::.::.:.::::.:ヽ\:.::!
             !:::::::!::::::レヤ心、::l\::| ヤにハ\l:..:::.::.:.:.:|):ト、ヽ|
           l::::::l:;:::::ハ ヾtツ ゞ  ` ゞ=‐′/:.:.::.:.:.:.ノ.:.l` ヽ\
              l::::lハ::::::l     ,        ∠:.:::..::/.:.:/   \ヽ
           り/:::::人             ノ:.:./.:.:/{      ) .)
            ⌒7:::::::> 、  `   , イ:イ::.:./ハ::.!    / /
             ⌒/::::::::::`≧1´   |⌒`く.   ソ    / /
               ⌒ ̄ 7" }j   _ ノ   \      / /
                  / ,.ヘレ'"     ,.. く    /,. '
                /しr‐、ヘ    ,. ´   ヽ.//
               /   l ノ `ー''"     /,ィ´
                 /     「!         // j



                     `ヽ、 _
                       \ヽ、
       ______, - ―― 、   \ヽ
         ̄`ー、   /     , -‐、 ヽ  | |
        / ̄´./  ∠_//‐::、.:.:.ヽ ∨<
       /   /  /   ′` ヽ、::Y´ `i__ ヽ
      / //               `|    `i `、
    / /                  |   __/、  、
  /_        / __/ |      ̄ヽ`ヽ ヽ_|
 // / , ,-‐┼‐ ィ´    /`Τ ̄ ̄`   |:::| `iヽニヽ_
 ′  | /    |/ `|  / ―-,| /| i   ∨  | \`‐、ヽ、 _    貴方と共にみなさんを助けるために駆け回った日々を―――――
     | /   ∠-‐ l/ =r'i ̄dハィ |/    \ | 「´`  ``丶   強敵相手に怯まず向かっていった貴方の頼もしい背中を―――――
     |/    |!T ̄q    ! 丶  | /   i     ∨ |         最後にここで宴会をした時に流した貴方の涙を―――――
    /ヘ    |'!ヽ_ン      `-‐'´/    |     l /
    ' 7 \ N、!""  '    ""/     /   / //
   /  , へ|.:.:.:!    _ _   7   /  //
   / / |/|.:.:.:.:.`:....、       |  /.:.: //
   l/  '  ヽ!ヽヘ.:.:.:∧`i     |/|Z/Vへ!
         /ヘ |//`7    /  |/ー、_ /ヽ,
        〈ヽ∨ ̄   |  /   ′  /ー、,/、
        く^く/   /`v´`ヽ         /-ー7   ヽ
      、ヘト/     !     /       /-、/ /⌒l
     i⌒/ ̄   /\, イ        .ハ 7'  /   |
   /ヽ/      /   || |       / `<´l /     |



584フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:32:25 ID:RXuLeA7C

          ,..rく二>─- 、─-、
      、__ /Z-┘´ `゙ 丶、  `丶ゝ__
       ゝ_ ´         `丶  ヘ ヽ
      ,. '"´             \ `ヘヽ
      ,.´              丶 ヽ:.. 〉\ __.ノ
    f ,´                 ヽ |´_|   _ノ
    レ{ i  / ‐ 、    __   ヽ  、/´:.:.`ヽ(
     )人 i - 、  .  ´_人`丶 !   i:リ::.'´ ‐ハヽ、    貴方と共に駆け回った6日間は
       ) jハレ ノノj/iノ l`)人ヽノi  .| .,.    }(⌒    不謹慎かもしれませんがとても楽しかった
      彡  )ゞ‐'    _     i  ソc' (.`Y´)/ ,ゝ
      `ヽ {      ^`ー-‐' ノノ {{ { ヽ ノ"/      内心ではずっとこの時が続けばいいな、と願ってた
        j人丶、'  ,. _ .     {  .ゞー-.ァ'"从{
          )从i`'' ー--_r ´ }ノノヽ,,_ {{V´
            ゞζi  .{,. ‐''" ./ζii
            l::{:ζi .ノ´ヘ   / ζ〃ヽ_
            l::j: ζ( Y´.) ノ ζ〃/ ヽ
            Y : : Vヽ/ヽ、ζ〃/ : : : : :l
               {: : : ゞ_}} : : ,,{!_,〃 :l : : : : : :i
             |: : : : : ii"'Y´..,,,.::`ヽ : : : : : {
             |: : : : : ii : {<(●))>::ト、 : : : :i



                __
             /    \ _
          /        ´   \
    ヾニ二´, -───- 、     \
    /  //  ̄ ̄ ̄ `ヽ \
    /   /     、     、\ Yヽ,、
   ヽ/   l    ヽ      ! 、L::::丿   〉
    !  /  |    l、     l  l ヾl   /
    ,'  l   !    l \  l、 !   , /
    /ィ | -┼\   ''l二二7ヽl/  / /\
  〃 | ∧| ゙|斤、\ | Vハリ`/ /l    ` ーァ    けれど―――――
    V ノ\!ヾソ  ヽl ゙ー''∠ イー''    < ̄
     ∠ィ   、  、          |-、 // ̄
       \  \  っ   /  / }ヾ{
        `从ゝ`l7Tノ|  /  \
         r,==/ rf'´ ̄ _ ==ハ
         \、/`ー、! ィ"  ̄_フゞノ)j
         , -‐-、l::::::::ノヽ r、ン`, --、|=、
     / -、ヽノヾ´_//|_ノ=≠==、_lノノ
      ,'  二/l´/‐-、:::::ヾ|/       T´l
      | ヾ/ Y´ l(◎)\::;゙l      | l
      |   l / /イ::ー‐'_,ノi l       | /
    _|   !´)//`Y/゙ヾ:、 ヽ!      |'
    f⊥ ノl l | ノノ   | |   l、      ト、
   rイノl´/ l | |l´    | |  〈     l |
  fソr´/ ,′| |l    | |   |      l l
  〈 l´/ /_) | |j    | l   l     / l,'\
  ノ、_トl // l l !─-、 ヽ\ l   /   l  \



585フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:32:51 ID:RXuLeA7C

                    ィ-、
                 _,, - (`ー==''''''` ‐-
               ,.ィ:'゙:.:.:.:.:.:.:/`゙`'''ー=-、:.:.:.:.:`7-、
         、__,,,,.ィ':´:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾz/ └-、
           ̄〃:.:.:/,:.:.:.:.:.∥:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:l    )ヽ
          〃:.:.:/:.:/:.:.:.:/:li:.:.:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:`ー-ri'":.:.:.`ー-ノ
       (、__,/:,:.:.:./:.:j:.‐''´i`:ト-:.:.:.:.:._⊥L、,:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.マi:.:.ヽ:.:.i´
          `ー'7゙:.:.:.:!:.:.:l:.:.:.:/l:.:l l:.:.:.:.:.:.:ハlヽ:.`:ー:.、:.:.:.:.:.:.:.! !:.:.:i:.:.:.l
          j:.:.:.:,イ:.:.;.:'、:.:.l ヽ{ ヽ:.:.:.:j´ ヾ,~ヾ:.:.:.:i!ヽ:.:.:.:.:l l:.i:.:.!:.:.:!
           i!/:;/:.!:.|:';.:.トゝ   ',:./   ヽ、 ヽ:.:l !:.:.:.:.:.:.l l:.i!:.:!:.:.ハ
          ヾ;.|:.:.!:jヾ:、|,z≡ミ  ,レ'      V/l:.:.:.:.:.:.l l:.l:l:/:.:.! `ー  【私は貴方に未来を託されたから】
          i'、;j/:.:.:.:.l           z=≡=z. /:.:゙,:.:.:.://:j:l!:.:.:.j      私はこれからも私だけの道を歩いていきます
            j:.:./:.:.:.:.:l!""` ,         /:.:.:.:.:`ーj j:.:l/:.:.:j      貴方が誇りに思ってくれた今の私のままで―――――
          j∥:.:.:.:.:.:.`.、        ``` /:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:/:.:.:/
           Ⅵ ,i:.:.:.:li:.:.:.丶、  、_     !:./:.:.:.:.:.:.://:./:.:.:/
           Ⅵi:.:.:.lヽ:.:.:.:.:.:`.:.、,,,, -‐ ' i!/l:.:.:.:.:.;イ/:レ:.:∧l
           ヾ\:.', ヾ:.:.:,:.:.:.;,ィ-|__,,,,-弋l:.:.:.;イ,イ:/:/ ヽ
              ヾト ヽ/ヾ/l /,     )//lハ:(
                ,z=≠ミノ7〃j/ |    .// ミ ヾ`´
            〃  ∥l /ヘノ~ヾil  //    \_
         _/7i,、||   〉、 /l: : : :ノ j,,//⌒ヒノ⌒`ーミ=フ
        〃Y .l .lil  / ≧il_ィZ゙/ // ´  ==   ヽヾ,ヽ
       /r| .l ! .l~'iil〃/    ̄ `く l/ /         llマハ
        // l ! .| ', ヾムz‐-..、   ヾi          }l l .l
        / l l l ' .゙ ll (::::::::::::ヽ    l          iノ./



                  ト、
      ト 、,. ‐''"´ ̄ ̄`゙'ー-) \__.
     ./ ´       __     `ヽ.___
    /   ./, '"´     ̄`"ヽ(`ーァノ´
    ,'   //   /   ,     | Y´ハヽ.__
  /  <´     /|‐-/|     /,  |    \ `ヽ
  ´)    /     ァテ<、 .|  .//_ ./|    l⌒  |
  /    八    K_,rソ ` |/ _」_/!/ ,   ,'    /
 ⌒l /   ヽ、__,ゞー       l リ`Y| /| ./  /     そしていずれは私の子や孫にも
  ,イ /  ./ ⊂⊃    '  `,,.イソイ レ'-‐''"       貴方のことを、多くの人を救い上げた
 /  ソ   |  ,ハ   ` ー   ⊂! ヽ/            私の相棒のことを”語り継いで”いきましょう
 ! (r、   人  ノ 、       人   ハ
 '、   )イ _\(ト、.>-rァ ''"´ 人 r'ノ
  \  /´   `ヽr \__ムl(\/)、──- 、
    `7  /   \ |\ // ,r'<,ハ     >─< ̄)
    /| /     、Y  /    r‐ ヘ._  /)\    Y
  /  .∨        \.「ヽ--、_.ノヽ. /´| l´__ノ    ハ
  !    ヽ.        r| /  / ./ヽハ ゝ、____,メイ
  '、    \        !ヽー‐ ァ' ̄/ ヽ/ ∨     /
   \.    \   ./|   ̄   ム/   |    /



       _, - ─ ‐- ノ)
     , '´  ,r '"´ ̄`ゝ,!`ヽ、 , -―- 、
  ー=, '   //, 、ヾ、`ヽ i`ー‐ヾ、_,   ノ
   / , ,/;'´ ノ } ノ ゝ.,_}ノ、 )`iー'´   〈
   ! ノ }ノ ( ノ´   ィ卞Y从〉      )
  ノ ;'゙ ;'´ノ ノ´ベ"   ヽッ! {ヽ,ゝ   /
 ´ノ,{ i '´ノ,fj;:::ッ〉   ` ゙ jゝ`>/
 ´ノ ヽ )'´ )、~´ ゛   ー '  ハ,_`ニ=-             もう2度と貴方が歴史の闇に埋もれないように―――――
 ´レ'ノ´ゝiヽ(-_ゝ、    ,.イノノ/) 'ス
  ´ゝ、)ヽト ゝ,.>`  T´レ'´Y //不、 , -―- 、
    ノノレ'ヽノ、ゝ,}_ _ `,ー-イ   ¨ニ⊇\    ヽ
   ´ / ´ , '´ ̄`ヽ"'‐r-'/    八 >‐r「|7_    〉
    /    !       \,`゙l_  f´´フ)ヾ‐´ ̄ `! /
    !    ',         ゙「| |`「/7,´!、 \   jノ      _,. -‐ '´ ̄了:}
    |     ヽ     ('´) ̄ ̄`ヽゝ.! /`ー-'ァ      /       l::ノ
    ヽ     \   !i´       }-‐ ´i‐-、r‐'´ー-‐'´ ̄      ,r‐┴- 、
     \    \ リ      j    '、_r'          _ -─ '     ヽ
       ` ー――ヾ       /  /         __/           }
             ゝ、   /7"´              _______ノ
               ` ̄´ /        、___/  ̄´       /⌒!
                    ,'                            /::::::::/
                     {     ` ―- .,__           ト--'
                   i             ` ̄` ー‐- 、   ヽ
                  ゝ                 /⌒ヽ   }



586フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:33:31 ID:RXuLeA7C

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



587フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:33:54 ID:RXuLeA7C


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

                        某国、某所―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                   _
                , < : : : : : : : 、
              / : : : : : : : : : : : : ヽ
                / : : : : : : : : : : : : : : ∧
             ': : : : : : : : : : : : : : : : : :i
                 ": : : : : : : : : : : : : : : ,: : !
            /: : : :/: : : 二≠z : : :斗 リ
            /: : : /://V弋チ7ヘ tィ.:乂    さーてと、俺の用事(アトラス院襲撃)も終わったし
          ///: :ィ:.ヽ/       ヘ从ソ     また気ままな旅を続けようと思うんだが
           //∧  ィヽ   、_ _'/ /      はくのんはどこか行きたい所はあるか?
            イィ彡/.:.:.:.:.>、_  イ
           _,. -‐\:.:.:/.:.:l/:.`ー:.、
             /.:.ヽ.:.:.:.:.:.∨.:.:.:.lヽ,:.:.:./、
           /.:.:.:.:.:,.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l^!:.:./.:.ハ
            /.:.:.:.:.:.:.,:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l|ノ:.:.:.: }
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.!/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.'i!:.:.:.:.:.:!
          /.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.:.:.:i
        /.:.:.:.:.:.:.:.:.:,.个:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:,
      /.:.:.:.:.:.:.:.:/  i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.{
      {:.:.:.:.:.:.:.:.:/    |:.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:ハ     ,‐
     !:.:.:.:.:.:.:.:i     !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.ノ   _ , ノ !_
     ヽ:.:.:.:..:.:.:.、    }:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.::}-イ^':i/´ イ `}
       `:.:.:.:.:.:.:.:`:、 i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:!:/.:.:.:i ノ `r_)
        ヽ:.:.:.:.:::.:.ヽ |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ハ:.:.:.:.:.i_:.,:._:` --"
          \:.:.:.:.:.:.`.、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./ i:.:.:.:.:.ヽ



            _,, -‐''": : : : : : : : . 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : =-、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        /: : ::l: : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ト 、
       /:/: ::l: : : : : : : :;/: : : : :/: : : l: : : ::l: : : ,
       /イ: : ::l : : :l: : : :/: : : :/></: : : : l: : : :',
        {: : : l: : :/l: : /: ://イ 仞ヽイ: :://l: : : : l    じゃあインドに行かない?
        l: : : l: ::/ l:/从:リ      l: /ryl;;: : l: :l    ちょっと個人的に調べてみたいことがあるんだよね
        ハ: :;;l::/;;;\ゝ',         ゞ'/;;/リl::l
       rz=-l:// l:l ¨{          l/イ  l/
      ////////≧=- __ ヽ  ,   ,'
  _,, -‐''"//////////////////\  /
 ///////////////////////////ヽイ
 /////////////////////////////\
 ///////////////////////////////ヽ
 ////////////////l////////////////\
 ///////////////八/////////////////\
 /////////////////\/////////////////\



                    .-―…―-. .
                  /: : : : : : : : : : : :\
                   /: : : : : : : : : : : : : : : : :\
                 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ: : : : :.
                /: : :/: : : : : : : : : : :、: : : : :l: : :!: : |
              〃: : :{ : : : : : : : : : : : :\: : :ト、: !: : |
               l|: : : :.|: l: : : : : : !: !: 、: : :_i: :.!:|:ヽ: ::乂_
               l|: : : :.|ハ:、: : : : |: ト、:斗: :i: :.!:|:l:.∧: :l⌒ヽ   おっけー!
            八: : : :!弋心、: : i´:! 弋刈ハ: !:lヽ{: ト、:!      じゃあ次の目的地はインドな!
            ' ハ: : :| `¨´/ヽi:ト、! `¨´ノ' !/://ト、≧!=、    他の2人のそれでOK?
               ( 八ハ    :| 丶    ノ{ノ ∧: :.ト、
              {: /: ∧            厂: : : }: 乂ヽ
                  l:'/∧: \` ー―一' イ{:从: ! :ト、:⌒ヽ
                 ノ' / ノ: :ノノヽ __ / 〃 〉.:)ヽ:l )'
                / ´ /{「// // / /.:.:.:.:}.:\
                   // || / /'  / /.:.:.:.:.:.\.:\
                   /.:./   !!ノ   / /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.>.:.\
             /.:.:.:.{  〃  / /}.:.:.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:\
             /.:.:.:.:.:ノ}/∧ 〈  / /.:.:.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
             /.:.:.!.:./ / /:.:∧ ∨イ}.:.:.:<´.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:./.:.:}
              〈.:.:.:.|.:.|/| /.:.:':.:.:ゝ彡リ.:.:.:.:.:.:>.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:./.:.::∧
                Y´:!.:.|/}/〉.:.:.:.:.:.:.:.:.//.:.:.:.:.:./.:.:.:/.:.:.:.:.:/.:./.:.:./.:.∧
            ∨!.:.{!_| |.:.:.:.:.:.:.:.://.:.:.:.:.:.:.:〉.:.:/.:.:.:.:./.:./.:.:.:.:.:.:/.:∧



590フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:34:27 ID:RXuLeA7C

       r:-:-、,|:レ_:ニ: :,: : : : : ヽ-.、_
         ̄ア:/: : //: : : : : : : : ヽ: ヽ
         /: /: : : : : : : :./: : : : : : :、: : : ヽ
       /:/: : :/: /: /: : :,イ:ハ: : ヽ: : :ヽ
       |/: : : :/: /:/  |: / ノ´  ヽ: : !: : :ヽ
       !: : : : :|:/|/ _ ´    --、、:|: : :ノ
        W: : : ,ク/´  __    __   トハ!
      /:/:イV:ハ  ,/,ヽ    ´ハヽ |:V!       私もそれでいいよ!
     /: : : : ,}: : :! / {iic|     |ic }.|: :.!ヽ、      本場のカレーが食べられるかな?
    /: : : : :,:(|: : ヾヽ vソ   、 vソ  !: : :ヽ: \    ささっきーはどう思う?
   /: : : /: : }: : : : :\   ___  ,ノ:ィ: : : 、ヽ:、:ヽ
  /: ィ: : : : : : : :|:.ト: : :`:ヽ、  l  ソ  ノ:、: : : :}、:|:|`
  ´ |: /イ:/ レ' ヾ!:i、:ヽ: ト、  ` ´ ィ/ ヽ:}ヽ:ノ ヽ:,!
    V  リ      vVィ、_` ー',Kヽ,    ´
         , ―rr- r<ヽ  }-v.ヽ |、 __,. _
       /三ヽミ!i V=-、ゝハ:.:.:.ハイク|ii!l_三ヽ\
      /三三ヽミリ  ニY  }=:{  >' ヾ ヽミ|三i,
      |三三三!ミ!  ,.イ  |:.:.! ト、 ヽ  )ミ|三ミ
      |三三三|ミ入  ,.イ  |:.:.:.:! ゝ  /ミ/三ミ|
      /レ三ミr=/ミ<`  ハ  |:.:.:.:|r|   'ヾV三三ミ、



             /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
         /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.',
         /.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ハ
.        /.:./:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〃ヽ.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i
       /.:./〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.__//:.:.//.:.:.:.:.://,′ ヽ:.:.!:.i.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
        ///7,'.:.:.:.:.:.:.:.:.:.´「 7`ヽ/:.:i.:.:.:.//ム-‐‐‐',ハ|、.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|
          !|.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:|/ |/j/! !:.i.:.:.//'′     !ハ「.:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|    僕も異論はないよ
          !|.:.:.:.i:!.:.:.:.:.:.:ィ斧ミメノノ |:.//  ,ィf云ミメ、」.:.:.:.:.:.:|.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!    個人的にインド神話に関しては非常に興味深いからね
         八.:.:.:i:i:.i:.i.:.:i:.j !ノ::::} ノ /    {ノ:::;::} Y|.:.:.:.:.:.:ト、.:.:.:.:.:.:.:.:.i
      .   ハ.:.|ハj ヘ:.|仆乂::ノ  /     弋::::ソ ノ.!.:.:.:.:.:.:.!ハ.:.:.:.:.:.:.:.:.:!    そもそもこれらの神話はバラモン僧の口伝によって
      r‐ 、    'j  ,ハ|:.i                    ハ.:.:.:.:.:.j_ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:',    伝えられたもので紙などの媒体手段等で残るものは非常に少なかった
      ヽ ヽ    ./.:.:.从   '              i:.!.:.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.:.ハ   というのも伝承者であるバラモン僧達が伝える際の
         ハ  V  /.:.:./.:.:ヘ  、   _,         从.:.:.:./.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.!:ト、:.',   韻符に拘ったためであって―――――
        |  |  ./.:.:/!.:.:i.:.:.:.\            .イ:.:.:i:.!/ヘ.:.:.:.:.:.:.:i:.j:.:i:| ヽ
        |/ __\/´`!.:.:|.:.:i.:i.:.:ヽ.       .イ:.ノ:.ノノノ.:.:.|:.:.i:.:.:!:.!ハハ!  )
       ノ/  `i \/ヽハハハヘi`ヽー 七升厶イ/j八八八ハj
      /´ -─┐|、___)            )ハ    / {
     /´    ,. }ノ:: }      ,.-‐''て  _」         \  _」\
     {    イーノ::  V ̄´::::ゝー‐''"´ ノ           ̄ノ:::::::ゝ.、
      \  `ヽ:::.   }::::/::::〈  ー 、   _____    〈:::::::::::ノハ
       \   ヽ  ハ/::::::::::ヽ      ´           /::::::::〃:::::!



591フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:35:11 ID:RXuLeA7C

      | : : : : : : / : : : : : : : : : : : : : : : 、: :、: : | i : i
        |:i : : : : / : : : : : : /: : : : : : 、: : :ヽ: ヽ | ト、|
       |:|: : : : i: : : : : : : :|:ヽ: ヽヽ: :\: : : ト、: ハ| i|
        ノ:|: : : :|: : : : :i: : : :ト、:_>‐、‐、一.、: iNハN !
     /イ: |: : :!: /:ハ: :|: : 卞ト、xィ斥ミメ\\乂:V'
      ,.イ: |: : :|//,公、ハ: :iト、 ヾ=' ´ `  ヽリヽトヽ    ただ、口伝による情報量の増大が
       /: :!/乂,.イ{'^ヽNト、\\       -,.イ、      そのまま儀式の複雑化に繋がって
     _ノ,. イ:|: |/: /冫、 jリ、`ヾヽ `   ,.-,.ィ∧.:\     正式な冠婚葬祭には4、5人のバラモンを呼ぶという状態だ
     ーァ':.∧レ1/:| { jイ ヽ.、    -'‐′∧:.:.:.:.:.}     あまりに複雑なので現在は儀式を簡略化する世帯や
      /´フイ:.:.:.|:.:.:| V !   ` ァ ─‐、 ´.:.:.:.:.:.:ノ     一時期はヒンドゥー教から別の宗派に流れる信者までいて―――――
         /:.:.:.:.:.|:.:.∧ V 、  ,.イハ  /:ヽ:.:.:.:.:V
       /:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:∧ \ヽ / / |-,V V:.:.∧:.:.|
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:∧   \ ' ト:.ハ  V:.:.:.〉:|
    |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.ハ   / 〉-'ヽ!:.:i ヽ V/:.ハ
   rナヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.V/ 〈_|_|_レ':.:.|  〉V:.:.:∧
  /:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:∧ ヽ:.:.:.:.:.:..! /  V:.:.:.:|
  |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.∧  \:.:.:.:〈 i  V:.:.:.|



            ,..   ___
           /:/: :':´: : :,:-:-:、:`ヽ
         -=: : : ,: -:v:/: : : : : :\:ヾ、
         /: :/: : :/:': : : : : : : : : : : : :ヾ、
        /: :/: : : : : : : : /: : : : : : : ヽ:: :`ヽ
.        !: /: : : : :/ : : /: : : : :ノヽ: :ヾ、: : : ヽ
        |:/: : : : :/: :/|: / ̄   \: .!: : : :,!
        |:!: : : : :i|:/ _'´,.   - 、_V VV<      専門的すぎてわけわからん……
        /: :リiVイ`:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|Vリ: ヽ
       /: : : :イ:V:|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:: :リヽ:-ヽ、
    _,/: : :/:Y: : ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : :i、: :`: : : \
   /:ィ: : : : : : :.|: : : :.\     '   /イ: : :!:ヽ: : : : ヾ`
    /: :,.ィ: :,.ィ: ハ!:ヽ: : :ヾ`.. ┌ ┐  .ノ: : 人:iヽ: iヽ、: |
    |/  レ    Vヾ ヽ: ト、._ └ ┘.,ィレ|:/'´  ` '   `
         ,. -=ri=ミVヽ \,.ニ´ノ /T rrニ=-、
         ,イ三三i::iヾ|ヽ>、 r-ヘ /_!|ノi::!三ミハ
        |三ヽ三ミi<|, V{´ヽ:::/ X/_|>!:i三 /i|.
        |三ミヽミ, -ヾミ!   }-{   |i三i三/ミ|.
        }三三Y / ノ{i|  |::::|   |iミi:!ミVミ,|



592フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:35:49 ID:RXuLeA7C

            _,, -‐''": : : : : : : : . 、
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : =-、
        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
        /: : ::l: : : : : : : : : : : : : : : : : l: : : : : : :ト 、
       /:/: ::l: : : : : : : :;/: : : : :/: : : l: : : ::l: : : ,
       /イ: : ::l : : :l: : : :/: : : :/></: : : : l: : : :',       >ぎゃあぎゃあ
        {: : : l: : :/l: : /: ://イ 仞ヽイ: :://l: : : : l
        l: : : l: ::/ l:/从:リ      l: /ryl;;: : l: :l     ―――――クスッ
        ハ: :;;l::/;;;\ゝ',         ゞ'/;;/リl::l
       rz=-l:// l:l ¨{          l/イ  l/
      ////////≧=- __ ヽ  ,   ,'
  _,, -‐''"//////////////////\  /
 ///////////////////////////ヽイ
 /////////////////////////////\
 ///////////////////////////////ヽ
 ////////////////l////////////////\
 ///////////////八/////////////////\
 /////////////////\/////////////////\







































.            リ''-、
       .   .,/::::│                         ,,,,,,,,,、
.          l゙:::::::::::,/            ィ,!             |::::::│
.          l,,,---'′                            ,i::::::i、l
.         ″              ,               `゙'''''''''゙゙
                       ,‐゚i、
                       l゙._,,,ノ
                       '"
                              ,...                 ノ⌒)
                 .        /(                 ~''''"
                〈ヽ           {:::::::)              ト、
                 ´           ゙'''"              lノ
                                  ,/,ニ''ッ‐
                                 ノ::::′ l
                                     '―.┃
                   . /゙'l                      ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
                    ヽ/                     ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
                                       ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃
                 .                  />
                                ´
                   _,、
                  .,i":::(           _                  <ゝ
                  .゙l.,/        i´ヽ
               . ゛         ゙''v'



               _,,-''": : : : : : : : : : :.,
             /: : : : : : : : : : : : : : : : \
            //: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
            /: : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : :',
            l:l: : : ::l\:\: : : : : : : : : : : : : ::N
            l:l: : : : lイ\:.\: : : : : : : : : : : : ト:.、
           .l:l: : : :l: i,z==ヽ: : : ト:/ ヽ : : : : :::', ヾ
           .'/ヾ: :lヘi 仞  マ: :l リ  |: : : : :ト ミ、     あっ―――――
              ソ      l::/   イ: : : : :l
              、         l∧: : : :l
               ヽ -         l:; 从
                ヽ _  イ   _,,. -‐'//ム
                   ヽ, _, -'"///////∧
                   /////////////∧
                   ∨////////,, -‐''"´/\
                    ∨/_,, -''"-=-///////∧
                    <///////////\////∧
                   // //////////////////∧
                   //////////////////////l
                   ///////////////////////l
                  ////////////////////////l
                  //////////////// /l//////l
                  l/////////////////l//////l
                  l////////////////l///////l



594フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:36:20 ID:RXuLeA7C

.            リ''-、
       .   .,/::::│                         ,,,,,,,,,、
.          l゙:::::::::::,/            ィ,!             |::::::│
.          l,,,---'′                            ,i::::::i、l
.         ″              ,               `゙'''''''''゙゙
                       ,‐゚i、
                       l゙._,,,ノ
                       '"
                              ,...                 ノ⌒)
                 .        /(                 ~''''"
                〈ヽ           {:::::::)              ト、
                 ´           ゙'''"              lノ
                                  ,/,ニ''ッ‐
                                 ノ::::′ l
                                     '―.┃
                   . /゙'l                      ┏━━┛         ┃    ┃     ┃
                    ヽ/                     ┃         ━┃  ┏━ ┃ ┏━ ┃ ┏━ ┃  ┛ ┛ ┛ ┛ ┛ ┛
                                       ━━━┛   ━━┛    ┃    .┃     ┃
                 .                  />
                                ´
                   _,、
                  .,i":::(           _                  <ゝ
                  .゙l.,/        i´ヽ
               . ゛         ゙''v'



          ,
        (丶.,_,,.. -─-  、.,_
      , '"´  __,,,....,,,_ _    `' 、  、
     /   ,. '"´      `' 、!⌒)-、 \ノ)
    ∠, '´  ' i          |_ ノ   〈
     i     ヽ.   ,' 、 _L、.._  ヽ.!    ヽ.
    ノ      l  ハ |  \|__`ト、  ハ     \
   く__   l   ハ _i_ ヽ!  , 'T7ニ、Y´  ゝ、   (⌒
    `ヽハ  |´Tニ7、   弋__,ノ八  l    ヽ、    あっ―――――
     <._,\i 弋__.ノ .    xxxx  ノ      l
    /  )xxxx        <. (       , '´
   /  <   ゝ、   ^     ノ)  iヽ. /`(
   l    `ゝ.,  `゙iァr-  、<´ ト、 /ヽ、(
   ヽ.   , '´ ̄`', ,.イ/L__/  `>V   `ヽ.
    \i    ;、_! ,<l ムヽ.    /゙,'´_`ヽ、   ',
   ┌ヾ´|`゙ァく., メ、_|(`'´)ヽ.__,.イ  `ヽ ',   i
  ./ヽ.,.┴-L,. フ┐  Y ァ ⌒'∨     ゛|  /
  l   i    `ヽ.〉  ()! <()/      i-‐'
  ヽ.,,__|        〉   ! ゝ./        ∧
     ',     i-lニ二l´ ̄  `ヽ.   ,.イ ',
     ハ.      l__!_,,.!      ` ∧|  〉



596フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:37:19 ID:RXuLeA7C

































                    ィ-、
                 _,, - (`ー==''''''` ‐-
               ,.ィ:'゙:.:.:.:.:.:.:/`゙`'''ー=-、:.:.:.:.:`7-、
         、__,,,,.ィ':´:.:./:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ヾz/ └-、
           ̄〃:.:.:/,:.:.:.:.:.∥:.:.:.:.:.:l:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:l    )ヽ
          〃:.:.:/:.:/:.:.:.:/:li:.:.:.:.:.:.:.:l:.l:.:.:.:.:.:';:.:.:.:.:`ー-ri'":.:.:.`ー-ノ
       (、__,/:,:.:.:./:.:j:.‐''´i`:ト-:.:.:.:.:._⊥L、,:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.マi:.:.ヽ:.:.i´
          `ー'7゙:.:.:.:!:.:.:l:.:.:.:/l:.:l l:.:.:.:.:.:.:ハlヽ:.`:ー:.、:.:.:.:.:.:.:.! !:.:.:i:.:.:.l
          j:.:.:.:,イ:.:.;.:'、:.:.l ヽ{ ヽ:.:.:.:j´ ヾ,~ヾ:.:.:.:i!ヽ:.:.:.:.:l l:.i:.:.!:.:.:!
           i!/:;/:.!:.|:';.:.トゝミヽ ',:./ __ ヽ、 ヽ:.:l !:.:.:.:.:.:.l l:.i!:.:!:.:.ハ
          ヾ;.|:.:.!:jヾ:、| | (i` レ'ァ=r=ュ、,,,_V/l:.:.:.:.:.:.l l:.l:l:/:.:.! `ー    セイヴァー……
          i'、;j/:.:.:.:.lヘ弋 ノ     | └、じ゙`')゙/:.:゙,:.:.:.://:j:l!:.:.:j
            j:.:./:.:.:.:.:l!""` ,     ` ー≦ュイ/:.:.:.:.:`ーj j:.:l/:.:.:j
          j∥:.:.:.:.:.:.`.、        `` /:.:.:.:.:.:.:.:.://:.:/:.:.:/
           Ⅵ ,i:.:.:.:li:.:.:.丶、  、_     !:./:.:.:.:.:.:.://:./:.:.:/
           Ⅵi:.:.:.lヽ:.:.:.:.:.:`.:.、,,,, -‐ ' i!/l:.:.:.:.:.;イ/:レ:.:∧l
           ヾ\:.', ヾ:.:.:,:.:.:.;,ィ-|__,,,,-弋l:.:.:.;イ,イ:/:/ ヽ
              ヾト ヽ/ヾ/l /,     )//lハ:(
                ,z=≠ミノ7〃j/ |    .// ミ ヾ`´
            〃  ∥l /ヘノ~ヾil  //    \_
         _/7i,、||   〉、 /l: : : :ノ j,,//⌒ヒノ⌒`ーミ=フ
        〃Y .l .lil  / ≧il_ィZ゙/ // ´  ==   ヽヾ,ヽ
       /r| .l ! .l~'iil〃/    ̄ `く l/ /         llマハ
        // l ! .| ', ヾムz‐-..、   ヾi          }l l .l
        / l l l ' .゙ ll (::::::::::::ヽ    l          iノ./

































                        , イ: : : : : : : : ::::: : . 、
                      /: : : :/: : : : : : : : : : : ::ヽ
                     /: : : :/: : : : : : : : : : :l: : : : : ハ
                     /: : /: : .イ: : : : : : : ::l: : : : : : ::;
                   /彡イ: : : /: : : /: : : : :}: : : : : : : i
                    //: : ::/i: /: : ::/: : : : :/i: : : : : : : :l
                    /: : /' {ハ: : :/: : : :/_l: : : :/l: : /
                    从: :ハ  l l/ l: :/仗ッ l/}:./=l:./     父さん……
                  _ ハ: : 个 l         l/゙ソ/
             _,,.-‐''"////l//l//|l ト       _ /
            イ/////////l//l//l ヽ \   - _  イ
          ////////_,,. -‐''l//l//∧ `, \   ///
        /∧/∨_,,.-''//////∧/∧//l  \ /7l////
       ////\∨//////////∧/l//∧  ≦/////
       ///////\\//////////\\イ\--イ ///
      /////////// \/////////// /////////
      //////////////;////////// /O////////≧z- 、
     //////////////;///////////// {////////////∧
     /////////////;;////////o/ /    \/////l / ` ミム
    /////////////;///////////        \////l ヘ ヽ \
    /////////////;///////////l         >/- l-l/∧ ヽ  ヽ
    l////////////;/////////// l      _,,.-'///////// l l / |
    ////////////;////////////   -''///////////////7-- イ
    ///////////;///////////// \////////////////////// l



597フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:37:47 ID:RXuLeA7C










        γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
        |     私は―――――       |
         乂______________ノ










                                                 γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                                                 |     俺は―――――       |
                                                  乂______________ノ











































                         γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         | 「「貴方が繋いでくれた今を生きています」」  |
                          乂___________________ノ

















598名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:38:30 ID:RCGGXkG7
感無量


599名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:38:39 ID:Cjj3qrpf
子供たちの明日を守る、父親として本懐である(確信)


600名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:38:58 ID:4K4+UMlL
溢れるトゥルーエンド感


601フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:39:08 ID:RXuLeA7C

                              ,. <: : : : : : : : > ,
                        /: : : : : : : : : : : : : : : `: :.
                        / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
                       / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヘ
                    /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : : : :∧
                   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: : : \: : : : : ∧
                   ,': : : : : : : : : : : : : : : : : .; :ヾ: : : : ヽ : : : : : ',
                  ,', : : :i!: : : : : : : .'; : '; : : : ヽ: :ヽ: : : :ヽ: : : : :',:',
                   i!l: :i: :i!: : : ', '; : : '; : ';'; :ヽ: :l: : i!: : ヽ: : : : : : ',:' ,
                   i!l: :l: : i!:ヽ: l'; ヽ: :ヽヽ';ヽ: ヽ:⊥-i!一ヽ: : : : : 乂(_
                    i!l: : l: :ヽー-⊥_\:ヽ:ヽ:ヽメ、,⊥-キ: ヽ:\ : : : ',、⌒ヽ
                   i!l : : l : : ハーfェィヾヽ:ヽ: ´:i、.ゞ゚'_,メ、'; i!\:\: : ',ヽ
                       i! l : : ',:: : :`i-‐ ´ヽ、ヽヽ从ヽ    l从: : : : : :ヽ', ヽ
                    i! ',: : : ヽ从ヽ、    i!ヾ\ `   !,'リ\: : : : : :ヽ
                       /从: :i ヽ`     i! ,      / : : : \ヽ⌒ヽ-'
                   //: : :,イ:: :ハ,  、_   _,  /: : :ヽ、ヽ:\ヽ
                        ノ/: : //: : : /:〉、 `ー=一' ´ , イl :ヽ: : { \ヽ⌒ヽ
                      {: ://: //:///,イヽ       ' lヽ从ヽヽヽ  ヾ
                      l从ノ // /,.。/ l  ` ー ´  .l ゝ,、、ヽ `)'
                         ` , -=/ノ  j、        jヽ  ヽヽ= 、
                     , -ニ三:/::i ,  /::ヽ      !::::ヽ   〉ヽニ=-
                 , -ニ三三::/ニ{/l  i-- 、 __,z一  /l /三ヽ三三-
              ,.-=l三三三ニ/三=i ヽ l〉、  `¨´  , イ∨/三三ヽ三三三ニ=、
              l=ニl三三ニ=/三三l ::',',∨>、_ _,イヽヽ,/ l三三=.',三三三iニl
              j=ニl三三ニ/ニ三三l : ノニ=<_l,>'´:.:.:.l   l三三三',三三=i三l
              /三=',ニニ=/三三三=', /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l   l三三二=,三三iニニ:l


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【垣根帝督】

 元聖槍十三騎士団の少年。
 世界を転々と旅して趣味の考古学研究に興じながら面白そうな厄介ごとに首を突っ込むという
生活をしている変わり者。
 なお、今回の聖杯戦争に関しては完全に巻き込まれである。

 初日でアサシン陣営へ突撃お宅訪問し、セイヴァー陣営とも遭遇してコネクションを作り、
2日目にキャスター陣営と遭遇して白野と仲良くなった上で彼の厄ネタ情報をすっぱ抜き、
得た情報を友人であるランサー陣営や厄ネタ排除に動いているセイヴァー陣営に拡散した。
 さらに終始セイヴァーの相談相手となり、最終決戦においては友達の白野を止めるために
セイヴァーと共に立ち向かった。
 うん、間違いなく選ばれし馬鹿だよコイツ―――――

 聖杯戦争終了後はネイトの指導によって白野と岸波さんに常識がインプットされたのを確認して
白野達を連れて諸国漫遊の旅に出た。
 以前の一人旅と違って賑やかな旅路は帝督にとっても喜ばしいものだったようだ。
 数年後、彼はまた新たに聖杯戦争に巻き込まれて”物質主義の魔王”を縁召喚した挙句に
彼女と共にゲラゲラ笑いながら黒幕にランダム襲撃をしかけるというアカンことをしでかすのだが、
詳しい顛末については一旦筆を置こう―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




602名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:40:26 ID:5a1OTpd1
ナヘマーさんに会えたか、良かった
そして黒幕ダイイイン!


603名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:41:02 ID:4K4+UMlL
提督がナヘマー呼んだのはさとりんの次の戦争とは別か?


604フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:41:34 ID:RXuLeA7C

                                  ト、
                               _ {: :.  ___
                           ,._: : ̄:_:`ヽ:}/:_:_/
                          /: : : `/: : : :\_, - 、ヽ、
                         /: : : : : : : : :,: : : : : : : : : \:ヽ
                         〃: : : : : ,: :/: :/: : : ,: : ,: : : :、: ヽ: .
                      //: : : :/: /:/{:イ: : /:/ 、: : : : : :V
                       |:{/: : /: /{/  {:/´/   \ : | : : }|
                       |: /:|: |:/, --- 、リ    , -- 、∨: :l/:|
                      /イ:VNイ              `|/N : {
                    / /: :|: : | ,ィ雫ミ、     ィ雫ミ、 |: : |: : \
                    ,. :´ : /: : { { {::(_      {::(_ Y|: : :V: : : : 、
                  /: : : :/: : 从  Vり       Vり ノ.' : : : V: : : : \
                  , : : : //: : : 、: \     ,     /ィ : : : : |: :、: : : : :.
                  /:イ: /: :_|: ∧ : : 人          人: : ∧:|\}\: :|リ
                   { ∨´  V  \: :.个 . `   ´ . 个: : / リ    V
                         ∨ | 从|` - ´|/从|: イ
                            ∨⌒\_/⌒∨
                           _/\  //∧   \_
                      ,ィニニ∧:::::::、∧//∧_/:::/ニ> 、
                      /ニニニニ\/ }//{  \:/ニニニ∧
                    ,:ニニニニニ|   |// |   }ニニニ/ニム
                     /ニニニニニ|   |// |   |ニニニ.'ニニ∧
                      {ニニ∨ニニ,    |// |   |ニニ∨二二∧
                    /ニニ,'二二      |///|   Vニニヽニニ ∧
                   , ニニニ| ニニ{ ::::.........|///|.....::::::}ニニニ}ニニニ∧
                    /二ニニ人ニニ| ::::::::::: |///|:::::::::::|ニニ 人ニニニ∧


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【キャスター(劉沈香)】

 中国に伝わる神話伝承の主人公。
 マスターが聖杯で願いを叶えられるように手助けをするために召喚に応じたが、
召喚者である白野があまりに厄かったので彼が日常生活をまともに送れるようになるようにするという
願いに方針転換することになった。

 当初はマスターと良好な関係を築いていたが、聖杯戦争が進むにつれて異常な行動を取るようになった
白野に胃を痛めたり、涙目になったりと大変な目(心労的な意味で)にあっていた。
 さらに白野が隠していたとんでもない真実をして気が動転してしまい、どうすればいいか
わからなくなっているうちに白野に今までの礼と称して受肉させられた。
 しかし逆にそれで吹っ切れたのか「私がこれからも白野を支えればいい」と心に決めて
彼を縛り付けていた孤独を打ち払う一助となった。

 聖杯戦争終了後は立花響と名乗って白野や帝督にくっついて旅に出る。
 生前には見ることがなかったあちこちの国を見てまわる旅は彼女にとっても新鮮だったようで
時に白野のことを引っ張りまわして彼に苦笑されながらも気ままな旅路を楽しんでいたようだ。
 ちなみに響と白野の恋路の行方は……この場で語るには無粋なことだろう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




606フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:43:30 ID:RXuLeA7C

                          _,. - ―― ― - 、
                           , <: : : : : : : : : :  ̄ ヽ: >、
                     /: /: : : : : : : : : : : : : : : \: :\
                     /: /:/: : : : : : : : : i: : : : : : : : : : : ヽ
                   /: : /: :/: : : :/: : : : : :/: }、: : :': : : : : ヽ: : '
                     /: : /: :/: /: :/: : : : : :/: / ヽ : i : : : : : : : ハ
                 /: : /: :/ : j: :/: : : : :,イ}: /   '; : l: : ': :' : : : : ハ
                   /: : :′:l{: : i!: ′: : : / j /     Ⅶ: : :i : !: : ': : :'
                     /: : : l: : :!l: :j_l_j!:__:/ /′ - ―':f ト: }: :l: : :i: : :'
                  ': : :/: : : :li: ´!Ⅳ: : :/` ノ'       _,}' Ⅶ : l : : }: : :l
                 ′: ': : : : :{i : l }lェム、.,      ィェf示゛ァ: i: : : !: : :i
                 ,: : : l: : : : : Ⅵ:k{ う:::::fハ    ' う::::::リ 'リ: j : : j!: : ハ
               , : : ィ!: :l: : : : lヽ` 乂zり      ー゚‐ ′ !イ: : : l{: : :八
                !: :/ i!: : i: : : : トハ         ,      ノl: : : : j{ : : : ヘ、
                  l: :′l:i{: : ,: : : :l:.ーヽ                /:i: : : :ハ: : : l `
                  iハ{  !ハ: :l , : : i:.:.:.:.:.:.、    `  ´     ,イ:.:j: : j/:.:jl: ハ j
                {   'i ,: , ∨: {!:.::.:.:.:.:> 、    , イ!:.:.:ン: :/:ルl:ノ '}
                  { ヽ、 ヽハヽ}ハル八j `   ´   lノイ: ノ}ノ  リ
                         '}      ノ       `く′ n _
                     ,. -vnfjぅ- ‐ ´   、  /    ミぅfくn⌒>、
                   ィ、. . .r゛fjX  ̄` ー 、   ′ ´ ̄  yふィ. ./. .ヽ
                  ,. . . .ヽふnt         ー       ィmく/. . . . ハ
                   l. . . . . ミv{イ                 =}x= . . . . . .i
                    j. . . . . . 不ーr ., ______,. - r― 7 ゛ハ. . . . . . ',
                 i. . . . . . .l{∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨}. . . . . ハ
                 l. . . . . . .ji∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧_,ィ{ . . . . . . l
                 i. . . . . . .}―――-′ /___ / -‐ ´ ̄. . . ハ. . . . . . .l


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ネクロノミコン(岸波さん)】

 魔道書ネクロノミコンに宿る思念。
 主である白野の母親代わりを勤めていたがその有り方は完全に歪みきったものだった。
 白野に対して外道の知識を叩き込み、外なる神を呼んで加護を与えてもらうなど、
実は白野の”孤独感”を増長させる原因を作っていた。

 だが、聖杯戦争終了直後からネイト(もといバーサーカーおかん)により教育的指導を受けて
徐々に、本当に徐々にだが、更正の道を辿っていった。
 なお、更正時に帝督に付けられたささっきーという徒名を妙に気に入り、
現在はささっきーと名乗っているようだ。
 無事にネイトから人格を矯正された後は帝督が専攻する考古学に興味を持ち、時折彼と専門的な
議論を交わしながらも白野達との平和な旅路を謳歌している。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




608名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:45:58 ID:Cjj3qrpf
うん、よく生きてたよな流石バーサーカーおかん改めネイトさん
より良い形で白野と仲良くなー


607フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:45:11 ID:RXuLeA7C

                        /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
                       /: : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
                     /彡: : : /: : : : : : : : :l: : : : : : : : : : : : : : :: : : : i
                     //: : : /: : : : : : : : ;: l: : : : : : : : : : : : : : : : : : ::i
                     //: : : : l: : : : : : : : : l: ::l : : : : : ::l: : : : : : : : : : : : i、
                     /: : : : : l: : : : : : : ;: :l: : l: : : : : : :l: : : : : : : l: : : : ::ハ
                    //: : : ィミl: : : : : : /:/ヽ: l: : : : :l: : l: : : :/: l/: : : : : li
                    { l: l: : 炒ヘ: : : : 7l/_--V: : : : :l: : l: : /: :l/: : : : : : }
                     {从: N  ハ: V/弋ツ_>v: : :/: : l: :/: :/: : : : : : /
                       lハ} /  V      乂:/: : : l: : :/: : : : : :/ノ
                        !ヽ           ヽ: ハ/:/: : : : : /
                        ヽ  ´         リ  ノl: : : : : :イ
                    _  -‐  ̄入-_、      /^ ´  l: /ハ: : i\
                  /        , {     _ イ       {い:l// ヽ
               ,   ´        , ィ ヽ - = 、            V/////\
            ,_ ´          イ/ム V//// ヽ          /////////\
            .l////>- 、  _ ィ////// ゝ-'//Y   l        ////////////\
            l////////i ⌒///////////////i          ///////////////\
           l////////l ///////////////l//l ヽ _    __ //////////////////ヘ
           l/////// l/////////////////{//l        ////////////////////// 、
           ////////.l///////////////// V/l\      ////////////////////////ヽ
           l////////l////////////////// ヽl  ` --- イ///////////////////////// ヘ
          .l////////l////////////////////ム     ////////////////////////////ハ


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【岸波白野】

 アトラス院によって送り込まれた『真の聖杯』。
 自身の実父を事故で殺してしまい、罪の意識に塗れて彼は常に孤独であった。
 その上、アトラス院による数々の実験により心身ともにボロボロの状態で母親と呼んで慕っている
ネクロノミコンに褒められたい一心で外道の知識の教授に耐え抜いた。
 己の中に存在するエリオに支えられながら、彼は孤独を癒してくれる誰かを求めていた。
そしてエリオの復讐という願いを叶えるために、彼が楽しげに話す父親に会うために、
主催者側の4騎のサーヴァントに加え、キャスターを召喚して聖杯戦争に臨む。

 しかし、己のサーヴァントであるキャスターと交流するにつれて情が湧き、垣根帝督と友情を深めることで
彼らを騙す罪悪感と己が目指す復讐への迷いが生まれる。
 さらに、己の前世であるエリオの父親、セイヴァーと遭遇し、内心では父親のように慕うようになった
彼から”子供が間違ったら止める”と宣言される。
 「この人なら自分の憎悪も孤独も受け止めてくれる」と確信した白野は彼の息子たるエリオと共に
セイヴァーに全てを話して宣戦布告する。
 そして彼らが望んだとおりにセイヴァーは自分達を止めてくれた。
 その戦いでずっと白野の側にいてくれたエリオは消えてしまったが、白野はもはや1人などではない。
 大切な思い人や友人が彼に手を伸ばしてくれたから―――――

 聖杯戦争終了後、四四八が白野に実験を課していたアトラス院の研究施設を襲撃して白野に関する
記録を全て抹消し、ネイトから一般常識について、帝督から魔力の制御についての教育を受けた後、
帝督や響と共に旅を始め、今まで知らなかった世界を知ることとなる。
 白野は特にインド神話に興味を示し、帝督やささっきーと共に考古学の研究を始めた。

 数年後、岸波白野の手によりインドのある地域に口伝として伝わっていた
己の国に善政を敷き、多くの部下や領民や聖仙達に慕われた人徳の王の記録が纏められた。
 その王の名は―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




609名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:46:24 ID:5a1OTpd1
セイヴァーの記録発掘できたのかぁ


610フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:49:10 ID:RXuLeA7C

                        _ ..-‐… ‐- .
                       _r ニメz'´'"   ¨'' 、 ` .
                  /´ィ __ rチ_二ニ= . i⌒; -、、丶
                   // ..rf´ r=、‐‐…弋   ハ  ゚
                 / ' /ア |   ヽ 丶 .ヽrく, ゛  ゛__
                 ,′ /ア7  .!         ', ゙,. ゙. ``'tミ_ヤ_>、
                    ′ .!7 .!   '  ゙ .!   l ,,.rヤ"゙,   l .! 「 ヾ ミヽ.
                 {   {'  !   ! '.、 '.! ィi´リ レV.!   v ! ̄ 丶 `',` 、 .
                 i   !  ',  ィ ¨ヽ.!  !l7r,ィ忝l .! lj ゙ ̄ ヽ ヽ ゛  丶ヽ
                 | , , ゜  く ゙,ヽ'._゙j  ,''〃r“_ツ! l .! リ     l .!!...l   ゙.゙.
                 l !, '. ゛.   ヤィ戈心! /   `"**! ノ /!∧-‐‐ 、! jl l   ノノ
                 ヤ 〉i'. t  《 辷ツゝ、    ノ7イ rァえァ`y./,! l_..イ"
        .------------ヾリ ハ ゙、ネ.込**    _ ノ  , ' ∨,7ィァ'_...Yァ.tニr.i''"------------
                  ! .7 i! (;リソk `t、 __,, r‐= ニ、ヽ _,7イfr '"   !ノ l  !
        ──────┤ { .!ヤ!   Vィ ´  `_ニ弌` Xj′ ;   !ノi 7───────
        | | | | | | | | | |マy.!   v  ,-ォャァ_ァr'-、  .ヤ, /  { |, .i  | | | | | | | | |
        | | | | | | | | | | fyl 、 ,'  ,ァ'^゙ー=l!f{ゝミ.   ヤヌ    lv , !. | | | | | | | | |
        | | | | | | | | l .! { リ  ,/  .′   ゙‐iヽーセ,   ∨′ ! l,'__,, l_|_| | | | | | | |
        | | | | | | | | . ! l_,/  ./   ,!    .rッif‐ミ!i',   マ! ヽi-- ‐‐‐ -ミヽ....| | | | |
        | | | | | | | | r斗:/  t' l   .!i     {{ rトv.   l ヽ ヽj__|.....| | ノノ | | | | |
        | | | | _,-‐= ミ-'z,fヽ!ノ   .!.! ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 7',   ヽ j_ ,r !__ .>ィ '´ ̄¨''ヽ! ! !
        | | /ィ-, 、 __  _ `ゝr' ー!   ,゙ 〉         〈 .     リ ム_ッ''ヽ/   , イr'" ̄¨
        ¨ ̄⌒ー、{_ ヾ´ ヾ、.! _l _ ノ ノ        '、  、   ノ l_j゛、 ' ,rf7ーf rチ,,, _ _


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【古明地さとり】

 かつて日本に生息していた覚りという妖怪の先祖返り。
 他者の心を読むと言う能力を持っていること以外はごく普通の少女である。
 助けを求める誰かの声を聞いて聖杯戦争で困窮している人々を救うために無力にも関わらず参加した。

 彼女本人との相性が最高にして最優のサーヴァントとも言えるセイヴァーを召喚し、共に6日間の
聖杯戦争を駆け抜けた。
 主に読心能力によってセイヴァーの他陣営間との交渉をサポートし、戦闘時においても相手の
スキルを自陣営に移し変えるという能力で大きな援護をしている。
 また、度重なる交渉で胃を痛めるセイヴァーを精神的な面で支えている。
 時に笑い、時に泣きながらも救世者と共に多くの人々を救い上げた彼女もまた”無冠の英雄”なのだろう。

 聖杯戦争が終了してセイヴァーに別れを告げた後は幻想郷の実家で女将修行をしながらも
平穏に暮らす毎日を送っていた。
 だが、困っている人を見過ごせない性格は相変わらずのようで幻想郷で出会った悩みを抱える人々の
相談相手となったり、トラブルに巻き込まれた人を助けに行ったりと
どこぞの王様のようにお節介を繰り返しているようだ。

 数年後、彼女は旅行先でとある聖杯大戦に巻き込まれ、かつて出会った王様と縁のある騎兵を召喚し、
共に悲劇を打ち払うために戦うこととなるのだが、この話はまたいずれ―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




612フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:51:49 ID:RXuLeA7C

                    __     /: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : ___不
                    >、\ /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ̄ ̄ : : : /
                    /: :ハ: :Y : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ―――――=7
                   {: : ヽ |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : _ _ _: : : : /
                   ヽ_: : : : : : : : : : :_   -――   ̄          /
               / ̄:_  -‐_ ̄-―    ̄  ̄  ̄ \ ̄  ̄ 三/
                /二  -‐7 : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: :三三/
              ./: : ィ : : : |: : : : : : : : : : :\: :\: : \: : : : : : \ \: : : : \
            /: :/ ノ : 三ト、: : : :\三 : : : :\: \三\三: : : :ハ三三: : : : \
             .∨ / : ニ三|`` \ : : | ̄ ̄ ̄ ̄\|\三 \三ニハ三三三三三>
                /ニ三ノ|=| _   \|  _z=天=-ュ   \三|\三|三三三ニ<
            /ニ/ |ハ ^立、    "K、ノ| /    \! }\|三三三三ニ>
              .レヘ     ', Ⅵ !     !三ノ| /        } // /三三三\
                    l└゙       `ー┘        ̄ /三三ニ\ ̄
                      ! ノ              r‐ '三三三ニl二--、
                    、              / V三ニ=‐'"      }
                          \ `ー― '" ___∠ -‐'"´  ____L__
                       r∠ー‐iT  ̄         ∠´____   ニ\
                       |    ll           /         \ニニヽ
                    /ヽ二ニ  ll             /    二/   ニヽ二ニヽ
                       /   ヽニニ二ll__,     /   二/     二|二二
                  /\    \   ll     _|  / ̄ _       ニ|二二
                    ||   \    l  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ! / ニ二/       ニ|二二
                    ||     \  l   llニニll二二ヽ/ ニ二/          =|二二
                     j|     ヽ   ll   ll二二 { 二/           ヽニニ
                / \  、   ヽ   ll  ll    V/        _-‐=ニ}ニニ
                     | ニ  \ \   |    ll  ll    { _-‐-___-‐_二‐     仁ニ


▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【セイヴァー(サイト)】

 クシャトリヤが横暴を極めていた時代、善政を敷き、数多の人々から慕われた人徳の王がいたという。
 しかし、その末路は悲劇的なものだった―――――
 そして、聖杯に家族との再会を願って召喚された救世者は他者の救いを模索する少女と出会う。

 マスターであるさとりの有り方を生前の自分と重ねたセイヴァーは彼女の願いを叶えるべく奔走する。
 全陣営と初期段階で接触し、ランサー、アーチャー、ライダー陣営らの協力の下、問題を抱えている
リインフォース、シャーロック、リーゼロッテを助けるために奔走した。
 そして己の息子であるエリオと彼の転生体である白野と出会う。
 復讐に憑かれた彼らを止めるために仲間達と共に立ちはだかり、白野の手駒であるアポカリプス、
モンスター、ルーラー、サクセサーを1騎ずつ、確実に脱落させていった。
 消えゆくエリオに「愛している」と伝え、取り残された白野には「1人じゃない」と諭して彼の孤独を払った。

 この聖杯戦争はセイヴァーとマスターである少女によってハッピーエンドを迎えたのである―――――

 ちなみにその後の殴り合いでは最終的に3位となかなかの成績を残している。
 しかし敗退した後、愛らしい己のマスターである少女やしっかり者のお母さんに労われているところを見ると、
十分にこの男は勝ち組なんじゃないかと筆者は思う。

 聖杯戦争終了後は聖杯への願いでさとりに加護を与えてから座へと戻る。
 去り際に「君らしく進んでくれ、いつだって見守っている」と言い残して―――――
 なお、座ではエリオがアポカリプスに追っかけられてるのを眺めて優しげに笑いながら
聖杯戦争で友人となった羅刹王とのんびり酒を酌み交わしているようだ。

 生前は何ひとつ守れなかったと嘆く聖人は今生において多くの人々の命と心を救い上げた。
 彼の意思と志は彼のマスターである少女に受け継がれ、彼女の生き方を通して
また新しい”誰か”へと繋がっていくだろう―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲




613名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:52:08 ID:Cjj3qrpf
サイト王の現世の子供たちは立派にやってるようで良かった
>かつて出会った王様と縁のある騎兵
出演予定策の鯖か、今から楽しみです


614名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:54:48 ID:24VM8kt7
思いが受け継がれていくってのは素敵なことだな


615名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:55:05 ID:5a1OTpd1
マジぐう聖であった


616名無しさん@狐板2015/03/08(日) 20:56:10 ID:4K4+UMlL
サイトを再び呼ぶんじゃないのか、危機には駆けつけると約束したのに


617フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:56:34 ID:RXuLeA7C















                     BGM:ttps://www.youtube.com/watch?v=EdS9hxF_L50

                              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                              |     『さて―――――』      |
                               乂______________ノ



















      ,ilil州li!.i! 州 i州!.l州il!__ⅦⅥli, l!州`Ⅶlil `
      ,州州il!il!.州 .l州i!.lil.l|il     ⅥⅦ|l.i州! i!Ⅷ
     州リ'州.il!.州!.i!l州Ⅶ!.li!     ヾi, マトⅦl! .i!`
     ,iリ'il .lili!.ll!i州!.il!lil!.l!Ⅶ i!      ヾ、ヾ,Ⅶ、
    iリ' i! lil!.li!l州l lil!Ⅷ.i! li!. , ‐ ___     ヽ
    il!' l! lil!.li!l州il.lili!lil!  i! _____ `
    il!   li!.lill州lil.州i|l!-‐',ィテニ云ニ气ミ`        『それじゃあボチボチ行ってくるよ
    i!    li!lliliハ!ⅦトⅦli .州、 l//ゝリ           僕の願いを叶えるために聖杯戦争へ、さ』
    ′   .l州!V ,'Ⅶ Ⅶli!   `ヽー‐'"
          l州. ヽ, Ⅷ l Ⅶ、            |
        lilil!  ヽーヽVli、            |
          .lilil    ゝ、_ハ.ヾ         |
         .Ⅷ    lリl州lハ `            |
        lil!    ' |liリ Ⅶl.、
           li!    .リ'  Ⅷlム、    ヽ、.____



                       _,.イ!
                      ,ィ<//zァ
                 ィ≦三三三ニ<_
           _,ィ≦三三三三三三三三二ニ=-
           ,∠三三ヲニミミl三三三三三≦、
          -=ニフィ/////////lミミ三三三三三≧、
          /////,';7l///,'ハ―-Ⅵミ///≧三三ニ=-
          |l'////,i/__∨〃  ∨l_∧Ⅵ'//////〈´
          ||//i//i' rミ`ヽ|  ´rミl:ヽl//ハ∨//∧ヽ     おまえが行く聖杯戦争について聞いたけど大丈夫か?
          |:!/∧'l lソ , ヽ  ヒl/,イ//,'リ'////∧,\    神霊サーヴァントが入り乱れる魔境な上に
          |:レ':|/l}         ' /// 从//ハ ̄ ̄    あのブラフマーが仕掛け人なんだろ?
          |::::::|i'人   i  ヽ U //_ノイ//⌒ヾ〉
          l/;|′_:ヽ __       イ///´
          }/;ィ|__>=- 〉'二=<.__:|Ⅳ
       _x<::/::.::‐z::|:|::::_;ィ=::.::.::.::.`ヽ、
     /, -ィ=‐__--イ__:〉〉__',∨.::::::ヽ::.::.::\
    从/___ノィ´::::::`Y´  ,'   ヽ\ ―\::.::.:ヽ
     ,イ   :|:::::::::::::|  ;      ` :\   \::::|
.     ,'::::|   |:::::::::::::|  ,′       Vi.    `ヾ、
    i:::: |   |:::::::::::::l ,'        从     ィ/::i



::::::::┼-::ミ:::::/|::!. Ⅵ:::i:::::::::::::::\
::::i:::::|:::/ |:: フミ|/ィ }:l::::|::::::ヽ:::マ ̄ ̄
::::|::: |/ u.|/    ,ハl::::|:!::::::ム::ム
::i:|::: |_xzzz=ミx / .|:::八::::::ハ:ム
::|:|::::| ヾ< マモドx .|/:::::::Ⅵ  マl
::|:|:::::!   ミx!   }:::::::x::::{  .}!
::| !:::::l  ...     .∧爪:: 八 ./    『ぶっちゃけ僕って弱いからね……
:::!::::::∧  ::::::.  /::.. ママ| ̄V     最終勝利者になれる可能性は低いだろうし
:::::::::::|∧ :::::: i     〉}! /      ブラフマーがやらかした戦争だからロクなもんじゃないだろうとも思うよ』
、:ト、::|\! :::: .し    .{ .|!
..ヽ ヽ!  \::      ノ !
   .\     _  イ
 J        ´  ノ
 _xそ7   ::   /
¨´  :::¨7 ::  .{
.      〈:::..:::::.. ノ≠= ヲ
ー::ミ   ヾ、 ̄    /
::::::::::::\   ーv~、 ムァ



620フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 20:58:39 ID:RXuLeA7C

















                              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                              |     けれど―――――      |
                               乂______________ノ



















                   ヽ         -=ミ、
                    _ヽ`ー=≦:: ̄ ̄`ヽ}::レ- 、
                       、_,.:::-=≦:::::::::::::::::::::::::ヽ:\ ̄`
                  /::/:/::/!:::/::::ハ::::::::}::::ハ:::::ヽ
                 ///:/メ、|/::,ィ升ミ、/:::::::::|:::::::|:!
                 // /:∧::{_/!:/  j/j/|::::::!::::|:::::::N
                  〃  |N 八灼j/ 代z刈:::::爪:|:::::∧
                 {   |! !jハ{ ヽ      ,ル'r^Y::从
                      八ヽ-_、_,.  ,. -イ∧「ヽ      何もしないまま、後で後悔するのはゴメンだからさ
                         ヽ´  ,.イ/ ̄ ̄ ̄ ̄]     同じ後悔するにしても足掻けるだけ
                          ´ ̄>' /三三三三〉    足掻いてからの方がいいだろ?
                          {  //´三三三ヽ \
                         >、V三三三三ニ彡'/ヽ
                             | r<三三三ニ=- /三∧
                       / \三三ニ=―/三三ニ∧
                      〈     \三ニ=-<三三三三ハ
         -、_____,.  -=≦ ̄\      V‐=≦三三三三ニ:|
       ///o/o/////////////////∧    〉ヽ三三三三三三 |
.     / 〈/////三三三 ></////// ∧  /  〉O三三三三三:!
   / /  V///ヽ三三三三三 >、―<//     }三三三=/三三!
    | /  /∧ {三 \三三三三三ニ >< r、    /O三三/三三∧
    ||! /| /   ヽ三ニ\三三三三三三三\\  _厂三三三三三 / 》
   {ノ// :!j  ∠三\三ニ≧=ミ、三三三三三ニ\\O三三三三三./=/
    {/´     i三三ニ,.ヽ三三三 \三三三三三ニ∧ニ\三三三三/=/
         {三ニ////\三三三\三三三三三∧三 \三三=/=/
          \〈 ̄>、///ヽ三三三\三三三三 ∧三三\_/ 彳
.            `ゝ―、〉// ハ三三三ニ\三三三ニ∧三三三三ニ!
               |   V/// ∧三三三三〉三三三三\三三三ニ!
.            /    ト、/// ∧三三三/ \三三三三 ≫<三ニ!
            |    { `ヽ// |三ニ>'   //ヾ
            | { ! ∧〉   \レイ-'-、 /////》
           \! {         ヽノ_ ≫//∧彳ヽ、
            ヽj}       /_ン三 / V ニニ》
                     {三三彡へニ/ ニニ「
                          Vニニl
                            |ニニ/
                            /ニニ/
                            `ー'



             _ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ:_>
          /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\: : :\
            l: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ヽ: : l
            | /l: : : : : \ : : : : : : : : /´ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
          ∧!: :',ヽ: : : : : : : : : :./           `ヽ、
.            jハ: :}ベヽ: : : : __,ノ    . : : : : : : : : : : : : : : ノ
               ヽ| ゝ ン∠ ___ _: : : : : : : : : : : : : : : : {‐ヽ、     そうか……
                  { ̄ ̄ ̄    \  ̄ ̄`ヽ、: : : : : : : : : : (
                 l>‐- _            ヽ: :
              , - ‐′     ヽ ̄ : .
          /              ヽ: : : .
       /           .: : : : : :.\: : : .
       |  \     . : : : : : : : : : : : `ー- 、: : : . .       /:
        |    .\ . : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : . .     /: :
        l     . : \: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : .: : : : :/: : :
       l    : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :  ̄ ̄ヽ_ノ: : : :
       |    : : : : : : :.\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :



621フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 21:00:08 ID:RXuLeA7C

         __ ,ィニ=一'_
       /,´ ̄`´.:..:::..:..:. .:..`ヽ、
      ./.: ..: .: .:_/l:;:.:::.::.:::::. :. ヽ、
      .,イ.:: .: ::./l::/``i‐;::::::.}V: l::. 、 `ヽ、
     ,'.:::: .:: ::::! .!l_ ‐、`.';::::i:! l.}l_i_ ::.:.:.. ::_
    .l:::::: :::.:|l.,ィテミ`ヽ ヽリ リ .l::i`::::. :.ヽ
     ,':::::::..::::| li!l::::リ     ,ィzミ,リ,'::::::. :::
    ノ/lイト;::::|!. `´     /::;;! l.リ::::::::..::    『ん?急に黄昏ちゃってどうしたよ?
    .'ヽ、ん:!l       ノ ゝ' /,'.:::::ハ:::.:    僕なんか変なこと言ったかな?』
     lィーliヽ.            ,イ::::ハ| |!l:.
   .._ 从lヘ      , ‐,    /ノⅣ  l l::
    } ≪..ソ : .ヽ    `´  ./
    .,}ト、 ≫x : `:..、_,... ´
  ィ////>、 ≫x:::; イ、
  /////////>、 ≫==≫,
  ////////////  / ,rz/



    l:::::::/.:::::::>   ,..<::::、:::::::::::::::::::::::\:::.、:::ヽ:.\::::::::';::::.ヽ:::::::::::::::::::::l:∧::::ハ \∧
     l:::::/.::/  ,.イ::i:::::::::ヽ:::ヽ::::ト、::::::::::::::ヽ::::丶∨::\:::::;::::::::ヘ:::::::::::::::::|:',∧::::ハ  ヽ〉
     |::∧  ./::::::';:::ト、:::::::::.\_\\:::::::::l;:::Ⅵ 、::::::::::::.ヽ:';::::::::::ヽ:::::::::::::l:∧∧::::::',
     |/ ∨イ:::::::::::::::ハ x_>、´::、ヽ_:::..\:::|:ヽ:::|‐、ヽ:::::::::::::::::::::::::::∧:::::::::;::::ハ:::Ⅳハ  __
    l   \l\:::::::::::ハ    `,:ィヌヘ.ヽ:::.ヽ!::::Vト { ,'.:::::::::::::::::::::::::::∧:::::;::::::::l:i::|.∨>'´_ノ \
         \:\::::::::∧ .,ィ⌒ヽ_人 ∨::::::::::| ノ.:,':::::::::::::::::::::::::::::::::∧:;:::::::∧l::|/,..:'´:  \
             ヽ:\:::::∧     ヽ;ソ  ∨::::::::|:{.::':::::::::::::::::::::::::::::::;::::―-:、/ Ⅵ/   ,.、     なあに、ちょっと懐かしかっただけさ……
            `ヽト、:::∧     '´   ∨Ⅳ| Y∨::::::::::::;::::<´:..:..:..:..:..:..:..:`:∧   〈\\
               メ、〉          ヽハ!  ><_:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.丶.  \|/
              く.        _     ,}:<:..:..:..:..:..:`..:..:、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..ヽ.   , ‐
                ヽ    _, '.ノ ,ィ≦ ̄:..:..:..:‐..:..:._:..:..:..:..:..:`ヽ:..:..:..:...:..:..:..:..:..:..:\./ _..,
                 ` .` ´__∠_:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:`:..:..:、:..:..:..\:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.У .,イ
               ,  ≦ ̄     \:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:`:..:..、ヽ:..:..:..:..:..:..:.:, ' , '/::
             ,              \:..:..:..:..:::、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.`´:..:..:..:..:.;..' , ' /.:::
            ., '               `:.、:..:..:..:..`::..、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:.., ' ,.:' ,'.::::::
             ,:'                   ` :、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..__:, ' .,:'  ;:::::::::
            ,′                   ` 、:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..:..,.:′ /   .;::::::::::



623フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 21:01:17 ID:RXuLeA7C

.       /.:::::;::::イ/____.../....-‐/―‐-..`.._ 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ\
     /./r' /;!.,'::::::::::::::::;イ:::::::::;l::::::::::::::::::::::::::``:::....、::_::::::::::::::::::::::::',``
...   〈/ . |l:::::|.;::::::::::::::::/ |_:/ ';:::::::::::::::::::::::lⅣ:::::::::::`::...、`ー:、__:::::::',
       ||::: |;:::::::::::::::; ̄l:::/¨¨`;::::::::::::::::::::::l|_∨.:::::::::::::::::::::::...、.`∨,
       |.リ:::l|l::/|:::::::;'.,>≧ミ_ ';::::::Ⅳ:::::::: l|=-';::::::;:::::::::::::::::::::::`ー.、.',
        .ノ' /ll:;::ハ:::::;:イ |ハ .>∨:|!∨:::::::l|__';::::|.V::::::::::::::::::::::::::::::',
      .//  l|::l|ハ::iハ .|l:::`´:!.  Ⅵ. ∨:::::l|7{. Ⅵヽ';:::::::::::::::::::::::lト ∧
      ′   ||从 Ⅵ `.ゞー''   `  ∨:::l|:::ゝイリ./`;:::::::::::::::::::::l| ヽ〉    行って来いよ、ラーヴァナ
          Ⅵハ .l       /l    \ト、:ノ  ,イ::::::::::::::;::::::::|       おまえの聖杯戦争に幸があるように
           Ⅵ }::;        ヽノ            /!.l:::/::::::/∨::::!       ここ(英霊の座)から見守ってるぜ……
            从:.、     、     ,     / ソ::::/.::;′.∨:{
         r―‐-..../、_.V:\         ̄     .イ'::::::/}::/    ヽ〉
         ';::::::::::::::::::::::::::三≧=-...、        .イ::::;::〃 ,'/
       .V::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`>x-<::::__/レ'_ 〃
       ,イ`:、:_::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::>,
   .___く_:::::::::::::`:ー--‐:::::::::::::::::::::::::::::〃::::::::::::::::::::::::::::::::::/
    /////`ヽ_、:‐-、`:::、:::::::::::::::::::::::::::〃:::::::::::::::::::::::::::::::/
     //////////>ミ、::::`ー::::::::::::::::::〈_::::::::::::::::::::::::::::::く
      </////////ヽ <:::::::::::::::::::::〉::::::::::::::::::::::::::_:::}
        \/////////\  }} >-:/__:::;::r‐≦´ ̄ .\



    i{_}i              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::',
    i{_}i             /:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::∧ヾ.
     i{_}i           /:::/:::/::::::/:::::::/::::/:::::::}::::',::ヽ::::::',
      i{_}i、       /::::::/:::/:::::::::/::::/::::/}::::::::::,'::::::}:::::::ヽ:::::',
     {-‐.:'´ ̄`Y´ ̄`i {//{::::}::::::::/:/¨7:/ヽ、|::::::::ハ:::::::}::::::::::}\}
 __,..-〈¨.:,z-‐.:'¨7⌒ヽフ´  /::::};イ::::::/:' 灯芹ぅト.|:::::/,ィ}::;イ::/::::}:}  `
{.:.;z-‐.:{¨-‐二/.:.:.:.:.:}    .}:::::イ |::::ハ{    込rリ |/ イヒハ}/:::::/リ     なあに、途中で負けて帰って来ても
ゞ-‐ ¨´}斗イ´.:.:O.:.;イ     ムイ:ゝ|:/ゞ{    `¨´  ′ 〈:ソ /}:::::/       愚痴だったら酒でも飲みながら聞いてやるから安心しろ
     {ゞxz=ミ―‐'’了У  _}_:::}/`7ヽ.    __   }:. .ハ.}/
     >'「.:.:.:.ゞテイ)、「{‐:'´ ̄: : : :`>x、ヽ.  (二ニゝ   人
     ゝヘヽ:.:.:{¨}´\:ヾ、_:_:_:_: : : : : : : `ヽ.\   .ィ<´
       マ:ゝ.}:::ゝ∠⌒ヽ::::\ヽ: : : : : : : : :`ヾニニイ/
.         マ.:.:}:〔r‐ミ::`ヽ::::\:ヽ.\ : : : : : : : : } }: :/、
.         マ∠-―-x ヽ::\::\::ヽヽ: : : : : : :〈〈: / \
        /: : : : : : : ヽ \::ヽ::::マム `ヽ_: : : :/ム'     〉、
         /: : : : : : : : : :}i  マム:::::マム. j{ `¨77'}「   /: :}
.       { : : : : : : : : : : }i   マム::::マム/  {{ }}.   / : :.}
        _j{ : : : : : : : : : : :}} ; マム::::マム   {{ }}.  / : : :.}
      「: {.: : : : : : : : : :〃 /:  マム::::マム {{ .}}  / : : : :i{_
      |.: {.: : : : : : : : :// /   マム::::マム.{{ .}} i{.: ;z≦ : 〕



                   ,ィ=‐
              ,ィ777チ777>、
             イ////////////ヽ、
               ハ////ハ///l、l//,l//ヽ、
            l/////l‐lトミ|、|ヽ////ミ=-
            ノ/////|` ` ヽ!  リ.|//ト、
            从f.Y:ト| 、_`,.  、__!」;ハl、
             ´ ト|-、  ̄ .l  l/.  ハ     『おーおー、そいつは有り難くて涙が出てくるぜ、サイト
              __,l| ヽ、―‐ .イ|;;;,  , l     これでもかつて三界を治めた大魔王だ
                ,|、`ー--`ー_チ |;' |  lハ     せいぜい出オチで終わらないよう気をつけるよ……』
           _,.イ///777] Y「77,'|;; |  lハ
         ,r=チ//////////,L」///,l;;;;l;;,  V,;ヽ
         |/ヽ`ヽ/////////○//,l .l;;;;,, .V.ハ
         |,|//ヽ,'ヽ////////////; l''   V .〉
       fチl!///ハ l'//////////'';;;; |    l;/!
       |≧ミ=-チ!|//////////`zz'|__   / |
       ///////Vミ////////○///|l/ミ=イ//リ
        ///////,ハV/////////////|ヽ/////
      .////////  ∨////////////l、` ̄´
     ////////    〉////////○//ハ、
    .////////    l///////////////l
   ////////    ///////////r‐v//ハ



625フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 21:02:44 ID:RXuLeA7C

                         , -‐ ――- 、
                      ,.ィ仭ィ,イ州ムムマム.、、`ヽ、
                  ≧チ州'/州リi州l-l|lハツリ.|l li li, 、ヽ、
               ィ仭lレ'イil,州ilイ'リ_' ヽ`リ仭l|l l,|li li,マム
                  ,イ州仭il|.|! 'l!イ'´7テモ、//州lリ州|li.!川ム
                 ./イ州州lリ|!    ヒムイ/〃州リ州州!|l|i州l
                  ./,仭'|ハill´           ,州'仭州|li,州州
              lリ' .l!.!l,|           ,イリイ.lリ レイト,トl州lリ
                  州i! 仁ニ=‐'´   ,〃  , <',うノ州ソ′    さて―――――
                /  |       ./  , --- イ州州ミト、
                      |     ,  -‐ '´    |州|洲トヽ、
                      ヽ≦_ ´    〃   _'|リ_!_ヾ!
                      ,. -、  `V   ,ムイ´ ̄ ̄ ̄ ̄!`_
                  .l   Vヽ、〉ィ "   ,ィ仁三二Z二三三
                 |    |  .|´  ,ィ仁ニ三ヲ仭州洲州l州
                     .|   ノ  ! l|州州|lア,イ州洲州州洲州
                 ,l  /  ,〈 l l洲7チ川イ洲l洲州l洲洲州
               ,/  / ,_ィ',イl、l,ィ!仭洲l|N|洲l洲州州|l州li|
              r '  、イ,.ィ ,{洲○仭イ州州|lミマ州州州州州li
             ′   く//,ィヽミ州i洲州lミム,マトミ州|l州i州洲
            ,'   ヽ   .V〃  `l州l州洲l,イ州ミムマ州洲州洲
             /〈   \  Уヽ ,ィ州洲l州i洲|州洲lマ,マ州洲l州
            ノ〈`ミ、_  〉‐ゝイ州}il州i州l洲l州州洲|liマミミ州洲i|
            ,ィ ヽ、_`二イli|l| 州○ilリ洲l州i洲州洲州liマ州li|l州
         ,イ州liム   ̄ ̄テ州リl三ニ=-li州l洲l洲li州lil洲州ムマ州洲
     f仭州洲Oliー_イ/,イイ州洲ニ=‐l洲l州i洲州洲州イ洲i,マil州
     .l州洲liO州洲州汐仭!州洲州洲州l洲州l州li洲il州洲|ハマll|
     |州洲州洲州チ仭li|!|州洲州州州リl|li州州州li洲l州il!   マll|




















                           、__人__人__人__人__人__人__人__人__
                           _)                    (_
                           _)  聖杯戦争を始めようか!! (_
                            )                    (
                            ⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y











            ┌┐                          ┌┐                    ┌┐
  ┌┐      ││                      ┌┐└┘                    ││
┌┘└┬─┐│└─┬──┐┌──┬─┬─┬┬┘└┬┬─┬┬┐┌┬──┬─┘│
└┐┌┤│││ │ │──││┌─┤││  │├┐┌┤│  │││││──││  │
  │└┤│││ │ │──┤│└─┤│││  ││└┤││  │└┘│──┤│  │┌┐┌┐┌┐
  └─┴─┘└──┴──┘└──┴─┴┴─┘└─┴┴┴─┴──┴──┴──┘└┘└┘└┘





626名無しさん@狐板2015/03/08(日) 21:03:38 ID:RCGGXkG7
その結果が某所の大魔王(手下)……


627名無しさん@狐板2015/03/08(日) 21:04:53 ID:Cjj3qrpf
あれは平行世界の一つだと思おう、此処のラーヴァナ様の心の平穏の為に(震え声)


628フジマル ◆GOcktzjkeU2015/03/08(日) 21:06:09 ID:RXuLeA7C

           , 、_
          Y /:::::::::` 、_              ,,."iヘ
          ヾi:::::::::::::::::::` 、            ,,."´:::::::::::i }
          ( i::::::::::::::::::::::::::\________  /::::::::::::::::::::::i )
  \ /     { i:::::::::::::::::::_,,-''´ : : : : : : ¨''-,,_::::::::::::::::::::i }
    !      ム_!:::::::::_,,r'’: : ; : : :,;,: : : : : : : : ヽ:::::::::::::::i )
    !      r'´ _,,,ヽ,r" ,:': i:i /,;`v';,;,;! :i:ヽ :i: :`、 iヽ _;;;;メノ
   _,,,,,      ! (  /: : i : :l,;l_!    l :l!:i-i´!:i : ! ! !:::::ヾ7
   !--     `ー、/l i : :!: : !、!!ヽ   レ´l;!!:!/!:l: :l: !:'!:::::::ヽ7
.    ̄         /〃ヽ!: :l、 ! ‐-、    ∠,,,__ レ!:/: :!::l::::::::::ヽ7    【あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです】は
    _,,        /   ヽ!ト: ! /      ヽヽ ’!. : :!::、:::::::::ヾ7   見事な大団円で終了いたしました!
  `ー'''7    i 〃    [ ]// i'''''¨¨ ̄ !     [ .]: :!;;:::::::::/    みなさんお疲れ様でしたー!!
   ー'′     `、     [ ]ヽ  l      l    [ .]: :ム:::::/
      /      ヽ   .i: : i ./` ーヽ ______,!,,-‐'" .|: : |: : i `V
    /         ヽ .i: : i/`lヾ¨¨!  ,!ヽ. : : : : ! : :!: : i
    o            丶VV .ヽl::;ヽ .l  /  ,>、.: : :VV: : :.i
                   i`: : : : l:::;:::ヽV,,,-''´::::i`、: : : : : : :|
                   レ从vVl::::(_/l ト、_,!::::::::i_, !_ヘ人从i
                    `、:::/l lヽ::::::::;;;;i= =i
                  /::ヾ’:::::;:`::::::::;_i   ヽ
                    /:::::::::`' ̄`ー''¨;;;;!   `、
.                    /:::::::::::::::::::::::::::::::;;;;!     ヽ
                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::;!     `、
                   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i = = =_.,,,!
               /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー-i''i'''´ ,!
                 !:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;!  ̄
               `ー- ::;;;;;;::::::::::::::::::::::::.__:;;;;;;;;;!
                  l::;;/   ̄ ̄ ̄ !::;;;!
                  l;/       ヽ;;;!



629名無しさん@狐板2015/03/08(日) 21:06:45 ID:Cjj3qrpf
お疲れ様でしたー、苦労はしたけど充実してました。感謝!


630名無しさん@狐板2015/03/08(日) 21:06:53 ID:5a1OTpd1
乙っした―
さあ、次回作だ


631名無しさん@狐板2015/03/08(日) 21:07:22 ID:RCGGXkG7
乙ー
大団円だー!


632名無しさん@狐板2015/03/08(日) 21:07:27 ID:B4itMLss
完結乙です


633名無しさん@狐板2015/03/08(日) 21:07:32 ID:24VM8kt7
お疲れ様でしたー!
ぐう聖ロールできて大満足です!!


634名無しさん@狐板2015/03/08(日) 21:07:38 ID:4K4+UMlL





関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/2449-5708f991

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /