FC2ブログ
ブログパーツ

2018.7.11 修正省きます

【 もくじ 】(1)AAがずれる場合について(0)Fate短篇集(54)[Fate] わたふつ企画(1)「俺達が作ったマスターは普通なんだ!」企画(6)「Fate/Cross Horizons」企画(28)【R-18】根源レイプ!聖杯と化した先輩【企画fate】(8)◆gKNcHiCsig(1163)できる夫はクリスマスまでに彼女を作るようです(44)できる夫はローマで聖杯戦争をするようです(26)アリサの鹿児島聖杯大戦(36)キル夫の南極聖杯(性杯)戦争(35)桐ヶ谷直葉の愛知聖杯大戦(18)Fate/Parallel Lines Cold War ~in baku 1986~(26)fate/Charon Cell Chalice war(171)Fate/Cross Horizons コミュニズムと冥界の贈り物(44)天子ちゃんのオスマン海軍日誌(11)【R-18】THE GENOCIDE@STAR(11)【R-18】アストラハン魔術士官学校(340)機械仕掛けの時計は人類滅亡の夢を見るか?(4)【本部道】本部以蔵のまもって守護月天!【バトルロワイアルr-18】(6)ドイツ民主共和国はオリンピック野球競技でメダルを取るようです【1986パワポケ】(63)借金したのか、俺以外の金融機関から…(72)あ り す S ・ O ・ S(16)国際選挙監視団から失礼するゾ~(監視)(48)やる夫で学ぶ並行イスラーム論(9)インサーン・カーミル育成計画(38)やる夫で学ぶレンティア国家(11)テストプレイ:アストルフォはグバ・ハーン国の王子のようだったみたいです。(11)諸国の珍妙さと宝物の神秘に関する航海者たちへの贈り物(59)◆gKNcHiCsig 企画その他のまとめ(7)ビラー・カイファなストーカーのおしごと!(57)東北野球タックル児☆ラブリー甲子園(0)この素晴らしき聖夜にせいさいを!!(0)◆DlX4a2nVYM(68)できない夫は復讐を遂げるようです(53)やらない子は追憶の魔術師のようです(15)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXc(518)「私のサーヴァントorマスターが普通なんだ!」(20)七夜は聖杯を刈り取るようです(22)私達はバランスにさよならと言った。ノシ(41)Fate/Parallel Lines Nine World(40)私達の読者が作ったマスターは普通なんだ! (ザビレルライン本家)(16)Fate/Kaleid liner TKG YURA(34)岸波白野はフェンリル極東支部を作るようです(200)ザビ子 ◆g6LNif5ONkXcの安価スレ講座(4)あなたはデートで色々救うようです(54)【Fate】時計塔からの使者(21)ハッピーエンドベル(66)レイカー ◆8DyckGqIqc(635)やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです(135)彼らは七重の聖杯戦争を行うようです(49)貴方は英霊として聖杯戦争に挑むようです(24)星奈はネトゲの聖杯戦争で友達を作りたいようです(34)アカツキ聖杯戦記(31)貴方は戦乱の運命を断ち切るようです(43)彼らは正義を貫くようです(67)ねらう緒は運命の鎖を解き放つようです(35)AGITO・サバイバーΩ(179)CCO「全財力の5分の3をつぎ込んだ聖杯戦争だ」(38)◆QT3WSrTnRE(222)キョンは恋人に聖杯を贈るようです(13)ささみさんは聖杯戦争で頑張るようです(20)ねらう緒は聖杯にスパコンを注文するようです(16)キャスターで行く世紀末聖杯戦争(21)Fate/Parallel Accident(17)私たちの“陣営”が普通なんだ! (わたふつ第一部)(61)Fate/Discode Horizon ~その“やみ”は深淵より深く~(32)ターニャはロロナを振り回しながら聖杯戦争に殴り込むようです(42)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y(758)【R-18】伊藤誠は救えない聖杯戦争で戦うようです(19)浜面はそれとなく頑張るようです(9)私達のマスターが一番普通…な訳が無い(7)私の陣営が普通? 言わせねえ (わたふつ第二部)(45)【R-18】Fate/Freaks to Horizon 醜き慟哭(14)スーパー英霊大戦OG Ultimate/他世界編(6)貴方はカイジと共に聖杯戦争を生き抜くようです(17)嘘ネコ(黒) ◆ickp4lrA3Y短篇集(459)◆kFeTN/YhjMまとめ(182)ヴェルタース◆HrKSCSXHa2(126)私達の作った鯖鱒が普通だった(37)ザビレルライン(9)インフレルライン(5)アマッカス提督の鎮守府記録(54)Fate/Goddess the riper(13)【聖杯大戦】キミはユグドレ聖杯に参加するようです(8)ねらう緒ネェとボンちゃん(無銘)の聖杯戦争(17)Fate/Parallels Line Wars その手は何を掴むために(39)Fate/D. Fortune 運命を覆すようです。(22)赤 ◆uh411VGodkまとめ(83)◆FOXED3GjL6(66)私のサーヴァントは最強なんだ!(11)もう鯖も読者作でいいんじゃない?【大運動会】(13)Fate/Cross Horizons Dの謎解き(13)アタック25式聖杯戦争!(わたふつ第三部)(29)フジマル ◆GOcktzjkeU(294)【聖杯大戦】Fate/Apocrypha-8人の魔術師-(37)【神霊大戦】Fate/Cross Horizons―War of the End―(30)あなたはさとりと共にコロシアイ聖杯戦争に介入するようです(45)【神霊戦争】Fate/Parallel goddess ~蒼き聖母の唄~(182)イルカ ◆MVSHqT.IXg(93)天上に浮かぶ水の惑星の下で【Fate】(35)蛍光燈の遺産相続戦争【FATE×DQ】(58)◆R2EPbWDdJg(359)やる夫は心無いキャスターを召喚したようです(211)【R-18】蛇王聖杯戦争(148)vs ◆5d.Avr42gc(412)Fate/Cross Horizon Another Day 我那覇響はセカイを救うようです(142)Fate/immaculate world(270)GM ◆sEzNY.t36k(2085)【R-18】魔剣使いとポンコツ生活(1964)【R-18】Fate/Parallel Demon-Load(121)◆/2mbBIMAHw(969)奴らはDQM的世界でやる夫を頑張らせるようです(884)真ドラゴンクエスト6ダークネス ~衝撃!!幻の大地編!!~(85)亡国◆pK/wkQFKvkまとめ(790)楓 ◆yHPkL/Dz4s まとめ(309)◆JVJNgaDSj28fまとめ(20)森人 陽 ◆ZPJ5/.UMScまとめ(98)やる夫が葉隠武士になるようです(41)ちんちろサマナー(17)【R-18】やる夫転生(319)【R-18】キミたちは戦乱の世をゆく『バルクびと』のようです(92)【R-18】童帝Civ4プレイレポ(28)恋愛の悦びを知りやがって!(34)桜満集のC.C.C.~キューティー・キューピッド・クラウン~(80)めぐみん・ポッターと謎のプリンス(41)偽・女神転生LC:彼らは世界を取り戻すようです(139)未分類(0)管理者へ (リクエスト等)(1)

やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです その23

ブログトップ > やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです > やる夫は月の聖杯戦争を戦い抜くようです その23

3032◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 20:37:42 ID:d5yffxkc0




.        /        / ∧   、 i{      :.
      /  / :/  / / _}_ :|  j{      :.
.      ′ .′/⌒/{ .′ | |`jヽ ,′      i
      |l  | l{ リ{ |__{   _j人:|.∨   :|      |
      リ{:_:{リ{芹ミ    芹i圷ミ |   ハ :}   |
          代リ     弋リ '’|   | |:./  │
          }:.:.:      :.:.:.:.: |   |_l/:    |
          八  `       |   |: }: :   ハ
          j\  ー     ハ  :|:/: :    :.
           ′ :丶.__,.   < |  . : |′: :.   い    投下の告知とやる夫さんの強化方針のまとめの提示を行いに来ました
         // : : : : : }  r=:{ ..: : |: : : :    {│
         .′/:..:|: jr‐i}_,,</ .: : :|: : : : :.   {│    やはり自由度が多いと安価をする方も困りますしね……
         リ/ : ::l//:.:.:.:.:}  / :..:/:.:ト : : : : . ゝ|
        // : : :/i{ }.:/ヽ/ : : ://ニニニニ=-、 {     以前よりはまとめて、やりやすくしておいたので一読してくださると幸いです
         // : /=/イ:.{  / : : :/ニニ| /ニニニニい
         〃: :/二/:.:.:./  / : : :/二,ノ=ニ/ニニニニ} }
         {{: :/二/:.:.:./// : : :/\ /ニニ/ニニニニニ, :,
       /Wニ/:.:.:./´=/{ : : / //ニニ/ニニニニニ/  ′
        /ニニ|ニ{:.:/ニニニ:{: :./ニニ/ニニ/ニニニニニ/: :  ,
       {ニニ}ニ|/ニ>:´ニ}リ{ニニ/ニニ/ニニニニニ/: : :  ′
      }ニニⅥ/ニニニニニニニニ|ニ/ニニニニニ/: : : :   ハ
      |ニ()=|ニニニニニニニニニニ|=/ニニニニニ/: : : : :.{   }
      トニニニ|ニニニニニニニニニニ|/ニニニニニ/: : : : : : :〉 丿



3033◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 20:38:14 ID:d5yffxkc0



●【修練】
キャスターの指導の元行うことの出来る修練。
至高の聖杯ムーンセルが創りだした特別な世界であることや
アバターリンクの形成及び、キャスターの能力(指導者的にも)故に驚異的な速度で成長することが可能

安価で以下の中から修練方式を決めて、行動を消費することで成長することが可能。
一度の行動消費では内容と成果によっては何も所得出来ない事もあるが、
その場合でも次回への経験値として蓄積されているので意味はある。
睡眠時にも夢の世界で行うことが可能であり、その際は行動を消費することはない。





現状の修練候補は以下のとおり

●【既存技強化】
その名の通り、既存のスキルを強化する為の修練。
現在の確固とした方針が決まっているのは下記の項目がある。

●フィジカルエンチャント強化
安価のゾロ目連続成功数10毎に強化。現在は2回まで強化可能。10回に満たなくとも最低1LV分は強化される
次の段階の強化により、効果が以下の内容に変化する。

【フィジカルエンチャントLV2:速 MP消費60 心意】
対象一人の速度と意識を加速させる心意魔術。
以下の中から効果を選択して発動する。
1:同CTとその次のCTまで通常攻撃によるダメージを回避(ダメージ0&付与効果を受け付けない)できるようにさせる。
2:同CTとその次のCTにおける属性勝負に引き分けた場合、勝利させる事ができる。
この効果は1ターンに1度しか選ぶことが出来ない。


●その他、既存のスキルの強化案があれば受け付ける可能性あり、
  その強化内容次第では新スキルの作成に変化する恐れもあるが


●2:心意、新技修練:修練により新たなスキルに目覚める
幾つかの候補を提示し、その中から安価で選ばれたモノをモチーフに所得訓練を行う。

候補を書く場合は名前とフレーバー(イメージ的な説明)を書き込む事が必須
データ的な能力に提案があればそれも考慮するがその文面のままに採用するとは限らない。
なお、鏡写しの月影、心意の傾向をイメージした物の方が採用されやすく、能力も安定する。


●心の力:「3分間のゾロ目安価で15を超えればボーナス付与、安価に失敗しても所得は可能」
魔術の行使に、心の力……所謂怒り、憎しみ、哀しみ、歓喜、欲求といった感情
心意の源になる精神力を魔術などの糧として使用する為の修練と処置を行う。

これにより、データ的にMPが増加、既存の魔術にも心意の力による補助による強化が可能となる。
最低限の成功でMPに+100加算される
ボーナスは心意によるスキルを底上げ(既存の物やこれから所得する物に今までの想定と比較して補正を与える)

自己強化:自身を心意によるイメージを纏い強化する方向でのスキルを手にする為の修練
自身の書き換えなので注意が必要で常に維持出来るわけではない。
加えて自身が心から望む姿(イメージ)と己の心のありようから強化の方向性が決まるため。
詳細な名前、外見、能力傾向は安価で決定される。

能力の最低基準としては、ターンの開始時にMPを60支払い、使用を宣言することで、
初期作成だとステータスの内容が以下の内容に変化する。
この言うなれば、アバター状態を継続するにはターンの終了時にMPを50消費する必要がある。


【筋力:E】【10】
【耐久:E】【10】
【敏捷:C】【30】
【魔力:A+】【50】
【幸運:A】【50】
MP:330 HP:300 防御力100

【一迅の風】
サーヴァントの支援として戦闘に参加している場合、
マスターを対象とした攻撃を1ターンに1度だけ回避(攻撃を受けない)する事ができる。

その他、心意を元にしたスキルの強化など

3:自由枠、安価によりスキルを募集する。安価下2から5までを候補として選択
  可能な限り、鏡写しの月影、心意(加速)などに絡めたほうが採用されやすいOR強くなりやすい


3034◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 20:40:03 ID:d5yffxkc0





.         /         イ    ハ     |:|  |│| : :|│|    | |    :..:  │
      .′        ./ |  |.l| |   : |:|  |┼|─|…|―‐-|-.|..,,_  : :  │
      |          | l_,,.斗l| |   : |:|  |│| : :| .リ∨},_| |    : :|:  |
      |        孑|'"|  |.l| |\_:lリ  l.ノ \j---   \!     : :|:  |
      | | |: :    / | 乂__l.リ--         彡芋芋芋芋㍉、   : : |:  |
      | | |: : :.|: l {  ,ィ竓芋芋ミ         _){/;/::}  }ア   : ::|:  |
      | | |: : :.|:.:リ 〃 _){/;/::}          乂辷少 ´    : : |:  |
      い, 乂: : : ::{ハ ヾ 弋辷少           :.:.:.:.:.:.: .′   : : |:  |    現在のまとめはこのようになっています
        \_}\lリ ∧ :.:.:.:.:.:               :.:.:.:.:.:.: .′   : : |:  |
          | : : : :∧:.:.:.:.:.:      '           .′    : : |:  |    ……自由枠は相変わらずありますが
          |  : : :.:{_;                   /      : : |:  |
          |    : : ::|∧          __,.      /      : : |:   ,   少しはこれでやりやすくなれば幸いです
          |     : :|: 个: ..      ̄        /′       : : |::.   ′
          |    : : ::|: ::|: : |: :>          /{         : : |: :  ,
          |    : : ::|: ::|: : |: : |: : :ヽ>    <  /::: {         : : |: :  ′
          |    : : ::|: ::|: :/: :.:|ィ´|::}  `´     {:::::ノ /    : : : :|: : :  :,
            ′  : : : :.゚。.:い:.:/=l リ        У '|     : : : : ::|: : :: }い
          /   : : : |: 乂: :/ニニ|  \       // /│   : : : : : :{≧==---


3035◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 20:57:17 ID:d5yffxkc0





.        /        / ∧   、 i{      :.
      /  / :/  / / _}_ :|  j{      :.
.      ′ .′/⌒/{ .′ | |`jヽ ,′      i
      |l  | l{ リ{ |__{   _j人:|.∨   :|      |
      リ{:_:{リ{芹ミ    芹i圷ミ |   ハ :}   |
          代リ     弋リ '’|   | |:./  │
          }:.:.:      :.:.:.:.: |   |_l/:    |
          八  `       |   |: }: :   ハ
          j\  ー     ハ  :|:/: :    :.      では、時間になりますのでそろそろ投下を開始していこうと思います
           ′ :丶.__,.   < |  . : |′: :.   い
         // : : : : : }  r=:{ ..: : |: : : :    {│     皆さん、よろしくお願いしますね
         .′/:..:|: jr‐i}_,,</ .: : :|: : : : :.   {│
         リ/ : ::l//:.:.:.:.:}  / :..:/:.:ト : : : : . ゝ|
        // : : :/i{ }.:/ヽ/ : : ://ニニニニ=-、 {
         // : /=/イ:.{  / : : :/ニニ| /ニニニニい
         〃: :/二/:.:.:./  / : : :/二,ノ=ニ/ニニニニ} }
         {{: :/二/:.:.:./// : : :/\ /ニニ/ニニニニニ, :,
       /Wニ/:.:.:./´=/{ : : / //ニニ/ニニニニニ/  ′
        /ニニ|ニ{:.:/ニニニ:{: :./ニニ/ニニ/ニニニニニ/: :  ,
       {ニニ}ニ|/ニ>:´ニ}リ{ニニ/ニニ/ニニニニニ/: : :  ′
      }ニニⅥ/ニニニニニニニニ|ニ/ニニニニニ/: : : :   ハ
      |ニ()=|ニニニニニニニニニニ|=/ニニニニニ/: : : : :.{   }
      トニニニ|ニニニニニニニニニニ|/ニニニニニ/: : : : : : :〉 丿


3036◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 20:58:47 ID:d5yffxkc0





                     /: : : : : : : :/ : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ_    `丶
                       / : : : / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : :.`丶.   \
                   /: : : : ::: : :/: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : :.  \   \
                     /: : : : : | : : : : : : : : /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : ::    \   丶
                 /: : : : : : i: / : : : : : /:|:: : : : :/: : :: : : : : : : : :: : : : : : :|:::: : :│
                   /: : : : : : : i ′: : : :_/ |:: : : :,'!: !: :|:: : : : : :│::: : : : : : |:::: : :│       \
                     /: : : : : : :/ i : : : /:_厶 |:\:/ |/|: : :: : : : : :∧::: : : : : : |:::: : :│
                 /: : /: : : :/ : |: :::: 价卞ミ八::.:ト、| :|/゙|:: : : /:/  ::: : : : i : |:::: : :│
                   /: : /: : : :/ : : |: :::: :i:トJ゚..:ノリ゙ヾ| \ |::.:.:/:/   :i:: : : : i : |:::: : :│
               /: : /: : : :/ : : : |: :: : 代込ン   }i     |::./|/―‐-|:: : : : i : |:::: : i│
                 /: : /: : : :/ : : : : |: :::: :|: :i : :        |斗:ァ歩ッ│: : : i :,':::::i :i小    ああ、その話もしなくてはね
             /: : /: : : :/ : : : : :_|: :::: :| i         込゚ン  }i|/::::/|/i ::::i :i |
               /: : /: : : :/ : : : //|: :::: :| i          :_:_: /|/|/:::.: i ::::i :i | :   具体的に変化したのは現在の能力に慣れた事により
           /: : / : :_ -=ァ´ /:i:|: :::: :i :リ  、__   '     ⌒Y::::i:::::::::::::: : i :::i| :i | i
             厶-‐ ´    /  ムi:i:|: :::: :i/     ` ´    .ィ|   :::: i:::::::::::::: : | : i| :i | i    柔法をより上手く扱えるようになったこと
         .イ        '   |i:i:i:|: :::: :|  \  _. -=≦ニ八  ヽ、L::二 -┴ミ| :i | i
      /         /    |i:i:i:|: :::: :| _,,.ィ爪i:i:|   ∨ |\          ∨:| i    そして、あの時見せた新技だね
         |        /     :|i:i:i:|: :::: :|r匁ノi:i:i:i:i:|   │ |:::::;ン′       ∨
      /     |       / ̄ ̄ ̄ |: :::: :|/ ̄ ̄ ̄\ ( ̄¨¨¨´/  / /   ∠ノ |  :i
.    /           〈 〈     '⌒¨|:.::/|'¨⌒      \ ≧=-、{  ,' / /´    | 丿





┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃             System Message                  ┃
┏╋────────────────────────────╋┓


        ロータスの追加データが判明します!


┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛


3039◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:00:27 ID:d5yffxkc0



      /: : : : : |: : : : |三三三irfア: : : : : : : : : : : : : :ー=ミ三/}: : : :.:.
.      ′: : : : :|: : : : |三/irfア⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : 寸il}: : : : : :.
      i: : : : : : :|: : : : |rfア⌒: : : : : : : : : : : : :..| ト : : :} : : : : : : : : : : : ::.
      | : : : :..:..:|: : : : |ilノ: : : : : : : : : :|: :i: : : : :| | ∨.:|、: : : : : }: : : ‘, : :.
      | : : : :..:..:|: : : : |: : : : : : : :/|: : ハ:.i:i : : : | | ∨| \: : : :.}i : : :.i: 、:.
      | : : : :.i:..:|: : : : :, : : : : : :/ : :/│i:i : : : }/  .斗 '" v ̄ji:i : : :ト :.:い
      |: : : :.i:|: :}: : : : :′: : :.:/  j:/ .ト:i:i: : : /  ´ リ__  ∨: i:i:i : : | |: i :ハ
      |: : : :i:i|: : , : : : : :,  ̄/ ̄ノ ̄`j }i:i: :./    ,,rャセ¨ア}:i:i:i: : :| |: | ぃ
      |: : : :i:i|: : ′: : : : V/∠二二ニ..,}i:i :/    込こ炒 .:i:i:i:i: : :.| |: |  }|
      |: : : i:i:|: : : , : : : : :tイ了//斤厂}/          j:i:i:i:i: : ∧!.:|  ||
      l: : :i:i:i:|: :..:i′: : : :ハ 込こ少′           ,:i:i:i:i :.:/  }|  ||
.    /⌒ヾく}: : i:i: : : : : : ハ            ,        /:i:i:i : /  jノ  jj
    ⌒ヾ: : : ノ: :i:i:i}: : i:i: : : }                イ:i:i:i:イ   /|  〃
.  /    \: : :i:i:i:i|v: i:i: : : {丶       ー ′   /:i:i:iイ : {  ,:゚│ /
  ′     ヾi:i:i:i:i} }: i:i:i: : ::. `          /,i:i:i:i:i: : : :| /  l /
  i        ゞi;iノ│:i:i:i:i :.:∧   `  ..     / / /i:i:}: : : ,    ;
  |          \ , :i:i:i:i:i: : ∧     /`¨´  / /i:i:/: : : ′   ′
  l             ∨:|i:i:i:i:i: :.∧       / {/i:i:/{: : :/     ;
  ,                } ハi:i:i:i:i:i: :∧ ̄ `ヽ  /   }i:i/ .!: :/     ′
  ′             乂 }i:i:i:ト、i:i:i∧           }i:i} /: /    ;

┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━┓
                            ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●【基本情報】
【真名/???】 【性別/ 女性 】
【クラス/キャスター】
【属性:中立・善】

【HP:2500/2500】【MP:800/800】
【防御力:60 武器加算後の通常攻撃力:260 魔術攻撃の加算値:325、倍加時は650
 倍加は卓越した技量により、1ターンに3回まで倍加可能。
  この倍加能力を一時的な強化として用いることで通常攻撃にも使用可能であり、場合の通常攻撃力は265から400へとアップする
 幸運の倍加に至っては、常時倍加されている。ここまで来ると運がよいというより半ば運命を従えていると称して良いだろう】

【筋力:D】【20】
【耐久:E】【10】
【敏捷:C】【30】
【魔力:A+】【65】
【幸運:A+】【150】
【宝具:?】


【クラススキル】
陣地作成:A+
魔術師として、自らに有利な陣地を作り上げる。
”神殿”を上回る“聖域”を形成することが可能。
AVGパートの陣地行動に恩恵が生じる。

創造(魔):A+
道具作成がキャスターの力量と性質により変化した稀有な能力。魔力を帯びた器具の作成が可能。
加えて、使用(創造)した魔術に現実性を付与できる。
AVGパートにて礼装の作成などが可能

例えば炎の魔術を行使する際に、不純物のない”純粋な炎”として具現できる。
つまり、呪術同様に対魔力等をすり抜ける事が可能であり、
他にも投影した物はキャスターが望む限り永遠に維持され続ける。
対魔力スキルやそれに属する物は、キャスターの魔術に意味を成さない。


3041◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:01:29 ID:d5yffxkc0


【固有スキル】
高速神言:A+
呪文・魔術回路との接続をせずとも魔術を発動させられる。
大魔術以外なら思考と同じ速度、大魔術であろうとも一工程(シングルアクション)で起動させられる。
1ターンに1度まで、任意のCTで入力したコマンドとは別に、魔術スキルを使用できる。

悟りの神眼:A
真理を見出す力。
自身の状況と相手を冷静に把握し、活路(答え)を導き出す論理力と
相手の思考、感情等を悟る類まれなる才能と経験による洞察力。
戦闘に用いれば、未来予知に等しい読みを行うことができる。
戦闘時の相手コマンドの看破率が上昇する。非戦闘時も相手との会話時に企みなどの看破などに役立つ。

創造理解:A
一目見ただけで、感じ取るだけで万物の性質を把握するキャスターの経験と素質により手にした能力。
使用された相手の武器、魔術といったデータなどを所見で把握可能、マトリクスの所得に役立つ。
さらに、周囲に微かでも異常があるなら能力の応用で把握可能。
圏境といった絶技さえも時には見ぬく。


【バトルスキル】

【柔法(ガード・リバーサル) MP消費30】【NEW! ロータスが能力の不備に適応した事などにより強化されました!】
力の流れを制し、相手の攻撃を受け流しそのまま攻撃に転じる。
悟りの神眼、キャスターとは思えない柔術、魔術による補佐の三段構えによって成し遂げている。
相手の近接攻撃に対して放つカウンター技。近接攻撃による攻撃全てに対してカウンターを成功させる。
攻撃してきた相手のステータス計算による【通常攻撃力】と同じダメージを与える。1ターンに1度だけ使用可能。


【宣告・蒼焔による死(デス・バイ・ブレイジング) MP消費70 アタック 遠距離】
触れた魔力と魂そのものを火種として炎上させる蒼炎を放つ。
攻撃力+200の魔術攻撃。対象がガード以外の行動を同CTに取っていた際に命中してダメージを与えたら、
その次のCT中対象の動きをスタン(行動不能)状態にさせる。


【宣告・抱擁による死(デス・バイ・エンブレイシング) MP消費100 ブレイク 近距離】
両手で抱きしめるようにして、両手に集中させた闇色の光で両断する。強化、切断、光の高位魔術の合わせ技。
攻撃力+900の相手のコマンドのガードやスキルによる軽減を無効にする魔術攻撃。
抱きしめるような動作からの攻撃だけあって隙が大きく、CTの判定であいこになった際は必ず敗北する。


【宣告・紅炎による死(デス・バイ・プロミネンス) MP消費50 テクニカル 遠近自在】
両腕に炎をまとわせ、迸る輝炎で敵を焼き払う。
攻撃力+600の魔術攻撃を行う。


【陽炎よ、我を隠せ MP消費100】 【NEW!】
敵を欺いていることすら認識させない陽炎を魔術によって作り出す。
単なる目眩ましを超越しており、敵対者のありとあらゆる感覚を惑わし、己の存在を水面に映る月とする。

使用したターンの間は自身は2回まで敵の攻撃を回避(攻撃を受けない)する事ができる。(CTの判定に負けた後で後出しする形で)
ただし、Aランク以上の心眼(偽)などのスキルを持つキャラクターは、そのターン中そのスキルによる効果を封印する代わりに、
一度だけこのスキルによる回避を打ち消すことが出来る。

戦闘時以外にも、MPを消費せずに自身とその周囲の言動を隠蔽する事が可能。



●【Equipment:弓、刀剣、槍など武器と呼ばれる物の恐らく全て】
その場において最適な武器をキャスターが判断して用いている、ステータスの低さ故か弓が主流。
宝具欄に記載されていない事やあまりの種類の豊富さから宝具ではないと思われるが、武器としての質は非常に高い。

通常攻撃のダメージロールに+150。
遠近自在に攻撃可能、創造理解と悟りの神眼により読みにより、
近距離攻撃に対して耐性がある相手なら遠距離攻撃を行うなど確実に最適な攻撃を行う。


3042名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 21:03:46 ID:wlFpCeZg0
陽炎よ 我を隠せ がかなり強いなw
これは次の陣地改良は魔力貯蔵を優先してもいい感じ


3043◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:07:15 ID:d5yffxkc0




      /: : : : : |: : : : |三三三irfア: : : : : : : : : : : : : :ー=ミ三/}: : : :.:.
.      ′: : : : :|: : : : |三/irfア⌒: : : : : : : : : : : : : : : : : : 寸il}: : : : : :.
      i: : : : : : :|: : : : |rfア⌒: : : : : : : : : : : : :..| ト : : :} : : : : : : : : : : : ::.
      | : : : :..:..:|: : : : |ilノ: : : : : : : : : :|: :i: : : : :| | ∨.:|、: : : : : }: : : ‘, : :.
      | : : : :..:..:|: : : : |: : : : : : : :/|: : ハ:.i:i : : : | | ∨| \: : : :.}i : : :.i: 、:.
      | : : : :.i:..:|: : : : :, : : : : : :/ : :/│i:i : : : }/  .斗 '" v ̄ji:i : : :ト :.:い
      |: : : :.i:|: :}: : : : :′: : :.:/  j:/ .ト:i:i: : : /  ´ リ__  ∨: i:i:i : : | |: i :ハ
      |: : : :i:i|: : , : : : : :,  ̄/ ̄ノ ̄`j }i:i: :./    ,,rャセ¨ア}:i:i:i: : :| |: | ぃ
      |: : : :i:i|: : ′: : : : V/∠二二ニ..,}i:i :/    込こ炒 .:i:i:i:i: : :.| |: |  }|
      |: : : i:i:|: : : , : : : : :tイ了//斤厂}/          j:i:i:i:i: : ∧!.:|  ||
      l: : :i:i:i:|: :..:i′: : : :ハ 込こ少′           ,:i:i:i:i :.:/  }|  ||
.    /⌒ヾく}: : i:i: : : : : : ハ            ,        /:i:i:i : /  jノ  jj
    ⌒ヾ: : : ノ: :i:i:i}: : i:i: : : }                イ:i:i:i:イ   /|  〃   と、まぁこんな感じさ
.  /    \: : :i:i:i:i|v: i:i: : : {丶       ー ′   /:i:i:iイ : {  ,:゚│ /
  ′     ヾi:i:i:i:i} }: i:i:i: : ::. `          /,i:i:i:i:i: : : :| /  l /      高速神言によって、使うのに適した技と言えるだろうね
  i        ゞi;iノ│:i:i:i:i :.:∧   `  ..     / / /i:i:}: : : ,    ;
  |          \ , :i:i:i:i:i: : ∧     /`¨´  / /i:i:/: : : ′   ′      後は、回復魔術等も修練などで感覚を取り戻せれば使えるようになる
  l             ∨:|i:i:i:i:i: :.∧       / {/i:i:/{: : :/     ;
  ,                } ハi:i:i:i:i:i: :∧ ̄ `ヽ  /   }i:i/ .!: :/     ′
  ′             乂 }i:i:i:ト、i:i:i∧           }i:i} /: /    ;







                     __
                  _rfこ八__}「にス、_
                    ,,-‐…- ミ、:::,,-‐…‐- ミ
              /《r廴廴廴^ヽYヘV^ x'^ヽ  ヽ
                 /::/:::::::/ :::::::: ^`リ^⌒`^⌒ヽ〉
             /::/:::::::/::::::::::::::::/:::::::::}::::::::::::::::,
              ,:::イ:::::::::{:::::::/:::イ}::::::::ハ::::::::: }:::}
ニ=…‐- ミ     {/ |:::::ヽハ/}/ ノ八/ノ}ハ::/::::}
二二二二ニ≫ 、   ( 八::::{x笊示    x笊示 }:!:::::ハ
二二ニニ〃,_⌒ \ ノハハ::::. 辷ソ     辷ソ ハ{:: 仁}
二二ニニ{{ {ニニニ>'゙::::/::::i:圦    _ _     /: /:: {ノ     とはいえ、私の成長はあまり当てにしないでくれよ?
二二ニニ乂 `=ァ:::: /::::::::::|:::::::>  ___   イ:::/::::::::,
二二二ニニニ7:://::::::/::: |:/^^ヽ〈⌒ヽ f^Y{j /:::::::::::::,     所詮は元々備えていた力を取り戻しているだけなんだ
マ二二ニニニ7 / /::::::/::::::〃⌒>,  Vニl_jニ{ノ \::::::::|:::::,
  `マニニニ7:/、_ { :: /:::::::::{::::::〈 }   マi「jニ{`Y:::::〉 :::| :::::,    限りなく過剰に強くなれる訳でもないし、宝具は―――ああ、一筋縄ではいかないね
    `マニ八{ニ7八イ::::{::::!'ヘ::::: V---〈ヘv'ニV::::/ :::: |:::::::}
      Y二ヽ二ニ八ハ八:fY}_jヽノ)_〉 )rァ_V{::::::::::|八::!
        }二二二二二ニ7  /(_ハ」二`^ニ二V八/}/  )
        }二二二二二ニ7 ノ二二二二ニニハ


3044◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:12:38 ID:d5yffxkc0





         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \
    |      (__人__)     |
     \    ` ⌒´    ,/     当然、わかってるお
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |     けど、これで一段と心強くなった事のは間違いないお
   /    / r─--⊃、  |
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |







              __...::::::::::::::::::::::::::::::......
          ,   ´::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
         /   /〃:::::::::::::::::::::::::::\:::\:::::::::。
        /   .:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:。:::丶::::::゚。
     ,.:′  /:::::::::::::::::::::::::/゚。::::::::::::::::::::|:::::::゚!。::::::.
      /    /:::::/::::::::|::::::::/  ⅵ∨:::::::::i|::::::::|:|:::::::i
     .′   .:::::::゚ :::::::::|::::::′  リ斗匕::ハl::::::::|:|:::::::|
     |    ,::!::,゚::::::::::/|/   ´   ∨ }::::::::|:|:::::::|     ああ、もうバーサーカー戦の時のような醜態は晒さないさ
     {     ゚:|:::|::::::::/ ̄`       x==ミ l::::::::lノ::::::::.
        |:ハ:ハ::::八x==ミ         |::::::::゚i:::::::::::.     ……ところで、今夜の修練について、なんだが
        || |:| |:::l  :            |::::::::::}i:::::::::::.
        || |:| ゚;::|   i、    ' __,      ィ::::::::::i:i:i:::::::::.
        || |:| ゚:{  l个o。.     / !:::::::::i:i:iノ=- ::.
        |l 乂  乂, |:::::::i:i}「 ̄`ヽく  /::::::::::/ニニニニム
        ゞ   \  /::::::i:{二二  }ィ:/:::::::イニニニニニニム
              .:::::::::∧ー‐   |ィ/:::::/ニニニニニニ二二|
             .::::::::/ニムヽ   j :|::::::|ニニニニニニニニニニ}
             |::::::.゚ニニ{/  .ハ│::::|ニ/ニニニニニニニ∧
             |::::::|ニニム   /∧|:::://ニニニニニニニニ/:::::.


3046◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:15:15 ID:d5yffxkc0




                    /: : : : : : : :/ : : : : : :/ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ_    `丶
                      / : : : / : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \ : : : : :.`丶.   \
                  /: : : : ::: : :/: : : : : : /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ : : : :.  \   \
                    /: : : : : | : : : : : : : : /:: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :: : : : ::    \   丶
                /: : : : : : i: / : : : : : /:|:: : : : :/: : :: : : : : : : : :: : : : : : :|:::: : :│
                  /: : : : : : : i ′: : : :_/ |:: : : :,'!: !: :|:: : : : : :│::: : : : : : |:::: : :│       \
                    /: : : : : : :/ i : : : /:_厶 |:\:/ |/|: : :: : : : : :∧::: : : : : : |:::: : :│
                /: : /: : : :/ : |: :::: 价卞ミ八::.:ト、| :|/゙|:: : : /:/  ::: : : : i : |:::: : :│
                  /: : /: : : :/ : : |: :::: :i:トJ゚..:ノリ゙ヾ| \ |::.:.:/:/   :i:: : : : i : |:::: : :│
              /: : /: : : :/ : : : |: :: : 代込ン   }i     |::./|/―‐-|:: : : : i : |:::: : i│
                /: : /: : : :/ : : : : |: :::: :|: :i : :        |斗:ァ歩ッ│: : : i :,':::::i :i小
            /: : /: : : :/ : : : : :_|: :::: :| i         込゚ン  }i|/::::/|/i ::::i :i |    私なりに君の才能やアバター・リンク、能力の傾向―――
              /: : /: : : :/ : : : //|: :::: :| i          :_:_: /|/|/:::.: i ::::i :i | :
          /: : / : :_ -=ァ´ /:i:|: :::: :i :リ  、__   '     ⌒Y::::i:::::::::::::: : i :::i| :i | i   それらを考慮して、大まかな方針は考えてきたんだ
            厶-‐ ´    /  ムi:i:|: :::: :i/     ` ´    .ィ|   :::: i:::::::::::::: : | : i| :i | i
        .イ        '   |i:i:i:|: :::: :|  \  _. -=≦ニ八  ヽ、L::二 -┴ミ| :i | i    この資料を一読しておいてくれ、その間に少し休みたい……
     /         /    |i:i:i:|: :::: :| _,,.ィ爪i:i:|   ∨ |\          ∨:| i
        |        /     :|i:i:i:|: :::: :|r匁ノi:i:i:i:i:|   │ |:::::;ン′       ∨     というより、現代の文化と言う奴に触れておきたいんだ
    /     |       / ̄ ̄ ̄ |: :::: :|/ ̄ ̄ ̄\ ( ̄¨¨¨´/  / /   ∠ノ |  :i
   /           〈 〈     '⌒¨|:.::/|'¨⌒      \ ≧=-、{  ,' / /´    | 丿





※安価に参加なさる方は、>>3033を参照してください




                        / ̄ ̄ ̄\
                    /⌒   ⌒ . \
                 /(●)  (●)    \
                 |   (__人__)       |        OK、分かったお!
                    \          /
                   / ̄        ̄ ̄)___     ……けど、以外にロータスってそういう事に興味があるというか―――
                 / //       /'/ /  〃 ⌒l
       _____/⌒\./       /∧し'___|;;;;;;;;;;;;|   何気に冷凍食品とかも絶賛してたおね
       l'⌒゙l  ( ゙̄^  ヾ  /⌒ l\ /    |'⌒゙|;;;;;;;;;;;;;|
       |  |──=`──‐/  /────|  |;;;;;;;;;;;;;|
       |  |         ノ_  /       |  |;;;;;;;;;;;;;|
       |  |        iヘ__ソ         |  |;;;;;;;;;;;;;|
       |__|_______ ̄_______.|__|;;;;;;;;;;;;;|


3048◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:19:22 ID:d5yffxkc0




              __...::::::::::::::::::::::::::::::......
          ,   ´::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::::\
         /   /〃:::::::::::::::::::::::::::\:::\:::::::::。
        /   .:::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚:。:::丶::::::゚。
     ,.:′  /:::::::::::::::::::::::::/゚。::::::::::::::::::::|:::::::゚!。::::::.
      /    /:::::/::::::::|::::::::/  ⅵ∨:::::::::i|::::::::|:|:::::::i
     .′   .:::::::゚ :::::::::|::::::′  リ斗匕::ハl::::::::|:|:::::::|
     |    ,::!::,゚::::::::::/|/   ´   ∨ }::::::::|:|:::::::|
     {     ゚:|:::|::::::::/ ̄`       x==ミ l::::::::lノ::::::::.     言っておくが、アレは技術ないし文化の発展に関してだからね
        |:ハ:ハ::::八x==ミ         |::::::::゚i:::::::::::.
        || |:| |:::l  :            |::::::::::}i:::::::::::.     確かに成り立ちと性質を考えれば、美味といえる類だが―――
        || |:| ゚;::|   i、    ' __,      ィ::::::::::i:i:i:::::::::.
        || |:| ゚:{  l个o。.     / !:::::::::i:i:iノ=- ::.    アルカディアの食事を知った以上、好んでは食べないからそのつもりでいてくれ
        |l 乂  乂, |:::::::i:i}「 ̄`ヽく  /::::::::::/ニニニニム
        ゞ   \  /::::::i:{二二  }ィ:/:::::::イニニニニニニム
              .:::::::::∧ー‐   |ィ/:::::/ニニニニニニ二二|    f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  `ヽ
             .::::::::/ニムヽ   j :|::::::|ニニニニニニニニニニ}    | や、やる夫も少しデリカシー的なのがなかったと反省していますお  |
             |::::::.゚ニニ{/  .ハ│::::|ニ/ニニニニニニニ∧   乂___________________________ ノ
             |::::::|ニニム   /∧|:::://ニニニニニニニニ/:::::.






         .,..-――‐-.、
      /        \
     ./  ―‐   ―‐  ',
     l   ━    ━   l     けど、どうして現代の文化とかに強い興味があるんだお?
    _l            ,'_
    \.ヽ、 (_人_) //    いや、そりゃ誰だって未知の物にはときめくだろうけど
      /\.>、---- ,<./、
    .,'.   \ ヽ〉-〈/ /   ',    何だか、特別な思いとか、執着や感動を感じるというか
    l.     \ヽ /./    .l
    |.      `Y´       |


3052◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:26:50 ID:d5yffxkc0





       / /: : /. : :/. : : :/: : : :/: : :/: : : : : : : : :/:i: |: :、::::::::::::::::::::::::::::|
       /   /: : /. : :/. : : :/: : : :/: /. : : :/. : :// | :|: : |\::::::::::::::::::::::|
.    /   .: : :/: : :.′ : :/_: : __: :厶/: :/. : ://   : :l:::. |:::::`、::::::::::::::::::!
        ′/. : :/. : : : : : : / |: / //.: : // 、   : :l:::: |:::::::::`、 ::::::::::::
  /     : :/. : :/: |: : : : : :孑==ミ、 /://    `  |:∧_::::::::::::::::::::::::::::::
. /      ::/: : :/: : | : : : : / トJ 爪ト.:/       ___ :|′∨:::::::::::::::::::::::::::
        i |: :| i: .:|: : : : :   乂辷ン       斗===トミ |.:::::::::::::::::::::::::::     そうだね、文化というものは人の積み重ねてきた極地にして
        | |: :| i: .:|: :|: : : .            トJ爪 リ .:::::::::::::::::::::::::::::
        | |: :| i: .:|:/: : : : .             ゞ-   /.:::::::::::::::::::::::::::::i    人の可能性、素晴らしさの結晶だからだよ、やる夫くん
         ::. : :| i : /. : .::::::八      '           /.::::::::::::::::::::::::::::i :|
       八:. : | 〉.:/.:::::::/::::::::.    丶 __       ,.::::::::::::::::::::::::::::::::i :|    だからこそ、私は文化の発達に……人の進歩に感動するのさ
         \:∨.:/: :..::/:::::::::::_\             イ.:/ .:::::::::::::::::::::::::::i :|
          〉:∨: : :::::::::::/.:..:.| \___ ....   i〔:..∨::/.:::::::::::::::::::::::::::::: :|
           / ∧ : : ::::::::::{:..:..:..:.|〉,        〈/.:..∨.::::::::::::::::::::::::::::::  :|
.          /_厶-|: : ::::::::::∨:..:..:∨〉,       /.:..:./.:::::::::::::::::::::::::::::::::i .:|
       ‐=ニニ二三|: : :::::::ハ |:/:..:..:.`.マ    /.:..:..:| ::::::::::::::::::::::::::::::::::| /:|







     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!       あー、私の生前の主もロータスと似たようなことを言ってたな!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|       ……前々から思ってたんだが、ロータスって何処かの王様というか……
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    _  _   !i::i ::i :!、V .i i!        人の上に立つないし、敬意を表されていた英雄なんじゃないか?
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    ヽ´.   ノ  ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ


3054◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:31:53 ID:d5yffxkc0





                /:::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::ヽ:ー‐:。--  ..,,
                .::::::::::::::::::/:::::::::::::。:゚::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚。`ヽ  `丶、
                 /::::::::::::::::/:::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::、::::::::.   \   \
             /:::::::::::{:::::::::::::::::::/{::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::゚。:::::::.    \
               /::::::::::::::i/:::::::::::::/|ィ:::::::/:::::::ji:::::::::::::::::::::::::::::。:::::::.       \
            /:::::::::::::::::i|::::::::::::ィ{ ト|:::::/{:::ハil::::::::::八:::}i:::::::::}i::::::::.
              /:::::::/::::/:j:i|::::::::::汽№Ⅵ\リ }::::://{ }::}i::::::i::}i::::::::i
          /:::::::/::::/:::i:i:|::i:i::::代ッノゞ{    |::// ノ |::}i::::::}::}li:::::::|
.          /:::::::/ :::イ::::i:i:i|::i:i:::| `¨      j/´_ ̄ `!:i:i:i:イ:i:i:i:::::::}
         /:::::::/:::::::j| :::i:i:i|::i:i:::|         仡ア歹》ィ:i:i/リ:i:i:i|::::iハ      ……ほう、面白い事を言うね
.        /:::::::/::::::::::i|::::イj|::i:i:::|        ゞ-゚ /:i:|:i/ i:::i:i:i:|v::} 。
       /:::::::/:::::: -=≦/ .:|::i:i:::|   、 __  ′  ハ:i:i:i:|/i:i:i:::i:i:i:| ⅵ :,    どうしてそう思うんだい、セイバー
       ノ::: -=≦ニ/ニニ, :.:.:|:i:i:i::|\  `´  。o≦{ ゚:i:i:i:i:i:i:i:i:::i:i:i:| }| │
      .イ二ニニニ/二ニl .:.:.|:i:i:i::|  >≦!ニム≧|ハ  ゚ー ´  ̄ `ヽ jj  !
.    /ニ|ニニニニ/ニニノ:--|:i:i:i::|r:.:/:.:.:}ニニム=|i:i:i〕/ !     ∨  |
   ,《ニニ|二二ニ/ r< : : : :..|:i:i:i::|/ ̄\ニニ( ̄ ̄ { / /  /ノ }  ノ








       -‐‐ニ ¨- ̄ ̄`ヽ.
    /'´ ̄.<´       ̄` 、
   〃   / ィ  ,ヘ ハ    ヽ. 丶
   /′ , ' // / トヾv,ハ.  i     ,
  ,'   /  ' ,' ハ |゛゛^"´|i_ト.     .
     ',   {.i!,++ト、  .'T|__j`ト、.i  |
      }   ヘハ_ィチキ-   ナfえ艾_|_  ,
     :  .i ヾヘ`匕}    匕ノj, |ハ} !
     |  ハトi`ト、       ,イ i'ノ .|
     { i!|ヾ| |゙ヽ   .-,  ク! |  i、.!
     ∨|l! | |、ィ゙> _ イ_)j! .!、 八',
        V!ヽ.| レヘ::|:.゙iYi´.:.:.:.:.|! |:.:i′ ヾ、
      .>ナレ^i|〈:.:.|||:.:.:.:.:.:.| .|!:.>‐- .
       i、  | j゙  ヾ:、:|||:.:..イ| .|レ'    ゙),
       ト.'、 j,|,-ニ、O}ォェャ{O_.| .|_,    //i         物言いやら、雰囲気とか、何となくそう感じるとか、立ち振舞いとか?
       | ヾjレ´.:.:.〃入ハ_>!i:.:.| .!:.゙、,  / ' }_
     〈、./.:.:.:.:〃:.〈∧.〉:.il:.:.:.l .!:.:.k'/   }゙.、_        まぁ、色々あるが根拠は乏しいかな、後は近寄りにくいというか天上人というか――
      | {:.:.:.:.〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:l i:.:.:}、___,  ノヘ.
      |弋:.:.:.|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.l i:.:ナi、___/'.:.:.:.j|      そういう物を感じてなきゃ積極的に……あっ、いや何でもない
       j ,=ヽ:.ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.li:.:.:.:.l i'. ハ:.:.:.:.:.:.:.:./ヘ
     i´'⌒`l゙=;=-i:.⌒.;==-;--‐l レ′ヽ=、=彳:.:.:.:.',
    {     i i `i!:.:./'  j   .| |     ,ゝ'⌒ヽ;.:.ヽ     f´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ヽ
     |  ,ィ= } .|  ゙、/'   |   } !)   /'´ ̄`〈o>、〉     |   ああ、皆まで言わずとも大体察したよ   |
     |/'.:.:.:.| !  i|i    j  ノ ハ.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.介'ヾ>     乂_________________ノ
     {'.:.:.:.,イ.〉 ,!  |||   ,!  ,イノ / _,:':.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !:.:/!`! ,'  ,j.!   ゝ' メニ⌒i!ヽ`ヽ:.:.:./
     Y〈ヽ!_j/  ,∧、   _〉'_.-= ヾ:.〈む厶


3055◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:33:08 ID:d5yffxkc0





  /                             . ::/ .:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.
. /                            . : :::/ .: ::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::.
/                           . : :: :::| .::::::::::::::/ │ : ::|::::|:::::ト、:.:.
                         . : :: :::| . :::::::|:/   !:::::::.|::::ト、 | vハ
                   . :|    .: .:.: :::|.::::: ̄丁¨丶、|::::::/::| | }|  vハ
                   . :|    .: .:.: :::|.:::::::: ノ    |`:∧::| | |!   v:'.
                     . : :|    .: .:.: :::|.::: _≫丐爲ミK_ V::j i!   v:}
                     . : :|    .: .:.: :::|/ \r'::::ハ  ``  ∨ |    |::|
                       . : :/|    .: .:.: :::|:     \込_    ` ー-┐ |::|
                   . : :/`|    .: .:.: :::|                  i  ::|
                . : :/ ヽ|    .: .:.: :::|                   {  ::|    ただ、今の私はそこまで大層な存在じゃないと思うのだが―――
                     . : :八 :|    .: .:.: :::|                 } l::|
                 . : :人  |    .: .:.: :::|                  , イ l::|   君の言葉は覚えておこう
                   . : :/ .:\_|    .: .:.: :::|                } :|::|
      . :/       . : /   . : :|    .: .:.: :::|                   {  |::|    私の記憶の欠落を取り戻す上でのヒントにはなるかもしれない
    . : :/              . : :|    .: .:.: :::|                   l  |::|
   . : /                  . : :|    .: .:.: :::|              :  |::|
  . : :/                . : :|    .: .:.: :::| `> 。..            j :|::!
  . :/                . : :/|    .: .:.: :::|             ー=≦  ノノ


3056◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:36:06 ID:d5yffxkc0

                         /⌒
            , '⌒ヽ、     _ /
                \-''_´:_/二ニ-、
               /|";;\;;;/;;;;;;;;;;;;ヽ::ヽ
     -===-_   ,.'::::::l;;;;;;--'ー─-、;;;;;l:::::ヽ   ,..-‐ニ三三三ニヽ
    l三三ニ|:::::::::::..../::::::::|;":::::::::::::::::::::::::::ヾl::::::::.、/::::::::::::l三三三三7
    l三三ニl:::::三=,'::::::::::|:::::::::,ィ:::::::::::∧_::!::::!:::l:/ニ}::::/三三三三'
    ゙三三三ゝ::::ニ|::l:::::::::xt'Tヽ|::::::// '_ムL|ヽ!::::|ニチ:/三三三三7
     ヾ三三三ゝ:::|::|::::::/xイチう!/   チrうハ:::,'::::::l::/三三三三ソ
      ゞ三ニニ≫:!:|l:::::|ハ乂_ソ    乂ソ/:::!:::::|:::l´::::7三三シ"
       \三ニ、::l:|:ヽ::!::⊂⊃     ⊂⊃::|、:::|!:::l::ノ三三リ
         \ニ=、ヾ::::}|::::|:>......__`li´_...イ!::::::|ニ::::、::ヽ三シ        ともかく! 今は現代まで積み重ねられてきた人間の美徳、文化に浸るとしよう
          ヽニ=`ヲ':!::::!三r、:;r彡:ゝ∨Lrァ!三、::、ニ\、
           _>/::从::|=<ニ|====|ゝ<_>三ニ、:::、ニ0lヽ、      そうだ、やる夫くん……テッカマンブレードとやらを見てみないかい?
           }0/:/::!ニリニ_>ニ⊃⊂ニイ、_三三三l::::ヽ:o| \ヽ
            〈ol:/:|::|ニr、ニ|!ノ|; ;|X|; ;ゝ;r、|.)、三ニヽ::|三ゝ、ヾ!
           )::!::。:゙、:>:>k';|  {ヽ/ノfY)lハ); ;、r、o,、!:!゚⌒ヽ:`ー‐、
            //⌒⌒7; ; ; ; ;.〉   |7ヾ; ;^; ; ; ; ; ; ;ヽ_ )'     ヽ( o:ヽ
.         /Y/ __r‐y'; ; ; ; ; ;{   {; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;_>─ァ   `ー’
       ((ノ/ {   !; ; ; ; ; ; ;}  ヽ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;__ィ"  _ノ
       `~  {   ゝ~~、ゝ  ヾー、r'⌒ヽ'    ノ
           `ー’ゝ、  r─、      __/`"´
                 ̄´   ` ̄`ー─’






         ____
        /⌒  ⌒\
      / (⌒) (⌒)\
     /  ::⌒(__人__)⌒::: \      分かったお、ロータス!
     |       |::::::|   ,---、
     \       `ー'   しE |     修練の前の気分転換もしておきたいし
     /           l、E ノ
   /            | |
   (   丶- 、       ヽ_/
    `ー、_ノ


3057◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:37:00 ID:d5yffxkc0





                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


3058名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 21:37:15 ID:wlFpCeZg0
(確か鬱アニメだったような・・・)


3059◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:39:40 ID:d5yffxkc0




           / ̄ ̄\
         /   _,ノ `⌒
          |   .( ●)(●)
.           |    (___人__)
           |        ノ
            .|        |
            人、       |
        ,イ:. ト、ヽ、 __ ,_ ノ
  ,. -ーー -‐ ´:::::::::::::::::::::::::::::7
/..:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、             (……さて、やる夫達は、テッカマンの鑑賞を初めた訳だが……
.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::.. \、_
::::::::::.\::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::..... ヽ          俺はどうするかな、セイバーについてどう話を切り込んでいけば―――)
:::::::::::::...ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::...ヘ、
:::::::::::::::::...ヽ::::::、-─────- 、_,. --──ー、
::::::::::::::::::::::::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`ー´ ̄ ̄ ̄ ̄/
::::::::::::::::::::::::://         / /      /
:::::::::::::::::_//__        ./ /      /l        _
:::::::::::::::{ _____  `ヽ     / /      /:::.l      / /
::ー::::::{ _____}`'ー'´    ./ /  // ~""''' ‐- ...,,__/  /
:::::::::/  _____}      ./ /   //         //  /
、::::/   ____}     / /  //         //  ,/´)
:::::/ ̄ ̄ ̄ヽ     ./ /  //         //  L,.-'´}
/       ヽ─-、./ /,.ー//         //  ,.-'´ ./
l         ヽ::::::::::::::::::://         // / ̄ ̄ ̄ヽ
          ヽ:::::::::::::://         //,./       ヽ
           ヽ:::::::://         ,.</         l
            ヽ ̄~""''' ‐- ...,,__< //        /


3060◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:41:49 ID:d5yffxkc0





                   / ̄ ̄ \ -、_
                _,ノ ヽ、__   / / ,〉、
               (=)(= )/ ´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |     〈´/::::Λ       (ぱっと思いつくのは、1:夢のことを話してみる
                 |       ヤ::::::::::::::Λ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ       ホライゾンからも止められてないから話しても問題はないが、ジャブというよりストレートだろ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ     2:セイバーについて特定の何かを聞いてみる。ジャブとしてはこっちだが
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;    どんな事を聞けばいいんだ? ……趣味の話や友達とか上司の大帝とかがお手軽だな)
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/






                        , ー,r 、_r-、
                        /r-、人, \、\
                      /  ヽ ヽ:`, V,} i
                    / r´\ Λ Vi  レ ト、     (後は、俺とその周辺についての話題、か
                      :::::\ \j, ┤   r }
                       ,' (  ノ ヽ,   i  i  i { '      とはいえ、聖杯戦争に挑む理由はまだ語るのは危険だ
                     ,   ̄ ヽ___i    ,'  {′
                       V      {      __L_      精々、それ以外の……良くて、雪華綺晶についての話くらいだな)
                    _ハ 、     ヘ、 ,.< :: :: :: ト- _
               -< :: ::{ヽ、 __, <∨ :: :: :: :: :: ::{ :: :: ::ヽ、
        _ x< :: :: :: :: :: :: ::{  /;;;;;\  /〈: :: :: :: :: :: :: ∨ :: :: ::
      ,ィ ,: 〃 :: :: :: :: :: :: :: ::レ´};;;;;∧ヽ/ :: ∧: :: :: :: :: :: :: ト, :: :: :: :.、
     / 〃 / :: :: :: :: :: :: :: :: ::| /;;;;;;;;{  /:: :: :: ∧: :: :: :: :: :: ::∧ :: :: :: {、
  , イ: :: :: :: ::/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :レ;;;;;;;;;;| / :: :: :: :: :i: :: :: :: :: :: :: ::ヽ==x ::Λ
/: :: :: :: :: :: :/ :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: |;;;;;;;;;;;| / :: :: :: :: :: ∨: :: :: :: :: :: :: ::\: ヽ ∧


3061◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:44:11 ID:d5yffxkc0





           __,ゝ―-- ....__
        ,ゝ‐ '          ``ヽ、      />
      /              `ヽ..、\    `'´/ /\
     /    _,.         i    、`ヽ、.\   ' /  /
    '    /´  /   ,    |,ハ  `ヽ ヽ.`ヽ  ヽ /
        /'i   ,′  /i    i'"゙|     ゙、 丶   ──
   '    /' .|:  i  ,ィ/ .| , .! .′ !i .i  i.ヽ ,ゝ   \/
   |       .|l  i ,ナリ ̄iメ‐i.,′-!ナi!  i. i /
   l   , _ |i  |;_r ∩ .|/!,' ,'∩ ノ!  ,i.|.ノ.!
   ! , i / /,、゙!!  ii   ∪ 'ノ' ' ∪ メノ,'ノ' /
   ノ,' .|/ !' 〈||  i.i!            i ,!  i
  /'!ノ .i'  ゝ、!!  ト.!     _    ノ,'!i| |    どうしたんだ、やらない夫?
 ' ノ' 〈 人 〉,イ!!  |ヽ|ィニ、r‐、‐ T´ /ノ'| i ノ
   〈 人 〉ノ レヾ | |',.=ニ|  /ス| .|.|  リ      黙りこんで、何か不安なことでも……
  〈 人 〉 //ノ /: : : '、;;;;',;;;;;;;| /: : ハ
 〈 人 〉 .ノ.( /: : : : ',`ヽ、ト'/レ': : : : |





                    / ̄ ̄ \
                      _.,ノ ヽ、,_  \
                    (= ) (= )   |
                     (__人___)  u |         ⌒ヽ
                 '、        |   ____  ,.-、ヽ、
              ,,. -ー|         |ヽ__∠___ゝ」 r'
             / .::::::、::|       /ィ::::〔 _,.-ー  `'r-、
             l :::::::::::::::::ヽ__、____,. ":::/:::〔/    l:::. ヽ    いや、大したことじゃないだろ
            」 ::::l:::::::::::::::「二二::::/ :::::::ト、 y   |::::::. ',
            l ::::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r    l:::::::: i    そうだ、セイバー―――
           / :::::;;:ーミ、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、_ ノ L::::|
          / :::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::く:::::::::::::::: i::|    (ともかく、もう少し踏み込んで交流していかないとな)
         / ::::::::::::::::::::/ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::「 :::::::::::::::: ||
         / ::::::::::::::::::::/  \::::::::::::::::::::::::::::::::::::V :::::::::::::::: |





┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃             System Message                  ┃
┏╋────────────────────────────╋┓

     セイバーにどう声をかけますか? 安価下6
     番号の選択だけでなく、言っておきたいセリフや話、傾向等を
     入れておくのが望ましい

     1:夢のことを話してみる(何処まで話すか、どう切り込むか
      こういうことを言っておきたい等の指定も可能)

     2:セイバーについて聞いてみる

     3:自分について話してみる

┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛


3067名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 21:52:15 ID:0JKEDnEE0
1 まあ、本人に黙って俺だけ記憶を見るってのも気に食わないからな。話しておこう
  夢については今のところ見た部分までは話す。ホライゾンについても。続きが見れるかどうかについては黙っている。


3070◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:54:38 ID:d5yffxkc0




                          ______
                     /    \-一ヽ、 __r‐- 、
                    /   __,ノ ヽ、_,7    7 } : : : :\__
                       |    ( ─)(─)/` ‐  / /: : : : : : : : : :` '' ‐-、_
                       | U  (___人__)‐-─≦/.:.:.:.:.: : : : : : : : : : : : : :丶、
                       |     ` ⌒´ノ    └‐-、__:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : : : : : ヽ
                       |           |          `ヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : : : :}    (そうだな……本人に黙って俺だけ
                       ト、       |       __,. -<`丶、.:.:.:.:.:.:.:.:.: : : : :/
                       ハ、.,ヽ., ___ ,__ノ--─一⌒V : : : : : : : : : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:r´    記憶を見るってのも気に食わないだろ)
             _ ,.-=〈:.:'、`ヽ、___  ヘヽ:.\: : : : : 、: : i:: : : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:.:/
            _< : : : : ∧ :ヽ   /:::ヽ  Vヽ:ハ : : : : :ヽ: : : : : : : : : :.:.:.:.:.:.:./
        , -‐ '´: : : : : : : : : : :∧、 ∧::::::∧ l: : <:_: : : : :i: : : : : : .:.:.:.:.:.:.:.:_r'´
       /: : : : : : : : : : : : : /: : l V  !::::{ `!: : : : : : l: : : i:: : : .:.:.:_、-‐''゙´       セイバー、実はな―――
       f : : ヽ : : : : : : : / : : : : l   l::::::i  l: : : : : /. : : :!.:.:.:/
       ゝ: : : i: : : : : : :〈: : : : : : : l  {::::::i !: : : : /: : : : :l/
      j : : : : i: : : : : : : ヽ: : : : : : ゙、 !:::::::i l: : : :./ : : : : :!








                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


3071◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 21:58:11 ID:d5yffxkc0




                            __ --  _
                             ,  ¨¨′      `  、
                      /             、 \
                       ,     /              \`ヽ
                      /    / /                ヽ
                 、    //   / '     ヘ  i   /!     ハ
                  ` ー一  r'   /      /- i、 j! !  !.i   j! i
                 _(_ ´_r   i /   | メ、j  '│   i!/
               (f´      /rci.   | 7ミュ. l /  ! / !    '!
  r‐ 、__          r `ー-ミ   ヽ _j   '   j'  _!'  ,   / i
 r'乂 j,、 `′ヽヘr‐ f¨´ __ ノ/¨¨f――!   |     , ヽ〉 / /  !
 {'    `ー’、_,、  r- __ ノ ̄ z==くニニニ.|  |       / ///   i
  ヽ           ̄      〃ニニニヾニ |  |、 ‘’  人 ! / /i |
   \             /ニニニニニニi|ニ.|  | ≫=≦=ァ| l  ´  ノィ
      ヽ         /ニニ,ニニニニ}|ニ.|  |77´ニ//│ |
                    ,ニ/ニニ=-―}{ニ.|  |-’ニ//ノ│ |
              fニ´ニニニニニニノ'ニ|  |ニヾLY‐ァ| |     なるほど……昨夜そんな事があったのか
       }     _/ニニニニニニ/ニニニ|  |ニニ∨⌒\.|
        /      7ニ=-‐ニニニ/' ニニニニ|  |ニニニ, 7∧´│     その、あれだな……何故、話してくれたんだ?
_    /      ./ニニニニニニ/ニニニニニニ|  |ニニ.///ニハ.│
 ̄ ̄         /ニニニニニニ/ニニニニニニ.|  |ニr’//ニニ/' |     私を探る上では黙っていたほうが……
.            , ニニニニニニ/ニニニニニニニ|  |ニ〉 /ニ/ l |
        /ニニニニニニ/ `Yニニニニニニ.|  | 」//Y'   | |
        /ニニニニニニニ/   .}ニニニニニニ |  |'///{.   │ |






           / ̄ ̄\
         /  _ノ´ ヽ、
.        |   ( ●) (●)
        |   (___人__)
            |       _.ノ
          |     _/__゙ヽ_        ……確かに合理的に考えたらそうかもな
         j、_    (〈_r- ヽ ヽ、
        √::::::...`ミュ、r'、〈`ヽ、 |     けど、こういう事を黙ってるのは俺の常識的に考えて、嫌だったんだよ
        /.::7 ̄ ̄. : : .:.:.ヽ_ヽ   ト、
     / .:::/.:::::::::::::::::::::::::::::..\Yー‐ソ,    伝えるのが遅くて悪かったな、セイバー
      ,' .::::/.::::::::::::::::::::/ ⌒ 、ヽ,:::::::::|
      i .:::::::::::::::::::::::. ::::::::::::::..ヽ::.',::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::/ .:::::::::::::.::::: }::::;::::::::|
     i ::::::::::::::::::::::l .::::::::::::::::::::: ,.:: i::::::::|
     ', :::::::::::::::::::::;i .::::ヽ::::::::::::::l_:::|:::::::|


3072◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:01:40 ID:d5yffxkc0




     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|       そうか、こういう時になんて言ったらいいか困るんだが……あえて、こう言おう
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    __     !i::i ::i :!、V .i i!!      ありがとう、やらない夫
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ   `´   `´  ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ







                   / ̄ ̄\ -、_
                _,ノ ヽ、_"   / / ,〉、
               (=)(= )/u.´/ /)
                   (__人_) {    , ' ´,/
                '、`⌒ ´  V __, <´
                 |    ゙゙ 〈´/::::Λ
                 |       ヤ::::::::::::::Λ        別にありがとうと言われるような事でもないというか……なんか照れるだろ
                `ュ`ー─ー V::::::::::::::Λ
                /ム _ , -./V::::::::::::::Λ、     と、ともかく……あれだ!
              _,. -/:/:::ハ ,/´..::/i:::::::::::::::::::Vヘ
          //./.:::/:::l y .::::::/::::i::::::::::::::::::.∨}     ホライゾンについて聞き覚えはないのか?
          j ::::::::>.:::/:::::l ./ .::::::::::::::::i::::::::::::::::::::レ;
         i :::r :〈 ::::i::::::::レ .::::::::::::::::::::〉、:::::::::::::::::ノ
           i :::| :::::'., :i::::::/.:::::::::::::::::::::::::::`::-==::イ
            | :::| ::::::::', :i::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/


3073◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:03:56 ID:d5yffxkc0





       -‐‐ニ ¨- ̄ ̄`ヽ.
    /'´ ̄.<´       ̄` 、
   〃   / ィ  ,ヘ ハ    ヽ. 丶
   /′ , ' // / トヾv,ハ.  i     ,
  ,'   /  ' ,' ハ |゛゛^"´|i_ト.     .
     ',   {.i!,++ト、  .'T|__j`ト、.i  |
      }   ヘハ_ィチキ-   ナfえ艾_|_  ,
     :  .i ヾヘ`匕}    匕ノj, |ハ} !
     |  ハトi`ト、       ,イ i'ノ .|
     { i!|ヾ| |゙ヽ   .-,  ク! |  i、.!
     ∨|l! | |、ィ゙> _ イ_)j! .!、 八',
        V!ヽ.| レヘ::|:.゙iYi´.:.:.:.:.|! |:.:i′ ヾ、
      .>ナレ^i|〈:.:.|||:.:.:.:.:.:.| .|!:.>‐- .          むう………特にはないな
       i、  | j゙  ヾ:、:|||:.:..イ| .|レ'    ゙),
       ト.'、 j,|,-ニ、O}ォェャ{O_.| .|_,    //i       ただ、そんな特徴のある可愛い子と出会っていたら絶対に覚えて、かわ……ごほんっ!
       | ヾjレ´.:.:.〃入ハ_>!i:.:.| .!:.゙、,  / ' }_
     〈、./.:.:.:.:〃:.〈∧.〉:.il:.:.:.l .!:.:.k'/   }゙.、_     接触していると思うんだが―――どういう事なんだ?
      | {:.:.:.:.〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:l i:.:.:}、___,  ノヘ.
      |弋:.:.:.|i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|l:.:.:.:.l i:.:ナi、___/'.:.:.:.j|
       j ,=ヽ:.ヾ、:.:.:.:.:.:.:.:.:.li:.:.:.:.l i'. ハ:.:.:.:.:.:.:.:./ヘ
     i´'⌒`l゙=;=-i:.⌒.;==-;--‐l レ′ヽ=、=彳:.:.:.:.',
    {     i i `i!:.:./'  j   .| |     ,ゝ'⌒ヽ;.:.ヽ
     |  ,ィ= } .|  ゙、/'   |   } !)   /'´ ̄`〈o>、〉
     |/'.:.:.:.| !  i|i    j  ノ ハ.  /.:.:.:.:.:.:.:.:.介'ヾ>
     {'.:.:.:.,イ.〉 ,!  |||   ,!  ,イノ / _,:':.:.:.:.:.:.:.:.:./
     !:.:/!`! ,'  ,j.!   ゝ' メニ⌒i!ヽ`ヽ:.:.:./
     Y〈ヽ!_j/  ,∧、   _〉'_.-= ヾ:.〈む厶
     〉'トハ    /.:.:.ヾ.   `<_/_ィ ゙У`ヽノ
     ヽ):.:.、 ∧、:.:.;∧ ,/.:.:.`:./_,i´
      /.:./.:.∧':.i:.゙、/.:.:.∨i:.i:.:.:.:.|:.`:.:.i
     ,':.:.,':.:.,'/.:.:.|:.|:.:.:.:.:.i:.| i:.i:.:.:.:.l:.:.:.i:.゙、
      ::.:.i´ /.:.:.:.:.|:.|:.i:.:.:.:.|:.i ヾ`、:.:.、:.:.i:.:.:


3074◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:07:08 ID:d5yffxkc0








             / ̄ ̄\
            /   _,.ノ  ヽ、_
            |    ( ○) (○)
           | U  (___人__)
            .|       __ノ__
            |     _/ ___\ヽ_
               人、   '-/____ ヽ  |
            _,/( ヽ、  __'-〈 、 ヽ  |       (ホライゾンの言って通り、セイバーでも分からない、か……
   _, 、 -― ''" :l : :.\  ヽ,、.゙,/ヽノ}   ト、
  /. : : : : : : : : : :|_: :.ヽ、 ∧:::〈ヽト{   〈j)、       けど、それも親しみを持ち、友でもあり主でもあると言っていた人物だ
 丿: : : : : : : : : : : : /: : :.∨ |:::::', |: ゞニニ彡〉,
. i : : : : : : : : |: : : : : \ : : : `、|::::::|,|:〈: : : : : : : ∧      あの言葉が嘘じゃなきゃ、関わりあいは……どういうことだ?)
/. : : : : : : : : !: : : : : : : \ : : :.'、:::::| : 〈: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : : |: : : : : : : : : \: : :'.,:::|: ;∧: : : : : : : ∧
: : : : : : : : : 丿: : : : : : : : : : :.\: :V:./-∧: : : : : : : : v
: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : レ : : : ∧: : : : : : : :}





┏┓                                            ┏┓
┗╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┛
  ┃             System Message                  ┃
┏╋────────────────────────────╋┓


    ホライゾンについての推理、推測はありますか?

    安価下1~3までを採用、10分程待ちます


┗╋────────────────────────────╋┛
┏╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋┓
┗┛                                            ┗┛


3075名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 22:07:49 ID:0JKEDnEE0
まあ順当に考えれば天剣


3076名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 22:10:09 ID:wlFpCeZg0
天剣か魔剣だろうなぁ・・・でも友はともかく主ってのが気になる

もしかしてセイバーの天剣の意識と大帝の意識が融合しててそれがホライゾンという形で出てきた・・・?


3077◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:10:58 ID:d5yffxkc0
あっ、正体がこれだ! と、分かっていてもそれだけを口にしては意味が薄いです
その結果に至った推理などを可能な限りやらない夫視点で行なって(ようは推理、推測を書いて)みる必要があります

説明も足りなかったようですし、この書き込みから下3までを採用します、今から12分程待ちますのでどうぞ


3078名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 22:13:56 ID:0JKEDnEE0
セイバーの事を友や主と言っていたなら、普通に考えれば生前の部下と言う可能性もあるけど。
幾度の戦いを共に戦い抜いた宝具が夢で人の姿をとったんじゃないだろうか?
と言って天剣じゃないかと言う


3079名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 22:21:04 ID:0JKEDnEE0
だれも居ないようなら>>3078にちょっと付け足し

セイバーの事を友や主と言っていたなら、普通に考えれば生前の部下と言う可能性もあるけど。
幾度の戦いを共に戦い抜いた宝具が夢で人の姿をとったんじゃないだろうか?それならセイバーと直接面識が無い事も説明できるしな。
と言って天剣じゃないかと言う


3080名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 22:22:55 ID:wlFpCeZg0
ホライゾンはセイバーの関係者であると言っていた
獅子は我が子を千尋の谷へ突き落すという発言や主であり、友であるという発言から夢に出てきた大帝(仮)もしくはそれに類似する人物の可能性が高い
しかし夢で見た大帝とは容姿が変わっている。これが示す可能性は2つ
そもそも違う人物であるorこの姿は本来の姿ではない
前者は情報が少な過ぎるために考えないでおく
後者は大帝に捧げ、そして大帝から託された天剣が二人の間の絆となったことで、天剣に大帝の魂が宿ってしまったのではないかと推測してみる
姿が違うのは天剣と融合した影響

つまり、ホライゾンは大帝と天剣が超融合した存在だったんだよ・・・!


3081◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:27:46 ID:d5yffxkc0
あっ、ホライゾンの主発言は、ホライゾンの主がセイバー的な意味合いですね

とはいえ、推測としては十分いけるラインなんで切り貼りしてやっていきます


3082◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:28:24 ID:d5yffxkc0




      ./ ̄ ̄\
     / ヽ、_   \
    ( (● )    |
    (人__)      |
   .r-ヽ         |
  (三) |        |    そうだな……セイバーが知らない、だけどホライゾンはセイバー達と直に出会ったかのように、
   .> ノ       /
  ./二/ ヽ     /        そして、とても大切な人であるかのように語っていただろ
  //// へ>个/ <
 .|////ヽ /\///)      素直に受け止めれば、ホライゾンはあの姿でセイバーとは出会ってない、という事になる
   ̄ ̄ |\/////|







          , ゝ ' ⌒ ̄ ̄ヽ.ゝ―.、
        , ',´-             \
    ,.ィ'',´ィ              、 ヽ.
 , '´ ,ィ´  ,ィ´                ヽ、. ヽ.
´ , '  , '/               iト、. !
  i  ,' ./  ./ /  , ハ./i.i .i ,i  .i  i、ヽ. !
 ヘ  .// / /  ,イ/゛"'!i  !リi  i  i! i   !
  ! ,'.,'/ /, ,'_/','/   i! i!,'!_!_ノ, !,ィi i .i!
  ノ/ !,'! ,i!__!メ=ミメ、   i'イ夭斥テi!ハ!i l i!
. ノ,'i /!.! .ili! ,i7`、廴ソ  .ノ!ノ' ゞ‐!',' !丿! i!i
ヘ i,'!,ヘ.i ,'!i i i!i、     、 ノ'    ノ! !'ノノi ト.!
. ヘ i!i! _ヘ!ヾミ、i!〉、ハ   _  __   'ノ i_/ノ〉,!ヾ、、
  ヘ!ィ!´`i!¨`ヾ、T´::!、´ `´ `.uイ' i.!::7/′ ``     むう、確かに単純に推測すればそうなるな
  /.::::::::::::i::ヾ:::、::ヽ:i!_i>-<_,/!i i!!:/λ
. /.::::::::::::::::!::::ヽ::ヽヽi三三三/,イ! ii':: ̄`ヽ、_       つまり変装……でもしていたのか?
. !::::i::::::::::::::.ヽ、:::::::i::ヾ`ミ三/,'人.、 V:::::::::::::::i:i、
. ∨:!::::::::::::::::::::.ヽ、:!、ヾ、lメ,!'/ー-、ヾヽ、:::::::::ノ:!i
  )::i!:::::::::::::::::::::ヽ::ヽ:::i.i!i,ll,.!、三三∧`ヽ:::,'::/i
  !:::i::::::::::::::::::::::::.ヽ:::i:::i i、i !::ヽ三三i!::ヽ})ノ::}
  ヘ::i::::::::::::::::::i:::::::::ヽ!:::i i! i:::::::ヽ三i!:::::::ヽ:::::}
   !、i:::::::::::::::::i:::::::::::::ヽ!ノi !:::::::::ヽ=i!::::::::::∨:!
    ヽ::ヽ::::::::::::::i:::::::::::::::ヽ_i l::::::::::::Y:::::::::::::::}::i!
.    ヘ:ヽ:、::::::::::::!、:::::::::;:::::::i_!::::ー=ノ=-::::::::ノ::i:!
      ヽ::::、:::::::::::::::`-':::::::::'::`ー、/;!:::::::::::/::::::::!
      ヽ::ヽ::::::::::::::::::::::::::/::;::::::¨`ー-―'ヽ__,!、_
         ヽ:::::、:::::::::::::::::::/::ノ::::::::::::::::::::::::::::::\`ヾ.iヽ、
  _,ィ´ ̄ ̄ ̄¨i.!ヽ:::::i::::::::'::´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i  !|  `ー、
 ゝ=メ     |.! ヽ::!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| .〃    'ヽ.


3084◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:30:55 ID:d5yffxkc0



           / ̄ ̄\
      / 〉 _ノ  ヽ、_ \
     / /' ( ―)(― ) |
    ./ //〉 (__人__)  │    変装……いや、そんな風には見えなかったな
    .l  ´ イ|   `⌒ ´   |
    .l    iY           |     それに今現在のセイバーや俺達について知っているようだった……待てよ!
   ./   ハ !       /
   ./  /  ' ヽ      /
   l   /  .〉-r:::┬〈、
 __「 ー‐1  ./Λ 〉.:〈 7//\
 i//7777|/////V::::::V/////\
 |//////|//////∧::://///////}
 |//////| ///////∨/////////{







               / ̄ ̄\
              /   _,.ノ ヽ、__
              |    (● )(●)
                 |     (___人__)         つまり、アイツはリアルタイムで俺たちについて知る事が出来るんだ!
              |       ` ⌒´ノ
                  |        |  ,rー、=-、     そうじゃなきゃ説明がつかないだろ……そして、その条件に当てはまり、
                 人、       | ,イに) |  l
           _,/( ヽ、.,ヽ., ___ ,__ノi´ `ー' | |ヘ    俺達が推測可能な情報の中で導き出せるのは―――
    _, 、 -― ''"::::::l:::::\:::::::::::::::::r'゙´~~   ', jー,i 〉
   /.:::::::゙:':、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ー-‐え__  ゙ン'゙ /`i
  丿;;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;((、ヽ (ハノ /lヽ、
  i ;;;;;;::::::::::::::::|;;;:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;;;ハゞニΤヘ_/;i l:: l
 / ;;;;;:::::::::::::::::::!;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::\::::::::::::::::;;;;;;;ハ ::;;;;;;;;::::::::. ',/


3085◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:32:48 ID:d5yffxkc0



               .   ___
                  /   \
                /   _ノ  \
              . │   ( ●)(●)
                 |     (__人__)
        .   .     |      ` ⌒´ノ
            .  |         }    ……以前、ロータスが付喪神についての話をしてくれていただろ
           __,ノ ヽ.ヽ       }゛
       y彳 ";;;;;;ヽ  ヽ'ヽ   ノ     そして、セイバーの持つ天剣の方は英霊の座にすら登録されているかもって
     /  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';, ヽ. ::::::>/
    /     ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';,`ヽ/ヽ、
   /      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', ,.r`i ヽ、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;', /::iヾ;;rァ /
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'"',  `!;;ノ! ト、
   |      ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;',  ,';;;;|i,.!;;;ヽ.
   |    ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'';;;;;;;;!;;;;;;;;;;;;ヽ,
      ;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i









                                 l l.    //
                                 l l   //
     ,.',  ,::'/  .:   .  .  ヘ:. ヽ:.  `ヽ.`ヽ
    ,.''/ ,:::::/: .::; . .:i ハ. ハi.   i 、 `、  :::i::. : ヾ.、    ニニ
   // .::;::/ :: .:// .::/ハi!i!i!|:  i:.i  i  ::::!::. : iヾ.i
  ,.' / .::,'::i ::.::,' i :/i.|    |i!_i_」__! ::::|::、:. l: i !
 '  ヽ :::i ::| ::::i :i,-ィ‐i!-   !i´_ノ_i!_!_ .l ::::iヾ::、i: i |
    ヽ :::!.::!i ::::ィ´!,=i=i!ミ   li'!'iち゚心ヾ、 ::::!、゙. ::| i、!
    ヽ:::!i :i、 :::|!メ' ち心   i!|ノ乂_ノ:i ィ'`ーi. i: :::! .!ii
     ゙i:::i.i :!゙、_,ハ、 乂_ノ」  ノ ! ゝ‐"'!:i'!:::::|:ノi ::| !i|      ああ、そうだったな……って、まさか!!
     !::i!i、i ヽ:ト.  `¨´  ,     ゙゙ !!i::i:::i"!:i :! .i |!
   ,ィ、 i ::!i iヽ.ヽト. "    ___     !i::i ::i :!、V .i i!!
'ー彡、三! :!i !ノヾ、ハ    (   )   ノ'/.! :i、:!_、∨ ヽ、
,ィー―'ーi .:!リi---ヽ!i>'´〉        /!:i|i ::i´7/ヽ!―--ヽ=__
;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ::!ハ!;;;;;;ィ'´.::´:::《`>.__ /. /i |:!、 i::'/i ヽ〉___ `、
;;;;иイ´:::i ::ノ´i!´::ヽ:::::::::::ヾ、ー'¨¨¨¨¨¨¨`ゞ、 Ⅵ ,'/;;;;;;;;;;;;,`;;,、
;〈::...`ヽ:::ヽ`ヽ!、::::::、ー=、::.i;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::i、ヾ.ヽノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
´.::`ヽ:::::゙ー`ヾ. }゙ー=ミ、:::.ヾゝメ、;;;;;;;;;:::::::::::::ヾヾ ヽ ̄ ̄`¨¨¨¨
::::::::::::ヽ、::::::::::)ハヽ、:::::ヽ:::::::ヾiiー=、::::::::::::;;::::ヾ、 ヽ ̄::¨¨`ヽ、
::::::::::::::::::ヽ:::ノ'.:::i i!、ヽ::::゙::::イ>心::::::::メ、:::::::::::::ヽ:. 乂:::::::::::ヽ


3088◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:36:20 ID:d5yffxkc0






                        ,     |
                           ,,..イ       |
       l          _,,,...イ´   |     |
       ヽ、ヽ __,,..-t''"´:::::::::::|    l     |
            |  ヽ:::::::::::::ノ   /      .|
            ヽ、    ̄   /        |
              `               |      ああ、根拠には欠けているが――― 天剣が夢の中で付喪神としての人の形を取った!
                             |
 .:::::...`` ‐┴----_以ヘ‐-、            |      そう考えれば―――ホライゾンの正体が天剣ならば……
:::::::::::::::::::::::::::::::::;/イ ´..:::::::::.ヽ、           .|
::::i;_;:_:::;_:::;, ィ'¨´::::::i:::;ソ  :::::::..\         |       今までの状況にもアイツの言動にも全て納得がいく!!
,r'-‐‐::'::::::::::::::::::::::::;y'   .::::...   `¨`' 、.      |
  :::::::::::::::::::::::;:/  ..:::::::::::::: ̄`ヾ、_   `'ー- .|
. ..:::::::::::::::::::;ィ'´   ..:::::::::::::::::::::::::::::::::::...`丶、 .\_`マ
.::::::: ;:__;斗>'´  ..::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヾ
≧´ .....::::::::::::::::::::::::_;;;、ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  i:::::::::::::::::::::;ィ¨´:_:_:i'::::::`ゝ‐---ュ、;::::::::::::::::::::::::::::::::


3089◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:39:29 ID:d5yffxkc0





          , ‘ ̄``ヽ.
       ,.ィ ´        '⌒` ヽ.、
   ,.-‐メ,               ゙ヽ.
 ,ィ/,.'´ /    \、      ー.、  ヾ゙ヽ
, ,イ / , /      i\、 ヘ.  、  \  ゛、i!
/  / //   i ! ト、.|、、.\、∨ ヽi   iミ、  ,             確かにその可能性は高い、な……やらない夫、一つお願いがある
  / /.,′i.  l!|i. |!i!.!ト、∨i、ヾ.、. :l   |ミミ、 i !
. / ,' i  l  |i!|! i!   i!| !i\ ト、|!i  .|ミミ、 ド、            今夜ホライゾンに会った時に、
 ヽ  ;.|! l. _i|_!|、゛、   !| |! _ヾメィ|  .|メ、ミ i、`ー=―'
  i i!ヘ. ト、__i!メミヾ、、 i| |!,ィハ´:i!゙テ‐ .!ハ iミ、.ヽ.         私もその場へ呼ぶように説得してくれないか? 頼む
  | ト、ヾ、ヾゝヘ弋ゾヽ !´'´ゞ='′!l  |メ.ノ、ヾ=-メ-、
  | |ヾ.、、ヽゞ、! `¨           ノ|  |イー彡'个==―. 、___
.  ノ i ハ\.| i!lト、    '       ノイ  |\/.:::::|!、`ヽ  ヾ:::::::::::::..``ヽ.
  \ ヽ. `ヽ! l |!ゝ.   ヽ ̄) ´.∠! .i |::::i::::;:::::::|!ヾ, ゛   li:::::::::::::::::::::.ヾ.、
   \.゙、  .| i!.!! l|'`>,. _ .,' ノi!, l .!::ノ、;:::::::::|!      |l::::::::::::::::::::::::::i.ト、
     ヾ.y l i!.|l i|:::,ヘ.:::::ト、ー=イ::i,' i |/ヘ.、:::::::||      |i:::::::::::::::::::::::::::|i::::
          ノ !:|ヘl|::ii^:、、:ハ、::ヘi{::/,. | 人メ:ヾ.、:::||      il:::::::::::::::::::::::::::|!:::
        | :|、|i!V ヾ.、Θ===/;'i !iΘ)__\!! 、 :,   ./.::::::::::::::::::::::::〃;ィ
        | :!`|ト、;',====イ/.:/!i!| !|=/ノ¨¨¨``ヾ.Y___/=、:::::::::::::::/.::¨:::
        | :! .!!``i ::::::::::il:::ヾ|!l| :ハ:i |:::::::::::::::::::.ヾテ'´.:/i!゛ト、ー=イ'.:::::::::::::
        | i! l.!  l.::::::::::il:::::L!i! ノヘヾ.Y:::::::::::::::::::}'"  }|i i|ヾ.Y /.::::::::::::::
        | | i|  {:::::::::::||:::::::|i! |、:::ヾ!|::::::::::::::::::ノ    }|i! |ヾハ/.::::::::::::::::
        | ! |!  乂:::::::||:::::::|! i!ミ、::::ヾ!::::::::::::;:'、ー  メ!!| !,ィ'´ ̄`ヽ.::::::
        | :i  |!    >ー‐イ;ハi!|`ヽ゛ー|!―‐ ' _j,,,,,,,ィ ノ`|ノ'´`ヽ. 、ヾ`;イ
        ヘ.|  |!    ,ィ´,ィヘ,ノ!|'ー-《{|!ー ''''´ 〈,,, ,,,',,丿〉,、  ヾ、./
         ヽ. !   rイ‐i´{ i'!|ヘ.、 ゙゙゙》〉!  、,,,,,,j,,ィ, メ/ /´/ 〉ー,__ /
                 ノ_ハ ヘ ヽノ!!ヾ、 /\!   '(,ィ'/t./ノ;;;/_ノィ .〉


3092◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:44:05 ID:d5yffxkc0





           / ̄ ̄ \
           ⌒ `'⌒  \
             |(⌒.) (⌒ )   |
          |(__人___)    |
              |         |
              i          |          ああ、分かった
             ヽ  、    . {
         -≦'ト、ーー- ´ ハ、      いや、この場で言った方がいいかな―――ホライゾン、セイバーもあの場へ導いてやってくれ
      /: : : : √ヽ、∠´//. :ゝ、
     /i : : : : /「::::/\ /. : : : : : : :.>、   俺だけ誘うからにはそれなりの理由や迷いがあるんだろうが、それでも頼むだろ
     iV: : : :/ /:::/  /. : : : : : : : : : : : .\
     i.| : : ,' /:::::,' .:´. : : : : : : : : : : : : : : : ヽ
     ii: : : i/::::::::i /. : : : : : : : : : : : :/ : : : : :',
     ;.: : : r::::::::γ: : : : : : : : : : : :./ : : : : : : : :
     i : : : i::::::::/: : : : : : : : : : : : : : : : :ノ : : : :i
     i : : : i:::::/ : : : : : : : : : : : : :.l : : / : : : : :i
     ' : : : i:/: : : : : : : : : : : : : : :ハ :/. : : : : : :i
     | : : :./ : : : : : : : : : : : : :/ :Y.. : : : : : : :i
     | : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :.|: : : : : : : : :i


3093◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:44:30 ID:d5yffxkc0






                             _
                               | : |
                人             | : |
               `Y´             |:::::|
                     i         |:::::|
                   __人__        }》《{
                    `Y´       |::ll::|
                    !         |:;ル:|
                          _______〉ハ〈____
                         / ̄ 三ニ=くfYf,>=ニ三  ̄\
                      | / ̄`Y⌒)lYl(⌒Y´ ̄\ |
                     └'     Ⅵ〈八〉Ⅳ     `┘
                            |八Λ八|
                               [_ノ{ }ヽ_]
                            |:;ハΥハ::|
                            |ヒ{(⌒)爿
                            |:::/Υ.',::|
                            |/:::Π:::',|
                            |辷'' `コ|
                            |:;.ィ不ト;:|
                           |{>i人i<}|
                           |: /Ц', :|
                          |〈 :::::: 〉|
                               |Λ__Λ|
                              |::::∨::::|
                             |>:☆:<|
                            |:|:Λ:|:|
                           |V::::V|      _j|_
                                |∋∈|       ̄|! ̄
                               |:::|||:::|                 |
                              |::》《::|           __j|__
                             |/::::',|             ̄|「 ̄
                            ||×||             |!
                           |:l:|:l:|        十     |
                                |ハハ|     __j!__
                               |YY|        ̄|! ̄
                              |▽|
                             |:||:|
                            |:ll:|
                                 |ホ|
                                ||||
                               |::|
                             V


3094◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:44:46 ID:d5yffxkc0






                         ┌──────┐
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         │::::::::::::::::::::::::::::::::│
                         └──────┘


                           ┌───┐
                           │::::::::::::::::│
                           │::::::::::::::::│
                           └───┘


                             ┌─┐
                             │ :: │
                             └─┘


                               ┌┐
                               └┘


                                   □

                               ・


3096◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:47:29 ID:d5yffxkc0





.        /        / ∧   、 i{      :.
      /  / :/  / / _}_ :|  j{      :.
.      ′ .′/⌒/{ .′ | |`jヽ ,′      i
      |l  | l{ リ{ |__{   _j人:|.∨   :|      |
      リ{:_:{リ{芹ミ    芹i圷ミ |   ハ :}   |
          代リ     弋リ '’|   | |:./  │
          }:.:.:      :.:.:.:.: |   |_l/:    |
          八  `       |   |: }: :   ハ
          j\  ー     ハ  :|:/: :    :.
           ′ :丶.__,.   < |  . : |′: :.   い       はい、今日の投下はここまでとなります
         // : : : : : }  r=:{ ..: : |: : : :    {│
         .′/:..:|: jr‐i}_,,</ .: : :|: : : : :.   {│     ……本当はまだまだ続けたいのですが
         リ/ : ::l//:.:.:.:.:}  / :..:/:.:ト : : : : . ゝ|
        // : : :/i{ }.:/ヽ/ : : ://ニニニニ=-、 {
         // : /=/イ:.{  / : : :/ニニ| /ニニニニい
         〃: :/二/:.:.:./  / : : :/二,ノ=ニ/ニニニニ} }
         {{: :/二/:.:.:./// : : :/\ /ニニ/ニニニニニ, :,
       /Wニ/:.:.:./´=/{ : : / //ニニ/ニニニニニ/  ′
        /ニニ|ニ{:.:/ニニニ:{: :./ニニ/ニニ/ニニニニニ/: :  ,
       {ニニ}ニ|/ニ>:´ニ}リ{ニニ/ニニ/ニニニニニ/: : :  ′
      }ニニⅥ/ニニニニニニニニ|ニ/ニニニニニ/: : : :   ハ
      |ニ()=|ニニニニニニニニニニ|=/ニニニニニ/: : : : :.{   }
      トニニニ|ニニニニニニニニニニ|/ニニニニニ/: : : : : : :〉 丿







.         /         イ    ハ     |:|  |│| : :|│|    | |    :..:  │
      .′        ./ |  |.l| |   : |:|  |┼|─|…|―‐-|-.|..,,_  : :  │
      |          | l_,,.斗l| |   : |:|  |│| : :| .リ∨},_| |    : :|:  |
      |        孑|'"|  |.l| |\_:lリ  l.ノ \j---   \!     : :|:  |
      | | |: :    / | 乂__l.リ--         彡芋芋芋芋㍉、   : : |:  |
      | | |: : :.|: l {  ,ィ竓芋芋ミ         _){/;/::}  }ア   : ::|:  |     正直言って、身体の疲労というか肩が痛くて……
      | | |: : :.|:.:リ 〃 _){/;/::}          乂辷少 ´    : : |:  |
      い, 乂: : : ::{ハ ヾ 弋辷少           :.:.:.:.:.:.: .′   : : |:  |     特別すぐに倒れて、眠るほどではないんですが
        \_}\lリ ∧ :.:.:.:.:.:               :.:.:.:.:.:.: .′   : : |:  |
          | : : : :∧:.:.:.:.:.:      '           .′    : : |:  |     投下をするには不備がでる感じなので……
          |  : : :.:{_;               U  /      : : |:  |
          |    : : ::|∧          __,.      /      : : |:   ,
          |     : :|: 个: ..      ̄        /′       : : |::.   ′
          |    : : ::|: ::|: : |: :>          /{         : : |: :  ,     明日は5時あるいは5時半頃に投下を開始する予定です
          |    : : ::|: ::|: : |: : |: : :ヽ>    <  /::: {         : : |: :  ′
          |    : : ::|: ::|: :/: :.:|ィ´|::}  `´     {:::::ノ /    : : : :|: : :  :,
            ′  : : : :.゚。.:い:.:/=l リ        У '|     : : : : ::|: : :: }い
          /   : : : |: 乂: :/ニニ|  \       // /│   : : : : : :{≧==---


3098◆8DyckGqIqc2013/04/12(金) 22:48:27 ID:d5yffxkc0




         /         / /: :      /   /  }           :.
            ′         /_     /   /  /}          :.
         |     /     | :/│:: :`i≧/ 、   ′ /│.:          :.
         |    :|     |/ .|: :  j:/ l | \:{   / .| ::          i
         |    :|     |  ー</ { |  :|  {  |: __:}           |
         |    .::|     | ===ッ.、 丶乂 :|  {   ハ: : |`:ヽ..|  |    |
         |   : ::|     |     `~'㍉   ヾ|∨| / } : || |  |  |    |
         |   .: :.;    .|:.:.:.:.:.:.:.:             ___ \}}ハ :|  |   ,′
         |  : : :′     |:.:.:.:.:.:.:.:          ==ミ:、  }: |: : |   /
        .′ : :/      |                 `ヾミ. 入|: :.:.′/イ
        /  : : / : :.../              ,.     :.:.:.:.:.:.:./: }: :// /
.       /  .:: :/: : : /    l       、        :.:.:.:.:.,:′: ノイ
      / .: : :/: :/: : :.    |、      丶       / : : :   |
.     / : : :ノ: :/: /:..:.    l \           イ |: {: : :    |     それでは皆さん、お疲れ様でした
 __/γ´: : : :/: /: : :    l   \     .....: : :/ / |:/: : :   |
ニニニニニ`ヽ\:_:_/: /!: : : :.   │     丶 <: : |: : / { 〃.:..:..:  |│     また明日もお待ちしてますね
ニニニニニニニ\\{ :{::|: : : : :.  } } |    ∧: : : : :|:..:′ :| 〃|..: : :  |∧
ニニニニニニニニ=\い |: : : : : : } } ト.、   { ∨ : : |: {: : ハ{:{│: : :  |:.∧


3097名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 22:48:21 ID:0JKEDnEE0



3099名無しのやる夫だお2013/04/12(金) 22:48:42 ID:wlFpCeZg0
おつかれさまでしたー


3100名無しのやる夫だお2013/04/13(土) 00:01:37 ID:uFF38qAc0
乙でしたー、体調悪い時は無理せずにー。


関連記事

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL

http://yaruout.blog.fc2.com/tb.php/1131-bc73bb31

プラグイン1

プラグイン2

コピーライト

Author by 管理人:赤 / Designed by マンゴスチンw /