FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫が葉隠武士になるようです 幕間5

ブログトップ > やる夫が葉隠武士になるようです > やる夫が葉隠武士になるようです 幕間5




45112009/09/13(日) 15:15:31.78 ID:6Kdm6ZMo



            , '´  ̄ ̄ ` 、
          i r-ー-┬-‐、i         イイ男です。こんな俺でも愛してくれますか。
           | |,,_   _,{|
          N| "゚'` {"゚`lリ         このスレは、隆慶一郎『死ぬことと見つけたり』をテキストに、     
             ト.i   ,__''_  !          『葉隠』を読み解いていくやる夫スレだと思ってくれ。
          /i/ l\ ー .イ|、
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、     原作リスペクトですすめて行くが、内容や解釈が異なる場合もある。
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.   投下中は反応できないが、突っこみはホイホイ大歓迎だ。
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |   では、いいかな?
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|



45212009/09/13(日) 15:16:37.76 ID:6Kdm6ZMo


     r(    ,、_
     ゞ, rr~ヅ´ ミ
      フハ    _ ミ
.      |_.. -'_"-'´\  r'⌒ヽ              今回は>>1による勝手に応援企画、と題してみた。
      ゙i`'''Tjフ   } ミトー }
       ,' ,.‐'"    { {い) /              なんでも、普段巡回している他の歴史系スレの応援をこめて
      ,'        ゞ゙ f クァ ―`‐-          短編をつくってみたいらしい。
      〈.、,..        ,.‐'´      ``丶、
       )__.. -ァ   /
         Y´_   ./   \    \\
          ゙i゙   {     \    \\
          丶、,、イ       \    \\
             {        \    \\



     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }       まず、一発目はこちら。
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }       やる夫で学ぶ柳生一族
    |! ,,_      {'  }       http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/part4vip/1251636172/
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ
     ヽ__,.. ' /     ヽ    江戸時代の剣術の大家、柳生新影流をあつかった学ぶ系やる夫スレだ。
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_  
    /           i ヽ \



45312009/09/13(日) 15:18:09.12 ID:6Kdm6ZMo

       ______
    ,,..-‐";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;` 、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;i "'`~  "`~ `i||i" '' ゙` " |;;;;;;|
  |;;;;|       ヽ`     u  |;;;;;|
  .|;;| ,-;;;;;;;;;;"フノ  ヾ`;;;;;;;;;;;;;;;ヽ |;;;;|     じつは、>>1は葉隠を書きたいのもそうだが、
 ,,ト;| ',,_==-、く    >゙-==、  |/ i     柳生宗矩も書きたいと思ったことがあったそうだ。
 |i 、|   ' ̄"彡|         || |     今考えると、無謀極まりないな。
 |'. (|       彡|          |)) |
  ! 、|      i,"(_ ,, 、,      |" i
  ヽ_|        `         .|_/     綿密な資料の読み込み、剣に生きる柳生一族の強さとしたたかさ、
   .|゙      、,.--‐ 、,,     |      そしてその苦労もよくわかるしおもしろい。
   .i ゙、    '  ̄ニ ̄     /|
   |   、      ̄ ̄    , ' |      解説役を毎回投票で決めるという仕組みも楽しい。
   |  i ` 、    (    , "   |
    |      ` ー---― "|    |
   |  |          i     |



       /..:::::::::::::::::::::::::::..ヽ、
       (,、:::::::::::_::::_,、::::::::::::::..゙:、
       .l `'^'´     }::::::::::::::::::i    時期的にも、ちょうど物語と同じくらいだから、こちらで書けなかったことも
       ._  、__,、 〈:::::::_::::::::::|    補足してもらっている感じがして申し訳ない。
        !)  ヘラヾ´ ゙! /ベ!::::::|
       .ソ   ``` i  ソ,iノノ::::::|
       ヽ,-     !  シ_,イ、:::::l     さて、その柳生宗矩だが、葉隠にもきちんと登場するんだ。
         i==-    イ   ヾヘ    大目付ではなく、剣豪・柳生宗矩の姿がみえるこの逸話を紹介したい。
        , ゝ. ̄  _,.ィ  i
       , ´  ゙'ーイシ″ ,




45412009/09/13(日) 15:21:27.05 ID:6Kdm6ZMo


(聞書11の8)

柳生但馬守が将軍の御前でとっさの働きをみせたこと。
ある時、家光公が但馬守を部屋へ召しだした。


  .‐::::二´::イ:iト、‐=-`::.、_
/::://::::,:イ::i:l:i::::、:::::`:、::`:.、
:::///://:i: |:!:|:i::::丶:::: ヽ丶\
/:::/:::/´::〃ハ:l::::!:!i:::: i丶`:!ヽ:ヽ::ヽ
: /:: /::::/:i::::: ハⅣ:;、!:::: l::::ヽ!:::i:::::::::::.
/i: /:: /i::l::: /i::lヽl::丶:::l::::::ハ:i|::i: i:、::i
!:|i:i::: i:i:ll:::/∧:!:::l` 、:ヽ!:i/:::i:ハ!::l::i l
::|l::|::::|:|::l: '/ ヽ: l   i::::!:!ト、:!::::i:ヽ! ! |
::!:|:|::::!:!: !/ィ示ヽ:!  !ハ /ヽ !ヽ:li:i:N:::!
::: |:|::::ヾ:::!`ヽ::ノ_ ' /' |! .ィ、 l:!::|:!:: '
、i:|:Ⅳ:::iヽ!       !く:::ソ ! !::::!' /
: ト、!:! ヽ!         , ` ´ /|::,':/
: !i:N  `       ノ   /i:!:'/       (おや?)
:、:!|ハ     _       /::!:/′
小:!. ヽ       ̄ `   'Ⅵ'
::::リ.   \    `   /
Ⅵ.     ヽ、     ´
`  ー  _   T ´
、     ` ー 、

  【剣術指南役  柳生宗矩】




45512009/09/13(日) 15:22:25.31 ID:6Kdm6ZMo


将軍は、物陰に隠れて不意打ちを試みようとしていた。


     /.:.:.:.:.:.:.:.:.!:.:.:.:.:i:.:.:.:.:レ≧==ミ、__.:.:.:.:.:.ヽ、    ....|
.    , '.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:{:.:.:.:.:.}:.:.:.:.{        `ヽ.:.:.:.'.      .|
.  /.:,、:.:.:.:.:.:.:.:./.:.:.:.:/.:.:.:.:ハ          }:.:.:.|     |
/.:/ノ.:.:.:.:r┐'.:.:.:.:.,'.:.:.:.:/ム_          ,':.:..i:.}      |
.:.:.:i  レ'⌒「 } h:{:.:.:.{:.:.:ィメ≧=x、 、  ,  _/.:.:.:.り     |
.:.:.:|  、_j ||/|、:.:!:.癶代tァメ、\}レ,イ≦小:.:.:.:{    ......|  (ウフフフ……
:.:.∧  、_ノノ ヽ vハ:.!:廴__ , ̄`    'イf斗イ:.:'.:.:.:.',    ....|
:./.:∧   \   い:}:.:) ̄     {   /:.:}:.:.:}:.:.:.:}     .|   さぁ、但馬、指南役なら、みごと一撃をかわしてみせなさい)
'.:.:/.:.:',      /.:/イヘ、  `tーァ  イ:.:.イ:.:/.:.:.:/     |
.ノ.:.:.:.:.〉、   ム(::じ   `  .._ ィ:.:{:.:.:.V:.{:.:{:.:,.く     ..|
:.:.:.:./ }   ハ、`¨´     |_:.{:.:.!:.:.:.:.`ヽレ':.:.:.:ヽ.     |
:.:.:/  」二二二二}丶、      `ヽ、:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.     |
                                ..|

        【3代将軍 徳川家光】


    /::::i::::、:::ヽ、:::::\:ヽ:\::::::ヽ:::、::ヽ::、:',
    /::i|::l::ト、ヽ::、:::ヽ:、::::::\::ヽ::::l::::ヽ::i:::i:::!
   /:/:!:::!:|::ヽ:\ヽ::::、:\::::ヽ:::ヽ!::::::i::|:::!::!
   !ハ::|::::i::l:|心、:ヽ::\:ヽ_\、\:::ヽ:::|!::|:|i
    i、:!:|:、N{、ヒjヽゝ\ヾイ ヒj >、ヽi:、|!:|:l
     ヽ:!::トヽ ̄ l! `  ` ̄´ |::l::|:|j:,!:!     (参ったなぁ)
      ト、::! u         j |::/lj:::!リ
        ヾ、  丶 -    u リイ:|リ
        リヽ ‐、ー- 、_   /イ:::i
       rー'"ト:l゙、   ̄   ./  , |::!
      / ヘ ヾ ヽ、 _,. '   / |:'



45612009/09/13(日) 15:23:18.28 ID:6Kdm6ZMo


その時、但馬守は小姓などに向かって大声を出した。



__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___
―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄――
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_

  }:.|.:.:{{:.:.:| :.:.:.:|:ヽ.:.:.ヽ.:.:.i.:.:.| \:.:.:.:..レ \:.:.`ヽ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\:.:.:.:.:.:.:\\.:.:.:、:.:.:.
  |.:|:.:.|:.:.:.:i.:.:.:.:ト、:.\:.:}:.:.i|:.:.| ,イ:ト、:.:.:.レ'"´\.:.:ト、∨7.:.:.:.:.:.:.:.:.:\\:.:.:.:.\\:.:.::.:.
  |:.|.:.:l:.:.:.:{l:.::.:.:l:.:.\:' ,l:.:.}}.:.レ:/}:i∧.:.:i    }.:.i 〉∧`ー、.:.:.:`ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`、:.:.
  l: |:.:.l:.:.:.:.|.:.:.:.:l:.:.:.:.:\\}l:.レ' i/ ∧:i  ○ ',:レ'//}.:.:.∧ヽ:.:.:}:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
  ',:.:.:.:.{:.:.:.:|、:.:.:.l:.:.:.:\:.\ヽ} ム」i }}     ,i:.イ  i:.:./ }:.:.\.:.:.:.:.}:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
  l:.:.:.:.i:.:.:.:} }.:.:.ト、:.:.:.:.\:.\.戈≦二il二 '"´ }/   //   l:.:.:.:.:.:.:.:.∧.:.:.ト、:.:.:.:.:.:.:.
   l:.:.:.:.i.:.:.:|:.l .:.L三- :.:.:\{\\  |        /    |:.:.:.:.:.i.:./ }:.:.:| ヽ:.:.:.:.:.
    l..:.:.:' ,:.:l.:.l:.:l{  ひ 、',:.:.\                   リ}:.:./}/  ',.:.:l  i:.:.:.:.:.:.   「上様の剣術稽古であるッ!
   |.:∧.:.\ヾ:.:「二ア  }へヘ\               |:./     i:.|  }:.:.:.:.:.:    みてはならぬ!」
   |/ l:.:ト、:ヽ.:.{ ∨  i                   |/      }} /:.:.:.:.:.:.
      l:{ }:.ト、:∨     `ヽ                      i /:.:.:.:.:.:.:.
      | i.{ ∨     _                       ムヘ:..:.:.:.:
         |  \   '"´                          /   }:.:.:.:.
            レ'`ー-、        , -― ¬ムー 、           /三 /:.:.:.:.:
             \  、- '"´ ̄ x―へ ノ\ r〉        /三 / 7:./
               \ 辷x‐十'                    /三   /イ
                ヽ L__                /三

―― ̄ ̄___ ̄―===━___ ̄―  ――――    ==  ̄――
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐―   ――――    ==  ̄ ̄ ̄  ――_
__―_____ ̄ ̄ ̄ ̄‐― ̄ ̄―‐―― ___ ̄ ̄―――  ___



45712009/09/13(日) 15:25:24.50 ID:6Kdm6ZMo


家光公は声にはっとして、おもわず顔を出してしまった。


          / /   λ=- 、_   ,,. -=ニ::ーイ   l,  l,
          / .i'  /:::::::::::::::::::ヽ、,イ:::;-=::、_:::::|    |  l,
         / l   |彡 '  ̄````゛´´    ゛フ   |  l
         | :|   {         u     / /  .|  {
         //l i  'l u            ハ   |   \
       ./   l  ハ, - ' ̄      ̄゛`'7 {,   ヒ、    \
      /    /   | _,. -、     ,-- 、\ l, ヽ ` \
     _l    /   ノ ´         _   人  | ノ  l
    / ゝ、 .::/    .イ ,,==ニ     'ニ== 、 | | ν  ./       「えっ!?」
  /  r-‐‐う__,∠´lム_´       ;        ソノイ ../
. /    | T/ l  | | {:`i      '      ゝ、イ::::;::/l
l     l  | _イ l, |/ l;:人     ( ヽ     /|::://´ /   |
|  ..::::::/ ´ヽ:::ヽ_ゝト- |、\ヽ. _   υ   ,. イ|::|::`f_'__, |:.   |
ヽ ::::::::::ヘ   ヽ、  `´:: ト-ノ:ハ:::::::|> 、 r '´ |:::::|::ヽ::::.  |::   |:..
 > ‐ ´ハ    `i   /`ヽ、_:ノ        |_::::l::::::\:.. ヽ..:|  l:::






        ο         / バシッ!
          O     /      ο
    ο         //  O
           ,;:''"゙゙'':.,/
 -―==ニ二 ;:     :; 二ニ=―‐‐
       O   :、,. ..,::'、‐-  _  ,、.
     O   //`v:: 、
        //   |   ヽ
       /    ο    O
      /






45812009/09/13(日) 15:26:19.30 ID:6Kdm6ZMo


  /     \ヽ::::::::::::::---´、      :::::::::: ヾ:::::::::
  |    ----`-´      }         -..入.:::::::::
  i    ヾ:::::::/    ,_    i            ``\_
  i     `..::::i     `--...λ_      ::::::::     `ヽ
  ヽ     \{ ,         `--...     ::::::::::::::::   }
   `弋    i |             `\   ::::::::::::::::::: /
     `へ   `i      ,`===---‐┐ `}::::::: ::::::::::::::/-..
       `ヾ i::::::\ ,     弋ノ::::::}  亅  i:::::::::::::::::::::/  }    あ……
        i |:::::::::::ヽλ    \_丿  ..   j:::::::::::::::::::/ く  i
        / /:::::::::::::´シi!     ---ィ´  丿::::::::::::::::::i ζ/
       / i!::::::::::::::::: リ     ///// 彡::::::::::: _λ::ヽ∠__,
       i  ヽ :::::::::::::j ´       ´---´  ::| `-::::::::::/
       i,     ヽ:// i          /::λ :i  i:::::::::/
       `゙------、..`:::ヽく__ _       i, i |  ::i /:::::::::i
             j i:::::`-..`´,_     ,/ ...ヘ  `《:::::::::::i
          ...__..ノ ::::》:::::::::::`---....,イ  }´  ゝ__彡:: :::::::::



          ,      /〃ハヾ  / ∧∨〃、ヾ} l| :}ミ;l\
        /〃// / 〃l lヽ∨,〈ヾ、メ〈 }} ;l リ ハ l`!ヽ.
          //' /,'  ,' 〃 l l川/,ヘ丶\;;ヽ/:'/〃∧ l ト、:l !
         〃,'/ ;  ,l ,'' ,l| レ'/A、.`、\;;ヽ∨〃/,仆|│l }. |、
         i' ,'' l| ,l ' l. !| l∠ニ_‐\ヽ;\,//,イ| l | l ト/ λ!   、
.        l ;  :|| ,'i:/ l| |:|: |``'^‐`ヾ∨`゙//|斗,l ! | ,タ /l.| l  三__|__
       l ' l |」,' l' lハ |'Ν    ̄´ /` ,|l_=ミ|! ly' ,〈 :|| |  口 |
        |l .l H|i: l | ゙、| l        _.::: ,!: l厂`刈/ /!} :l|    ‐┬‐
        |! :l |)!| ! |  ヽ      '´ ’/'_,.   ノイ.〃/|!    │田│
        l|l |l 「゙|l |`{             ..   _   |}/,ハ l     ̄ ̄
       |!l |l、| !l :|.      ‘ー-‐==ニ=:、__j:)  l'|/|l リ    、 マ
ヽ ̄ニ‐、__.」乢!L!lヱL」__           ー、 `'''´   从「 /     了 用
 \ `ヽ\      /l |       / ̄´     //        '"`ー‐
.  ,、  l  ゙、    / ' |、      {        /l/         ,
   '}  l  ゙,    /   |:::\      }     ,.イ/          レ |
   l  l   l  ,.イ   l:::::::::\__   `'-‐::"// |′          ノ
   l   !   K ヽ,、 \「`''''''''"´:::::::;;:" //
.    l   l   ト、\( _.... ヽ  .:.::::::::;;″ /'       _
\   |  l|  八、ヽi´    | .:.:::::::::::::i' .:/'"´ ̄ ̄ ̄ ,.へ\


その隙に、但馬守はシナイを取り上げてしまったという』



45912009/09/13(日) 15:28:09.00 ID:6Kdm6ZMo


     , '´  ̄ ̄ ̄` 、
    i .r-ー-┬--‐、 i
    | |,,_    _,{ |     いやはや、剣術指南役も大変だね、こりゃ。
    N|( ・) {(・ )|リ
     ト、  ,__"_   /      家光公も遊び心でやったんだろうけど、
    ,-/\_____/ヽ-、    それを承知であえて受けてみせた但馬守がいいね。
    .| ゝ .|   / < |
  . /  \ .|  ./ / |    これぞ宗矩流無刀取り!って感じだ。
   /_ ./|  . ヽ // ||__|
  (_)" |    |/   |(_)
     .|    |   |     まるで、『七人の侍』みたいな逸話だったな。
      |    |   |
      ,-" ̄ ̄|| ̄ ゙̄ー、
      ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄


            ___ _
         -‐''"´ ̄ `  `''ヽ=、
     ,.‐''"´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   r(:::::::::::::::::,、_ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::
   ゞ, rr~ヅ   ミ:::::::::::::::::::::::::::::::::    葉隠では、とっさの言葉が大事だ、とよく書かれてある。
    フハ       ミ::::::::::::::::::::::::::::::
.    l __,,. -─¬,〈::::::::::::::::::::::::::::::    人との応対をすこぶる良い印象を残すためには、
     〉゙゙`'''Tjフ ̄   ヽ::::::,ィ ,、ヽ:::::::    なによりもその場のひと言である。
.    /   ,.‐'"      }:::/ /ヽ ハ:::::::    
    /..             "´ 2ノ/ l:::::    武張った言い方をするでもなく、気の利いたひと言をいえるように
.   ヽ.ニ,`           __/ :l::::    するにはどうしたらいいか?
.     'ーr_‐;ァ       ィ    l:::
      〈..        /:{      ヽ    あらかじめ状況を予想しておいて、いつでも対処できるように
        `}     /:: ! i        事前に考え用意しておくことだ、とある。
        丶、,、. イ::::::    !




46212009/09/13(日) 15:34:24.22 ID:6Kdm6ZMo


         ___
    ,.'"´   ``ヽ、
   / .        ヽ
   }f^'^^了t^'^'`'1  |     柳生さん、これからも更新がんばってください。
    |_  ! __{  .!    『兵法家伝書』の完成、楽しみにしてます。
   |f'tr'i  ''^'tォ-`} !  
.    l ´ '、   ̄ ノ/
/⌒ヽヽ、 ‐-‐   j /⌒i   ……さて、お次はこちら。
\ /   > __,. イァ/  /
  ヽ、 ヽ |  / > .i、__/
      ヾV く    /


     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }       新・やる夫の関ヶ原戦線異常アリ
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }       http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/12973/1251286090/l50
  ヾ|!   ┴’  }|トi  }
    |! ,,_      {'  }
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ     こちらはやる夫が小早川秀秋を演じている歴史系スレ。
     ヽ__,.. ' /     ヽ    今は朝鮮出兵が始まっている。
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \




46412009/09/13(日) 15:36:07.71 ID:6Kdm6ZMo


             __
          ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
       /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
      /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
      ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!      まず、小早川秀秋という目の付けどころがいいと思ったよ。
      |;;;|      ノリ     ミ;;;|      大抵は若くて暗愚といったイメージがあるとおもう。
     _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ
      !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ      漫画や小説なんかでも、それに準拠した描き方をしてるしな。
     !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
     ヾ、!      !;     ,レソ
       `|      ^'='^     ム'′      では、実際の秀秋は本当はどうだったのか?
       ,rト、  ー- ─-:  /|        これからのやる夫の描き方もひじょうに楽しみだ。
    _../ i| \   ===   ,イ.:ト、
    /  i| ゙、\  ;   /リ.:;!:::\、_
       ゙!  ゙、 `ー─''゙:::;:'::::|::::::::::\
        ゙、      :::/::::::|::::::



               ,... -ー-、
.      /⌒ ー-、  :,'´;.;;;.;;,;;,ィ;;.ヽ
    / ヾ 、、、ヽ〉 :l;厶_  ___ヾ;;|
   //  7ヽ_|」」ノ  fi! r=! `'‘- .リf)        葉隠だと、やはり養父である小早川隆景がかかせない。
  / ,′  /       ヽ', '   " y!
. /     ,ム-.、        |、 こ'″/ |         天下の三陪臣でとりあげたことおぼえているかい?
..ヽ    ̄      ̄⌒ヽ_,ィ! `ーイ  ヽ.、       では当時の人からどのように評価されていたか。
  \  ヽ、__.. 、   Y!、   /L ___,,`ー-.、
     `ヽ、-== 、 У  i!/´フ    〃   ',   次の逸話をとりあげたい。
       `ー-、/   Θ''´          l




46512009/09/13(日) 15:38:13.67 ID:6Kdm6ZMo

(聞書3の20、3の45)

『伏見城において、小早川隆景公のふるまいのこと。
豊臣秀吉の御前で、朝鮮出兵の軍議が開かれた。


 |::    |l::.       |:::     :  .:::i|      :l:::|    .:|::::::::::|、   __」
 |:::.    ||:::.     |:::.     :: .:::l |    .::l::::|    .:::| ::::::::' ヽ(´|| | |
 |:::::.   ||::::      |:::::.    .::: l:::l !    .:::l:::::|   .::::l::::::::/   ヽ|| | .|
..∧:::::.   |:|:::::.    |i::::::..  .::::::l:::l l   .:::::;::::::!  .:::::'::::::/    ノ|| | !
::.. ト、::.__|:|:_     | l:::::::.....::::::/:;:' l   .::__イ_j__ .:::::/:::::∧rー'T´:::|| l  |    皆の苦労に報いるために、知行を与えたい。
:::::. | l\N} \_丁T'┘ lヽ::::::::〃/ ナ了 ̄レ  /イ::ィィ´:::/ _) l:::::::| .| |  |
ト、:::| |   二二_     ヽ/     _ 二二   ´|: l:/∠フ   |:::::::| .| 廴_j    けど、日本は狭く、地所も足りないわ。
゙卞.| | ´千¨モ_メ ヽ         ´ィキ_テ于` |: l イ匀′   |::::::|__j  |
ソ'| |ヽ  ` _ 一 ´           ` ─ _ ´  .!: |゙宀'″   i|::::::::::  |
  | |::|ハ                     イ:|:: |      ||:::::::::  |      この上は唐・天竺を攻め取って
  | |::|  、           {i          /  |:: |      |:l::::::::  |      皆に十分に行き渡るようにしようと思うの。
  | |::|  \        - =-         /   .|:: |      |:::l::::::  |
  .i| |::|   匸.>        ー        <___]_  |:: |      |::::|:::::  |
  .l| |::|´ ̄: : : : : : :`   . ___ .   ´: : : : : : : : :`|:: |      |:::::|::::  |
  l:| l::|: : : : : : : : : : : :f'〃ニヾハ: : : : : : : : : : : : :|:: |       |:: |::::   |
 l :| l::|: : : : :_: : :-‐ :八,ゞゆソ人: :ー: : :_:_: : : : :|:: |       |:: |::::   |
´l ::| l::|: : : : : : : :.:/: : :ゝ=イ: : :丶: : : : : : : : : :|:: ト、     |:: |::::   |

         【太閤 豊臣秀吉】


小早川隆景は賛成を口に出すと、色絵図をひろげ、山川や道橋の位置、兵糧などを打ち合わせた。


                        /^\_
               ,ィー‐ '⌒´ : : : : ヽ: `ヽ、
          , :≦7: : : : : : : : : : : : : : :ヘ : : : \
         /: : : /: : : : : : : : : : :∧: : : : :', : : : : :\
    rー<⌒\_:_ /: : : : : : :/ : : : :} ',: : : : :}: : :ヽ: : : \
    |: : : : l::..::..:ヽ/: :/ : : : :/ /⌒′│j: : : ト: : : ヘ \: :ヽ、
    |: : : : |:::::::::::' : / : : : :│: : : /   |:ハ : : |ハ: :l : |: : :ヘ
    |: : : : |::::::::::i :│ : : : : { : : : ,イ气 リ ヘ : 心}: }: :|: : : :}
.   /|: : : : }::::::::::| : | : : : : /l: : :/{::ヘ_∧   j/{rイ: | : h: : :′
   ' :|: : : : l::::::::::{: ∧: : : /:ヘ: 〈{ Ⅵ: : :}     Ⅵ: |: / }: /
  {.:::|: : : : |::::::::::Ⅳ::{ : :/ : : :V  ゞzソ     \Ⅳ ,j/     こっちの地方はこの道から進撃して……
  └┤: : : ヘ:___/⌒l: /: : : : :|    "   rー┐  }:ヘ
    | i: : : : : ヘ ー {^Ⅳ{: : : i: |      { .__{  厶/       あっちの地方へと攻め進んで……
    | }: : : : : : { : : ヽ、_|: : : l: l           / }
    |八: : : :∧ヽ`゛<ム : : h:{   ____ , く: : :│
    |{ }: : /  ヽ{     }: : :|ヘヽ、 /} : 八 } : : |

         【筑前大名  小早川隆景】



46612009/09/13(日) 15:39:11.09 ID:6Kdm6ZMo

それを聞いていた直茂公は、内心、不満だった。


           _,. - ―― - . .、
         /´..... : : :___ : :\
          /::.::.::.::./ ´ ___ `ヽ: :ヽ
        /::.::.:/::./ イ´: :: : : : : : `ヽ|:ヽ: !
      /::.::ィ/、:_!: :/:./: |::_::_-‐_ヘノ:l:l
       !::./ ,ト..十:T:ハ: |: : : l::..:.. l: : :|: :ト〉   。oO(現地にいないで、机上の空論なんか役に立つわけないじゃない)
     |::`メ|::.::.|:..,|:|  l lヽ: : ト、:: |: :|:レ|
      |::.:/| |::.:..|:廾ト、 ヽ \:| ,.斗l-:l:.,1:!
      l.::.L|{1::.:.l:.ト十::テ ー ' イォ:卞l/イ |:|
     |:.|:l:Lト!:.:.ト{  ̄    ,   ̄`|:.|:Lj:l   。oO(どうしてこの人は御前でいい加減なことを言うのかしらねぇ)
       !:|:l::.::.:l::..ト、    , -、   イ::l:..:イ:!
      lム|:.|::.:ト:..l |\   ´ ̄` /7:/、/ノ′
     /|: 「lト::.:|.ヽ:!  ` ーァ ´}: : j/ : |「ト.
      ハl: l:::l ヽ!: : :ト_- ― <|: :/: : : !!| l
    i  ヽ:.l:::l : : : : l _, ----l: : : : : :l:||  |

     【龍造寺家  執政  鍋島直茂】



ところが、直茂公が朝鮮へ渡ると、伏見の軍議で聞いた内容と少しも狂うことがなかった。


                   ,.-――- 、
                   ,厶-――- 、: :\
              ,.ヘ,.ィ//_,二二二、丶:ミ、: :\
              く/ .//´:!: !: \: :、:\|:|マニユヘ
            ,〈_ィ,.イ:!: :|:|: |: : : :!: | : l:|:| 〉ミニユ:、
         くノ/ /|:|T:トN\: :|斗|:T|:|:ヘ\>、\
           く イ: Nィf'㍉  ヽィf㍉、!:!'Yヘ、: :\-ミ=-
.           テニミ|:|代り   弋り }|:|厶- 、\: : \     これは……!
          /うー 、∧:、   __'__    /厶イ-、}  )⌒Y!
      r‐'´.:.:.{ ____| lヾ:.、 、_丿 ,. イ/ |-r、):.:>.、  ,リ     小早川どのの言われたとおりになってる……
      i:.:.:.:.:.:.:⌒う | |  \辷ァ´/'l ト ):.:.:.:.:.:.:.:.`i
      ∧:.:.:.:.:.:.:.:.:廴ム∧  /:Y:\  ハ. }ーう:.:.:.:.:.:.:.:.ノ
    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./Y   `∨.:.:.ー}-:.:.∨ ノ ∨.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
   {:.:.:.:-―く´ ̄ .{    `⌒^Y´    jノ ̄`ヽ-一:.:.ハ
    \:.:.:.:.:.:.:fマヘ、 \   \ {     /  ,rノ.: ̄.:.:.:,ノ
.      \r‐'^ ノ \__}`ー一'^ー` ー一f´ /う┐.:.:.:/
     ⌒゙<   } ,ハ入 \ __    ノ}ア    え'´
            `>イ  ) \       { \_,. イ〉
.         r「r、_,ノ/   \ー一  ハ  }fヽ.{
          `ーrくV            /  ヽニニノ′
           _,ノ〉/   {  、  ノ ./   { _{_
          え7     、  ̄ /    マて



46712009/09/13(日) 15:40:24.32 ID:6Kdm6ZMo

のちに、直茂公はお側の者に言った。


           /:::::::: -―――‐-\:::::::::::::\
          /::::::::/ .-―――─-、}:::::::ヽ:::::::',
            /::::::::::レ'::::::::::::::::::::::::::::::::::::|::::::::::| ̄ ̄/
            ,'::::::::::::::: /:::∧:::::::::::、:::::::ヽ:| ::::::::| _,/
           ::::::::::::::::メ{::厶:::、:::::、:|\_:::ハ::::::::::| \::|    「あの時は、余計なこと言わなくて良かったわ。
         レl::::::::::::::::レ,_,_Vヘ::::リ,_,_∨ |::::::::::|、 〉
            |:::::::::::イ(__) ∨(___):::::::: ハ/::|    あやうく大恥をかくところだったわ」
            |::::::::::::j⊂⊃       ⊂⊃::::::/ノ:::::::|
            |八:::::(           |:::::/:::::::∧|
     (⌒)   ∨l\个r::..._f^)`^′_... イ::::/ :/::/
    (⌒   ̄|     ∨レく三] ̄/ /,|/∨|/
    ゙て_) ̄     /  ` || .///  /ヽ



                  +
                    ┼ +
       .....................          .........+.......   +
      ::::.:;:-:::‐::.-::、:::::...   ..::┼:::-::::+:::‐:::+:::::_..:::::
     .:::;::':::: :::   :::`::、:::  :::;::':´::: :::      ::::`'::,::::::...
    :::,':::+::::     ::::',::.:::,.'::::......::::+::::...      :::'::,+::
    :::::: +::::      ::::',..,':::;':´::     ::`:':,::┼::.  ::::::;::::
    :::: :: :::.     /`ヽ,ヘ/´`\,.ヘ,./`ヽ、 :::'::,::.  :::::::':.,+:::
    :::':,::: ::::: __/      '           ヘヽ、::',::  :::;'::  ::',::::  +
    ::,::´',:: ,ィ´/    / .|   :::         ハ. \_ ::::,:':::  ::::;:::
   .::;'::+:/::::/     :::| |   ::i:|ヘ、、       ヘ./::::∨´}、   :::::::'::,::
   :::::: 〈:::::::/ /  ::,ィ'⌒||  ::||  | ⌒ヽ  ::  ハ::::::::;〉 |::::〉 ::,':::  ::':,::     小早川隆景こそ、天下の名人ね』
   ::::::::: \j :∧  :::::::j j∨ :::|'  | ト、  ヘ:: i:: |;/ |:ノ ::,:':::   ::::':,::::
   ::'.,::::   |i'/:∨ ::::/| / ∨ ::|   | .| ∨  |:: ト、|::::  | :;::'::    ::+::':,::::
    ::'::,::::.. ノ ::::V ::ハ. |/___ ヽ、|  _ヽ|_ ∨ .j、:: |::::::  i |:'::`::、:::      :::::
     :::`:,:j/| :::::∨:ハ '´゛``     '´゛`ヾ∨:::ヽj:::::::::::|リ:::  ::':,::..     ::::
      ::,':::: |:::::::|:::::::j      '      ノ }  ::;小、::::|    .::::':,:::    ::::
     :::,'::+:: |:::::::| :::::ヽ、    ー'   ,ィ' /  /:::リ ヽ{    ::::::',::   .:::::
    ::::::::   j:::::::| ,/|:|+:` ‐┬ τ´ :jノ'| /::::...     :::┼::.:::::: ::.,:':::
     :::::::.  ノ:;/∨ リ :::__,ィ'j  .{,ヘ、__ j,/:::+::.        :::::::,::'::::
     ::::',:::: '" ::+::: ,イ´ヽ`-‐'" / `ヽ、:::::::     ..:::+:::::'::
      :::'::,:::  ::+::: / :i  ` ̄ ̄   i   } :::::        :::,:':::
         :::':::,::::..  / :|           |   | ::::::      :::,::':::




46812009/09/13(日) 15:42:42.25 ID:6Kdm6ZMo


               _ ___
           、=''"´  ´  ̄`゛''‐-..、
         ,.,r'´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`゛''‐、、
        ,.':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ィ_ ,.,::::::::::::::::)ュ
       ,':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ   `ゞ~rr ,イ
       {:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ミ       ハフ
       l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〉,¬─- ..,,,__ l     ……というわけで、器量、知恵ともに大いに評価された
       !:::::::::::::::::::/、, ト,:::::::/   ̄弋jT'''`゙゙〈     小早川隆景の話だ。
       ;:::::::::::::::::ハ /ヽヽ::::{     ゛'‐.,   ヽ
       j:::::::::::::::::l ヽ(,2 `゛           ..ヽ
        !:::::::::::::::l:  \__           ´,ニ./    秀吉の朝鮮出兵は失策だったんだろうけど、
        リ::::::::::::l     ィ       ャ;‐_rー'     じゃぁ、当時の人々にとっては必要だったのか。
        ,jゝ:,r;ソ     }:ヽ          ..〉     関ヶ原スレではそこのところに注目している。
      _/:(  ` -., i ! :::\      {´
_.、..::ー:: ̄ヽ;:::::::::\     `-!  :::::::ゝ .、_, ,, ノ
:::::::::::::::::::::::::'、::::::::::::\    `\ `'j(,




        ,..-一ー''゙゙ ̄~゙'''ー- ..、
      /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;. \
     .,i";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.;;;ヽ
    .|丶;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.!
    l丶;;;;;;;/!マダ゙'''!゙'V┐;;;ii―=i,xri-、;;ヽ      龍造寺家の場合は、この出兵に関しては
    |;;;;;;;;;;;,!       ゙゙.!;lリ     .!;;; !      かなりノリノリだったようだ。
    |;;;;;;;;;│          !′     .!;;.l'
    .l;; ∴/⊂ニjjjニ;;m   i..ニニjZニ'll、!
     ]/'.l.|  {’| .゛    ‐ .L|  ゛ i!│     やっぱり、直前の島津との戦いで
     ,!゙ .川  `~゙゙-    .! '''`-´゛ l l      領地が減っていることが大きかった。
     ヽ ゝ            !     !.|l゙      
     .'Lヽ         ,    .l゙/       なんとかひとやま当てて、困窮から脱却したい、
      l'ァ.l       .゛.'"    .|’       そんなところだったと思うな。
      .リ ヽ    '二ニニア   ./
      /'゙i  .ヽ    . .. ‐   ノ|
     /゛ .i′  \        / ; |`'、
 ._..-''ア  ll  l  .\、 ." .,/;;;;;;;;l.l \
` .. l゙  .!|  ..l    .`゙゙´  ;.,;;;;;;;| !  .゙ぐ- ..,,_



46912009/09/13(日) 15:43:52.90 ID:6Kdm6ZMo


                              __
                           ,.-''";;;;;;;;;;``'ヽ、
                         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、
                        /;;;;、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、
                        ,!;;;!゙`''~^~ァrr-'゙`'´''ラヘ;;;!    龍造寺家は、先代の肥前の熊こと、
                        |;;;|      ノリ     ミ;;;|    龍造寺隆信による、鉄砲の大量導入とか、
                       _ゞ;! r─-- 、  ,rェ--- 、ミ;リ    武士の雇用などで、軍備に過剰に資金を
                       !ヘl;|. ぐ世!゙`` ,ィ '"世ン 「ヽ    投入していた。
                       !(,ヘ!   ̄'"  |:::.`  ̄  ,ドリ
                       ヾ、!      !;     ,レソ
                         `|      ^'='^     ム'′    ふところの具合からしても、
                          ト、  ー- ─-:  /       朝鮮出兵は切実だったわけだ。
                          | \   ===   ,イl
                       |iヽ, \  ;   / .,l|
                           _ノj  ⌒)ー─''(⌒  !!、_
               ___,.、-‐''"´   ヾ<<  | | |  >>〃  ` ー- 、、__
        //^/^/^/             Vγ人ヽV             ヘ'ヘ'ヘ'ヘヽ.
       .〈/_./_./_./_        γ   }}γ⌒ヽ{{   ゝ、       _∨∨∨ム
       /:::::::::i::::::::::::::::::::::::::`ヽ、  {{   ノ {{   }ハ   }}   /::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::',
.       i::::::::::::!::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ. ゝ==ムノ人____人ソゝ==ソ  /::::::::::::::::::::::::::::::::::!::::::::::i
.        l:::::::::::::';::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ>ニニ¬⌒∨⌒¬ニニ<ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::,'::::::::::::l



     ,, - ―- 、
  ,. '" _,,. -…;   ヽ
  (i'"((´  __ 〈    }
  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }
  ヾ|!   ┴'  }|トi  }
    |! ,,_      {'  }         関ヶ原さん、これからも頑張ってください。
   「´r__ァ   ./ 彡ハ、
    ヽ ‐'  /   "'ヽ       次の投下も、楽しみにしてます。
     ヽ__,.. ' /     ヽ
     /⌒`  ̄ `    ヽ\_
    /           i ヽ \
   ,'              }  i  ヽ
    {             j   l    }
   i   ヽ    j   ノ   |   } l
   ト、    }   /  /   l  | .|
   ! ヽ      |  ノ    j  ' |               <<おわり>>



関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/1679-2f769eae

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /