FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです その28

ブログトップ > ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです > ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです その28

4150レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 22:18:49.02 ID:lVybMAX+
人は居ますか?


4151隔壁内の名無しさん2014/10/31(金) 22:19:25.92 ID:zaeq8goJ



4152隔壁内の名無しさん2014/10/31(金) 22:20:06.87 ID:yfJNZRuo




4154レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 23:02:28.90 ID:lVybMAX+






                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



.



4155レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 23:04:50.81 ID:lVybMAX+


  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  | これから偵察を行った後に、セージ達と対決する算段だが―――   |
  乂____________________________ノ



―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |  ││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |  ││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |  ││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |/││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |/││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |  ││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |─┘├――| ||  |
―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ |┴―┘ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||  |
――─────┐ | ┌――─────┐ |──┐ |          | ||  |
_______,,| | l_________,| |__,,| |_____| ||  |
_________|___________|____l==========\||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             /                                  \
         /                                \
           /                                    \
          l二二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二l
            | |l                              l | |
            |_,,ソ                               !,|_,ン



               - ――― -
           ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...   ' ,
         ′/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        , ..〃::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::;へ::::::::::::::';:::::::l
.      !:::′::::::::::::::::::://::::::/  \::::::::|:::::::|
       |::::l::::::::::::::::::/- |::ル' -――j:::::l:::::::l      ”今の内に”しっかりと個人的なアレコレを話し合っておこうと思う
        |;:::l:::::::::::::::/    レ゙      |:::「}::::l
       l',::l::::::::::::::::!==='゙    `===='゙.l::::lノ:::リ       大まかな概要程度しか互いに踏み込んでないんだしね、クレア
      |'ヘ::::::ヾ::::::l     ,      .ノ::;':::::/
        ヾ::::::::::::l           /::::/
            ヽ、::::l\   --    ィ'//
           `ヽ| . ヽ、  __ , ´|
            __ |       ヘ ̄ ̄7
               ヽ   フ      |   L__
              l   ヽ       ,|   .|      ̄ヽ
          _ _ ,ィ'|    ト====ィ.|   /        l
      / ̄     .\  .|       |  /
    /          ヽ、|     | ,r´




4156レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 23:08:49.18 ID:lVybMAX+



              |   乂:. :.:.:/ i           |    ヽ ',   ', i
              |  /   ̄|   | | |         |  、    ',   ', |
                フ'    |   |,/| |  |     |  `、
                /      |   | | |  |     | \  `、  i   i i
.               / i |  i  i| ̄ ト人_! j| \  ,斗   < ̄ |   | |
               /' | |  | 八  |  _八  ヽ /     ', ,'  | |     確かに
           /  | |  |/| |\|      \ |/ ̄    | /'  | |
            i   | |  l从八 __ ,,x    /  x ,,__,/   | |      戦いの最中に長々と敵と語る気はお互いあまりないでしょう
            |_ |人   ヽ ',`¨¨⌒´      `⌒¨¨¨    /'|人
             \_彡、  |ヽ         ,       /   / ,   、
               / 〉   、            ,     /    \
               / /  ヽ ハ           i   i /|         \
                  /    /' ノ      ⌒    |   |   |          \
.        _     /    // \             へ人  、     \   \
     /    ―=彡     //            イ   ヽヽ \     \   \
   /   ̄/    _彡' /      _ 〕  ,,_,,. ´ |     ) )   、      \
  / /  ,   /     /      / V7 v―=彡| _ 彡'      \      \
  i i  /   /     /      </ ハV ∧ V_,,人_             \        ',
  | |     /    /       -=ニ |/ /i 〈 し    / \_         \
  | | i   /    ,    /-=ニニニ 〈/_,,| 〉  /  -=ニニニ=-           i  i
  | | |   i        -=ニニニニニ|   |,/     i-=ニニニ===-    |     |
   ∨  |    |   i-==ニニニニニ|           |-=ニニニニニ |     |     |  /
.  、 、   |    |   |-==ニニニニニ|__ ro)__,|-=ニニニニニ |     |     |/
    \\人   |   |-==ニニニニニ|>''":.:.しへ   |-=ニニニニニ |   ノ     人








        /                \
        /./                 ヽ
     //                    i
    /::/i::::::::::/::::::::::::..          ..:::::::::::::::ヽ
    .i::/.i:::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,ヘ:::::::::::::::::::::::::',
     v i::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/ノ::::}. \:::::::::::::::::::::}
     i:::::Y::::::::::::::::::::::::::::::::/ /::::/   `、:::::::::::::::::l
     .i::::::::!::::::::::::::::::::::::::/  ./:;ィノ __/ `、:::::::::::::!     そういう事だ
     i:::::::::i:::::::::::::::::::::::/\__ レ゙  ._____l:::::::ト::i
      i::::::::',::::::::::::::::::::tッ─┬    、せ'_,イヽ:::i V       まずは僕から聞かせて貰うぞ
     {::::::::ヽ:::ト、::::::::::|-一´   、    /:} ハ:::l
     {::ト、:::::ヽ!::ヽ:::::::|           /:/ノ .i/          ―――クレア、お前は血族の復興が目的らしいが
     ∨ ヽl:::ハ:::::\:::|     _   //
         i/ / ̄ヽ!     ´ _ イヾ¨ヽ-.、             人を食い物にする気はあるのか?
     , -― ―/ , ヘ !   `   .ハ.! /、_\ヘ ヽ
    /-     //  l !  ヽ  / !/  `ゞ .l i
   .i  ヽ      / l ̄ ̄` ´ ̄.lヽ    i .i
    l  ヽ     /  .ト----- ― 'l .ヽ   i  |
    >  ヽ    /   l         l   >  i  |
   !    ヽ   ヽ  l        .l  /  .i  |




4157レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 23:14:12.53 ID:lVybMAX+




              ⌒у⌒) _
             /:::::::/::::////////ハ
            ,':::::::::::///////////,仆
            |:::::://///////////人  `
            |::://////////////     \
            i/////////////
         r: : :-=: : {//////////イ           ヽ
          、: : : : : : {//////>´ j         \
         ヽ: : : : : 〉/>イ  /^i         ヽ      }
          Y: : V      /  |        ト、   :.
             {: : ;'    斗-―{''    i  ┼―- }  |  |      ……人にはその生まれや素質、立場と力に応じた義務
           ゝ:i     { {   八 ト、 |  ノ  ヽ、j  人 |
             j| i、   从 t‐=='' ゝ{ )ルz-==' У ィ、  |       運命付けられた役割という物が存在します
           八{: \   ` ゝ         /イ     ト
            |: : : : : ) у )     '      ノ 小  人 j  \     ―――私は、王になり得る血統を持ち、
            レヘ: ソ ( 仆    、  _ォ   λ(       \
                ´   )八   > __  イ、ハ)   \  \   \   それを望まれ続け……今こうして存在します
           /    >―≦<⌒yヘー…_ト ー--≧ミ \      \
         /     ////////ィ jヽ〉 ̄ i////////ハ \
        /    Y////////〈/ レ     |//////////}
            l////////_ィヌ^)__ 」//////////j             ゝ=ー
      ´  /   j/////// /::ゝイ::ヽ  从//////////,           ⌒ミヽ
      {         //////,/ :::/::::::::::::::::\  \V//////」     )     人  ソ
     、   |   //////〈、::::::/::::::::::i:::::::::::::〉   Y//////|
      \ V  ////////〉:::/ :::::::::::i::::::::::∧    }//////|   /    /
        ヽ、 /////////:::/:::::::::::::::ト:::/:::::〉   i//////j      /
       _V////////ゝ〈:::::::、::::::::|::::〉ー"     ハ//////     {(
      f:::::::////////:‐i  ー^ー" ¨      /‐}////人_    ミ\
      i:::::////////::::::j                 /:::::j//////ハ::‐-..   \
      }::////////:::::::ノ            〈::::::::|///////ハ::::::::フ 八  \



4158レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 23:18:31.10 ID:lVybMAX+



    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    | そう、クィーンにしてキングである私が出した結論から言えば…… |
    乂___________________________ノ






_ 、__               へ⌒////////ノ=-
 ⌒>=- ¨¨ …- 、    {   Y////////    =-
 /      r., r..,.ヘ      〉=‐{//////     ミ   \
   /  r.、 |::|.|:/://ツ\ {  >¨¨ __/iト    } ヽ   、
{     ヽ:`::::;:':::::::/、   ゝ/    斥≧L Y_ 斗ヽ          人と我々の共存は出来ません
Ⅳ   r '厂7^>イー、 ` ミ   イ   从代ツ  レ芯坏  i ハノ
    Y⌒>…=ー77≧_ ≧ ゝ `=‐ 、     ' `¨ 从ル         無闇に”害”を成す必要は感じませんが、
     |////////////      ハ⌒)ノ   r ヽ  ∧ 乂
    " ,///////////         >。  ー   イ ノイ  )         影から人の”上”に立つような姿勢を持ち、
 /   V/////////   ∠ ィ=-< _ ]トス。≦トミ   ル \
Y     ∨//////ムー=7///////////《ハ〉》  >=ー<   \       強固な統制を持つべきだと判断しています
        Y/////////////////////////)  __  V///\   \
         ゝ/////////////////,V/////ム廻ヌ=-ゝ////}    \
乂    /     ̄ ̄ ̄ ̄  ≧7///// /:::::::\:::::<//| ミ
  、            / -=彡   ////  /::::::{:::::::::〉:\:)/|  ヽ   )
   Y       /    /   ///    〈::::::::ィ⌒Y::::::::冫:)       /
            /        //;i;i;∧    T::人:::(::::::イ/  /
   八              {    {(i;i;i;i;i;∧   L:ノ∨ヽ::ノ///|    {
      ミ (  _,  人   \;i;i;i;i;i;i         i   ム//| {
        )¨¨⌒       i \;i;i;}        i   ム//|人   ゝ=ー
                  )ルレ  У      ,  {,///|   ゝ=ー
                                  ’  V//i
                       /          、   V/i
                        /          、   Vノ



4161レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 23:23:51.91 ID:lVybMAX+


              _......
             .z.≦ ..:.:.:.:.:.`:......-‐-ミ
.          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.`:..、
       / .:.: /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ\
.       /:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.
        ′:.:.:./ :.:.:. i ト、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.
       i.:.:.:.:.:.′ :.:.:.i |. \ .:.:.:.:i|:.:.:.:.: ‘ i.:.:.:.:.:.:.:.、      ……過激でなくても、穏やかじゃないな
       |:.:.:.:.:i:.:i| :.:.:.i | /\ .:リ:.:.:.:.:.:.:i:| :.:.:.:.:.:.:.ト
.       i|:.:.:.:.i|:.:i| :.:.:.i |  ,.ィf㍉i:.:.:.:.:.: i:|¨ヽ:.:.:.:i |        一々上に立つとか、共存出来ないとか敵視しなくても―――
     i| :.:.:.i|:.八:.:.:.N .癶,‘.ノ |: /:.:.:.从_) } :.: i:|
     i| :.: 八{_\{      |/|:.: /'   / :.: 从
     i| /{:.:.:.ヽf゙㍉         |:./   「|i .:.:.{           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.      八{: V .:.:.:.'¨´、   __  ノイ    八 从           |  先代のキング……貴方の父上も穏健派として”人との共存” |
          \ .:{\  ´        .イ  .   -- ミ       乂_________________________ノ
          \ |`:. .   / ̄`ー< _____ ヽ
            !.:从.:!` /       .::::::..    ` ‘、
             |/  ソ /              .::::: :::.. \
.               !    〈            ,;::     .:: :.:::::::::::\
               /‘,            .:::.    ...::::::::::::::::::ヽ
                   レ´‘,        、  ‘, ....:::::::::::::::::::::::::.
                 i i        \ ,;;:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 | |         Y..:::::::::::::::::::::::::::::::::i
                 │|      ;:    ..::::}.::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                 l :ソ  . z<    ,;::∧..:::::::::::::::::::::::::::/∧
                 | {≦:::::::::....   // ‘, .:/.:::::::::::::::::,′:. \



4162レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 23:32:26.20 ID:lVybMAX+



                  j⌒\ /⌒V
                      /⌒V ./   i}
                 .′  ∨   jI斗 ‐……‐- ミ
                     i|   .゙   ´ニニニニニニニニ`
                j|    {/ニニニニニニニニニニⅤ
               {i⌒ヽ  ‐ニニニニニニニニニニニ‐
               {i   /ニニニニニニニニニニニニニ}=ニ
             r―― 、 7‐ニニニニニニニニニニニニ7   `` 、
            i|        ‐ニニニニニニニニニニニニ/         \
            i|      {ニニニニニニニニニニニニ‐ `` 、      ヽ
           从       ‐ニニニニニニニニニニ.才゙     ヽ      ,
            \    八ニニニニニニニニ..<               ′
              }    介s。.ニニニニ.。s≦          :}    ‘,        人を避けるのではなく、
              }     ′ ]} 厂 /  {:    ‘,     ;       }  i
                乂____/    .′ ゙ /乂    i}   /乂    i      |    相互理解を深めようと行動していましたが、
                厂  :{i   i: ‐{ァ゙―‐-``丶、i}  ァ゙‐‐‐≧s、j   ;   .|
                   ′  {i   i:  芹竿ミ、   ノ / 芹竿汽  | /         私と同じ結論を下しましたよ
                     从   八   代,__ツ   ´⌒   廴少 }.;jレ'゙    .|
              i     i|\  `ヾ               /  从   |      ―――些か過激ではありましたが
               ゙⌒ 、___j|  丶   ‘,         ,       ′/   、.八
                 ´      \  i}              人(     \ 、
               /       /   ヽ込、   __´__`   /  `ヾ      \\
               /               ´XXXX`` 、イ    )}       丶\
              /        /      /XXXXXXXXXX ヽ   /´             、
                     ′ .jIニ=--7XXXXX>''マ" ヽXXXハー-  __   、      \
         /           {  /ニニニ{XXXXY ハ Ⅴ }XXXXiニニニニ`ヽ  \  \    ヽ
            ′ /       .人7ニニニ从XXX,八} {__}  ;XXXX;ニニニニニ‐   \  \
           /          iニニニニ‐.、 /)分。.. ..ィXXXX/ニ/ニニニニ}     ヽ.  \ .:}
           {才゙   ,      /|ニニニニ//.::/, 、XXXXXX,.什./ニニニニ‐;         ヽノ
.          ´   /    ./  :|ニニニニ7::::゙/::://::/ 7____ ,..イマニ7ニニニニニ7        Ⅵ
     /          /    |‐ニニニ7:::::/::://::/::/辷彡'⌒¨“''≪二ニニニ7       Ⅶ.  ‘,
        /             :|ニニニ{:::::::::::::::::::'::::゙   、  、   `ヽニニニ7        Ⅷ   ‘,
   /     ′   .:/      |ニ{⌒ i=- ::::::::::::::{    \. \  ノ‐ニニ7          i     ‘,
.   ′          .′      :|ニ{`7 i/(i)` <:::; 、     ヽ ヾ\二7         ノ     i}
.         {                 |ニ{ '´ ̄`i Lノ  ノ 丶       ∨ハ )ニ゙         /      ;




4163レイカー ◆ldWJRU2.V22014/10/31(金) 23:38:05.40 ID:lVybMAX+



             ______
           ...::´::::::::::::::::::::::::::::`::.
.         /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
.        /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
.     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
     ′:::::::::::::::::;ィク:::::;イト、::::::::::!::::::::::::::::::::::::.
    |::::::::::::::::::::/./::::::/ || .∨::::::}:::::::::::::::::::::::::.
    |:::::::::::::::::::l /:::::/__ |レ'∨::/:::::::::::::::::::::::::
    |:::::::::::::::::::l |::iレ'=-=ミ .|:∨::/_`ヽ:::::::::::,′      ッ! ……それはアイツが間違えただけだ
    l ::::::::::::::::::l.レ゙ 、__炒ソ :!:::::ん'' /::::::::::′
    |: /|:::::::::::ノ         |: /ノ /:::::::::::.         詭弁を語るなよ
    |/ :|:::::::く        |/ /{:: /: /|:::′
.     ∨::∧            ∨::/ :|/          第一、何を理由に―――
      Ⅵ ∧ -‐‐         V
       |/ 丶  。s≦ / ̄ ̄{_
            ̄_/ ̄   。s≦人
            ./∧o ≦≫――‐丶              f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
.              //|   /     \ ‘:,          |  弱ければ異端……吸血鬼の一種である我々は淘汰される  |
           /¨¨7 |  /       丶 ‘:,            乂_________________________ノ
        /   / |           }  :,
.       /   / ./                 ‘:,
.      /  / /    {  }           ∧
     /   /'゙     .‘:, {          / ∧
     ,′  /         ‘:,}        / ∧
      l   /           .:, /         / ∧
      |  ./             .∨ /         / ∧
    ,′ /            ∨ /         / ∧
.   /  /               ∨        / ∧
   /  ./                   ∧        / ∧
.  /  ./              ./ ‘:,           / ∧






..\
ヽ \  _                     ファンガイアはかつての隆盛や行いも相まって、
 ><,,_ `ヽ
彡   ノ  `ヽ、 \                  聖堂教会等の退魔機関に属する一部の人間からは狙われる対象だ
/. /     \ \
. /  !    / |\ \                私の家族もその関係と一族の中でも高位の血統だった為に、魔術師に殺された
//|  i   / .N  i\ \_.
/  i  |    i }.汽示テ=x_ `ー__
'  | /|i    ! i\ 乂 ・八`ー< `ヽ
   !| !    !. ヘ:::::`ー一'':::::\  |`ヽ、\
   || iヽ   i .∧::::::::::::::::   \|   \.\
.   | i!:::ハ  !/ .ハ::::::::::::  ヽ      \ \
      lト;;..\{ ./ 人:::::::           \ `ーx___
     リ. \ / {l:l:l> 、    - 一-     >‐-=x__ `ヽ
    / /`i\\l:l:l{  l i≧::..       / / / ノ`ヽ \
.      }  ノ.  Y \|  l i }l:l:l:l>   /   / // ./\ \
     / (    |, `\ l | /l:l:l:l:l:l:l: ̄(   / /イ /  ,ノ\ \




4195レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 21:52:39.18 ID:ehbTau3j




      _
    ´  `ヽ
  /      |
. /         i_, -‐-  _
    /⌒"´      `ヽ
   /
''"´                   i        我々に妥協は許されない
フ                      |
. /  /    i,_     i.    !         私からすればクィーンの方針ですら手ぬるいくらいですよ
/ / /   /-(::::::)― ∧    人
. / ./   /! / !!  ,'i,,斗ヤ ,/ト、 `ヽ、       ……まあ、事ここに至れば後は貴方に祈る他ないのですが
/ ,/!  7オメ、|. /´rャ赱!   |. \   !
. /! i  汽示テ.! /    ̄/   ハ≧=-、
/ .!∧ i::ヽ ̄ l/ 、  / /⌒' ,.   )
 / ハ !::个 、  rっ ./ /    i.   /
    リ:::::ト;:::::`:ーr f.i イ ,z===x,'.  !
    /:l:::::l;.-‐--ノ  | i〃   /'ii}
  /::::l:::/   `ヽ ,/| イ"    .il!
  \::// リ      |.!   ,' 〃
.   /`!V   x===xl .i   .!彡"
.   ! !》ー≦三三三i.{     |
  /| |三三三三三=!    i
  i∧ V三三三三三|   |







                         _」:::::::::/::::ヽ
                     /////////マ:::::::7{
                        -=〈////////////\::::;::::}
                    /    ></////////ハ;::ノ_
                    , '         ><///////厂:.:.:)
                /     ィ    イ    ト<///:.:.-‐7
               //   /从  / |     iト   ヾ:.:.:/
              /     イ≦ 彡イ   | /   八 ミ   Y
       -‐=      //////ハ `ー=z ル   ィ   |  i |
   /          ィ/////////}     レ`=zj  |   jリ       ……その期待にだけは答えましょう
            / {////////イ         从 レ
  {        (  )//////マ へ  σ   イ              私は私のやり方で動きますが
              Y////////Vニ0゚_ー_壬 人    \
  ∨        {/////////〉《 丞 》∠彡_
  /          从////////  >薔≦/////V      \
  /          乂///// イ:::从:::::::\////V  \    \
              ){/// (⌒у::: ヽ:::::::..<//∧.  \    \
 {                レイ   /:::::::ノ::::\::::7:::)//∧
         {     /   i  (:::::::>::::::::}:::::::jィ////∧
         {           |   7::⌒:ヽ::ト::ノ ム,/////∨        )
  ゝ \        {  / l    ゝ::::::::::)    { }/////∨    ハルイ
     \ ゝ  从レイ  |         i     | j//////〉  ル
      /::::::::::::::::::::::ヽ i         i    i ///////八         ノ
      ;::::::::::::::::::::::::::::::::::j             :////////  )   彡
      i::::::::::f三三ニニ=-{       i    {///////
      |::::::::::{三三三ニニト           乂///


4196レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 21:54:21.86 ID:ehbTau3j



            /::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                '::::::/::::::::/:::::: /::::::::::::∧::::::::::、:::::::::::::::::::::::}
            ::::::::::::::::/:::::::/ :::::::::::/ ヘ:::::::::|::::::::::::::::!:::::::
           /:: :::::::::::/:::::::7:::::::/::/   、::::::| :.:::::} ::::|:::::::|
              ′ ::::::::::::::::_/_{::::::从{ _ -―ヽ、{::::::/::::::.|::.::::|      ……やはり、平行線だな
          { :: ::::::::::::::::ム_}:/    - __」:::::::::::::.':::::::{
           }ハ ::::::::::::/乂ソヽ     ィ乂::ソ 7/::::::::::/ }:::从      ファンガイア、一族が落ちぶれようと復興しようと僕にはどうでもいい
               lイ:::::: /{  ̄         ̄  ハ::::::::/ /lイ
             }:::::/:ハ      |        /:::::/ ´:レ         だが、その方法やあり方が”悪”であるのならば相容れない
              |:::/:::::∧           7/::::::ィ'
             }ハ.::: !::::\  ‐ -    / /:::ハ}
                  }:ハレ'}::/ヽ      イ   |/
                      __ l >- <     !:ヽ、_ __
           _  -- : : :./!         ∧: :\: : : : : : : <
          /: : : : : : : :.:./ : :ト、       ,7 : : : : :\ : : : : : : :\
            /: : : : : : : : :/: : : :.:|::::、    //: : : : : : :./.: : : : : : : : ハ
        /: : : : : : : : :<: : : : : :.:|:::::ヽ /::::/.: : : : : : :/.: : : : : : : : : :.{
        /: : : : : : : : : : \. : : : :!::::::::`´::::: /: : : : :.:./: : : : : : : : : : : :!
       .: : : : : : : : : : : : : :〉: : :.:|:::::::::::::::::::{: : : : : :く : : : : : : : : : : : :.|







                 .,,;⌒γ;;;;;;;;;;)__
          _ /;;;;;;/;;;x<二二二二二≧。
            「: : :{;;/;x<二二二二二二二二ミ。
          i : : {;;/二二二二二二二二二二ニ〉
         λ: : 〉二二二二二二二二二二二人
          /: : V二二二二二二二二二二二‐
       . : : : : :{二二二二二二二二二=- ̄へ   \
        {: : : :{: :>ーニニ三三三==― ̄
       .: : : :ゝ: /     /        i       \    ,
       ∧: : : : /     / .{      | ト、    ト      ’
      .: : :.、: : ,'      ̄T''卜   :   |v ヽ   |  ヽ}    }
      ノイ: : :j: :{ i      ル_八   { 斗-―Vヘ |            そして、私は一族の裏切り者である貴方を長として、
       |: : /}: :vi!  笊佗刈 、  Vリィ  ___ Vj        j
       |: / .|: : :iⅣ へ V::ソ  ゝ、( イ亦 )刋 j fへ     ∧      見過ごせない……示しが付きませんし、
       j/  |: : :j ゝ{ ハ ¨      込ツ  ノ  い八
         |∧/ > 圦   '       / /ー         \     今こうして”敵”になると宣言されていますから
                    、    . ' イ:::   .i   :..   \
            {   __> __  ィ { ( {:::    .:i    ヽ
             乂_ニ二二ニ≧ry―-ゝ= ‐ム     .:i
                _二二二二/ /i.\ ̄  /二ニ‐_        \  \
            /  _二二二二ゝ/ j \ >_ィ二二二二ニー_
          /  _二ニyニニ二/ ^V| 」   i二二二二二二二ニ     )\
           _二二7二二7  rf元、  i二二二二二二二二二_
          _二二/二二/  〈f包才  {二二二二二二二二二‐_ /
   /    /二ニ∨二二_/: :)ゞ必: : :\二二二\ニi二二二二ニ
  /     _ニ二二V二二/: :/: : : : : `:‐-:\二二二V二二二二二i
    /   /二二/二二〈: : :f: : : : ::. : ::. : : : : :Y二二二V二二二二ニト
〃//   /二二(⌒_フニ/>:し⌒:、i::. : :ノ::⌒):ノ \二二]二二二二二ニ
{     /二二ニゝイ/: : : : :: : : : : `ー:": : :八    厂./\二二二二二ニ_
   {   _二二二ニY: : : : : : :i::. : : j: _: :j : : : : .   //   ∧二二二二二ニ_
     {二二二二V;⌒ヽ: : j:: : 彡   ̄) : : : : :) ∧ 彡'',,,,,,,;;∨二二二二二ニ_
    、 二二二二二i;i;i;i:.ゝー   i!   (: :へ/   V;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i;i〉二二二二二ニ_
    \二二二二ニj;i;i;i|::..    i!           V;i;i;i;i;i;i;i;i;i;iハ二二二二二ニ
      二二二二{;i;i;i;j ::、   i!          /    V;i;i;i;i;i;i;i;i/  V二二二二二ニ



4197レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 21:57:29.96 ID:ehbTau3j




                   r:;=‐- ..,_
                    |:!   斗- ≧‐==‐- .,
                 ,.!{':´:.,:-‐ニ二:_: : : : : : :ヽ
                _ ...∠ュ゙∠ニ´: :_ : : : : >:、: : : : :\
              ,:´: : : : : :,:' : : :. : : : : :`ヽ: :.:.:.::.. \: :.. ::..\
              ! : : : /: /,' : : : ;: : : ::. : : .:.:. : : :.:.:.:.:\ :.. :.:.:.\
.           | : : :,': :,'..l. :: : : ',:. :. : :.:.:. : :.:.:.. : :.:ヾ、:.\:.:、ー-ヽ
             | :. :i : i : ',: :.: :.: :,:'; :.:. :.:、.:.:. :.:.:.:. :.:.ヾ;`:‐-:!ヽ
           } :. l : :l: : }. .:.:.:.:.:.',.:'、:.:.. :、、:.:. :.:.:.. :.:.}:゙、:. .!、',
             /ヘ:. ',l、!v、:i゙、:.:.:.:.ム゙ュ:ュ:、:.tヽ:.:. :.:.: ;:ト:. :. |
              ゙{V、ⅵ、,_ⅵ:.:.∧ _,._,,..z ヽ:.:.:/}l :} :!|          ………言いたい事は色々とあるが、
               ` V、ii`゙ ̄´ヾ\ム  ̄     'i:/,. ノ ,'|!
               ``ハ     . ``        r::'!:.:./ ′          今更、本懐を忘れて仲間割れをしない事だ
                     .    、.、         /:. }:./
                 ヽ        /  イ〉
                      \ '' ̄ ̄` / ,.ィ ´ {
                    } \_,/' ´      !
                      ,゙、 `i!        ;ミヽ_
                     <' `、  i!      ィ"  :``:> .
              . <:/     :┴:‐ ''        ::..    > .
         . <  ..:/      (ニ)´              .      >- ,.、
     , -<  .:  .::/      ´  ヾ:.            ヽ:.      / ハ
    j :i   .:;.: .:/                          \:.     i:'   !
.     ,'  :!  .:/: .:'                           :ヽ:..   l:.    {
.   i   .:! :/:                              :ヽ::.. !:!    |
   i   ::! :':                                   :゙:::...!:}   j
    |   ::'::!:              (ニ)                       .:.:.:l::i     {








                         、
                  , '"  ̄ ̄"'''-.ゝ
                 /         ¨ r-、
               /: : : : : : : : :        \
             ィ : : : : : : : : : : : : :       `、
.            /: : : : : : : : : : : : :         l`ヽ
           , ''´i : : : : : : : : : : : : :        |
.              !: : : : : : : : : : : : : ∧       !        ははっ、そないな事せぇへんって
             ノ、 : : : : : : : : :/!/  !   !ハ ./
              ! : : : : : : :/ ィ" ̄¨! ,' ./ .| ./_____       ……まっ、ライダー達を倒した後は保証できへんけど
.              ヽ ハ //      ル'}ノ/ .{';';';';..ハ
                Y、 V丶       /从从';';';';';} |       それまではお互いを信頼しよな、皆
                 ヽ 、__/ ./   ヽ、/ .{
                   \    ./     /   ゝ
                   / ヽ_ へ     /    丿 ̄ヽ
                   l!;';';';';';';';';{   /          \
                   |!;';';';';';'/ |ト、  .i     ,'       へ__
                   |!;';';';';'/ | ;.  |    , '          "'''-.
.                   /.!;';';';/  |   |   ,'              ヽ
                  / |;';';/  |  ./i  ,'    :.:.:.:.:.::.:.:.:        !|
                  / !.|;';/   |  / | , '    :.:.:.:.:.:           !|
                 丿 i .!;/    | ./  .|    :.:.:.:.:.:  ,':.:.:.        !|
               /  .! .!    |/   !   :.:.:.:.:.:  ,':.:.:.:.:.:        !
            _., '    ! . |.     !   }   :.:.:.:.   ,':.:.:.:.:.:        ゝ、
        , -'''""      |  .!    |   /  :.:.  ,.'  ,':.:.:.:.:.:        ! メ、
       , '         .:.!  |.    l  ./      '  ; :.:.:.:.:.:        /   .i
     /          :.:.!.  !.    l /   , '    `       ー - ′   }
              .:.:.:.::.|   |.    |./  , '                     !



4198レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:00:22.35 ID:ehbTau3j



                   r:;=‐- ..,_
                    |:!   斗- ≧‐==‐- .,
                 ,.!{':´:.,:-‐ニ二:_: : : : : : :ヽ
                _ ...∠ュ゙∠ニ´: :_ : : : : >:、: : : : :\
              ,:´: : : : : :,:' : : :. : : : : :`ヽ: :.:.:.::.. \: :.. ::..\
              ! : : : /: /,' : : : ;: : : ::. : : .:.:. : : :.:.:.:.:\ :.. :.:.:.\
.           | : : :,': :,'..l. :: : : ',:. :. : :.:.:. : :.:.:.. : :.:ヾ、:.\:.:、ー-ヽ
             | :. :i : i : ',: :.: :.: :,:'; :.:. :.:、.:.:. :.:.:.:. :.:.ヾ;`:‐-:!ヽ
           } :. l : :l: : }. .:.:.:.:.:.',.:'、:.:.. :、、:.:. :.:.:.. :.:.}:゙、:. .!、',     ああ、その為に裏をかかれぬよう警戒もしよう
             /ヘ:. ',l、!v、:i゙、:.:.:.:.ム゙.:斗、:、:tヽ:.: :.:.: ;:.ト:. :..|
              ゙{V、ⅵ;--r,ⅵ:.:∧ 弋;ヅァ'ヽ:.:.:/}l :} :!|        『ねらう緒、忠告しておくが必ずしもクレアを倒す必要はない
               ` V、ii ` ̄´ヾ\ム  ̄´    'i:/,. ノ ,'|!
               ``ハ     . ``        r::'!:.:./ ′        危険分子であるミトを排除した事や、彼女の言動から考えて
                     .    、.、         /:. }:./
                 ヽ        /  イ〉            ”悪事”を成そうとはしていない相手だ』
                      \  ̄ ̄` / ,.ィ ´ {
                    } \_,/' ´      !
                      ,゙、 `i!        ;ミヽ_
                     <' `、  i!      ィ"  :``:> .
              . <:/     :┴:‐ ''        ::..    > .
         . <  ..:/      (ニ)´              .      >- ,.、
     , -<  .:  .::/      ´  ヾ:.            ヽ:.      / ハ
    j :i   .:;.: .:/                          \:.     i:'   !
.     ,'  :!  .:/: .:'                           :ヽ:..   l:.    {
.   i   .:! :/:                              :ヽ::.. !:!    |
   i   ::! :':                                   :゙:::...!:}   j
    |   ::'::!:              (ニ)                       .:.:.:l::i     {



4199レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:05:31.71 ID:ehbTau3j



                  -‐‐‐--
                : : : : : : : : : : : `ヽ
              /: /: : : : : : : : : : : : : 、
             ,: : : /: : : : : : : : :.}: : : : : : :.
             ,': : : ,': : : : : : ∧: :} : : : : : : .i
.            : : : : |: : : : : :/_|/.|: : : __: : :.i      『だが、奴は「人と我々の共存は出来ない」
            /: : : :|: : : : :/ .__|: : :} }: ∧
            /: イ: : |: : :/   |::::| .|: : :}/:/        「だから、上に立ち管理する」とか明らかに……』
           ____/|: |/     `´ |: ://
           |   |{:/ ≧ ‐--‐≦从            f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           |   |   {___}  {___}              |  それはあくまで表層だ  |
           |__r、_|  // {.。___。} |`ヽ              乂__________ノ
           { } / / .{.。___。} |  \
          {ニニ}  /  {.。___。} ‘\  .}
           |   ヽ/   .{   } ‘:/  .}
           廴_/|    .{   }  ‘:、/
                   _{   }_    ' ,
               {  /     `ヽ__  ',
               {/ \___/}//\ ',
               {/|:::::::::::|/∧:::::::::∨///ヽ
                 |:::::::::::|//∧:::::::::∨////}
                 |:::::::::::|///∧::::::::.∨///.}
                 |:::::::::::|////∧::::::::.∨//.}






4200レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:08:34.61 ID:ehbTau3j





            lニニニl   l  l _,. -‐-  ., `丶;_/ /\ ノ  /
             lニニニl     l  l       ` 、 :.----― ´ /
                lニニニl     !  l           \ ___   イ::\
            lニニニl      !  l              `ー― --- 、 ⌒;
             lニニニl     、=-': ̄::≧‐-.....,_ __ __  ⊥.ノ /\
         __Ⅵニ=┴=冖アГ:: }:: :: :: :: ::| l::∨: ̄:: :=:-  ., ______ /::ミ:: ::\
-‐==ニ  ̄    〃{:: :: :|: :: :: |:{ | : :从:: :: :.: :.:l_ 、::V:: :: :: :: |:: ::/:: :: :: :: :|:: l   ̄´
           {{ V:: ::l: :: :: |:| |::/ ` ∨:: :: :::l  \\:: :: ::|: :/:: :: :: :: :.:|:: :i
          | ∨:: !:: :: :l:| j/ ̄"' ∨:: :: :|" ̄   \:::|:/!:: :: :: :: :: :!: : !     『彼女の行動原理と目的は、
                 \::V:: ::l ====-‐ 丶:: :::| 'ー-====j/、!:: :: :: :: ::∧:: ::,
                   \、:: ′       / \:|      /  |:: :: :: :: /::/\:.:.     ”一族の長としての使命を果たし、
                  `\′     〈     ′          |:: :.:/::/: /   `′
                  Λ'\,     `                l:: /!:/:.:/          落ちぶれた一族を淘汰される前に復興する”
                      `:.                      jノイ//::{
                     ∧                   〃:: :: :/|:: !           それ事態に害意や悪意は存在しない』
\_                    厶  `  ̄ ̄ ’ ー   ///:; / l: |
 Ⅵ ヽ                Λ、           イ /' {、 ヽ Ν
  Ⅵ ' \‐-、                 >'!ヘ      . :       / У|
:.  Ⅵ ,  \ \___      > ´ /.! ` ‐- ´     / /   :|_
 :. ∨ ′  {    \-=r ´   〃  } :.        /  l    |ト、 \
.  :. ∨′  }      \Ⅵ Θ  }  人. :.     /    ]|   ノ  ′ ` <
   :. Ⅵ,  |         Ⅵ     | {\ヽ :.   ノ ⌒{    l  /   ′   ` <
   :. Ⅵ,  |         Λ[] /| / :. ` `、:. /  l   !   __ /      ′      ` <
     ` ,  !      /  '/ ´ l/  :. (_) ∨  !  / ̄          '



4201レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:16:46.82 ID:ehbTau3j

               - ――― -
           ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..┛┗.' ,
         ′/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::┓┏:::::',
        , ..〃::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::;へ::::::::::::::';:::::::l
.      !:::′::::::::::::::::::://::::::/  \::::::::|:::::::|     『ッ……だが、その過程や結果として害を生むなら
       |::::l::::::::::::::::::×、_,|::ル'、_/¨ヽヽ:::::l::::::l
        |;:::l:::::::::::::::/    レ゙      |:::「}::::l       そいつは悪だ! 言い訳は―――』
       l',::l::::::::::::::::!==='゙    `===='゙.l::::lノ:::リ
      |'ヘ::::::ヾ::::::l     ,      .ノ::;':::::/
        ヾ::::::::::::l   ,-─‐-、   /::::/
            ヽ、::::l\  {,r"⌒ヽ} .ィ'//
           `ヽ| . ヽ、 ̄__ ,¨.´|
            __ |       ヘ ̄ ̄7
               ヽ   フ      |   L__
              l   ヽ       ,|   .|      ̄ヽ
          _ _ ,ィ'|    ト====ィ.|   /        l
      / ̄     .\  .|       |  /
    /          ヽ、|     | ,r´








                  ⌒ヾ;.、
              .. :≦7¬:-):}__
              . ィ:´:: ::/:: :: :: : :: :: :`:;
             "´/:: :: :/: :: /:: ::: :: :: :::∧゙ヽ
          /;: :: ::/: :: /: :: :: :j :: :/:: ::V;
           ´   |:Y゙{:: ::/ノ::.;ィ/7: :/::}:リヾ〈        『そうだが、お前のそれは短絡的すぎる
             |人.':.:!'≧__、7/ノシイ::〈 `
              '∨!:i゙、     "   ̄/'"`         話し合いで譲歩出来る可能性と余裕があるのならば、
                  |:ト゛、  、,   /
                  }j   \  。 /   \ -、          そちらの手段を考慮してみろと、正義を翳すなら”余裕”を持てと言っている』
          .  <ゝ、  `≦j,> ..,_   (__丿
      _ , ィ ´  /   ゙ ‐ - '.'  丶 >- ._
    /⌒ 、    ´         ◎    丶    :~゙i
    /                     丶   ! l
.   /,     :                     ゛  i  .',
  /゙ミヽ、  :               ◎  =r===:‐ュ !  Λ
. /゙  \ヾ:.!                   }::::::::::::| l   ' Λ
/     ゛                     |:::(jr)リ !  / ,∧
        ,{                \:;;/ l  ノ/ Λ
     ./' l               ◎      j、 //   ',
     ./  l          _ __,..._     { V /   _ ∧
   ./   .!    > ´     :, ヾ: ̄   ‐--゙= -'―ヽ.、ヽ
   .7    .!   {,.rィ ,     _:! }:}         `   ゛ ',
   {,      .!   { r/ ,:  ..ィ{リ  !:!                リ





4202レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:19:36.96 ID:ehbTau3j




           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l     『……余裕、か……まさか、これがお前が今は言うのをやめようとか、
        l::::::::::::::::::::/rr.l::ル'--rrァl「Y:::::::j
      l:::::::::::::::::/ .l」.レ'   l」ノ|}.ノ:::::/      僕に対して伝えたら怒るとか言っていた事か?』
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/
.      レ' ヽ::::::|、   _   , '::::::/
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/
          ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ
          /:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
        ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}








            ,...-:‐:-.、
.         ,..‐=-:、:ヾ:ィ':´三゙:ヽ、
         '´/:´イ´:.:.:.:、:.:`ヽ:ヾ:.:゙:.
         .イ:.:.,':.:.:,':.:.:.:.:.:゙;.:.':.:.:.:.:゙:,.:.:.
      ∠ィ:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:、:.i
       イ:.:.:.:.:.::!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:i:l:}
         |,イ:.:.:.:.!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:リ:i:、:.:.:.:{ ′       『それに繋がる事なのは確かだ。……そろそろ、言及しておこうと思ってな
         ' Ⅵ:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:/:.,'l:!ヾ:r゙:、
        Ⅵ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.':/.:,:/" ′          それと、私はクレアと戦うなとまでは言っていない
.     _,. _-'}!;:.:.:.:.:.:.:.:.:./}:/′
 ,ィ"´     ゙、ハ:./!ⅵ/ 〈、              彼女たちを実力で排除するのも手段の一つとして肯定出来る』
/| / /     ヽ '′′  .ノ. ゝ、
. l//        ,/    ̄´      `ヽ、
. {{         /               \\、
゙、!                    /⌒゙';
. ゙{                   /     '!
  V     , l   :          /     |
:、 ∨    ..: l     :.         /      |
ヽゞ∧  ..:.:. l   .:.:.        ,':.      {
_  { ∨ '   !   ..:.:..       {:.、     ,.イ
フ''}   !゛   l     :.:.:.     ゙、     〃}
' `゙l、 ∨    !              ゙,     /}
    ゙\!    l               |    / |
、     !     l               |   ´  |
. ヽ、   イ.     !            |ィ     .{
.   `´リ     i           }゙、  / ∧



4204レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:23:25.14 ID:ehbTau3j



           ,.-─:: ̄ ̄::─- 、
         ,..<::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>..,
.       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
      /::   /::::::::::::::::::::::::::::::::::;::ィ:、::::ヽ: ヽ
     /:   /  ::::::::::::::::::::::::::/ /::/ヽ:::::V ∧
     l::::.  i   .::::::::::::::::::::::::/¨ /::/ ̄`!:::::V::∧
     |::::::....l.....::::::::::::::::::::::::テ〒.{:iリ.行テミ::::l小/
     .!::::::::::!:::::::::::::::::::::::::::/:::ソ V ク::リ.!イ/      『……まあ、お前がそんな風に言うなら考えては見るさ』
      V:::::∧:::::::::::::::::::::::::|     ;   |::|
      ∨::::∧::::::::::::::::::::::|      _  ノ::|        (とりあえず、相手のスタンスは確認したが、
       .∨ハ、:\ト、:::::::::::|   ´  . ´ V
        ヾ!ハ:::`ハ:\:::::| ___/             他にクレアと話し合っておく事は……あるか?)
          / ̄ ̄ハヽ|   | ̄ハ
         ム___/ }.__  __| .ムム
        ,:r<   .,ィ| `´ |〈  `ヽ、
      / .ヽ   ./ |`ー‐'゙| V  「ヘ
     ./     ヽ  /  .|    |  ∨ l .∧
      ./     〉.∧ ..|    |  /  l ∧


┏┓                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃               System Message                     ┃
┏╋───────────────────────────────╋┓

       安価下2~4までを採用。何もなしもありです
       長文じゃなくてもOK+
       長文も可能ならば6行分以内に抑えてくれると助かります

┗╋───────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                 ┗┛




4210隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:29:24.46 ID:62TtKB5Y
正直親父のやり方だと自分がやらなくても遅かれ早かれ護国組織なりに潰されてたと思うんだが
その辺の対策は考えているのか?
昔と違って情報の漏洩リスクや伝達スピード上がってるし


4212隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:35:55.87 ID:RMyCfeJ3
現段階でとくに話す事はないな
積極的に潰す必要もなくてもそれほど積極的に仲良くなろうとも思わない



4214レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:37:52.24 ID:ehbTau3j



            /::::::/::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
                '::::::/::::::::/:::::: /::::::::::::∧::::::::::、:::::::::::::::::::::::}
            ::::::::::::::::/:::::::/ :::::::::::/ ヘ:::::::::|::::::::::::::::!:::::::
           /:: :::::::::::/:::::::7:::::::/::/   、::::::| :.:::::} ::::|:::::::|
              ′ ::::::::::::::::_/_{::::::从{ _ -―ヽ、{::::::/::::::.|::.::::|     (……父さんみたいなやり方じゃ、
          { :: ::::::::::::::::ム_}:/    - __」:::::::::::::.':::::::{
           }ハ ::::::::::::/乂ソヽ     ィ乂::ソ 7/::::::::::/ }:::从      無理だって理屈で言うのは……ダメだな
               lイ:::::: /{  ̄         ̄  ハ::::::::/ /lイ
             }:::::/:ハ      |        /:::::/ ´:レ         今のクレアには”聖杯”っていう願望機を手に入れる機会がある)
              |:::/:::::∧           7/::::::ィ'
             }ハ.::: !::::\  ‐ -    / /:::ハ}
                  }:ハレ'}::/ヽ      イ   |/
                      __ l >- <     !:ヽ、_ __
           _  -- : : :./!         ∧: :\: : : : : : : <
          /: : : : : : : :.:./ : :ト、       ,7 : : : : :\ : : : : : : :\
            /: : : : : : : : :/: : : :.:|::::、    //: : : : : : :./.: : : : : : : : ハ
        /: : : : : : : : :<: : : : : :.:|:::::ヽ /::::/.: : : : : : :/.: : : : : : : : : :.{
        /: : : : : : : : : : \. : : : :!::::::::`´::::: /: : : : :.:./: : : : : : : : : : : :!
       .: : : : : : : : : : : : : :〉: : :.:|:::::::::::::::::::{: : : : : :く : : : : : : : : : : : :.|







     ,  -====‐-  ,.
   ,.:'           `:..、
.  /               ヽ
  ′:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,
.  |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
  ',:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧::::::::::::::::|      (やっぱり、倒した方が手っ取り早いじゃないか……アサシンめ
..  V::::::::::::::::::::::::::::::::::, '  !:::::::ハ::::l
.   V:::::::::::::::::::::::::::::人__,イ::::::′jノ        一先ず、僕から言うことはない、か)
.    }::::::::::::::::::::::::/  .|::::/レ゙
    }ハハルヘハハ〈 __/レ゙
   ./ ̄ ̄ハ|   }ハ¨l
  ../__/  |-、 }.∧|`、
 /     ./|ゝ、ノ|V l ハ
 },r'´ ̄``ヽ〈 .|   .| 〉 l ハ
 |       i ',|   .|/  .l  }




4215レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:41:20.67 ID:ehbTau3j




 /. . .\:.:.:.:/ . . . . . . }////////////// ̄ヽ     \
〈. . . . . . . ヽ/. . . . . . . /////////イ´ ̄      ヽ ヽ   ヽ
`\. . . . . .ハ. . . . . . . {///ィ ̄ハ ヽ  ヽ  ヽ }  ヽ ヽヽ
  ゝ. . . . {._ヘ . . . . . . V /l__/_ヽ_ l \ ヽ ハ ノノ  }  ハ }
  /. . . . . . 人. . . . . . .} i´! {   ヽ ̄ \} ァH‐ト  ! ハノ
  {. . . . ./.l . .\_.イ V/示冗〒テミ\  ノノテzz,i_ノ  } }
  \./. . /. . . . ヽ  \  V///リ   ノ,ノ ん'リ / ノノ//         ……話はお互いにここまでのようですね
    /. . . ./. . . . . . i\  `ヽ`="      弋ソ イノノ
  /. . . . .l . . . . . . .ゝヽ ̄ヽ  )      丶   ,'\ \ヽ         セイバー、ライダーについて予定通り探りを入れてください
 イ. . . . . { . . . . . . .}  ̄ヽ//            /  > V
/ /. . . . . .{ . . . . . . .ハ//、       __    イ / イ´           
 レへ. . . | . . .i . . . ! { (i_ノ ヽ、    ´    イ (  イ__入
( (     'ーL/⌒ヽ.」  \二フへ->-  < ノ \ヽ彡 ヽ
`\         ノノ _レく 人 Y人 ヽ ノ ノ ノ )     ヽ
  ⌒ヽ       >'77///\ トハ\´ヾ< ノ ノ ノ  ノ  )
\    \  ///////////L ハ__〉 ‐_〉77< /   /   /
  )     ) //////////////∧  ,く@〉―--<  ノ  ノ
,ノ   ノ  ノ {/////////////////:.:.:.〉∧:.:\:.:.:.:.:.Y <_ノ)
   / / ////////////////:.:.:./:/:.∧:.:.:.:ヽ:.:.ノ  ヽ彡ノ





           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i      ああ、僕らもそうするよ
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l
        l::::::::::::::::::::/rr.l::ル'--rrァl「Y:::::::j       アサシンとセイバーを中心に探りを入れれば上手くいくはずだ
      l:::::::::::::::::/ .l」.レ'   l」ノ|}.ノ:::::/
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/
.      レ' ヽ::::::|、   _   , '::::::/             【※以前、ライダーについて情報収集は調べる流れになっていたので、
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/                その形で処理しています】
          ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ
          /:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
        ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}




4216レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:44:33.70 ID:ehbTau3j




                   >.: .: ニ=:ミ: }:ノ‐:≦ :ミ!
                  . : ´.: .: .: ´.: .: .:. .: :`¨¨' :‐ミ.: .:ミ:x
              /.: .: .:/.: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: .: }ヽ.: .: .l
                /.:. .:.:.:.〃.: .: .: .: .:/ .: .: .: .: .: .: .: / .:.V .:.l
‐-    _       -‐ 7.: :/.: .: .: .: .: :/ .: .: .: ′.: .: : / .: .:.l .:/!
ニ ニ ニ ≧=-  _   /.: :/ .: .: .: .: .:./ .: .: .: / .: .: .: / .:; .: :|.:/:|            ああ、早速動くとしよう
ニ ニ ニ ニ ニ ニ≧////:| .: .: .: :/ .: .: イ:/ .: .: .:./ .:./ .: ; :/.:|
ニ ニ ニ ニ ニ ニ / ∨/:.:l .: .:| :/ .: ///′.: .:/ .:.〃 .:/ /.: |
=≠=ミ ‐ ニ ニ ニ ニ ノ//}∨.:!//、_,,.、/ .: /,,_ ノ:/ ∧.:.:|
     > ニ ニ ニ( ′  !.:VΛ    /.:/ ′   ///,リ\!
    / ニ ニ ニ ≦ _   |.:.:\':.   ./        / イ    _    -‐== ニ7
   く‐ニ ニ ニ ニ ニ 二 二| .:. ヘ`>  ´  ~    /: :ハ|  x≦ニ ニ ニ ニニ‐/
    \ ニ ニ ニ ニ ニ ニj/_ノ}:| ^ 、 、ー‐‐ヘ .イ'〉/、l|/ ニ ニ ニ ニ ニニ/
     \ ニ ニ ニ ニ ニ ‐「\j.:} `.\`¨¨´/ ´ {>'く、ニ ニ ニ ニ ニ〃ニ/
       丶 ニ ニ ニ ニ/Λニ ニ≧=ー-`ニ´‐≦ ニ ニ{‐\ニ ニ ニ ニ/ニ〈
         `ヽ __ >ベニ≧-= ニ ニニ__ニ_ニ二´-=≦‐Λニ ニ ニ/ニニ〉
             _ ,.,く'ニニ\ニ≧- ニ ニ ニ ニ ニニノ‐ 〉-=ニ _ /ニニ /
     , ー‐==≦三> ''⌒, <ニ\ ニ ニ ≧-ニ ニニ >く⌒ '' <三≧=‐--- 、
   γー┴ -∫ヘ{^      /   ` ‐=\ ニ ニ ニ > ´    :.       ` '' <ニ=- <
   j´l:.    ゙}人{Λ   ′       `ー=イ⌒          :.        /.:    {
   }~|:.    }人{'Λ  '           /乂.ノ          :.     /.      {
   } l:       }人{ Λ            ///!              :.     /     .:ハ
   }'l.     ⅥΛ'Λ         /// :|                 /     .:  j
   }ヘ:.       Ⅵ'Λ'Λ,-v-、_ ノ///〃ヽ    r_‐┬―----┬┐/     .:  .:/
.    }Λ:..     Ⅵ'Λミー_} ! {_‐__彡'//乂ノ       |::::::::::::::::::::!´ ′   .   .:{
.   }ノ} :.       ∨'Λ\ー‐彡゙  ///l..|          jγ´ `ヽ:::| ./.:    . : .:|
    }ノ| :.:.     . ∨八 √「   ///|..!.|     x≦__,,..  ...,,_≧/.:      .: :|
    }' }.  :.      : ヽ'ノ\ !|  /// .|..l..!       l:乂バ ノ::! /.:  .:  .  .:.′
.     }Λ:.  :.    丶ヽ ンゝ=イ//  |..l..|⌒;       |::::::::::::::::::|/. .:   .  .: /
.    ∨} : .  :. ,ィ冖^ミx<竺彡 "  ,|..l| ´       |::::::::::::::::::{. .:      .: :{


┏┓                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃               System Message                     ┃
┏╋───────────────────────────────╋┓

      アサシン:【1D100:16】 70以下で成功
      セイバー:【1D100:71】 50以下で成功

┗╋───────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                 ┗┛




4217隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:45:00.14 ID:Pne31nkB
セイバー―――――!?


4218隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:45:20.84 ID:mXcB+aNd
あー、セイバーがw


4219隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:46:27.26 ID:Kf2eWxwb
セイバーェ…w


4220レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:47:00.51 ID:ehbTau3j



  ____
      ̄ ヽ:..、
 ̄ ̄:≧=‐x}/..,, _
: : : : :_: :/:,/´ ,:/: : : ',
: : ' ´ : :i: :!:' /:': : |: : ト、
: : : : : i:l : l:/: : : リ|: :Λ:,        【アサシン側が成功しました! これよりデータを開示します】
: ;.: ' i:/'{: :| : : ;〈 ,'l:/リ ノ
' /: : 〉 i!゙、',:/'芯,'シ
/: , /`ヾ ヽ  ,/′、           セイバーが上手い具合に囮になってくれたな
: //   :.!       /
/ニニニ=-.、 ‐- .′             成功だ、ねらう緒
=-‐、__ニニニ≧、′
ニ二Λニニ>==ヽ---‐:.、
;ニニΛ´⌒`冖7 `⌒>''⌒ヾ、
'!二二Λ    /   ′    Λ
{=ニニΛ   '  / ′       ',
. !ニニニム    !/      、   }
 !ニニニニ}   ノ ,     丶 |
 ',ニニニニ{、  、{       ゙〉
  'ニニニニヽ  ヽ         |
.  'ニニニ二ム   !,         !
  'ニニニニ二ムミY         リ
   !ニニニニニム |         ヽ





4221隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:47:59.95 ID:MrtFLNe4
い・・・いちおうアサシンさん成功してるし・・・(震え
セイバーダイーーーーーん?


4222隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:50:16.34 ID:RMyCfeJ3
成功すればいいんや!セイバーさんは犠牲になったのだ・・・


4223レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:55:26.75 ID:ehbTau3j

※既存判明データのみ。
  ただし、取得したスキルもデータとして表記しています

┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:柊聖十朗              【レベル】:60       【アライメント】:混沌/悪
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30       【耐】:30       【敏】:30        【魔】:60     【運】:0          【宝】:--
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                   /7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、
                  / /:::::::::::::::::::::r-=-w:::::::::/:::::::::::i l
                 / /:::::::::::::::イ:/   /::::::::/:::V::::::::i l
                 イ::::::::::::::::/_,/   /::::://ヽ::V:::::::ハl
              /:::::::::::::::::::::/ ̄` --,..:::/--/‐‐ Y::::::::::::::.
             , イ:::::::::::::/::::::/<υ_>:イ   ィ _n_ヽ/l:::::::l::::::::l
            / i:/::::::::,ィ:::::::::/:ハ   / ; l     /:::k::::l::::ハ:;}
            { /:::/:::/ Vl:::::/ ヾ:.、   , 、   /:::/ l::l::/l ;:
            {::::::::::{  l::::::ヽ ノ::} 、  __   /:::ノ/_ /::/:::l  il
             lヘ::::ヽ lヘ::::::/::イ,  ` ^ ‐-`-/ ' _,,rイ:::::::ノリ
      __       ヾ:.、 ゝハ::::::ゝ       f,.ィ::::::://
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...-...::::::::::ヘ \    , イ/=-' _/
  /:::::::::::_, --===≦_ _ > -= _::::::::::::i  `  ´ _l
 /::::::::::/                /.∧   /\......\
/::::::::/               / {........lミ....V...../ミ、....lY\- _
/::::::/               /   l\/ミ/三≫彡.....V./  \  - _
 {::::l            _ - /   _ イ..........V-=ミ/.........../ \ _\    =- _
 ゞ::.、       _ -=  / -=/   l...........l ニニi........../    \          l
   ヾ、    r        /    \.....lニニニi....../      \       /l
         }、      >       ヽ l ニニニi../       /     /  i
         /ヘ        \      V ニニニ/       /      /
       / ∧         \     Vニニ/      /       /     l
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

  ○重病人:A+++ (種別:一般 タイミング:常時)
   このキャラクターは一度戦闘を行った次の行動ターンは「襲撃」を行えない。
   また、このキャラクターはランダム遭遇表の対象にならず、あらゆる呪いや精神に対する影響を受けない。

   この世の大病の殆どを患っており、医学でも魔術でも治癒は不可能。
   現在は自身の異能と強靭不屈の心体により耐えているが、それは問題を解決した事にはなっていない。

  ○天才:A (種別:一般 タイミング:常時)
   このキャラクターが行うあらゆる判定の成功率に「+20%」する。
   天才と呼ばれる者は数多いが、聖十郎はその中でもずば抜けており、
   文武を問わぬ専科百般の天才である。

  ○急段・顕像 逆十字:EX (種別:魔術 タイミング:特殊)
   自身に対して憎悪、悪意、敵意、憐憫に属する感情を抱いたキャラクターに対して発動される。
   対象となったキャラクターの【宝】以外の全ステータスが戦闘中「-20」される。
   ※このスキルによるペナルティの結果が「0」を下回れば、「-」となる。
     また、この効果は重複はしないが霊地休息を行わない場合は、ペナルティが継続する。

   このキャラクターが戦闘に勝利した際、
   相手マスターの「種別:対人宝具、魔鎧」以外のスキル一つをコピーする。
   ただし、一人のキャラクターからコピー出来るスキルは一つまで。

   「干キ萎ミ病ミ枯セ。盈チ乾ルガ如、沈ミ臥セ(かわきしぼみやみこやせ。みちひるがごと、しずみこやせ)」
   必死の尽力により編み出した、自身の異能と魔術を掛け合わせて作り上げた術式。
   自身の「病み」と他者の「輝き」を入れ替える。
   これにより、他者へと「病み」を押し付けることで生き長らえている。

  ○Roots of the King :A+ (種別:異能 タイミング:常時)
   戦闘開始直前に、敵陣の各陣営は「40」点だけ消費魔力を消費する。
   これにより魔力供給の不足が生じた場合、そのペナルティを相手はうける。
   更に戦闘終了時にこの能力で消費させた分の魔力を自陣の貯蔵魔力に加える。

   吸血鬼とされる種族の1つファンガイアの純血種にして、現代のファンガイアの女王。
   身体能力は優れていないが、ファンガイアが持つ魔力吸収を始めとする異能の扱いに恐ろしく長ける。
   その威圧により、相対した敵は多大な消耗が発生する。

  ○支魂の術:EX (種別:魔術  タイミング:効果参照 消費魔力:100)
   このキャラクターは下記の条件を満たす事で、「スカル」を1つ作成する。
   1:魂喰いが起こる、あるいは聖杯戦争でマスターが死亡する。
   2:行動ターン時に魔力を「100」消費して「スカル」の作成を宣言する。

   ミトの一族が代々扱ってきた死霊の魂やその力を操り、活用する術。

  ○キバの鎧:EX  (種別:魔鎧 タイミング:セットアップ 消費魔力:30)
   セットアップに使用を宣言する。このキャラクターの全ステータスに「+20」する。
   更に脱落しているサーヴァントの数だけ【宝】と【耐】のステータスに「+20」する。

   このスキルは「Roots of the King」を取得している。
   あるいはサーヴァントが3騎以上落ちていなければ使用できない。

   ファンガイアの王が継承して来た伝説の鎧、その完成形。
   ムーンセルの欠片=聖杯を動力源として埋め込まれており、
   サーヴァントが脱落する毎に秘められた力が開放され、強化される。


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【使い捨て礼装】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【新規情報】
実はコールドスリープする前に、子供をかつてのファンガイアの幹部である”クィーン”との間に設けており、
その子供も近年までコールドスリープさせており、それがクレア・ドロセラである。
※王の血統のねらう緒がクレアについて知らなかったのはそれも原因。

情況証拠や推測も含むが、クレアの存在が彼の計画の一部として組み込まれていたのだろう。


4224レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:56:12.15 ID:ehbTau3j

原作式ステータス【 【筋】:C 【耐】:C 【敏】:A 【魔】:C  【運】:C 【宝】:B++】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:???              【レベル】:70       【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30       【耐】:30       【敏】:50       【魔】:30      【運】:30      【宝】:70
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:将将将 【貯蔵魔力】60/100  【魔力供給の不足】:0
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                    / ̄/  /    二ニミ、
                   ∠ -=ミ{ /   /      \
                   ト-=≦     人{  ′/ ̄ \  ∨}__/}
              { \__   // \{/ -=ニ二 \  \_/
              ⌒辷=-   ∧ {/⌒^^´ ̄ ̄⌒^^ヽ }\__/
              ‘     〈  ヽ〉              ∨ /
                 {\ ト、__ У / ≧=-、    ,ィf⌒ 〉/
               ‘, ヽ辷_/ ィ赱テミ\_ /rzテフ {,′
                {\ { r 、   `       {  ´
               \ \ 〈         |   ,′
                      \ `{        、 /   /
                      ヽ l\         __   /_____
                       r=ニL \   '´ ー  /⌒ 、  \
                       |    ̄ ̄ト,     /「 ̄| ヽ   \
                       |   /⌒ i|___>--='__|^ヽ|   :.     ヽ
                     /|    {/⌒ |〈 \、 〉:|〈 |   :. /}  \
                /  :l     ノ| ヽ  } V  | } |   / /       、
               _∠ -=ニ〉    ⌒ヽ \ \ } // { / /〉      \
        -==ニ二二ニ=‐ ´  、: .  }   \ (_)// / //i
 -==ニ二二二ニ=‐            \ : .  ̄\ \{// //〉 |
二二ニ=‐                   \: : ..  ヽ / ______/   |
                __ --==ニ二二二ニ=〈 Г〉       |
                 r≦二ニ==‐‐        `^^       |   ____
    \     i    {/{⌒\    、                    |  /⌒: : :`: .
     \   l     |八    ヽ __ノ〉                     |: / : :/}: : : : \
       、 }    Vハ    |\´                  |/」/ /フ: : : : :
          ∨ /    Vハ  /:}  \                {(__)-=彡 : : : : :
         ∨     Vハ ⌒´                 厂Y |: : : : : : : : : :
        l  ∨      Vハ                     / /| |: : : : : : : : : :
       |   }       Vハ                     厂Y  | |: : : : : : : : : :
       |  } /       Vハ                    / /   | |: : : : : : : : : :
          }′     Vハ              厂Y     | |: : : : : : : : : :
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】
  ○対魔力:C (種別:一般 タイミング:常時)
    敵陣のCランク以下の「分類:魔術」であるスキルを無効化する。
    魔術詠唱が二節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。

  ○騎乗:B (種別:一般 タイミング:常時)
    ステータス比較で【敏】が選択された場合、自陣の数値に「+15」する。
    騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。

  ○彗眼:A (種別:一般 タイミング:常時)
   戦闘終了時に、敵陣の各陣営は「30」点だけ消費魔力を消費する。
   その戦闘に自陣が勝利している場合、さらに「+20」する。

   敵の弱い部分を見抜く、鋭い観察眼。
   特に軍勢の弱みを見つけ、そこを突いて相手を消耗・瓦解させるのが上手い。

  ○軍略:A (種別:一般 タイミング:常時)
    自陣が「種別:対軍宝具」を持つ宝具を使用した場合、「その数×+20%」の勝率補正を得る。
    逆に敵陣が「対軍・対城宝具」を使用した場合、敵陣の勝率に「その数×-20%」のペナルティを与える。
    一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場における戦術的直感力。
    自らの対軍宝具の行使や、逆に相手の対軍宝具や対城宝具への対処を行う際、有利な補正を与える。

  ○忠節の誉れ:A (種別:一般 タイミング:常時)
    自身に対して令呪が使用された場合、令呪1画で2画分として扱う。(別々の用途に使用はできない)
    また、令呪によって不本意な行動を強制される場合、ライダーはそれにまったく逆らえない。
    不当に冷遇されながらも皇帝への忠誠を貫いた、軍人としてのライダーのあり方。
    彼が主に対して忠誠を尽くす限りにおいて、ライダーの行動にはボーナスがかかる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

  ○【鎮護の大喝(クライ・クゥエル)
     ランク:B  種別:対軍宝具   タイミング:セットアップ  消費魔力:20】
    敵陣の合計ステータスに敵陣の合計参戦人数「×5」のペナルティを与える。
    その戦術眼と気迫によって敵を飲み込み、敵の力を抑えこむ宝具。
    軍勢対軍勢の戦いで常に発揮されてきた為に、攻撃範囲や識別性が高く、的確に敵の弱所と隙を付く。

    ※不明の宝具が一つ

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4225隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:56:41.99 ID:Kf2eWxwb
うーむ、もう一つが気になるな…


4226レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 22:58:09.43 ID:ehbTau3j

―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |  ││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |  ││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |  ││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |/││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |/││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |  ││    | ||  |
―┼―┼―┼―┤ | ├―┼―┼―┼―┤ |┼―┤ |─┘├――| ||  |
―┴―┴―┴―┘ | └―┴―┴―┴―┘ |┴―┘ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ||  |
――─────┐ | ┌――─────┐ |──┐ |          | ||  |
_______,,| | l_________,| |__,,| |_____| ||  |
_________|___________|____l==========\||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
             /                                  \
         /                                \
           /                                    \
          l二二二二二二二二二二二二二ニ二二二二二二二二二二二l
            | |l                              l | |
            |_,,ソ                               !,|_,ン





                          ___
                      く: :r ''    ̄`
                   ,.. _',:,!ィ:':":´: ̄:.、:¨:.:''.::. .
                     {:. : :.`:.`ヽ: ヽ:. 丶:.ヽ:.:. : : :.丶、
                 ,.ィ:´:〉: : :.: ゙:、: :. : : :. :. : :. \:. : : : : \
                     {:. : ,' !:,. : :i`、:.\ : : : : : : : : : ',: : : :.\‐゙-
                   Ⅵ i: i、:Ⅵ:',_.>-\: :',: : : !\:',: : _: \`           ―――以上だ
                    ∨:'.,:!ヾ'Ⅵ,´r:ッ‐z \',: : :!、: ヽ:'. ', ` '
                      ヽ: |<リ' \ ´     ヾ、リ`.!: : : 〉:,              ライダーについては真名が分からなければ
                   `!´、  ``      /.ィノ:.:. : '`′          _
                      ',          ,r ´Ⅵ:.; :,′   _  -‐=ニ ̄ニニ  これ以上を知るのは無理だな
                    __',....´ ̄.`.:-:='=:.:ー.Ⅵ≦'!‐≦ニニニニニニ-‐ニニニ
                   ,.ィ:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::_竺ニ>;-‐=、´ニニニニニニニニ
                     Ⅵ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_:.:ィ:.:'':.:":´:.:.:.:.:.ィ彡::.n_::.:.:.\ニニニニニニニ
                    〉=:-:‐:'':"´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..::::彡'彡''`ー-マ辷=゙..、ー 、ニニニニ
                 ,..ィ〈::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.´ ̄:::ヾ::::::>'"´    ,.ィ"´⌒ヽ、>、 ̄\___
                r彡'"´ ヽ:_:.:.:.:.:.:.:.:.:::ィ::>"´        /       ゙マ
           r/!'!      `マ_>''"´        /           λ、
.           //:{リ      ノ◎             /      ,.   ''"  /ニ\
         / './/      ,イ/     ___r======ュ_ / -,.  ' "      /'ニニニニ\
          /:,'/'/    ,//′   └7::::::::::::::7_,,ノ "´          //ニニニニ`
        / {.{',ゞY,ミ彡 ",ィ'◎  ,、___/_ム、、::::リ′          ノ!/ニニニニニニ
.        /ィ^:''ヘ=弖=" //!_,..イ´ ヽヽヽヽ〉´        ,.  '"//\ニニニニニ
.       /ノァ<...-゙ヘリ   /'ィ/:.:.:.!    ', '! '!{:       ,. ‐ '"  γ /′   、ニニニニ
.      /く_,`>rヽ{'_:ゝ "´   !:.:.:.:l      ',;/ ,. ‐ "    ,. - ',ノ /′    \ニニニ
.     /  ゝ彡ィ'"'      |:.:.:.:.|   . . :|‐'"   _ -‐ ´  /  , ′      \ニニ
   ,イ/'フ´           |:.:.:.:.|. . : : :  |ー '' "       /  /          ``
.  ,ノイ            ゞ::_::_\:_   |           /  /
  !::'               '"_>'"´` 、 ̄       /   ./
 i′              _>"ヽ       !ヽ       /     /
 ∨         >介<   、    ヾ:ノ     /    /



4227隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:58:29.69 ID:h6RFNfhh
>不当に冷遇されながらも皇帝への忠誠を貫いた
ベリサリウス?


4228隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 22:59:27.06 ID:Pne31nkB
っぽいね


4229隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:00:19.20 ID:SbHwpqbF
ベリサリウスかな


4230レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:00:37.61 ID:ehbTau3j



                   . :.´.: .: .: .:>.:´.: .: .: .: .: .: .: .:_.:\ /ノ
                  . イ.: .::/.: :/.: .: .: .: .: .: .: :.: ィ:´: .: .: :`:¨ ̄ ̄;
              <.:_.:_.: .::イ.: /.ィ´.: .: .: .: .: .:.:/.: .: .: /.: .: .: .: .: /
               /:/.: .: :´.::/.: .: .: .: .: :.:/.: .: .: /.: :/.: .: .: .: /
              /´〃.: .: .: ァ:{.: .: ,:. :. :/. ィ.: イ.: .:./.: .: .: .: /.:.\
                ' l.: .: .: / 从.: :.{:.:/´´∠ _ 〃/´/:.: .:.:.:./.:,:.:.゛.:.:,
                l.:, .: :.:{ 〈 ∨:Λ゙    `戈ッミ `/.: .: :/.:.;.:.:.:.:ハ:,
                  lイ.: .: .:ゝミ_∨          `  /.: /ノ:.:.:.:.:.:.: '  }|
                  |.: .: :. :| :::'            //存/.: ィ/   ノ     ただ、真名を得ればそれ以上を知れる
                 |.: .::Λ! .:::!          ´ .. 丶´ ´
                |.:._7   .:八             丶 ´              サーヴァントには英霊に関する様々な知識が与えられる
               |.:}`   :   、   ``   、 . ′
               |.′  >   丶      ` イ                 それと私の知識、経験に正義の伯爵として真実を見出す力
                  /        > 、 \   ..:
              . : ア、            Y´7 ¨´
  _   -‐= ≦  / 、ミ.:. .         / /
¨ ̄          ′  `  ミー-... __/.. イ`ヽ
   `ヽ                  ‐_=(ツ)    >
     V                              >
      :V    . :                          `.゙ヽ
     : ',    . :                            }:!
、 ` : . :.:.!   .: ′                              { ⅰ








                   r:;=‐- ..,_
                    |:!   斗- ≧‐==‐- .,
                 ,.!{':´:.,:-‐ニ二:_: : : : : : :ヽ
                _ ...∠ュ゙∠ニ´: :_ : : : : >:、: : : : :\
              ,:´: : : : : :,:' : : :. : : : : :`ヽ: :.:.:.::.. \: :.. ::..\
              ! : : : /: /,' : : : ;: : : ::. : : .:.:. : : :.:.:.:.:\ :.. :.:.:.\
.           | : : :,': :,'..l. :: : : ',:. :. : :.:.:. : :.:.:.. : :.:ヾ、:.\:.:、ー-ヽ
             | :. :i : i : ',: :.: :.: :,:'; :.:. :.:、.:.:. :.:.:.:. :.:.ヾ;`:‐-:!ヽ
           } :. l : :l: : }. .:.:.:.:.:.',.:'、:.:.. :、、:.:. :.:.:.. :.:.}:゙、:. .!、',
             /ヘ:. ',l、!v、:i゙、:.:.:.:.ム゙,:斗、:、くヽ:.: :.:.: ;:.ト:. :..|        これらがあれば、最後の宝具の中身も推測可能だ
              ゙{V、ⅵ;弋;ヅ|:.:.∧ /弋;ヅ'彡ヽ:.:.:/}l :} :!|
               ` V、ii`゙ ̄´ヾ\ム   ̄´  'i:/,. ノ ,'|!         今回明らかになったのは……
               ``ハ     . ``        r::'!:.:./ ′
                     .    、.、         /:. }:./
                 ヽ         ,  /  イ〉
                      \` ̄ ̄´ / . ィ ´ {
                    } \_,/' ´      !
                      ,゙、 `i!        ;ミヽ_
                     <' `、  i!      ィ"  :``:> .
              . <:/     :┴:‐ ''        ::..    > .
         . <  ..:/      (ニ)´              .      >- ,.、
     , -<  .:  .::/      ´  ヾ:.            ヽ:.      / ハ
    j :i   .:;.: .:/                          \:.     i:'   !
.     ,'  :!  .:/: .:'                           :ヽ:..   l:.    {
.   i   .:! :/:                              :ヽ::.. !:!    |
   i   ::! :':                                   :゙:::...!:}   j
    |   ::'::!:              (ニ)                       .:.:.:l::i     {



4231レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:03:09.29 ID:ehbTau3j



         . ´             ` 、
     /      ,'        \
     ,イ                 ヽ
   /,'                     ハ
   〃 /                     i
   '//i   .!           ,、  ;     l
   i,' .!   l   /     ,ィ,' ハ  l     l       忠節の誉れ、か……これまた珍しいスキルやね
    li l  il イハ     ///;' -キ ! l  , .!
     lj |  Ⅳ\.V  ./ / _i', l リ ./〉l ‐- 、     それもAランク。何やかんやで英霊には忠義者は探せば仰山おるけど、
.     λ!. li=ミ`V / ´ ./ ̄.川Ⅳリj/l lヾ、
_,.. -‐''´ヾ、!l  ` V  ´      j´ヘN liム       それが効果のあるスキルとして表記されるんはそうそうあらへんね
       l八    i        /.:.:.::│|三
         l\ .、 ヽ _,   , ´ イ.:.:.:.:: | !三
、        |  \ヾニニン /..:.:.:.:.: | l三
ム       !  F\   /.:.:.:.:.:.::   | l三
liム        !  F三ヘーく..:.:.:.:.:.:.:.:  j .!三
三ム     │  |三三! l ヽ.:.:.:.::   / /三
三lム  l   │  |三三| l        / /三
三三ム l    !   l三三ム 、     / /三三
三三lム_}.   l  V三三ム  、  / /三三
三三三ム1   !  V三三lム ヽ / /三三三


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


  ○忠節の誉れ:A (種別:一般 タイミング:常時)
    自身に対して令呪が使用された場合、令呪1画で2画分として扱う。(別々の用途に使用はできない)
    また、令呪によって不本意な行動を強制される場合、ライダーはそれにまったく逆らえない。
    不当に冷遇されながらも皇帝への忠誠を貫いた、軍人としてのライダーのあり方。
    彼が主に対して忠誠を尽くす限りにおいて、ライダーの行動にはボーナスがかかる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4232レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:04:56.59 ID:ehbTau3j




              _-ニ三三≧x_
        へ  _ニ三三三三三三  ̄ ‐-
        i:.:.:.:\三三三三三三三j:.....    `、
        j.:.:.r‐-ニ三/⌒j三三三从    ヾ:.ミ
     f:.:=‐-{    Y   /三三彡     、       ヽ
     |.:.:.:.:.:.:j   {^〉  fニ ̄ イ  j Y \
     |.:.:.:.:.:.:{__ ...介   ) -/―七 ハ } ,―ヽ-  : ト )
     ゝ:.:/ | / |: `|圦 :下弐テメ ヽ j/fぅ刈/   i |
           j / |!  |. 从 ヒ:ツ    ソ ヒ:ツイ  ,リ     つまり、忠義者の中の忠義者……
         ./   |!  |八 ヽ      、   从ルイ
         /〈 へ.j|_j   ト)          八 (        忠義っぷりがその英雄の個性や逸話と深く関係している、と
      /  ィ   ⌒   (( ]ト __ ^ イ ( )ノ
        //   ...ノ     /^r、ヘ T_゜ rrr \          そして、日本以外で史実の軍略家なのは間違いない
     { (   ....::: >三三〈/チ=ヘ〉-ト≧j:j:jヽ `、
       、 ミy   イ三三三三Y /|」  i::レ:::::::::i  )
      / /  {三三三三三     }::'::::::::::;'  (
      , '/ {   ハ三三三V三}  _jへ:::::::ム  .j
      /   、    V三三ニV/厂 ̄ 人   /三 八
   ,’      ミ、 V三三ニマ  /〈  Y..ヘ三レ
    {         ヽト三三三V_=ニ三Yて...ノ三i
             ∧三三三〉三三=Yヘ...〉三i
    \     ヽ  ノ .∧三三/三三三ト〈..〉三ニ
      _ ‐=_y) (  ム三三三三三ニi y三ニ
     {:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ミ   〉三三ニー< ⌒ 三三
     :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.〉       i   i三三
      V:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:V         i   j三三



4233隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:05:52.98 ID:mXcB+aNd
ベリサリウスか、東ローマ帝国最強の将軍とも
言われる、不遇にして忠義の権化みたいなやつ・・・。


4234レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:06:47.63 ID:ehbTau3j



                  -‐‐‐--
                : : : : : : : : : : : `ヽ
              /: /: : : : : : : : : : : : : 、
             ,: : : /: : : : : : : : :.}: : : : : : :.
             ,': : : ,': : : : : : ∧: :} : : : : : : .i
.            : : : : |: : : : : :/_|/.|: : : __: : :.i     他にもチラホラ推理のタネはあったな……
            /: : : :|: : : : :/ .__|: : :} }: ∧
            /: イ: : |: : :/   |::::| .|: : :}/:/       どうせ今から襲撃をかけるし、クリスの奴も誘って
           ____/|: |/     `´ |: ://
           |   |{:/ ≧ ‐--‐≦从           真名当てでもしてみるか
           |   |   {___}  {___}
           |__r、_|  // {.。___。} |`ヽ
           { } / / .{.。___。} |  \
          {ニニ}  /  {.。___。} ‘\  .}
           |   ヽ/   .{   } ‘:/  .}
           廴_/|    .{   }  ‘:、/
                   _{   }_    ' ,
               {  /     `ヽ__  ',
               {/ \___/}//\ ',
               {/|:::::::::::|/∧:::::::::∨///ヽ
                 |:::::::::::|//∧:::::::::∨////}
                 |:::::::::::|///∧::::::::.∨///.}
                 |:::::::::::|////∧::::::::.∨//.}



┏┓                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃               System Message                     ┃
┏╋───────────────────────────────╋┓

       安価下2~5までを採用。1ID1名まで
       ライダーの真名らしき名前をどうぞ。タイムもありです

┗╋───────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                 ┗┛




4236隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:07:13.17 ID:Pne31nkB
ベリサリウス


4237隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:07:39.45 ID:h6RFNfhh
フラウィウス・ベリサリウス


4238隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:07:50.32 ID:Kf2eWxwb
ベリサリウス


4239隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:10:45.67 ID:mXcB+aNd
ベリサリウス


4240レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:11:39.19 ID:ehbTau3j

   【―――30分後】


      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      | 色々と検証してみたが……  |
      乂____________ノ



      |   ___________________        \/
      |    ||        |||        |||        |||        ||   :===≡≡===;
      |    ||        |||        |||        |||        ||    ||         :||
      |    ||        |||        |||        |||        ||    ||         :||  <ひとっ走り付き合えよ!
      |    ||____|||____|||____|||____||    ||_____.||
      |    ||※※※◯|||◯※※※|||※※※◯|||◯※※※||    |=====|
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ============
      |    ||※※※※|||※※※※|||※※※※|||※※※※||   ||━━━━━||
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄O━━━━━O ̄ ̄
  /

                  ______________
                   /                    /\
                /                        /*/
              /                        /*/
            /______________/*/
           /************** \/
          ~~~~~~~~~~~~~~~~~




         /: :/:./: : : : : :/:.!: ヽ: : : ヽ: : : \: : : :\
         .|/: : /: : : : : : !: :.ト: : ヾ、: : !: : : : : \:ヽ: :ヽ
         /: : :,|: i: : : : : |: : | !: : :|\: :!: : : : : : :ヽ:ヽ: :ヽ
         /: : :.|:!: |: : : : : !: / |: :,!_, -- !: : : : : : : ヽ:!: !: :ヽ
       /: : : : |:ヽ:ヽ: : : : V ,イ:/, =__ヾ!: : : : : : : : !: |: i、: :!
       /: |: : : :!: |,--、: : : {   イc'ヽ i/!: : : : : : |: .| !: :|ヽ:!       ”フラウィウス・ベリサリウス”
       |: ハ: i: : |: | =,ミヽ: :ヽ   i V リ、 ,!: : : : : : :|i: |.|: :| リ
       !:,! ヽ:!: :!:Vく rハ! `ヾ   ゞ''  /: : : : : : :,!:リ: |i:/           東ローマ帝国随一の名将で、歴史上最高の軍略家の一人
       ヾ ヽ,!: : :ヽ 弋ソ  '    -=:.r:': : : : : /:/:/ '
          |: : : ヽヽ、     -‐'  |: : : :/: :レ:'/:,イ              どうやらこいつで決まりみたいだな!
          |:i: : : : :..   ´      ,!: : :./: /: i:| i: |
          !:|ヽ: : : : `ヽ、    /!:|: //|: ハ: :!: !
          `  ` ヽ:.|ヽ:! `r- ヽ ___,,i: |===V |:!: |
               レ   |: : :/|三三!ニニ入,ィ ニニニニニニ\
                   |: :/イ´:.:.:._:. -':´,イ/ニニニニニニニニニヽ
              イニ>,=<:/:.:./:.:.:.:.:.:/// ニニニニニニニニニニニヽ
             /ニニ/i/:.:.:.:|:./:.:.:.:.:.:.:.:.{iiiii|ニニニニニニニニニニニニニヽ
            /ニニ/iii/:.:.:π:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!iiiii|ニニニニニニニニニニニニニニ
           /ニ/iiソ:.:.:./ケ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽiiii|ニニニニニニニニニニニニニニ



4241レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:16:00.15 ID:ehbTau3j

    【ライダーの真名が開示されました!
     それに伴いデータも追加で開示されます!】


原作式ステータス【 【筋】:C 【耐】:C 【敏】:A 【魔】:C  【運】:C 【宝】:B++】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ライダー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:フラウィウス・ベリサリウス  【レベル】:70       【アライメント】:秩序/中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:30       【耐】:30       【敏】:50       【魔】:30      【運】:30      【宝】:70
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:将将将 【貯蔵魔力】60/100  【魔力供給の不足】:0
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                    / ̄/  /    二ニミ、
                   ∠ -=ミ{ /   /      \
                   ト-=≦     人{  ′/ ̄ \  ∨}__/}
              { \__   // \{/ -=ニ二 \  \_/
              ⌒辷=-   ∧ {/⌒^^´ ̄ ̄⌒^^ヽ }\__/
              ‘     〈  ヽ〉              ∨ /
                 {\ ト、__ У / ≧=-、    ,ィf⌒ 〉/
               ‘, ヽ辷_/ ィ赱テミ\_ /rzテフ {,′
                {\ { r 、   `       {  ´
               \ \ 〈         |   ,′
                      \ `{        、 /   /
                      ヽ l\         __   /_____
                       r=ニL \   '´ ー  /⌒ 、  \
                       |    ̄ ̄ト,     /「 ̄| ヽ   \
                       |   /⌒ i|___>--='__|^ヽ|   :.     ヽ
                     /|    {/⌒ |〈 \、 〉:|〈 |   :. /}  \
                /  :l     ノ| ヽ  } V  | } |   / /       、
               _∠ -=ニ〉    ⌒ヽ \ \ } // { / /〉      \
        -==ニ二二ニ=‐ ´  、: .  }   \ (_)// / //i
 -==ニ二二二ニ=‐            \ : .  ̄\ \{// //〉 |
二二ニ=‐                   \: : ..  ヽ / ______/   |
                __ --==ニ二二二ニ=〈 Г〉       |
                 r≦二ニ==‐‐        `^^       |   ____
    \     i    {/{⌒\    、                    |  /⌒: : :`: .
     \   l     |八    ヽ __ノ〉                     |: / : :/}: : : : \
       、 }    Vハ    |\´                  |/」/ /フ: : : : :
          ∨ /    Vハ  /:}  \                {(__)-=彡 : : : : :
         ∨     Vハ ⌒´                 厂Y |: : : : : : : : : :
        l  ∨      Vハ                     / /| |: : : : : : : : : :
       |   }       Vハ                     厂Y  | |: : : : : : : : : :
       |  } /       Vハ                    / /   | |: : : : : : : : : :
          }′     Vハ              厂Y     | |: : : : : : : : : :
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】
  ○対魔力:C (種別:一般 タイミング:常時)
    敵陣のCランク以下の「分類:魔術」であるスキルを無効化する。
    魔術詠唱が二節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。

  ○騎乗:B (種別:一般 タイミング:常時)
    ステータス比較で【敏】が選択された場合、自陣の数値に「+15」する。
    騎乗の才能。大抵の乗り物なら人並み以上に乗りこなせるが、魔獣・聖獣ランクの獣は乗りこなせない。

  ○彗眼:A (種別:一般 タイミング:常時)
   戦闘終了時に、敵陣の各陣営は「30」点だけ消費魔力を消費する。
   その戦闘に自陣が勝利している場合、さらに「+20」する。

   敵の弱い部分を見抜く、鋭い観察眼。
   特に軍勢の弱みを見つけ、そこを突いて相手を消耗・瓦解させるのが上手い。

  ○軍略:A (種別:一般 タイミング:常時)
    自陣が「種別:対軍宝具」を持つ宝具を使用した場合、「その数×+20%」の勝率補正を得る。
    逆に敵陣が「対軍・対城宝具」を使用した場合、敵陣の勝率に「その数×-20%」のペナルティを与える。
    一対一の戦闘ではなく、多人数を動員した戦場における戦術的直感力。
    自らの対軍宝具の行使や、逆に相手の対軍宝具や対城宝具への対処を行う際、有利な補正を与える。

  ○忠節の誉れ:A (種別:一般 タイミング:常時)
    自身に対して令呪が使用された場合、令呪1画で2画分として扱う。(別々の用途に使用はできない)
    また、令呪によって不本意な行動を強制される場合、ライダーはそれにまったく逆らえない。
    不当に冷遇されながらも皇帝への忠誠を貫いた、軍人としてのライダーのあり方。
    彼が主に対して忠誠を尽くす限りにおいて、ライダーの行動にはボーナスがかかる。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

  ○【鎮護の大喝(クライ・クゥエル)
     ランク:B  種別:対軍宝具   タイミング:セットアップ  消費魔力:20】
    敵陣の合計ステータスに敵陣の合計参戦人数「×5」のペナルティを与える。
    その戦術眼と気迫によって敵を飲み込み、敵の力を抑えこむ宝具。
    軍勢対軍勢の戦いで常に発揮されてきた為に、攻撃範囲や識別性が高く、的確に敵の弱所と隙を付く。


  ○【将の機略(スキピオ・コンヴァーティミニ)
     ランク:B++ 種別:対軍宝具    タイミング:クリンナップ    消費魔力:60】
     この宝具の存在と効果は実際に使用されるまで隠匿される。
     自陣の勝率に「+20%」する。

    1:「敵陣が何らかのデータ的ペナルティを受けている(魔力不足のペナルティも含む)」
    2:「自陣にその他参戦のキャラクターが居る」
    3:「敵陣の戦闘参加人数が自陣より多い」
    4:「敵陣が対軍宝具を使用している」
    これらの条件を1つ満たすごとに、以下の追加効果が発生する。

    1つ:自陣の勝率に「敵陣の人数×+15%」する。

    2つ:敵陣は、この戦闘からの撤退に令呪を余計に1画消費しなければならない。

    3つ:???

    4つ:???

    ライダーが用いた数々の軍略の再現。剣を武器とする英雄が剣の宝具を携えるように
    彼が携えるのは己の英雄としての威光と戦果の具現たる騎兵と弓兵の混合軍勢。

   ※あくまで”手足のように動く武器としての軍勢(人形)”であって、
     かの征服王と違いかつての臣下や盟友の召喚ではない。

    特定の条件を1つ満たすごとに、加速度的に威力と範囲を増大させる。
    全条件が満たされた場合、???

    また、常に秘匿されるべき”戦術”を核とする宝具である為、
    この宝具自体を隠蔽する能力も併せ持つ。

      【※ただし、アサシンの正義の伯爵スキルとの相性が最悪であり、
        真名が看破された事も含めて7、8割ほど開示されます】

  ○正義の伯爵:EX (種別:権能 タイミング:特殊)
   対面している相手の「謀略、陰謀」を見破る事ができる。
   心が読める訳ではなく、クラス・知名度補正も相まって感覚的な察知に留まるが、
   これにより相手が「罰」を下すべきか瞬時に判断可能。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4242隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:16:53.43 ID:Kf2eWxwb
なぁにこれぇ…


4243隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:18:27.07 ID:Pne31nkB
うわぁ……


4244レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:20:07.88 ID:ehbTau3j




                  -‐‐‐--
                : : : : : : : : : : : `ヽ
              /: /: : : : : : : : : : : : : 、
             ,: : : /: : : : : : : : :.}: : : : : : :.
             ,': : : ,': : : : : : ∧: :} : : : : : : .i
.            : : : : |: : : : : :/_|/.|: : : __: : :.i
            /: : : :|: : : : :/ .__|: : :} }: ∧      ああ、能力や言動の兼ね合いやら……
            /: イ: : |: : :/   |::::| .|: : :}/:/
           ____/|: |/     `´ |: ://          それにアサシンが確信を持てた時点で間違いない
           |   |{:/ ≧ ‐--‐≦从
           |   |   {___}  {___}              しかし、知れば知るほど化け物だな、こいつ
           |__r、_|  // {.。___。} |`ヽ
           { } / / .{.。___。} |  \
          {ニニ}  /  {.。___。} ‘\  .}
           |   ヽ/   .{   } ‘:/  .}
           廴_/|    .{   }  ‘:、/
                   _{   }_    ' ,
               {  /     `ヽ__  ',
               {/ \___/}//\ ',
               {/|:::::::::::|/∧:::::::::∨///ヽ
                 |:::::::::::|//∧:::::::::∨////}
                 |:::::::::::|///∧::::::::.∨///.}
                 |:::::::::::|////∧::::::::.∨//.}








                              ______
                         ,、.- '''"´          ` ' ‐ 、,
                      ,、 ''"                    `' .、
                    ,、 '"          .......................         \
                  /       ..........::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::....... ...   ヽ
                /      ....:::::::::::::::;;::::::::::::::::;:::;、r'" \:::::::::::::::::.....::..   ヽ
    .          /      ..::::::::::::::::::::/ `ヽ,:/ノ     \ィ'ヽ:::::::::::::::..   ヽ
    .         /      ..:::::::::::::::::::;、:ィ'    `  ヽ        ヽ  \:::::::::::::..   ',
            , '      ..:::::::::::::::;、r':/,'    .....          ヽ   ヽ::::::::::..  ',   (´`Y"゙)
    .      , '      ..::::::::::;、 '" / ,'  / ,、-ヽ          ',    ヽ::::::::.. /   ヽ /
   /      /      ..::::::::/  /  ,'  //   ヽ.   ヽ    ヽ ',     ヽ::::::::/      '´
  /       /     ...::::::::/  /    ;   /       ヽ  ヽ  ヽ 丶 ',    ヽ/
. {      /     ..::::::::::::i゙  /     ,'  i           ヽ ヾ、  ヽ \',    ',
. ヽ. .   /   ....:::::::::::::::::i../    ,、 ,'   | ,.、----- 、,  ',  ',.\  ヾ' 、ヽ    ',         ええ、史実勢なのに15万対5千で、
   `   /   ..:::::::::::::::::::::/   ,、 '" ,'   |´          ',  !. ‐ヽ ヽ ヾ 、   ',
     / ....::::::::::::::::::::::/  ,、 '".--、{ヽ!l'}‐、 |            ', l   ヽ. ',、. ', ` 、 ',        完勝しちゃうとかやばすぎですよね♪
      \::::::::::::::::::::/ ,、 '" / ,r''''''| ! !' ! !ヽ|ィ===ミ、    ', |, -ノ-、  /‐!   | \ ',
       `' 、:.:/ ,、 '" |.  │ ! /~! ! i! l |              lノ===ミ、 /l |    |   \    ヽ
        ,、r'ィ"‐-:、;;;_|   ヽ ヽ:/./ ./ / |',\\\             { l i lヽ !         }
       ´       ,'      /./ .l  i!  i、'、          ,  \\\!| l  ! ',ヽ !         /
              /      {   '  ´ /、ヽヽ              |!| ヽ .| ',.ヽ!       /
    .         /      |        {  ! `ヽ  、_..-、_,  /.ハ. V  ',
             /       、      ∨',‐‐―┐          / /   |   ',
           , '     ,、- '''´∧     ヽ',    |.       ィ ´  /    |ー-、_ ',
          /      l   :∧        }',  ト> ‐ <´_!    /     / / ',
        /        ',    ∧.       | ', ├---゙ニi゙、.,,,,,{  /     / / |\ ',
      /   /      ヽ    〉      !  ',│ ||  ||  ||ヽ      / ト, |  ヽ ヽ
    '"    /        >    /     /    ',ヽ. ||  ||  ||:}      /   | l. l   ヽ '



4245隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:21:34.63 ID:Kf2eWxwb
30倍差を覆すって凄いよね…w


4246レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:25:40.05 ID:ehbTau3j




           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i     ……言葉の割には危機感が感じられないんだが
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l
        l::::::::::::::::::::/rr.l::ル'--rrァl「Y:::::::j      というか、どうして襲撃間際なのに消耗しているんだ、君達
      l:::::::::::::::::/ .l」.レ'   l」ノ|}.ノ:::::/
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/
.      レ' ヽ::::::|、   _   , '::::::/
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/
          ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ
          /:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
        ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}








                 /           ヽ
                ./__          .ヽ
             -ー―l>: : : : ` ̄ ヽ、      ヘ
              .,イニ: : : : : : : : : : : : : ヽ       ゙,
            /./:./:././.l ./: : : i: : .ヽ     |
             ./// イ/7ヽ ,゙/.|: :リ:.l: : : : ヘ    .|      いやー、その場のノリとかでつい♪
            /.ソ7./イ.ハミ .,゙/ .l.:.メ /: : /: : :ヘ    |
          ∠イニノ/ll.ヾ.ソ ソ ヤ/7∧.ノ: : /: :l    |      それに、ちゃんとこうして来て約束は守っているんですから
         , , イ.: : : l.  `   .7イミヘ//: : /: /:|    |
      , ,イ: : シイ/:∧ iヽ  .ヾじソ.ツ:.シl: :/: :|     |       ……ただ……
    イシ/: / ./: :l`.>ヘ__./`ヽ-=イラ:./.ハ: l∧: :.|   .ノ
   /7 /:/.,.∠: :ソ: ./    `丶ニニソー゙: l/:.lヘ:.l
  .//__.//イ:ヾヽハ.イlニ/       .ヘ: l: : ヘ: .゙, l ヾ
.ライ: : : l/シー>ソイ: :/          l: : : ヘ: :゙,.ヽ
.: : : : / ./  /ツ./l          .゙,: : : :ヾ: : : :\
.--/   l   l/          i  .ヘ: ヽ: : ヽ: : : .丶、
.ヘ. ゙,   .゙, /   ./         ,  .ヘ: : :ヘ: : ヽ: 弋ヾヽ
  /ヘ   .ト`ヽ、__/ー--、l      .゙,   ヘ: : ヘ: : : ヽ、: :`ヽ
.//  ヽ、|    / ヘ   `ヽ、   |    ゙,: : iヾ: : : :ヽ: : : ヘ



4247レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:32:56.94 ID:ehbTau3j



              _   -――-   _
           '″         ゚' 、
.          '′   ___,/`~=ミ      \
.       /     /ヘ/l.:.:.:.:.:.:..: \___    \
.     ′  ,.イ.:.:/W{|.:.:.:.:{.:.:.:.:.:.:.\\     \
.    │   ,/.:.:.:.√~ ',.:.:.::}ヾ.:.:.:.:.:.:.:.,:.:.:、     ヽ
.    │  /.:.:i{:.:|_彡'V.:.ハー、.:.:\.:.:,:.:.:、     ゚,
.    八. 厶イl.:.:{. __` Ⅵ::| _ヽ:i.:.\、.:.::、   ,ノ      単純に袋で囲んで叩く……は、通用しませんよ?
       \.〈「ト,::l弋ツ  Ν弋ツ刈ノ |〉{⌒ヽ/
       /:}| | 「lヽ ̄  }   ̄イ| | } |i∧./          ミトさんの読み通り、ライダー……ベリサリウスは多人数戦のプロです
        /.:.:.} ; 圦         丿; ; 八.:‘,
.       /.:.:.八   \   ⌒  /   ,.仏.:ヾ‘,           
      厶::/)イ.:\   `ぅ;=f ´  /|.:.:{乂.:.:‘:、
.    /_彡′ノ.:.:ム「`:.....__ノ圦_,.....彡圦.:.’, `⌒ヽ
.  /    /.:.:./V^::ー:::-t' {-‐:´:::::l{ハ.:.:.\   ‘:,、
.   {.    /.:.:./.ハ:::::::::::::ノ} {ヘ:::::::/ ‘,‘,:.:.:.:.:ヽ  八
.  ∧   {イイ/ ∧__/ リ八.し'′.  ‘,从ハ:.:.:} .∧.:.\
 //∧     /.      ,'∧ }:.、    ‘,.  }ル ∧:i.:.ヾ.:
./.:.:.:.:∧   /         { }::{ |.      ‘,.   ∧.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:.: /∧ /.         l }::{ |       ‘,. ∧.:i.:.:.:.:.:.:.
.:.:.:.:./:.{ ∨         丿}:::{.|        ∨ }.:.:.:.:.:.:.:.:





  ____
      ̄ ヽ:..、
 ̄ ̄:≧=‐x}/..,, _
: : : : :_: :/:,/´ ,:/: : : ',
: : ' ´ : :i: :!:' /:': : |: : ト、
: : : : : i:l : l:/: : : リ|: :Λ:,
: ;.: ' i:/'{: :| : : ;〈 ,'l:/リ ノ
' /: : 〉 i!゙、',:/'芯,'シ′       ああ、その通りだ
/: , /`ヾ ヽ  ,/′、
: //   :.!       /         ……全ては読み取れなかったが、あの宝具の効果発動条件を全て満たすのだけは
/ニニニ=-.、 ‐- .′
=-‐、__ニニニ≧、′          進められないと進言しよう
ニ二Λニニ>==ヽ---‐:.、
;ニニΛ´⌒`冖7 `⌒>''⌒ヾ、
'!二二Λ    /   ′    Λ
{=ニニΛ   '  / ′       ',
. !ニニニム    !/      、   }
 !ニニニニ}   ノ ,     丶 |
 ',ニニニニ{、  、{       ゙〉
  'ニニニニヽ  ヽ         |
.  'ニニニ二ム   !,         !
  'ニニニニ二ムミY         リ
   !ニニニニニム |         ヽ
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


  ○【将の機略(スキピオ・コンヴァーティミニ)
     ランク:B++ 種別:対軍宝具    タイミング:クリンナップ    消費魔力:60】
     この宝具の存在と効果は実際に使用されるまで隠匿される。
     自陣の勝率に「+20%」する。

    1:「敵陣が何らかのデータ的ペナルティを受けている(魔力不足のペナルティも含む)」
    2:「自陣にその他参戦のキャラクターが居る」
    3:「敵陣の戦闘参加人数が自陣より多い」
    4:「敵陣が対軍宝具を使用している」
    これらの条件を1つ満たすごとに、以下の追加効果が発生する。

    1つ:自陣の勝率に「敵陣の人数×+15%」する。

    2つ:敵陣は、この戦闘からの撤退に令呪を余計に1画消費しなければならない。

    3つ:???

    4つ:???

    ライダーが用いた数々の軍略の再現。剣を武器とする英雄が剣の宝具を携えるように
    彼が携えるのは己の英雄としての威光と戦果の具現たる騎兵と弓兵の混合軍勢。

   ※あくまで”手足のように動く武器としての軍勢(人形)”であって、
     かの征服王と違いかつての臣下や盟友の召喚ではない。

    特定の条件を1つ満たすごとに、加速度的に威力と範囲を増大させる。
    全条件が満たされた場合、???

    また、常に秘匿されるべき”戦術”を核とする宝具である為、
    この宝具自体を隠蔽する能力も併せ持つ。



┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4248レイカー ◆ldWJRU2.V22014/11/30(日) 23:36:24.79 ID:ehbTau3j


              . -―…―-  .
            /           `ヽー 、
            /                \
.         /      /                  ヽ
        / / , ,   /  :/   .:/         ‘,
.       / /.:/ ,   /  :/  .: .:i    :ハ      :.
      / /.:/ / :〃  :/|  /  :|  , : / ‘,    :.
.       ' 〃イ : : |:| . :/ l| :/:| ::i | :/ :/   |}:. .:}   .:;
.      i:|// | i: . !|:| :// l|/ | ::| |/ :/{    !|:. .:|:. :} .:!       1と3の条件はしゃあないとしても……
.      |:|.:{ | |: . !|:|//⌒|\:| ::| | ://⌒V |:. .:| :/ :.′
        |ハ | |: .从|ィ⌒``ヽИ!:| |/ i,ィ⌒メ、|:. .:|/Y/         後は4と2やね。
        | ∨ ,:{`V::|!      |i | |    /  :} ∧ノ{
         ∨∧ハ|!        l | i      ノ:./ 小           幸い、僕らの中で対軍宝具相当の攻撃を使う子はおらんから
           j/ ハ,八     .::|       / イ_/j
             jヘ   ,    ``      ,  ハ{              4は気にしなくてもええけど
            | |ヘ ` ー―― ―一 ´ イ . :|
               |/|\    ー‐     /|!i .:八
              /从 . :ヽ      /  :!{ /
             / //{   .:.:\__/     |{ \
            ///{    .:.:.:.:.:.:/    :l{:   \
      . イ     ////|i    .:.:.:.:/      jハ    ヽ、
  .   ´ /     /////|i    .:.:.′     //∧     '.` ー
.      /     //////|{,    ::{       ////∧     '.
     /     ///////|∧ \   /-//////∧      '.
.    /     ////////|/∧       ,////////∧      '.
   /     /////////|∨∧     ,//////////∧      '.
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

    1:「敵陣が何らかのデータ的ペナルティを受けている(魔力不足のペナルティも含む)」
    2:「自陣にその他参戦のキャラクターが居る」
    3:「敵陣の戦闘参加人数が自陣より多い」
    4:「敵陣が対軍宝具を使用している」

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4251隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:37:35.65 ID:Pne31nkB
2はセージをその他参戦させれば満たせるな
ステ大幅低下するけど


4252隔壁内の名無しさん2014/11/30(日) 23:40:43.34 ID:RMyCfeJ3
2は正直どうしろとって感じだけどな

強いていえば同盟相手を作らせないことだけどあんな連中と同盟する奴なんていないよな
(雨が降ると無能大佐を忘れてるフラグ)


4254レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:26:50.01 ID:4M+0H/3A



            /             ` マ ::.. ヽ::.. ::.\
          /    /    ヘ  \    -=ニ ` マiハ:::... :.\
            / / : |    ヽハ-=ニ\     :...  マi::::::::::...:::.ヽ
.          lV  l: |   -=ニ ! :ヽ 、 \ ヽ  \::.. ヽ:::::::::.\::::...
         l/  -=|ニ   l l :::l\\:. V !   :.ヽ::::::.丶::::l::::.ヽ::::!
        /=ニ l l|    l l :::l  \:.x匕l   ::::::lハ::::::::l:::l::::::::lVl     まっ、相性的には悪くねぇ訳だ
.       / /  l l l| :.  V l :::l   ,. \)Vl    ::::::lハ:::l::!:::!::l::::!N
.         / / l l l lヽ :..  V!.:::/ /xf弌ミアl   ::::::!ノハ::l::!:::!::l::/       誰をメインに戦うか決めて予定通り殴り込めばいい
        l l  :!:∧ヽl  \:.  ヽi'  イハ「/i l / / :::::::!) )l::!:l/:V/
        l l :::l ::lハ :「i >z丶::...l    弋ツ / / .::::::::レ'.:j/:/l lノ         ……それでいいよな、クレア?
       l ∧ :::lVlハヽ〈i t「/j \l      ノ イ..:::::::/:/l::::::l/∧l
       l/ ヽ::!从 \:. ゞ'  ,.        l:::/.::/:/ :l::::::l/.:.Vi、
       l  ノN l |:.  \l       _   l/l::/:∧ :l::::::l:::::::.Vi、
        ヽ. _   l八:::.... ::ハ     - ´   .:l:::l/ノ  Nヽ::lヘ::::::.Vi、
            Vlヽ::::..l个t  、    / Vl  zf三三l  \:.Vi、  _
              l  \!:::::l   | i>イlハ zf三三三>八 __ >'´.:::::::::::::::.`ヽ
               ヽ、   Y::l   | l :::l/ Y三>   /   /;/.:::::::::::::::::::::::=-\
.                 j丿  |/.::/ イノ     ∠  -‐ i;;;;;i:::::::::::::::::::::::::::::ニ=-ヽ
.                     /∠   l   /         i;;;;;i::::::::::::/.::::::::::::::::::ニ=-ヽ
               ,. -rァi´      〉i/        i;;;;;i:::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::ニ=-
               /.:::::/,i/     /〉リ            i;;;;;i:::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::二ニ=-








                      ___  _
                       ,ィニニニニv':::゚。
                       ,{ニニニニ}:::::L__ __
                      / ∨ニニニニ}:::::i::::}i_}i
                      ,     、ニニ=`<:::ノ「}i
                  {       ` <ニニオ}L}i       ……問題ありません
                      、/.:       ̄ } ∧{
                _ ,. "         : . L{_ }i        急な事実を知ることになりましたが、
                    ' . . . . ′        : : . . . ` -=ミ
                   乂 : . . {: . . . . . . . . . .}: : : . . . . 、 . .ヽ    それとこれは別です。それと、ミト
                     ヽ: : :、: : . . . . . : : : : : : . . . . }: : : ,
                    _ ノ: 、: 丶. . : : : :': : : : . . . /: :/
                (: : : : :\: : : : : :/ : : : : : /: : : (
                 ̄ ヽ: :`: : :`: : : : :_:_:´ : : :_:_:ノ
                   。o┴=ミ: : : : :/i:i:i:゚。=rL
               ,ィi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:゚。-/i:i:i:i:i:i:i:i:Vニ}
                 {i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iv{__
                    Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:-}=i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ニニ', ′
                   、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:Ⅵ/i:i:i:i:i:i:i:i:i{ニニニV
                    }Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}≧=r'
                __」ニVi:i:i:i:i:i:i:iノi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:,ニニト、
                    {ニニニ〉o。i:i:iイ{ニVi:i:i:i:i:i:イニニニニ゚。 /


4255レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:28:47.95 ID:4M+0H/3A




            ∧  /:.:.)  __
             /:.:.:》.:.:.:>ニ二二二二ニ-_
          ':.:.:.:.:.:/二二二二二二二ニ_
         i:.:.:.:.:.:ニ二二二二二二二二ニト
         {:.:.:./二二二二二二二二二ニ   、
     r. .¨¨ミY:./二二二二二二二二二ニ八  "^
     |: : : : :  }[二二二二二二二二ニイ      ヽ
      〈: : : : :  〉ニ二二二二二ニ‐ ̄
      ヽ: : : : :   7  ̄ ̄爪 {           、     \
       }: : : :/       -/‐‐ヽ-      | ト  、 ヽ.   \
       : : : ;'    {  { 厶__ 八    } j ‐}-μ_   }  ト、 .       この事……私の後見人であり、
         У:{i    ト   f卞だか ゝ i ' _厶_ ヽ       i ソ
       /: :      从 、 v:::ツ   )ノjノ''え心刈  .人  j          柊聖十郎と繋がっていた貴方が知らない訳はありませんよね?
        . : : : :ゝ、  小 ヽ ゝ      ,   い:ツ从イ   ノ
     /: : : .; '  Y  个 )ノ          /人ノ  イ
     〈 L:/   :     人    rァ  ,  (
     彡′  ノ   イ:.   。        イ 、ヽ   人
  /     イ         i > ー  i゚゜  )ノ
      /        _/^v'‐yヘー-- i、    八               ___     __
{   (       >ニ二二ゝイ>ニ≦ 〉 ー‐ 竺ニー-_       \      └─┘   └‐┐ |   [][]「l
  / .       _二二二二ニ< ハ\    ,二二二二ニY       \     l二ニ二l   ┌‐┘ |    くノ
 V 八     |二二ニv二二i  ∨   ,二二二二二_|       \             ̄ ̄
     \  ゝl|二二二V,二上 _rオ、__仁二二二二二|
   У⌒ )    二二二Y>.: ̄.:迅必:. ̄.:<二二二二          ,
 /  (   { 从二二ニ/:、:.:./:.:.:.:.:i!.:.:.:.:.:.:.:.:.:\二二/  \    、  ’
    イ y 人  二二λ:.:Y.:.:.:.:.:.:.:.i.:.:.:.:.:.:.:\::ノニ二/
  /:.. (    、 V二ニハ(:.⌒ヽ:.:.人.:.:.:.:.:.:.:.:.イニ二V     ハ    )ル



4256隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:06.66 ID:enQKdMyp
HAHAHA!


4257隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:31:54.05 ID:lFDRhBDa
ああ、ミト様いましたね


4258レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:32:05.77 ID:4M+0H/3A


..\
ヽ \  _
 ><,,_ `ヽ
彡   ノ  `ヽ、 \
/. /     \ \
. /  !    / |\ \
//|  i   / .N  i\ \_.
/  i  |    i }.汽示テ=x_ `ー__               ___
'  | /|i    ! i\ 乂 ・八`ー< `ヽ              └‐┐l   [][]「l  O O O   O O O
   !| !    !. ヘ:::::`ー一'':::::\  |`ヽ、\            (ノ    くノ
   || iヽ   i .∧::::::::::::::::   \|   \.\
.   | i!:::ハ  !/ .ハ::::::::::::  ヽ      \ \
      lト;;..\{ ./ 人:::::::           \ `ーx___
     リ. \ / {l:l:l> 、    - 一-     >‐-=x__ `ヽ
    / /`i\\l:l:l{  l i≧::..       / / / ノ`ヽ \
.      }  ノ.  Y \|  l i }l:l:l:l>   /   / // ./\ \
     / (    |, `\ l | /l:l:l:l:l:l:l: ̄(   / /イ /  ,ノ\ \










                        . -‐===- 、
                      ,          v ,
.                      /          ∨,
                  (      ,′              i/}
              \,_    \`'ー-{--‐==ニ二いぃ 、⌒|く!
              \ ー-=ニ二ニ=-‐         \|) )
              \_  _ニ=-‐           / く
           -  -‐=ニ二´            .    \
           _ ニ=-‐__,/ /  // /  i : :,      .
          / _/¨¨ア ///≠7Y⌒ ; /i i :|      }i
      ー=≠ニ二二/ / / , / / 7人__ノ 厂ア7|        {
 .         / ̄/  ,′ / 厶=( 、′〃 / /// i  ,      \
       /  /  _//i{ {/「 ん(Y{ // ‐;z.,_  } /   :   ト、\_,ノ       はい、気を効かせて見ました!
           _ =ニ {八 {、、乂ツ V   /x‐‐ミY{厶   ;   !
        _.-=== ア {/∧{    ,      'ら_ッ} }}ァ / /  ,   、          テヘペロ♪
     .-=- ̄    /   //{\ r‐       ` ーく/'^ / /Yi iト、|ヽ.
.   / ̄,..、   /   /‐=へ. |       ヽ ","      ノ:i i|∧|  \         f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      / }  ,    /     \ 、    ノ / / /{ { リ i| ]}             |  成る程、その御礼を後でしましょう   |
.  r 、 / / ///)        ,心,__ー=彡く / /( .\\,リ  !             乂_______________ノ
  \ 'く._// _,.>''" ̄)   /  /厶」 /⌒'ー─<   \\\\
  ,.-ヘ `  'ー─一'"¨¨゙'く__/く_ (_/^),_    ヽ\  ヽ、 \\            やめてください、胃が解けます
../     >、         ヽ一  ¨¨)⌒)、         iト、 、 `
_{     く._          }    ‘ー=ミ))           ,″\ \ .
_`        _)                /《 /       /     ヽ. ヽ .
  ':,  :  (_          ,    _,..:く 》'  /  _,/′     .   .;
  /   i   _)         厂厂 ̄〉_〈_〈~‐-=' //      ii  ii
 {_   {_, '"         , ′ ̄¨¨´: : : :∨  / :/         |!  ||
.  _> '" _,..:‐=ニ7   __,/: : : : : : : : : : : : :}./: : ;.′        j   }!
 (.. -=1 ノ /⌒'′  , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/              ノ
.    ‘′^ニ=-:...,_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
           |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/




4259隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:32:38.51 ID:lFDRhBDa
とりあえず、腹パンでいいかな?


4261レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:36:01.54 ID:4M+0H/3A




            ''"´           `ヽ
       ,, '"´                   \
`ー一=≦
      >‐                        `ヽ、
.   /                          \
.  /               |               `ミー-一
/ イ  /    / /    _,!_         \       i`ヽ、
´ ,ノ  ,/      , {  i__Y.: : :.Y__   、   \      }  \
./i.  / /   / i / !  ,人:_:_:人      `ヽ   \  乂         だって、話しても好感度は上がらなさそうでしたし、
.  ! / /    / ./|_|斗ャ'´  |i\个ー-=ミメ   \  i   }\
  i/イ   /  7´i ! !,ハ  | \/`ヾi |-ミ    }  .|  i          空気とかも色々と読んだんですよ!
/从イ:|  ハ  ,;汽==zxA,  i 孑'´    lノ   ヽ, .メ、 i  ,ハ
. /  }/|  .i:::i. |j’    |圦  | l| 爪!  .i      i/  \{ / .!
  /`i|.  !:::l ハ.////U \| lし' /  ./  /  ,      ヽ  |         (秘密にしていたら万が一の時に、
. 〈: : : :.\ト、.i /八゚。          \ イ  / ,イ_     V`:ヽ
  i.: : : : :.:\//∧\   r‐-- -―-‐ ぅ.`Yiー i///ハ    マそえ         使える可能性もちょっとはあったし)
.  !: : : : : : : ∨/∧. i>.、`ー一' ー~´</  /| ///: :' ,   ヾ ):}
  i: : : : : : : :.∨/∧.マミニ≧ー-‐≦´ニ{   i//// :んハ   fて: 〉
  |: : : : : : : : :∨/∧.}しイえ     しう´{l  !/// :'ーうんイY): :人
.   〉: : : : : : : : :∨/∧マ\ `ー一ひりノ|.  |.//: : : { : i`て`<: : :\








           ,..-‐:: ̄::‐-..、
         , <:::::::::::::::::::::::::::::> 、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      / :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.      l   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   i
.       !  :::::::::::::::::/7:::::::/\::::::::::  i      はぁ、アサシンがまだ細かい事を話していないと言っていたが……
      | :::::::::::::::::::/-.l::::::ァ---',:::::::::: l
        l::::::::::::::::::::/rr.l::ル'--rrァl「Y:::::::j      後で、スペシャルメニュー追加だ。正義の心に目覚めなさい
      l:::::::::::::::::/ .l」.レ'   l」ノ|}.ノ:::::/
      .l::ハ::::::::::|    ,    ,!|':::::/
.      レ' ヽ::::::|、   _   , '::::::/
          ヽレ'`r 、_ , イ/从/
          ./ヾ ̄l     | ̄7ヘ
          /:.:.ヽ'゙{ヾ、  _}ヽ/:.:.ヘ_
        ,ィ'´ ̄¨オャ--.、 ,.---ォ、 ̄  `ヽ、
       { ゝ  / | `ー---一'゙ |.ヘ   / .}




4262隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 00:39:35.52 ID:lFDRhBDa
話しても好感度は上がらないけど、黙ってることで下がることはあるんだぞw


4263レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:40:55.76 ID:4M+0H/3A



     /.:     /  / ./  .:/    . .::::l:::::  !  ヽ      :
.    l// ..::   /  /`.:/、.::/    .: ..:::::::l:::::  l    :     l :
.     !/ :/:: .::′  l .::/lハ/    .::::/.::::::!:/   ! l    l      '. :
      l :/l::: .:,'  . l:::' ! ∧  ..:::::/.:::::://l:: / l    l     '. :.       ……まぁ、問題ならいいさ
     Vl l::::/  .: :N_、Vl^'  .::/.:___/,.' l::.:/l:: !    !:.      '.、 \
.       ∨l .:l :|l: 八,心、l : .::/´ ‐/< /`:/ l、 /l : ハ:.  l   . l  ̄      で、敵さんについても知れたし、
        N .::V l: l Vノ ! ::::/:, '_´_  ノイ  l::/ !/l/ /ハ  l :  l: l
        l l::: . ヽl    Vl::l/ ーァ弌x、   l/ /,.-ァ'7、l :l:: /l:/         どういう編成で殴りこむ気だよ?
        lハl:: 〈    ′ N   r'i7ノ`¨7'ァ / // / / /|l.:/:// l/
         八 l::::∧          `¨  ´ / ..:::/ ,' l //j/l/イ
            l::/ ハ   r...、    ー=ニ二 - /,. ' / l lく〈:::r'
         j/   ゝヘ `"    ,. '7> '"´ ,.′ / /∧」」ノ
          ,. -─'‐ ァァ` ーr‐ /,. '´(       //.::::::`7\
        /l;;;;;;;;;;;;;;//,;;;;;/7,;;;;;l/         / 二二ニニ==ミ






               - ――― -
           ィ´::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
       /  ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...   ' ,
         ′/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::',
        , ..〃::::::::::::::::::::::::;ィ:::::::;へ::::::::::::::';:::::::l
.      !:::′::::::::::::::::::://::::::/  \::::::::|:::::::|      それを今から決めるんだ
       |::::l::::::::::::::::::/- |::ル' -――j:::::l:::::::l
        |;:::l:::::::::::::::/    レ゙      |:::「}::::l       とりあえず、それぞれの出来る事の再確認からだな
       l',::l::::::::::::::::!==='゙    `===='゙.l::::lノ:::リ
      |'ヘ::::::ヾ::::::l     ,      .ノ::;':::::/
        ヾ::::::::::::l           /::::/           【自陣側のデータを開示します】
            ヽ、::::l\   --    ィ'//
           `ヽ| . ヽ、  __ , ´|
            __ |       ヘ ̄ ̄7
               ヽ   フ      |   L__
              l   ヽ       ,|   .|      ̄ヽ
          _ _ ,ィ'|    ト====ィ.|   /        l
      / ̄     .\  .|       |  /
    /          ヽ、|     | ,r´




4264レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:41:24.29 ID:4M+0H/3A
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:ねらう緒               【レベル】:60       【アライメント】:中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━━━━┓
  【筋】:30       【耐】:20       【敏】:20      【魔】:50       【運】:40          【宝】:20
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━━━━┫
                                 __
                                く 丶 |ト ,
                               _Y│ !! {             ._......
                            ヘ./__ノ八ヽリ |        .z.≦ ..:.:.:.:.:.`:......-‐-ミ
                      f'____ヽ ⅳ  ー1   ..../:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: \:.:.:.:.:.:.:.`:..、
                     | \  {{: : : : :辷くo}> ┘  / .:.: /:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.:ヽ\
                     _     |  \廴: : : : : :}Y/: :}_ィ  ./:.:.:.:.:./ .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.‘,:.:.:.: ‘,.:.:.:.:.:.:.:.. ,
                xく:∧      }≧s. ̄}企=彡'个彳/  . ′:.:.:./ :.:.:. i ト、 .:.:.:.:.:.:.:.:.:. ‘,:.:.:.:.:.:.:.:.:.
              xく:i:i:i:i:i:∧     ′/ \  ̄Ⅵ  !/ /   i.:.:.:.:.:.′ :.:.:.i |. \ .:.:.:.:i|:.:.:.:.: ‘ i.:.:.:.:.:.:.:.、
           xく:i:i:i:i:(__):i:i∧  /__//i:i\ \_ⅵ_iⅣ_ 二...|:.:.:.:.:i:.:i| :.:.:.i | /\ .:リ:.:.:.:.:.:.:i:| :.:.:.:.:.:.:.ト
.          xヘ:i:i:i(__):i:∧Vxく    Yi:i:i三≧=¬r‐=ニ /.  i|:.:.:.:.i|:.:i| :.:.:.i |  ,.ィf㍉i:.:.:.:.:.: i:|¨ヽ:.:.:.:i |
.        ィ∨∧:i:∧∨xく ‐==ミ /「{xvxv||斗<{{_//   .i| :.:.:.i|:.八:.:.:.N .癶,_cノ |: /:.:.:.从_) } :.: i:|
      / \∨∧i:ixく   / ___{_!」ェェ‐‐㍉  Ⅳ′    .i| :.: 八{_\{      |/|:.: /'   / :.: 从
     /乂/ ∨xく   x'  /______  \_\_||{   二ニ..i| /{:.:.:.ヽf゙㍉         |:./   「|i .:.:.{
.   /     ≧=彡ヘ   !{i//≫==ミ __\ i}   __i廴/i:i:i:i:i:i八{: V .:.:.:.'¨´、   __  ノイ    八 从
 /      / /:/ ∧ i/o/7       \__Ⅵ ̄i! | |i:i:i:i:i:i:i:i:込__V..\ .:{\  ´        .イ  .   -- ミ
. {    /  /i:i{  i:i:i:Ⅵ /7γ   ヽ  }三三圦__夊i:i:i:i:i:i:i:i:i:/厂 ̄...\ |`:. .   / ̄`ー< _____ ヽ
.∧_彡'_彡゚==冖==≪|_|_{   Y⌒Y   }___! ̄ Ⅵ ̄i≧ 冖彡'        !.:从.:!` /       .::::::..    ` ‘、
              }三}  弋_ノ    /___}   } }  } \___|       |/  ソ /              .::::: :::.. \
                { Ⅵ!入  _,ノ /___/ー‐/__/ /    }        .!    〈            ,;::     .:: :.:::::::::::\
                   ' Ⅶ、      /___/  / / /     ′          /‘,            .:::.    ...::::::::::::::::::ヽ
                  V\j>、  /___/  / / /     /              レ´‘,        、  ‘, ....:::::::::::::::::::::::::.
                \ \j>彡'/≧=《二二ニ=-  __/                i i        \ ,;;:::::::::::::::::::::::::::::::::.
                 \/⌒´:i:i:i:i:i:i:i乂_} !    │               | |         Y..:::::::::::::::::::::::::::::::::i
                      {| |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:≫'_ノ       !YYⅵ            .│|      ;:    ..::::}.::::::::::::::::::::::::::::::::::|
                     |し__:i:i:i:i:i:i:i:i円 ̄「i「≧s.__| ! | | !            .l :ソ  . z<    ,;::∧..:::::::::::::::::::::::::::/∧
                  八}冂_}===ミ.__Ⅵ  ! | }ー┤「\|_|_!            .| {≦:::::::::....   // ‘, .:/.:::::::::::::::::,′:. \
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

  ○I.X.A(Intercept X Attacker) (種別:魔鎧 タイミング:セットアップ 消費魔力:1:0 2:30 3:50)
   セットアップに使用を宣言し、以下の効果から選択する。
   1:このキャラクターの【耐】のステータスに+「20」する。
   2:このキャラクターの【運】以外の全ステータスに「+10」する。
   3:このキャラクターの【運】と【耐】以外の全ステータスに「+20」する。

    代々血族が継承してきた「サガの鎧」をねらう緒が勝手に命名し直し、文字通り魔改造した物。
    防御力と効率重視のセーフ。燃費を犠牲に力を開放したバースト。
    防御力を投げ捨て、攻撃能力に特化したライジングの三形態の使い分けを可能としている。

  ○Roots of the King:B (種別:一般 タイミング:常時)
   このキャラクターの合計ステータスに「+30」されている。(計算済み)
   吸血鬼とされる種族の1つファンガイアの混血で、数少ない王の血を継ぐ者だが本人は気にしていない。

  ○ライズアップ・フィナーレ:A (種別:一般 タイミング:クリンナップ 消費魔力:20)
   ステータス比較による戦力値の合計が敵陣を上回っていた場合、
   自陣の勝率に「+40%」する。

   イクサのツールを用いて、全エネルギーを一点集中させ放つ切り札。
   ただし、使用の際には放熱及び魔力の制御・循環が追いつかず、
   装着者に負荷がかかる為に、連発や安易な使用は出来ない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【使い捨て礼装】

   【使い魔:「情報収集」の成功率を「+30%」する。後出し+重複可能。】
   【魔宝石×3:消費することでサーヴァントの魔力を20点回復する。】
   【タリスマン:消費することで戦闘結果以外の%判定を1度だけ振り直す事ができる。】
   【強化符:消費することで戦闘時、最終勝率に+10%できる。(重複時は+5%)】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4265レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:41:41.06 ID:4M+0H/3A



   【原作式ステータス:筋力D 耐久C 敏捷A 魔力B 幸運B 宝具A+】


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:アサシン
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:アンドロマリウス        【レベル】:70       【アライメント】:混沌/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:20      【耐】:30      【敏】:50      【魔】:40      【運】:40       【宝】:60
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:闇闇  【貯蔵魔力】/200  【魔力供給の不足】:40
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


              <''ニ=‐-
                __ヾ.:<二ミ:.-...、_
            _..∠:|:`: ´: : : : : `:ヽ:ヾヽ、
          //: :/:l : : 、\:\: : : ヾ! ゙:、,\
          /:/;i.: : 从 !',:',: :\:ヽ: : : :! : 、、`
         ノ:イ:'i: :,: l'{:Ⅵ.:.、、、:. ヾ'! i: : |:、:.',`
          ´  |:i|: :|゙:.|、!{Ⅵ:!\`>、ヾ:!: リヾ:.:',
.            | lⅥ,く芯ァⅥ:.''代ツ7}: /}ヘ}゙ヾ
            }:i、ヾ:、   ヾ:、  ノ:/.イ
           ′ミヽ    .、.     j7/{'' _
               .ィ:`゙:.、 、_  .イ,イ、ヾ:.:ヽ_,,...-:-:.-....,,_
          //:.:.;バ\ _ ....ィ<:.:.:.イ;}:::::.\ニニニニニニニム
            〈;.:.`:≠:.ィ≠´:.:.:.:.:.:.:/;.:イ:ゞ;:::::.:.\ニニニニ二二∧
             _〉:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/イ:.:.:.:.:.:.:/r 、,_:.:``ニー-ニ_ニニニ∧
.       ,.-‐ニ-‐ヾ`ヾ、:-‐:.:彡:'´:.:.:.:.::::::.:.ノヽ、'_ー=≧<:_ニ``ニ三≧=-...._
      イ{i|      \:.`:.":´:.:.:.:.:.:.:.:>"´     ``''ーヽ.ュニ┴、ニニニニニニニ≧:...._
     |x|i.|      ヾ;.:.::::::>'"´             /´       }ニニニニニニニニニニ>.、
      |x|i {        ノ○´                 /        ヾニニニニニニニニニニニニ\
.     jlx{!.i'、    /;|     ____    /:!         ヾ≧-二ニニニニニニニニニニ\
    { !x.!゙、ゝv:.、,.イ/,|    └{:::::::::::::├┘  {.j .ィ _,.. . -ーヽ〕ニニ{ ``ヾニニニニニニニニ>
     }マム ヾ弖ォ''"/ミ:○     j:<二'、:」      ゙:'".イ´:_,: : -ー‐'=.、三ゝ   \ニニニニニニ/
    |マム }Τ ノi'//´  ∠´._ヮ__cr、`ゝ   ...,,_ ̄       Ⅵニ!    ヾニニニニ7"
.      | |ヾ:ゞ┴:";:イ!:l○    |::`ー":j      \ヽ二'=      ∨7      /ニニニニ7
.     | | 》ァ''"´ j.l |      }:::Ο:::::|         /゙ 、         ヾ    /ニニニニ
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

   ○気配遮断:A+ (種別:一般 タイミング:常時)
    1手目のステータス比較時に、敵陣のステータスに「-20」のペナルティを与える。
    また、調査ターンに行う情報収集判定を「+30%」する。
    サーヴァントとしての気配を断つ。隠密行動に適している。

  ○神性:- (種別:一般 タイミング:常時)
   かつては盗賊の神として信仰されていたが、悪魔へと零落してしまった。

  ○正義の伯爵:EX (種別:権能 タイミング:特殊)
   対面している相手の「謀略、陰謀」を見破る事ができる。
   心が読める訳ではなく、クラス・知名度補正も相まって感覚的な察知に留まるが、
   これにより相手が「罰」を下すべきか瞬時に判断可能。

   準備ターンに使用を宣言することで、
   居場所の判明しているアサシンが「罰」を下しても良いと判断する陣営1つから好きな礼装2個を奪う。
   礼装がない場合は代わりに魔力を「30」奪い取る。

   正義を司る悪魔であり、悪と不正(窃盗、陰謀や謀略など)を見破り、それを行った者へ罰を与える。
   また、隠された財宝を発見する事にも長ける。彼の場合、物品だけではなく
   魔力を始めとする無形物すらも奪い取る事が可能で、気配遮断も相まってこれを防ぐ事は不可能に等しい。

  ○魔力放出(雷):A  (種別:一般 タイミング:メイン 消費魔力:20)
   セットアップに魔力を消費して使用を宣言する。
   戦闘中【筋】、【敏】の自陣のステータスに「+20」する。
   武器ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
   ソロモン72柱は魔術と魔力放出に長けており、アサシンは魔術と掛けあわせた雷の魔力放出を得意とする。

  ○黄金律:A (種別:一般 タイミング:ターン行動)
   奇数ターン時に任意の礼装「1個」を入手する。
   また、このキャラクターの貯蔵魔力に「+100」する。
   身体の黄金比ではなく、人生において金銭がどれほどついて回るかの宿命。
   悪から没収した物もさる事ながら、財宝を見出す事が得意であり、生涯金に困る事はない。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

  ○【夜明け担う、我が正義 (マグリブ・アンドロマリウス)
     ランクA+  種別:対人宝具  タイミング:特殊  消費魔力:1は0。3の効果が「40~100」】
    この宝具は複数の効果を持つ。
    以下の中から効果を選択し使用を宣言する。別々の効果毎に1度ずつ使用可能。

    1:敵陣にアサシンが「罰」を下しても良いと判断するキャラクターが居た場合のみ使用可能。
      戦闘結果が算出された後に使用可能。
      勝敗に関わらず敵陣が令呪を使用した場合、その数/2だけ自陣に令呪を補給する。
      端数が出た場合、50点だけ自陣の魔力を回復する。

    2:魔力を「40~100」(20の倍数でなくてはならい))まで消費出来る。
      「消費した魔力÷2」(端数切り上げ)分、ランダムステータスの自陣のステータスに「+」する。
      アサシンが「罰」を下しても良いと判断するキャラクターが居た場合、
      この効果の消費魔力を半分にし、自陣の勝率に「+20%」する。

   アンドロマリウスが司る正義の権能。
   因果応報による「正義の鉄槌」であり、相手の力を一時的に奪い取る。
   その性質上、相手が”悪”であるないし悪行を行えば、その力はより強大となる。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4266レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:41:53.75 ID:4M+0H/3A



┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:クレア・ドロセラ         【レベル】:10       【アライメント】:混沌・中庸
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10      【耐】:10       【敏】:10      【魔】:10       【運】:10      【宝】:--
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫


 r. . .‐-. /二二二二二二二ニ―             \
 {: : : : : V二二二二ニ>‐ ̄                 \
  、: : : : : \二>"爪     ├ ‐- ミ     ト       、
   、 : : : : : 〉¨          ヽ   >ミ   }  \
   ヽ: : : /       {     i ヽ) < _≧
    {: : ;'     ハ \   }/ィ笊う示刋} ハ |   }へ    ,
      .: :{ ト     イ⌒≧ \ リ   弋:ン  V  Ⅵ  ,' ^う〉   ’.、
     ヽ{ !ルイ   笊そ斥  ソ    `¨   /    | /い 八     \
      V: :八  从 k:り          /    レ しノ       \
      .: : : : :\  ヽ`¨ ヽ             /  ィ爪    \    \
      i : : : : : : ) イ            {   ( イ     \  \
      i : : : : : :( (人    v⌒>   八   、 川   i   \  ミ=ー \
      |: : : : : :j |ヽ ) \         ゝ   ヽ     i
      |: : : : : :i | イ   >      /  ≧  Y    人     ー=
      |:/\ :| |:八       > ーイ r.<........) ノヘ     ミ           \
            ⌒ )        へ竺ヘ....‐=彡" >_       _      \
             /    人  〃/).》{..ト...\  /二二二ニニ―ニ二二ニニマ      \
             /     _,,,,竺 /./ l..| \.〉二二二二二二二二二二二ハ\
                >ニ二二ニ/ 〈./ |亅  /二二二二二二ニニ二二二二二i  \
            /二二二ニ7       _ニ二二二二ニ/ニニ二二二二二}
        {   /二二二ニ7_rfスケ、_.{二二二二二ニ二二二二二二二八
              /二二二二厂 (攵ろり廴 }二二二二/二二二二二二二ニ/
         Vニ二二二ニ/  ゝこン   }二二二∨二二二二二二二ニ/\
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】
  ○Roots of the King :A+ (種別:異能 タイミング:常時)
   戦闘開始直前に、敵陣の各陣営は「40」点だけ消費魔力を消費する。
   これにより魔力供給の不足が生じた場合、そのペナルティを相手はうける。
   更に戦闘終了時にこの能力で消費させた分の魔力を自陣の貯蔵魔力に加える。

   吸血鬼とされる種族の1つファンガイアの純血種にして、現代のファンガイアの女王。
   身体能力は優れていないが、ファンガイアが持つ魔力吸収を始めとする異能の扱いに恐ろしく長ける。
   その威圧により、相対した敵は多大な消耗が発生する。

  ○空間操作:C (種別:異能 タイミング:常時 消費魔力:30)
   自身の拠点に何らかの“陣地”を設置している場合、その補正を得ることができる。
   ただし、同時に【陣地で戦っている】という裁定となるため、敗北すると陣地が破壊される点に注意すること。
   また、周囲の地形環境をある程度変更できる。

   空想具現化に類する異能、周辺の世界の環境の一部を一時的に書き換える。
   遠くにあるモノを取り寄せるアポート能力も兼ねており、セットしていた陣地を転送する事も可能。

  ○瞬間移動:B (種別:異能 タイミング:特殊 消費魔力:30)
   事前に一つまで霊地を「マーキング」出来る。
   マーキングした場所にターン行動の消費なしで移動が可能。

   自陣が戦闘に敗北し、撤退処理と魔力消費を計算した後に1ターンに1度だけ、
   自陣に勝利した陣営に対し、即座に再戦を挑む。
   ただし、この際は自陣はクレアを含む3名までしか参戦させられず
   「Roots of the King」の効果は半減し、「20」の吸収となる。

   テレポーテーションの異能。事前の準備等の条件や様々な制約はあるが、
   任意の座標に対し、自分を中心に人と物を転送する。

   これにより自陣が戦闘可能な状態を保てる撤退を可能とし、撤退を行った瞬間であれば、
   自らに勝利した敵手の居場所が分かっているのは当然。
   ───それ故に、回復の暇を与えること無く連戦を挑める。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【使い捨て礼装】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4267レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:43:14.71 ID:4M+0H/3A


   【原作式ステータス:筋:B 耐:B 敏:B 魔:D 運C 宝:B】

┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:セイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:楠木正成            【レベル】:60     【アライメント】:中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:40      【耐】:40       【敏】:40      【魔】:20       【運】:30      【宝】:40
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】: 【貯蔵魔力】200/200  【魔力供給の不足】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

                         __
                     _,,,,∠三  ≧ー、_
                  rべミ"ー         \ヽ、
                   / /  /      _       \
                〃 /   /  天Fー    \       \
               ,ク /     /  イ l \  ー< \  、   ヽ
                j /    /ク   | |;  \   下, \ ヾ   ',
               N   ||   | |l |  ∨ 从\  才l  ¦
                 |     |十ー<r公ミマ 辷彡 厶w | |   |
                 |     L廴_上_ \ Yィ" ̄¨`  刈|   |
                 |     ┝'¨ ̄"^ ;          N!   |
               い     |      |   :.          |    {
                     Wハ ヽゞ      .:ト 、;:          |   ,rク
                    ム心、\     ::.`             || ィW
                  ヾミ ヒ_            ,   从W
                    弋ハ `ー=二二テ^" ̄   /ィl|rク
                     从|\    ー ー     ,厶刈《
                     ヽリ三\       /////ド
                     ∧三三\____///////|
                   /  \三三./////////   | ト、
              ---ーー……ぐ¨    \三.//////    || \
                   ヽ      \/////       川   `ー、
                  \      ヽ       \//    _,4rク|      \
                   \       \     \     // / |        \
                   \       \     \  八/  /         \
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

  ○対魔力:B (種別:一般 タイミング:常時)
   同ランク以下の「種別:魔術」のスキルを無効化する。
   毘沙門天の加護により、B以下の魔術は全てキャンセル。
   事実上、現代の魔術師ではセイバーに傷をつけられない。

  ○護国の鬼将:A++ (種別:一般 タイミング:ターン行動)
   霊地1つを選び、そこを『自らの領土』とする。(聖杯戦争開始時の自陣の霊地は自動的に領土となっている)
   ただし、敵キャラクターがその霊地に居る場合は、即座に領土の作成は出来ず相手に気づかれる。
   この「領土」内での戦闘において、セイバーは全ステータスに「+15」され、
   敵陣が「対軍・対城宝具」を使用した際に自陣の勝率に「その数×+20%」する。

   あらかじめ地脈を確保しておくことにより、特定の範囲を『自らの領土』とする。
   この領土内の戦闘において、将であるセイバーは高い戦闘力のボーナスを獲得する。
   また領土内での敵の攻撃への対処、ゲリラ戦などを行う場合にも有利な補正を得る。

  ○破壊工作:A+ (種別:一般 タイミング:メイン・サブ決定直後)
   『自らの領土』での戦闘に限り、敵陣の「サブ」に参戦しているキャラクター1名を選び、
    そのキャラクターを戦闘から除外する。
    ただし、そのキャラクターのマスターorそのキャラクター当人が令呪を1画消費することで、
    この効果を無効化する。

   戦闘を行う前、準備段階で相手の戦力をそぎ落とす才能。ゲリラ戦の名人。
   ランクA+ならば、事前に下準備が行える戦場では常に相手の先手を取れる。
   加えて、戦闘開始前後に六割近い兵力を戦闘不能に追いこむ事も可能。

  ○仕切り直し:B (種別:一般 タイミング:戦闘時 使用回数0/2)
   このキャラクターとそのマスターだけは令呪1画での撤退が可能となる。
   このスキルは聖杯戦争中2回まで使用可能。

   戦闘から離脱する能力。不利になった戦況を立て直す事が可能であり、
   セイバーは相手を欺く、誘い出すといった用途にも優れる。

  ○毘沙門天:B (種別:異能 タイミング:常時)
   自陣の勝率に「+20%」する。このスキルはCランクの神性としても扱う。
   毘沙門天の化身として、その加護と力を授けられている。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

  ○【小竜景光
    ランク:B 種別:対人宝具 タイミング:メイン 消費魔力:30】
    このキャラクターの貯蔵魔力に「+100」し、魔力の消費を常に「20」軽減する。
    【運】、【魔】以外のステータスの比較時に使用できる。
    その自陣のステータスに「+30」する。この宝具は種別「対軍宝具」としても扱える。

    竜の力を封じ込めた楠木正成の刀。国宝としても認定されている。
    真名開放により伸縮自在のドラゴンレーザーソードへと昇華される。
    対人宝具だが、伸ばした刀を振るうことで多数の敵にも対処可能。

    常日頃から大気中のマナと使用者の余剰なオドを吸収・蓄積しており、
    燃費は非常に良く、竜の魔術炉心に近い魔力製造タンクとなっている。


  ○【???
    ランク:B 種別:対人宝具 タイミング:特殊 】
    ランダムステータスの選択時、戦闘中1度だけ振り直すことが出来る。
    また、自陣の振り直し全般は無効化されない。


┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【解説】

  「良将は戦わずして勝つモノ」と言い放ち、軍略と破壊工作を駆使したゲリラ戦術を多く用いた智将。
  千剣破城での防衛線では百万を越える敵軍をわずか千人足らずの小勢で迎撃したという逸話もある。

  だが、智将であっても「外道」とは程遠い人格者、義理堅い忠義の士。
  最後まで一貫して朝廷に使えたが、自身の策略を「天皇の権威を貶める行為」であるとされ、
  受け入れられずに圧倒的な兵力差での戦いを平地で強いられ、倒れる。

  戦国時代でも優れた武将は「今楠公」と褒め言葉として呼ばれた程の名将。
  また、毘沙門天の化身であるという逸話も存在する。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛





4268レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:43:36.56 ID:4M+0H/3A


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:雪音クリス            【レベル】:30      【アライメント】:混沌/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:10       【耐】:10     【敏】:20      【魔】:40      【運】:00         【宝】:20
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫

                ,,'"                          `  .
               /             /               \
           . '  /               /   i               、
             / /               '    .|                 :.
             .'      ̄i`       /    /|
             |∧    、∧     ./ 丁  メ、.|                 :.
             、  斧气.  i /  _/ _/   ト、
               ヽ  {' んハ  |'   / イ=ミx、, .|                  :、
          ___/`乂 l斗へ .|    /_ノ:.:.泌/         i         、 :、
         `¨ア  | ̄    `|   .んn::../ン'            |   i      \、\
          /    j         -ゞ.沙'/           /   |    、 ‘. ̄
            /    l       ー―=''"        /  ∧     |     ∧ |
           ./     } `  . _,   `¨ア¨¨´      /./  / }   ./    /  '、|
         | .i  //l        /        / /  / /  ./ ./  /
            、 :|/ .| .l      . '     ィ  /  / ∠彡  ./  /イ≦ ̄ ̄|
         ヽ|   .|/ヽ..____/   / / イ乂_/イ ./   / /: : : : : : : : /l
                        |  /  .//  }  /  ./  /イ: : : : : : : : : ://
                        | / ̄`¨¨ー---/イ、  /アイ: : : :/: : : : : : //
               ___  .∧{≧=-、_____} /: : : : :ー< : : : : : /:/ ̄ ―- _
            x≦三三三≧=-<三三三三三∧/: : : : : : : : : : :ア⌒<:/\         ̄  ―-
          .ィ三三三三三三三三三三三三三三{: : : : : : : : : :/ー⌒ヤ: : : :\
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
  【スキル】

  ○破壊工作:B (種別:一般 タイミング:襲撃時)
   個人を対象にした情報収集に成功した場合、その相手に「工作カウンター」を1つ載せる。
   工作カウンターのあった相手への襲撃時、自陣の勝率に「+20%」する。
   また、陣地による相手への補正がある場合、自陣の勝率に更に「+20%」する。

   戦闘の準備段階で相手の戦力を削ぎ落とす才能。
   クリスの場合は「待ち」ではなく、強襲能力。そのバトルセンスは高い。

  ○シンフォギア・イチイバル:EX (種別:対人宝具 タイミング:メイン)
   このキャラクターの「宝」のステータスに「+10」する。
   相手の選択するステータスを任意ではなく、ランダム選択に変更する。
   (ランダムステータス選択に関与する効果も発動する)
   このスキルは同時に「ランク:EX」の「対人宝具」としても扱う。

   北欧神話に登場する狩猟の神「ウル」が持つとされるイチイの弓。
   その一部を所持しており、それを触媒として用いる魔鎧「シンフォギア」を纏う。
   主となるエネルギー源は装着者の奏でる音楽であり、魔力消費が大きく抑えられている。

  ○仕切り直し:C+ (種別:特殊 タイミング:特殊)
   このキャラクターはランダム表での遭遇or襲撃時の戦闘に限り、
   聖杯戦争中に1度だけ令呪の消費なしで自身とそのサーヴァントは撤退が出来る。
   撤退能力というより、アクシデントへの対処能力にクリスは優れている。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【使い捨て礼装】
    【魔宝石消費することでサーヴァントの魔力を20点回復する。】
    【強化符:消費することで戦闘時、最終勝率に+10%できる。(重複時は+5%)】

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


4269レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 00:44:07.52 ID:4M+0H/3A


原作式ステータス:【筋A 耐B 敏B 魔C 運D 宝A+】


┏━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ≪クラス≫:ブレイバー
┣━━━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━┓
  【真名】:???              【レベル】:70       【アライメント】:中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳━┻━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┓
  【筋】:50     【耐】:40      【敏】:40      【魔】:30      【運】:20       【宝】:60
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:呪呪  【貯蔵魔力】20/100  【魔力供給の不足】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

    /                                 \
.   /                 ,、                      \
  /              ト / ヘ__     , へ              ヽ
             | ヘ    ヽ `ー一 '                    ヘ
 ’         __ |  \               `             ハ
          /.  `{   `         \     `
'         /   ハ   ヘ.   \   \   \ \    `        ’
         /|   アヘ    \  ハ\   \   ヽ  \‐ <  \    }
.         '/{   .|イ  ヽ    ヘ\ ヘ \ __\  ヘ   \. \ ヽ
'          '//i.   | |   \  ヘ \ヘ/\ `寸  ヘ、   ヽ  \ヘ  ’
       ,イ } |..  | |  -‐‐ \. ヘ  \z云气ミx.\ ヘ \  ヘ    \/
. ’     /,イ ハ   | /,ィ云z、  \ ヘ  ´'任阿ヽ寸、 ヽヘ ',ヘ ハ   /\
  \_/ィi.|.| | Ⅸ. 〈 ,ィ/任迅`   \ヽ、 辷ソ ' 人 |\| |ハ } /
   \/イ{ | | | |ヽ Ⅵ{ 弋,少      `  _    /ハト }  i { X〈
..    \ .|' Ⅳ.| | \ヘ` ´     '           /_| リ  .|ハ´ i }
      `ト、 { .|. ',  介ヽ、      , - =ァ    /".|   | ハ /
        、 ヽ|  ,  .㌦     ぐマ  ソ     .イ  |   |  ヘ __
.          \ ハ    | \      ¨       /| |   |/ ̄ /
       寸―- ,  ,   ト __>         /{¨ ̄ ̄|   |   /ヽ
        \  ハ    ,   ̄圦 >x___ィ__|    |   |   /   \
           入 ハ ハ     rイチ ̄{    ノ  )ヽ.. |   |. ハ    \
        / .∧ハ  ヽ ヽ  .} `i  ヘ  {  ( ノ  , .j.   | / , -――‐-- 、
    / ̄ ̄ ¨` 圦  i\ヘ,イィ. { ̄` }=-} __ハ__//|  .|"
   /          ヘ   V \' ハX二二二ミx/イ/イ .|  .|
              ヘ  ヘ   \ { {     } }  /'  |  .|>
 ’   i       ヽ ヽ  ヽ   ゝ廴__ノ人     |  .|
 {   |        ヘ  \  \ ' /ノ || | ヽ、    i.  |
 |   | ヽ       \  \  `//  .|| |  ヘ...   |  |
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

  ○対魔力:C (種別:一般 タイミング:常時)
   同ランク以下の「種別:魔術」のスキルを無効化する。
   第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
   大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

  ○勇猛:A (種別:一般 タイミング:常時)
   戦力の比較で【筋】が選択された時、自陣の数値に「+10」する。
   また、自陣へのペナルティを合計で「20」まで軽減する。
   威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化し、格闘ダメージを向上させる。
   ブレイバーのクラススキルでもあり、その相乗効果でランクが上がっている

  ○嵐の航海者:C (種別:一般 タイミング:常時)
   戦闘中に対軍宝具が使用される度、自陣の勝率に「+10%」する。
   また自陣の勝率に「+このキャラクター以外の自陣の戦闘参加人数×5%」の補正を得る。
   船と認識されるものを駆る才能。船を持ってきていないため、軍略とカリスマの効果のみを発揮する。

  ○魔力放出(炎):B (種別:一般 タイミング:メイン 消費魔力:10)
   ステータス選択において、自らが任意で選択したステータスに「+20」する。
   武器ないし自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出することによって能力を向上させる。
   セイバーのそれは炎の形を取って吹き出す呪いの奔流である。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【宝具】

  ○【抜剣開放・黄金鎮守(ドローイング・ヘルヴォル)
    ランク:D 種別:対人宝具 タイミング:メイン 消費魔力:20】
   ランダムステータス選択において自陣のステータスに「+30」する。

   多くの人間の血を吸ってきた黄金の魔剣の力を開放し、攻撃に上乗せする。
   彼女の父や息子と異なり、セイバーは魔剣の力を完全に制御することができる。


  ○【約束された破滅の剣(ティルフィング)
    ランク:A+ 種別:対城宝具 タイミング:クリンナップ 消費魔力:70】
   この宝具の使用には、前提として【抜剣開放・黄金鎮守】をその戦闘で使用している必要がある。
   「自陣の戦力の劣位の数×30+50%」の勝率補正を得る。
   これを使用した戦闘で勝利した場合、敵陣の各陣営は令呪を一画ずつ消費しなければならない。
   消費できなかった陣営は直ちに「敗北ないし死亡」する。

   魔剣の力の完全開放。剣に溜め込まれた呪詛と怨念を滅びの炎として放つ。
   他の担い手と異なり、セイバーは自らの魂を呪いに蝕まれることは無いが、
   引き換えに莫大な魔力を魔剣に注ぎ込む必要がある。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

 【解説】

   古エッダに謡われる、ヘルヴォルとヘイズレク王のサガの主人公格の一人。
   祖先である王スヴァルフラーメは捕らえたドヴェルグに創らせた黄金の魔剣ティルフィングによって
   戦功を上げるも、かけられた呪いによって逆に魔剣によって命を奪われてしまう。
   その後も魔剣は受け継がれていくが、担い手たちは次々と親族に殺され、あるいは親族を手にかけてしまう。
   そうして呪われきった魔剣は彼女の父親であるアンガンチュールもまた相打ちによって滅ぼし、彼の墓に葬られる。

   父親譲りの勇猛さを受け継いだ彼女は、早くから父の元を飛び出し男装して旅をしていた。
   各地を荒らしまわっていく内にヴァイキングの頭領にまで上り詰めた彼女は、その途上で父親の墓を発見する。
   そこで炎を撒き散らす怨霊となっていた父親との激しい口論の末に、形見たる魔剣を受け継いだ。
   呪いに蝕まれることなく魔剣を使いこなした彼女は、その力によって数多くの敵を打ち倒し、
   結婚した彼女は自らの息子へと魔剣を譲った。「持ち主を破滅させる魔剣」の担い手としては、
   あまりにも平穏で幸福な生涯であったと言えよう。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



4275レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/01(月) 01:00:24.30 ID:4M+0H/3A
          /       .:       `、         ,
          / /       .:::        `、    ヽ.     ′
.            /        .::::          `、     :.     ,
       /           ::::::/   ∧  :.      ::.    ′
      ,:       /   /  ::::ハ |i | |」L::.i:.      :::.       ,
        ′       :   {    ::i | |i | |_| ::::i::|      ::::.      ′        今日の投下はここまでにしますね
            |   八    | |´:|i__|   `ヽ|::|     :::::.    :.
      :         |  | 斗   :. 八_!   ,斗==ミ     :k:.    ::. \       皆さん、お疲れ様でした
      |     i   |/| :|\___|\   〃圦_爪リ      |ノ}:.    :::.   ヽ
      |     i   |  |   ___       ゞ ^´| :    |/::::.    ::::.         メイン・サブの安価については、
      |     ∧ :.\ ,ィf尓爪       . : : : | :.     ::::::::::.   :::::.    :.
         | ′ \|: {{ V__少          | ::.    i::::::::::::.   :  \  :i      ある程度話がまとまったように見えた時に出します
     八  | |:.   | :::::..         、       : ::::.   i:::::::::::::::.  :.   \/i
       \|_|:::.___|┴i:込 : : : .       __  i ト::::   i::::::::::::::::::. :::...   /〈
              |  :i  ::::::..      < ノ  | | i:::  : |:::::::::::::::::::∧::::::...  八
              |  :i  :::::个::...         ノ | i:::. .: ト、::::{ ::::::::i:::::\:::::..′ \
              |  :i  :::::::|::|:::::i:::ニ=-  。o个 | i:::::..:  | }ニ\:::.乂_:_:}-‐‐-ミ ',
              |  :i  :::::::|::|:::::i:::::::::::i::::::〉  | |ノ.::::::    ;:∨ニ`ー=≦ニニニニヽ}
              |  :i  :::::::|ハ:::i:::::::::::i:::/∧.│.;.::::::::::  |: /ニ∨ /}/ニニニニニニ
            .:   i  :::::::|:::::.\:::::::/ / ∧∨::::::::::::. |/ニニ∨ /ニニニニニニニ、
.             .::  i  :::::::|ニニニ´ニ| / ∧| i:::::::::::::. :.ニニニ〉′ニニニニニニニ \
.             ′  :  :::::::ト ニニニニ|: /:..:..| i:::::::::::::::. ∨ニ/ニニニニニニニニニ! i ',
          /     :::::::i::::.ニニニニ: ∧ :.. | i::::::::::::::::  |:ニ/ニニニニニニニニニ:! |ヽ:
            /   /,  :::::::::::::}ニニニニ|′}_:_八 、::::::::::::i | /ニニニニニニニニニニ|::| :i
        /   //   .::::::;/}:ノニニニニ| /:./:.} \\:::::::i,/Ⅵニニニニニニニニニニ|::| ノ




4276隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:01:14.35 ID:enQKdMyp
乙ー
すまんな、久々で上手く頭が回らなくて…w


4277隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:01:30.80 ID:lFDRhBDa
乙でしたー
アカン脳みそが動いてない


4278隔壁内の名無しさん2014/12/01(月) 01:05:14.38 ID:n9nJus7Y
乙です
RPGだったら相性より因縁ありそうな奴で組むんだが
こういう系はそうもいかんしな


4295レイカー ◆ldWJRU2.V22014/12/02(火) 00:36:05.65 ID:pvIsKbg6
それとそろそろよさそうなんで。


┏┓                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃               System Message                     ┃
┏╋───────────────────────────────╋┓

       安価下3を採用。
       戦闘におけるメイン・サブをどうぞ

┗╋───────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                 ┗┛




4297隔壁内の名無しさん2014/12/02(火) 00:46:14.39 ID:1aOwjYqg
メイン ブレイバー
サブ アサシン セイバー


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/2073-5a6d411d

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /