FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫が葉隠武士になるようです 幕間7

ブログトップ > やる夫が葉隠武士になるようです > やる夫が葉隠武士になるようです 幕間7




55212009/11/19(木) 22:48:23.98 ID:GFX9qMwo

    ∧__∧
    (`・ω・´)   みなさんこんばんは。
   .ノ^ yヽ、   今日は、20話のおまけを投下したいと思います。
   ヽ,,ノ==l ノ
    /  l |
"""~""""""~""


55312009/11/19(木) 22:50:07.99 ID:GFX9qMwo
おまけ


勝茂の乗った船が遭難した場所は、播州明石沖であった。


       .。-、           /
 ───-^  r゜          !
 `     \  .ヽし,,^-,,,.. .. _,..,,.,/ ! _
  ! 但馬  ! 丹後 .!...若狭,. . . /
   ヽ     ヽ..,,,,./"       !
 . . ./ \   !     丹波   ./ |  /
   /    ヽ /\        /山! !
 ,,/   .      ./"""""""-" 城 !近/
  !   播磨  ./  摂津   |  ◎ !江
  ;..,,... .、..、.  ! .,.、..    / ! 京 }_
 -" _   `--""  "゜! -!  !--- ゙ 伊
 ."> ★ //      /和!河!   ;_賀
      ./淡!    ./泉! 内! 大   !
  、._  ./路 」  ./ . .../,, ,/  和   !
 ,. .ヽ__`、 /  ";      !     /
 "    /    r'゙    /     /
 阿波  >    ! 紀伊  ヽ.. ..,/  /
    /      ヽ          ./
 ヽ/        \       ./



55412009/11/19(木) 22:51:17.92 ID:GFX9qMwo



  (⌒ヽ                                              (⌒ヽ
  (    ,⌒)                                   (⌒ヽ    (
 (    ⌒ヽ                                   (   ⌒)   ゝ
  ゝ      ⌒ヽ,,                               ,,.(     )、,,(
 (          ⌒ヽ                                (          ゝ
 (            )                               (   />  />
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,,_p/> ̄ ̄
.....:::::::... .....:::::::....... .....:::::::...  .....:::::::...   ..:   ..::::.   ...::::::.. ..::::::::........ 。゚。,,,_p/> .....::::::::::::::::
.....:::::::........:::::::........:::::::........::::::  :........:::::::...... ..::::::: .:::::.... .:::::  ....::::... ........  ::::::::....... ...::::::::. ......
.....:::::::... .....:::::::... .....:::::::... .....:::::::...   .:::::...............::::::::..:::::.. 。...:::::::::::::.....  .::::::::........ ...::::::::::.. ::...
。.... :::::.....:::::::... :::::::.....:::::::...::..:::::.....:::::....   。..::::...... 。...:: ......  .....::::::::..:::::..::.....::::::::::::::::... ...:::::::
~~ .....:::::::... .....:::::::... ::  .:::::.....:::::....  .........:::::::::::::::::.........::...:::::::...::::::::::::::.....:::::::::::::。::::::.........::::::::
   ~^^゚~.。.... 。.... . ..:::::.....:::::.....:::::....。.....゚ .........。・...。.... 。 。。..::::...... 。...::::::::... ......::::::::::::::::..
        ~^^゚~~~゚^~~~~~~・。,,,,:~"~~。~・" ゚''~。,,, 。....゚....... 。.....:::::::::..........:::::
: :. . . . .     ..: : :. . . . .     ..: : :. . . ..: : :. . . . . . .   ..: : :. . .~^^゚~・,,。,, 。....゚......。..。....
      .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .  ..: : :. . . . .          ^~^:~。,,,,・
  .. . . . . .          .. . ...        . . . .    ..: : :. . . . .




          /⌒´::::::::::::::::`ー-、
        /  /..../...::::::::::::}::、:::::ヽ
       / ..:::::::レi/|/V'\/ヽト{|、:::l
       /:::::::::/          i:::l::::i
      j/|:::::/  '⌒_   _⌒ヽ i::|::::}
        ハ::{  -―    ―- }::::::/
       ( |::i  '''   l   '''  i:::| }{   ふー、ようやく落ち着いた。
        `l:::i.    l|     i:::j/`
         |∧         /ハ}
            ヽ   `ー'   ,イ/
            }\ __ /|'
            l       {
             /      '\
    _..-‐r''"{ ̄\       / ̄'ァー-..._
  , ":::::::::|  |\  ` ' ‐--‐ ' ´  /::::::::::::::::` 、
  {:::::::::::::::::|  |:::::::''::‐- ... _ ... -‐::''::::::::::::::::::::::/::::}


浜に上陸し、塩小屋で体を清めて衣服をとりかえ、薬を飲んでひと眠りすると、公は気力を取り戻された。



55512009/11/19(木) 22:53:33.14 ID:GFX9qMwo

          /      .: .: :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. ヽ、ヽ,
        / .: .: :. :. :. :. :. :. :. :. :. : i:. :. :. :. :. :. :ヽヽ
       ,' .: ,: .:. :. :. :. ;. :. :./l:. :. /l:. ;. :. :. :. :. :. l
       l .i :.l.: :. :.,.i:.., 'l:. :./ l:. / l:..lヽ;.. ;、:. :. :l
       l :l:. :l :. :.l l/ l/  l/  l/  l:/ l:. :. :,,!
         レl:.r.i :. :. l.  ̄`'ー_ 、 ,   ,._ ' ´^ !:. :./
         !l.'´!:. : l  ''!ニブ      '!ニフ` !:.,i/     「くそっ、さっきの伴船、あいつが乗っていたのをみたぞ。
        ヽーl:. :l'                ,':./'       佐賀に帰ったら、切腹を申し付ける!」
          レヽl: l u      i     l:./
           〉N         '      ,i/
           /l l ヽ             , '
         ,.イ .:.:.! l  ヽ、 c. ニ っ ,イ.. ヽ、
    ,.. ' ´. l.:.:.:.:.l.  l   ヽ、 ´ /. !.:.:.l..`ヽ、
,.  '´ ...:.:.: .:!.:.:.:.:.:l  ヽ     ー './,'   !.:.:.:.!.:.:... `ヽ、
 ....:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:l   ヽ、      /   !.:.:.:.:.!.:.:.:.:.:.:.....`ヽ、
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:li    , 'ト 、_ ,. 'ヽ  l.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..ヽ,
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:.:.:.:..!!  /ヽ l O !! ' >':;ヽ !.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.!
.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:.:.:.:.l l /`' 、>ー'-.く/ ヽl.:.:.:.:.:.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:!.:l



                  / ̄ ̄\
                / _ノ  .ヽ、\
                |  (●)(●) |    「この風浪ではどうしようもないことです。
.                |  (__人__) .|     見捨てたわけではありません」
                 |   ` ⌒´  ノ
.           r─一'´ ̄`<ヽ      }
.          `ー‐ァ   ,    )     , -'~⌒ヽ、
           ノ   {.   ,ヘ    ,l. ゝ、_ .'ヽ).
.            /, 、 _   /. |    . ',  . ..  .ヽ、
           (/ / // / / ...|      ...|\..\\ \_)
             / // / /         . . \_\_)、_)
            ー' {_/ノ              ."´



55612009/11/19(木) 22:54:46.63 ID:GFX9qMwo

<佐賀 佐賀城>
                                ㍗______㍉
                                   ハiti!i!i!i!i!ゝi!i!i!i!iti!
                                    /ゞ≠=''⌒⌒ヾ=㍍孑
                                 匕イ' | 匸匸公匸{  レ′
                             v、⊥-‐¬イィ仝`ヽ冖ヽ、____,、
                           ,. f戒オ^ハ^^^^^^^^^^^^^ハ^T7′
                           jミーェァ〆仝\LL____Lレ'ィ仝、ヽ、_ャ_,
                           li 〃`!宀宀宀宀宀宀宀宀宀宀十イ
                   _,、ftー‐‐‐f_    t|ハヽt廴山_Lゝ' ,二二.`ー、__山__!.い、__,、 ゞ;'
             ,_イr'冫T宀宀宀7   rjレクゝ~~~¬'´幵幵幵!`iー~~~i‐/,.、ゞネ,
           〆√ ̄;ゞミ;ゞ;ミゞミ;「ム__ _厶tiヽL山___山_|!_!_!_!_!_!_!_!_!!山___山_,L ,.ゞぃソゞ;
         _ ,,. ハゞ;ミ爻ゞ;ミ父爻;ゞゞレ' _/ミY^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^^i^ゞ;ミゞ;斗ゞミゞ
        ゞ父ゞ父ゞミ;ゞ;爻爻ゞミ;ゞミ沒辷二v_____山___山___山___山___山__山,.ゞ;ゞミゞ:杉ゞミ
       ゞ;ミ爻爻ゞ;ミゞ;ミゞ;ゞ沙ゞミ;ゞ父ゞL,人^^^^冖宀t、光ネ比疋光比疋ゞ;ミゞ;t,、、,ゞ爻ゞ
    _  '癶/乏ゞミ爻ゞ泛幺〃ゞ父ミ;ゞ沙〆__,,.ゝtゞゞゞゞゞ`ヽ込戈予疋光ゞミネ片┤ゞ父ゞミ
ュ.-‐フt辷弍仏孑¬冖丁〆_へ池幺孑宀'丁 山 |,ィぇ、   |苡ゞ;ミゞミゞ;ゞミミ父;ゞ;ミゞ;ゞ爻
孑フ∠.ヽィ,_,_,_,_,. -‐宀冖Tフ´_,_,._ -‐宀冖!  _,_,_レ'´^ヽゝ.  !ゞ;ミゞ;ゞ父ゞ;ミゞ;爻ゞ;ミミゞ;ゞミ
_片7丁__ ̄ _   nn|__| 丁^_山,、-t宀冖iT丁叩| |!|{{{{!{{{!|,.、,.xゞミゞ;ゞ;ミミ;ゞ父爻ゞ;爻ゞ;ミゞ;ゞ
ゞ;7___!‐┘   _,、_,ゝ;、_-丁 ̄ nn m L..!!     _二.L‐-,ィゞ爻ミヾ;ミミゞ父ゞ;父ゞ;ミミゞ;ゞ;;ミヾミ
ミゞf‐tヵュォたゞ爻;ミゞ;父ゞミゞミネ、ィ-ヵャヤセ乏光[子㍗ゞ;ミ爻ゞ;爻父ゞ;ミゞ;爻ゞ;ミゞ;ゞヾミ;ゞミ;
爻沙予疋ゞ爻ゞ;ミ爻ゞ;ゞミ爻ミゞ;ミミ片予;ゞ;ミゞ;疋市[子ゞミ爻ゞ;ミゞ;爻ゞ;ミ父;ヾ;ミゞ;父ゞ;;ミゞ;ミミゞ
ゞミ;,ゞミゞ;ミゞ斗ゞ戈ゞ;豕;ミゞ;爻ゞ;父ゞミミ;ゞ戈ゞミ;ゞ杉ゞ父ゞミ爻ゞ;ヾ爻ゞ;ミゞ;父ミ;ゞ;ゞミ爻;;ゞ;ミミ
爻ゞミゞ父ゞ;;ミゞ父ゞ爻ゞ;;彡ゞ;ミゞ爻;;ゞ爻父ゞミゞ爻ゞゞ;;ミミ;ゞ父ヾ;ゞ父;ゞ;ゞ;ミゞ;爻ゞ;ミ爻ゞ;ミゞ



55712009/11/19(木) 22:56:53.72 ID:GFX9qMwo
佐賀に戻ると、やらない夫は勝茂の家族から海上での話をしてもらうように頼まれた。


         / ̄ ̄\
       /   ⌒   \
      ( へ)( へ)  |
      .(__人__)      |
       l` ⌒´    .|    「……以上のような次第で、殿は難局を乗り越えられたのでございます」
       {          .|
       {       _ |
      (ヽ、ヽ   /  )|
       | ``ー―‐'| ..ヽ|
       ゝ ノ    ヽ  ノ
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



                 / /  ,r‐イ,> - ─‐‐- 、
               /, イ  ,r ´ > '´      ヽ  \
             〃 / , '///ィ    ,'  i   ヽ   ヽ
                l l レ〃/   ,'/| i |    ヘ ヽ ヘ
               ゝ   !  ,イ⌒ | ハ ヽ     }  }  }
                   |  ,'   ヾ ヽ ヽ⌒X!  ! , ┴ - 、
                   ヽ { r=z、 ヽ \ \ノ , ' ,'⌒ヽ ヽ
.     |`丶、             ノヽ!     、  r=z レ'l   ,'⌒ヽ!  l
      ! \ `フ ' ‐ 、     , -―ヽ  (` ー‐ィ  ノヽ!  l    l   !     あはははははっ!
     フ ⌒!/    ` ――,-― 'フ ̄ ¨ 7''丶、 イ   |  |ー 、 l   !     キョンくん、かっこわるーい!
    , イ __ ,'       -"´/ヽ__, '     ヘ    丶、/l.  !, -ヘゝ-'
   <___>'ミ         /ヽ、    , '  ̄  \     ヘ!  | -‐‐、>
    <、   ry  ==z  ,' `ヽノ   /       ヽ   l_ノ!    ヽ
   ,ノ`ゝ-ィ        > ヽ    /          \ l ノ     }
    | / , --`'''"-、__ >(⌒ i    {         ∧ ヽ!´----‐ '
   `ー 'ゞ__     \ヽ | __ 'ヽ、       <ノ  ノ
           ̄ ̄ ̄ ̄´    ゞ--――――--- '
                   【勝茂十女  お長】



55812009/11/19(木) 22:59:03.78 ID:GFX9qMwo

               _ x≦: : : : : : : : : : : : ` ヽ
            ,. ‐ ¬´ ヽ __ : : : : : : : : : : : : : : `ヽ、
              //: : : :〃 /: : : : : : : : :\ : : : : : : : : ∧
          //: : : :/、_ハ≦^ } : : : : : : : \: : : : : : : ∧
.         //: : : :/、r=、  ̄ `ヽ : : : : : : : : ヽ: : : : : : ∧
.          /,': : : :イ_`弋ノ=====V: : : : : : : : ハ : : : : : : {
         /: !: : / :「 `、   r = 、 ヽ : : \ : : : ',___ .ハ
         |: :|: :.|  |rミ          ヽ: : : \: : | ̄ ̄ ̄ :',
         l:.∧: l.: :.l礼}     ィ=ミ    ', : : :.::.:ヽ|: : : : : : : :ヽ     「まぁ、まぁ、なんということでしょう」
         ト:.:∧{.: .:l以}     じヘヘ   ト、: : :.:∧: : : : : : : : \
         l:.{、:ヽ: :.l  ,     乏: ハ_  ! \: : : :.\: : : : : : : : :\
         ヽ: \:ミ≦、     `ー "   |:.l : : \: .: : :ヽ: : : : : : : : : \
           ト、: : ミ=‐ ゝー ァ        }:.|: :.:ハ|: :、: : : :}_: : : : : : : : : : :\
           | :\_:≦‐、ゝ彡    , 、_// /!j j!: : 〕: :./ \: : : : : : : : : : \
           | :/ \ : : : : r、f^、<¨廴. ¨7' / ヽ/´}:ハ、  } , <  ̄ ̄ ̄}: ヽ
     {´ ̄ ̄ ̄ ̄ \ヽ : : ハ_ミ r、 ヽ 乙 r' /   }ヽ、 : : : \,   ´ ̄ ̄了: : ル'
     `Y´ ̄ ̄ ̄ ヽ ヽ', : : ト、`、\ \V /   /  > :z、_} ヽ      /: : :/'
      \         \ V: :} } }、 ヽ ∨   /, ´,  ´   \_}\   l: : /
         ゙、          V∧ `  ヘ ∨   //         \_}\ l/

            【勝茂正室  高源院】


                  _____
             ..:.:.:´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`ー、
              /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\
          /:.:.:.:.:.:.:.:i:.:.:.: i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ
            /:.:.i:.:.: i:.:ハ:.:.:.l、:.:.:i:.:.:,.:.:.:.:.:.:. i
           / 〉:.:./l/  \:! ヽ:.!ヽト、:i:.:.:.:. l
          / /:lイ '    `   `   l:.:.i:.:.l     「今はこうして笑い話にできるが、その時は必死だったんだぞ。
       / //〉:.:.l __ ノ   ´  ̄ ヽl:.:.!ヽ!
        l  ´ イ !:. ! ‐― '  `ー ‐ l / _ノ     一生分のゲロを吐きつづけたし、
.      l    i Y`ハ     i       !'7〃      おまけにやる夫にもゲロまみれにされた。
.       l    ' i.  ヽ    !     .イツ´
.       /  /  '   _> ―_- / !、
       l   /   / 、 i` 、 __ イ   / ヽ_
    ´ `ー‐'`   /  `ー、  ,-´  /   \
    i       i‐ ´i   / ` i   i´ヽ.  /     `  、
    l       l    !  /.   l   ! ハ /        \
.    ,|       |   ヽ/    !_'   V       ,  ,    ヽ
   /.l       |       /:.:.:.:ヽ       / /  /  i
    !/!       l\       i:.:.:.:.:.:.i      / /  /   l




55912009/11/19(木) 23:01:04.09 ID:GFX9qMwo

              /: : : : : : /: : : :/: : : : : : : ヽ: : : : :: : `、
             /: : : : : : : :/: : : /: : ,ィ: /l: : : l: : |: : : : : : ::ヽ
             ;´: : : : : : : /: : /|/ .|/ .!: : /i: : !: l: : : : : :丶
            .i: : : : :|: : : : |/      |/ | /|: :|: : i: : : :゙ヽ
            i: : : : ::i: : : ::/ ´ ̄ ̄ ̄`''''   ´ ヽ|: : | .|: :丶
            |: : : :,-リ: : : |  "疋;:ソ`     '`'-、_.i: : |: |: ヽ
            .|: : :/-、',: : |         , f:テリ` /: : |: i丶  やらない夫が脇差をよこしたら、
            .ソ、::l,.( _ リ、:|         l .`   /l: :/| i    ひとおもいに喉を突いてやろうと思っていた。
             ,|::\__ ヽ|          ,    //|/ |/
              リl: ::| |           ′  //        よこさないし、けしからん奴ッ、
               l::|リ ヽ    ` ― - 、   //        と思ったが、それで良かったと思っている。
               ,リ   `、    `"    /リ
           ,----亠--- 、_`.、      /
           // ̄ ̄⌒`ヽ` \::`::-、,_, ´.            その時は脇差をもつ気力すらもなかった」
       ,- ゙´  ̄ ̄>-、_     \::::`::`-y.
      /::/  ∥ ./":::::::::::\     \::::z[].
     /::::::|  ∥ /::::::::::::::::::::.ヽ      `、::{|.
      {::::::::| ∥ .|:::::::::::::::::::::::::::`、__,-ー―`、



              /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、
         /:::::::::::::::::_::_::,-─-───、:::::::::::::::::::::::::::、
         /:::::::::::ゞ ̄,,-、、_-,‐====┐::::::::::::::::::l:::::ヘ
         /:::::::イ´,-‐ ´`''′  、__       l::::::::::::::::::::|、::::ヘ
        /:::::::::ト´'´ ,       , ``─  l::::::::::::::::::::l`ヾ、l
        !::::::::::l  ノ 、      _-ュ、_  l::::::::::::::::::::l::::::`l
          !::::::::::l '´ ,__      フ/Tヽ、ヽ. l::::::::::::::::::::l::::::::!
       |::::::::::ハ  /,ハ、     ' {ー';; } 》ヲ:::::::::::::::::::::::::::::!    「そうだったのですか。
       |::::::::::::ハ イ {r' ハ      ヾzン  ´│::::::::::::l:::::::l::::::!    なんと、ありがたいことです」
          !:::::::::::::ハ 弋り          ̄´   l:::::::::::/:::::::l::::::ハ
          V::::::::::::ハ   ̄ノ               l:::::::::/::::::::l::::::::ハ
          V::::::::::::::l              ,.|:::::/::::::::::::::::::::::ハ
         V::::::::::へ     、_-       'ト|::/::::::::::::/::::::::::::ハ
         V:V:::::::::::\   ´    ,    l 〉'う:::::::::::l::::::::::::::::ハ
            \!::::::::::!::::`:::..、.   /  ┌'‐フ::::::::::/:::::::::::::::::::ハ
             _」::::::::l:::::::::<l_`´ |   ,-‐'‐' /::::::::::::/:::::::::::::::::::::::ハ
      , ´ ̄   ̄>::::::::::ヽ |. /`  D //l::::::::::::へ、:::::::::::::::_::ハ_
     /       / |::::::::::::∧‐〈 ┌ ´ / / !::::::::::/   ` <´     `ヽ、
     l l        l  l:::::::::::l ヽ l l  l /  l:::::::::/     ヽ         ノl


高源院は話を聞き終わると、声を上げてお泣きになられた。
そして、やらない夫の方を向いて、丁寧にお辞儀をした。



56012009/11/19(木) 23:02:13.23 ID:GFX9qMwo

後にやらない夫には褒美として、勝茂公が持ち歩いている印籠が譲られた。

また、高源院からは、感謝の印として頭巾が贈られた。



                 |__________三|____
         r‐=ニ二三|!:::.:::.:::.:::.:::.:::.::.:.     .:.:.::::.:::.:::.|三三ミ〕
         { { (( {{八:::.:::.:::.:::.:::.:::.:::.:.  .:.:.:::.:::.:::.:::.|〃ノ彡′
.         \三ニー\二二ニニ==ノニニ二二二三三三/
.         \三三三三三三三三三三三三彡 i´Y
            ヽ=ニニ二二二二ニ斗テ寸彡'' .::::::: | .:!
            /____、liililil., ___   '⌒\ :| .:|
            l {;;;;;;;;;} |liililili| {;;;;;;;;;} :.:r'⌒ヽ \|.:::|     似合ってるかな……
              ` ー― '    `ー― ' | 、__:: . ー=彡!
                /    .!    ヽ   しソ::. 彡 :彡|
          . .-―ヽ__/ \__/.  イ{:::     .:.:::::ト、___
    . . -=''´: : : : : : /: ∧       .. .:..:::!:::    ::::::||: \∧: : :
 . .-=": : : : : : : : : : :/: : |Vヘ. :::.:.  .:.:::: ...::人:::. 〃::::ク: : : |:/: : : :
´: : : : : : : : : : : : : : /: : :.:| \:ヽ.,,,__..イ:./ヽ彡'、::::{{: : : |: : : : :
: : : : : : : : : : : : : : /: : : :.:|  /彡ヘ:::::::厂ノく   ∧ ノ⌒ヽ、:.!: : : : :



56112009/11/19(木) 23:03:41.74 ID:GFX9qMwo

   / ̄ ̄\
 /   _ノ  \
 |   ( ●)(●)
. |    (__人__)      「殿、一応、聞くまでもないことだと思いますが、
  |     ` ⌒´ノ      伴船のものたちの処置は?」
.  |         }
.  ヽ        }
   ヽ     ノ
   .>    <



           /:.:.:.:.:.:.,:.:./:.:.:l:.:,i:.:.: i: ',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:ヽ
         . /:;:':.:.,:': :/: :.l:.:./l:.ハ:.:.:ト、:',:.:.:',:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.ヽ
        /イ:.:.:/:.: :i:.:./l:/ !'  ヾ:! ヾ!ヽ:.!ヽ:.:.: ::',:.:.:.:.:',
         /'/:.:.:.':.:.:.:ハ/. !'__,,..-' ヾ ゝ、__゙:! ヽ:.: :l:.:.:.:.:.l
        l:.:.:.:.i:.:.:.:i'´ ̄           ̄`i: :l:.:.:.:.:.l
         l:.:.:.:.:ヽ: :l   __       _   l:.:.!: :i:.:.:l
        l:.ハ:',:.:.ヽ! -――-    -――- }イ:.:.:l:.:ハ!
        !' Ⅵ: :',`          i         i:.:.:ハ,' !
          { ミ,:.:',       .:|       ,':.:/ .}
           、ヽ,:.',        :!       ,':./ , ′    「ああ、なにも問題はない。沙汰なしだ」
           \ゝ',             ,':/メ
             ヾ:.、   ー ――    イイ/
              ヾ:i 、      ̄    イ:/ .'
                 :l ヽ      / l:'
              ,-┤  `ー-'   ├-、
              / ゝ、           才  ヽ
             _,-'´i    `ヽ     ,-‐'    iヽ、_



         / ̄ ̄\
       /   \ /\
       |     ( ー)(ー)
       |      (__人__)
         |     ` ⌒´ノ     「はっ」
         |         }
         ヽ        }
    /  ⌒ヽ    '´(
   / ,_ \ \/\ \
    と___)_ヽ_つ_;_ヾ_つ.;.



56212009/11/19(木) 23:07:05.78 ID:GFX9qMwo

こうして船を素通りしたものたちもご沙汰がなかったので、人々は感心した。


                         〃;//;;;イ;;;;;i;;i;;;;;;;l;;;;;;;l;;;;ヽ;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ
                         r";〃;;;;;;;l;;;;;i;;i;;;;;;イi;;;;;;l;;;;;;;l;;;;l;;;;;;;ヽ;;;;;;;ヽ
                        〃;;;;l;;;;;;;;;/i;;;;;l;;l;;/ l;;;;;;l;;;;;;;;l;;;;;i;;;;;;;;l;;;;i;;;;;;l
                        l;;;;i;;l;;;;;;l;;ll l;;;;;;l/  l;;;;i;;l;ノl;;l;;;;;;;i i;;;l;;;;;l;;;;;l
                        リl;;l;;;;;;;;;l;ll i;;/   l/,,-≠"l;;l;;/;;l;;;l;;;;;l;;;i
                       ノ  i;;;;;i;;;;;;i==-、   ッz=キヤl;;l;;;;;lr‐、;;;;八
                         ノリi;;;l从ィ=z=ャ   " 辷 ノ/;;;;〃リ  ノ
                          リシ;;l-代__ノ      ル イ"`‐'
                           'ルiヽ_l   ′ __    /シ
                              ヽ、_ __  __ / ̄7
                                   「_, -‐'⌒ヽ
                                _,-‐'。 i lll i   l
                        〃゙ー‐‐f`l-‐'  〈 l ⌒ l   l
                         `゙゙゙゙(_)l_,i‐‐-‐‐フ l  l  /lー-- ----、
                               __,-'/"  l   l l lー-- ----'
                            ,-‐'  /   l   l 〈 l
    ∧,,∧  ∧,,∧                ヽ  /     i () .l ヽゝ
 ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )   処罰なしだってー
| U (  ´・) (・`  ) と ノ   へー
 u-u (l    ) (   ノu-u
     `u-u'. `u-u'       でも、結局だれだったんだろうねー



56312009/11/19(木) 23:08:20.94 ID:GFX9qMwo

のちに、家中の者がこの話を気になりだし、やらない夫にたずねてみた。

   / ̄ ̄\
  /ノ  ヽ、_  \ /
. ( ●)( ●)   | ─
 |(人__)       | \                / ̄ ̄\
  | ⌒ ´      |                 /へ       \
.  |        |             .    ((● )     |
.  ヽ      /                  | |        |   「ねぇねぇ、あの時、
   ヽ     /              .    |`___       |    伴船に乗っていた人物とは誰だったんです?」
   .>    <               .     |ー'´      |
                       .    ヽ      /
                            ヽ     /
                             >    <
                             |     |


              ___
          , -‐     `  、
        /           ヽ
                       ハ
        ,′                ,l
        |           _,,.ィ"゙    l     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
.      |  =ニー=彡ニ''`ー--,  |   < おまえは何を言っているんだ
        l,  _ノ⌒,,,_   ,ィ´● )'"゙ |.     \_____________
       l  =( ●フ=、;  '"^'=''′ ,|
    ,,. -‐ゝハ,  `゙゙゙゙´      、  . : :!
 ~´ : : : : : `ヽ:.    i   i    }  : : ト、.、
  : : : : : : : : : ヽ、   '、_ノー-;ァ′. : :/ ヽ\、
  :f: r : : : : : : : !丶    ` ''ニ'´   ,/   !:: : :`丶、_
  : /: : : : : : : : :! ヽ、   ⌒   /  : ,i: : : l!: : : : :`ヽ、
 〃: :j: : : : : : : ゙i   `ヽ、..,,__,, :ィ"::   ,ノ:: : : : : : : : : : : :\
 ノ: : : : : : : : : : :丶   : : ::::::::: : : :   /: : : : : : : : : : : : : : : :\



56412009/11/19(木) 23:10:31.07 ID:GFX9qMwo

                   ,, -‐ 、
                  /'    ヽ
       / ̄ ̄\      ./      i
     / ._ノ  ヽ、\    /    ...........i
     |  (●)(●) |  /   ..:::::::::::::::|
     |  (__人__)  |  /  ..::::::::::::::::::l
     .|   ` ⌒´  .} ./  ..::::::::::::::::::::!    「殿様でさえ名前を出していないんだぞ。
      |         }/  .::::::::::::::::::::/     俺の口からそなたの耳に聞かせられるわけないだろ!
      ヽ       ./   .:::::::::::::::::::/
      .ヽ    . ./  .:::::::::::::::::::/      奉公しているものが、そんな無思慮なことできるわけがない」
   ,. ‐'"´  `'‐,r''"~   .:::::::::::::::::/
..:./,. -‐‐- 、 l′     ..:::::::::::::/|
:,'      /       !.:::::::/:i..:..l
r   、  /           !::::::::::: i..:..i
l  .......`:i    i         !:::::::::: ゙、:.i
!  ::::::::::/    i       i:::::::::: ヽ:i
.! ::::::::/     i      .....i::::::::::: ヽ
.ヽ ::::::|  `、   `、  .....::::::::::::l::::::::::::  `,
 \:::l.   `、   ヽ::::::::::::::::::::l:::::::::::  /'''ー─----、
   `ヽ   `、  .::::\:::::::::::::::|::::::::: /,,   ,. ‐;''


といって、たずねたものをひどくしかりつけたという。


                                おまけ ・ 了




56812009/11/19(木) 23:21:16.01 ID:GFX9qMwo

……というわけで、おまけ、というよりも元ネタである『葉隠』聞書3の54のお話の残りでした。

この話は原作「死ぬことと見つけたり」では載っていないのです。
しかし、じつは

・ 勝茂と高源院との関係
・ 高源院とやらない夫の関連性
・ 勝茂の殉死者

といった、後の伏線がたくさんもりこまれたところでもあります。



……さらに、このネタの解説もしますと、このお話は勝茂ではなく、直茂のエピソードなのですね。
当然登場人物も異なっていますし。

この話を読んだ後に、『死ぬこと~』を読みますと、
「よくもまぁ、これだけうまく話をまとめたな~」
と隆慶一郎の構成の妙に感心すること間違いないです。


58512009/11/24(火) 03:07:14.37 ID:G29Ptowo

      /:::::::::::::::::::::::::::::::    ::: ,; ノ:.:.:.:.:ヾ:::::::|
     /:::::::::::::::::::::::::::   , __/"~:.:.:.:.:.:.:.:.:! ::::::|
     |::::::::::::::::::::::::  /",/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| :::::|    人物紹介  第20回  村田覚兵衛
     |::::::::::::::::::::: /´ '~:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:λ ::::y    (ムスカ大佐/天空の城ラピュタ)
     ヾ:::::::::,__::: /"      :.:.:.:.:.:.:.:.     | :::/
      ヽ:::::/__ヾ,| 一ー-、__      , .-‐、|:::/
      ヽ:::i/;;; ヘ、__ゝ-‐―--、__  ,-‐―-、и
       ヾ ;;;;  :.:.:.:|      リーf    ノ/      ・ 福岡藩士。肥前国境沿いの郡奉行
        ヾ、  :.:.:.:.ゝ------‐":.:.:.|`ー-‐"y         ・ ほぼオリジナル人物
        λヽ、 :.:.:.        :.:|    |         元ネタは、佐賀から引き抜かれた村田覚左衛門
         ヾ~`|, .:.:.        , .j    .i       ・ 弁財岳境界訴訟では、幕府上使(柳生十兵衛)と
          yゝ:.:.:   _          /         鍋島直澄とで複雑な三つ巴を行うことに
           | ヽ:.:.   `ー‐-----   /        ・ 直澄には口喧嘩で勝ったが、いくさ人モードに
           |:.:.:ヽ.:.      __   /           なった杢之助にはいいところなく完敗。
          Y、_.:. ヽ      .:.   /
          || `‐-、_y_        /  |、_
       /~ |‐-、_   " ̄ ̄ ̄ ̄´ノ´~|_;;;;; ̄`ー
_,-‐――";;;;;;;;;;;|、  ~、__ ̄`、. /´ /λ;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ、_     `ー、_,_//"~|;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  `ー----フ´  λヽ'   |;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|      /    |ヾ ヽ  |;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|     /      ヾ|  \ |;;;;;;;;;;;;


 この前、ムスカ大佐が妻がいて娘までいるという設定があることを知りました。
意外……。そんな人が自分は亡国の王だとか口走っちゃいけないよw

佐賀藩と福岡藩は、隣同士でもあり、外様でもあるので、色々な面でセットで出てきます。
仲が悪くなってきたのは、黒田忠之からのようですが、実は弁財訴訟自体は、もっと後年におこります。

元禄五年(1692年)7月に黒田藩が幕府に訴えを起こし、翌年、10月22日に評定所で判決が出ることになります。

物語の時期は、寛永期(1640年ごろ)です。
『死ぬことと見つけたり』では、こういう風に、年代が違うものを合わせて物語を作っちゃうことがよくあります。
『葉隠』の中でも弁財訴訟は、細かく描写をされているので、取り入れたいと思っていました。
原作にはこの事件はスルーされていたところなので、けっこう胸がドキドキしながら投下していたんです。



関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/1708-83b26743

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /