FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです その104

ブログトップ > やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです > やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです その104

2830レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:22:33 ID:Ihm8o8f60



.            /       r'⌒ー'´___ /\_}\            ハ
         /     r‐ミノ}. ´: : : : : : : `ヽ , (ァ‐ミ     /  }
               __) ア /: : :|: : : : : |: |: : :∨  }_
       /      {  `/ i: :i: : :_|_:_:_: : :|: |: |: : ∨‐‐}      /
.        ′      r〉‐.′|__|厶=-ミ  ̄` ニ\|:|\ {:       ′
.       |{       乂. i: : i : |` ‐一  { <__ノ:|「ノ ノ
        八           ゝ|: : i : |       〉   .: :ノ´     /    では、後10分ほどしたら、投下を今度こそ
         \          |: : i : |         八|i    ,..
         \      ,: : :i : ト.、      /: i |i -‐         始めようと思います
.             `  .. __: : | i : ∨ ≧o。 イ___ : i |:i
                .: : |: i: : :V⌒ヾY^´Y i: i |:.i          皆さん、よろしくお願いしますね
                  /: : :|: :i : : ∨ _,}i{_ノ :i: i |:.:i___
          . 斗-=く \´∨:!: : : | 〈 〈..:..:)〉 \|: :i‐- .. __
.         /ニニニ(Y辷V〉 \: :i:|__,〉、〉〈厶   |ノ //乂}トミ
      /ニニニニ/ `辷V〉  〈ヽ. . -=}〉-. . ..┐ //乂}ニニ\
     〃ニニニニ ,   辷V〉/{. . . . / oヽ . . 、レ'./乂ノ ニニニ `、
     //ニニニニニ.′    辷V〉_八__/   \.ノ}乂ノ   ニニニニ`.
      |{ニニニニニ    :   /^ー' {{           ⌒´}} ∨ / ニニニニ:}|
      |{ニニニニ/{   ::. {   ...:{{:::::::......  o .....::::::}}::... }/  ニニニニ}|


2831名無しのやる夫だお2013/10/14(月) 21:23:35 ID:1wF5lAwc0




2832レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:31:47 ID:Ihm8o8f60





                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


2834レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:33:41 ID:Ihm8o8f60





    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
    |  ――――結論からいうと、だ  |
    乂____________ノ









    __ - '"_/////////////////////////////∧、
      ̄ ̄//////////////////////////////∧
     //////////////////////////////////ヾ、
     ,.'/ ////////////////////////////////∧ `
   /´ .//////////////////////////////////∧
      i, ヽ///////////////////!/lヾ´ l/,ト、///ヾ}ヾ
    _,!'! rl/!//!// l/!////l.{/!l///,lヾ,l   l,'! l/,l//rヽi
_. ‐   !',! lヽl/,l !'/._l'ハ///{. l/!ヽ//,l ヾ  _,リ_,}/!/!Y;' ! ̄ ー   _
.     |'∧丶!/l.l'{ ,了气//! l'| ヽ/,l ,.イ下" レ'|/ ノ /
.     l'  ヽ. !'l l! \乂z人,'! ヾ  _ゞlヘ辷.乂/ '. /          治療は無事に完了した。肉体面の不安定さやもろさ……
         l`l!-!   `   ´`  、  -`  一   ! ' !
         l   !        /|         ,  |           記憶に関しても問題は無い! 本当の意味で
         l     、      ヽ!              !
         l     \ 、--   -―一 7  . '   .!         万全とまではいかなかったが……
        l     ゙、  `ー――   ´/'      !
           !     \. 丶      .  /      .!
          l         \.` ー ´ /         l
         l     / ` ー \ / '´ \       !
\          l    /        |.     \   l








       / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._|.ィ i    iff  |   .ヽ
.       / // .,'k|  |    :|  |_ | . |..,斗<_, _|    ! .从   .ト、\
      {.:{/  .i  ! :| i __j_,ノ゚| : | .:j ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ
.       |/   | :|  ! !  てr上.从.八 .ソ { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ
      У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!     ゞz,,ン,' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}
       /     :| :| . 从从抃! 下ツ/      ¨  {     ,'   |    ヽ .\ リ
.      /    八| :| /   乂八ー弍″   '   "" / イ  {  ハ    \ .>   以前と比べれば、とても満足できる状態ですね
   .イ    {  ヽУ/  入  ヘ   }   ー '   .イ   |  :!   :i   ,   ハ
   { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i      改めてよろしくお願いしますね、皆様
   | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.   ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ     ―――兄がご迷惑をおかけてしています
   ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八
   イ川   (    {!   /     ノ/>> X<<} い     }  Y  ノ


.


2835レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:40:10 ID:Ihm8o8f60




     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|         うーん、ロジェロはあれはあれで我々パラディン的に見ると
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    _  _   !i::i ::i :!、V .i i!          優等生すぎたしな! これくらいの騒動は気にしないさ
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    ヽ´.   ノ  ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__    ―――それと……久しぶりだな、マルフィーザ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ





                   _
                   ´))       、__
                     {!´    ___`⌒}! __ _
               , -‐r仝ァ'´ ̄      `>(そ})  `ヽ
               /_/外ツー‐     ー'´ ノゞ匕ー'⌒ ト、
             /(⌒iー' / 〉´    l i   `ヽ    } l l |
           /|   ヘ  / /   |  | |  | l   \ /  .| l |
.           / リ    ∨ l ! |  | |  | |   /   | l 八
          / ./      ハ l l .|  | |  | |  | /    .|  ヽ\
          / '    } i |斗 十  | l 十 ト V   八 \ 丶ヽ
.        /'  | l   /  } |八__从 l 八 l 从リ|   /  l\  ヽ∨
         l!  | l  /  バ f仟ツミ〉    '__  |   ,′ /..リ \ ! }
         l!   },′/  /_乂ニシ     ´ ̄` l   i   | ∧  ) ト'
         ヽ ノ' /   '((⌒ヘ ̄^   ,  """ .|  l   l/ 〉 V ノ      ええ、お姉様。ご無沙汰しています
         /   八  V )} ノ丶.   r― .  ィ |   ',  ∨ i´ |
        / /   /  \ ヽ く /r'≧ `ニ´<)ーァ∧  ヽ  \li |        これからは私も力をお貸ししますね
.       / l   l     }\ }_`>く=ヘ'~^〉⌒^7'、__ \  丶 \}
       |  }  ∧   ハ>=‐く < f⌒´,ィ  λ  }=- 、 ヽ      ヽ
       |  l l  ハ   r'      \l⌒ー仝、_} 'ー'´   \) ヽ     }!
       }  V'  } }  }      丶ヤ> __<リ      l      八
      人/   |/   |        V^L_〉 〈       }     /  ヽ
      /    /   ハ       / ヘ j  !         ′ ,'  /   ハ
     /  /  /  / \     /     }      /  / /   / }
    /   / /  /    ,'∧/  〈   、__ ∧-‐'  /″   |   / /
  / ′  l!/  /    /  ハ    ∨  /⌒レ'7   ハ     }  ′ |
  | l   |   ,'    /  ,' ∧    !  `~7 /   / l     V    {
  | l   }   !    /  /  ∧   レ'7__ノ ,′  / 八   ヽ  ヽ   \


2836レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:43:18 ID:Ihm8o8f60




                /:::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ:ー‐:。--  ..,,
                .::::::::::::::::::/:::::::::::::。:゚::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。`ヽ  `丶、
                 /::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::.   \   \
             /:::::::::::{:::::::::::::::::::/{::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::゚。:::::::.    \
               /::::::::::::::i/:::::::::::::/|ィ:::::::/:::::::ji:::::::::::::::::::::::::::::。:::::::.       \
            /:::::::::::::::::i|::::::::::::ィ{ ト|:::::/{:::ハil::::::::::八:::}i:::::::::}i::::::::.
              /:::::::/::::/:j:i|::::::::::汽№Ⅵ\リ }::::://{ }::}i::::::i::}i::::::::i
          /:::::::/::::/:::i:i:|::i:i::::代ッノゞ{    |::// ノ |::}i::::::}::}li:::::::|
.          /:::::::/ :::イ::::i:i:i|::i:i:::| `¨      j/´_ ̄ `!:i:i:i:イ:i:i:i:::::::}
         /:::::::/:::::::j| :::i:i:i|::i:i:::|         仡ア歹》ィ:i:i/リ:i:i:i|::::iハ   うむ、同じく改めてよろしく頼もう
.        /:::::::/::::::::::i|::::イj|::i:i:::|        ゞ-゚ /:|:i/ i:::i:i:i:|v::} 。
       /:::::::/:::::: -=≦/ .:|::i:i:::|  、__  ′   /:i:i:i:|/i:i:i:::i:i:i:| ⅵ :,   ―――さて、本当ならばもっと積もる話をしたり、祝うべき事を
       ノ::: -=≦ニ/ニニ, :.:.:|:i:i:i::|\ ` ´  ,.  ´ ̄ ’<.:::i::i:i:i:| }| │
      .イ二ニニニ/二ニl .:.:.|:i:i:i::|  >≦!ニ「 /.       ’< :| jj    祝うべきなのだろうが、まずは詳しい現状を聞かせてくれないかい?
.    /ニ|ニニニニ/ニニノ:--|:i:i:i::|r:.:/:.:.:}ニニ.>' / __.       ヽ  |
   ,《ニニ|二二ニ/ r< : : : :..|:i:i:i::|/ ̄\ニニニ\\ )ニ>。    }  ノ





         .,..-――‐-.、
      /        \
     ./  ―‐   ―‐  ',                               f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     l   ━    ━   l     あのー、もう少し余韻的なモノは…… |  積もる話……昔話より今の話をする方が切実だと思うが?  |
    _l            ,'_                           乂_________________________ノ
    \.ヽ、 (_人_) //
      /\.>、---- ,<./、    アッハイ……確かに色々と切実なのは事実だおね
    .,'.   \ ヽ〉-〈/ /   ',
    l.     \ヽ /./    .l
    |.      `Y´       |



.


2838レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:45:56 ID:Ihm8o8f60




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          カクカク  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                              |  説明中  |
                              |_____|  シカジカ
                              , ノ  、 、||
                         l(● ●)| ||
 ■ □ ■ □ ■ □ ■ □       | (_人_) | ||       □ ■ □ ■ □ ■ □ ■
                          ヽ    ノゆ
                         /      ソ
                          ||    「
                          (|      |
                             し    J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


2839レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:46:50 ID:Ihm8o8f60





              __...::::::::::::::::::::::::::::::......
          ,   ´::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
         /   /〃:::::::::::::::::::::::::::\:::\:::::::::。
        /   .:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:。:::丶::::::゚。
     ,.:′  /:::::::::::::::::::::::::/゚。::::::::::::::::::::|:::::::゚!。::::::.
      /    /:::::/::::::::|::::::::/  ⅵ∨:::::::::i|::::::::|:|:::::::i
     .′   .:::::::゚ :::::::::|::::::′  リ斗匕::ハl::::::::|:|:::::::|
     |    ,::!::,゚::::::::::/|/   ´   ∨ }::::::::|:|:::::::|
     {     ゚:|:::|::::::::/ ̄`       x==ミ l::::::::lノ::::::::.      なるほど、式の救出を明日行わなければならない上に
        |:ハ:ハ::::八x==ミ         |::::::::゚i:::::::::::.
        || |:| |:::l  :            |::::::::::}i:::::::::::.     加えて、明後日には聖杯戦争大戦が開幕される可能性がある、と
        || |:| ゚;::|   i、    ' __,      ィ::::::::::i:i:i:::::::::.
        || |:| ゚:{  l个o。.     / !:::::::::i:i:iノ=- ::.    ―――急に難儀な話になってきたね
        |l 乂  乂, |:::::::i:i}「 ̄`ヽく  /::::::::::/ニニニニム
        ゞ   \  /::::::i:{二二  }ィ:/:::::::イニニニニニニム
              .:::::::::∧ー‐   |ィ/:::::/ニニニニニニ二二|
             .::::::::/ニムヽ   j :|::::::|ニニニニニニニニニニ}
             |::::::.゚ニニ{/  .ハ│::::|ニ/ニニニニニニニ∧
             |::::::|ニニム   /∧|:::://ニニニニニニニニ/:::::.








          ,ィ''´_二----`' - 、__
      /, イ_, _, - '´     ```'‐、_
     /7'´// ,   / i|   |     `ヽ、
    // ./7/ / / / l     `、   ,__rfミヽ
    {i'.l // /../ / ./.i |      ゝ、 ト{ ,r‐i 、
     Vr-i ./ / イノ/ ll l  i i  i i  < f 、ニノ_
     {薔!i′/ //i'li il  //  / .i    \\彡ン
      __ーi Ⅳ / ノc!l、 l/ /∥ / /      i .l i       ですね……先の事も大変ですが
    i'     i'.i' 汐 / イ.ノ ノ /     / /i ! !
    }    ゝ`ー- ナイノ./ .ノ / / i'  l l ! l       今はそれが先決ですね
     'i、       /イ -彡イ /イ l  l  l l ヽ
    i ′  u  _,,イ'´_ ィ/  /イ i l  .l  i l l、     ―――早速ですが、現状の私の力について説明しましょう
   r、!     { i // /イ/l  l l  l  !l ヽヽ 、_
   `i i`ー- 、_ ヾ {./  ィ   l l   l l  l  ヾi  \\ヽ、
     ! 'i i'´ l:::::ノlヽ ヽ< |    ll   l  !  ゝ、  \   \
    | i>_.、_  / i、`i |l    ll   l,     ゝ、__ \   \
    l -'´__r_'f´i i-} l !l    l   lii    、 、 `-i、`-、
     i  ___ノ,.!にニイ lヽ   l    illi    ヽ, i   i ヽ \


.


2840レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:47:37 ID:Ihm8o8f60



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


2841レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:48:07 ID:Ihm8o8f60
┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:マルフィーザ             【レベル】:50      【アライメント】:中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━┓
  【筋】:20       【耐】:10     【敏】:30       【魔】:30      【運】:50      【宝】:50
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━┫

                        i´` 、
                        `  )     _ _
                        i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                     __;,.〃y/            \   `´ヾ
                   ,__ >/ノi   /            `\ /´´
                   iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
                _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
              ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
             / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
            / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ
           /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
           |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |
           |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |
           ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |
            \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
            //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
          /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
        / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
      / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、
     /  // il l  /  / l  / \>_`___   ,-、 <il   ヾ  --- 、i´-フ         i ヽ

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


2842レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 21:48:40 ID:Ihm8o8f60
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

  【スキル】

   ○カリスマ:B
     集団を率いる天性の才能。
     カリスマは稀有な才能で、一国を率いる者としてはBランクで十分と言える。
    自陣営に参戦しているキャラクターの数×「5%」の勝率補正を加える。

  ○勇猛:A (分類:一般 タイミング:効果参照)
     【筋】での比較が行われた場合、その自陣営の数値に「+15」する。
     自陣が受ける数値的ペナルティーを、1回の戦闘で「10」軽減する。

     威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
     また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

  ○武芸百般:A+ (種別:一般 タイミング:メインプロセス)
   自陣営の【筋】【耐】【敏】の最終値に「+10」する。
   類まれなる武才を誇る。
   剣術、槍術。投擲、格闘術を始めとする多数の武芸をBランク以上の習熟度で発揮する。

  ○仕切り直し:A (分類:一般 タイミング:メイン)
    このキャラクターは1度の戦闘中に2回まで、ランダム要素のある判定を振り直す事ができる。

    戦闘から離脱、戦況を立て直す能力……特にマルフィーザは戦況の立て直し、窮地からの逆転を得意とする。
    彼女は、この力で不本意な形による物が多いとはいえ
    一流の英霊達との戦いや戦場を幾度も切り抜けてきた。

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

   【宝具】

   【黙示録の太陽(ヘリオス・アポカリプス)
    ランク:A 種別:対軍宝具 レンジ:5~99 最大捕捉:50人】
     【筋】、【敏】、【宝】の比較に1度の戦闘中に1度だけ、「+20」する。
    敵陣営の戦闘結果の振り直し、再生、耐性付与の宝具、スキルを1つだけ無効化する。

    伝承の中では語られなかったマルフィーザの剣にして、彼女の先祖ヘクトルの槍。
    元々性質、姿を変化させる事が可能な宝具であり、槍、剣、篭手など幾つもの形態に変化ないし、
    武器や肉体を纏わせることで強化すら可能。
    魔の扱いに長けた兄と双子のだけあり、マルフィーザも魔炎の扱いに長けている。

    神代の時代からの多大な年月の経過とデュランダルと同じく再度、
    天によって鍛え直された事により進化し、陽炎ではなく太陽と称される程になる。

   【熾天制する、黙示録の七征(ヘリオス・アポカリプス)
    ランク:A++ 種別:対城宝具 タイミング:クリンナップ 属性:火力】

    自身が支配したインド、ペルシア等の7つの国々……
    そして、ヘクトルが撃ちぬけなかったアイアスの7つの花弁を見立て、名付け、編み出した絶技。
    ヘクトルの子孫として代々伝わり洗練されてきた技が基になっており、
    投擲を起点として、同時に7つのまったく性質の異なる攻撃を、7パターンの型に派生して放つ。

    …………のだが、病み上がりにして不完全な肉体、ブランク等の要因で使用することが出来ない。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2843レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:00:05 ID:Ihm8o8f60



    ____/:::ハ:::::::::::`=-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::"""""":::::::::/
    .i:::::_,,::::∧',:::::::::::::::::::::`=- ,,,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,'
   .,':::::',::::::::::',:i:::::::::::::::::、:::::`=-、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,.イ
   ./:::/:::',::ヾ:::!i:::::::::::::::::::::::::''==-、_`''=-..,,,,,,__:::::::::::::/   , 7
  /:::/:::::::ヘ:::ヾi!::`ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::""''"=-二,,_-='--=''":::/
 ./:::/:::/:::::::i| 、:i!`ヽ、:::`ヾ、-,r=--、 r,、=、=::'':::"::::::::::::::::::::, イ
  !::,'::::i!:::::::::!i `!、\/彡 ≧!,,_  ',| 、  }:::::::::::::::::::::_, イ
  ',:i |::ハ::::,:::|',__ | ` '、イ ゝ-ソ.   .! ' }./:::::::::::::::<、,,______     サーヴァントとマスターの中間……と、言った所か
  i! ',i!:',::::',::', 、r..、  \''"      _,/:::::::::::::::,,_____,,.. イ
  .! i ',ヘ::::',::`,'=ヲ    `      ハ:::::::::、::::ヘ         思っていたより期待は出来そうだ
     ',::`、',` ',く             / .',::i:::::',`ヽ、' 、
      ヘ:', `i、:`、  , --    ,   .' ハ::i、'.、  `        ―――それで、記憶が戻ったようだが、何か有益そうな情報はないのか?
       `' i:::::i:::\     ., イ , -=' i! ` ', `
         |::/.i::::::::`::、_, .く r='"   , -='":`、
         !:' }::::::∧:r'  V}   /::::::::_, -='"` 、
        .'   !/, }:|.',  }|! ./:::::::,r'r'":::::::::::::::::::`=-、,,_
              !'| |'V,'|!/:::::::::/,イ:::::::::::::::::::::::,r='""::::ヽ
            ,r//,v'/'./::::::::://:::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::ハ
           /::/::/ .,' ./::::::::://:::::::::::::::::,:::::/:::::::::::::::::::::、::::',
          ,':i::,'::/ ,' /::::::::://:::::::::::::::::::i:::/::::::::::::::::::::::::::\:',







      //    '  /  |/   .′ )} | |   |  |  |  l  V|
    / /     l  |   |   | r‐'イ | |ハ |  |  |  |   |.|
     |! l     |  |   |   xy、__L 八|从ノ 十‐ト ′  l |
.      ヽ   |  |   |  ノィr‐辷ト、 i! /  ノ / /  ,'八|
       Y  }  |   |   〉Yゞ少くj}    ィfラ゚癶、′ ./   \
        |  |  ∧  ∧  ゝ込匕シ   弋r少/  ィヽ    \    これと言って特には……昔の聖杯戦争についても
        |  | ′|  ∧ ((~´ u     ,     / l ト、 \   ヽ
        |  |/.  |  / ヽ ゝ=、    。   ィ{  | | \ ヽ       最終決戦の途中で、私はリタイアしましたし、今更当時の兄様達の
        ノ  ″  >-、ノ^)ハ   ))> r、_<  人 ' |  ハ  〉 ,  |
       /  /  /     ノ|    Vっ (\ヽ^7ヘ\ \  |. / ″ /   能力を伝えても意味は……あっ、いえ! 一つありますわ
     /  /   |  ,′ _ ノ    } 〈 r、ヽヽ\j  \ \|/ / /
   /   , ′  ノ   /´    _.ノ><} V ^ Y  ハ   Y  ∧
 /    (   /  /   / ̄ ( ヽ~^ー'^ー|     l    }   }  l ヽ
.〈      人 〈    /  /     丶    ∧    !  /  /   |  \

.


2844レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:01:03 ID:Ihm8o8f60



                            `'=,
                ,,,  ,---- ―=r='⌒、  《
            ,   ,《/ ,,- ―― ,_ `ーr、ソ-イ__
           《  ,,r''´    ヽ   ヽ ̄ヾ<{イ示}>ヽ'
            ゛ー/ ,ノ 、 i  i! ヽ  丶,ノ/ 弋Yス´、
          ,-'⌒,'  !/  !ハ  !从 .!.  ',/!/ 》ヘナゝヽ,
          《  /    》!, !/!∠!ィゥァ!   | i ! ヘi'》、', ヽ\
          ' ,' !i  iヘ《-z i' 弋ツi!  i!ヘ!i | !jヘヽ ,i、ヾ ヽ、、
            ! i! ぐ必ソズ     |  .| | | /\`V、  tー ベヽ
            ', |y !`レy-' 、    ! ', /|ヘ V 、 ヾ, !  \   `)、
            V \,,iY ´    ,   ヽ! i/ i ヽ ヘ ヽ、ヽ    ',     `ヽ
             ヽハ 《リゞ、.  ゛    /r'i !、 \ヽ  ヘ ヘ   '、      .\          私がどうして不安定な存在ながらも
              `iヾ/ ハヘ`フーァ-イ |、 ! ィ!´ ̄ ̄ ̄`i!ヾ, ,,,  ー - 、     \
                  ! i! / i ノ`i弋! /|  ヽ/ >'        ', ヽ `ヽ   \    ハ        こうして生きていたのか? その真相を
               | / i! ! / y'_ -!‐'ナ /          !\         \ \  ヘ
              !/  //!< >!_ > ノ /          ハ  、ヾ  ト   \ ハ  ',     いえ、ムーンセルに干渉し、私を助けた
                  / ヽ' ! 夂 > ー'グ        ,へ   \ ハ ', ! ヽ  ハ !   i
              //. / V/ ゥ 7_ ,,r!   /!、 ./  /   .>   i ノ  ソ  ヘ   i!    人物について語りましょう
              / i_/ミr vョ' r上ー'ナ>ヽ、 へ  / /  ,,イ    イ i 、    ',   |
              / /,>>/i <ニ>,又    ̄>、 ,, />'ヘ \  i !イ  ヽ    | i
              / / ,ゝi/ / ヒーニ,冫      / く´    /! \ \ ヘ、   i    !. /
             / / ヾ i|  i  y⌒t-'´   /     >  -=ヒ''|   \ \    !     !ノ
              ! !   } i!|!,/ト-'             /´ ',     !. !   \ \  ノ    ノ!
              ゝ 、  !| ,,yイ          /    i    i ハ ノ   `ヾ'、   /!'
               \ \ | ! i              / ヘ,  |     | i .  / !  ` ー、
              ヽ、ヽ! |_v          /  ヘ\|    !i  /   i   /
               ,入y'' |         /ヘ、   `ヽi    入,/    ノ  /
                 ,/ ! 》-i 、   =‐- ,,>ァヽ、,   |!   | ヘ      /

.


2845レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:07:53 ID:Ihm8o8f60



                /:::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ:ー‐:。--  ..,,
                .::::::::::::::::::/:::::::::::::。:゚::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。`ヽ  `丶、
                 /::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::.   \   \
             /:::::::::::{:::::::::::::::::::/{::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::゚。:::::::.    \
               /::::::::::::::i/:::::::::::::/|ィ:::::::/:::::::ji:::::::::::::::::::::::::::::。:::::::.       \
            /:::::::::::::::::i|::::::::::::ィ{ ト|:::::/{:::ハil::::::::::八:::}i:::::::::}i::::::::.
              /:::::::/::::/:j:i|::::::::::汽№Ⅵ\リ }::::://{ }::}i::::::i::}i::::::::i
          /:::::::/::::/:::i:i:|::i:i::::代ッノゞ{    |::// ノ |::}i::::::}::}li:::::::|
.          /:::::::/ :::イ::::i:i:i|::i:i:::| `¨      j/´_ ̄ `!:i:i:i:イ:i:i:i:::::::}
         /:::::::/:::::::j| :::i:i:i|::i:i:::|         仡ア歹》ィ:i:i/リ:i:i:i|::::iハ     ほう……差し当たって必要な事柄でもなさそうだが
.        /:::::::/::::::::::i|::::イj|::i:i:::|        ゞ-゚ /:|:i/ i:::i:i:i:|v::} 。
       /:::::::/:::::: -=≦/ .:|::i:i:::|  、__  ′   /:i:i:i:|/i:i:i:::i:i:i:| ⅵ :,    ―――確かに興味は惹かれるね、続けてくれ
       ノ::: -=≦ニ/ニニ, :.:.:|:i:i:i::|\ ` ´  ,.  ´ ̄ ’<.:::i::i:i:i:| }| │
      .イ二ニニニ/二ニl .:.:.|:i:i:i::|  >≦!ニ「 /.       ’< :| jj
.    /ニ|ニニニニ/ニニノ:--|:i:i:i::|r:.:/:.:.:}ニニ.>' / __.       ヽ  |
   ,《ニニ|二二ニ/ r< : : : :..|:i:i:i::|/ ̄\ニニニ\\ )ニ>。    }  ノ







  /  / / , ,  ″: | |i  Ⅵ| |∥ ,  | i  ' /|   〃
    / イ | | ∥||| || ,..⊥l | |∥ |! | |  /' |  ||
   /    | l. ! ∥ ト|、._|{f'´!メ _.ムイ.l! l/  /  |  ||
 /   /| ∥ | j⊥ヘ¬ ム)) |∧_/|_l_/j! /  /  i |  ||
    /  | 八 ∨{ ィrァミ くヾ ノ' 斗┬ャミ /  ,   i|  l|   千年前……我々はムーンセルに呼び寄せられ聖杯戦争を行わされました
   /   ヽ |ヘ トヽいYレ' ノ    ゝツノ / ′  l   l|
 /      イ  |`ヾ二 イ ,      / イ  i  |   l   その発端は、話すと長くなりますが―――
      //  | 下 乙   _ _ .   / /| |  |     |
      /__/  イ  l{>‐ 、     / /l | |  |   |  まず、ムーンセルは神等が存在する異界と現界の架け橋にして記録装置です
    / K⌒Y´  し¬ \ (>z<:/ />| |   |     l
    .′| ヽjし―<  ー┘ Y´  / //   | |  |    |
  厶イ  丿   {_r<l 〈_  ;′ ト \ |┌ 、  |       !
/´     〔__r┬ 、 /゚厶 く__ イ |  | `ー┴' |         l


.


2846レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:11:30 ID:Ihm8o8f60




                    ___
                  /        ` 、
               , '              \
                 / ヽ、     _,.. --   ゙ .
             /  _`__     __     ,
                ′  ̄ ̄        ̄ ̄    ,
               {  "'              、、 ∪ }
.            、     ゝ-‐ ー- '      /
            _> 、              /
                ∨/r v'´ ヽ _  「/7,<
           /V,l / \ V   」/////〉      だけど、神様たちの間の問題やら環境の変化やら
.            ,.イ //Y〈_   ヽ.〉 く//////__
            /.:.|///ゝ、 `ヽ./ f⌒o 7¨´///}      御茶御茶した理由で閉鎖される事になったんだおね、確か
            >、:ヽ/ ` `Y !  _! [`__'7´////,j
.      __ /   〉′j .イ /} } / _/ ∨//////,|     で、観測や記録の過程で手にした心意を用いて、願望機として起動する……
     / f´ | ト、` 、ゞ / { {//   У//////|
.     { l  | |  ` ー'‐ = Tl _  〈/>z/_∧,|
     ヾ.、 | |      二 l |   `゙` </_/_j
.          ` ┘^  .   二 //      /  ̄
                ` < {.{ 、 __ ノ






              __...::::::::::::::::::::::::::::::......
          ,   ´::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
         /   /〃:::::::::::::::::::::::::::\:::\:::::::::。
        /   .:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:。:::丶::::::゚。
     ,.:′  /:::::::::::::::::::::::::/゚。::::::::::::::::::::|:::::::゚!。::::::.
      /    /:::::/::::::::|::::::::/  ⅵ∨:::::::::i|::::::::|:|:::::::i
     .′   .:::::::゚ :::::::::|::::::′  リ斗匕::ハl::::::::|:|:::::::|     あぁ、それで合っているよ、やる夫くん
     |    ,::!::,゚::::::::::/|/   ´   ∨ }::::::::|:|:::::::|
     {     ゚:|:::|::::::::/ ̄`       x==ミ l::::::::lノ::::::::.      言う成れば、私の宝具『救済の歴史(リグ・ヴェーダ)』を世界規模にして
        |:ハ:ハ::::八x==ミ         |::::::::゚i:::::::::::.
        || |:| |:::l  :            |::::::::::}i:::::::::::.     尚且つ、本来の機能を完全に取り戻したモノとして見ていい
        || |:| ゚;::|   i、    ' __,      ィ::::::::::i:i:i:::::::::.
        || |:| ゚:{  l个o。.     / !:::::::::i:i:iノ=- ::.
        |l 乂  乂, |:::::::i:i}「 ̄`ヽく  /::::::::::/ニニニニム     ……いや、この説明は分かりやすいとは言えないか。
        ゞ   \  /::::::i:{二二  }ィ:/:::::::イニニニニニニム
              .:::::::::∧ー‐   |ィ/:::::/ニニニニニニ二二|    ともかく同系統であると認識して貰えればいい
             .::::::::/ニムヽ   j :|::::::|ニニニニニニニニニニ}
             |::::::.゚ニニ{/  .ハ│::::|ニ/ニニニニニニニ∧
             |::::::|ニニム   /∧|:::://ニニニニニニニニ/:::::.


.


2847レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:13:33 ID:Ihm8o8f60



         (( ____ ))
       _√ィ´    ` ヽ\
      ,イ / ,' l  |   } ト、
      j / ,  |  !  / | !
      / ,' /   |  ハ   { 〈 /
      | { /ト、 ノ、/  ,イ   ,ヘ
      ', ∨ l }丶 l|   {'  ∧ヽ、
     ハ i! ∨ _ノ   ヽ  j! \丶
    ./ l|  |  ヘ    l|ノ   jl }
   / 彳  ゝ  i   /ト、  ハソ       そして……それらの繰り返しの過程でムーンセルの内に一つのエラーが生まれました
    { 〃 !   《 ヽ ム  j i| ヽ/  \
   \ヽ/   l|    } / リ   l|    }     歴史を、出来事を学び、記録し……そして、人々の”心意”
     ヽ\  //  l! /  '   ハ    ノ
    /}_」ハ/ ヽ  {ト、    }∧  jヽ、    すなわち、心を写し取る果てに生じた奇跡―――
    !///ハ }  ノ ヽ  イ/ '. /  |
    / ./  l| ∨ l|    Y  ソ  '/  i!     確かな意思に知識、そして力を持った存在(イレギュラー)……それが、千年前の黒幕
--イ   / ノ  ヘ ハ   /  i!ヘ  l|   リ
_ -‐ ′(     '人i  j  '  \i!  /|
     \i    〃  '  ,'      l ∧{
       }   ノ!   l|  \    ,' ' ト、
      ゝ、 l|  ハ    ,' .ノリ\ノ j
        レ'仆、/ヘ从ノ\l!ソレ′
        |   / ヘ- =∨ { \
        |ミ≡彳  《彳 Y' \ `ー 、_
        |    !  j|   |   ゝ- 、
        !    |  l|   j       ̄


.


2848レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:16:08 ID:Ihm8o8f60







           >  ´      ̄` : : .
.          /               ヽ
        /    /     ヽ        '
.       /.    ./ニ二二ニ=ミ.∧      ハ ハ
      /.  , /二二二二二ニ.∧.  i    :. :
.      /   / /三三三三三二ニハ  l      ! .         ┌─────────────────┐
     /   / // ̄ ̄ ̄ ̄`  <ハ i    :| :.          │ムーンセルの化身―――安心院なじみ │
    '.  ./ / -==ミイ    ___  ヾ }     :!  ,___       └─────────────────┘
.   //  / /イ /__/ }   ,千 ̄ミメ ハ ′ /   八 V=ヽ
  // /  /. /⌒圷弍メ--ヘ/≧=≠彡7 /   //  :}}ニ.ハ
. //. ' , ′   i: ∧弋う  ≠弋以ア7 ./   //    /ニニ:}
..//. // ′/  |: ∧  i:       ′  ,ハ    ./ニニ_〈
.′ .′ ′ .イ ! :! ハ  ゙____,   /.'  ./ }  くニニニ_∧      ┌──────────────────────┐
/  { { i:!:!:./: | {从乂 \  ̄   イ/  ' /  :{:    \ニニ_∧     │とはいえ、所詮は化身……偶発的に生まれたエラー  │
.  ∧ :!|:i/. 乂乂.  / ≫-r< /.′/./   ∨ ∧. \ニ∧    └──────────────────────┘
   ∧ |. ′  /   .′ /.:ハ/./イ イ    ∨ ∧.  ヽ
.   ′'. { rif r{    ′ }:.:,/ /イ        ヽ. ∧  ハ
  {//,i从{八{:j i  !  :}/     >ァイ.      ∨ ∧  ∧   ┌──────────────────────┐
  ∨/,/ >':| !  .l   }/ > ´//アィ      ∨ ∧__ ∧   │ 当然、権能は本体には遠く及ばず、           │
    ゞ.  /  ∧ >-≪イ  / ゙  ///      ∨/  `ヽ   │ ムーンセルの大本自体は正常性を保っていました  │
____ 彡'    {   ハ<ミxミ、   /     >  _./  >ァ '.  └──────────────────────┘
 ̄`ー-  -=ミ:!r=ュ: } }} }} }}i  / i  j / fififi八' ゞ<   ,
 > ´    ̄`八   八^⌒^´<  |      ゞゞゞ≫ ._彡'
´    /     /></  イ/      | i     ∨ i i :|   !
  /       /   /./<.:.:/      :i |        ∨ ! :! ,
        ,   /./.:.:.:.::イ         :!. l         ∨!     ,
      /   /./.:, .</   ゞ=ー:! l        .∨,   /
     /    ././/. ./ ,.ヘ      | !         ∨,  /
    /    /.イ   /介.:.:.:.:.:\   |:l          ∨. ′


.


2849レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:21:55 ID:Ihm8o8f60




     ,..: : : : : : : : : : : : : : ::!、ヾ 、: : : : : : : >-
    /: : : : : : : : : : : : : ∧:l トヽ r: : : : : : : : : :..、
   ノ: : /!: :/!: : : : ∧: /∧ .|: :ヽ|: : : : : : : : : : ヾ:.、
  /: :// .|:/ .| /|: / ∨/: ∨: : : : : : : : :/: : : : :..、
   ^イ: : l /! /l|//\./: γ ヽ: : : : : :/ |: : : :::.、
   /: : :レ: :レ : |/: : : : : : {  /: : /}: /`_!: : : : :!
    |: : : : : : : : : : : : : : : ゝソ|: :/ .:代ォ、: : :从
     乂: : : : : : : : : : : : : { ヽ.}'´   丶 { ノ       ……なるほど、後は大体察しがつくな
      ヽ: : : : : : : : : : : :|  !       、
       }: : : : : : : / ハ  |      /        大方、自由を目指したか、ムーンセルの支配権を手に入れようとしたか……
.       ルレル/レ      .|    - /
        l           ト    r '          そうした理由、目標を叶える為の手段として
      rイ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ ` -
     /             \            ムーンセルに神々が仕掛けた封印の一部を解き放ち、聖杯戦争を行ったと
    r―――― ―― ― ― - ヽ
   イ                  `ー-






                        i´` 、
                        `  )     _ _
                        i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                     __;,.〃y/            \   `´ヾ
                   ,__ >/ノi   /            `\ /´´
                   iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
                _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
              ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
             / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
            / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ   ええ、マキナがその際に安心院によって
           /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
           |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |     月に招かれ、利用された事によって聖杯戦争は
           |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |
           ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |     始まりました。彼女の欲望(ユメ)を叶える為に
            \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
            //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
          /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
        / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
      / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、
     /  // il l  /  / l  / \>_`___   ,-、 <il   ヾ  --- 、i´-フ         i ヽ


.


2850レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:21:13 ID:Ihm8o8f60




     ,..: : : : : : : : : : : : : : ::!、ヾ 、: : : : : : : >-
    /: : : : : : : : : : : : : ∧:l トヽ r: : : : : : : : : :..、
   ノ: : /!: :/!: : : : ∧: /∧ .|: :ヽ|: : : : : : : : : : ヾ:.、
  /: :// .|:/ .| /|: / ∨/: ∨: : : : : : : : :/: : : : :..、
   ^イ: : l /! /l|//\./: γ ヽ: : : : : :/ |: : : :::.、
   /: : :レ: :レ : |/: : : : : : {  /: : /}: /`_!: : : : :!
    |: : : : : : : : : : : : : : : ゝソ|: :/ .:代ォ、: : :从
     乂: : : : : : : : : : : : : { ヽ.}'´   丶 { ノ       ……なるほど、後は大体察しがつくな
      ヽ: : : : : : : : : : : :|  !       、
       }: : : : : : : / ハ  |      /        大方、自由を目指したか、ムーンセルの支配権を手に入れようとしたか……
.       ルレル/レ      .|    - /
        l           ト    r '          そうした理由、目標を叶える為の手段として
      rイ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ ` -
     /             \            ムーンセルに神々が仕掛けた封印の一部を解き放ち、聖杯戦争を行ったと
    r―――― ―― ― ― - ヽ
   イ                  `ー-






                        i´` 、
                        `  )     _ _
                        i:,// - ´  ̄   ̄` - 、     ,_、
                     __;,.〃y/            \   `´ヾ
                   ,__ >/ノi   /            `\ /´´
                   iしe/フ ̄ /  |  |        ;   /イ>i
                _ 〃´ ̄//  /   |  |   |     | ヽ Y>=レ>
              ,-´ /   /イ/ /   |  |    |     |  | |\fノ,、
             / //    //  ;; ,, , |  |    | ;  ; |  |   | iヽ``ヽ
            / / /    //   i  ` |  ; | i  | l i ll |  | | |` _|ノノ   ええ、マキナがその際に安心院によって
           /   /    //  l/ `ー-、_|l l | ヽ ├-- 、l ; l  l l ´(ヽ
           |   l    / /  l | |,、/r、ゞハヘ` |=_ノ |/| i|` / イ/,, | |l |     月に招かれ、利用された事によって聖杯戦争は
           |   |   / // // |rハヒ妥>y>` `ヘ|イテ〒ノ // /lヽ    |
           ヽ  ヽ / / /  il  |トミ=>ソノ    くゝ'シ_| / / /i     |     始まりました。彼女の欲望(ユメ)を叶える為に
            \/  /  //  l  i"`(ヾ   .    ̄゜ / // /i ヽ    ヽ
            //  /  /ノ  イ -ヽ r´´ 、_ ___,    / / / i il   ヽ  `、
          /  /  /  イ   /l、 ト \、      //,/´ ̄フ __ノ"i      \
        / /   |   | ; il  ,__) ` ン  ミ 、 _ イ / // /y´_-ノ       ヽ
      / // l   /  ノ i /l -つ、-  ヽヾ  `><   l i/ /   ´〃-´        i`、
     /  // il l  /  / l  / \>_`___   ,-、 <il   ヾ  --- 、i´-フ         i ヽ


.


2851レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:25:17 ID:Ihm8o8f60


  f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  |  ―――我々も月の封印を解いた事、聖杯戦争を引き起こした事はともかく……   |
  乂__________________________________ノ





         ,_x───x、
       γ´_、  `ヽ  `ヽ
       //三', i_   |i   ∧
      .i レ⌒V ||  | |!    ヽ
      .| || lヘ}ム|| j ||ハ   ヽ弋
      .|レ|<リフi|| j ||い   | iノ-
      .|i!i〈 _, |i| j/从 ヽ .人ヲ八
      .|i |::ヽ .|i ./リ>へ-斗、キ=シ
      .|i!i::::i弋7 レイ ,==V`ヾK弋          f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
      へ|:::N:::レ勿/  .V V  ヘ          |  その願いが穏やかであれば過度に敵対しようとは思いませんでしたが  |
      .ト| `TT〈彡´     V    .ヘ         乂______________________________ノ
      .V=ノテ-/ |γ⌒`ヽ.|     ヘ
       ノ7|::|/| | | |== .|ノ     ヘ
     γ ./ |::| j! V! ゝ__ノ!      .ヘ
     | i .|:/イ  |i j   |i        i
     | | .|l/j:::  | /   |!        |
     | !  |/:.:.ニ| j    |       ハ
     仆  レ:.:.:.:.|:.レ   i ',        .|
    .仆  j:.:.:.:.:.「7    |  ,        |
    j |!  .イ:.:.:.:.く7    |  ',      .| |
    ,' |  /|:.:.:.:.:.7     |!  ',      | |
   .i    |i|:.:.:.:.〈     |  }      |リ
   .{    |!:.:.|>|:ヽ    i! | 7      .ソ
    ヽ   |!:.:.|:.:|:.| ヽ   | |!f       /_
     ヽ .|!:.:.i:.::|:.| V>、 ,' |i|     ,_ノノ |
     ヘ V:.:|:.::|:.|  V `´ .|i|ヽ、_彡ミiV∧
     ,':.ヽ」:.:.:|:.:.|:.|      |テ´  乂:.:.リ=く
    イ:.:.||:.:.:.:.|:./∧  |   i:.:.|    乂ノ ` ヽ
    j:.:.∥:.:.:.:|:.|:.|    |   |:.:.|i!i!   ` ,  ヽヽ
    i:.:.:||:.:.:.:.:|:.|:.|   /   |:.:.|i!i!ヽ    i |. ハ ヽ


2859レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:48:11 ID:Ihm8o8f60




     /::::: :                    . ::/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
    / ::::::                     . : :::/ .: ::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::.
   / ::::::                     . : :: :::| .::::::::::::::/ │ : ::|::::|:::::ト、:.:.
                         . : :: :::| . :::::::|:/   !:::::::.|::::ト、 | vハ
                     . :|   .: .:.: :::|.::::: ̄丁¨丶、|::::::/::| | }|  vハ
                     . :|   .: .:.: :::|.:::::::: ノ    |`:∧::| | |!   v:'.
                 . : :|   .: .:.: :::|.::: _≫丐爲ミK_ V::j i!   v:}
                 . : :|   .: .:.: :::|/ \r'::::ハ  ``  ∨ |    |::|
                   . : :/|   .: .:.: :::|:     \込_    ` ー-┐ |::|     それが碌でも無い輩だったから、敵対し……
               . : :/`|   .: .:.: :::|                  i  | :|
                  . : :/ ヽ|   .: .:.: :::|                   {  | :|     その戦いの果てに君とブラダマンテは月の思念の海を
                 . : :八 :|   .: .:.: :::|                 } l::|
             . : :人  |   .: .:.: :::|                  , イ l::|      彷徨うことになったと……そして、今話した過去の経緯が
               . : :/ .:\_|   .: .:.: :::|                } :|::|
       :/    . : /   . : :|   .: .:.: :::|                   {  |::|     君の生還経緯の事柄に繋がってくると
       : :/          . : :|   .: .:.: :::|                   l  |::|
      : /           . : :|   .: .:.: :::|              :  |::|
     : :/           . : :|   .: .:.: :::| `> 。..            j :|::!
   :::::: :/           . : :/|   .: .:.: :::|             ー=≦  ノノ


.


2860レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:51:32 ID:Ihm8o8f60





            ____
        ,ィ'´ ̄ _  _ ̄ /⌒゙ー .、
       /,ィ==‐'    ̄    イ ヽ、ヽ ヽ  ≧ 、
      /ィュリ    /         ` 、 ヽ    \
    / (弋ソ     '       ((_,、_ ` ー.、   \
     l  ))≧=‐'      ヽ   ゞ少 ̄`ー   \   ヽ.
    / ((   i!  l    l ヽ ヽ ((ヽ  ヽ ヽ  ヽ    l
.   /  l.`l   i! l l!  l! l .ll lヽ ヽ.. )) ヽ  ヽ l   ヽ!   l
  〈  .l .l! l l! l l!  l! l l l l l!  ヽ l ヽ  ヽ     l  l      はい、その後……私は月の思念の海を千年間漂い続けていましたが
   ∨ l l.l! ll l! l l!   l! l l l l l! l. ヽ.l  ヽ!  l     l  l
   ∨. l .l l! l!l l l! l l! l l l l li!.l! l   l!  l .l  l    l.  ∧      ―――そこをブラフマンを名乗る方に助けて頂きました
    l!. ∨.i! l从斗、 l l ll!l/!、!l l从l!   l /!  /  l   ヽ.  ∧
.   l l  ヘ!从イン仆、.l! l l l 、___, l l  /   /  l l    \ \    先ほどまではそれに関する記憶がとても曖昧で欠けていましたが
.   / .l  リ/`ハゞ薔ソ        ̄ |   /   /  / ヽ      \ ヽ
  /  l /  ./_ゞУ `、_     |     / ./  ヽ     l  l   ……今ではハッキリ思い出せますわ
.  l.  l.l´ r‐、ノ `ー'`ー、、` ´ , ィ'.リ   /_,、 r―yヘ. ヽ     l  l
.  ∨ l l .|ヽ  | /  /  ̄,ィ  |/ ,イく.し'  ´  /  〉 \   l  ヽ
.  ヽ .〉ゝl   j   i./ゝ‐^ーッノ     ¨´         (_,、   \ !   ` ー








 /  r--i、 .          i < r- //
 l  / } |/             \ヘノノ ∧
  l  Y/               il     l
  l (( l     i     l       l    つ
  l   l     l l     l l l l l   l    っ
  l  l  l  l l l  i   l  l_斗十 i  l
  l  l  l  l l l  l  !  l _l__- l  ll i   l
  l  l l l  l i l_,r、__ l l   ィf:::::: dli  l 7   l
  l  l l l  l f<ム<  i-′  ハ:::::::::リl l /l  i  l      ―――ただ、その……何と言いますか……
  l  i l l l !-  i シ      ゞ彳 l/ i ll  l  l
   l l l l l ミ i l'´  ' __  u  // i l l  l  l    まず、第一にそのブラフマンを名乗った方の容姿、声が―――
   y l  ll   )) 、.   ` ´  .イ. l  l  ! l  l  l
    l l  _.-‐-、__  `  - イ   l-rァ l l  iノ
   l l `}. \   `- 、  i l r-イ l/‐  ̄ ̄ ̄ フ
   l l   l-- 、   l  ⌒  l  ´   ノ   // .
   l l i` トィ--!‐~ ___ ~i: irー -r-----i'´__
   l l  i   r‐ '´___r-、 \ |:i.__.. 、__r-‐'''´~ 7
   l l  l   ノ ´ r┴‐:、\-!´           /
   l l  l  `-i  `r--、` i i    l     l
   l l  l /   l_ r |r‐ ⌒- l \  l     l


2861レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:54:01 ID:Ihm8o8f60





                             .....::――‐::...._
                          /.:∠=--ミ、::::::.`ヽ
                         ,:'.::〃     `Ⅵ:::::::::ヘ
                           /.::::/_7::¨/::::/}<:l:|:|:::::l::∧
                           ,'::::::;´/|`:;'::::::j_|__lミ|:|:l:::|:|::|:::i、
                             ::::l:::iy'fミ人_j//.:从lノ:::::l |::!:::|l
                         ;|::|l::ト.:ヒリ    テミ㌫::::::j:j/.:: l:|
                          i|::|l::|   ノ   .ヒツ/.:j:/:/.::::::从
                         ||::|l人.丶 _,  .:/.:/;'::/./.::/.::::〉
                         ||::|l::|l:\_ .. :<:イ:/:/:/.::/.::::/〉
                          j乂}l|乂_.} :.:.:;/.:::::/:/く:イ:_::乂{、
                         ,r.i:TT:|:::::/ノ ::/::::/ ̄ ヽ.∨:::\ \
                           /:| | | |:|三三;:'__:/ -<  l. }:::::::::.∨ 〉        やぁ、無事……じゃないか
                       / | Ⅵ:::|===/-く_      |.八:::::::::ヘ´
                     ___ /  .〉 }∨|::/..:::::::::::ヽ    ./|::::\:::::∧         悪いね、マルフィーザ
                .,..::::::::::::::::..丶. :′(⌒|:|/:ヽ::::::::::::i .//.:| :::::::.\::∧
                 ;:::::::::::::::::::::::::..\} <_;/   .∨::: :::|.//_::_|:::::::::::::..\ 〉       今の僕じゃこの程度の干渉が限界なのさ
                  i::::::::::::::::::::l::::::::::::ヽ/    /|::::::/イ:::::|::::::::::::::::::∨::.\
    ,...::――:::.....、   |::::::::::::::::::::l|:::::::::/ ’、 .//、::|/ /l |:::: |:::::::::::::::::::::ヽ:::::∧      あぁ―――僕のことは安心院なじみ……
  /.:::::::::::::::、:::::::::::>、:|:::::::::::::::::::::l::::/    ∨′  ̄ .〈::| |:::: |:::::::::::::::::::::::::∨::∧
  {:::::::::::::::::::..\:/   .|:::::::::::::::::::::|´      ∨.:.:__   〉}l|::::::';::∧::::::::::::::::::::∨:∧     いや、ブラフマンとでも久々に名乗ろう
  .∨:::::::::::::::::::::∧   .|:::::::::::::::::::::|         ∨::}::∨ .〈::从::::::∨∧::::::::::::::::::::Ⅵ:::|l
   ヽ::::::::::::::::::::::∧  |:::::::::::::::::::::;          .}乂:::::ヽ .{::::∧::::::∨∧:::::::::::::::::::|:|:l:||
    .\::::::::::::::::::∧  |:::::::::::::::::::;′        .∨::\:::∨、:::∧::::::ヽ:∧::::::::::::::: |:|:|:||
     .\:::::::::::::::∧ :|:::::::::::::::::/';        .∨_〉:\〉∧::∧::::::::∨|::::::::::::: :从|:リ
       .\:::::::::::: ヽ|:::::::::::::::;’vi        _/..::::: .\.∨:::ヽ:::: :Ⅵ::::::::::::/. ://
         .\:::::::::::l|::::::::::::::;∨.l:: : :.     i´::\::::::::::::::〉.〉:::::::.\::l:|:::::::/_:://.::/
          .\::::/|::::::::::::;'./  ,: : :..   .::|__::::. \_:><:::::::: ̄`:::、/  }://
               }/ .|:::::::::::' j.、  ’、: : : : . . .: : : ):::`/../..:/..く::/::::::ヽ._从{
            乂.ノ:::::::::j./.::::::く::::\/⌒Y´ ̄::::::/.::::/.::::://.::::/.::/.::::::::∨  人



   f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
   | 私達が敵対した諸悪の根源……安心院なじみと同じでした         |
   | ただ、雰囲気は似ていても同一人物ではない……とは思います、ええ  |
   乂_____________________________ノ



.


2862名無しのやる夫だお2013/10/14(月) 22:54:05 ID:1wF5lAwc0
ブラフマーwwww


2863レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 22:57:51 ID:Ihm8o8f60





      /: : : : : |: : : : |三三三irfア: : : : : : : : : : : : : :ー=ミ三/}: : : :.:.
.      ′: : : : :|: : : : |三/irfア⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : 寸il}: : : : : :.
      i: : : : : : :|: : : : |rfア⌒: : : : : : : : : : : : :..| ト : : :} : : : : : : : : : : : ::.
      | : : : :..:..:|: : : : |ilノ: : : : : : : : : :|: :i: : : : :| | ∨.:|、: : : : : }: : : ‘, : :.
      | : : : :..:..:|: : : : |: : : : : : : :/|: : ハ:.i:i : : : | | ∨| \: : : :.}i : : :.i: 、:.
      | : : : :.i:..:|: : : : :, : : : : : :/ : :/│i:i : : : }/  .斗 '" v ̄ji:i : : :ト :.:い
      |: : : :.i:|: :}: : : : :′: : :.:/  j:/ .ト:i:i: : : /  ´ リ__  ∨: i:i:i : : | |: i :ハ
      |: : : :i:i|: : , : : : : :, _/_ノ ̄`j }i:i: :./    ,,rャセ¨ア}:i:i:i: : :| |: | ぃ
      |: : : :i:i|: : ′: : : : V/∠二二ニ..,}i:i :/    込こ炒 .:i:i:i:i: : :.| |: |  }|
      |: : : i:i:|: : : , : : : : :tイ了//斤厂}/          j:i:i:i:i: : ∧!.:|  ||
      l: : :i:i:i:|: :..:i′: : : :ハ 込こ少′           ,:i:i:i:i :.:/  }|  ||
.    /⌒ヾく}: : i:i: : : : : : ハ            ,        /:i:i:i : /  jノ  jj    ………………あー、うん
    ⌒ヾ: : : ノ: :i:i:i}: : i:i: : : } u                 イ:i:i:i:イ   /|  〃
.  /    \: : :i:i:i:i|v: i:i: : : {丶         ∠ ゝ    /:i:i:iイ : {  ,:゚│ /     すごく嫌な予感がしている、というより予測をしてしまったが
  ′     ヾi:i:i:i:i} }: i:i:i: : ::. `          /,i:i:i:i:i: : : :| /  l /
  i        ゞi;iノ│:i:i:i:i :.:∧   `  ..     / / /i:i:}: : : ,    ;        一先ず、話を続けてくれ。そのブラフマンはどんな事を君に?
  |          \ , :i:i:i:i:i: : ∧     /`¨´  / /i:i:/: : : ′   ′
  l             ∨:|i:i:i:i:i: :.∧       / {/i:i:/{: : :/     ;
  ,                } ハi:i:i:i:i:i: :∧ ̄ `ヽ  /   }i:i/ .!: :/     ′
  ′             乂 }i:i:i:ト、i:i:i∧           }i:i} /: /    ;






      / リ ,'.|  l      |  |   i  .| | .._|.ィ i    iff  |   .ヽ
.      / // .,'k|  |    :|  |_ | . |..,斗<_, _|    ! .从   .ト、\
     {.:{/  .i  ! :| i __j_,ノ゚| : | .:j ,ィ7だ示抃  ,' / ∧  ∧ ヽ ヽ
.      |/   | :|  ! !  てr上.从.八 .ソ { ! t{i}j i从 / { ." ∧  ∧ ヽハ
     У  :| :|  ! !  イ{彡示Y}!     ゞz,,ン,' ./  ,'  i  ヽ  ∧ ハ .}   ええ、伝えてくれた事ですが……
      /     :| :| . 从从抃! 下ツ/      ¨  {     ,'   |    ヽ .\ リ
.     /    八| :| /   乂八ー弍″   '     / イ  {  ハ    \ .>
  .イ    {  ヽУ/  入  ヘ   }   ー '   .イ   |  :!   :i   ,   ハ
  { i i   |     / ./   } ヽ>:...... __ _ / | i:...:|  :|:.  八   ト、.  i
  | | !  !i   . / ./  .ノ    Y⌒Y⌒Y⌒v^Ⅵ | 八  ヽ    \ ! .ヽ :!
.  ', .',   .ハ ./ :/  イ     ノ  {廴 ィ ソ .{rt八  ヽ  \   乂  }.ノ
  ヽハ    .У  { ,イ    ノ ノ  廴// {__r-v ⌒}iト、    ヽ     )  八

.


2864レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:01:03 ID:Ihm8o8f60





                    /://////::/              `ヽ∨//////////::\
                // /////::/                  ∨///////////∧
                  /    :::;'::/    ____           ∨///////////∧
               ′     :/-‐::ナ¨:::::://::::::::≧=-         '; /////∧/////:',
            ,  ..:::,′  /::___/__  :///::::::::::::::::::/::::≧x    }///////}/ /  :i
            ,'////i :... 'i゙´//!:::::ミメ、       :/__ }  :刈 }     l     :{
            .: ////| ///l/// !///|::::::....    l:7「   「ミメ、::::::!      }    :!
.             .://///| ///|// L:_:{ И://////!| l::::..../::.... }\|      /|:.     :|
.              l://///| ///「、  、 ` └-=、// ! |:::://////}:::/! / ///|//::.. .::|
              l /////| ///|zi≠F抃x`     `   └-=、////!::/} //////:!//∧:. ',      今の僕は諸事情で、色々と脆弱……
           l//////l ://小ハ r'//:抃       ,ァ≠==ミx__,`゙Y//////::://////∧
.           |://////| ///|} ヾ Vzン         ′r'///:;圦ハ_ j//////: |///////∧    彼女やムーンセルの検閲を免れる為に
.             | //////| ///|{         .l      Vz_;ンノ/,'.//////: |:///|:::///∧
            l///////| ///l:'      ,′            ////////::j ///|:::////∧   大切な事柄すら満足に伝えられない有り様だ
.          !///////| ///|∧     !           ////////:::,'////|::::://///',
.            l:///////| ///l//:.                   /////////:,':////j ://////}   ―――だが、そんな僕にもやれる事はあるのさ
          |:///////| ///l///\   `¨ ー-  -     /////////:/ ////,'| ///////}
          !:/Ⅳ////| ///l/////:ヽ             / /:///////:/::///// j///////,′  これから数年以内に聖杯戦争が月で再び起きる
.          八/l ∨///l..///!///////\      <   , ///////:/::///// ./:///////
.           \、∨//:' ///;//////x-弌 ¬ ´      ////////:∧:://///:///////
          く \\::∧://';:////::;x::∧       .///////:/::: ∨//:///////
.             \. \::::∧://V/::::://:::::::}       //////:/:::::::::::: \///////\
                \,.斗‐弋::∧:::::://:::::::::j       /////:/:::::::::::::::::::::::::\,.>'′  \
          r::::T゙´  |:::::::::\ハ::/ー-::::::/      ////:/:::::::::::::::::::::::::::::::/\:       \


.


2865レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:02:51 ID:Ihm8o8f60



                      ___
                   ..:::::::::::::::::::::::::::::....、
                   /::::::/-――-\:::::::::\
                  /:::::::::/         ヽ:l:::::::::ヽ
.                 /:::::::::/ 厶 ―‐=ミ、 |:|:::::::::l:::.
                 ::::|:::::l:|イ::|:l|:::::::::|ハ:::::::ト.|:::::::::|::l:l
               |::::|:::::|:|:|::::|:l|:::::::::|_l|::::::||_|:::::::::|::|::l
               |::::|:::イ|:|::::|ハ:::::::| l|:::::儿|:::::::::|::|:::l
              :::::|:::::レ厶=ミ、  ̄ ≫テ气|:::::::::|::|:::::.、
                /:::::|:::::|《ハヒ.〕    ヒ..ン |::::::::l|::|l::::::}
             {:::|:::|:::::|ヘ ´   l     |::::::::l|::リ:::/
                  ∨:::|:::::|l:::ヽ   _ _,   , |::: :::リ/::/
                 ヽ人:::|l_ ノ ト 、     イト|:::::/厶廴_
               イ「:|ヽヽ::.::.|/l ><  / ノ//::/ /`.
                 ハ |::| |\:: |、     /// /::/〃   |        それに対して、君に介入してほしい
             l | い.┘::.::.:|ニニニ7::.::└ ::/〃  l |\
           /| | \::.::.::.::|-―‐-/::.::.::.::/ l″   l|  \     事実上の生みの親として、あの子の行いを律するべきだろうし
            ´ ̄ | |  / \::.::| ::.::.::./::.::.::/  | /   | ̄ ̄`
                 ノ |∨    ヽl::.::.::厶 イ    | /   人        僕は正真正銘の平等主義者なんだ
                /\|{   /⌒大 ⌒\     j.__//∧
             ∧\>ヘ   \/∧\_/    /:::::::::.く/:::/      ―――故に君に力を貸す必要性と意思が僕にはある
          /\-'::::::‘, / / |  ゝ    /::::::::::::::::::/
          /::::::::/::>==ミl  ⌒V   ∨    /} ̄¨丁
         .:::::::::::〃::::::::|  |    /    l   /    |
      〃:::/::::::l|:::::::::::|  |l //     ヘ   {    |ー 、    _
      ll::::.′::::l|:::::::::::|  |l/       \ \ l     |:::::::::\/   ヽ
       ||::::|:::::::::l|:::::::::::|  / /       \ ∧   |::::::::/    ==ミ、
      l|::::|:::::::::ぃ :::::: |/_ `ー-   --''´  ∧   |:::::/ /  /   }〉
        いl:::::::::::ヽ::::.く_    ̄ ー――--―  厶 ヘ  | ̄{〉∠=―<  ̄\
       ヽヽ::::::::::::::::/: ̄ミニ二二二ニニ二: : : :!|/|「::::::::::::::::::::::\ ̄`
          \\:::::/: :/.|: : \: : : : : : : : : _彡: :ト : :\〈 ノ|::::::::::::::::::::::::::::ヽ
             //.:/: |: : : : `'ー: : : :-'´ : : : | :ヽ : :\ノー―- 、:::::::::::: '.
          _/: : /: : |: : : : : : : : : : : : : : : : : |: : l: : : : }―- 、:::::::\:::::::::::l
         _/|: : : :/: :>―――┰―――‐ <: : |: : : /|l\::::::\―ヘ:::::::::|
       ∠)/|: : ://  -―-、 | , -――- 、 \| : : l: ||\\―ヽ  }::::::ノ
           ̄|: : {´ /:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ|/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ ヽ: : : |ト-' ̄   /"´
          ノ: /| /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l ∧ : 八
         //::::∨ :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.j/::::∨|
         \:::::::::|:.:l :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./::::::::::>
          `ヽ∧:| :.:.:.:.:.:.:.:.:.:. |:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. /:::::::::/


.


2866レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:05:29 ID:Ihm8o8f60




::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

:          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                :::::::::::::::::::::::::::::

                   ::::::::::





         ,. -‐           `ヽ、 ___
         //´              f^jr= K.
      / /  ,              __,{くリニリ_ノ
.      / / , イ             {{"  レ'T,ハ
     / / / /  i i l ヽ.         ' j i  l }
      ' ,' , ,' / |i l i l l ヽ. i    i   //l l  l l
    l i il ! l  l , l ,.斗l‐l‐‐l、 i l l  l //l l l  lリ     ―――と、言う感じですね
    | l斗l-ト、メ. li l、l_l__l__Ni l l l  j// l l l  リ
    | i l l⊥ムヽlヽト ィ弋ッツフl l l j/,ィヽ. l l l  |     話をまとめますと、彼女のお陰で不完全ながらも私は
     乂Nメ'::::;; ::} ヽ  ` ̄´ l/!〃 rチ}l l l  |
       ヾr‐ '´,        /'  _,.イ lV !  !      生還し、やらない夫さんとも出会えた訳です
        '、           , ヘl__ll__//l lハ
          \  ^^       / __V//,i| l 小.     そして、これが未出の情報にして一番重要な事ですが曰く…………
          |iヽ、  _,.  ' _,rく| ∨/Nハ lハ
          |l ! l`Tl | >v'てノ { ! / ∧| ト┼l--ヽ.
          |小l _,レ l斗} 八_ jイてlハ/| l  い   \
         _,斗j 「 l l//_{ / L_l/´l l  ヽ.ヽ
        /   i j ,ム斗r{ V{_〉〉/ト{ , 'い   ヽ \
          {  .//'Zて`ソ小r┘_// l/  ヽヽ
      r‐トr‐/ん'て } i { ┤l7/{__ノヽ、_  ヽ\ /

























       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
       | 安心院なじみは深傷を追いながらも……未だに存命し、機会を伺い、聖杯戦争に関与している、らしいです  |
       乂_____________________________________________ノ








.


2867レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:08:57 ID:Ihm8o8f60




              /::::::::::::::::::::::::::::::::: : /:.: //:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ノ
              /::::::::::::::::::::::::::::/::::: /:.:.:.:./// : /:::::::::::::::::::::::::::::::≪ぐ"´
.            ハ::::::::::::::::::::::::::::::/:::/:::::.: : /// : /:::/ i:::::::::::::::::::::::::\::::\
  ー- ..      {::::::::::::::::::::::::::::::/::/::::::::::.:.: Ⅳ/X/ :∧::ト、:::::::\、、:::::::::\::::\
  : : ::::::::::`:::...、   Ⅵ:::::::::::::::::::::: /::/::::::::.:.:.:.:.:Ⅳ::::ハ::|ヽ!:! Ⅵi:∨!∨ :::::`ヾ::\::::ヽ.
  : ::::::::::::::::::::::::\ ノ:::::::::::::::::::::: /::/::::::::::.:.:.:. ∧::::!| iヘ`ヾ!、!:i::::∨i∨::::::::::: ∨:\:::!
  : :::::::::::::::::::::::::::くヽ:::::::::::::::::::::/::/::::::::::.:.:.:.:.:ハ ∨!| ヽ `ー‘'ゞリハiⅣi∨::::::::::: Ⅵ:∧|
  : ::::::::::::::::::ハ⌒ヾヽ\ヘ:::>'/::/::::::::::.:.:.:.:.:;'   V!     /// iⅣハ∨::::i:l::!∨ }
   :::::::::::::::://,∨//ヾゝ"´  ,'::イ:::::::::::.:.:.:.:.:.!    \    /∧/Ⅳ! } i!i:::::从:! |  j
  :::::::::::::::////ハ../      i:/ |:::::::::::.:.:.:.:.:.|         / ∨ / ハ!i::/ハj   /
  ーvーく//////ヽ.      i! |:::::::::::.:.:.:.:.:.|  U       __∨ / / /      ……黙って聞いてりゃ、おいおい
   : : : : : :`寸/////ヽ     ! |:::::::::::.:.:.:.:.:.|     ` ー‐ァ′    /〃
    . . . : : : `寸//// \  i |:::::::::::.:.:.:.:.:.|       /升ァ、_  /´        ここ数日、急展開やら衝撃の真実やらが多すぎやしないか?
       . . . : : : ∨/////,゙\、 |:::::::::::.:.:.:.:. ト.      !///////7ァァ,、_
         . . . : : ∨///////,ヾ ::::::::::::.:.:.:.:|::::::>....___j/////////////`7ァ、
           . . : : ∨////////,'\:::::::::.:.:.|::::::::::::::::|////////////////////`ァ、
         . . : : ∨//////////\:::::.:.|::::::::::::::::|///////////////////////\





                     )\_      ',
                   <:::::::::::::`ー…一ノレ7
               ー=≦:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヒ7
                /::::::/レ/|/|/|:::::::::::::::::: 、
             ー≠::::::::::::::::::::/}:::::::::::::::::::::::::::::ヘ:::::::ヽ
                ノ::::::::::::::/|///|::::/}::へ=く::::W:::::::ヽ
               //::/:::::/ \ |/  !V//    |:ノ}::::::::::::l
              Y 川{ r――┬" レ _ ―≠|::::_::::::::!        気持ちは分かるが……逆に考えよう、ファントム
                 i D |  、         `ー┬┤i ヽリ
                  八ヽ{   ー ´   f 、 _ '/へ \        隠されていた、知らなかった面倒な真実を事前に知る事が出来た
               >!U       〉       i レ ノ ヽ \
                 、      ´      , ー  ー>   ヽ     だから事前に対処できる、そう考えればいい
                  \  こ二二二   /  λ / ,  ヽ
                  イ \     r ´    ト Y / _  ’
                / |   ` ̄ ̄ ,! 、    ム.人{ 迅   ’
              イ   \     /  ヽ_     弋 |    ’
           ー ´  |       \  /     | >     lヽ   ’
       ー ´     ,;!    /こムこト,     |    >   ;      i
    <  l       ,   /\γこトヽ; 、   !      >|     ,
   /    ,'       ,  /    乂三乂  、  |       l’     ,


.


2868レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:11:24 ID:Ihm8o8f60


                     l l.    //
                     l l   //

.        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\   ニニ
.       /:.               \
     /: : :               \
.     / : : :                  ヽ
    | : : : :   ,.,,,,ノ⌒" '' ``⌒\,,,   l
    |: : : ::;  ( ○ )   ( ○ ) .;:: |
    |: : : : :    ´"''"      "''"´     l             そうだおね……有用な情報は得られた訳だし
  ,_ ヽ___    (    j    ) u /__
/:: r' | r' ̄二ユ:`ー-‐'´`ー-‐'′ / : :: :: :`:、__         式さんの救出が終わった後にでも―――
: : : :::| .| | /  ) `)         /: :.ヘ : :: :: :: :: :: :\__
 : : |.ノ. ノ /  ⌒ヽ_  _  , ´ |: : : :ヘ: :: :: : : : : : : : .ハ      f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
 : :: ::\         `ト、   /: :、 : : \: :: :: : .i i: :/: ::ヘ      | は、はは…………おい……おい |
 : :: :: :l: `ー┬-、      |ii入 /|:: :: :\/: : : : {. レ /: :: : ヘ      乂_____________ノ
  : :┐|: :: :: :: :\)  7 ./iiii〈    |: :: :: :: :\: :: :: :V /: :: :: :: :}
 : :イ .|__/ ,へ/⌒\ ./iiiiiiii}   | : : : : : ::/: :: :: : V: :: :,イ: : :!     ? ど、どうしたんだお、ロータス?
 イノ: : / /: :: :\_  ̄\iiii}   |: :: :: :: :/----: : .| /ノ: :: :|



.


2869レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:14:04 ID:Ihm8o8f60




               /              /
              斗=:::::::::::: ̄  ミ、_  イ
          ,,'":::::::::::::__::::::::::::-=≦::: 、
       ,,イ::::::::::::::::、:::::::::::::::::::::::、:::::::::::::::::::\
     , '"::::::::::::/}:::::::/\::::::::\ミ、{\ト:::::::::::::::::::、
    /:::::::::::::::::::::j/}/: : : : :`: : : .,\: : : : :\:::::::::::::::、
   ./::/:;/::::::::::/: : : : : : : : : : :_:_: : : : : : : : :\::::::::::'.、
  /ァ::://::::::::::::::{: : : : : : : : / 丶`¨¨¨¨¨¨¨´/\::::::::;\
   ':; ' /:::::::::::::::::ト: / ̄ ̄´    _      ん: :}\:::::::::≧=---__            あー、そうか……そういう事か!!
  |/   |:::/::::::::::: |: 、      ‘‐ ’      ': /:::::::\:::::::::::::::≧=-- ̄ ̄--_
     |/::::::::::::::/: : :、            /^::::::::::::<`''<≦ ̄ ̄    ̄ ̄ ミx      また君の尻ぬぐいか……”ブラフマー”
     ./::::::::::::::/\_:、          . :/::::::::::::::::::::::\  ̄ ̄  ミx、      ヾ、
    /:::/|::::::::::::::::::::::::::` .,   . . . : : : /::::::::::::::::::::::::::::::\      `\     `\
   ./:::/ ‘.::::{:::::::::::::::::::::::/`T: : : : : : : : l、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\                 \
   {:::::{   、:`:::::;____{__/廴_: : : : :l:{-=====ミx、::::::::::::::::` .,_                ―――此処から先は私が説明しよう
   `''<ミx \::::::::::::::::::::::::::::::::::::::-=二-{::::::::::::_::::ヾ、:::::::::::::::::::::::≧=-_
      `'<、__≧=-:::::::::::::_  -r― ̄ヽ_心./:.{::::::::ヾ、:::::::≧=-__::::::::: ̄―-_     推測だが、アンサー・トーカーで確認するまでもなく
       /二二二 丁二二、 /:.:.:.:.:.:.:.:.:廴/:.:.:.:.:.'.:::::::::ヾ:::::::::::::::::::::` ., ̄ ―-- _ ̄`
      ./二二二二、l二二ニ〈:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/_」:.:.:.:.:.:.:.}::::::::::::ヾ:::::::::::::::::::::::::::` .,          的中していると断言するよ
        .|二二二二ニ、≧=--二>---'":.「:.:`ーrイニ>x::::::}}≧=---_::::::::::::` .,
      j二二二二二'、>'"二≧=-:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.ヽ二二ニ!::{{::::\    ̄-_:::::::::\
      }二二二二二 ≧=-_二二ニ〕/、__ ィ丁二二7::::{{:::::::::\      ̄-_:::::\
      {二二二二二二∨二≧=-二`ニ>、   }二二7:::::::ヾ:::::::::::::\       \::::\
       Ⅵ二二二二二 Ⅵ二二二≧=-ニ>、  {ニ7ニ{::::::::::::}}:::::::::::::::::\       ヽ、:::ヽ
         ∨二二二二二.|二二二二二二心ハ {ニ/二」:::::::::::{{::::::::::::::::::::::\       \'.


        /´〉,、     | ̄|rヘ
  l、 ̄ ̄了〈_ノ<_/(^ーヵ L__」L/   ∧      /~7 /)
   二コ ,|     r三'_」    r--、 (/   /二~|/_/∠/
  /__」           _,,,ニコ〈  〈〉 / ̄ 」    /^ヽ、 /〉
  '´              (__,,,-ー''    ~~ ̄  ャー-、フ /´く//>
                                  `ー-、__,|    `"


.


2872レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:16:42 ID:Ihm8o8f60




                 __
            _..-''''゙゙゙´     ゙゙゙゙'''ー,,、
          ./      U       \
         , '     ___     __ .ヽ
        ./    (  ●  .)  ( ● )  '.,
       /  u .    ̄ ̄ ̄     ̄ ̄   '.,
     . .,'                        .l
       l   U.    (     人    .)    .l    あ、あのー……ロータスさん?
       .'.,        `.┬‐ ´  ` ┬ ´     .,'
     .   ' ,         ̄ ̄ ̄ ̄     /    とりあえず、落ち着きませんかお。というか、ブラフマーっていうのは……
          ゝ、               /
         /` ー――――― ‐=''' く       f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
        /                      \      |   インド神話には三神一体(トリムルティー)というモノがあってね  |
       /                    ヽ   乂__________________________ノ
     . /.                      ',
     /       /                i   l
.    /      |                |   |
    |      |                   |   |







      /: : : : : |: : : : |三三三irfア: : : : : : : : : : : : : :ー=ミ三/}: : : :.:.
.      ′: : : : :|: : : : |三/irfア⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : 寸il}: : : : : :.
      i: : : : : : :|: : : : |rfア⌒: : : : : : : : : : : : :..| ト : : :} : : : : : : : : : : : ::.
      | : : : :..:..:|: : : : |ilノ: : : : : : : : : :|: :i: : : : :| | ∨.:|、: : : : : }: : : ‘, : :.
      | : : : :..:..:|: : : : |: : : : : : : :/|: : ハ:.i:i : : : | | ∨| \: : : :.}i : : :.i: 、:.
      | : : : :.i:..:|: : : : :, : : : : : :/ : :/│i:i : : : }/  .斗 '" v ̄ji:i : : :ト :.:い
      |: : : :.i:|: :}: : : : :′: : :.:/  j:/ .ト:i:i: : : /:::::´ リ__  ∨: i:i:i : : | |: i :ハ
      |: : : :i:i|: : , : : : : :,  ̄/ ̄ノ ̄`j }i:i: :./  :::::::: ,,rャセ¨ア}:i:i:i: : :| |: | ぃ
      |: : : :i:i|: : ′: : : : V/∠二二ニ..,}i:i :  :::::: ::: 込こ炒 .:i:i:i:i: : :.| |: |  }|
      |: : : i:i:|: : : , : : : : :tイ了//斤厂}/:::::::::::::::::::::::::::::: :::  j:i:i:i:i: : ∧!.:|  ||
      l: : :i:i:i:|: :..:i′: : : :ハ 込こ少 ::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::  i:i:i:i :.:/  }|  ||
.    /⌒ヾく}: : i:i: : : : : : ハ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ,  ̄ ̄ ̄ ̄/:i:i:i : /  jノ  jj    まぁ、端的に言うと最高神である私と同格の存在が
    ⌒ヾ: : : ノ: :i:i:i}: : i:i: : : }                イ:i:i:i:イ   /|  〃
.  /    \: : :i:i:i:i|v: i:i: : : {丶       ー ′   /:i:i:iイ : {  ,:゚│ /     二人いるのさ、その片割れが創造神にして叡智の結晶
  ′     ヾi:i:i:i:i} }: i:i:i: : ::. `          /,i:i:i:i:i: : : :| /  l /
  i        ゞi;iノ│:i:i:i:i :.:∧   `  ..     / / /i:i:}: : : ,    ;      梵天ブラフマー……ムーンセルの主要設計者の一人だ
  |          \ , :i:i:i:i:i: : ∧     /`¨´  / /i:i:/: : : ′   ′
  l             ∨:|i:i:i:i:i: :.∧       / {/i:i:/{: : :/     ;
  ,                } ハi:i:i:i:i:i: :∧ ̄ `ヽ  /   }i:i/ .!: :/     ′
  ′             乂 }i:i:i:ト、i:i:i∧           }i:i} /: /    ;

.


2873レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:19:13 ID:Ihm8o8f60





                     /: : : : : : : :/ : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ_    `丶
                       / : : : / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : :.`丶.   \
                   /: : : : ::: : :/: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : :.  \   \
                     /: : : : : | : : : : : : : : /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : ::    \   丶
                 /: : : : : : i: / : : : : : /:|:: : : : :/: : :: : : : : : : : :: : : : : : :|:::: : :│
                   /: : : : : : : i ′: : : :_/ |:: : : :,'!: !: :|:: : : : : :│::: : : : : : |:::: : :│       \
                     /: : : : : : :/ i : : : /:_厶 |:\:/ |/|: : :: : : : : :∧::: : : : : : |:::: : :│
                 /: : /: : : :/ : |: :::: 价卞ミ八::.:ト、| :|/゙|:: : : /:/:::: | :: : : : i : |:::: :::│
                   /: : /: : : :/ : : |: :::: :i:トJ゚..:ノリ゙ヾ| \ |::.:.:/:/::::::::i:: : : : i : |:::: : :│
               /: : /: : : :/ : : : |: :: : 代込ン   }i::::::::::::|::./|/:::::::::::|:: : : : i : |:::: : i│
                 /: : /: : : :/ : : : : |: :::: :|: :i : :::::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::│: : : i :,':::::i :i小  どうせ何時もの悪平等主義……悪い手癖で
             /: : /: : : :/ : : : : :_|: :::: :| i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i|/::::/|/i ::::i :i |
               /: : /: : : :/ : : : //|: :::: :| i       '  ::::::::::::::::::::/|/|/:::. i ::::i :i | : ムーンセルの中で生まれかけていた”化身”の声に
           /: : / : :_ -=ァ´ /:i:|: :::: :i :リ  、__         /::::i::::::::::::::::::::i :::i| :i |
             厶-‐ ´    /  ムi:i:|: :::: :i/     ` ´    .ィ:::::::::::: i:::::::::::::::::: | : i| :i |   答えて、干渉。意図的にイレギュラーを創りだし
         .イ        '   |i:i:i:|: :::: :|  \  _. -=≦ニ八:::::::::、L:::::::::::::::::i :::i| :i |
      /         /    |i:i:i:|: :::: :| _,,.ィ爪i:i:|   ∨ |:::::::::::::::::::::::::::::: i :::i| :i |   ”安心院なじみ”という存在を生み出す事となる
         |        /     :|i:i:i:|: :::: :|r匁ノi:i:i:i:i:|   │ |:::::::::::::::::::::::::::::: i :::i| :i |
      /     |       / ̄ ̄ ̄ |: :::: :|/ ̄ ̄ ̄\  | |:::::::::::::::::::::::::::::::i :::i| :i |
.    /           〈 〈     '⌒¨|:.::/|'¨⌒      \ ≧=-、{  ,'::::::::::::::::: i :::i| :i |


.


2874レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:20:05 ID:Ihm8o8f60




      /: : : : : |: : : : |三三三irfア: : : : : : : : : : : : : :ー=ミ三/}: : : :.:.
.      ′: : : : :|: : : : |三/irfア⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : 寸il}: : : : : :.
      i: : : : : : :|: : : : |rfア⌒: : : : : : : : : : : : :..| ト : : :} : : : : : : : : : : : ::.
      | : : : :..:..:|: : : : |ilノ: : : : : : : : : :|: :i: : : : :| | ∨.:|、: : : : : }: : : ‘, : :.
      | : : : :..:..:|: : : : |: : : : : : : :/|: : ハ:.i:i : : : | | ∨| \: : : :.}i : : :.i: 、:.
      | : : : :.i:..:|: : : : :, : : : : : :/ : :/│i:i : : : }/  .斗 '" v ̄ji:i : : :ト :.:い
      |: : : :.i:|: :}: : : : :′: : :.:/  j:/ .ト:i:i: : : /  ´ リ__  ∨: i:i:i : : | |: i :ハ
      |: : : :i:i|: : , : : : : :, _/_ノ ̄`j }i:i: :./    ,,rャセ¨ア}:i:i:i: : :| |: | ぃ
      |: : : :i:i|: : ′: : : : V/∠二二ニ..,}i:i :/    込こ炒 .:i:i:i:i: : :.| |: |  }|
      |: : : i:i:|: : : , : : : : :tイ了//斤厂}/          j:i:i:i:i: : ∧!.:|  ||
      l: : :i:i:i:|: :..:i′: : : :ハ 込こ少′           ,:i:i:i:i :.:/  }|  ||
.    /⌒ヾく}: : i:i: : : : : : ハ            ,        /:i:i:i : /  jノ  jj   で、その後……それの行いが許容範囲を超えたのと
    ⌒ヾ: : : ノ: :i:i:i}: : i:i: : : } u                 イ:i:i:i:イ   /|  〃
.  /    \: : :i:i:i:i|v: i:i: : : {丶         ∠ ゝ    /:i:i:iイ : {  ,:゚│ /     平等主義者故に、干渉を始めたと
  ′     ヾi:i:i:i:i} }: i:i:i: : ::. `          /,i:i:i:i:i: : : :| /  l /
  i        ゞi;iノ│:i:i:i:i :.:∧   `  ..     / / /i:i:}: : : ,    ;       ……一応確認するが、大体こんな身なりをしていただろう?
  |          \ , :i:i:i:i:i: : ∧     /`¨´  / /i:i:/: : : ′   ′
  l             ∨:|i:i:i:i:i: :.∧       / {/i:i:/{: : :/     ;
  ,                } ハi:i:i:i:i:i: :∧ ̄ `ヽ  /   }i:i/ .!: :/     ′
  ′             乂 }i:i:i:ト、i:i:i∧           }i:i} /: /    ;









        ,.....::::::: ̄ ̄::::::....、
      .,.::’:::::::::::::::::::::::::::::::::::`:..、
      /.:::::;≠―‐ミ_ヘ:::::::::::::::::::::.ヽ
    ./.:::::/'´ ̄ ̄  `∨:::::::::::::::::::∧
   .:/\:;′__    :';:::::::::::::::::イ::::i⌒>
    /.:::::::i:i__l__:| |:::::|l__>i::::::::<>:::::| ⌒i
   ,::/:::::::l::::i|::::| |:::::|:Ⅵl::l|:::::::::::::::::::::上ニ>.ト、        f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
  ;’i::::::::::l:rトミ:_|_|___|_|__|_l|_::::::::::::::::;ト、 .∨:::::`:..、    |  …………ま、間違いありませんね  |
  i::|::::::::::∧乂}  ‐f示ア!:::::::::::/:∨   ∨::::::::::::.、    乂_______________ノ
  |::|::::::::::|:∧  __ ` ´/::::/:iく:_:::::::: ̄ ヽ}::::::::::/ ∧
  |::|:::::/|:|l. 〈>..`=’-<::::/ノ ..} i_:::::::::::::::::::::://:::i
  |;'|:::l|..|从 l|=ミ(∧l>/〉´‐ミイ_ノ_.`ー‐ァ:::::: ̄:::::::::::l|
  ||:::リ.    ゝヘ__/ィ.//  ./从:::::::¨`'´:::::::::::::::::::::::::リ
    |:/        }人__ノ:::{\::::::::::::::::::::::::::::::::::/      【ロータス制作、手のひらサイズブラフマーフィギュア。税込み0円】
    |l         /!\__j_,/.  \::::::::::::::::::::_;:::く
          ./.::/ .ト-:/    /'イ ̄.天.__./
           .//   .|:::;′...//::l|_/::::::::::::|
         (ノ .     |:/   ̄〉::::::::::::::::://l/
              (_j   .<::::::::::::_// /
                      ̄ ̄


2875名無しのやる夫だお2013/10/14(月) 23:22:03 ID:3pK1ygms0
モノクマとQBのぬいぐるみと並べて纏めて蹴り飛ばそう(提案)


2876レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:24:18 ID:Ihm8o8f60




           _,.......--、,..::――-.、
        ,...:´,:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
        /:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\
      /::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::\:::::::::::::ヽ
      ´:::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::.
    /::::::::::':::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::',::::::::ヽ:::::::::::::.
    ':::::::::,::::::::::::: ':::::::::::::::::::::::::::::::::::::,:::::::::::::,:::::::::::::.
     {:::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::,:::::::::::::.
     |:::::::::|::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::i:::::::::::::
     |:::::::::l::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::|::::::::::::|
     |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::,::::::::::::::::::::::|     …………よし、この話は一先ず此処で終わりにしよう!
     |::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::::::::::::::::::: |
    }::::,::::::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::,:::::;     まずは目の前の難関をどうにしかしないといけないからね
    |:::::,::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::l:::/
    |:::::::,:::::::::::::::::::i::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::: |:::::::::::::::|/      どうして安心院なじみとブラフマーが同じ姿をしているのかの予測も
    |:::::::::,:::::::::::::::::|::::::::::::::{:::::::::::::::::::::::::j :::::::::::: |
    |::::l:::::,::::::::::::::::|::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::/::::::::i:::::::|       既に出来ているが、今はそんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない
    |::::|:::::}:::::::::::::::|!:::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::l::::: |
    |::/}:::::|:::::::::::: ,|:::::::::::::::,:::::::::::::::::::::::::::::::: |::::::|         ―――――そうだろ?
     ,:/ |:::::|:::::::::::/:|:::::::::::::::{ :::::::::::::::::::::::::::::: |::::::|
    / ィ!:::::;::::::::/:: |:::::::::::::::| :::::::::::::::::::::::::::::: |::::::ト、
    /ニ|::::::::::: '::::: |:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::j!::::::|ニヽ
.   /ニニ、::::::::::::::::::|:::::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::/::::::::|ニニ}
   {ニニ ム:::::::::::::: {:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::/:::::::::/ニニ|


.


2877レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:26:45 ID:Ihm8o8f60




          ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)   (……よ、余程ブラフマーさんには振り回されているようだおね、ロータスは)
    ノ  | / / /   (⌒) ./ / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  ::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /



┏┓                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃               System Message                     ┃
┏╋───────────────────────────────╋┓

     この場において言いたいことや聞きたいことや話題の提供など
     ご自由にどうぞ

     安価下2~4までを切り貼り
     例:式救出の班分けの話題を降る、など

┗╋───────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                 ┗┛

.


2879名無しのやる夫だお2013/10/14(月) 23:29:19 ID:1wF5lAwc0
そういえばマルフィーザのサーヴァントだったマキナってどんな能力や性格なのか
あと班分けは

式救出>ない夫、清麿、やる夫、マルフィーザ
ハム>セシリア、ヴァン

でいいか?


2880名無しのやる夫だお2013/10/14(月) 23:32:28 ID:nENl/Kkw0
ムーンセルの化身が生きてるってロジェロが権限握れてない理由は
相討ちだったからではなく純粋に聖杯戦争が終わっていないからじゃ

ロジェロ達はマルフォーザを助けるためにムーンセル中を探したと思うお
その過程で見つけられていないってなにか妙だお


2881名無しのやる夫だお2013/10/14(月) 23:34:27 ID:3pK1ygms0
まあ、色々と気になるけど、とりあえず状況が落ち着いて…… いや、落ち着くかはサッパリわからないけどうん。今話す事でもないお。
それよりもまず目先の危機だお。式救出における大雑把な作戦はできたけど、使い捨て礼装の振り分けとかも決めないといけないし。
あと一応、この同盟の旗印的なものも決めておいた方が良いと思うお。まあ必須でもないけど


2882レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:38:40 ID:Ihm8o8f60






                       _  -‐-  、
                         , ´       ` 、
                    /               \
     ,. -‐'fフフ           7                `、
     /   r‐´ r‐、         /                 ヽ
   ノ  _/_ 」  .l      |   ー‐-‐'   `ー‐-─     !   まあ、色々と気になるけど、とりあえず状況が落ち着いて……
   i   _ _ .) ,'       |   ( ー‐) '" ( ー‐ )   !
   !     `{ ノ        ヽ     ,    !          /     ともかく、確かに今話す事でもないと思う
   |  ー ― 、}´; ̄ ̄;` ー‐-/;:;\  ヽ_人__,ノ`   /,.,.,.
   l   ,.-r /;:ヽ:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;ヽ_ ` ー     __, イ:;ヽ:;:;:;    それよりもまず目先の危機だおね
 /i!    〕〈:;:;:;:;:i:;:;:;:;:;:;:;:;:;/:;/:;:;:;:;:;!  \ _ー‐_,./  i:;::;:ヽ:;:;
´:;:;:!ヽ _∠);;',|:;:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/:;:;:;:;:;:;ト、 /!;;;;;;;;;;〉、 ,,.イ:;:;:;:;:;:ヽ    班分けとかもしないといけないし……ただ、その前に―――
:;:;:;:;:ゝ、_  /;;;;ノヽ:;:;!:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;:;:;:;:;ト.`'  ヾ--〈  V  !:;:;:;:;:;:;:;
:;:;:;:;:;O /`:;´/;:;;:;:|:;:;l:;:;:;:;:;:;/└-、:;_:;」    !;;;;;;;!     |ヾ、:;.-‐
:;:;:;:;O:;':;:;:;:;/:;:;:;:;:;l:;:;:!:;:;:;:;/:;:;:;,.-‐´:;:;:|    |;;;;;;;;|     !:;:;\_:;:
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;/ 、:;_:;_:;:;:;:;:;:;:;/:;:;;:;:ヾ:;:;:;:;:;:;:!   !;;;;;;;;;!   /:;:;:;:;:;:;:;7










          ______
        /         \
       /            \          ムーンセルの化身……安心院が生きてるって事は、ロジェロさんが
     /      ,   、,,.-='、'、 \
    /  `┬;;;:::┬′   ゙.゙、;;;;::',ノ  \      権限を握れてない理由は相討ちだったから……
  /    ⌒゙''''''´"    `''''''"  u   \
  |    U                  |     とかじゃなくて純粋に聖杯戦争が終わっていないからじゃ?
  |                       |
  \                     /
    \                  /




.


2883レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:42:11 ID:Ihm8o8f60



                   /.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\
             /⌒::::::::::::::::::::::::::::::::.\:::::::::::::::::::::::.
            .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.\::::::::::::::::::::.
              /.:::::::::::::::::::::::::::::::::/i::::::::::::::::::i::.\::::::::::::::::.
          / .::::::::::::::::::::::: i::::::::/} |:: {:::::::::::::|::::::. \::::::::::::
           .::::::::/:::::::::::::/|:::::/ ノ :::{\:::::: |::::::::::::::::::::::::::i
        /  .::::::::::::::::::/:::/ :|:::/   \厶-:::!:::::::::|:::::::::::::::|
       /   .:::::::::::i::::/:::厶/:/  -‐ ´,,斗== |:::::::::|:: |:::i::::::|      聖杯戦争が終わっていない……訳ではなさそうだが
         :::::i::::::|:::::::x=トミ    〃「  し}|:::::::::|´:|:::i::::::|
       i   |:::::|::::::|:::/  V し}       弋ーソ:::::::::::|_,.|:::i:::::::      安心院の生存がロジェロ達の不備の原因に関係しているのは十分ありえる
       i   |:k |',::::::圦ハ ゞ-'          i: |:::::::::|ノ|:::i::::::::.
       i   |:i :| \::{ i:::::.    . '       |: |:::::::::|:::::ノ::::::::::.     ―――、一度彼らとそれについて話してみるべきだろう
          |:i八  丶|:::个     ‐-    |: |:::::::::|:::::::::::::::::::::.
         八   \ :|:::::|::::::>         i ノ:::::::::|:::::i:::::::::::::::::.   さて、他にも礼装の振り分けやら色々と話すべき事は山ほどあるが
          \   !:::::::::::::::::::::..-=≦  |:::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::.
           \  |::::::::::i:::::::::::::::::/:|  /|:::::::::::::|:::::i:::::::::::::::::::::.
                |::::::::::i::::::::::/{:.:.|_/ ノ:::::::::::∧:::i、:::::::::::::::::::::.
                 |::::::::::i〉| ̄ ̄\‐ァ= ′.::::::::′|:i:ー=彡'´ __> 、
                  |:::::::./ニ|  '⌒ノ7 // .::::::/ニ」:i: : : : //´ニニハ


.


2884レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:44:01 ID:Ihm8o8f60



                       ____
                     /__\  `丶
                     / /: :_:_:_:_:_:.ヽ   \
                    // /{/  i  \}  i  :.
                      // //i ト、   !八iヽi /_\r'.
                  〈〈 i i八!´\リ、__, ノ' /{-   ヽ._
                 ヽヽ/∧ー' 、   ''/ /_人 __ノ::::::::ヽ_      まずは、明日の行動に向けた班分けが第一ですわね
                     \{ 込、 ー' { {/{:}/::::::::::i::::::::::/::}
                   / / /介ト rく_,i/_}::::/ ̄ ̄}::∧      ヘクトルさんはどのようにお考えに?
                      / / / /_iリ/ハ´ { ⊂ニ\: : : : :.{/  \
                     / / /´////{ `ニ廴彡{ ∨  ̄{     \_-=ニニ=ミ
                 / __,/ /__フ/ { {__}__、--つノ  ‘.  ∧ _ -=二二二二二ニヽ
              人__彡'   {/ ̄i」     ヽ   {   { i_ -=  ̄ ̄`丶\/
             ///_.イ i          i  /\  '.  /}     \     \
            ////`そ{  ノ      ノ  ∧  \ ‘,  /\    \{`丶   \
          /// {  ヽ/}            / i   `ー‐'  } -=ニ二二} \  \









    /            / i! |    ヽ、  ..............::::::::::::::::::::::::::::::/
   ./             '  i!.|    . :::.`ヾ、::::::::::::::::::::::::::::::: /
   ./  .,   .::     マ       i!|     :::::..ヾ'''''' ":::::::::::::::::::/  _,,,r.7
  ,'  .:7  .:::::  .::  Nマ :.. ::.  i!| ::.........::::....ヘ::`''=- .,,_::::- '=='''":::::/
  .i .::::i .:::::::: .::::  |'".ヘ :::マ:::::::i|!...  ::::::::::、::::::::`ヾ、 --==''"::::::::::/
  i .:::|i .:::|:::::::..::::::.マ i  ヘ. ::::マ::::i|! 、::::\、::::::ヽ、::::::::::::`=- 、,,::::/
  | .::::i!| ハ:::::マ:::マ:::|、',   \::::ヘ,i!:::ヘ`>ミ<ラ、::`≦、'' "::::::/
 .{ :::::ハi :i:::!::::::マ:::マ::トマr- 、,,__ヾ、i!ヘ:::`<r'"ヘノ }、}"'''':::::::≦,,,,,,,,.. -ラ
  i:::::i ', |:::i::::::::マ:::ヘ::マ、'""r''ヘ`7`ヘ `ヽ'' "  レノ:::::::::::::::::::::::::, イ
  マ:::| .',|::::iマ:::::i 、:::ヘ', `=`' " .7  .i      |イ::::::__,,.. --=''"     ラウラとキンブリー対策も兼ねた臨機応変に動く遊撃隊
  マ:i  .i!::::| マ:::ハヘミミヘ、   .7   }      リ:::::`ヽ、
   マi   マi  マ、{、:`ミヽ、`      _,,,,   ,.'::::::::、--=`'''        式救出の為にアルカディアに侵入する救出組
   ヘ   マ   マト}::::i、::::ヘ、    .{___,!  , ' }:::::::::ミ`=--
        ヘ  `.}::リ }:::::::::}、`ヽ、    , '  .ト、ヽ::ヘヾヘ          そして、ブシドーを足止めする陽動組……この3つに別けるべきだろう
             /,'  i:::i:::::irヘ   "'''''    .}N ヘ、',、
          /.'  .}/.}:::リニハ        i三三N三>..、
        _,,.. -='"三i /.i:/:/ .}       .i!三三{三三三三>...、
       ム三三三ニ./三' /--、   ,r===ラi!三三.i!三三三三三三三>,r 、
      ム三三三ニ/三ニ/、`ヽ `,,''" -='",r.i!三三..i!三三三三三三ニ/三ニヘ


.


2885レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:46:46 ID:Ihm8o8f60




::::::::`ヽ、:::::::::::::::::::....           /.:: /    .: ,  .:: /    i: {
:::::::::::::::::::::::::::::.......          /.:: /   ..:::: / .::: /::::    .i!:ハ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.......   _,'::::/ .:  .::::: / .:::.:/ワ:::    ,':リ ヘ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ヲ::,イ .: .::::::::/ .::::/:/ i!,':: .::  ./:,'   ヘ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ ' .7:A } .:: .:::::::::/ .:::/:/、 i!i::::::::  ,'/ ::.   ヘ
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::マ{ ':,'ン{!.::::..:::::::/.{.:::/i:'.  }'{i:::::|::,タ  ::i:.  、 \
=-,r='::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ `'、} |,i.::::::::::::,' |::,' ' ヽ、、 i!::::レノ:.  ::.i:::::. ',`ヽ、.\
'":::::::::::,r::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ、,,_.  ',:::::::::7 .!7    `ミ '/{ 、::::.. ::i! 、::... ',
===,r'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/ .}  ',::::::7  .i!.    /} ヘ', ヾ、:::::ハ. ` 、::.ヘ
./::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::7     マ::7  .i!       ', `  \:::',  `= ヘ
__,,,.. -=.フ:::::::::,:::::::::::::::i:::::7      N    _      >     ヾ、
   /::::::_,.r7:::::7::::::/|:::7          { ミ 、 r='
../--=',.、 /イ7:::::/ .{::i!           ヘ,,/"      無論、ラウラ達の妨害は”奴らに気づかれて、動かれる前に事を済ませば”
   /三'"` 、7::/  .i!      , ヘ    ,r'"
 <、三三三ニ7':`..、  {     ,イ   ヽ、,,/            そうそう、起こりえないのだから、あえて救出と陽動に全力を向けるのも手ではある
 r'三` 、三三三三` 、    / 、
'"三三三 \三三三ニヘ  .ハ三` 、             ―――その点についてもどうするか決めないとな
--====- 、三ヽ、三三ニヘ  { ヘ三ニ',"''==- ..,,,,,__
三三三三 `、三 ヘ三三ニヘ   ヘ三.',三三三三 ヘ



┏┓                                                  ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃               System Message                     ┃
┏╋───────────────────────────────╋┓

       安価下7を班分けの決定安価として採用します。
       相談、タイムあり

┗╋───────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                                 ┗┛

.


2887レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/14(月) 23:52:23 ID:Ihm8o8f60
>>2886
時と場合によりけり、ですね。陣地に一直線に攻めてこられると対処はほぼ不可能です(陣地を犠牲にするならOKですが)


2890レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/15(火) 00:04:46 ID:Kguc7BXQ0
>>2889
うーん、処理的には準備ターンに式さん救出の行動になるんですが……OKとしましょう
とりあえず、暫定のメンバーを今は決めるということで


2893レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/15(火) 00:08:45 ID:Kguc7BXQ0



                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


2894レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/15(火) 00:09:22 ID:Kguc7BXQ0



         /         / /: :      /   /  }           :.
            ′         /_     /   /  /}          :.
         |     /     | :/│:: :`i≧/ 、   ′ /│.:          :.
         |    :|     |/ .|: :  j:/ l | \:{   / .| ::          i
         |    :|     |  ー</ { |  :|  {  |: __:}           |
         |    .::|     | ===ッ.、 丶乂 :|  {   ハ: : |`:ヽ..|  |    |
         |   : ::|     |     `~'㍉   ヾ|∨| / } : || |  |  |    |
         |   .: :.;    .|:.:.:.:.:.:.:.:             ___ \}}ハ :|  |   ,′
         |  : : :′     |:.:.:.:.:.:.:.:          ==ミ:、  }: |: : |   /
        .′ : :/      |                 `ヾミ. 入|: :.:.′/イ
        /  : : / : :.../              ,.     :.:.:.:.:.:.:./: }: :// /
.       /  .:: :/: : : /    l       、        :.:.:.:.:.,:′: ノイ
      / .: : :/: :/: : :.    |、      丶       / : : :   |     では、今日の投下はここまでにしますね
.     / : : :ノ: :/: /:..:.    l \           イ |: {: : :    |
 __/γ´: : : :/: /: : :    l   \     .....: : :/ / |:/: : :   |     皆さん、お疲れ様でした
ニニニニニ`ヽ\:_:_/: /!: : : :.   │     丶 <: : |: : / { 〃.:..:..:  |│
ニニニニニニニ\\{ :{::|: : : : :.  } } |    ∧: : : : :|:..:′ :| 〃|..: : :  |∧
ニニニニニニニニ=\い |: : : : : : } } ト.、   { ∨ : : |: {: : ハ{:{│: : :  |:.∧


2895名無しのやる夫だお2013/10/15(火) 00:10:17 ID:mPiWldYc0



2896名無しのやる夫だお2013/10/15(火) 00:11:50 ID:opprbn7g0



2897レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/15(火) 17:17:20 ID:Kguc7BXQ0

今日の投下は9時頃に行う予定です
それと別に問題は無いと言えばないのですが……コンバートしたばかりで皆さんも不慣れで、慣れない所もあると思うのでアドバイスしますと―――


一度の戦闘にスキルやステータスなど全てを万全に使えるのがメイン・サブ二人=合計3人
よって、4人目からはルールにもあるように「支援or常時」のタイミングのスキルでしか戦闘に関与できません
なので、一度に4人以上を戦闘させようとするなら4人目は「支援or常時」スキルが有用な方を配置しておくのがベストですね

…………ただ、現状のメンバーだとその手のキャラクターがマスターでは味方に清麿さんくらいしかいないのですが


2898レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/15(火) 17:20:14 ID:Kguc7BXQ0
少しその辺りも含めて、(よく見ると種別に歯抜けがあるキャラクターも存在する)もう一度データを貼り付けてみますね


2899レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/15(火) 17:29:12 ID:Kguc7BXQ0


┏━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:やる夫                【レベル】:40      【アライメント】:中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋
  【筋】:10      【耐】:10      【敏】:20      【魔】:50      【運】:50
┣━━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:★★★ 【魔力供給の不足】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /              、
                  '                 }>
                /  \    /       イ
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【スキル】
  ○アバター・リンク:キャスター (分類:一般 タイミング:常時)
    このキャラクターのLVに「+20」。
     魔力の供給に+20点を加算。
     ロータスとのリンクで、主に魔術の知識、魔力、様々な技量を投影している。

    ○鏡写しの月影:B (種別:心意・支援 タイミング:メインプロセス)
    ロータスがメインプロセスに使用するスキル一つをこのキャラクターも使用することが出来る。

      何らのかの動き、現象、能力を写し取る、再現する事ができるやる夫の特性にして魔術傾向。
      その特性から何かを感じ取る力、何らかの補助や、何かを助けるモノ(影)である礼装などの作成も得意とする。
      アバター・リンクとの相性が非常に良い特性となっている。

   ○心意・加速:C (種別:心意・支援 タイミング:メインプロセス)
     【敏】での戦力の比較値に「+10」する。

     心の意思、願いを糧に、現実を上書きする形で行使される魔術。
     特にやる夫はその中でも、先へ進むこと、加速を基に構成されている。
     その他、基本的な魔術スキル面もこれに統合されている。

   ○超観察眼 (分類:一般・支援 タイミング:効果参照)
     敵陣営の判定の振り直し一つを打ち消す事ができる。

      アバター・リンクによる経験のトレース、悟りの神眼、そして創造理解の再現
      ロータスとの連携により成し得る戦術予測。


┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2900レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/15(火) 17:29:24 ID:Kguc7BXQ0


┏━━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:セシリア                【レベル】:50      【アライメント】:秩序/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋
  【筋】:10       【耐】:20      【敏】:40       【魔】:50      【運】:50
┣━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:★★★ 【魔力供給の不足】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫

      ′      ///////////////// ∧  \
   /         /////////////////// ∧    、
    ′       ////> ''´、 ̄ ̄ 二ニ==ミハ     ヽ
  /   |    / ィ_,、_,八 { ` ̄´ ヽ \  ヽマ    :.
  /   |   /_ノ!  _|__ ヾ:、  -‐==}―- !、  /
  l    l   |  ィ'" !ヽ   \   | j  ハ, ||.ヽ/
  |    :.  ..イ{: |ヽ |  \   |イ /  ', | j V
  |    V |! |  \-‐ `:|  /j‐j/-  }ハ/} /
  |    :.  | |ヽ|x==ミ   j/  z==ミ:、/イ/
  | :.    ヽ | 〃                 `7ー /   /
 ハ \     / 、、、、        {     ``/ /     ∧
/  、  \   \            /_. イ     /
   :\  `   ._\_   r   ̄   |.i´/ j    /
  /  \     \ ̄l`i  丶. __ ノ  |.レ′/    /
. /     \    ヽ| ト 、   ¨´  .ィ´ヾ∨     /
/        j/\     l |     ‐-   j、 /     ∧
        /   i\   |` ー-v-‐ ´  V   /  :、
        /   /  ,ゝ、 ∨/二マ     /  xく     ヽ
       /  _/xく  /\ }ィ个xヽ   〈 /   ヽ、    \
  -‐ァ7 ̄:::::::::::::ン   〉ノノ∧ハ \ノ\     \ー--

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


  【スキル】
  ○:アバター・リンク:ランサー (分類:一般 タイミング:効果参照)
    このキャラクターのLVに「+20」。
    戦力の優位一つを得る度に勝率補正に「+10%」する。
    敵陣営の「敵陣営に参戦している数」が影響するスキル、宝具の対象から外れる事ができる。

    ランサーとのリンクで、主に能力と技量(性質)を投影している。
    スキルの強化、反応速度の強化等が起きている。

  ○:ブルー・ティアーズ:A (種別:一般・支援 タイミング:効果参照)
    比較で【魔】が選択された際、敵陣営の戦力値に「-10」する。
    戦力の優位の数で効果が変わる相手の宝具の効果を×1分減少させる事が出来る。

    セシリアの魔術礼装にして機械(科学)と魔術(神秘)の融合体。
    礼装としては破格の性能を誇り、ビット型の武器【蒼穹の雫】によってオールレンジ攻撃が可能。

  ○アズール・サンダーボルト:A+ (種別:魔術 タイミング:クリンナップ 魔力消費:30)
    自陣営の戦力の劣位が一つ以下の時に使用可能。
    自陣営の勝率補正に「+50%」。
    対軍宝具を対象に取る効果の効果範囲にこのスキルは含む。

   ランサーの絶技のトレースとセシリアの全力を一点集中して放つ最大攻撃。
   もはや、それはCランク前後の宝具による砲撃に匹敵する破壊力を誇る。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛


2901レイカー ◆8DyckGqIqc2013/10/15(火) 17:31:51 ID:Kguc7BXQ0
一部スキルに「支援」を追加しました。他の味方キャラクターに大きな変化は(歯抜けを修正した程度)ないですね


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/1302-3a0d2e3a

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /