FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End― その28

ブログトップ > 【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End― > 【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End― その28

4716フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:03:11.94 ID:L4QXnMG9

    ┌ァ 、          / .l
     r'{ く ` ー--=ニ='   |
     >| く   -─  ´ ̄` ミ、|   __
     ト} く / /    、.: 、:.:.!    | | ヾ}ヾ}
      〔 !//.:// / .:|.:.:|.:、:\\|   | |   _
     //.:,' .:l.:l斗ー:|.:.:| :く´ ゙̄;|    ゝ二゙ノ    ばんわー
     // .:| .:.|.:!∧__ト、ヽ.:;≧‐┤    __
     レl .:!..:.ト、バr':::}\{` r'::::::|      | |
      \ヽ.:|∧ ゞ-′   `二L     ! !
       〉 ヾ. ハ ""  .  〈   ヽ   | |
       ,' l :.:|:.|>┬-、_ ,イ   ノ    ~
       { ハ..:|├ー┤/ヾ、___`T´
       ヽ{ lヾ从ll.:.:|/    .ハ|__
          |.:|.:.:.|`ヾ{三ミミ={/  ヽ
          |.:|.:.:.|.:.:/    ヽノ   }



4717隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:04:46.91 ID:adoBcpqM
うぃー


4718隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:04:55.41 ID:hqIrQjJi
ばんわー、あけましておめでとうございます


4719隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:05:28.63 ID:HZZVTI46
こんー


4720フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:06:46.22 ID:L4QXnMG9

         ,_ _
   (      _ 」-'-ヽ、 __r-t-ェュ_
   \,..::::´:::::::::::::-::、`ヽ、--っ.:.:7
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ゝ、.:.:.:.i
  ,、l:::::::ト::::l、::vヾ-ヾ:::::::::::l i:,.:-.:'、
  、.ゝ::f:::ヾ、` f::::ヽリ::::「ニ.-弋.:/´   モチベ上昇のためにエクシリア2の
  / liっ:ノ   っ::::j ,::::i   /ヘ     BGMを延々と流してた
 \  ,l '''  _   ''' イ_:」  /:::::::l
  ノ:::t >、 _    , 7-/lヽ /:::::::::::i    いやあ、エクシリア2はいいね!
  ヾリ:::jヽj T.ァ < ´-ノ:.:V y-::/-'    大団円ENDがあればもっと個人的評価は高かったんだが……
      .', :>'T,´├.:.:.:.:.:.i
     .ノ.:`ー-.:.┘.:.:.:.:.:.:、
     ゝ‐-.:,,__.:_,,...:.:-‐.:´ヽ
   ./.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
  ノ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
 ,く.:.:.:.:ー´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 ヽ.:.:.:.:、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:´.:.:ゝ
  ‐-...:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:- ´.:.:.:__,,.. ´
     `ヽ-イ`Tー-- ‐ T j
        L_j     L_ノ




4721フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:10:12.60 ID:L4QXnMG9

         ,_ _
   (      _ 」-'-ヽ、 __r-t-ェュ_
   \,..::::´:::::::::::::-::、`ヽ、--っ.:.:7
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ゝ、.:.:.:.i
  ,、l:::::::ト::::l、::vヾ-ヾ:::::::::::l i:,.:-.:'、
  、.ゝ::f:::ヾ、` f::::ヽリ::::「ニ.-弋.:/´   なおこっちの世界でルドガーを利用して
  / liっ:ノ   っ::::j ,::::i   /ヘ     オリジンの審判なんてしようものなら
 \  ,l '''  _   ''' イ_:」  /:::::::l    ルー様一家、テュポーンさん一家、
  ノ:::t >、 _    , 7-/lヽ /:::::::::::i    黄帝陛下とその関係者、フェンリルとその兄弟、
  ヾリ:::jヽj T.ァ < ´-ノ:.:V y-::/-'     人間賛歌好きの魔法使いや北アイルランドの仲間達が
      .', :>'T,´├.:.:.:.:.:.i         全員まとめて敵に回る模様
     .ノ.:`ー-.:.┘.:.:.:.:.:.:、
     ゝ‐-.:,,__.:_,,...:.:-‐.:´ヽ
   ./.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
  ノ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
 ,く.:.:.:.:ー´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 ヽ.:.:.:.:、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:´.:.:ゝ
  ‐-...:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:- ´.:.:.:__,,.. ´
     `ヽ-イ`Tー-- ‐ T j
        L_j     L_ノ



4722隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:10:55.69 ID:47RFlVWD
アカンw


4723隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:11:13.88 ID:hqIrQjJi
神話でやれ(震え声)


4724隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:12:15.61 ID:OMsa8B8X
何と言う恐ろしい人脈(?)


4725フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:12:53.41 ID:L4QXnMG9

         ,_ _
   (      _ 」-'-ヽ、 __r-t-ェュ_
   \,..::::´:::::::::::::-::、`ヽ、--っ.:.:7
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ゝ、.:.:.:.i
  ,、l:::::::ト::::l、::vヾ-ヾ:::::::::::l i:,.:-.:'、
  、.ゝ::f:::ヾ、` f::::ヽリ::::「ニ.-弋.:/´    この聖杯戦争でルドガーが
  / liっ:ノ   っ::::j ,::::i   /ヘ     築いた絆は何者にも変えられない尊いものだね
 \  ,l '''  _   ''' イ_:」  /:::::::l
  ノ:::t >、 _    , 7-/lヽ /:::::::::::i    さて、そろそろエンディングに行くよー!!
  ヾリ:::jヽj T.ァ < ´-ノ:.:V y-::/-'
      .', :>'T,´├.:.:.:.:.:.i
     .ノ.:`ー-.:.┘.:.:.:.:.:.:、
     ゝ‐-.:,,__.:_,,...:.:-‐.:´ヽ
   ./.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
  ノ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
 ,く.:.:.:.:ー´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 ヽ.:.:.:.:、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:´.:.:ゝ
  ‐-...:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:- ´.:.:.:__,,.. ´
     `ヽ-イ`Tー-- ‐ T j
        L_j     L_ノ



4726隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:13:36.42 ID:47RFlVWD
わぁい


4728隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:15:18.39 ID:RUHLJC24
頑張った甲斐があったというものよ。
マジで仕事しろ抑止力ではあったけど、ルドガーにとってはかけがえの無い思い出になっただろう。


4727フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:15:03.23 ID:L4QXnMG9



▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

     かくして月の欠片を巡る聖杯戦争は終結し、世界にも平穏が戻っていった―――――
                   そして参加者達のその後は―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲





4729フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:15:56.93 ID:L4QXnMG9

                          l ./
                          l!,イ!'´ ̄>、
                          |!i| l_, イ,/'i
                          l!llr‐、__〃,ィヽ、_
                          ゚,ィヾ-' ,iチ、  /__ヽ_
                           'く-彡l/fハ/_/`ヽト、
                             ヾイ,ノ.,人ヽ  ヽ`l
                          ,.:::,イfr,.イ、  ヽヽ/´ ̄ヽ_    i
                         ,イ ///´ヾミil  /、シ  ,イ ̄。ヽ,   i!
    .            _           ,.':::::ミ/ヽ-、   / |、 / ll   l′ .l!
              l::::l、        ,'.':::::::i'  /ヽi'´ヽ,ヽ_,/ ||  ゚ .!  、,ili
             ,ノ.:::::7        ,,.::::::::::/´`'/ ̄ ``ヽl‐イハ l.| o |  ,|llイ
           、ノ.:ィ::::::l     .,,イ.:::::;;/´l、 /.::::::::::::::;__,ソ   l´ll、_o_,! li,'l'/
           ,ノ.::/ l;:::::l   /.:::::::::/ ,イミハ::::::::::::::::l′   l、ノ////,llll/
           l;::::l  |:::::|、__,ノ.::::::,-┘ iヽ,:::`ーz=ニ二!     }////l/il/
           〉:::| ノ.::::::::::::::::シ"   f''.:::::::::/--'´ ̄ヽ    .|/-‐くヽi!
          ./.::::l |::::::::::::::/.     :l::::::::::i::l:::::;;-―-,|    l_ィィ=〈| l
        _,イ.::::::l、|;::::::::::(___,ィ.    :.!:::::::::ヾ〃.::::::::;ィ'´7   `i////l
         )、::::::::::`´○:::::::;ィ-`‐.  :.:.ヽ::::::〃:::::/   l    ,l」」」」,!
          '´ ̄`ヽ:::::::::/.      :.:.:.:.ヽ;:ll::::::i ,ィ-―.l     |、__,!
              〉::::::|.       :.:.:.:.:.:..ヽ::l イ,    l、  r'イ"⌒i
              |r'`l::|.       :.:.:.:.:.:.:.`;!  i、  ヽ トイ_ |
              ||:. |::|          :.:.:.:.:.:.:.:i   ヽ、  |'´.| //ソ
              |l::..|::|           :.:.:.:.:.:.:.ト、   `‐-.l ////
              |l:::.|::|.           :.:.:.:.:.:.i ヽ、_      l ̄´
              |l::::|::|            i´::::l   ヽ、 ,-<l、
              |l::::|::|            ト,ノ::::::ハ   ヾ」l´.0 l、
              |l::::|::|            ゝ、::::::..ヽ、   lハ   い
              |l::::|::|              `、:::::::.ハ   .|ハゝヽl
              |l::::|::|            ヽ::::::::l    ヽ、ヘ.oハ
              |l::::|::|                 ';::::::|    li . lハ. ',
              |l::::|::|                 'i:::::l、  iヾ,.ゝハゝ'.,
              |l::::|::|                 l:::::ハ  il |li、ヾ:i oヽ、
              |l::::|::|                   l:::::Y_,il|  `ヾi,::l、___i'
              |l::::|::|                 ,イ.::::::::イ/   ヾ:::l  ヽ、
              |l::::|::|              _/..::::::::::::|     ヾ:i_,ィ=ミi
      .........::::::::::::::::::::'::::::::::.`::::::::::::::::::::.......... /':´::::::::::::::::::::::l、     ヾ!  ヽ、
     .::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ノ

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【テュポーン(モンスター)】

 ギリシア神話に登場する神にして、怪物たちの王。
 ゼウスによって身体はエトナ山の下敷きに、魂はタルタロスに封印されていた。
 人間の身でゼウスに挑もうとするルドガーを見かねて彼に夢の中で接触し、
己の力の一部が宿った剣を貸し与えた。
 それだけに留まらず、ヴィシュヌ神の力を借りてザーダ=ホーグラを一時的にタルタロスに封印している。
 彼の助力が大団円への道筋を後押ししてくれたことは疑いようもない事実だろう。

 聖杯戦争終了後、ルドガー達の願いにより自身の子供達と再会する。
 恨み言を言われるだろうと覚悟していた彼に子供達が投げかけたのは父とまた出会うことができた
喜びの言葉だった。
 そして彼らは久方ぶりの親子の団欒を共にする。
 子供達が己のことを今なお誇りに思い、慕ってくれていることを知ったテュポーンは「子供達に恥じない
父親たろう」と一念発起し、ヴィシュヌ神の申し出を快く引き受けた。
 ギリシャ神話にて怪物と恐れられた彼もまた1人の父親だったのだ……

 彼は長い年月を経てやっと前に進み始めた。
 自分の背中を押してくれた人間達のために、そして愛する子供達がいるこの世界を守るために
テュポーンは新たに天界に加わった維持神として働いている。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4730隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:16:58.95 ID:47RFlVWD
良かったね!


4732隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:17:59.44 ID:hqIrQjJi
貴方がいなかったらイビルアイwithザーダ=ホーグラダイン戦は地獄でした、本当にありがとうございます(平伏)


4731フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:17:41.20 ID:L4QXnMG9

                    /: : : : : : : : : `ヽ、 `):}
             .       /: : : : : : : : : : :-=='<´
                 / : i´: : : : : : ト、: : : : : : :\
                /: : : :,' : : : : : j |、: ヽ: : : : : >、:ヽ、
                !: : : :j : : : : : : : :ヽ、!:i :、: : 、-':´ : ヽ、ヽ、
                |: : :/ : : : : !: :j:.i: : :トト、: :l : : !: : : : : ヽ `ヽ
                i: :/: : : ; : : : : :i:|: : :l|:i: : : : ト:i、.: :i、 : ト、: : :i: 、:.ヽ.
                ∨ : : : i: : :i: : i|:!ヽ:i |:ト、: : :ト:|ヘ: レヽ:!: i : :.!: :ト、: j
                 {: : : : :{: : :ト、:AlーiトムL\: !Yィハ!j` ル' : : j : !_'_
                ,イ:,ィ: : : :!: : i'ヘi 代"厂`  ヾ:、  ̄   ! : ;イハノ . `ヽ`ヽ
                !/|: :r'ヽ、 : ト、   ̄        `   ル:ノ. ' . . . . i . !
                ' i: :\、ム、{ `         〉   ,' '´. . . . . . ! . !
                /´j;イ:`r-、`                /. . . . . . . | . |
               /. . ! . iヽ! i ヽ、     -=='  , ' ヽ. . . . . . .!. ,'
             / . . .|. . i   ヽ. `  、    ´ /    \ . . . . i .i
              . . . ! . ヘ.   \   ` ,ー<       \ . . . j .|
              . . . |. . ヽ.   ヽ.   i  \   r、    ヽ . . ,'. .j
             . . . . ヘ. . . i     ` 、_    / ヽイヽ`ヽ、 _ヽ /. /!
             . . . . . ヽ. . l       ハ、 ´  ノ|`ヽ i. . / . __. ./. /. }
             . . . . . . i . ヽ     j  ! `-'´_j_ / !<_/. }ノ. /. /
             . . . . . . .! . .\   /ヽ.レ' ̄:ヽ   ̄`i_ . /. ./. /
              . . . . . |. . .  ヽ./ヽ/:::::::::::::::ヽ-― } i . j. ./ . {

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ハデス】

 ギリシア神話における冥府の神。
 ……のはずなのにゼウスが本来の仕事たる世界の維持をサボるせいで天界における世界維持と
冥府の管理という二足のわらじを履いている苦労人。
 しかも他のギリシャ神話の神々はめんどくさがって誰も手伝ってくれない。
 他の神話の神々に愚痴を溢すことと嫁さんの笑顔を見ることだけを支えに今日も必死で仕事をこなしている。

 だが長兄が聖杯戦争に飛び入り参加しやがったせいでとうとう心労で血を吐いて倒れた。アワレ……
 そして嫁さんに泣きつかれながらも仕事に戻り、ゼウスが暴れることによる人間界への被害とその事後処理に
戦々恐々とするものの、ルドガー達の頑張りのおかげで非常に穏便に聖杯戦争が終結してホッと胸を撫で下ろした。

 聖杯戦争から帰ってきたゼウスを他の神々と共にボコボコに殴り倒してからヴィシュヌが
勧誘してきたテュポーンに世界維持の仕事の引継ぎを行った後、数百年ぶりにゆったりとした時間を過ごす。
 冥府での仕事が落ち着いてからは溜まっていた有給を消費して愛しの嫁さんと2人っきりで旅行に行ったそうだ。
 責任感の強い彼は休暇中でも何かトラブルがあったら連絡するようにと部下に言い含めていたが
幸運が重なってくれたのか、部下が頑張ってくれたのか、あるいは両方の要因が重なったのか、
大きなトラブルもなくハデス神は嫁さんと夫婦水入らずの貴重な時間を過ごすことができた―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4733隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:18:46.91 ID:OMsa8B8X
よかったよかった


4736隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:20:28.41 ID:47RFlVWD
ゆっくりできよかった本当によかった……(涙)


4734フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:19:43.09 ID:L4QXnMG9

                          ∠三三丶
                         //≧三ニミ丶
                         i/, 二>ーニヽl
                         1イ二二ニ=‐、ミi
                         〉ィ二二二ニ7`ー、
                       〈ニ'ヾ>=ニ-‐―''二ニ\
                      -イ`ー―――=彡'"ニ ̄ニ_ヽ
                     __,ソーニニニニニ-=ニ´_,,-‐ィ,`/,、 ̄`,ヽ、
                  /≧ィ-‐"/メ、__二=彡'"/,ィヽ\ー、ヽー、:;ヽ
               _,. イ/ ´,/ヾ'へ≦、__二ニニ‐///"l、 `'ー-ゥ_'、 l
            _>''ィ'" ,l :;:;/; i、′ヽ`ーニ二 ̄ ̄二,,イ///'/,l l ヽ\ ヽヘ
         イ'´/    イ''/, ヽl\`ヽーニ二二二ニ=", //' l l、 l `、 ヽ', X
         ' /     /"//,ハ ヽ \ヽ、ー-ニニ´ィ//' / ィ/i , ヘ l ヽ∨
         /     '/" // lベ、 ` `ー======‐''´ /,,///∧l ヽ ヘ\、ヽ
             ,ィ"l/ / //∧ヘ \ー------==ニニイ//////lヽ l \゙、ヽ/
             彡// '////∧ヘ `ヽ≧二二二 彡'" ',' /7,l;ヘ'、 l/〉\メ
             ,イ' / /,イ//'/ ヘ\、ヽー二二二二-''"//,,//ハヘ lヽi\ヽヘ
             、//'/ ///'/  \ヽ、ミ三三三三 ≧'/////'lヽv-、二二ヽ
            _i'/// //メ''´      \_三三三三三彡''_ィ //l=ヘ  /___/
           〈、_ヽニニニニ7        〈ー-〈===〈......〈,,,,,,/l /ィヘ_ヘ ,i l__l:l
             l-l―――l          ,  ,   ,   ,  l三三l、  'ヘ 'l lヘ.l
             l lー;―''l´       ム  :,   ,   ,   l'-、ヽゝl ̄'ヘ ∨l_l,l
            .l l  ニ三l         /∧__、__、__、_,l,ヘ ヽ'、ヘ_、 ヘ ∨/l
            .l l  ニニl        l// /// //‐l'/"`ー\l、 l `ヘ .ヘ ∨ l

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ニンジャスレイヤー】

 邪悪な魔術師をスレイすることを目的に活動しているフリーの傭兵。
 今回は聖杯戦争が開かれると聞いて知り合いの伝手から触媒を入手して参戦した。

 しかしゼウスという圧倒的ハズレサーヴァントを引いた挙句に彼に振り回されてナンパに巻き込まれ、
カップル(ランサー・ライダー同盟)への攻撃に巻き込まれ、終いにはルドガー達の襲撃であえなく脱落した。
 そしてルドガーと束のラブコメ(?)に居たたまれずにスゴスゴと帰っていった―――――

 聖杯戦争終了後もそのあり方は変わらず邪悪な魔術師をスレイし続けている。
 しかし、彼の信条に「ギリシャ神話の神族はクソだ、いいね―――――」が加わった。
 一部の神々への熱い風評被害である。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4735隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:20:24.70 ID:F9wDZ4YW
こいつは本当にもうwww
不憫だったw


4737隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:20:43.80 ID:hqIrQjJi
ギリシャ冥界の神々関係者「訴訟も辞さない」


4739隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:21:31.56 ID:47RFlVWD
ニンスレさんwww
まあ概ね事実だが!


4738フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:20:53.96 ID:L4QXnMG9

           |::/:::/::: |::::::::::::::: /:::: ∧::::::::::::::::|:::::::::::: ∧::::::j|:::::::::i|::::::::::::| ::::i
          /:′:::::::::|:::::::::::::::':::::::/ !:::::::::::::: |:::::::::::/  ∨:iト::::::::i|::::::::::::| ::::|
      .    /イj::::|:::: : |:::::::::___j:::::/  乂:::、::: : |i:::::::/    ∨!____::i|:::::::::::::::::::|
      .     |:|:: |:::: : |::::::::::|:/|i/¨二≧=-ヘ:::八::/-=≦二Ⅵ Vi|::::::::/|:::::::|
      .     |:|:: |:::: 八:::::: :lヽ||艾芝¨\ ∧::::::{  /¨艾芝¨/j::::::∧|::::::,
          八:::|::::::::::iト : ::| リ  ̄   /::/l\:::.      ̄    .:::::/ }|::::/
            :::l ∨:::j| Ⅵ        厶イ |  \〉      /:::/  j:!:/
            リ ∨:i|\,i|             |         厶イ_/:{イ
               Ⅵ ⅵi                     /::/
                i|   vハ           }             /ィ
             _____∨\      __             イ/_______
             |:i:i:i|    }:ハ:ト丶   ´  ____  ̄`   ... ::::/     /i:∧
             |:i:i:i|        |  \        /  |::′    /:i:ハi:i;
             |:i:i:i|       「 >   \       /  < ]      /i:i/ 1:i|
             |∧i|       |    >┬┐r.┬<     |    /i:i/  i:i|
             || ||       |    |i:i:| /i:iハ |i:i:|     |    ,i:i:/  |i:i|

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【アーチャー(ゼウス)】

 ギリシア神話の主神たる全知全能の神。
 ただし、女癖が非常に悪く強姦・NTRも何でもござれの非常に傍迷惑な存在。
 しかも手を出した女性達はだいたい不幸な目に遭っている。

 だが今回の聖杯戦争においては街でナンパしても誰も引っかからず、そのうえ雪音クリスをナンパして
グリムジョーの逆鱗に触れ、二陣営に磨り潰される。
 さらに、テュポーンの力を借りたルドガーと自身の能力にガンメタを張っていたルー神によって
フルボッコにされ、何の良い所もなく聖杯戦争から退場することと相成った。
 ―――――ザマァww

 天界に帰還した後、弟であるハデス神に今までの鬱憤を晴らすかの如くタコ殴りにされた上で
今回のことで堪忍袋の緒が切れたヴィシュヌ神によって十大化身をフル活用されて百万回殺されるハメになった。
 しかもその後、新たに天の神々の1柱として召し上げられたテュポーンにもボコられている。
 さらに追い討ちをかけるかの如く聖杯戦争勝者の願いによって妻であるヘラ以外を
美人と認識できなくなった上にEDになった。
 これら一連の出来事があまりに辛かったのかゼウスは部屋に閉じこもって出てこなくなった。
 でも別に誰も困ってないから放置でいいよね!!
 m9(^Д^)プギャーwwwwww

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4740隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:22:08.14 ID:hEDY23e9
ギリシャ神話の神々って基本ろくでなしだからな。その分ごく一部の例外が苦労する
とりあえずゼウスざまあw


4741隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:22:16.43 ID:hqIrQjJi
ファーーーーーーwwwwwww


4743隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:23:03.34 ID:47RFlVWD
m9(^Д^)プギャーwwwwww


4742フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:22:51.56 ID:L4QXnMG9

  ::::::::::::::::_ >‐< ̄`ー ≧..x           /:::::::::::::::::人::::::::::::::::::::::\
  ::> ´         `<::::::::::::ヽ\           /::::::::::::::/  \:::::::::::::::::::∧
              ` <:::::::::::\   _  -./:::::::::::/‐ _   \::::::::::::::::∧
                  ` <::::ヽ.´   /:::::::/    ` 、   ヽ:::::::::::::::∧
                   /\:::\ /::::/        \  ∨::::::::::::∧
                  , '    ≧x_Vx≦_          ハ  ∨:::::::::::∧
                 /   /´     i!`      \   ',  ∨:::::::::::∧
                /      /   i     ト、  ', ', ',  ヽ  ',.  ∨:::::::::::::i
               / i   ! .|   |    ハ  ! i! i!  i  ',   ∨:::::::::::|
               .′ |  l  i!   i!  |  ト.ハ  ト._ハ_ .!  |  ∧   ∨:::::::::|
              .! / !  !_ハ  iハ  {!、」 斗 七リ } /!  }  i ヽ.  ∨:::::::!
              | i! i! | ト. |¨ヾト{∧ ∨{ ≠チぅミx |! /!  i!  \ ∨:::::!
              | ハ | !. Ⅵヘ.≠r=ミ `ーヽ  う::::::ハ 》 / !  ∧\ \∨::|
              {' ヘ从 ヘハ.《 う:::ハ     マ:::::::リ ,'イ  |   .∧ \ `Ⅵ
                 X\ゝハ.  マ__リ      `¨´  |  .!    ∧   \ }'\
                / ,/  /∧     '         /!  .|    .∧.   \ \
               /,.イ  /  ゝ.    ー ´   イヾ.!  |     ∧    \ \
             .// / ./     ≧ァ ュ 、.__.  ´ |ー,.|   トミ      ヽ     \ \
           .// /  /  / ̄/ {{ / ̄}    r‐i//   !   ヽ     \.    \ \
       /,二二/ /  ./  /   i バ`ー===ヘ. |/   !   i       \.    \ \
      / /    /   /   ′  i.| | `ー====}/    l    !        ヽ     \ \
    ./ /   ./    , '   i   !i i         /    |    !         \     }\ ヽ
  . / /    /    /     !   i | |        i /   |    |               \  /: : ∨
  / /    /    /     .i 「 ̄ ̄ ̄`Y^Y´ ̄ ̄| i!    ト、    !              \/: :/

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【キャスター(ナヘマー)】

 かつて天使アザゼルと恋に落ちたごく普通の人間の少女。
 しかしそれにより夫は断罪され、己の子供達は洪水で押し流され、
自身も天使を唆した魔女と呼ばれることとなった。
 そして夫と子供を奪った唯一神への憎しみが彼女を”物質主義の魔王”へと変えた―――――

 聖杯戦争序盤は人間の勇者が魔王たる自分に全力で立ち向かってくれるように
じっと拠点で待ち構えていたら自分のマスターに逃げ出された。
 だが「逃げたいなら好きにすればいいじゃないか」という風に大して気にした様子もなくマスターを捜しもしなかった。
 うん、紛れもなく魔王だねこの人―――――

 聖杯戦争終盤にアサシン陣営の接触から黒幕の存在を知り、邪神に立ち向かう人間の生き様を見るために
ようやく本格的に動き出す。
 ルドガー達の対ザーダ=ホーグラ戦を特等席で観戦した後、暴走を始めたザーダ=ホーグラを
止めるために立ちはだかった。
 彼女がいなければその場にいたルドガー達だけでなく多くの無業の民が犠牲になっていただろう。
 ザーダ=ホーグラが消滅した後は全力でルドガー達に向かっていき、そして見事に討ち取られた。
 その後、ルドガーから己の子孫が生存していることを知らされ、子孫とルドガー達の未来に光あれと
かつては嫌っていた神に祈りながら消えていった。

 数年後、彼女は聖杯戦争に巻き込まれた垣根帝督という少年にサーヴァントとして呼び出される。
 かつて自身が参加した聖杯戦争における『神を殺し、人間に倒される』という殺伐とした動機ではなく
『大切な子を守るため』に彼女は新たに聖杯戦争に身を投じることとなった。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4744隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:24:07.85 ID:hqIrQjJi
うん良かった、無粋にならず本当に良かった


4745隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:24:11.48 ID:F9wDZ4YW
こいつは結構最後よかったなあ


4747隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:25:20.84 ID:RUHLJC24
倒す手番がないから放置してたらいつの間にかホーグラ差し置いてラスボス化したという稀有な人である。
救いがあったことは素直に良かったと思うが。


4749隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:25:32.39 ID:C0Ml6adF
次回作の戦争の、更に次の戦争に提督が参加した際にナヘマー召喚した?
ということは、提督は少なくとも二回聖杯戦争に参加するのか


4752隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:26:50.97 ID:C0Ml6adF
ナヘマー的には子供みたいなものだが、提督からするとおかんじゃなくてご先祖様と言うかお婆ちゃん?になるのよね


4746フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:24:52.02 ID:L4QXnMG9

                                 . -‐===- 、
                               ,          v ,
         .                      /          ∨,
                         (      ,′              i/}
                    \,_    \`'ー-{--‐==ニ二いぃ 、⌒|く!
                      \ ー-=ニ二ニ=-‐         \|) )
                       \_  _ニ=-‐           / く
                    -  -‐=ニ二´            .    \
                    _ ニ=-‐__,/ /  // /  i : :,      .
                   / _/¨¨ア ///≠7Y⌒ ; /i i :|      }i
               ー=≠ニ二二/ / / , / / 7人__ノ 厂ア7|        {
          .         / ̄/  ,′ / 厶=( 、′〃 / /// i  ,      \
                /  /  _//i{ {/「 ん(Y{ // ‐;z.,_  } /   :   ト、\_,ノ
                    _ =ニ {八 {、、乂ツ V   /x‐‐ミY{厶   ;   !
                 _.-=== ア {/∧{    ,      'ら_ッ} }}ァ / /  ,   、
              .-=- ̄    /   //{\ r‐       ` ーく/'^ / /Yi iト、|ヽ.
         .   / ̄,..、   /   /‐=へ. |       ヽ ","      ノ:i i|∧|  \
               / }  ,    /     \ 、    ノ / / /{ { リ i| ]}
         .  r 、 / / ///)        ,心,__ー=彡く / /( .\\,リ  !
           \ 'く._// _,.>''" ̄)   /  /厶」 /⌒'ー─<   \\\\
           ,.-ヘ `  'ー─一'"¨¨゙'く__/く_ (_/^),_    ヽ\  ヽ、 \\
         ../     >、         ヽ一  ¨¨)⌒)、         iト、 、 `
         _{     く._          }    ‘ー=ミ))           ,″\ \ .
         _`        _)                /《 /       /     ヽ. ヽ .
           ':,  :  (_          ,    _,..:く 》'  /  _,/′     .   .;
           /   i   _)         厂厂 ̄〉_〈_〈~‐-=' //      ii  ii
          {_   {_, '"         , ′ ̄¨¨´: : : :∨  / :/         |!  ||
         .  _> '" _,..:‐=ニ7   __,/: : : : : : : : : : : : :}./: : ;.′        j   }!
          (.. -=1 ノ /⌒'′  , ´: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/              ノ
         .    ‘′^ニ=-:...,_/: : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
                    |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ミト・ジュエリア】

 北アイルランド出身の魔術師にして聖杯戦争開催地の土地管理者。
 街への被害を最小限に抑えるために非力(レベル40)にも関わらず参戦した。

 しかし全方位棍棒外交のキャスターを召喚してしまったせいで窮地に立たされる。
 何とかキャスターの隙を見て逃げ出した彼女が遭遇したのは地元主神を召喚したレベル70マスター×2と
神族絶対殺すマンを召喚したレベル80の巻き込まれだった―――――
 が、彼らがいたって善性だったので無事に保護してもらい、土着魔術師であるクリスやグリムジョーとの
橋渡しを行うなど大同盟が結成した影の功労者である。
 あと何気に大同盟結成後の家事担当も彼女だったりする―――――

 聖杯戦争終了後は事後処理に頭を抱えるハメになったが何故か時計塔の魔術師達は今回の
聖杯戦争を通常規模のものと誤認していたので穏便に終えることができた。(だいたい維持担当の神様のおかげ)
 その後も土地管理者としての職務を全うする傍ら、時折ルドガーの実家を訪れては兄にベタベタ甘えて
束を戦々恐々とさせるなど穏やかな日常を過ごしている。
 聖杯戦争で散々な目には遭ったけれども、出会いに恵まれて結果的に目的を達成することができた。
 特にルドガー(兄)との出会いが彼女の人生をより充実したものにしたことは疑いようもない事実だろう。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4748隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:25:31.77 ID:F9wDZ4YW
ルドガーが兄にw


4750隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:25:47.46 ID:47RFlVWD
妹属性獲得した稀有なミト様w


4755隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:28:02.42 ID:C0Ml6adF
>>4750
クロスラインでも素の少女らしい感情『だけ』出すミトはここだけだな
基本的に冷徹な方のキャラ付けばっかだし
ヴァジュライダーの方は原作再現して冷徹面と乙女面両方出してるが


4754隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:27:40.69 ID:hqIrQjJi
初め不憫脱落枠だと思われたが、主人公の妹(小動物系)を獲得wヨカッタネ


4753フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:27:24.60 ID:L4QXnMG9

                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
                 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト::::::::::::::::::::::::::::::::.
                / ::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::|:::|::|:::::::::::::::::::::::::::.
                .:::::::::::::::::::::::::::ト :::::::::::::::::|:::ト:l::::∨|:::::::::::::::::.i
               l{::::::::::::::::::::::::N \::\::::|斗z珎ト|::::::/ハ::::::l!
               lj::::::::::::::::::::::::|,,.斗z兮ーヽ|' 乂 zノ |/ィ ぅl::::::|!
               从:::::::::|:::V:::N´乂 j       ''''   ,_ノ:::::::|l
                 \::::V:::Vj    '''    ,       .::::::::::::ノj
                  ヽ::\从__、             /::/:::/
                   \:\:::::\     n   .ィ〈=Y  __
                     \:>=く::≧=z ‐- ≦彡Y:::::|γ{ ヽ¬
                      Y::::Yト   >--< } i::::::ト、  ___`ヽ
                    -─|::::::| }  (  {   } l::::::|て/   二)
              rγクγ Y   /:::::::! (  }   }   { j{:::::| {    /ヽ \
              レし| / / } ヘ /::::::/l! >-=ニ二ニ<j{::::::| {  /   ヽ \
             /  イー'  ノ∥:::/ j /     /   ハ:::::ハ \∧     ',  Y
     .        γ{      <  {:::/ 丿 ′ /  /    }  \:リ  〈. }    }   ノ
            {八  -‐ ノ }. {イ /   /         l   ハ  ∧ }   }  }
            トミ ー-=   //   / `ヽ/  /    {   } ∨    }  }
            {. V  _,//   /    /    /     {.   }  V   }  }
            {. {  ̄ //   /      ,'   /    {   }   V  }  }
     .        \{  //   /       ,'   ,′   {    }   }  }  }
     .          \{. /     /       {   {     {.    }   }   }  }
               { ,'    ,′      ハ    {    {     }   }  }  }
               { {    {        { ∨   {     {     }  ノ   }  }
              八{    V       } ∨  {     {   / /.}   }  }
                \   \      }. \. {    {  /.ィ  }   }  }
                { ≧ー-- ─ ≦   {   ≧ー- -‐=≦ {   /    }  /
                {    {   「 {   ',    }    }   八/   / /
                {    {   八 ',     }    }     }   } \__ /./
                 \   ヽ  ∧ }   }     }     }   }  /   ̄
                   ー─ '  } }.   }    }     }   }  イ

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【アサシン(ミールザー・ホセイン・アリー)】

 イスラム教12イマーム派から分かれたシャイニー派からさらに別れたバーブ教を
受けて成立したバハーイ教の創始者。
 うん、何この人?俺も知らねえ……
 聖杯戦争に召喚されたもののマスターがアレだったせいで思いっきり割を食った人。

 基本的に己のスキルをフル活用して引き篭もっていたのだが、初手でバーサーカー陣営に
ダイナミックお邪魔しますされたり、人間賛歌を叫ぶマスターの話し相手になったり、
もはや人間やめてるマスターの弟と交渉したり、マスターと完全にご同類なキャスターと交渉したりと
聖杯戦争中は常に胃痛に悩まされていた。
 しかしちゃっかりザーダ=ホーグラ戦に協力したり、自身の願いを叶えたりとどこぞの赤キャスターさんに
比べたら大分マシな結果になっている……ハズ……

 願いを叶えて受肉した後は慈善事業家として己の真の願いである『人類の平和と統一』を
果たすために活動を開始する。
 自ら紛争地帯に赴き、戦争で心身ともに傷ついた人々を救済し、学校にすら通えなかった子供達に教育を施す。
 そんな彼女のひたむきな行動に少しずつではあるが賛同者が集まっていく―――――
 それらの集団は後に『聖約の使徒』と呼ばれ、この世界を蝕む数多の困難へと立ち向かっていくことになる。
 聖櫃を巡る聖杯戦争もまたその1つ―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4756隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:29:15.75 ID:47RFlVWD
南極さんの鯖は色々マイナーすぎるw


4758フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:29:53.84 ID:L4QXnMG9

                  /"  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:::::::::::::::
                    /,,ラ::::::::::::::::::::;:::::::::::::/ |:::::;::::::::::::::::::::::
                   ///::::::::::::::::::イ:/!::/  l::::/|:::::、:::::::::::::::::::::
                  -" ./::::;イ:::::::/>:/ //   !:::i .l::::|ヾ::::::::::::::::::::::::::::::
                    /:/ l::::://'^X"    l:::/ |:::| ヾ::::::;:::::::::::lヾ::::::::
                    /  /::イ  _ ヽ丶    l::i  |:::| i::::::::|ヽ::::::i,、
                      レ|/ "⌒ヾ,,     |:l 一|::|ー-i::::::| ヽ::::::::::ヽ>::::
             _,,,,__       /     ~     i/ =--l:|  ヾ:::l^`ヾ::::::::::::::::::::
           ''". .'' .<三` =-.,,_/             | _,,-┿=、 ヾ:|  ヽ::::::::::::::::::::
           ヽ.. . . .\ ゙゙̄'''=i     ,             ヾヾl   !:::::::::::::::::::::::::::::
            ゙. . . . .\ . .{     r"               |  i:::ヘ::::::::::::::::::::::
            . . . . . .). . ',   、_                     |;/ ヾ|)::::::::::
              . . . ./,-"  .',    ゙''-,,_               ノ  〉ノ::::::::
             . . . /" /. .'、     ゙゙'' ー- ,,_         ,/_//:::::/
             . . / /. . .//:'.、                ,=-- <:::::k"
              / /. . . //:: : ' 、       _,,,,,,, --─'''''"" ̄ ̄
               /. . . /// :.| l.ン- ,,_/⌒). . . . . . . . . .
             /: . . . ( ノ . . :.:i::t.K | /./::7 /. . :/'''""" ̄⌒
            /: . . . . . .  . :.:.l:) ) `// // /. ./. . . . . . . .

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ロイ・マスタング】

 かつて根源に到達したが根源の渦へは飛び込まず帰還を果たした錬金術師。
 副次効果として魔法使いになっちゃったけど本人はたいして気にしてない。
 封印指定されて時計塔から追っ手がかかってるけどみんな燃やして返り討ちにする。
 人間賛歌が大好きで非常に喧しい僕らのロイ兄貴―――――

 本来は人間賛歌を歌うために自身のサーヴァントを人間への試練としようとしていたが(比較的)弱い
アサシンを引き当ててしまったためにあえなく断念。
 その代わりにザーダ=ホーグラの陣営が湧いたので彼らを生贄に人間の輝きを見ようと方針転換。
 来るべき時のために嬉々として黒幕勢の情報をスッパ抜き、突っ込んできたバーサーカー陣営にも
情報を拡散し、情報を聞きにきたルドガーに情報とついでに礼装を渡し、キャスターに接触して情報を渡して
キャスターをザーダ=ホーグラ戦に介入するように仕向けるなど黒幕よりも遥かに黒幕ムーブをしていた。
 マジでなんなの?この生き物……

 聖杯戦争終了後はルドガーの帰省と入れ違いに家を飛び出し、放浪を始めたようだ。
 義弟の帰る場所を守るという己に課していた役割は果たされたから―――――
 その後、各地で開かれる聖杯戦争に人間賛歌を歌いながら介入する魔法使いの噂が流れることになる。
 それを聞いたルドガーは「何やってんだ、あのバカ兄貴……」と呟いて頭を抱えたそうだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4760隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:30:45.09 ID:F9wDZ4YW
こいつはうんまあいいんじゃねwww


4761隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:31:08.91 ID:C0Ml6adF
というか、前作主人公も大概な規模のコネ持ってたが、今作はもっとひどくなったなww



4762隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:31:57.95 ID:47RFlVWD
なんだかんだで兄弟愛はあるんだよねw


4763隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:32:06.54 ID:FlkYQ+QQ
こっちに害を成すタイプの黒幕じゃなくてよかったわ
ハタ迷惑だがw


4768隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:35:00.34 ID:C0Ml6adF
今まではロイがおかん守ってたが、これからはルドガーが守るからバトンタッチして放浪に出たか


4764フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:32:19.29 ID:L4QXnMG9

                         t-  _  r‐ _
                         ‘ ,: : : ≧ト _: 〕iト、
                          ‘,: : : : : : : > 、:\
                           ‘,: : : : : : : : : :.\トミ、
                       ト 、 ,xく>、: : : : : : : : : :\=\
                       ゚,  \二二`: 、: : : : : : : : ‘.,ニヘ
                        ゚,   \二ニニ\: : : : : : : : :Ⅵ:ム
                        |゚,    \ニニム: : : : : : : : :Ⅵ=!
                        |ム   ,x=ヘニニ',: : : : : : : : :i_ニ|!
                        ,Lニ}⌒´: : : : ∨ニi、: : : : : : : |` y
                        {   ∨: : : : ,x¬,/:{ r、: : : : : | /
                        ‘ ,  ∨: :./   ゚, ` ゞ’<: : : }'
                          >' ̄≧x    ゚,     (` ='
            ̄ ̄ ー--  _   -=彡   , '- ミ:> _}   -/
                          /⌒ー----ュト = '´
                        ,.xく: : : : : : : : /二二≧x
                    _ニ ィニ7: : : : : : : : :.{二二二ニニハ
               _  -=ニ   .{ニ{: : : : : : : : : :∨二二二ニニ',
           . ,  ´.        /ニニ!: : : : : : : : : : ∨二ニニニニ}
           , '             /ニ=ム: : : : : : : : : : :.∨二二二ニ!
                     j二ニニム: : : : : : : : : : :.∨二二ニニi
                    ,゚二二二ム: : : : : : : : : : : ∨二二二ム
                    ,゚二二二/ }: : : : : : : : : :. :.∨二二ニム
                   _,゚ニニニ/  j: : : : : : : : : : : : :∨二二ニム
                x<7二二ニ/   ` <____ x≦=∨二二二ヘ
           .    //:::::/二二ニ{       Ⅵ二二二ニニ∨二二二/ ̄`:::...、
               {::!::::::{二ニニ=|         }二二二二ニ=∨二二/: : : : : : :. :.\

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【セイバー(アカトリエル)】

 ミルトンの「失楽園」の中で名前が上がっている大天使。
 唯一神と同一視されているようだがぶっちゃけマイナーもマイナーで知名度補正なんか欠片も無い。
 当人もそれを非常に気にしていた。

 自身の知名度の向上と身内である天使達が犯した罪をなかったことにすることを願って聖杯戦争に
参加するも性格的相性の悪い外道マスター(元愉快系ヒャッハー)に召喚されてしまう。
 しかもその上、序盤でバーサーカー陣営にぶん殴られて令呪全角喪失の憂き目にあう。
 その後は慎重に動いた甲斐もあってかルドガー達に確保されるが、自身の願いを話した際に
堕天使の子孫を友人に持つベイに真っ向から願いを否定される。
 さらにルドガーとの対話から自身の願いが『天使の過ちから産まれた生命の否定』に
繋がると気づき、これを諦めた。
 セイバー「でも知名度向上ぐらいは願ってもいいよね?えっ、ムリ?」

 聖杯戦争が終了してから数年後、アトラス新作のペルソナシリーズでなんとアカトリエルが
主人公ペルソナに採用された。
 ちなみに無事発売されたそのゲームをプレイしたメガテニストの第一印象は総じて「誰やコイツ!?」だった模様。
 その後、2chに専用のスレが立つなどネット界隈やメガテニストの間でカルト的に注目を浴びる事になる。
 知名度が上がったよ!やったね、セイバー!!

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4766隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:33:09.39 ID:F9wDZ4YW
残念セイバー!w


4767隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:33:34.42 ID:47RFlVWD
やったね!


4769フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:35:00.59 ID:L4QXnMG9

                         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        /7:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト.、
                       / /:::::::::::::::::::::r-=-w:::::::::/:::::::::::i l
                      / /:::::::::::::::イ:/   /::::::::/:::V::::::::i l
                      イ::::::::::::::::/_,/   /::::://ヽ::V:::::::ハl
                   /:::::::::::::::::::::/ ̄` --,..:::/--/‐‐ Y::::::::::::::.
                  , イ:::::::::::::/::::::/<υ_>:イ   ィ _n_ヽ/l:::::::l::::::::l
                 / i:/::::::::,ィ:::::::::/:ハ   / ; l     /:::k::::l::::ハ:;}
                 { /:::/:::/ Vl:::::/ ヾ:.、   , 、   /:::/ l::l::/l ;:
                 {::::::::::{  l::::::ヽ ノ::} 、  __   /:::ノ/_ /::/:::l  il
                  lヘ::::ヽ lヘ::::::/::イ,  ` ^ ‐-`-/ ' _,,rイ:::::::ノリ
           __       ヾ:.、 ゝハ::::::ゝ       f,.ィ::::::://
         /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...-...::::::::::ヘ \    , イ/=-' _/
       /:::::::::::_, --===≦_ _ > -= _::::::::::::i  `  ´ _l
      /::::::::::/                /.∧   /\......\
     /::::::::/               / {........lミ....V...../ミ、....lY\- _
     /::::::/               /   l\/ミ/三≫彡.....V./  \  - _
      {::::l            _ - /   _ イ..........V-=ミ/.........../ \ _\    =- _
      ゞ::.、       _ -=  / -=/   l...........l ニニi........../    \          l
        ヾ、    r        /    \.....lニニニi....../      \       /l
              }、      >       ヽ l ニニニi../       /     /  i
             /ヘ        \      V ニニニ/       /      /
            / ∧         \     Vニニ/      /       /     l

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【柊聖十郎】

 数百年前、ショッカーに拉致された挙句に度重なる毒物実験を受けたせいで多くの死病に冒された男。
 記憶の消去を受けてショッカーから解放された後、自身を蝕む死病を気合と根性で耐えながらも
己の病を治し、自身の記憶を取り戻す方法を求めて彷徨っていた。
 しかしどれほど捜してもその術は見つからず、彼は一か八か自身の身体を冷凍睡眠させることにした。
 遠い未来に希望を託して―――――
 数百年後、彼は自身を冷凍睡眠から解いたある女性に『月の欠片』を手渡され、
聖杯戦争のことを教えられる―――――

 意気込んで聖杯戦争に参加したは良かったものの序盤で令呪を1画消費した上にバーサーカー陣営に殴られて
あっという間に令呪が全て無くなってしまった。
 その後は情報収集に徹していたのだが、いつの間にやら大同盟ができて詰んでた。
 ハードモードってレベルじゃないね、これ!!

 しかしルドガー達の接触により事態は一転、ライダーの宝具により病が快癒し、
ショッカーにかけられた催眠暗示も無効化されて元の愉快なお父さんに戻った。
 その上その場に居合わせたバーサーカーのマスターが息子の友達だったのでノリでくっついて行くことにした。
 そしたら所持していた月の欠片から黒幕が出てきてなんかスゴイ勢いでフルボッコにされていった。
 ―――――うん、何だよこれ?

 聖杯によって願いが叶い、蘇生された後で喫茶店に放り込まれてベイの家族相手にオロオロしてた絶奈(奥さん)や
ベイの連絡によって泡を食ってやってきた四四八(息子)とも無事再会を果たした。
 その後は四四八が所属する聖槍十三騎士団のセーフハウスにて家族共々仲良く暮らすこととなった。
 時折、自身の頭脳を活かして聖槍十三騎士団で働く四四八を助力しながらもショッカーに捕らわれる前の
平穏な生活を取り戻すことが出来たと言えるだろう。
 数年後、ショッカーの残党が開催した聖杯戦争に彼の息子が介入することになるのだが
それはまた別の話で―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4770隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:36:07.44 ID:F9wDZ4YW
こいつは本当にハッピーだなあw


4771隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:36:57.92 ID:hqIrQjJi
もう彼の登場シーンのBGMはずれて聞こえてきてしょうがないw


4772隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:37:14.45 ID:C0Ml6adF
ん?数百年前の人間?
なら、息子は何で生きてたんだ?
改造人間にされる際に不老化もされたのか?


4775隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:39:20.65 ID:47RFlVWD
なんと言う複雑な家系w


4773フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:37:37.75 ID:L4QXnMG9

                i\  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::レ:::::::/
                !:::::\!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::へ∧:::::::::::::::::::::::::::/
              ___\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!:::::::::::::::::::::::::レイ_
              \: ̄::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::\:::::::::::::::/
                >:::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::\:::::<
              <:::::::::::∠、::::::::::::::::::::i::::::/|:::::!:::::::::::::!::i:::::::::::::::,::::\::\
               >:::::::/::::::i::::::i::::::!::::/ i:::/i::::::::::ll:ハ::::i:::::::::::,::::::::--ゝ
             <:::::::::∠:::::::::/::::::|::::!|::/ヽ|/勿|:::::::/勿l::iヽN:::::::::: :,__\
               ⌒>::::::::::::/::イ:::::/ィ==ミミ、ミ|::::::l  ,ィリ==ミ::::::|\i   ̄´
               ∠__::イ:::::/⌒ i:::::{ゝ   ノ彡l::{  i._...   .》∧i―-ー\
                 /:::::::{ ( l::::::|=´三彡 ´! リ   `ヾミ彡|i ハ    `ゞ
                ム:::::::::::::ゝ {::::弋  ! !       ! ! イ !::::ムイ-トヾ--ゞア
                  ̄//:::::ゝ:::::ト    _____     l::::ト/  ┠┛   ヾ
                  lーーー-i::::::lヾ  /ヾ―----ヽ   /ヽ::::!ーー┐  ┏━{
             __ _|三三三ニ i:::{  /r -- 、::::::::: |i /:::::::ヽ三三ニl┯┻┛  }
            /--xヽ キキ\\三三i::!  〉Yニ≡=⌒ヽ jj〃i从ヘノ三三ニl      }
           /k    ヽキキキ\三三三> ¨ゝ二 二イl l:::::{7/;;;;;;;;;;;;/三チ  ┣━ /
          /;;;;乂     ヽキキ;;;;;;/∧:::::ヽ   l   l  l::///;;;;;;;;;;;;/三ヌ┏━┛  ハ
         从;;;;;;;;弋     lキキ/ 三ニ∧::::::::ヽ       //;;;;;;;;;;;/三イ       ヌ;;;}
         Ⅳ;;;;;;;;;;;;;\    }キキ\三三ニ∧\:::ヽヘ ///;;;;;;;;;;;;/三ト  ━┻┨━チ;;;;{
         |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\   l キキキ\三三∧ \ヽ   //;;;;;;;;/三/        メ;;;;;;;ゝ

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ランサー(シヴァ)】

 インフレとチートを誇るインドでもチートオブチートの3最高神の一柱であり、破壊を司る神。
 ヴィシュヌに半強制的に放り込まれて聖杯戦争に参加することになった。
 聖杯に対して望みはなく、ただ己を敬う者に力を貸すためだけに行動する。

 善性の土着魔術師であるクリスに召喚され、分をわきまえ己を敬う彼女に力を貸すことを決める。
 基本的にマスターであり、同盟における頭脳労働担当であるクリスの言葉に従っていたが
クリスがアーチャーにナンパされて憤ったグリムジョーにも力を貸している。
 ルドガー達と同盟した後の黒幕戦ではルーラーを非常にあっさりと倒している。
 というか過剰戦力だったんじゃね?

 聖杯戦争が終了して天界に帰った後、その足でヴィシュヌにTSして人間に接触したことを
問いただしに行ったがヴィシュヌとの間に産まれたハリハラが出生の秘密を知ってしまい、
グレて家出してしまったのでそれどころではなくなった。
 子煩悩なヴィシュヌに詰め寄られた挙句に逆ギレして口喧嘩になりあわや手が出かけたところで
互いの妻であるラクシュミーとパールヴァティーに『ケンカしてる暇があったらハリハラに謝って来なさい!』
と怒られて慌ててヴィシュヌと共に息子を捜しに行った。
 ちなみにハリハラはヴィシュヌの同僚であり、個人的に尊敬しているルー神の所に転がり込んでいて
現世から帰って来たルー神を大いに困惑させるのだがそれに関しては一旦筆を置こう―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4776隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:40:20.72 ID:Jo8nsLBE
普通にインドの伝説通りなんだよなぁw


4778フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:41:33.98 ID:L4QXnMG9

                                    ―へ _ -― 、
                                  ´          \
                                /                   \
                              / ,
                                /           ヽ  丶  ヽ
                             ,′ /  l             i|     |.   }
                              /.   |i           i|     |i   |
                           /  /    |i      |i    ,i|     |i   |
                           / ′     |i      |i   /l| |  |l   |
                          /イ|l i    | 八      从 |/ .l| |  |l | |
                            |l    ‐┼ ‐-\  Ⅳ _Ⅵ- ┼ |‐   八!
                            |l八   乍斧`` \{   乍斧ア!/}    ′
                            {' ヽ\{  ̄          ̄     } l/
                              ヘ       {          ,ィ' /
                               ト       、!            ,′
                               | 八   ______,   ′//
                               レ川ヽ ` ̄こ ̄´ /.Ⅳ/
                              _」_|  \    /┌┴―┐
             -―――-            {ニニO}   ` ー<  |Oニニ !
           /` ̄ ̄ ̄ ̄´ヽ.   -=ニニニ{ニニO|―--、   ,..-一|Oニニ ト======
           |        r=ニエニニニニニニ三三三ト___       __「!三三二ニニニニ
           |...................../ニニニ!Ⅶニ}ニニニニニニニニ| |     | |ニニニニニニ二二
           |:::::::::::::::::::::::::::::::::::| Ⅶ/二二ニニニニニニ| ト、    /| |ニニニニニ======
        .  八:::::::::::::::::::::::::::::::/ニⅦ二二二ニニニニニ| | l|   / .| |ニニニ==二二二
        .    ヽ::::::::::::::::::::::::/ニニⅦ二二ニニニニニニ| | l|  ノ .! !ニニニニニ二二
             ` ー 、 , ‐´ヾVニⅠニニニニニニニニ| | Ⅵ  | |ニニニニニ二二
           /ニ厂ヽ| |`ヽニニVニlニニニニニニニニニ| |  ||  .| |ニニ======
           {ニニ/__へ \ }

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ライダー(黄帝)】

 三皇の治世を継いで中国を統治した五帝の最初の帝。
 蚩尤を討ち、諸侯の人望を集め、神農氏に替わって帝となった。
 今回の聖杯戦争には地上に封印された娘の魃と部下の応竜を天界へ連れ戻すために参戦する。

 初っ端から同盟を結んだマスターやその恋人の益になるよう(現世を満喫しながら)陣地や礼装を作っていた。
 また、対アーチャー戦に関してはマスターの彼女に手を出したバカはぶっ飛ばせーとノリノリで
本来の姿である龍となってアーチャーをブレスでこんがり焼いた。
 ルドガー達との情報交換で敵陣にヤンデレストーカーの蚩尤がいると知って頭を抱えるハメになるが
非常に愉快な助っ人(ベイとバーサーカー)のおかげで被害は精神的ダメージと少量の魔力で済んだ。
 その後、ルドガーと交流を重ね、1人の父親として彼に助言を与えて支えた。

 聖杯戦争終了後は魃や応竜と共に天界へ帰還し、仕事帰りに娘を甘やかしては部下に呆れられるという
毎日を送っているようだ。
 そのことに関して黄帝は『今まで構ってやれなかった分、娘のことを大切にしたい。何故なら我は魃の
お父さんなのだからな!』と胸を張って答えた。
 ちなみに魃は根底の部分が寂しがり屋なので父に存分に甘えられるこの状況を
非常に好ましいものと思ってくれているようだ。
 良かったね、お父さん!!

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4780隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:43:30.95 ID:hqIrQjJi
ルドガーと一緒に総取りおめでとうございます、娘さんと部下大事にね


4783隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:44:34.02 ID:47RFlVWD
娘さんとまた一緒に暮らせてよかったね!


4779隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:42:34.96 ID:Jo8nsLBE
黄帝さんマジ頼もしかったっす!!
でもさ、貴方別所でインドと仲間割れしてなかったかw?


4781フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:43:47.61 ID:L4QXnMG9
>>4779
それに関しては後で解説の場を設けようと思っています


4782フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:44:13.54 ID:L4QXnMG9

                  ,. -  、
                /'´ ̄`ヽ\
                      -ヽ)-   、 _
               _ ,.'´/l> 、/ l\\:::::::>、              、__\、
            ∠::::::厂 Y /l ̄.::T ´l\ 〉'´,. .┐|             .< ̄ヽ厂:.ヽハ/},イ
           「 r‐ ミ| / ̄ヽ::::::l:::/ ヽl ィi〈 <:_:_/:/l          _≦--:.  //ヽ:./〉:. :.イ___,
           ヽヽ、 /N:::::::/ i`¨´ 、ハ_,lハl >-- '.:::∧         \:. ̄:.\:. /'、、:.  _ .ィ==、′
            \/   ̄l ,.ハl l.: / ノ斗zx l::/7.::::/.:::|        -r≦:.`ー- 、:. ト、:、:._イ:Vヘ、:. /ヽ
.              / l.:l   'N 人l::l/  ri乂)l〈l マフ_ :/         z\:.ヽ ̄\:ド `  |:「´\く
             ∧l  :!:ノ  __Vl   `¨,,,ノ/>',. ┐l′         \ミー、:.:.ト、___\{:! /ィ!ヽ.
.              〈<^ >、\〃     /)   l〈<__ ノ/          `ー=≦:. ハ! }}廴..ヾ ヽ 弋ハ ′
              \レ:.:.:T i、 '''   ー '′  l `T ´> 、          ´ >:ゝ-、f=-彳--イ"ノ
           ,. ィZ>r┴..、V  ∩、 _  イハl:ノ ` マ> 、          //レ孑卅イ二ニ/
        ,. ィZ>    /¨ ヽ:>‐┤! /\  ハ7ァ、\   ` マZ>、       ″  __/ヽ》  Yゝ
      ,.ィZ>     /l  〈::¬:l:::〉::TニYフV:/   ヽ\   ` マZ>、        く、〈__,!』 C)Ky
     イ>'       // ∧   YニフV-'´,.-{}- く     l \\    ` マ>、        Vゞく>===λ
.    ,f,′     //l 〈 〉、__lハ:::::::l ̄  v └ 、V /、 \\     マハ       ┌<`  / {
.     ,f'     /.:/  \「..`...ァ'...〉7′  ::    l l_ri !    ヽ ヽ     マハ      <__、  r' __〉
   ,f/l      !:/      |../.....//ヽ、  .ハ    l l / l    l l       マハ      〔辷ァゝく辷}

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【雪音クリス&グリムジョー】

 北アイルランドに住む土着魔術師のカップル。
 地元で聖杯戦争が開かれると知って被害を食い止めるために参戦した。
 クリスは自分を敬う者に力を貸すランサーをグリムジョーは願いを持っているが基本的に善性な
ライダーを召喚し、二陣営の同盟は非常に強固なものとなった。

 着々と地盤固めを進めていた中、アーチャー陣営と遭遇してクリスがナンパされ、激怒した
グリムジョーがランサーやライダーと共に意地で殴りかかり見事撃退した。
 それによりクリスがグリムジョーに惚れ直したそうだが聖杯戦争にはあまり関係ないので割愛する。
 ミトの仲介でルドガー達と同盟した後は危険なザーダ=ホーグラ陣営を排除するために行動した。
 彼ら自身が戦線に立つことはなかったが、彼らがランサーとライダーを召喚していなければ
これら一連の戦いは非常に苦しいものとなっていただろう―――――

 聖杯戦争が無事に終了した後は所構わずイチャついては周りの人間に壁を殴らせるという
聖杯戦争以前の日常へと戻っていった。
 数年後、2人が成人したのをきっかけに晴れて結婚式を挙げてゴールイン。
 ちなみにその時のブーケトスでブーケを取ったのは束だったそうだ―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4786隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:45:22.89 ID:F9wDZ4YW
おめでとう!w


4787隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:46:25.32 ID:47RFlVWD
結婚おめー


4788隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:46:41.03 ID:hqIrQjJi
ご成婚おめでとう、お幸せに


4789フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:46:51.08 ID:L4QXnMG9

     , x<: : : : :./:::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     : : : : : ::/:/::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::,、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
     : : : : ::/-==./::::::::/:::::: /:::::::::::::/:::::: / .l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l
     : : : : ,': : : :/::::,ィ./:::::::/::::::::::::::::::::::::/  l::::::i:::::::::::i 、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::!
     : : : : l: : : //: /:::::::/:::::::::::/:::::::/   .}i:::/',:::::::::l ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::, =.、::::::::iヘノ
     >´ `ヽ、: : :/:::::::/:::::::::::/::::/    ./::/ ∨:::}i  ',:lヽ:::::::i::::::::: i::::lィ ヽ.l:::::::::l: :ヽ、
          ヽ: /:::::::ィ:::::::::::/ /ミx、   / ´   l:::/ ,x≦l ¨ ヽ:::!::::::::::l:: l ヽ }.i:::::::ノl: : :ヽ> 、
           ムィ ´}i:::::::::∧  ,. ミメ、      .!/x:/._ __ lノ.',:::::::::::}i  ノ::/: :l: : : : : : : :>.、
            ∨; ;l::::::::::::∧..{ .存,式.、 メニ彡 ィ ´:及 戈リ  ',:::/l/ ,ィ´::/: : : :}i: : : :_: : : : : :
             ヽリ:x´ !::/: }i ヽ込_::ソ,ィ. - `¨ i{   込_::ソ   l/  /:: イ: : : : : :l:`´: : `.---
             / : : l/: : : :',    .l     ` ー ´       ,ィ¨∨./: : : : : ::|: : : :,ィ= 、: ::
           ./: : : : : : : : : :∧    l                /    ,': : : : : : ::|: : : i{//:}i: : :
          /: : , - ―.-.、: : ∧   .,ノ                  /   /: : : : : : : :|ヽ __`.¨.´: : :
           ̄    ∨: :ヽ: : : :',  `              ,イ   /;: : : : : : : : |: : : : > 、: :/:
                i{: : : \: : :ヽ、   /ニニニ.ン    ./  ,'  /: : : : : : : : : :|: : : : : : : ¨: :
                l : : : : : \ ∧\ `¨  ̄ ´  .イ   ,' ./:, 、 : : : : : : : l: : : : : : : : : : : :
                i{: : : : : : : :\: ', .ヽ、    イ    ., ' /::::::::::::: : : : : : : l: : : : : : : : : : :
                ヽ: : : : : : : : : : :ヽ ヽ:: ̄: : : : : : : : : : : :./:::::::::::::::::: : : : : : |: : : : : : : : : : :

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【バーサーカー(フェンリル)】

 北欧神話に登場するロキが女巨人アングルボザとの間にもうけた狼の姿をした怪物。
 前回とは打って変わってバーサーカーとして呼ばれた結果、人型かつ相手の神性に応じて狂化をオンオフする
神霊大戦においては厄介極まりない存在として召喚される。

 当初はマスターであるヴィルヘルムと共に無軌道にランダム襲撃を繰り返していたがルドガーと同盟して
彼に手綱を握られてからは大分(?)大人しくなった。
 それでも蚩尤やラーを完膚なきまでボコボコにするという神殺しの魔狼に相応しいことをやらかしているのだが
神族と見たら助走つけてぶん殴りに行く自走式核弾頭だった序盤に比べればまだマシになったと筆者は思う。

 聖杯戦争終了後にヘルヘイムにて家族と再会し、いつの間にやら素敵なお婿さんと子供達をゲットしていた
妹に仰天しつつも祝福して『妹をよろしく頼む』と義弟に挨拶したり、弟と酒を酌み交わして他愛もない話に興じたり、
面白がって介入してきた実の父親を出会って即効有無を言わさずぶん殴ってそのままタコ殴りにして殺しかけたのを
弟や妹夫婦に慌てて止められたりと久方ぶりの家族の団欒(?)を楽しんだようだ。
 家族との対話をひとしきり楽しんだ後は座へ戻って新しい家族と共に今を生きている妹を見守っているようだ。

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4790隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:49:09.92 ID:hqIrQjJi
ありがとう、バーサーカー。今回戦争スムーズにいったのはお前と大チンピラのおかげだマジで


4791フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:49:23.50 ID:L4QXnMG9

                               ,ゝ_ニーニ
                              /イ――ヽ _  ヽ
                            /     ,  | ー   ハ
                          ./イ /   /. ./| | ヘ  ハ
                         /´ ./    /  //   |  .ハ
                           /i イ / ./  // | i  i! j{ ハ
                           / /イ  .仍`ヽ_ ,佗i / /i/
                           /イ/  イト---イ/イーく/∠/
                          /彡'个  |ヘ    '  / / /_
                             刈ヘ| .ヘ ヽ=ニゝ´T从ニニヘ
                            >ニニ', ',`ヽ_ イ .リニヘニニ |
                         <ニヽニニ } ゚ 。   // ハニニヘニニ|
                       ,'_/ニニヽニニi   ニ-rヘ  |ニニ ヘ .|__
                      /ニニヘニニヘニ.|ヘ  人ニ.∧ |iニニ ヘ.ニニi_
                     イニニニ.ヘニニヘ | ∨ {ニ} ヘ' }ニニイi:i:i:i:/
                    |iニニニニニヘニ ヘ |    }ニi'  /イニニ}i:i:i:i
                   <ニニニニ ニ iヘニニiヘ   /ニハ../ニニ /i//iハ
                  iニニニニニニニ/ニヘイ ヘ>./ニニ/ニニ/i:i:i:i≧si:〉
                 iニニニニニニニ /ニニヘイ ヘニニニニ イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/
                /ニニニニニニ>´ニニニヘニヘ三三三ニ三三三三ヘ
               .イニニニニニイニニニニニニヘイヽニニニニi\ニニニヘ
             ./ニニニニ>''´  \ ニニニニニヘイヘニニニ .}  \ニニ i|
           . /ニニニニ/      ヘ ニニニニニヘニヘニニニハ  |ニニハ
           《ニニニニニヘ         ヘ ニニニニニヘニヘニニニ.ハ ヽニニ .ハ
           .ヘニニニニニ ヽ      ヘ ニニニニニヘニヘニニニi|  〈ニニ ハ
            \ニニニニニ \..   ./ニニニニニニ.ヘニヘニニ ヘ ハニニ ハ
              `ヽニニニニニ .\ j{ニニニニニニニニヘニヘニニ/  ハニニ ハ
                  `  、ニニニ\ ニニニニニニニニヘニヘニニンヽハニニ ハ

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ヴィルヘルム・エーレンブルグ】

 北アイルランドが誇る汎用人型決戦兵器。
 愉快な仲間達を率いて家族に迷惑(騒音公害など)をかける暴走族やらマフィアやら
謎の秘密組織ショッカーやらを潰していったモノホンのバカ。

 何か巻き込まれたのでとりあえずバーサーカーと一緒にアサシン陣営を殴りに行くがやっぱりやめて
情報を貰って帰り、セイバー陣営に殴りかかってズタボロにし、ルドガー達と意気投合したので同盟し、
ライダーと仲良くなってゲームしたり、黒幕に殴りかかったり、セイバーに対して啖呵を切り、
その後やはり黒幕に殴りかかったりと終始いい空気を吸っていた。
 最後の最後におけるタイマンでセイバーに負けたが全力を尽くして戦ったため、悔いは無かったようだ。
 てゆーかそもそも神霊級サーヴァント相手にワンチャンある時点で異常だからね、良い子は真似しないでね。

 聖杯戦争終了後は以前と変わらず家族と喫茶店を経営する傍ら、厄介事が発生したら
嬉々として突撃する生活を送っているようだ。
 1つだけ違ったことは時折、彼の家に今回の聖杯戦争で得た友人であるルドガーが訪れると言うことである。
 彼が来る度にヴィルヘルムを含んだ家族総出で大歓迎し、ルドガーの妹(?)であるミトや聖杯戦争で
得た仲間であるクリスとグリムジョーのカップルがヴィルヘルムの家に集まってただでさえ騒がしい
エーレンブルグ家が普段の3倍以上に騒がしくなった。
 だがまあ、その場にいる全員が楽しんでいるだろうから近所迷惑なことを除けば
さして問題ではないのだろう―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4793隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:50:12.68 ID:FlkYQ+QQ
ほんとコイツのシリアスがダインしたのが全ての始まりだわw


4795隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:51:45.38 ID:C0Ml6adF
チンピラ組が味方じゃなかったら難易度跳ね上がったからな
逆に味方にしたらベリーイージーになったが


4796隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:51:45.61 ID:47RFlVWD
ルドガーの友人が増えたのは素直に嬉しいなあ
後、ヘルに婿がいるってことはやっぱり南極時空かw


4797隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 20:52:09.22 ID:F9wDZ4YW
本当にありがたかったw


4794フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:51:03.39 ID:L4QXnMG9

                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・



4798フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 20:55:48.67 ID:L4QXnMG9
















                              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                              |  ただいま、母さん―――――   |
                              乂______________ノ














                        _ ‐ ¨ ¨ ‐  _
                       //⌒   ‐-  _ ヽ
                      / .'      ___ ノニ=- ノ
                    /   ,      _  =ニ _ ` ‐=ニ -r'
                    ,'   { ヽ     ` 、  ヽ _ _ノ
                         ,  |\ \__ _― ヽ  \ Ⅴ /
                  /  l   ! -\__>  乍零ム.ヽ冫冫∨
                      ! !  { ,乍=卞    又フ ' .! ⅣI    ./
                   {\ Ⅴ  Ⅹ又ノ  、      Ⅳ  !  ∨ /       ルドガー!?
                   /\__√、`         ,  .ノノ}     ∨ /      久しぶりね!元気だった!?
                     /   .入    `     イ∥ | ∧   .∨       ああ……もっとよく顔を見せて頂戴!
                 /∧ノ (  〈  ≧ , _   / .|イ ノ' ノ           少し背が伸びたかしら?
              _ノ '   >‐ヽ ` 、 /}}    __/r'イ イ\     \
               ∥フ  /       ヽ〉\{_   />⌒フ.´ ̄ ヽ    \
              /{ //      /   ><          ∨、    \
             /_Ⅸ_∥    ∧' >      <   ,     .Ⅶ\
             / /!\ {ヘ _ _/ ⅷ+-+-、ヽi r ,-+-ⅷ-‐イ    |  .\      <___,
               }\.\___  ,   /⌒ヽ ヽ ∨∨. / ./⌒  .!____∟     、     ヽ
         / / /   !..ニヽ _ }./  /    ヽ >∨< ノ   .  ∨    ´}‐―ァァ  .} ̄` 、  .\
          / /   } -=ニユ ,'【  !     {ノ( .)、_)     .|  Ⅶ ̄ ̄ ̄´_/  .}  .\ .\  .\
        {. ./    .|.-=ニユ {∧  .i       i´       .i   】 ,乍ニ三 ' .  }ノ \ \
        ∨'    { -=ニム ∨ヽ .}        !       ,'  ./ ./ニニ=- .7   \    ヽ} ヽ
          Ⅵ    r-ム-=ニヨ } ム `}   ̄   7 ‐- .  ./  ノ' ,/ニニニ=-7  \  .ヽ    リ  } !
         \  { 二√‐=} | ム:}<〉     ,      ノ´/ } {ニニ=- ノ \  ..\      /  ,
              ` 〈 //-=ニ{ {/フ`<〉     ,     〈>/ } ,' √ヽ-/´  ヽ        Ⅴヽ
          \  ´/.-=ニニ〉 レ-=7._     ,    〈>ユ _.}ノ /=- 7`ヽ     \    〉   ノ  /
               ` .,' -=ニニ7イヽノ>_ -‐-、     }:ニ{ .{ ._ィニ=-7〉_リ'\      /∧   ∨
         >  ∥-=ニ,イ´ニ=/>  __-‐=ュヽ  マヽ!ニヨ,' ,'ニニ=-7'}_|        ソ '    | .!
      >    _, -=ィ=ニ .// /{ニニニニ=-∨<>}_} ,ニニ=- .〉            i!  ∧



           / /"::::::::::..    .............  \
         / //…¨~     :::.. .i/... ........  \
        /:: / ´...:::......: ...::::::::::::::::::..:::i:::::::: ... ... .. , \
       / // /:::,::::,..´ ::  :: ::  ;:::::::..  ::  : 弋、ヽ,
      //// /:::::::; ,....,...,  ,. ,,   .i\:  :: 、:. \ \\
     /' ./:::://:::::::/:::::::::::::::::/:: .. . i  .\:  ヽ  i'、 .'、
      //i:::::::::::::/::::::::::::::::/::::: :::: i   .ヽ:  .ヽ  i \ .'、
     ´ .i:::::i:::::::::::/:::::::::::::::/::::::: :::::: i     `,:  i  i:::\ .i
      .i:::::i:::::::::/i:::::::::::::/i;::::::::,.::::::::i     __ ヽ:  i i:::::::iヽi    俺はこうしてピンピンしてるよ
      i:::::i:::::::/ii:::::::::::/へi::::::::::::::::i ,..ゝ~゛~゛ヾ〉 ::i:/i::::ii〉 ヽ    ずっと心配かけて本当にゴメン……
      i:::::{:::/i...i::::::::::/叨仆:::::/'i:/.   /匕丁≫ }、::::::i::::i'
      i::::i:/::i:i...i:///、`~.i:::// i/  ゛ "' "  i:::、::::::i/
      i:/ 、::i' .i/ /    i:// '        ' .i::/}:::::i
      i'  ヽiヽ〉     .i  :         i://〉::::i
      '   ヽ ii,     '  ::、        ./~ i/ヽi
           .i∧      ゙~"       ∧i '  '
             }、     ー_ー'   ./
             /i:,\         ./::{ヽ
            / .ii::,  \      /' ::::ii ヽ
          /  〈:::::, :::,\ ___ /:::;' ::::::/  \_
       ,..ー~    〈:::::, ::::,    :::;'  :::::/    ヽゝ
   ,../~::::::/      .〈::::::,  ::   :'  .::::/      ヽ:::::::::、〟_
,.~゛ /:::::::::/        〈:::::,      :::::/       .ヽ::::::::、  ~ヽ、




4802フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:02:57.77 ID:L4QXnMG9

               ‐…‥‐
         ...::´:::         `  、
      /....:::::r≦⌒ …ー──-ミヽ
.      /   イ     \::::....  、_`ニニ二二二二二 ヽ
     /    ::!      ` <::::...ヽ:.  ∧        } }
     .′/  i {        ` <:::..__ i     ー=ニ´_ノ
     i ′/ }ハ   、       、__`ー─‐ァ
     |/ / イ/∧   i \      \ i:| ̄ ̄´       ええ!本当に心配したんだから!
     {  { { {从_ハ_ ヽ{ \.____    \|           家を出てから今まで連絡の1つも寄越さないで……
     |、  トミrt‐ァ=ミ\ト  'ォ‐ァ=ミーr─ォx\ 
     | ヽ \(.戈歹   \ 戈歹 / / | |\}         今日はただ会いに来ただけ?
     | i \「\{           厶 イ ! .           まだ旅を続ける気なの?
     | .:| i 八     ′    /   :! !
    .' .::| |   :\  `こ´  /l/   | |:.∧
    , .:::| |   〈ヽ:::i>---<i::::/〉   | ¦: ∧
.  /  :::| |  〈///≧r=ォ≦//厶ィ l |:::... ゚.
. /  ..::::Ⅵ!   〈::{0}:ト::乂ノ:::;i:{0}::::::|,   ||::::::.. ヽ
    ..::::::::{.ハ  ,∧:ll:::!    |::ll::::::/} ,/リ::::::::::... \
   / ̄l! ∨::::::ll¨       ¨l!:::::/ /`  ̄ ヽ:::...



 ,         //⌒ヽ                ヽ
 l        {!     ヽ      、         ヽ
 i        i!     _- \     ', _    ヽ  ヽ
. !  ヽ     マ   _-    \    . 〈 _ ヽ   ヾ\ ヽ
. {   .ト,       マ/   _ -‐ '\ ヽ .ヽ ヽ ',    ',  ヘ}
. .!   ヒハ ム   X  _ -       .\ ヽ .マ、.) !\         いや……
  {ムイ.ムニ!ヘハニ>_  〉'         ヽ}ヽヌ {ヽ 、  }       これからは母さんの側にいるよ
  .!ユニマニ} ≧ミニニニ>ヽ            `} }、ヽ } }      今まで出来なかった分たくさん親孝行をしようと思ってる
  !ムニムヘ弋_乂マ}\ニニヽ           r ' ヽ i .i }       俺を狙う敵が出てきても返り討ちにするから安心してくれ
  いニニムハ ̄ ,   ヽ)`ヽ    _            ト 仆i
  ∨ マニニハ  ヽ         /ヽ         ⅷ!
     マニニヘ          /   〉    ,      マヽ_
      マ .ム`       _,ィ  _ - ´   / i      .マ:: ̄{` ヽ 、_
       ヾ、\    ヽ-       ,   i      /::::::::ハ    〉: ヽ.
             \           /   .!     ,..::::::::::::::ハ    ∥: : : : ヽ.
            \      /     !   /::::::::::::::::::ハ  .∥: : : : : : : :ヽ_
           _. -: :>   ィ'∧      .i  /:::::::::::::::::::::::::ハ   ,: : : : :∧: : : :∥ ヽ、
        _ .ィ .{: : : : : { ≧ ./::∧     ノィ::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ  , : : / ヽ: : ∥    ヽ、
       {   .i: : : : : :!   ./::::::::::}! _ ィ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i! i!/  , ヽ ∥    /:::::::}!
       .}   i!: : :_: : i!  ./::::::::::::i! {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i! /   /i}  ∨   /::::::::::::::i!



                        _ ‐ ¨ ¨ ‐  _
                       //⌒   ‐-  _ ヽ
                      / .'      ___ ノニ=- ノ
                    /   ,      _  =ニ _ ` ‐=ニ -r'
                    ,'   { ヽ     ` 、  ヽ _ _ノ
                         ,  |\ \__ _― ヽ  \ Ⅴ /
                  /  l   ! -\__>  乍零ム.ヽ冫冫∨
                      ! !  { ,乍=卞    又フ ' .! ⅣI    ./
                   {\ Ⅴ  Ⅹ又ノ  、      Ⅳ  !  ∨ /       あら、嬉しいこと言ってくれるじゃない
                   /\__√、`         ,  .ノノ}     ∨ /      それが本当なら今までずぅーっと私を
                     /   .入    `     イ∥ | ∧   .∨       心配させてたことは水に流してあげる
                 /∧ノ (  〈  ≧ , _   / .|イ ノ' ノ    
              _ノ '   >‐ヽ ` 、 /}}    __/r'イ イ\     \     ところで―――――
               ∥フ  /       ヽ〉\{_   />⌒フ.´ ̄ ヽ    \
              /{ //      /   ><          ∨、    \
             /_Ⅸ_∥    ∧' >      <   ,     .Ⅶ\
             / /!\ {ヘ _ _/ ⅷ+-+-、ヽi r ,-+-ⅷ-‐イ    |  .\      <___,
               }\.\___  ,   /⌒ヽ ヽ ∨∨. / ./⌒  .!____∟     、     ヽ
         / / /   !..ニヽ _ }./  /    ヽ >∨< ノ   .  ∨    ´}‐―ァァ  .} ̄` 、  .\
          / /   } -=ニユ ,'【  !     {ノ( .)、_)     .|  Ⅶ ̄ ̄ ̄´_/  .}  .\ .\  .\
        {. ./    .|.-=ニユ {∧  .i       i´       .i   】 ,乍ニ三 ' .  }ノ \ \
        ∨'    { -=ニム ∨ヽ .}        !       ,'  ./ ./ニニ=- .7   \    ヽ} ヽ
          Ⅵ    r-ム-=ニヨ } ム `}   ̄   7 ‐- .  ./  ノ' ,/ニニニ=-7  \  .ヽ    リ  } !
         \  { 二√‐=} | ム:}<〉     ,      ノ´/ } {ニニ=- ノ \  ..\      /  ,
              ` 〈 //-=ニ{ {/フ`<〉     ,     〈>/ } ,' √ヽ-/´  ヽ        Ⅴヽ
          \  ´/.-=ニニ〉 レ-=7._     ,    〈>ユ _.}ノ /=- 7`ヽ     \    〉   ノ  /
               ` .,' -=ニニ7イヽノ>_ -‐-、     }:ニ{ .{ ._ィニ=-7〉_リ'\      /∧   ∨
         >  ∥-=ニ,イ´ニ=/>  __-‐=ュヽ  マヽ!ニヨ,' ,'ニニ=-7'}_|        ソ '    | .!
      >    _, -=ィ=ニ .// /{ニニニニ=-∨<>}_} ,ニニ=- .〉            i!  ∧



4803フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:07:48.11 ID:L4QXnMG9

.              /:::::::: \::::::::::\::::::::::::::`¨¨¨¨\)\ 、、
         ___彡':::`¨¨`\\::::::::::\:::::::::::::::: ⌒ヾV'W/ )
          '⌒㍉ヽ:::::::::::::::::::\\::::::::::\::::::::::\ :::::|::: //て
        ⌒ヾ:::::::`ー===ニニニ\\/" /`ヾ:〉》::::|:://:::/
 .          \):\::::::::ー-===ミ/  /    //\j///し
              ',::::',\:::/⌒ヽ彡  ̄/ ̄ミメ//  `7刈く     おう!この人が兄弟の母さんか!
              ',:::|:::::::{ ⌒) "    弋戎ハ\  // |⌒\    美人で優しそうな人じゃんか!
            {从:::::::} イ       `ヾ ⌒/厶,,j   }   羨ましいなあ、オイ!!
               〉:::\:○'                 {ネ/   丿
          /`ヽ//〉^Y                ∨
          /  / ,//           \ _  _   ゝ
_ ..  -‐==彡`ヽ/'⌒//、             ` ーヽ_r ´
. : ̄ ̄` 、::::::::::/   〈/ . :\  \          ┘
  .:\ ̄ ̄\/       . : :\  \     /
 . . . : :\  . : \       . :/-=ミノ\ _,ノ
    . . : : \  . : \     . : :/:::::://)
     . . : :\  . : \ . : :.:/^Y//
         . : :\  . : \.:.く::::::/∧\



                               -───‐-
                  . -─- .  . ´.: : : : : : : : : : : : : : ` .
                 /: :___: : : `´,: :-: : : : : : : : : : : : :__ : : :‘, , ─ .
                /´ /: : : `: : /: : : : : ,: : : : ' : : : : :, : :`ヽ: ∨: : : : : ∨
                   / : : : : : ′: / : :/.:/: :/.: : :l.: :/: :|: : :i: : : : : : : : : :i
                   /: : :/ : ; :|: :l/:./:/.:/: :/ハ: : :}:./.:/.:!: : :|: : :\.: : : : :|
                  /.: : : ,/: :/: :| 丁/‐- 」_// }: :厶-十「: : :!: : }::::::.、 : : :|
.              /-‐.::::´/: :/: : :i: :|/ ィf示ミ{ {  !/ 笊示ミ, -...|、: ,::::::/´:::}: !     こんにちはー、僕コンラだよ!
            /:::::::::/: :イ..: : :{: :Ⅳ ,_):::ハ 丶 '  ,_):::ハ|:::::::i },:ト、/:::::/、.:|  __  叔父さんにはお世話になってます!
           ∠:::::::::::::, /::|l: : : l乂  乂:::ソ    乂::::ソ|:::::::|ノ::::/:::::/::::::l| /::::}  特にご飯!!
.             / ̄/:i /::::从: : :|: :ゝ       '      |:::::::|ヽ/:::::/  ̄/::::/   お祖父ちゃんのご飯も早く食べたい!!
          /: : /:::::::|':// \|: :|圦.     「 ̄ ̄}   .|:::::::|_/:::::/: :/::::/
          /: : : :' ´  ̄: : /くニニニ}: :}ニニ丶  、   ノ   イ::::::::¨::::::::`´::::/! ___
.       /: : : : : : : : : : /   ,>=ノ: :,ニニニニ>  - , </:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
    /: : : : : : : : : : /     /=ニ/: :/\ニニ∧f__  /ニ/::::::::::::::::::::::::::::::::::, '´ ̄ ̄ ̄
   /: : : : : : : : : : /     .イ=ニ/: :/==ニ\ニ∧ ヽ //::::::::::::::::::::::::::::::::::/: :|
  ,.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.,     .ィニニニ.': :/ニニニニ/>==-/::::/ 、_:_:_:_: '´ ̄ ̄ \: |
. /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   イ=ニニニ,.:::::.'>'/////////{::://///\        }::|
/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./   /       |::::::iニニ{ニ二二二二二二二二ニ丶      /.=ト、
:::::::::::::::::::::::::::::/ /     /l::::l:|ニニ∨//////////////////{ ` ‐-‐ 'ニニニニト、
::::::::::::::::::::::::::://       /=ニ}:::从.ニニ∨////////////////'∧ニニニニニニニニニニ\
::::::::::::::::::::::::/       /==ニニ|/=ニニニニ}============={ニニニニニニニニニニニ\



4804隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:09:09.54 ID:Jo8nsLBE
……おい、その親子w


4805隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:09:26.45 ID:F9wDZ4YW
これはwwwwwまた.......................
何と言うか、すごく感動的なところだなあ..........


4806隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:09:36.70 ID:hEDY23e9
ルー一家揃い踏みw


4807隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:09:42.02 ID:47RFlVWD
(アイルランドを代表する英雄とその子供です)


4809フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:12:58.96 ID:L4QXnMG9

          ̄ ¨ 7: : イ: : : : : : :|: : :/   \:!: : : : : : | _,>、: :V: : : : : : :|: : : : : : \
             l: :/ :|: : : : : : :| : / '  ̄_` V: : | : : | ,-  \:V: : : : }: V : : : : : : : :
            ィ:_:_:」: |: : : : : :l /   `ヽ. |: ∧: : | '   __ ヽ: : : : !: : V: : :>─
        ー¨|: : :/!: :V : : : : :|.   ___ ミ|:/ V: | z≠ ̄`ヾ!: : : | : : :V/
              {: :/ |: : :ト: : : : : { ー'´ ̄`ヾレ 、 Ⅵ   〃〃  } : : |:`ヽ㍉      よーしよし、後で作ってあげるからねー
            Ⅵ V: :{: \: : : ヽ 〃〃    ! リ       /!: : l: : : ヽ`
             V  V |ヽ: : :ゝ :_:ヽ_      {!          /: |: :ト:_: : : \     始めまして、ケルト神話の太陽神のルーです
                 ヽ{ | : : : : ヽ ̄`            イ: /|/   ̄ ̄`     お宅の息子さんを養子に迎えたくてご挨拶に来たんですが……
          _ -─=┐|: : :_: -‐、\   ー‐‐ ─一 /: : :|
_-─ ¨¨ ̄     /  .|ム '´   ノ: : :ト .   `ー   /!:{\: :|
  \         /   |    ∠ 7: 斗  '  ,   '   | ヽ! ヽ!
   \      /    |     ノ'´  |    `´   |  `
!    \    /     |         /|           ト.
|       \  /       L_ -‐ '   j           l '  ,
.|       y       |'          ,           ¨ ヘ`ー---. . .__
..!       〈        |          ',                〉: : : : : : : :`



                   ‐……‐
            . ´   ..::::::ヾrミ、 `
           /       /    \   \
                  /  /        \   ヽ
          /          / {         \ ハ
.         /     ′   /i ∧ │ │   ヽ \i
         ′   /    厶≠=ミ|  {!  、   \ \
      .'    /    . y'ft心ヘ` ¦\丶   \ \    へっ、なにそれ?
      i    { |i    { 戈zソ   ヽ| ィ仁ヽ   厂\    どういうことなの……(思考停止中)
      |   ::Ⅵ  l\ \      ` f心}7、 \ ゚。
      | / .::ハ ヘ  厂`        ‘</  i厂`ト
      |' .::::′ }   V\    _   ′彳 ,∧  !
      l .::::::i  ∧ {      ´  `  .′〃 } ノ
      ∧:::::::!   ∧ ヽ         / }/i  ′
.     / ::::::: !   l| \〉 `T  彡 / | ',
.    / .::::::::: !   リマi77'⌒i〉7iマヾi|    ;|  、
 . ´  ..:::::::::/l|   {=イ「 ゝ-’¨l代_ノj    i|  \ 
´  . ----==ヘ  八:l’       ‘|:.:l.ノム /リ─ミ `
  /       ∧从l:.|≧x _x≦|:.:|/∧/      ヽ
. /      ///  !:.!///////l|:.:|∨∧      ゚。



           / /"::::::::::..    .............  \
         / //…¨~     :::.. .i/... ........  \
        /:: / ´...:::......: ...::::::::::::::::::..:::i:::::::: ... ... .. , \
       / // /:::,::::,..´ ::  :: ::  ;:::::::..  ::  : 弋、ヽ,
      //// /:::::::; ,....,...,  ,. ,,   .i\:  :: 、:. \ \\
     /' ./:::://:::::::/:::::::::::::::::/:: .. . i  .\:  ヽ  i'、 .'、
      //i:::::::::::::/::::::::::::::::/::::: :::: i   .ヽ:  .ヽ  i \ .'、
     ´ .i:::::i:::::::::::/:::::::::::::::/::::::: :::::: i     `,:  i  i:::\ .i     とりあえずまずはこうなったいきさつを
      .i:::::i:::::::::/i:::::::::::::/i;::::::::,.::::::::i     __ ヽ:  i i:::::::iヽi     説明させてくれ……
      i:::::i:::::::/ii:::::::::::/へi::::::::::::::::i ,..ゝ~゛~゛ヾ〉 ::i:/i::::ii〉 ヽ
      i:::::{:::/i...i::::::::::/鬥仆:::::/'i:/ ~ /匕丁≫ }、::::::i::::i'
      i::::i:/::i:i...i:///、`~.i:::// i/  ゛ "' "  i:::、::::::i/
      i:/ 、::i' .i/ /    i:// '        ' .i::/}:::::i
      i'  ヽiヽ〉     .i  :         i://〉::::i
      '   ヽ ii,     '  ::、        ./~ i/ヽi
           .i∧      ゙~"    し  ∧i '  '
             }、    ,ゝーー 、    /
             /i:,\   ヽ--- ~  /::{ヽ
            / .ii::,  \   ̄  /' ::::ii ヽ
          /  〈:::::, :::,\ ___ /:::;' ::::::/  \_
       ,..ー~    〈:::::, ::::,    :::;'  :::::/    ヽゝ
   ,../~::::::/      .〈::::::,  ::   :'  .::::/      ヽ:::::::::、〟_
,.~゛ /:::::::::/        〈:::::,      :::::/       .ヽ::::::::、  ~ヽ、



4811隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:14:07.21 ID:47RFlVWD
ルー様w
それじゃおかしい人ですw


4812隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:14:18.08 ID:053fz22m
青兄貴の尊称で呼ばれる兄貴の中の兄貴を兄貴に持てるなんて幸せ者め


4813隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:14:33.19 ID:OMsa8B8X
思考停止もするわなぁ。


4814隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:16:01.30 ID:053fz22m
後妹も出来ました


4815フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:21:48.63 ID:L4QXnMG9

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

                      かくかくしかじか―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲


                   ‐……‐
            . ´   ..::::::ヾrミ、 `
           /       /    \   \
                  /  /        \   ヽ
          /          / {         \ ハ
.         /     ′   /i ∧ │ │   ヽ \i
         ′   /    厶≠=ミ|  {!  、   \ \     えっ、えっと……
      .'    /    . y'ft心ヘ` ¦\丶   \ \   ルドガーがルー神様の養子になりたいって
      i    { |i    { 戈zソ   ヽ| ィ仁ヽ   厂\    希望してるのなら私に否やはないんですが……
      |   ::Ⅵ  l\ \      ` f心}7、 \ ゚。
      | / .::ハ ヘ  厂`        ‘</  i厂`ト     神様の養子になったらやっぱり天界に行かなきゃいけないんですか?
      |' .::::′ }   V\ u  _   ′彳 ,∧  !      息子と離れ離れになってしまうのはちょっと……
      l .::::::i  ∧ {      ´  `  .′〃 } ノ
      ∧:::::::!   ∧ ヽ         / }/i  ′
.     / ::::::: !   l| \〉 `T  彡 / | ',
.    / .::::::::: !   リマi77'⌒i〉7iマヾi|    ;|  、
 . ´  ..:::::::::/l|   {=イ「 ゝ-’¨l代_ノj    i|  \
´  . ----==ヘ  八:l’       ‘|:.:l.ノム /リ─ミ `
  /       ∧从l:.|≧x _x≦|:.:|/∧/      ヽ
. /      ///  !:.!///////l|:.:|∨∧      ゚。



          , ' : : : : : : : . y: : :_ヒニ_____
         /: : : : : : :,: ': : -‐: : : : : : : : : : : : : : /
        /: : :. : : : : : . ': : : : : : : : : : : : : : : .く´
         _/: : : ::. : : /: : : :::::::...... : : : : : : : : : : :.ミ=-
      (:::::.. : ::::::/: /:ヽ. : : : : : : : :_: : : : : : : : : : `: ‐- _
      ゝ:::::::.....」: . . : : : : \: : : : : : :`: . 、: : : : : : : : : : : : :ア
      |::::::::::::イ: : : : : :. : : : : \: : : : : : : : :`: 、: : ヽ_ -‐ '´
      l::::::: / i : : : : : 、: ::. : : : : : ト: :::.. : : : : : : \: :\
.     /::::: : ! : : : : : : :.∧: ::::.. : : : 廴ヽ:::::.. : : :i : : ヽ:::::≧=-    いや、天界に召されるのはルドガーが寿命を
   _/:::::: : :i ::: : : : : !:/_. 斗::::::: : :ト r_ =ミx:::.. : :! :ヽヾrミ.、     迎えてからでもだいじょうぶですよ
 ー‐ ' フ::::{/: l :::. : : : :::{ _ニヽ::::}::.ハ リ仗心 ト:::.. :|:::...:く _ `ヽ    僕もルドガーは1人の人間として
  /:::::::オ: ::{ :::::. : : ::Y7f心` }:ハ:.i  込斗' ヽ: :|::::::rー=-    この世界で生きていくべきだと思っています
 `¨¨ ̄ノ: イ:::ト::ヽ::.. : :::ト._辷リ- リヽ リ      i∧:|:::{:|
    ´ ̄ |:::::|ヽ:::\::..:::i´     {!      レ'::リ、_::ヽ、,
       }::::| V::::k\::ヽ      _  _,  ハ::/   ̄
       ヘ{   }:/!:::::::ヽ.ゝ  '´ ー    イ::::::::{
            リi:::::::イ::::>- _    / トN\!
           j/ ノ'´!/´|  ` ‐- '  .|`‐、 `
               '‐'´} 、        |  、 \
             ‐'´   ! | ヽ     |  ;  `‐ 、
          , -'´     , } `、    t、 }/     ` ‐-、 _
       -‐´        Y   ヽ     /      ___ >
    ∠´--───ォ7‐- __ \      / _ -‐T  ̄
         ,. <:::/::::::::::::::ハ ‐-、   /イハ:::::::::::::ヽ:::::::::>- _
     __ -<::::::::::/::::::::::::::::| }ヽヽ ∨ / /  |;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;`>
  - <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   Y  ̄ Y   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄!ヽ
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   .L__」    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:i;;;;|
 ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;));;;;;;;;;;;|   |   |   |;;;;;;;;;;;;((;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;}




4816隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:23:48.04 ID:47RFlVWD
精霊の混血だから結構寿命長そうだなw


4817フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:23:52.32 ID:L4QXnMG9

       / // ,.:',' ,.:','  :  .i...', 'i..     ',.. '、.. ',  '、
        /::::;',.:'::;',.:':::i ,.:i  ,i,ゝヘ. i...    '、. .'、. '、   ',
       ,:':::::;':';'::;',:i::::::i ,:'::i,i ,:i   ', i....    i..',... ',... '、 . ',
        ,':::;::::::;'::::i'::i::i:::i,'::;:::i.,:;'     ',',..... .  i....',... ',.... ..'、... ',
        ,':;.'i::::::i::::::;:::i::i:::i:::i::::i/  ,..-=',',..... ... i、....',..,.',.....i.、、....',
     / ' i:::::;i:::::i::::〉;i::::::i:::/.ゝ゛____'i..... .. i..'、..',i、.',....i...'.、i、'     俺にとっては母さんもルー様も
     ,''  i::::;':i:::::i::;'=;i::::;'i/  ´´心冫," ',........ i.......'.,', ',',...i......i.',ヽ    等しく大事な家族だから……
         i::;':::i::::i::i゛心:;i !   ´ ̄´  .'、...... i,.......,' } ;i,..i....,.i,.i     俺はここで母さんを支えて生きていくよ
        i;'i:::i';:::i:{  ̄i'/             ',......i.',....,'ゞ/',.i..,,',i.'i
        i .i::i ';;.i'',  /           '、..i .〉.,',/.....'i;/ .i
         .i;' i  ', \. ´          ヽ/i;'..............〉'
              、  _,.. -'       /,ヘi,i......//
              ヽ  -=-      ,..::'; '  .,' i....i;i'
               .ヽ         ,..:::::;. ',    、.i `
                 、 _ ,..:゛:; ' /     ,;、= 、
                   }::::::;/  /;:,.ゝ:::::゛:::::::::::::',
                  ,..::::ヘ ~   ,..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::'、
               /:::::::;;;;;} ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':、
               /::::::::::;;;;;:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:ゞー ¨>ー、



                          ヽ、
                      ,..,.゛¨,.二、ゝ=‐、
                      ././ ,  `⌒ヽ.ヽ
                      /:::// ./ .: /-i  ', '、
                    /;:://.:.ゝi::://  ',  ', .',
                     イ:/イ:::/`,;i:// ,-ー_', i,',iヽ    ルー様とは離れ離れになるけど
                    /'i/i:/ ⌒.!   '叨〉', i、ii     2度と会えないって訳じゃないんだ
                     ' .i'i',   1    ./〉i/i'
                      i'ii、 ー- -  /从'       例え遠い場所にいても俺はいつも
 .(`ヽ 、 _           _ ___,!イ\_ ,.イi/'        新しく出来た家族のことを思ってるよ……
  `ゝ、,  `.ヽ、___ _,_ ,.<´::::ヽ,`ヽ;....}:::\ヽ  .i`、
   イ`T .´i´  ,   `ヽ,ヽ,ヽ:::`ヽ,'、 .}/i}:::::::::\  '.}:::'、、_
  λ.i '/゛  ,.'     ',  '、:ヽ;::::::i〈≦i,ゝ<´\/へ:::',..',ゝ、
  ', ', (,_,ゝ彳,      i  i:',:::'ヽ;:i,}, i:i/^ ̄ `〈 ∧〉ヽヽi、 ';::',
   \ゝγ゛  .iー 、..../  .,'::::::::::::/::i !-i::::::::::::::::〉,.〉〉:::::',λ.i::::i
         λ./,´  /::;:ゝ,.ゝ;;;::〉-〉:::::::::::::::::i〈.i.〉:::::::',i]';/:i
          ` ',.ゝ゛ ̄ ヽ;;;、:::::::/ /:::::::::::::::::::i 〉;i:i::i-ii,.}':::i
                 ',;::::::;:/ /:::::::::;::::::::::::i !' i:}::i i:}:}::::{
                   ',:::::/ /:::::::::::i::::::::::::i   i::、v/〉::l/
                   ',/ /::::::::::::::i::::::::::::i   .i:::Y::i;:::::',
                    ∨::::::::::::::::i::::::::::::i    i::::!::i::ヽ/



4818隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:26:20.60 ID:47RFlVWD
死後に会えるとはいえ離れ離れかー
ちょっとさみしいな


4820フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:27:14.34 ID:L4QXnMG9

               .,____     iヽ,
                フ‐     ̄ ̄`''‐ヽ,\
            __,...r‐'´   ヽ、.,_        ` 、ヘ
           ∠,__    \`‐ヽヽ、`' 、 ,x      \\  /
          ,./_,.,...‐‐<'''''ヽ      `ヽ\  ,     ヽ/i
         〈'''..,   ‐‐ ,,,ヽ  ` 、\\ ヽ `'V',      i
          iヽ ' ' ,.,―   `''‐/^``''‐x,,,_\ ヽ, ii i  _,. ‐∠ /
          ! ヽ.   ''' ‐ ‐,.,../  ,./  `'ゥ、 ∨レ' , ' , '/
          i' , `ー .......,r‐'´   //   // ;ヽ,_i_,.,,..,,、i /
           !' ,_    /  '''''''‐/‐.,,、 i;:i ',  ;  ; ,ヽ, ヽ〈     おう!それじゃあまずはその硬っ苦しい呼び方変えねえとな!
           i  rヘ、 i;     rト‐ァ._\i:i ', ;  , ' i ',〈i i     父親に様付けなんておかしいだろ!?
           l i ;,.`' , '     ヽ k' ,ノ i\、', , '  // レi
           i !;  v      `'ー‐' ,;'`',. ,. ',' , ‐.''、 /’                               えっ?>ルドガー
            ',i ',  ',;              i! iヒノ/,i
        __,,,,;:;:;::∧ヽ...;              i! `'''´ i
__,,..――‐'''''i;:;:;:;:;:;:;:;/ Y‐ァi     、         i   /
       ',;:;:;:;:;:;/  〉〈 : |     ゙`==ェ __  :; _,.r' /
      _,..‐'___,/  i i : \       ...゙`''''  /
 _,,. ‐'''' ̄  / `く   i: i :   \         /i
'´      /   `‐.,_|: i :    \.     /i: |
    _,../       i:: i‐.,      `ァー '  |: i
―‐''´  ' ,       `´  `!__   , 'r'''i    i::: i
      ` 、        / __ ̄''''^| l     `'´
        ' 、     /   i i ̄'i! i`' .,
          ' .,   ,   i i  i: l  ` .,_
         __ ‐''' `一' ヽ, i i,r⌒|_,/     `' ̄、''― 、
       >'    V    ',i i   V\      ヽ   \



              /!                ,. - 、__
             __{ {  ,. --―   ̄ '' 、/   ',  ヽ
         ト、__,.ィ´   `¨      /`ヽ  ,     ,  \
         ヽ /     {ヽ レ     i  !     ヽ.   \
           / ,  /   !      i. }  |  .}.      \.  \
            / /  ,' ,. /| .ハト、. ト、!  | ー-{:.',        \   ',
        / ィi!  { ハ { |/ j \! |  |   ';.:ヽ       ',
        { / .|  |/ ヽ!  'z==ー- .|  |⌒V ':.:.:\      i      そうだそうだーおかしいだろー
        ヾ j人   i    /!/!/! |  | } / ∧:.:.:.:ヽ            ほらほら『お父さん』って呼んじゃいなよー
          /  )ハ { ィ ー-    ノ!  !_/ ./ ∧:.:.:.:.:}
            /  }.ハヾ.   }    |  :,   / ハ:.:.:.∧            ちょっ、待って心の準備が……>ルドガー
                 }ハ \ /    j, ∧   ,イ }:./  ',
              / /` ー-- .. / / },,..イ  .レ'   }
                 / , {|   i .r:::/:.:./::ーァ        |
             / /ゞ≧ __;_,j:/:.:./二ニ! -- 、       !
               /:.:.:.{ / //::/:.:./::::/    ',     ,: /
            ,:.:.:.:.:,// レ'==/:.:./:::/      }    / /!
            {:.:.:.:.:}.,' /:::::::i:.:./::::{/      /   / / i     i
            乂:.:.ノ| {::::::::::{,/::::/=-- .、  /   / /   !     {
              / ノイ/|. ';:::::::::::::::/: : : // ヽ/    / /   |      i
           /:.:.:.:/ ! }ニニ== }==-.{.乂 /    ,:.:.:./   ;.:.:.:.:.ハ:.:.:.:.|
             /:.:.:.:/   !, i::::::::::::/    `ヾ/    ,:.:.:.;    ,:.:.:.:.:/ i:.:.:.:.|
         /:.:.:.:/   , |::::::::::ム≧=''´ ̄/    ,:.:.:.:,   /:.:.:.:./ !:.:.:.:.!
         ,:.:.:.ィ:.{   ,′|:::::/´ }}    /    i:.:.:.:!   ,:.:.:.:/ /:.:.:.:,'
           ;.:.:./!:.|   i ム::/ 厂 ̄ ̄ ̄∧   |:.:.:.:!  ./:./   /:.:.:.:/
           i:.:.{ ヾ{   |/o:/ /       ,:.:/ヽ  |:.:.:.:| /イ    ,:.:.:.:./



4821隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:28:24.16 ID:hqIrQjJi
聖杯戦争で義兄と義甥には会えそうだが義父にはそうそう会えそうもないな
それでも絆はちゃんとあると信じられる


4822隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:28:41.81 ID:F9wDZ4YW
この光景泣けるなあ


4823隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:28:49.10 ID:47RFlVWD
パパって呼んでもいいんだぜ?


4824フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:30:41.30 ID:L4QXnMG9
                   ィ
               ,:  _ ./: '. :/
                /:!/: : : : : : './
              /: /: : : : : ; : '-―-
            / : : : : : : : : : : :: : :`:ヽ、 _
            {: : /: : : : : : : : : : : : : : :  ̄/
.            ゝ: : : : : : : : : : : : : : : : :<
          l : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ` `     ―――――ドキドキワクワク
          !: ;!: : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
           ,':/ ゙:,: : : : : : : : : : : : .: __ー-`
            "  /:'ノ; : : : : : : : :、: :\
              '" " ''"'i'"ー''ヽ ー ` ̄
                l    !
               , ′    、
            _,.,-'`ー-   ___ -' ー , _
        i´//////////////////////,゙!
        !//、/////////////////////!
          l'//∧'///////////////////,L    ←内心メッチャ期待してる
.         {'///∧////////////////////!
          !////;//////////////////,'∧
       i'////l'////////////////'////∧
       !////,l!/////////////// V'///∧



ニニニニニニニ/ニニ/__   ニ/`ニニニ} /ニオ:ニ/   } ∥ } }
:ニニニニニニ/ニ/⊃卞}`ヽレヽニニニ:レニ/,'ニ/. _ } ∥  i i!
ニ ニニニ//ニ.' 弋_"ノ   ` ニニニニ, ' /, '/.  `!∥ , !ヽ}
: ニニニ//''   ` ‐--   ,ニニニ, ' /.'/乍ニヽ、..i∥ .∥  }
ニニニ/ '          ,ニニ='  .' {チr'.ノ ノ/∥ .∥'  i!     えっ、えっと―――――
:ニニ/             /=‐'       {` ‐  /∥ .∥,   '
ニ='           /'               ∥,' /}'∥
ニ;'                        ,〉  ∥,' / }/
:/ム                `  ィチ  ./'' ,〃  '
'  ,                   レ´  /' .'    ,
.  --_   U       -=ニ=‐ュ.
   --- _         __ ̄
  .  ----- _          "   /
   .  ------ ._        ,
__ .  .   -------- _     ,
:ニ>__ .   ------./  ̄
ニニニニ>__    ---ノ
. ニニニニニニ>__  ./
:ニニニニニニニニニ><



      ,.ゝ ´ ̄ `ヽ、
    ,ゝ⌒  ̄  、   `、
   フ/  , ヽヽ;. .\ , ';:、、
   .,' ,'.i  .';. ';::..`、;..:::ヽ;:.:::メト
  /イi;,i;! : .,';:.';::::ン`.、:::::::::::ト'、
  ' .i,i;i;;;',.:..i !;::i;::i勹}:\:::::{       と、父さん―――――
   .'、NN、:i`\N ノャ、;;::;:::、
      '、,`    !::;  `,.ゝ-.、     ―――――ボソリ
       ヘ` .イ:;ゝ:´::::::::::::::ヽ
         ´.,.::´:::::;ゝ;.´二二ミ、
         ,マ:::; 彡";:ゝ ーー 、ミ、
       .  /rレ',//_,.  - 、 .';',
        }'l:::vマ/./::::::::::::::::::::`、 ';}
       ,' !:::{;}.〉/::::::::::::::::::::::::::::, i!
        i i:::::{},'/:::::::::::::::::::::::::::::::i!i
        !.i_}-i::::::::::::::::::::::::;;;:::::;::i
         !.i、::iヘヘ:::::::::::::::::::;イ:'::::::i::!
       i .!}:;'::::}:}ン、:::::::::イマ:::::::::i::i
       ! !';'::::::レ::マ三ニマ::::::::::;:'i:;
      .i i:::::::::::':;:::`:-::'::::::::::::イ::i;'
      i .i:::::::::::::::ト;::::::::::::::;ィア;;;;{



4825隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:30:56.16 ID:053fz22m
精霊との混血で時を司る魔剣を操り
黄帝等の多くの英霊と肩を並べ戦い魔王を討ち果たし
死後太陽神ルーに義息子として天界に迎えられた

これは大英雄ですね間違いない


4827フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:37:48.46 ID:L4QXnMG9

        人_ _  , : ': : :/: : : |: : : : :\: : : : : : :、: : : : : : : : -:-:ァ  \  /
    ̄  ̄`Y´    /:_:,: /: : : : : :l: : : : : : :ヽ: : : : : : : 、ー--: : : :≦     X
        !    / ´//: : : : : {∠_V: !: : : :、: V: : : : :ヽ: \:<, -‐- 、 / \
        !     /:/:|: :l: : Vr=示ヽト: : : : !斗、V: : : ハ: : :>'   , -─\_
            /´/: : |: :ヽ: : :ト_ヒ沙 ヽ \:化レ_' N: :|: : /  , '_r 二三ニニニニ
             l: : : ィ: : : ト :ヽ    i} ヽ! `|¨> 、:/ /(ヽ  ヽ二__──-    ああ、ルドガー!!
            /:/ .|: : Ν `リ  __ __   /ん゙  //(⌒ヽ. `ヽ 、_¨ ー-    これからもよろしく頼むよ!!
            ´   |: :イ: :ヽ  ´  ー `  //   レ, .(_ \  ー- ,, _ ̄ ¨
                   レ !: 人ヽ      /!/  / >、 __¨ ー-ニニ_‐‐- 二う
  _             |、_ レ_ >ト > _ ィ  〃  /( ヽ ___¨¨ ─ '' ¨ ̄ ¨¨)`ヽ
_¨´_)   ___      {.ヽ    ノ∧ ,--、. /`!!  /(´ヽ- ____ 二三三─'¨
  ̄ ̄ `   ノ      \ヽ  / ̄./   /  !! 〔/ |` ─-- ,, __ノ  /
  ,L --‐ ' __ -‐'ヽ     ' ,' , |  /   /  !! /  !           /
../ / ̄ ̄   /  , -‐- 、 \| ./   .{  /!! ||   ',           /  , '    ←内心メッチャ浮かれてる
//   〕 -‐¨   /     \|./   .|  ,'// ||    ',         /  , '
'    /     r┴─--- < | !     | //  }}   /      /    __ ,, -‐‐



                      ノ    __ ,
                   /::/,、ー'´/ー--ー/ __,,、
                /i/:::::::::::::::::::://:::::::::::: ̄//_,
               /i !i:::::::∧,_/´/:/::/ニニソ:::ノ
              ヽ、i::::::::/∨::/i::::/:::///:::::::::::二ニ彡
              ヾ:ヾ∨/:::/彡ミヘ"彡::::::二二ニ彡
               ∨ヾソ〃\:\  }:}"`ー-、彡彡彡
                /:/i!    ヾ:i  」i,,、-  彡/ヘ
                |/ !     i::レ"ル、,_       ソ )    おっしゃ!これで俺たち家族だよな!!
                リ  ヽ  勹´ 弋ダ`     つ/     それと俺のことは兄貴と呼べい!!
                    }           ゝ〈ヘ
                      i           / i :iヘヘ
                   ' ー 、. ー=ニ ′     ! j ヾ;ヽ.
                       \    /    _,ァ:::'.,
                        ヽ-、-     _,、ー′: :∨ヘ、
            __          イt、,,,、、i´: : : : : : : : :>ー-、_ _
          /´: : : / ̄>ー--、,,、ー'´:.| i丁厂ヘ__;, : : : :/: : : : :!√ヽ:`:\
         /',: : : : : i: : : : i: : : : /: : : :,、/Υソγ⌒ヽヘ/: : : : /: : : : : :,ヘ :\
         /:.:.',: : : : :l : : : l: : : : i:,、ー';;;;(( ノソ´;;;;;;;;));;/: : : /´: : : :.,、ー'′: :ヾヾヽ
          i:.:.:.:.',: : : : ! : : :.l: : : :|二ニヘノノヘ==≡∨: :/: : :,、ー':´: : : : : : : : : : :ヘ
         !;.:.:.:.:.'.,: : : ヘ : : ∨:._:゚/;:;:;:;:ヽ__/;:;:;:;:;:;:;i゚。∨: :,、ー': : : : : ; : :´: : :`: :': : ; :'.,
          'l:.:.:.:.:..:.:'.,: : : \厂゚/´;:;:;:;;;;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;!ト。_/: : : ; : :´: : : : : : : : : : : : : : .〉
         ';.:.:.:.:.:.:.:.:':.,: : : ゚ソ´;:;:;:;:;;;;;:;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ: : : : ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/    ←実は兄弟とかいなかったから嬉しい
       ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`:.,/;;:;:;:;:;:;:;;;;;:;:;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; ヘ: ; : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
        /:.;,;,;,:、;ー/7丁´:;:;:;:;:;:;:;;;;;;:;:;:;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /
       `フ;:;:;:;:;:;//;:;:i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:\: : : : : : : : : : : : : : : :/
         /;:;:;:;:;:;//;:;:;:;ヾ;;;;;;;;;;;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;:;:;:;:;:;:;\: : : : : : : : : : : /



         、
         \ヽ、
           ヽ: ':,           , -、
       ,..-‐'´`ヽ:}  ,,.. -―-. .、  /: : :ヽ
     ー'_´__, -、/ヽ::`": : : : : : ;,.-`、':.、: : : : :\
       /:, -:,': : : : : : : : : : : : : :;,:ヽ: `} ̄`::ヽ'、
     /:/: : /: : : : : :,、: : : : : : : :l: :',: : ヽ::::::::::::::\
     /:/: /!:/: : /: l: :{ ヽ:i、:ト、: l: :,|: : ',: :}::`、-、_:::_ヽ
    / /: :ハ: :{:i\l',: l: :|  }:lヽ|ヽ/li: : :}: ;'、:::::ヽ: : : \     よろしくねー叔父さーん!
     /l: /:l : ヽゝl`ヽゞ、  ' /´iノヽ|: : |ヾ 、`ー、:!: : : : ヽ    そして僕そろそろお腹減ってきた!ごはんー
     ,': |;': :|: /l: :|i, ≡    ≡  ノ!: : |'  ヽ: : : : : : : : ヽ
   ,-、'`ヽ: ゝ八: :{ ::::::  ,-― v、:::、-l: : : l、  ∨: : : : ::: :::',
  〈::::::⊂/: : : :/l:/:ゝ、  {   ノ/ヽ|: : /l   ∨:: : :: :::::::i
  /:〉::::==::::]: :/ レ'l: : :| `"::'..-..'"´::/!: :ハ::::`:.,  ヽ::::::. ::::::,:|
 /::'ー,---'、://ヽi::.::l:::::::::::/三 ヽ::|:. :|:::::::::く   ',:::::::::::::|';:',
 |::::::::::',   `ー\:|:::::|::::/三三三',.|:::::|::::::::::::\  ';:::::::::::l ヾ,
 |:::::::::::`、_   _リ',::',:::{三三三三|:,:::|:- 、::::::::::ヽ i:::::::::|
 |::::::::::::/    ̄|:::::::::ゞ':::::::ヽ===从/;;;┌;ヽ::::::\|::::::/
 i::::::::::/   /:::::::::::::::::::::::::|三三三三',;;;;,└';ノ\::::::ヽ:/
 |:::::::/   /:::::::::::::::::::::::::::::::l三三三=/`ー'"´:::::::ヽ::::::::\
 l:::::/   /::::::::::::::::::::::::::::::::::l三三/:::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::\



4828隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:38:35.54 ID:47RFlVWD
なんだこのほのぼの家族www


4829隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:39:20.52 ID:hqIrQjJi
ハッピーバースデー!新しい親子の誕生だよ!


4830隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:39:37.15 ID:OMsa8B8X
めでたいですなぁ。


4831フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:41:42.71 ID:L4QXnMG9

                     イ'
                   / : '
                イ/ : : : : {   .ィ
              /: /: : : : : : : : //__
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ーァ
           /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
         _,': : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
        {: : : : : : : : へ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
        ノ; : : :.へ:/: : : \: : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : : ヽ、
        ': : : : ': : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : :\: : : : : : :.\
       /: : : : /: : : : i : : : : : : : ヽ; ; ; ; ; ; ;\: :.ヽ: : : : : :_ニ=‐
  、 _ イ: : : / : : : : : : ハ: : : : : : : :.! \: : : : : :\: : : :. ̄         じゃあ僕が腕を奮っちゃおうかな?
    ̄ フ:,': : : : : i: :/ ̄ヽ: : : : : : :.!  ̄ ヽ: : : : : : ヽ: : :',          コンラ、何が食べたい?
     /: :l : : !: : :l:./  _}: : : 、 : : | _ ヽ: : : :l:.、: : : :
  ーニ: : :イ: : : : : :{'  ̄心ヽ: :/ ヽ: l /.心 ̄;l: : : :! ヽ: : : : \
.         l: : :l: : : l.  込r} l:/  ヽ! 込r}  l: : :l.: : :lー―- ゝ
         !: :,':ヽ: : 、    '  :}          l: : l: : : !
       〉:.l: :ハ: : ゝ       ヽ         ノl: :,! : : ゝ
.         ノ/{l .l: : : 、    、     ,     イ´:∨`ヽ}
      '´  ヽ .}: : : :.\         /: : : : {
              レ: : :, - >     / ! \: : l
            }/   l `"´    |   ヽ!
                  ,. l         !\
             ,.  /;         lヽ `、._
          _  -,.' /            l .l   フ=-___
.  ,. -―==二{  / /__      ___.l .l. /二ニニニニニヽ
  {ニニニ二二ヽ' ./    `     ´    _l .l'二二二ニニ/ニニl
  lニニ二二二/ ./二二=========ニニl .l二二二ニニ/ニニニ!
  |ニニ!二lニ二/ ./ニ二二二二二二二二二l  !ニニニニ/ニニニニl
  iニニ!ニ!ニニ'  /ニニニニニニニニニ二二l  lニニニ/二二二ニ>、
.   lニ二lニ!ニ'  '-‐ '" ̄ ̄ ̄ ̄"'' ー---  l  !ニニ/二二二二二ニ!



                 i
                  i!
     、              !:',
      ',`ー--――― '"', i: i                   , イ!
      '、: : : : : : : : : : : : !/:/                >イ;:;:;/
      , >-ー――- 、: /:/-ー―-- 、       , イ;:;:;:;:;:;:;:/
   , イ: : : : : : : : : :, -- : : : : : : : : : : : : : :>、 , --,イ:;:;:;:;:_;:;:;:;:/
    ̄ ̄ ̄フ'": : : /イ : , : : ,.イ:.ハ,: : : : : : : ヽ --,: /;:;:;:/;:;:;:;:;:/
     /: : : : : /イ:./i:,.イ//   ',:!!: :ハ: : i: :ヽ: !:', /:;:;:;:;:;:;:;/
    .,イ: : : :,,: : /,イ:/三三 レ'     ミミ、、.!: i! : :!:i!: :',:;:;:;:;:>'": :!     蕎麦ー!!
    / : , イ:/: : / レ             `゙リi: :/: i: : :i ̄ `ヽ、: :i
   /イ ,': !: :/,' /!/!/ ___   /i/! /イ: : ! : : i、;:;:;:;:;:;:ヽ !
     ,': :!:/: !   , '"       ヽ    ,': : :iヽ: :,':;:;`-:;:;:;:;:;ヽ、
     ,' : : /: :',   ',         i    ,' : : i !:/: :`ー------`
    ,': : :/,: : :ヽ、   ` ー―‐‐i i"   i: : : :!/イ: : : : : : : : :i
    i: : :,';;; : : :!: !> 、     ゝ'  , イ!: : : !  !: : : : : : : : i
    !: : i;;;;;;;;;;;,': i    >ー―‐<   !: : : :!  !: : : : : : : : !
    !: : !;;i!;;;;;;i: :!   / !;;;;;;;;;;;;;;;! ヽ  i!;;;;;;;;;!  !: : : : : : : : i
    !: : !;;!i;;;;;;!: :!   ,'  !====.,'_ ', !;;;;;;;;;!  i: : : : : : : : :!
    !;: : リ: ∨ : !   i   !;;;;;;;;;;;!:.:.:.:.:! !;;;;;;;;;!  i: : : : : : : : :!
    !;;∨;;;ヽ,/;;;;!   !  i====.i  ̄.,'  ヽ;;;;;!   !、: : : : ,、 : !
    !;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    !  !;;;;;;;;;;;;!  ,'   ヾ!  i;;;',: : /;;;;',/!
    i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!   !   !;;;;;;;;;;;i  ,'       i;;;;;∨;;;;;;;;;;i



       /: : : : : : :/: : : : : : : : : /\: : : : : : : : : : : : ゙: : : : : : : : : : :ヽ: : : :.、:\
    /: : : : : : : : /: : : : : : : : : /  \: : : : : : : : : : : ゙: : : : : : : : : : : ヽ: : :゙. ` ヽ
  ー‐/: : : : : : : :' : : : : : : :!: : ,'  u  ヽ: : : : : : : : : : ゙:\: : : : : : : : : ヽ: : ゙:
    , ': : : : : : : : : i : : : : : : : !: :.l.       ヽ: : : : : : :.l\:!  >: : : : : : : : :ヽ: : :\
  /: : : : : : :/: : : l: : : : : : : : l: :l ー- ._   ,!: :,: : : : :l,ヽゝ'" ヽ: : : : : :.l: :.゙.` 、:\     なぜに蕎麦!?
 /: : :,.- "/: : : : : : !: : : : : : :l: !   ( )   `' !:/\: : :!  ( )  ヽ: : : : :!: : :゙.    `
/''"     /: : : : ': : : !: : : : : : :l:l.        レ   ヽ: !        l!: : : :l: 、: :.゙
     /: : : : /: : : /!: : : : : : ヽ           ヾ       :.}: : : l:/ ` ヽ
   /: : : ;../: : : : `:ヽ: : : :、: :.ヽU                     ,' !: : l:.{
  ,. ': : -''"  '゙/: :/_!: :.ヽ: : :! `  ゝ                   /; :l: :/: !
        ;/ \l/ ゙.〉: :l  、         ___     イ/  !/\:!
            }i \ ヽl    `  _   └―‐┘ . 、´: :.!   '   `
         ,、__/ .!   \       , 、-  . .   ´   ヽ: :!
         ,'/,\ l    \     /  `丶         ヾ
       /////\!.     \  , '         ` 、
       /////////|     \ 'l           



4832隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:42:25.75 ID:vVz2p06Q
妖怪蕎麦男のせいかw


4833隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:43:16.37 ID:hqIrQjJi
ムーンセルで願い叶えてるから妖怪蕎麦男の記憶があるのかw


4834隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:44:06.10 ID:F9wDZ4YW
そばwwwwwwwww


4835隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:44:15.02 ID:C0Ml6adF
平行世界の記憶かww


4836フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:44:58.67 ID:L4QXnMG9

.              /:::::::: \::::::::::\::::::::::::::`¨¨¨¨\)\ 、、
         ___彡':::`¨¨`\\::::::::::\:::::::::::::::: ⌒ヾV'W/ )
          '⌒㍉ヽ:::::::::::::::::::\\::::::::::\::::::::::\ :::::|::: //て
        ⌒ヾ:::::::`ー===ニニニ\\/" /`ヾ:〉》::::|:://:::/
 .          \):\::::::::ー-===ミ/  /    //\j///し
              ',::::',\:::/⌒ヽ彡  ̄/ ̄ミメ//  `7刈く
              ',:::|:::::::{ ⌒) "    弋戎ハ\  // |⌒\     おっし!新しい家族の歓迎会だ!!
            {从:::::::} イ       `ヾ ⌒/厶,,j   }     今日はめいっぱい食って飲んで騒ごうぜ!兄弟!!
               〉:::\:○'                 {ネ/   丿
          /`ヽ//〉^Y                ∨
          /  / ,//           \ _  _   ゝ
_ ..  -‐==彡`ヽ/'⌒//、             ` ーヽ_r ´
. : ̄ ̄` 、::::::::::/   〈/ . :\  \          ┘
  .:\ ̄ ̄\/       . : :\  \     /
 . . . : :\  . : \       . :/-=ミノ\ _,ノ
    . . : : \  . : \     . : :/:::::://)
     . . : :\  . : \ . : :.:/^Y//
         . : :\  . : \.:.く::::::/∧\



       / // ,.:',' ,.:','  :  .i...', 'i..     ',.. '、.. ',  '、
        /::::;',.:'::;',.:':::i ,.:i  ,i,ゝヘ. i...    '、. .'、. '、   ',
       ,:':::::;':';'::;',:i::::::i ,:'::i,i ,:i   ', i....    i..',... ',... '、 . ',
        ,':::;::::::;'::::i'::i::i:::i,'::;:::i.,:;'     ',',..... .  i....',... ',.... ..'、... ',
        ,':;.'i::::::i::::::;:::i::i:::i:::i::::i/  ,..-=',',..... ... i、....',..,.',.....i.、、....',
     / ' i:::::;i:::::i::::〉;i::::::i:::/.ゝ゛____'i..... .. i..'、..',i、.',....i...'.、i、'    ああ、そうだな!兄貴!!
     ,''  i::::;':i:::::i::;'=;i::::;'i/  ´´心冫," ',........ i.......'.,', ',',...i......i.',ヽ
         i::;':::i::::i::i゛心:;i !   ´ ̄´  .'、...... i,.......,' } ;i,..i....,.i,.i
        i;'i:::i';:::i:{  ̄i'/             ',......i.',....,'ゞ/',.i..,,',i.'i
        i .i::i ';;.i'',  /           '、..i .〉.,',/.....'i;/ .i
         .i;' i  ', \. ´          ヽ/i;'..............〉'
              、  _,.. -'       /,ヘi,i......//
              ヽ  -=-      ,..::'; '  .,' i....i;i'
               .ヽ         ,..:::::;. ',    、.i `
                 、 _ ,..:゛:; ' /     ,;、= 、
                   }::::::;/  /;:,.ゝ:::::゛:::::::::::::',
                  ,..::::ヘ ~   ,..:::´::::::::::::::::::::::::::::::::'、
               /:::::::;;;;;} ./::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::':、
               /::::::::::;;;;;:/::::::::::::::::::::::::::::::::::::;:ゞー ¨>ー、



4837隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:46:57.10 ID:F9wDZ4YW
すげえ家族だなあw


4838フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:47:45.22 ID:L4QXnMG9

                      ,{   |-----.、  ///∨  ∧
                    /乂_ノ: : : : : : : `:</∨  ∧
                    ': :': /: : : : : :|: :{:.!: : : : : :.ヽ \__〉
                   /:/: /: l: |{: : :,イ:{:|:{: : :,: : : : : :.
               /: ': / : ,: :|从_{ |:从|ヽ:.∨: :.:|: : :.
                 /:./:,': : :/|:_|_,ノ{: : :| 、|:_|: |: :|: :、: .       >わーわーギャーギャー
              ' /イ : : ∧{_」ィtォ、 \_} `ヽ:|: :|: : :.、:.
             /: :/:|: :|: : :ムイヒzソ     ィ示Ⅵ: |: : :| \      …………
                /: :イ: :|: :|: : :}:」    ,   ゞ゚'/ |: :|: : :|
            ,:/ ,:.:八: : ̄:T    _   /イ:\!:- ':、
             /  /: /: : :,: : :.:| \  ´ '  イ: :/: : : : :. l:.
           {  , : /: :_∨:.:.|、 ` -<=|: : :,: : : : : :.∨:.l
           |/ ̄`〈l || ∨:{ }    {/^l,: : {-ィ- 、: : :∨
          /    〈ll ||  ,:ム|- 、 r'| | ,: :| ||l〉  Y: : :\
          ,     、〈l ムイ_∧:ハ    , ! {: ト,!!l〉  ,: : : : : :.
            /       \乂ノ 〈: イ、  , Ⅵ乂:ノ|l,〉  ヽ: : : : : :.
          ,       /::.   ,乂:人 {  \ {: ノイ     }: : :l,: :}
          \      ,::- 、_ \_乂:} :、  |_乂:〉     /: : ::.,:.:|
         /:\____{   ||//7-|: :|--'rr-/-マ、:}  イ: : : : :,: |
          ,: /: :|/////ム  ||`´  l:从 〈// --〈:|//´: :.:| : : :l:/
        ,. :{: : |∧////_\ !!    ,... -- '   ム'///|: : : |: : :.:|'
         {:/|: : |: :.{ ̄,...┴-≧=--/   ll'  /--、 ̄{: : : ;: : :.:.|
         l:{ |:_,.--ム        {   /\イ/、_〉|` |、: :/: : : :.|
      ,ィ二二二二,     _,.ィ/_/_〉{/ニ\__/ ,ノニ\ : : : |
     /ニニニニ/ ー-<二|| {___/|ニ|ニ/-、`¨ニニニニ 、:|
    /ニニニニ/ /    | ` ー――― '/  | \ニニニニニ\



                        __
                     ∧ ̄  ∧
           _             |/!.     ∧
          / //\     ,. . :--|/!_     ∧
        /  /////\,..イ : : : : : : ∨∧ lj {∧
         /  // \// : : : : : : : : : : ∨ {    }ム:、
.        /  //   /: : : : : : : : |: :|:、: : ∨ 、   ノ |: ::.
      /  //  ,:': : : : : :|: : :.l: :|: :|: \: 乂_  ̄  ノ: : ::.
      , 〈//  /: ': : : : :∧: : l: :|-:|-、--、-: 、 ̄:´:∨: : :.
    /  //  /:.:': :; : |: :|__∨:、:.|从、: \:.\: \\:∨: : :.     ルドガー君が前に進めたんだから
    ー '   /:/: :/: : l:イ  ∨: {  ,ィtrォミ、: \:_、-`:∨: ::.     私も勇気を出して一歩前に進まないとね……
          l:イ: : :': : :|: |,.ィtォ`ー'   込zソ {: : : : :.|、: : ∨: |
         { |: : :|: : :|: |必ソ       /: ,: : : :| }ト、: ∨: .
            | : ∧: :从.     '  __  /: イ: : :./ノ: :.\∨:.
            |: / |\」ム   v´:.:.:.:.} 〈:_:ム.イ: : :.:/: : l\,:.
            |,'   |: :|: : :∧   ゞ  ノ  ィ/: ,: : : :,: : : : :. ,: :.
           '   |: :|: : : : :}>, . . __,..イ /: / : /: : : : : :. ,: }
.              |: 从: : : :|: /: : : :|  /: : :/-、: : : : : :.∨:.;
             八 : : \: j/: : / |「 ̄!:/,.-===-、: : : : :∨
              \:/イ:__ノ-,/^r<ノ/ ,.. -―-ミ、: : : : .
                / 乂/ | |_/:_:ノ,イ /        Y: : : : .
             / /:_ノ /_/_:,イ /〉 /          } : : : : \
               ,. ´/:」{/ {: :// /l〉,:'    ,.   ̄ ̄`ヽ: : : : : \
             /  /从'  乂{,' /i〉/     /        \: : : : : : .
           ,    '/ゝ У 从`' /  ,               ヽ: : : : : \
         {    \/   /   '  /                  } : : : : : : ヽ



4839隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:48:15.28 ID:47RFlVWD
束さん頑張れ!


4841フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:51:38.69 ID:L4QXnMG9

ニニニニニニニ/ニニ/__   ニ/`ニニニ} /ニオ:ニ/   } ∥ } }
:ニニニニニニ/ニ/⊃卞}`ヽレヽニニニ:レニ/,'ニ/. _ } ∥  i i!
ニ ニニニ//ニ.' 弋_"ノ   ` ニニニニ, ' /, '/.  `!∥ , !ヽ}
: ニニニ//''   ` ‐--   ,ニニニ, ' /.'/乍ニヽ、..i∥ .∥  }
ニニニ/ '          ,ニニ='  .' {チr'.ノ ノ/∥ .∥'  i!
:ニニ/             /=‐'       {` ‐  /∥ .∥,   '    ん?どうしかしたのか?束……
ニ='           /'               ∥,' /}'∥
ニ;'                        ,〉  ∥,' / }/
:/ム                `  ィチ  ./'' ,〃  '
'  ,                   レ´  /' .'    ,
.  --_           -=ニ=‐ュ.
   --- _         __ ̄
  .  ----- _          "   /
   .  ------ ._        ,
__ .  .   -------- _     ,
:ニ>__ .   ------./  ̄
ニニニニ>__    ---ノ
. ニニニニニニ>__  ./
:ニニニニニニニニニ><



                              / ̄ ̄ ̄ l|
                         /      l|
                          _/       |
                     . : ´: :{        |:` : .、    _
                   . :´ : /: :\ ___ ノ=ミx: : ><{  \
                 /: : / : : / : : : : : |: | : : : : \//∧   ヽ
                     / : :/ : : : / : : : : : : : |: |: : : : : : :∨/∧   ∧
              /: : : /: : : : : /: /: : :/ : : :|: |: : : : : : |: ∨ : '.  / ∧
             //: : : :/:/: : : :/: /: : :/}:/:. :.|: |/|: :i: : :.|: : : : : |  / ∧
           / ./:/ : : :}/: : : :/}:/| : / |'i : : |: | .|: :|: : :.l: : | : 八  ./ ∧
                  7: : : : /: : :|: :!ィ≠zx  .| !: : ハ l .|: 从:.八: :l: : :| :\   }
              /: : : : :{.: : : l: :! しr':ハ   \{. ヾ |/ : /: : {: |: : :!: :∧`¨¨´     あのね、1つだけルドガー君に言いたいことがあるんだ……
             / : : : : : 人: : l.|: :! `¨      .zx、 / : /: : : |:/: : :| / :∧       私……
            /: : : : : :_:_/: :}ヾ八: !       〈し心⌒ } : : 人 : 从: |/: ∧
        ./: : : : 〃´ ./: :/| : ∧ ` __   '   `¨   ィ八: : lヽ}/: { ヾ: /:.∧
       ./: : : : :r‐{   /: :/ .l /: ∧ 乂 マ     /: / : 八|: /: : |__\: :∧
    /: : : : : .イ  | /: :/  ハ/ .ヽ       イ: : :/ヽ/}/ |: : : 八////\:∧/≧=- .
   /: : : : :/ /   |./: :/ r:.ノ {     ̄ ̄   {: :/ : / / /ァ、: : : : : :∨////.ヾ\/////>
 /: : : : :/ ./   /: :/ Y: ノ  '、        Y : イ    .〈\: {ヾ: :∨/////\\> ´
./: : : : :/ ./   /: :/ f:ノ       --一 ´ .|:〈      } .}ー.、.': :∨//////\\
′ : /   }  r 、//{/              /{: :}      .〈  .} Vハ:.∨///〈`ヽ \\
: : :/   .イ rク /ヽ 人      ::......      /.人ノ-.、    {   .|  }.∧:.∨///\ '.  \\
: :/    V ノ  / /⌒》        }/     〉 ハ .人    { /   \ヾV/////\
:/    /〈  / // { {     . ´      ./  {:.〈  ハ  リ´       ヽ\//////\
     .レ´ Yー{/ 〈\ヽ   ./       {   Y:} /  }、ノ /        }  \//////\
       ///l{     .Y'.  .′       〉  /:ノ./ / /---     . 〈\   \/////∧
      ./ .レ.八     `}  {        /__ .{: {//. ´       /_ .〉 : ー‐イヽ////∧
     /   ///\   人.__'.     /´   } 从{´`\   .ィzzzイ////X=ァ-=彡' .ハ////∧
         |: ://}≧=-ヽ{ヽ_ヽ_. -=≦    リ イ´ ̄ ̄>-////////|、//∧{--,   ,′.\///∧
         |: {//!   \ {、 \⌒\-=≦     / .//.ノ-` </| |/./  /  .ハ/`ヽ ∨//∧
         |: |//!     |ノ〉〈 \  ̄ ヽ  ー==ァ ´   > ´       .|´  .`〈  ,′///} V//.∧
        ./|: |//    .ト、\\     Y ̄ ̄ヽ=-  ´         イ    ./   ′////! .∨//∧

























                              γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                              |  貴方のことを愛しています!! |
                               乂______________ノ





























4842隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:52:24.63 ID:OMsa8B8X
一歩!?


4843隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:53:30.70 ID:47RFlVWD
いったあああああああああああ!!!


4845隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:53:49.15 ID:F9wDZ4YW
!?
いきなりだなあwww


4846隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:55:43.43 ID:053fz22m
愛!?(裏声)


4844フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:53:41.02 ID:L4QXnMG9

        / ..::::::::::::::/        /   ∧          `、        ,:::..  ',:::..
      / ..:::::::::::::::::/          ′  /  '. /       \  `、         ,:::::..  ::::::::.\
  .  /...:::::::::::::::::::::/ .:             /   ∨ /     | \  ,      ,::::::::.. ∨::/:::::.
   ⌒¨   フ.:::::::::::/ .::i |::       |  /     ∨      |\ ト、 ′      :::::::::::. ∨:::::::::::..
       ..::::::::::::::/ .:::::: |:::.       | 厶=トミ ̄ ミ      -‐厶⌒\|       i:::::|\::〈"⌒  一
  .    ..::::::::::::::::/ .,::::::::::. ,::::.       〃´{㏍i:(`ヾ   ', ∧   ィ㌢灯( ヾ       ::::::!:::::::::|≧=-
    /.::::::-ァ.::://.::::::::八 ::::::.     |: __乂_,ク__    | '.   Vーク_ノ }    '. ::::!::⌒7
     ̄   /.::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::..   │  ,,       リ ∧  |       :.      '. ::::::::::.
  .    ,.::::/ア.::::::::::::::::::::::', ::::::.. 八   ゙"    ;:.  { \|  -‐=¬:: k    '. ト、:::::.
      ;/ 厶-‐ '"⌒7:::::::::::::::::.\ \ニ==-‐       ;       ''" ,::::| :::.\     \|
  .               /.::::::::::|:::::::}⌒\ ヽ___       ′     ー‐ァ::r:| ,::::::::::.\ \
               ⌒7.::::::|::::厶=-‐    |        ,,  "゙,イ.::::V/⌒`<:::{`⌒
              .  -‐=ニ     -‐ァ/  |  `^ ̄         ..::::::::|\{
      __ -‐=ニ  -‐¬冖        /∧  |             イ:::::::ト |
      \  /               〈/  Ⅵト .        /∧/⌒ヽニニニニニニニニニニ^ 7
       ∨ /                 i |  >  -―-{..,,__                    //
  .      ∨        \-‐…・・・‐==ニ  ⌒\    \   \-ミ               / ′
                    ≧=‐-  .  ∠.,___   '.  }         } 丶          //
          \                 | |     : ′  {       \    -=≦`
  .            \                | |    }\   }   /      }\   \

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ランサー(ルー)】

 ケルト神話の太陽神。
 フォモール族との戦いで、祖母である邪眼の魔王バロールを倒し、ヌアザにかわって王位についた。
 息子と孫に一目会いたいという願いを掲げてルドガーの召喚に応じた。

 マスターであるルドガーと非常に良好な関係を築くものの最初に打ち合わせしてから
しばらくほったらかしだったのでちょっと拗ねた。
 アーチャー戦やイビルアイ戦じゃ大活躍してたのにね。
 というかルドガーが呼び出したのがルー神じゃなかったらここまで上手くいかなかったのではないかと筆者は思う。
 最終戦前にやっとこさルドガーと対話の機会を持ち、彼の悩みを聞いてアドバイスをし、
さらにはぜひ養子にしたいと申し出た。
 それはルドガーの境遇も理由にあるが、それ以上にルーが彼のことを自身の息子のように
大切に思っていたことによる発言だったのだろう。

 聖杯戦争終了後、現界したクーフーリンやコンラと共にルドガーの実父である精霊マクスウェルの元に
ダイナミックお邪魔しますしてフルボッコにした挙句、2度と人間に対して狼藉をしないという誓いを立てさせた。
 ちなみにその光景は親父殴りたいといった当の本人であるルドガーが「すみません、これ以上だと
ホントに死にそうだけど大丈夫なんですか?」といって不安になる程度は凄惨だったそうだ。
 マクスウェルを更正(?)させた後はその足でルドガーの母親の元に赴き、
ルドガーを養子にしたいという旨を彼女に伝えた。
 ルドガーの母親はルドガーが生きている間は天界へ連れて行かないことを条件にこれを了承し、
ルーもそれで納得した。
 それからは短い間とはいえ実子であるクーフーリンや孫のコンラ、そして新たに得た息子である
ルドガーと今まで出来なかったぶん存分に語り合って過ごしたそうだ―――――

 あとなんか天界に帰ったらハリハラが彼の自宅に押し入って居候していたため非常に困惑したが
包容力の塊とも言えるルー神は彼のことを快く受け入れた―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4848隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:55:57.17 ID:hqIrQjJi
wwwww楽しかった家族旅行から帰ったら難題がwwwww


4847フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:55:53.59 ID:L4QXnMG9

                            / ̄ ̄ ̄ l|
                           /      l|
                          _/       |
                       . : ´: :{        |:` : .、    _
                     . :´ : /: :\ ___ ノ=ミx: : ><{  \
                    /: : / : : / : : : : : |: | : : : : \//∧   ヽ
                  / : :/ : : : / : : : : : : : |: |: : : : : : :∨/∧   ∧
                 /: : : /: : : : : /: /: : :/ : : :|: |: : : : : : |: ∨ : '.  / ∧
               //: : : :/:/: : : :/: /: : :/}:/:. :.|: |/|: :i: : :.|: : : : : |  / ∧
              / ./:/ : : :}/: : : :/}:/| : / |'i : : |: | .|: :|: : :.l: : | : 八  ./ ∧
                7: : : : /: : :|: :!ィ≠zx  .| !: : ハ l .|: 从:.八: :l: : :| :\   }
               /: : : : :{.: : : l: :! しr':ハ   \{. ヾ |/ : /: : {: |: : :!: :∧`¨¨´
             / : : : : : 人: : l.|: :! `¨      .zx、 / : /: : : |:/: : :| / :∧
            /: : : : : :_:_/: :}ヾ八: !       〈し心⌒ } : : 人 : 从: |/: ∧
          ./: : : : 〃´ ./: :/| : ∧ ` __   '   `¨   ィ八: : lヽ}/: { ヾ: /:.∧
        ./: : : : :r‐{   /: :/ .l /: ∧ 乂 マ     /: / : 八|: /: : |__\: :∧
       /: : : : : .イ  | /: :/  ハ/ .ヽ       イ: : :/ヽ/}/ |: : : 八////\:∧/≧=- .
     /: : : : :/ /   |./: :/ r:.ノ {     ̄ ̄   {: :/ : / / /ァ、: : : : : :∨////.ヾ\/////>
    /: : : : :/ ./   /: :/ Y: ノ  '、        Y : イ    .〈\: {ヾ: :∨/////\\> ´
   ./: : : : :/ ./   /: :/ f:ノ       --一 ´ .|:〈      } .}ー.、.': :∨//////\\
   ′ : /   }  r 、//{/              /{: :}      .〈  .} Vハ:.∨///〈`ヽ \\
   : : :/   .イ rク /ヽ 人      ::......      /.人ノ-.、    {   .|  }.∧:.∨///\ '.  \\
   : :/    V ノ  / /⌒》        }/     〉 ハ .人    { /   \ヾV/////\
   :/    /〈  / // { {     . ´      ./  {:.〈  ハ  リ´       ヽ\//////\
       .レ´ Yー{/ 〈\ヽ   ./       {   Y:} /  }、ノ /        }  \//////\
         ///l{     .Y'.  .′       〉  /:ノ./ / /---     . 〈\   \/////∧
        ./ .レ.八     `}  {        /__ .{: {//. ´       /_ .〉 : ー‐イヽ////∧
        /   ///\   人.__'.     /´   } 从{´`\   .ィzzzイ////X=ァ-=彡' .ハ////∧
           |: ://}≧=-ヽ{ヽ_ヽ_. -=≦    リ イ´ ̄ ̄>-////////|、//∧{--,   ,′.\///∧
           |: {//!   \ {、 \⌒\-=≦     / .//.ノ-` </| |/./  /  .ハ/`ヽ ∨//∧
           |: |//!     |ノ〉〈 \  ̄ ヽ  ー==ァ ´   > ´       .|´  .`〈  ,′///} V//.∧
          ./|: |//    .ト、\\     Y ̄ ̄ヽ=-  ´         イ    ./   ′////! .∨//∧
          //|:人|    ハ: > .      }}    }         ,<}/      .{   ,′Y.///   V///
         //人 : |     ! ∨:} }≧=-  _ .リ   ノ_   -=≦  } : 八   rク´  .,′ |//′
         /////ヾ|    .:  }:.|.ノ {   Y「ー― {   /     |:./  }  〈{    .,Y⌒ヽ//{
       /////   !   .|_.ノ:f    |     |」___|  イ      〃   |,rf⌒   , `ヽ  }/ハ

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【篠ノ之束】

 時計塔のロードにして英霊および聖杯戦争に関して研究している技術者。
 英霊に会いたくて飛び入りで聖杯戦争に参加してしまう程度には英霊好き。
 実はルドガーに好意を抱いているのだが健闘も空しくルドガーは一切気づいていない。

 ルー神を召喚したルドガーを魔力供給・戦闘・情報収集など様々な面でサポートし、
最終的な大団円への一助を担った。
 レベル70で基礎ステータスが高く、接触や情報収集で敵サーヴァントの真名をスッパ抜き、
上手くやりくりして自陣営のみを2回行動させるなど敵に回したら厄介なことこの上ない存在であったことは間違いない。

 聖杯戦争が終結した後、ルドガーに誘われて彼の生家へと赴いた。
 此度の聖杯たる月の聖杯のアルターエゴに勇気を貰った束はそこ(ルドガーの母やルー神一家が揃っている中)で
長年の思いを告白し、ルドガーを仰天させる。
 果たして彼女の恋の行く末は―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4849隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:56:43.24 ID:F9wDZ4YW
いやあ束さんけなげだあ


4850フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:57:49.13 ID:L4QXnMG9

                               /i /'
                          ,.. … 、.i/∠.,
                      ,.._゛,.,  . γ´`  ‐ヽ、`ヽ、
                     ゝ゛´ .//,',:´i /i  、 、 、ヽ、;`.、
                       .//;/:i/::i /::i i i...ヽヽ...、ヽヽ,`~`
                      .//:/;::i/:::i/::.i:i i:i,rヾ'ヘ ヽ.....、';;ヽ,
                    ,..'ゝi:::/::ii:::::i:::;:i::ii:/i:i   ヽヽ,.......ヽヽ
                      /:::i::::;i:::::::Δ::::/ ii,..- -ゝ;.....i,...i'\
                      i::/i:::/i::::i心ゞ/,  弋夕ゝ〉ヘ..i`、i `
                     .i/ ii:/i:i:::/  i' ,      .,'βi..i ヽ
                     i'  i'ヘi:i;i'   ' 、l     /√、ヾ,
                       i' ゞi、   、__...  //
                          仆、   ー   イ/i'
                          ,-.i, `ヽ、_ ,.' i心
                         .i::::::::::::...、  ,ゝ´::::::i,
                     ,. ..ゝ,~i:::::::::::/>=<ヽ:::::::ゝ:- 、_
                ,.<~ ̄   i //:::::/ >(〈'`〉).\`ヽ、\ヘヽ <、,_
              /:::::::::ヽ   /ゝ'"〈i /:::>上弋:::::::\ ヾ、∧、 `i::\
             /:::::::::;;:::::::::',  〈勹乍'〉':::::::::`.iイι广::::::::::\iイ、ゝi  .i::::::ヽ
            ./:::::::::::::;;;:::::::::',  i i iヽ'::::::::::::::::iヽi /i:::::::::::::::::::::\〈ヽi  .i::::::::i
            /:::::::::::::::::::;;;;:::::::', .i i/i.i::::;;:::::::::::::',`:::, ',:::::::::::::::::::::::::i.人i、 .i:::::;:::i
           .i:::::::::::::::::::::::::;;;:::::::イ≦イ';;::::::::::::::::::', :::. ',:::::::::::::::::::::::::,凵i::〉:::;;::::i
           i::::ゝ、::::::::;;;;;;:::::;;;::::i:/ /;;;:::::::::::::::::::::::',, :::. '、::::::::::::几::::;ii .i;:i::;;;::::::i
           }:::{  ヽ;;::::::::;;;;;:::;;::{=};:::::::::::::::::::::::::::::'、 ヾ '、:i:::::冫ヾ:i'::i-i;;;;::::::::i
           .};;;;〉  ヽ:::::::::::;;;;:::i i;:::::::::::::::::::::::::::::::::;'、   ヽ::::::i i::::i::i~.i;::::::::::i
           ,i::::::`、  \;;::::::;;;/,.i':::::::::::i:::::::::::::::::::::::i;;;',   '、:::、/:::i::::iヽ〉::::::::i
          /:;;;;;;;;/i   ヽ;:::::i'::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::i::;;;'、   ';::::;/::::::i::::::::::::::i

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

【ルドガー・ウィル・クルスニク】

 人間と精霊マクスウェルの間に産まれた混血児。
 封印指定は受けてないものの稀有な産まれから様々な魔術師に狙われたため、迷惑をかけないために
母親の元から離れて放浪生活をしていた。
 成り行きで束と友人になり、彼女が聖杯戦争に参加すると聞いて心配して着いて来た。

 聖杯戦争にて戦闘・人格共に相性最高ともいえるルー神を召喚して開催地への被害を
最小限に抑えるべく行動を開始する。
 初っ端からアークエネミーが徘徊する中でバーサーカー陣営やランサー・ライダー同盟と交渉を重ねて
少しずつ着実に味方を増やし、仲間達と共にアーチャー陣営やアークエネミー、イビルアイ、ルーラーを
次々と撃破していった。
 戦闘面のみならず土地管理者であるミト・ジュエリアの保護や大病を患っていた柊聖十郎の治療をライダーに
依頼するなど彼が今回の聖杯戦争に関わらなければ救われなかった生命(いのち)もあった。
 最後のザーダ=ホーグラ戦では厄介な置き土産のせいで精神崩壊しかけるもキャスターの介入によって
一命を取り留める。
 そのキャスターとも互いに悔いのないように全身全霊で戦った後で、彼女の子孫が生きていることを伝え、
彼女の心を神への憎しみから解放した。

 聖杯戦争終了後、ルーや彼の家族と共に実父の元へ行くが、彼が親父を殴ったのは最初の数回だけで
後はルー神一家がマクスウェルを叩きのめしている有様だったようだ。
 むしろそろそろ死ぬんじゃないかって辺りでルドガーが止めてなかったら多分マクスウェル死んでた。
 己の目的を果たした後はルー神一家や束を連れて実家へと帰り、数年ぶりに母と再会した。
 その際にルー神の養子になりたいという希望も伝える。
 ルドガーの母はルドガーの無事の帰還に喜び、ケルト神話の神の養子になるという旨を驚きつつも
ルドガーがそれを望むならと了承した。

 後は久しぶりに家でのんびりしようと思っていたルドガーだが束からの告白を受けてそれどころではなくなる。
 まずは友達から始めたいと返事したのだがそれから無駄に束のことを意識してしまって思春期の少年並に
悶々と過ごすことになってしまう。
 ちなみにその間に義父とその家族や母は束をルドガーの彼女と認めてしまったので外堀は完全に埋まってしまっていた。
 その後、徐々に束と交流を重ねていく内に彼女に惹かれていき自然な流れで付き合い始めた―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4851隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:58:55.94 ID:F9wDZ4YW
おお!
おめでとう!


4852隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 21:59:21.61 ID:47RFlVWD
束さんやったね!


4853フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 21:59:36.88 ID:L4QXnMG9

                             __
                        -=ニ三三三三三二ニ-
                     -ニ三三三三三三三三三三三ニ-、
                   -ニ三三三弋 ヌ' ノ三三三三三三三三\
                 -ニ三三三三三〉. メ_ノ三三三三三三三三三\
                -ニ三三三三三三二二=-‐ ‐-=二三三三三三三ニ、  /`}
               -ニ三三三三三ニ- .´ ./ ', . \  \\`‐ニ三三三三ニr ´ /
              /ニ三三三三ニア´/´ , /i ヽ  ` ヽ, ヽ.\、、メ三三マ´    ,'
             ,'ニ三三三三ヌ .//./ ,' .' i,  ', l、 _、_i、 ,.ヽ_ ト,',  メ三'    /
             .三三三三マ´ /,'/ .i i!  ハ,..ir ´       ヽ  ,i  / /
             ニ三三三/,   !:/  !,,ハ.´       ,.. - 、.  ',  i/,/:}
         ヽ 、 _}三三三タ i   !'トゝ´         ´     `  i.  ' ヽ三!
          '、   ``ヽ、セ .i   i   ,.- ゛`      ,´,-=ヌメヘチ !   i ∨
           \ 、   \!   i! /  _,.....ニ、      ' 匕鬥i} ア .!   i  ',
            \、 __ i!   .!  チ弋卞},`        マ-イ-  i   ', !.  ',
              マ三ア/ !    ! モ、又只ノ              !  ',.!  ',
               マ' /   !   !、   ` ̄      '    _     i!   ヽ  !
              ,.' ,  / !   !.、       ,..   ´マ      /'i    ヽ !
             /  ,  ./ 、,i!    !-、      iチ    !    ,.'_ メ、    ヽ、
           , ´   '  / ._,ム / !ゞ、ヽ     ヽ、  . '  /´  `ヽ、 、_   \
          /      ././  ! '.  } .`ヽ>、 _       ,/i' ̄ニニ}  ヽ! `,    }
         ./     /,.'...   !/ / {=-‐‐‐{ニニ、 ̄     !iニニ!  !   i /  ./
         /     //    . ./ ./  ',    iニニヘ      i!ニニi  !_ ,メ '  ,/
       . /     / i     / ./=ニニニ、   !ニニヘ      !ニニ! /!ニi、  , '、 ',
       /     /  メ   / (、ヽニニニニ-、 ムニニム    ! !ニニ  ハニニ、 ヽ !ヽ、、

▼――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▼

 付き合い始めてから数年後、2人は見事にゴールインする。
 その結婚式にルドガーの義父は居なかったが結婚式の開催地である北アイルランドの太陽が
2人を祝福するように煌々と照らしていたそうだ―――――

 それからさらに数年後、ルドガーと束の間にかわいらしい娘が誕生する。
 エルと名付けられたその子は両親の愛情を受けてすくすくと育っていった。

 トマトは嫌いだけどお父さんの作ったトマトパスタは大好物な彼女もまたとある聖杯戦争へと
関わることになるのだがそれはまた別の話―――――

▲――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――▲



4854隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:00:14.20 ID:hqIrQjJi
おめでとう、二人ともお幸せに!


4855隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:00:35.27 ID:OMsa8B8X
おめでとうおめでとう


4856隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:01:13.66 ID:FlkYQ+QQ
末永く幸せになれやチキショー!


4857隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:02:13.53 ID:47RFlVWD
この子も次回作出演かw


4858フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:04:41.46 ID:L4QXnMG9

           .....:――::.......
        .,.イ:::::::::::::::::::::::::::::::>.、
        .,:'::/l/ ――ミx:::::::::::::::∧
      ,':::::i/         .Ⅵi:::::';::::::',
      .’、:::l_>.-irーr::::<l:|:!:l:::l:| :∧
      i、_i| |l:l|_l|::::l.ィー|l::Ⅵ:l:::|:|::|l∧
.       i|::::l| |l:||::::|l|::::|l|:_:|L:|:|:l::||:|::l:::::ハ
.       l|::::l| |l.ィ去ミ´ ̄ィ示ミ|:l::||:|/:::::l::|
.       l|::::l|∧'弋リ   ゞ‐'1l:j::||:|、::::l::|       さて、これでこの物語は終了だ
.       l|::::l|'/ヘ    !    .j:l;':::リx_\':メ- 、     数多の苦行を乗り越え、
.       l|:::::l'/:イ_::.、_`ー ’ ィi:/:::/ x≦ニミ_ \    幸福を掴んでくれた彼らに喝采を送ろう
      乂从〉 孑≠`ー.く__l:リ::/:/>― Y .∧
      ./ \::乂.      ヽイイ!/     ハ―.、〉
    .:;′ィ<∠≠二ミ、___,ノ!〈/./  .l: l::::\
     /_,/.乂__,.::-、\〉V_乂三≧x }.l|、:::::::'.,
   .ノ::_ハ、 _/::|::::::::: ̄:::::}   ∨/////:ミi{::ヽ:::::.丶
   〈: :/   ;::::::}::::::::::/::::;:|   ∨=<///|::::::∨:::∧
    ∨   ,'::::::::::::::::::::::::;::|.    ヽ. /_>j::::::::::';::::::::
    |   .;:::::::::::::::::::::::::;::ハ    }/ ̄|::::::::l:::::::;:::::∧
    l   ;i:::::::::::::::::::::::::iイ:∧   イ\.{::::::::||::::::l::::::∧
    :、 ./l::::::::::::::::::::::::;' ト、:∧_/ `ヽ〈:::::::l||::::::|:::::/
....___¨; ;!:::::::::::::::::::::::; |.:.\   \ . ∨ ::||:::::.|::イ |
 `ヽ . /;’;:::::::::::::::::::::::/.:.:|:i: : .\ _  \.{、::リ::: ;':: |/
 ̄::::`/.:i .i:::::::::::::::::::::;′ .l∧: : : : ̄i\-、〉:/:::/.:::/:::
::::::::::〈.:.:| :|::::::::::::::::::/  ,'/\:_:/:|: :.\:∨:::/.:::/
: ::::::::::Ⅵ :|::::::::::::::::;′ /     `ヽ: : : : : |:::/./
::::::::: : 从|::::::::::::;′ .,.’...::: ̄:`ヽ.  \:: :.:|/イ
::::::::::く: ∧!::::::::::::;′ .;/:::::::::::::::::::::∧   i:: ::|::::::
::::::::::::乂..;'::::::::: :;′ .;゙::::::::::::::::::::::::::::i  .从::l∨
´  ̄ ̄∨.:::::::::::i __,.:i/:::::::::::::::::::::::::::l:../.:.\i∧
      .|::::::::::::::ト.-::|!:i:::::::::::::::::::::;:::/
     i}: ::::::::::l|  l:::|::::::::::::::::::::i/
     リ. ―:.、l|  .;::::|::::::::::::/::: ;′
     /|.__.l|  ;:::::l::::::::::/.::::/
.     i :|::::::::::: l| .;:::::::::::::::::::::::′
.     | 乂__:ノ| ;::::::::::::::::::::::::!
.     |、__../l i:::::::::::::::::::::::;
   ∧  ̄ ̄.:/ |:::::::::::::::::::::,′
    .>―<  |:::::::::::::::::::/



                  ..<:: ̄ ̄::>.、
                  ,::::::::/ニ二ニ∨.::ハ
                    /、::::/ニニニニニミ;::::::∧
               /.:::::i:l|iT:|l::|:l::iT:}Ⅵ:::ハ
                :::::i:::|ィr示:┘f示ミ:|:l::::::::,
               ‘.l::::|::∧`¨ i. ¨´/l;':: i::::i
              | 乂|::l:::丶 ー=‐ ィ:::/::::;’:::|    こうも見事な大団円にしてくれて本当にありがとう
               乂Ⅵ:乂 ハ><.ハ\:/ヽ/     今回の聖杯戦争の仕掛け人である僕も感無量だよ
              <_メ、ヽl人__リ〈;乂ス_〉
                /.∧.\〉:∨///.:::://:ハ_
               /¨´.∧}. \乂乂/.∨   ミハ、
              /:::`ヽ  .l! .く::::ハ::::〉 | ./. ::..\
           〈 ̄,ヽ:::::::Vハ .〈_/ .レ′ ./../.::::/: ̄:}
             .∧/  .〉::::/.:.';.        ハ〈.:.:/  ∨:/
           /:.... /.:∨::::ム 、_  ..:∧:::∨ヘ.   ヽ
          /   .イ:::::::/_      `ヽ:: ̄l’、  ,
          ,   //.::::く´ /_ ヽ_彡_⌒.∨:::l:|l. \  ' ,
        /、./ ,.::::::::::::乂:_:/.:.:.:..: ̄:.:.:.:.:.:.:∨:|:||.  \ \
     , ‐くヽ./ ,.::::::>'´./.::l.:`:.;.:.:.:.::_:_.:.:.:.:._:\リ    乂i´ `ヽ
   ノィ  ./  /.::;.´.:.:.:.;'  ̄¨Y、:i.:.:./.:.::∧:ヽl.:.:..\    ヽ l 〈ヽ
     /   ノ   .,::::::l.:.:.:.:.:i   ノ.∨.:/:,:.ィ⌒V::l´:l ̄::〉    .∧乂.ハ´
    .l.//    i:::::::`7>:,   :`ー‐.rイ |::_:_:!:/ !:::r′     .\〉|
    .|jノ     .|:::::::::\;.-;     ||       从j        ヽ;}
           |:l::::::::::::::::::,     ;:~;      ;’
          ':l:::l::::::::::::∧    :'::::i     ;
       , ―∨l:::::::::::::::::ト.._...:i_ノト、..__..:′
      /   彡乂::::::::::::::_:';::::::::::::;  |:::::::::::::;′
      ./__.二.イ T、¨¨´ 、!:::::::::::ト、|::::::::::;
       ///:/  :| |:::\ .l;::';::::/:;¨`.';::::::::/i
      .i/ i:::l ̄::ヽ,,|::::::: \'::::::::::::i  i:::::::::::|
      .|! .l:::|l::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::|   |:::::::::::l
        .l::从:::::::::::::::::::从|::::::::::::;   .|:::::::::::|



4859隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:05:29.68 ID:47RFlVWD
乙でしたー
そして誰だお前え!?


4860隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:05:35.32 ID:hqIrQjJi
創造神、ニートしてろ仕事すんな(真顔)


4861隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:05:38.77 ID:F9wDZ4YW
お、安心院さん


4862隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:07:04.43 ID:HZZVTI46
ゲェ!!ブラフマー!!


4863フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:10:55.56 ID:L4QXnMG9

::::::::::::l:::::l:::l:::::::l:::l::::l::::::::::::::::::::', ';::l:::::::::
::::::::l:::|:::::!::|...::::|::;--、::::::::::::::::::::i .';:!:::::::
:::::::::!::l:::::l:::!:::::::!::', ';:::::::::::::::::::::l l|:::::::
::::::::::!:|:::l:l::';:::::::l::::', ';_____l ヽ-‐
::::::::::l:l:::li:', ';:/´ ..__  
:::::::::::!:!::llハ _,ァ‐≦ ̄ ̄ミ、          ああそうさ、柊聖十郎の冷凍睡眠を解いて
::::::::::::'l:::iヘ}.≦l{ 弋 -、::::::l          月の欠片を渡したのは僕だ
::::::::::::::';::lハ<三.、ヽ'_ノ
';::::::::::::::';l|、ヘ           :l      だってそうだろう?
::!::::::::::::::';l. ヽハ             .::l      家族のために必死で頑張っていた彼が
::l:::::::::';:::::';>.._ヘ            ::ヽ     報われないなんておかしいじゃないか
:::l::::::::::';:::::';:::ヽ:::ヘ
::::';::::::::::';:::::';::::丶::.ヽ.       ー―‐
ト、:';::::::::::';:::::i、:::::.ヽ::::::`::...        ̄
l:::.\::::::::::.,::::';\::::.\::,-- >...
V ::::..\::::::ヽ::',::..\:`/ ノ!l ̄ヘ >...



                    /://////::/              `ヽ∨//////////::\
                // /////::/                  ∨///////////∧
                  /    :::;'::/    ____           ∨///////////∧
               ′     :/-‐::ナ¨:::::://::::::::≧=-         '; /////∧/////:',
            ,  ..:::,′  /::___/__  :///::::::::::::::::::/::::≧x    }///////}/ /  :i
            ,'////i :... 'i゙´//!:::::ミメ、       :/__ }  :刈 }     l     :{
            .: ////| ///l/// !///|::::::....    l:7「   「ミメ、::::::!      }    :!
.             .://///| ///|// L:_:{ И://////!| l::::..../::.... }\|      /|:.     :|     それにあの子を……
.              l://///| ///「、  、 ` └-=、// ! |:::://////}:::/! / ///|//::.. .::|
              l /////| ///|zi≠F抃x`     `   └-=、////!::/} //////:!//∧:. ',     おっと、これ以上は話してやらないよ
           l//////l ://小ハ r'//:抃       ,ァ≠==ミx__,`゙Y//////::://////∧     僕の根幹に関わる大切なことだからね
.           |://////| ///|} ヾ Vzン         ′r'///:;圦ハ_ j//////: |///////∧
.             | //////| ///|{         .l      Vz_;ンノ/,'.//////: |:///|:::///∧
            l///////| ///l:'      ,′            ////////::j ///|:::////∧
.          !///////| ///|∧     !           ////////:::,'////|::::://///',
.            l:///////| ///l//:.                   /////////:,':////j ://////}
          |:///////| ///l///\   `¨ ー-  -     /////////:/ ////,'| ///////}
          !:/Ⅳ////| ///l/////:ヽ             / /:///////:/::///// j///////,′
.          八/l ∨///l..///!///////\      <   , ///////:/::///// ./:///////
.           \、∨//:' ///;//////x-弌 ¬ ´      ////////:∧:://///:///////
          く \\::∧://';:////::;x::∧       .///////:/::: ∨//:///////
.             \. \::::∧://V/::::://:::::::}       //////:/:::::::::::: \///////\
                \,.斗‐弋::∧:::::://:::::::::j       /////:/:::::::::::::::::::::::::\,.>'′  \
          r::::T゙´  |:::::::::\ハ::/ー-::::::/      ////:/:::::::::::::::::::::::::::::::/\:       \



              /:::::::::::::::::::У ヽ..」
.          {:::i::::::::::::ム =ミ、/⌒{
             |:::ト、:ム-=ミヽ. ノ::::::i|
             |:::ト. (   ヽ{::/:::::::!
             |:::|i 〕_ -=ミ ∨::/::::|      ではまた―――――
             |:/ /{≦三=ミ.V::/:::|      次の聖杯戦争で会おう―――――
             ) / {:::}::::::::::}ヽ}:::::::::!
              `{ У   .' 人:::::::|
              ).′  / : : ∧::::!
             〃   /__. ヽ.}:::!
           }ム =ミ.′. . . . .`.}:'.
.            /  /. . . .}ヽ. . . V:::..
           /⌒ヽ{. . . ./. . } . . .ヽ:::::...
             {   ',_ -=ニ⌒}ニ= -. \::>----=ヲ  /
           /.′   i     }:/⌒>´__  /⌒ヽ
         {/ i 、 、 ヽ    /´     ∨/⌒:::::::::::::::
.         / r{  }ヽ マ、\ {         '.:::::::::::::::::::::::
        ヽ { \V::\}:`:::::∧   , -=ミ:::!|::::::::::::::::::
          \ }ノ:::::::::::::::::{ ヽ /:::::::::::{::八::::::::::::::::::
             }::::::::::::::::::::{   \::::::::::::)j  ヽ:::::::::::::
             }:::::::::::::::::::::'.    '.::::::::::::::::.  }::::::::::::



            ┌┐                          ┌┐                    ┌┐
  ┌┐      ││                      ┌┐└┘                    ││
┌┘└┬─┐│└─┬──┐┌──┬─┬─┬┬┘└┬┬─┬┬┐┌┬──┬─┘│
└┐┌┤│││ │ │──││┌─┤││  │├┐┌┤│  │││││──││  │
  │└┤│││ │ │──┤│└─┤│││  ││└┤││  │└┘│──┤│  │┌┐┌┐┌┐
  └─┴─┘└──┴──┘└──┴─┴┴─┘└─┴┴┴─┴──┴──┴──┘└┘└┘└┘





4864隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:12:12.73 ID:F9wDZ4YW
おお、続くのかあw


4865フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:12:30.52 ID:L4QXnMG9

         ,_ _
   (      _ 」-'-ヽ、 __r-t-ェュ_
   \,..::::´:::::::::::::-::、`ヽ、--っ.:.:7
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ゝ、.:.:.:.i
  ,、l:::::::ト::::l、::vヾ-ヾ:::::::::::l i:,.:-.:'、
  、.ゝ::f:::ヾ、` f::::ヽリ::::「ニ.-弋.:/´    これにて神霊大戦は終了!
  / liっ:ノ   っ::::j ,::::i   /ヘ      お疲れ様でしたー!!
 \  ,l '''  _   ''' イ_:」  /:::::::l
  ノ:::t >、 _    , 7-/lヽ /:::::::::::i
  ヾリ:::jヽj T.ァ < ´-ノ:.:V y-::/-'
      .', :>'T,´├.:.:.:.:.:.i
     .ノ.:`ー-.:.┘.:.:.:.:.:.:、
     ゝ‐-.:,,__.:_,,...:.:-‐.:´ヽ
   ./.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
  ノ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
 ,く.:.:.:.:ー´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 ヽ.:.:.:.:、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:´.:.:ゝ
  ‐-...:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:- ´.:.:.:__,,.. ´
     `ヽ-イ`Tー-- ‐ T j
        L_j     L_ノ



4866隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:13:16.17 ID:L2LTj/Rw
お疲れ様です~w


4867隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:13:19.44 ID:OMsa8B8X
お疲れ様でしたー。


4868隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:13:32.91 ID:F9wDZ4YW
お疲れ様でした!!


4869隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:13:43.83 ID:47RFlVWD
乙ー


4870隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:14:02.35 ID:hqIrQjJi
お疲れ様でした~w
何で全取りできたんでしょうか?(真顔)


4871隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:14:15.24 ID:FlkYQ+QQ
乙でしたー


4872フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:14:53.46 ID:L4QXnMG9

         ,_ _
   (      _ 」-'-ヽ、 __r-t-ェュ_
   \,..::::´:::::::::::::-::、`ヽ、--っ.:.:7
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ゝ、.:.:.:.i
  ,、l:::::::ト::::l、::vヾ-ヾ:::::::::::l i:,.:-.:'、
  、.ゝ::f:::ヾ、` f::::ヽリ::::「ニ.-弋.:/´    これからザーダ=ホーグラの解説をしてから
  / liっ:ノ   っ::::j ,::::i   /ヘ     私が作成したサーヴァントである
 \  ,l '''  _   ''' イ_:」  /:::::::l    ルー様、黄帝、フェンリルの解説をします!
  ノ:::t >、 _    , 7-/lヽ /:::::::::::i
  ヾリ:::jヽj T.ァ < ´-ノ:.:V y-::/-'    ごゆるりとお付き合いくださいませー
      .', :>'T,´├.:.:.:.:.:.i
     .ノ.:`ー-.:.┘.:.:.:.:.:.:、
     ゝ‐-.:,,__.:_,,...:.:-‐.:´ヽ
   ./.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶
  ノ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ
 ,く.:.:.:.:ー´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 ヽ.:.:.:.:、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:´.:.:ゝ
  ‐-...:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:- ´.:.:.:__,,.. ´
     `ヽ-イ`Tー-- ‐ T j
        L_j     L_ノ



4873隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:14:54.70 ID:HZZVTI46
さあキャラメイクだ!!


4874フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:15:36.68 ID:L4QXnMG9



                              【ザーダ=ホーグラについて】



   __
  {:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:.:.ヽ
r‐=':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
|:.:.:.:.:.:._:.:,l:.:./:.イ:.:.:.:.j:\
|:.:.:.:.:/iY:.l:.r弋ッ':.xイ//
|:.:.:.:.{ (fヘl/   ̄  ラ                この俺についての解説だな
ヽ:.:.:.≧─i   -‐j_
r‐<    ト    /  /               製作者の考察も設定に組み込んでいるから鵜呑みのし過ぎはアウトだ
i!     |  tー'   /
〈  ◯  |   j    | _ -‐,
≧ x ュ   |  L _ レ O イ
 \ ヾ  ー‐ヤ \ ̄ ̄/  |
、   \     ト  ヽ / o |     /!
 ヽ   Y .  \| \  Y   o |ヘ  /  |
  ミY  |  i  ヽ ヽ |i o Y==彡.イ
 ≧= i!o/ o, i 丶∧   I==f`r、   .イ}
─フ ̄'二= 、  | 「 ̄l l o | //,ノ jー=彡= '
/// ̄   \! l   ! |  } |  /ノく
ー/ / ,イ ̄`   ヽ───>‐、  人 ヽ
_ ゝ'ーイイ⌒≧ィl__丿-<´    }イ Yヾ ヘ
 ゝ'      ノノ`ヽ     イ .ノ }   }
  ヽ\     /    Y  イ=-<∠ _ ノ
   Ⅵ≧x      レ   !|
    了     ー イ      !|
- __ .入      !     i }
  ≧=‐     \_ ≧ゞ= _
>"          \  | |   ≧ _





4875隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:15:38.60 ID:47RFlVWD
はーい


4876隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:15:45.52 ID:F9wDZ4YW
わかりましたー


4877隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:16:44.79 ID:hqIrQjJi
おk


4878フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:17:58.24 ID:L4QXnMG9



                 まず、何故この俺が魔力切れも起こさず宝具やら何やらを使用出来たか
                 それは俺は『正確にはサーヴァントでも神秘使いでもなくアザトースの権能を使う者だからだ』
                 アルティメットワンと同じもしくはそれに類似した存在と思ってくれ



\: : : : : : : : : : : : : :|: : : : : : : : : : \ : : : : : : : }:、 : : ,、: : /
 ,ヘ: : : : : : : : : : : : :!: : : : :∧: : : : : : \: : : : : :|: |/,} !:∧
 !/\: : : : : : : : : : :|: : : : {: : \: : : : : : : : : : : :}: !/ |  |
. { \∧: :_:_:_:_:_:_: : {: : : : :\: : i: : : :_:_:_:_:_:_:_:/ /}/ / |
 \ - 、{\ 弋_>、: : : : : : : :|>弋_ラ / }:/7 /   !    更に言えば俺は消滅という概念は無い
   \___|\ ̄ ̄ ̄ `< : : : { ̄ ̄ ̄ ̄  /__,イ    |    何故ならば俺はアザトースの過去の姿。所謂アザトースそのものだ
    | ∧         |\!/       /: : :/      |    俺が死ねば『アザトースも死に世界は完全に消滅する』
    }: :∧         {:! /       /: : :/     |
    ∨: :}\       '           /: : :/      ,
    /\'///\   ー―‐'}    /!|/!/      |
    /  ////∧ 、   ̄ ̄   ////! /      /
    /  ///////\\       //////}       /
.  /  {///////////,ー―‐'////////     /
  /   |///////////////////////{   /



            /          \ ヽ   | | │ |
.            /       、    ヽ ヽ.  | | │ !
            /  /   \   \.    ヽ 、 ,!-:!、 |  !
         /  /      \   \   ヽ ∨ ,r、 \! |│
.         /  〈  、  ー- ニ≧≠!^ヽ、  '、V } ヽ. ヽ ! |
       ` 、. \ \\  、__/│   \ '、}_ノ   /│|
           ` 、\ \≧ィ'}  /     '、 | _/ /| | |        故に俺はこの戦いでも負けたとしても何も思わない
              ` 、ー‐ヘjノ '´      Ⅵ´  ,人 l.│|        『人間もサーヴァント等俺に取ってはどうでもいい』
                 `ァ-、_\.        リ` ̄ \.ヽ | |        負けたとしてもああ、運が悪かった、これのみだ
                /   `丶.         j__ \ヽ.!       では、何故、俺はあの時人間を殺そうとしたか
                 ノ             |     ̄ ̄ 
                  `丶、   __         |
                    `〈           ,.'|        
                  \.        /|│    rf⌒
                    | ̄\    /ー! |      {
                    |   `ー'´ r┴l.     ゙'ー=
                    |       |::::::|
                    |   ____,|::::::|
                ______ノ  \    _ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             \     ̄ ̄ ̄\  |│/7
              ヽ         /::::〉│レ'〈



4879隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:19:28.36 ID:F9wDZ4YW
何と言うか諦観してるなあ


4880フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:21:02.56 ID:L4QXnMG9





                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                               | ガイアの怒りに俺は蝕まれた  |
                               乂_____________ノ




           f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
           | この聖杯戦争の関係者を総て殺そうとするカウンターガーディアンを倒した時に気づくべきだった |
           乂________________________________________ノ





 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : \
,/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
:::/:::::::::::_,ィ__;:::::::::::j:::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
/:_,.-,ァ'´ j_ノ:::::/ |::::::::::: : : : : : : : : : : : :.: : :i: :'、: : :.:.::::〉
'´ / ,/::r一 '´  /:::: : : |: : :i: : : : : : : : : :i:. :.|: : '、:.:.::::/
  |   |:::::::j  __,.-'´:/::::. : :j: : :| : | : 、: : : : : :|:.:.:|:.: :.'、:.:/        /`ヽ
  |   |:::::,′ /:::::/:/::_,.-'´ !: : |: : \:\:.:ヽ: :|:.:.:}:;.:.:.:〉′     ,/ ___  ヽ
/|   l:::/  /:::::/:/r'  ,.-'´!:i: :\: : :\:\ヽ:j:.ノ/ ヽ′    /  (  )  ;俺は人間及びサーヴァントを敵と認識してしてしまったのだ
: /   V  /::::://'  /:::::::::| |: : :  ̄二ニ=-〉//)  }`丶、/      ̄    '、
:〈.   /  i::::;イ/  ∧::::'、::::::l: ト、_:_:_:_;.ィリ´///r'  ノ     `        本来ならば俺がアザトースを復活させる理由は『好きな人を起こす』それだけだ
::ハ   {.   |:/´|| /:::::ヽ:::ヽ:::::l:.:.:r<` ' ノ //:ハ{. ィ´          `丶、        ',
:{ ',  !   |i  || ヘ\::::::\:\:l::::| ̄ ̄ ̄ノィ:ハ:}´|           >       !
ヘ. ', i   |! ! ', \l\{ヽ|\{     〃|-'}}:|:|            ,/         |
| |、           ',   .:j  ` ヽ     /|刈リ:!        /      _ |
! | '、           '   `        /||:|::.: :i|        /       ( )│
__! '、         }┐ r‐ュ    / /|:|:: : i|         /       ´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 {.  '、       ノ !       / /: :.:!:!: : i|\.      /        | 邪神はシュブ=ニグラス以外は『ナルシストそしてエゴイストの塊だ』  |
 ∨  }        {-、.|、     /- ´:.:.: :.:.|ハ:刈、 \   /        乂____________________________ノ
  V |(、        ソ }!:.:`.ー'´:.:.:.:.: : : : :..:}! 川|.:\   `〈_        __  //    ,. '´:::::::::::::::::/
.   N  ̄ ̄ ̄ ̄  /:.:.: : :.:.:.:.: : : : : : : ;.j}:.:jハ{:.:.:.:.:`.     `` ー-、._  (__)/:.:`丶_/::::::::;. '´ ̄   ___
    !        |.:.:.: : : :.:. : : : : :.:/: : : : : : : :.:.:.|          > ,/:.:.:.:.:/:::::::::/     ,.  '´::::::::::::::/
    !、       ,.|、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|        ,. - '´ /:.:.:.:.:/ヽ:::::/   ,.-'´:::::::::::::::::::::::/
    !  ̄ ̄ ̄ ̄´ |:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : :.:./     ,. ‐'´   /:.:.:.:/:::::::::::`く  /::::::::::::::;. - '´ ̄
    !        |:.:.:.:` ー'′: : : : : : : : : : :.:.:.:.:/   /       /:.:./::::::::::::::::/:ヽ'´::::::::::;.-'´



.                       /               \
                     /                 \
                     |                       \
                     |     /ヽ             \ \
                      |  / ∧}   /     ,     ∧\ \
                       |  、   _| ∠__ ―‐/    / 〉 〉/
                        |   ∧ { l/ 、、__ ̄ 7     / /, ´
                        | / ∧__   ` ̄ ̄/ ∠>' フ//      俺も例外なくナルシストそしてエゴイストだ
                    , -ァ /  i      //  〈`7/        だから、失敗してもどうでもいいはずだった
                      , '′ | ′   .       ´    /,___
                 |      |/     \     `=- /    /
                 |     |       、     /    '
                      | ,´ヽ  !――――‐ \  /     /
                 〈| 弋ノ |:::::::::::::::::::::::::::::`´:|     {
 ___r‐、           }     |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::|     L_
/ \    ̄ = _  =―‐'ー―― ー―ァ:::::::::::::::::::::::L_ー‐ 'ーァ/      _
    、       ` ー――  '′  /_)/::::::::::::::::::::::::::::::::,  /――-=―┴― ¬
    \                 /ハ::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/              |
  ,、    、                {//∧::::::::::::::::::::::::::::::::::::|{              |
  /::\   .    /¨,             ∨/∧::::::::::::::::::::::::::::::::::||                |
/::::::::: \  ,  弋ノ           ∨//::::::::::::::::::::::::::::::::: |!          , -、  ,
:::::::::::::::::::::\ ’               ∨/:::::::::::::::::::::::::::::::::::|             弋ノ /
::::::::::::::::::::::::::::、 ヽ                 ∨:::::::::::::::::::::::::::::::::::|              ∧



4881隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:22:19.35 ID:F9wDZ4YW
何倒してんだwww


4882隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:23:21.08 ID:hqIrQjJi
抑止力仕事しようとしたら返り討ちに遭ってたんかいw


4883フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:24:24.19 ID:L4QXnMG9





             f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
             | 神霊を召喚という事をしてしまったからだよ  |
             乂__________________ノ




                                      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
                                      | ムーンセルが動いてるという事は地球のマナは無くなってるのだろう  |
                                      乂_____________________________ノ



             \              \ ヽ ヽ   │       /
   i             `丶、     `丶 、_   ,.イ\ ヽ ヽ,ィ‐、| i    ,'
   |        \.      `丶、.   ___>´ /  ,ゝ j.  ! r‐ ∨.     |
   |   、  ヽ  `丶、.       ` ̄/r=-、 / ,/ ,/|  |/二. ∨   |
    、   ヽ   \   `` ー‐- ,ィ´ f::::;r=、::メ // │ ,ハ.  } ∨   |
    \  \  \.     \   }. {::::f‐'´  //   │/ ノ    〉  │
i 、    |\   ` 、.  ` 、.   \イ__'´___   〃   // 下ア  / │ .
|  \   \ \._`丶、 `丶、 __/ ̄ ̄`    〃  ト'、 /|.   |  |
|   \   \!  ,≧ィ=x`j 、.  _/          /  │  ` 丶 、|  |
\    \.  |/  {::f>'ノ   ̄                   |         `   恐らく、あのムーンセルは『現在は魔力によって動いてる筈だ』
、 \-、.____\. l、`丶'´ \                     ハ               `丶、
. \ \   ̄\\__    \     _             ,'│          神霊の大量召喚によりマナは更に激減、ガイアも怒る訳だ
   \__\_  ` ー=‐     /              ,' |            __
      ̄ ̄`    ゝ、                    /  ',         , 地球からマナが無くなるのも時間の問題であろう
              ` 、               /    ,        |///}
                ` 、            ,.'      ,          乂/ノ
                   ` 、          , '       ,           ̄
       ,r─-、             ` 、     /      _,',
        ` 、   ` ー- ___    `┬    ,.='"´ ̄: : : : ,
        ヽ             ̄ ̄ ̄ | _,.='´: : : : : : : : : : :_〉──────‐
         `、              r'´.: : : : : : : : : : : :<
          `、             `i: : : : : : : : : : :_/



        /: : : : : / : : : : : \: : : \: : : : :\
          /: : : : : / : : : :, : : : : \: : : \: : : : :\
       /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : \: : : \: : : : :>
        /: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : :} : : : : \/
     /: : : : : : : : : /::/: : : : : : : : : : /: : : : : : /
     〈: : : : : : : : : /_/:_:_:_:_: : : : : : /_:_:_: : : :/_           だが、俺に人間に対し悪意は無くとも
      \: r 、: : :∧ 弋ノ ヽ}: : : :>'弋ノ∧: :/三
       レ/ヽ∨   ̄ ̄ /: :/〉  ̄   !/三三          アザトースを目覚めさせたら世界に恐ろしい事が起こるのは明白
        |{  >' |       {/ '       }三三三}
        >'   |        ー‐ァ     /三三>'{         お前らの行動は完全に正しいのだろう
        /     ! \         ∠二>'   |
     〈       |  \       イ: :i        !
      |    {-} !    > 7--_'_|:_/       |
     {|       |  /  ////////}       |   __
      |       ! /  /////////,L ____ 」>´: //
      |____/   //////////∧:_: : : : : : : : : : ://:ヽー‐ 、
    /       {-} {////////////>、\: : : : : : ://ー'    >



4884フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:30:47.26 ID:L4QXnMG9



                       つまりどういうことだってばよ?



 /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : \
,/:::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
:::/:::::::::::_,ィ__;:::::::::::j:::::::::::.: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ
/:_,.-,ァ'´ j_ノ:::::/ |::::::::::: : : : : : : : : : : : :.: : :i: :'、: : :.:.::::〉
'´ / ,/::r一 '´  /:::: : : |: : :i: : : : : : : : : :i:. :.|: : '、:.:.::::/
  |   |:::::::j  __,.-'´:/::::. : :j: : :| : | : 、: : : : : :|:.:.:|:.: :.'、:.:/        /`ヽ
  |   |:::::,′ /:::::/:/::_,.-'´ !: : |: : \:\:.:ヽ: :|:.:.:}:;.:.:.:〉′     ,/ ___  ヽ
/|   l:::/  /:::::/:/r'  ,.-'´!:i: :\: : :\:\ヽ:j:.ノ/ ヽ′    /  (  )   '、      1.何らかの要因で神霊級のサーヴァントが召喚される
: /   V  /::::://'  /:::::::::| |: : :  ̄二ニ=-〉//)  }`丶、/      ̄    '、     2.ガイアが怒って俺が世界を滅ぼそうとするように仕向ける
:〈.   /  i::::;イ/  ∧::::'、::::::l: ト、_:_:_:_;.ィリ´///r'  ノ     `丶、         '、     3.抑止力が俺に倒される
::ハ   {.   |:/´|| /:::::ヽ:::ヽ:::::l:.:.:r<` ' ノ //:ハ{. ィ´          `丶、        ',    4.さすがにマズイと思った世界維持の神々が動き出す
:{ ',  !   |i  || ヘ\::::::\:\:l::::| ̄ ̄ ̄ノィ:ハ:}´|           >       !
ヘ. ', i   |! ! ', \l\{ヽ|\{     〃|-'}}:|:|            ,/         |
| |、           ',   .:j  ` ヽ     /|刈リ:!        /      _ |
! | '、           '   `        /||:|::.: :i|        /       ( )│
__! '、         }┐ r‐ュ    / /|:|:: : i|         /            ̄ j\
 {.  '、       ノ !       / /: :.:!:!: : i|\.      /           /:./            ___
 ∨  }        {-、.|、     /- ´:.:.: :.:.|ハ:刈、 \   /               //       ,.  '´ ̄:::::/
  V |(、        ソ }!:.:`.ー'´:.:.:.:.: : : : :..:}! 川|.:\   `〈_        __  //    ,. '´:::::::::::::::::/
.   N  ̄ ̄ ̄ ̄  /:.:.: : :.:.:.:.: : : : : : : ;.j}:.:jハ{:.:.:.:.:`.     `` ー-、._  (__)/:.:`丶_/::::::::;. '´ ̄   ___
    !        |.:.:.: : : :.:. : : : : :.:/: : : : : : : :.:.:.|          > ,/:.:.:.:.:/:::::::::/     ,.  '´::::::::::::::/
    !、       ,.|、: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.:.:|        ,. - '´ /:.:.:.:.:/ヽ:::::/   ,.-'´:::::::::::::::::::::::/
    !  ̄ ̄ ̄ ̄´ |:.ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : :.:./     ,. ‐'´   /:.:.:.:/:::::::::::`く  /::::::::::::::;. - '´ ̄
    !        |:.:.:.:` ー'′: : : : : : : : : : :.:.:.:.:/   /       /:.:./::::::::::::::::/:ヽ'´::::::::::;.-'´



  /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
/: : : : ,: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
: : : : : /: : : : : : : : : : : : : !: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : |
: : : : ,: : : : : : : : : : : : : : :{: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :l
: : : /: : : : : : : : : : :,: : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ: ∧
: : /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : \ : : : : : : : : : 、 : : : : : : : : : : : i: : : !
: /: : : ,: : : : : : : /: : : : : : : : : : :\: : : : : : : : :\: : : : : : : : : :|: : : 〉
/: : : :{: : : : : : : {: : : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : : : :、: : : : : : : i: : /     つまり最初に何者かが神霊を呼び出せるように
: : : : : \ : : : : : \: :、: : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : :\: : { : ∧/      細工をしたはずなのだが……
\: : : : : :\:_:_:_:_:_:\:\: : : : :\: : :_:_:_:_:_:_:_:_: : : : : :}: : >ヽ |
  \ : : : : : ヽ \辷ソ\:\: : : : :∨ \辷ソ / 7: : /:〉'|!  } }
   \/\: : !ー―― \:\: : : |  ー―‐ ' /: : /:/ }!//
     \,へ: \      |\〉、: |      /: /!/ー'' /
      } : | ̄ ̄     |   }:/      // /__ </
      ∨::、         }  /      /   /: : : : /
         ∨ >、                 /: : : : /
\_____〉:_〉_   辷 ユ       / ! : : /________
  \         ||           /  ! : /           | |
   \        ||、          /    | /               | |
_   \      || \      /     レ            | |
//}      \      |i___ー―‐_´_____|             | |
//       /     ||////////////////////}                | |
/       /       }}////////////////////!            | |
      /      ||////////////////////|            | |



                             .....::――‐::...._
                          /.:∠=--ミ、::::::.`ヽ
                         ,:'.::〃     `Ⅵ:::::::::ヘ
                           /.::::/_7::¨/::::/}<:l:|:|:::::l::∧
                           ,'::::::;´/|`:;'::::::j_|__lミ|:|:l:::|:|::|:::i、
                             ::::l:::iy'fミ人_j//.:从lノ:::::l |::!:::|l
                         ;|::|l::ト.:ヒリ    テミ㌫::::::j:j/.:: l:|
                          i|::|l::|   ノ   .ヒツ/.:j:/:/.::::::从     γ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
                         ||::|l人.丶 _,  .:/.:/;'::/./.::/.::::〉     | 下手人は確実にコイツだろうな―――――  |
                         ||::|l::|l:\_ .. :<:イ:/:/:/.::/.::::/〉     乂___________________ノ
                          j乂}l|乂_.} :.:.:;/.:::::/:/く:イ:_::乂{、
                         ,r.i:TT:|:::::/ノ ::/::::/ ̄ ヽ.∨:::\ \
                           /:| | | |:|三三;:'__:/ -<  l. }:::::::::.∨ 〉
                       / | Ⅵ:::|===/-く_      |.八:::::::::ヘ´
                     ___ /  .〉 }∨|::/..:::::::::::ヽ    ./|::::\:::::∧
                .,..::::::::::::::::..丶. :′(⌒|:|/:ヽ::::::::::::i .//.:| :::::::.\::∧
                 ;:::::::::::::::::::::::::..\} <_;/   .∨::: :::|.//_::_|:::::::::::::..\ 〉
                  i::::::::::::::::::::l::::::::::::ヽ/    /|::::::/イ:::::|::::::::::::::::::∨::.\
    ,...::――:::.....、   |::::::::::::::::::::l|:::::::::/ ’、 .//、::|/ /l |:::: |:::::::::::::::::::::ヽ:::::∧
  /.:::::::::::::::、:::::::::::>、:|:::::::::::::::::::::l::::/    ∨′  ̄ .〈::| |:::: |:::::::::::::::::::::::::∨::∧
  {:::::::::::::::::::..\:/   .|:::::::::::::::::::::|´      ∨.:.:__   〉}l|::::::';::∧::::::::::::::::::::∨:∧
  .∨:::::::::::::::::::::∧   .|:::::::::::::::::::::|         ∨::}::∨ .〈::从::::::∨∧::::::::::::::::::::Ⅵ:::|l
   ヽ::::::::::::::::::::::∧  |:::::::::::::::::::::;          .}乂:::::ヽ .{::::∧::::::∨∧:::::::::::::::::::|:|:l:||
    .\::::::::::::::::::∧  |:::::::::::::::::::;′        .∨::\:::∨、:::∧::::::ヽ:∧::::::::::::::: |:|:|:||
     .\:::::::::::::::∧ :|:::::::::::::::::/';        .∨_〉:\〉∧::∧::::::::∨|::::::::::::: :从|:リ
       .\:::::::::::: ヽ|:::::::::::::::;’vi        _/..::::: .\.∨:::ヽ:::: :Ⅵ::::::::::::/. ://
         .\:::::::::::l|::::::::::::::;∨.l:: : :.     i´::\::::::::::::::〉.〉:::::::.\::l:|:::::::/_:://.::/
          .\::::/|::::::::::::;'./  ,: : :..   .::|__::::. \_:><:::::::: ̄`:::、/  }://
               }/ .|:::::::::::' j.、  ’、: : : : . . .: : : ):::`/../..:/..く::/::::::ヽ._从{
            乂.ノ:::::::::j./.::::::く::::\/⌒Y´ ̄::::::/.::::/.::::://.::::/.::/.::::::::∨  人



4885隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:32:33.17 ID:F9wDZ4YW
ですよねえ(諦め


4886隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:32:59.46 ID:hqIrQjJi
鋼の大地まっしぐらどころか猶予期間削減?


4887フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:33:16.62 ID:L4QXnMG9

                    _... --- ..._
                   , ´   __   `ヽ、           .{}
               ./  /=:::::::::::::::::=∨.   \         .f{
                  ′././ニ=‐::::::::::-=ニⅥ   ∧        .f{
              /  .;'.:ハ>ーr―fi-<:Ⅶ | .   ,      f{
              ;′ .! jィTTl.|  .||ィTTTil、.|: | |. ,       f{
             ;′ .||'.|l|_|_|从_||_从|-ミl}、|: | | . ,    .f{     だって何事も派手なほうがいいじゃないか
               j.l i ||.:|ィf示ミ、   /f示「ヾz|: | | ::,   ...f{
             从 .| ||.マ{ ヒリ r.i‐┐.ヒツrイi|: l |:..}∧     .f{
              ;’.| i | ||.lfゝ―┘′ゝー‐┘i|.リ j: | .j .}    f{
            .l | l | |l从   Ⅴ¨¨ |    从 :’ |// ;′   f{
             .乂l.i|l| ||:|j 〉.  ∨:::/  イ|.l;′’j// /   .,[{_}
             l.j|l| l|:|j'乂_>、 _....イ.{/j.j .,’/{/¨>、._ム、\
           /|l:l||  l:||、У} :.:.:.:.:.:/ .lⅥ! ,'.j_ノニ=:::::::::〉{_ `ー.}
            ヽ_::|zl||  ||/.〈∧ ヽ:/ ./:/.|! /く|)∨_:>'’.{__`゙゙ /
             | 从   l{  ∨ハ   ..イ:/ |/.:/ \ハ   .{、_  /
              / ./∨{  ∨∧_//..ィ/ス{   ヽ〉.  `{: ;′
        _   / .:/  .ヽ〉 / ̄\////}   .∧   .ト i、
       / \/_ _.ノヽ      { .==z、 .}. ′'/./  .! ∨’l /:}: |∧
        |   .}川:}′ ∨:|  .人    .人  ,:′ .| /∨;/:/|: |l::|l
        |  >⌒;′ :,Ⅵ  /.7T ¨   ./  i :l.l| ,′ `/|.l::j iリ.j.{
       `イ ./ ; / ∧.:}|  / . i: |  .rf´    ∨:l|,′ .j :|:|:; /./ ハ



   __
  {:.:.:.:.:.:.:.:.: ̄:.:.ヽ
r‐=':.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
|:.:.:.:.:.:._:.:,l:.:./:.イ:.:.:.:.j:\
|:.:.:.:.:/iY:.l:.r弋ッ':.xイ//
|:.:.:.:.{ (fヘl/   ̄  ラ 
ヽ:.:.:.≧─i   -‐j_
r‐<    ト    /  /               ハハハ、死ねよ―――――
i!     |  tー'   /
〈  ◯  |   j    | _ -‐,
≧ x ュ   |  L _ レ O イ
 \ ヾ  ー‐ヤ \ ̄ ̄/  |
、   \     ト  ヽ / o |     /!
 ヽ   Y .  \| \  Y   o |ヘ  /  |
  ミY  |  i  ヽ ヽ |i o Y==彡.イ
 ≧= i!o/ o, i 丶∧   I==f`r、   .イ}
─フ ̄'二= 、  | 「 ̄l l o | //,ノ jー=彡= '
/// ̄   \! l   ! |  } |  /ノく
ー/ / ,イ ̄`   ヽ───>‐、  人 ヽ
_ ゝ'ーイイ⌒≧ィl__丿-<´    }イ Yヾ ヘ
 ゝ'      ノノ`ヽ     イ .ノ }   }
  ヽ\     /    Y  イ=-<∠ _ ノ
   Ⅵ≧x      レ   !|
    了     ー イ      !|
- __ .入      !     i }
  ≧=‐     \_ ≧ゞ= _
>"          \  | |   ≧ _



4888隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:34:05.08 ID:47RFlVWD
ヴィシュヌさーん、シヴァさーんこいつです


4889フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:37:50.74 ID:L4QXnMG9

               /.:/.::::::::::::/-=   三三
            ./.:/.::::::::::::;′=‐   ―‐ ‐=ミ
             ,:::;’:::::::::::::′ ______
            .j:::/.:::::i:::::;’イ::::::/.::/::|::::::::|::|:::|::
            .;’/.::j::::|:l::j;::::|―:l:、:|::|:|::::::::|ィTT
           ;:::’::l:::::l:l::i::/:|:::::l|::::|::|:|::::::::|:|:|::|:::    安心したまえよ
    _, -.、   ;’:;’::|:::::|:l::|:l |:::::||::::|::|:|::::::::|从ノ-    鋼の大地になることさえも防げる
   .´/_./⌒ヽ..l_>――‐ァ|≧=-ミミ ´ ̄ x≦=    スペシャルな聖櫃を鋭意製作中だ
    └ハ‐'ィ¨´ .......x≦::∧ミ{弋:::::j゙`     "弋::::
    =ノ .}、 <ニニニミ:トヘ`゙ ¨¨´      `¨
      /_,.....---------イ::lヘ       |:.
    ̄ ̄´     |<Ⅵ:::::::: Ⅵ:::::..    、__,
          ,.-.Ⅵ:l:Ⅶ::::::::从:ノ: :ヽ   ゝ !ノ
      __ / .∧..∨l::|Ⅷ::::∨/.:.:∧V>:..._....イ
    ゚¨{、\  .∧. }:l::l Ⅶ:::::∨::::l:∧∨



                                  つまり?



                    ,.. - ―― - ..,,
                 ,.ィ:::::/::::::::::::::::::\::::`:.<
                /:::::::/'´  ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ;:::::::\
                   ,::::::::i::/   ____  ',:::::::::::ヽ
              /:::::::::リ,.ィ:::´:::/:::::::i!::::::'.:::::`ヽ::::::::::::::',
                 /:::::::::::':::/ i::::::::!::::::::i ',::::::i:::::::|::::',:::::::::::::',
             /::::::::::::,i斗-}-::、|::::::::| }::斗::-:|-、|:::::::i:::::::',
            ,::::::i:::::::::|:从 j从|jハ从! j从ハ::::j!::::|:::::::|::::::::',
               ,:::::::|:::::::::|',.ィf=ミ、    ィf=ミ、ヽi:::::::|::::::::::,
                i::::::::!::::::::{ ゞ 茫ソ      茫ソノ j:::::::|::::::::::i      パラレルラインでまた神霊大戦するよ
            {:::::::::',::::::::',        j         ,:::::::::;:::::::::::}      僕は主催者兼ラスボスだ
                |::::::::::',:::::::ム、           .厂 ト、/:::::::::::!
                |::::::::::::Vi' { ヾ   ー ニ =-   ソ /./:::::::::::::;
            ',:::::::::::i ', ',  `'' .、    ,.ィ "´  /ノ:::::::::::/
                 ',::::::::::≧、    `ヽ_./´    ..ィ::/::::::::::/
             ヽ::::::::::',:::マ ヽ   / {  、/i::::::/`'' <
            ,. -- <  ',::::', ノ__ .′.}_ { |:::::'   / `'' <
           ノ     \ }:::/  `ヽ=.i   `i j::/ /      ヽ
          .i     \. ∨..,,__  { }  _.{ / /         }
           }        ', ′  `ヾ! .j'´   .∨  ,       ノ
           i      .レ      〉.{      { /      .′
           、     .′     ,  i      ∨        i
            }     /      .i  .}      \       ′
           .ハ    ,    __ {  .|   __  }    /
           /::::,   i,.ィ≦ニニニ`ヽ }/ニニニ≧.、   /
          ,:::::::ハ /ニニニニニニニ∨ニニニニニニニヽ. /
          /:::::/:::}/ニニニニニニニニi!.ニニニニニニニニ∨
         ./:::::/::::/ニニiニニニニ/iニニ|ニ',ニ',ニニニニ}ニV
         /:::::/::::/ニニニ',ニニニ/ニ{ニニ|ニ:.',ニヽニニニノニ∨
       ,.:::::::/::::,ニニニニヽニニ'ニニ|ニニ|ニニ}ニニ\ニニニニ∨
      /::::::::'::::::,ニニニニニニニニニ!ニニ!ニニ,ニニニニニニニニ!
     /::::::::::::::::::::,ニニニニニニニニニニ|:ニ|ニ:iニニニニニニニニ!
    ,:::::::/:::::::::::::iニニニニニニニニニ!ニ|ニ:{ニニニニニニニニ!\
    /:::::/::::::::::::/|ニニニニニニニニニニ,ニ:!:ニ',ニニニニニニニニ::| 



        /: : : : : / : : : : : \: : : \: : : : :\
          /: : : : : / : : : :, : : : : \: : : \: : : : :\
       /: : : : : : : : : : :/: : : : : : : \: : : \: : : : :>
        /: : : : : : : : : /: : : : : : : : : : :} : : : : \/
     /: : : : : : : : : /::/: : : : : : : : : : /: : : : : : /
     〈: : : : : : : : : /_/:_:_:_:_: : : : : : /_:_:_: : : :/_      (頑張れ、人間―――――)
      \: r 、: : :∧ 弋ノ ヽ}: : : :>'弋ノ∧: :/三
       レ/ヽ∨   ̄ ̄ /: :/〉  ̄   !/三三
        |{  >' |       {/ '       }三三三}
        >'   |        ー‐ァ     /三三>'{
        /     ! \         ∠二>'   |
     〈       |  \       イ: :i        !
      |    {-} !    > 7--_'_|:_/       |
     {|       |  /  ////////}       |   __
      |       ! /  /////////,L ____ 」>´: //
      |____/   //////////∧:_: : : : : : : : : : ://:ヽー‐ 、
    /       {-} {////////////>、\: : : : : : ://ー'    >



                       ≪ザーダ=ホーグラの解説を終了します≫





4890隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:39:16.28 ID:hqIrQjJi
某トリニティの一柱だと思ったが情報無いからどうなんだろうね?
と思ったらロクでも無いことしだすな、ガチでニートしてろw


4891隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:40:19.04 ID:F9wDZ4YW
あかんわw


4892隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:40:54.48 ID:HZZVTI46
よっしゃ今度は四文字呼ぼうぜー


4893隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:42:29.71 ID:47RFlVWD
ってまた神霊大戦するんかい!?w


4894フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:44:02.48 ID:L4QXnMG9

                  / _: !: : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : \: : :ー<三,
              /: /: : : |: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : :/
                /: : !: : : :.゚: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :\ : : : : : : : : : : i : ヽ : : : :<__
            /: :/:| : : : : :.:\: : : : : : : : : : : : :ト : :: :\ : : : : : : : :.| : : :}:.:.:..: : : <._
           /: :イ: :|: : : : : : : : \: : : : : : : :、: :ハ  > 、:.\: : : : : : ト、 : :!:.:.:.:.:.:.:.:./
              ̄  | : | : : : : : : : : : :.\ : : : : : }: : :.V ,ィ衍心:iヽ : : : : |:.:ヽ:|:.:.:i'" ̄
                 | : |/⌒ヽ.: : : : :! /__ 、: : : : |: : : :V {ハ::{}:r} ハ: : : : !:.:.:.:}:.:.:.:\     次は僕の解説だよ!
                 }: .:{     i: : : : \   ̄ヽ : }\: : }   ゝー' ´ i: : i: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
            ノ.:.:.i    i:. : : :{,===ミ、 jノ!  ヽ|        ∧: |:.:.|:.:.:.{ ̄ ̄ ̄`
           ∠ イ:.|    |:.:.:. : i      |          /ノ}: !、:.Vヽ;ゝ
              {/{      !、:.:.:.: 、       ヽ         /:.:.:.j/:.:.:\{
                ハ    !:.:\:.:.:.\  ___ ....ィ  /!:.:.:.:.:.:iヽ:.:.:{
                    、   {:.:.:.:!:.:>ー≧  \___/ /./:.:.:.:.:.:.| \!
                  !     、:,ハ/!.:.:/|>   ー- /  ∧/⌒ヽ!
               /}      ヽ j;ノ |  > _/   /
              _ / 〈         i   |         {
           /:.:.:./-ヘ\       !_/|          ト、
           /:.:.:.:./   ̄ `ヽ_r―┴-、}           |  \
          /:.:.:.::.:/          ヽ ̄   }、        |   \
       /:.:.:/:.:ノ  __          人\      |    \
        /:.:./:.:.:./   ̄ ` ー--     /}:.:.:\\            \__
     /:.:.::.:.:.:.〈              ー--┘|:.:.:.:.: \\/  \ r--――   >ノ\



: : :| : ::| : : /: : : : `: 、   : : :`: 、: : : : : : : :ヽー-ミ: _ \: : : : : : : \: : : :\: : : : :
: : | : : } : / : : : : i : : : ヽ   : : : : ヽ: : : : : : :ヽ   /_斗、: : : : : : ヽ : : : : ヽ.: : :
: : | : :/: :{ : : : : :l : : : : l ` 、  :、: : : `.、: : : : ∧ ≠zf:::::ヽ ト、: : : : : ト、: : : : V: :
/| :/ : : ! : : : : :| : : : l   \ ヽ: : : : :\: : : :Y/{::::fa:::ハ_,  \: : :∧:l\: : : V
  |/ : : :オ : : : : :{ : : :|     \ヽ: : : : : }、: :∧ 弋斗匕    \: : N  ヽ: :     僕のスタンスは作中の通り!
 / : :/ { : : : : : V.: :| ̄二ニ≧ミ ㍉: : :ト : } \: }  ̄          ト、∧ / ハ::     願い持ちだけど善性で自分の願い<周りへの被害
/: / : : | : : : : : ヽ: K {:::::fa:ハ `  V :| ヽl. \}            |:/ト:V /: ::     という思考回路
// : : : : { : : : : : : : :| ` 弋辷斗 '  V:ト  リ   ヽ            リ } ヽ}イ: i: :
  l : : : : ∧ : : : : : : ヽ.  ̄¨      }ハ               ルイN: : Y
  | : : :/  ヽ :\: : : : : ヽ            },             /: : : : : : :{
  | : :/   V : : ト: : : : : :\        `              /|: : : : : : : :
  { :/     V: : |: ヽ: : : : : \                  _,   / |\: : : : : :
.  {:{      V: {\:`:<: : : : ヽ、  ー─ ¨  ̄ ̄ ¨¨´    /  | ̄ ̄ ̄ `
  {!       \ヘ. ヽ: : i `: :¨:¨ ̄   ー─--‐  ´    .'   |
           \ }: ∧: : : : :`> 、            /    |



::::. :::y' /     /   ∧            }    |           }: : : : : : : :
:::::::/./!    !  / : }            ∧   |           | : : : : : : :
.//: ィ     {   /: : ∧        i  }  V.   |        l   |: : : : : : :
/∠_」       |  ∧:,ヘ V          }.  /  V  |        |   |: : : : : : :
ニ¨¨¨7     イ  i: :イ ミx }   !     }i  /   斗 |          |.   |: : : : : : :    だから相手が周囲の被害も考えずに
、` <|     / |  i: ハ | 心! ト.    !i ム=≦云┤ !        l   ト: : : : : :    対界宝具を撃ってきたら迷わずフラガラックを使うだろうね
 >.┤  < /|  !:! } {弋:| ハ   } !/´   5{fa}リ∨       ハ    ! \: : :    そのせいで自分が魔力不足で消滅してしまうとしても―――――
.! ! i{  ///.{ i:i∨ i. `¨| /  !  .リ〈 、__ 夊シ_以   /   / ヘ.   |  // >
i i i! Ⅵ /  Vi:! V }!  /リ  } /  `゙  ̄ ̄ ¨´ !   /|    / ノハ | //
i i! i!入|/    ヽ{i V }. ,'     V         u|  / !  /´  ∧ |//
L!L//      ヽ |ハ ヽ::...           u}  '  !  '  / /N
  ` < <         ヽ 、_         //  イ/  ノ //
     `ト __<        > V7三ニヽ     '  / /__ ///
        | { | ト . <    {  `ぃ ニ シ´     イ‐‐'´Y //        /
      } } ぃ  ` < < レ´ `ヾ       "!{    レ' /フ          /
       い ヽヽ   `寸{    ,㌧ -<´   |{    く 、、三>      /`ー



4895隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:44:36.12 ID:F9wDZ4YW
だから対策してたんだよなあw


4896隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:47:11.22 ID:HZZVTI46
実際派手に魔力使う敵ほとんどいなかったな


4897隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:47:31.34 ID:47RFlVWD
ルー様はマジで一番ルドガー達に相応しい鯖だった


4898隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:48:54.03 ID:hqIrQjJi
消滅一択の時点で戦略的に負けてますしね、魔力確保割合出来てるから対応力あるご当地神呼んだわけだし


4901フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 22:53:38.66 ID:L4QXnMG9



                     イ'
                   / : '
                イ/ : : : : {   .ィ
              /: /: : : : : : : : //__
              /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ーァ
           /: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/
         _,': : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.ヽ
        {: : : : : : : : へ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.\
        ノ; : : :.へ:/: : : \: : : : : : : : : : : :、: : : : : : : : : ヽ、
        ': : : : ': : : : : : : : : :ヽ: : : : : : : : : : :\: : : : : : :.\
       /: : : : /: : : : i : : : : : : : ヽ; ; ; ; ; ; ;\: :.ヽ: : : : : :_ニ=‐
  、 _ イ: : : / : : : : : : ハ: : : : : : : :.! \: : : : : :\: : : :. ̄         さらにお節介で世話焼きな神様だから
    ̄ フ:,': : : : : i: :/ ̄ヽ: : : : : : :.!  ̄ ヽ: : : : : : ヽ: : :',          マスターによく忠告や助言をするね
     /: :l : : !: : :l:./  _}: : : 、 : : | _ ヽ: : : :l:.、: : : :          そして相談してもらったりしたら大喜びして
  ーニ: : :イ: : : : : :{'  ̄心ヽ: :/ ヽ: l /.心 ̄;l: : : :! ヽ: : : : \       それだけで信頼関係を築ける
.         l: : :l: : : l.  込r} l:/  ヽ! 込r}  l: : :l.: : :lー―- ゝ
         !: :,':ヽ: : 、    '  :}          l: : l: : : !
       〉:.l: :ハ: : ゝ       ヽ         ノl: :,! : : ゝ
.         ノ/{l .l: : : 、    、     ,     イ´:∨`ヽ}
      '´  ヽ .}: : : :.\         /: : : : {
              レ: : :, - >     / ! \: : l
            }/   l `"´    |   ヽ!
                   l         !
                   ' ,         ; ` ー ._
          _  - ´                    フ=-___
.  ,. -―==二{     __      ___     /二ニニニニニヽ
  {ニ二二二二ヽ、_    `     ´    __,.ィ二二二二二/ニニl
  lニニニニ二二二二二=========ニニニニニニニニ=/ニニニ!
  |ニニ!二l二二二二二二二二二二二二二ニニニニニニ/ニニニニl



;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;/: : :l: :/__\:ヽ: : : : : l : |-─‐-ヽ: : : : : : : :ヽ: : : :\;;;;;;;/
;;;;;;;;;;;;;L/: : : : : |:/´  ` \! : : : : |、: !-‐ _ \: : : : l: : : ヽ: : : :ヽ<
_;>イ: |: : : : : : : !'  ___ミ  !: ト : : :|V:!テんハ ̄ハ: : : : V: : : ヽ;‐- :_:ヽ
V: :/: : l: : : : : : : :r ´ん心ヾ |:/ V: | V! ヒ少ノ  ∨: : ∨: : : : Y  ヽヘ
/ : : ハ ∧: : : : :l  ぃtテ _  !'  V:| リ ¨ ̄    ∧: : :!\: : :∧   ヽ!    つまり善性のマスターなら普通に対応すれば
_:_:_:イ: : !: :∧: : : ∧‐ゝ‐¨    !  V   " " "  lノ >: :|: : :l\:∧        良好な関係になるんだよね
   l: : : !: : :7ヽ: : ∧" " "    ヽ         !ノ: : :V:!: : |  \',        気難しい性格がデフォの神様の中では
   |: : : |: : :ハ  !\ :',               /: : : : : N: : :i   ヽ       破格レベルに話が通じるサーヴァントだよ
  /: :/|: /: : :ゝヘ ーゝ      -─‐ ¨`   / : : : : : : : : : |
  /イ  |:ハ: : : ∧: ヽ     ` ̄ 、_     /: :| ‐- _: : : :ト: ',
      ' ∨: ,' V: : ヽ          / : : : |   ヽ: : ! ヽ
        ∨!  '; :}: : : :|>       ´ |ヽ: : :|     ヽ!
          `  レ|: : /!   ` ー ´    !   ヽ!
            レ  _|           |_
                / ⊥ ___ ___ -' l
              i     /Yヽ    !



     \_∠: : : : : : : 、: : : : : : : : : : : : : : : :: : :/: : : : : : : : : : : : : : :
   ,. : :´: : : : : : : : : :_:_≧: 、: : : : : : : : : : : : /: : :: : : : : : : : : : : : :
  / :_;:-――‐< ̄:::::::::::::::::`ヾ、: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : :
∠二::ゞ::::::::::::::::::::|`ヽ、:::::::::::::::::::::::ヾ: : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    ハ::::::::::::::::::|'´ ̄`ヽ、:::::::::::::::::::\: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
    `ヽ、:::::::::::::::l .:    ∨:i:::::::::::::::::`ヽ、: : : : : : : : : : : : : : : : /    ただマスターにも大切な信仰があるだろうし
.      `ヽ:::::::∧ヽ_ノ   Ⅵ::::::::::::|ヾ:::::::::`ヽ、_:_:_:_:_:_:_: : : : /     崇めろなんていわないけど最低限敬意は払って欲しいかな?
         \、::::ヾ    jリ`ヽ::::::|ノ }::::::::::::::::::::::::::::::≧=-       でも仮に敬意を払ってもらわなくても即決裂はしない
          ,ハ}`ヽ}     /   i:::::|_ノ:::::::::::::::::::::::::::::、-一        対等の信頼関係を結ぶというのもアリだからね
         \             |ハ::| `ヽ:::::::::::::::::::::::::::::\
           、 , -‐'        |  `ヽ、:::::::/`ヽ ̄`ヽ
.             └     ..        ヽi
             } _,..イ∧        」、
              `´   l,′〉  /__,..-‐ニ  i
                     } 「 ̄       l
.           __    /:\_j.-‐-、      l
           /, `¨´./:{:γ/: : :::::/      ヘ
             //   /:/ }::{::|: : ::::厶-‐… ,.>_;::> 、_
.           ,' i   /:/  .じ' |:::::::/    //     `¨> 、
          i l  ./:/   j \/   //       /
          | |//:/    0       /::/           /
          | .//:/   /      /::/           /



4902隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 22:54:13.24 ID:47RFlVWD
>相談
なかなか出来なくてごめんなさいorz


4904フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:00:09.54 ID:L4QXnMG9

                  / _: !: : : : : : : : : :\: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : \: : :ー<三,
              /: /: : : |: : : : : : : : : : : : \: : : : : : : : : : : : : : : : :\ : : : : : : : :/
                /: : !: : : :.゚: : : : : : : : : : : : : : ヽ: : :\ : : : : : : : : : : i : ヽ : : : :<__
            /: :/:| : : : : :.:\: : : : : : : : : : : : :ト : :: :\ : : : : : : : :.| : : :}:.:.:..: : : <._
           /: :イ: :|: : : : : : : : \: : : : : : : :、: :ハ  > 、:.\: : : : : : ト、 : :!:.:.:.:.:.:.:.:./
              ̄  | : | : : : : : : : : : :.\ : : : : : }: : :.V ,ィ衍心:iヽ : : : : |:.:ヽ:|:.:.:i'" ̄      そういう意味ではルドガーの対応は大正解!
                 | : |/⌒ヽ.: : : : :! /__ 、: : : : |: : : :V {ハ::{}:r} ハ: : : : !:.:.:.:}:.:.:.:\       序盤で方針のすり合わせをしたのもそうだけど
                 }: .:{     i: : : : \   ̄ヽ : }\: : }   ゝー' ´ i: : i: :!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\     何よりバーサーカー陣営に接触する時に
            ノ.:.:.i    i:. : : :{,===ミ、 jノ!  ヽ|        ∧: |:.:.|:.:.:.{ ̄ ̄ ̄`     僕の直感を信じてくれただろう?
           ∠ イ:.|    |:.:.:. : i      |          /ノ}: !、:.Vヽ;ゝ         あの時点で実は僕のルドガーに対する
              {/{      !、:.:.:.: 、       ヽ         /:.:.:.j/:.:.:\{           好感度はかなり上がってた
                ハ    !:.:\:.:.:.\  ___ ....ィ  /!:.:.:.:.:.:iヽ:.:.:{
                    、   {:.:.:.:!:.:>ー≧  \___/ /./:.:.:.:.:.:.| \!
                  !     、:,ハ/!.:.:/|>   ー- /  ∧/⌒ヽ!
               /}      ヽ j;ノ |  > _/   /
              _ / 〈         i   |         {
           /:.:.:./-ヘ\       !_/|          ト、
           /:.:.:.:./   ̄ `ヽ_r―┴-、}           |  \
          /:.:.:.::.:/          ヽ ̄   }、        |   \
       /:.:.:/:.:ノ  __          人\      |    \
        /:.:./:.:.:./   ̄ ` ー--     /}:.:.:\\            \__
     /:.:.::.:.:.:.〈              ー--┘|:.:.:.:.: \\/  \ r--――   >ノ\



                 〈   /  _ ' / ` <二二> 、_,.
               ,.‐-ゝ   ./  `ヽ      ー-ニニア
                l   /  ̄               <二ニ=-
                 l./ ,'     '         ヽ、 マニ=-´
              /,ィ/  ,   {      .i      マム}ニ>‐-ァ
             ,.イィニ/   l / ヽ     !ヽ、   lニニ=‐-
             ̄ '",ノ  ,.  l'ニ‐、ヽ   l lニヽ   !ニニ>'"     さて、逆に悪性のマスターに対するスタンスなんだけどね
               ー=イ.! ム  { Vrノ` ヾ. ハlv'リ.!  ハ !<        悪性のマスターに召喚された場合は
                 ノニ{!ニム ',     !ソ ′ l ,イニリムヾ、       できる限りマスターを更正させようとするだろうね
                  '"/.!リニゝヽ    '     ノイムト =ゝ
                /   !'" lニニ-、 ‐ ‐  イニ{ l  \
               ヽ    l―'" ‐-!`    イ.ト'/ -‐|     .〉
     ,.-―       ヽ   l  _,r‐ '⌒ヽ⌒ヽlー、_ !   ./        -― 、
   ,.'       ヽ      ヽ   l f i /   }   ヽ !.!/  ./      , ´      ヽ
 ,.r―‐--  _  ',  _ -=、 l /'   { l    l /   /=- _  / _  --―‐ 、
.〈__        ̄     , -\ l、 !  l  l   }  !/   / - ,    ̄       _}
 | ! | l l 丁T ┬--= ィ"、    ヽ \ .! .l   l ./ /A    /` ー-ー ┬‐. T丁l .l |
 | ! l | l l ! l l | l  \     \\/  //   /ム   /    .l l ! l i l i l .l l
 ! ! | l l l ! l l l l   \      \.Y.、――‐'ニニ'――‐ァ l | l l | l | l .l |
 ! ! l | l l ! l l | l.     \     l l l \ニニニニニニ/   .l l | l l l l l .l l



: : : : : : : : :/: /: : : : :/: : : : : : : : : : : :/><   川: : : : : : : : : 》: ハ: : ハ
`寸: : : : ://: : : : : :/: : : ィ: : : : : : :/ ̄ ̄`ヽ、 ,': : : : : : : : : : :/: : : : ト、: ',
   ): : : ´: : : : : :./: : /: : :|: : : :/ |仡ミヽ、_ヽノ: :/: : : : : : :/: : : : :|:', ヽ: ,
  ノ: : : : : : : : <>「´レ: : : ノ: : :/   !汐  |  /: /: : : : :xイ: : : : : : : :!: ,  寸
彡: : : : : : : : : : : : : :.ソ: : : / |: :/    `ヽ、ノ /イ: :>'⌒|: : : : /:|: : : |:八
フシ" ̄ ̄): : : : : : /: : :/  |: |      _/´//´r仡|ノ: : : :./: |: : : :!`弋    悪人だって最初から悪いことをしていたわけじゃない
レ'     /: >ヽ: /: :/ `  |:|      ´   |/ l.ゝ"/: : : : /: :人: : 八      外道な手段をとるのはどこかで間違えてしまったからだ
     //   )/    、 ゞ         ´ ! /: : : : :∧: :| `ー弍     だからその間違いを克服して正道へと立ち直ってくれるよう促す
     ´     /  l     ヽ          //イ: : :/  Ⅵ 
   ___  /  .|     \     ー= /  j: :/   リ          例えそれが無駄なことだとしても、ね―――――
   ', ヽ   フ   .!       \    ,イレ'   /レ'
    i  ヽ /    |       / \_ ヘN: /   ´
    |   ヽ     .!      V 、    `Ⅵ
  rイ    ヽ    .|     V  > 、
ー≦ .|      ヽ   .!    .V      > 、
三三ヘ      ヽ      ∧        > 、
三三/|       ヽ      ∧ハ     / ̄\ \
三三/|        ヽ    ∧ ハ   /     \_>



4905隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:02:30.35 ID:47RFlVWD
初手で自鯖とコミュって方針確認は鉄板だしw


4906フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:07:44.81 ID:L4QXnMG9

          , ' : : : : : : : . y: : :_ヒニ_____
         /: : : : : : :,: ': : -‐: : : : : : : : : : : : : : /
        /: : :. : : : : : . ': : : : : : : : : : : : : : : .く´
         _/: : : ::. : : /: : : :::::::...... : : : : : : : : : : :.ミ=-
      (:::::.. : ::::::/: /:ヽ. : : : : : : : :_: : : : : : : : : : `: ‐- _
      ゝ:::::::.....」: . . : : : : \: : : : : : :`: . 、: : : : : : : : : : : : :ア
      |::::::::::::イ: : : : : :. : : : : \: : : : : : : : :`: 、: : ヽ_ -‐ '´
      l::::::: / i : : : : : 、: ::. : : : : : ト: :::.. : : : : : : \: :\
.     /::::: : ! : : : : : : :.∧: ::::.. : : : 廴ヽ:::::.. : : :i : : ヽ:::::≧=-     自分に助けを求めてきたマスターのために
   _/:::::: : :i ::: : : : : !:/_. 斗::::::: : :ト r_ =ミx:::.. : :! :ヽヾrミ.、      自分自身に出来ることをする
 ー‐ ' フ::::{/: l :::. : : : :::{ _ニヽ::::}::.ハ リ仗心 ト:::.. :|:::...:く _ `ヽ     僕のスタンスを一言で説明するならこんな感じ
  /:::::::オ: ::{ :::::. : : ::Y7f心` }:ハ:.i  込斗' ヽ: :|::::::rー=-
 `¨¨ ̄ノ: イ:::ト::ヽ::.. : :::ト._辷リ- リヽ リ      i∧:|:::{:|         マスターが間違いを犯そうとしたらそれを止めるし
    ´ ̄ |:::::|ヽ:::\::..:::i´     {!      レ'::リ、_::ヽ、,       他の参加者が救いを求めてるならやっぱり手を差し伸べる
       }::::| V::::k\::ヽ      _  _,  ハ::/   ̄        町への被害もできるだけ止めたいと結構ワガママなところがあるけどね
       ヘ{   }:/!:::::::ヽ.ゝ  '´ ー    イ::::::::{
            リi:::::::イ::::>- _    / トN\!
           j/ ノ'´!/´|  ` ‐- '  .|`‐、 `
               '‐'´} 、        |  、 \
             ‐'´   ! | ヽ     |  ;  `‐ 、
          , -'´     , } `、    t、 }/     ` ‐-、 _
       -‐´        Y   ヽ     /      ___ >
    ∠´--───ォ7‐- __ \      / _ -‐T  ̄
         ,. <:::/::::::::::::::ハ ‐-、   /イハ:::::::::::::ヽ:::::::::>- _
     __ -<::::::::::/::::::::::::::::| }ヽヽ ∨ / /  |;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;`>
  - <;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   Y  ̄ Y   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ̄!ヽ
  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;<;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|   .L__」    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;>;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:i;;;;|
 ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;));;;;;;;;;;;|   |   |   |;;;;;;;;;;;;((;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;}



            /: : /    |       \     `> 、 \: \\: :\ ̄ ̄`
           /: : / ノ    | V      ヽ 、   > ヽ、<>: :\>: : :>=__
         /: : ,:/ /|  x   乂 V      ヘ ヽ     >ヽ: ヽ>:ー三三三シ ̄
       ー彡<´ //: :/ /|    / 入     、 'ト、\      ヽ、: :ハ
            //: : イ /: i    |/、 ヽ    ',  ', `>ヽ    ヽ ヽ八:ヘ
           レ':/ ! ∧: ' 、  K-r=弍     、 匕彡丁A   ヽ ト、: ゝ、
         //  .| i: :!: : : ,  !i 弋:リ ヽ 、 ’, 弋:リ ノ ヽ  ',: ヽ',:\: : >、       でもマスターが僕のことを信じてくれるなら
         ´レ'    ! !: 乂: : '、 ! `ー一   V \ ',ヽ「 ̄`   ∧  ト: :ヽ: : `: : : : : >-    僕はマスターにとっての最優であり続ける
         ,'     .! |: : | ヽ: :ヽ、     リ | ヽ! |    /ノヽ !:ヽ: !: :ヽ ̄ ̄
              .!:ゝ: :!: : :ヽ: ヽ       {        /: : : :A !: :∧ `ヽ>、        それが僕の根底にあるあり方だ
         _ < >ヽ」レヘ:V:/|:\ ゝ 、__ ___,  イ: : : : :ト V\>`    ヽ
       /"   ̄    `⌒ヽ/  |: : : >、   、_    /: 「ヽ、: :! `>=>__
       |    :::.      ゝへ|: :/  i ヽ、     / |∧.!  ヽ:!      >フフ
       |     :::        ∨_ム  > __ <  ,'L_ |    ヽ      //
     /)  rt   rt   _    ヽ∧ _ ! __ ー ´   |_ト 、        //
     ′´ゝ .', ',  | |  | !  rx  // /  \  _ノ  \ >     //
__   ヽ  ', ', ',  | |  | !  | |  〈 〆     \く      \   //、         ,ー-
三三> 、>  ', ', ', ! |  ! !  | |  |          \}   i   ヽ //ヽヽヽ> 、__ <´ 三三
三三三三つヽゝ. ', ', | |  | |  | |  /  |         |   ,'    |// ><ヽヽヽヽ<三三三三
三三三< ノノハ |. ', 」 |  | | //  |  |         |   /    ! / >< >ヽヽヽヽヽ`>三



                               ≪ルー様の解説を終了します≫





4907隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:08:53.65 ID:F9wDZ4YW
なるほどねえ


4908隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:08:58.08 ID:3GDv3WfQ
完結乙っしたー


4909隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:09:50.06 ID:47RFlVWD
マジで最優でした!
しかし次も神霊大戦だと呼ぶ鯖どうしようw
ルー様並の当たりっているんだろうかw


4910隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:10:26.18 ID:hqIrQjJi
貴方でなければ盤面を縦横無尽に駆け巡れませんでした、本当にありがとうございました(平伏)


4912隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:12:41.42 ID:3GDv3WfQ
ルーが大当たり鯖過ぎて草不可避
主神でこんなに善良なのも珍しいな



4913フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:13:14.67 ID:L4QXnMG9

                         ___
                         ´     `ヾ}
                     /        ≧、
                   /              \
                     /               ヽ
                 /                \  ',
                   / / ′ i     、 lV   ∧  ヽ
                  ーイ /   l     ト、 _ 斗 V   ∧ トヽ
               l ,i __八  Ⅳ ´__ V 刄∧.l       次は我の解説なー
                    l/ l ,==ミ,\|  ´ ̄ ̄` V_」  l
                     Ⅳ! /             ノ  l
                  . 〈          厂  从
                   八  、___     ′ Ⅳ
                    \ ∨   /  /. l八l
                    \` ̄´ /  l
                      ー < {0.ニニニニ}
                         {!ニニニ|    |ニニニニニL
                        |lニニニ|   _.」0ヽヽニニニニニニニニニニニヽ
                      ノ||彡 ´ ^  ||ニニニヽヽニニニニニニニニニニニ\
               -=ニニ〃||、     /||ニニニニヽ二二ニヽヽニニニニニニ|
            r-=エニニニニ〃ニ|| l   / .||ニニニニニニニニⅧニl lニニニニニl
              lニニエニニニ〃ニニ|| l   /  ||ニニニニニニニⅦニ| |ニニニニニ!
.            lニニエ==ニニニ|| l.  /   .||ニニニニニニニⅦニ.l lニニニニニ/i
          lニニ.lニニニニニニニ|| l /    ||ニニニニニニ厂つ.l lニニニニ/ニ!
           lニ//!ニニニニニ二|| .∨    ||ニニニニニ厂 ̄`ヽlニニニ./二l
            lニ| |.lニニニニニ二||  i1     ||ニニニニニi´ ̄ ̄ミ lニニ./ニニl
             lニ| {/i}二二ニニ` <    r≦/ニ〈Ⅶニ二〃ニニ/ニニ/
             lニ| l_lLニニニニニニニニ` <ニ/ニニニⅦニニ〃ニニ./ニニ{′
.           lニ| |ニニ` <ニニニニニニニニ二ニニ≧ニニニ〃ニニ./ニニニ.l
.           lニ` ===ニ` <ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニl



                       /                   ヽ
                       ,'        /!ト、i    ,   ',
                          j         |/ー-、jハ  /!.  ! |
                          ノ/, ,-、 !{ ,ハ { ーtッ  !i /__}i、 .!リ
                         'イ/! i{             }/'ta/ }/
                        ' ! iゝ..ォ          〉 }                実は我ってみんなが思ってるよりメンドクサイよ
                          }  i:::..      、 _  /                まず我の根底にあるのは天帝への信仰心なんだよね
                         レ! | i ヽ       r- '-- ..,,
                        ,リ/ ',  > ..,,__ ,{ __ `゙  `ヽ_       r-、
                     ,r≦彡マ,.,   ',     /ー}    ,r }YVヾヽ     |- |
              , -― ''  ̄ フイ/// )ィv v-v rvィ^ハ ーァ .._,{i ',. ',ミ } }      |- |
                /         'イ/ノ / / i. i! | ! ', ミ ヽ`¨/  {.i!. }ー'`´V     j:::::{.
            /   ',          `´レヘ/!ノi ハト ト ハ }ヽ!  ',リイ    ',.     /::::::::', ___
            /     ヽ   :.     ヽ     Y    ,!   ‘ヘ        /::::::::::::',{___
              {       ',  i::.     \    i    ,       ',     ',  ,:::::::::::::::::} ̄ ̄ ̄
          ri|    .___.ヽ }::::.       \   }  /     jハ   ':,   )、|:::::::::::::::::|r ⌒ヽ.
           / .i!   / `''ー- ̄>.       \ ! /       ,ハ.  '::,  / ヽ ̄ ̄ `|    }
           ,′ ',.  /    ノ,'  V        ヽイ       !{. '  '::; /    \ i´ ̄ ̄`i |
         j   ',. /___ ,,,....:.:.:.:.:.:.:.!                  ハ  i.  /     ヽ.     |
       r ⌒ー  ', {:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!                 j ', !/         }    |
       ノ   ,.≧ r ´):./^i:.:{`YV:.:.:.ノ                  /  V          ノ     ..:|
      /,  //  | {_:/ |:.:.! ', ',.Y               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .{    {. r≦!  {  {ー}  } .} }                 {  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ! |.  ', マツ`ヽ !  } { / / /                  }
      ヽ ',   ヽヾ彡 ゝ-ノ {- __..ィ                    |
                ,,..-= ´  `=- .,                    jリ



             イ/    丶j //    、 ヽ、
             /  ,  '´  /イゞヽ`ヽ、    ゝ、
            / /     / ,  i! , ',ヽ、  ヽ
            / /   /     〃 i  ', ヽ   ',
             / /  / /   / /  / i  i、 i   ',
          / / / / /  /  /  /  | ハ  i   i
          レイ  i ト.,/レ' / // /,' i | ,  i | i 、', ゝ
         ノ//イ | i _/ / // / // / / /i |i! | i ヾ     我の信仰を認めた上で
            |〈 ヽ!kェz‐- ///  _ __ノ i| ハ ,'       敬うか対等の関係で付き合うことが重要だ
            リヽoj         `'┴゚´レレ´ }/
             Y^ヽ、     !      /oノ、         これでも元皇帝だからな
             ノ;:;:;;:;:\     '     /;:´ /ヘ、        上から押さえつけてムリヤリ従わせようとしたら間違いなく反発する
           /;:;:;:;:;  ;:;丶_`  ̄  /{;:;, /  ヽ
         ノヽ´゙'゙'゙;:;:;:;:;   ;:/´ >ー '´-';:;:;:; , ';:;:;:;:;:;:;}
       / {' ヽ, ,.,.,;:;:;  ;/ / /`Y / ;:;:;:  ノ ;:;:,.,ヽ、
.     /   ヽ,.,,.;:;:;;:''''''  /  ´ /‐v ;:;:;: /  ;:;:;:;:;:丿ヽ、
   /      `ヽ;:;:   |  ;   /_ソ ;:;: ;:;:  ;:;:;:;:;:/   \
  /        ,'  `ー-┤     `; )  ,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/     ヽ
  | ヽ            |      /´/;:;:;:;:;:'゙'''''''''  /
  |  丶         rァ/       / ,'        /
  i   ', `       /i{j/    /  ,,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
   ',   ,       / ':.  、  /ヽ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
   ヽ    .,     |   ヽ  / } V''    ;:;:;:;:/
    V     'ー ∧   `ニ=ィ'_」      /
     ヽ       /  \      /;:;:;:;:;:;:;,.,., /



4914隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:14:59.57 ID:3GDv3WfQ
天帝ってそもそもどなた?名前は?

基本的に王は皆そんな物だよね>上から押さえつけ嫌い
対等かマスターが下ならともかく


4918隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:19:17.62 ID:hqIrQjJi
天帝って中国版四文字みたいな立ち位置の認識でいいんだっけ?
信仰の自由って言葉あるから参加者は尊重するだろうが


4919フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:19:52.45 ID:L4QXnMG9

                            .ィ  _ _
                         .  /レ'´     `  .
                         /                 \
                        /                  \
                          /                  ヽ
                    . '                    .
                   /           / /
                  ⌒7   !  |  / X / /   / /    ト、    しかも令呪効かないからな我
                    l  / Y   ! ./ 芹≧x' l     /! /    j八    マスターがいなくてもある程度は
                      从ハ |  |/  乂r' ヘl  /xKjl  !   |      自分でどうにかできるから
                   人入jN l|         j/ rッK 「 メ.   リ      マスターとの相性次第では野良化する可能性もある
                      ) リ人 j          ` ’// }ル'
                        ∨ 人           .:!  /イ./
                      .'   丶    ー - .  / ´
                       /     \
                  厂二二 > .  >- '
                   / 二二二二二>x /
             _x<Ⅴ≧= = . 二二ニo/≧ 、
       _ x <´二二二二二><二二ニo/二ニ7
     ∠ニ二二マ二二二二>´二二≧=≠./二ニ/
     .仁ニ二二二X二二>´二二二二二二{Ⅴ7/ \
     j二二二二/ ∧>'二二二二二二二ニj l| ∧二/`ヽ



 { : :从{: :∨.:|:::     |/   ...:.:.::::::::ヽ', \: :∨.:Ⅳ.:.|: : : : : : : : : : :
 ∨: :{.:.:|: : ∨|:::                 l l : :\!:V.:|: : :.   :.:.:.
.  ∨ ヽ:ヽ: : ':i::::                  | l : : : : ::ヽ{: : : .
.   、: : `\!:. ::.                    | l : : : : : : : : : . 
    \: : : : :.                  | l : : : : : : : : .           我にも信仰があるのにそれを根っこから否定して
      \_::.                ._._l : : : : : : : .            従わないからって令呪で自害を命じる?
        | .:.::.                . . : :{: : : : : : : : : .
        | .:.:八           : : : :ヽ!: : : ィ: : : .              そらブチ切れるわ
        | ノ} .:.:.:.               . : : : : : : : : : .        .::      ってかそんな事されたら誰だって怒らねえ?
        {′V .:.:.:\      `ー   ---------  ‐一   .:.:.:
          V .:.:.:.:.\            ___        .:.:.:/
          } .:. .:.:.:.| \        〈: : : : : : :〉     .:.:.:/: :
          | I .:.:.:.|   、       ` ̄ ̄´       .:.:/: : : :
          |八  .:.|     .\            .:.:/: : : ;  :!
             V .:.|      :\           .:.:/ : : : : ;′::|
                 V.:|        : :丶、      .:.: イ: : : : : : /   :|
     ______l.:|__     : :}: : .--<: : : : .    /__|__
     |三三三三三三三○三}      : :',: : : : : : : .     ,/ {三○三三



4920隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:22:09.05 ID:k1VJELEo
セやな〈某所を見つつ


4921隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:22:12.98 ID:F9wDZ4YW
まあ普通は怒るなあ
でもカルナとか怒らなさそうw


4922隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:22:27.56 ID:47RFlVWD
参加者の中でそれやりそうなのいないっぽいんですがw
唯一やりそうなセージとは相性一番よかったらしいしw


4923隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:22:38.26 ID:3GDv3WfQ
そりゃそうだ>平行世界見つつ
というか開幕令呪自害命じられてキレない英雄って、それどんな聖人?


4924隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:22:46.71 ID:hqIrQjJi
極々自然な判断だと思います、そりゃ怒るよ


4925隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:23:37.96 ID:Wpryo3Uu
それやりそうなのセージぐらいだけどセージは会った瞬間に完治して愉快なオトンになるんだよな…


4926フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:26:39.06 ID:L4QXnMG9

       /   ′ , i     |        l      I   ∧  ハ
      ノ イ /  / /l l   {     l   !  l   .l∨  ∧ ト、!
          | /   / /┼ ト 、八     l   从 _ L -┼∨   l |
          | |   l i二ニT=ミ、ト、   | / ´z====ァⅥ  l |
          | |   l |\ 弋iiiノヽ| \ Ⅳ イ 弋iiiノ /  | .八{
          l∧ 八{   ー― ´   ヽl    `ー‐    レ′     我だって相手の信仰を否定する気はないよ
        ′Ⅵ l                       ! }       この世界には様々な神々がいる
             V          ,:i          〈 l       我は天帝こそ至上の存在と思っているが
               ヘ |           ,'::|             ′/       そう思ってない人間もいる事を理解している
              ヘ           `′          /厂
               ヽ                 //
                    ト    ー-―-一    / ′
               l  \          / |/
             _|   \         /  |_
                 {//77l    `ヽ _ イ   l77//}
                 |0///|              |///0|
               _|0///|              |///0|_
77777777777777´//〃///L_ _        _ト ヽ////`7777777777
////////////////〃/////||   `丶  ‐  ̄||//ヽヽ////////////



                         ___
                         ´     `ヾ}
                     /        ≧、
                   /              \
                     /               ヽ
                 /                \  ',
                   / / ′ i     、 lV   ∧  ヽ
                  ーイ /   l     ト、 _ 斗 V   ∧ トヽ
               l ,i __八  Ⅳ ´____V 刄∧.l      相手の信仰は尊重する
                    l/ l ==ヌ\|   ` ̄ ̄´ V_」  .l      だから我の信仰のことも理解して欲しい
                     Ⅳ! /             ノ  l
                  . 〈           厂  从      また天帝以外の異教の神々にも
                   八             ′ Ⅳ       相手が敬うに値するならば最大限の敬意を持って対応する
                    \  ̄ ̄ `   /. l八l        シヴァ神と同盟関係にあれた理由がそれだ
                    \    /   l
                      ー < {0.ニニニニ}
                         {!ニニニ|    |ニニニニニL
                        |lニニニ|   _.」0ヽヽニニニニニニニニニニニヽ
                      ノ||彡 ´ ^  ||ニニニヽヽニニニニニニニニニニニ\
               -=ニニ〃||、     /||ニニニニヽ二二ニヽヽニニニニニニ|
            r-=エニニニニ〃ニ|| l   / .||ニニニニニニニニⅧニl lニニニニニl
              lニニエニニニ〃ニニ|| l   /  ||ニニニニニニニⅦニ| |ニニニニニ!
.            lニニエ==ニニニ|| l.  /   .||ニニニニニニニⅦニ.l lニニニニニ/i
          lニニ.|ニニニニニニニ|| l /    ||ニニニニニニ厂つ.l lニニニニ/ニ!
           lニ//!ニニニニニ二|| .∨    ||ニニニニニ厂 ̄`ヽlニニニ./二l
            lニ| |.lニニニニニ二||  i1     ||ニニニニニi´ ̄ ̄ミ lニニ./ニニl
             lニ| {/i}二二ニニ` <    r≦/ニ〈Ⅶニ二〃ニニ/ニニ/
             lニ| l_lLニニニニニニニニ` <ニ/ニニニⅦニニ〃ニニ./ニニ{′
.           lニ| |ニニ` <ニニニニニニニニ二ニニ≧ニニニ〃ニニ./ニニニ.l
.           lニ` ===ニ` <ニニニニニニニニニニニニニニニニニ/ニニニl



                           / /   ̄ `
                         ⌒{/
                      /              \
                      '                   \
                                       \ー‐
                    ノ        \        }   丶
                 < /    { i { //__≧x__.j/ / / /
                  ⌒{  /⌒V{人{ 癶 Vハ>/ /}/j/   }/    あと仕事はちゃんとするから
                   ハ{ { {r \       / (マ癶 } /}     ゲームさせてくれたらよし!
                    八∧               :, }ノ j/      一緒に遊んでくれたらなおよし!
                      V/}               / ノ
                          V       `ー‐‐‐- '
                       /   \         /
                     /ニニ=- __{      ___/
                   r--/ニニニニニニc}    {
         ____  ‐=<ニニニニニニニニ{ {ニc{    人:ァ┐
       ⌒ヾニニニニニニニニニニニニニニ{ {ニニニL_ {⌒ヽ{c|
    / ニニニニニニニニニニニニニニニニニ//ニニニ|| |   r'イニ{
    { ニニニニニニニニニニニニニニニニニ//ニニニニ:|| |ヽ  /| ||ニニ\
    |ニニニニニニニニニニニニニニニニ//ニニニニニニ:|| |   :| ||:ニニニ\
  /⌒ニニニニニニニニニニニニニニ//ニニニニニニニニ|| |\,  | ||ニニニニニ\___
. /ニニニニニニニニニニニニニニ//ニニニニニニニニニl| | /  | ||ニニニニニニニニ}{
_ニニニニニニニニニニニニニニ//ニニニニニニニニニニニ|| | \/| ||ニニニニニニニニニヽ



4929隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:31:14.50 ID:hEDY23e9
前作の黒セイバー主従みたいなのとは相性悪そうだな


4930フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:32:21.60 ID:L4QXnMG9

             イ/    丶j //    、 ヽ、
             /  ,  '´  /イゞヽ`ヽ、    ゝ、
            / /     / ,  i! , ',ヽ、  ヽ
            / /   /     〃 i  ', ヽ   ',
             / /  / /   / /  / i  i、 i   ',
          / / / / /  /  /  /  | ハ  i   i
          レイ  i ト.,/レ' / // /,' i | ,  i | i 、', ゝ    ぶっちゃけ今回の聖杯戦争で相性が悪いマスターはいない
         ノ//イ | i _/ / // / // / / /i |i! | i ヾ     というかGMが意図的に配置しなかった
            |〈 ヽ!kェz‐- ///  _ __ノ i| ハ ,'       アークエネミーを倒す前に我に消滅されるわけにはいかなかったからな
            リヽoj         `'┴゚´レレ´ }/
             Y^ヽ、     !      /oノ、
             ノ;:;:;;:;:\     '     /;:´ /ヘ、
           /;:;:;:;:;  ;:;丶_`  ̄  /{;:;, /  ヽ
         ノヽ´゙'゙'゙;:;:;:;:;   ;:/´ >ー '´-';:;:;:; , ';:;:;:;:;:;:;}
       / {' ヽ, ,.,.,;:;:;  ;/ / /`Y / ;:;:;:  ノ ;:;:,.,ヽ、
.     /   ヽ,.,,.;:;:;;:''''''  /  ´ /‐v ;:;:;: /  ;:;:;:;:;:丿ヽ、
   /      `ヽ;:;:   |  ;   /_ソ ;:;: ;:;:  ;:;:;:;:;:/   \
  /        ,'  `ー-┤     `; )  ,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/     ヽ
  | ヽ            |      /´/;:;:;:;:;:'゙'''''''''  /
  |  丶         rァ/       / ,'        /
  i   ', `       /i{j/    /  ,,.,.;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
   ',   ,       / ':.  、  /ヽ /;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/
   ヽ    .,     |   ヽ  / } V''    ;:;:;:;:/
    V     'ー ∧   `ニ=ィ'_」      /
     ヽ       /  \      /;:;:;:;:;:;:;,.,., /



                          )、
                   -‐…‐-ミ }__
               /          `` 、
                  /               ,
              /                   ′
             /      .′          '.
             / /        {               、
           ̄/  .′     ;.     |  、    、   \
             .′ {    |  |ヘ  i |、 |ヘ|,>、 ;| }  \「      あと善性だから魂喰いはNG
             | ;|  ;.   `トi/L_ \|ヘ| x圻ツ^八/^V⌒       それと不意打ちみたいな戦略的に有効な手は
             |八 |ヘ   |《乂ツ^           }         構わないが、あまりに外道な手段も嫌がる
.               ヽ| {\|           /  ノ
                   \iヘ      {      /'´/          というか外道に走らなくてもいい程度には我強いし……
                  `^ 、   ー   ´ / |/
                         `ト .    / 」____
                      rニ」 |   `T´   |ニcニニニ|
                      }ニ{ |       / |ニcニニニL
                     /\{〔  }  / _」ニニニ\ 、ニL_
               _ -ニ/ /二77    ,「{ニニニニニ{ {二二二ニ=-  _
           _ -ニ二/_-ニニ//      | |二二二二ニ‐ ‐ニ二二二二二ニ=-
      _ -‐=ニ二二//ニニ//`.    /ヘV二二二二二ニ‐ ‐ニ二二二二二二i
        |ニニi二二//二二7/  }  //  } }二二二二二二ニ‐ ‐ニ二二二二二|
        |ニニ|ニ//ニニニ//  {  } } /{ {二二二二二二二ニ‐  ‐=ニニ二二|_
        |ニニ|_7 /ニニニニ7 ′   \// / } }二二二二二二二二ニ=‐- 、V二二二}
        |ニニ|/ /二二二二| |     //   | |二二二二二二二{ニニニニ} }二二二{
        {ニニV/ニ二ニニニ| |   、//     _| |二二二二二二二{二二二〈〈ニニニニ、
      〉、//ニニ}二ニニニ| |    { {/   ] ,二二二二二二二二二二二\ ‐ニ二二\
        {ニ_{ニニニ}] }二二ニ| |   //    //ニニニニニニニニニ、ニニニニ\\ニニニ\
      }\ニ_ニ7//二ニニ」 |:、  { {  ,   | |ニニニニ} }ニニニニニ/\ニニニニ\\二二ニ、
      |二{ {∨_j ;ニニニニ| l \{ {/   ,| |ニニニ_ニ//ニニニニ/   ヽ、ニニニニ\\二二、



4931隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:33:10.58 ID:ZT06+ro3
そういや、この人が倒した神農様も医学神だったな。


4932隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:34:05.00 ID:hqIrQjJi
どっか他所の鯖で改宗進めてくる(not強要)奴いたけどそういうのはNGと


4968フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/03(土) 02:10:52.71 ID:8LvtnUFd

>>4933修正

       /         {              ∧   |i          i
        / ′     |        |   ト、   ∧   |l  厂ハ     l
       ノイ         八      |   |  メ、 ∧  |l N  ハ  ハ|
        |l i       ト  ヽ、    |\ |/  \|∧ 从| 〉  }   |
        |l l ,    | \ ヽ\  Ν イ苧厂ノ    ∨  {  /   {      ちなみにルドガーとの相性はメチャクチャ良かった
        |八|レi    ⊥_\ヽ \|   ` ̄            ′ Ν      我を恐れず対等に接した上で最低限の敬意は払っている
           {! |l   人  `メ                   /   |       さらに、善性で我とスタンスが一致している上に
          |l   ヾ==彡                    厂∨   |       我の忠告を聞き入れる程の柔軟性もある
             八{\{     ,′                |   ∨ |
                 八   /                    \{≧ 、
               ヘ  `              .′    /三∧≧、
                丶   、   ____,    '.:'     /三三∧三≧、
                   \    ̄ニニニ´     /.::,'     /三三三∧三三
                    \          /::::,'   /三三三三 |三三
                     ≦全 、      /::::::::,'  /三三三三三 |三三
               ≦三三三三\__/::::::::::::,',/三三三三三三 l三三



                    /  ´  /       ヽ、       \
                     /
                 /        /    |        .   丶        .
             /         ,′ /|i      i           i
               / ,′     {:  |i: / .|i       |    !      |
           / / /     |i  |l /  |l      }     i    | l|
             /  ′ {     |l  |!′ .!!          l| ,|l     | l|    それに何より自分の思想を我に押し付けようとはしなかった
         /イ |l 八    |l ≧z、 |l     ′ l|/|l    / i|    少なくともその時点で我の最も嫌いな人種ではない
                |l{ 爿.\{\Ⅳ犾拆下!      ' ,'  l/ .|l      八
                |∧         `` ̄   ヽハ. //_z斗<′ イ   /      人間には多種多様な感性がある
            И ト,            }/ ´ィ衍刃// l|  ′     それを理解せずに他人に己の信仰を強要するべきではない
              | l| .                 ̄"´  } l| /
              l Ⅵ               ′       _ノ  i/
              |川 |             ,      /´
                从! ヘ   ヽ    `´
               __|__          ‐一  /
               {ニニニ O} \         /!
              !ニニニニ|   ヽ _   ´_|__
     ______|ニニニ O|___       {Oニニニ}
.ニニ二ニニニ == ニニニニニ||    ┌=|ニニニニ|ー― ―――
ニニニニ ==ニニニニニニニニ||     ||ニ|Oニニニ|ニニニニニニ



                           ,´    ィ   /       ヾく
                         ,ィ彡イ    ' イ //   ./  ∧   .::`ヽ
                          / ./,イ / .::/i |  .:/ / ,イ .ハ   ::::∧
                            ,  / ,イ 才Ⅵ/ .|.: !/!./ / .八 八 ト、 .:::: ',
                        / ./ // /イ!从_,  |.: !::::ハ ハ |  Y i Ⅵ::::\:::::.
                        ! ,' /ハ  .!イ <ソヾ リl::::i レヘ _iz-一'ヘ:::!:::::::::::::::!
                        レ .i { ', .ハ`ー‐'" } `ゞ、 ≦ 〈ヲ `> i::i::::::::::: : |     うん、言ってて思ったが
                        Y i  入      丿     `ー一'"Ⅳソ::::::: : |     やっぱメンドクセエな!我!!
                         八人/! `    `            {/ ̄ヽ:::八
                              〈リ|    t二二二二二''7    イ  }/i\:::ゞ
                           Y     |          /     ト、 人!  `
                              ヾ、    !''"  ̄ ̄`ヽ/       /.:,/
                                .   廴___ノ     ,ィ-‐':!/
                              |\            /|:://´
                                _  |:::: \        イ::::/´
                             |::::ト、_..|:::::::::::>- <´:: /:::: !__
                             |0 !:::::∧:::::::::::::::::::::::::: /:::::/ 0三\
                           r‐-|0 ! ノ |:::::::::::::::::::::::::/:::::/ 0三三:〉
                   __, -=ニ二三Y´  / ̄i |   !::::::::::::::::::::::/'7レヘ三三三〈
     _ -=ニ二二三三三三三三三. /.::三!.|   !:::::::::::::::::: / /三三>一'" \_
   /三|三三三三三三三三二二ニゞ'"ニ三三.!.|.:::::  ::::::::: .: / /三三三三i l三三二ニ=- _
.   /三三.!三三三三三三三/三ニソ/ニ三三三i |.::. :.  :::::::  i i=三三三三ゞ-、三三三二ニ=- _
.. /ニ三三!三l三三_>一'"ニ三三三三三三三.!.|         | |三三三三三\\三三三三三三ニ=- _
 /三三三|三ヘ/.:::三三三三三三三三三三三!.|     r'" ̄!.: !三三三三三三\\三三三三三三三ニ- _



                               ≪黄帝の解説を終了します≫





4933フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:39:58.83 ID:L4QXnMG9

       /         {              ∧   |i          i
        / ′     |        |   ト、   ∧   |l  厂ハ     l
       ノイ         八      |   |  メ、 ∧  |l N  ハ  ハ|
        |l i       ト  ヽ、    |\ |/  \|∧ 从| 〉  }   |
        |l l ,    | \ ヽ\  Ν イ苧厂ノ    ∨  {  /   {      ちなみにルドガーとの相性はメチャクチャ良かった
        |八|レi    ⊥_\ヽ \|   ` ̄            ′ Ν      我を恐れず対等に接した上で最低限の敬意は払っている
           {! |l   人  `メ                   /   |       さらに、善性で我とスタンスが一致している上に
          |l   ヾ==彡                    厂∨   |       我の忠告を聞き入れる程の柔軟性もある
             八{\{     ,′                |   ∨ |
                 八   /                    \{≧ 、
               ヘ  `              .′    /三∧≧、
                丶   、   ____,    '.:'     /三三∧三≧、
                   \    ̄ニニニ´     /.::,'     /三三三∧三三
                    \          /::::,'   /三三三三 |三三
                     ≦全 、      /::::::::,'  /三三三三三 |三三
               ≦三三三三\__/::::::::::::,',/三三三三三三 l三三



                    /  ´  /       ヽ、       \
                     /
                 /        /    |        .   丶        .
             /         ,′ /|i      i           i
               / ,′     {:  |i: / .|i       |    !      |
           / / /     |i  |l /  |l      }     i    | l|
             /  ′ {     |l  |!′ .!!          l| ,|l     | l|    それに何より自分の思想を我に押し付けようとはしなかった
         /イ |l 八    |l ≧z、 |l     ′ l|/|l    / i|    我はそういう相手が一番嫌いだ
                |l{ 爿.\{\Ⅳ犾拆下!      ' ,'  l/ .|l      八
                |∧         `` ̄   ヽハ. //_z斗<′ イ   /      人間には多種多様な感性がある
            И ト,            }/ ´ィ衍刃// l|  ′     それを理解せずに他人に己の信仰を強要するべきではない
              | l| .                 ̄"´  } l| /
              l Ⅵ               ′       _ノ  i/
              |川 |             ,      /´
                从! ヘ   ヽ    `´
               __|__          ‐一  /
               {ニニニ O} \         /!
              !ニニニニ|   ヽ _   ´_|__
     ______|ニニニ O|___       {Oニニニ}
.ニニ二ニニニ == ニニニニニ||    ┌=|ニニニニ|ー― ―――
ニニニニ ==ニニニニニニニニ||     ||ニ|Oニニニ|ニニニニニニ



                           ,´    ィ   /       ヾく
                         ,ィ彡イ    ' イ //   ./  ∧   .::`ヽ
                          / ./,イ / .::/i |  .:/ / ,イ .ハ   ::::∧
                            ,  / ,イ 才Ⅵ/ .|.: !/!./ / .八 八 ト、 .:::: ',
                        / ./ // /イ!从_,  |.: !::::ハ ハ |  Y i Ⅵ::::\:::::.
                        ! ,' /ハ  .!イ <ソヾ リl::::i レヘ _iz-一'ヘ:::!:::::::::::::::!
                        レ .i { ', .ハ`ー‐'" } `ゞ、 ≦ 〈ヲ `> i::i::::::::::: : |     うん、言ってて思ったが
                        Y i  入      丿     `ー一'"Ⅳソ::::::: : |     やっぱメンドクセエな!我!!
                         八人/! `    `            {/ ̄ヽ:::八
                              〈リ|    t二二二二二''7    イ  }/i\:::ゞ
                           Y     |          /     ト、 人!  `
                              ヾ、    !''"  ̄ ̄`ヽ/       /.:,/
                                .   廴___ノ     ,ィ-‐':!/
                              |\            /|:://´
                                _  |:::: \        イ::::/´
                             |::::ト、_..|:::::::::::>- <´:: /:::: !__
                             |0 !:::::∧:::::::::::::::::::::::::: /:::::/ 0三\
                           r‐-|0 ! ノ |:::::::::::::::::::::::::/:::::/ 0三三:〉
                   __, -=ニ二三Y´  / ̄i |   !::::::::::::::::::::::/'7レヘ三三三〈
     _ -=ニ二二三三三三三三三. /.::三!.|   !:::::::::::::::::: / /三三>一'" \_
   /三|三三三三三三三三二二ニゞ'"ニ三三.!.|.:::::  ::::::::: .: / /三三三三i l三三二ニ=- _
.   /三三.!三三三三三三三/三ニソ/ニ三三三i |.::. :.  :::::::  i i=三三三三ゞ-、三三三二ニ=- _
.. /ニ三三!三l三三_>一'"ニ三三三三三三三.!.|         | |三三三三三\\三三三三三三ニ=- _
 /三三三|三ヘ/.:::三三三三三三三三三三三!.|     r'" ̄!.: !三三三三三三\\三三三三三三三ニ- _



                               ≪黄帝の解説を終了します≫





4934隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:41:28.14 ID:F9wDZ4YW
うん、めんどいなあwww


4935隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:42:03.04 ID:47RFlVWD
まあ、操作キャラの自鯖の方針はよほど問題がない限りは尊重するしねw


4936隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:42:37.47 ID:3GDv3WfQ
そうでもないと思うがww



4937隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:43:36.06 ID:0RSkx7Ef
つっても要は信仰に文句つけず普通に接するだけでいいんじゃん?


4938隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:44:00.21 ID:hEDY23e9
いや、むしろこれくらい普通な気がw


4939隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:44:14.61 ID:Wpryo3Uu
いやでも普通に対応してても問題なさそうな感じではあるな


4940隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:44:45.20 ID:47RFlVWD
いや、それほど面倒でもないですw
わざわざ他人の信仰にケチつける人間は割と少ないしw


4941隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:46:22.77 ID:3GDv3WfQ
せやね
狂信者系主人公じゃない限り問題ないよな


4942フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:47:36.35 ID:L4QXnMG9

                             /i:/ .,.イi:i:i:i:≧=-
                      _/i:i:i:´i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:>,,
                        x≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i\
                   ア:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ミ、
                     /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/i:i/ Vi:i:i:i:i:i:i:i:ハ
                 /イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/'//   Vi:i:i:i:i:i:i:i|
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イ:i/ー=ミz、    }ハi:i:i:i:i:i:|      おう、俺も相当メンドクセエぞ
                  |i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ/r ァ芍`ゞ z彡´Иi:i:i:N      何せスタンスが神族は死ねだから
                  |i:i:iγヽi:iⅣ  ヽゞ '    {´托ケハiハ/
                  |ハ:i{::{ハヾ          、` ´}/
                      V\`:            /   i'
                      }ハi:`i.、         _   ′
                         Vi:i:i::、       ´ -
                        ヾ:|::::>...     ∠ .
                        / ̄:゙|  ::::::::>--..个 : i
                      _/: : : : : |      ::::: ノ: : :|   __
                      _|ヽ: : : : : :.|     /_/ : : : {二`-'`ーァ、_
            __ . . イ´:|:::ハ: : : //      /f:r:、: : : : |: : : ̄<_/: ー‐ ミ
            /: /: : : : : :|::::ゝ、 レ       |:::∧ : : :|: : : : : : : : :`7´ ̄ ̄ヽ
              /: /: : : : : : :|:/: : }:i ̄`  ´  ̄ |: : ∧: : / : : : : : : : : : / r===',
          /: /、: : : : : : : :!/: //`ヽ___/ ̄ ̄|、 : : ヽ/: : : : : i;,: : : : ′|| ヽ、 || /ハ



       Иi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/|i:i:i:ハi:i:i、i:i:i:i:i:i:ハ
         |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ .|i:i/ Ⅵ|Vi:i:i:i:i:i:|
         |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/i/  l:/   V .Vi:i:i:i:i:|
         |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/}/  /    }レ' }i:i:i:ハ:!
        Ⅵi:i:i:i{ ̄Vi:i:i:i:i:i:i|:i:i:/>'―、/_   /  从/
            Ⅵ:iハ .{::Ⅵ{ハi:i:|/  ___    ―‐' i /      あー、でもさすがに人間から神になったってヤツには
             `ヽト、ヾ l!: :ヾ| ` ̄ ̄               殴りかからないかな?
             Vヽ.__: : : : :.         i;          生前良いヤツだったから死んだ後に神様として崇められてんだろうし?
               }イ:iハ: : : : :.      , ノ  /
              |/: : : . : : : :.     _,   イ         ヴィシュヌの十大化身?ギリギリアウト
             _,/: :  : : >..   ´ ー /_
         / /:    : : : :::::>..  __/ `ー、` -  _
        / /         : : : : ::::::::/       }     、
      . イ  :{:..              : : i    _/        i
    /.:     \:.                 -‐  /      |
  /.:.         \ _ -―――   ´   /          |
 ./.:.:. ̄\       ` ‐-  ___    ./           |
 i.:.:.:    \             ヽ_ /              |
 |.:.―:、   \            l V、/ .l         :}   |
 |:.:.   \.     \   ヽ        l V |        /   .|



                 /:イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ Ⅴi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                  l/ !i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                    |:i:i:i:i:i:i:i:i:i,ィi:i:/    .Vi\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                    |:i:i:i:i:i:i:i:/ .}:i/       Ⅴ \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                    |ハ:i:i:i:i:/ゞ≧x       Ⅴ  \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ}
                    | }i:i:i:{ __`ヾミl    __,,,,,ィ==- 、i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/     それと今回のルーみたいな良いヤツには殴りかからねえ
                 {ハi{ハ { んム`、   {彡ィ≦´_  ヽi:i|ヽi:i:i:i:i:i/`ヽi:i:i:i:/      相手が自分のこと良いやつだって偽装してきたら?
                        } 乂_ソ 〉     ´ んイム ̄} V| |i:i:i:iリ ,<`i }:i:i/}′     直感でわかるからやめたほうがいーぜ
                   i   `  ′     乂__,ソ ノ i:| |i:i:i/ 〈 } .'i:// 
                   |   ,               i! }/}′ノ/i:i/        つーかむしろ嘘吐かれたら殺すカウンター溜まるから
                         〈                    ,イi:i:i/         俺と話すときに嘘は吐かない方が良い
                                       rー'i:i:i:i/{         でもさすがに交渉時のブラフとかは大丈夫だぜ
                                       イ   |:i:N__
                     丶  ` ‐- 、                从{,  ヽ
                                     イ       ./   ハ
                       ___ヽ                 /     /     }
                ィ ア´ / / ゝ -  ´       /   /. .    :}
              /  /  ./ .イ: : : : : :ハ          /  /. : : : : .   }
               // : : /: : : :/: : { | : : : : /: :,}       / /. : : : : : : : .  /  ̄\



4943隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:47:42.65 ID:hqIrQjJi
割合標準クラスだと思う、皇帝で曲げたくない信仰はあっても相手に強要するわけでもないし戦術狭める範囲も納得いくラインで


4944隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:49:15.47 ID:HZZVTI46
十大化身アウトなんだ


4945隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:49:36.43 ID:3GDv3WfQ
人間から神になったつーと、徳川家康・メタトロン・関羽辺りはセーフなのか



4946隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:50:22.61 ID:47RFlVWD
まずなかっただろうけど
テュールがいたら無条件で仲間になってたのかな?


4947フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:53:46.85 ID:L4QXnMG9
>>4946
再会したらまず嬉しくて泣いてたんじゃないですかね?
そして宥めるテュールと成り行きで一緒に行動してたかと


4948隔壁内の名無しさん2015/01/02(金) 23:55:18.41 ID:47RFlVWD
なるほどー


4949フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/02(金) 23:56:20.48 ID:L4QXnMG9

        /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
       ./i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i、i:i:、:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:.
      /イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i|\i:i.,、i:i:i:i:i:i:i:i:ハ
      .' |:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}:i|  ヾ} \:i:、i:i:i:li!
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/|i:i:/i/    } /ヾ}ヽ:i:!
       |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ .l:i:′     〃,拆ヤ,|ハ|        明らかに悪意のある嘘やこちらを陥れるための
       |ハ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|__,|i'-==''゙  { '夊ノ i!|         嘘を吐かれたら確実に反発する
          Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| _,坏蒟`    ` ´ l  _, --、     親父がそんな感じのヤツだったからな
         \γヽi:i:i:i:i:iハ ヽ ゞ ' ,    ヽ    l:く: \:_:_>、
            .ハ : rヾトミ`` `  ̄   _ /   ,:\>:´: : : : ヽ
            `r、`:-: : : : : :.        __,   ハ: :ハ: : : : : l: :|
              .|::ヽ`ー:::-、  .    ∠ _'  /:::l/:::|: : : : :.l: :|
           _〈:::::::\:ノ: : >....      /l:::::l:ヽi : : : : , : ト
          _l:.. :\:::::::\: : : : :::::≧==-- ' ハ::|: : : : : : :i: : : :i
         /: : ̄ヽ:.\::: : \: : : : : : : : l / /ヾ: : : : : : /: : : :.
           /: : ○ /:.. : :\: : /`ヽ: :ヽ:  l::  /  | ̄ ̄|,/:|: : : : :\
          ./:、: : : :/ : : : : : ヽ/::::::::|       ,イ  ', : : : | :| : : : : : ヽ
         /:、: :\/: : : : : : : : : : : :::|、____,ィ≠l ,イ:',: : ; __.:|:::::::.... : : : `、
       ′:.\/.: : : : : : : : : : : : ::.| \  l l≠イ〃 i: /、/|:ト ::::::::: : : : : |
      ハ: : : /: : : : ヽ: : : : : : : : :/: : : \,イ彡~   |/:|/ャ|:| }::::::::/.: : : :ヽ



          /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
            /:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ
         ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/ Ⅴi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
         |i:イ:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/:  Ⅴ{\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
         |! |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:|:    ヾ  ` 、i:i:{、i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
              |i:i:i:i:i:i:{:i:ハ:i|      \,zz=≠ ヽi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:}''}    マスターへの条件は悪性の愉悦枠じゃないこと
              |:ハ:i:i:i:{ー=ミzzz  zz彡ィ云芍i! :Vi:i:i/, ̄}:i:i:i:}     親父を思い出すからアウトだ
              i′Vi:i:ト. ィ托:ハ`.    ′ゞ-' .'  }iハ{ }:: ノ:/}'      直感でそうだと気づいたら即殴りかかる
             }:从ハ`:、ゞ_'_      ̄ ̄    .: :r' /:/       これは敵マスターに関しても同じだ
                  込ハ:     i!          : : ,r'i:i:|
                  `':.   ` '      : : ./ }:i:i:|
                          _..  -    : : イ: :ハiN_
                   \   '''   . : : : : :  } : : : i
                       、    . イ: :__/: : : : |
                    r‐ `豸: 「_ ̄: : : : : : : : : : ヽ
                    lfi::::::::ハ|i: : : : : : : : :._:_:_:_ノ_
                    |||::::::::: l V!: : : : : __/⊂⊃ヽ\
                    |||::::/,j }!: : : /: {:_:/ ̄ ̄\\
                    _,7´i _/:  ̄ : : : : {:_, :-―― く : \



     / :::::::::::::::::::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
.    /:::/:::::::::::::::::::::/ ::::::/ ::::::∧ ::::::::::::::::::::::::::::::::::: /::∧
    ::::/:::::::::::::::::::::/::::::::::::::::::/  、 ::::::::: |:::::::::::::::::::::::::::::::|
     |/| ::::::::::::::::::: ::::::::/|::::::/    '、:::::::::|::::::::::|:::::::::::::::::: |
     | ::::::::::::::::::::| :::/ :|:::/      、:::: |::::::::::|:::|::::::|::::::::|
     l ::/:::::::::::::/|::/  |/       \|\ :::|:::|::::::|::::::/    それ以外ならぶっちゃけ善性だろうが悪性だろうが関係ない
     ∨ハ:::::::::/¬トk,,,_          _,,,>¬∨::::/ ::/     通常時はマスターの言う事に従いつつも神族を含めた
         「ハ::{ 灯芹卞r≧''   x≦芹卞汀 }:::// }      気に食わない連中にぶつかったら即ぶん殴る
       } ∧{ ゝ乂,,ン ` ::l   ´ 乂,,ンノ }/イ }
         ハゝ  `¨¨´''"  |  `' `¨¨´   '  ,ノ      ああ、でも1つだけ―――――
.          \ 、       j            ム /
         ゝヘ                /-'′
            、       ` ´      /
            _ゝ    -─ ─-    .イ_
          /  iiiii|\     ー     /iiiii、 \
            /   iiiiii|  丶     /  |iiiiiii、
        /   iiiiii|       ー    / |iiiiiiii|   、
       /   iii/         /  \iii|    \
.       /∧    「                  |   ∧ }



4950フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/03(土) 00:02:45.88 ID:8LvtnUFd

                   、
                  _\≧==ミ   ___
                ィ≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`≦i:i:i:i:i<
            -=≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i`i:、
             /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:\
            /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iヽ`ヽ
           ,:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:∧
          /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i∧
            /イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ト:ハ     聖杯戦争に参加した理由が
        / /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| ヾ     家族のためだってんなら協力してやりてえ
          ′i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ハ\i:i:i:i:i:i:γ ヽi:i:i:N
         ii:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:| l:i:i:i:i:i:i}i:i}i:i:i|、i:|  \i:i:i:i:{ ヽ.|:i:i:i!       マスターの家族を救うために聖杯が必要だってんなら
         |ハi:iハi:i:i:i:i:i:iハ V{ヾ}/Ⅵ/!゙V!    ヾト:ハ   |:i:i:i!       聖杯を得るためにマスターの方針に完全に従う
         | }' .}i:i:i:i:イi};;ヽヾ   イ ィ芯ア      i}  ノi:i:リ
               }i:i:/ l∧;;卅弐    '´        「:イi:i{____
           〃}' /  }ト ;;ヽi            八}/ヾ/   \
                  ` |   ,         /  /´  l   \
                     `ヽ -‐_¨`   .::: /       /-ミ _
                            、     ..イ:::: { .、      /二二/ _
                        _/ ゝ- ´~\::: ∧ :\  j,イ    `ー´
                     | |、     ハ: ∧ :::\/::|
                     | |::\    ./}  __}  ::::::::/        /
                     | |:::::: ヽ /ヽ ´ /   ::::/       /
                     Ll::/: /ヽ_,/ ̄/   〉::\     /
                      l´::::::/ /_7`  ./    .::::::::::` 、   /
                   ___} |:::/ //   /   .:::::::::::::::l∧
                   | ,..:::::::/三三{{≡}}/     .::::::::::::::::l ∧
                   | ;::::::/      /    .::::::::::::::::::l ∧
                   | ;:::::′      /   ..:::::::::::::::::::::l   \



      |/|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i|
      i! |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イ:i:i: イ:i:i:i|
      |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/´イi:/^//i! .|i:i:iリ
      |i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i ' / i/  {!   '_/i:i:/
      N:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イ '  {.  ヾ 〃イ/     その場合は例えムカつく相手だろうと
        .|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:イi://        .{´  /      マスターに止められたら殴りかからねえ
    __.|ハイi:i:/}/ .}/ :!   r -、   ノ
   | : : : : : //゙/ ̄\.     ` ´ イ
 __/、__: : : : : :____匸`ト ィ´
 : : : : : `: : : ´: : : : : : : : : : : ̄ ̄:\
 ―――――‐,: : : : : : : /: : : : : : :∧
  ̄ ̄ ̄ ̄ .//: : : : : : :/ : : ___ハ
 ミy/7777 //: : : : : : :/: : : :| r―― /
 77ミ〈´.ィ//: : : : : : : i: : : : :| | ミy77 ヽ
 ミt77///: : : : : : : : l: : : : :| | ゝミ,イ {
 77rミk//: : : : : : : : : l: : : : :ヽヽゞイ/ハ



4951隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:05:38.90 ID:3zribN2d
ルー様はそういう意味でバーサーカーとも相性良かったのね


4952隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:07:53.12 ID:nINFT/Tb
交渉難易度ルナティックは伊達ではなかったが相性良かったのか、助かった


4953フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/03(土) 00:08:11.54 ID:8LvtnUFd

                 /:イi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/ Ⅴi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                  l/ !i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i/   Vi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                    |:i:i:i:i:i:i:i:i:i,ィi:i:/    .Vi\i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i
                    |:i:i:i:i:i:i:i:/ .}:i/       Ⅴ \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:
                    |ハ:i:i:i:i:/ゞ≧x       Ⅴ  \i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ}
                    | }i:i:i:{ __`ヾミl    __,,,,,ィ==- 、i:i:i:i:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/      ぶっちゃけ俺はマスター次第で
                 {ハi{ハ { んム`、   {彡ィ≦´_  ヽi:i|ヽi:i:i:i:i:i/`ヽi:i:i:i:/       単なる暴れ馬にも最強のサーヴァントにも変わる
                        } 乂_ソ 〉     ´ んイム ̄} V| |i:i:i:iリ ,<`i }:i:i/}
                   i   `  ′     乂__,ソ ノ i:| |i:i:i/ 〈 } .'i://        そういう意味で今回のマスターとの相性は悪くなかったな
                   |   ,               i! }/}′ノ/i:i/          家族の安全最優先で思考が俺と同じヒャッハーより
                         〈                    ,イi:i:i/           その上、スキルのシナジーがヤバイ
                                       rー'i:i:i:i/{
                                       イ   |:i:N__
                     丶  ` ‐- 、                从{,  ヽ
                                     イ       ./   ハ
                       ___ヽ                 /     /     }
                ィ ア´ / / ゝ -  ´       /   /. .    :}
              /  /  ./ .イ: : : : : :ハ          /  /. : : : : .   }
               // : : /: : : :/: : { | : : : : /: :,}       / /. : : : : : : : .  /  ̄\



           ー=≦i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i>,.
             /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハi:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:ヽ
               /i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:/   Vi:|i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:i:iハ
           /i:i:i:i:i:i:i/|i:i/_   .V|\_i:i:i:i:i:i:i:i:|`
             iハ:i:i:i:i:i:l¨|ア`ヾ、ヾ'゙´ ̄\i:i:i:i:i:i:i:i|    だからこそGMは俺達の組み合わせを固定にして
            i:i:i:i:i:i|    _      __  ヾ:i:i:i:i:i:|    ランダム襲撃を仕掛けさせてPLの危機感を煽って
                Vi:|、:|. =≠    ≠= }i:iト、iハ    ライダー陣営辺りと同盟させるために配置したんだが……
              r-,へfヽ    '     /}ハ|ノ}!
              l i .l {,   、__   .イ|       残念!アテが外れたな!!
            ヽ   ゙ `ー 、 ___ ...<Ⅳ_
             乂__     Y   /: :|:_O:7=-、
              /: : _辷_ェー ⊥  」 : : l: : :\:/:.\
            イ: : : : |―――: : | /: _: :.l : : : :ヾ/: \
         /: :ヽ: : : :|: : : : : : : : |く|: :{: ヽl : : : :/: : : : : :>
         |_: :∧: : :|: : : : : : : : |ン| : V――:〃: : : : _く
         ,イ: :}} : :∧: :|: : : : : : : : |:::|:/「: ̄:| {{: : : : ´: :{



                           ≪フェンリルの解説を終了します≫





4954隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:09:08.73 ID:Dav2i8Rg
真っ先に組んだからなーw


4955隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:12:08.09 ID:3zribN2d
なんで真っ先に組んでるんですかねえw


4956隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:12:32.11 ID:nINFT/Tb
10ターン終了でゲームエンドのはずだったから、盤面加速装置がいておかしくないけど大同盟最強戦力が速攻で加入する珍事w


4957フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/03(土) 00:12:37.55 ID:8LvtnUFd

         ,_ _
   (      _ 」-'-ヽ、 __r-t-ェュ_
   \,..::::´:::::::::::::-::、`ヽ、--っ.:.:7
   ./:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::ゝ、.:.:.:.i
  ,、l:::::::ト::::l、::vヾ-ヾ:::::::::::l i:,.:-.:'、
  、.ゝ::f:::ヾ、` f::::ヽリ::::「ニ.-弋.:/´    今日はこれにて終了
  / liっ:ノ   っ::::j ,::::i   /ヘ
 \  ,l '''  _   ''' イ_:」  /:::::::l     作った子達の解説をしたのは
  ノ:::t >、 _    , 7-/lヽ /:::::::::::i     ヴェルさんとこに送った黄帝がやらかしてくれたので
  ヾリ:::jヽj T.ァ < ´-ノ:.:V y-::/-'     そのフォローと仮にまたどこかに送る事になった場合、
      .', :>'T,´├.:.:.:.:.:.i          向こうでみんなが交渉しやすいようにするため
     .ノ.:`ー-.:.┘.:.:.:.:.:.:、
     ゝ‐-.:,,__.:_,,...:.:-‐.:´ヽ        明日が夜勤なので明後日の20時から
   ./.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:丶       神霊大戦の質問タイムを取りたいと思います
  ノ.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヘ      ロイ兄貴の完全データもそこで公開する予定
 ,く.:.:.:.:ー´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
 ヽ.:.:.:.:、_.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:__.:.:.:.:´.:.:ゝ
  ‐-...:.:.:.:.:.:-.:.:.:.:- ´.:.:.:__,,.. ´
     `ヽ-イ`Tー-- ‐ T j
        L_j     L_ノ



4958隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:13:48.48 ID:3zribN2d
乙でしたー



4959隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:13:50.31 ID:PhjxwulA
乙―


4960隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:14:13.00 ID:Dav2i8Rg



4961隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:15:00.98 ID:nINFT/Tb
乙でしたー


4962隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:15:09.28 ID:fMR/9zvY
乙です


4963隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:15:56.61 ID:e+L/1ZXb

解説するのは自作のキャラだけか


4964隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:18:36.26 ID:3zribN2d
ところでヴェルさんとこの聖杯戦争ってどこ?


4966隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:22:32.38 ID:QbCIKf31
>>4964
狐板で◆HrKSCSXHa2の雑多板で調べたら出てくるで。


4967隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 00:24:48.02 ID:3zribN2d
アザーっす


4969隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 05:35:10.04 ID:AOaWeADP
パラレルラインでも神霊大戦かぁ
次は誰呼べば良いんだろうな?
ルーが非常に安牌だけど、流石に二度も自鯖に使うのは飽きるしなぁ
とりあえず自重せず主神級呼んだ方が良いから、メタトロン・ヴィシュヌ・イザナギ辺りが有力か?
或いは四文字か


4987フジマル ◆GOcktzjkeU2015/01/03(土) 13:52:54.21 ID:T5H9Sr0B
誤解させてすみません
次回作:コミュ重視の聖杯戦争(主人公と相棒になるマスターは既にこちらで作ってます)
次々回作:パラレルライン(神霊大戦)

実は四作目まで軽い構想なら出来てます
いずれはエル主人公の短編聖杯戦争もやりたいなあと考えています


4988隔壁内の名無しさん2015/01/03(土) 13:54:48.19 ID:8WE0335v
コミュ重視は神霊呼べないか
となると誰がいいのか


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/1980-2da4d7d1

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /